【超最新版】図解でわかる光回線の速度の仕組みと速度を上げる方法まとめ

     

    「光回線の速度が遅い!」「そもそもどのくらい出るものなんだ」など、光回線の速度に関しては疑問や悩みが付きまといますよね。

    回線の速度は様々な要素で決まり、速度を上げたいのであれば、きちんと仕組みを理解した上で行動することが必要です。

    このページでは過去に光回線の営業をしていた筆者が光回線の速度に関して、以下のポイントを紹介します。

    1. 図解でわかる光回線の速度を決める3つのポイント
    2. 簡単に速度測定ができるおすすめツール3選
    3. 光回線の速度を向上させる5つの方法

    全て読めば、光回線の速度が左右されるポイントを理解した上で、光回線の速度を改善するポイントをつかめます。

    1. 図解でわかる光回線の速度を決める3つのポイント

    よく光回線は「1ギガ」などと宣伝されていますが、ほとんどの光回線は宣伝されているほどスピードは出ません。

    それは光回線が「ベストエフォート」と呼ばれるサービス方式だからです。

    ベストエフォートとは

    ベストエフォートとは、文字通り「品質の保証はせずに、最大限(ベスト)の努力(エフォート)でサービスを提供する」という概念です。

    各光回線サービスが公式に発表している「最大速度」もこの概念に則しており、ここで言う速度は、数々の好条件が揃えば技術的に実現してもおかしくない「理論値」でしかありません。

    たとえば、多くのユーザーが一度に同じ回線を利用した場合は、回線が混み合って悪条件になってしまうので、当然公式的に発表されている「最大速度」は出ません。

    そこで、光回線サービスの良し悪しを速度を基準にして判定したい場合、ユーザーが実際に計測した「平均速度」を基準にする必要がありますが、公式ページには記載ありません。

    平均速度は、場所や時間帯など異なる条件で計測した複数の結果を対象に、サービスごとに平均値を算出した速度なので、この速度が速いほど、実際の通信速度も速いと考えられます。

    この速度測定に使用するおすすめのツールは、「3.速度測定がらくらくできるツール3選」で後ほど紹介します。

    ちなみに筆者も「ギガ」と宣伝されている「フレッツ光ネクストギガマンション」を使っていますが、計測すると以下の結果になりました。

    スクリーンショット 2017-01-25 18.14.01

    画像:SPEEDTEST  BETA

    このように最大速度が1GBと発表されていても、実際は受信に当たる下りがおよそ18Mbps(1ギガのおよそ2/100のスピード)しか出ません。

    しかしながら、動画は快適に観れていますし、ネットに関してストレスはほとんどありません。

    一般的に快適にインターネットを使用できる回線速度は「20Mbps」と言われていますが、体感的に「10Mbps」が出ていれば動画なども問題なく視聴できる可能性が高いです。

    使用目的別おすすめインターネット速度の目安

    インターネットの使用目的に応じて、快適なスピードの目安をまとめました。

    • 1Mbps:LINEメッセージやメールの受送信
    • 3Mbps:ビデオ通話・YouTube動画(720p)の視聴、SNSの写真投稿
    • 5Mbps:YouTube動画(1080p)の視聴
    • 25Mbps:4K動画の視聴

    ちなみにインターネットは以下のような仕組みでつながっているので、通信速度はこれら3つの要因で決まります。

    スクリーンショット 2017-01-25 16.21.37

     

    1. プロバイダ
    2. 光回線
    3. あなたの家の環境

    まず本章では、これら3つの要因が、どのように光回線の速度に影響を与えるのかを解説していきます。

    1-1.プロバイダ

    プロバイダは、インターネットの入り口のような役割をしており、インターネットを利用するためには、必ず契約しなければなりません。

    多くのプロバイダは、都道府県ごとに設備を用意しており、その混雑状態などで通信速度が遅くなる可能性があります。

    この混雑度は、プロバイダを契約している場合、主に以下2つの条件に左右されます。

    • 契約しているエリアの契約者数
    • 使用時間帯

    このように通信速度は、契約しているエリアや使う時間によっても変わってくるため、一概におすすめのプロバイダを紹介することは難しいですが、「プロバイダが原因で遅い」とお考えの方は変えてみると改善する可能性があります。

    おすすめプロバイダの平均速度は?

