LINEMOの通話を最もお得に楽しむ方法と通話ができない時の対策法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「LINEMOの通話料は?」「LINEMOで通話ができない原因は?」などと悩んでいる方はいませんか?

結論、LINEMOはかけ放題を利用しないと22円/ 30秒の通話料がかかりますが、キャンペーンやLINEを利用すれば通話料を無料にできます。

ただし、LINEMOの特徴を理解せず契約時の初期設定を間違えてしまうと、通話ができないなどのトラブルが起こる可能性もあるので注意が必要です。

そこで今回、5年以上のスマホを販売してきた私が、LINEMOの通話料の仕組みやお得に通話を楽しむための方法、通話ができない原因と対策法をわかりやすく解説していきます。

  1. LINEMOの通話料金と通話を最もお得に楽しむ方法を徹底解説!
  2. LINEMOと大手キャリアの通話料・通話品質を徹底比較!
  3. LINEMOにて通話ができない時の原因と対策法
  4. LINEMOのサービス内容とメリット・デメリット
  5. 本当にLINEMOで大丈夫?申し込む前に確認したい3つのポイント
  6. LINEMOの申し込み方法と注意点
  7. LINEMOへの乗り換え(MNP)の全手順
  8. SIMロック解除の全手順

本記事を読めば、LINEMOのサービス内容やメリット・デメリットなどもわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. LINEMOの通話料金と通話を最もお得に楽しむ方法を徹底解説!

LINEMOの通話料出典:LINEMO

この章では、LINEMOの通話料金と通話を最も楽しむ方法について解説していきます。

LINEMOには、『スマホプラン(2,728円/20GB)』と『ミニプラン(990円/3GB)』があり、それぞれ国内通話を楽しむことが可能です。

また、『通話準定額(5分以内かけ放題)』もしくは『通話定額(無制限かけ放題)』をオプションとしてもつけられます。

1-1. LINEMOの通話料金

LINEMOの通話料金についてまとめると、以下の通りとなります。

通話機能料金
国内通話(通話従量制)22円/30秒
通話準定額(5分以内かけ放題)550円/月
(5分以内の通話が無料)
通話定額(無制限かけ放題)1,650円/月
(通話料が完全無料)
国際電話0円
(※通話料は別途あり)
SMS3.3円~33円/回

それぞれ詳しく見ていきましょう。

一部無料対象外の通話もある

通話オプション『通話準定額』や『通話定額』を利用していても、以下のように一部無料対象外の通話があるので注意しましょう。

対象外発信先詳細
国際通話
海外へ電話をした場合、利用する地域に応じて通話料が発生します。
「0180」「0570」など
「0180(テレドーム)」や「0570(ナビダイヤル)」など、他社が料金を設定している場合は通話料が発生します。
電話番号案内(104)
「104(電話番号案内)」を利用した場合、通話料に加えて利用料金が発生します。
LINEMO指定の電話番号
LINEMOが指定する電話番号』に電話をした場合も、通話料が発生します。

国内通話(通話従量制)

LINEMOの『スマホプラン(2,728円/20GB)』と『ミニプラン(990円/3GB)』は、国内通話が利用できます。

通話料金は、それぞれ22円/30秒の通話従量制となっており、電話を利用した時間に応じて通話料金が変化するので注意が必要です。

通話準定額(5分以内かけ放題)

LINEMOには、オプションとして1回あたり5分間の電話がかけ放題になる『通話準定額』オプションがあります。

月額550円かかるものの、1回あたり5分以内の通話であれば、国内通話が無料です。

ただし、5分を超過してしまうと通常の通話料金に変化してしまい、22円/30秒の通話料がかかります。

また、月の通話時間が12分30秒未満(国内通話料が550円以内)であれば、通常の国内通話を利用した方がお得です。

通話定額(無制限かけ放題)

LINEMOには、オプションとして国内通話が無制限でかけ放題になる『通話準定額』オプションがあります。

月額1,650円かかるものの、国内の通話であればどれだけ電話をかけても無料です。

ただし、月の通話時間が通話準定額(5分かけ放題)オプションに加えて、超過分の国内通話時間が25分未満の場合、利用料金は1,650円以内に収めれます。

そのため、普段から仕事やプライベートで5分以上の通話をする場合は、通話定額(無制限かけ放題)を利用するとよいでしょう。

国際電話

LINEMOは国際電話にも対応しており、申し込み不要で国際通話を楽しむことが可能です。

ただし、国際電話には「国際ローミング料(海外から国内にかける通話料)」、もしくは「国際電話通話料(国内から海外にかける通話料)」が発生します。

通話料は、利用する地域や時間帯にに応じて料金が変化するので注意が必要です。

そのため、普段から海外に電話をかけることが多い場合は、「国際電話のサービスエリア」にて料金を確認しておきましょう。

※国際電話は、通話準定額・通話定額プラン対象外です。

SMS

SMSを利用する場合も、送信料が発生します。

SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、送信先の電話番号が分かっていれば短いメッセージを送れる機能です。

送信料は以下のように、送信文字数によって変化します。

送信文字数 1回あたりの料金
2Byteで換算した場合半角英数字のみの場合
1 ~ 70文字1 ~ 160文字3.3円
71 ~ 134文字161 ~ 306文字6.6円
135 ~ 201文字307 ~ 459文字9.9円
202 ~ 268文字460 ~ 612文字13.2円
269 ~ 335文字613 ~ 765文字16.5円
336 ~ 402文字766 ~ 918文字19.8円
403 ~ 469文字919 ~ 1071文字23.1円
470 ~ 536文字1072 ~ 1224文字26.4円
537 ~ 603文字1225 ~ 1377文字29.7円
604 ~ 670文字1378 ~ 1530文字33円

※2Byteは1文字のデータ量です。
※絵文字などは4Byte換算の場合もあります。

また、海外の携帯電話宛に「国際SMS」を送信、もしくは海外からSMSを送信する場合は、1通あたり100円かかります。

1-2. LINEMOの通話をお得に楽しむ方法

次に、LINEMOの通話をお得に楽しむ方法を解説していきます。

少しでも通話料金を安くしたいと考えるなら、以下の方法を活用していきましょう。

それでは、それぞれ解説していきます。

『通話オプション割引キャンペーン』を利用する

LINEMOには、1年間適用される『通話オプション割引キャンペーン』があります。

通話オプション割引キャンペーン出典:LINEMO

『通話オプション割引キャンペーン』とは、通話オプション「通話準定額」と「通話定額」がLINEMOに申し込んでから1年間は550円割引になるキャンペーンです。

「通話準定額」(月額550円/月)とは、国内での電話が5分間無料になる通話オプションとなっています。

そして「通話定額」(月額1,650円/月)とは、国内の電話がかけ放題になる通話オプションです。

キャンペーンを活用すれば、「通話準定額」を1年間は無料で利用でき、「通話定額」は月額1,100円で利用できます。

<申し込み条件>

  • LINEMOへ新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクワイモバイルからの番号移行
  • 通話オプション「通話準定額」、もしくは「通話定額」へのお申し込み

<キャンペーン期間>

2021年3月17日(水)~終了日未定

LINEの無料通話機能を利用する

LINEの無料通話機能を活用すれば、余計な通話料を支払う必要はありません。

なぜなら、LINEMOには「LINEギガフリー」というサービスがあり、データ通信量も使い放題になるからです。

出典:LINEMO

通常の電話だけでなく、ビデオ電話を使ってもデータ消費がゼロです。

そのため、友達や家族と気軽な電話を楽しむことが多いなら、LINEの無料通話機能を利用しましょう。

LINEは通話品質が悪いので注意

残念なことに、LINEは通話品質は悪いというコメントが多々見られました。

そのため、通話品質を気にする場合は、LINEの利用を避けた方がよいでしょう。

1-3. LINEMOの通話オプションがおすすめな人

ここまでの結果から、LINEMOの通話オプションがおすすめな人は以下の通りとなりました。

通話機能おすすめな人
通話準定額
(5分以内かけ放題)
月の通話時間が12分30秒以上で、5分以内の電話をかけることが多い人
通話定額
(無制限かけ放題)
月の通話時間が通話準定額(5分かけ放題)オプションに加えて、超過分の国内通話時間が25分以上の人

ただし、以下のような場合はそのまま国内通話(通話従量制)を利用した方がお得です。

  • 月の通話時間が12分30秒未満の人
  • LINE電話を多用する人
  • 通話機能をほとんど利用しない人

通話をする時間や使用用途によって、かけ放題オプションをつけるべきかどうかが変化するので、ご注意ください。

LINEMO公式

LINEMO公式ウェブサイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次の章では、LINEMOと大手キャリアの通話料や通話品質を徹底比較していきます。

2. LINEMOと大手キャリアの通話料・通話品質を徹底比較!

この章では、LINEMOと大手キャリアの通話料・通話品質の違いを徹底的に比較していきます。

LINEMOと同様に、大手キャリアが出した格安SIMとして有名なのは以下の2つです。

  • ahamo(ドコモ)
  • povo(au)

そして、LINEMO含めた大手キャリアの通話料や通話品質の違いを表にまとめると、以下の通りとなりました。

※異なる点のみ赤字で記しています
←スマホの方は左右にスクロールできます→

LINEMO
(ソフトバンク)
ahamo
(ドコモ)
povo
(au)
月額料金2,728円2,970円2,728円
データ容量・20GB(スマホプラン)
・3GB(ミニプラン)
20GB20GB
国内通話料金22円/30秒22円/30秒22円/ 30秒
1回5分間のかけ放題オプション料金:550円/月
(※5分超過後:22円/30秒
無料
(※5分超過後:22円/30秒)
オプション料金:550円/月
(※5分超過後:22円/30秒
無制限かけ放題オプション料金:1,650円/月オプション料金:1,100円/月 オプション料金:1,650円/月
通話オプション加入の要否加入が必要「無制限かけ放題」のみ加入が必要加入が必要
国際電話月額0円
(※通話料は別途あり)
0円
(※通話料は別途あり)
0円
(※通話料は別途あり)
SMS3.3円~33円/回3.3円~33円/回3.3円~33円/回
通話品質

上記にまとめた結果、通話をかけ放題にしたいのであれば、料金が一番安いahamoがおすすめであることが分かりました。

ahamoであれば、5分間のかけ放題がオプション加入せずに利用できるだけでなく、無制限かけ放題が1,100円で利用可能です。

ただし、LINEMOは『通話オプションの割引キャンペーン』を実施しているので、最初の1年間はLINEMOを利用したほうがお得です。

LINEMO公式

LINEMO公式ウェブサイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

ちなみに、LINEMOやahamo、povoなどは大手3社の自社回線を使用しているので、高品質な通話が可能です。

次の章では、LINEMOにて通話ができない時の原因と対処法を紹介していきます。

3. LINEMOにて通話ができない時の原因と対策法

LINEMOにて通話ができない時の原因は、以下の状況別で対策法が変わってきます。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1. 通話が途中で途切れてしまう場合

通話が途中できれてしまい、電話ができなくなる原因としては以下が考えられます。

それぞれ詳しく解説していきます。

通話相手の電波状況が悪い

通話相手の電波状況が悪かった場合、通話が途中で切れてしまうことがあります。

もし通話相手が山の中など電波がつながりにくい場所にいるのであれば、場所を移動してもらってから再度電話をかけなおしてもらいましょう。

ネットワーク上での障害が発生

特定のエリアで通話ができない場合、ネットワーク上での障害や工事や基地局でのトラブルが原因として考えられます。

もし時間がたっても復旧しないようでしたら、「ネットワークの障害情報」や「工事情報」などで情報を得るようにしていきましょう。

回線が混雑している

特定の時間によっては回線が混雑していて、通話ができないというトラブルが起きる場合もあります。

特に通勤・通学時や帰宅時間帯、または災害時などは電話を利用する人が増えてしまうので、通話ができなくなることもあるのです。

そのため、混雑しやすい時間帯を避けて通話をするようにすると良いでしょう。

SIMカードがうまく認識されていない

SIMカードがうまく認識されていない場合、通話ができないというトラブルが発生してしまいます。

対処法としては、利用しているスマホの電源を切り、SIMカードの再挿入/再起動をしなくてはいけません。

手順としては以下の通りです。

  1. スマホの電源を切る
  2. スマホ本体にある「SIMトレイ」からSIMカードを取り出す
  3. SIMカードを10秒程度放置する
  4. 再度スマホ本体にSIMカードを挿入する
  5. スマホの電源を入れる

スマホによってSIMカードの取り出し口が異なるので、取り扱い説明書を見ながらSIMカードの再挿入を行っていきましょう。

3-2. 初期設定時に通話トラブルが発生した場合

初期設定時に通話トラブルが発生した場合は、以下の原因が考えられます。

それぞれ詳しく解説していきます。

SIMロック解除ができていない

SIMロック解除がされていないスマホは、通話やネットを利用することができません。

もしソフトバンクやワイモバイル以外で端末を購入したなら、SIMロック解除が必要になります。

ちなみにSIMロック解除とは、端末にかけられた利用制限をなくすことを意味し、解除することでLINEMOのSIMを利用可能とするものです。

SIMロック解除方法は、「8章. SIMロック解除の全手順」にてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneのアップデートができていない

iPhoneのアップデートが済んでいない場合、LINEMOの通話機能がうまく作動しない場合があります。

もしiPhoneのOSバージョンが古いなら、「iPhoneで通信をするための設定」を参考にiOSとキャリア設定のアップデートを行いましょう。

AndroidのAPN設定ができていない

AndroidのAPN設定ができていない場合、LINEMOの通話機能がうまく作動しない場合があります。

APN設定とは、スマホをインターネットに接続するための設定です。

もしAndroidのAPN設定ができていないなら、「AndroidのAPN設定」を参考に手続きを終わらせておきましょう。

次の章では、LINEMOのサービス内容とメリット・デメリットについて解説していきます。

4. LINEMOのサービス内容とメリット・デメリット

ここではLINEMOのサービス内容と、メリット・デメリットをまとめていきます。

既にLINEMOについてのサービス内容やメリット・デメリットを理解している場合は、下記のリンクから次章をご確認ください。

5章 本当にLINEMOで大丈夫?申し込む前に確認したい3つのポイント

4-1. LINEMOのサービス内容

2021年3月17日に提供開始された「LINEMO(ラインモ)」のサービス内容について解説します。

現在、LINEMOには2つの料金プランがあります。

  1. スマホプラン
  2. ミニプラン

上記の料金プランの主な特徴は以下のとおりです。

  1. 月額料金が圧倒的に安い
  2. データ容量が3GBと20GBから選べる
  3. LINEがギガノーカウント
  4. LINEクリエイターズスタンプが無料
  5. 品質な通信回線
  6. eSIM対応
  7. 手数料無料で移行できる
  8. 国内通話が定額で利用できる
  9. 国際ローミングが無料

それでは詳しく見ていきましょう。

特徴1. 月額料金が圧倒的に安い

料金プランはそれぞれ下記のようになっています。

  • スマホプラン:2,728円
  • ミニプラン:990円

「携帯料金を安くする」といえば格安SIMや「Y!mobile」や「UQモバイル」などのサブブランド系のキャリア回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、それらと比べても安く、大手キャリアのソフトバンクからこのプランが出たことは驚きです。

サービス
実質月額料金(円/月)
LINEMO(スマホプラン)
(20GB)
2,728円
LINEMO(ミニプラン)
(3GB)
990円
UQモバイル くりこしプランL
(25GB)
3,828円
Y!mobile シンプルL
(20GB)
4,158円

特徴2. データ容量が3GBと20GBから選べる

LNEMOのデータ容量イメージ出典:LINEMO

従来のソフトバンクでは、データ通信量が50GBの「メリハリプラン」と、データを使った分だけ支払う「ミニフィットプラン」と、使用できるデータ容量が両極端でした。

それに対し、LINEMOで使えるデータ容量は下記の2つです。

  • スマホプラン:20GB
  • ミニプラン:3GB

今まで「50GBほどなくても良いな」と思っていた場合には、無駄がないプランと言えます。

 プランデータ容量月額利用料5分通話オプション
スマホプラン(LINEMO)
20GB2,728円550円/月
ミニプラン(LINEMO)3GB990円550円/月
メリハリプラン
(2021年3月まで)
50GB9,328円880円/月
メリハリ無制限
(2021年3月から)
無制限7,238円未発表
ミニフィットプラン使った分だけ
4,378円
(~1GBの場合)
880円/月

