【2022年最新】enひかりの評判は?103人の口コミでわかるおすすめな人・メリット・注意点の全て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「enひかりの評判が知りたい」「悪い口コミがあるけど大丈夫かな」など、enひかりがどれだけ利用者に評価されているか気になりますよね。

そこで当メディアでは、enひかりユーザー103人の口コミを調査し「本当にenひかりはおすすめできるのか?」を評価しました。

その結果、enひかりのメリットと注意点は次のとおりです。

enひかりを使うメリット enひかりを使うデメリット・注意点
  • いつ解約しても違約金が発生しない
  • 格安SIMスマホのセット割がある
  • 全国エリアで使える
  • モバイルWi-Fiを格安レンタルできる
  • 大手通信キャリアのスマホセット割がない
  • 最安の縛りなし光回線ではない
  • 通信速度が遅い
  • キャンペーン内容が乏しい
  • 工事費を一括で支払う必要がある
  • ルーターを自前で用意する必要がある

これらを踏まえると、enひかりは他社よりもメリットの少ない回線となっており、基本的にはおすすめできません。

ただし、下記のような条件に当てはまる方に限っては、enひかりを検討しても良いでしょう。

《enひかりがおすすめな人》

・短期間で解約する可能性がある人

この記事では、長年にわたって光回線の販売員を経験してきた筆者が、enひかりの評判からわかったメリット・デメリットを紹介し、おすすめできる人の特徴、契約する前に知っておくべき注意点を以下の流れで解説します。

  1. 103人の口コミ調査でわかったenひかりの評判まとめ
  2. 利用者の評判から見るenひかりのメリット
  3. 契約前に知っておくべきenひかりのデメリット・注意点
  4. enひかりをおすすめできる人・できない人
  5. enひかりのおすすめ窓口【公式窓口】
  6. enひかりの申し込みから開通までの流れ
  7. あなたはenひかりで大丈夫?もっともお得な光回線の選び方
  8. enひかりでよくある質問
  9. まとめ

記事の後半では、料金や速度をしっかりと比較した上で光回線を選びたい方に向けて、enひかりよりもおすすめな光回線の選び方を解説しています。

1. 103人の口コミ調査でわかったenひかりの評判まとめ

enひかりの評判をお伝えする前に、まずは基本情報をおさらいしておきましょう。

enひかりの基本情報

出典:enひかり

←スマホの場合は左右へスクロールできます→

回線名 enひかり
提供元 株式会社縁人
ホームページ https://enhikari.jp/
回線の種類 NTT
通信速度 最大1Gbps
下り平均速度 363Mbps
提供エリア
全国
契約事務手数料 3,300円
月額料金 戸建て:4,620円
集合住宅:3,520円
光電話オプション 月額550円
スマホセット割 あり
工事費用 ① 無派遣工事:2,200円
② 訪問工事あり、屋内配線新設なし:8,360円
③ 訪問工事あり、屋内配線新設あり 16,500円
契約期間 縛りなし
解約金 0円
キャンペーン ・enひかり「勝手に割り」
・V6プラス対応無線LANルーター大特価キャンペーン
・enひかりクロス工事費無料 など

※下り平均速度は『みんなのネット回線速度』を参照
※料金はすべて税込み

enひかりは、株式会社縁人が提供する光回線で、光コラボであることから全国のほとんどの地域で利用可能です。

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTT東日本とNTT西日本が、プロバイダーや携帯キャリアなどの事業者に対して光回線の卸販売を行うサービスモデルのことです。

また、enひかりは利用期間に制限が設けられていないため、いつ解約しても違約金がかからないのが特徴です。

enひかりの総合評価【2.5】

当メディアでは、enひかりの実際の評判を知るために、下記のメディアや方法を利用して103人の口コミを徹底調査し、「速度・月額料金・キャンペーン・サポート」の4つの観点で評価しました。

  • Twitter
  • 価格.com
  • ヤフー知恵袋
  • 利用者ヒアリング

なお、4つの観点で評価した理由は次のとおりです。

調査の観点 理由
速度 光回線によって実際の速度が大きく異なるため
月額料金 利用者が料金の安さに満足しているかを知るため
キャンペーン 光回線によってキャンペーン内容が大きく異なるため
サポート 光回線によって「電話がまったく繋がらない」「対応に不満を抱く」ケースがあるため

上記の結果、enひかりの総合評価を5点満点中2.5点としました。

総合評価

2.5
実質月額料金が最安でない上に、 通信速度が遅い
速度 月額料金

2.5
通信速度が遅い

2.5
実質月額料金は最安ではない
キャンペーン 開通前・開通後のサポート

2
キャンペーン内容が乏しい

2.5
電話につながりにくいことがある

口コミを調査すると、回線速度が遅いという意見が多数あり、速度に関する不満が散見されました。

料金に関しても、enひかりはキャンペーンや工事費用を含めた実質料金が割高という意見が目立ちました。

キャンペーンに関しては「高額キャッシュバックがない」といったコメントが目立ち、キャンペーンの魅力がやや欠けていることが分かります。

サポートに関しては「電話につながらない」「対応が悪い」といった意見が見られ、サポートの評価が低いことが分かりました。

enひかりを使うメリット・デメリット

口コミ調査と料金比較を行った結果は以下のとおりです。

enひかりは、格安スマホとのセット割があり、いつ解約しても違約金がかからない一方で、通信速度が遅く、最安の光回線ではないことが分かりました。

enひかりを使うメリット enひかりを使うデメリット・注意点
  • いつ解約しても違約金が発生しない
  • 格安SIMスマホのセット割がある
  • 全国エリアで使える
  • モバイルWi-Fiを格安レンタルできる
  • 大手通信キャリアのスマホセット割がない
  • 最安の縛りなし光回線ではない
  • 通信速度が遅い
  • キャンペーン内容が乏しい
  • 工事費を一括で支払う必要がある
  • ルーターを自前で用意する必要がある

なお、enひかりを使うメリットの詳細は2章「利用者の評判から見るenひかりのメリット」、デメリットの詳細は3章「契約前に知っておくべきenひかりのデメリット・注意点」にて解説します。

enひかりがおすすめな人・おすすめでない人

enひかりのメリット・デメリットを踏まえると、enひかりは1年未満で解約する可能性がある人におすすめです。

ただし、契約期間に縛りのない光回線を最安で利用したい人や、大手通信キャリアのスマホ割を適用したい人にはおすすめできません。

enひかりがおすすめな人 enひかりがおすすめでない人
  • 1年未満で解約する可能性がある人
  • 最安の縛りなし光回線を利用したい人
  • 大手通信キャリアを使っている人
  • 初期費用を抑えたい人

このように、enひかりは料金・速度面で他社回線より劣っているため、基本的にはおすすめできない光回線となっています。

enひかりがおすすめな人・おすすめできない人の詳細は、4章「enひかりをおすすめできる人・おすすめできない人」にて解説します。

また、他社回線としっかり比較して、お得なネット環境を手に入れたいという人は、7章「7.あなたはenひかりで大丈夫?もっともお得な光回線の選び方」をご覧ください。

2. 利用者の評判から見るenひかりのメリット

enひかりの口コミを調査すると、メリットは以下の3つあることが分かりました。

それぞれについて、以降で解説していきます。

メリット① いつ解約しても違約金が発生しない

メリットの1つ目は、enひかりは契約期間に縛りがないため、いつ解約しても違約金が発生しないことです。

一般的な光回線の場合、2~3年間の契約期間を設けており、更新月以外に解約をすると1~2万円の違約金を支払う必要があります。

しかし、enひかりは契約期間に縛りがないため、基本的には解約時に違約金を支払う必要はありません。

また、光回線の工事撤去費用も不要です。

下記は当メディアでおすすめしている光回線と比較した表ですが、enひかりは費用を払うことなくいつでも解約できることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線 契約期間 解約金 工事撤去費用
enひかり なし なし なし
ドコモ光 2年間 ・戸建タイプ:14,300円
・マンションタイプ:14,300円
なし
auひかり ・ギガ得プラン,お得プランA:2年間
・ずっとギガ得プラン:3年間
・ずっとギガ得プラン:16,500円
・ギガ得プラン:10,450円
・お得プランA:7,700円
31,680円
コミュファ光 2年間 ・契約更新月に解約:0円
・契約期間内に解約:11,000円
13,200円
ビッグローブ光 ・2年プラン:2年
・3年プラン:3年
・違約金不要期間内:0円
・違約金不要期間以外:9,500円
なし
NURO光 ・G2D プラン:2年間
・G2Tプラン:3年間
・G2N プラン:なし
10,450円 11,000円
ソフトバンク光 ・2年自動更新プラン:2年
・自動更新なしプラン:なし
・2年自動更新プラン:10,045円
・自動更新なし:なし
なし

