J:COM光の評判は悪い?回線速度やマンション利用、1Gコースなど4つのデメリットも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「J:COM光の評判って実際どうなの?」
「高くて遅いって聞いたけど本当?」

速くて安い光回線を探しており、J:COM光の評判が気になっていることでしょう。

光回線を契約するうえでは、ユーザーのリアルな評判・口コミを知り、他社との違いやメリット・デメリットも把握したいものです。

J:COM光のメリット・デメリットをまとめると、下記の通りです。

J:COM光のメリット J:COM光のデメリット
  • 工事が早くすぐに光回線を使える
  • ケーブルテレビ回線よりも通信速度が速い
  • auユーザーであれば割引率が高い
  • TVサービスと合わせてお得に利用できる
  • マンションでは契約できない
  • 競合他社の光回線より速度が遅い
  • 競合他社の光回線より料金が高い
  • 初期工事費用・撤去費用が高い
  • 割引プランが分かりづらい

上記を踏まえると、J:COM光は他社の安くて早い光回線を契約できる人にはおすすめできません。

ただし、より詳しくJ:COM光のことを知り、他の光回線と比較したいという方も多いでしょう。

この記事では、下記の流れでJ:COM光の悪い評判・良い評判やその他の気になるポイントをご紹介します。

  1. J:COM光とはどんな回線?JCOM株式会社の光回線サービス内容
  2. J:COM光を利用した人の悪い評判・口コミ
  3. J:COM光を利用した人の良い評判・口コミ一覧
  4. J:COM光と他社の光回線の料金や通信速度と実測値で比較! J:COM光の評判から見えたデメリット5選
  5. J:COM光の評判から見えたデメリット5選
  6. J:COM光の評判から見えたメリット3 選
  7. J:COM光はこんな人向き!利用すべき人の特徴2選
  8. J:COMがNGなのはこんな人!利用すべきでない人の特徴3選
  9. 9. J:COM光以外におすすめの光回線はある?
  10. J:COM光申し込み時におすすめのキャンペーン・割引
  11. J:COM光に関してよくある質問9つ
  12. J:COM光の評判まとめ

評判から導き出されるメリット・デメリットに加え、J:COM光を利用すべき人・利用すべきでない人もお伝えするため、ご自身がJ:COM光を選ぶべきか他社の光回線を選ぶべきかがはっきりと分かります。

J:COM光に関する疑問点をすべて解決するためにも、最後までぜひご一読ください。

1. J:COM光とはどんな回線?JCOM株式会社の光回線サービス内容

出典:J:COM

J:COM光(ジェイコム光)は、ケーブルテレビ事業を展開する株式会社ジュピターテレコムが2008年に開始した光回線事業です。

ケーブルテレビ事業に強いJ:COMは、光回線の「J:COM光」だけでなくケーブルテレビ回線も提供しています。

J:COMの光回線とケーブルテレビ回線の違いは、下記の通りです。

GMO光アクセスを使うメリット J:COM光 J:COM NET(ケーブルテレビ回線)
戸建て料金(月額)
  • 10G:8,976円(税込)
  • 5G:8,118円(税込)
  • 1G:7,568円(税込)
5,478円(税込)
マンション料金(月額) 5,478円(税込)
通信速度 1Gbps/5Gbps/10Gbps 最大320Mbps
特徴
  • 最高速度が速く安定している
  • J:COM光はauひかりの回線を利用している

  • 通信速度は光回線に劣る
  • 時間帯によって遅くなることも
  • J:COM独自回線を使用している

J:COM光に関してはKDDIから光ケーブルの設備を借りており、auひかりと同一の光回線が使用可能です。

ただし、auひかりやその他主要光回線と異なり、戸建て専用となっているため、マンションでは利用できない点は注意が必要です。

J:COM光を総合的に評価すると、下記のようになります。

総合評価

2.5
通信速度が遅くTVサービスを使わない限り割高でおすすめできない
速度 月額料金

2
光回線の中では速度がやや遅い

2
TVサービスとセットにしない限り割高
キャンペーン 開通前・開通後のサポート

3
最大QUOカード55,000円分がもらえる

4
開通工事対応は早いという評判が多い

なお、J:COM光もJ:COM NET同様のキャンペーンを利用できます。

2022年12月現在、auユーザーやケーブルテレビ契約者がお得に利用できるキャンペーンも実施中です。

2.J:COM光を利用した人の悪い評判・口コミ

J:COM光の利用を検討している人も多いと思いますが、利用する前に実際に利用したユーザーがどう感じているかを知っておきたいものです。

J:COM光利用者のリアルな声として、まずは悪い評判・口コミを見ていきましょう。

  1. 通信速度が遅い
  2. 料金が高い
  3. 通信障害が多い
  4. 営業が多い

悪い評判1. 通信速度が遅い

下記は、J:COM光の通信速度が遅いという口コミです。

J:COM光は他の光回線と比べて、通信速度が遅いと感じるユーザーもいます。

同じJ:COMの回線でも、ケーブルテレビ回線を使うJ:COM NETに比べて光回線を使うJ:COM光の方が通信速度が速いです。

しかし、フレッツ光など他社の光回線と比べると満足度は落ちる傾向にあります。

通信速度は、オンラインゲームを行う人や動画を長時間視聴する人にとっては特に重要なポイントです。

光回線を選ぶ際に通信速度は譲れないという人は、他社の光回線も検討するのがおすすめです。

悪い評判2. 料金が高い

J:COM光の悪い評判としては、料金の高さも挙げられます。

上記のように、他社の光回線と比べてJ:COM光の料金が高いと感じるユーザーもいます。

J:COM光の1Gコースの料金が月額7,348円なのに対し、auひかりは6,930円など、より安いサービスは存在します。

J:COM光は、TVサービスと一緒に利用してお得になるプランも人気です。

しかし、光回線単体で申し込む場合には高いと感じるケースが多いため、注意が必要です。

悪い評判3.通信障害が多い

J:COM光の悪い評判としては、通信障害が多いという口コミも多いです。

jcom光です多分…
調べたら通信障害なのかな…

(出典:Twitter

ジェイコムは毎日が通信障害!
ちゃんと開発してるのか疑わしいね!

(出典:Twitter

光回線の通信障害の頻度や程度は居住地域によっても変わるため、全地域で毎日通信障害が起こるとは言い切れません。

ただし、実際に通信障害を頻繁に経験するJ:COM光ユーザーがいるのも事実です。

せっかく通信速度が速いはずの光回線を契約しても、通信障害でインターネットを使えなくなるのは不便です。

毎日快適に回線を使いたいという人は、より通信障害の頻度が少ない他社の回線も検討するとよいでしょう。

悪い評判4. 営業が多い

下記のように、J:COM光の営業の多さに関する口コミも寄せられています。

上記のように「J:COMのしつこい営業を受けた」という人は少なくありません。

J:COMに限った話ではありませんが、点検時に新規サービスの営業をされるケースは多いです。

特に高齢者などが料金の高いプランを契約してしまうこともあるため、実家などにも注意喚起をしておきたいところです。

J:COMの訪問営業が来た際には、たとえお得そうなプランでもその場で契約をせずに、家族とも相談しながら慎重に検討する必要があります。

3.J:COM光を利用した人の良い評判・口コミ一覧

ここまでJ:COM光の悪い評判・口コミを見てきました。J:COM光は通信速度の遅さや料金の高さ、通信障害の多さなどに関して悪い評判が上がっています。

一方で、J:COM光を利用して良かったという口コミもあります。J:COM光の良い評判を5つチェックしましょう。

  1. 工事が早い
  2. TVサービスとセットにするとお得
  3. サポート対応が丁寧
  4. 使用頻度・目的によっては快適
  5. J:COM光10gは速く実測値も高いと評判

