音声通話のみのおすすめ格安SIMベスト5!選び方や通話品質まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

音声通話のみの格安SIMについて、「一番安い格安SIMはどこ?」「通話品質は大丈夫?」など気になっていませんか?

結論、音声通話ができる格安SIMは25社あり、通話のみしたいときにお得な格安SIMのベスト5は以下の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 格安SIM 最安料金 最低データ容量 無料通話時間
1位 楽天モバイル楽天モバイル 月額0円 1GB 専用アプリ使用で完全かけ放題
(オプション加入不要)
2位 povopovo 月額0円
0GB ◎1回5分まで
(通話トッピング購入要:550円/月)
◎完全かけ放題
(通話トッピング購入要:1,650円/月)
3位 エキサイトモバイルエキサイトモバイル 月額495円/550円/660円/715円 0GB
※低速通信のみ
1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
4位 HISモバイルHISモバイル 月額590円 1GB 1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
5位 OCNモバイルONEOCNモバイルONE 月額770円 1GB 1回5分まで
(オプション加入要:700円/月)

また、通話かけ放題をつけるなら、以下の格安SIMを選ぶのがお得です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 キャリア 月額料金
(かけ放題+基本料)
GB数 かけ放題条件 かけ放題品質
1 楽天モバイル楽天モバイル 0円 1GBまで 完全かけ放題
2 povopovo 550円 0GB 1回5分まで
3 エキサイトモバイルエキサイトモバイル
1,254円/1,309円/1,419円/1,474円 0GB
※低速通信のみ
1回10分まで
4 日本通信SIM日本通信SIM
合理的みんなのプラン
1,390円 6GB 1ヶ月70分まで
5 IIJmioIIJmio 1,518円 2GB 1回3分まで

完全かけ放題が使える「楽天モバイル」が最もおすすめですが、「楽天回線エリアに住んでいない」「通話品質にこだわる」などの条件に当てはまるなら他の格安SIMも検討すべきです。

ただし、音声通話の格安SIMにも様々なタイプがあり、選び方を間違えると月1,000円以上の差がついて損をする可能性もあるので注意しましょう。

このページでは、5年以上スマホの販売をしてきた私が、格安SIMを取り扱う25社の料金を徹底的に比較して、通話のみしたい場合にもっともおすすめの格安SIMを紹介していきます。

  1. 25社を徹底比較!音声通話のみの最安格安SIMベスト5
  2. 音声通話のみ格安SIMのメリット・デメリットと選び方
  3. かけ放題をしたいときにおすすめの通話のみ格安SIM
  4. 格安SIMへの乗り換え(MNP)の全手順
  5. SIMロック解除の全手順
  6. 通話のみの格安SIMはガラケーでも使える?
  7. はじめてのスマホにおすすめの機種2選

電話かけ放題におすすめな格安SIMについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. 25社を徹底比較!音声通話のみの最安格安SIMベスト5

今回は、音声通話のみ使いたい場合におすすめの格安SIMを25社の中から厳選して紹介します。

結論から言うと、通話がかけ放題で月のデータ使用量が1GB以下で月額基本料金0円である、最安値の「楽天モバイル」が最もおすすめです

以下、格安SIM25社の音声通話プランの料金・条件を表にまとめました。

ポイント

データ容量0GBの音声通話のみの格安SIMもありますが、1GB前後のデータ容量が付いてるプランの方が料金が安い場合もあるため、データ付きのSIMも合わせて最安プランを比較しています。

-スマホの方は横にスクロールできます-

順位 キャリア
(プラン名)
回線 最安月額 最低データ容量 無料通話時間
1 楽天モバイル 楽天 0円 1GB 専用アプリ使用で完全かけ放題
(オプション加入不要)
1 povo au 0円
条件あり※1
0GB ◎1回5分まで
(通話トッピング購入要:550円/月)
◎完全かけ放題
(通話トッピング購入要:1,650円/月)
2 エキサイトモバイル
(Fitプラン)

ドコモ/au 495円 0GB
※低速通信のみ
1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
3 エキサイトモバイル
(最適料金プラン)

ドコモ/au 550円 0GB
※低速通信のみ
1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
4 HISモバイル
(格安ステップ)

ドコモ/SB 590円 1GB 1回5分まで
(オプション加入要:700円/月)
5 エキサイトモバイル
(Flatプラン)

ドコモ/au 660円 0GB
※低速通信のみ
1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
6 エキサイトモバイル
(定額プラン)

ドコモ/au 715円 0GB
※低速通信のみ
1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
7 OCNモバイルONE ドコモ 770円 1GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
◎通話料の上位3番号の国内通話が回数制限なく無料
(オプション加入要:935円/月)
◎完全かけ放題
(オプション加入要:1,430円/月)
8 nuro mobile ドコモ 792円 3GB 1回10分まで
(オプション加入要:880円/月)
9 IIJmio ドコモ/au 858円 2GB ◎誰とでも3分&家族と10分
(オプション加入要:660円/月)
◎誰とでも10分&家族と30分
(オプション加入要:913円/月)
10 LINEMO ミニプラン SB 990円 3GB  ◎1回5分まで
(オプション加入要:550円/月)
◎完全かけ放題
(通話トッピング購入要:1,650円/月)
11 イオンモバイル ドコモ 1,023円 500MB ◎1回5分まで
(オプション加入要:550円/月)
◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
12 LIBMO ドコモ 1,078円 1GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
◎通話料の上位3番号の国内通話が回数制限なく無料
(オプション加入要:1,430円/月)
12 J:COMモバイル ドコモ 1,078円 1GB ◎1回5分まで
(オプション加入要:550円/月)
◎1ヶ月60分まで
(オプション加入要:1,650円/月)
12 BIGLOBEモバイル ドコモ/au 1,078円 1GB ◎1回3分まで/1カ月60分まで
(オプション加入要:660円/月)
◎1回10分まで/1カ月90分まで
(オプション加入要:913円/月)
13 b-mobile ドコモ/au/SB 1,089円 1GB 1回5分まで
(オプション加入要:550円/月)
14 QTモバイル ドコモ 1,100円 2GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
◎ 完全かけ放題
(オプション加入要:2,750円/月)
15 LINEモバイル ドコモ/au/SB 1,210円 2GB 1回10分まで
(オプション加入要:968円/月)
16 mineo ドコモ/au/SB 1,298円 1GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
◎1ヶ月30分まで
(オプション加入要:924円/月)
◎1ヶ月60分まで
(オプション加入要:1,848円/月)
17 DTI SIM ドコモ 1,320円 1GB 1回10分まで
(オプション加入要:902円/月)
18 ロケットモバイル ドコモ/au 1,375円 1GB
19 日本通信SIM
(合理的みんなのプラン)
ドコモ 1,390円 6GB 1ヶ月70分まで
(オプション加入不要)
20 QTモバイル au 1,595円 1GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
◎ 完全かけ放題
(オプション加入要:2,750円/月)
21 UQ-mobile au 1,628円 3GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:770円/月)
◎1ヶ月60分まで
(オプション加入要:550円/月)
◎完全かけ放題
(オプション加入要:1,870円/月)
22 y.u モバイル ドコモ 1,639円 5GB ◎1ヶ月10分まで
(オプション加入要:858円/月)
◎完全かけ放題
(オプション加入要:2,970円/月)
23 ロケットモバイル SB 1,738円 1GB
24 NifMo ドコモ 1,760円 3GB 1回10分まで
(オプション加入要:913円/月)
25 QTモバイル SB 1,870円 1GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
◎ 完全かけ放題
(オプション加入要:2,750円/月)
26 Y!mobile SB 2,178円 3GB ◎1回10分まで
(オプション加入要:770円/月)
◎ 完全かけ放題
(オプション加入要:1,870円/月)
26 スマモバ ドコモ 2,178円 3GB ◎1分以内の通話が1日50回までかけ放題
(オプション加入要:437円/月)
◎1回10分まで
(オプション加入要:935円/月)
26 HISモバイル
(格安弐拾)
ドコモ/SB 2,178円 20GB 1ヶ月70分まで
(オプション加入不要)
26 日本通信SIM
(合理的20GBプラン)
ドコモ 2,178円 20GB 1ヶ月70分まで
(オプション加入不要)
27 HISモバイル
(格安かけ放題)
ドコモ/SB 2,728円 3GB 完全かけ放題
(オプション加入不要)
27 日本通信SIM
(合理的かけほプラン)
ドコモ 2,728円 20GB 完全かけ放題
(オプション加入不要)
27 LINEMO スマホプラン SB 2,728円 20GB ◎1回5分まで
(オプション加入要:550円/月)
◎完全かけ放題
(通話トッピング購入要:1,650円/月)
28 ahamo ドコモ 2,970円 20GB 1回5分まで
(オプション加入不要)

