徹底比較!元販売員が2022年本当におすすめできる光回線6選と全注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「光回線ってどれを選べばお得なの?」とお考えですね。

結論、光回線はあなたが今お使いのスマホのキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。セット割が適用されて、月々の「スマホ代+インターネット代」の通信費がグッと安くなるからです。

ただし、申し込み窓口の選び方次第で、2年間で5万円以上損してしまう恐れがあるので注意が必要です。

そこでこの記事では、NTTの代理店での営業経験を活かして、光回線の選び方と、おすすめの光回線を以下の流れで紹介します。

  1. 【結論】おすすめの光回線6選|光回線はスマホに合わせて選ぶとお得になる!
  2. 絶対に失敗しない!光回線を選ぶポイント
  3. 2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口
  4. 【速度重視】で選ぶおすすめ光回線
  5. 光回線(プロバイダ)でよくあるQ&A

すべて読めば、どの光回線に申し込めばよいかが分かり、最もお得に契約できるでしょう。

1.【結論】おすすめの光回線6選|光回線はスマホに合わせて選ぶとお得になる!

結論、光回線をお得に使うためには、あなたが使っているスマホのキャリアに合わせて選びましょう。

光回線とスマホをセットにすれば、年間1万円以上も安くなる可能性があるからです。

まずは当記事の結論として、数ある光回線の中からそれぞれのスマホキャリア別で最もお得でおすすめな6回線を紹介します。

下図の左側にある、あなたが今お使いのスマホキャリアから矢印に従って、最も安い光回線を選んでください。

光回線_窓口

例えば、あなたがSoftBankのスマホをお使いなら、最も安い光回線は「NURO光」となり、NURO光の提供エリア外にお住いであれば、次いで「ソフトバンク光」が最も安い光回線となります。

また、各光回線には代理店などいくつかの申込窓口があり、窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申込窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

3章で詳しく解説しますが、キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

次章では、お得な光回線を選ぶためのポイントをしっかりと解説していきます。

上記のおすすめ窓口に至った理由を知りたい場合は、3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」へ読み進めてください。

2. 絶対に失敗しない!光回線を選ぶポイント

さて、お得な光回線を確実に選ぶためには、次の3つのポイントをしっかり抑えておきましょう。

この3つのポイントを抑えれば、光回線選びで失敗することはありません。

1つずつ解説していきます。

Point 1. 実質月額料金が安いか

まず最も重要なことは「実質月額料金」が安くなる光回線と申込窓口を選ぶことです。

実質月額料金とは、初期費用(工事費)や月額料金など、契約期間中に支払う料金の総額から、キャッシュバックやスマホセット割などの割引額を差し引いた「ひと月あたりの料金」です。

実質月額料金とは

同じ通信品質なのに、料金が高い光回線を選ぶことほど無意味なことはありません。

したがって、実質月額料金が安くなる以下3つの要素を重視して、光回線を選ぶようにしましょう。

《実質月額料金を安くする三大要素》

  • 【1】スマホセット割
  • 【2】キャッシュバック
  • 【3】工事費割引き

【1】スマホセット割|1台につき年間最大13,000円ほどお得!

スマホセット割とは、スマートフォンのキャリアと光回線を組み合わせた割引サービスのことです。

多くの光回線ではスマホセット割を設けており、このセット割を適用すればスマホ1台につき毎月550~1,100円(税込)ほど安くなるため「スマホ代+インターネット代」の通信費を大きく抑えることに役立ちます。

以下は、スマホキャリアと光回線の組み合わせで利用できるセット割の一覧です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホキャリア セット割できる光回線 スマホセット割の名称 割引き額 適用条件
docomo_ロゴ ドコモ光 ドコモ光セット割 550~1,100円/月 なし
ソフトバンク光, NURO光 おうち割 光セット 550~1,100円/月 指定オプション
への加入※3
au logo auひかり, コミュファ光, ビッグローブ光, eo光, メガエッグ, ピカラ光, BBIQ光 など auスマートバリュー 550~1,100円/月 光電話
への加入※3
DTI光, AsahiNet光 auセット割※1 550~1,320円/月 なし
格安SIM セット割できる光回線 スマホセット割の名称 割引き額 適用条件
UQモバイル_ロゴ auひかり, コミュファ光, ビッグローブ光, eo光, メガエッグ, ピカラ光, BBIQ光 など 自宅セット割 638~858円/月 光電話
への加入※3
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 おうち割 光セット(A) 550~1,188円/月 指定オプション
への加入※3
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 OCN光モバイル割 220円/月 なし
iijmioロゴ IIJmioひかり, ビック光 mio割 660円/月 なし
Biglobeモバイル ビッグローブ光, フレッツ光 光SIMセット割※2 110~330円/月 なし
DTI SIM_ロゴ DTI光 DTI光 × SIMセット割 165円/月 なし
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ LIBMO × 光セット割 220円/月 なし
NifMo_ロゴ @nifty光 ネット+スマホ割 220円/月 なし

※1:家族分の割引サービスはなし
※2:2021年9月21日から新規エントリー受付は終了
※3:月額税込550円~
※料金はすべて税込み

例えば、あなたがdocomoのスマホを使っていれば、光回線はドコモ光を選ぶことで、スマホ1回線につき最大で月額1,100円(税込)の割引を受けられます。

ドコモ光セット割出典:docomo

多くの光回線では2年や3年の契約を条件に月額料金が安くなるプランを設けていますので、より安く光回線を利用するために、例えば2年プランで契約した場合、スマホのセット割だけで最大26,400円(1,100円×24カ月)も安くすることができます。

さらに、セット割は同じキャリアを使っている家族分も割引が可能です。

例えば、家族の3人がdocomoを使ってれば、月額で最大3,300円(1,100円×3人)、2年間なら最大79,200円(3,300円×24カ月)も安くすることができます。

したがって、家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、セット割で料金が安くなる光回線を選びましょう。

【補足】格安SIMの場合は、キャッシュバック額の方が重要

あなたが格安SIMを使っている場合は、キャッシュバックが高額な光回線(+申込窓口)を重視することをおすすめします。

格安SIMのスマホ割は月々200~300円程度と安いため、高額キャッシュバックを重視した方が結果的に実質月額料金を安くできるからです。

高額キャッシュバックがもらえて、有名どころのおすすめ光回線は『NURO光』か『auひかり』です。

ただ、どちらの光回線も提供エリアが限られており、お住いのエリアによって利用できる光回線が異なりますので、以下の一覧表を参考に最安の光回線を選ぶとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お住いのエリア お得な光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
甲信エリア 長野 コミュファ光 2,825円 1,802円 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
東海エリア 静岡・愛知・岐阜・三重
関西エリア 大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫 NURO光 3,963円 3,963円 45,000円 実質無料/3,300円
和歌山 ビッグローブ光 4,453円 3,345円 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
九州エリア 沖縄
上記以外のエリア auひかり 3,468円 1,132円 最大77,000円 実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合

【2】キャッシュバック|新規契約で20,000~60,000円ほどお得!

キャッシュバックとは、光回線に申し込むことでもらえる現金のことです。

光回線の申込窓口は、大きく分けて次の3つがあるのですが、この中ではプロバイダ・代理店から申し込むと、より多くのキャッシュバックをもらえます。

  • 公式(光回線事業者)
  • プロバイダ ←お得
  • 代理店 ←お得

というのもプロバイダや代理店から申し込めば、公式で行っているキャッシュバックキャンペーンが利用できる上に、顧客獲得のために実施している独自のキャッシュバックキャンペーンも利用できるからです。

したがって基本的には、公式よりもプロバイダ・代理店から申し込みましょう。

例えば、以下は有名な光回線(+申込窓口)の最も高額なキャッシュバック一覧表です。

「高額キャッシュバック」に加えて「スマホのセット割」が適用できる光回線の窓口を選べば、実質月額料金を大きく下げられることがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線 申込窓口 キャッシュバック額 セット割できる
スマホキャリア
ドコモ光ロゴドコモ光 GMOとくとくBB
(プロバイダ)
・45,000円
・2,000dpt※1
docomo
(最大1,100円/月)
NURO光ロゴNURO光 公式特設ページ 45,000円 SoftBank
(最大1,100円/月)
ソフトバンク光ロゴソフトバンク光 GMOとくとくBB
(代理店)
最大37,000円 SoftBank
(最大1,100円/月)
コミュファ光-ロゴコミュファ光 NEXT
(代理店)
最大35,000円 au
(最大1,100円/月)
auひかりロゴauひかり GMOとくとくBB
(プロバイダ)
最大77,000円 au
(最大1,100円/月)
ビッグローブ光のロゴビッグローブ光 NEXT
(代理店)
最大71,300円※2 au
(最大1,100円/月)
EO光-ロゴeo光 ライフイノベーション
(正規取次店)
最大15,000円
(商品券)
au
(最大1,100円/月)
メガエッグ光-ロゴメガ・エッグ NEXT
(代理店)
20,000円 au
(最大1,100円/月)
ピカラ光ロゴピカラ光 NEXT
(代理店)
20,000円
(商品券)
au
(最大1,100円/月)
BBIQロゴBBIQ NEXT
(代理店)
最大30,000円 au
(最大1,100円/月)
OCN光のロゴOCN光 ブロードバンドナビ
(代理店)
36,000円 OCNモバイルONE
(最大220円/月)
So-net光.logoSo-net光プラス 公式サイト 50,000円 au
(最大1,320円/月)
nifty光ロゴ@nifty光 ライフサポート
(代理店)
30,000円 au
(最大1,100円/月)
ぷらら光ロゴぷらら光 公式サイト
フレッツ光フレッツ光 東日本 メディアサービス
(代理店)
最大79,000円※2
フレッツ光フレッツ光 西日本 NEXT
(代理店)
最大45,000円※2

