格安SIM20社を徹底比較!ワイモバイルの通信速度や料金の全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

ワイモバイルの格安SIMが気になるけれど、「通信速度は速いの?」「料金プランはお得?」など、詳しいサービス内容がわからず困っていませんか?

結論、ワイモバイルは、大手キャリアと同等の高速通信サービスを圧倒的にお得な料金で利用できるおすすめの格安SIMです。

さらに、ソフトバンク回線を利用できるだけでなく、月額基本料金がお得になる割引キャンペーンを複数適用できます。

このページでは、5年のスマホ販売実績のある私が、ワイモバイルの料金プランに関する評判や口コミ、機種変更はオンラインがお得な理由を解説していきます。

  1. ワイモバイルの主要プラン「シンプルS/M/L」とは?
  2. ワイモバイルを選ぶべき5つのメリット
  3. ワイモバイルの評判・口コミ
  4. ワイモバイルの機種変更はオンラインがおすすめ!
  5. ワイモバイルをオンラインで機種変更する方法
  6. 本当にワイモバイルで大丈夫?知らないと失敗する格安SIMの選び方
  7. 格安SIM25社を徹底比較!あなたにあった格安SIMランキング

他にも、ワイモバイルの機種変更方法や自分にあった格安SIMの選び方もわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページは全て税込で表示しています。

1.ワイモバイルの主要プラン「シンプルS/M/L 」とは?

ここでは、ワイモバイルの主要プランの特徴について詳しく解説します。

様々なキャリアから新プランが発表される中、ワイモバイルでも従来のベーシックプランよりもお得な新料金プランが開始されました。

出典:ワイモバイル

そんなワイモバイルの主要プランの特徴は以下の通りです。

  1. 主要プランは「シンプルS/M/L」の3種類
  2. 家族割で1,188円の割引が適用
  3. 様々なキャンペーン割引を受けられる
  4. 10分以内の国内通話無料が有料オプション化

ワイモバイルの現在の主要プランは従来のプランよりも利用可能データ容量が増えたのにもかかわらず700円程度お得で、割引サービスも非常に充実しています。

それでは、以下でワイモバイルの主要プランのそれぞれの特徴について詳しく解説します。

1-1. 主要プランは「シンプルS/M/L」の3種類

出典:ワイモバイル

ワイモバイルの主要プランであるシンプルプランは、利用したいデータ容量に応じて以下の3種類があります。

<新プラン>
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金2,178円3,278円4,158円
月額データ容量3GB15GB25GB
データ容量超過後の通信速度300kbps1Mbps1Mbps
 対応通信方式4G・5G

<旧プラン>
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ベーシックSベーシックMベーシックR
月額料金2,948円 4,048円4, 928円
月額データ容量3GB10GB20GB
データ容量超過後の通信速度300kbps1Mbps1Mbps
対応通信方式4G

ワイモバイルの従来のプランであるベーシックプランに比べ、利用可能データ容量が増え、月額料金もお得となっています。

また、新プランでは4G・5Gの両方に対応しており、利用可能のデータ容量を超過した後の通信速度も高速となっています。

あなたにおすすめの料金プランは?

あなたにおすすめの料金プランは、スマホの使用目的別に以下の通りです。

  • メールやインターネットがメインの場合:「シンプルプランS」
  • アプリをたくさん利用する場合:「シンプルプランM」
  • 動画やゲームを利用する場合:「シンプルプランL」

それぞれの場合について、以下で詳しく解説します。

メールやインターネットがメインの場合:「シンプルプランS」

「シンプルプランS」は、データ通信容量が月々3GBと最も少ない料金プランです。

最もデータ通信容量が少ないため、月額料金も2,178円と最もお得になっています

そのため、メールやインターネットをメインに利用する場合には、少ないデータ容量で対応できるので、料金がお得な「シンプルプランS」がおすすめです。

アプリをたくさん利用する場合:「シンプルプランM」

「シンプルプランM」は、データ容量が15GBの料金プランです。

メールやインターネット以外にも、SNSや音楽アプリをたくさん利用する場合は、「シンプルプランM」がおすすめです。

動画やゲームを利用する場合:「シンプルプランL」

「シンプルプランL」は、データ容量が25GBの料金プランです。

メール・インターネット・アプリ以外にも、動画やゲームをたくさん利用する場合は、「シンプルプランL」がおすすめです。

1-2. 家族割で1,188円の割引が適用

出典:ワイモバイル

ワイモバイルの主要プランでは、2台目以降の契約の場合、月額料金が1,188円割引されます。

そのため、家族全員がワイモバイルを契約することで非常にお得となります。

例えば、家族4人でワイモバイルの新料金プランを契約し、家族割が適用された場合、3,564円(=3台×1,188円)もお得になるのです。

また家族割が適用された場合、主要プランの月額料金は以下の通りとなります。
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

シンプルSシンプルMシンプルL
通常料金2,178円3,278円4,158円
家族割適用後料金1,098円2,198円3,078円

この家族割は9回線まで適用されるので、家族が多ければ多いほどお得になります。

ただし、後ほど解説する「おうち光割セット」との併用はできないので注意が必要です。

1-3. 様々な割引キャンペーンを受けられる

ワイモバイルでは、様々な割引キャンペーンを随時開催しております。その中でも、特におすすめの割引キャンペーンが以下の通りです。

  1. おうち割光セット
  2. 60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン

それぞれのキャンペーンについて、以下で詳しく解説します。

おうち割光セット

出典:ワイモバイル

「おうち割光セット」は、以下の対象サービスのどちらかを利用している場合に、ワイモバイルのプラン月額料金が一台に毎月1,188円割引されるキャンペーンです。

【対象サービス】
  • SoftBank Air
  • SoftBank 光

出典:ワイモバイル

上記2つは、どちらもソフトバンクの光回線サービスです。

当キャンペーンの最大のポイントは、ワイモバイルを契約している家族全員のプラン料金が1,188円割引されるという点です。

先ほど解説した「家族割」と似ていますが、違いとしては「家族割」は2台目以降のプラン料金が毎月1,188円割引されるのに対し、この「おうち割」は1台目も含めて全て1,188円の割引を受けられるということです。

ただし、「ワイモバ学割」とのキャンペーン併用は可能ですが、「家族割」とのキャンペーン併用は不可ということになっていることに注意が必要です。

出典:ワイモバイル

なお、注意点として、毎月1,188円の割引を受けられるのは主要プランであるシンプルプランの場合であり、従来のプランであるベーシックプランの場合は月額550円の割引となってしまいます。

先ほども解説した通り、従来のプランよりも新料金プランの方がお得なのでプラン変更することをおすすめします。

60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン

出典:ワイモバイル

国内通話がかけ放題の通話定額オプションである「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料1,100円が、60歳以上の場合、永年無料となるキャンペーンです。

「スーパーだれとでも定額(S)」は、通話時間・回数ともに無制限、国内通話がかけ放題の通話定額サービスです。

60歳以上であり、Y!mobile(ワイモバイル)の新料金プランとスーパーだれとでも定額(S)を申し込めば、だれでも適用されるので非常に簡単に割引を受けられます。

