【2022年1月】LIBMOのキャンペーン情報を公式よりもわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

LIBMOのキャンペーンについて、「どんな内容のキャンペーンがある?」「最もお得に受け取る方法は?」など、気になっていませんか?

結論、LIBMOのキャンペーンをうまく利用すれば、新規申込・乗り換えで電子マネーやドットマネーに交換できる「TLCポイント」が最大で17,000円分もらえます。

また、LIBMO経由で端末を分割で購入・機種変更をした場合、毎月の支払い代金を最大で550円(最大24カ月間)割引してくれ、実質13,200円安い状態でスマホを購入できます。

ただし、キャンペーン目的でLIBMOを契約してしまうと、料金や速度面で後ほど後悔してしまう恐れがあるので注意が必要です。

このページでは、5年のスマホ販売実績のある私が、LIBMOの全キャンペーンの詳細と、申込方法や条件ついて以下の流れで紹介します。

  1. 2022年1月最新!LIBMOの全キャンペーン
  2. LIBMOキャンペーンを最もお得に受け取る方法
  3. LIBMOキャンペーンの3つの注意点
  4. LIBMOの特徴やメリット・デメリットを徹底解説!
  5. LIBMOのキャンペーン申込方法
  6. LIBMOへの乗り換え(MNP)の全手順
  7. SIMロック解除の全手順
  8. 本当にLIBMOで大丈夫?失敗しない格安SIMの選び方
  9. 格安SIM25社を徹底比較!あなたにあった格安SIMランキング
  10. よくある質問

本記事を読めば、「キャンペーンの最高の組み合わせ方」「失敗しない格安SIMの選び方」なども理解することができます。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. 2022年1月最新!LIBMOの全キャンペーン

LIBMO出典:LIBMO

LIBMOには、以下のお得なキャンペーンがあります。

  1. 最大12,000円相当還元プログラム
  2. 端末割引プログラム
  3. データ増量プログラム
  4. LIBMOお友達紹介プログラム
  5. 初期費用0円プログラム

