要確認!WiMAXの店舗契約がおすすめできない3つの理由と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「WiMAXを店舗で直接実物を見て契約がしたい」「店舗で受け取りや機種変更はできるの?」など、WiMAXの契約や手続きを店舗で行おうと考えてはいませんか?

しかし、WiMAXを店舗で契約する場合、Web申し込みに比べて割引やキャンペーン等の恩恵が少ないため、店舗で契約をすることはおすすめしません。

このページでは、長年様々な通信サービスや機器に関わってきた知識と経験から、WiMAXの店舗契約をおすすめできない理由とともに、店舗契約する際に知っておきたい事前知識や注意点について、以下の流れで詳しく解説します。

  1. WiMAXの店舗契約がおすすめできない3つの理由
  2. WiMAXの店舗契約がおすすめな場合
  3. WiMAXを店舗で契約する際に知っておきたい注意点
  4. WiMAXを店舗で契約する手順とできること
  5. WiMAXを店舗よりお得に契約するための全手順
  6. WiMAXの店舗に関するQ&A

このページを最後まで読んで頂ければ、店舗で契約する場合より2年間で約2万円以上もお得にWiMAXを契約する方法を知ることができます。

1.WiMAXの店舗契約がおすすめできない3つの理由

そもそもWiMAXは、以下3つの場所で契約することができます。

  1. 家電量販店などの店頭
  2. UQ WiMAX公式ホームページ
  3. プロバイダ(代理店)のホームページ

店舗で契約できるのは「家電量販店」か「auショップ」「UQモバイル」になりますが、結論から言うと、WiMAXを店舗で契約することはおすすめしません。

なぜなら、店舗で契約する場合、販売のための店舗運営費など経費が大きくかかっているため、Web(ネット上)での集客をメインにしているプロバイダ(販売代理店)に比べて利用料金が高くなってしまうためです。

上記理由とともに、店舗契約をおすすめしないすべての理由を詳しく解説します。

1-1.キャンペーンの割引金額がお得でない

結論から言うと、家電量販店などの店舗でよく目にする割引キャンペーンには大きな落とし穴があり、実際は表示金額より少ない割引額で、全くお得でない場合があります。

例えば、『ヨドバシカメラ』などの家電量販店でよく目にする割引キャンペーンを例にすると、以下のように「WiMAXを契約すると5万円割引!」などの数字をデカデカと記載し、とてもお得に見える広告を表示しています。

WiMAX 店舗 家電量販店 割引 表示

しかし、この数字にはカラクリがあり、実際は利用者がWiMAXに支払う月額料金(税込4,380円)より多い金額の分割(税込5,927円)を24回で支払うことにするため、実際の割引金額は9,920円にしかなりません

WiMAXには、2つの料金プラン(7GB/無制限)がありますが、以下では最も一般的な無制限で使い放題の「ギガ放題プラン(月4,380円)」を例にご説明します。

仮に家電量販店で契約した場合、先ほどの割引キャンペーンを利用すると、月額料金に割引と称している金額の2/3以上である月額1,547円(税込)を24回加算して支払う必要があります。

WiMAX 店舗 価格差

家電量販店で説明してくれた店員さん曰く、「普通の割引の対象にならないApple製品もこの割引を使うと対象になってお得な値段で購入することができます」とのことでしたが、割引と言いながら利用者に月額料金を加算して、ローンで買い物をさせる仕組みです。

また、唯一『ケーズデンキ』では「これはあくまでもプランの1つであって割引キャンペーンではありません」と、きちんと月額料金が上乗せされるデメリットの説明がありましたが、他の家電量販店では割引キャンペーンとされています。

auショップ等でも同じことがあり、実際はそこまでお得にならないのが店舗契約です。

1-2.キャッシュバック金額があまり高くない

キャッシュバックキャンペーンと言えばWeb(プロバイダ)申し込みですが、家電量販店でもキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを行っている時期があります。

しかし、過去2016年5月の決算期でも最高額が15,000円と決して高くはなく、プロバイダのキャッシュバック金額(最高30,000円前後)に比べるとお得ではありません。