<申し込み条件>

  1. Y!mobile(ワイモバイル)のシンプルS/M/Lへの加入
  2. スーパーだれとでも定額(S)に申し込む
  3. 60歳以上である

<キャンペーン期間>

2021年2月18日(木)~終了日時未定

1-4. 10分以内の国内通話無料が有料オプション化

ワイモバイルの新料金プランでは、従来のプランではプラン料金に含まれていた10分以内であれば無料の国内通話が有料オプションとなりました。

  • 10分以内の国内通話無料オプション:誰とでも定額(月額770円)

有料オプションとなった分、新料金プランでは各プランの月額料金が770円以上お得になっており、通話を頻繁に利用するか否かで使い分けられるようになりました。

ワイモバイル公式

ワイモバイル公式サイト
https://www.ymobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

2.ワイモバイルを選ぶべき5つのメリット

ワイモバイルを契約する場合のメリットは、以下の通りです。

  1. ソフトバンク回線を利用しており通信速度が安定している
  2. 割引キャンペーンでお得に契約することができる
  3. どのプランも家族割が適用され、自分の好みでプランを選べる
  4. Yahoo!プレミアム(月額508円)を無料で利用することができる
  5. テザリングを無料で利用することができる

それぞれのメリットについて以下で詳しく解説します。

2-1.ソフトバンク回線を利用しており通信速度が安定している

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして、ソフトバンクの自社回線を利用しているため、回線混雑時でも大手キャリアと同等の安定した通信速度を期待することができます。

さらに、ワイモバイルは「スマホベーシックプランM/R」「シンプルM/L」を対象に、速度制限時の最大通信速度が理論上「1Mbps」まで高速化されました。

「1Mbps」という通信速度は、auひかりやフレッツ光などといった光回線と同等の速度です。

ワイモバイルの通信速度と猫出典:ワイモバイル

したがって、格安SIMであるワイモバイルで、速度制限時でも1Mbpsの高速通信ができるのは、非常に便利でお得です。

また、大手キャリアよりも月額基本料金がお得なので、通信速度が遅いことを懸念して格安SIMを契約するか迷っている場合は、ワイモバイルを選びましょう。

2-2.割引キャンペーンでお得に契約することができる

先ほども解説した通り、ワイモバイルでは『おうち割光セット』や『60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン』といった、お得な割引キャンペーンがあります。

例えば、『60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン』が適用されれば、国内通話がかけ放題の通話定額オプションである「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料が1,100円が永年無料となります。

割引キャンペーンは定期的に新しくなるので、契約する際にはぜひチェックをしておきましょう。

2-3.どのプランも家族割が適用され、自分の好みでプランを選べる

家族で契約することでお得になる『家族割』は、どのプランを選んだとしても適用されます。

例えば、家族4人が別々のプランを契約したとして、家族割が適用されるのです。

さらに、家族割は最大で1,188円も基本料金が安くなるので、選ぶキャリアにこだわりがないなら家族全員でワイモバイルに契約しましょう。

2-4.Yahoo!プレミアム(月額508円)を無料で利用することができる

ワイモバイルを契約している場合、お得な特典が盛りだくさんの「Yahooプレミアム」(月額508円)を無料で利用することができます。

Yahooプレミアムで利用できる特典は以下の通りです。

  • 漫画や雑誌が読み放題
  • ネットショッピングがお得になる
  • 「Yahoo!かんたんバックアップ」で容量無制限の自動バックアップが利用できる

まず、Yahooプレミアムでは、雑誌110冊・漫画13,000冊が無料で読み放題になっています。

また、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、LOHACOで買い物をすると対象金額の3%が戻ってきます。

そのため、通常よりもかなりお得にネットショッピングをすることができます。

ワイモバイルキャンペーン

出典:ワイモバイル

さらに、Yahoo!プレミアムでは、「Yahoo!かんたんバックアップ」を無料で利用することができます。

そのため、通常、手間と時間がかかってしまうバックアップを自動で簡単に行うことができます。

ワイモバイルに契約するとこれらのお得な特典が無料で利用することができます。

2-5.テザリングを無料で利用することができる

ワイモバイルでは、どのプランを契約していても、テザリングを無料で利用することができます。

テザリングは別料金というサービスが多い中、無料であるのはお得と言えます。

3.ワイモバイルの評判・口コミ

ワイモバイルの評判について以下で紹介します。

このユーザーは、もともとソフトバンクを利用しており、料金面で不満があったようです。

そこで、ワイモバイルに乗り換えたところ月額料金が半額になりました。

やはり、ワイモバイルは、大手キャリアに見劣りしない通信速度が期待できる上で、月額料金が安いので、非常に魅力的なサービスであることがわかります。

このユーザーも、ワイモバイルの月額料金に満足しているようです。

さらに、ワイモバイルで販売しているスマホのほとんどが、耐水性・防塵性を搭載しており、端末の耐久性が非常に優れています。

スマホ端末とセットで契約するとさらにお得なので、セット契約をおすすめします。

ソフトバンク回線を利用しているだけあって、通信速度も安定しているようです。

このユーザーのように、快適にゲーム等を行いたい場合には、「シンプルプランM」「シンプルプランL」がおすすめです。

光回線の通信速度に対して不満があったユーザーもワイモバイルに乗り換えるとサクサク通信できているようです。

ワイモバイルの評判・口コミ総評

今回の調査と、ワイモバイルの評判・口コミを182人に調査した結果から、ワイモバイルを申し込むべき人は以下のいずれかに該当する人だとわかりました。

  • 祖父母・親・子でワイモバイルを利用しており、最大2,288円の割引を受けたい人
  • Yahoo!プレミアムの特典を無料で利用したい人
  • 大手のソフトバンク回線で、安定した通信速度でネットを楽しみたい人
  • SoftBank Air もしくは、SoftBank光をすでに使っているソフトバンクユーザー
  • PayPayを使って、PayPayモールやYahoo!ショッピングを利用することが多い人

上記に該当する場合は、下記の公式サイトから申し込みましょう。

ワイモバイル公式

ワイモバイル公式サイト
https://ymobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

4.ワイモバイルの機種変更はオンラインがおすすめ!

結論、ワイモバイルは、「公式オンラインストア」で機種変更するのがおすすめです。

その理由は、以下の通りです。

ワイモバイルの機種変更をオンラインでするメリット出典:ワイモバイル

  1. 事務手数料が無料になる
  2. 「限定割引キャンペーン」を開催している
  3. 待ち時間がない
  4. 送料・交通費が無料になる
  5. 最短即日発送してくれる
  6. サポートサービスが充実している

これら6つのメリットについて、以下で詳しく解説します。

4-1.事務手数料が無料になる

ワイモバイルは、「公式オンラインストア」で機種変更の手続きをする場合、事務手数料の3,300円が無料になります。

そのため、店舗で機種変更をする際にかかる初期費用を抑えることができます。

4-2.「限定割引キャンペーン」を開催している

ワイモバイルの「公式オンラインストア」では、オンライン限定で割引キャンペーンを開催しています。

たとえば、人気機種である「Libero 5G」なら7,200円、「OPPO Reno5 A」なら18,000円もお得になるキャンペーンがありました。

ワイモバイルの「限定割引キャンペーン」出典:ワイモバイル

お店で機種を購入することもできますが、オンラインのキャンペーンを活用してお得に機種変更するのがおすすめです。

ワイモバイル公式

ワイモバイル公式サイト
https://www.ymobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

4-3.待ち時間がない

ワイモバイルは、「公式オンラインストア」で機種変更の手続きをする場合、待ち時間なしで簡単に手続きができます。

しかし、店舗で機種変更をする場合は、手続き前に待ち時間が発生する可能性があります。

そのため、特に契約したい機種が決まっている場合は、オンラインで手続きをすると無駄な時間がかからないのでおすすめです。

4-4.送料・交通費が無料になる

ワイモバイルは、公式オンラインストアで機種変更の手続きをする場合、送料が無料です。

また、店舗へ行くための交通費等も削減することができるので、機種変更のために余分な費用がかかりません。

4-5.最短即日発送してくれる

ワイモバイルは、公式オンラインストアで機種変更の手続きをする場合、契約完了後、最短即日で端末が発送されます。

契約した端末を素早く配送してもらえるので、すぐに利用を開始することができます。

4-6.サポートサービスが充実している

ワイモバイルは、オンラインのサポートサービスが充実しています。

「オンラインで契約するとわからないことが多そうで不安」と思ってしまいがちですが、サポートサービスを活用すれば簡単に手続きができます。

特に、チャットや電話であなたが感じている疑問をそのまま質問をすることができるので安心してください。

5.ワイモバイルをオンラインで機種変更する方法

先ほど解説した通り、ワイモバイルは、「公式オンラインストア」から機種変更の手続きをするとお得に契約することができます。

以下の手順で、簡単に機種変更することができます。

  1. データ移行の準備をしておく
  2. 公式オンラインストア」で希望の機種を選択する
  3. プラン・サービス等を入力する
  4. My Y!mobileにログインする
  5. お客様情報を入力する
  6. 申し込み完了

注文した端末はMy Y!mobileで登録している住所に届くので、手続き前に住所に間違いがないかよく確認しておきましょう。

また、データ移行の準備も手続き前にしておく必要がありますが、初心者でも簡単に自分でできるので、安心してください。

ワイモバイルのデータ移行アプリ出典:ワイモバイル

今使っている端末に保存されているデータは、「かんたんデータコピー」アプリを使って、新しい端末に移行します。

新しい端末に移行できるデータは下記の通りです。

  • 電話帳
  • 写真
  • 動画
  • 音楽
  • カレンダー
  • 発着信履歴
  • SDカード内データ

ただし、iPhoneに機種変更する場合は、音楽と発着信履歴のデータは移行できません。

また、ワイモバイルは、機種変更する端末に関係なく、メールのデータ移行はできません。

ワイモバイル公式

ワイモバイル公式サイト
https://www.ymobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次章では、本当にワイモバイルを選んで大丈夫なのか、失敗しないための格安SIMの選び方を紹介していきます。

6.本当にワイモバイルで大丈夫?知らないと失敗する格安SIMの選び方

ワイモバイルがあなたにとって本当に最適な格安SIMなのか、絶対失敗しない格安SIMの選び方を知った上で申し込みましょう。

「速度が遅すぎて使えない…」「他の格安SIMの方が安かった...」など格安SIM選びで失敗しないためのポイントは2つあります。

それでは、詳しく見ていきましょう。

実際に速度が出るものを選ぶ

格安SMの選び方で最も重要なことは、実際に速度が出るものを選ぶことです。

例えば、ビッグローブモバイルの最高速度は「下り958Mbps、上り112Mbps」と書かれています。
※タイプA(au回線)、タイプD(docomo回線)

出典:ビッグローブモバイル

しかし、この最高速度は理論的な最高速度で、これが出ることはほぼなく、1/100、1/1000の速度しか出ないこともザラにあるため、正直あてにならないです。

実際の速度(実質速度)を知らずに格安SIMを選ぶと、下記のように実際に後悔してしまいます。

実際の速度(実質速度)を知らずに契約するとこんな目に…

Twitterを見ると、下記のように「格安SIM遅い..」という声が多数ありました。

上記のように失敗しないためにも、速度は理論値で比較するのではなく、実質速度で比較しましょう。

ただ、一般の方で全格安SIMサービスの速度計測を行うのは難しいと思います。

そこで今回、筆者が25社の格安SIMを契約し、実際に計測を行いました。

そもそもなぜ格安SIMって遅いの?

格安SIMの各社がドコモやauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているからです。

そのため、格安SIMは、朝の通勤時、お昼休みの時間、夜の帰宅時など多くの方が携帯電話を利用する時間帯は通信速度が低下する場合が多いです。

通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

格安SIMの通信速度が遅い理由

上記のように、速度は大手キャリアには劣りますが、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

ただし、格安SIMの会社によっては、借りている設備の回線容量や顧客数が変わり速度に差が出るので、中には大手キャリアに引けを取らない通信速度を誇る格安SIMもあります。

① 速度計測方法

一般的に、格安SIMの測定でよく使われるのが「速度測定アプリ」では、アップロードやダウンロードの速度を出してくれますが、正直あまりあてにならないです。

格安SIM 速度測定

よくある速度計測アプリの落とし穴

通信事業者によっては上記のような速度計測アプリで測られているときだけ、速度を速くするものが存在します。

それにより、見せかけのダウンロードスピードは速いのに、実際に動画などをダウンロードすると全く動かないという可能性あります。

多くのメディアがこの速度だけで評価をしていますが、実際使うと速くない..という事態に陥る可能性があります。

騙されないために「動画再生速度」「Webページ読み込み速度」まで測定できるアプリを使う!

上記のような業者の嘘の速度に騙されないように、実際に動画をダウンロードしたり、Webページの読み込みの速度を考慮して速度を出すことが重要です。

ここで私が着目したのが、外国のアプリである「5GMARK」です。

格安SIM速度測定 4GMARK

上記のように、一般的な計測アプリの数値だけでなく、YouTubeやFacebookなどの読み込み時間も考慮して速度を点数化しているので、ここで高得点の回線は実際に使ってみても快適なケースがほとんどでした。

そのため、この章ではこの総合ポイントが高い格安SIMを紹介していきます。

② 実際に25社の速度を計測してみた

実際に25社の格安SIMを用意し、「5GMARK」を使ってどこが一番速いか測ってみました。(随時数を追加していきます)

格安SIMのパッケージ一覧

なお、計測は最も回線が混みやすい下記の3つの時間帯で行いました。

<時間帯>

  • 平日朝8~10時:通勤中の会社員・学生が使うので回線が混みやすい
  • 平日昼12~13時:お昼休みでみんなが使うので回線が混みやすい
  • 平日夕方18~19時:帰宅中の会社員・学生が使うので混みやすい