それでは、詳しく見ていきましょう。

最大12,000円相当還元プログラム

最大12,000円相当還元プログラム出典:LIBMO

LIBMOの音声通話付きSIMの中でなっとくプラン(20GB/30GB)に申し込みをした場合に適用されるキャンペーンです。

20GBもしくは30GBのなっとくプランに申し込みをするだけで、最大で12,000TLCポイント(12,000円相当)が付与されます。

ちなみに、TLCポイントはLIBMOを含めたTOKAIグループが提供するポイントサービスで、貯まったポイントは毎月の支払いにあてることも可能です。

<申し込み条件>

  • LIBMOの音声通話機能付きSIMでなっとくプラン(20GB/30GB)で新規申込み

<キャンペーン期間>

2021年5月21日(金)~終了日未定

端末割引プログラム

端末割引プログラム出典:LIBMO

なっとくプラン(20GB/30GB)に加入し、LIBMOの契約と同時に対象となる端末を購入する際に適用されるキャンペーンです。

対象の端末を購入した場合、毎月最大で550円の割引を24カ月間行ってくれます。

そのため、実質13,200円を割引して端末を購入できるようになるので、機種変更を検討している場合はぜひ活用しておきましょう。

<申し込み条件>

  • LIBMOの音声通話機能付きSIMをなっとくプラン(20GB/30GB)で新規申込み
  • LIBMO取り扱い端末を購入する

<キャンペーン期間>

2021年5月21日(金)~終了日未定

データ増量プログラム

データ増量プログラム出典:LIBMO

LIBMOのなっとくプラン(5GB)で音声通話SIMを申し込んだ方限定で受けられる、データ増量プログラムキャンペーンです。

なっとくプラン(5GB)を契約した場合、最大1年間は毎月3GBのデータ通信容量を追加金なしで利用できます。

ただし、他のなっとくプラン(ライト/1GB/20GB/30GB)は対象外となるので、申し込む際には注意しましょう。

<申し込み条件>

  • LIBMOの音声通話機能付きSIMをなっとくプラン(5GB)で新規申込み
  • データ増量プログラムに加入

<キャンペーン期間>

2021年5月21日(金)~終了日未定

LIBMOお友達紹介プログラム

LIBMOお友達紹介プログラム出典:LIBMO

LIBMOに申し込みをした後に、友達や家族を紹介することでTLCポイントを受け取れるキャンペーンです。

1契約紹介するごとに5,000TLCポイント(5,000円相当)がもらえ、紹介を受けた方も公式プログラムが適用されます。

ちなみに、TLCポイントはLIBMOを含めたTOKAIグループが提供するポイントサービスで、貯まったポイントは毎月の支払いにあてることも可能です。

<申し込み条件>

  • LIBMOを申し込みした後に、友達や家族を紹介する
  • お友達紹介プログラム専用の申し込みページからLIBMOに申し込みをする
  • LIBMOユーザーから紹介を受けて、LIBMOを申し込み

<キャンペーン期間>

2018年11月7日(水)~終了日未定

初期費用0円プログラム

初期費用0円プログラム出典:LIBMO

LIBMOに申し込みをする際に、契約事務手数料3,300円がかかるところ、0円で手続きができるキャンペーンとなります。

初期費用をかけずに申し込みができるので、お得に契約することが可能です。

<申し込み条件>

  • LIBMOのなっとくプラン(1GB・5GB)いずれかで新規申込み
  • 音声通話機能付きSIMをなっとくプラン(ライト)で新規申し込み
  • データ通信専用SIMをなっとくプラン(20GB・30GB)で新規申込みし、端末を公式サイトにて購入しない

<キャンペーン期間>

2021年3月19日(金)~終了日未定

キャンペーン申し込みはこちら

LIBMO 公式サイト
https://www.libmo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

ここまでLIBMOのキャンペーンを紹介してきましたが、どのキャンペーンにエントリーすべきか迷ったときのために、最もお得なエントリー方法を次章で解説します。

2. LIBMOキャンペーンを最もお得に受け取る方法

ここからは、よりお得にLIBMOを利用するために、以下の状況別で最適なキャンペーンのエントリー方法を解説します。

それでは詳しく見ていきましょう。

2-1. 新規申し込み・他社からLIBMOへ乗り換える場合

新規で申し込み、もしくは他社からLIBMOに乗り換える場合、以下の流れでキャンペーンを併用させるのが最もおすすめです。

  1. 最大12,000円相当還元プログラム」を活用する
  2. LIBMOお友達紹介プログラム」を活用する

「最大12,000円相当還元プログラム」を活用すれば、電子マネーやドットマネーに交換できる「TLCポイント」が最大で12,000円分もらえます。

さらに、契約が済んだらLIBMOを他の第三者に紹介をすることで、5,000円分のTLCポイントが付与されるのです。

上記の流れでキャンペーンをすべて併用させれば、最大で17,000円分のTLCポイントが付与されるのでお得と言えます。

ただし、「最大12,000円相当還元プログラム」が適用されるのは、音声通話SIMのなっとくプラン(20GB)または(30GB)を契約した時のみとなっているので注意しましょう。

2-2. 機種変更をする場合

機種変更をする場合、以下の流れでキャンペーンを併用させるのが最もおすすめです。

  1. 端末割引プログラム」を活用する
  2. LIBMOお友達紹介プログラム」を活用する

「端末割引プログラム」を活用すれば、毎月の支払い代金を最大で550円(最大24カ月間)割引してくれるので、実質13,200円安い状態でスマホを購入できます。

さらに、契約が済んだらLIBMOを他の第三者に紹介をすることで、5,000円分のTLCポイントが付与されるのです。

上記の流れでキャンペーンをすべて併用させれば、最大で18,200円分お得になります。

ただし、「端末割引プログラム」が適用されるのは、音声通話SIMのなっとくプラン(20GB)または(30GB)を契約した時のみとなっているので注意しましょう。

2-3. 家族や友人にもLIBMO申し込みを勧める場合

すでにLIBMOを契約している場合、「LIBMOお友達紹介プログラム」のみ適用されます。

家族や友達を紹介するだけで、1人あたり5,000円分のTLCポイントが付与されるのでお得です。

LIBMO公式

LIBMO公式サイト
https://www.libmo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次章では、キャンペーンにエントリーする際の注意点を詳しく解説します。

