U-NEXTとHuluを徹底比較!迷ったらU-NEXTを選ぶべき全理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「U-NEXTとHuluの違いは何?」「VODサービスはどうやって選ぶべき?」など、U-NEXTとHuluのどちらを選ぶべきか気になっていませんか?

結論、オリジナル作品など特定ジャンルにおいてHuluの方が優れている点もありますが、幅広いジャンルの作品を数多く楽しみたい場合や機能面を重視する場合、選ぶべきはU-NEXTです 。

このページでは、長年に渡りVODサービスを利用してきた筆者が、U-NEXTとHuluを様々な観点から比較し解説するとともに、VODサービスで迷ったらU-NEXTを選ぶべき理由を説明します。

これを読めば、U-NEXTとHuluを比較し、検討した上で、本当に選ぶべきVODサービスがわかります。

本ページの情報は2021年11月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください 。

そもそもVODってどんなサービス?

そもそも、U-NEXTをはじめとする各社が提供しているVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスについて、詳しく知らない場合はこちらの章を読みましょう。

VODとは

VODサービスとは、契約ユーザーが月額固定料金を支払うことで、サービス内で配信されている動画を無制限に楽しむことができる、いわば定額見放題の動画配信サービスです。

自宅のテレビだけでなくスマートフォンやタブレットを使って、自分の好きな場所で好きなコンテンツを楽しむことができます。

VODサービスでは、申し込みから一定期間の無料トライアルを実施している場合が多いですが、サービスによっては無料と謳っていても利用方法を誤ると追加料金が発生するものもあるため、注意が必要です。

1.U-NEXTとは

U-NEXTとは、株式会社U-NEXTが運営する日本のVODサービスです。

U-NEXTとは出典:U-NEXT

U-NEXTひとつで、映画やドラマ、アニメなどの動画から、雑誌やマンガ、ラノベをはじめとする電子書籍まで、ジャンルを超えた幅広いエンタメ作品を楽しむことができます。

U-NEXTの基本的なサービス内容を以下の3つに分けて詳しく説明します。

  • 料金とプラン
  • ラインナップ
  • 対応機器

では早速、一つずつみていきましょう。

1-1.料金とプラン

U-NEXTの料金プランは、以下の2種類です。

  • 月額プラン:月額2,189円 (税込)
  • 月額プラン1490:月額1,639円(税込)

どちらも同じように動画見放題や雑誌読み放題などのサービスが利用できますが、各プランの特徴と違いを説明します。

月額プラン

月額プランは最も基本的なプランで、前述の通り210,000本もの動画の見放題や、雑誌の読み放題が定額料金で利用できます。

それに加えて、別料金が必要なレンタル作品などで利用できるU-NEXTポイントが、毎月1,200円分付与されます

U-NEXTポイントが使えるサービスは以下の通りです。

  • 有料作品の購入・レンタル
  • 漫画・書籍の購入
  • 映画チケットの引き換え など

ポイントは、1ポイント=1円 として、利用できます。

月額プラン1490

月額プラン1490は、長期利用向けのプランです。

基本的なサービス内容は月額プランと同様ですが、月額プラン1490の場合、以下の2点が大きく違います。

  • U-NEXTポイントの配布がない
  • 1年以内に解約してしまうと5,000円の違約金が発生する

では、どちらのプランを選ぶべきなのか、解説していきます。

どちらのプランがおすすめ?

