GMOとくとくBB光の評判や口コミは?安いというのは本当?ユーザーの満足度からわかるデメリットを解説

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
GMOとくとくBB光悪い口コミや評判は本当?

GMOとくとくBB光の評判口コミは?
GMOとくとくBB光は本当にお得?

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)は月額料金の安さで評判の良い光回線です。セット割がなくても基本料金が安く設定されていて、格安SIMユーザーでもお得に利用できます。

しかし、きちんと調べないままに契約すると、スマホ料金が高くなったり、お得な窓口を活用できないなどの、デメリットもあります。

この記事ではGMOとくとくBB光の評判や口コミからメリットやデメリットを解説し、お得に契約する方法までわかりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください。

【2024年2月】おすすめの光回線
GMOとくとくBB光ロゴ
GMOとくとくBB光ロゴ
▼GMOとくとくBB光の特徴
月額基本料が相場より約1,000円安い
最大114,000円のキャッシュバックがもらえる
・開通工事費が実質無料になる
・WiFiルーターがタダでレンタルできる
・いつ解約しても違約金0円!
3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB光の公式サイト

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とは?

GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)はGMOインターネットグループが運営する光回線です。プロバイダとして長い歴史がある会社が運営しているため、安心して利用できます。

NTT東西のフレッツ光から回線を流用して運営される光コラボで、利用可能エリアは日本全国です。

光コラボとは
光コラボはNTT東西のフレッツ光回線を流用した回線の総称です。フレッツ光から卸を受けて、各社がそれぞれ料金や工事費を設定できます。

同じ回線を利用するため、工事なしで乗り換えられるのが大きなメリットです。

関連記事

▶GMOとくとくBB光の提供エリアは?

GMOとくとくBB光の月額料金は他の光回線よりも安い

GMOとくとくBB光は月額料金の安さが強みの光回線です。他の回線と比較して、1,000円近く安く設定されています。

そのため、格安スマホプランを利用している人や、月額料金をとにかく安くしたい人におすすめです。

GMOとくとくBB光とGMO光アクセスはどう違う?

GMO光アクセス

GMOとくとくBB光とGMO光アクセスは全く同じ回線です。リリース当初はGMO光アクセスという名前で、後から名称が変更されてGMOとくとくBB光になりました。

基本的にはGMOとくとくBB光が正式名称ですが、ロゴやトップページには旧名称が残っています。

おすすめ回線特徴
GMOとくとくBB光とくとくBB光月額料金が最安クラスのお得な光回線
最大114,000円還元
いつ解約しても違約金が一切かからない
一番お得なキャンペーン窓口

GMOとくとくBB光の評判口コミからわかるメリット・デメリット一覧

メリット・デメリット_GMOとくとくBB光

月額料金の安さや高額なキャッシュバックなど、魅力的な点は多くありますが、クレジットカードが必須などのデメリットも存在します。

以下でメリットとデメリットに分けて詳しく解説していきます。

GMOとくとくBB光の評判口コミからわかるメリット

メリット一覧

    • 月額料金がシンプルで安い
    • 最大114,000円のキャッシュバックがある
    • IPv6対応で回線速度が速い
    • ルーターが無料でレンタルできる
    • 解約違約金がない

月額料金がシンプルで安い

GMOとくとくBBはシンプルな料金プラン

月額料金
戸建て4,818円
マンション3,773円

GMOとくとくBB光の月額料金はシンプルでわかりやすいうえ、他の回線よりも安く設定されています。基本料金が安いので長期間の利用にもおすすめです。

他の回線では複雑な割引システムで支払い額がわかりづらかったり、途中で割引がなくなり請求額が急に高くなることもありえます。

GMOとくとくBB光なら、途中で支払額が変わることはありません。複雑な割引が嫌な人でも気軽に契約できます。

他の回線との料金比較は記事の後半でまとめているので、先に確認したい方は以下のリンクをタップしてください。

関連項目

▼月額料金を他の回線と比較

最大114,000円のキャッシュバックがある

キャッシュバック額
選択新規30,000円
他社
乗り換え
最大90,000円
GMOひかりTV20,000円
GMOひかり電話4,000円
合計最大114,000円

GMOとくとくBB光では最大で114,000円の高額なキャッシュバックが受けられます。

基本のキャッシュバックは30,000円で、他社から乗り換えの場合は違約金の補助特典で最大60,000円まで還元されます。

また、ひかりTVやひかり電話に加入すればそれぞれ増額を受けられるので、オプションサービスが必要な人はよりお得に申し込めます。

関連記事

▶GMOひかりテレビのメリットデメリット

IPv6対応で回線速度が速い

GMOとくとくBB光の速度満足度は94%

GMOとくとくBB光は回線速度に関してユーザーからの評価が高いです。公式が実施したアンケートでは94%のユーザーが満足しているという結果が出ています。

速度の満足度が高い理由として、IPv6接続に対応していることが挙げられます。IPv6は比較的新しい接続方式で、従来のIPv4では混雑して速度が遅くなる部分を避けて通信できます。

フレッツ光回線を流用する光コラボでは、通信の混雑が回線品質の低下に繋がります。そのため、IPv6に対応しているのは回線品質の点からとても重要です。

3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/

高性能ルーターが無料でレンタルできる

GMOとくとくBB光 高性能ルーターが無料レンタル

GMOとくとくBB光はレンタルルーターサービスを無料で利用できます。自分で購入する必要がないので、初期費用を安く抑えられます。

IPv6に対応した高性能なものがレンタルできるうえ、GMOとくとくBB光に最適化されているため、レンタルルーターが回線品質の良さを底上げしています。

さらに、レンタルしているルーターは3年間利用すると返却義務がなくなります。自分のものになるため、他の回線に乗り換えた際にも流用できます。

1台でカバーできないなら中継機を格安で購入できる

GMOとくとくBB光のおかわりルーター

ルーター1台で家の通信環境がカバーしきれない場合は、中継機としておかわりルーターを3,300円で購入できます。月額レンタルではなく、最初だけ料金を払えば以降の負担はありません。

ルーターから離れた部屋の通信環境に悩んでいる人は活用しましょう。

解約違約金がない

解約金が無料

GMOとくとくBB光は解約違約金がありません。短期間の解約でも余計な料金なしで乗り換えられます

光回線の利用期間や違約金で嫌な思いをしていた人は、GMOとくとくBB光へ乗り換えるのがおすすめです。

光コラボアワードで最優秀賞を獲得

満足度No.1受賞バナー

GMOとくとくBB光は先日発表された「光コラボアワード2023」の総合部門にて最優秀賞を獲得しました。

総合満足度も含めて7部門中5部門で最優秀賞を獲得しています。本アワードは実際に利用している人が投票しているため、多くのユーザーに支持されていることがわかります。

3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光の評判口コミからわかるデメリット

デメリット一覧

  • ・スマホのセット割がない
  • ・早期解約すると工事費の負担がある
  • ・支払い方法がクレジットカードのみ
  • ・サポート窓口に繋がりづらい

スマホのセット割がない

GMOとくとくBB光にはセット割に対応したスマホ回線がありません。大手キャリアを使っている人は、GMOとくとくBB光に乗り換えた時にスマホ代が高くなる可能性があります。

セット割は特定の光回線とスマホプランを組み合わせることで割引される特典です。たとえばドコモ光なら、同社のスマホプランと割引が適用されます。

とはいえ、GMOとくとくBB光は他の回線よりも月額料金が安いです。そもそもセット割がないスマホ回線を使っている人なら、光回線を乗り換えたほうが安く済みます。

GMOとくとくBB光ユーザーは格安スマホプランを使うのがおすすめ

GMOとくとくBB光
+
ahamo
ドコモ光
+
ドコモ(eximo)
回線料金4,818円5,720円
スマホ料金2,970円7,315円
セット割なし-1,100円
合計7,788円11,935円
GMOとくとくBB光
+
ahamo
ドコモ光
+
ドコモ(eximo)
回線料金3,773円4,400円
スマホ料金2,970円7,315円
セット割なし-1,100円
合計6,743円10,615円