3. LIBMOキャンペーンの3つの注意点

この章では、LIBMOのキャンペーンエントリー時の注意点について解説します。

  1. キャンペーンごとに対象プランが異なる
  2. ほとんどのキャンペーンは併用ができない
  3. 店舗数が少ない

それでは詳しく見ていきましょう。

3-1. キャンペーンごとに対象プランが異なる

キャンペーンごとに対象となるプランが異なるので、契約時には注意しなくてはいけません。

キャンペーンが適用される対象プランをまとめると、以下の通りです。

キャンペーン名対象プラン
初期費用0円プログラム【音声通信SIM】
なっとくプラン(ライト/1GB/5GB)
【データ通信SIM】
なっとくプラン(20GB/30GB)
データ増量プログラム【音声通信SIM】
なっとくプラン(5GB)
端末割引プログラム【音声通信SIM】
なっとくプラン(20GB/30GB)
最大12,000円相当還元プログラム【音声通信SIM】
なっとくプラン(20GB/30GB)
LIBMOお友達紹介プログラム全プラン対象

キャンペーンを活用したくても、対象となるプランに申し込みをしなくてはキャンペーンが適用されないので注意しましょう。

※LIBMOの料金プランに関しては、「料金プランは5種類から選べる」にて詳しくまとめているので参考にしてみてください。

3-2. ほとんどのキャンペーンは併用ができない

LIBMOのキャンペーンは、残念ながらほとんど併用できません。

例えば、併用できないプランをまとめると以下の通りです。

キャンペーン名併用できないキャンペーン
初期費用0円プログラム・端末割引プログラム
・最大12,000円相当還元プログラム
データ増量プログラム・端末割引プログラム
・最大12,000円相当還元プログラム
端末割引プログラム・初期費用0円プログラム
・データ増量プログラム
・最大12,000円相当還元プログラム
最大12,000円相当還元プログラム・初期費用0円プログラム
・データ増量プログラム
・端末割引プログラム
LIBMOお友達紹介プログラム全プラン併用可能

キャンペーンごとに対象となるプランが異なることから、併用ができない仕組みとなっています。

そのため、キャンペーンを最大限活用してお得にスマホを利用したいと考えている場合は、他の格安SIMの利用も検討した方が良いでしょう。

以下にて、各格安SIMのキャンペーンについてまとめた記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事:【速報】お得な格安SIMキャンペーン一覧|違いと選び方を徹底ガイド

3-3. 店舗数が少ない

LIBMOは店舗契約でもキャンペーンが適用されますが、店舗数が少ないというデメリットがあります。

LIBMOの店舗は静岡のみとなっており、ほとんどはオンラインで申し込むケースがほとんどです。

そのため、契約を終えてもオンラインでは即日で利用できないので注意しなくてはいけません。

ただし、LIBMO契約後はSIMカードを最短3日で届けてくれるので、そこまで大きなデメリットとは言えないでしょう。

次章では、LIBMOの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

4. LIBMOの特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

この章では、LIBMOの特徴やメリット・デメリットを徹底的に解説していきます。

すでにLIBMOの特徴を理解している人は、「5章. LIBMOのキャンペーン申込方法」へとお進みください。

4-1. LIBMOの特徴

LIBMO出典:LIBMO

LIBMO(リブモ)は、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する 格安SIMです。

主に、下記の3つの特徴があります。

  1. 料金プランは5種類から選べる
  2. 余ったデータは翌月に繰り越し可能
  3. TLCポイントがもらえる

それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

料金プランは5種類から選べる

LIBMOの5つのプラン出典:LIBMO

LIBMOの料金プランは、音声通話SIMとデータ通信SIMともに5種類から選べれます。

以下に、プランごとの料金をまとめました。

【音声通話SIM】

プラン容量月額料金
なっとくプラン(ライト)無制限
(最大速度200kbps)
1,078円
なっとくプラン(1GB)1GB1,078円
なっとくプラン(5GB)5GB1,518円
なっとくプラン(20GB)20GB1,991円
なっとくプラン(30GB)30GB2,728円