2つの料金プランの違いを以下の表にまとめました。

プラン名 月額料金(税込み) 実質月額料金 動画見放題 雑誌読み放題 U-NEXTポイント 契約期間 違約金
月額プラン 2,189 989 1,200
月額プラン1490 1,639 1,639 0 1年 5,000

※実質月額料金=月額料金―U-NEXTポイント、U-NEXTポイント=月額ポイント

上記の違いを踏まえ、2つのプランはそれぞれ、以下の場合におすすめします。

  • 月額プラン:最新作品の視聴や漫画・書籍の購入など、有料のものも含めてより多くのコンテンツをお得に楽しみたい
  • 月額プラン1490:1年以上の利用を予定していて、かつ動画視聴や電子書籍サービスは無料コンテンツのみで十分

つまり、判断のポイントは2つです。

  • 自分がU-NEXTポイントを使うサービスをよく利用するのか
  • 1年以上継続して契約する予定なのか

上記を踏まえて、自分に合うプランを選ぶと良いでしょう。

1-2.ラインナップ

U-NEXTは日本最大級の動画サービスであり、公式の発表によると見放題作品数は主要VODサービスの中でもNo.1※です。

※GEM Partners株式会社調べ。2020年4⽉時点

その見放題作品数は210,000にも及びます。

U-NEXTは作品数No.1出典:U-NEXT

また、読み放題対象の雑誌は80誌以上、一部有料の書籍も360,000作品以上をU-NEXT内で楽しむことができます。

1-3.対応機器

U-NEXTは、テレビ、スマホ・タブレット、PlayStation(R)4などのゲーム機、パソコンと、幅広いデバイスに対応しています。

  • テレビ
  • スマートフォン・タブレット
  • ゲーム機
  • パソコン
  • ブルーレイレコーダー
  • ホームシアターシステム
  • プロジェクター
  • セットトップボックス
  • ドングル端末  など

上記のように、U-NEXTは多くのデバイスに対応しているので、対応デバイスで困ることはないでしょう。

U-NEXTの対応デバイス出典:U-NEXT

対応デバイスが豊富だと、家のテレビで大人数で楽しむ、スマホやタブレットを用いて外出先で視聴するなど、それぞれのライフスタイルに合った多様な楽しみ方が可能です。

2.Huluとは

Hulu』もU-NEXT同様、映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど、国内作品を中心に多様な動画を視聴できるVODサービスです。

日本テレビの関連会社によって運営されているため、日本テレビのドラマやバラエティが多く揃っています。

Huluとは

出典:Hulu

Huluの基本的なサービスについても、以下の3つに分けて説明します。

  • 料金とプラン
  • ラインナップ
  • 対応機器

一つずつ詳しくみていきましょう。

2-1.料金とプラン

Huluの料金プランのポイントは以下の2つです。

  • 月額1,026円(税込)の通常プランのみ
  • 登録する窓口によって、料金や選択できる支払い方法が若干異なる

支払方法については、以下の表を参考にしてください。

登録窓口 月額料金(税込) 支払い方法
iOSアプリ 1,050円 iTunes Store決済
web(スマホ、タブレット、PC) 1,026円
  • クレジットカード決済
  • キャリア決済
  • ウォレット決済
  • その他決済
テレビ クレジットカード決済

注意点としては、以下の2点です。

  • iTunes Store決済だと、月額料金が少し高くなる
  • テレビから登録した場合、選べる支払い方法はクレジットカード決済のみ

上記を踏まえて支払方法を選ぶと良いでしょう。

2-2.ラインナップ

Huluにも幅広いジャンルの動画作品が揃っており、見放題作品数は70,000本程です。

Huluオリジナル作品や、海外のチャンネルのリアルタイム配信も視聴することができます。

ただし、電子書籍の取り扱いはありません。

2-3.対応機器

Huluの対応機器は以下の通りです。

  • テレビ
  • ストリーミングデバイス
  • ゲーム機
  • セットトップボックス
  • プルーレイプレーヤー
  • プロジェクター
  • スマートフォン・タブレット
  • パソコン  など

U-NEXT同様、幅広い端末で視聴できます。

Huluの対応デバイス出典:Hulu

HuluもU-NEXTと同様に豊富なので、対応端末で困ることはないでしょう。

3.U-NEXTとHuluを徹底比較

U-NEXTとHuluの基本的なサービス内容を紹介したところで、改めて2つのサービスの大きく異なる点を解説していきます。

大きな違いは以下の通りです。

  • 違い①:料金
  • 違い②:見放題作品数
  • 違い③:電子書籍の取り扱い
  • 違い④:オリジナル作品の取り扱い
  • 違い⑤:1つの契約での同時視聴
  • 違い⑥:作品のダウンロード