良い評判1. 工事が早い

J:COM光は、下記のように工事の早さに関して良い評判を得ています。

上記は「他社で工事に一ヶ月かかりそうだったところ、J:COMに連絡して1週間以内に工事が終わった」という口コミです。

引っ越し後や回線の乗り換え時にはできるだけすぐにインターネットを使いたいものです。

その点、他社より工事完了までの時間が短いJ:COMは心強いでしょう。

他にも、下記のようにJ:COMの対応の早さを評価するユーザーは多いです。

このように工事までの対応が速いJ:COMは、とにかくすぐに光回線を使いたい方におすすめです。

良い評判2. TVサービスとセットにするとお得

J:COM光の悪い評判には、料金の高さを指摘するものもありました。

一方の良い評判としては、TVサービスとセットにするとお得という声が多く上がっています。

上記のように、TVサービスとセットにしてお得にJ:COM光を利用するユーザーは多いです。

一つ目の口コミにある料金は、スマートお得プラン1G(TV+NETコース)における13ヵ月目以降料金(10,208円)です。

12ヵ月目までは月々5,258円と割引率が高く、ケーブルテレビと1Gの光回線をお得に利用できます。

このように、J:COM光はお得にケーブルテレビを見たい人にもおすすめです。

良い評判3.サポート対応が丁寧

J:COM光を利用した人からは、サポート対応の丁寧さを高く評価する声も上がっています。

「担当者と電話が繋がってからの対応が早かった」「回線状態のチェックを電話で行ってくれた」など、上記はJ:COMの対応の早さや内容に関する良い口コミです。

J:COMは、光回線に関して分からないことがある場合や通信状態が不安定な場合にも丁寧な対応が期待できる会社と言えます。

良い評判4. 使用頻度・目的によっては快適

J:COM光の口コミには「他社に比べて通信速度が遅い」という悪い評判もありました。

しかし、下記の口コミのように、使用頻度や目的によっては快適に使用できるケースもあります。

一つ目の口コミに記載された「J:COM NET 光 1Gコース on auひかり」というプランは、auひかりの回線を用いる光回線です。

そのため通信速度はauひかりと同等であり、すでにauひかりの通信速度に満足していた人にもおすすめです。

ただし、下記に該当する人はより通信速度の速い回線やプランをチェックしておくと無難でしょう。

・大容量ダウンロードを頻繁に行う人
・長時間の動画視聴を頻繁に行う人
・長時間オンラインゲームをプレイする人

良い評判5. J:COM光10gは速く実測値も高いと評判

J:COM光の通信速度に関する評判は賛否両論ありますが、J:COM光10gは速く実測値も高いと評判がよいです。

下記はオンラインゲームを頻繁に行うユーザーであり「アップデート時などの通信速度も申し分ない」という口コミです。

J:COMの回線の中でもケーブルテレビの回線をもともと使っていた人にとっては、J:COM光に変えることでより速い通信速度で快適にインターネットを利用できます。

「J:COM NET 光 on auひかり」は1G・5G・10Gの3つのプランから選ぶことができ、特に10Gであればオンラインゲームや大容量ダウンロードを行う人でも満足できる通信速度を発揮します。

ただし、1Gに比べて月々の料金が約1,500円高くなる点をあらかじめ理解しておきましょう。

4.J:COM光と他社の光回線の料金や通信速度と実測値で比較!

J:COM光を利用する上では、料金や通信速度が他社とどれくらい違うのかも知っておきたいものです。

J:COM光と他の代表的な光回線の料金および通信速度・実測値を比較すると、下記の通りです。

GMO光アクセスを使うメリット

料金(月額)

最大通信速度

実測値

下り平均速度 上がり平均速度
J:COM NET(ケーブルテレビ回線) 5,478円 320Mbps 231.71Mbps 33.23Mbps
J:COM光 7,348円 1Gbps 470.64Mbps 370.38Mbps
フレッツ光 東日本:3,355~4,455円
西日本:3,520~4,950円
1Gbps >220Mbps 187Mbps
NURO光 3年プラン:2,090~2,750円

2年プラン:2,530~3,190円

2Gbps 459Mbps 436Mbps
auひかり 4.180~5,500円 1Gbps 469.46Mbps 422.34Mbps
ドコモ光 4,400円 1Gbps 272.65Mbps 222.41Mbps
SoftBank光 4,180円 1Gbps 314.55Mbps 226.76Mbps

出典:J:COM
出典:フレッツ光
出典:auひかり
出典:ドコモ光
出典:SoftBank光

上記のように、J:COM光の通信速度を他社と比べると、最大通信速度は同じで実測値でもあまり差のないことがわかります。

しかし、他の光回線のプランに比べて料金がかなり高く、通信速度と料金のバランスを考慮すると、他社の光回線の方がおすすめです。

5.J:COM光の評判から見えたデメリット5選

ここまでJ:COM光の評判・口コミおよび他社との通信速度の比較を見てきました。

評判や通信速度の違いから導き出されたJ:COM光の主なデメリットは、下記の5点です。

  1. 競合他社の光回線よりも速度が遅く料金が高い
  2. 初期工事費・撤去費用も高い
  3. マンションでは契約不可でエリアも限定される
  4. NET320M・1Gコースは光回線ではなく光1Gは戸建てに限定
  5. 割引プランが分かりづらい

デメリット1.競合他社の光回線よりも速度が遅く料金が高い

J:COM光のデメリットとしてはまず、競合他社の光回線より速度が遅く料金が高いことが挙げられます。

J:COM光はauひかりと同じ光回線を使用しています。

また、フレッツ光など別の会社と比較しても最大通信速度に差はありません。

ただし、J:COM光の悪い評判の中には「通信速度が遅い」という口コミが他社以上に多く見受けられています。

その上で、料金は下記のように他社よりも高い点がデメリットです。

会社 料金(月)
J:COM光(1G) 7,348円
auひかり(1G) 6,930円
フレッツ光ネクスト 3,355円〜

出典:J:COM
出典:auひかり
出典:フレッツ光

通信速度が遅いという口コミが多い上に、料金は他社よりも高いJ:COM光は、インターネットのみを使用する場合の光回線としておすすめできません。

通信速度や料金にこだわりたい人は、より速く安い他社の光回線を検討しましょう。

デメリット2.初期工事費・撤去費用も高い

J:COM光のデメリットとしては、初期工事費・撤去費用の高さも挙げられます。

J:COM光の導入に際しては、1台/1回線につき税込41,250円の工事費用がかかります。

また、J:COM光の撤去時には下記の費用がかかります。

メモボックス

【作業員による撤去】
・部分解約(1台のみ解約、1回線のみ解約を含む):税込4,950円
・全解約(引き込み線撤去あり):税込10,780円
【ご自身による撤去】
・部分解約(1台のみ解約を含む):税込 3,300円

このように導入時および撤去時に高い費用がかかる点も、J:COM光の利用をためらう人の多い理由の一つです。

加入するプランによっては初期工事費が安くなるケースもありますが、プランごとに異なるため加入時の確認が必須です。

また、初期契約解除の場合は、法令の上限に基づき税込 27,500円の工事費も負担する点に注意してください。

デメリット3.マンションでは契約不可でエリアも限定される

J:COM光のデメリットとしては、利用環境が限定される点もデメリットです。

まず第一に、J:COM光は戸建て住宅でのみ契約可能であり、マンションでは利用できません

また、対応エリアも限定されています。J:COM光の対応エリアは、下記の通りです。

メモボックス

・近畿・関東地方
・西日本エリア(福岡・熊本・山口)
・札幌市
・仙台市

上記地域で戸建て住宅に住んでいる人は、auひかりの光回線を利用するJ:COM光の契約が可能です。

しかし、上記以外に住んでいる場合には対応エリア外のため、他社の光回線を探しましょう。

デメリット4.NET320M・1Gコースは光回線ではなく光1Gは戸建てに限定

J:COM光のデメリットとしては、NET320Mコースと光1Gコースの違いも挙げられます。

NET320M・1Gコースは、光回線ではなくケーブルテレビ回線です。

そのため、光回線のように速い通信速度ではありません。

また、通信速度の速いJ:COM NET光コースは1G・5G・10Gから好きなプランを選べますが、いずれも戸建て住宅のみ利用可能です。

J:COMのケーブルテレビ回線と光回線の違いをまとめると、下記の通りです。

サービス名 回線 プランと料金(月額) 利用環境
J:COM NET光 光回線 1Gコース:7,348円

5Gコース:7,898円

10Gコース:8,756円

戸建て住宅
J:COM NET ケーブルテレビ回線 320Mコース:6,798円

1Gコース:7,568円

戸建て住宅、集合住宅

出典:J:COM

上記のように、J:COMを利用する際にはケーブルテレビ回線と光回線の違いに注意してください。

デメリット5.割引プランが分かりづらい

J:COM光はケーブルテレビ回線と光回線のプランの違いも混同しやすいですが、割引プランが分かりづらい点もデメリットです。

J:COM光はケーブルテレビや電力などと組み合わせてお得に利用できるプランが複数存在します。

代表的な2つのプランを比較すると、下記の通りです。

プラン名 内容 料金
スマートお得プラン1G (PHONEコース)・電力 ・ケーブルテレビ
・1G光回線
・固定電話
・電力
・~12ヶ月目:5,698円

・13~24ヶ月目:10,648円

・25ヶ月目~:10,978円

スマートお得プラン1G(TV+NETコース) ・ケーブルテレビ
・1G光回線
~12ヶ月目 5,258円

13ヶ月目~ 10,208円

出典:J:COM

光回線単体で利用する場合には割引率が低く、他社サービスを利用する方がおすすめです。

そのため、J:COM光をお得に利用する場合には、上記プランを理解し、目的に合わせて最適なプランを選択する必要があります。

6.J:COM光の評判から見えたメリット3 選

J:COM光には、回線速度や料金の高さ、利用環境が限定される点などさまざまなデメリットがあります。

ただし、乗り換え元や利用環境によっては快適に使えるケースも多いです。

評判から導き出される、J:COM光の主なメリット3つもチェックしましょう。

  1. 工事が早くすぐに光回線を使える
  2. ケーブルテレビ回線よりも通信速度が速い
  3. auユーザーであれば割引率が高い

メリット1.工事が早くすぐに光回線を使える

J:COM光のメリットとしては、工事対応の早さが挙げられます。

口コミにもあったように、他社では工事が1ヵ月待ちだった際に、J:COMに依頼して一週間以内に光回線を使えたというケースも多いです。

他社サービスに申し込んだ場合3ヵ月などより長い期間待たされることもあります。

J:COM光は工事までの期間が短く、できるだけすぐにインターネットを使いたい人にとって心強いサービスです。

メリット2.ケーブルテレビ回線よりも通信速度が速い

J:COM光のメリットとしては、ケーブルテレビ回線よりも通信速度が速いことも挙げられます。

他社の光回線に比べて通信速度の遅さが指摘されているJ:COM光ですが、従来のケーブルテレビ回線に比べると、通信速度は約3倍の速さです。

さらにJ:COM光の5Gコースや10Gコースを選べば、より快適なインターネット環境を得られます。

他社の光回線から乗り換えるのはおすすめできないJ:COM光ですが、J:COMのケーブルテレビ回線を利用しており光回線に切り替えたい人にはおすすめできます。

メリット3.auユーザーであれば割引率が高い

J:COM光は、auユーザーにとっては割引率が高いというメリットもあります。

J:COMの対象サービスを利用している場合、auのスマホ端末に対して割引を受けることができます。

具体的な割引内容は下記の通りです。

・J:COM側はテレビ・ネット・電話のいずれか2つのサービス利用が条件
・auスマートバリューの割引額は500~2,000円(月)
・auユーザーの家族全員が対象となる

このように、auひかりだけでなくJ:COMのサービスを利用している場合でもauスマートバリューの割引を受けられます。

auユーザーの方は、J:COM光またはauひかりをスマホと合わせてお得に利用してください。

7. J:COM光はこんな人向き!利用すべき人の特徴2選

ここまでJ:COM光のメリットとデメリットを見てきました。

メリット・デメリットを踏まえると、J:COM光を利用すべき人と利用すべきでない人にはっきりと分かれます。

まずはJ:COM光を利用すべき人の特徴を2つチェックしましょう。

  1. 他社回線の開通ができなかった人
  2. TVサービスを利用する人

利用すべき人1. 他社回線の開通ができなかった人

J:COM光を利用すべきなのは、他社回線の開通ができなかった人が挙げられます。

良い評判にもあったように、他社回線の開通に1ヵ月かかりそうなケースで、J:COMに依頼して数日で開通できるケースも多いです。

独自の回線網を持つJ:COMの強みの一つが、工事までの対応が早いことです。

他社回線が開通できないため、スマホでギガを大量に購入しなくてはならないのであれば、J:COM光を契約した方がお得です。

安定した光回線を今すぐに利用したい人は、J:COM光を検討してみてください。

利用すべき人2.TVサービスを利用する人

J:COMはケーブルテレビに強い会社であり、光回線とTVサービスを組み合わせてお得に利用できます。

そのため、TVサービスの利用も考えている人にとっては、J:COM光を契約するメリットは多いです。

J:COMのケーブルテレビと光回線を組み合わせた場合、通常料金では1万円を超えるプランを、12ヵ月目まで月々5,258円で利用できます。

このようにTVサービスにも申し込む人は、J:COM光が向いています。しかし、TVサービスと組み合わせず光回線を単体で利用したい人は、他社サービスの方がおすすめです。

8. J:COMがNGなのはこんな人!利用すべきでない人の特徴3選

J:COM光を利用すべき人の特徴をチェックしましたが、ご自身が該当しなかったという人も多いでしょう。

一方で、下記3つのいずれかに該当する場合にはJ:COM以外のサービスを利用すべきです。

  1. マンションに住んでいる人
  2. TVサービスの利用を検討していない人
  3. より速く安い回線を利用できるエリア内の人

利用すべきでない人1.マンションに住んでいる人

マンションに住んでいる人は、J:COM光を利用すべきではありません。

J:COM光は戸建て住宅でのみ契約可能な光回線です。マンションに住んでいる場合は利用できないため、他の光回線を探してください。

利用すべきでない人2.TVサービスの利用を検討していない人

TVサービスの利用を検討していない人も、J:COM光を利用すべきではありません。

既述の通り、J:COM光はケーブルテレビと組み合わせてお得な割引を受けられます。

しかし、光回線単体で利用する場合には、他社に比べて割高です。

よって、TVサービスの利用を検討していない人は、他社の光回線を利用してください。

利用すべきでない人3.より速く安い回線を利用できるエリア内の人

より速く安い回線を利用できるエリア内の人も、J:COM光を利用すべきではありません。

J:COM光は他社の光回線に比べて料金は高く、同じ通信速度またはより速い通信速度で料金の安いサービスは多いです。

例えば、J:COM光のプランが最大10Gbpsなのに対し、NURO光は最大20Gbpsのプランを提供しています。

J:COM光は工事までの対応が早く、他社回線を開通できない場合に向いています。

しかし、より速く安い回線を利用できる場合には、他社の光回線の方がおすすめです。

9. J:COM光以外におすすめの光回線はある?

J:COM光は工事が速くauユーザーは割引が受けられるなど、メリットもありますがデメリットが多いのも事実です。

このような事実を見ると、J:COM光を検討していた人の多くは「具体的にどこの光回線を利用したらよいかわからない」と悩んでしまうこともあるでしょう。

どこの光回線を使うべきか悩んでいる人は、以下を参考にしてください。

まとめ|フローチャートでわかるあなたが選ぶべき光回線6選

光回線をお得に選ぶためには、「実質月額料金の安さ」がポイントになります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、契約期間中に支払う全ての金額から割引き要素を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

実質月額料金の安さは、次の3つで決まります。

  • スマホセット割
  • キャッシュバック
  • 工事費割引き

とくにスマホセット割の割引額は大きいため、まずは「あなたがどのキャリアのスマホを使っているか」で光回線を選ぶとよいでしょう

例えば、SoftBankスマホを使ってる場合、ソフトバンク光とセットにすると毎月1,100円の割引を受けることができます。

ソフトバンク光出典:SoftBank

ここからは、「スマホセット割」「キャッシュバック」「工事費割引き」の3つの観点で選んでいきましょう。

下記は、光回線事業者全24社を上記の3つの観点で徹底的に調査して、実質月額料金で比較した一覧表です。背景に薄い黄色を敷いた光回線が、それぞれのスマホキャリアとの組み合わせで最も安い光回線を示しています。

なお、「参考」の項目は実質月額料金が一番安くなる条件を記載しており、「実質月額料金」のカッコ書きはスマホセット割を適用しなかった場合の料金です。

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 2,799円
(3,899円)
1,479円
(2,579円)
1,100円/月 キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円
au logo auひかり 2,285円
(3,385円)
-93円
(1,007円)
1,100円/月 80,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,792円
(4,453円)
2,686円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
1,888円
(2,658円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 4,296円
(4,846円)
3,086円
(3,636円)
1,100円/月 50,000円 実質無料/3,500円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,741円
(5,291円)
3,506円
(4,056円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,353円
(3,944円)
2,103円
(2,694円)
1,100円/月 戸建て:39,000円
マンション:36,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,924円
(4,474円)
2,824円
(3,374円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
ピカラ光
(四国エリア)
3,530円
(4,080円)
2,357円
(2,907円)
1,100円/月 30,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,553円
(3,339円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3,556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
4,208円
(4,758円)
3,384円
(3,934円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
2,200円/880円
AsahiNet光 3,557円
(4,877円)
2,457円
(4,107円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 3,979円
(5,299円)
2,651円
(3,971円)
1,320円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,827円
(4,377円)
3,756円
(4,306円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,527円
(3,385円)
149円
(1,007円)
858円/月 80,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 4,811円
(5,031円)
3,023円
(3,243円)
220円/月 37,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,532円
(5,357円)
3,295円
(4,120円)
660円/月 0円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,134円
(5,299円)
3,806円
(3,971円)
165円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,724円
(3,944円)
2,474円
(2,694円)
220円/月 戸建て:38,000円
マンション:35,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,549円
(4,769円)
3,336円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円
  光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
(参考)
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
6,582円 4,519円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
エキサイト光 4,842円 3,742円 戸建て:実質無料/1,100円
マンション:実質無料/1,100円
ぷらら光 6,105円 4,648円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
U-NEXT光 5,858円 4,736円 26,400円/3,300円

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。
※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・実質月額料金={月額料金(契約期間分)+初期費用(工事費・事務手数料)-セット割-キャッシュバック額等}÷契約期間
・新規申込み後、最安になる契約期間の実質月額で算定
・キャッシュバック額は38社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額で算定
・スマホセット割の額は1人分の適用額。家族にも適用させると、月額最大1,100円×家族人数分の割引
・フレッツ光のプロバイダは「BB.エキサイト(戸建て550円/マンション550円)」で算定
・UQモバイルは「auひかり」の実質月額料金のみを記載

上記のように、スマホ会社とのセット割は実質月額料金を下げる大きな要素となりますので、光回線は今お使いのスマホに合わせて選ぶことをおすすめします。

さらに、スマホセット割は同居していない場合も含めて、同じキャリアを使っている家族の人数分が適用できますので、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、スマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

ただし、光回線によっては提供していないエリアがあるため、下図のフローチャートに従って光回線を選んでください。

光回線_窓口

例えば、あなたがSoftBankのスマホをお使いなら、最も安い光回線は「NURO光」となり、NURO光の提供エリア外にお住いであれば、次いで「ソフトバンク光」が最も安い光回線となります。

また、各光回線にはいくつかの申込窓口があり、申込窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申込窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

ここからは、なぜ上記の「光回線+申込窓口」に至ったか、下記のスマホキャリアに合わせて選ぶべき光回線を詳しく解説していきます。

docomoユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがdocomoユーザーであれば、光回線は「ドコモ光」一択です。

というのも、docomoとのスマホセット割(ドコモ光セット割)で毎月最大1,100円の割引きを受けられる光回線は、下記のとおりドコモ光だけだからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 2,799円
(3,899円)
1,479円
(2,579円)
1,100円/月 キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのdocomoのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモスマホ料金プラン(ギガプラン) スマホセット割引
ギガホ 1,100円/月
5Gギガライト
ギガライト
<ステップ4:~7GB> 1,100円/月
<ステップ3:~5GB> 1,100円/月
<ステップ2:~3GB> 550円/月
<ステップ1:~1GB> -
ドコモスマホ料金プラン(カケホーダイ&パケあえる) スマホセット割引
ウルトラシェアパック100 3,850円/月
ウルトラシェアパック50 3,190円/月
ウルトラシェアパック30 2,750円/月
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,980円/月
<ステップ3:~15GB> 1,980円/月
<ステップ2:~10GB> 1,320円/月
<ステップ1:~5GB> 880円/月
ウルトラデータLLパック 1,760円/月
ウルトラデータLパック 1,540円/月
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 880円/月
<ステップ3:~5GB> 880円/月
<ステップ2:~3GB> 220円/月
<ステップ1:~1GB> 110円/月

※割引額はすべて税込み
出典:docomo

ドコモ光の一番お得な申込窓口

ドコモ光には申込窓口が複数ありますが、ドコモ光の一番お得な申込窓口はプロバイダの『GMOとくとくBB』です。

ドコモ光-GMOとくとくBB-TOPページ出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × ドコモ光 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,400円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円
(キャンペーンで無料)
16,500円
(キャンペーンで無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ドコモ光セット割(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・dポイント2,000ptプレゼント
・工事費無料
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・45,000円キャッシュバック
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
・開通前モバイルルーター無料レンタル
下り平均速度※1
(GMOとくとくBBの場合)
301.81Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
2,799円 1,479円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は「キャッシュバックが1万円以上」の申込窓口の比較表ですが、GMOとくとくBBが最もキャッシュバック額が高く、オプション条件もなしで、受け取りやすさも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
45,000円 なし 4カ月後 WEB手続き
Wiz
(代理店)
20,000円 なし 6カ月後 WEB手続き
OCN※1
(プロバイダ)
20,000円 なし 2カ月後 WEB手続き
@nifty
(プロバイダ)
20,000円 なし 8カ月後 WEB手続き
ぷらら
(プロバイダ)
15,000円 なし 4カ月後 WEB手続き
ネットナビ
(代理店)
15,000円 なし 1カ月後 郵送手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※1:月額料金が220円(税込)高い

したがって、ドコモ光へ申し込むなら、GMOとくとくBBで間違いありません。

もっと詳しく知りたい場合

ドコモ光では、プロバイダを23社から選ぶことができます。

結論は同じですが、23社を全てチェックしたい場合は『ドコモ光の最高のプロバイダの選び方』の記事をご覧ください。

GMOで借りられるルーターはどれがおすすめ?

GMOとくとくBBでは、3種類の高性能Wi-Fiルーターから1つを選んで無料レンタルができます。

ただし、いずれのルーターも申し分ないスペックですので、自宅に置くことを踏まえてデザインで選んでもよいでしょう。

GMOとくとくBB_ドコモ光_選べるWi-Fiルーター202203出典:GMOとくとくBB

スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2(ELECOM)」ですが、迷った場合は申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝えて、相談しながら決めるのがおすすめです。

今ならすぐに使えるWi-Fi貸し出しキャンペーンも!

GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiレンタル出典:GMOとくとくBB

開通工事を待つ間にもインターネットが使えるように、GMOとくとくBBではモバイルWi-Fiが最大3カ月間無料レンタルのキャンペーンを実施しています。

申し込み後すぐに送ってくれますので、インターネットが使えない期間を心配する必要はありません。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『GMOとくとくBB』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

dポイントは自動的に付与されますので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介します。

  1. GMOとくとくBBの入会後に郵送される、メールアドレスが記載された「登録証」を保管しておく
  2. 回線開通月を含む4カ月目に、登録したメールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する「案内メール」が届く
  3. 案内メールで必要事項を登録すれば、登録した翌月末日に指定した口座に振り込まれる

キャッシュバックの案内メールが届くのは4カ月後ですので、スマホのリマインダー機能などを使って忘れないようにするとよいでしょう。

ドコモ光が一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 申し込み4カ月後にキャッシュバック受け取り
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料
  • モバイルルーターの最大3カ月間無料レンタル
  • docomoユーザーは月額最大1,100円(税込)割引
他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

なお、「少し額が減ってもいいから早くキャッシュバックが欲しい!」という場合は、キャッシュバック額と受け取り時期だけが異なる下記ページからの申し込みがおすすめです。

ドコモ光×GMO_限定特典出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB×ドコモ光【翌月受け取り】キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari_1month/

  • 40,000円キャッシュバック
  • 申し込みの翌月末日にキャッシュバック受け取り
  • その他の特典は同じ

auユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがauユーザーであれば、スマホセット割(auスマートバリュー・auセット割)の適用で毎月最大1,100円/1,320円の割引きができる光回線がお得です。

下記の比較表のとおり、スマホセット割が適用できる光回線はいくつもありますが、お住いの地域によって実質月額料金の安い光回線を、次の3つに絞ることができます。

  1. コミュファ光
  2. auひかり
  3. ビッグローブ光

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
au logo auひかり 2,285円
(3,385円)
-93円
(1,007円)
1,100円/月 80,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,792円
(4,453円)
2,686円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
1,888円
(2,658円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 4,296円
(4,846円)
3,086円
(3,636円)
1,100円/月 50,000円 実質無料/3,500円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,741円
(5,291円)
3,506円
(4,056円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,353円
(3,944円)
2,103円
(2,694円)
1,100円/月 戸建て:39,000円
マンション:36,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,924円
(4,474円)
2,824円
(3,374円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
ピカラ光
(四国エリア)
3,530円
(4,080円)
2,357円
(2,907円)
1,100円/月 30,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,553円
(3,339円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3,556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
4,208円
(4,758円)
3,384円
(3,934円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
2,200円/880円
AsahiNet光 3,557円
(4,877円)
2,457円
(4,107円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 3,979円
(5,299円)
2,651円
(3,971円)
1,320円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,827円
(4,377円)
3,756円
(4,306円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円

※1:ひかり電話の加入が条件
※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのauのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auスマホ料金プラン スマホセット割引
スマホ5G/4G ピタットプラン 5G
4G LTE(新auピタットプラン)
1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 550円/月
データMAX 4G系/5G系
auデータMAXプラン系
auフラットプラン系
1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)/ 4G LTE(s) 2GB超~20GBまで 550円/月
auピタットプラン/N(s)/(s) 2GBまで
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外
550円/月
2GB超~20GBまで 1,100円/月
上記以外 934円~2,200円/月
詳しくはこちら
ガラケー4G データ定額1/2/3/5/8/10/13(ケータイ) 934円~/月
詳しくはこちら
ガラケー3G カケホ(3Gケータイ・データ付) 934円/月
4Gタブレット/PC タブレットプラン20
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,100円/月
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大2年間1,410円/月
3年目以降934円/月

※auスマートバリューの割引額
※割引額はすべて税込み
出典:
au

結論、下記のとおり、あなたが東海地方や長野県にお住いであれば「コミュファ光」が最も安く、それ以外の地域では「auひかり」が2番目に安い光回線になり、3番目に「ビッグローブ光」が続きます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auユーザーの最安光回線ランキング
最安順位 光回線 実質月額料金 サービス提供エリア
1位 コミュファ光 戸建て:1,888円
マンション:1,032円
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県
2位 auひかり

戸建て:2,285円
マンション:-93円
【ホーム】
北海道・青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県・富山県・山梨県・石川県・福井県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・愛媛県・香川県・高知県・徳島県・福岡県・大分県・佐賀県・宮崎県・熊本県・長崎県・鹿児島県
【マンション】
沖縄県を除く日本全国
3位 ビッグローブ光 戸建て:3,792円
マンション:2,684円
日本全国

※料金はすべて税込み

なお、auひかりの提供エリアは少しややこしく、「ホーム(戸建て)タイプ」と「マンションタイプ」で異なります。

あなたが戸建てにお住いであれば、下記の地域ではauひかりを利用できません。

auひかり「ホームタイプ」 が利用できないエリア
東海エリア 静岡県・愛知県・岐阜県
関西エリア 三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
九州エリア 沖縄県

ただし、あなたがマンション(アパート)にお住いの場合、沖縄県以外であれば利用できる可能性がありますので、必ずauひかりのエリア検索で確認してください。

もし、auひかりの「ホーム・マンション」タイプのどちらも提供外(関西エリア・沖縄県)だった場合は、「ビッグローブ光」が3番目に実質月額料金の安い光回線になります。

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

コミュファ光の一番お得な申込窓口

コミュファ光には申込窓口が複数ありますが、コミュファ光の一番お得な申込窓口は代理店の『NEXT』です。

NEXT×コミュファ光_topページ出典:NEXT

NEXTは、「フレッツ光」をはじめ、「ソフトバンク光」「ビッグローブ光」など、多くの光回線の取り次ぎを行っている有名な正規代理店です。

NEXTから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NEXT × コミュファ光 戸建て マンション
月額料金 5,170円 4,070円
事務手数料 770円
(キャンペーンで無料)
工事費 27,500円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 愛知・岐阜・三重・静岡・長野
スマホとのセット割 auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・他社サービス解約違約金全額還元!
・1年間980円キャンペーン(戸建てのみ)
・コミュファ光スタート割
・工事費無料
・初期費用無料キャンペーン など
独自キャンペーン
(NEXTの場合)
最大35,000円キャッシュバック
下り平均速度※1 543.61Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(NEXTの場合)
1,888円 1,032円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NEXT」が一番お得な理由

NEXT』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • キャッシュバックの受け取りが簡単
  • キャッシュバックにより実質月額料金が最も安い

下記はコミュファ光の代理店が実施しているキャッシュバックの比較表ですが、キャッシュバック額は同じではあるものの、NEXTが最も受け取りやすいことがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック オプション条件 受取りやすさ
受取時期 手続き方法
NEXT
(代理店)
戸建て:30,000円※1
マンション:35,000円
なし 2カ月後 申し込み時に
振込口座を指定するだけ
グローバルキャスト
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 7カ月後 メール手続き
フルコミット
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 6カ月後 メール+WEB手続き
公式サイト なし

※1:「1年間980円キャンペーン」適用の場合は10,000円
※実質月額料金が一番安くなる条件で比較

よって、コミュファ光をお得に利用するためには、代理店NEXTから申し込むことをおすすめします。

なお、auユーザーは、スマホセット割(auスマートバリュー)を適用させた方がトータルでお得になるため、光電話への申し込みは必須です。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『NEXT』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

下記のとおり、キャッシュバックの振込口座を電話で伝えるだけですので、もらい忘れる心配はありません。

  1. 「NEXT」からコミュファ光への申し込みが完了すると、契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

コミュファ光が一番お得な窓口|代理店「NEXT」

NEXT×コミュファ光キャンペーンページ:https://cmf-hikari.net/

  • 最大35,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバックは手続き不要で自動振り込み
  • 他社サービスによる解約違約金は全額還元
  • 工事費無料
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

auひかりの一番お得な申込窓口

auひかりには申込窓口が複数ありますが、auひかりの一番お得な申込窓口はプロバイダの『GMOとくとくBB』です。

auひかり×GMOとくとくBB出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × auひかり 戸建て マンション
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
 3年目以降:5,390円
4,180円~
事務手数料 3,300円
工事費 41,250円
(キャンペーンで実質無料)
33,000円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 愛知・岐阜・三重・静岡・京都・大阪・兵庫
奈良・和歌山・滋賀・沖縄を除く全国
沖縄を除く全国
スマホとのセット割 auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・工事費実質無料
・他社インターネット解約違約金を最大30,000円まで負担
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・最大80,000円キャッシュバック
・ひかり電話最大35カ月無料
・Wi-Fiルーター無料プレゼント など
下り平均速度※1
(GMOとくとくBBの場合)
762.84Mbps
契約期間 3年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
2,285円 -93円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由は「月額料金が初月無料」であること加えて、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション条件にも割引がある
  • キャッシュバックの手続きがしやすい