【データ通信SIM】

プラン容量月額料金
なっとくプラン(ライト)無制限
(最大速度200kbps)
528円
なっとくプラン(1GB)1GB748円
なっとくプラン(5GB)5GB1,265円
なっとくプラン(20GB)20GB1,991円
なっとくプラン(30GB)30GB2,728円

なっとくプラン(ライト)は使える容量が無制限となっていますが、最大速度は200kbpsとかなり遅いです。

200kbpsではテキストや音楽再生・ウェブラジオの視聴などの、データ容量を多く消費せずに済むものであれば、問題なく使用できます。

しかし、サイズの大きい画像の表示や動画を快適に閲覧したい場合は、ストレスを感じてしまうので注意しましょう。

データ通信の容量別でできること

最適な料金プランを見つけるためには、普段利用するデータ通信量を把握しておく必要があります。

そのため、以下にデータ通信の容量別でできることをまとめました。

-スマホの方はスクロールできます-

月の契約容量

ネット閲覧
(0.3MB)

LINE無料通話
(1分/0.3MB)
テキストメール
(1回/0.005MB)
YouTube標準画質
(1分/10MB)
GoogleMap
(732KB)
1GB1日約100回1日約110分1日約7千回1日約3分1日約40回
5GB1日約500回1日約550分1日約3.5万回1日約15分1日約200回
20GB1日約2,000回1日約2,200分1日約14万回1日約60分1日約800回
30GB1日約3,000回1日約3,300分1日約21万回1日約90分1日約1,200回

どれぐらいの容量があれば事足りるのかわからないという場合は、ぜひ参考にしてみてください。

余ったデータは翌月に繰り越し可能

LIBMOの特徴 繰り越し可能出典:LIBMO

もしデータ通信量が余ったとしても、次の月に繰り越しができます。

そのため、毎月のデータ通信量を無駄なく利用することが可能です。

ただし、繰り越しができるプランは以下の4つとなっております。

  • なっとくプラン(1GB)
  • なっとくプラン(5GB)
  • なっとくプラン(20GB)
  • なっとくプラン(30GB)

なっとくプラン(ライト)は繰り越しに対応していないので注意しましょう。

TLCポイントがもらえる

LIBMOを利用すれば、電子マネーやドットマネーに交換できるTLCポイントがもらえます。

TLCポイントとは、LIBMOをはじめとしたTOKAIグループのサービスを利用する際に利用できるお得なポイントサービスです。

貯まったポイントは毎月の支払い料金に充当できるだけでなく、TLCチケット・WAON・LuLuCaポイント・ドットマネーにも交換できます。

LIBMO公式

LIBMO公式サイト
https://www.libmo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

4-2. LIBMOのメリット・デメリット

次に、LIBMOのメリットとデメリットを見ていきましょう。

実際に、LIBMOの評判を105人の口コミを調査した結果、以下のメリット・デメリットがあることが分かりました。

【LIBMOのメリット】

  • 通信速度が36Mbps程度出て速い
  • 20GBと30GBの音声付きSIMが業界最安値
  • サポート対応が親切で丁寧
  • データくりこしが便利
  • 株主優待割の適用で通信費が月600円台になる

【LIBMOのデメリット】

  • 昼の時間帯の速度は2Mbps程度でやや遅い
  • 1GB刻みでプランを選べない

上記の結果から、LIBMOがおすすめなのは以下に該当する方です。

  • 20GBと30GBの音声付きSIMを業界最安値で使いたい
  • TOKAIホールディングスの株を100株以上保有している
  • サポートの対応が丁寧な格安SIMを契約したい