※セット割はすべて税込み
※1:dpt=dポイント
※2:適用条件が複数あり

高額なキャッシュバックの注意点

ただし、キャッシュバックを受け取るためには条件(有料オプションへの加入など)が必要な窓口もあるため、できるだけ条件なしでキャッシュバックをもらえる窓口を選ぶことが大切です。

というのも、キャッシュバックをもらうために不要な有料オプションをいくつも加入させられた場合は、月額料金が高額になってしまい、結局のところ支払う金額がトータルで高くなってしまうためです。

例えば、2年契約で考えてみましょう。

下記のとおり、100,000円のキャッシュバックをもらう条件として月額1,000円のオプションに2つ加入するキャンペーンよりも、60,000円を無条件でもらえるキャンペーンの方がトータルでお得なことがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャッシュバック
オプション料金 2年間で得する合計
月額 2年間
100,000円 2,000円
(1,000円×2)
48,000円
(2,000円×24カ月)
52,000円
(100,000円-48,000円)
60,000円 60,000円

とくに「最大〇〇万円キャッシュバック」のように「最大」を謳って高額なキャッシュバックを実施している窓口は、いくつものオプション加入が条件である可能性がありますので注意してください。

さらに、キャッシュバックの受け取り時期が1年後だったり、手続きが面倒だったりして、受け取るのが難しく感じる窓口の場合は、確実にもらえるようにしておくことが大切です。

【3】工事費割引き|15,000~40,000円ほどお得!

工事費割引きとは、光回線を開通させるための工事費(15,000~40,000円ほど)が無料になったり割引きになったりすることです。

そもそも新規で光回線を申し込む場合、基本的には工事が必要になります。大抵は分割で支払うため、毎月の支払い金額に影響します。

この工事費を安くできれば、実質月額料金を抑えることができるわけです。

多くの光回線の事業者・プロバイダ・代理店では下記のような、「工事費無料」や「分割された毎月の工事費を割引き」といったキャンペーンを行っていますので、そういった窓口を選んで実質月額料金を安く抑えるとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線 工事費 工事費キャンペーン 申込窓口
戸建て マンション
ドコモ光ロゴドコモ光 19,800円 16,500円 新規申し込みは無料 GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴNURO光 44,000円 プランにより
2年, 3年の契約満了で実質無料
公式特設ページ
ソフトバンク光ロゴソフトバンク光 26,400円 新規申し込みは
2年の利用で実質無料
GMOとくとくBB
(代理店)
コミュファ光-ロゴコミュファ光 27,500円 新規申し込みは無料 NEXT
(代理店)
auひかりロゴauひかり 41,250円 33,000円 プランにより
2年, 3年の利用で実質無料※1
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴビッグローブ光 19,800円 16,500円 NEXT
(代理店)
EO光-ロゴeo光 29,700円 30カ月の利用で実質無料 ライフイノベーション
(正規取次店)
メガエッグ光-ロゴメガ・エッグ 38,500円 23,100円 35カ月の利用で実質無料 NEXT
(代理店)
ピカラ光ロゴピカラ光 0円 NEXT
(代理店)
BBIQロゴBBIQ 平日:2,200円
土日祝:5,500円
NEXT
(代理店)
OCN光のロゴOCN光 19,800円 16,500円 公式サイト
So-net光.logoSo-net光プラス 26,400円 3年の利用で実質無料 公式サイト
nifty光ロゴ@nifty光 19,800円 16,500円 ライフサポート
(代理店)
ぷらら光ロゴぷらら光 19,800円 16,500円 公式サイト
フレッツ光フレッツ光 東日本 19,800円 16,500円 メディアサービス
(代理店)
フレッツ光フレッツ光 西日本 19,800円 16,500円 NEXT
(代理店)

※1:「ひかり電話の加入」が条件
※料金はすべて税込み

なお、上記にある「〇年(カ月)の利用で実質無料」とは、分割された工事費が毎月割引きされることを指しています。

例えば、「3年の利用で実質無料」のケースで1年の利用だけで解約した場合は、残り2年分の工事費の残債を一括で支払う必要があることを覚えておきましょう。

そのため、2年以内に引っ越しの予定がある場合などは、「実質無料」には注意が必要です。

Point 2. 必要な通信速度が出るか

次に光回線選びで重要なポイントは、用途に合った通信速度が出ていることです。

といっても、オンラインゲームや大容量のダウンロードをしない限り、どの光回線を選んでも問題はありません。

なぜなら、下記は用途別で必要な通信速度の目安ですが、100Mbpsも出ていればほぼすべての用途が快適に使えるところ、ほとんどの光回線では200Mbps以上の速度が出ているからです。

用途(目的) 必要な通信速度の目安
メール 1Mbps~
SNS 5Mbps
動画視聴(標準画質) 10Mbps
ビデオ会議 30Mbps
動画視聴(高画質) 40Mbps
オンラインゲーム 50~100Mbps

以下は『みんなのネット回線速度』でレポートされている、実際のユーザーによる光回線の平均速度です。

いずれの光回線でも下り平均速度が200Mbps以上出ていますので、操作のレスポンスにシビアなオンラインゲームをしない限り、とくに問題ないことがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線 下り平均速度 上り平均速度
ドコモ光ロゴドコモ光 269.71Mbps 205.99Mbps
NURO光ロゴNURO光 506.3Mbps 448.71Mbps
ソフトバンク光ロゴソフトバンク光 313.81Mbps 211.93Mbps
コミュファ光-ロゴコミュファ光 541.11Mbps 367.87Mbps
auひかりロゴauひかり 422.19Mbps 361.64Mbps
ビッグローブ光のロゴビッグローブ光 255.15Mbps 206.13Mbps
EO光-ロゴeo光 485.98Mbps 343.32Mbps
メガエッグ光-ロゴメガ・エッグ 411.5Mbps 261.37Mbps
ピカラ光ロゴピカラ光 382.3Mbps 274.81Mbps
BBIQロゴBBIQ 319.56Mbps 209.99Mbps
OCN光のロゴOCN光 272.5Mbps 193.67Mbps
So-net光.logoSo-net光プラス 308.71Mbps 223.11Mbps
nifty光ロゴ@nifty光 210.71Mbps 201.35Mbps
ぷらら光ロゴぷらら光 270.26Mbps 182.39Mbps
フレッツ光フレッツ光 278.91Mbps 206.56Mbps

※実測値データは2022年3月時点

ただし、上記の平均速度はあくまで平均値であって、あなたが利用するエリアでは平均よりも大きく下回る可能性があることも念頭に置いておきましょう。

なお、光回線に速度を求める場合は、4章「【速度重視】で選ぶおすすめ光回線」で解説している光回線がおすすめです。

Point 3. 自宅に回線を導入できるか

光回線選びで重要なポイントの最後は、自宅に光回線を導入できることです。

当たり前ではありますが、どんなに安くて速い光回線でも利用できなければ意味はありません。

そこで確認しておきたいことは、次の2点です。

  • 【1】提供エリアを確認
  • 【2】工事可能かどうかを確認

【1】提供エリアを確認

まずは提供エリアですが、光回線の公式サイトにて、あなたがお住いの住所で使えるかどうかを確認しましょう。

ちなみに、プロバイダや代理店でも提供エリアを確認できるページはありますが、利用しないことをおすすめします。

というのも、プロバイダや代理店のエリア確認ページでは個人情報を入力させられるフォームがあり、面倒な営業電話がかかってくる可能性があるからです。

以下は、提供エリアが確認できる各光回線の公式ページです。住所や郵便番号を入力するだけで確認できますので、安心して調べてください。

なお、NTTフレッツ回線を使った光回線サービス(ドコモ光・ソフトバンク光など)の提供エリアはフレッツ光と同じですので、東西NTTの公式サイトにて利用可能かを調べることができます。

光回線 提供エリア

ドコモ光ロゴドコモ光

ソフトバンク光ロゴソフトバンク光

ビッグローブ光のロゴビッグローブ光

OCN光のロゴOCN光

So-net光.logoSo-net光プラス

nifty光ロゴ@nifty光

ぷらら光ロゴぷらら光

フレッツ光フレッツ光

フレッツ光:東日本の提供エリア確認ページ

【提供エリア】
北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・山梨・新潟

 

フレッツ光:西日本の提供エリア確認ページ

【提供エリア】
石川・富山・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・山口・鳥取・島根・愛媛・香川・高知・徳島・福岡・大分・佐賀・宮崎・熊本・長崎・鹿児島・沖縄