プロバイダがキャッシュバックを高くできるワケ

家電量販店と異なり、プロバイダはインターネット上での集客に特化しているため人件費やテナント料を安く抑えることができます。

そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができるため、金額を高く設定できるのです。

「auショップ」や「UQモバイル」の場合でも同様で、店舗によってはWiMAXを取り扱っていないところもあります。

au公式ではWiMAXのキャンペーンは行われておらず、auショップ独自にキャンペーンを行っている場合もありますが、オプション加入が条件であることもありお得とは言えません。

また、「auのWiMAXをおすすめできない2つの理由」でも解説していますが、稀に販売員の知識がなく、利用することができないのに「使えます」と言って「契約したら使えなかった」というトラブルもあるため、店頭契約する際には十分注意しましょう。

1-3.混雑していて手続きに時間がかかる

WiMAXを店頭で契約する場合に最もネックになるのが、混雑状況などで手続きに時間がかかることです。

また、店頭で契約したくても閉店時間も決まっているため、仕事帰りや都合のつく時間帯で契約できないといったデメリットもあります。

プロバイダでの契約ならWeb(インターネット)上で行えるため、24時間365日いつでも手続きが可能で、さらに混雑で時間がかかる心配もありません。

2.WiMAXの店舗契約がおすすめな場合

前述した内容は、あくまで受けられる割引や利用料金、手続きの労力に関することですが、次に挙げるどれかに1つでも当てはまる場合は、店舗でのWiMAX契約がおすすめです。

以下で詳しく解説します。

2-1.分からないことを直接聞きたい場合

まず、パソコンやスマートフォンなどIT機器にあまり詳しくない方など、WiMAXのことを直接聞きたい場合には店舗で契約する方がよいでしょう。

店舗のスタッフによっては知識レベルの違いはありますが、設定や使い方など、分からないことを店員に直接聞くことができるのは店舗契約のメリットです。

ただし、WiMAXは設定方法も簡単な上に、一度設定してしまえば後はずっと使い続けることができるため、サポートが必要になる状況は少なく、よほど機械に疎い場合以外はそこまで大きなメリットにはなり得ません。

2-2.契約後に即日受け取りたい場合

WiMAXを即日受け取ってすぐに利用したい場合には、申し込みをしたその日にWiMAX端末が受け取れる店舗での契約がおすすめです。

ただし、店舗によっては希望する端末機器の在庫がないことがあるため、希望する機種等が受け取れずに数日から数週間待たされる場合があります。

公式やプロバイダ経由のWeb申し込みであれば、端末は郵送となるため数日程度待つことになりますが、希望する機種端末が確実に受け取れるため、長い目で見てもお得に使えるWeb申し込みの方がよいでしょう。

2-3.WiMAXを契約できる店舗の場所

WiMAXを契約できる店舗は「家電量販店」か「auショップ」「UQモバイル」と前述しましたが、以下では具体的な店名と店舗検索のリンクをまとめています。

なお、契約できる方法で示したGMO・BIGLOBE・so-net・@niftyといった『プロバイダ(代理店)』は店舗を持たないため、Web(インターネット上)申し込みのみとなります。

WiMAXのおすすめプロバイダ

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmo.jp/

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず上記の公式ページから申し込みましょう。

3.WiMAXを店舗で契約する際に知っておきたい注意点

この章では、WiMAXを店舗で契約する際に知っておきたい注意点について解説します。

WiMAXの店舗契約で注意しておきたい点は、以下の3つです。

1つ詳しく解説していきます。

3-1.口座振替に対応している店舗は一部

店舗でWiMAXを契約する場合は、基本的にはクレジットカードでの契約になります。

クレジットカードであれば全ての店舗・ネット窓口で契約することができますが、口座振替の場合は近くの「UQスポット」か、インターネット上では下記4つのプロバイダ経由のみです。

  • UQ WiMAX
  • @nify
  • BIGLOBE
  • BroadWiMAX

WiMAXを口座振替で申し込みをしたい場合は、『BIGLOBE』が最もおすすめです。

『BIGLOBE』であれば、公式の『UQ WiMAX』で契約するより約2万円もお得に契約することができます。

詳しくは「WiMAX口座振替で契約できる全知識|クレカ無しでもOK!」をご覧下さい。

3-2.契約後店舗でサポートを受けられない場合がある

WiMAX契約後に何かトラブルがあった場合や相談したいことがある際には、契約した店舗で直接サポートを受けられない場合があります。

というのも、家電量販店の場合契約は店舗で行いますが、WiMAXサービス自体は系列の会社から提供されるため、求めるサポートの内容によっては契約した店舗以外での対応になる可能性があるということです。

