あなたにとって一番安いインターネットの選び方とおすすめ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「インターネットを安く使いたい」
「安いインターネットはどう選べばいい?」

とお考えですね。

インターネットを契約する際は、まず「光回線(固定回線)」「ホームルーター」「モバイル回線」のどれを使うかを決めるところから始めます。

インターネットの種類

  • 光回線
    …屋内で利用(自宅に回線を引き込む)。速度は最も速い
  • ホームルーター
    …屋内で利用。工事不要で使えるが、速度は固定回線より遅め
  • モバイル回線
    …屋内&屋外で利用(小型の専用端末)。価格は最も安い

とにかく月額料金を安くしたいなら、モバイル回線がおすすめです。快適さと安さを両立したいなら、光回線が適しています。

光回線は高いというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、モバイル回線とそれほど大きな差はなく、スマホ割などを適用した場合、むしろ光回線の方が安くなることもあります。

そこでこの記事では、家電量販店の販売員としてネット環境を提案してきた筆者の経験を活かして、安いインターネットの選び方と、おすすめを紹介します。

  1. インターネット3種類とそれぞれの料金相場
  2. 重要!インターネット料金は「実質月額料金」で考える
  3. 実質料金の安い光回線インターネットを厳選
  4. 実質料金の安い光ホームルーターを厳選
  5. 実質料金の安いモバイル回線インターネットを厳選
  6. インターネットを安く契約するための2つの注意点

全て読めば、インターネットを安く使う方法が分かります。

1.インターネット3種類とそれぞれの料金相場

インターネットには、以下の3種類があり、それぞれ料金相場が異なります。

インターネット比較

結論として、とにかく安さを求めるなら、月額料金の相場はモバイル回線が一番安いです。

ただし、若干モバイル回線が安いといった程度で大きな違いはありません。

それに光回線はスマホセット割を適用すると、実質的な価格が最安になるケースもあります。

1-1.コスパ重視なら光回線を選ぶ|相場は4,000~5,000円

料金を抑えつつ、快適にインターネットを使うなら、光回線がおすすめです。

光回線は、利用スマホ(docomo、au、Softbank)とのセット割がある回線を選べば、モバイル回線よりも安くなることがあります。

実際にモバイル回線と光回線を比較した表を見てみましょう。上段がモバイル回線、下段が光回線です。

回線プラン料金
モバイル回線WiMAX7GB3,969円
無制限3,969~4,688円
Y!mobile7GB4,066円
無制限4,818円
光回線ドコモ光戸建て5,720円
マンション4,400
auひかり戸建て5,610
マンション4,180円
ソフトバンク光戸建て5,720円
マンション4,180円

※auひかりは「GMOとくとくBB」から申し込むことで、光電話550円(税込)24・36カ月無料

黄色背景のように、セット割適用後は光回線のマンションプランが最安という結果になりました。

モバイル回線と比べると一見価格相場は高く見えますが、お財布から出ていくお金を最も節約できるのは、実は「光回線×スマホ割」なのです。

光回線を使うなら、今使っているスマホの携帯会社に合わせて選びましょう。

※格安SIM利用者は、モバイル回線がおすすめです。格安SIMにもスマホ割はありますが、数百円ほどなので、それほど安くはなりません。

1-2.工事不要で使うならホームルーターを選ぶ|相場は3,500~5,000円

ホームルーターは、工事不要ですぐにインターネットを使える回線です。

自宅でしかネットを使わず、引っ越しなどを頻繁にするという方に向いています。

ただ3種類の中で比べると、価格はモバイル回線に、速度は光回線に劣ります。

光回線ホームルーターモバイル回線
料金相場4,000~5,000円3,500~5,000円3,500~4,000円
(安い)
速度1~2Gbps
(速い)
500Mbps~1Gbps150~800Mbps

