LIMEMOの評判は悪い?電波が悪く苦情が多いという噂を調査

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
LINEMO-reputation

結論、実際の口コミを調査したところ、LINEMOは、通信の速度やLINEが便利に使えるサービスで高い評価を得ていることがわかりました。

しかしサポートの対応や留守番電話サービスがない点については、不満の声が多い傾向にありました。

LINEMOことを理解しないまま申し込んで、契約後に「他の格安SIMを選んだほうがよかった」と後悔しないよう、5年以上スマホの販売をしてきた私が、利用者の口コミからLINEMOの評判を徹底的に解説します。

  1. LINEMOの良い評判・口コミ
  2. LINEMOの悪い評判・口コミ
  3. LINEMOの評判からわかるメリット11選
  4. LINEMOの評判からわかるデメリット9選
  5. LINEMOは他の格安SIMとどっちがお得?
  6. LINEMOがおすすめな人
  7. LINEMOがおすすめでない人
  8. LINEMOのお得なキャンペーン
  9. LINEMOの申し込み方法と注意点
  10. LINEMOへの乗り換え(MNP)の全手順
  11. SIMロック解除の全手順
  12. LINEMO評判のよくある質問

これさえ読めば、あなたがLINEMOを契約すべきかどうかハッキリわかります。

おすすめの格安SIMランキング
楽天モバイル楽天モバイル毎月3,278円でデータ通信無制限
専用アプリを使えば通話料が無料
楽天ポイントがザクザク貯まる楽天モバイル公式サイトはこちら
LINEMOLINEMO最大12,000円の還元(5/7まで)
月990円でSoftBank回線が使える
5分以内のかけ放題が7ヶ月無料LINEMO公式サイトはこちら

1.LINEMOの良い評判・口コミ

LINEMOの良い評判や口コミは、以下のとおりです。

  1. 速度の評判|良い評判から電波が悪いとの評判まである
  2. 料金の評判|月額が安く満足度が高い
  3. サポートの評判|対応が早い
  4. オプションの評判|LINEつかい放題がうれしい
  5. ソフトバンクまとめて支払いの評判|利用できて便利

事前に良い評判を見ておくと、強みを知ったうえでLINEMOに契約できます。それでは、詳しく見ていきましょう。

速度の評判|良い評判から電波が悪いとの評判まである

1つ目は、速度に関する評判です。

LINEMOでは、4Gもしくは5Gで速度が優れているとの口コミがありました。4Gでは、東京都内でお昼の時間帯であっても、快適にインターネットが利用できたようです。

また、5Gでも他社の格安SIMと比べて、大幅に通信速度が優れています。そのため、5Gをつかいたい人におすすめです。

データ容量を超過してしまっても、速度が優れていたとの声もあります。

ただし、速度には悪い評判もいくつか見られました。

速度は地域や時間帯によって差があることを知ったうえで、LINEMOを利用しましょう。

料金の評判|月額が安く満足度が高い

2つ目は、料金に関する評判です。

LINEMOに乗り換える前よりも、月額料金が安くなったといわれています。LINEMOは月額990円から利用できるため、1,000円を下回っているのはお得です。

月額料金に対する満足度は高いため、できるだけ安く利用したい人はLINEMOを選びましょう。

サポートの評判|対応が早い

3つ目は、サポートに関する評判です。

LINEMOでは、eSIMの切り替えに10分しかかからなかったとされています。他社のは数日間待たされたとのことで、LINEMOはサポート体制や対応面も優れています。

また、LINEMOは公式Twitterからもサポートを実施しているのも特徴です。簡単に問い合わせができるため、安心して利用できます。

ただし、eSIMの対応やサポートに関しては悪い口コミもいくつか見られたため、『eSIM対応の評判|手続きに時間がかかる』も合わせて確認しましょう。

オプションの評判|LINEつかい放題がうれしい

4つ目は、オプションに対する評判です。

LINEMOでは、LINEをギガフリーでつかえるオプションが用意されています。そのため、データ容量を気にせず、LINEを利用できるのが魅力です。

また、LINEMOにはLINEクリエイターズスタンプがつかい放題のオプションもあります。

LINEスタンプが無料のため、思う存分つかっている人も多いです。LINEMOは、LINEを頻繁に利用している人やスタンプの購入頻度が多い人におすすめします。

ソフトバンクまとめて支払いの評判|利用できて便利

5つ目は、ソフトバンクまとめて支払いがつかえるとの評判です。

ソフトバンクまとめて支払いがつかえるため、タイミングによってはキャンペーンでポイントが還元されます。また、クレジットカードがない場合でも、PayPayにチャージできます。

ソフトバンクまとめて支払いを利用したいと考えている人には、LINEMOがおすすめです。

おすすめのスマホプラン
ロゴ_linemo ロゴ_linemo LINEMO最大12,000円分ポイント還元(5/7まで)
どのプランでもLINEが使い放題
月額990円でソフトバンク回線が使える LINEMO公式サイトはこちら

2.LINEMOの悪い評判・口コミ

LINEMOの悪い評判や口コミは、以下のとおりです。

  1. プランの豊富さの評判|2プランは魅力だが苦情もあり
  2. 留守番電話の評判|料金がかかる
  3. 手続きの評判|時間制限がある
  4. eSIM対応の評判|手続きに時間がかかる
  5. キャリアメールの評判|利用できず不便

事前に悪い評判を知っておくと、より納得したうえでLINEMOに契約できます。それでは、具体的に見ていきましょう。

プランの豊富さの評判|2プランは魅力だが苦情もあり

1つ目は、プランに関する評判です。良い評判がある反面、悪い評判も多く見られました。

料金プランは3ギガバイトと20ギガバイトの2パターンあるのは魅力ですが、中間ギガバイト数のプランがほしいとの声があります。また、3ギガバイトでは月内につかい切ってしまう人も多いです。

また、3ギガバイトでは少ないため、プラン変更を検討している人もいました。LINEMOでプランを決める場合は、自身がどれだけデータをつかうかで決めましょう。

留守番電話の評判|料金がかかる

2つ目は、留守番電話に関する評判です。

留守番電話サービスが有料である点が、LINEMOの不満であるとの口コミがありました。ただし、留守番電話サービスは月額220円と安いため、あまり負担にはなりません。