20GB、3GBのそれぞれででできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

3GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約12,000ページ
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約6,000分
  • テキストメール・約60万回
  • YouTubeで1分の動画閲覧(360P/2MB):1500回(24時間ほど)
  • GoogleMap(732KB)約3,900回

なお、データ通信容量を追加したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

特徴3. LINEがギガノーカウント

lineギガフリー出典:ソフトバンク

今回ソフトバンクとLINEが協業でサービスを提供するため、LINEの容量がギガ使ったとしてもカウントされません。

写真や動画のやりとり、通話などがデータ容量を使わず利用できます。

特徴4. LINEクリエイターズスタンプが無料

lineスタンプ出典:ソフトバンク

月額264円で700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題になる「LINEスタンププレミアム」が、今夏に追加料金なしで利用できる予定です。

なお、「スマホプラン」を選択した場合は、今夏まで実施される予定のお得にスタンプが利用できるキャンペーンが利用できます。

ただし、「ミニプラン」はキャンペーン対象外となるので注意が必要です。

特徴5. 高品質な通信回線

ソフトバンク同一ネットワーク出典:ソフトバンク

今回の新プランは、従来のソフトバンク回線と同じ、高品質なMNO」の回線を使います。

MNOとは、「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」と訳され、大手キャリアのドコモ・softbank・auなど、自社で回線網を有して事業を展開していることを指します。

「MVNO」と呼ばれる格安SIM回線と比べて速度が速く、高品質であることが特徴です

特徴6. eSIM対応

今回のサービスはeSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿入しなくても、既にスマホに組み込まれているチップを使って電話回線やネット回線に接続できるSIMです。

eSIMを利用すれば、1台のスマホで物理SIMとeSIMを両方使うデュアルSIMの使い方ができたり、SIMが郵送されるのを待つ必要はありません。

また、eSIMは物理SIMでないため、海外へ頻繁に行かれる方はその国の通信を即時に使うことができます。

特徴7. 手数料無料で移行できる

ソフトバンク手数料無料出典:ソフトバンク

ソフトバンクグループが提供する、ソフトバンク、LINEMO、ワイモバイルのブランド間で契約を切り替える場合は、手数料(解除料、番号移行手数料、事務手数料)は無料で切り替えられます。

現在、ソフトバンクやワイモバイルを契約しているユーザーも手数料の心配なく、LINEMOに移行ができます。

あるいは、LINEMOからソフトバンクやワイモバイルに移行できます。

特徴8. 国内通話が定額で利用できる

LINEMOでは、通話オプションが2つあります。

  • 1回あたり5分間以内の通話無料オプション:月額550円
  • 国内通話の完全無料オプション:月額1,650円

電話をよく利用する場合は、上記のオプションを契約することでお得に電話を利用できます。

一方で、電話をあまり使わない人は、オプションを契約する必要がないため、ドコモのahamoより約200円安くスマホを利用できます。

特徴9. 国際ローミングが無料

海外エリアでは、月間データ容量(20GB)の範囲内であれば追加料金なしで利用することが可能です。

従来であれば、ローミング費用として1日あたり25MBまで2,178円、25MB以上で3,278円かかっていたのでお得さが分かると思います。

なお、国際ローミングは契約より4 ヶ月目の末日までは利用できないので注意しましょう。

公式サイト

LINEMO公式サイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

4-2. LINEMOのメリット・デメリット

LINEMOのメリット・デメリットですが、実際に「171人の口コミ・評判」を徹底的に調査した結果、以下のメリット・デメリットがあることが分かっています。

<メリット>

  • 月額料金2,728円と、MVOのプランとしては安い
  • 速度が10Mbps~170Mbps程度と速い
  • チャットサポートは親切で返事が速い
  • LINEがギガノーカウント
  • LINEクリエイターズスタンプを無料で使える

<デメリット>

  • サポートセンターの電話が繋がりにくい
  • 留守番電話機能がない

もしこれから申し込みを進めるなら、メリット・デメリットを理解してから手続きを進めるのがおすすめです。

次の項目では、本当にLINEMOで大丈夫なのかどうか、確認しておきたい3つのポイントを紹介していきます。

5. 本当にLINEMOで大丈夫?申し込む前に確認したい3つのポイント

この章では、LINEMOが本当に最適な格安SIMなのかを判断するために、事前に確認すべき3つのポイントを解説していきます。

結論、前章でまとめたLINEMOのメリット・デメリットを踏まえた結果、以下の3つのポイントのいずれかにあてはまる人はLINEMOがおすすめです。

  • LINEをギガノーカウントで使いたい人
  • LINEクリエイターズスタンプを無料で使いたい人
  • 大手キャリアの安定した通信速度で、時間帯を気にせずスマホを使いたい人