セット割がない代わりに元の料金が安いGMOとくとくBB光ではスマホプランも安いものを利用するのがおすすめです。

上表では「GMOとくとくBB光+ahamo」と「ドコモ光+eximo」の組み合わせを比較しました。

セット割なしでも安いスマホプランを組み合わせることで、セット割適用時よりも1ヶ月で3,000円以上お得になります。

早期解約すると工事費の負担がある

GMOとくとくBB光の契約時に工事をした人は、早期解約すると工事費の負担が発生します。余計な費用を払いたくない人は、3年以内の解約はおすすめしません。

Twitterや評判サイトでも、高額な残債負担が発生することに不満の声が多く見られます。詳細は記事の後半で解説しているので、先に読みたい場合は以下のリンクから確認してください。

関連項目

▼工事費残債の支払いイメージ

支払い方法がクレジットカードのみ

クレジットカード

GMOとくとくBB光の支払い方法はクレジットカードのみです。口座振替やコンビニ支払いには対応していません。また、デビットカードも非対応です。

現在カード以外の支払い方法を利用している人は、手続きを変更する手間があります。

サポート窓口に繋がりづらい

サポート窓口は繋がりにくく、ユーザーからの評価が低いです。Twitterでも「繋がるまでに長時間待たされる」「通話料金の支払いが苦痛」などの口コミが見られます。

また、フリーダイヤルにも対応していないため、オペレーターに繋がるまでの時間も通話料金が発生します。

サポートを希望する時は状況にあわせて、チャットやメールサポートも活用しましょう。電話よりも待たされる時間が減るため、効率よくオペレーターにアクセスできます。

GMOとくとくBBのサポート窓口

サポートセンター
電話番号
0570-045-109
メールアドレスinfo@gmobb.jp
問い合わせページ▶公式サイト

サポートを利用したい時は、状況にあわせて上記に連絡しましょう。公式サイトでも、電話窓口は12~15時や月曜日、金曜日は混み合う可能性が高いと案内されています。

基本的にはメールサポートや問い合わせ予約を活用するのがおすすめです。

3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光を主要な光回線と比較

他の回線と比較

主要回線と比較して月額料金はトップクラスに安い

戸建てマンション
GMOとくとくBB光4,818円3,773円
ドコモ光5,720円4,400円
auひかり5,610円4,180円
ソフトバンク光5,720円4,180円
NURO光5,200円5,200円

GMOとくとくBB光の月額料金は主要な他回線と比較してトップクラスに安いです。戸建ては約1,000円、マンションは500円程度安く利用できます。

回線費用をとにかく安くしたい人はGMOとくとくBB光を契約しましょう。

セット割を考慮してもGMOとくとくBB光+格安SIMのほうが安い

GMO
とくとくBB光
ドコモ光
光回線月額料金
【戸建て】
4,818円5,720円
スマホ料金2,970円
(ahamo)
7,315円
(ドコモeximo)
セット割額なし-1,100円
総支払額7,788円11,935円

セット割を考慮してもGMOとくとくBB光と格安SIMの組み合わせのほうが、毎月の支払額を節約できます。

主要キャリアのセット割対象のスマホプランはそもそもの月額料金が高く設定されているからです。

少しでも回線費用を節約したいなら、元々の月額料金が安いGMOとくとくBB光と格安SIMの組み合わせがおすすめです。

関連記事

▶GMOとくとくBB光の料金は安いのか解説!

回線品質は大きく変わらない

下り上りPing値
GMO
とくとくBB光
223Mbps278Mbps19ms
ドコモ光251Mbps265Mbps19ms
auひかり485Mbps504Mbps14ms
ソフトバンク光286Mbps297Mbps16ms
NURO光583Mbps580Mbps11ms

回線速度やラグの少なさなどの回線品質は、光コラボ同士ではほとんど違いがありません。使っている回線が全く同じだからです。

GMOとくとくBB光をはじめ、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボはNTTの回線設備を流用してサービスを提供しています。

そのため、回線品質を向上を目的に乗り換えるなら、光コラボ同士で乗り換えてもあまり意味がありません。速度を重視する場合はNURO光やauひかりなどの独自回線を活用しましょう。

関連記事

▶GMOとくとくBB光の速度は遅い?

キャンペーンは他の回線とほぼ同じ

キャッシュバック額オプション追加
キャッシュバック
乗り換え保証ルーターレンタル工事費割引
GMOとくとくBB光30,000円ひかりTV:20,000円
ひかり電話:4,000円
最大60,000円無料あり
ドコモ光35,000円なし15,000円増額無料あり
auひかり72,000円ひかり電話:10,000円最大30,000円なしあり
ソフトバンク光40,000円なし最大10万円月額550円~あり
NURO光45,000円ひかりTV:12,000円
NUROでんき:6,000円
NUROガス:2,000円
最大60,000円無料あり
キャッシュバック額オプション追加キャッシュバック乗り換え保証ルーターレンタル工事費割引
GMOとくとくBB光30,000円ひかりTV:20,000円
ひかり電話:4,000円
最大60,000円無料あり
ドコモ光35,000円なし15,000円増額無料あり
auひかり72,000円ひかり電話:10,000円最大30,000円なしあり
ソフトバンク光40,000円なし最大10万円月額550円~あり
NURO光45,000円ひかりTV:12,000円
NUROでんき:6,000円
NUROガス:2,000円
最大60,000円無料あり

GMOとくとくBB光のキャンペーンは、総合的に見ると比較的優秀です。

キャッシュバック額が少し物足りないですが、乗り換え特典やルーターレンタルなど、他の回線よりも充実している項目が多いです。

また、オプションの追加キャッシュバックも豊富で、ひかりTVやひかり電話の利用を検討している人には嬉しい特典です。

関連記事

▶GMOとくとくBB光のキャンペーン最新情報

おすすめ回線特徴
GMOとくとくBB光とくとくBB光月額料金が最安クラスのお得な光回線
最大114,000円還元
いつ解約しても違約金が一切かからない
一番お得なキャンペーン窓口

GMOとくとくBB光の評判口コミからわかる注意点

注意点

注意点一覧

  • ・開通工事は最短でも2週間程度
  • ・早期解約だと工事費の残債が請求される

開通工事が必要な場合は最短でも2週間程度かかる

現在ネットの設備がなく新規で光回線を契約する場合は、利用開始までに最低でも2週間程度かかります。光回線は開通工事が必要になるからです。

開通工事はGMOとくとくBBではなく、NTT東西が実施します。申し込みから工事完了までの目安は2週間~2ヶ月程度です。

申し込んですぐに利用できるわけではないため、すぐにネット環境が欲しい人は早めに申し込みましょう。

急ぎでネット回線が必要な人はWiFiレンタルサービスを活用する

GMOとくとくBBの開通前レンタルサービス

急ぎでネット回線が必要な場合は、WiFiレンタルサービスを活用しましょう。GMOとくとくBB光は1日あたり165円の格安で利用できるサービスを提供しています。

最短申し込みの次の日に届き、いつ解約しても違約金がかからずに済みます。

3年以内で解約の場合は工事費残債が請求される

開通工事を実施したうえで3年以内に解約した場合は、工事費の残債が一括で請求されます。早期解約だと残債も高額なため、大きな負担になります。

GMOとくとくBB光の工事費割引は36ヶ月間適用されます。割引適用中は工事費の分割支払いと同額の割引で、支払いが発生しません。

その分、短期で解約した場合は残債も多く残っています。余計な出費が嫌な人は、割引特典を完全に受け取ってから解約しましょう。

新規契約の工事費支払い額のイメージ

工事費の残債
(戸建て)
工事費の残債
(マンション)
申し込み時26,400円25,300円
開通月25,410円24,255円
6ヶ月目21,780円20,790円
12ヶ月目17,424円16,632円
24ヶ月目8,712円8,316円
36ヶ月目0円

上表は工事費残債を計算したものです。6ヶ月などの早期解約では20,000円以上の高額な支払いが発生します。

GMOとくとくBB光の基本情報

GMOとくとくBB光

回線名GMOとくとくBB光
戸建て月額料金4,818円
マンション月額料金3,773円
初月の料金日割り計算
工事費戸建て:26,400円
マンション:25,300円
※実質無料になる
事務手数料3,300円
最大速度1Gbps
平均通信速度232Mbps
セット割なし
支払い方法クレジットカードのみ
対応エリア全国
契約期間なし
違約金なし
キャッシュバック最大114,000円
(当サイト限定)
その他の特典WiFiルーターのレンタルが無料
開通前に格安でWiMAXレンタル

月額料金は戸建て4,818円・マンション3,773円

戸建てマンション
月額料金4,818円3,773円

月額料金は戸建てとマンションで異なり、戸建ての場合は4,818円、マンションの場合は3,773円です。

ただし上記の月額料金は当サイト限定価格です!GMOとくとくBB光を申し込む時には当サイト限定ページから申し込みましょう!

3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/

開通工事費は実質無料になる

戸建てマンション
派遣工事あり
(屋内+屋外)
26,400円
キャンペーンで
実質無料
25,300円
キャンペーンで
実質無料
派遣工事あり
(屋内のみ)
派遣工事なし2,200円
キャンペーンで
実質無料
2,200円
キャンペーンで
実質無料
既存設備で
乗り換え
0円0円

開通工事費は設置住所の回線設備によって異なりますが、どのケースでもキャンペーンで実質無料になります。初期費用で高額な負担はありません。

また、フレッツ光や光コラボからの乗り換えは、既存の設備をそのまま利用できます。その場合は工事費が一切かかりません。

キャッシュバックはオプション条件達成で増額する

キャッシュバック額
選択新規30,000円
他社
乗り換え
最大90,000円
GMOひかりTV20,000円
GMOひかり電話4,000円
合計最大114,000円

基本のキャッシュバックは新規申し込みの30,000円か他社乗り換えの最大90,000円です。ひかりTVで20,000円、ひかり電話で4,000円の追加キャッシュバックが受けられます。

最大金額を受け取るには他社から乗り換えで、オプションのひかりTVとひかり電話を契約する必要があります。

利用する予定がないなら、キャッシュバックのために不要なオプションを契約するのはおすすめしません。無理に申し込むと毎月の支払いでかえって損になるからです。

GMOとくとくBB光がおすすめな人とおすすめではない人

GMOとくとくBB光がおすすめな人とおすすめしない人

GMOとくとくBB光がおすすめな人の特徴

  • ・とにかく安い光回線がいい
  • ・格安スマホを使っている
  • ・他の回線から乗り換え
  • ・ひかりTVやひかり電話の利用を検討中

とにかく安い光回線がいい人格安SIMを使っている人は特におすすめです。他回線と比較しても月額料金が安いからです。

また、他の回線から乗り換えの人や光テレビやひかり電話の利用を検討している人も、キャッシュバックが増額されてお得に契約できます。

上記に当てはまる人はGMOとくとくBB光の申し込みを前向きに検討しましょう。

3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光がおすすめではない人の特徴

  • ・大手のスマホキャリアを使っている
  • ・工事をせずにネットを使いたい

大手のスマホキャリアを使っている人や、現在ネット環境がない状態で工事が手間に感じる人は、他の回線を検討しましょう。大手キャリアならスマホセット割でお得になるからです。

また、ネット回線がない人は新規契約の際に工事が必須になります。家に穴を開けるのが嫌な人はそもそも光回線が向いていません。

工事をしたくない人はコンセントに挿すだけで使えるホームルーターがおすすめです。

関連記事

▶ホームルーターはおすすめ?正しい選び方を徹底解説

GMOとくとくBB光の申し込みから開通までの手順

GMOとくとくBB光 開通

  1. 1.公式サイトの「お申込み」をタップ
  2. 2.契約者情報を入力する
  3. 3.工事日確定メールが届く
  4. 4.ルーターや書類を受け取る
  5. 5.開通工事に立ち会う
  6. 6.周辺機器の設定をする

GMOとくとくBB光を「公式サイト」から申し込むと、上記の6ステップで開通が完了します。申し込みから開通までは、2週間~1ヶ月程度かかります。

また、申し込みには「本人確認書類」「支払い用のクレジットカード」が必要です。事前に準備しておくと申し込みがスムーズにできます。

本人確認書類に使えるもの

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書

関連記事

▶GMOとくとくBB光はどこで申し込みをするのがおすすめ?