※料金はすべて税込み
※2022年9月現在

そのため、引越しの可能性があるなど、短期間だけ光回線を利用したい人におすすめです

enひかりの契約期間に関する口コミ|契約期間に縛りがなく好評

以下はenひかりの契約期間に関するTwitterの口コミですが、契約期間の縛りがなく満足しているユーザーの様子が伺えます。

メリット② 格安SIMスマホのセット割がある

メリットの2つ目は、格安SIMスマホのセット割があることです。

enひかりでは「勝手に割り」という月額割引サービスを実施しており、以下の格安SIMスマホユーザーの月額料金が110円割引されます。

格安SIMスマホ
割引額
UQモバイル・ahamo・povo 110円

そのため、格安SIMスマホを利用している人は、セット割を適用させるとよいでしょう。

enひかりの格安SIMスマホのセット割に関する口コミ|格安SIMスマホユーザーにおすすめと好評

以下は、enひかりの格安SIMスマホのセット割に関するTwitterの口コミですが、セット割でお得にenひかりを利用でき満足している様子が伺えます。

メリット③ 全国エリアで使える

メリットの3つ目は、enひかりはNTT回線を利用した光コラボであることから、全国エリアで使えることです。

以下はenひかり(光コラボ)の提供エリアを示した図ですが、日本の人口95%をカバーしていますので、引っ越し先でも継続して利用することができ、メリットと言えるでしょう。

出典:ODN

とはいえ、居住地域が山間部などの場合は、提供エリア外ということもあります。

そのため、申し込み前にenひかりの提供エリアをチェックしておきましょう。

≪提供エリアの確認サイト≫

メリット④ モバイルWi-Fiを格安レンタルできる

メリットの4つ目は。モバイルWi-Fiを格安レンタルできることです。

enひかりではモバイルWi-Fiレンタルサービスを実施しており、1日390円(税込)で1泊2日~2年まで自由にレンタル期間を設定できます。

出典:enひかり

また、モバイルWi-Fiはいつでも「+3泊4日」までは無料になります。

例えば、1泊2日以上レンタルする場合、1泊2日分の料金で5泊6日まで利用可能ですので、ちょっとした旅行や出張などに使えて便利です。

ただし、レンタル時には往復送料870円が必要になりますのでご注意ください。

enひかりのモバイルWi-Fiに関する口コミ|レンタルサービスが便利と好評

以下はenひかりのモバイルWi-Fiに関するTwitterの口コミですが、様々な場面に応じて利用できるので満足していることが分かります。

3. 契約前に知っておくべきenひかりのデメリット・注意点

enひかりの口コミを調査すると、以下のような契約前に知っておくべき注意点があることが分かりました。

後悔しないためにも、enひかりに申し込む前にあらかじめデメリットや注意点を理解しておきましょう。

注意点① 大手通信キャリアのスマホセット割がない

1つ目の注意点は、enひかりは大手通信キャリア(docomo・au・SoftBank)を利用する人にとって、最安の光回線ではないことです。

というのも、enひかりには「docomo・au・SoftBank」とのスマホセット割がないため、実質月額料金が割高になるからです。

スマホセット割とは、スマートフォンの契約キャリアと光回線を組み合わせた割引サービスのことで、スマホ1台につき毎月550∼1,100円(税込)ほど安くなります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、月額料金に「初期費用(工事費用)」を加え「キャンペーン/キャッシュバック」など各種割引を差し引いて算出される、ひと月あたりのシミュレーション料金のことです。

以下は、enひかりと大手通信キャリア(docomo・au・SoftBank)の実質月額料金を比較した表ですが、enひかりの実質月額料金はやや高いことが分かります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線
スマホセット割
実質月額料金
戸建て
マンション
enひかり ・UQモバイル:110円/月
・povo:110円/月
・ahamo:110円/月
5,335円 4,235 円
ドコモ光 docomo:550~1,100円/月 3,424円 2,104円
auひかり au:550~1,320円/月 2,368円 32円
ソフトバンク光 SoftBank:550~1,100円/月 4,058円 2,518円
NURO光 3,413円
3,413円

※料金はすべて税込み
※2022年9月現在

このように、3大キャリアを利用している場合、契約しているキャリアの光回線を利用した方が、実質月額料金が安くなるのでお得です。

そのため、大手通信キャリアのスマホ代を安くしたい人には、enひかりはおすすめできません。

なお、今お使いのスマホに合わせて最安の光回線を選びたい場合は、7章「あなたはenひかりで大丈夫?もっともお得な光回線の選び方を参考にしてください。

スマホセット割に関する口コミ|大手光回線のスマホ割がお得との声が目立つ

以下は大手通信キャリアのスマホ割に関するTwitterの口コミですが、スマホセット割に満足している様子が伺えます。

注意点② 最安の縛りなし光回線ではない

2つ目の注意点は、契約期間に縛りのない光回線の中で最安ではないことです。

以下は、enひかりと他の縛りのない光回線の実質月額料金を比較した表ですが、enひかりはスマホセット割を適用しても実質月額料金がもっとも高いことが分かります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

 光回線  セット割できる
スマホキャリア
実質月額料金
戸建てタイプ マンションタイプ
・UQモバイル
・povo
・ahamo
5,335円
(5,445円)
4,235 円
(5,345円)
4,956円 3,911円
 ‐ 4,842円  3,742円
au 3,777円
(5,097円)
3,282円
(4602円)
DTI SIM 5,273円
(5,438円)
3,917円
(4,082円)
4,647円  3,189円

※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※実質月額料金は当メディア調べ
※料金はすべて税込み
※2022年9月現在

そのため、もっとも安い縛り期間なしの光回線を利用したい人には、enひかりはおすすめできません。

注意点③ 通信速度が遅い

3つ目の注意点は、通信速度が遅いことです。

enひかりの通常プランはPPPoE方式を使用していることから、夜間帯など多くの人がインターネットを使う時間帯は、速度低下が起こりやすくなっています。

PPPoE方式とは

PPPoE方式とは、標準的な通信プロトコル(通信手順)の一つです。

インターネットに接続する際、電話回線網とインターネットサービスプロバイダーを接続する「ネットワーク終端装置」を必ず通過するため、通信量が増加すると回線が混雑し、通信速度が遅くなる場合があります。

そのため、オンラインゲームなど高速通信を利用したい場合、下記3種類の高速通信オプションを追加できます。

高速通信オプション
月額料金
v6プラス 198円
transix
Xpass

性能に大きな違いはないため、サポートセンターに繋がりやすいv6プラスを検討してもよいでしょう。

しかし、以下は当メディアがおすすめしている光回線と通信速度を比較した表ですが、オプションの有無に関わらずenひかりの通信速度は遅いことがわかります。

光回線 下り平均速度 上り平均速度
通常: 242.15Mbps
OPTあり: 377.16Mbps
通常: 271.35Mbps
OPTあり: 267.48Mbps
472.03Mbps 406.79Mbps
コミュファ光-ロゴ 454.09Mbps 309.69Mbps
auひかりロゴ 379.56Mbps 268.48Mbps
ソフトバンク光ロゴ 305.6Mbps 196.85Mbps
288.81Mbps 204.86Mbps
ドコモ光ロゴ 252.42Mbps 189.53Mbps

※出典:みんなの光回線速度より
※OPT=高速通信オプション
※2022年度6月現在

そのため、オンラインゲームなどで高速通信を求める人は、他社回線の利用を検討するとよいでしょう。

enひかりの速度に関する口コミ|通信速度に対し不満の声が目立つ

以下はenひかりの速度に関するTwitterの口コミですが、通信速度が遅く不満を抱えていることが分かります。

注意点④ キャンペーン内容が乏しい

4つ目の注意点は、キャンペーン内容が乏しいことです。

以下は、enひかりと当メディアでおすすめしている光回線・縛りなし光回線のキャンペーン内容を比較した表ですが、enひかりはお得なキャンペーンが少ないことが分かります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