<エリア>

  • 東京都港区:人口の多い都心部や規模の大きな駅周辺等は混みやすい

このように、本当の速度を把握するため、あえて回線が混みやすい環境で測定しました。

測定結果は、上記3つの時間帯のスコアを合計し、グラフ化しました。

なお、大手キャリアの新プランはまだ未提供のため、現在の大手キャリア回線で調査した結果となります。

速度ランキング

速度計測のスコアの高かった格安SIM

それでは、続いて格安SIM選びの2つ目のポイントである「月額料金」を見ていきましょう。

月額料金がお得なものを選ぶ

次に各社の格安SIMの月額料金を比較していきます。

全格安SIM事業者25社の全47プランを「音声付きSIM」と「データ専用SIM」で徹底調査しました。

音声付きSIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

※下記の料金に加えて、機種代金が別途必要となる場合があります。
-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM使える回線使いたい容量
100MB200MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB25GB30GB40GB50GB無制限
楽天モバイル楽天0000107810782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1783,2783,2783,2783,2783,278
ahamoドコモ2,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,970
OCNモバイルONEドコモ7707707707709909901,3201,3201,3201,7601,7601,7601,760
mineoドコモ/au/SB1,2981,2981,2981,2981,5181,5181,5181,5181,9581,9581,9581,9581,9582,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
BIGLOBE モバイルドコモ/au1,0781,0781,0781,0781,3201,3201,8701,8701,870
IIJmioドコモ/au8588588588588581,0781,0781,5181,5181,5181,5181,8481,8481,8481,8481,8481,8481,8482,0682,0682,0682,0682,068
日本通信SIM_合理的20GBドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
日本通信SIM_合理的かけほドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
日本通信SIM_合理的みんなのプランドコモ1,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,390
b-mobileドコモ/au/SB1,0891,0891,0891,0891,3091,5291,7491,9692,1892,4092,6292,8493,0693,2893,5093,7293,9494,1694,3894,6094,8295,0495,269
y.u モバイルドコモ1,6391,6391,6391,6391,6391,6391,6391,6394,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,378
エキサイトモバイル_最適料金ドコモ1,4631,4631,4631,4961,6171,7382,0352,3652,5302,8603,1023,1903,388
エキサイトモバイル_定額ドコモ1,5071,5071,5071,5071,6171,7602,0573,2453,2453,2453,2453,2455,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6637,3487,3489,54811,968
エキサイトモバイル_Fitドコモ8808808808808808801,4301,4301,4301,4301,9801,9801,9801,9801,9802,7502,7502,7502,7502,7503,2453,2453,2453,245   
エキサイトモバイル_Flatドコモ1,2101,2101,2101,2101,2101,2101,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6502,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0682,9704,4007,70011,198
イオンモバイルドコモ/au1,0231,0231,0231,0781,1881,2981,4081,5181,6281,7381,8481,9582,0682,1782,1782,2882,2882,3982,3982,3982,3982,3982,3984,3784,3785,4786,578
DTI SIMドコモ1,3201,3201,3201,3201,6391,6392,1122,1123,0803,0803,0803,0803,080
NifMoドコモ1,7601,7601,7601,7601,7601,7602,5302,5302,5302,5303,8503,8503,8503,8503,8503,8504,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7306,0506,050
QTモバイル(Dタイプ)ドコモ1,1001,1001,1001,1001,1001,5401,7601,7601,7601,9801,9801,9801,9802,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2003,3003,300
QTモバイル(Aタイプ)au1,5951,5951,5951,5951,7051,7052,4752,4752,4753,5753,5753,5753,5755,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3907,5907,590
QTモバイル(Sタイプ)SB1,8701,8701,8701,8701,9801,9802,7502,7502,7503,8503,8503,8503,8505,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6107,8107,810
nuro mobileドコモ/au/SB7927927927927927929909901,4851,4851,485
スマモバドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,8382,8382,8383,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,828
ロケットモバイル(Dタイプ)ドコモ1,3751,3751,3751,3751,4301,5401,9801,9802,6402,6405,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,137
ロケットモバイル(Aタイプ)au1,3751,3751,3751,3751,5401,5401,9801,9802,6402,6405,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,038
ロケットモバイル(Sタイプ)SB1,7381,7381,7381,7385,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,467
HISモバイル_格安ステップドコモ5905905905907907901,1901,1901,4901,4901,7901,7901,7902,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安弐拾ドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安かけ放題ドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
LIBMOドコモ1,0781,0781,0781,0781,5181,5181,5181,5181,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9912,7282,728
povoau2,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,728
UQ-mobileau1,6281,6281,6281,6281,6281,6282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7283,8283,8283,8283,8283,8283,828
J:COMモバイルau1,0781,0781,0781,0781,6281,6281,6281,6282,1782,1782,1782,1782,1782,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,728
LINEMOSB2,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,728
LINEMO_ミニプランSB990990990990990990
Y!mobileSB2,1782,1782,1782,1782,1782,1783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2784,1584,1584,1584,1584,1584,158

データ専用SIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

なお、楽天モバイルやY!mobileなどデータ専用SIMの扱いが無いサービスは、掲載していません。

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM使える回線使いたい容量
100MB200MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB25GB30GB40GB50GB無制限
OCNモバイルONEドコモ8588588588588588581,1181,1181,1181,6281,6281,6281,628
mineoドコモ/au/SB8808808808801,2651,2651,2651,2651,7051,7051,7051,7051,7051,9251,9251,9251,9251,9251,9251,9251,9251,9251,925
BIGLOBE モバイルドコモ/au9909909909909909901,5951,5951,5952,9702,9702,9702,9702,9702,9704,9504,9504,9504,9504,9504,9504,9504,9507,4257,425
IIJmioドコモ/au7487487487487489689681,4081,4081,4081,4081,7381,7381,7381,7381,7381,7381,7381,7381,9581,9581,9581,958
b-mobileドコモ/au/SB2095285285289359351,5951,5951,5952,4092,4092,4092,4093,6083,6083,6083,6083,608
y.u モバイルドコモ9909909909909909903,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,608
エキサイトモバイル_最適料金ドコモ6936936937268479681,2651,5951,7602,0902,3322,4202,618
エキサイトモバイル_定額ドコモ7377377377378479901,2872,4752,4752,4752,4752,4754,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3786,5786,5788,77811,198
エキサイトモバイル_Fitドコモ7707707707707707701,3201,3201,3201,3201,8701,8701,8701,8701,8702,6402,6402,6402,6402,6403,1353,1353,1353,135
エキサイトモバイル_Flatドコモ1,1001,1001,1001,1001,1001,1001,5401,5401,5401,5401,5401,5401,5401,5401,5401,9581,9581,9581,9581,9581,9581,9581,9582,8604,2907,59011,088
イオンモバイルドコモ5285285285287488589681,0781,1881,2981,4081,5181,6281,7381,7381,8481,8481,9581,9581,9581,9581,9581,9583,9383,9385,0386,138
DTI SIMドコモ/au6606606606609249241,3421,3422,3102,3102,3102,3102,310
NifMoドコモ9909909909909909901,7601,7601,7601,7603,0803,0803,0803,0803,0803,0803,9603,9603,9603,9603,9603,9603,9603,9603,9605,2805,280
QTモバイル(Dタイプ)ドコモ7707707707707709901,4301,430
1,4301,6501,6501,6501,6501,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8702,9702,970
QTモバイル(Aタイプ)au8808808808809909901,7051,7051,7052,8052,8052,8052,8054,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6206,8206,820
QTモバイル(Sタイプ)SB8808808808809909901,7051,7051,7052,8052,8052,8052,8054,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6206,8206,820
nuro mobileドコモ/au/SB6276276276276276278258251,3201,3201,320
ロケットモバイル(Dタイプ)ドコモ6496496496497599241,3201,3202,0352,0354,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,345
ロケットモバイル(Aタイプ)au6496496496499249241,3201,3201,9471,9474,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,345
ロケットモバイル(Sタイプ)SB8698698698694,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,510
HISモバイル_ビタッ!ドコモ/SB1987707707707701,3201,3201,3202,3102,3102,3102,3102,3103,3003,3003,3003,3003,300
LIBMOドコモ7487487487481,2651,2651,2651,2651,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9912,7282,728

結局、実質速度と月額料金どっちを優先して選べばいいの?