1.公式サイトの「お申込み」をタップ

GMOとくとくBB光は公式サイトから申し込みが一番お得

最初にGMOとくとくBB光の「公式サイト」にアクセスします。開いたら右上の「お申込みボタン」をタップしましょう。

タップすると、現在の回線状況を質問されます。自身にあった項目を選びましょう。

転用・事業者変更の人は承諾番号が必要

必要な承諾番号
フレッツ光から乗り換え
(転用)
転用承諾番号
光コラボ事業者から乗り換え
(事業者変更)
事業者変更承諾番号

転用・事業者変更とは

転用とは、フレッツ光から光コラボに乗り換える手続きです。
一方、事業者変更は光コラボから他の光コラボに乗り換える手続きのことを指します。
NTTの設備のまま乗り換えられるので工事の必要がありません。

GMOとくとくBB光に転用・事業者変更で申し込む場合、承諾番号を取得しておく必要があります。申し込みの段階で入力になるので、事前に契約中の回線に連絡して発行しましょう。

またフレッツ光からの乗り換え、光コラボ事業者からの乗り換えで必要な承諾番号が上記のように異なります。それぞれの乗り換え方法に合った承諾番号を取得するようにしましょう。

主要の光回線の連絡先を下記にまとめたので、それぞれの承諾番号をこれから取る人は参考にしてください。

回線別の承諾番号連絡先
連絡先
ドコモ光0120-800-000
ソフトバンク光0800-111-2009
楽天ひかり0120-987-300
フレッツ光東日本0120-140-202
フレッツ光西日本0120-553-104
ビッグローブ光0120-907-505
OCN光0120-506-506
@nifty光03-6625-3265
ソネット光プラス0120-45-2522

2.契約者情報を入力する

契約者情報を入力する

現在の回線状況を選んだら、申し込みフォームへ自動で移動します。建物のタイプやオプションサービス、契約者情報等を入力していきましょう。

入力に間違いがあると、後日実施される本人確認の際に余計な時間がかかってしまいます。

3.工事日確定メールが届く

工事日確定メールが届く

申し込み手続きが終わって2~3日を目安に、工事日確定のメールが届きます。メールには、申し込み時に出した希望日から選ばれた工事をする日が記載されています。

なお、工事日は希望通りになるとは限りません。希望が通らない場合はメールより、工事日の再度調整が可能です。

4.ルーターや書類を受け取る

ルーターや書類を受け取る

工事予定日の約一週間前になると、ルーターや書類が届きます。ルーターがないと工事が終わってもWiFiを利用できないので、必ず受け取りましょう。

また、合わせて送られる書類は契約書などの大事なものばかりです。受け取った後は丁寧に保管しておきましょう。

5.開通工事に立ち会う

開通工事に立ち会う

事前に決めた日程に開通工事は行われるので立ち会いましょう。不在の場合は工事ができないため、開通が遅れてしまいます。

開通工事にかかる時間の目安は1~2時間程度です。目安よりもかかることも考えられるので、1日予定を入れないのがおすすめです。

6.周辺機器の設定をする

周辺機器の設定をする

開通工事が終了したら、周辺機器の設定をしてネットに繋ぎましょう。接続方法はルーターに同梱されている説明書に記載されているので参考にしてください。

設定が完了すると、30分程度でネットが利用できるようになります。

3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光のよくある質問

よくある質問

GMO光アクセスとの違いは?

A.

GMO光アクセスとの違いはありません。リリース当初はGMO光アクセスでしたが、現在はGMOとくとくBB光に名称変更しています。

GMOとくとくBB光が胡散臭いという口コミは本当?

A.

GMOとくとくBB光が胡散臭いという口コミは一定数投稿されています。多くのメディアがおすすめしている点からそう評価する人が多い様子です。

しかし、評判の良いサービスは、利用者の多さから一定数悪い評価がつきまとうので、気にしすぎる必要はありません。圧倒的に良い評価をしているユーザーのほうが多いです。

GMOとくとくBB光に代理店はある?

A.

GMOとくとくBB光に代理店はありません。契約できるのは公式サイトの窓口だけです。

家電量販店などの実店舗もないため、GMOとくとくBB光の申し込みは公式サイトを活用しましょう。

関連記事

▶GMOとくとくBB光の代理店情報

まとめ:GMOとくとくBB光は公式サイトから申し込むのが最もお得

GMOとくとくBB光は最大114,000円のキャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBB光は公式サイトから申し込むのが最もお得です。当サイト限定特典で最大114,000円の高額キャッシュバックを実施しているからです。

乗り換えなら最大90,000円が還元され、ひかりTVやひかり電話を申し込むと追加で最大24,000円の追加キャッシュバックを受け取れます。

家電量販店や実店舗の申し込み窓口はないため、公式サイトを活用してお得にGMOとくとくBB光を申し込みましょう!

3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る