    ドコモ光の大手プロバイダ「GMOとくとくBB」は、公式に以下の平均速度を発表しています。

    • 上り速度:268Mbps
    • 下り速度:312Mbps

    実際の速度は、光回線サービスが発表している「最大速度」には、全く及んでいないことがわかります。

    また、プロバイダは、回線ごとに契約できるサービスが異なるので、選び方次第で料金に差が出てます。

    そのため、契約する光回線が決まった場合は、対応プロバイダをよく比較し、自分にあったお得なサービスを選ぶ必要があります。

    プロバイダの失敗しない選び方については「インターネットのプロバイダとは|正しく理解しお得に選ぶ全知識」をご確認ください。

    1-2.光回線

    以下の表は、光回線サービスが公式に発表している理論上の最大速度です。

    光回線運営会社最大速度(ベストエフォート値)
    フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプNTT東日本200MB(下り)100MB(上り)
    フレッツ光ネクスト ギガラインタイプNTT東日本概ね1GB(上り・下り)
    フレッツ光ネクスト隼NTT西日本概ね1GB(上り・下り)
    NURO光So-net2GB(下り)1GB(上り)
    auひかりKDDI1GB(上り・下り)
    ソフトバンク光(光コラボレーション)ソフトバンク1GB(上り・下り)

    大手では、1~2GBの会社が多いです。

    以前からあるサービスは、最大速度は1GBに満たないものも多くありましたが、最近ではこのように1GB以上のサービスが多くなりました

    光回線のお得な選び方は、「契約中のスマホをセットで選び、最もお得な窓口で申し込む」ことなので、その詳細は「徹底比較!元販売員が2020年本当におすすめできる光回線5選とプロバイダの全注意点」でご確認ください。

    近年話題の光コラボレーションはNTT品質

    光回線はここ数年で大きく状況が変わりました。

    それは「光コラボレーション」というサービスができたからです。

    光コラボレーションとは、以下のようにNTTとの契約を他社を間に挟み、その会社のサービスとして光を使う仕組みです。

    スクリーンショット 2017-01-16 13.28.41

    回線はNTTのものを使って各事業者が提供をしているイメージです。

    そのためNTTの「フレッツ光」と品質はほとんど変わらない回線を使うことができます。

    以上のような「光コラボレーション」の仕組みが詳しく気になる方は「図解でわかる光コラボレーションとは|仕組みと注意点が3分でまるわかり」を参考にしてみてください。

    マンションの場合は速度が出にくい

    一般的に、マンションは、一戸建てと比べて、速度が出にくいと言われています。

    それには、主に以下の2つの理由があります。

    1. 一つの装置を大人数で使うから
    2. 配線が光の速度についていけない可能性があるから

    多くの場合、マンションの光回線は、マンション内の装置で分岐させて各戸に届けられます。

    スクリーンショット 2017-01-25 17.54.17

    この分岐のタイミングで、複数の利用者に回線が分かれてしまうので、通信速度が落ちる可能性が高まります。

    また、集合装置から各戸への配線は、以前のものだと「電話線」を使うものもあり、大きな速度のロスが生じます。

    NTTのフレッツや光コラボレーションの回線だと、「VDSL方式」「LAN方式」と呼ばれる配線が速度が遅くなりやすいので、注意が必要です。

    1-3.あなたの家の環境

    あなたの家の環境でも、光回線の速度は遅くなる可能性があります。

    もし自宅の光回線が遅いと感じた場合は、以下を確認してください。

    • LANケーブルや無線LANの規格が回線と合っているか
    • インターネットを使う端末の性能が劣っていないか

    これらの身近な通信機器を変えるだけで、通信速度が改善することもあります。

    また、WiFiルーターを無料で提供したり、お得な金額でレンタルできるプロバイダもあるので、契約の際はその最大速度が回線の最大速度に合っているか確認してみましょう。

    プロバイダや光回線を見直す前に、まずは自宅の通信環境を見直すことをおすすめします。

    2. 簡単に速度測定ができるおすすめツール3選

    インターネットの速さを判断する際に重視すべきは、実際に速度を計測した結果としての「実効速度」です。

    また、前述のように多くのデータを基に、サービスごとの平均速度を算出すると、光回線サービスを選ぶ際のより正確な比較基準となります。

    この章では、自分の使用しているインターネットの通信速度が遅いと感じた時に、簡単に測れて便利な速度計測ツールを3つ厳選して紹介します。

    • SPEEDTEST  BETA・・・上り速度・下り速度を別に計測できる
    • USEN スピードテスト・・・初心者でもわかりやすい
    • Fast.com・・・デザインがシンプル