1つずつ解説していきます。

違い①:料金

最も基本的なプランで比較すると以下のようになります。

  • U-NEXT:月額2,189円
  • Hulu:月額1,026円

ともに税込み価格です。

一見、Huluの方が1,000円近く安いように見えますが、U-NEXTでは毎月1,200円相当のポイントが付与されます。

このポイントはU-NEXT内で有料コンテンツの購入や映画チケット購入などに使えるため、実質月額料金はU-NEXTの方が安いと言えます。

違い②:見放題作品数

見放題作品数で比較すると次のようになります。

  • U-NEXT:約210,000本
  • Hulu:約70,000本

U-NEXTのほうが圧倒的に多くの作品が見放題になっています。

特定のジャンルや作品にこだわりがないのならば、見られる作品数が多いU-NEXTがおすすめです。

違い③:電子書籍の取り扱い

電子書籍について比べると、次のようになります。

  • U-NEXT:月額料金内で楽しむことができる
  • Hulu:取り扱い自体ない

U-NEXTならば、毎月付与される1,200円相当のポイントで好きな書籍を購入することもできるため、少しでも電子書籍サービスも利用したい気持ちがあればU-NEXTの方が良いでしょう

違い④:オリジナル作品の取り扱い

オリジナル作品の取り扱いがあるのはHuluのみで、U-NEXTにはありません。

  • U-NEXT:取り扱いなし
  • Hulu:取り扱いあり

ただし、オリジナル作品数はNetflixやAmazon Primeなどの方が多く取り扱いがあります。

Huluオリジナルの特定作品が見たい場合のみHuluをおすすめします。

違い⑤:1つの契約での同時視聴

U-NEXTもHuluも1つの契約で複数のユーザーを登録することができますが、同時視聴については次の通りです。

  • U-NEXT:同時視聴できる
  • Hulu:同時視聴できない

U-NEXTならば1つの契約に対して、アカウントを4つまで登録することができ、最大4人での同時視聴が可能です。

家族で共有したいなど、同時視聴の可能性があるならば、U-NEXTを選びましょう。

違い⑥:作品のダウンロード

U-NEXTもHuluも、作品をダウンロードしてオフラインで再生することができますが、ダウンロード可能な作品と、本数の上限については、以下の違いがあります。

  • U-NEXT:基本的にどの作品もダウンロード可能。作品数に上限なし
  • Hulu:一部の作品のみ。ダウンロードは1契約につき25作品まで

U-NEXTのほうがダウンロード可能な作品が多く、上限もないのでおすすめです。

U-NEXTとHuluの比較まとめ

U-NEXTとHuluの6つの違いを表にすると、以下のようになります。

料金(税込み) 見放題作品数 電子書籍の取り扱い オリジナル作品の取り扱い 1つの契約での同時視聴 作品のダウンロード
U-NEXT 月額2,189円
(実質月額989円)
約210,000本 ×
Hulu 月額1,026円 約70,000万本 × ×

※実質月額料金=月額料金―U-NEXTポイント

結論、U-NEXTとHuluで迷ったら、選ぶべきは『U-NEXT』一択です。

電子書籍に全く興味が無く、かつHuluオリジナルの特定作品を目的とする場合のみ、Huluの利用を検討しましょう。

4. U-NEXTを利用すべきか

結論から言うと、最も選ぶべきVODサービスは『U-NEXTです。

なぜなら、コンテンツ数が多く、実質的な料金が最も安いからです。

U-NEXT出典:U-NEXT

以下で、他サービスと比べてどのような点が優れているかを解説します。

4-1.他サービスとの比較

2021年11月の最新情報です。

VODサービスを安全に選ぶには、下記のポイントで選ぶことが重要です。

  • 動画をダウンロードして、オフライン視聴できるか
  • 見たいジャンルのコンテンツが豊富か
  • 実質的な月額料金が安く、最低限のコンテンツ数があるか

結論として、選ぶべきVODサービスは、2022年5月現在、下記一択です。

以下で、一番おすすめのVODサービスがどこかを比較していきます。

動画をダウンロードして、オフライン視聴できるか

オフライン視聴ができない場合、データ通信量が多くなり、速度制限や追加通信料金が発生するリスクがあります。

そのため、VODサービスを選ぶ際は、オフライン視聴ができるサービスを選ぶべきです。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

サービス名 オフライン
U-NEXT
Hulu
Paravi
NETFLIX
dTV
Amazon
dアニメストア
TELASA
TSUTAYA
FOD

オフライン視聴が可能なら、外出先でも動画サービスを楽しめるメリットを最大限発揮できます。

自宅など通信環境が整った場所で動画をダウンロードしておくことがおすすめです。

見たいジャンルのコンテンツが豊富か

見たいジャンルのコンテンツが少ないVODサービスを選んでしまうと、利用する意味が無くなるため慎重に選ぶべきです。

VODサービスごとのオリジナル作品を含めて、主に6つのジャンルがあります。

  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • オリジナル

以下で、ジャンルごとにどのVODサービスを選ぶべきか比較しますが、結論6つ中4つのジャンルにおいて「U-NEXT」が1位となっています。

出典:U-NEXT

実質的な月額料金が安く、最低限のコンテンツ数があるか

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

サービス名 オフライン 作品単価 初年度実質月額 総作品数
U-NEXT 0.01 502 210,000以上
Hulu 0.01 987 70,000以上
Paravi 0.10 979 10,000以上
NETFLIX 0.18 990 5,474以上
dTV 0.005 504 120,000以上
Amazon 0.05 153 10,000以上
dアニメストア 0.105 403 4,200以上
TELASA 0.06 593 10,000以上
TSUTAYA 0.103 943 10,000以上
FOD 0.020 940 50,000以上

実質月額料金が一番安いのは「Amazon Prime Video」ですが、実はレンタル作品ばかりで作品単価で比べてみるとあまりお得ではありません。

月額料金を最低見放題作品数で割った「作品単価」や、最低見放題作品数で比べてみると「U-NEXT」が一番お得に動画を楽しめることがわかります。

4-2.U-NEXTを最もお得に利用する方法

U-NEXTはの月額料金は、2,189円(税込)です。

出典:U-NEXT

他のVODサービスと比較すると、NETFLIXや楽天と同様に、月額料金が1,000円ほど高くなっています。

そのため、一見すると高額なVODサービスと勘違いされがちです。

しかし、以下2つの方法でサービスを最大限に利用すると、実質的な月額料金が非常に安くなります。

  • 月々付与されるポイントで有料コンテンツを楽しむ
  • 4つのアカウントでサービスをシェアする

つまり、U-NEXTのサービスを最大限に有効利用するためには、課金せずに、月額料金を分割することが大切です。

では、上記2つの方法について、それぞれ詳しい内容を見ていきましょう。

月々付与されるポイントで有料コンテンツを楽しむ

U-NEXTを継続契約すると、毎月1日に1,200円相当のポイントが付与されます。

https://twitter.com/V570/status/1376860019044458500?s=20

U-NEXTが配信している最新動画や漫画は、1作品あたり400~500円程の有料です。

しかし、月々付与されるポイントを利用すると、1ヶ月あたり最低2作品は課金なしで楽しむことができます。

またこのポイントを月額料金の一部として考えると、月々に支払わなければならない実質的な月額料金は、800円程度となります

U-NEXTは、ポイントをうまく利用すると、実質的な月額料金が800円程度で、気になる作品を誰よりも早く視聴したり、シリーズ作品の1話目を試したりできるというメリットがあるのでお得です。

4つのアカウントでサービスをシェアする

U-NEXTは、1つの契約あたり最大3つのアカウントを無料で追加することができます。

https://twitter.com/10301201_/status/1390295131140460547?s=20

1つの契約で利用できるサービスを4人でシェアした場合、1人あたりの月額料金は500円程度となります。

これは、国内の主要VODサービスの平均的な月額料金よりも400円以上お得です

U-NEXTは年間1,860円で利用できる

U-NEXTが提供する以上のサービスを最大限に利用すると、1人あたりの実質的な月額料金は155円となります。

つまり年間1860円を支払うだけで、最新作品を含む豊富な配信コンテンツの中から、自分に合った作品を選び、外出先でもデータ通信量を気にせずに楽しむことができます。

何度も言いますが、どのVODサービスを利用するか迷っている方は、U-NEXTを選ぶことをオススメします。

U-NEXTの申し込みページ:https://video.unext.jp/

※初回申し込み者に限り、無料トライアル(31日間)が可能です。

〈無料トライアル特典〉

  • 210,000本以上の作品が31日間無料で見放題
  • 最新作(有料)が楽しめる600円相当のポイントプレゼント

結論:VODサービスはU-NEXT一択!

ここまででお分かりの通り、U-NEXTはVODサービスを安全に選ぶためのポイントを全てクリアしています。

したがって、選ぶべきVODサービスは、2022年5月現在、下記一択です。

U-NEXTは、ネット申し込みが完了した瞬間からサービスの利用が可能です。

下記のページから申し込んでください。

U-NEXTの申し込みページ:https://video.unext.jp/

※初回申し込み者に限り、無料トライアル(31日間)が可能です。

〈無料トライアル特典〉

  • 210,000本以上の作品が31日間無料で見放題
  • 最新作(有料)が楽しめる600円相当のポイントプレゼント

それでは次に、U-NEXTのサービスを最もお得に利用するための方法を解説しましょう。

5.U-NEXTの7つの魅力

それでは、U-NEXTのサービスについて、その魅力的な特徴を詳しく解説しましょう。

U-NEXTの7つの魅力は以下の通りです。

  1. 見放題作品のラインアップが最も多い
  2. 最新作をいち早く楽しめる
  3. ダウンロード機能で外出先でもデータ制限が気にならない
  4. 雑誌や漫画も楽しめる
  5. 家族なら1つの契約で最大4つのアカウントを開設できる
  6. 多様なデバイスを利用できる
  7. 大手キャリアで決済できる

各サービス内容を詳しく見ていきましょう。

魅力1 見放題作品のラインナップが最も多い

U-NEXTは、豊富なラインナップから、自分に合った作品を選ぶことができます。

https://twitter.com/taisk_webwriter/status/1401568369589985280?s=20

たとえば、U-NEXTで配信されている見放題作品は210,000作品で、2021年11月時点で日本最多となっています

また、見放題作品には含まれませんが、話題の最新作品も20,000作品配信されています。

豊富な配信コンテンツの中から好きな作品を自由に選びたい方には、ぴったりのサービスです。

魅力2 最新作品をいち早く楽しめる

U-NEXTは、話題の最新作品をいち早くチェックできます。

劇場作品が公開と同時に配信されたり、レンタルDVDより早く視聴できることもあり、このスピード感は完全見放題の動画配信サービスにはほとんどありません。

トレンドに敏感な方には、特に嬉しいサービスです。

魅力3 ダウンロード機能で外出先でもデータ制限が気にならない

U-NEXTには、ダウンロード機能があり、通信環境を気にせずに作品を楽しめます。

https://twitter.com/butter1935/status/1366185421655318528?s=20

専用アプリをインストールして動画をダウンロードするだけで、最長48時間以内いつどこにいても無料で作品を再生できます。

たとえば自宅などのWi-Fi環境で作品をダウンロードして、外出先などWi-Fi接続ができない場所で再生することで、データ容量を気にせずにサービスを楽しむことが可能です。