NURO光ロゴNURO光 NURO光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・岡山・広島・福岡・佐賀

auひかりロゴauひかり

auひかり:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・新潟・長野・富山・山梨・石川・福井・広島・岡山・鳥取・島根・山口・愛媛・香川・高知・徳島・福岡・大分・佐賀・宮崎・熊本・長崎・鹿児島

コミュファ光-ロゴコミュファ光 コミュファ光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
愛知・岐阜・三重・静岡・長野

EO光-ロゴeo光

eo光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山・福井

メガエッグ光-ロゴメガ・エッグ メガエッグ:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
広島・山口・岡山・島根・鳥取

ピカラ光ロゴピカラ光 ピカラ光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
徳島・香川・愛媛・高知

BBIQロゴBBIQ BBIQ:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

【2】工事可能かどうかを確認

光回線が提供エリア内であったとしても、あなたがお住いの住居で開通工事ができるかどうかを確認することも大切です。

なぜなら次のような理由から、開通工事ができない可能性があるからです。

住居別プラン 開通工事ができないケース
戸建て
  • 電柱から自宅までの距離が遠い
  • 隣りの家の上に線を通す許可が下りない
  • 国が管轄の川や道路をまたぐ許可が下りない
マンション
(集合住宅)
  • 管理会社やオーナーの許可が下りない
  • 建物内に新たに光回線を引き込む空きポートがない
  • 建物にケーブルを引き込めない

なお、戸建ての場合は回線業者が許可取りをしてくれますが、マンション(集合住宅)の場合は、利用者自らが管理会社やオーナーの許可を取る必要があります。

許可が必要な理由は、マンションの場合は以下2つの開通工事が必要になり、壁に穴を開けたりビス留めしたりして、建物に手を加える可能性があるためです。

  • 宅外工事:電柱からマンション内共用スペース(スプリッタ)まで
  • 宅内工事:マンション内共用スペースから部屋(光コンセントの設置)まで

開通工事の流れ

出典:NTT東日本

またマンションの場合は、1本の光ファイバーケーブルを共用スペース(スプリッタ)まで引き込んで各部屋へ分配しますが、戸数に対してポート(つなぎ口)が不足していることがあります。

このような場合は、今すぐ新規で光回線を申し込むことはできません。

あるいは、高層マンションや築年数が30年以上の古い建物の場合には、建物の構造上、光ファイバーケーブルを通せない可能性があります。

したがって、あなたがマンション(アパート)にお住いの場合は、工事可能かどうかを管理会社やオーナーに確認してみてください。

3. 2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口

ここまで解説してきたとおり、極端に速度にこだわらない限り、あなたにとっておすすめの光回線とは、実質月額料金が最も安くなる「光回線+申込窓口」と言えます。

実質月額料金を安くする三大要素をもう一度おさらいすると、次のとおりです。

《実質月額料金を安くする三大要素》

  • スマホセット割
  • キャッシュバック
  • 工事費割引き

下記は、光回線事業者24社を「スマホセット割・キャッシュバック・工事費」の三大要素で徹底的に調査して、実質月額料金で比較した一覧表です。

背景に薄い黄色を敷いた光回線が、それぞれのスマホキャリアとの組み合わせで最も安い光回線を示しています。

なお、「参考」の項目は実質月額料金が一番安くなる条件を記載しており、「実質月額料金」のカッコ書きはスマホセット割を適用しなかった場合の料金です。

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 2,799円
(3,899円)
1,479円
(2,579円)
1,100円/月 キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円
au logo auひかり 2,368円
(3,468円)
32円
(1,132円)
1,100円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,792円
(4,453円)
2,686円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
1,055円
(1,825円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 4,296円
(4,846円)
3,086円
(3,636円)
1,100円/月 50,000円 実質無料/3,500円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,958円
(5,786円)
3,581円
4,339円)
1,100円/月 戸建て:20,000円
マンション:15,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,353円
(3,944円)
2,103円
(2,694円)
1,100円/月 戸建て:39,000円
マンション:36,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,924円
(4,474円)
2,824円
(3,374円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
ピカラ光
(四国エリア)
3,808円
(4,358円)
2,634円
(3,184円)
1,100円/月 20,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,553円
(3,339円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3,556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
4,330円
(4,880円)
3,479円
(3,777円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
2,200円/880円
AsahiNet光 3,557円
(4,877円)
2,457円
(4,107円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 3,979円
(5,299円)
2,651円
(3,971円)
1,320円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,827円
(4,377円)
3,756円
(4,306円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,610円
(3,468円)
274円
(1,132円)
858円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 4,853円
(5,073円)
3,065円
(3,285円)
220円/月 36,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,109円
(4,769円)
2,871円
(3,531円)
660円/月 15,000円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,134円
(5,299円)
3,806円
(3,971円)
165円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,683円
(3,944円)
2,433円
(2,694円)
220円/月 戸建て:39,000円
マンション:36,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,549円
(4,769円)
3,336円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円
  光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
(参考)
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
6,582円 4,519円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
エキサイト光 4,842円 3,742円 戸建て:実質無料/1,100円
マンション:実質無料/1,100円
ぷらら光 6,105円 4,648円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
U-NEXT光 5,858円 4,736円 26,400円/3,300円

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。
※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・実質月額料金={月額料金(契約期間分)+初期費用(工事費・事務手数料)-セット割-キャッシュバック額等}÷契約期間
・新規申込み後、最安になる契約期間の実質月額で算定
・キャッシュバック額は38社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額で算定
・スマホセット割の額は1人分の適用額。家族にも適用させると、月額最大1,100円×家族人数分の割引
・フレッツ光のプロバイダは「BB.エキサイト(戸建て550円/マンション550円)」で算定
・UQモバイルは「auひかり」の実質月額料金のみを記載

上記のように、スマホ会社とのセット割は実質月額料金を下げる大きな要素となりますので、光回線は今お使いのスマホに合わせて選ぶことをおすすめします。

さらに、スマホセット割は同居していない場合も含めて、同じキャリアを使っている家族の人数分が適用できますので、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、スマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

ただし、光回線によっては提供していないエリアがあるため、下図のフローチャートに従って光回線を選んでください。

光回線_窓口

例えば、あなたがSoftBankのスマホをお使いなら、最も安い光回線は「NURO光」となり、NURO光の提供エリア外にお住いであれば、次いで「ソフトバンク光」が最も安い光回線となります。

また、各光回線にはいくつかの申込窓口があり、申込窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申込窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

このあと詳しく解説しますが、キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

ここからは、なぜ上記の「光回線+申込窓口」に至ったか、下記のスマホキャリアに合わせて選ぶべき光回線を詳しく解説していきます。

docomoユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがdocomoユーザーであれば、光回線は「ドコモ光」一択です。

というのも、docomoとのスマホセット割(ドコモ光セット割)で毎月最大1,100円の割引きを受けられる光回線は、下記のとおりドコモ光だけだからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 2,799円
(3,899円)
1,479円
(2,579円)
1,100円/月 キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのdocomoのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモスマホ料金プラン(ギガプラン) スマホセット割引
ギガホ 1,100円/月
5Gギガライト
ギガライト
<ステップ4:~7GB> 1,100円/月
<ステップ3:~5GB> 1,100円/月
<ステップ2:~3GB> 550円/月
<ステップ1:~1GB> -
ドコモスマホ料金プラン(カケホーダイ&パケあえる) スマホセット割引
ウルトラシェアパック100 3,850円/月
ウルトラシェアパック50 3,190円/月
ウルトラシェアパック30 2,750円/月
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,980円/月
<ステップ3:~15GB> 1,980円/月
<ステップ2:~10GB> 1,320円/月
<ステップ1:~5GB> 880円/月
ウルトラデータLLパック 1,760円/月
ウルトラデータLパック 1,540円/月
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 880円/月
<ステップ3:~5GB> 880円/月
<ステップ2:~3GB> 220円/月
<ステップ1:~1GB> 110円/月

※割引額はすべて税込み
出典:docomo

ドコモ光が一番お得な申込窓口

ドコモ光には申込窓口が複数ありますが、ドコモ光の一番お得な申込窓口はプロバイダの『GMOとくとくBB』です。

ドコモ光-GMOとくとくBB-TOPページ出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × ドコモ光 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,400円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円
(キャンペーンで無料)
16,500円
(キャンペーンで無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ドコモ光セット割(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・dポイント2,000ptプレゼント
・工事費無料
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・45,000円キャッシュバック
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
・開通前モバイルルーター無料レンタル
下り平均速度※1
(GMOとくとくBBの場合)
301.81Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
2,799円 1,479円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は「キャッシュバックが1万円以上」の申込窓口の比較表ですが、GMOとくとくBBが最もキャッシュバック額が高く、オプション条件もなしで、受け取りやすさも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
45,000円 なし 4カ月後 WEB手続き
Wiz
(代理店)
20,000円 なし 6カ月後 WEB手続き
OCN※1
(プロバイダ)
20,000円 なし 2カ月後 WEB手続き
@nifty
(プロバイダ)
20,000円 なし 8カ月後 WEB手続き
ぷらら
(プロバイダ)
15,000円 なし 4カ月後 WEB手続き
ネットナビ
(代理店)
15,000円 なし 1カ月後 郵送手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※1:月額料金が220円(税込)高い