上記いずれかに該当した場合は、 「LINEMO公式サイト」にて申し込みを進めましょう。

LINEMOがおすすめな人(フローチャート)

LINEMO公式

LINEMO公式ウェブサイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

もし上記に当てはまらない場合は、その他のスマホ回線を選ぶのが得策です。

なぜなら、現在20社以上もあるスマホ回線(格安SIMなど)の中には、LINEMO並みの月額料金で、LINEMO以上の通信速度が出るサービスがあるからです。

例えば、優良なスマホ回線(格安SIMなど)には下記のようなものがあります。

  • ahamo(ドコモ)
  • povo(au)  
  • b-mobile
  • 日本通信SIM
  • IIJmio 等々

下記の記事では20社以上もあるサービスを、格安SIMの選び方からあなたが選ぶべき格安SIMまで紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

【2021年9月版】格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

6. LINEMOの申し込み方法と注意点

この章では、LINEMOに申し込むときの注意点と申し込み方法について、詳しく解説します。

6-1. 事前に確認しておくべき契約内容

まずは、LINEMOの契約内容の詳細から解説していきます。

初期手数料

他の格安SIMでは3,300円以上かかりることが多いですが、LINEMOでは初期費用は無料です。

支払方法

クレジットカードでの支払いになります。

申込み者の名義と一致したクレジットカードを用意しましょう。

6-2. 申し込み方法

ここでは、LINEMOの申し込み方法について詳しく解説します。

LINEMOの申し込み時に必要なもの

LINEMOの申し込みの際には、以下の4つを事前に準備しておきましょう。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • 連絡用メールアドレス
  • MNP予約番号

上記の「MNP予約番号」とは、転出元の大手携帯会社で取得できる番号です。

他社からLINEMOに乗り換える際、これまで利用していた電話番号を引き継ぎたい場合に必要になります。

LINEMO申し込み手順

LINEMOは、以下の手順で簡単に申し込むことができます。

  1. LINEMO公式サイトにアクセスする
  2. 「お申し込みはこちら」をクリックする
  3. 上記4つを準備して「お申し込み手続きへ」をクリックする
  4. サービス内容を入力する
  5. ご契約者さま情報を入力する
  6. お支払い情報を入力する

申し込みが完了したら、確認メールとSIMカードの配送を待ちましょう。

7. LINEMOへの乗り換え(MNP)の全手順

LINEMOへ乗り換えをしていくには、MNP予約番号を取得しなくてはいけません。

MNP予約番号は、主に以下の2つの方法で取得可能です。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

ここでは自身があてはまる方法を選んで、MNP予約番号を取得していきましょう。

MNPとは?

MNPとは、スマホの会社を変えるときに電話番号を変えずに乗り換えることを意味します。

そのままの電話番号で大手から格安SIM、格安SIMから格安SIMへの乗り換えが可能です。

7-1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

以下の画像では、それぞれ大手キャリアの窓口・申し込み方法がまとまっているので、参考にしてみてください。

MNP予約番号発行出典:niko niko cable tv

【ドコモのMNP予約番号入手方法】

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  1. My docomoサービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

【auのMNP予約番号入手方法】

以下の番号に電話すれば簡単に手続きできるのでおすすめです。

一般電話/携帯電話共通: 0077-75470(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならEZWebから手続き可能です。

auショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きをおすすめします。

手数料:無料

7-2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMからLINEMOに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  • 電話による予約番号取得
  • WEBからの予約番号取得