※1:povoは180日以内に660円を超える料金が発生していれば、継続して0円で利用可能

上記の比較の結果、通話のみしたいときにお得な格安SIMのベスト5は、以下の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 格安SIM 料金 最低データ容量 無料通話時間
1位 楽天モバイル楽天モバイル 月額0円 1GB 専用アプリ使用で完全かけ放題
(オプション加入不要)
2位 povopovo 月額0円 0GB ◎1回5分まで
(通話トッピング購入要:550円/月)
◎完全かけ放題
(通話トッピング購入要:1,650円/月)
3位 エキサイトモバイルエキサイトモバイル 月額495円/550円/660円/715円 0GB
※低速通信のみ
1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
4位 HISモバイルHISモバイル 月額590円 1GB 1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
5位 OCNモバイルONEOCNモバイルONE 月額770円 1GB 1回5分まで
(オプション加入要:700円/月)

データ通信を利用する場合、格安SIMは速度と料金を合わせて選びますが、音声通話のみの場合は、通信速度が関係ありません。

したがって、料金の安さのみで比較すると、完全かけ放題にもかかわらず通話料金が0円となる「楽天モバイル」がベストな選択となります。

ただし、以下に該当する場合、楽天モバイル以外の格安SIMを選んだ方がいいでしょう。

  • 楽天回線エリアに住んでいない
  • 通話品質にこだわる

楽天モバイルを楽天回線エリア』に該当しない『パートナー回線エリア』で利用してしまうと、通信速度が制限されてしまい、音声通話がつながりにくくなります。

そのため、上記の2点に該当した場合、楽天モバイルを除いた4つの格安SIMを選ぶようにしましょう。

それでは、ベスト5に入る格安SIMの特徴を下記の順番で詳しく解説していきます。

  1. 楽天モバイル
  2. povo
  3. エキサイトモバイル
  4. HISモバイル
  5. OCNモバイルONE

※音声通話のみ格安SIMのメリット・デメリットや選び方をより詳しく知りたい場合は、「2章:音声通話のみ格安SIMのメリット・デメリットと選び方をご確認ください。

1-1. 楽天モバイル

楽天モバイル出典:楽天モバイル

楽天モバイルは、第4の大手として自社回線を提供しているキャリアです。

料金プランは、使ったデータ容量に応じて月額が0円~3,278円に変化する段階制の「Rakuten UN-LIMIT VI」一つのみとなります。

楽天モバイルの料金システム出典:楽天モバイル

上記のとおり、1GBまでは月額0円、20GB以上はどれだけデータ容量を使っても月額3,278円です。

ただし、楽天モバイルでは、自社回線の他にauから設備を借りている「パートナー回線」があり、「パートナー回線エリア」内はデータ容量を無制限に利用できないので注意しましょう。

「パートナー回線エリア」では、使えるデータ容量と、データ容量を使い切ったあとの通信速度に制限があります。

回線エリア データ容量 データ容量超過後の速度
楽天回線エリア 無制限
パートナー回線エリア 5GB/月 最大 1Mbps

また、専用アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話が無料でかけ放題となるため、通話をたくさん利用する場合にもおすすめです。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルの特徴を以下にまとめました。

プラン概要 毎月使ったデータ量に応じて支払う料金が自動的に変わる料金プラン
月額料金 0円(0GB~1GB)
1,078円(1GB~3GB)
2,178円(3GB~20GB)
3,278円(20GB超過後)
初期費用 0円
契約解除料 0円
MNP転出手数料
0円
データ容量 無制限
データ追加 550円/1GB
国内通話 かけ放題(Rakuten Linkアプリ利用)
SMS
キャリアメール 提供時期未定
通信エリア 楽天回線エリア、パートナー回線(au回線)エリア
超過後の速度 無制限(楽天回線エリア外では最大1Mbps)
回線種類 4G、5G(一部エリアのみ)
その他 ・月々の支払100円につき楽天ポイント1ポイント付与

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

最大25,000円相当分のポイント還元キャンペーン

スマホ激トク乗り換え!Android製品が最大25,000円相当分おトク!出典:楽天モバイル

「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込む際に対象のAndroidを購入すると、楽天ポイントが最大25,000ポイント還元されるキャンペーンです。

キャンペーン対象となる端末は以下のとおりです。

  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten Hand
  • Rakuten BIGs
  • AQUOS wish
  • AQUOS sense6
  • AQUOS zero6
  • OPPO A55s 5G
  • OPPO Reno5 A
  • Xperia 10 III Lite

<申し込み条件>

  1. 「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規・他社からの乗り換え(MNP)で申し込み
  2. 「Rakuten UN-LIMIT VI」申し込み時に対象のAndroidを購入
  3. 製品到着後、または店頭で購入した日の翌月末日23:59までに「Rakuten Link」にて10秒以上の通話

<キャンペーン期間>

  • 2022年3月23日(水) 9:00~終了日未定

<ポイント付与日>

「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン利用開始および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

iPhone超トクのりかえキャンペーン

 iPhone超トクのりかえキャンペーン出典:楽天モバイル

「iPhone超トクのりかえキャンペーン」は、手持ちのiPhoneのまま「Rakuten UN-LIMIT VI」に乗り換えると、楽天ポイントが最大20,000ポイントもらえるキャンペーンです。