したがって、ドコモ光へ申し込むなら、GMOとくとくBBで間違いありません。

もっと詳しく知りたい場合

ドコモ光では、プロバイダを23社から選ぶことができます。

結論は同じですが、23社を全てチェックしたい場合は『ドコモ光の最高のプロバイダの選び方』の記事をご覧ください。

「GMOとくとくBB」を選ぶメリット

GMOとくとくBB』では、最高額45,000円のキャッシュバックが受け取れるほかにも、次のようなメリットがあります。

  • 【1】高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • 【2】モバイルルーターが最大3か月間無料レンタルできる
  • 【3】通信速度が速い

【1】GMOとくとくBBでは、以下3種類の「v6プラス対応ルーター」の中からひとつを選んで、0円でレンタルできます。

GMOとくとくBB_ドコモ光_選べるWi-Fiルーター202203出典:GMOとくとくBB

「v6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)」とは、混雑しやすい回線のポイントを通らずに接続できる次世代型の通信方式のことです。インターネットが混雑する時間帯(夜間・休日)でも、速度が低下しにくい特徴があります。

ルーターをスペックで選ぶなら「WRC-2533GST2」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝えて相談しながら決めるとよいでしょう。

【2】GMOとくとくBBでは、モバイルルーターが最大3か月間無料レンタルできます。

このサービスによって、ドコモ光を申し込んでから開通工事が完了するまでの数週間の間、ネットが使えない不便を解消することができるでしょう。

【3】GMOとくとくBBからインターネットに繋ぐと通信速度が速い特徴があるため、速度面での不安を解消することができます。

GMOとくとくBB×ドコモ光_速度出典:GMOとくとくBB

同じドコモ光でも、プロバイダによって通信速度が変わるため、速度が速いGMOとくとくBBを選ぶことは大きなメリットと言えるでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『GMOとくとくBB』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

dポイントは自動的に付与されますので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介します。

  1. GMOとくとくBBの入会後に郵送される、メールアドレスが記載された「登録証」を保管しておく
  2. 回線開通月を含む4カ月目に、登録したメールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する「案内メール」が届く
  3. 案内メールで必要事項を登録すれば、登録した翌月末日に指定した口座に振り込まれる

キャッシュバックの案内メールが届くのは4カ月後ですので、スマホのリマインダー機能などを使って忘れないようにするとよいでしょう。

ドコモ光が一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 申し込み4カ月後にキャッシュバック受け取り
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料
  • モバイルルーターの最大3カ月間無料レンタル
  • docomoユーザーは月額最大1,100円(税込)割引
他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

なお、「少し額が減ってもいいから早くキャッシュバックが欲しい!」という場合は、キャッシュバック額と受け取り時期だけが異なる下記ページからの申し込みがおすすめです。

ドコモ光×GMO_限定特典出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB×ドコモ光【翌月受け取り】キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari_1month/

  • 40,000円キャッシュバック
  • 申し込みの翌月末日にキャッシュバック受け取り
  • その他の特典は同じ

auユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがauユーザーであれば、スマホセット割(auスマートバリュー・auセット割)の適用で毎月最大1,100円/1,320円の割引きができる光回線がお得です。

下記の比較表のとおり、スマホセット割が適用できる光回線はいくつもありますが、お住いの地域によって実質月額料金の安い光回線を、次の3つに絞ることができます。

  1. コミュファ光
  2. auひかり
  3. ビッグローブ光

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
au logo auひかり 2,368円
(3,468円)
32円
(1,132円)
1,100円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,792円
(4,453円)
2,686円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
1,055円
(1,825円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 4,296円
(4,846円)
3,086円
(3,636円)
1,100円/月 50,000円 実質無料/3,500円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,958円
(5,786円)
3,581円
4,339円)
1,100円/月 戸建て:20,000円
マンション:15,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,353円
(3,944円)
2,103円
(2,694円)
1,100円/月 戸建て:39,000円
マンション:36,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,924円
(4,474円)
2,824円
(3,374円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
ピカラ光
(四国エリア)
3,808円
(4,358円)
2,634円
(3,184円)
1,100円/月 20,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,553円
(3,339円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3,556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
4,330円
(4,880円)
3,479円
(3,777円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
2,200円/880円
AsahiNet光 3,557円
(4,877円)
2,457円
(4,107円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 3,979円
(5,299円)
2,651円
(3,971円)
1,320円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,827円
(4,377円)
3,756円
(4,306円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円

※1:ひかり電話の加入が条件
※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのauのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auスマホ料金プラン スマホセット割引
スマホ5G/4G ピタットプラン 5G
4G LTE(新auピタットプラン)
1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 550円/月
データMAX 4G系/5G系
auデータMAXプラン系
auフラットプラン系
1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)/ 4G LTE(s) 2GB超~20GBまで 550円/月
auピタットプラン/N(s)/(s) 2GBまで
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外
550円/月
2GB超~20GBまで 1,100円/月
上記以外 934円~2,200円/月
詳しくはこちら
ガラケー4G データ定額1/2/3/5/8/10/13(ケータイ) 934円~/月
詳しくはこちら
ガラケー3G カケホ(3Gケータイ・データ付) 934円/月
4Gタブレット/PC タブレットプラン20
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,100円/月
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大2年間1,410円/月
3年目以降934円/月

※auスマートバリューの割引額
※割引額はすべて税込み
出典:
au

結論、下記のとおり、あなたが東海地方や長野県にお住いであれば「コミュファ光」が最も安く、それ以外の地域では「auひかり」が2番目に安い光回線になり、3番目に「ビッグローブ光」が続きます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auユーザーの最安光回線ランキング
最安順位 光回線 実質月額料金 サービス提供エリア
1位 コミュファ光 戸建て:1,055円
マンション:1,032円
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県
2位 auひかり

戸建て:2,368円
マンション:32円
【ホーム】
北海道・青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県・富山県・山梨県・石川県・福井県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・愛媛県・香川県・高知県・徳島県・福岡県・大分県・佐賀県・宮崎県・熊本県・長崎県・鹿児島県
【マンション】
沖縄県を除く日本全国
3位 ビッグローブ光 戸建て:3,792円
マンション:2,684円
日本全国

※料金はすべて税込み

なお、auひかりの提供エリアは少しややこしく、「ホーム(戸建て)タイプ」と「マンションタイプ」で異なります。

あなたが戸建てにお住いであれば、下記の地域ではauひかりを利用できません。

auひかり「ホームタイプ」 が利用できないエリア
東海エリア 静岡県・愛知県・岐阜県
関西エリア 三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
九州エリア 沖縄県

ただし、あなたがマンション(アパート)にお住いの場合、沖縄県以外であれば利用できる可能性がありますので、必ずauひかりのエリア検索で確認してください。

もし、auひかりの「ホーム・マンション」タイプのどちらも提供外(関西エリア・沖縄県)だった場合は、「ビッグローブ光」が3番目に実質月額料金の安い光回線になります。

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

コミュファ光の一番お得な申込窓口

コミュファ光には申込窓口が複数ありますが、コミュファ光の一番お得な申込窓口は代理店の『NEXT』です。

NEXT×コミュファ光_topページ出典:NEXT

NEXTは、「フレッツ光」をはじめ、「ソフトバンク光」「ビッグローブ光」など、多くの光回線の取り次ぎを行っている有名な正規代理店です。

NEXTから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NEXT × コミュファ光 戸建て マンション
月額料金 5,170円 4,070円
事務手数料 770円
(キャンペーンで無料)
工事費 27,500円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 愛知・岐阜・三重・静岡・長野
スマホとのセット割 auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・他社サービス解約違約金全額還元!
・1年間980円キャンペーン(戸建てのみ)
・コミュファ光スタート割
・工事費無料
・初期費用無料キャンペーン など
独自キャンペーン
(NEXTの場合)
最大35,000円キャッシュバック
下り平均速度※1 543.61Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(NEXTの場合)
1,055円 1,032円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NEXT」が一番お得な理由

NEXT』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • キャッシュバックの受け取りが簡単
  • キャッシュバックにより実質月額料金が最も安い

下記はコミュファ光の代理店が実施しているキャッシュバックの比較表ですが、キャッシュバック額は同じではあるものの、NEXTが最も受け取りやすいことがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック オプション条件 受取りやすさ
受取時期 手続き方法
NEXT
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 2カ月後 申し込み時に
振込口座を指定するだけ
グローバルキャスト
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 7カ月後 メール手続き
フルコミット
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 6カ月後 メール+WEB手続き
公式サイト なし

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較

よって、コミュファ光をお得に利用するためには、代理店NEXTから申し込むことをおすすめします。

なお、auユーザーは、スマホセット割(auスマートバリュー)を適用させた方がトータルでお得になるため、光電話への申し込みは必須です。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『NEXT』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