上記に当てはまるという方は、次章でLIBMOのキャンペーンに申し込む具体的な手順をご覧ください。

5. LIBMOのキャンペーン申込方法

この章では、LIBMOのキャンペーンの申し込み方法について、以下の流れで詳しく解説します。

  1. 事前に必ず確認するべき契約内容
  2. LIBMO申し込み時に必要なもの
  3. LIBMOキャンペーンの申し込み手順

それでは詳しく見ていきましょう。

5-1. 事前に必ず確認するべき契約内容

まずはLIBMOの契約内容の詳細から解説していきます。

端末料金

LIBMOでは、現在使っているスマホをそのまま利用することができます。

そのため、契約時には以下2つの方法のどちらかを選択できます。

  • LIBMO公式で販売されている端末を購入する
  • 手持ちの端末を利用する

公式サイトや店舗でも端末の販売を行っているため、スマホ端末を持っていない場合はそちらから購入することも可能です。

端末料金は「一括払い」「分割(24回)払い」のいずれかの選択ができ、毎月の月額料金とあわせての支払いが可能です。

初期手数料

現在、初期費用0円プログラム実施中(終了日未定)

※通常はSIM1枚発行につき3,300円(税込)

支払方法

LIBMOサービスのお支払方法はクレジットカードの他、「ISPまとめて請求」をご利用いただけます。

ISPまとめて請求とは、LIBMOの月額利用料金の請求を光回線(TNCまたはT-COM)に合わせて請求する方法です。

5-2. LIBMO申し込み時に必要なもの

LIBMOの申し込みの際には、以下の4つを事前に準備しておきましょう。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • 連絡用メールアドレス
  • MNP予約番号

上記の「MNP予約番号」とは、転出元で取得できる手続きのための番号です。

他社からLIBMOに乗り換える際、これまで利用していた電話番号を引き継ぎたい場合に必要になります。

MNP番号の取得方法については、「6章. LIBMOへの乗り換え(MNP)の全手順」にてまとめているので参考にしてみてください。

5-3. LIBMOキャンペーンの申し込み手順

LIBMOは、以下の手順で簡単に申し込むことができます。

  1. LIBMO公式サイトにアクセス
  2. 「お申し込みを開始する」をクリックする
  3. サービス内容を入力する
  4. 契約者情報を入力する
  5. お支払い情報を入力する
  6. 入力内容を確認する
  7. 本人確認書類をアップロード

申し込みが完了したら、確認メールとSIMカードの配送を待ちましょう。

SIM到着後は、初期設定をLIBMOのAPN設定方法ページの案内通りに進めればスマホが使えるようになります。

LIBMO公式

LIBMO公式サイト
https://www.libmo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次章では、上記の「MNP予約番号」の取得方法について詳しく解説します。

6. LIBMOへの乗り換え(MNP)の全手順

他のキャリアからLIBMOへ乗り換えるときは、電話番号移行のため、「MNP予約番号」と呼ばれる10桁の番号を入手する必要があります。

この章では、MNP予約番号取得方法を以下の2つに分けて解説します。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

それでは、大手キャリアからのMNP予約番号取得の手続きから確認していきましょう。

6-1. 大手キャリアからのMNPは電話一本で手続きできる

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。その際に、解約金なども聞くことができます。

ドコモのMNP予約番号入手方法

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  • My docomoサービス一覧
  • 各種お申込・お手続き一覧
  • ご契約内容確認・変更
  • 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

auのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話すれば簡単に手続きできるのでおすすめです。

一般電話/携帯電話共通: 0077-75470(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならEZWebから手続き可能です。

auショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きをおすすめします。

手数料:無料

ソフトバンクのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話することで簡単に手続きができます。

  • 携帯電話から: *5533へ電話
  • 一般電話から: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならMySoftBankから手続き可能です。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きがおすすめです。

手数料:無料

MNP予約申し込み窓口一覧

MNP予約申し込み窓口一覧出典:niko niko cable tv

6-2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMからLIBMOに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  1. 電話による予約番号取得
  2. WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア取得方法MNP予約受付窓口MNP転出手数料
ワイモバイル電話151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル電話/WEB0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル電話/WEB0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル電話/WEB0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル電話/WEB0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
(電話手続きの場合は1,100円)
楽天モバイルWEBメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き無料
LINEモバイルWEBマイページの「MNP転出・解約」から手続き無料
OCN モバイル ONEWEBマイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き無料
IIJmioWEBマイページの「MNP予約番号発行」から手続き無料
b-mobileWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
日本通信SIMWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
y.u mobileWEBマイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き無料
nuroモバイルWEBご利用者向けページから手続きなし
DTIWEBMyDTIから手続き無料
NifMoWEB「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き無料
ロケットモバイルWEB解約URLから手続き無料
HISモバイルWEBMy HISモバイルから手続き無料
mineoWEBマイページから手続き無料
LIBMO電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
 (電話手続きの場合は1,100円)
エキサイトモバイルWEBBB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き無料
J:COMモバイルWEBJ:COMマイページから手続き無料
スマモバWEBマイページから手続き無料