  • Rakuten UN-LIMIT VI初めての申し込み:5,000ポイント
  • 手持ちのiPhoneで乗り換え:15,000ポイント

上記を合計すると20,000ポイントになります。

<申し込み条件>

  1. 「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規申し込み、もしくは他社・旧プランからの乗り換え(MNP)で申し込み
  2. 翌月末日23:59までに「Rakuten UN-LIMIT VI」の利用を開始する
  3. 翌月末日23:59までに「Rakuten Link」を利用

<キャンペーン期間>

2021年6月18日(金) 9:00~終了日未定

<ポイント付与日>

「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン利用開始および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

1-2. povo

povo2.0出典:povo

2021年11月下旬から新プラン「povo 2.0」が提供されたpovoについて解説します。

「povo 2.0」開始にともない、従来のプランは「povo 1.0」に名称を変更しました。

なお、povoユーザーは「povo 1.0」も引き続き利用が可能です。

※「povo 2.0」の提供開始とともに「povo 1.0」の新規受付は終了しました。

まずは、旧プラン「povo 1.0」と新プラン「povo 2.0」の違いから確認していきましょう。
※異なる点のみ赤字で記しています

  povo 2.0(新プラン) povo(旧プラン)
プラン概要 0GBの「ベースプラン」に使いたいデータ容量やオプションを必要に応じて追加購入できるプラン 月20GBのデータ容量にデータやオプションを必要に応じて追加購入できるプラン
月額基本料 0円 2,728円
データ容量 0GB 20GB
データ量超過後の通信速度 最大128kbps 最大1Mbps
国内通話料金 22円/30秒 22円/30秒
データ追加料 1GB 390円/7日間 550円/31日間
3GB 990円/30日間
20GB 2,700円/30日間
60GB 6,490円/90日間
150GB 12,980円/180日間
データ使い放題 220円/24時間 330円/24時間
回線種類
4G LTE / 5G 4G LTE / 5G
SMS送信料 1通あたり3.3円/70文字まで 1通あたり3.3円/70文字まで
契約可能な年齢 20歳以上 13歳以上
対面サポート
× ×
故障紛失サポート ×
海外ローミング × ×
5G  ○  ○
eSIM  ○  ○
テザリング  ○  ○
LINE年齢認証 非対応 対応
フィルタリング  ○  ○
キャリアメール × ×
プラスメッセージ
留守番電話 × ×
着信転送 ×
国際通話・国際SMS
緊急速報メール
災害用音声お届けサービス
法人契約 × ×
キャリア決済
auから移行時のSIMカード変更 必要 不要
ピクト表示 一部端末では「povo」と表示
(その他の端末では「au」と表示)
「au」と表示される
キャンペーン
あり なし
その他 「#ギガ活」
かえトクプログラム かえトクプログラム
アップグレードプログラムNX アップグレードプログラムNX
アップグレードプログラムDX アップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムEX アップグレードプログラムEX
アップグレードプログラム アップグレードプログラム

比較の結果、「povo 2.0」には新たな特徴が3つありました。

  1. 月額基本料0円
  2. 自由自在に組み合わせられるトッピング
  3. 「#ギガ活」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額基本料0円

povo2.0基本料0円出典:povo

「povo 2.0」の月額基本料は0円です。

基本料のみで使えるデータ容量は0GBとなります。

基本料0円で0GBの初期段階を「ベースプラン」とし、必要に応じてデータ容量やオプションなどの「トッピング」を追加購入していく仕組みになっています。

「トッピング」の組み合わせ方、追加購入するタイミングは自由ですが、180日間「トッピング」をまったく追加しないと契約解除、回線の利用停止などペナルティを受けるおそれがあるので注意しましょう。

自由自在に組み合わせられるトッピング

povo2.0全トッピング出典:povo

「povo 2.0」で追加購入できる「トッピング」は全部で10種類あります。

10種類を用途ごとに分けると、以下のとおりです。

  1. 1GB~150GBまで選べるデータトッピング
  2. コンテンツトッピング
  3. 通話トッピング

詳しく見ていきましょう。

1GB~150GBまで選べるデータトッピング

povoデータトッピング一覧出典:KDDI

「povo 2.0」では「ベースプラン」にデータ容量が付いていないため、自分で使いたいデータ容量をトッピングする必要があります。

データトッピングは以下の6種類から選べます。

  1. データ1GB:390円/7日
  2. データ3GB:990円/30日
  3. データ20GB:2,700円/30日
  4. データ60GB:6,490円/90日
  5. データ150GB:12,980円/180日
  6. データ使い放題:330円/24h

上記のとおり、データの容量ごとに有効期限が異なっています。

そのため、週ごとに1GBを、月ごとに20GBをトッピングするなど、自分のライフスタイルに合わせた使い方が可能です。

短期間に買い足すのが面倒な場合や、よりお得に利用したい場合は、150GBトッピングをおすすめします。

なぜなら、150GBトッピングを月額に換算すると、1カ月あたり2,163円で25GB使えることになり、20GBを30日ごとに買い足すより断然お得だからです。

「povo 2.0」ではauと同じ回線を使用するため、データトッピング時の通信速度はauエリアの4G LTE / 5Gに準じた速度になります。

コンテンツトッピング

povoコンテンツトッピング出典:povo

「povo 2.0」では、映像や音楽などのエンタメコンテンツを楽しめるサービスを追加できる「コンテンツトッピング」も利用可能です。

「コンテンツトッピング」は以下の2つが用意されています。

コンテンツトッピング 料金 コンテンツ内容
DAZN使い放題パック 760円/7日 スポーツのライブ中継が見放題
smash.使い放題パック 220円/24時間 音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの映像作品

上記2つは、次のように活用すると便利です。

  • どうしても見たいスポーツ中継があるときだけ「DAZN」をトッピング
  • 休日に「smash.」をトッピングしてエンタメコンテンツを楽しむ

なお、通常月額は「DAZN」が1,925円、「smash.」が550円となります。

通話トッピング

povoかけ放題トッピング出典:povo

「povo 2.0」では、かけ放題が使える「通話トッピング」の追加も可能です。

「通話トッピング」は「povo 1.0」から変更点がなく、以下の2つを引き続き利用できます。

  • 5分以内通話かけ放題:550円/1ヶ月間
  • 完全かけ放題:1,650円/1ヶ月間

ただ、「povo 2.0」は月額基本料が0円なので、「完全かけ放題」だけトッピングすれば、支払う料金は1カ月あたり1,650円だけになります。

基本料金と合わせて月2,000円以下で高品質なかけ放題が無制限で使えるサービスを提供しているキャリアは他にはありません。

このように、かけ放題が業界最安値で利用できるため、「povo 2.0」は通話のみ使いたいユーザーにもっともおすすめです。

「#ギガ活」

povoギガ活出典:povo

「povo 2.0」では、対象のお店やサービスを利用するとギガ (データ) が貯まる「#ギガ活」が開始されます。

「#ギガ活」でギガを貯める方法は以下の3通りです。

  1. ギガを「もらう」
  2. ギガを「さがす」
  3. ギガが「あたる」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ギガを「もらう」