下記は、キャッシュバックが4万円以上受け取れる窓口の比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、オプション条件やその他の特典でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック オプション条件 その他 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
80,000円 ひかり電話への加入
(最大35カ月無料)
高性能Wi-Fiルーター
無料プレゼント
11カ月後, 23カ月後 WEB手続き
NEXT
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
@TCOM
(プロバイダ)
40,000円 - - 7カ月後 WEB手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※料金はキャッシュバックを除いてすべて税込み
※ひかり電話は月額税込550円

上記のとおり、GMOとくとくBBではキャッシュバックのオプション条件として「ひかり電話(月額税込550円)への加入」が必要ですが、3年契約の戸建てタイプで35カ月無料、2年契約のマンションタイプでは23カ月無料となっています。

そのため、ほぼ実質無料でひかり電話を利用できることになります。

さらにGMOとくとくBBでは、Wi-Fi 5(11ac)対応の高性能Wi-Fiルーターを無料でプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は、かなりお得な特典と言えるでしょう。

したがって、auひかりへ申し込むなら、GMOとくとくBBで間違いありません。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『GMOとくとくBB』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

キャッシュバックは以下3つの手順でもらえます。

  1. 「GMOとくとくBB」の入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作る
  2. 回線開通月を含む11カ月目と23カ月目の初日に、上記メールアドレス宛にキャッシュバックに関する案内メールが届く
  3. 必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日に指定口座に振り込まれる

GMOとくとくBBの難点は、キャッシュバックの受け取りが、11カ月後・23カ月後と時間がかかることです。

よって、忘れてしまわないように、スマホのリマインダー機能などに登録して確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

auひかりが一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×auひかりキャンペーンページ:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/

  • 最大80,000円キャッシュバック
  • 他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで還元
  • 工事費実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • ひかり電話最大35カ月無料
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

ビッグローブ光の一番お得な申込窓口

ビッグローブ光には申込窓口が複数ありますが、ビッグローブ光の一番お得な申込窓口は代理店の『NEXT』です。

【NEXT】ビッグローブ光_220802出典:NEXT

 

NEXTは、「フレッツ光」をはじめ、「ソフトバンク光」「OCN光」など、多くの光回線の取り次ぎを行っている有名な正規代理店です。

NEXTから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NEXT × ビッグローブ光 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円 16,500円
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ・auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
独自キャンペーン
(NEXTの場合)
・最大64,000円キャッシュバック(光電話加入)
・Wi-Fiルーター6カ月無料
下り平均速度※1 255.12Mbps
契約期間 3年 3年
実質月額料金
(NEXTの場合)
3,792円 2,684円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NEXT」が一番お得な理由

NEXT』がおすすめな理由は、以下のとおりです。

  • キャッシュバック額と工事費割引額の合計額が高い
  • オプション加入が不要

下記は、公式サイトを含む「キャッシュバック額+工事費割引き額」の合計が4万円以上の代理店の比較ですが、NEXTが一番お得であることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 割引き要素
オプション条件 受け取りやすさ
キャッシュバック
工事費割引き 合計 受取時期 手続き方法
NEXT
(代理店)
60,000円
0円 60,000円 なし 2カ月後, 12か月後 自動, WEB手続き
ビッグローブ光 公式 40,000円 19,800円 59,800円 なし 2カ月後 電話手続き
ブロードバンドナビ
(代理店)
35,000円 19,800円 54,800円 なし 6カ月後 FAX申請後、
再度WEB手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
29,000円 19,800円 48,800円 なし 2カ月後 電話手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※3年間のみの契約(37カ月目で解約した場合)の計算
※戸建て(ファミリータイプ)の金額での計算

上記のとおり、ビッグローブ光の公式サイトではキャッシュバックに加えて工事費割引きを実施していますが、トータルすると割引額は「NEXT」に劣ります。

また、「NEXT」からの申し込みで、光電話を同時契約する場合には、キャッシュバックは最大64,000円、さらに光TVも契約するなら最大68,000円のキャッシュバックを受け取ることも可能です。

したがって、ビッグローブ光を利用する際には、代理店「NEXT」から申し込むことをおすすめします。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『NEXT』でのキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

NEXTではキャッシュバックは2回に分けてもらえる仕組みとなっており、手順は次のとおりです。

  1. 「NEXT」からビッグローブ光への申し込みが完了すると、「NEXT」から契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座に1回目のキャッシュバックが振り込まれる
  4. さらに開通月から12ヶ月目に、BIGLOBEからキャッシュバック受け取りの案内メールが届く
  5. 開通月から12ヶ月目の2日~45日間以内に、BIGLOBEの「マイページ」からの受取手続きを行う
  6. 受取手続き完了後、数日以内に指定の口座に2回目のキャッシュバックが振り込まれる

1回目のキャッシュバックは振込口座を電話で伝えるだけですので、もらい忘れることはありません。

ただし、2回目のキャッシュバックは開通の12カ月後なので、スマホのリマインダー機能などを使って、確実にキャッシュバックを全額もらえるようにしておきましょう。

ビッグローブ光が一番お得な窓口|代理店「NEXT」

NEXT×ビッグローブ光キャンペーンページ:https://www.biglobe-hikari.net/

  • 最大64,000円のキャッシュバック(光電話加入)
  • Wi-Fiルーターが6カ月間無料レンタル
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

SoftBankユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがSoftBankユーザーであれば、スマホセット割(おうち割 光セット)の適用で毎月最大1,100円の割引きができる光回線がお得です。

SoftBankとスマホセット割ができる光回線は下記の2つですが、このあと解説するとおり、お住いの地域によって実質月額料金の安い光回線が変わります。

  1. NURO光
  2. ソフトバンク光

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのSoftBankのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク スマホ料金プラン スマホセット割引
基本プラン データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
1,100円/月
通話基本プラン データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1,100円/月
スマ放題/スマ放題ライト データ定額 50GB/20GB/5GB 1,100円/月
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB※4,6/1GB
データ定額(3Gケータイ)
550円/月
上記以外の料金プラン パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,100円/月
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円/月

※割引額はすべて税込み
出典:SoftBank

結論、下記のとおり、あなたが「NURO光」の提供エリアにお住いであればNURO光が最も安く、NURO光の提供エリア外にお住いであれば「ソフトバンク光」が2番目に安い光回線になります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

SoftBankユーザーの最安光回線ランキング
最安順位 光回線 実質月額料金 サービス提供エリア
1位 NURO光 戸建て:3,413円
マンション:3,413円
北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・岡山・福岡・佐賀の一部
2位 ソフトバンク光 戸建て:4,058円
マンション:2,518円
日本全国

※料金はすべて税込み

なお、NURO光の提供エリアは限定的なため、まずはNURO光のエリア検索で確認してください。

あなたの住所がNURO光の提供エリア外だった場合は、ソフトバンク光が最安の光回線になります。

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

NURO光の一番お得な申込窓口

NURO光の一番お得な申込窓口は『NURO公式 特設サイト』です。

NURO光特設サイト出典:NURO光

NURO光 公式から申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NURO光 公式 戸建て マンション
月額料金 5,700円
事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山・福岡・佐賀の一部
スマホとのセット割 おうち割 光セット(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・最大45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・無線LAN機能無料 など
下り平均速度※1 505.36Mbps
契約期間 2年
実質月額料金
(公式 特設サイトの場合)
3,413円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NURO公式 特設サイト」が一番お得な理由