下記のとおり、キャッシュバックの振込口座を電話で伝えるだけですので、もらい忘れる心配はありません。

  1. 「NEXT」からコミュファ光への申し込みが完了すると、契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

コミュファ光が一番お得な窓口|代理店「NEXT」

NEXT×コミュファ光キャンペーンページ:https://cmf-hikari.net/

  • 最大35,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバックは手続き不要で自動振り込み
  • 他社サービスによる解約違約金は全額還元
  • 工事費無料
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

auひかりの一番お得な申込窓口

auひかりには申込窓口が複数ありますが、auひかりの一番お得な申込窓口はプロバイダの『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBB×auひかり-TOPページ出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × auひかり 戸建て マンション
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
 3年目以降:5,390円
4,180円~
事務手数料 3,300円
工事費 41,250円
(キャンペーンで実質無料)
33,000円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 愛知・岐阜・三重・静岡・京都・大阪・兵庫
奈良・和歌山・滋賀・沖縄を除く全国
沖縄を除く全国
スマホとのセット割 auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・工事費実質無料
・他社インターネット解約違約金を最大30,000円まで負担
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・最大77,000円キャッシュバック
・ひかり電話最大35カ月無料
・Wi-Fiルーター無料プレゼント など
下り平均速度※1
(GMOとくとくBBの場合)
762.84Mbps
契約期間 3年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
2,368円 32円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由は「月額料金が初月無料」であること加えて、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション条件にも割引がある
  • キャッシュバックの手続きがしやすい

下記は、キャッシュバックが4万円以上受け取れる窓口の比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、オプション条件やその他の特典でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック オプション条件 その他 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
77,000円 ひかり電話への加入
(最大35カ月無料)
高性能Wi-Fiルーター
無料プレゼント
11カ月後, 23カ月後 WEB手続き
NEXT
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
@TCOM
(プロバイダ)
40,000円 - - 7カ月後 WEB手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※料金はキャッシュバックを除いてすべて税込み
※ひかり電話は月額税込550円

上記のとおり、GMOとくとくBBではキャッシュバックのオプション条件として「ひかり電話(月額税込550円)への加入」が必要ですが、3年契約の戸建てタイプで35カ月無料、2年契約のマンションタイプでは23カ月無料となっています。

そのため、ほぼ実質無料でひかり電話を利用できることになります。

さらにGMOとくとくBBでは、Wi-Fi 5(11ac)対応の高性能Wi-Fiルーターを無料でプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は、かなりお得な特典と言えるでしょう。

したがって、auひかりへ申し込むなら、GMOとくとくBBで間違いありません。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『GMOとくとくBB』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

キャッシュバックは以下3つの手順でもらえます。

  1. 「GMOとくとくBB」の入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作る
  2. 回線開通月を含む11カ月目と23カ月目の初日に、上記メールアドレス宛にキャッシュバックに関する案内メールが届く
  3. 必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日に指定口座に振り込まれる

GMOとくとくBBの難点は、キャッシュバックの受け取りが、11カ月後・23カ月後と時間がかかることです。

よって、忘れてしまわないように、スマホのリマインダー機能などに登録して確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

auひかりが一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×auひかりキャンペーンページ:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで還元
  • 工事費実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • ひかり電話最大35カ月無料
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

ビッグローブ光の一番お得な申込窓口

ビッグローブ光には申込窓口が複数ありますが、ビッグローブ光の一番お得な申込窓口は代理店の『NEXT』です。

【NEXT】ビッグローブ光_220802出典:NEXT

NEXTは、「フレッツ光」をはじめ、「ソフトバンク光」「OCN光」など、多くの光回線の取り次ぎを行っている有名な正規代理店です。

NEXTから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NEXT × ビッグローブ光 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円 16,500円
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ・auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
独自キャンペーン
(NEXTの場合)
・最大64,000円キャッシュバック(光電話加入)
・Wi-Fiルーター6カ月無料
下り平均速度※1 255.12Mbps
契約期間 3年 3年
実質月額料金
(NEXTの場合)
3,792円 2,684円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NEXT」が一番お得な理由

NEXT』がおすすめな理由は、以下のとおりです。

  • キャッシュバック額と工事費割引額の合計額が高い
  • オプション加入が不要

下記は、公式サイトを含む「キャッシュバック額+工事費割引き額」の合計が4万円以上の代理店の比較ですが、NEXTが一番お得であることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 割引き要素
オプション条件 受け取りやすさ
キャッシュバック
工事費割引き 合計 受取時期 手続き方法
NEXT
(代理店)
60,000円
0円 60,000円 なし 2カ月後, 12か月後 自動, WEB手続き
ビッグローブ光 公式 40,000円 19,800円 59,800円 なし 2カ月後 電話手続き
ブロードバンドナビ
(代理店)
35,000円 19,800円 54,800円 なし 6カ月後 FAX申請後、
再度WEB手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
29,000円 19,800円 48,800円 なし 2カ月後 電話手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※3年間のみの契約(37カ月目で解約した場合)の計算
※戸建て(ファミリータイプ)の金額での計算

上記のとおり、ビッグローブ光の公式サイトではキャッシュバックに加えて工事費割引きを実施していますが、トータルすると割引額は「NEXT」に劣ります。

また、「NEXT」からの申し込みで、光電話を同時契約する場合には、キャッシュバックは最大64,000円、さらに光TVも契約するなら最大68,000円のキャッシュバックを受け取ることも可能です。

したがって、ビッグローブ光を利用する際には、代理店「NEXT」から申し込むことをおすすめします。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『NEXT』でのキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

NEXTではキャッシュバックは2回に分けてもらえる仕組みとなっており、手順は次のとおりです。

  1. 「NEXT」からビッグローブ光への申し込みが完了すると、「NEXT」から契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座に1回目のキャッシュバックが振り込まれる
  4. さらに開通月から12ヶ月目に、BIGLOBEからキャッシュバック受け取りの案内メールが届く
  5. 開通月から12ヶ月目の2日~45日間以内に、BIGLOBEの「マイページ」からの受取手続きを行う
  6. 受取手続き完了後、数日以内に指定の口座に2回目のキャッシュバックが振り込まれる

1回目のキャッシュバックは振込口座を電話で伝えるだけですので、もらい忘れることはありません。

ただし、2回目のキャッシュバックは開通の12カ月後なので、スマホのリマインダー機能などを使って、確実にキャッシュバックを全額もらえるようにしておきましょう。

ビッグローブ光が一番お得な窓口|代理店「NEXT」

NEXT×ビッグローブ光キャンペーンページ:https://www.biglobe-hikari.net/

  • 最大64,000円のキャッシュバック(光電話加入)
  • Wi-Fiルーターが6カ月間無料レンタル
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

SoftBankユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがSoftBankユーザーであれば、スマホセット割(おうち割 光セット)の適用で毎月最大1,100円の割引きができる光回線がお得です。

SoftBankとスマホセット割ができる光回線は下記の2つですが、このあと解説するとおり、お住いの地域によって実質月額料金の安い光回線が変わります。

  1. NURO光
  2. ソフトバンク光

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのSoftBankのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク スマホ料金プラン スマホセット割引
基本プラン データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
1,100円/月
通話基本プラン データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1,100円/月
スマ放題/スマ放題ライト データ定額 50GB/20GB/5GB 1,100円/月
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB※4,6/1GB
データ定額(3Gケータイ)
550円/月
上記以外の料金プラン パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,100円/月
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円/月

※割引額はすべて税込み
出典:SoftBank

結論、下記のとおり、あなたが「NURO光」の提供エリアにお住いであればNURO光が最も安く、NURO光の提供エリア外にお住いであれば「ソフトバンク光」が2番目に安い光回線になります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

SoftBankユーザーの最安光回線ランキング
最安順位 光回線 実質月額料金 サービス提供エリア
1位 NURO光 戸建て:3,413円
マンション:3,413円
北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・岡山・福岡・佐賀の一部
2位 ソフトバンク光 戸建て:4,058円
マンション:2,518円
日本全国

※料金はすべて税込み

なお、NURO光の提供エリアは限定的なため、まずはNURO光のエリア検索で確認してください。

あなたの住所がNURO光の提供エリア外だった場合は、ソフトバンク光が最安の光回線になります。

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

NURO光の一番お得な申込窓口

NURO光の一番お得な申込窓口は『NURO公式 特設サイト』です。

NURO光特設サイト出典:NURO光

NURO光 公式から申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NURO光 公式 戸建て マンション
月額料金 5,700円
事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山・福岡・佐賀の一部
スマホとのセット割 おうち割 光セット(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・最大45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・無線LAN機能無料 など
下り平均速度※1 505.36Mbps
契約期間 2年
実質月額料金
(公式 特設サイトの場合)
3,413円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NURO公式 特設サイト」が一番お得な理由

NURO公式 特設サイト』が一番お得な理由は、NURO光のプロバイダはSo-netのみであり、代理店も存在しないため、申込窓口がNURO光の公式サイトだけだからです。

とはいえ、NURO光では公式サイトとは別に設けられた「特設サイト」にて、下記の高額なキャッシュバックキャンペーンが実施されていますので、特設サイトから申し込むことをおすすめします。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口
キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
NURO公式 特設サイト 45,000円 光電話への加入 6カ月後 WEB手続き