    光回線     キャッシュバック スマホ割 工事費無料
キャンペーン
Wi-Fiルーター その他割引
・UQmobile:110円/月
・povo:110円/月
・ahamo:110円/月
NURO光-ロゴ 45,000円 ・SoftBank:550~1,100円/月
・NUROモバイル:330円/月(1年間)
実質0円 最大3カ月:980円/月 最大1年:980円/月
77,000円 au:550~1,100円/月 実質0円 最大6カ月無料 乗り換え:最大30,000円還元
・30,000円
・dポイント2,000pt
docomo:550~1,100円/月 0円 無料レンタル 2回線以上契約で月額330円割引
37,000円 SoftBank:1,100円/月 実質0円
・戸建て:64,000円
・マンション:61,000円
au:550~1,100円/月 実質0円 最大1年:0円/月
・戸建て:30,000円
・マンション:35,000円
・au:550~1,100円/月
・UQモバイル:638~858円/月
実質0円 ・コミュファ光スタート割
・光テレビ工事費割引:最大17,270円割引
実質0円 無料
0円 無料プレゼント 月額495円割引(1年間)
au:1,320円/月 実質0円 無料プレゼント 月額580円割引(2年間)
・戸建て:15,000円
・マンション:13,000円
au:1,320円/月 ADSL回線から乗り換え:無料 最大2カ月無料
55,000円 無料レンタル

※実質0円=分割された工事費が毎月割引。契約期間満了で実質無料
※料金はすべて税込み
※2022年9月現在

そのため、高額キャッシュバックなどでお得に光回線を利用したい人には、enひかりはおすすめできません。

enひかりのキャンペーンに関する口コミ|魅力のあるキャンペーンが少ないとの意見が目立つ

以下はenひかりのキャンペーンに関するTwitterの口コミですが、魅力のあるキャンペーンが少ないことが分かります。

注意点⑤ 工事費を一括で支払う必要がある

5つ目の注意点は、工事費を一括で支払う必要があることです。

以下のように、工事費が無料になったり、契約期間の満了で実質無料になったりする回線が多い中、enひかりは一括で19,800円支払わなければいけません。

光回線 工事費
19,800円
(一括)
NURO光-ロゴ 実質0円
実質0円
0円
新規申込みで実質0円
・戸建て:19,800円
・マンション:16,500円
実質0円
実質0円
0円
実質0円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
ADSL回線から乗り換え:無料
戸建て:19,800円
マンション:16,500円

※実質0円=分割された工事費が毎月割引。契約期間満了で実質無料
※2022年9月現在

そのため、初期費用を抑えたい人には、enひかりはおすすめできません。

enひかりの工事費用に関する口コミ|工事費用を理由に申込みを悩む声も

以下はenひかりの工事費用に関するTwitterの口コミですが、工事費用を一括で支払う必要があり、enひかりの申し込みに悩んでいる様子が伺えます。

注意点⑥ ルーターを自前で用意する必要がある

6つ目の注意点は、ルーターを自前で用意する必要があることです。

大手光回線では、IPv6に対応した無線ルーターを無料レンタルできるのに対し、enひかりは自前でルーターを用意する必要があります。

ルーターは安くても5,000円程度かかる上に、速度を求める場合はIPv6に対応したルーターを選ばないといけません

そのため、ルーターを購入する際は、格安でIPv6に対応したルーターを購入できるenひかり特設サイトをおすすめします。

出典:enひかり

とは言え、ルーターの購入費用がかかるため、初期費用を抑えたい人は、他社光回線を検討してもよいでしょう。

Wi-Fiルーターに関する口コミ|Wi-Fiルーター選びに苦戦する声が目立つ

以下はWi-Fiルーターに関するTwitterの口コミですが、Wi-Fiルーターの選びに苦戦する様子が伺えます。

4. enひかりをおすすめな人・おすすめでない人

ここまで解説してきたenひかりのメリットや注意点を踏まえると、enひかりをおすすめできる人・できない人は、次のようにまとめることができます。

enひかりがおすすめな人 enひかりがおすすめでない人
 1年未満で解約する可能性がある
  • 最安の縛りなし光回線を利用したい人
  • 大手通信キャリアを使っている人
  • 初期費用を抑えたい人

enひかりがおすすめな人

enひかりをおすすめできるのは、1年未満で解約する可能性がある人です。

一般的な光回線事業者とは異なり、enひかりは利用期間に縛りなく違約金や撤去費用もかからないからです。

そのため、引っ越す可能性があるなど短期間のみ光回線を利用したい人におすすめと言えます。

ただし、縛りなし光回線の中で最安の光回線ではないため注意しましょう。

enひかりがおすすめでない人

一方、最安の光回線を利用したい人には、enひかりはおすすめできません。

というのも、enひかりには大手通信キャリアのスマホ割がなく、また格安SIMのスマホ割でも、実質月額料金が最安の光回線ではないからです

下記は、enひかりと当メディアでおすすめしている最安の光回線の「実質月額料金」の比較表です。

実質月額料金とは「ひと月あたりの料金シミュレーション」のことですが、薄い黄色を敷いた実質月額料金が、それぞれのスマホキャリアユーザーにとって一番安い光回線であることを示しています。

スマホセット割を考慮すると、enひかりはいずれのスマホユーザーにとっても最安ではないことがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線 スマホキャリア 実質月額料金 最安の申し込み窓口
戸建てタイプ マンションタイプ
enひかり 5,335円 4,235 円 enひかり
(公式)
NURO光 SoftBankユーザー 3,413円 3,413円 NURO光
(公式)
SoftBank以外の人 3,963円 3,963円
ソフトバンク光 SoftBankユーザー 4,058円 2,518円 GMOとくとくBB
(代理店)
SoftBank以外の人 4,608円 3,068円
auひかり auユーザー 2,368円 32円 GMOとくとくBB
(プロバイダ)
au以外の人 3,468円 1,132円
ビッグローブ光 auユーザー 3,792円 2,684円 NEXT
(代理店)
au以外の人 4,453円 3,345円
ドコモ光 docomoユーザー 3,424円 2,104円 GMOとくとくBB
(プロバイダ)
docomo以外の人 4,524円 3,204円

※実質月額料金は当メディア調べ
※料金はすべて税込み

【補足】実質月額料金の計算式

実質月額料金の算出方法は、支払う金額の合計から割引額を差し引いて、ひと月あたりで換算します。

実質月額料金=(事務手数料+工事費+[月額料金×契約月数]-キャッシュバック-[スマホセット割×契約月数])÷契約月数

ちなみに格安SIMをお使いの場合は、お住まいのエリアで最安の光回線が変わります。中部エリアや近畿エリアならNURO光が最安ですが、それ以外なら「ビッグローブ光」や「auひかり」が最安になります。

そのため、あなたが契約しているスマホキャリアに合わせた光回線がおすすめです。

また、契約時にルーターの購入や工事費用を一括で支払う必要があるため、初期費用を抑えたい人にもおすすめできません。

なお、光回線をしっかりと比較した上で選びたい方は、7章「あなたはenひかりで大丈夫?もっともお得な光回線の選び方」を参考にしてください。

5. enひかりのおすすめ窓口【公式窓口】

enひかりには販売代理店がありませんので、申込窓口は公式窓口」だけです。

そのため、申し込みは「公式窓口」から行いましょう。

出典:enひかり

enひかりの申込窓口「公式窓口」

enひかり公式サイト:https://enhikari.jp

6. enひかりの申し込みから開通までの流れ

enひかりを契約する場合、手順は以下5つのステップです。

  1. 現在のネット状況を確認する
  2. 特設サイトから申し込む
  3. 電話で申込確認・工事日程の調整をする
  4. 開通工事を実施する
  5. enひかりを利用開始