NURO公式 特設サイト』が一番お得な理由は、NURO光のプロバイダはSo-netのみであり、代理店も存在しないため、申込窓口がNURO光の公式サイトだけだからです。

とはいえ、NURO光では公式サイトとは別に設けられた「特設サイト」にて、下記の高額なキャッシュバックキャンペーンが実施されていますので、特設サイトから申し込むことをおすすめします。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口
キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
NURO公式 特設サイト 45,000円 光電話への加入 6カ月後 WEB手続き

※光電話は月額税込550円
※格安SIMユーザーは不要

NURO光でキャッシュバックを受け取るステップ

ここでは『NURO公式 特設サイト』から申し込んだ際の、キャッシュバックの受け取り方法について解説します。

なお、NURO光はSo-netが運営している光回線のため、So-netに入会することになります。

  1. NURO光(So-net)の入会時に、So-net専用のメールアドレスを作成する
  2. 開通6カ月後15日に上記メールアドレス宛に、キャッシュバックのお受取手続き(ソネット de 受取サービス)の案内メールが届く
  3. 案内メールから45日以内に手続きを行えば、指定の口座に振り込まれる

キャッシュバックの案内メールは6カ月後に届きますので、スマホのリマインダーなどに登録して、もらい忘れを防ぐようにしておくとよいでしょう。

NURO光が一番お得な窓口|公式特設サイト

45,000円キャッシュバック特設ページ:https://www.nuro.jp/hikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • 無線LAN機能無料
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

公式サイトからはアクセスできない特別ページですので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

ソフトバンク光の一番お得な申込窓口

ソフトバンク光には申込窓口が複数ありますが、ソフトバンク光の一番お得な申込窓口は代理店の『GMOとくとくBB』です。

ソフトバンク光×GMOとくとくBB出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、「ドコモ光」「auひかり」などのプロバイダとしても実績のある代理店です。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × ソフトバンク光 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 おうち割 光セット(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・乗り換え、引っ越し新規契約の場合は工事費無料
・他社の解約違約金を最大10万円まで負担
・開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
・無線LAN機能無料
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・最大38,000円キャッシュバック
・Wi-Fiルータープレゼント
下り平均速度※1 313.89Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
4,058円 2,518円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は、キャッシュバックが20,000円以上の代理店5社の比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、受け取りやすさの点でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口
キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(代理店)
38,000円※1 なし 2カ月後 メールで
振込口座を登録する
アウンカンパニー
(代理店)
37,000円※1 なし 2カ月後 申し込み時に
振込口座を指定する
BIGUP
(代理店)
35,000円 なし 2カ月後 電話手続き
LifeBank
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き
株式会社STORY
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き

※1:「工事費サポート はじめて割」適用の場合は7,000円減額
※実質月額料金が一番安くなる条件で比較

GMOとくとくBBでは、申し込み後に送られてくるメールから口座情報を登録するだけですので、受取時期にこちらから手続きをする必要がなく、もらい忘れのないところが嬉しいポイントです。

なお、キャッシュバックにオプション条件はないものの、SoftBankユーザーはスマホセット割を適用させた方が月額最大550円安くなるため、光電話への申し込みは必須です。

ちなみにGMOとくとくBBでは、キャッシュバックに加えて高性能Wi-Fiルーターを無料プレゼントしてもらえますので、持っていない場合はかなり嬉しい特典となるでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に、『GMOとくとくBB』から申し込んだ際の、キャッシュバックの受け取り方法について解説します。

すごく簡単ですが、念のため確認しておいてください。

  1. 「GMOとくとくBB」からソフトバンク光への申し込みが完了すると、「GMOとくとくBB」からキャッシュバック受け取りのメールが送られてくる
  2. メールから口座情報を登録する
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

ソフトバンク光が一番お得な窓口|代理店「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ソフトバンク光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/service/softbankhikari/

  • 最大38,000円のキャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • キャッシュバックは申込み時のメールだけで自動振り込み
  • 乗り換え、引っ越し新規契約の場合は工事費実質無料
  • 他社の解約違約金を最大10万円まで負担
  • 開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
  • 無線LAN機能無料
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

格安SIMユーザーが選ぶべき光回線は?

格安SIMユーザーが光回線をお得に選ぶためには、「今使っているスマホに合わせる」方法と少し異なります。

理由は以下の2つです。

  • 格安SIMのスマホセット割ができる光回線事業者が少ない
  • 格安SIMのスマホセット割引額が小さい

例えば、有名無名を合わせて数多くある格安SIMのうち、光回線とスマホセット割ができる組み合わせは下記に記載しただけです。

またその多くは、毎月の割引き額が330円以下と少額であることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

 お使いの 
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,527円
(3,385円)
149円
(1,007円)
858円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 4,811円
(5,031円)
3,023円
(3,243円)
220円/月 37,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,532円
(5,357円)
3,295円
(4,120円)
660円/月 0円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,134円
(5,299円)
3,806円
(3,971円)
165円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,724円
(3,944円)
2,474円
(2,694円)
220円/月 戸建て:38,000円
マンション:35,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,549円
(4,769円)
3,336円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※UQモバイルの実質月額料金は「auひかり」の場合のみを記載

※スマホセット割引は最大額で計算
※料金はすべて税込み

そのため、スマホセット割が適用されなくても、キャッシュバックが高額な光回線を選んだ方が実質月額料金は安くなります。

結論、あなたが格安SIMをお使いであれば、お住いのエリアに合わせて下記の光回線が一番お得になります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お住いのエリア お得な光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
甲信エリア 長野 コミュファ光 2,658円 1,802円 - 戸建て:10,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
東海エリア 静岡・愛知・岐阜・三重
関西エリア 大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫 NURO光 3,963円 3,963円 - 45,000円 実質無料/3,300円
和歌山 ビッグローブ光 4,453円 3,345円 - 戸建て:60,000円
マンション:57,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
九州エリア 沖縄
上記以外のエリア auひかり 3,385円 1,007円 - 80,000円 実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

10.J:COM光申し込み時におすすめのキャンペーン・割引

J.COM光に関しては、光回線単体での契約はおすすめできません。

そのため、TVサービスと合わせて利用するのがおすすめです。

また、J:COM光を少しでもお得に利用するためには、各種キャンペーンや割引も活用したいものです。ここでは、おすすめのキャンペーンを3つご紹介します。

  1. 最大55,000円分のQUOカード
  2. 基本工事費実質0円キャンペーン
  3. その他スタート割

おすすめキャンペーン1. 最大55,000円分のQUOカード

出典: J:COM

J.COM光に申し込むと、最大55,000円分のQUOカードがもらえるキャンペーンがあります。

他社ではキャッシュバックのケースも多いですがJ:COMでは、新規申し込みと他社からの乗り換え分を合わせたQUOカードの贈呈です。

キャンペーンの具体的な内容や対象は下記の通りです。

内容 ・新規申し込みでQUOカードをプレゼント

・他社からの乗り換えでさらにQUOカードがもらえる

(合計で5,000~55,000円分)

対象エリア ・関東/札幌/仙台エリア

・関西エリア

・九州エリア

・下関エリア

受取時期 ・新規申し込み特典:申し込みから2ヵ月後

・他社からの乗換特典:工事完了月から7ヵ月後

対象者 ・対象のエリアに住んでいる

・指定されたプランに契約する

・受取時期までJCOMを利用する

上記キャンペーンはインターネット回線とテレビ・電気などを組み合わせた多くのプランが対象ですが、具体的なQUOカードの贈呈金額は申し込むプランおよび加入・乗り換え状況によって異なります。