「povo 2.0」提供開始後に案内されるキャンペーンページでエントリーをしてから対象の店舗やサービスで一定額以上の支払いをすると、エントリー時に登録したメールアドレスにギガがもらえるプロモコードが届きます。

プロモコードを「povo 2.0アプリ」に入力すればギガを「もらう」ことが可能です。

ただし、店舗の利用では支払方法が「au PAY決済」に限定される場合もあるので注意しましょう。

対象店舗・サービスは以下のとおりです。

店舗・サービス名 条件 もらえるギガ数/有効期限
ローソン au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ドトールコーヒー au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
すき家 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
丸亀製麺 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ウエルシア au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
はま寿司 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ビッグエコー au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
コナズ珈琲 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
menu au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
カインズ au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
ベイシア au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
ヒマラヤ au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
銀座deフットサル 500円以上の支払い 300MB/3日間
三島スカイウォーク 500円以上の支払い 300MB/3日間
Brooklyn Roasting Company 500円以上の支払い 300MB/3日間
BANANA STAND 500円以上の支払い 300MB/3日間
夢を語れ 札幌 900円以上の支払い 300MB/3日間
サロモン 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
Plywood 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
Reebok 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
ザファーム 7,000円以上の支払い 3GB/30日間
ギガを「さがす」

街中やバーチャル空間でギガを「さがす」とギガが貯まるサービスの提供が開始します。

なお、「さがす」イベントは随時更新されます。

ゲーム感覚で楽しめる「FIND povo」も開始!

FIND povo出典:KDDI

「#ギガ活」の一環として、街中でpovoのブランドカラーである「黄色いアイテム」を探すとギガが貯まる「FIND povo」が実施される予定です。

開始時期は未定ですが、開催が決まり次第詳細が「#ギガ活」のページで明らかにされます。

ギガが「あたる」

店舗やオンラインサービスなどと連携すると、抽選でギガが「あたる」サービスが開始します。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

1-3.エキサイトモバイル

出典:エキサイトモバイル

エキサイトモバイル』は、エキサイト株式会社が提供する格安SIMです。

現在、以下2つの料金プランのみ受け付けています。

  • Fitプラン(段階料金プラン)
  • Flatプラン(定額料金プラン)

上記の料金プランの主な特徴は以下のとおりです。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

※エキサイトモバイルには『最適料金プラン』『定額プラン』などもありますが、現在、新規受付はしていません。

Fitプランは使用したデータ通信量に応じて料金が決まる

Fitプラン出典:エキサイトモバイル

Fitプランは、データ通信の使用量に応じて利用料金が決まるプランです。

ドコモ回線・au回線どちらも利用できます。

料金表をまとめると、以下の通りです。

【Fitプラン料金表】

データ容量 月額基本料金
音声通話 データ データ
(SMS機能付き)
低速通信のみ 495円 385円 462円
~3GB 880円 770円 847円
~7GB 1,430円 1,320円 1,397円
~12GB 1,980円 1,870円 1,947円
~17GB 2,750円 2,640円 2,717円
~25GB 3,245円 3,135円 3,212円

※データ通信専用SIMは、ドコモ回線のみ使用可能
※各プランに、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料を含む

細かい価格設定で、毎月最適な料金プランを選べます。

そのため、月々の利用データ量に差がある場合は、このプランを選ぶと良いでしょう。

Flatプランは毎月の利用料金が一定額

Flatプラン出典:エキサイトモバイル

Flatプランは、毎月同じ料金で安心な「定額制」の料金プランです。

ドコモ回線・au回線どちらも利用できます。

料金表をまとめると、以下の通りです。

【Flatプラン料金表】

データ容量 月額基本料金
音声通話 データ データ
(SMS機能付き)
低速通信のみ 660円 550 円 627 円
3GB 1,210円 1,100 円 1,177 円
12GB 1,650円 1,540 円 1,617 円
20GB 2,068円 1,958 円 2,035 円
25GB 2,970円 2,860 円 2,937 円
30GB 4,400 円 4,290 円 4,367 円
40GB 7,700 円 7,590 円 7,667 円
50GB 11,198 円 11,088 円 11,165 円

※データ通信専用SIMは、ドコモ回線のみ使用可能
※各プランに、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料を含む

最大50GBまで対応しており、利用した通信量に応じて金額が変わります。

そのため、月々のお支払い額を一定にしたい場合は、このプランを選ぶと良いでしょう。

SIMを追加購入できる

SIMは追加購入できる出典:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルでは、最大5枚までデータ容量を分け合えるSIMを追加購入することが可能です。

SIMを追加購入すれば、データシェアが可能となるので、家族と一緒にデータ通信を無駄なく利用できます。

データシェア出典:エキサイトモバイル

ちなみに、追加SIMを購入する場合、以下の料金がかかります。

追加SIM 月額料金
音声 528円/枚
データ 220円/枚
データ
(SMS機能付き)
462円/枚

アプリを使えば通話料金が半額

エキモバでんわ出典:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの音声通話SIMを選べば、通話料が半額になる『エキモバでんわ』がセットでついてきます。

通常の通話料金は22円/30秒となっていますが、『エキモバでんわ』を活用すれば11円/30秒にて電話をかけることが可能です。

初期費用・月額基本料0円で利用できるので、電話代を節約するのに役立ちます。

高速データ通信のON・OFFの切り替えが可能

高速データ通信のON・OFFの切り替えが可能出典:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルにはデータ通信の使い過ぎを防ぐことができる、高速データ通信のON・OFFの切り替えができる機能が備わっています。

マイページでOFFにすれば、高速データ通信量は消費されなくなるので、ギガの使い過ぎを防ぐことが可能です。

エキサイトモバイル公式

エキサイトモバイル公式サイト
https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

1-4. HISモバイル

HISモバイル出典:HISモバイル

HISモバイルは、大手旅行会社のHISが運営している格安SIMです。

旅行会社が運営しているため、海外旅行を意識したキャンペーンも頻繁に実施されています。

料金プラン

HISモバイルの料金プランは以下の4つです。

  • 格安ステッププラン
  • ビタッ!プラン
  • 格安弐拾(かくやすにじゅう)プラン
  • 格安かけ放題プラン

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

格安ステッププラン

「格安ステッププラン」は、データ使用量の上限を5段階にし、

SMS付きのデータ通信と音声通話SIM両方が利用できるだけでなく、5分電話かけ放題がついてくるのが特徴です。

また、オプションも必要なものだけが選べるので、無駄のないプランだと言えます。

6段階の上限と月額料金は、以下の通りです。

 