実際に有料でも留守電がある点を高く評価している声も見られます。

着信が多い方は留守電オプションを利用すると良いでしょう。

手続きの評判|時間帯制限がある

3つ目は、手続きに対する評判です。

開通の手続きを実施した際、時間帯によって制限があったとされています。ただし、LINEMOからは公式に時間帯による制限は発表されていません。

また、手続きに関しては良い口コミも見られました。

手続きが簡単で、楽に契約できたようです。手続きに関しては賛否両論あるため、しっかりと評判を見ておきましょう。

eSIM対応の評判|手続きに時間がかかる

4つ目は、eSIM対応に関する評判です。

LINEMOでeSIMを利用する場合、手続きが難しいとの声が複数ありました。SIMロック解除やMNP予約番号など、あまりスマートフォンの操作に慣れていない人であれば、難しく感じます。

ただし、eSIMの手続き自体は他社とほとんど変わらないため、慣れている人は問題ありません。

キャリアメールの評判|利用できず不便

5つ目は、キャリアメールに関する評判です。

LINEMOではキャリアメールがないため、メールアドレス関係の設定をし直さなければいけないとの声がありました。そのため、すぐにメールアドレスが必要なサービスを利用できないため不便です。

また、乗り換え前のメールアドレスを継続してつかいたい場合は、各キャリアの持ち運びサービスを利用しましょう。

3.LINEMOの評判からわかるメリット11選

LINEMOの評判からわかるメリットは、以下の11つです。

  1. ソフトバンク回線が利用できるので安定している
  2. ミニプランが月額990円と圧倒的に安い
  3. データ使用量に合わせて2つのプランから選べる
  4. 格安SIMのなかで一番速い
  5. LINEギガフリーでデータ消費しない
  6. 乗り換えキャンペーンが豊富
  7. 初期費用や解約金が不要
  8. 契約期間の縛りがない
  9. 最新のiPhone15にも対応
  10. eSIM切り替えの対応が早くオンラインで手続き可能

それでは、詳しくチェックしていきましょう。

ソフトバンク回線が利用できるので安定している

1つ目のメリットは、ソフトバンク回線が利用できるため安定していることです。

通常の格安SIMであれば、大手キャリアの回線を一部利用しているため、時間帯や利用者数によっては回線が混み合います。そのため、速度の低下や不安定さにつながってしまいます。

しかしLINEMOではソフトバンク回線をつかっているため、時間帯や利用者に関係なく通常のキャリア回線と同様の安定感で、インターネットが利用可能です。また、利用可能エリアもソフトバンク回線と同様のため、都市部だけでなく幅広いエリアで利用できます。

回線の安定感を求めている人は、LINEMOを利用しましょう。

ミニプランが月額990円と圧倒的に安い

プラン

出典:LINEMO

2つ目のメリットは、ミニプランが月額990円からと圧倒的に安いことです。

LINEMOには2つのプランが展開されていますが、3ギガバイトのミニプランは月額990円で利用できます。また、20ギガバイトのプランであっても、月額2,728円と決して高くありません。

以下の表では、LINEMOのミニプランと他社の料金プランを比較しました。

格安SIM月額料金
LINEMO990円~
楽天モバイル1,078円
ahamo2,970円
UQモバイル1,078円~

出典:LINEMO
出典:楽天モバイル
出典:ahamo
出典:UQモバイル

楽天モバイルやahamoなど大手の格安SIMと比べても、安いのがわかります。できるだけ安く格安SIMをつかいたい場合は、LINEMOを選びましょう。

データ使用量に合わせて2つのプランから選べる

3つ目のメリットは、データ使用量に合わせて2つのプランから選べることです。以下の表では、2つのプランを比較しました。

プラン名データ使用量月額料金データ使用量超過後の速度
ミニプラン3ギガバイト990円300kbps
スマホプラン20ギガバイト2,728円1Mbps

出典:LINEMO

ミニプランが3ギガバイトで月額990円なのに対し、スマホプランは20ギガバイトになる分だけ月額2,728円と高くなります。また、データ使用量が超過してしまった場合、スマホプランでは1Mbpsと気になるほど速度は低下しません。

あまりスマートフォンをつかわず月額料金を抑えたい人には、ミニプランがおすすめです。毎月のデータ使用量が多く、超過後も安定してスマートフォンをつかいたい人には、スマホプランが適しています。

格安SIMのなかで一番速い

何よりも回線の速度と安定性を重視する場合は、LINEMOがおすすめです。

下図は25社の格安SIMの速度計測結果をグラフ化したものです。

格安SIM25社の速度ランキング

速度計測は、計測アプリ「5GMARK」を使って最も回線が混みやすい下記3つの時間帯で行いました。

<時間帯>

  • 平日朝8~10時:通勤中の会社員・学生が使うので回線が混みやすい
  • 平日昼12~13時:お昼休みでみんなが使うので回線が混みやすい
  • 平日夕方18~19時:帰宅中の会社員・学生が使うので混みやすい

<エリア>

  • 東京都港区:人口の多い都心部や規模の大きな駅周辺等は混みやすい

上記のグラフを見ると、25社中、LINEMOの通信速度は1番速いことが確認できます。

また、LINEMOユーザーの口コミを調査したところ、「動画を視聴しても速度が落ちない」といった評判が目立ちました。

  • 動画を視聴し続けても読み込み速度が遅くならない
  • ソフトバンクと同じ通信速度で快適

口コミ・評判

20代 宮城県在住 女性  総合点数:80
 回線速度:★★★★☆4 料金:★★★★☆4
 契約のスムーズさ:★★★☆☆3 オプション:★★★☆☆3
◆契約して良かった点
契約して良かった点は、通信速度が向上して、動画を1時間以上に渡って視聴し続けていても、ほとんど読み込み速度が遅くならなくなった点です。