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

7. SIMロック解除の全手順

この章では、SIMロックがかかっている端末をLIBMOで使用するため、SIMロック解除の方法を詳しく解説していきます。

7-1. SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

なお、2022年1月からSIMロックが原則禁止となったため、10月前後に販売された機種はSIMロックされていない場合があります。

そのため、端末を購入したキャリアでSIMロックがかかっているかを確認しましょう。

7-2. 動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

LIBMO対応機種一覧

https://www.libmo.jp/device/

7-3. 動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

ドコモのSIMロック解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料

基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

auのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料:3,300円

ソフトバンクのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

8. 本当にLIBMOで大丈夫?失敗しない格安SIMの選び方

この章では、LIBMOが本当に最適な格安SIMなのかを判断するため、そもそもの格安SIMの選び方について解説していきます。

「速度が遅すぎて使えない…」「他の格安SIMの方が安かった...」など格安SIM選びで失敗しないためのポイントは2つあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

実際に速度が出るものを選ぶ

格安SMの選び方で最も重要なことは、実際に速度が出るものを選ぶことです。

例えば、BIGLOBEモバイルの最高速度は「下り958Mbps、上り112Mbps」と書かれています。
※タイプA(au回線)、タイプD(docomo回線)

出典:ビッグローブモバイル

しかし、この最高速度は理論的な最高速度で、これが出ることはほぼなく、1/100、1/1000の速度しか出ないこともザラにあるため、正直あてにならないです。

実際の速度(実質速度)を知らずに格安SIMを選ぶと、下記のように後悔してしまいます。

実際の速度(実質速度)を知らずに契約するとこんな目に…

Twitterを見ると、下記のように「格安SIM遅い..」という声が多数ありました。

上記のように失敗しないためにも、速度は理論値で比較するのではなく、実質速度で比較します。

ただ、一般の方で全格安SIMサービスの速度計測を行って比較するのは難しいでしょう。

そこで今回、25社の格安SIMを契約している私が、実際に計測を行いました。

そもそもなぜ格安SIMって遅いの?

格安SIMの各社がドコモやauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているからです。

そのため、格安SIMは、朝の通勤時、お昼休みの時間、夜の帰宅時など多くの方が携帯電話を利用する時間帯は通信速度が低下します。

通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

格安SIMの通信速度が遅い理由

上記のように、速度は大手キャリアには劣りますが、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

格安SIMの会社によっては、借りている設備の回線容量や顧客数が変わり速度に差が出るので、中には大手キャリアに引けを取らない通信速度を誇る格安SIMもあります。

① 速度計測方法

一般的な「速度測定アプリ」では、アップロードやダウンロードの速度を出してくれますが、実はあまりあてになりません。

なぜなら、通信事業者によっては下図のように速度計測アプリで測られているときだけ、速度を速くするものが存在するからです。

格安SIM 速度測定

上記のような結果が出てダウンロードスピードが速いことを確認しても、実際に動画などをダウンロードすると全く動かない可能性があります。

そこで今回の速度計測では、「動画再生速度」「Webページ読み込み速度」まで測定できるアプリとして、「5GMARK」アプリを使用しました。

格安SIM速度測定 4GMARK

「5GMARK」では、YouTubeやFacebookなどの読み込み時間も考慮して速度を点数化しているので、高得点が出た回線は実際に使ってみても快適なケースがほとんどでした。

② 実際に25社の速度を計測してみた

実際に25社の格安SIMを用意し、「5GMARK」を使ってどこが一番速いか測ってみました。(随時数を追加していきます)