参考までに、家電量販店とauでの問い合わせ先を以下にご紹介します。

出典:UQコミュニケーションズ 主なWiMAX提供会社

こうしたサポートの体制はプロバイダで契約しても変わらず、「auショップ」や「UQモバイル」などの系列店舗へ行くように指示されることが多いので、注意しておきましょう。

3-3.端末故障の店舗対応は契約から2週間以内

WiMAXの端末機器が故障してしまった場合、契約した店舗に端末機器を持ち込んで対応してもらえるのは、契約してから14〜15日までの場合が多いです。

もちろん契約した店舗によって対応は異なりますが、2週間以降になるとauショップやWiMAXサービスを提供している会社のサポートへ連絡をしなくてはなりません。

以下は、各店舗で公表されている対応をまとめたものです。

WiMAX 店舗 故障 対応

なおサポートの連絡先は、前述した「問い合わせ先」を参照してください。

4.WiMAXを店舗で契約する手順とできること

WiMAXを提供している店舗では、場所によって異なりますが、主に以下のことに対応しています。

上記について順番に解説していきます。

4-1.店舗での契約手続き

WiMAXを店舗で契約する手続きは、以下の通りです。

  1. 近くのWiMAX提供店舗へ
  2. プランや機種を決める
  3. 支払い方法と必要書類に記入

上記の契約手続き完了後、在庫があればその場で端末を受け取ることができます。

店舗に在庫がなかった場合は、後日自宅への郵送となるため数日程度かかることに注意しておきましょう。

店舗契約で必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
  • 本人名義のクレジットカード(口座振替も可能)

なお、店舗契約の場合は、一部クレジットカード支払いに対応していない場合もあるため、行く前に公式サイトなどで確認しておくことをおすすめします。

4-2.解約手続き(一部店舗)

WiMAXの解約にはいくつか方法がありますが、故障と同じく契約した店舗によって可能な対応が異なります。

以下では、対応している手段を一覧にしました。

WiMAX 店舗 解約 方法

ちなみに、店舗で直接解約できるのは以下の4つです。

  • ヤマダ電機
  • ベスト電器
  • auショップ
  • UQスポット

上記以外の場合は、契約した各プロバイダのサポートセンターに電話するか、「UQコミニュケーションズ」での電話・郵送対応となります。

解約連絡がどこか分からない場合は、契約した店舗に連絡して聞いてみましょう。

UQコミニュケーションズ・UQお客様センター番号

  • フリーダイヤル:0120-929-818
  • 受付時間:9:00~21:00(年中無休)

なお、郵送での解約手続きは、ホームページから「UQ通信サービス承継/改姓・改称届」を印刷し、「UQコミュニケーションズ株式会社 契約センター」宛に送付します。

せっかく店舗で契約をしても意外とサポートを直接受けられず、WiMAXの契約においては大きなメリットにならないことがわかります。

4-3.機種変更(一部店舗)

WiMAXの機種変更に関しては、基本的には「UQモバイル」などのUQスポットで契約した場合であれば、ほとんどの店舗でも機種変更は可能です。

ただし、家電量販店などで契約した場合は一部受け付けているところもありますが、かなりバラつきがあるため電話等で確認する必要があります。

こういったできることに差がつくため、店舗で契約するよりも『GMOとくとくBB』などのプロバイダでネット契約した方が後々便利です。

4-4.実機の利用体験

WiMAXの実機を見て確認できることが、店舗を利用する最大のメリットでしょう。

実際に機種端末に触れることでサイズや重さ、操作性などを確かめることができるため、後から後悔することが少なくなります。

ただし、通信速度や繋がりやすさは体験できないため、あくまで端末の確認等をしてからWeb申し込みでお得に契約する方法が、最も賢い選択と言えるでしょう。

5.WiMAXを店舗よりお得に契約するための全手順

WiMAXを契約する場合、店舗よりもプロバイダのホームページから契約した方がキャッシュバックの金額が大きく、月額料金も年間総額で圧倒的に安くすることができます。

ただし、こういった契約するコツを知らないと「3万円損してしまった…」「なんかこの機種は使いづらい…」など後悔するので、以下の手順と方法を必ず抑えておきましょう。

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種は「WX06」、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。