価格を優先するならモバイル回線、速度を優先するなら光回線を選ぶことになるでしょう。

1-3.とにかく安さを求めるならモバイル回線を選ぶ|相場は3,000~4,000円台

とにかく安さをもとめるなら、モバイル回線を選ぶと良いでしょう。相場は、3,000~4,000円台とインターネットの中で最も低水準です。

「外出先でも快適にネットを使いたい」方にもおすすめです。

この章のまとめ:あなたが選ぶべきインターネットの種類

光回線・ホームルーター・モバイル回線、それぞれがどんな人に向いているのか、表にまとめました。

光回線ホームルーターモバイル回線
・快適にネットを使いたい
・家族でネットを使う
・ゲームやVODなどネットを使う機会が多い
・大手キャリア(docomo、au、Softbank)のスマホを使っている
・工事をしたくない
・すぐにネットを使いたい
・外出先でもネットにつなぎたい
・数百円でも安く使いたい

ただし、インターネットをお得に申し込むなら、「実質月額料金」の安さで選ぶことが重要です。

次章では、実質月額料金とは何か、インターネットの料金はどのようにして決まるのか、について詳しく解説します。

先にそれぞれのお得な回線を知りたい方は、以下からスキップしてください。

2.重要!インターネット料金は「実質月額料金」で考える

インターネットを選ぶ際は、回線の月額料金だけで選ばず、実質月額料金を考慮して選ぶことが重要です。

実質月額料金とは、月額料金や初期費用に対して、割引やキャッシュバック額を差し引いた、月額あたりの料金のこと。分かりやすく言うと、「色々割引があって、結局のところ、いくら払ってることになるのか」です。

実質月額料金とは

「公式サイトに載っている料金は一見安く見えるけれど、トータルで計算すると実は高い」ということも多々あるので気を付けましょう。

ポイント1.月額料金は、回線利用料+プロバイダ利用料で決まる

前提としてインターネット回線は、回線単体の料金だけでなく、プロバイダとセットで考えます。ただNTT系の回線の場合、これらがあらかじめセットになった「光コラボ」が近年主流になりつつあります。

回線使用料

ネットをつなぐ線に対するお金です。これが全国、世界に繋がっているのでネットが使えるというイメージです。

一戸建ての場合は専用に線を引くことになるので高くなり、反対にマンションなどでは一つの線を複数の人で分けるので安くなります。

補足:固定回線は工事費もかかる

光回線は、電柱などから光のケーブルをあなたの家へ引き込まないといけないので、工事費が発生します。

サービスにもよりますが、だいたい2~4万円程度の工事費がかかり、2~3年かけて分割で支払っていくケースが多いです。

分割にすることで、私たちはネットを始めやすくなりますし、事業者側は長く使ってもらえるなどお互いに得をする形になっています。

プロバイダ

ただ線でつながっていてもインターネットに繋がりません。インターネットにつながるためには「プロバイダ」と呼ばれるインターネットに接続するためのサービスが必要です。

プロバイダの役割

このプロバイダは非常に多くの業者があり、好きなように選ぶことができます。価格はおよそ月額1,000円です。

これらは本来別々に契約するものでしたが、光回線の場合、最近はプロバイダと回線がセットになった「光コラボ」が主流になってきました。

光コラボとは?

光コラボとは、プロバイダ提供会社が、「自社のプロバイダ」と「NTTの光回線」をセットにして、サービスを提供する仕組みです。

別々に申し込む必要がない上に、プロバイダ各社は独自のキャンペーン(スマホ割・キャッシュバック)を打ち出しているので、光回線とプロバイダを分けるより、安く契約できます。

もちろんNTTの回線なので通信速度が速く、快適に使えます。

光コラボレーションとは

ポイント2.実質月額料金は、割引・キャンペーンによって変わる

実質月額料金(結局のところ、いくら払ってることになるのか)は、キャンペーンや割引によって変わります。

キャンペーンは、「現金キャッシュバック」「月額料金の割引」のどちらかが主です。

キャッシュバックの金額や割引額は、申し込み窓口(回線の販売代理店)によって全く違うため、「どのサイトから申し込むか」次第で、実質料金は大きく変わります。

どこから申し込むかによって、最終的に支払う金額が高くなるか安くなるか決まるのです。

光回線・ホームルーター・モバイル回線、いずれの場合も同様です。

ただ、光回線と申し込み窓口の組み合わせは無数にあるので、どれを選べば良いか迷うもの。そこで、次章では「実質料金が安いインターネットはどれか」という観点で、おすすめの光回線を紹介していきます。