もっともお得にenひかりを使うために、確認しておいてください。

Step1.現在のネット状況を確認する

まずは、あなたの現在のネット状況を確認しましょう。

というのも、あなたのネット状況によって、以下のように申し込み区分が3つに分かれるからです。

申し込み区分 現在のあなたのネット状況
新規契約 光回線を契約していない
auひかり, NURO光, 電力系光回線(コミュファ光, eo光など), ケーブルテレビのインターネット(J:COM光など), ホームルーター, ポケットWi-Fi, ADSL回線を使っている
転用 フレッツ光を使っている
事業者変更 他社の光コラボ(ソフトバンク光, OCN光, So-net光プラス, @nifty光, エキサイト光など)を使っている

光コラボとは

光コラボ(光コラボレーション)とは、東西NTTのフレッツ光の設備を使った光回線サービスのことです。

「新規契約」とは、回線工事が必要になるケースです。

光回線の契約をしていないか、あるいは光コラボ以外の光回線を使っている場合は、enひかりの提供エリアを事前にチェックしておきましょう(提供エリアは『フレッツ光』の提供エリアと同じです)。

≪提供エリアの確認サイト≫

確認後「Step2」へ進んでください。

「転用」と「事業者変更」は工事が不要なケースです。それぞれ「転用承諾番号」「事業者変更承諾番号」が必要になりますので、事前に取得しておいてください。

なお、「転用」「事業者変更」の人はenひかりの公式サイトからの申し込みが一番お得です。

転用承諾番号を取得する

現在あなたがフレッツ光を使っている場合は、enひかりへ申し込む前に「転用承諾番号」を取得しておきましょう。

転用承諾番号とは

転用承諾番号とは、「E」か「W」から始まり10桁の数字で構成された番号のことです。フレッツ光からenひかりへ乗り換える際に必要になります。

転用承諾番号は、NTTに問い合わせて取得します。

  NTT東日本 NTT西日本
Webでの取得 NTT東日本のホームページ

受付時間:8:30~22:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

NTT西日本のホームページ

受付時間:7:00~25:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

電話での取得 NTT東日本窓口「0120-140-202

受付時間:9:00~17:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

NTT西日本窓口「0120-553-104

受付時間:9:00~17:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

なお、転用承諾番号を取得する際には以下の情報が必要になりますので、あらかじめ準備しておくとよいでしょう。

転用承諾番号の取得に必要なもの

      • フレッツ光の「お客様ID・ひかり電話番号・連絡先電話番号」のいずれか
      • フレッツ光の契約者名
      • フレッツ光の利用住所
      • フレッツ光の料金支払い方法(請求書/口座振替/クレジットカード)
      • メールアドレス

再発行は何度でもできますが、転用承諾番号の有効期限は15日間ですので、取得後なるべく早くenひかりへ申し込むことをおすすめします。

転用承諾番号を取得したら「Step2」へ進んでください。

事業者変更承諾番号を取得する

現在あなたがNTT系の光回線(光コラボ)を使っている場合は、enひかりへ申し込む前に「事業者変更承諾番号」を取得しておきましょう。

事業者変更承諾番号とは

事業者変更承諾番号とは、「F」か「T」から始まり10桁の数字で構成された番号のことです。他社光コラボからenひかりへ乗り換える際に必要になります。

事業者変更承諾番号は、いま契約中の光コラボに問い合わせて取得します。

以下は、おもな光コラボ事業者の問い合わせ先です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光コラボ事業者 電話番号 受付時間 その他の取得方法
ドコモ光 0120-800-000 9:00~20:00
(年中無休)
ドコモショップ
ソフトバンク光 0800-111-2009 10:00~19:00
(年中無休)
ビッグローブ光 0120-907-505 9:00~18:00
(年中無休)
So-net光プラス 0120-45-2522 9:00~18:00
(元旦・メンテナンス日を除く)
マイページ
OCN光 0120-506506 10:00~19:00
(日曜・祝日・年末年始を除く)
@nifty光 0570-03-2210 10:00~19:00
(年中無休)
DTI光 0120-830-501 10:00~17:00
(土日祝を除く)
@TCOMヒカリ 0120-805633 平日:10:00~20:00
土日祝:10:00~18:00
AsahiNet光 マイページ

再発行は何度でもできますが、事業者変更承諾番号の有効期限は取得した日を含む15日間ですので、取得したら早めにenひかりへ申し込むことをおすすめします。

事業者転用承諾番号を取得したら「Step2」へ進んでください。

Step2.特設サイトから申し込む

enひかりの申込は公式窓口」から行いましょう。

enひかり公式特設サイトにアクセスし、「お申し込みはこちら」の赤いボタンをクリックします。

出典:enひかり

次に『enひかりお申し込みフォーム』より、申込内容と申込者情報を入力します。

出典:enひかり

なお、「事業者変更」「転用」の場合は、こちらにて承諾番号を入力します。

Step3.電話で申込確認・工事日程の調整をする

フォーム入力後3営業日以内に『enひかり』から電話が入り、契約内容の確認・工事日調整を行います。

ただし、電話で本人確認ができない場合、確認書類の提出を求められます。

以下は確認書類についてまとめた表ですので、確認書類を求められた際には参考にしてください。

書類内容 免許証・保険証・パスポート・住民票等
送付先 FAX番号:03-5534-9998
送付期限 申込日から3営業日以内
送付先の注意点
  • 本人確認書類の余白に「enひかりID」を記載の上送付する
  • 案内期限までに本人確認手続きが完了していない場合、enひかりの申込みがキャンセルになる
緊急連絡先 enひかりカスタマー担当
TEL番号:03-5534-9997
(10時~18時30分)

Step4.開通工事を実施する

enひかりがNTT東日本・NTT西日本へ開通に必要な手配を行います。

万が一工事を行う必要がある場合は、STEP.2で案内があります。

開通工事を行う際、以下に該当する人は、利用者の立ち会いが必要です。

立ち合いが必要なケース
戸建て
  • 新築に光回線を引く
マンション
  • 住宅内に光ファイバーケーブルが引き込まれていない
  • 室内に光コンセントが設置されていない

Step5. enひかりを利用開始

enひかり申込み後に送付される「開通工事のご案内」を元に、「ID」と「パスワード」をモデムやWi-Fiルーターに設定します。

設定が終われば、enひかりのインターネット生活のはじまりです。

なお、「v6プラス」などの高速通信オプションに加入している場合は、IPアドレスなどは自動的に割り振られるため、設定は不要です。

7.あなたはenひかりで大丈夫?もっともお得な光回線の選び方

ここまで解説してきたとおり、enひかりは最安の光回線ではないため、基本的におすすめできません。

そこでこの章では、あなたにとって最安の光回線の選び方とおすすめ窓口をご紹介します。

あなたが最安の光回線を選びたい場合は、この章の内容を参考にしてみてください。

まとめ|フローチャートでわかるあなたが選ぶべき光回線6選

光回線をお得に選ぶためには、「実質月額料金の安さ」がポイントになります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、契約期間中に支払う全ての金額から割引き要素を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

実質月額料金の安さは、次の3つで決まります。

  • スマホセット割
  • キャッシュバック
  • 工事費割引き

とくにスマホセット割の割引額は大きいため、まずは「あなたがどのキャリアのスマホを使っているか」で光回線を選ぶとよいでしょう

例えば、SoftBankスマホを使ってる場合、ソフトバンク光とセットにすると毎月1,100円の割引を受けることができます。

ソフトバンク光出典:SoftBank

ここからは、「スマホセット割」「キャッシュバック」「工事費割引き」の3つの観点で選んでいきましょう。

下記は、光回線事業者全24社を上記の3つの観点で徹底的に調査して、実質月額料金で比較した一覧表です。背景に薄い黄色を敷いた光回線が、それぞれのスマホキャリアとの組み合わせで最も安い光回線を示しています。

なお、「参考」の項目は実質月額料金が一番安くなる条件を記載しており、「実質月額料金」のカッコ書きはスマホセット割を適用しなかった場合の料金です。

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 3,424円
(4,524円)
2,104円
(3,204円)
1,100円/月 キャッシュバック:30,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円
au logo auひかり 2,368円
(3,468円)
32円
(1,132円)
1,100円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,792円
(4,453円)
2,686円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
2,055円
(2,825円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 3,249円
(4,569円)
2,039円
(3,359円)
1,320円/月 60,000円 実質無料/3,500円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,958円
(5,786円)
3,581円
4,339円)
1,100円/月 戸建て:20,000円
マンション:15,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,329円
(3,879円)
2,189円
(2,739円)
1,100円/月 戸建て:29,000円
マンション:26,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,374円
(3,924円)
2,274円
(2,824円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
pikara光
(四国エリア)
3,808円
(4,358円)
2,634円
(3,184円)
1,100円/月 20,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,553円
(3,339円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3,556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
4,391円
(4,941円)
3,540円
(4,090円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
2,200円/880円
AsahiNet光 3,777円
(5,097円)
3,282円
(4,602円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 3,868円
(5,188円)
2,567円
(3,887円)
1,320円/月 戸建て:24,000円
マンション:20,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,827円
(4,377円)
3,756円
(4,306円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,610円
(3,468円)
274円
(1,132円)
858円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 5,728円
(5,948円)
3,940円
(4,160円)
220円/月 15,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,234円
(4,894円)
2,996円
(3,656円)
660円/月 15,000円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,023円
(5,188円)
3,722円
(3,887円)
165円/月 戸建て:24,000円
マンション:20,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,659円
(3,879円)
2,519円
(2,739円)
220円/月 戸建て:29,000円
マンション:26,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,827円
(4,769円)
3,613円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円
  光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
(参考)
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
6,582円 4,519円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
エキサイト光 4,842円 3,742円 戸建て:実質無料/1,100円
マンション:実質無料/1,100円
ぷらら光 6,105円 4,648円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
U-NEXT光 5,858円 4,736円 26,400円/3,300円

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。
※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・実質月額料金={月額料金(契約期間分)+初期費用(工事費・事務手数料)-セット割-キャッシュバック額等}÷契約期間
・新規申込み後、最安になる契約期間の実質月額で算定
・キャッシュバック額は38社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額で算定
・スマホセット割の額は1人分の適用額。家族にも適用させると、月額最大1,100円×家族人数分の割引
・フレッツ光のプロバイダは「BB.エキサイト(戸建て550円/マンション550円)」で算定
・UQモバイルは「auひかり」の実質月額料金のみを記載

上記のように、スマホ会社とのセット割は実質月額料金を下げる大きな要素となりますので、光回線は今お使いのスマホに合わせて選ぶことをおすすめします。

さらに、スマホセット割は同居していない場合も含めて、同じキャリアを使っている家族の人数分が適用できますので、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、スマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

ただし、光回線によっては提供していないエリアがあるため、下図のフローチャートに従って光回線を選んでください。

光回線_窓口

例えば、あなたがSoftBankのスマホをお使いなら、最も安い光回線は「NURO光」となり、NURO光の提供エリア外にお住いであれば、次いで「ソフトバンク光」が最も安い光回線となります。

また、各光回線にはいくつかの申込窓口があり、申込窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申込窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

ここからは、なぜ上記の「光回線+申込窓口」に至ったか、下記のスマホキャリアに合わせて選ぶべき光回線を詳しく解説していきます。

docomoユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがdocomoユーザーであれば、光回線は「ドコモ光」一択です。

というのも、docomoとのスマホセット割(ドコモ光セット割)で毎月最大1,100円の割引きを受けられる光回線は、下記のとおりドコモ光だけだからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 3,424円
(4,524円)
2,104円
(3,204円)
1,100円/月 キャッシュバック:30,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのdocomoのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモスマホ料金プラン(ギガプラン) スマホセット割引
ギガホ 1,100円/月
5Gギガライト
ギガライト
<ステップ4:~7GB> 1,100円/月
<ステップ3:~5GB> 1,100円/月
<ステップ2:~3GB> 550円/月
<ステップ1:~1GB> -
ドコモスマホ料金プラン(カケホーダイ&パケあえる) スマホセット割引
ウルトラシェアパック100 3,850円/月
ウルトラシェアパック50 3,190円/月
ウルトラシェアパック30 2,750円/月
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,980円/月
<ステップ3:~15GB> 1,980円/月
<ステップ2:~10GB> 1,320円/月
<ステップ1:~5GB> 880円/月
ウルトラデータLLパック 1,760円/月
ウルトラデータLパック 1,540円/月
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 880円/月
<ステップ3:~5GB> 880円/月
<ステップ2:~3GB> 220円/月
<ステップ1:~1GB> 110円/月

※割引額はすべて税込み
出典:docomo

ドコモ光の一番お得な申込窓口

ドコモ光には申込窓口が複数ありますが、ドコモ光の一番お得な申込窓口はプロバイダの『GMOとくとくBB』です。

ドコモ光-GMOとくとくBB-TOPページ出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × ドコモ光 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,400円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円
(キャンペーンで無料)
16,500円
(キャンペーンで無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ドコモ光セット割(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・dポイント2,000ptプレゼント
・工事費無料
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・30,000円キャッシュバック
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
・開通前モバイルルーター無料レンタル
下り平均速度※1
(GMOとくとくBBの場合)
301.81Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
3,424円 2,104円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は「キャッシュバックが1万円以上」の申込窓口の比較表ですが、GMOとくとくBBが最もキャッシュバック額が高く、オプション条件もなしで、受け取りやすさも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
30,000円 なし 4カ月後 WEB手続き
Wiz
(代理店)
20,000円 なし 6カ月後 WEB手続き
OCN※1
(プロバイダ)
20,000円 なし 2カ月後 WEB手続き
@nifty
(プロバイダ)
20,000円 なし 8カ月後 WEB手続き
ぷらら
(プロバイダ)
15,000円 なし 4カ月後 WEB手続き
ネットナビ
(代理店)
15,000円 なし 1カ月後 郵送手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※1:月額料金が220円(税込)高い

したがって、ドコモ光へ申し込むなら、GMOとくとくBBで間違いありません。

もっと詳しく知りたい場合

ドコモ光では、プロバイダを23社から選ぶことができます。

結論は同じですが、23社を全てチェックしたい場合は『ドコモ光の最高のプロバイダの選び方』の記事をご覧ください。

GMOで借りられるルーターはどれがおすすめ?

GMOとくとくBBでは、3種類の高性能Wi-Fiルーターから1つを選んで無料レンタルができます。

ただし、いずれのルーターも申し分ないスペックですので、自宅に置くことを踏まえてデザインで選んでもよいでしょう。

GMOとくとくBB_ドコモ光_選べるWi-Fiルーター202203出典:GMOとくとくBB

スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2(ELECOM)」ですが、迷った場合は申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝えて、相談しながら決めるのがおすすめです。

今ならすぐに使えるWi-Fi貸し出しキャンペーンも!

GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiレンタル出典:GMOとくとくBB

開通工事を待つ間にもインターネットが使えるように、GMOとくとくBBではモバイルWi-Fiが最大3カ月間無料レンタルのキャンペーンを実施しています。

申し込み後すぐに送ってくれますので、インターネットが使えない期間を心配する必要はありません。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『GMOとくとくBB』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

dポイントは自動的に付与されますので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介します。

  1. GMOとくとくBBの入会後に郵送される、メールアドレスが記載された「登録証」を保管しておく
  2. 回線開通月を含む4ヶ月目に、登録したメールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する「案内メール」が届く
  3. 案内メールで必要事項を登録すれば、登録した翌月末日に指定した口座に振り込まれる

キャッシュバックの案内メールが届くのは4カ月後ですので、スマホのリマインダー機能などを使って忘れないようにするとよいでしょう。

ドコモ光が一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

【限定特典】ドコモ光キャンペーンページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

ドコモ光×GMO_限定特典出典:GMOとくとくBB

【上記ページのみの限定特典】

  • キャッシュバック10,000円増額の40,000円!
  • キャッシュバック受け取り期間が最短翌月!
  • 他社からの乗り換えはキャッシュバック+10,000円!

【+通常の特典】

  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料
  • モバイルルーターの最大3カ月間無料レンタル
  • docomoユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

auユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがauユーザーであれば、スマホセット割(auスマートバリュー・auセット割)の適用で毎月最大1,100円/1,320円の割引きができる光回線がお得です。

下記の比較表のとおり、スマホセット割が適用できる光回線はいくつもありますが、お住いの地域によって実質月額料金の安い光回線を、次の3つに絞ることができます。

  1. コミュファ光
  2. auひかり
  3. ビッグローブ光

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
au logo auひかり 2,368円
(3,468円)
32円
(1,132円)
1,100円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,792円
(4,453円)
2,686円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
2,055円
(2,825円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 3,249円
(4,569円)
2,039円
(3,359円)
1,320円/月 60,000円 実質無料/3,500円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,958円
(5,786円)
3,581円
4,339円)
1,100円/月 戸建て:20,000円
マンション:15,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,329円
(3,879円)
2,189円
(2,739円)
1,100円/月 戸建て:29,000円
マンション:26,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,374円
(3,924円)
2,274円
(2,824円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
pikara光
(四国エリア)
3,808円
(4,358円)
2,634円
(3,184円)
1,100円/月 20,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,553円
(3,339円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3,556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
4,391円
(4,941円)
3,540円
(4,090円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
2,200円/880円
AsahiNet光 3,777円
(5,097円)
3,282円
(4,602円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 3,868円
(5,188円)
2,567円
(3,887円)
1,320円/月 戸建て:24,000円
マンション:20,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,827円
(4,377円)
3,756円
(4,306円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円

※1:ひかり電話の加入が条件
※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのauのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auスマホ料金プラン スマホセット割引
スマホ5G/4G ピタットプラン 5G
4G LTE(新auピタットプラン)
1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 550円/月
データMAX 4G系/5G系
auデータMAXプラン系
auフラットプラン系
1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)/ 4G LTE(s) 2GB超~20GBまで 550円/月
auピタットプラン/N(s)/(s) 2GBまで
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外
550円/月
2GB超~20GBまで 1,100円/月
上記以外 934円~2,200円/月
詳しくはこちら
ガラケー4G データ定額1/2/3/5/8/10/13(ケータイ) 934円~/月
詳しくはこちら
ガラケー3G カケホ(3Gケータイ・データ付) 934円/月
4Gタブレット/PC タブレットプラン20
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,100円/月
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大2年間1,410円/月
3年目以降934円/月

※auスマートバリューの割引額
※割引額はすべて税込み
出典:
au

結論、下記のとおり、あなたが東海地方や長野県にお住いであれば「コミュファ光」が最も安く、それ以外の地域では「auひかり」が2番目に安い光回線になり、3番目に「ビッグローブ光」が続きます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auユーザーの最安光回線ランキング
最安順位 光回線 実質月額料金 サービス提供エリア
1位 コミュファ光 戸建て:2,055円
マンション:1,032円
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県
2位 auひかり

戸建て:2,368円
マンション:32円
【ホーム】
北海道・青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県・富山県・山梨県・石川県・福井県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・愛媛県・香川県・高知県・徳島県・福岡県・大分県・佐賀県・宮崎県・熊本県・長崎県・鹿児島県
【マンション】
沖縄県を除く日本全国
3位 ビッグローブ光 戸建て:3,792円
マンション:2,684円
日本全国

※料金はすべて税込み

なお、auひかりの提供エリアは少しややこしく、「ホーム(戸建て)タイプ」と「マンションタイプ」で異なります。

あなたが戸建てにお住いであれば、下記の地域ではauひかりを利用できません。

auひかり「ホームタイプ」 が利用できないエリア
東海エリア 静岡県・愛知県・岐阜県
関西エリア 三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
九州エリア 沖縄県

ただし、あなたがマンション(アパート)にお住いの場合、沖縄県以外であれば利用できる可能性がありますので、必ずauひかりのエリア検索で確認してください。

もし、auひかりの「ホーム・マンション」タイプのどちらも提供外(関西エリア・沖縄県)だった場合は、「ビッグローブ光」が3番目に実質月額料金の安い光回線になります。

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

コミュファ光の一番お得な申込窓口

コミュファ光には申込窓口が複数ありますが、コミュファ光の一番お得な申込窓口は代理店の『NEXT』です。

NEXT×コミュファ光_topページ出典:NEXT

NEXTは、「フレッツ光」をはじめ、「ソフトバンク光」「ビッグローブ光」など、多くの光回線の取り次ぎを行っている有名な正規代理店です。

NEXTから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NEXT × コミュファ光 戸建て マンション
月額料金 5,775円 5,775円
事務手数料 770円
(キャンペーンで無料)
工事費 27,500円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 愛知・岐阜・三重・静岡・長野
スマホとのセット割 auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・他社サービス解約違約金全額還元!
・キャッシュバック還元キャンペーン2
・工事費無料
・コミュファ光スタート割
・初期費用無料キャンペーン など
独自キャンペーン
(NEXTの場合)
・最大35,000円キャッシュバック
下り平均速度※1 543.61Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(NEXTの場合)
2,055円 1,032円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NEXT」が一番お得な理由

NEXT』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • キャッシュバックの受け取りが簡単
  • キャッシュバックにより実質月額料金が最も安い

下記はコミュファ光の代理店が実施しているキャッシュバックの比較表ですが、キャッシュバック額は同じではあるものの、NEXTが最も受け取りやすいことがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック オプション条件 受取りやすさ
受取時期 手続き方法
NEXT
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 2カ月後 申し込み時に
振込口座を指定するだけ
グローバルキャスト
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 7カ月後 メール手続き
フルコミット
(代理店)
戸建て:30,000円
マンション:35,000円
なし 6カ月後 メール+WEB手続き
公式サイト なし

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較

よって、コミュファ光をお得に利用するためには、代理店NEXTから申し込むことをおすすめします。

なお、auユーザーは、スマホセット割(auスマートバリュー)を適用させた方がトータルでお得になるため、光電話への申し込みは必須です。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『NEXT』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

下記のとおり、キャッシュバックの振込口座を電話で伝えるだけですので、もらい忘れる心配はありません。

  1. 「NEXT」からコミュファ光への申し込みが完了すると、契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

コミュファ光が一番お得な窓口|代理店「NEXT」

NEXT×コミュファ光キャンペーンページ:https://cmf-hikari.net/

  • 最大35,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバックは手続き不要で自動振り込み
  • 他社サービスによる解約違約金は全額還元
  • 工事費無料
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

auひかりの一番お得な申込窓口

auひかりには申込窓口が複数ありますが、auひかりの一番お得な申込窓口はプロバイダの『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBB×auひかり-TOPページ出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × auひかり 戸建て マンション
月額料金 5,610円 4,180円~
事務手数料 3,300円
工事費 41,250円
(キャンペーンで実質無料)
33,000円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 愛知・岐阜・三重・静岡・京都・大阪・兵庫
奈良・和歌山・滋賀・沖縄を除く全国
沖縄を除く全国
スマホとのセット割 auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・工事費実質無料
・他社インターネット解約違約金を最大30,000円まで負担
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・最大77,000円キャッシュバック
・ひかり電話最大35カ月無料
・Wi-Fiルーター無料プレゼント など
下り平均速度※1
(GMOとくとくBBの場合)
762.84Mbps
契約期間 3年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
2,368円 32円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由は「月額料金が初月無料」であること加えて、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション条件にも割引がある
  • キャッシュバックの手続きがしやすい

下記は、キャッシュバックが4万円以上受け取れる窓口の比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、オプション条件やその他の特典でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック オプション条件 その他 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
77,000円 ひかり電話への加入
(最大35カ月無料)
高性能Wi-Fiルーター
無料プレゼント
11カ月後, 23カ月後 WEB手続き
NEXT
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
@TCOM
(プロバイダ)
40,000円 - - 7カ月後 WEB手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※料金はキャッシュバックを除いてすべて税込み
※ひかり電話は月額税込550円

上記のとおり、GMOとくとくBBではキャッシュバックのオプション条件として「ひかり電話(月額税込550円)への加入」が必要ですが、3年契約の戸建てタイプで35カ月無料、2年契約のマンションタイプでは23カ月無料となっています。

そのため、ほぼ実質無料でひかり電話を利用できることになります。

さらにGMOとくとくBBでは、Wi-Fi 5(11ac)対応の高性能Wi-Fiルーターを無料でプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は、かなりお得な特典と言えるでしょう。

したがって、auひかりへ申し込むなら、GMOとくとくBBで間違いありません。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『GMOとくとくBB』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

キャッシュバックは以下3つの手順でもらえます。

  1. 「GMOとくとくBB」の入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作る
  2. 回線開通月を含む11カ月目と23カ月目の初日に、上記メールアドレス宛にキャッシュバックに関する案内メールが届く
  3. 必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日に指定口座に振り込まれる

GMOとくとくBBの難点は、キャッシュバックの受け取りが、11カ月後・23カ月後と時間がかかることです。

よって、忘れてしまわないように、スマホのリマインダー機能などに登録して確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

auひかりが一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×auひかりキャンペーンページ:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで還元
  • 工事費実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • ひかり電話最大35カ月無料
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

ビッグローブ光の一番お得な申込窓口

ビッグローブ光には申込窓口が複数ありますが、ビッグローブ光の一番お得な申込窓口は代理店の『NEXT』です。

【NEXT】ビッグローブ光_220802出典:NEXT

NEXTは、「フレッツ光」をはじめ、「ソフトバンク光」「OCN光」など、多くの光回線の取り次ぎを行っている有名な正規代理店です。

NEXTから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NEXT × ビッグローブ光 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円 16,500円
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ・auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
独自キャンペーン
(NEXTの場合)
・最大64,000円キャッシュバック(光電話加入)
・Wi-Fiルーター6カ月無料
下り平均速度※1 255.12Mbps
契約期間 3年 3年
実質月額料金
(NEXTの場合)
3,792円 2,684円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NEXT」が一番お得な理由

NEXT』がおすすめな理由は、以下のとおりです。

  • キャッシュバック額と工事費割引額の合計額が高い
  • オプション加入が不要

下記は、公式サイトを含む「キャッシュバック額+工事費割引き額」の合計が4万円以上の代理店の比較ですが、NEXTが一番お得であることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 割引き要素
オプション条件 受け取りやすさ
キャッシュバック
工事費割引き 合計 受取時期 手続き方法
NEXT
(代理店)
60,000円
0円 60,000円 なし 2カ月後, 12か月後 自動, WEB手続き
ビッグローブ光 公式 40,000円 19,800円 59,800円 なし 2カ月後 電話手続き
ブロードバンドナビ
(代理店)
35,000円 19,800円 54,800円 なし 6カ月後 FAX申請後、
再度WEB手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
29,000円 19,800円 48,800円 なし 2カ月後 電話手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※3年間のみの契約(37カ月目で解約した場合)の計算
※戸建て(ファミリータイプ)の金額での計算

上記のとおり、ビッグローブ光の公式サイトではキャッシュバックに加えて工事費割引きを実施していますが、トータルすると割引額は「NEXT」に劣ります。

また、「NEXT」からの申し込みで、光電話を同時契約する場合には、キャッシュバックは最大64,000円、さらに光TVも契約するなら最大68,000円のキャッシュバックを受け取ることも可能です。

したがって、ビッグローブ光を利用する際には、代理店「NEXT」から申し込むことをおすすめします。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『NEXT』でのキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

NEXTではキャッシュバックは2回に分けてもらえる仕組みとなっており、手順は次のとおりです。

  1. 「NEXT」からビッグローブ光への申し込みが完了すると、「NEXT」から契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座に1回目のキャッシュバックが振り込まれる
  4. さらに開通月から12ヶ月目に、BIGLOBEからキャッシュバック受け取りの案内メールが届く
  5. 開通月から12ヶ月目の2日~45日間以内に、BIGLOBEの「マイページ」からの受取手続きを行う
  6. 受取手続き完了後、数日以内に指定の口座に2回目のキャッシュバックが振り込まれる

1回目のキャッシュバックは振込口座を電話で伝えるだけですので、もらい忘れることはありません。

ただし、2回目のキャッシュバックは開通の12カ月後なので、スマホのリマインダー機能などを使って、確実にキャッシュバックを全額もらえるようにしておきましょう。

ビッグローブ光が一番お得な窓口|代理店「NEXT」

NEXT×ビッグローブ光キャンペーンページ:https://www.biglobe-hikari.net/

  • 最大64,000円のキャッシュバック(光電話加入)
  • Wi-Fiルーターが6カ月間無料レンタル
  • auユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

SoftBankユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがSoftBankユーザーであれば、スマホセット割(おうち割 光セット)の適用で毎月最大1,100円の割引きができる光回線がお得です。

SoftBankとスマホセット割ができる光回線は下記の2つですが、このあと解説するとおり、お住いの地域によって実質月額料金の安い光回線が変わります。

  1. NURO光
  2. ソフトバンク光

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのSoftBankのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク スマホ料金プラン スマホセット割引
基本プラン データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
1,100円/月
通話基本プラン データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1,100円/月
スマ放題/スマ放題ライト データ定額 50GB/20GB/5GB 1,100円/月
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB※4,6/1GB
データ定額(3Gケータイ)
550円/月
上記以外の料金プラン パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,100円/月
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円/月

※割引額はすべて税込み
出典:SoftBank

結論、下記のとおり、あなたが「NURO光」の提供エリアにお住いであればNURO光が最も安く、NURO光の提供エリア外にお住いであれば「ソフトバンク光」が2番目に安い光回線になります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

SoftBankユーザーの最安光回線ランキング
最安順位 光回線 実質月額料金 サービス提供エリア
1位 NURO光 戸建て:3,413円
マンション:3,413円
北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・広島・岡山・福岡・佐賀の一部
2位 ソフトバンク光 戸建て:4,058円
マンション:2,518円
日本全国

※料金はすべて税込み

なお、NURO光の提供エリアは限定的なため、まずはNURO光のエリア検索で確認してください。

あなたの住所がNURO光の提供エリア外だった場合は、ソフトバンク光が最安の光回線になります。

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

NURO光の一番お得な申込窓口

NURO光の一番お得な申込窓口は『NURO公式 特設サイト』です。

NURO光特設サイト出典:NURO光

NURO光 公式から申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NURO光 公式 戸建て マンション
月額料金 5,700円
事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山・福岡・佐賀の一部
スマホとのセット割 おうち割 光セット(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・最大45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・無線LAN機能無料 など
下り平均速度※1 505.36Mbps
契約期間 2年
実質月額料金
(公式 特設サイトの場合)
3,413円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NURO公式 特設サイト」が一番お得な理由

NURO公式 特設サイト』が一番お得な理由は、NURO光のプロバイダはSo-netのみであり、代理店も存在しないため、申込窓口がNURO光の公式サイトだけだからです。

とはいえ、NURO光では公式サイトとは別に設けられた「特設サイト」にて、下記の高額なキャッシュバックキャンペーンが実施されていますので、特設サイトから申し込むことをおすすめします。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口
キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
NURO公式 特設サイト 45,000円 光電話への加入 6カ月後 WEB手続き

※光電話は月額税込550円
※格安SIMユーザーは不要

NURO光でキャッシュバックを受け取るステップ

ここでは『NURO公式 特設サイト』から申し込んだ際の、キャッシュバックの受け取り方法について解説します。

なお、NURO光はSo-netが運営している光回線のため、So-netに入会することになります。

  1. NURO光(So-net)の入会時に、So-net専用のメールアドレスを作成する
  2. 開通6カ月後15日に上記メールアドレス宛に、キャッシュバックのお受取手続き(ソネット de 受取サービス)の案内メールが届く
  3. 案内メールから45日以内に手続きを行えば、指定の口座に振り込まれる

キャッシュバックの案内メールは6カ月後に届きますので、スマホのリマインダーなどに登録して、もらい忘れを防ぐようにしておくとよいでしょう。

NURO光が一番お得な窓口|公式特設サイト

45,000円キャッシュバック特設ページ:https://www.nuro.jp/hikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • 無線LAN機能無料
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

公式サイトからはアクセスできない特別ページですので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

ソフトバンク光の一番お得な申込窓口

ソフトバンク光には申込窓口が複数ありますが、ソフトバンク光の一番お得な申込窓口は代理店の『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBB×ソフトバンク光_トップ画面出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、「ドコモ光」「auひかり」などのプロバイダとしても実績のある代理店です。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

GMOとくとくBB × ソフトバンク光 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 おうち割 光セット(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・乗り換え、引っ越し新規契約の場合は工事費無料
・他社の解約違約金を最大10万円まで負担
・開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
・無線LAN機能無料
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・最大37,000円キャッシュバック
下り平均速度※1 313.89Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
4,058円 2,518円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は、キャッシュバックが20,000円以上の代理店5社の比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、受け取りやすさの点でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口
キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(代理店)
37,000円※1 なし 2カ月後 メールで
振込口座を登録する
アウンカンパニー
(代理店)
37,000円※1 なし 2カ月後 申し込み時に
振込口座を指定する
BIGUP
(代理店)
35,000円 なし 2カ月後 電話手続き
LifeBank
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き
株式会社STORY
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き

※1:「工事費サポート はじめて割」適用の場合は7,000円減額
※実質月額料金が一番安くなる条件で比較

GMOとくとくBBでは、申し込み後に送られてくるメールから口座情報を登録するだけですので、受取時期にこちらから手続きをする必要がなく、もらい忘れがないところが嬉しいポイントです。

ただし、キャッシュバックにオプション条件はないものの、SoftBankユーザーはスマホセット割を適用させた方がトータルでお得になるため、光電話への申し込みは必須です。

なお、GMOとくとくBBのキャンペーンは以下2つのうちのどちらかを選べますので、あなたがお得に感じるものを選ぶとよいでしょう。

  • 特典A|37,000円キャッシュバック
  • 特典B|32,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルーター

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に、『GMOとくとくBB』から申し込んだ際の、キャッシュバックの受け取り方法について解説します。

すごく簡単ですが、念のため確認しておいてください。

  1. 「GMOとくとくBB」からソフトバンク光への申し込みが完了すると、「GMOとくとくBB」からキャッシュバック受け取りのメールが送られてくる
  2. メールから口座情報を登録する
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

ソフトバンク光が一番お得な窓口|代理店「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ソフトバンク光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/service/softbankhikari/

  • 37,000円のキャッシュバック【他1つと選べる】
  • キャッシュバックは申込み時のメールだけで自動振り込み
  • 乗り換え、引っ越し新規契約の場合は工事費実質無料
  • 他社の解約違約金を最大10万円まで負担
  • 開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
  • 無線LAN機能無料
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

格安SIMユーザーが選ぶべき光回線は?

格安SIMユーザーが光回線をお得に選ぶためには、「今使っているスマホに合わせる」方法と少し異なります。

理由は以下の2つです。

  • 格安SIMのスマホセット割ができる光回線事業者が少ない
  • 格安SIMのスマホセット割引額が小さい

例えば、有名無名を合わせて数多くある格安SIMのうち、光回線とスマホセット割ができる組み合わせは下記に記載しただけです。

またその多くは、毎月の割引き額が330円以下と少額であることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

 お使いの 
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,610円
(3,468円)
274円
(1,132円)
858円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 5,728円
(5,948円)
3,940円
(4,160円)
220円/月 15,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,234円
(4,894円)
2,996円
(3,656円)
660円/月 15,000円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,023円
(5,188円)
3,722円
(3,887円)
165円/月 戸建て:24,000円
マンション:20,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,659円
(3,879円)
2,519円
(2,739円)
220円/月 戸建て:28,000円
マンション:25,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,827円
(4,769円)
3,613円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※UQモバイルの実質月額料金は「auひかり」の場合のみを記載

※スマホセット割引は最大額で計算
※料金はすべて税込み

そのため、スマホセット割が適用されなくても、キャッシュバックが高額な光回線を選んだ方が実質月額料金は安くなります。

結論、あなたが格安SIMをお使いであれば、お住いのエリアに合わせて下記の光回線が一番お得になります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お住いのエリア お得な光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
甲信エリア 長野 コミュファ光 2,825円 1,802円 - 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
東海エリア 静岡・愛知・岐阜・三重
関西エリア 大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫 NURO光 3,963円 3,963円 - 45,000円 実質無料/3,300円
和歌山 ビッグローブ光 4,453円 3,345円 - 戸建て:60,000円
マンション:57,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
九州エリア 沖縄
上記以外のエリア auひかり 3,468円 1,132円 - 77,000円 実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合

では、あなたにとって最安の光回線を見つけたら、次はそれぞれの光回線で一番お得な申込窓口を紹介します。

8. enひかりでよくある質問

最後に、enひかりでよくある質問をまとめました。

知りたい質問があればクリックしてください。

Q1.フレッツ系のオプションはenひかりでも継続して使えるの?

そのまま利用できます。

また、「フレッツ・ウイルスクリア」「フレッツ・あずけ~る」等は、NTT東日本およびNTT西日本より現在の環境のまま、引き続き利用できます。

Q2. フレッツ光より回線速度は遅いの?

enひかりとフレッツ光回線の速度・品質は変わりません。

フレッツ光設備をそのままに、提供元のみNTT東日本およびNTT西日本から株式会社縁人(enひかり)に変更されます。

Q3. オプション加入の申し込み方法は?

enひかりの新規申込時に『enひかりお申込フォーム』よりオプションに加入できます。

光回線を利用しテレビを視聴できる「enひかりテレビ」をはじめ、通信速度を向上できる「enひかりv6プラス」などが利用できます。

その他にも、リモートサポートやウイルス対策のサービスもあるため、不安な方は利用してもよいでしょう。

enひかり その他の付加サービス
enひかりテレビ 月額825円 光回線を使ったテレビサービス
地デジ以外にも、BSやCSの視聴も可能。
enひかりv6プラス 月額198円 高速インターネット接続を提供するサービス。
IPv6 IPoE方式・IPv4接続サービスIPv4 over IPv6(MAP-E方式) を利用する。
リモートサポートサービス 月額550円 年中無休(9:00~21:00)で困りごとを遠隔サポートしてくれるサービス。
ライフサポートサービス 月額550円 パソコン以外の困りごとや普段の生活での悩みを相談できるサービス。
フレッツウイルスクリア 月額440円 パソコンやスマートフォン、タブレットなどのウイルス対策を行うサービス。
1契約で3台まで利用可能。
無線LAN(HGW)レンタル 月額330円 無線LAN(HGW)をレンタルできるサービス。
複数台のパソコンを無線でインターネット接続したい場合に利用可能。
enひかりforBiz 月額660円 店舗や法人名義での契約の場合、契約者が契約者の顧客に対し、en光回線を無償で提供できるサービス。
店舗や法人名義の場合は加入は必須。

※料金はすべて税込み

Q4. enひかりにすると利用中のフレッツ光の違約金は発生するの?

解約ではなくenひかりへの「転用」となるため、解約事務手数料や違約金を支払う必要はありません。

ただし、フレッツ光回線の工事費の分割払いをしている場合は、残債を支払う必要があります。

Q5. enひかりのお問い合わせ先はどこ?

契約前後でお問い合わせ先が異なります。

対応時間 問い合わせ先
契約前
  • 10:00~19:00
  • 年中無休・土日祝日も営業
    (年末年始12月28日~1月7日を除く)
  • 最終受付18:30迄
ブロードバンド受付センター
0120-91-5586
契約後
  • 10:00~19:00
  • 年中無休・土日祝日も営業
    (年末年始12月28日~1月7日を除く)
  • 最終受付18:30迄
enひかりカスタマーセンター
03-5534-9997

参照:enひかり問い合わせ

9. まとめ

enひかりユーザー103人の口コミを元に、メリット・デメリットの評判をまとめ、おすすめできる人・できない人を解説しました。

もう一度、enひかりをおすすめできる人・できない人をまとめると以下のとおりです。

enひかりがおすすめな人 enひかりがおすすめではない人
1年未満で解約する可能性がある人
  • 最安の縛りなし光回線を利用したい人
  • 大手通信キャリアを使っている人
  • 初期費用を抑えたい人

あなたが「enひかりがおすすめな人」に該当する場合は、窓口は1つしかないため公式窓口から申し込みましょう。

enひかりの申込窓口「公式窓口」

enひかり公式サイト:https://enhikari.jp

なお、最安の光回線を使いたい場合は、あなたがお使いのスマホキャリアに合わせて選ぶとよいでしょう。

下図のフローチャートのとおり、あなたがお使いのスマホキャリアから矢印に従って進むと、最安の光回線がわかります。

光回線_窓口

各光回線には代理店などいくつかの申込窓口があり、窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申し込み窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

このページを参考に、あなたがもっともお得で快適なインターネット生活を送れることを、心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る