    それぞれを紹介していきますので、好きなツールを使ってみてください。

    2-1. SPEEDTEST  BETA

    スクリーンショット 2017-01-25 18.19.35

    SPEEDTEST  BETA」は、ワンクリックで上りと下りの速度をそれぞれ計測できます。

    Ping値の応答速度まで測れる本格的な速度計測ツールですが、回線などを入力しなくても使用できるため、初心者でも簡単に使いやすいです。

    ただし、測定時に通信量を多く消費してしまうので、スマホではなくPC向きのツールとして利用しましょう。

    2-2. USEN スピードテスト

    スクリーンショット 2017-01-25 18.01.44

    USENのスピードテスト」は、非常に手軽に速度を計測できるツールです。

    速度に応じて「ハムスター級」「ニンゲン級」「ドラゴン級」など、イメージしやすいキャラクターが登場するので、初心者でもわかりやすいです。

    ただし、Flash Playerをインストールしなければならないので、注意してください。

    2-3.Fast.com

    Fast.com」は、人気VODサービスNETFLIXが提供するツールです。

    シンプルだけどわかりやすい表示なので、初心者でも簡単に精度の高い計測結果を得ることができます。

    ブラウザに依存しないので、PCのみならずスマホでも使用することができます。

    速度測定の注意点

    速度測定を適切に実施するための注意点は、以下の3つに関する条件を合わせることです。

    • 測定日時
    • 接続方法
    • 測定端末

    通信速度は、「測定日時」「有線・無線接続」「パソコン・スマホ・ゲーム機などの端末」によって、結果が異なります。

    有益な結果をえるためには、自分がよく通信をするシチュエーションに合わせて計測を実施しましょう。

    3. 光回線の速度を向上させる5つの方法

    この章では光回線が遅くて悩んでいる場合、どのように速度を向上させることができるのか、具体的な手順を紹介していきます。

    以下のポイントを全て改善すれば、通信速度が今より速くなる可能性が高まります。

    • あなたの家のLANケーブルを改善する
    • あなたの家の無線環境を改善する
    • 利用している端末を改善する
    • プロバイダを見直す
    • 光回線のプラン・回線を見直す

    それぞれのポイントについて、詳しく説明します。

    3-1. あなたの家のLANケーブルを改善する

    「ルーターから無線LANの親機まで」など、光回線を使うほとんどの方がLANケーブルを使っているかと思います。

    そして、LANケーブルによって通信の速度が異なるため、LANケーブルを見直せば改善する可能性が高いです。

    LANケーブルには「CAT○」などの記号が書かれていますが、「CAT」とは「カテゴリー」を意味していて、このカテゴリーで以下のように速度に違いがあります。

    カテゴリー通信速度
    • カテゴリー5
    100M
    • カテゴリー5e
    • カテゴリー6
    1G
    • カテゴリー6a
    • カテゴリー6e
    • カテゴリー7
    10G

    いくら家に1Gの速度の回線が来ていても、ケーブルが100Mしか通れないものだったらもったいないです。

    そのため、「カテゴリ5」の方はケーブルから変えることをおすすめします。

    ちなみに、カテゴリー7が最も性能がいいですが、値段が高いです。そのため、一般家庭で使う場合は、性能が良くて値段も控えめな「カテゴリー6a」が最もおすすめです。

    iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル

    スクリーンショット 2017-01-25 19.17.23

    ちなみにAmazonなどでもこのような高性能なLANケーブルが1000円を切る値段で売られているため、手軽に試せる方法です。

    3-2. あなたの家の無線環境を改善する

    無線LANルーターなどを使っている方は、親機の性能でも通信速度が大きく変わるため、注意が必要です。

    無線LANルーターも以下のように規格が複数あるため、あなたの求めるスペックに合った規格を選びましょう。

    規格周波数最高速度(理論値)
    11a(IEEE802.11a)5.2GHz帯54M
    11b(IEEE802.11b)2.4GHz帯11M
    11g(IEEE802.11g)2.4GHz帯54M
    11n(IEEE802.11n)2.4GHz帯、5.2GHz帯600M
    11ac(IEEE802.11ac)5.2GHz帯6933M

    以上のように、速度を考えると、できれば11acの規格のものを使いたいところです。

    周波数に関して

    光回線は以下2つの電波に接続することができます。

    • 5.2GHz帯・・・・障害物には強いが、電波が遠くまで飛びにくい
    • 2.4GHz帯・・・・電波は遠くまで飛ぶが、障害物に弱い

    この周波数を切り替えることで速度が改善されることがあります。

    家の中で使うのであれば5.2GHz帯がおすすめです。

    スクリーンショット 2017-01-25 21.56.52

    出典:Amazon

    ちなみに、多くの無線LANルーターでは上図のように「11ac/n/a/g/b」などと書かれています。

    これは11ac、11n、11a、11g、11bに対応しているという意味です。

    遅くて悩んでいる方に関して、もしも「11ac」か「11n」に対応していないのであれば、買い換えることも検討しましょう。

    その場合、「11ac」の規格に対応しているものであればまずは間違いがありません。

    3-3. 利用している端末を改善する

    使っているパソコンが重くなってしまっているとどんなに回線が早くても遅いように感じてしまいます。

    あなたのパソコンが古くなって全体的な処理が遅くなっているようだと改善があまり期待できないので買い替えも考慮しましょう。

    インターネットの履歴やキャッシュなどを削除するなど、パソコンを軽くすることで緩和はできますが、根本的な解決にはつながりません。

    3-4. プロバイダを見直す

    プロバイダが原因だと考える方は、プロバイダを見直すことも検討しましょう。ちなみに、夜10時~12時につながりにくい方は、特にプロバイダが影響している可能性が考えられます。