3.実質料金の安い光回線インターネットを厳選

本章では、「最もお得な申し込み窓口から契約した場合の実質料金」という観点で、本当に安い光回線を厳選しました。

※最も安い窓口からの申し込みを行った場合の「実質料金順」に並んでいます。
※スマホセット割を適用した場合の金額です。

【マンション】

光回線実質料金(月額料金)
1位
コミュファ光
649円5,775円
2位.
auひかり
1,0934,180円
3位.
BIGLOBE光
2,0394,378円
4位.
So-net光プラス
2,2974,928円
5位.
Softbank光
2,3594,180円

【戸建て】

光回線実質料金(月額料金)
1位
コミュファ光
2,557円5,775円
2位.
BIGLOBE光
3,139円5,478円
3位.
auひかり
3,2495,610円
4位.
NURO光
3,4135,700円
5位
so-net光
3,479円 6,138円

それぞれ詳しく紹介します。

コミュファ光|東海エリア在住の方に最もおすすめ

コミュファ光出典:コミュファ光(NEXT)

戸建てマンション
月額料金5,775円5,775円
おすすめ申し込み窓口NEXT
通信速度下り:674Mbps
上り:360Mbps
対応エリア愛知、岐阜、三重、静岡、長野
公式キャンペーンギガおトク割/乗り換えスタートキャンペーン2021/auスマートバリュー

※速度は『みんなのネット回線速度』より(2021/6)

コミュファ光は、今回光回線22社を対象に行った調査において、実質月額料金が最安値という結果になりました。

対応エリアは5県のみと限られてきますが、このエリアにお住まいの方で、とにかくお得な回線を使いたいという方は、コミュファ光がおすすめ。auスマホとのセット割も可能です。

エリア外の方は、次に紹介する『auひかり』がお得です。

コミュファ光の一番お得な申し込み窓口は『株式会社NEXT』|最大45,000円のキャッシュバック

コミュファ光の一番お得な申し込み窓口は『株式会社NEXT』です。

こちらかの申し込みで、最大45,000円のキャッシュバックを受け取れます。

auひかり|auスマホユーザーにおすすめの低価格・高品質な光回線

GMOとくとくBB(auひかり)出典:auひかり(GMOとくとくBB)

戸建てマンション
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
4,180円
おすすめ申し込み窓口GMOとくとくBB
通信速度下り:378Mbps
上り:268Mbps
対応エリア【北海道・東北】北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島
【北陸】石川、富山、福井
【関東】東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木
【信越・中部】新潟、長野、山梨
【中国・四国】鳥取、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知
【九州】福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島
公式キャンペーン解約違約金負担/工事費割引/auスマートバリュー

※速度は『みんなのネット回線速度』より(2021/6)

『auひかり』は、auスマホユーザーにおすすめの光回線です。

auスマートバリュー適用で、auスマホ代が月々1,100円安くなります。

auひかりは独自回線を使っているので、混雑しづらく、快適に使えると好評です。

おすすめの申し込み窓口は『GMOとくとくBB』|61,000円の高額キャッシュバック!

auひかりの申し込みにおすすめな窓口は、『GMOとくとくBB』です。

『GMOとくとくBB』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンを実施しています。

最大61,000円の業界最高クラスのキャッシュバックが受け取れて、12,000円相当のWi-Fiルーターも無料でついてきます。

auのスマホとのセット割「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、auひかりをお得に使えます。

BIGLOBE光|auひかりエリア外ならこちら

BIGLOBE光出典:BIGLOBE光

戸建てマンション
月額料金5,478円4,378円
おすすめ申し込み窓口BIGLOBE光公式
通信速度下り:231Mbps
上り:174Mbps
対応エリア全国
公式キャンペーン40,000円キャッシュバックor月額料金割引/工事費割引/IPv6対応ルーター1年間無料/auスマートバリュー

※速度は『みんなのネット回線速度』より(2021/6)

auひかりが対象エリア外の方には、『BIGLOBE光』がおすすめです。

『BIGLOBE光』は、NTT回線を使った光コラボの一つで、こちらもauのスマホ割を適用できます。このため、auスマホをお使いの方は、月々のスマホ代が安くなります。