口コミ・評判

50代 三重県在住 男性  総合点数:85
 回線速度:★★★★☆4 料金:★★★★☆4
 契約のスムーズさ:★★★★★5 オプション:★★★★☆4
◆契約して良かった点
LINEMOはソフトバンクの自社回線を使っているそうなので、ソフトバンクと同じ通信速度で快適にインターネットが楽しめて満足しています。

以上のことから、LINEMOは回線の速度と安定性を求める人におすすめです。

LINEギガフリーでデータ消費しない

LINEMOでは、LINEアプリで使ったデータ容量がカウントされない「LINEギガフリー」(※一部LINEギガフリーの対象外あり)が利用できます。

lineギガフリー出典:ソフトバンク

画像や動画のやりとり、通話などがデータ容量を消費せずに使えるため、LINEの利用が多い場合は大きなメリットと言えるでしょう。

乗り換えキャンペーンが豊富

出典:LINEMO

7つ目は、乗り換えキャンペーンが豊富であることです。まず、LINEMOでは、他社からの乗り換えで、月額料金が最大12ヵ月分無料になるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの具体的な内容は、以下のとおりです。

キャンペーン内容

  • PayPayポイントを6ヵ月間毎月990円分、最大で5,940円分もらえる
  • PayPay決済にて、1回2,000円分を上限とし最大6,000円分のPayPayポイントがもらえる

もらえる最大額を月額料金で換算すると、ミニプランで12ヵ月分、スマホプランで4ヵ月分となります。

また、ソフトバンクやワイモバイル、LINEモバイルから乗り換えた場合のキャンペーンも実施中です。

乗り換えキャンペーン

出典:LINEMO

キャンペーンの適用で、初月分の料金が無料になります。他社からLINEMOに乗り換えたい場合は、キャンペーンも利用しましょう。

初期費用や解約金が不要

8つ目は、初期費用や解約金が不要である点です。

格安SIMによっては、契約手数料やSIMカードの発行手数料など、さまざまな初期費用がかかります。しかしLINEMOでは各種手数料が発生しないため、月額料金以外支払う必要がありません。

また、解約金がかからないほかMNP転出や番号移行の手数料も無料です。そのため、事情がありLINEMOの契約が続けられない場合でも、気軽に解約できます。

契約期間の縛りがない

9つ目は、契約期間に縛りがないことです。

通常の格安SIMやキャリアでは、2年や3年などに渡って契約期間を設定しているケースが多いです。LINEMOには契約期間が設定されていないため、好きなタイミングで契約や解約ができます。

また、解約金がかからないため、余分な負担がかかる心配もありません。

最新のiPhone15にも対応

10つ目は、最新のiPhone15にも対応していることです。

2023年9月のiPhone15発売前時点では、公式から「つかえる」との明確な情報は発信されていません。しかし、これまで販売されてきたiPhoneがつかえることや、ソフトバンクが運営する格安SIMであることから、iPhone15がつかえる可能性は高いです。

これから最新機種に変更しようと考えている人も、安心してLINEMOに契約できます。

eSIM切り替えの対応が早くオンラインで手続き可能

11つ目は、eSIM切り替えの対応が早く、オンラインで手続きが可能である点です。

まず、eSIMに切り替える際、LINEMOでは他社よりも早く対応してくれます。実際に、他社では数日かかるところを、LINEMOでは10分で対応してもらえたとの口コミがありました。

eSIMの切り替えが早いと、契約後すぐにLINEMOを利用できます。できるだけ早く、格安SIMをつかいたい人におすすめです。

また、手続きもオンラインで実施できるため、店舗まで通う必要がありません。そのため、営業時間を気にしたり仕事を休んだりする必要なく、好きなタイミングで手続きができます。

4.LINEMOの評判からわかるデメリット9選

LINEMOの評判からわかるデメリットは、以下の9つです。

  1. 留守番電話サービスが有料
  2. 中間のギガ数がない
  3. キャリアメールに対応してない
  4. 自分で端末購入が必要
  5. 『みんな家族割』『おうち割光セット』は利用不可
  6. 契約はオンラインのみ(サポートもなし)
  7. Yahoo!プレミアム特典がない
  8. データ繰り越しに対応していない
  9. 20ギガバイトプランはお得とはいえない

それでは、詳しくチェックしていきましょう。

留守番電話サービスが有料

1つ目は、留守番電話サービスが有料である点です。

LINEMOでは留守番電話サービスが無料で利用できず、月額料金とは別途で料金を支払わなければいけません。無料で留守番電話サービスが利用できるキャリアや格安SIMもあるため、割高に感じてしまいます。

ただし、LINEMOの留守番電話サービスは、月額220円と安いです。そのため、大きな負担がかかる心配はありません。

中間のギガ数がない

2つ目は、中間のギガ数がないことです。

LINEMOでは、3ギガバイトのミニプランと20ギガバイトのスマホプランのみ展開されています。5ギガバイトや10ギガバイトなど、中間のギガ数がないため不便に感じるとの声も多いです。

特に3ギガバイトのミニプランに関しては、データ使用量超過後に速度が300kbpsに落ちてしまいます。そのため、LINEMOはほとんどスマートフォンをつかわない人か、かなり頻繁につかう人のどちらかにおすすめです。

キャリアメールに対応してない

3つ目は、キャリアメールに対応していない点です。そのため、メールアドレスを継続してつかいたい場合は、各キャリアが展開するメールアドレス持ち運びサービスを利用しなければいけません。キャリアによって異なりますが、基本的に1つのメールアドレスあたり月額330円ほどかかります。

また、料金をかけたくない場合は、GメールやiCloudメールなどのフリーアドレスをつかわなければいけません。LINEMOは、キャリアメールをつかいたい人には不向きです。

自分で端末購入が必要

4つ目は、自分で端末購入が必要なことです。

LINEMOでは、格安SIMの契約はできるものの端末自体は販売されていません。そのため、使用する端末は自分で購入するか、これまでの端末を継続して利用する必要があります。