ビタッ!プラン

ビタッ!プラン出典:HISモバイル

「ビタッ!プラン」は、データ使用量の上限を6段階にし、使った分だけ料金を支払うデータ通信プランです。

データ通信のみの対応となっており、電話の利用はできませんが、月額198円から利用できます。

また、オプションも必要なものだけが選べるので、無駄のないプランだと言えます。

6段階の上限と月額料金は、以下の通りです。

ビタッ!プランの料金表出典:HISモバイル

また、月の途中でもデータ上限を変更することができるので、データ容量を多く使う月と使わない月とで使い分けることも可能です。

格安弐拾プラン

格安弐拾プラン出典:HISモバイル

格安弐拾(かくやすにじゅう)プランの特徴は以下の3つです。

  1. 月額料金が20GBで2,178円
  2. 20GB超えても275円/1GBで追加できる
  3. 通話料は月に70分まで無料

同じ20GBのプランである「ahamo」や「povo」といった大手キャリアの新プランが2,970円~3,278円であることを考えると、料金がかなりお得なサービスに言えるでしょう

格安弐拾プランの料金表出典:HISモバイル

さらに、通話料は月に70分まで無料で、70分を超えると11円/30秒で利用できます。

格安かけ放題プラン

格安かけ放題プラン出典:HISモバイル

格安かけ放題プランの特徴は以下の4つです。

  1. おかわり課金方式
  2. データ容量の上限を設定できる
  3. 容量超えても275円/1GBで追加できる
  4. 通話がかけ放題

20GB使える大手キャリアの新プランで「かけ放題オプション」をつけると、2,970円~3,278円の月額に、ドコモとソフトバンクで1,100円、auで1,650円が上乗せされます。

これに比べて格安かけ放題プランは、3GBの容量ですが月額2,728円でかけ放題が含まれているため、あまりデータ容量を使わない場合はかなりお得です。

格安かけ放題プラン料金表出典:HISモバイル

HISモバイル公式

HISモバイル公式サイト

https://his-mobile.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

1-5. OCNモバイルONE

OCNモバイルONE出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONE』は、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがドコモの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

以下に特徴をまとめました。

それぞれ詳しく解説していきます。

5種類のプランから選べる

OCNモバイルONEは、3種類のSIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額料金となります。

料金 月額基本料金
SIMタイプ 音声通話 データ データ(SMS機能付き)
データ容量 0.5GB~10GB
月額基本料金 550円~1,760円 858円~1,628円 990円~1,760円
データチャージ 550円/GB
国内通話 11円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量 月額基本料金
音声通話 データ データ(SMS機能付き)
0.5GB 550円
1GB 770円
3GB 990円 858円 990円
6GB 1,320円 1,188円 1,320円
10GB 1,760円 1,628円 1,760円

また、頻繁に通話する場合は、スタイルに合わせてかけ放題オプションを選ぶとお得です。

3種類のかけ放題オプションがある

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのかけ放題オプションは、以下の3つから選べます。

かけ放題オプション 月額料金 詳細
10分かけ放題 935円 1回10分以内の国内通話が無料
トップ3かけ放題 その月の国内通話料上位3番号の通話料が無料
かけ放題ダブル 1,430円 1回10分以内の国内通話が無料で、1回10分以上の国内通話料上位3番号の通話料が無料

10分以内の通話も特定の相手との長電話もよくする場合は、かけ放題ダブルがおすすめです。

MUSICカウントフリーが利用できる

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、下記の音楽アプリを使用する場合、データ通信量が消費されません。

  • amazon music
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • Google Play Music
  • AWA
  • dヒッツ
  • ひかりTVミュージック
  • ANIUTA
  • Rec Music

追加料金なしで申し込むことができ音楽データのダウンロード通信量を節約することができます

人気のスマホSALEがお得

OCNモバイルONEのスマホセット出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、スマホとセットで申し込むと人気の端末が10,000円以上安くなることもあります。

また、iPhoneの中古端末は、1円から購入可能で、格安SIMの契約と同時にスマホもお得な料金で買い替えることができます。

OCNモバイルONE公式

OCNモバイルONE公式サイト
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

2. 音声通話のみできる格安SIMを選ぶメリット・デメリットと選び方

この章では、音声通話のみできる格安SIMを選ぶ上で知っておくべきメリット・デメリットと選び方について解説します。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1. 音声通話のみできる格安SIMを選ぶ2つのメリット

格安SIMを音声通話のみで使う際のメリットは、以下の2つです。

  1. 月額料金が安い
  2. 通話品質が3大キャリアと同じ

それぞれ、詳しく解説します。

月額料金が安い

前章で紹介したとおり、音声通話のみの格安SIMは、月額0円~1,000円台で契約できます。

ドコモの5分間かけ放題つき新プラン「ahamo」が月額2,970円なので、その半分以下の料金で利用が可能です。

格安SIMは、基本的にデータ容量が多いほど月額が高くなる仕組みになっており、データを使わない場合は、データ容量の分だけ安くなります。

※料金の安さで選びたい場合は、「1章:25社を徹底比較!音声通話のみの最安格安SIMベスト5」へとお進みください。

通話品質が3大キャリアと同じ

格安SIMは、大手キャリアから回線を借りているため、「通話品質」は大手キャリアと変わりません。

格安SIMは大手キャリアから回線を借りている

ただし、格安SIMのかけ放題は、通話アプリを利用しないとできないことがあり、その場合は通話品質が落ちるので注意が必要です。

2-2. 音声通話のみできる格安SIMを選ぶ2つのデメリット

格安SIMを音声通話のみで使う際のデメリットは、以下の2つです。

  1. 通話アプリを使うと通話品質が落ちる
  2. データ通信が使えない

それぞれ、詳しく解説します。

通話アプリを使うと通話品質が落ちる

格安SIMでは、通話の際に通常の電話回線でなく、「プレフィックス」や「IP」の回線を使うことがあります。

かけ放題の場合、通話アプリを使わないと電話機能を利用できないことがあり、その際に「プレフィックス」か「IP電話」を使います。

格安SIMの通話品質

これら2つのうち、特にIP電話はネット回線を使うので、音質が劣る可能性が高いです。

そのため、格安SIMで快適な通話がしたいなら、通話アプリを使わず、通常の電話回線で音声通話ができるかを事前に確認しておきましょう。

そもそもプレフィックスって何?

プレフィックス通話とは電話番号の頭に、業者ごとに決められた特定の番号をつけると、料金の安い回線を使えるという仕組みです。

毎回番号をつけるのが面倒ですが、格安SIM会社が出す専用のアプリを使うことで、自動的に番号をつけて通話ができるので、負担なく安い回線を使えます。

プレフィックス通話の仕組み

データ通信が使えない

音声通話のみの格安SIMだと、インターネットを利用することができません。

普段は音声のみの利用でも、旅行などに出かけたときに、外出先からインターネットを使えないと不便に感じることもあるでしょう。

そのため、契約時にデータ通信も可能な格安SIMを選ぶか、必要に応じて、オプションで少量のデータ通信をつけるかをしておけば、データ通信がしたくなったときにも安心です。

ちなみに、データ容量が0GBの格安SIMもありますが、1GB前後のデータ容量が付いている格安SIMよりも高い可能性があるので注意しましょう。

2-3. 音声通話のみの格安SIMの選び方

ここまでメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、結局のところ、音声通話のみの格安SIMは、以下の4つの基準で選ぶと失敗しにくいです。