ちなみに、LINEモバイルはWebからの申し込みのみを受け付けており、電話での取得はできません。

そのため、LINEモバイルから乗り換える場合は、以下の2ステップでMNP予約番号を取得しましょう。

  1. LINEMOのマイページへ進む
  2. 「MNP転出・解約」から手続き

24時間受け付け対応しているので、手続きは無料でできます。

また、LINEモバイル以外の格安SIMは、以下の表のとおりにWEBと電話のいずれかで取得していきましょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア取得方法MNP予約受付窓口MNP転出手数料
ワイモバイル電話151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル電話/WEB0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル電話/WEB0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル電話/WEB0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル電話/WEB0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
(電話手続きの場合は1,100円)
楽天モバイルWEBメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き無料
LINEモバイルWEBマイページの「MNP転出・解約」から手続き無料
OCN モバイル ONEWEBマイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き無料
IIJmioWEBマイページの「MNP予約番号発行」から手続き無料
b-mobileWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
日本通信SIMWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
y.u mobileWEBマイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き無料
nuroモバイルWEBご利用者向けページから手続きなし
DTIWEBMyDTIから手続き無料
NifMoWEB「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き無料
ロケットモバイルWEB解約URLから手続き無料
HISモバイルWEBMy HISモバイルから手続き無料
mineoWEBマイページから手続き無料
LIBMO電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
 (電話手続きの場合は1,100円)
エキサイトモバイルWEBBB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き無料
J:COMモバイルWEBJ:COMマイページから手続き無料
スマモバWEBマイページから手続き無料

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

8. SIMロック解除の全手順

申し込みが完了した後は、現在使っているスマホをそのまま活用する場合のみ、SIMロック解除が必要になります。(※ただし、SIMフリー端末の場合はロックが常にかかっていないので、SIMロック解除が不要。)

SIMロック解除とは、端末にかけられた利用制限をなくすことを意味し、解除することでLINEMOのSIMを利用可能とするのです。

8-1. SIMロック解除ができるか確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

8-2. 動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

LINEMOで使用できる端末

https://www.linemo.jp/device/support_list/

8-3. 動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

【auのSIMロック解除方法】

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料:3,300円

【ドコモのSIMロック解除方法】

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料は基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

まとめ

LINEMOの通話料金についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

改めて、LINEMOの通話料金についてまとめると以下の通りです。

通話機能料金
国内通話(通話従量制)22円/30秒
通話準定額(5分以内かけ放題)550円/月
(5分以内の通話が無料)
通話定額(無制限かけ放題)1,650円/月
(通話料が完全無料)
国際電話※通話料は国によって変化
SMS3.3円~33円/回

LINEMOはかけ放題を利用しないと22円/ 30秒の通話料がかかりますが、キャンペーンやLINEを利用すればお得に通話を楽しめます。

ただし、以下のように使用用途によってオプションをつけるかどうかが変わるので、利用する際には注意しましょう。

通話機能おすすめな人
通話準定額
(5分以内かけ放題)
月の通話時間が12分30秒以上で、5分以内の電話をかけることが多い人
通話定額
(無制限かけ放題)
月の通話時間が通話準定額(5分かけ放題)オプションに加えて、超過分の国内通話時間が25分以上の人
国内通話
(通話従量制)
・月の通話時間が12分30秒未満の人
・LINE電話を多用する人
・通話機能をほとんど利用しない人

LINEMO公式

LINEMO公式ウェブサイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

なお、特にLINEMOにこだわりがない場合は、下記のフローチャートに沿って格安SIMを選択することをおすすめします。

格安SIMランキング

音声通話SIMとデータ専用SIMの使いたいデータ容量によって、おすすめする格安SIMが異なります。

上記のフローチャートをニーズ別にランキングをつけると、下記の通りとなりました。

音声付きSIM

低容量編(3GB以下)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:楽天モバイル|月3GBまで月額1,078円、月1GBまではなんと0円
  • 2位:LINEMO(ミニプラン)|月額990円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン

大容量編(4GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン
  • 2位:LINEMO|月額2,728円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:楽天モバイル|専用アプリで通話料無料、月1GBまではなんと0円
データ専用SIM

低容量編(6GB以下)|格安SIM総合ランキング

大容量編(7GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:イオンモバイル|7GB以上のプランでは業界トップクラスの安い格安SIM
  • 2位:IIJmio|20GBが月額1,958円とデータ専用SIMの業界最安クラス
  • 3位:mineo|新プランの登場により業界最安クラスに

このページを参考に、あなたがLINEMOを快適に利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る