格安SIMのパッケージ一覧

なお、計測は最も回線が混みやすい下記の3つの時間帯で行っています。

<時間帯>

  • 平日朝8~10時:通勤中の会社員・学生が使うので回線が混みやすい
  • 平日昼12~13時:お昼休みでみんなが使うので回線が混みやすい
  • 平日夕方18~19時:帰宅中の会社員・学生が使うので混みやすい

<エリア>

  • 東京都港区:人口の多い都心部や規模の大きな駅周辺等は混みやすい

本当の速度を把握するため、あえて回線が混みやすい環境で測定しました。

測定結果は、上記3つの時間帯のスコアを合計し、グラフ化しました。

格安SIM25社の速度ランキング

速度計測のスコアの高かった格安SIM

それでは、続いて格安SIM選びの2つ目のポイントである「月額料金」を見ていきましょう。

月額料金がお得なものを選ぶ

次に各社の格安SIMの月額料金を比較していきます。

全格安SIM事業者25社の全47プランを「音声付きSIM」と「データ専用SIM」で徹底調査しました。

音声付きSIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

格安SIM回線データ容量
100MB200MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB25GB30GB40GB50GB無制限
ahamoドコモ2,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,970
OCNモバイルONEドコモ5505505507709909901,3201,3201,3201,7601,7601,7601,760
mineoドコモ1,2981,2981,2981,2981,5181,5181,5181,5181,9581,9581,9581,9581,9582,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
mineo_お試しドコモ1,1001,100
BIGLOBE モバイルドコモ1,0781,0781,0781,0781,3201,3201,8701,8701,870
IIJmioドコモ8588588588588581,0781,0781,5181,5181,5181,5181,8481,8481,8481,8481,8481,8481,8482,0682,0682,0682,0682,068
日本通信SIM_合理的20GBプランドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
日本通信SIM_合理的かけほプランドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
日本通信SIM_みんなのプランドコモ1,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,390
b-mobileドコモ1,0891,0891,0891,0891,3091,5291,7491,9692,1892,4092,6292,8493,0693,2893,5093,7293,9494,1694,3894,6094,8295,0495,269
y.u mobileドコモ1,0701,0701,0701,0701,0701,0701,0701,0702,9702,9702,9702,9702,9704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,170
エキサイトモバイル_Fitプランドコモ8808808808808808801,4301,4301,4301,4301,9801,9801,9801,9801,9802,7502,7502,7502,7502,7503,2453,2453,2453,245
エキサイトモバイル_Flatプランドコモ1,2101,2101,2101,2101,2101,2101,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6502,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0684,4004,4007,70011,198
イオンモバイルドコモ8038038038589681,0781,1881,2981,4081,5181,6281,7381,8481,9581,9582,0682,0682,1782,1782,1782,1782,1782,1784,1584,1585,2586,358
DTI SIMドコモ1,3201,3201,3201,3201,6391,6392,1122,1123,0803,0803,0803,0803,080
NifMoドコモ1,7601,7601,7601,7601,7601,7602,5302,5302,5302,5303,8503,8503,8503,8503,8503,8504,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7306,0506,050
QTモバイルドコモ1,1001,1001,1001,1001,1001,5401,7601,7601,7601,9801,9801,9801,9802,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2003,3003,300
nuro mobileドコモ7927927927927927929909901,4851,4851,4852,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,699
スマモバドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,8382,8382,8383,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,828
ロケットモバイルドコモ7657657657658509851,4301,4301,9801,9804,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,400
HISモバイル_格安弐拾プランドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安かけ放題プランドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
HISモバイル_格安ステップドコモ5905905905907907901,1901,1901,4901,4901,7901,7901,790
LIBMOドコモ1,0781,0781,0781,0781,5181,5181,5181,5181,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9912,7282,728
povoau9909909909909909902,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,700
mineoau1,2981,2981,2981,2981,5181,5181,5181,5181,9581,9581,9581,9581,9582,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
mineo_お試しau1,1001,100
BIGLOBE モバイルau1,0781,0781,0781,0781,3201,3201,8701,8701,870
IIJmioau8588588588581,0781,0781,0781,5181,5181,5181,5181,8481,8481,8481,8481,8481,8481,8481,8482,2752,2752,2752,275