    ただし、あくまでもあなたのエリアの使っているユーザーなどによって変わってしまうため、「ここにすれば解決」という具体的な答えはありません

    イメージとしては下記のように、インターネットはエリアごとに基地局があるケースが多いですが、そのエリアごとにプロバイダの設備があります。

    シンプルに、そのエリアの設備に対して使う人が多ければ多いほど、混み合うので、遅くなる可能性があります。

    「夜はインターネットがつながりにくい」、「最近速度が安定しなくなった」というときはあなたのお住いのエリアで夜に使う人が多い、もしくは最近利用者が増えたということが考えられます。

    反対に遅いと思っていても、プロバイダが設備を増強して一気に速くなることだってあります。

    じゃあどこが速いの?

    正直、お住いのエリアや、そこのユーザー数、または時間によってガラリと変わってくるため一概にここがいいとは言えません。

    ただ、大手のプロバイダであれば、設備増強などを定期的にきちんと行っていることから、将来遅くなるという心配をあまりしなくてもいいので大手のプロバイダがおすすめです。

    安すぎるようなプロバイダは設備の増強をするコストをかけない可能性もあるので注意しましょう。

    インターネットは長期間使うもので、目先の速度よりも「ずっと安心して使えるか」の方が大切なので、大手のプロバイダをおすすめします。

    ただ、本当に今の速度が心配な方は「Radishみんなの測定結果」と呼ばれる、速度計測を報告し合う掲示板がありますので、そこで近くに住んでいる方の情報を参考にしながら考えましょう。

    スクリーンショット 2017-01-25 23.05.03

    出典:Radishみんなの測定結果

    ただし、誰でも書き込める性質上、自作自演も多いので注意が必要です。

    参考:プロバイダで速度を早くする取り組みも!

    プロバイダごとに特殊な技術を使って、速度を早くしているものもあります。

    例えば、ドコモ光などで使えるプロバイダである「GMOとくとくBB」は「V6プラス」と呼ばれる下記のように混雑するポイントを作らない技術を使うようになりました。

    上記のように、v6プラスは混雑するポイントを通らないという技術でつなぐサービスで、インターネットが快適になりますので、通信速度が不安な方にも安心です。

    v6プラスを使えるプロバイダは限られていて、代表的なプロバイダは以下の通りです。

    速度がどうしても不安であれば、大手の中でもこういった最新の技術を取り入れているプロバイダを選ぶようにしましょう。

    3-5. 光回線のプランを見直す

    光回線のプランを見直すことでも改善が期待できます。

    特に、以前からNTTのフッツ光を使っている方や、フレッツ光の回線を使った「光コラボレーション」を契約した方は、場合によっては「古いタイプ」の回線になっている可能性が高いです。

    スクリーンショット 2017-01-25 23.26.25

    回線が以前のものの場合、回線を契約している会社に伝え、設備の問題などがなければ早いタイプに切り替えてもらえる可能性が高いですが、工事費もかかります。

    工事費は決して安くはないため、あなたの解約時の違約金や月額の料金によっては他社に乗り換えてしまった方が安く落ち着くケースもあります。

    プロバイダも一緒に変えるとキャンペーンを受けられる可能性もあるので「光回線100社を徹底比較!あなたに合わせたおすすめがわかる」を参考にあなたにベストな光回線を検討しましょう。

    通信サービス・端末交換前のチェック

    通信サービスや端末などを変更する前に、まずは今使用しているな端末が正常に機能しているのか確認しましょう。

    具体的な対応例は以下の通りです。

    • LANケーブルの抜き差し
    • OUNのコンセントの抜き差し
    • Wi-Fiの再接続

    これらの対応で通信速度が改善されることもあるので、事前にチェックすることをおすすめします。

    4. まとめ

    光回線の速度に関して、何で決まっているのか、どうやって測るのか、遅い時はどうすればいいのかを解説してきましたがいかがでしたか。

    光回線が遅いと感じたら、以下のポイントで、できそうなことをできるだけ行えば改善の可能性が高いです。

    • あなたの家のLANケーブルを改善する
    • あなたの家の無線環境を改善する
    • 利用している端末を改善する
    • プロバイダを見直す
    • 光回線のプラン・回線を見直す

    それでも改善しない場合や、プラン変更の工事費が高くなってしまうケースは、光回線ごと切り替えてしまうことも一つの手段です。

    その場合は「光回線100社を徹底比較!あなたに合わせたおすすめがわかる」を参考にあなたに合った回線を選びましょう。

    あなたが快適にインターネットを使えることを心から祈っています。