※光電話は月額税込550円
※格安SIMユーザーは不要

NURO光でキャッシュバックを受け取るステップ

ここでは『NURO公式 特設サイト』から申し込んだ際の、キャッシュバックの受け取り方法について解説します。

なお、NURO光はSo-netが運営している光回線のため、So-netに入会することになります。

  1. NURO光(So-net)の入会時に、So-net専用のメールアドレスを作成する
  2. 開通6カ月後15日に上記メールアドレス宛に、キャッシュバックのお受取手続き(ソネット de 受取サービス)の案内メールが届く
  3. 案内メールから45日以内に手続きを行えば、指定の口座に振り込まれる

キャッシュバックの案内メールは6カ月後に届きますので、スマホのリマインダーなどに登録して、もらい忘れを防ぐようにしておくとよいでしょう。

NURO光が一番お得な窓口|公式特設サイト

45,000円キャッシュバック特設ページ:https://www.nuro.jp/hikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • 無線LAN機能無料
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

公式サイトからはアクセスできない特別ページですので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

ソフトバンク光の一番お得な申込窓口

ソフトバンク光には申込窓口が複数ありますが、ソフトバンク光の一番お得な申込窓口は代理店の『GMOとくとくBB』です。

ソフトバンク光×GMO_TOPページ出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、「ドコモ光」「auひかり」などのプロバイダとしても実績のある代理店です。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × ソフトバンク光 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 おうち割 光セット(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・乗り換え、引っ越し新規契約の場合は工事費無料
・他社の解約違約金を最大10万円まで負担
・開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
・無線LAN機能無料
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・最大37,000円キャッシュバック
・Wi-Fiルータープレゼント
下り平均速度※1 313.89Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
4,058円 2,518円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は、キャッシュバックが20,000円以上の代理店5社の比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、受け取りやすさの点でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口
キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(代理店)
37,000円※1 なし 2カ月後 メールで
振込口座を登録する
アウンカンパニー
(代理店)
37,000円※1 なし 2カ月後 申し込み時に
振込口座を指定する
BIGUP
(代理店)
35,000円 なし 2カ月後 電話手続き
LifeBank
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き
株式会社STORY
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き

※1:「工事費サポート はじめて割」適用の場合は7,000円減額
※実質月額料金が一番安くなる条件で比較

GMOとくとくBBでは、申し込み後に送られてくるメールから口座情報を登録するだけですので、受取時期にこちらから手続きをする必要がなく、もらい忘れのないところが嬉しいポイントです。

なお、キャッシュバックにオプション条件はないものの、SoftBankユーザーはスマホセット割を適用させた方が月額最大550円安くなるため、光電話への申し込みは必須です。

ちなみにGMOとくとくBBでは、キャッシュバックに加えて高性能Wi-Fiルーターを無料プレゼントしてもらえますので、持っていない場合はかなり嬉しい特典となるでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に、『GMOとくとくBB』から申し込んだ際の、キャッシュバックの受け取り方法について解説します。

すごく簡単ですが、念のため確認しておいてください。

  1. 「GMOとくとくBB」からソフトバンク光への申し込みが完了すると、「GMOとくとくBB」からキャッシュバック受け取りのメールが送られてくる
  2. メールから口座情報を登録する
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

ソフトバンク光が一番お得な窓口|代理店「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ソフトバンク光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/service/softbankhikari/

  • 37,000円のキャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • キャッシュバックは申込み時のメールだけで自動振り込み
  • 乗り換え、引っ越し新規契約の場合は工事費実質無料
  • 他社の解約違約金を最大10万円まで負担
  • 開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
  • 無線LAN機能無料
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

格安SIMユーザーが選ぶべき光回線は?

格安SIMユーザーが光回線をお得に選ぶためには、「今使っているスマホに合わせる」方法と少し異なります。

理由は以下の2つです。

  • 格安SIMのスマホセット割ができる光回線事業者が少ない
  • 格安SIMのスマホセット割引額が小さい

例えば、有名無名を合わせて数多くある格安SIMのうち、光回線とスマホセット割ができる組み合わせは下記に記載しただけです。

またその多くは、毎月の割引き額が330円以下と少額であることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

 お使いの 
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,610円
(3,468円)
274円
(1,132円)
858円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 4,853円
(5,073円)
3,065円
(3,285円)
220円/月 36,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,109円
(4,769円)
2,871円
(3,531円)
660円/月 15,000円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,134円
(5,299円)
3,806円
(3,971円)
165円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,683円
(3,944円)
2,433円
(2,694円)
220円/月 戸建て:39,000円
マンション:36,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,549円
(4,769円)
3,336円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※UQモバイルの実質月額料金は「auひかり」の場合のみを記載

※スマホセット割引は最大額で計算
※料金はすべて税込み

そのため、スマホセット割が適用されなくても、キャッシュバックが高額な光回線を選んだ方が実質月額料金は安くなります。

結論、あなたが格安SIMをお使いであれば、お住いのエリアに合わせて下記の光回線が一番お得になります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お住いのエリア お得な光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
甲信エリア 長野 コミュファ光 1,825円 1,802円 - 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
東海エリア 静岡・愛知・岐阜・三重
関西エリア 大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫 NURO光 3,963円 3,963円 - 45,000円 実質無料/3,300円
和歌山 ビッグローブ光 4,453円 3,345円 - 戸建て:60,000円
マンション:57,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
九州エリア 沖縄
上記以外のエリア auひかり 3,468円 1,132円 - 77,000円 実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

4.【速度重視】で選ぶおすすめ光回線

家族全員でインターネットを使ったり、Amazonプライムなどの動画視聴をしたりするくらいであれば、3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」で紹介した光回線で十分楽しめます。

それでも速度重視で光回線を選びたい場合、まずは「NURO光」をおすすめします。

また、オンラインゲームや大容量ダウンロードをするなど、とにかく最速の通信速度を求める場合は、最大速度5Gbps以上の超高速プランを選ぶとよいでしょう。

そこでこの章では、速い光回線を選ぶ方法について紹介します。

少しでも速い光回線を利用したい場合は、確認してください。

4-1. 通常プランでも通信速度の速い光回線を選ぶポイント

通常プランで通信速度の速い光回線を選ぶには、『NURO光』を中心に検討することをおすすめします。

なぜなら速い光回線では、次の2つのポイントを抑えることが重要だからです。

  • Point 1. 「光コラボ」ではなく「独自回線」を選ぶ
  • Point 2. 「最大速度」よりも「実質速度」で選ぶ

なお、NURO光は通常プランで唯一の最大2Gbpsですが、この章では他の光回線(最大1Gbps)に含めて紹介します。

Point 1. 「光コラボ」ではなく「独自回線」を選ぶ

より速い光回線を選ぶには、「光コラボ」ではなく「独自回線」を選びましょう。

というのも、光回線は大きく分けて以下のように「光コラボ・独自回線」の2つに分類できるのですが、独自回線の方が速度が速い傾向にあるためです。

  • 光コラボ|全国区で使えるNTT系の光回線
  • 独自回線|エリアは狭いが高速通信できるNTT系以外の光回線

それぞれの特徴を解説していきます。

光コラボ|全国区で使えるNTT系の光回線

光コラボ(光コラボレーション)とは、光コラボ事業者が東西NTTのフレッツ光回線をレンタルして、「プロバイダ」と「NTTの光回線」をセットにして提供する光回線サービスのことです。

フレッツ光と同じ通信品質・提供エリアでありながら、フレッツ光よりも手続きが簡単で、料金が安い特徴があります。

光コラボレーションとは

ただし、下記のデータが示すとおりNTT回線の利用者は日本全国で約70%を占めるほど多く、混雑しやすいため、通信速度が低下しやすい特徴をもっています。

出典:MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査」(2021年3月末時点)

その点、このあと解説する「独自回線」はNTT回線と比べて利用者が少ないため、通信速度が低下しにくい特徴があります。

独自回線|エリアは狭いが高速通信できるNTT系以外の光回線

独自回線とは、東西NTTが保有している光ファイバー網とは異なり、独自の光ファイバー網を使った光回線サービスのことです。

独自回線は、日本で約70%のシェアを占めるNTT回線に比べると利用者が少ないため、混雑が起こりにくく、通信速度が安定しやすい傾向があります。その結果、通信速度が速い特徴をもっています。

独自回線の種類は大きく3つに分けることができますが、おすすめは電力会社系とダークファイバー系です。

  • 【1】電力会社系
  • 【2】ダークファイバー系
  • 【3】ケーブルテレビ系
【1】電力会社系

電力会社系の光回線とは、各地の電力会社が自社で保有する独自の光ファイバー網を使って、プロバイダとセットで提供している光回線サービスのことです。

例えば、中部電力の「コミュファ光」、関西電力の「eo光」、九州電力の「BBIQ光」などが該当します。

電気代とまとめると料金が安くなるなどの割引きサービスがありますので、地元企業を利用したい場合におすすめと言えます。

【2】ダークファイバー系

ダークファイバー系の光回線とは、NTTが普段使っていない予備回線(ダークファイバー網)を使った光回線サービスのことです。

個人宅向けの光回線で唯一、最大速度2Gbpsを提供している「NURO光」が該当します。

また特殊な例として、電力会社系とダークファイバー系のミックスとも言えるのが「auひかり」です。

「auひかり」は、東京電力(KDDIと提携)の地域では独自の光ファイバー網を使い、関東以外のエリアでは東西NTTが普段使っていない予備回線を借りて提供しています。