BIGLOBE光の一番お得な申込窓口は『公式サイト』|キャッシュバック&工事費無料

2021年7月現在、BIGLOBE光は、公式サイトからの申し込みが一番お得です。

BIGLOBE公式では、オプション加入なしで40,000円もらえるキャッシュバック特典や、工事費が無料になるキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの代わりに、「月額料金12ヶ月値引き」も選択できます。

また、v6プラス対応の高速Wi-Fiルーターを無料で利用できるので追加で費用がかかることもありません。

So-net光プラス|v6プラス対応ルーターが無料

so-net光プラス

出典:So-net光プラス

戸建てマンション
月額料金6,138円4,928円
おすすめ申し込み窓口ライフサポート
通信速度下り:282Mbps
上り:196Mbps
対応エリア全国
公式キャンペーン工事費割引/So-net v6プラス対応ルーター利用代無料/無料訪問設定サポート/auスマートバリュー

※速度は『みんなのネット回線速度』より(2021/6)

『So-net光プラス』は、NTT回線を使った光コラボの一つで、こちらもauスマホセット割ができる光回線です。

お住まいのエリアがauひかり対応外だった場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

『So-net光プラス』は申し込み特典として、IPV6対応Wi-Fiルーターを無料で利用可能です。混雑しやすい時間でもストレスなく通信できます。

一番お得な申込窓口は『ライフサポート』|ネット料金2年割引

『So-net光プラス』の一番お得な申し込み窓口は代理店の『ライフサポート』です。

サイト経由の申し込みであれば、2年間の利用料が大幅割引になり、マンションタイプであれば2,000円台から利用できます。

Softbank光|Softbankユーザーならセット割で更に安くなる

ソフトバンク光最安窓口

出典:ソフトバンク光(アウンカンパニー)

戸建てマンション
月額料金5,7204,180円
おすすめ申し込み窓口アウンカンパニー
通信速度下り:292Mbps
上り:187Mbps
対応エリア全国
公式キャンペーン他社の違約金を最大100,000円負担/おうち割 光セット

※速度は『みんなのネット回線速度』より(2021/6)

ソフトバンク光は、NTT東西の光ファイバー網を用いてサービスを提供する、最大速度1Gbpsの光回線サービスです。

ソフトバンク光には、以下のようなメリットがあります。

  • キャッシュバックが47,000円(アウンカンパニーからの申し込み)
  • 他社の違約金を最大100,000円負担
  • 開通前モバイルルータ無料レンタル(アウンカンパニーからの申し込み)

加えて、ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクとのスマホセット割「おうち割 光セット」が適用されるため、ユーザー1人につき月額1,100円(税込)ほど安く利用できます。

一番お得な申込窓口は『アウンカンパニー』|キャッシュバックを受け取りやすい

現時点で、ソフトバンク光の一番お得な申込窓口は、アウンカンパニーです。

アウンカンパニーはソフトバンク光の代理店です。

オプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。

また、申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです

NURO光|圧倒的な通信速度が魅力の光回線

NURO光出典:NURO光公式

戸建てマンション
月額料金5,700円5,700円
おすすめ申し込み窓口NURO光公式
通信速度下り:469Mbps
上り404Mbps
対応エリア北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/愛知/
静岡/岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/広島/岡山/福岡/佐賀
公式キャンペーン工事費割引/おうち割 光セット

※速度は『みんなのネット回線速度』より(2021/6)

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線サービスで、独自回線を用いることで、最大2Gbpsの通信速度が期待できます。

さらに、利用しやすい料金設定など6つのメリットがあります。

  • 通信速度は最大2Gbpsで最速
  • 月額料金は5,700円(税込)と安い
  • 45,000円のキャッシュバック
  • ルーター不要でWi-Fiが利用可能
  • セキュリティが無料(戸建てのみ)

加えて、ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクとのスマホセット割「おうち割 光セット」が適用されるため、ユーザー1人につき月額1,100円(税込)ほど安く利用することができます。