格安SIMによっては端末も販売しており、格安SIMサービスと一緒に契約できます。LINEMOは他社のようにセットで契約できないため、手間や手続きも多いです。

できるだけ手間をかけずに契約したい人は、LINEMOではなく端末購入も可能な格安SIMを選びましょう。

『みんな家族割』『おうち割光セット』は利用不可

5つ目は、みんな家族割』や『おうち割光セット』が利用できないことです。

みんな家族割であれば毎月最大1,210円、おうち割光セットであれば毎月1,100円の割引が受けられます。しかし、LINEMOは同じソフトバンクが運営元ですが、各割引が受けられません。そのため、ケースによってはキャリアのほうがお得だったり、ほとんど料金が変わらなかったりする可能性もあります。

LINEMOに契約する際は、事前に料金と割引額を確認しておきましょう。

契約はオンラインのみ(サポートもなし)

6つ目は、契約がオンラインのみ可能である点です。サポートも、オンラインでのみ受け付けています。

オンラインは好きなタイミングで契約できるメリットがある反面、疑問点があってもすぐに解決できません。また、サポートもオンラインのみのため、サポートセンターと何度もやり取りをする可能性があります。

契約方法やつかい方など、店舗のスタッフにじっくり教えてもらいたい人は、LINEMO以外の格安SIMをおすすめします。

Yahoo!プレミアム特典がない

7つ目は、Yahoo!プレミアム』特典がないことです。

Yahoo!プレミアムでは、PayPayポイントの付与や雑誌の読み放題、旅行予約時の割引などさまざまなサービスが受けられます。しかし、LINEMOの場合はYahoo!プレミアムが利用できず、特典が受けられません。

また、LINEMO契約前にYahoo!プレミアムを利用していても、自動で解約されてしまいます。Yahoo!プレミアムを楽しみたい場合、LINEMOは適していません。

データ繰り越しに対応していない

8つ目は、データ繰り越しに対応していないことです。そのため、データ使用量が余っても、月が変われば1からにリセットされてしまいます。

UQモバイルやmineoなどではデータ使用量が繰り越せるため、不便に感じてしまいます。LINEMOを利用する際は、3ギガバイトと20ギガバイトでつかいきれるプランを選びましょう。

20ギガバイトプランはお得とはいえない

9つ目は、20ギガバイトがお得とはいえないことです。以下の表では、格安SIMが展開する20ギガバイトプランの料金を比較しました。

格安SIM20ギガバイトプランの月額料金
LINEMO2,728円
楽天モバイル2,178円
ワイモバイル2,970円(25ギガバイトまで利用可能)

出典:LINEMO
出典:楽天モバイル
出典:ワイモバイル

楽天モバイルと比べても、550円ほど高いです。また、25ギガバイトまでつかえるワイモバイルと比較しても、決してお得とはいえません。

3ギガバイトではなく20ギガバイトのプランを希望する場合は、他社のメリットやデメリットも確認したうえで、自分に適した格安SIMを選びましょう。

5.LINEMOは他の格安SIMとどっちがお得?

次にLINEMOと他の格安SIMを比較して見てみましょう。ここで紹介する格安SIMは以下のとおりです。

格安SIMデータ容量・月額料金電話料金通信回線割引(家族割など)キャンペーン
LINEMO3GB:990円
20GB:2,728円
22円/30秒
※かけ放題オプションあり
ソフトバンク適用なし

・3GBプランが12ヵ月実質無料
・20GBが4ヵ月実質無料

ahamo20GB:2,970円
100GB:4,950円
22円/30秒
※5分かけ放題が標準で付帯
※かけ放題オプションあり
ドコモ適用なし

・ahamo光加入で10,000dポイント
・乗り換えで5,000dポイント

povo基本料金:0円
24時間使い放題:330円
1GB:390円
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
22円/30秒
※かけ放題オプションあり
au適用なし

・乗り換えでauPAY8,000円相当還元
・eSIM新規加入で7日間データ使い放題

UQモバイルトクトクプラン(1GB~15GB):990円~2,178円
コミコミプラン(~20GB):3,278円
ミニプラン(~4GB):1,078円
22円/30秒
※かけ放題オプションあり
※コミコミプランは10分以内の国内通話無料
au自宅セット割:-1,100円
auPayカードお支払い割:-187円

・UQ mobile オンラインショップ限定 au PAY10,000円還元
・合計5,000pontaポイントプレゼント
・Amazonプライム3ヵ月無料

楽天モバイル段階的に料金が変化
~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
22円/30秒
※専用アプリ利用で無料
楽天回線適用なし

・iPhone購入で最大19,000ポイント還元
・Android購入で最大44,000円お得
・スマホ/Wi-Fi端末1円キャンペーン

ワイモバイル~3GB:990円
~15GB:2,090円
25GB:2,970円
22円/30秒
※かけ放題オプションあり
ソフトバンク・家族割:-1,188円
・おうち割:-1,188円

・PayPay最大10,000円が当たる
・PayPayポイント最大15,000円プレゼント

※UQモバイル・ワイモバイルは割引適用後の料金

各社のSIMを比較して、自分にとって最適なスマホキャリアを見つけましょう。

LINEMOとahamoの比較

ahamo

出典:ahamo

スマホキャリアLINEMOahamo
データ量・月額料金3GB:990円
20GB:2,728円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
通話料22円/30秒
※かけ放題オプションあり
22円/30秒
※5分かけ放題が標準で付帯
※かけ放題オプションあり
通信回線ソフトバンクドコモ
割引適用なし適用なし
キャンペーン・3GBプランが12ヵ月実質無料
・20GBが最大7ヵ月実質無料
・ahamo光加入で10,000dポイント
・乗り換えで5,000dポイント

ahamoはLINEMOと比較すると以下の違いがあります。

  • 100GBの大容量プランがある
  • 5分かけ放題が標準で付帯している
  • ドコモの家族割にカウントされる

ahamoは大容量プランの100GBがある格安SIMなので、月額のデータ利用料が多い方におすすめです。ゲームや動画視聴などを頻繁に行う方は、十分な容量を利用できるでしょう。

また特別なオプションに加入することなく、5分かけ放題が付帯されているのも嬉しいポイント。ドコモの家族割は利用できませんが、1回線としてカウントされるので家族にドコモユーザーがいる場合はその家族の利用料金がお得になります。