どっちを優先して選べばいいか迷わないように、次の章では、速度と料金を点数化した合計値でランキングを付けました。

具体的な点数の計算方法は下記の通りです。

<実質速度の点数計算方法>

  • 速度計測アプリで計測したスコアを全格安SIMで比較
  • 実質速度が速い格安SIMを最大10点を上限に点数化(標準偏差を活用)

<月額料金の点数計算方法>

  • 使いたいデータ容量別に月額料金を全格安SIMで比較
  • 無料通話があるプランは、平均的な無料通話オプション額880円相当として計算
  • 月額料金が安い格安SIMを最大10点を上限に点数化(標準偏差を活用)

実質速度と月額料金の点数を合計し、20点(合計最大値)に近い格安SIMでランキングをつけました。

それでは、ランキングを見ていきましょう。

7.格安SIM25社を徹底比較!あなたにあった格安SIMランキング

ここからは、前章の「実質速度」と「月額料金」を点数化し、音声付きSIMとデータ専用SIMのランキングを発表します。

なお、音声付きSIMは3GB以下と4GB以上、データ専用SIMは6GB以下と7GB以上で点数のランキングが変わったため、それぞれでランキングを掲載します。

<音声付き格安SIMランキング>

<データ専用格安SIMランキング>

なお、「とにかくおすすめの格安SIMを教えてほしい!」といった場合は、下記のフローチャートに沿って申し込みましょう。

格安SIMランキング

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM公式ページ
楽天モバイルhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/
ahamohttps://www.ahamo.com/
nuroモバイルhttps://mobile.nuro.jp/
イオンモバイルhttps://aeonmobile.jp/

それでは、ランキングを詳しく見ていきましょう。

3GB以下の音声付き格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「楽天モバイル」となりました。

1GBまで0円で使える点と、専用アプリで通話料が無料になる点で、ランキング1位となりました。

-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格※1
(3GB以下の平均価格)
1位

楽天モバイル

19.0点
(専用アプリで通話料無料)
8.3点
(19Mbps/7Mbps)
10.7点
(719円&通話料無料)
2位

LINEMO
ミニプラン

18.5点9.7点
(39Mbps/3Mbps)
8.8点
(990円)
3位

ahamoのロゴahamo

17.7点
(5分/回通話料無料※注2)
10.8点
(57Mbps/5Mbps)
6.9点
(2,970円)
4位

日本通信SIM
(合理的みんなのプラン)

16.6点
(70分/月通話料無料)
7点
(6Mbps/3Mbps)

9.6点
(1,390円)

5位

HISモバイル
(格安ステップ)

16.5点7.3点
(7Mbps/6Mbps)
9.2点
(723円)
6位OCN モバイル ONE16.4点7.5点
(12Mbps/3Mbps)
8.9点
(917円)
7位nuroモバイル16.3点7.2点
(6Mbps/7Mbps)
9.1点
(792円)
8位Ymobile16.2点9.4点
(28Mbps/15Mbps)
6.8点
(2,178円)
9位エキサイトモバイル15.8点6.8点
(3Mbps/4Mbps)
9.0点
(880円)
10位IIJmio15.7点6.8点
(4Mbps/4Mbps)
8.9点
(931円)

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

公式サイトで確認するのが面倒な場合は、サービス詳細をまとめているので参考にしてください。


※注1 機種代金が別途必要
※注2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

4GB以上の音声付き格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「ahamo※注1」となりました。

ahamoは速度が速く、通話料が5分/回を無料で利用できる※注2ことが大きな理由です。

※下記で示した価格は、別途機種代金が必要です。
-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格※注3
(4GB以上の平均価格)
1位

ahamoのロゴahamo

19.4点
(5分/回通話料無料※注2)

10.8点
(57Mbps/5Mbps)
8.6点
(2,970円)
2位


LINEMO

17.7点9.7点
(39Mbps/3Mbps)
8.0点
(2,728円)
3位

楽天モバイル

17.4点
(専用アプリで通話料無料)
8.3点
(19Mbps/8Mbps)
9.1点
(2,396円)
4位日本通信SIM
(合理的みんなのプラン)
17.2点
(70分/月通話料無料)
7点
(6Mbps/3Mbps)
10.2点
(1,390円)
5位Ymobile16.8点9.4点
(28Mbps/15Mbps)
7.4点
(3,278円)
6位povo16.6点8.6点
(25Mbps/4Mbps)
8点
(2,728円)
7位OCN モバイル ONE16.4点7.5点
(12Mbps/3Mbps)
8.9点
(1,571円)
8位nuroモバイル16.4点7.2点
(6Mbps/7Mbps)
9.2点
(1,287円)
9位HISモバイル(格安弐拾プラン)16.4点
(70分/月通話料無料)
7.3点
(7Mbps/6Mbps)
9.1点
(2,396円)
10位日本通信SIM(合理的20GBプラン)16.3点
(70分/月通話料無料)
7点
(6Mbps/3Mbps)
9.3点
(2,178円)

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

公式サイトで確認するのが面倒な場合は、サービス詳細をまとめているので参考にしてください。


※注1 ahamoでは、キャリアメールなど⼀部ご利⽤できないサービスがあります。
※注2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
※注3 機種代金が別途必要

6GB以下のデータ専用格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「nuroモバイル」となりました。

通信速度も問題なく、3GBで月額627円で利用できることが大きな理由です。

※下記で示した価格は、機種代金が別途必要です。
-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(6GB以下の平均価格)
1位nuroモバイル
nuro mobile
17.3点8.6点
(6Mbps/7Mbps)
8.7点
(809円)
2位

イオンモバイル

16.4点8.4点
(5Mbps/4Mbps)
8点
(895円)
3位OCN モバイル ONE15.7点8.8点
(12Mbps/3Mbps)
6.9点
(1,023円)
4位エキサイトモバイル(FITプラン)15.6点8.4点
(3Mbps/4Mbps)
7.2点
(1,045円)
5位IIJmio15.4点8.4点
(4Mbps/4Mbps)
7点
(1,041円)
6位ロケットモバイル15.4点8.6点
(8Mbps/8Mbps)
6.8点
(1,168円)
7位b-mobile15点8.5点
(6Mbps/3Mbps)
6.5点
(1,197円)
8位DTI SIM15点8.8点
(9Mbps/8Mbps)
6.2点
(1,250円)
9位QTモバイル14.8点8.2点
(2Mbps/6Mbps)
6.6点
(1,137円)
10位エキサイトモバイル(最適料金プラン)14.7点8.4点
(3Mbps/4Mbps)
6.3点
(1,194円)

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

7GB以上のデータ専用格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「イオンモバイル」となりました。

2021年3月に新料金が発表され、業界内でも最安クラスとなっています。

※下記で示した価格は、機種代金が別途必要です。
-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(7GB以上の平均価格)
1位

イオンモバイル

16.6点8.4点
(5Mbps/4Mbps)
8.2点
(1,769円)
2位

IIJmio

16.6点8.4点
(4Mbps/4Mbps)
8.2点
(1,769円)
3位mineo16.5点8.6点
(3Mbps/6Mbps)
7.9点
(1,862円)
4位OCN モバイル ONE16.5点8.8点
(12Mbps/3Mbps)
7.7点
(1,628円)
5位エキサイトモバイル(Flatプラン)16.5点8.4点
(3Mbps/4Mbps)
8.1点
(1,779円)
6位QTモバイル16.3点8.2点
(2Mbps/6Mbps)
8.1点
(1,807円)
7位エキサイトモバイル(FITプラン)15.5点8.4点
(3Mbps/4Mbps)
7.1点
(2,377円)
8位DTI SIM14.7点8.8点
(9Mbps/8Mbps)
5.9点
(2,310円)
9位HISモバイル
(ビタッ!プラン)
14.3点8.6点
(7Mbps/6Mbps)
5.7点
(2,860円)
10位エキサイトモバイル(最適料金プラン)14.2点8.4点
(3Mbps/4Mbps)
5.8点
(2,365円)
 

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

ここからは、下記の各社の格安SIMサービスについて詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイル』は、第4の大手キャリアである楽天が提供しているSIMです。

日本全国の楽天回線エリアで、データが使い放題で、楽天専用アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話がかけ放題となります。

また、世界66ヵ国と地域を対象に、海外でも月間2GBまでデータ容量を利用でき、SMSも無料です。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみです。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅵで契約できるSIMの種類は「音声付きSIM」となります。

月額基本料金は最大3,278円です。

料金プランRakuten UN-LIMIT Ⅵ
SIMタイプ音声通話
データ容量無制限
月額基本料金3,278円
国内通話0円

ただし、月間データ容量が無制限になるのは、国内の楽天回線エリアのみとなります。

国内でもパートナー回線エリアは月間5GB、海外は月間2GBまでなので注意しましょう。

UN-LIMIT Ⅵ
国内楽天回線エリア制限なし
パートナー回線エリア5GB/月
海外2GB/月

パートナー回線エリアで、データ容量を超えた場合は、通信速度が最大 1Mbps に制限されます 。

また、海外でデータ容量を超えた場合は、通信速度が最大128kbpsまで制限されてしまうので、注意してください。

そのため、楽天モバイルは「my楽天モバイルアプリ」を使って、国内の楽天回線エリアを確認しながら利用しましょう。

なお、2021年の4月1日からは下記の通りお得な段階料金に自動で変更となります。

なんと1GBまでは月額料金0円で利用できます。

その後、3GBまで1,078円/月、20GBまで2,178円/月、20GB超過後は容量無制限で3,278円で利用できます。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

プラン料金3カ月無料キャンペーン

プラン3カ月無料キャンペーン

今申込むとプラン料金が3カ月間無料になります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの最大月額は3,278円のため、3カ月で9,834円が節約できます

しかも、最低利用期間や解約金が一切ないため、かなりお得なサービスと言えます。

ポイント還元キャンペーン

25,000キャンペーン

楽天モバイルでは、最大25,000ポイントキャンペーンも実施しています。

具体的なキャンペーン内容は、以下の通りです。

  • 誰でも5,000ポイント還元
  • 対象製品プランセット購入で最大20,000ポイント還元

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

ahamo(アハモ)

ahamoのロゴ出典:ahamo

ahamo(アハモ)」は2021年3月26日に提供開始するドコモの新プラン※注1です。

「ahamo(アハモ)」は下記の特徴があります。

  • 月20GBの大容量のデータ通信が可能
  • 5分以内の通話であれば何度でもかけ放題
  • 月額料金2,970円と安い
  • 82の国・地域でローミング料不要で利用可能

以上のように、従来のdocomoの料金プランよりもお得なサービスです

どちらかというと、docomoの「新料金プラン」よりも「新ブランド」と思っていただいた方がイメージしやすいかもしれません。

では、本当に月額2,970円で利用することができるのか、「ahamo(アハモ)」プランの特徴について詳しく見ていきましょう。


※注1 ahamoでは、キャリアメールなど⼀部ご利⽤できないサービスがあります。

ahamo(アハモ)は本当に月額2,970円?

まず誰もが驚く内容だと思うのですが、とてもシンプルに料金プランは1つのみで、条件無しの2,970円※1で利用することができます。

ahamo price出典:docomo

「携帯料金を安くする」といえば格安SIMや「Y!mobile」や「UQモバイル」などのサブブランド系のキャリア回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、それらと比べても1,500円以上安く、大手キャリアのdocomoからこのプランが出たことは驚きです。

順位サービス実質月額料金(円/月)

1

ahamo(アハモ)

2,970円※注1

2

Y!mobile シンプルL
(20GB)

4,158円

3

UQモバイル くりこしプランL
(25GB)

3,828円


※注1 機種代⾦は別途必要になります。

データ通信は20GB

従来のdocomoでは、データ通信量に制限のない「ギガホ」プランと、7GBまでの「ギガライト」プランと、使用できるデータ容量が両極端でした。

今まで「7GBでは足りないけど、正直無制限でなくても良いな」と思っていた場合には、無駄がなく、特にぴったりのプランと言えます。

 プランデータ容量月額利用料5分通話オプション
ahamo(アハモ)20GBまで2,970円※注10円 ※プラン内に組み込み
ギガホ無制限7,678円770円/月
ギガライト7GBまで4,378円770円/月

20GBでできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

なお、20GBを超えると送受信時最大1Mbpsになりますが、この速度はyoutubeが標準画質で視聴できるレベルなのであまり心配はないでしょう。

データ通信容量を利用したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。


※注1 機種代⾦は別途必要になります。

5分間の通話は何度でも無料

従来の携帯料金プランを複雑にしていた要因の1つに、「通話料」のオプションが分かりづらい、という点がありました。

今回のahamo(アハモ)では、「1回あたり5分以内の通話が使い放題※1としてプランに組み込まれているので、オプションに迷うことなく、通話料を気にせず安心して利用することができます。

実際に口コミでも、好意的な声が多いです。


※注1 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

海外82か国のローミングに追加料金は不要

海外エリアでは、82の国々・地域に限定されますが、月間データ容量(20GB)の範囲内であればパケット通信も追加料金なしで利用できます※注1

従来であれば、下記の写真のとおり、ローミング費用として最低でも1日あたり980円(税込1,078円)かかっていました。

出典:docomo

従来かかっていた上記のローミング費用が無料とは、かなり驚きです。

なお、利用可能地域は以下になります。

出典:docomo

追加料金が不要なのは安心ですし、海外用格安SIMや海外ポケットWi-Fiの手配も必要なくなりますので、非常に便利です。


※注1 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は、速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。

公式サイト

ahamo公式サイト
https://ahamo.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

LINEMO(ラインモ)

2021年3月17日に提供開始された「LINEMO(ラインモ)」のサービス内容について解説します。

現在、LINEMOには2つの料金プランがあります。

  1. スマホプラン
  2. ミニプラン

上記の料金プランの主な特徴は以下のとおりです。

  1. 月額料金が圧倒的に安い
  2. データ容量が3GBと20GBから選べる
  3. LINEがギガノーカウント
  4. LINEクリエイターズスタンプが無料
  5. 品質な通信回線
  6. eSIM対応
  7. 手数料無料で移行できる
  8. 国内通話が定額で利用できる
  9. 国際ローミングが無料

それでは詳しく見ていきましょう。

特徴1. 月額料金が圧倒的に安い

料金プランはそれぞれ下記のようになっています。

  • スマホプラン:2,728円
  • ミニプラン:990円

「携帯料金を安くする」といえば格安SIMや「Y!mobile」や「UQモバイル」などのサブブランド系のキャリア回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、それらと比べても安く、大手キャリアのソフトバンクからこのプランが出たことは驚きです。

サービス
実質月額料金(円/月)
LINEMO(スマホプラン)
(20GB)
2,728円
LINEMO(ミニプラン)
(3GB)
990円
UQモバイル くりこしプランL
(25GB)
3,828円
Y!mobile シンプルL
(20GB)
4,158円

特徴2. データ容量が3GBと20GBから選べる

LNEMOのデータ容量イメージ出典:LINEMO

従来のソフトバンクでは、データ通信量が50GBの「メリハリプラン」と、データを使った分だけ支払う「ミニフィットプラン」と、使用できるデータ容量が両極端でした。

それに対し、LINEMOで使えるデータ容量は下記の2つです。

  • スマホプラン:20GB
  • ミニプラン:3GB

今まで「50GBほどなくても良いな」と思っていた場合には、無駄がないプランと言えます。

 プランデータ容量月額利用料5分通話オプション
スマホプラン(LINEMO)
20GB2,728円550円/月
ミニプラン(LINEMO)3GB990円550円/月
メリハリプラン
(2021年3月まで)
50GB9,328円880円/月
メリハリ無制限
(2021年3月から)
無制限7,238円未発表
ミニフィットプラン使った分だけ
4,378円
(~1GBの場合)
880円/月

20GB、3GBのそれぞれででできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

3GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約12,000ページ
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約6,000分
  • テキストメール・約60万回
  • YouTubeで1分の動画閲覧(360P/2MB):1500回(24時間ほど)
  • GoogleMap(732KB)約3,900回

なお、データ通信容量を追加したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

特徴3. LINEがギガノーカウント

lineギガフリー出典:ソフトバンク

今回ソフトバンクとLINEが協業でサービスを提供するため、LINEの容量がギガ使ったとしてもカウントされません。

写真や動画のやりとり、通話などがデータ容量を使わず利用できます。

特徴4. LINEクリエイターズスタンプが無料

lineスタンプ出典:ソフトバンク

月額264円で700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題になる「LINEスタンププレミアム」が、今夏に追加料金なしで利用できる予定です。

なお、「スマホプラン」を選択した場合は、今夏まで実施される予定のお得にスタンプが利用できるキャンペーンが利用できます。

ただし、「ミニプラン」はキャンペーン対象外となるので注意が必要です。

特徴5. 高品質な通信回線

ソフトバンク同一ネットワーク出典:ソフトバンク

今回の新プランは、従来のソフトバンク回線と同じ、高品質なMNO」の回線を使います。

MNOとは、「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」と訳され、大手キャリアのドコモ・softbank・auなど、自社で回線網を有して事業を展開していることを指します。

「MVNO」と呼ばれる格安SIM回線と比べて速度が速く、高品質であることが特徴です

特徴6. eSIM対応

今回のサービスはeSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿入しなくても、既にスマホに組み込まれているチップを使って電話回線やネット回線に接続できるSIMです。

eSIMを利用すれば、1台のスマホで物理SIMとeSIMを両方使うデュアルSIMの使い方ができたり、SIMが郵送されるのを待つ必要はありません。

また、eSIMは物理SIMでないため、海外へ頻繁に行かれる方はその国の通信を即時に使うことができます。

特徴7. 手数料無料で移行できる

ソフトバンク手数料無料出典:ソフトバンク

ソフトバンクグループが提供する、ソフトバンク、LINEMO、ワイモバイルのブランド間で契約を切り替える場合は、手数料(解除料、番号移行手数料、事務手数料)は無料で切り替えられます。

現在、ソフトバンクやワイモバイルを契約しているユーザーも手数料の心配なく、LINEMOに移行ができます。

あるいは、LINEMOからソフトバンクやワイモバイルに移行できます。

特徴8. 国内通話が定額で利用できる

LINEMOでは、通話オプションが2つあります。

  • 1回あたり5分間以内の通話無料オプション:月額550円
  • 国内通話の完全無料オプション:月額1,650円

電話をよく利用する場合は、上記のオプションを契約することでお得に電話を利用できます。

一方で、電話をあまり使わない人は、オプションを契約する必要がないため、ドコモのahamoより約200円安くスマホを利用できます。

特徴9. 国際ローミングが無料

海外エリアでは、月間データ容量(20GB)の範囲内であれば追加料金なしで利用することが可能です。

従来であれば、ローミング費用として1日あたり25MBまで2,178円、25MB以上で3,278円かかっていたのでお得さが分かると思います。

なお、国際ローミングは契約より4 ヶ月目の末日までは利用できないので注意しましょう。

公式サイト

LINEMO公式サイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

nuro mobile

ソニーグループの「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が運営するnuroモバイルは、下記の2つのプランがあります。

  • バリュープラス
  • データ使い放題プラン

ここでは、「バリュープラス」「データ使い放題プラン」の内容と、従来プランからの変更点について詳しく解説します。

「バリュープラス」の特徴

バリュープラス出典:nuroモバイル

以下の5つが「バリュープラス」の特徴です。

  1. トリプルキャリアに対応した3つの料金プラン
  2. 契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量がもらえる
  3. 3日間の通信速度制限なし
  4. 残ったデータは翌月にくりこしされる
  5. 解約金・MNP転出手数料・利用開始月の月額基本料金が無料

ここでは、バリュープラスの特徴を詳しく解説していきます。

トリプルキャリアに対応した3つの料金プラン

nuroモバイルトリプルキャリア出典:nuroモバイル

バリュープラスは、下記3つのプランから成り立ちます。

  • 音声付きSIMプラン(音声通話、データ通信、SMSが可能なプラン)
  • SMS付きデータ通信SIMプラン(データ通信、SMSが可能なプラン)
  • データ専用SIMプラン(データ通信のみ可能なプラン)

それぞれの料金が異なり、使い方によってタイプを選ぶことができます。

容量音声通話付きSIM
SMS付きデータ専用SIM
(ドコモ・au回線のみ)
データ専用SIM
0.2GB-495円330円
3GB792円792円627円
5GB990円990円825円
8GB1,485円1,458円1,320円

従来のプランでは回線ごとに料金が異なっていたのですが、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線で同じ値段になりました。

ただし、SMS付きデータ通信SIMのみドコモ回線とau回線しか利用できないので注意が必要です。

また、その他に必要な費用については以下の通りです。

登録事務手数料3,300円
音声通話料22円/30秒
SIMカード準備料440円
SMS送信料3円~/通
容量チャージ/国際SMS50円~/通(不課税)
契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量がもらえる