NURO光の一番お得な申込窓口は公式サイト|高額キャッシュバックが受け取りやすい

現時点で、NURO光の一番お得な申込窓口は、公式サイトです。

光回線+ひかり電話の契約で最大45,000円のキャッシュバックを受け取れます。

4.実質料金の安いホームルーターを厳選

現在販売されているホームルーターは、WiMAXとSoftbankAirの2種類のみです。

両者の実質料金を比較すると、モバレコAirというプロバイダから「SoftBank Air」に申し込むのが一番お得です。

※最も安い窓口からの申し込み&スマホ割適用による実質料金順に並んでいます。

実質料金(月額料金)
SoftBank Air
(モバレコAir)
3,391円~
(キャッシュバック:27,000円)
(月額割引総額:43,560円)
1~36か月目:5,368
WiMAX Home o2
(BroadWiMAX)
4,023円~1~36か月目:2,999~4,413円

SoftBank Air

結論、SoftBank Airを申し込む際は、モバレコAir」というプロバイダから申し込むと、最安の月額料金で利用することができます。
モバレコAir

出典:モバレコAir

以下の表は、SoftBank Airの申し込み窓口の実質月額料金を比較したものです。

プロバイダ実質月額料金
モバレコAir3,807円
ブロードバンドナビ4,195円
NEXT4,487円
アウンカンパニー4,487円
エヌズカンパニー4,487円
yahoo BB!4,695円
ソフトバンク5,737円

表の通り、モバレコAirが最安の窓口となっていますので、SoftBank Airを申し込むなら一択です。

今なら27,000円のキャッシュバックと月額割引のキャンペーンを行っていますので、お得に利用を開始できます。

5.実質料金の安いモバイル回線インターネットを厳選

本章では、「最もお得な申し込み窓口から契約した場合の実質料金」という観点で、本当に安いモバイル回線を厳選しました。

なお、モバイル回線は月間利用データ量によって料金が変わるため、「20GB」「100GB」「無制限」の3種類で最も安いものを選定しています。

ポケットWi-Fiタイプデータ容量月額料金実質料金※キャンペーン
ZEUS WiFiクラウドSIM20GB2,178円
(縛りあり)
2,316円
2,618円
(縛りなし)
2,756円
Mugen WiFiクラウドSIM100GB3,718円3,260円10,000円
キャッシュバック
事務手数料無料
WiMAX (GMOとくとくBB)WiMAX無制限0〜2ヵ月:3,969円
3ヵ月~:4,689円
3,816円6,000
キャッシュバック
月額料金割引

※表示価格はすべて税込です

最も安いポケットWi-Fiは『ZEUS WiFi』ですが、データ容量は月間20GBとなっているため、ライトユーザー向けと考えましょう。

ヘビーユーザー向けには大容量で最も安い『Mugen WiFi』もおすすめですが、端末スペックや通信速度、データ容量はやはり無制限で使いたい場合には『WiMAX』が実力では最安値と言えるでしょう。

最も安いポケットWi-Fiは『ZEUS WiFi』

データ容量に上限はありますが、ポケットWi-Fiを最安値で選びたい場合は「ZEUS WiFi」がおすすめです。

【公式】ZEUS WiFi_ゼウスWiFi出典:ZEUS WiFi

「ZEUS WiFi」は、20/40/100GBのデータ容量からプランを選べるクラウドSIM型のポケットWi-Fiで、最安値の1,980円(税込2,178円)から利用できます。

クラウドSIM型ポケットWi-Fiとは?

SIMカードを通信端末ではなく、クラウド上で管理するポケットWi-Fiです。

通信端末に対して複数のSIMを割当てることができるため、複数のデータ回線に自動的に切り替わり、その時に最適な通信キャリアで利用することができます。

契約プランにはデータ容量のほかに、最低利用期間(縛り)の有無を選択できるため、利用するユーザーに合わせた契約ができるのがメリットです。

「縛りあり」プランを選択する場合、2年縛りとなり途中解約には9,500円(税込10,450円)の違約金がかかりますが、その分月額料金が安いため、使い方に合わせて選びましょう。

大容量で最安値のポケットWi-Fiは『Mugen WiFi』

さらに大容量で使いたいヘビーユーザーには、100GBプランで実質料金が最安値の「Mugen WiFi」がおすすめです。

MUGENwifi

出典:Mugen WiFi

Mugen WiFi」は、「ZEUS WiFi」と同じクラウドSIM型のためdocomo、au、Softbank回線のいずれかで最適な接続を自動的に行い、100GBの大容量データプランでは最も安いポケットWi-Fiです。