おすすめキャンペーン2.基本工事費実質0円キャンペーン

出典: J:COM

J:COM光の申し込みに際しては、対象プランへの新規申し込みで基本工事費が実質0円になるキャンペーンもあります。

キャンぺーンの具体的な内容は下記の通りです。

内容 ・新規申し込みに限り工事費が実質0円になる

・分割払い時の工事費と同額が毎月割引される

・短期契約すると工事費残債が一括請求される

対象プラン ・スマートお得プラン

・スマートお得プランフレックス

・スマートもっとお得プラン

・スマートもっとお得プランフレックス

・スマートお得セレクトNET

・スマートお得セレクトPHONE

・スマートお得NET

上記のように、基本工事費実質0円キャンペーンは、J:COMの多くのプランが対象となっています。

ただし、マンションの場合は1年または2年・戸建ての場合は2年または3年の契約にのみ適用可能です。

中途解約した場合には、解約時点での工事費残債が一括請求されるため、注意してください。

おすすめキャンペーン3. その他スタート割

出典:J:COM

J:COM光を対象としたキャンペーンには、他にもさまざまなスタート割引が存在します。

代表的なキャンペーンには、下記のようなものがあります。

Web限定スタート割 ・対象プラン申し込みで最大66,000円割引される

・月額料金が一定期間割引される

・Web経由での申し込みが必須

・適用は設置工事完了の翌月から

新築戸建て限定スタート割 ・対象プラン申し込み限定および「関東」「札幌」「仙台」「関西」エリア限定
・関西エリアでは最大-59,400円((4,950円✕12ヵ月)、関東・札幌・仙台エリアでは最大-46,200((3,850円✕12ヵ月)の割引・割引適用は12ヵ月目まで(13ヵ月目以降は通常料金)
電力スタート割 ・JCOM電力に新規契約が必要

・戸建ては最大7,920円割引

・マンションは最大3,960円割引

上記のようにJ:COMでは、インターネット回線や電力の新規申し込みに対しさまざまな割引を受けられます。

ご希望のプランやお住まいの地域で受けられるキャンペーンがあるかどうか、随時確認してください。

11.J:COM光に関してよくある質問9つ

最後に、J:COM光に関してよくある9つの質問をチェックしましょう。

  1. J:COMとauひかりの関係性とは?
  2. J:COM光1gコースはマンションで利用可能?
  3. マンションにJ:COMしかない場合他の回線は工事不可?
  4. J:COMの初期費用と撤去費用はいくら?
  5. J:COMの初期費用と撤去費用はいくら?
  6. J:COM光の解約方法とは?
  7. J:COM光の利用エリアは拡大予定あり?
  8. J:COM光のテレビサービスでは何が見れる?
  9. J:COMのテレビ番組表はどこで見れる?

質問1.J:COMとauひかりの関係性とは?

J:COM光は、auひかりの光回線を使用しています。

これにより、従来のケーブルテレビ回線の約3倍(最大320Mbps→1Gbps)の速度で通信が可能です。

また、auスマートバリューの割引は、auひかりだけでなくJ:COMのサービスを利用している場合にも受けられます。

J:COMのサービス「テレビ・ネット・電話」のうち2つ以上のサービスを利用している人は、auスマホ端末に対して月額500~2,000円分の割引を受けられます。

質問2.J:COM光1gコースはマンションで利用可能?

J:COM光には1G・5G・10Gのプランが用意されていますが、いずれのプランもマンションでは利用不可です。

J:COMの光回線は、戸建て住宅でのみ契約が可能となっています。

なお、J:COMのケーブルテレビ回線はマンションでも利用可能です。

質問3.マンションにJ:COMしかない場合他の回線は工事不可?

お住まいのマンションにJ:COMしかない場合でも、物件付近の電柱から物件内に光ファイバーが引き込まれていれば、他社回線を契約できる可能性はあります。

光ファイバーに関する確認は、管理会社などに電話して行ってください。

ただし、光ファイバーが引き込まれていても契約できない場合もあります。

管理会社に確認するとともに、契約したい回線の会社側にも確認をとってください。

質問4.J:COMの初期費用と撤去費用はいくら?

J:COM光の初期費用と撤去費用は、下記の通りです。

初期費用 1台/1回線につき税込41,250円

※初期契約解除の場合は、法令の上限に基づき税込 27,500円の工事費も負担

撤去費用 作業員による撤去 部分解約(1台のみ解約、1回線のみ解約を含む):税込4,950円
全解約(引き込み線撤去あり):税込10,780円
ご自身による撤去 部分解約(1台のみ解約を含む):税込 3,300円

出典:J:COM

質問5.J:COM光の問い合わせ先は?

電話での問い合わせ先は、総合窓口「J:COMカスタマーセンター」です。

J:COMカスタマーセンターの電話番号は0120-999-000で、受付時間は9:00~18:00(年中無休)です。

エリアごとに問い合わせ先が異なるケースもありますが、まずは総合窓口に連絡をしてください。

また、J:COMへの問い合わせはチャットや各種アプリからも可能です。

チャットでの問い合わせはJ:COM公式サイトの画面右側に表示される「チャットで質問」より行えます。

また、下記のアプリからも問い合わせが可能です。

・J:COM マイページ
・アプリMY J:COM
・ LINE

質問6.J:COM光の解約方法とは?

J:COM光の解約は、電話またはWebから手続きが可能です。

各手続きの流れは、下記の通りです。

メモボックス

【電話】
1. J:COMカスタマーセンター0120-999-000に電話する(受付時間9:00~18:00)
2. 撤去日の調整する
3. 機器撤去後に解約完了

【Web】
1. J:COMサポートページより「ご請求内容の確認/各種お手続き」をクリック
2. J:COMサポートページの「ご請求・ご契約内容の確認」をクリック
3. 「利用停止・再開・解約について」の「J:COMのサービスを解約したい」をクリック
4.「Webから相談する」をクリック、情報入力後に「同意して確認画面へ」をクリック
5. 後日J:COM担当者から電話があり解約の意志確認後、撤去日の調整を行う
6. 機器撤去後に解約完了

質問7.J:COM光の利用エリアは拡大予定あり?

J:COMは光回線の利用可能エリアを、順次拡大しています。

例えば、2021年7月にはJ:COM仙台が名取市へサービスエリアを拡大しました。

エリアごとの拡大情報は、「あなたの街のJ:COM」で随時更新されます。

お住まいの地域や周辺地域でJ:COM光が利用できるかどうかを、ぜひ確認してみてください。

質問8.J:COM光のテレビサービスでは何が見れる?

J:COM TVには、下記の4つのコースが用意されています。

・ネット動画と専門チャンネルがセットになった「フレックス」(Netflix + 62ch以上)
・人気の専門チャンネルをとことん楽しめる「スタンダード」(91ch以上)
・スタンダードよりもチャンネル数が10多い「スタンダードプラス」(101ch以上)
・見たいジャンルを8パックから1つ選んで楽しめる「セレクト」

ご自身の見たいチャンネルやネット動画に合わせて、好きなコースを選んでください。

質問9.J:COMのテレビ番組表はどこで見れる?

J:COMのテレビ番組表は「テレビ番組ガイド – MY J:COM」で確認できます。

J:COM TVで視聴できる全チャンネルの番組表および番組情報が確認可能です。

J:COM光の評判まとめ

この記事では、J:COM光の評判について詳しく見てきました。

J:COM光の評判・口コミをまとめると、下記のようになります。

メモボックス

【悪い評判】

  1. 通信速度が遅い
  2. 料金が高い
  3. 通信障害が多い
  4. 営業が多い

【良い評判】

  1. 工事が早い
  2. TVサービスとセットにするとお得
  3. サポート対応が丁寧
  4. 使用頻度・目的によっては快適
  5. J:COM光10gは速く実測値も高いと評判

上記の評判を考慮すると、J:COM光には通信速度の遅さや料金の高さなど、メリットを上回るデメリットが多数あります。

よって、他社回線の開通ができない場合・TVサービスを組み合わせて利用する場合を除き、他社の光回線を契約する方がおすすめです。

他社の光回線について気になる人は、下記のフローチャートに従って自分に一番合う光回線を探してみてください。

光回線_窓口

また、各回線には代理店などいくつかの窓口があり、窓口ごとにキャンペーン内容も異なります。

キャッシュバックの金額や工事費などを加味したうえで、最もおすすめな窓口は以下の通りです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

本記事を参考に、あなたがJ:COM光を快適に利用できることを、心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る