GMOとくとくBB公式ページ

※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

また電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

順番に解説します。

5-1. 契約プランを決める

プランは「通常プラン3,969円(税込)」か「ギガ放題プラン4,688円(税込)」で選びますが、迷ったら「ギガ放題」をおすすめします。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。

データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

5-2. 機種を決める

WiMAXのモバイルルーターは主に6機種ありますが、「WX06」が間違いなくおすすめです。

WX06

WX06をおすすめする理由は、以下の3点です。

<機種一覧>

機種比較

注意

  • 2021年5月現在、表に掲載している6機種の中で、購入できるのは「WX06」のみとなっています。
  • 2020年3月以降、KDDIにより最新機種「W07」のサービス提供が開始されましたが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません。

ポイント1. 実際の通信速度が速い

WX06は平均して下り通信速度30Mbpsほどのパフォーマンスを出すことができ、様々な用途に利用できる端末です。

速度目安(下り)利用用途
~1Mbpsメールなど
1~3MbpsWeb、SNSの閲覧
3~25Mbps動画視聴(YouTubeなど)
25~Mbpsオンラインゲーム

WX06とW06の「最大通信速度」について

端末自体の速度スペックを測る数字として、「最大通信速度」がありますが、実はこの「最大通信速度」はあまり重要ではありません。

最大通信速度はあくまで技術規格上の最大値を指すものであり、実際の利用シーンの状況によって、通信速度は大きく変化します

例えば、WX06の前の機種であるW06は、下り最大速度においてWX06よりも優れていますが、実際の利用時における通信速度はそれほど変わりません。

 WX06W06
製品画像WX06w06
下り最大速度440Mbps

558Mbps

上り最大速度75Mbps

75Mbps

その証拠に、都内で両端末の通信速度を実際に計測してみました。

 WX06W06

下り実測値

39.3Mbps41.61Mbps

上り実測値

15.38Mbps7.58Mbps

(東京都港区にて、3回計測した平均値を掲載)

結果を見ると、やはり速度に大きな違いはないことが分かります。むしろ、上りの通信速度関しては、WX06の方が上回っています。

このように、「最大通信速度」の数値はそれほど重要ではなく、実際の速度で端末を選ぶべきと言えるでしょう。

ポイント2. 圧倒的な接続安定性

WX06は、2.4GHzと5GHzという異なる帯域の中で、快適に利用できる環境を自動的に設定する”バンドステアリング機能”を持っています。

これは、WX06で初めて搭載された機能で、これによりあらゆる場面で安定的に高速通信を行うことができます。

GMOとくとくBB公式HPより

ポイント3. バッテリーの持ち時間が長い

「WX06」の最大連続通信時間は14時間となっており、他の端末と比べて2~4時間長く使用することができます。

外出先でモバイルルーターを利用する上で、バッテリーの持ちは非常に重要で、WX06はこの点で優れています。

また、通常使用よりもバッテリーの減りが早い「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)」を使用しても、10時間30分の長時間使用することができるので安心です。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

5G対応機種は購入するべき?

5Gに対応したWiMAXルーターとして、2021年5月から"Galaxy 5G Mobile Wi-Fi"が販売されています。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

しかし、WiMAXの通信規格としては4Gの方がまだまだ主流であり、現状では高い利用料金を支払ってまで5Gにする必要はありません。

以降で、具体的な理由について解説していきます。

理由1:5G対応エリアがかなり限定されている

WiMAX回線の5Gエリア(赤部分)は、下の写真のように都心のごくわずかな部分しか対応しておらず、4Gの範囲(オレンジ部分)と比べてかなり狭いことが分かります。

wimax_5Garea

理由2:5G専用プラン・端末料金が高額

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiを使うためには、4Gの場合よりも高額な月額料金・端末料金を支払う必要があります。

下の表のように、3年間で2.5万円ほどの差が出てきますので、それでも5Gが使いたい!という方でないとおすすめできません。

 Galaxy 5G Mobile Wi-FiWX06
製品画像Galaxy 5G Mobile Wi-FiWX06
プラン名ギガ放題プラスギガ放題
プラン料金(月額)4,818円4,268円
端末代金21,780円 16,500円
3年間の支払総額195,228円170,148円