nuroモバイルプレゼント出典:nuroモバイル

VMプランでは3ヶ月ごとに3GB、VLプランでは3ヶ月ごとに6GBがプレゼントされます。

また、このプレゼント分のデータ容量は翌々月まで使うことができます。

そのため、自分のラウフスタイルに合わせてデータ容量を利用することが可能です。

3日間の通信速度制限なし

一般的なスマホのキャリアプランであれば、データ通信を使いすぎると3日間の通信速度制限を受けることがほとんどです。

一方で、バリュープラスはデータ通信を使いすぎたとしても、通信速度制限を受けることがありません。

もし規定のデータ通信量を超えたとしても、最大200kbpsで利用でき、低速通信速度以上の速度を体感できます。

残ったデータは翌月にくりこしされる

nuroモバイル出典:nuroモバイル

残ったデータは翌月にくりこしされます。

例えば、当月に5GBのVMプランで3GBしか使わなかった場合は余った2GBを翌月に使うことができます。

解約金・MNP転出手数料・利用開始月の月額基本料金が無料

解約金、MNP転出手数料が無料出典:nuroモバイル

nuroモバイルは、解約金やMNP転出手数料、月額基本料金が無料です。

そのため、お試し感覚でnuroモバイルを試すこともできます。

ただし、SIMカード準備料440円と登録事務手数料3,300円は別途かかるので注意しましょう。

「データ使い放題プラン」の特徴

nuroモバイルのデータ使い放題プラン出典:nuroモバイル

nuroモバイルでは、バリュープラス以外にも「データ使い放題プラン(月額3,828円)」というプランがあります。

データ使い放題プランは、その名の通りデータが使い放題となるので、ゲーム・動画・SNSなどを制限なく楽しむことができます。

さらに解約金や契約に縛りがなく、3日間の通信速度制限を受けることもありません。

ただし、利用する際には以下の点に気を付ける必要があります。

  • ソフトバンク回線のみ利用可能
  • データ専用プランのみ対応
  • データ使い放題プランから他のプランへの変更ができない
  • 3日間の合計データ通信量が10GBを超えた場合、通信速度が最大700kbpsに制限される
  • 10分かけ放題オプション・繰越・パケットギフトなどのオプションが利用できない

上記のように、利用する際には制限が多いので注意しましょう。

nuroモバイル公式

nuroモバイル公式サイト
https://mobile.nuro.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

イオンモバイル

イオンモバイル出典:イオンモバイル

イオンモバイルは、「イオン」や「イオンスタイル」などの店舗を展開する、イオンリテール株式会社が提供する格安SIMです。

500MB/月から最大で50GB/月まで、55種類の料金プランが用意されています。

主な特徴は下記のとおりです。

  • 多彩な料金プラン
  • 「050かけ放題」オプションが月額1,078円で利用可能
  • 全国200店舗以上の販売・サポート

ここでは、それぞれの特徴を解説していきます。

多彩な料金プラン

料金プランは下記の3つのプランがあります。

  • 音声SIMプラン(音声通話、データ通信、SMSが可能なプラン)
  • データプラン(通話ができないデータ専用プラン)
  • シェア音声プラン(家族などデータシェアできるプラン)

シェア音声プランは家族などで回線を複数契約できるプランで、事務手数料相当額のSIMカード代金(3,300円)を支払えば、複数のSIMを通信容量限界まで共有できます。

2枚目以降のSIMカードに通話機能を追加する場合は月額220円、SMS機能を追加する場合は月額154円が別途必要です。

さらに、追加SIMカード4枚目以降となると、1枚につき月額220円が発生します。

-スマホの方は横にスクロールできます-

容量音声プラン
(月額料金)
データプラン
(月額料金)
シェア音声プラン
(月額料金)
0.5GB803円--
1GB858円528円-
2GB968円748円-
3GB1,078円858円-
4GB1,188円968円1,518円
5GB1,298円1,078円1,628円
6GB1,408円1,188円1,738円
7GB1,518円1,298円1,848円
8GB1,628円1,408円1,958円
9GB1,738円1,518円2,068円
10GB1,848円1,628円2,178円
12GB1,958円1,738円2,288円
14GB2,068円1,848円2,398円
20GB2,178円1,958円2,508円
30GB4,158円3,938円4,488円
40GB5,258円5,038円5,588円
50GB6,358円6,138円6,688円

また、60歳以上の方限定で『やさしいプラン』という料金プランも提供しており、初めてスマホを契約する人でも無理なく格安SIMを利用することが可能です。

【やさしいプラン(60歳以上の方限定)】

-スマホの方は横にスクロールできます-

容量
(プラン名)
音声プラン
(月額料金)
データプラン
(月額料金)
シェア音声プラン
(月額料金)
0.2GB
(やさしいプランmini.)
748円--
3GB
(やさしいプランS.)
858円638円-
6GB
(やさしいプランM.)
1,188円968円1,738円
8GB
(やさしいプランL.)
1,408円1,188円1,958円

「050かけ放題」オプションが月額1,078円で利用可能

050かけ放題出典:イオンモバイル

050かけ放題は、月額1,078円を支払うと国内であれば24時間、何時間でも通話し放題になるサービスとなります

050からはじまる電話番号が追加で利用できるようになるため、ビジネスとプライベートで電話番号を使い分けたい方におすすめです。

また、このサービスはインターネット回線を使用するIP電話サービスを利用しているため、携帯電話の電波が入りにくい場合でも、Wi-Fi経由で快適に通話できます。

そして、データ通信のみのプランでもオプションをつけれるので、「やっぱりデータ通信だけでなく電話も利用したい」となっても対応可能です。

全国200店舗以上の販売・サポート

格安SIMのほとんどは、ネットで申し込みが完結するものがほとんどで、サポートサービスが充実していない場合があります。

しかし、イオンモバイルは全国イオン200店舗以上で申込みや料金プランの変更、故障修理受付等のアフターサービスを受けることが可能です。

さらに、イオンデジタルワールド(WEB)でお買い上げいただいた端末も、店舗に持ち込むことで対応してもらえます。

イオンモバイル公式

イオンモバイル公式サイト
https://aeonmobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

まとめ

ワイモバイルの料金プランに関する評判や口コミ、機種変更はオンラインがお得な理由、ワイモバイルの機種変更方法や自分にあった格安SIMの選び方などを解説してきましたが、いかがでしたか?

ワイモバイルは、大手キャリアと同等の高速通信サービスを圧倒的にお得な料金で利用できるおすすめの格安SIMです。

ソフトバンク回線を利用でき、契約から半年間は全料金プランで月額基本料金がお得になる割引キャンペーンを複数適用できます。

ワイモバイルがおすすめの人
  • 祖父母・親・子でワイモバイルを利用しており、最大2,288円の割引を受けたい人
  • Yahoo!プレミアムの特典を無料で利用したい人
  • 大手のソフトバンク回線で、安定した通信速度でネットを楽しみたい人
  • SoftBank Air もしくは、SoftBank光をすでに使っているソフトバンクユーザー
  • PayPayを使って、PayPayモールやYahoo!ショッピングを利用することが多い人

上記に当てはまる場合は、下記の公式サイトから申し込みましょう。

ワイモバイル公式

ワイモバイル公式サイト
https://www.ymobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

なお、特にワイモバイルにこだわりがない場合は、下記のフローチャートに沿って格安SIMを選択することをおすすめします。

格安SIMランキング

音声通話SIMとデータ専用SIMの使いたいデータ容量によって、おすすめする格安SIMが異なります。

上記のフローチャートをニーズ別にランキングをつけると、下記の通りとなりました。

音声付きSIM

低容量編(3GB以下)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:楽天モバイル|月3GBまで月額1,078円、月1GBまではなんと0円
  • 2位:LINEMO(ミニプラン)|月額990円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン

大容量編(4GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン
  • 2位:LINEMO|月額2,728円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:楽天モバイル|専用アプリで通話料無料、月1GBまではなんと0円
データ専用SIM

低容量編(6GB以下)|格安SIM総合ランキング

大容量編(7GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:イオンモバイル|7GB以上のプランでは業界トップクラスの安い格安SIM
  • 2位:IIJmio|20GBが月額1,958円とデータ専用SIMの業界最安クラス
  • 3位:mineo|新プランの登場により業界最安クラスに

あなたがワイモバイルの格安SIMをお得な料金で快適に使用できることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る