出典:U-NEXT

出張で飛行機などの移動が多い方やデータ容量が少ないプランで通信契約をしている方には、非常に便利なサービスです。

魅力4 雑誌や漫画も楽しめる

U-NEXTの配信コンテンツは、動画だけではなく、雑誌や漫画も含まれます。

雑誌は、ファッション、ライフスタイル、週刊誌、ビジネス、グルメ、トラベル、スポーツなど、人気のジャンルから70誌以上のコンテンツが読み放題です。

https://twitter.com/Hashi_J_Kou/status/1389687784554647552?s=20

漫画は有料コンテンツですが、360,000作品も揃っているので、毎月付与されるポイントを使って、実質無料で読むことができます。

U-NEXTは、動画だけでなく、雑誌や漫画も楽しみたい方にオススメのサービスです。

魅力5 1つの契約で最大4つのアカウントを登録できる

U-NEXTは、1つの契約あたり最大3つのアカウントを無料で追加することができます。

さらに複数人で異なるコンテンツを同時に利用することができるので、一人ひとりが自分のライフスタイルに合わせて動画や雑誌、漫画を楽しむことができます。

https://twitter.com/10301201_/status/1390295131140460547?s=20

また、マイリストや視聴履歴がアカウントごとに分かれているので、利用したコンテンツ情報を他のアカウントと共有する必要がなく、プライバシーを守ることができます。

4人でそれぞれのアカウントを開設した場合、1人あたりの実質月額料金は約500円です。

複数人で動画配信サービスを利用したいと考えている方には、非常にお得なサービスとなります。

魅力6 多様なデバイスで利用できる

U-NEXTは、多種多様なデバイスに対応しています。

    • テレビ
    • スマートフォン・タブレット
    • ゲーム機
    • パソコン

出典:U-NEXT

それぞれの対応機種は以下の通りです。

デバイス 代表的な対応端末
テレビ ブラビア、REGZA、アクオス、VIERA、LG Smart TV、WOOO、FUNAI、Hisense
スマートフォン・タブレット iOS、Android
ゲーム機 PlayStation(R)4、PlayStation(R)4 Pro
パソコン Windows7 SP1以上8 以降または10、Mac OS 10.5.7以上

どのデバイスも主要な機種やシリーズに対応しているので、スマートフォンやタブレットはもちろん、テレビやゲーム機でもサービスを楽しみたい方にオススメのサービスです。

魅力7 大手キャリア3サービスで決済できる

U-NEXTは、クレジットカード決済またはキャリア決済が可能です。

キャリア決済は、au、docomo、Softbankの大手3サービスで対応しています。

クレジットカード決済はもちろん、デバイス同様にキャリア決済をしたい方には便利なサービスです。

U-NEXTの無料トライアルは、PCまたはスマホ・タブレットから登録ができますが、それぞれ選択できる決済方法が異なります。

クレジットカードを持っていない方は、スマホかタブレットでキャリア決済を選びましょう。

まとめ

U-NEXTとHuluを様々な観点から比較し解説するとともに、数あるVODサービスの中でU-NEXTを選ぶべき理由を説明しましたがいかがでしたか?

オリジナル作品など特定ジャンルにおいてHuluの方が優れている点もありますが、幅広いジャンルの作品を数多く楽しみたい場合や機能面を重視する場合はU-NEXTがおすすめです。

2022年5月現在、選ぶべき動画配信サービスは『U-NEXT』一択です。

U-NEXTのネット申し込みは、3分程度で簡単に完了し、その瞬間からサービスの利用が可能です。

ぜひ下記のページから申し込んでください。

U-NEXTの申し込みページ:https://video.unext.jp/

※初回申し込み者に限り、無料トライアル(31日間)が可能です。

〈無料トライアル特典〉
・210,000本以上の作品が31日間無料で見放題
・最新作(有料)が楽しめる600円相当のポイントプレゼント

以上を参考にあなたがU-NEXTのサービスをお得に楽しめることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る