  1. 月額料金の安さで選ぶ
  2. 通話にアプリを利用するかで選ぶ
  3. どの大手キャリアから回線を借りているかで選ぶ
  4. かけ放題オプションに加入するかで決める

それぞれ詳しく解説していきます。

月額料金の安さで選ぶ

数ある格安SIMの中から、まずは、月額料金の安さで候補を決めましょう。

その上で、かけ放題の制限時間など、自分の使い方で本当にお得なのかを検討していきます。

通話にアプリを利用するかで選ぶ

繰り返しになりますが、通話品質を低下させたくない場合は、通話アプリを利用する格安SIMを選ばないようにしましょう。

音声通話のみの格安SIMであれば、ストレスなく通話ができることは、料金の次に大事な基準になります。

ちなみに、通話アプリが利用できる格安SIMをまとめると、以下の通りです。

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • エキサイトモバイル
  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • b-mobile
  • nuro mobile
  • BIGLOBEモバイル
  • LIBMO
  • QTモバイル
  • y.u mobile
  • J:COMモバイル
  • LINEモバイル
  • Nifmo
  • DTI SIM

通話にアプリを利用する際には、参考にしてみてください。

どの大手キャリアから回線を借りているかで選ぶ

格安SIMは下図のようにドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアから回線を借りることで料金を安くしています。

格安SIMは大手キャリアから回線を借りている

格安SIMごとにどこから借りているかが異なりますが、今のスマホをそのまま使うのであれば、「どの大手キャリアから回線を借りているか」に着目することが大切です。

たとえば、ドコモで購入したスマホをそのまま使いたいのであれば、ドコモから回線を借りている格安SIMを選ばなければいけません。

そのため、現在の回線に合わせて乗り換え先の回線を選ぶ必要があります。

※楽天モバイルは上記の3つの回線とは別の「自社回線」を使っています。

大手から買ったスマホ=SIMロックがかかっている

大手から購入したスマホには、SIMロックという鍵がかかっていて、今までと同じ回線の格安SIMしか使うことができません。

SIMロックとは

SIMロック解除については、5. SIMロックを解除するための全手順に具体的な方法をまとめています。

かけ放題オプションに加入するかで決める

音声通話のみの格安SIMは月額料金を安くおさえられますが、30秒あたり11円~22円程度の通話料金がかかります。

そこでおすすめしたいのが「かけ放題オプション」の加入です。

格安SIMのかけ放題オプションは、以下の3つに分けられます。

  • 月ごとに決められた時間までかけ放題
  • 一回につき5~10分までかけ放題
  • 完全かけ放題

上記から、毎月の通話時間に合わせてかけ放題オプションを選びます。

通話時間が少なければ「5~10分までのかけ放題」、通話時間が多ければ「月ごとに決められた時間までかけ放題」か「完全かけ放題」を選択すると、通話料金をぐんと減らせてお得です。

次の章では、そんなかけ放題を利用したい場合におすすめの通話のみ格安SIMを紹介していきます。

3. かけ放題をしたいときにおすすめの通話のみ格安SIM

続いて、かけ放題で通話のみ使いたいときに最安で使えるおすすめの格安SIMを紹介します。

3-1. 格安SIMのかけ放題プラン比較ランキング

今回は格安SIMのかけ放題プランを比較し、以下のランキングにまとめました。

※通話品質は音声通話を◎、プレフィックスを◯、IPを△にしています。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 キャリア 回線 月額料金
(かけ放題+基本料)
GB数 かけ放題条件 かけ放題品質
1 楽天モバイル 楽天 0円 1GBまで 完全かけ放題
2 povo au 550円 0GB 1回5分まで
3 エキサイトモバイル
(Fitプラン)
ドコモ 1,254円 0GB
※低速通信のみ
1回10分まで
4 エキサイトモバイル
(最適料金プラン)
ドコモ 1,309円 0GB
※低速通信のみ
1回10分まで
5 日本通信SIM_合理的みんなのプラン ドコモ 1,390円 6GB 1ヶ月70分まで
6 エキサイトモバイル
(Flatプラン)
ドコモ 1,419円 0GB
※低速通信のみ
1回10分まで
7 エキサイトモバイル
(定額プラン)
ドコモ 1,474円 0GB
※低速通信のみ
1回10分まで
8 IIJmio ドコモ 1,518円 2GB 1回3分まで
9 LINEMO ミニプラン SB 1,540円 3GB 1回5分まで
9 イオンモバイル ドコモ/au 1,573円 500MB 1回5分まで
1o J:COMモバイル ドコモ 1,628円 1GB 1回5分まで
11 b-mobile SB 1,639円 1GB 1回5分まで
12 povo au 1,650円 0GB 完全かけ放題
13 nuro mobile ドコモ 1,672円 3GB 1回3分まで
14 OCNモバイル ドコモ 1,705円 1GB よくかける
3番号が無料
14 OCNモバイル ドコモ 1,705円 1GB 1回10分まで
15 BIGLOBEモバイル ドコモ/au 1,738円 1GB 1回3分まで
or
1カ月60分まで
16 IIJmio ドコモ 1,771円 2GB 1回10分まで
17 イオンモバイル ドコモ/au 1,958円 500MB 1回10分まで
18 BIGLOBEモバイル ドコモ/au 1,991円 1GB 1回10分まで
or
1カ月90分まで
19 LIBMO ドコモ 2,013円 1GB 1回10分まで
20 QTモバイル ドコモ 2,035円 1GB 1回10分まで
21 日本通信SIM_合理的20GBプラン ドコモ 2,178円 20GB 1ヶ月70分まで
21 UQ-mobile au 2,178円 3GB 1ヶ月60分まで
21 LINEモバイル ドコモ 2,178円 2GB 1回10分まで
22 OCNモバイル ドコモ 2,200円 1GB 完全かけ放題
23 DTI SIM ドコモ 2,222円 1GB 1回10分まで
23 mineo ドコモ/au 2,222円 1GB 1ヶ月30分まで
24 mineo ドコモ/au 2,233円 1GB 1回10分まで
25 UQ-mobile au 2,398円 3GB 1回10分まで
26 y.u mobile ドコモ 2,497円 5GB 1ヶ月60分まで
27 LIBMO ドコモ 2,508円 1GB よくかける
3番号が無料
28 QTモバイル au 2,530円 1GB 1回10分まで
29 スマモバ ドコモ 2,615円 3GB 1回1分まで
(1日50回)
30 LINEMO ミニプラン SB 2,640円 3GB 完全かけ放題
31 NifMo ドコモ 2,673円 3GB 1回10分まで
32 日本通信SIM_合理的かけほプラン ドコモ 2,728円 3GB 完全かけ放題
32 J:COMモバイル ドコモ 2,728円 1GB 1回60分まで
33 QTモバイル SB 2,805円 1GB 1回10分まで
34 Y!mobile SB 2,948円 3GB 1回10分まで
35 ahamo ドコモ 2,970円 20GB 1回5分まで
36 スマモバ ドコモ 3,113円 3GB 1回10分まで
37 mineo ドコモ/au 3,146円 1GB 1ヶ月60分まで
38 LINEMO スマホプラン SB 3,278円 20GB 1回5分まで
39 UQ-mobile au 3,498円 3GB 完全かけ放題
40 QTモバイル ドコモ 3,850円 1GB 完全かけ放題
41 Y!mobile SB 4,048円 3GB 完全かけ放題
42 QTモバイル au 4,345円 1GB 1回10分まで
43 LINEMO スマホプラン SB 4,378円 20GB 完全かけ放題
44 y.u mobile ドコモ 4,609円 5GB 完全かけ放題
45 QTモバイル SB 4,620円 1GB 1回10分まで