どちらもNTT系に比べて明らかに通信速度が速いため、速度にこだわりたい場合におすすめです。

【3】 ケーブルテレビ系

ケーブルテレビ系とは、各地のケーブルテレビ会社が保有する放送電波を受信するためのケーブルに、電話回線と同じ機能を持たせることでインターネットを利用できるサービスのことです。

ケーブルテレビ網と光ファイバー網の組み合わせは、光回線並みに速い特徴があります。

ただし、CATVを観ない場合は料金が割高になるケースが多いため、光回線のみを利用したい人にはあまりおすすめしません。

したがって、より速い光回線を選ぶなら、光コラボよりも独自回線(電力会社系・ダークファイバー系)を選ぶとよいでしょう。

Point 2. 「最大速度」よりも「実質速度」で選ぶ

より速い光回線を選ぶためには、「最大速度」よりも「実質速度」で選びましょう。

というのも、通常プランの最大速度1Gbps(NURO光のみ最大2Gbps)は実際に出ることはなく、お住いの環境(電柱までの距離・利用人数など)や通信機器(Wi-Fiルーターの性能など)によって、出る速度は異なるからです。

下記は、『みんなのネット回線速度』のレポートによる光回線の通信速度ランキング表ですが、先ほどの「Point 1」でもお伝えしたとおり、光コラボよりも独自回線の方が速いことがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線 回線の種類 下り平均速度 上り平均速度 平均ping値
コミュファ光-ロゴコミュファ光
(東海エリア)
独自 541.11Mbps 367.87Mbps 15.4ms
NURO光ロゴNURO光 独自 506.3Mbps 448.71Mbps 12.1ms
EO光-ロゴeo光
(関西エリア)
独自 485.98Mbps 343.32Mbps 20.46ms
auひかりロゴauひかり 独自 422.19Mbps 361.64Mbps 17.67ms
メガエッグ光-ロゴメガ・エッグ
(中国エリア)
独自 411.5Mbps 261.37Mbps 25.74ms
ピカラ光ロゴピカラ光
(四国エリア)
独自 382.3Mbps 274.81Mbps 19.21ms
BBIQロゴBBIQ
(九州エリア)
独自 319.56Mbps 209.99Mbps 25.83ms
ソフトバンク光ロゴソフトバンク光 NTT 313.81Mbps 211.93Mbps 17.23ms
So-net光.logoSo-net光プラス NTT 308.71Mbps 223.11Mbps 18.52ms
フレッツ光フレッツ光 NTT 278.91Mbps 206.56Mbps 22.39ms
OCN光のロゴOCN光 NTT 272.5Mbps 193.67Mbps 19.49ms
ぷらら光ロゴぷらら光 NTT 270.26Mbps 182.39Mbps 21.01ms
ドコモ光ロゴドコモ光 NTT 269.71Mbps 205.99Mbps 22.21ms
ビッグローブ光のロゴビッグローブ光 NTT 255.15Mbps 206.13Mbps 20.38ms
nifty光ロゴ@nifty光 NTT 210.71Mbps 201.35Mbps 16.34ms

※ping値:通信環境の良さを示す数値(30ms以下は速い)

したがって、より速い光回線を選ぶには、あなたがお住いの地域で実測値が速い独自回線に注目してください。

4-2. 最大速度5Gbps以上の超高速プランの一覧

高画質な4Kや8Kの配信動画を視聴したい場合や、シビアな反応速度が求められるオンラインゲームを高画質で思う存分楽しむ場合は、より高速なプランを選ぶとよいでしょう。

下記は、最大速度5Gbps以上の超高速プランの一覧表です。

最も速いプランは、「下り・上り」の最大速度が20GbpsのNURO光です。

ただし、いずれの超高速プランも提供エリアが限られているため、あなたがお住いの住所や住居で使えない可能性があることを念頭に置いておいてください。

なお、通信速度で重要なIPv6対応は全光回線で対応していたため、表の記載は割愛しています。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線 10ギガ以上プラン 下り・上り速度
月額料金 工事費 提供エリア
NURO光 20Gs 20Gbps 8,517円 66,000円
(60カ月の利用で実質無料)
東京都豊島区、港区(一部除く)
ドコモ光 10ギガ 10Gbps 6,930円 19,800円
(キャンペーンで無料)
東京都23区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
大阪市・名古屋市の一部エリア
NURO光 10G 10Gbps 5,700円 66,000円
(36カ月の利用で実質無料)
北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉
愛知・静岡・大阪・兵庫・奈良
福岡の一部エリア
auひかり ホームX10ギガ 10Gbps 6,468円 41,250円
(契約年の利用で実質無料)
東京、神奈川、埼玉、千葉の一部エリア
ソフトバンク光 ファミリー・10ギガ 10Gbps 5,720円 26,400円 東京、大阪市、名古屋市の一部エリア
eo光
(関西エリア)
10ギガコース 10Gbps 6,530円 29,700円
(30カ月の利用で実質無料)
大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井の一部エリア
コミュファ光
(東海エリア)
10GホームEX 10Gbps 7,040円 27,500円
(キャンペーンで無料)
愛知、岐阜、三重、静岡、長野の一部エリア
J:COM 光10Gコース 10Gbps 8,756円 41,250円
(契約年の利用で実質無料)
東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫の一部エリア
光回線 5ギガプラン 下り・上り速度
月額料金 工事費 提供エリア
auひかり ホームV5ギガ 5Gbps 5,610円 41,250円
(契約年の利用で実質無料)
東京、神奈川、埼玉、千葉の一部エリア
eo光
(関西エリア)
5ギガコース 5Gbps 5,960円 29,700円
(30カ月の利用で実質無料)
大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井の一部エリア
コミュファ光
(東海エリア)
5GホームEX 5Gbps 6,655円 27,500円
(キャンペーンで無料)
愛知、岐阜、三重、静岡、長野の一部エリア
J:COM 光5Gコース 5Gbps 7,898円 41,250円
(契約年の利用で実質無料)
東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫の一部エリア

※料金プランが複数ある場合は、安い契約プランを記載
※料金はすべて税込み

ちなみに、超高速プランは次のような注意点がありますので、各光回線の公式サイトにて詳細を確認することをおすすめします。

《超高速プランの注意点》

  • 月額料金が高い
  • 工事費が高い(実質無料のケースあり)
  • 超高速に対応した機器が必要
  • 解約費用が高い

また、上記の表で紹介している光回線について、さらに詳しく知りたい場合は、下記の記事も参考にしてみてください。

関連記事

5. 光回線(プロバイダ)でよくあるQ&A

最後に、光回線によくある質問について回答していきます。

  1. 最近光回線の業者が一気に増えたのはなぜ?
  2. 光回線の通信速度が遅い原因は?
  3. どのプロバイダが速いの?
  4. 申し込みから工事・利用までのスケジュールはどんな感じ?
  5. マンションにおすすめの光回線は?
  6. アパートにおすすめの光回線は?
  7. 戸建てにおすすめの光回線は?
  8. モバイル回線(ポケットWi-Fi)と光回線どっちがいい?
  9. ホームルーターと光回線どっちがいい?
  10. 格安SIMと光回線どっちがいい?
  11. 今住んでいるエリアでは、どの光回線が一番お得?
  12. オンラインゲームで利用するおすすめの光回線は?
  13. 一人暮らしにおすすめの光回線は?
  14. 光回線で利用するおすすめのWi-Fiルーター(無線ルーター)は?
  15. 光回線の速度測定ツールはどれがおすすめ?
  16. テレワークでおすすめの光回線は?
  17. 光回線でテレビを観るためには?

Q1. 最近光回線の業者が一気に増えたのはなぜ?

最近急激に増えてきた背景には、「光コラボレーション」と呼ばれるサービス形態があります。

光コラボレーション(光コラボ)とは、以下のようにNTTがフレッツ回線の卸売をして、それを別の会社が「別のブランド」で提供する仕組みのことを言います。

光コラボレーションとは

この仕組みによって、設備を持たなくても光回線のサービスを提供できるようになったので、多くの会社が参入し、価格競争が起きています。

この光コラボはNTTの回線をそのまま使うため、回線の通信速度や安定性はフレッツ光と同じです

このページで紹介した光回線で言えば、「ドコモ光」「ソフトバンク光」「So-net光プラス」などが光コラボレーションにあたります。

Q2. 光回線の通信速度が遅い原因は?