さらに2021年7月現在では、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているため、100GBの大容量でも月々税込3,260円で利用できます。

月間100GBあればたいていのことは可能ですが、機種の最大速度が150Mbpsと遅く、快適な通信速度で利用したい場合は、次の「WiMAX」をおすすめします。

実質無制限で速くて安いポケットWi-Fiは『WiMAX』

データ使い放題で、より快適な速度で最も安くインターネットを使いたい場合は、プロバイダ経由で契約する「WiMAX」がおすすめです。

WiMAX

出典:WiMAX「GMOとくとくBB

「WiMAX」は、UQコミュニケーションズ株式会社が提供するポケットWi-Fiで、独自のWiMAX2+回線とauのLTE回線を使用し、広いエリアでつながりやすさと安定した通信速度が特徴です。

契約プランには「7GB」と「無制限」がありますが、ポケットWi-Fiの場合は6,000円のキャッシュバックがある『GMOとくとくBB』から申し込むことで、データ無制限の「ギガ放題」も最安値の実質月額3,894で利用することができます。

データ使用量が「3日間で10GB」を超えると、翌日の18時頃から深夜2時頃までの約8時間だけ速度制限がかかりますが、制限下でも最大1Mbpsと速く、快適に使えます。

6.インターネットを安く契約するための2つの注意点

インターネットを安く契約するには、「キャッシュバックに騙されないこと」「乗り換え時は違約金をよく確認すること」の2点に気を付けておきましょう。

キャッシュバックに騙されないこと

キャッシュバックの額が高いといって、むやみに選んでしまうと損をしてしまう可能性があります。

回線やその代理店によっては以下のように、一定の条件を満たすと以下のようにキャッシュバックをしてくれるところもあります。

ただし、キャッシュバックの際には以下のポイントで注意が必要です。

  • 「最大」のキャッシュバックをもらうためには複数のオプションの加入を求められる。
  • 契約期間の縛りが強くなったり、違約金が増える恐れがある
  • 加入してからもらえるまでに半年間かかる

最悪のケースがキャッシュバック欲しさにオプションを大量につけてしまい、結果として料金が高くなってしまうことです。

そのため、申し込み前にきちんと契約内容を確認し、以下のポイントをチェックすることをおすすめします。

キャッシュバック契約前に必ずチェックすべき4つのこと

  • キャッシュバックの金額
  • 契約の期間
  • 入らなければならないオプションとその月額
  • いつもらえるのか

乗り換え時は、違約金の条件をよく確認する

安い会社に乗り換える際に注意しなければならないのが、「今のサービス」と「乗り換え後のサービス」それぞれの違約金です。

特に、インターネットの場合は工事費などを解約時に一括で請求される可能性も高いので、よく確認をしましょう。

残額や違約金などが分からなければ、事前に電話で問い合わせてみるのも一つの手段です。

違約金が高額なら無理して乗り換えない

違約金が高額になるなら、無理して乗り換えると結果として料金が高くなってしまうので乗り換えずに次の更新のタイミングまで待ちましょう。

また、オプションで外せるものはないかは、このタイミングで確認しておいてください。

ちなみに、回線自体を変えられなくても、プロバイダだけ変えることも一つの手段です。

プロバイダは1,000円前後のものが多いですが、例えば「BBエキサイト」のプロバイダであれば550円(税込)、キャンペーン期間は税込み330円でプロバイダを提供してくれます。

BBエキサイト プロバイダ乗換えキャンペーン

出典:エキサイト

プロバイダには違約金がかかることが多いため、今ご利用のプロバイダの違約金などと月額を比較して乗り換えを検討しましょう。

まとめ

安いインターネットについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

インターネットは主に「光回線」「ホームルーター」「モバイル回線」の3タイプあることが分かりました。

結論として、数百円でも月額料金を安くしたいなら、モバイル回線も選択肢の一つですが、快適さと安さを両立したいなら、光回線がおすすめです。

あなたが今よりも満足して光回線を使えることを心から祈っています。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る