上記の比較の結果、特に安いかけ放題可能な格安SIMは以下の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 キャリア 月額料金
(かけ放題+基本料)
GB数 かけ放題条件 かけ放題品質
1 楽天モバイル楽天モバイル 0円 1GBまで 完全かけ放題
2 povopovo 550円 0GB 1回5分まで
3 エキサイトモバイルエキサイトモバイル
1,254円/1,309円/1,419円/1,474円 0GB
※低速通信のみ
1回10分まで
4 日本通信SIM日本通信SIM
合理的みんなのプラン
1,390円 6GB 1ヶ月70分まで
5 IIJmioIIJmio 1,518円 2GB 1回3分まで

楽天モバイル」は、かけ放題を使ってもデータを使わない限り0円で利用できます。

圧倒的に安いので、かけ放題プランの中でも「楽天モバイル」がもっともおすすめです。

なお、「楽天モバイル」には以下の3つもありません。

  • 初期手数料
  • 最低利用期間
  • 契約解除料

上記の料金は、他の格安SIMでは3,300円以上かかるので、音声通話のみを利用したいのであれば、試しに「楽天モバイル」を申し込んでも損はないでしょう。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/ 

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

3-2. どの格安SIMでも使えるかけ放題アプリもお得!

格安SIMによっては、かけ放題を実施していない場合もあります。

ただし、G-Callアプリと呼ばれるサービスを使えば、どの格安SIMでも通話料が半額のプレフィックス通話が簡単にできたり、880円でかけ放題をつけることが可能です。

出典:G-Call

G-Call」は基本無料でプレフィックス通話ができるアプリで、通話料金は以下の通りです。

  • 国内通話料金:11円 / 30秒
  • 国際通話料金:例 アメリカ2.9円 / 6秒(消費税なし)
  • かけ放題:10分以内のかけ放題が何度でも(880円)

登録後、アプリをインストールすれば利用可能になります。

例えば、『ロケットモバイル』にこのアプリを組み合わせて使うことで、2,255円で10分のかけ放題を使うことも可能です。

次の章では、格安SIMへの乗り換え(MNP)の全手順を紹介していきます。

4. 格安SIMへの乗り換え(MNP)の全手順

他のキャリアから格安SIMへ乗り換えるときは、電話番号移行のため、「MNP予約番号」を入手する必要があります。

この章では、MNP予約番号取得方法を以下の2つに分けて解説します。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

それでは、大手キャリアからのMNP予約番号取得の手続きから確認していきましょう。

4-1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

その際に、解約金なども聞くことができます。

ドコモのMNP予約番号入手方法

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  1. My docomoサービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

auのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話すれば簡単に手続きできるのでおすすめです。

一般電話/携帯電話共通: 0077-75470(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならEZWebから手続き可能です。

auショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きをおすすめします。

手数料:無料

ソフトバンクのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話することで簡単に手続きができます。

  • 携帯電話から: *5533へ電話
  • 一般電話から: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならMySoftBankから手続き可能です。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きがおすすめです。

手数料:無料

MNP予約申し込み窓口一覧

出典:niko niko cable tv

4-2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMから楽天モバイルに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  1. 電話による予約番号取得
  2. WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア 取得方法 MNP予約受付窓口 MNP転出手数料
ワイモバイル 電話 151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル 電話/WEB 0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル 電話/WEB 0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル 電話/WEB 0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル 電話/WEB 0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
(電話手続きの場合は1,100円)
楽天モバイル WEB メンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き 無料
LINEモバイル WEB マイページの「MNP転出・解約」から手続き 無料
OCN モバイル ONE WEB マイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き 無料
IIJmio WEB マイページの「MNP予約番号発行」から手続き 無料
b-mobile WEB マイページの「MNP予約番号取得」から手続き 無料
日本通信SIM WEB マイページの「MNP予約番号取得」から手続き 無料
y.u mobile WEB マイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き 無料
nuroモバイル WEB ご利用者向けページから手続き なし
DTI WEB MyDTIから手続き 無料
NifMo WEB 「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き 無料
ロケットモバイル WEB 解約URLから手続き 無料
HISモバイル WEB My HISモバイルから手続き 無料
mineo WEB マイページから手続き 無料
LIBMO 電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
 (電話手続きの場合は1,100円)
エキサイトモバイル WEB BB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き 無料
J:COMモバイル WEB J:COMマイページから手続き 無料
スマモバ WEB マイページから手続き 無料

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

5. SIMロック解除の全手順

この章では、SIMロックがかかっている端末を格安SIMで使用するため、SIMロック解除の方法を詳しく解説していきます。

5-1. SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

なお、2021年10月からSIMロックが原則禁止となったため、10月前後に販売された機種はSIMロックされていない場合があります。

そのため、端末を購入したキャリアでSIMロックがかかっているかを確認しましょう。

5-2. 動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に各社の公式サイトで動作確認端末一覧ページを確認しておきましょう。

5-3. 動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

ドコモのSIMロック解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

auのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料:3,300円

ソフトバンクのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

6. 通話のみの格安SIMはガラケーでも使える?

基本的に、格安SIMをガラケーに入れて通話することは不可能ではありません。

しかし、使える端末や動作確認をしている格安SIMの少なさから、そこまで推奨しません。

また、ガラケープランの場合、大手の料金は割高です。

6-1. 大手のガラケー向けプランは格安SIMプランに比べて高い!

大手キャリアは、ガラケーで通話のみしたい方向けのプランを出しています。

キャリア プラン 月額料金
(1回5分以内の通話オプションを付けた場合)
国内完全かけ放題込みで
ドコモ ケータイプラン 2,090円 3,190円
au ケータイシンプルプラン 2,200円 3,278円
ソフトバンク ケータイ通話プラン 1,958円 3,058円

3章:かけ放題をしたいときにおすすめの通話のみ格安SIMにて紹介した音声付き格安SIMのランキング上位と比べても、大手のガラケー向けプランは高いことが分かりました。

そのため、通話のみを利用したい場合は、ガラケーとスマホともに格安SIMプランを選んだ方がお得です。

6-2. ガラケーが使える格安SIM

どうしても格安SIMでガラケーを使いたいという方は、動作確認が取れている端末を自身で用意してから、SIMを挿入していきましょう。

参考までに、ガラケーに対応している格安SIMを紹介します。

それぞれの動作確認端末一覧にて、対応しているガラケーが分かるので、事前に確認をしておきましょう。

【イオンモバイル動作確認済み端末一覧】

https://aeonmobile.jp/devicelist/

【IIJmio動作確認済み端末一覧】

https://www.iijmio.jp/hdd/devices/

【HISモバイル動作確認済み端末一覧】

https://his-mobile.com/domestic/devices/

【Y!mobile動作確認済み端末一覧】

https://www.ymobile.jp/service/others/simonly/

【UQ-mobile動作確認済み端末一覧】

https://www.uqwimax.jp/mobile/products/sim/devices/

また、「Y!mobile」や「UQ-mobile」ならガラケーの販売も行っているので、これからガラケーを用意する人は購入も検討してみてください。

6-3. ガラケーはもうすぐ使えなくなる?