光回線が遅い時、よく考えられるのが下記の2つのパターンです。

  • あなたの家のLANケーブルや無線環境、端末が悪い
  • プロバイダが悪い

大手のプロバイダをお使いでない場合はとくに、プロバイダが影響している可能性が考えられます。

というのも、プロバイダによっても通信速度は変わるからです。

下記はインターネットのイメージ図ですが、プロバイダはエリアごとに基地局があり、それぞれのプロバイダでは設備が異なります。

光回線 プロバイダは地域・顧客数で速度が変わる

簡単に言えば、基地局に対して使う人が多ければ多いほど混み合い、遅くなる可能性があります。

「夜はインターネットがつながりにくい」「最近速度が安定しなくなった」という場合は、あなたがお住いのエリアで夜に使う人が多い、もしくは最近利用者が増えたことが考えられるわけです。

大手のプロバイダは設備を増強する資本力があるため、少し待てば速度が速くなる可能性があります。

したがって、もし大手のプロバイダではない場合は乗り換えが方がよいかもしれません。

Q3. どのプロバイダが速いの?

プロバイダによって通信速度が変わることはありますが、お住いのエリアやユーザー数、または利用する時間帯によってガラリと変わるため、一概にどこがよいとは言えません。

ただ、大手のプロバイダであれば定期的に設備増強などを行っていることから、将来遅くなる心配をあまりしなくてもいいという意味では、大手のプロバイダがおすすめです。

逆に安すぎるようなプロバイダは、設備増強のコストをかけない可能性もあるので注意しましょう。

おすすめはv6プラス対応のプロバイダ

ちなみに、特殊な技術を使って速度を速くしているプロバイダもあり、どうしても不安という場合は「v6プラス対応のプロバイダ」に着目しましょう。

例えば、ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」は、混雑するポイントを作らない「v6プラス」と呼ばれる技術を使っています。

GMOとくとくBB v6プラス 通信速度

上記のように、v6プラスは混雑するポイントを通らずにインターネットと繋がりますので、速度が落ちることなく快適に通信できるようになります。

近年では、ほとんどのプロバイダでv6プラスが使えるようになっていますので、大手の中でもv6プラスを採用しているかどうかを確認するとよいでしょう。

Q4. 申し込みから工事・利用までのスケジュールは?

申し込みから利用までの流れは、使う回線や利用場所の状況によっても若干異なります。

Webで申し込みした場合は、光回線の会社から電話がかかり、その電話で工事日の調整をします。

下記は、当メディアでおすすめしている光回線の公式サイトの情報をまとめたものですが、工事は早くても2週間ほどかかることがわかります。

戸建て マンション
ドコモ光 2週間~1か月
NURO光 1~3か月 1~4か月
ソフトバンク光 2週間
コミュファ光 1~2か月
auひかり 1~2か月 2週間
ビッグローブ光 10日~2か月

ちなみにマンション(アパート)の場合、すでに宅外(電柱からマンション内共用スペース)までの工事が終わっている場合があるため、戸建てよりも開通期間が短い傾向にあります。

工事は立ち合いが必要になり、引っ越しシーズン(3月・4月)は予約が重なるため、スケジュールには余裕をもっておくことが大切です。

なお、NURO光の工事は2回あり、2回とも立ち合いが必要なことを覚えておきましょう。

Q5. マンションにおすすめの光回線は?

マンションにおすすめの光回線は、基本的には3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」で紹介した光回線を選んでいただければ間違いありません。

光回線だけではなく、ポケットWi-Fiも含めたマンションのお得なインターネット環境を検討したい場合は、下記の記事をご覧ください。

マンションのインターネット完全ガイド|最もお得な選び方はこれだ!

Q6. アパートにおすすめの光回線は?

アパートにおすすめの光回線は、基本的には3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」で紹介した光回線を選んでいただければ間違いありません。

光回線だけではなく、ポケットWi-Fiも含めたアパートのお得なインターネット環境を検討したい場合は、下記の記事をご覧ください。

元販売員直伝!アパートで最もお得にインターネットする方法を完全ガイド

Q7. 戸建てにおすすめの光回線は?

戸建てにおすすめの光回線は、3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」で紹介した光回線を選んでいただければ間違いありません。

Q8. モバイル回線(ポケットWi-Fi)と光回線どっちがいい?

結論としては、自宅で使うなら光回線がおすすめで、外出先でも使うならポケットWi-Fiではなく、スマホのテザリングをおすすめします。

というのも、光回線とモバイル回線(ポケットWi-Fi)ではメリットがそれぞれ異なり、自宅で使う分には光回線が圧倒的に勝るからです。

一方で、外出先で使う分には、光回線よりもポケットWi-Fiが勝ります。ただし、ポケットWi-Fiよりもテザリングの方がコスパに優れているため、外出先で使うならテザリングがおすすめになります。

詳しくは、2つの回線を徹底比較した記事があるのでご確認ください。

光回線とテザリング、モバイル回線を徹底比較!あなたに最適なのはどれ?

Q9. ホームルーターと光回線どっちがいい?

ホームルーターは、光回線と比較すると工事不要でインターネットができる便利な通信機器ですが、通信速度や回線が非常に不安定など思わぬ落とし穴があるため、光回線をおすすめします。

詳しくは、こちらの記事をご確認ください。

ホームルーターと光回線を徹底比較!あなたに最適なインターネットの選び方

Q10. 格安SIMと光回線どっちがいい?

インターネットを使う方法としては、大容量プランの格安SIMを契約して、テザリングで「パソコン・タブレット・ゲーム」にインターネット接続する方法があります。

ただし格安SIMの場合、光回線と比較すると通信速度が大きく劣り、お昼や夕方など速度が安定しない時間帯もあるため、自宅でインターネットをする際は光回線を選んだ方がよいでしょう。

それでも大容量やデータ無制限の格安SIMを契約したい場合は、こちらの記事をご確認ください。

格安SIMでのテザリングの使い方と無制限で使えるおすすめキャリアを元販売員が大公開!

Q11. 今住んでいるエリアでは、どの光回線が一番お得?

基本的には、3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」で紹介した光回線が、一番お得な光回線になります。

なお各エリアでは下記のように、地元の電力会社が提供している、安くて速い光回線も存在します。

  • 関西エリア:eo光
  • 東海エリア:コミュファ光
  • 中国エリア:メガエッグ
  • 四国エリア:ピカラ光
  • 九州エリア:BBIQ

ただし、キャッシュバックなどを踏まえると、3章で紹介した光回線の方がお得になるため、おすすめの光回線を選んでいただいて間違いありません。

Q12. オンラインゲームで利用するおすすめの光回線は?

オンラインゲームで重要な要素は「通信速度」と「ping(ピン)値」ですが、両方ともに優れている光回線は、通常プランで最大2Gbpsを誇る「NURO光」です。

「ping値」とは、データの送受信にかかる時間を表す数値のことで、単位は「ms(ミリセカンド・ミリ秒)」を使います。

数値が小さいほど操作してからの反応速度が速くなるため、対戦型のゲームではとくに重視したい数値です。

一般的には30ms以下であれば速いとされ、格闘ゲームやFPSでは15ms以下が推奨されています。

詳しくは4章「【速度重視】で選ぶおすすめ光回線」をご確認ください。

Q13. 一人暮らしにおすすめの光回線は?

一人暮らしの場合も、3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」で紹介した光回線を選んでいただければ間違いありません。

ただし、ライフスタイルに合わせてスマホのテザリングを選んだ方がよい可能性もあるため、以下の記事も参考にしてください。

誰でも失敗しない一人暮らしでインターネットを始める方法

Q14. 光回線で利用するおすすめのWi-Fiルーター(無線ルーター)は?

一番最適なWi-Fiルーターを選ぶためには、ポイントが以下の4つあります。

  • 価格
  • 利用人数
  • 速度
  • 利用環境

いくつかおすすめのWi-Fiルーターがあるため、詳細を知りたい場合は、下記の記事をご確認ください。

徹底比較!本当におすすめできるWi-Fiルーターと選び方のポイント

Q15. 光回線の速度測定ツールはどれがおすすめ?

速度測定ツールは下記の3つがおすすめです。

  • SPEED TESTデザインがスタイリッシュ
  • USEN GATE 02|用途別の快適性がわかりやすい
  • FAST.com|シンプルデザインでわかりやすい

詳しくは、下記の記事で紹介していますのでご確認ください。

インターネット速度の目安は?確認方法や遅い時の改善方法を徹底解説

Q16. テレワークでおすすめの光回線は?

テレワークで利用する場合も、3章「2022年11月|あなたが絶対選ぶべき光回線と申込窓口」で紹介した光回線を選んでいただければ間違いありません。

Q17. 光回線でテレビを観るためには?

光回線でテレビ(地デジ)を観るためには、光回線とテレビのオプション契約が必要です。

光回線事業者によってテレビオプションのサービス内容が異なるため、下記の記事を参考にご確認ください。

関連記事

6. まとめ

ここまで、あなたにとって最もお得なおすすめ光回線を紹介してきました。

結論、光回線は下図のフローチャートのとおり、あなたがお使いのスマホのキャリアを基準にすると、最も安い光回線を選べます。

光回線_窓口

ただし、上記の光回線には代理店などいくつかの申込窓口があり、窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申込窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

このページを参考に、あなたにとって満足できるインターネット生活が送れることを心から願っています。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る