「大容量プランやお得なかけ放題が欲しい」「家族もお得にドコモ回線を利用したい」という方は、ahamoの利用がおすすめです。ahamoについて詳しく知りたい方は、『【知らないと損!】ahamo(アハモ)の全知識を元スマホ販売員が徹底解説』も一読してください。

また下記公式サイトから詳しい説明を見るのもおすすめです。

簡単
1分
ahamo申込サイトへ

ahamoの手続きに関する注意事項
注意事項
サービス全体ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
サポートahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は「ahamoWebお申込みサポート」(税込3,300円)をご利⽤ください。
なお、お申込み時の端末操作はお客さまご⾃⾝で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移⾏などは本サポートの範囲外となります。
端末初期設定およびデータ移⾏の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)」を別途お申込みください。
お客さまのご要望に基づき、ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を⾏うものです。
お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を⾏うものです。
オンライン⼿続きサイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。
月額料金機種代⾦が別途かかります。
国内通話料金5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
海外パケット通信15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。
端末のご契約ご利⽤端末がドコモで提供している通信⽅式とは異なる通信⽅式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利⽤いただくことはできません。ご利⽤中の機種が対応しているかはahamoサイトにてご確認ください。
SIMカードのご契約MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

LINEMOとpovoの比較

povo

出典:povo

スマホキャリアLINEMOpovo
データ量・月額料金3GB:990円
20GB:2,728円
基本料金:0円
24時間使い放題:330円
1GB:390円
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
通話料22円/30秒
※かけ放題オプションあり
22円/30秒
※かけ放題オプションあり
通信回線ソフトバンクau
割引適用なし適用なし
キャンペーン・3GBプランが12ヵ月実質無料
・20GBが最大7ヵ月実質無料
・乗り換えでauPAY8,000円相当還元
・eSIM新規加入で7日間データ使い放題

povoとLINEMOの大きな違いは以下のとおりです。

  • 基本料金が0円
  • 使いたいデータ量をトッピングして利用できる
  • 乗り換えキャンペーンで8,000円auPAYがもらえる

povoはauが提供している格安SIMで、基本料金0円で利用できます。最大の特徴はデータトッピングで自由に必要なデータを購入できる点。状況や用途に合わせてその都度ギガを購入できるので無駄がありません。

例えば、日常的には毎月3GBのみを購入し、出張や旅行の時だけ20GBや24時間使い放題を購入するといった使い方もできます。データトッピングをしなければ料金がかからないので、いざというときの第二回線として利用するのもおすすめです。

今なら乗り換えキャンペーンで8,000円auPAYを受け取れるので、この機会を逃さないようにしましょう。詳しく知りたい方は『知らないとやばい!povoの全デメリット(注意点)とメリットをプロが徹底解説』、もしくは下記ボタンから公式サイトを見てみてくださいね。

簡単
1分
povo申込サイトへ

LINEMOとUQモバイルの比較

UQモバイル

出典:UQモバイル

スマホキャリアLINEMOUQモバイル
データ量・月額料金3GB:990円
20GB:2,728円
トクトクプラン(1GB~15GB):990円~2,178円
コミコミプラン(~20GB):3,278円
ミニプラン(~4GB):1,078円
通話料22円/30秒
※かけ放題オプションあり
22円/30秒
※かけ放題オプションあり
※コミコミプランは10分以内の国内通話無料
通信回線ソフトバンクau
割引適用なし自宅セット割:-1,100円
auPayカードお支払い割:-187円
キャンペーン・3GBプランが12ヵ月実質無料
・20GBが最大7ヵ月実質無料
・UQ mobile オンラインショップ限定 au PAY10,000円還元
・合計5,000pontaポイントプレゼント
・Amazonプライム3ヵ月無料

UQモバイルはauが展開する格安SIMで、LINEMOとは以下の違いがあります。

  • データ容量に合わせた3つのプランを用意
  • 余ったデータは翌月に繰り越せる
  • auの自宅セット割やauPayカードお支払い割が利用できる

UQモバイルではデータ容量に合わせた3つのプランを展開しており、LINEMOより幅広いプランから選択できます。特にコミコミプランは料金はLINEMOよりも高くなるものの、20GBに10分以内の国内通話無料のオプションがついています。連絡手段として電話を頻繁に利用する方は、通信費を節約できるでしょう余ったデータは繰り越しも可能なので、ギガを無駄にすることもありません。

また、自宅の光回線や電気をauを利用している方は、セット割が適用されるのも魅力。auサービスで統一することで、スマホ料金もお得になりますよ。気になる方は『完全保存版!UQモバイルでおすすめの料金プランと最もお得な契約方法』を一読するか、下記ボタンから詳しい内容をチェックしましょう。

簡単
1分
UQモバイル申込サイトへ

LINEMOと楽天モバイルの比較

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

スマホキャリアLINEMO楽天モバイル
データ量・月額料金3GB:990円
20GB:2,728円
段階的に料金が変化
~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
通話料22円/30秒
※かけ放題オプションあり
22円/30秒
※専用アプリ利用で無料
通信回線ソフトバンク楽天回線
割引適用なし適用なし
キャンペーン・3GBプランが12ヵ月実質無料
・20GBが最大7ヵ月実質無料
・iPhone購入で最大19,000ポイント還元
・Android購入で最大44,000円お得
・スマホ/Wi-Fi端末1円キャンペーン

楽天モバイルは楽天が独自に提供している格安SIMで、LINEMOと比較すると以下の違いがあります。

  • 利用データ量に合わせて料金が変化
  • どんなに使っても上限3,278円
  • 専用アプリ利用でキャリア問わず通話料無料

楽天モバイルが提供している「楽天最強プラン」は、利用データ量に合わせて月額料金が変化するので経済状況に合わせて柔軟にスマホ料金をコントロールできます。

またデータ容量は無制限に利用できるので、どんなに使ったとしても3,278円以上になることはありません。スマートフォンを頻繁に利用する方でも、料金を気にせずインターネットを楽しめます。

また専用アプリの「Rakuten Link」を利用することで、通話料無料で電話が可能です。相手のキャリアに関係なく利用できるので、多くの方が月額の通信費をお得にできるでしょう。

楽天モバイルをより詳しく知りたい方は『LINEMOと楽天モバイルを元販売員が徹底比較!料金・特徴の違いを紹介』もしくは、下記ボタンから公式サイトを見てみましょう。

簡単
1分
楽天モバイル申込サイトへ

LINEMOとワイモバイルの比較

ワイモバイル

出典:ワイモバイル

スマホキャリアLINEMOワイモバイル
データ量・月額料金3GB:990円
20GB:2,728円
~3GB:990円
~15GB:2,090円
25GB:2,970円
通話料22円/30秒
※かけ放題オプションあり
22円/30秒
※かけ放題オプションあり
通信回線ソフトバンクソフトバンク
割引適用なし・家族割:-1,188円

・おうち割:-1,188円

キャンペーン・3GBプランが12ヵ月実質無料
・20GBが最大7ヵ月実質無料
・PayPay最大10,000円が当たる
・PayPayポイント最大15,000円プレゼント

※ワイモバイル料金は割引適用後

ワイモバイルはLINEMOと同様にソフトバンクが提供する格安SIMですが、以下の違いがあります。

  • データ繰り越しが利用できる
  • ソフトバンクの家族割やおうち割が適用される
  • PayPayに関するキャンペーンが豊富

ワイモバイルはLINEMOにはない、データ繰り越しが利用できる点が強みです。利用しなかったギガは翌月に利用できるので、通信料を無駄なく活かせます。

またソフトバンクの家族割やおうち割が適用されるので、家族がソフトバンク回線を利用している方やソフトバンク光を利用している方には特におすすめです。PayPayに関するキャンペーンも多く開催しているので、日常的にPayPay決済が多い方にとっては魅力でしょう。

より詳しい解説は『ワイモバイルと格安SIM20社を徹底比較!通信速度や料金の全知識』や下記ボタンから公式サイトを覗いてみてください。

簡単
1分
ワイモバイル申込サイトへ

6.LINEMOがおすすめな人

結論、LINEMOの利用は以下の人におすすめです。

“LINEMOがおすすめな人”

  • LINEの利用頻度が多い人
  • 家族割や光割などの適用がない人
  • 低容量をお得に使いたい人

LINEMOの最大の特徴はLINEギガフリーや一部のLINEスタンプが使い放題など、LINEサービスが充実している点。そのため、日常的にLINEを利用する方はメリットを最大限に活かせるでしょう。

またLINEMOは家族割や光割の適用がないので、光回線を利用していない単身世帯の方にぴったり。むしろ光割や家族割のある格安SIMは、割引を前提に料金設定しているケースもあるので適用されない場合は割高です。

LINEMOは割引を適用せずとも料金が低価格なので、通信費を抑えたい一人暮らしの方におすすめです。特に3GBは月額990円と低価格なので、低容量で満足できる方には最適な格安SIMといえるでしょう。現在は12ヵ月基本料金が0円になるキャンペーンも実施しているので、この機会を逃さないように下記ボタンから契約しましょう。

簡単
1分
LINEMO申込サイトへ

7.LINEMOがおすすめでない人

LINEMOがおすすめでない人は、以下のとおりです。

“LINEMOがおすすめでない人”

  • 家族が別の回線や光回線を利用している
  • LINEの使用頻度が低い
  • 20GB以上の大容量を使いたい

LINEMOは家族割や光割の適用がないので、すでに家族が別回線を利用している場合や自宅に光回線を利用している場合はそれらのキャリアと合わせた方がお得です

またLINEの使用頻度が少ない方は、メリットを活かしきれないのでLINEMOを選択する必要性は少ないでしょう。最大でも20GBまでのプランしかないので、大容量プランを臨む方には物足りなく感じることも考えられます。

大容量のスマホキャリアをお探しの場合はahamoか楽天モバイルがおすすめです。それぞれのメリットは『【知らないと損!】ahamo(アハモ)の全知識を元スマホ販売員が徹底解説』や『LINEMOと楽天モバイルを元販売員が徹底比較!料金・特徴の違いを紹介』で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

8. LINEMOのお得なキャンペーン

2023年9月現在、LINEMOでは以下のキャンペーンを実施しています。

キャンペーン名内容期限
おトクすぎて、あぁ、も~~キャンペーンミニプランに新規または乗り換えで12ヵ月基本料が実質0円。2023/8/17(木) ~ 終了日未定
LINEMO 秋の大感謝祭他社からスマホプランに乗り換えで1万6,000円相当のPayPayポイントと最大20%のPayPayポイント還元2023/9/15(金) ~ 2023/10/02(月)
通話オプション割引キャンペーン2LINEMOに契約して通話オプションに加入すると7カ月間、5分以内の国内通話が無料2023/7/4(火)〜 終了日未定
基本料初月0円特典ソフトバンク、ワイモバイルからの乗り換えで基本料金初月無料2023/1/18(水) ~ 終了日未定

1年間基本料無料で利用できるキャンペーンもあるので、この機会を逃さないようにしましょう。

キャンペーン①.おトクすぎて、あぁ、も~~キャンペーン

キャンペーン①.おトクすぎて、あぁ、も~~キャンペーン出典:LINEMO

「おトクすぎて、あぁ、も~~キャンペーン」はミニプランに新規または他社からの乗り換えで、12ヵ月間基本料金が実質無料になるキャンペーンです。

12ヵ月間、毎月月額基本料990円相当のPayPayポイントがもらえるので、1年間通信費をかけずに利用することも可能です。LINEMOはそもそもPayPay支払いに対応しているので、もらったポイントでそのまま料金を支払えます。

通信費を一切かけずに1年間を過ごせるこの機会を逃さないようにしましょう。

簡単
1分
LINEMO申込サイトへ

キャンペーン②.LINEMO 秋の大感謝祭

キャンペーン②.LINEMO 秋の大感謝祭出典:LINEMO

LINEMO秋の大感謝祭は他社からスマホプランに乗り換えた場合に、以下2つの特典がもらえるキャンペーンです。

  • 1万6,000円相当のPayPayポイント
  • 期間中に加盟店で決済した場合最大20%(上限4,000円/1回2,000円まで)還元

つまり、最大で2万円分のPayPayポイントがもらえるので、20GBの大容量プランもお得に乗り換えや契約ができます。

スマホプランは月額2,728円なので、実質7カ月の基本料金が無料になるとも考えられます。期限は10月2日までとなっているので、大容量プランもお得に利用できるこの機会をぜひ逃さないようにしてくださいね。

簡単
1分
LINEMO申込サイトへ

キャンペーン③.通話オプション割引キャンペーン2

キャンペーン③.通話オプション割引キャンペーン2出典:LINEMO

「通話オプション割引キャンペーン2」はLINEMOに契約して通話オプションに加入すると、7カ月間オプション料金が無料になるキャンペーンです。

国内通話5分かけ放題オプション(税込550円)が無料になるので、通話料をお得にすることができます。「おトクすぎて、あぁ、も~~キャンペーン」などと併用すれば、基本料金と通話料金の両方を無料にできるので、完全に通信費をかけない生活を送れますよ。

また完全かけ放題の通話定額プラン(税込1,650円)も1,100円で利用できるので、電話の利用頻度が多い方にも嬉しいキャンペーンです。

基本料だけでなく、通話料もお得にしたい方は下記ボタンから契約して本キャンペーンにエントリーしてみましょう。

簡単
1分
LINEMO申込サイトへ

キャンペーン④.基本料初月0円特典

キャンペーン④.基本料初月0円特典出典:LINEMO

「基本料初月0円特典」はソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えでも、基本料金が初月無料になるキャンペーンです。

ソフトバンク系列からの乗り換えでも、基本料金無料になるので契約初月に二重で月額料金がかかる心配もありません。LINEMOはソフトバンクやワイモバイルよりも月額料金が安く設定されているので、この機会に乗り換えてみましょう。

簡単
1分
LINEMO申込サイトへ

9. LINEMOの申し込み方法と注意点

この章では、LINEMOの申し込み方法を申し込み前の注意点とともに詳しく解説します。

事前に確認しておくべき契約内容

まずは、LINEMOの契約内容の詳細から解説していきます。

対応端末

LINEMOでは、現在使っているスマホをそのまま利用することができます。

そのため、契約時には以下2つの方法のどちらかを選択できます。

  1. LINEMO公式サイトで販売されている端末を購入する
  2. 手持ちの端末を利用する

ただし、SIMフリーのスマホでない場合は、SIMロック解除の操作が必要となります。

SIMロックの解除方法については、のちほど詳しく解説します。

動作確認済み端末は、以下のリンクから事前にご確認ください。

LINEMOで利用できる利用端末

LINEMOで利用できる端末

契約事務手数料

LINEMOの契約時にかかる事務手数料は無料です。

MNP転出料金

他のキャリアへ電話番号を引き継いで乗り換えるときにかかる「MNP転出手数料」は無料です。

LINEMOからMNP転出する際は、以下のように手続きを行います。

  1. MNP予約番号を発行
  2. 転出先の携帯電話事業者、格安SIM業者にてMNP転入手続きをする
  3. 転出先でのMNP転入手続き完了後、自動解約となる

支払方法

支払方法は、「クレジットカード」または「口座振替」のいずれかから選択が可能です。

申し込み方法

ここでは、LINEMOの申し込み方法について詳しく解説します。

LINEMOの申し込み時に必要なもの

LINEMOの申し込みの際には、以下の4つを事前に準備しておきましょう。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • 連絡用メールアドレス
  • MNP予約番号

上記の「MNP予約番号」とは、転出元の大手携帯会社で取得できる番号です。

他社からLINEMOに乗り換える際、これまで利用していた電話番号を引き継ぎたい場合に必要になります。

LINEMO申し込み手順

LINEMOは、以下の手順で簡単に申し込むことができます。

  1. LINEMO公式サイトにアクセスする
  2. 「お申し込みはこちら」をクリックする
  3. 上記4つを準備して「お申し込み手続きへ」をクリックする
  4. サービス内容を入力する
  5. ご契約者さま情報を入力する
  6. お支払い情報を入力する

申し込みが完了したら、確認メールとSIMカードの配送を待ちましょう。

LINEMO公式

LINEMO公式サイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

SIMカードが届いたら、LINEMOの初期設定と各種設定ページの案内通りに初期設定をすれば、スマホが使えるようになります。

次章では、上記で触れた「MNP予約番号」について詳しく解説します。

10. LINEMOへの乗り換え(MNP)の全手順

他のキャリアからLINEMOへプランを乗り換えるときは、電話番号移行のため、「MNP予約番号」と呼ばれる10桁の番号を入手する必要があります。

この章では、MNP予約番号取得方法を以下の2つに分けて解説します。

それでは詳しく見ていきましょう。

大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

大手3社のMNP予約番号取得窓口は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア電話WEB店舗手数料
ドコモ・携帯から:151へ電話
・一般電話から:0120-800-000へ電話
(受付時間:9:00〜20:00)
My docomoドコモショップ無料
au一般電話/携帯電話共通: 0077-75470
(受付時間:9:00〜20:00)
My auauショップ無料
ソフトバンク・携帯電話から: *5533へ電話
・一般電話から: 0800-100-5533へ電話
(受付時間:9:00〜20:00)
My SoftBankソフトバンク
ショップ
無料

上記を参考に手続きすれば、簡単にMNP予約番号が発行できます。

他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMからLINEMOに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  • 電話による予約番号取得
  • WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア取得方法MNP予約受付窓口MNP転出手数料
ワイモバイル電話151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル電話/WEB0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル電話/WEB0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル電話/WEB0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル電話/WEB0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
楽天モバイルWEBメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き無料
LINEモバイルWEBマイページの「MNP転出・解約」から手続き無料
OCN モバイル ONEWEBマイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き無料
IIJmioWEBマイページの「MNP予約番号発行」から手続き無料
b-mobileWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
日本通信SIMWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
y.u mobileWEBマイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き無料
NUROモバイルWEBご利用者向けページから手続きなし
DTIWEBMyDTIから手続き無料
NifMoWEB「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き無料
ロケットモバイルWEB解約URLから手続き無料
HISモバイルWEBMy HISモバイルから手続き無料
mineoWEBマイページから手続き無料
LIBMO電話/WEB0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き
無料
エキサイトモバイルWEBBB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き無料
J:COMモバイルWEBJ:COMマイページから手続き無料
スマモバWEBマイページから手続き無料

※電話手続きの場合は1,100円

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

11.SIMロック解除の全手順

この章では、SIMロックがかかっているスマホをLINEMOで使用するための「SIMロック解除方法」を詳しく解説していきます。

SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

2021年10月1日から「SIMロック原則禁止」に

総務省の定めた「移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン(改正版)」により、2021年10月1日からSIMロックは「原則禁止」となりました。

そのため、2021年10月1日前後に販売された端末は、SIMロック解除をしなくても乗り換え先で使える可能性があります。

SIMロックがかかっているか不明な場合は、端末を購入したキャリアで確認しましょう。

動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

LINEMOで利用できる利用端末

LINEMOで利用できる端末

動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

ドコモのSIMロック解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

auのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My auからの手続きなら無料
  • au Style/auショップでは3,300円

ソフトバンクのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

章では、LINEMOを本当に選んで大丈夫なのか確かめるため、格安SIMのそもそもの選び方から解説していきます。

12. LINEMO評判のよくある質問

最期にLINEMOの評判によくある質問に回答します。

  1. LINEMOの通話品質は優れている?
  2. ソフトバンクからLINEMOに乗り換えできる?
  3. LINEMOでは機種変更できる?
  4. LINEをつかえばデータ通信量が消費されない?
  5. キャンペーンでもらえるPayPayボーナスの受け取り方は?
  6. LINEMOの契約後、SIMはいつ発送される?
  7. LINEMOは解約できる?
  8. 端末の不具合へのサポートは?

LINEMOに関する疑問をすべて解消して、契約しましょう。

LINEMOの通話品質は優れている?

LINEMOはソフトバンク回線を利用しているので、通話品質は優れています。特にLINE通話はデータ通信料にカウントされないので、通信速度の低下の影響を受ける心配もないでしょう。

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えできる?

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えることも可能です。ソフトバンクと比較して通信料が安いので、お得に利用できるケースも多いでしょう。

ただしソフトバンクからLINEMOへの乗り換えは利用できるキャンペーンが限られるので注意が必要です。ソフトバンクからLINEMOへの乗り換えの場合は、基本料金が初月のみ無料になります。

LINEMOでは機種変更できる?

LINEMOでは、機種変更できません。そのため、機種変更したい場合は、あらかじめ自分で機種を用意してから、LINEMOに契約しましょう。

LINEを使えばデータ通信量が消費されない?

LINEMOではLINEがギガフリーで使えるため、LINEで通話やメッセージのやりとりをする分には一切データを消費しません(※一部LINEギガフリーの対象外あり)

しかし、「LINEファミリーサービス」と呼ばれる以下の5つはLINEギガフリーの対象外となっています。

  • LINEマンガ
  • LINEゲーム
  • LINE MUSIC
  • ポイントクラブ
  • LINE Bank

また、以下のLINEアプリ内のサービスもギガフリーの対象外です。

  • LINE BITMAX
  • OpenChat
  • LINE LIVE
  • LINE Lite
  • トークでの位置情報の共有
  • トークでの「Shoppin’トーク」の利用
  • トークでの「ジフマガ」利用
  • トークの「みんなで見る」機能によるYouTube閲覧
  • ニュース記事詳細の閲覧
  • スタンプショップの利用
  • 着せかえショップの利用
  • 海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用

上記を利用した場合はデータが消費されるため注意しましょう。

キャンペーンでもらえるPayPayボーナスの受け取り方は?

PayPayボーナスの受け取りは以下の手順で行います。

  1. 開通日の翌々月末に登録したメールアドレス宛にPayPayギフトカードが届く
  2. PayPayギフトカード受け取り後、受取日を含めて30日以内にPayPayにチャージする

受け取り期間を過ぎてしまった場合の再発行はできないので要注意です。

LINEMOの契約後、SIMはいつ発送される?

LINEMOを契約してからSIMカードがいつ発送されるかは、申し込んだ時間と審査にかかった時間によって異なります。

審査にかかる時間は約1〜2時間。午前中に申し込み、12:00までに審査が通れば、最短当日中にSIMカードが発送されます。

審査通過時間が12:00以降だと、発送は翌日です。

LINEMOは解約できる?

LINEMOはいつでも解約できます。

解約金や乗り換えにかかる手数料は無料です。

解約したくなったときは、LINEMOの問い合わせ窓口から「乗り換え・解約」の手順通りに進めましょう。

端末の不具合へのサポートは?

端末に不具合があった場合は以下のとおりに対処します。

  1. LINEMOの問い合わせ窓口に連絡
  2. 「問い合わせ内容」から「不具合」を選択

なお、サポートチャットの受付時間は9:00~20:00となります。

LINEMOの評判まとめ

LINEMOはソフトバンクが提供する格安SIMとして、良い評判が多いです。特にLINEギガフリーや通話品質、キャンペーンなどで高い評価を得ています。

今現在では12ヵ月基本料無料のキャンペーンも展開しているので、ぜひこの機会を逃さないようにしましょう。LINEMOに乗り換えてLINEをお得に利用したい方は、下記ボタンから実際に契約して使ってみてくださいね。

簡単
1分
LINEMO申込サイトへ

スマホ料金を安く抑えたいなら楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイルがおすすめ

2024年4月現在、スマホ料金を安く抑えたい人に最もおすすめなのは「楽天モバイル」です。

特に、月間3,278円(税込)で使えるデータ量無制限の「Rakuten最強プラン」は、自宅に光回線がなかったり、通学・通勤の途中で動画をたくさん見るニーズに合う人気のサービスです!

ahamoやLINEMOだと月の途中で通信制限になりがちですが、Rakuten最強プランなら何GBでも利用できます。無制限プランを利用したいなら、楽天モバイルを選びましょう!

\今なら乗り換えで12,000ポイントがもらえる/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る