ガラケーは、基本的に3Gの電波を利用して通信を行いますが、近い将来、大手携帯キャリアが提供している3G通信サービスは終了します。

そのため、各社から発表された以下のサービス終了予定時期になると、ガラケーは使えなくなってしまいます。

特に、auは2022年の3月と、もっとも早く終了するので注意が必要です。

そこで、次章では「ガラケーが使えなくなるならスマホを使ってみよう」と思った場合におすすめの機種を紹介します。

7. はじめてのスマホにおすすめの機種2選

この章では、初めてスマホを使う場合におすすめの機種を厳選して2つ紹介します。

それでは、詳しく見ていきましょう。

7-1. AQUOS sense2 やさしいスマホ SH-M08P5S

AQUOS sense2 やさしいスマホ SH-M08P5S出典:イオンモバイル

AQUOS sense2 やさしいスマホ」は、スマホ初心者でも使いやすいよう、ホーム画面に表示されるアイコンが大きく設定されています。

文字のサイズも大きく設定されているため、とても文字が読みやすく、入力がしやすいです。

また、「楽ともリンク」という機能を使い、よく連絡する相手をホーム画面の下に登録をすれば、電話やメールなどのやりとりが簡単にできます。

楽ともリンク出典:イオンモバイル

端末名 AQUOS sense2 やさしいスマホ SH-M08P5S
メーカー SHARP
料金 20,680円
本体サイズ 約148(高さ)×71(幅)×8.4(奥行)mm
カメラ アウトカメラ:有効画素数 約1200万画素 CMOS 裏面照射型/インカメラ:有効画素数 約800万画素 CMOS 裏面照射型
主な性能 AQUOSかんたんホーム/見やすいホーム画面と大きなフォントサイズ/楽ともリンク/大画面でも持ちやすいアルミボディ/防水/おサイフケータイ

最初から文字や画像が大きく表示される設定になっているスマホが使いたい場合に、おすすめです。

7-2. arrows M05

arrows M05出典:FCNT

arrows M05は、文字を読みやすくする機能が満載のスマホです。

最初は通常のホーム画面になっていますが、下図のように、シンプルモードに設定すると、文字が大きく、見やすい表示になります。

arrows2シンプルモード出典:FCNT

通常のスマホよりボタンの数を少なくすることによって、文字を大きく見やすく、ボタンを押しやすくしています。

arrows5の文字入力出典:FCNT

さらに、「かんたんセット」の機能を使うと、電話や電話帳、メールなどのメッセージを読みやすい大きさのサイズに変えることも可能です。

出典:FCNT

また、電話帳の画面で「連絡先配置」を押すと、よく連絡する相手をワンタッチでホーム画面に登録することもできます。

連絡先配置出典:FCNT

端末名 arrows M05
メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ(株)
料金 21,780円
本体サイズ 約149(高さ)×72(幅)×8.8(奥行)mm
カメラ アウトカメラ:有効画素数 約1310万画素+500万画素CMOS/インカメラ:有効画素数 約800万画素CMOS
主な性能 シンプルホーム/連絡先配置/かんたんセット/はっきり文字/ナビゲーションバー/手書き・音声入力/使いこなしガイド

とにかく文字が読みやすく、入力しやすいスマホを選びたいなら、 arrows M05はおすすめです。

7-3. 60歳以上のスマホデビューならイオンモバイルがおすすめ!

やさしいプランS.M.L.出典:イオンモバイル

60歳以上限定になりますが、イオンモバイルでは、スマホ初心者でも安心して利用できるよう、月額968円で「やさしいプラン mini.」を提供しています。

200MBのデータ容量がついたプランなので、通話の他に、インターネットの閲覧や、メールなどメッセージのやりとりも可能です。

また、購入後のサポートを充実させた「やさしいスマホサービス」というオプションもあり、月935円で以下の2つが利用できます。

  1. イオンでんわ10分かけ放題
  2. イオンスマホ電話サポート【受付時間】9:00-20:00(年中無休)

やさしいスマホサービス出典:イオンモバイル

特に便利なのが「イオンスマホ電話サポート」でして、困ったときに電話をすれば、スマホの設定方法などを丁寧に案内してくれます。

契約と同時にスマホも購入できるので、これからスマホを買い替えて格安SIMを利用予定の方は、チェックしておきましょう。

イオンモバイル公式

イオンモバイル公式サイト
https://aeonmobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

まとめ

音声通話のみ使いたい場合の格安SIMを紹介してきましたが、いかがでしたか?

音声通話のみの格安SIMベスト5は以下の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 格安SIM 最安料金 最低データ容量 無料通話時間
1位 楽天モバイル楽天モバイル 月額0円 1GB 専用アプリ使用で完全かけ放題
(オプション加入不要)
2位 povopovo 月額0円
0GB ◎1回5分まで
(通話トッピング購入要:550円/月)
◎完全かけ放題
(通話トッピング購入要:1,650円/月)
3位 エキサイトモバイルエキサイトモバイル 月額495円/550円/660円/715円 0GB
※低速通信のみ
1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
4位 HISモバイルHISモバイル 月額590円 1GB 1回3分まで
(オプション加入要:759円/月)
5位 OCNモバイルONEOCNモバイルONE 月額770円 1GB 1回5分まで
(オプション加入要:700円/月)

また、かけ放題をつけるなら以下の格安SIMを選ぶのがお得です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 キャリア 月額料金
(かけ放題+基本料)
GB数 かけ放題条件 かけ放題品質
1 楽天モバイル楽天モバイル 0円 1GBまで 完全かけ放題
2 povopovo 550円 0GB 1回5分まで
3 エキサイトモバイルエキサイトモバイル
1,254円/1,309円/1,419円/1,474円 0GB
※低速通信のみ
1回10分まで
4 日本通信SIM日本通信SIM
合理的みんなのプラン
1,390円 6GB 1ヶ月70分まで
5 IIJmioIIJmio 1,518円 2GB 1回3分まで

悩んだら、もっとも安い「楽天モバイル」を選びましょう。

月のデータ容量が1GB以下なら、月額0円で使えて、Rakuten Linkという通話アプリを使えば、通話がかけ放題で利用できます。

初期手数料も契約解除料も0円なので、試しに申し込んでも損することはありません。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/ 

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

以上を参考に、あなたがベストな格安SIMを探せることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る