※UQ WiMAXの場合

5-3. プロバイダを決める

申し込み先のプロバイダによって、キャッシュバック額が約3万円ほど変わるため、しっかりプロバイダを比較して申し込みましょう。

次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。

実質月額料金はどこが安いか

選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかを確認しましょう。

なぜなら、「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるからです。

下記の表では、「データ通信容量の実質無制限プラン」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。

順位プロバイダ名1ヶ月の実質費用(円)契約期間
(年)
キャッシュバック(円)
ギガ放題通常プラン
1GMOとくとくBB(月額割引)3,8943,21536,000
2GMOとくとくBB(キャッシュバック)3,906

3,227

330,000
3Vision4,0633,35130
3カシモ4,0633,38130
5Broad WiMAX4,0673,35530
6dti4,0774,01830
7ASAHIネット4,2573,98830
8dis4,818-30
9UQ WiMAX4,818-20
10So-net5,3754,62530
11BIGLOBE6,101-117,000

比較すると、『GMOとくとくBB』が上位2通りを独占しており、一人勝ちしている状況です。

その中でも6,000円のキャッシュバック3年間で最大25,898円が割引されるプランを申し込むことをおすすめします。

数十円の差ですが、月額割引であればキャッシュバックをもらい忘れることもなく、お得に利用できるでしょう。

GMOとくとくBBで申し込む際の唯一の注意点

一点だけ、申し込み前に知っておくべき注意点があります。

それは『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。

キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目にGMOから送られる「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。

『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

プロバイダ選びについて|まとめ

プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。

  • キャッシュバック金額を含めた「実質月額料金」で比べる
  • 2021年5月現在、『GMOとくとくBB』(https://gmo.jp)が最もお得
  • 購入後11ヶ月目にキャッシュバック振込指定口座の確認メールが届くので、キャッシュバック受け取りの手続きを忘れずに行う

ポイント

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmo.jp/

電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

6.WiMAXの店舗に関するQ&A

ここからは、WiMAXの店舗に関するよくある質問についてお答えしていきます。

1つずつ順番に解説します。

6-1.auユーザーじゃなくてもauショップでWiMAXを契約できる?

結論から言うと、auショップでの契約はauユーザーでなくとも可能です。

ただし、auユーザーでない場合はauショップで契約するメリットはなく、店舗契約がいいのであれば、同じ系列の「UQモバイル」等のUQスポットの方がキャンペーン等を受けられる場合があります。

6-2.WiMAXのクレードルは店舗でも購入できるの?

WiMAXのクレードルは、そもそもクレードルがない「W06」以外は店舗でも購入することができます。

ただし、店舗の在庫状況などにもよるため、確実に手に入れたい場合はオンラインで購入することをおすすめします。

6-3.WiMAXのレンタルは店舗でもできるか?

WiMAXには実際に契約する前に、15日間登録料、通信料、レンタル料、配送費用などの費用が一切かからず無料で試せるレンタルサービス「Try WiMAX」があります。

2013年2月7日までは家電量販店の店舗で「TryWiMAX」の申し込みを受け付けていましたが、現在は店舗での受付は終了しています。

そのため、「TryWiMAX」を利用したい場合は、UQ WiMAX公式サイト上のみの受け付けとなります。

Try WiMAXを申し込む前に!

とても便利なTry WiMAXサービスですが、利用するのに注意すべき点が幾つかあります。

レンタルをする前に「WiMAXを無料でお試しレンタルする全手順と6つの注意点」を参考にして頂けると、後悔せずにTry WiMAXを使えるでしょう。

6-4.店舗でWiMAXのSIMのみで契約はできるか?

店舗でSIMのみの契約ができるのは、「UQモバイル」等のUQスポットだけです。

店頭にてUQWiMAXで新規申し込み(SIMのみ)を申し込みをする際は、現在利用しているWiMAX端末情報(IMEI)を確認する必要があるため、先に端末を購入しておく必要があることに注意しておきましょう。

まとめ

WiMAXの店舗契約をおすすめできない理由とともに、店舗契約する際に知っておきたい事前知識や注意点について解説してきましたが、いかがでしたか。

WiMAXを店舗で契約する場合、Web申し込みに比べて割引やキャンペーン等の恩恵が少ないため、店舗で契約をすることはおすすめしません。

この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2021年5月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。

※KDDIより最新機種「W07」のサービスが提供されていますが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません

上記の内容で契約をして、お得にモバイルWi-Fiを手に入れましょう!

ポイント

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmo.jp/

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket