ロケットモバイルでiPhoneは使える?対応機種と設定方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「ロケットモバイルでiPhoneは使える?」「対応機種や初期設定の方法は?」など、ロケットモバイルでiPhoneを利用できるか気になっていませんか?

結論、ロケットモバイルではiPhone 6 シリーズ以降の端末が利用できます。

ただし、ロケットモバイルにはスマホ端末の販売がないため、申し込み時にiPhoneをセット購入できません。

今回は5年以上スマホの販売をしてきた私が、ロケットモバイルでiPhoneを利用する前に知っておくべきことや注意点を以下の流れで詳しく解説します。

    1. ロケットモバイルのiPhone対応機種と注意点
    2. ロケットモバイルでiPhoneを使うための設定方法
    3. ロケットモバイル機種変更時の設定方法
    4. ロケットモバイルがおすすめな人の特徴 | メリット・デメリットを徹底解説!
    5. ロケットモバイルへの乗り換え(MNP)の全手順
    6. SIMロック解除の全手順
    7. 本当にロケットモバイルで大丈夫?あなたに合った格安SIMの選び方
    8. 全25社を徹底比較!格安SIMおすすめランキング

本記事さえ読めば、ロケットモバイルでiPhoneを快適に利用することができます。

※本ページは全て税込で表示しています。

1.ロケットモバイルのiPhone対応機種と注意点

この章では、ロケットモバイルに対応しているiPhoneとその注意点について以下の流れで解説します。

  1. ロケットモバイルで利用できるiPhone一覧
  2. ロケットモバイルでiPhoneを使う際の注意点

それではそれぞれ詳しく解説します。

1-1 ロケットモバイルで利用できるiPhone一覧

ロケットモバイルはSIMフリー版のiPhoneであればそのまま利用可能です。

ただし、キャリアごとに対応機種はことなります。

そこで各キャリアで使っていたiPhoneとSIMフリー版iPhoneがロケットモバイルで使えるかを確認しておきましょう。

  1. ドコモ版iPhone対応機種
  2. au版iPhone対応機種
  3. ソフトバンク版iPhone対応機種
  4. SIMフリー版iPhone対応機種

それでは詳しく見ていきましょう。

ドコモ版iPhone対応機種

ドコモで使っていたiPhoneで動作が確認されている機種は以下のとおりです。

  • iPhone 12
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5c
  • iPhone 5s

上記のとおり、iPhone 5s以降の機種で動作確認がとれています。

「Dプラン」を契約する場合は、同じドコモ回線での移行となるため、SIMロック解除は不要、iPhoneをそのまま利用できます。

ただし、iPhone 6s以前の端末はiOSのサポートが終了しているので、使用の際には注意が必要です。

au版iPhone対応機種

auで使っていたiPhoneで動作が確認されている機種は以下のとおりです。

  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

上記のとおり、iPhone 6s以降の機種で動作確認がとれています。

ただし、auで購入したiPhoneを「プランA(au回線)」で使う場合でも、以下の端末はSIMロック解除が必要です。

  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s

なお、SIMロック解除の方法はSIMロック解除の全手順で詳しく解説しているので、手順が不明な場合は参考にしてください。

ソフトバンク版iPhone対応機種

ソフトバンクで使っていたiPhoneで動作が確認されている機種は以下のとおりです。

  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5c
  • iPhone 5s
  • iPhone 5

上記のとおり、iPhone 5以降の機種で動作確認がとれています。

「プランS」を契約する場合は、同じソフトバンク回線での移行となるため、SIMロック解除は不要、iPhoneをそのまま利用できます。

ただし、iPhone 6s以前の端末はiOSのサポートが終了しているので、使用の際には注意が必要です。

SIMフリー版iPhone対応機種

  • iPhone 12
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6 

上記のとおり、iPhone 6 以降の機種で動作確認がとれています。

ここまでイオンモバイルで使えるiPhoneの機種について解説してきましたが、iPhoneを使うに当たっての注意点もしっかりおさえておきましょう。

ロケットモバイルが3大キャリアに対応しているため、基本的にSIMロック解除は不要ですが、一部のキャリア版iPhoneではSIMロック解除が必要となるので注意が必要です。

また、SIMロックがかかっている端末も、解除すればどの回線のプランでも利用可能です。

※SIMロック解除の手順は、6章「SIMロック解除の全手順」で詳しく解説します。

2021年10月1日から「SIMロック原則禁止」に

総務省の定めた「移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン(改正版)」により、2021年10月1日からSIMロックは「原則禁止」となりました。

そのため、上記の日の前後に販売された端末は、SIMロック解除をしなくても乗り換え先で使える可能性があります。

SIMロックがかかっているか不明な場合は、端末を購入したキャリアで確認しましょう。

1-2 ロケットモバイルでiPhoneを使う際の注意点

この節ではロケットモバイルでiPhoneを使う際に知っておくべき注意点について解説いたします。

対応機種でない場合

もし、お持ちのiPhoneが対応機種でない場合、以下の問題が発生する可能性があります。

  • 正常に動作しない
  • 一部の機能が利用できなくなる

そのため、申し込み前や機種変更前には、ロケットモバイルの対応機種を必ず確認しましょう。

さらに、現在AppleがOSのサポートをしているのはiPhone 6s以降の端末です。

iPhone 6s以前の端末はOSのサポート対象外であり、対象外の端末は以下のようなリスクがあります。

  • セキュリティー面で危険になる
  • ダウンロードしたアプリが使えなくなる
  • 一部の機能が利用できなくなる

以上のリスクがあるので、iPhone 6s以降の端末を利用するようにしましょう。

同じ回線でもSIMロック解除が必要な場合がある

iPhoneを購入したキャリアと同じ回線を利用するときもSIMロック解除が必要になることがあります。

たとえば、auで購入したiPhoneを「プランA(au回線)」で使う際、以下の端末はSIMロック解除をしないといけません。

  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s

上記の端末を使っている場合は注意が必要です。

MNPの切り替えが未完了の場合

MNPの切り替えを行わないと、乗り換え前と同じ電話番号を用いた電話やSMSを行うことができません。

必ずSIMカードを乗り換える際はMNPの切り替えを事前に行うようにしましょう。

MNPについては、詳しくは第5章「第5章 ロケットモバイルへの乗り換え(MNP)の全手順」で説明いたします。

APN設定のミス

APN設定が正しく行われていない場合、端末はアクセスポイントを特定することができないため、モバイルデータ通信を利用することができません。

SIMカードの挿入時に、端末をWi-Fiに接続し、ロケットモバイルの「構成プロファイル」をダウンロードするようにしましょう。

SIMカードが正しく挿入されていない場合

SIMカードの挿入を間違えてしまった場合、以下のトラブルが発生する可能性があります。

  • 端末がSIMカードを認識できない
  • SIMカードのチップ部分が損傷し、使えなくなる

したがって、挿入時には必ずSIMカードのサイズや向きを確認しましょう。

ネットの利用制限がかかっている場合

中古で購入した端末の中には、キャリア等で購入したスマホの分割払いが滞ったり、代金が支払われなかったりした場合など一定の条件で、キャリアから通信に制限がかけられてしまっているものがあります。

このように通信の利用制限がかけられた端末を「赤ロム」と呼びます。

購入時には必ず、赤ロムの端末でないかどうか確認しておきましょう。

赤ロムを見分ける方法は以下の通りです。

1, 端末識別番号を確認する

携帯電話販売店の店頭や販売店のウェブサイトなどで「IMEI(International Mobile Equipment Identifier)」と呼ばれる15桁の端末識別番号を確認し、番号を控えておきます。

該当端末をすでに使用中の方でしたら、電話画面を開き「*#06#」を入力することによっても表示可能です。

2, IMEIを各社の照会ページで検索する

各携帯電話会社が用意しているIMEI照会ページにて、ネットワーク利用制限がかかっている端末を確認することができますので、ステップ1でメモしておいたIMEIを入力し、検索します。

参考までに、国内大手4社のIMEI照会ページへのリンクを以下に掲載します。

3, IMEI照会結果を確認する

IMEIを入力すると、以下のいずれかが表示されます。

  • ◯:ネットワーク利用制限がかかっていない
  • △:現在は制限がかかっていないが、今後かかる可能性がある
  • ✖:ネットワーク利用制限がかかっている
  • ―:そのIMEIが存在しない(入力ミス)

以上の表示を確認し、〇が表示されていればその端末は問題なく利用できます。

ロケットモバイル公式

ロケットモバイル公式サイト
https://rokemoba.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次の章ではロケットモバイルでiPhoneを使うために必要な設定方法について解説していきます。

2.ロケットモバイルでiPhoneを使うための設定方法

この章ではロケットモバイルでiPhoneを使うに当たっての初期設定の方法を解説します。

手順は以下の通りです。

  1. SIMカードを台紙から切り離す
  2. SIMカードの挿入
  3. Wi-Fi設定
  4. Apple ID設定
  5. APN設定

それでは順番に見ていきましょう。

2-1. SIMカードを台紙から切り離す

まずは、SIMカードを台紙から切り離しましょう。

付属の取扱い説明書を手元に置いて確認しながら、金属の部分に触れないよう慎重に作業を行います。

2-2. SIMカードの挿入

つづいて、切り離したSIMカードをiPhoneに挿入しましょう。

手順は以下のとおりです。

  1. iPhoneの側面にあるSIMトレイをピンなどを使って開ける
  2. トレイの形状に合わせてSIMをセットする
  3. そのままトレイを本体に戻す

以上でSIMカードが本体にセットされます。

2-3. Wi-Fi設定

つづいて、インターネット接続するために必要なWi-Fiの設定をしましょう。

Wi-Fiの設定手順は以下のとおりです。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「iPhoneにサインイン」をタップ
  3. 「Wi-Fi」をタップしてスイッチをオンにする
  4. 接続するWi-Fiをタップ
  5. パスワード入力画面でWi-Fiのパスワードを入力する
  6. 「接続」をタップ

使用するWi-Fiが表示され、左側にチェックマークが入れば設定は完了です。

2-4. Apple ID設定

次に、Apple IDの設定を行います。

設定手順は以下のとおりです。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「iPhoneにサインイン」をタップ
  3. メールアドレス、パスワードをそれぞれ入力
  4. 「次へ」をタップ
  5. SMS確認コードが受信される
  6. 表示された「2ファクタ認証」画面に確認コードを入力
  7. iPhoneのパスコードを入力

Apple IDの画面に戻れば設定完了です。

2-5 APN設定

つづいて、APN設定を行いましょう。

設定は「構成プロファイルのダウンロード」と「構成プロファイルのインストール」の2つに分かれます。

  1. 構成プロファイルのダウンロード
  2. 構成プロファイルのインストール

それでは詳しい手順を確認していきましょう。

STEP1 | 構成プロファイルのダウンロード

まず、構成プロファイルをダウンロードしましょう。

以下URLを設定するiPhoneからアクセスし、構成プロファイルのインストールを完了してください。

構成プロファイルURL

https://rokemoba.com/rokemoba-cellular.mobileconfig
※必ずsafariからダウンロードを行ってください。

最新のiOSですと、上記URLよりプロファイルをダウンロード後、インストールが必要なケースが確認されております。

以下の手順にてインストールが可能なので、画像付きで解説します。

STEP2 | 構成プロファイルのインストール

まず、ダウンロードが完了すると、設定画面で「プロファイルがダウンロードされました」と表示されます。

___.jpg

出典:ロケットモバイル

次に、パスポートを入力して「次へ」をタップします。

___.jpg

出典:ロケットモバイル

最後に、「インストール」をタップして完了です。

___.jpg

出典:ロケットモバイル

→「設定」→「一般」 プロファイル「Rocket Mobile APN Ver.2 」が表示されていればインストール完了です。

もし、ロケットモバイルのお申し込みは下記のサイトから可能です。

ロケットモバイル公式

ロケットモバイル公式サイト
https://rokemoba.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次の章ではロケットモバイルに機種変更する際の設定方法について解説していきます。

3.ロケットモバイル機種変更時の設定方法

ロケットモバイルでiPhone機種変更するためには、いくつかの設定が必要です。

そこで、この章では機種変更をするに当たっての基本的な設定方法を以下の流れで解説します。

  1. 自分で端末を用意する
  2. データのバックアップ
  3. SIM挿入
  4. 端末の初期設定
  5. データの移行

それではそれぞれ詳しく解説します。

3-1 自分で端末を用意する

ロケットモバイルでは端末の販売が無いので、ご自身で新しい端末を用意する必要があります

iPhoneを購入できる場所は以下の通りです。

  • アップルストア
  • 家電量販店
  • 中古スマホ販売店
  • フリマアプリ(メルカリ、ヤフオクなど)

以上のサイトからご自身の好みに合わせて端末を購入するようにしましょう。

現在、ロケットモバイルで動作確認済みのiPhoneは第1章ロケットモバイルで利用できるiPhone一覧で確認できます。

ご自身でiPhone(端末)を用意する際は上記の動作確認済み端末を使うようにしましょう。

3-2 データのバックアップ

ロケットモバイルで機種変更する場合は、現在利用している端末のデータをバックアップする必要があります。

なぜなら、現在利用している端末でバックアップを作成しないと、新しい端末にデータを移行できなくなってしまうからです。

データのバックアップ方法は、端末とOSによって異なります。

詳しくは「データの移行」を確認してください。

OSとは?

OSとは端末のシステム全体を管理するソフトウェアことで、スマートフォンの中には主に以下の2つの種類があります。

  • iOS(iPhone)
  • Android

OSによって設定方法が異なる場合があるので注意しましょう。

3-3 SIM挿入

SIMカードを挿入する手順は以下のとおりです。

  1. SIMカードを台紙から切り離す
  2. iPhoneの側面にあるSIMトレイをピンなどを使って開ける
  3. トレイの形状に合わせてSIMをセットする
  4. そのままトレイを本体に戻す

以上でSIMカードが本体にセットされます。

3-4 端末の初期設定

この節では端末の初期設定をする方法を紹介していきます。

iPhoneの初期設定は以下の手順で行います。

  1. iPhoneの電源を入れる
  2. 「こんにちは」が表示された画面を上にスワイプ
  3. 各項目を画面の案内に従って順に設定
    ※AndroidからiPhoneにデータ移行する場合は「App とデータ」画面に進んだら、「Android からデータを移行」をタップし、「AndroidからiPhoneへ機種変更」を確認してください
  4. 「ようこそiPhoneへ」が表示されたら画面を上にスワイプ
  5. 「設定」⇒「一般」⇒「ソフトウェアアップデート」をタップ

以上でiPhoneの初期設定は完了です。

3-5 データの移行

現在利用している端末のデータをバックアップし、新しい端末にデータ移行するおすすめの方法を以下の4つの場合に分けて解説します。

  1. iPhoneからiPhoneへ機種変更
  2. AndroidからiPhoneへ機種変更

それではそれぞれ詳しく解説します。

iPhoneからiPhoneへ機種変更

PhoneからiPhoneに機種変更する場合は、「クイックスタート」を利用し、データ移行するのがおすすめです。

なぜなら、新しいiPhoneと現在利用しているiPhoneをBluetoothで繋げるだけで、簡単にデータ移行ができるからです。

手順は以下のとおりです。

  1. 2つのiPhoneのBlutoothをONにして近くに置く
  2. 現在利用しているiPhoneに「新しいiPhoneを設定」という画面が出たら「続ける」をタップ
  3. 新しいiPhoneにアニメーションが表示されたら、現在利用しているiPhoneを新しいデバイスの上で支える
  4. アニメーションがファインダーの中央に収まるようにする
  5. 「新しい [デバイス] の設定を完了」というメッセージが表示された後、入力画面が表示される
  6. 現在利用しているiPhoneのパスワードを入力
  7. 画面上の案内にそって、新しいデバイスで Face ID または Touch ID を設定
  8. 入力画面が表示されたら、新しいデバイスに Apple ID のパスワードを入力
  9. デバイス間でデータを転送を選択

以上でデータ移行完了です。

なお、上記の手順はiOS12.4以降でないと使用できません。

そのため、「設定」⇒「一般」⇒「ソフトウェアアップデート」から、最新のバージョンにするようにしましょう。

AndroidからiPhoneへ機種変更

AndroidからiPhoneに機種変更する場合は、「iOSに移行アプリ」を利用し、データ移行するのがおすすめです。

iOSに移行アプリとは?

iOSに移行アプリとはAndroidのデータをiPhone・iPad・iPod touchに移行できるアプリです。

同じWi-Fiに接続し、コードを入力するだけでデータ移行ができるのでかなり便利です。

ダウンロードは「GooglePlay」からできます。

なぜなら、Googleアカウントを使用する方法よりも簡単にデータ移行ができるからです。

手順は以下のとおりです。

  1. Android で、「iOS に移行アプリ」を開く
  2. 「続ける」をタップ
  3. 利用規約に同意する
  4. 「次へ」をタップ
  5. iPhoneで「続ける」をタップ
  6. iPhoneで表示されたコードをAndroidで入力する
  7. 移行するデータを選択
  8. 「次へ」をタップ
  9. iPhoneで残りの設定を完了させる

以上でデータ移行完了です。

ロケットモバイル公式

ロケットモバイル公式サイト
https://rokemoba.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次の章ではロケットモバイルの特徴を解説していきます。

4.ロケットモバイルがおすすめな人の特徴 | メリット・デメリットを徹底解説!

ロケットモバイル ヘルプセンター(FAQ) ヘルプセンターのホームページ

出典:ロケットモバイル

この章ではロケットモバイルがおすすめな人の特徴やメリット・デメリットを徹底的に解説していきます。

結論、ロケットモバイルのメリット・デメリットと、おすすめな人をまとめると以下の通りです。

メリット
  • 月額328~438円でデータ使い放題の神プランが業界最安値級
  • 変更プランを使うと平均1,074円で毎月7GB使える
  • ロケモバでポイントをためると、通信費の支払いに使える
デメリット
  • au回線とソフトバンク回線ならSMSオプション無料だが、docomo回線は月額165円かかる。
おすすめな人
  • 独自のポイントであるロケモバポイントを使って通信費を無料にしたい
  • サポートの対応が丁寧な格安SIMを契約したい

もしおすすめな人に当てはまり、ロケットモバイルの特徴を理解している場合は「5章.ロケットモバイルの乗り換え(MNP)の全手順」へとお進みください。

一方で上記の特徴に当てはまらない場合は、ロケットモバイルよりも適したサービスがあるため「7.本当にロケットモバイルで大丈夫?あなたに合った格安SIMの選び方」を参考に最適な格安SIMを選びましょう。

4-1. ロケットモバイルの特徴

以下の4つがロケットモバイルの特徴となっております。

それでは詳しくそれぞれの特徴を見ていきましょう。

神プラン

ポイント使用で月々の通信費が0円で使える!?「ロケットモバイル」誕生!! ロケットモバイルは、全国のXiエリアで使えるNTTドコモの回線を使用した格安モバイルSIMサービスです。

出典:ロケットモバイル

ロケットモバイルの大きなメリットの一つが神プランとなります。

神プランは月298円で使うことができます。最大速度が200kbpの低速ではあるものの、3大キャリアに対応しており、無制限に利用できるプランです。

大手キャリアのような通信速度ではないので、Twitter、Lineなどのテキストベースで済む使い方をする方におすすめのプランとなります。

「神プラン」の料金もあわせて、回線ごとにデータSIM、音声SIMの料金を紹介していきます。

<docomo回線の月額料金>

データ量 データSIM 音声SIM
神プラン(200kbps) 298円 948円
1GB 590円 1,250円
2GB 690円 1,300円
3GB 840円 1,400円
5GB 1,200円 1,800円
7GB 1,850円 2,400円
20GB 3,950円 4,670円

<softbank回線の月額料金>

データ量 データSIM 音声SIM
神プラン(200kbps) 398円 1,190円
1GB 790円 1,580円
20GB 4,100円 4,970円

<au回線の月額料金>

データ量 データSIM 音声SIM
神プラン(200kbps) 398円 1,068円
1GB 700円 1,380円
3GB 840円 1,470円
5GB 1,330円 1,950円
7GB 1,770円 2,560円
20GB 3,950円 4,580円

次は、神プラン以外のプランに追加できるオプションについて解説していきます。。

SMSオプション

SMSオプションは、データプランを利用していてもメールやSNSの認証などでSMS(ショートメッセージ)機能が必要な方におすすめのサービスです。

au回線とソフトバンク回線ならSMSオプション無料でご利用でき、docomo回線は月額165円の基本料がかかります。

また、SMS送信料は従量課金制で、1通約4円(70文字以内)が発生するのでお気を付けください。

いますぐプラン変更

いますぐプラン変更は、現在ご利用中のプランを即時変更できる機能です。

月に1回のみ利用でき、現在ご利用中のプランより上位のプランへの変更のみ受付が可能です。

  • 1GB→20GBへの変更:可能
  • 20GB→1GBへの変更:不可能
  • 神プラン→20GB→1GBへ2度の変更:不可能

変更した当日から、利用できるデータ通信総量が、変更後プランの総量へ変更となります。

なお、「いますぐプラン変更」を行った同月内に、「来月からプラン変更」を行うことはできないので注意が必要です。

ロケモバポイント

通信費が最大無料に!!

出典:ロケットモバイル

ロケモバポイントは1ポイント=1円として、毎月の通信料金から割り引くことが出来ます。

また、余ったロケモバポイントはくりこしが可能です。(利用期限はありません)

この項では「ロケモバポイントの貯め方」について解説していきます。

ロケモバポイントの貯め方

ロケモバポイントを貯める方法は以下のようなものがあります。

  • 会員登録
  • アプリのダウンロード
  • アンケート回答

大まかな手順としては以下のとおりとなります。

  1. マイページへアクセス
  2. ポイントページへ
  3. お手伝いを選択
  4. ポイントゲット

ロケモバポイントは、日々の生活の中でスマホ代をお得にしていきたい方におすすめのサービスです。

4-2. ロケットモバイルのメリット・デメリット

ここまで解説してきたロケットモバイルの特徴からメリット・デメリットをお伝えすると、以下のとおりです。

メリット
  • 月額328~438円でデータ使い放題の神プランが業界最安値級
  • 変更プランを使うと平均1,074円で毎月7GB使える
  • ロケモバでポイントをためると、通信費の支払いに使える
デメリット
  • au回線とソフトバンク回線ならSMSオプション無料だが、docomo回線は月額165円かかる。
おすすめな人
  • 独自のポイントであるロケモバポイントを使って通信費を無料にしたい
  • サポートの対応が丁寧な格安SIMを契約したい

もし、ロケットモバイルに申し込みたい場合は下記のサイトから申し込みましょう。

ロケットモバイル公式

ロケットモバイル公式サイト
https://rokemoba.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次章では、ロケットモバイルへ乗り換えるために必要な全手順について解説していきます。

5.ロケットモバイルへの乗り換え(MNP)の全手順

他のキャリアからロケットモバイルへ乗り換えるときは、電話番号移行のために「MNP予約番号」を入手する必要があります。

この章では、MNP予約番号取得方法を以下の2つに分けて解説します。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

それでは、大手キャリアからのMNP予約番号取得の手続きから確認していきましょう。

5-1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

その際に、解約金なども聞くことができます。

ドコモのMNP予約番号入手方法

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  1. My docomoサービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

auのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話すれば簡単に手続きできるのでおすすめです。

一般電話/携帯電話共通: 0077-75470(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならEZWebから手続き可能です。

auショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きをおすすめします。

手数料:無料

ソフトバンクのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話することで簡単に手続きができます。

  • 携帯電話から: *5533へ電話
  • 一般電話から: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならMySoftBankから手続き可能です。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きがおすすめです。

手数料:無料

MNP予約申し込み窓口一覧

MNP予約申し込み窓口一覧出典:niko niko cable tv

5-2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMからロケットモバイルに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  1. 電話による予約番号取得
  2. WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア 取得方法 MNP予約受付窓口 MNP転出手数料
ワイモバイル 電話 151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル 電話/WEB 0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル 電話/WEB 0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル 電話/WEB 0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル 電話/WEB 0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
楽天モバイル WEB メンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き 無料
LINEモバイル WEB マイページの「MNP転出・解約」から手続き 無料
OCN モバイル ONE WEB マイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き 無料
IIJmio WEB マイページの「MNP予約番号発行」から手続き 無料
b-mobile WEB マイページの「MNP予約番号取得」から手続き 無料
日本通信SIM WEB マイページの「MNP予約番号取得」から手続き 無料
y.u mobile WEB マイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き 無料
nuroモバイル WEB ご利用者向けページから手続き なし
DTI WEB MyDTIから手続き 無料
NifMo WEB 「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き 無料
ロケットモバイル WEB 解約URLから手続き 無料
HISモバイル WEB My HISモバイルから手続き 無料
mineo WEB マイページから手続き 無料
LIBMO 電話/WEB 0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き
無料
エキサイトモバイル WEB BB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き 無料
J:COMモバイル WEB J:COMマイページから手続き 無料
スマモバ WEB マイページから手続き 無料

※電話手続きの場合は1,100円

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

次の章では、SIMロック解除の手順について解説します。

6. SIMロック解除の全手順

SIMロックがかかっているスマホをロケットモバイルで使用するためにはSIMロック解除が必要です。

以下の手順で解説していきます。

  1. SIMロック解除ができるのかを確認する
  2. 動作確認がされているか確認する
  3. 動作確認が取れたら手続きへ

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

6-1. SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

なお、2021年10月からSIMロックが原則禁止化されたため、10月前後に販売された機種はSIMロックされていない場合があります。

そのため、端末を購入したキャリアでSIMロックがかかっているかを確認しましょう。

6-2. 動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

6-3. 動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

ドコモのSIMロック解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料は基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

auのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My auからの手続きなら無料
  • au Style/auショップでは3,300円

ソフトバンクのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

次章では、ロケットモバイルを本当に選んで大丈夫なのか確かめるため、格安SIMのそもそもの選び方から解説していきます。

7.本当にロケットモバイルで大丈夫?あなたに合った格安SIMの選び方

この章では、ロケットモバイルが本当に最適な格安SIMなのかを判断するため、そもそもの格安SIMの選び方について解説していきます。

「速度が遅すぎて使えない…」「他の格安SIMの方が安かった...」など格安SIM選びで失敗しないためのポイントは2つあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

実際に速度が出るものを選ぶ

格安SMの選び方で最も重要なことは、実際に速度が出るものを選ぶことです。

例えば、BIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)の最高速度は、「下り958Mbps、上り112Mbps」と書かれています。

出典:ビッグローブモバイル

しかし、ここで示されているのは理論上の最高速度で、これが出ることはほぼありません。

実際の速度を計測すると1/100以下しか出ないこともザラにあるため、全くあてにならないです。

実際の速度(実質速度)を知らずに格安SIMを選ぶと、下記のように後悔してしまいます。

実際の速度(実質速度)を知らずに契約すると失敗する

Twitterを見ると、下記のように「格安SIM遅い..」という声が多数ありました。

上記のように失敗しないためにも、速度は理論値で比較するのではなく、実質速度で比較します。

ただ、一般の方で全格安SIMサービスの速度計測を行って比較するのは難しいでしょう。

そこで今回、25社の格安SIMを契約している私が、実際に計測を行いました。

そもそもなぜ格安SIMって遅いの?

格安SIMの各社がドコモやauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているからです。

そのため、格安SIMは、朝の通勤時、お昼休みの時間、夜の帰宅時など多くの方が携帯電話を利用する時間帯は通信速度が低下します。

通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

格安SIMの通信速度が遅い理由

上記のように、速度は大手キャリアには劣りますが、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

格安SIMの会社によっては、借りている設備の回線容量や顧客数が変わり速度に差が出るので、中には大手キャリアに引けを取らない通信速度を誇る格安SIMもあります。

① 速度計測方法

一般的な「速度測定アプリ」では、アップロードやダウンロードの速度を出してくれますが、実はあまりあてになりません。

なぜなら、通信事業者によっては下図のように速度計測アプリで測られているときだけ、速度を速くするものが存在するからです。

格安SIM 速度測定

上記のような結果が出てダウンロードスピードが速いことを確認しても、実際に動画などをダウンロードすると全く動かない可能性があります。

そこで今回の速度計測では、「動画再生速度」「Webページ読み込み速度」まで測定できるアプリとして、「5GMARK」アプリを使用しました。

格安SIM速度測定 4GMARK

「5GMARK」では、YouTubeやFacebookなどの読み込み時間も考慮して速度を点数化しているので、高得点が出た回線は実際に使ってみても快適なケースがほとんどでした。

② 実際に25社の速度を計測してみた

実際に25社の格安SIMを用意し、「5GMARK」を使ってどこが一番速いか測ってみました。

格安SIMのパッケージ一覧

なお、計測は最も回線が混みやすい下記の3つの時間帯で行っています。

<時間帯>

  • 平日朝8~10時:通勤中の会社員・学生が使うので回線が混みやすい
  • 平日昼12~13時:お昼休みでみんなが使うので回線が混みやすい
  • 平日夕方18~19時:帰宅中の会社員・学生が使うので混みやすい

<エリア>

  • 東京都港区:人口の多い都心部や規模の大きな駅周辺等は混みやすい

本当の速度を把握するため、あえて回線が混みやすい環境で測定しました。

測定結果は、上記3つの時間帯のスコアを合計し、グラフ化しました。

格安SIM25社の速度ランキング

速度計測のスコアの高かった格安SIM

それでは、続いて格安SIM選びの2つ目のポイントである「月額料金」を見ていきましょう。

月額料金がお得なものを選ぶ

次に各社の格安SIMの月額料金を比較していきます。

全格安SIM事業者25社の全47プランを「音声付きSIM」と「データ専用SIM」で徹底調査しました。

音声付きSIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

格安SIM 回線 データ容量
100MB 200MB 500MB 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 8GB 9GB 10GB 11GB 12GB 13GB 14GB 15GB 16GB 17GB 18GB 19GB 20GB 25GB 30GB 40GB 50GB 無制限
ahamo ドコモ 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970
OCNモバイルONE ドコモ 550 550 550 770 990 990 1,320 1,320 1,320 1,760 1,760 1,760 1,760
mineo ドコモ 1,298 1,298 1,298 1,298 1,518 1,518 1,518 1,518 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178
mineo_お試し ドコモ 1,100 1,100
BIGLOBE モバイル ドコモ 1,078 1,078 1,078 1,078 1,320 1,320 1,870 1,870 1,870
IIJmio ドコモ 858 858 858 858 858 1,078 1,078 1,518 1,518 1,518 1,518 1,848 1,848 1,848 1,848 1,848 1,848 1,848 2,068 2,068 2,068 2,068 2,068
日本通信SIM_合理的20GBプラン ドコモ 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178
日本通信SIM_合理的かけほプラン ドコモ 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728
日本通信SIM_みんなのプラン ドコモ 1,390 1,390 1,390 1,390 1,390 1,390 1,390 1,390 1,390
b-mobile ドコモ 1,089 1,089 1,089 1,089 1,309 1,529 1,749 1,969 2,189 2,409 2,629 2,849 3,069 3,289 3,509 3,729 3,949 4,169 4,389 4,609 4,829 5,049 5,269
y.u mobile ドコモ 1,070 1,070 1,070 1,070 1,070 1,070 1,070 1,070 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 4,170 4,170 4,170 4,170 4,170 4,170 4,170 4,170 4,170 4,170
エキサイトモバイル_Fitプラン ドコモ 880 880 880 880 880 880 1,430 1,430 1,430 1,430 1,980 1,980 1,980 1,980 1,980 2,750 2,750 2,750 2,750 2,750 3,245 3,245 3,245 3,245
エキサイトモバイル_Flatプラン ドコモ 1,210 1,210 1,210 1,210 1,210 1,210 1,650 1,650 1,650 1,650 1,650 1,650 1,650 1,650 1,650 2,068 2,068 2,068 2,068 2,068 2,068 2,068 2,068 4,400 4,400 7,700 11,198
イオンモバイル ドコモ 803 803 803 858 968 1,078 1,188 1,298 1,408 1,518 1,628 1,738 1,848 1,958 1,958 2,068 2,068 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 4,158 4,158 5,258 6,358
DTI SIM ドコモ 1,320 1,320 1,320 1,320 1,639 1,639 2,112 2,112 3,080 3,080 3,080 3,080 3,080
NifMo ドコモ 1,760 1,760 1,760 1,760 1,760 1,760 2,530 2,530 2,530 2,530 3,850 3,850 3,850 3,850 3,850 3,850 4,730 4,730 4,730 4,730 4,730 4,730 4,730 4,730 4,730 6,050 6,050
QTモバイル ドコモ 1,100 1,100 1,100 1,100 1,100 1,540 1,760 1,760 1,760 1,980 1,980 1,980 1,980 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 3,300 3,300
nuro mobile ドコモ 792 792 792 792 792 792 990 990 1,485 1,485 1,485 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699
スマモバ ドコモ 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,838 2,838 2,838 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828
ロケットモバイル ドコモ 765 765 765 765 850 985 1,430 1,430 1,980 1,980 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400 4,400
HISモバイル_格安弐拾プラン ドコモ 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178
HISモバイル_格安かけ放題プラン ドコモ 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728
HISモバイル_格安ステップ ドコモ 590 590 590 590 790 790 1,190 1,190 1,490 1,490 1,790 1,790 1,790
LIBMO ドコモ 1,078 1,078 1,078 1,078 1,518 1,518 1,518 1,518 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 1,991 2,728 2,728
povo au 330 330 330 330 990 990 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700 2,700
mineo au 1,298 1,298 1,298 1,298 1,518 1,518 1,518 1,518 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178
mineo_お試し au 1,100 1,100
BIGLOBE モバイル au 1,078 1,078 1,078 1,078 1,320 1,320 1,870 1,870 1,870
IIJmio au 858 858 858 858 1,078 1,078 1,078 1,518 1,518 1,518 1,518 1,848 1,848 1,848 1,848 1,848 1,848 1,848 1,848 2,275 2,275 2,275 2,275
UQmobile au 1,628 1,628 1,628 1,628 1,628 1,628 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828
イオンモバイル au 803 803 803 858 968 1,078 1,188 1,298 1,408 1,518 1,628 1,738 1,848 1,958 1,958 2,068 2,068 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 4,158 4,158 5,258 6,358
QTモバイル au 1,100 1,100 1,100 1,100 1,100 1,540 1,760 1,760 1,760 1,980 1,980 1,980 1,980 2,270 2,270 2,270 2,270 2,270 2,270 2,270 2,270 2,270 2,270 3,300 3,300
nuro mobile au 792 792 792 792 792 792 990 990 1,485 1,485 1,485 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699
ロケットモバイル au 1,375 1,375 1,375 1,375 1,540 1,540 1,980 1,980 2,640 2,640 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038 5,038
J:COMモバイル au 1,078 1,078 1,078 1,078 1,628 1,628 1,628 1,628 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728
LINEMO_スマホプラン ソフトバンク 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728  ―  ―  ―  ―  ―
LINEMO_ミニプラン ソフトバンク 990 990 990 990 990 990  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
Y!mobile ソフトバンク 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 4,158 4,158 4,158 4,158 4,158 4,158  ―  ―  ―  ―
mineo ソフトバンク 1,298 1,298 1,298 1,298 1,518 1,518 1,518 1,518 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 2,396 2,396 2,396 2,396 2,396 2,396 2,396 2,396 2,396 2,396  ―  ―  ―  ―  ―
mineo_お試し ソフトバンク 1,100 1,100  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
b-mobile ソフトバンク 1,089 1,089 1,089 1,089 1,309 1,529 1,749 1,969 2,189 2,409 2,629 2,849 3,069 3,289 3,509 3,729 3,949 4,169 4,389 4,609 4,829 5,049 5,269  ―  ―  ―  ―  ―
QTモバイル ソフトバンク 1,100 1,100 1,100 1,100 1,100 1,540 1,760 1,760 1,760 1,980 1,980 1,980 1,980 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200 3,300 3,300  ―  ―  ―
nuro mobile ソフトバンク 792 792 792 792 792 792 990 990 1,485 1,485 1,485 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699 2,699  ―  ―  ―  ―  ―
ロケットモバイル ソフトバンク 1,738 1,738 1,738 1,738 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467 5,467  ―  ―  ―  ―  ―
HISモバイル_ビタッ!プラン ソフトバンク 1,078 1,562 1,562 1,562 1,562 2,112 2,112 2,112 3,102 3,102 3,102 3,102 3,102 4,092 4,092 4,092 4,092 4,092 6,567 6,567 6,567 6,567 6,567 6,567 6,567  ―  ―  ―
楽天モバイル 楽天 0 0 0 0 1,078 1,078 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278

データ専用SIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

なお、楽天モバイルやY!mobileなどデータ専用SIMの扱いが無いサービスは、掲載していません。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

格安SIM 回線 データ容量
100MB 200MB 500MB 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 8GB 9GB 10GB 11GB 12GB 13GB 14GB 15GB 16GB 17GB 18GB 19GB 20GB 25GB 30GB 40GB 50GB 無制限
OCNモバイルONE ドコモ 858 858 858 858 858 858 1,188 1,188 1,188 1,628 1,628 1,628 1,628
mineo ドコモ 880 880 880 880 1,265 1,265 1,265 1265 1,705 1,705 1,705 1,705 1,705 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925
BIGLOBE モバイル ドコモ 990 990 990 990 990 990 1,595 1,595 1,595 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970 4,950 4,950 4,950 4,950 4,950 4,950 4,950 4,950 7,425 7,425
IIJmio ドコモ 748 748 748 748 748 968 968 1,408 1,408 1,408 1,408 1,738 1,738 1,738 1,738 1,738 1,738 1,738 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958
b-mobile ドコモ 209 528 528 528 935 935 1,595 1,595 1,595 2,409 2,409 2,409 2,409 3,608 3,608 3,608 3,608 3,608
y.u mobile ドコモ 800 800 800 800 800 800 800 800 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950 3,950
エキサイトモバイル_最適料金プラン ドコモ 693 693 693 726 847 968 1,265 1,595 1,760 2,090 2,332 2,420 2,618
エキサイトモバイル_定額プラン ドコモ 737 737 737 737 847 990 1,287 2,475 2,475 2,475 2,475 2,475 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 6,578 6,578 8,778 11,198
エキサイトモバイル_Fitプラン ドコモ 770 770 770 770 770 770 1,320 1,320 1,320 1,320 1,870 1,870 1,870 1,870 1,870 2,640 2,640 2,640 2,640 2,640 3,135 3,135 3,135 3,135
エキサイトモバイル_Flatプラン ドコモ 1,100 1,100 1,100 1,100 1,100 1,100 1,540 1,540 1,540 1,540 1,540 1,540 1,540 1,540 1,540 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 2,860 4,290 7,590 11,088
イオンモバイル ドコモ 528 528 528 528 748 858 968 1,078 1,188 1,298 1,408 1,518 1,628 1,738 1,738 1,848 1,848 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 3,938 3,938 5,038 6,138
DTI SIM ドコモ 660 660 660 660 924 924 1,342 1,342 2,310 2,310 2,310 2,310 2,310                      
NifMo ドコモ 990 990 990 990 990 990 1,760 1,760 1,760 1,760 3,080 3,080 3,080 3,080 3,080 3,080 3,960 3,960 3,960 3,960 3,960 3,960 3,960 3,960 3,960 5,280 5,280
QTモバイル ドコモ 770 770 770 770 770 990 1,430 1,430 1,430 1,650 1,650 1,650 1,650 1,870 1,870 1,870 1,870 1,870 1,870 1,870 1,870 1,870 1,870 2,970 2,970
nuro mobile ドコモ 330 330 627 627 627 627 825 825 1,320 1,320 1,320 1,320 1,320                    
ロケットモバイル ドコモ 649 649 649 649 759 924 1,320 1,320 2,035 2,035 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345
HISモバイル_ビタッ!プラン ドコモ 198 770 770 770 770 1,320 1,320 1,320 2,310 2,310 2,310 2,310 2,310 3,300 3,300 3,300 3,300 3,300 5,775 5,775 5,775 5,775 5,775 5,775 5,775
LIBMO ドコモ 968 968 968 968 968 968 1,628 1,628 1,628 2,508 2,508 2,508 2,508 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 4,378 6,138 6,138
mineo au 880 880 880 880 1,265 1,265 1,265 1265 1,705 1,705 1,705 1,705 1,705 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925    
BIGLOBE モバイル au 1,122 1,122 1,122 1,122 1,122 1,122 1,727 1,727 1,727 3,102 3,102 3,102 3,102 3,102 3,102 5,082 5,082 5,082 5,082 5,082 5,082 5,082 5,082 7,557 7,557
IIJmio au 748 748 748 748 968 968 968 1,408 1,408 1,408 1,408 1,738 1,738 1,738 1,738 1,738 1,738 1,738 1,738 1,958 1,958 1,958 1,958
イオンモバイル au 528 528 528 528 748 858 968 1,078 1,188 1,298 1,408 1,518 1,628 1,738 1,738 1,848 1,848 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 1,958 3,938 3,938 5,038 6,138
QTモバイル au 880 880 880 880 990 990 1,705 1,705 1,705 2,805 2,805 2,805 2,805 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 6,820 6,820
nuro mobile au 627 627 627 627 627 627 825 825 1,320 1,320 1,320 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828 3,828
ロケットモバイル au 649 649 649 649 924 924 1,320 1,320 1,947 1,947 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345 4,345
mineo ソフトバンク 880 880 880 880 1,265 1,265 1,265 1,265 1,705 1,705 1,705 1,705 1,705 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925 1,925
b-mobile ソフトバンク 209 528 528 528 935 935 1,595 1,595 1,595 2,409 2,409 2,409 2,409 3,608 3,608 3,608 3,608 3,608
QTモバイル ソフトバンク 880 880 880 880 990 990 1,705 1,705 1,705 2,805 2,805 2,805 2,805 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 6,820 6,820
nuro mobile ソフトバンク 330 330 627 627 627 627 825 825 1,320 1,320 1,320
ロケットモバイル ソフトバンク 869 869 869 869 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510 4,510
HISモバイル_ビタッ!プラン ソフトバンク 198 770 770 770 770 1,320 1,320 1,320 2,310 2,310 2,310 2,310 2,310 3,300 3,300 3,300 3,300 3,300 5,775 5,775 5,775 5,775 5,775 5,775 5,775

8.全25社を徹底比較!格安SIMおすすめランキング

実質速度と月額料金のどちらを優先して選べばいいか迷わないように、この章では、速度と料金を点数化した合計値でランキングを付けました。

なお、音声付きSIMとデータ専用SIMはデータ容量ごとに利用者のニーズが異なるため、以下のように分けてそれぞれでランキングを掲載します。

<音声付き格安SIMランキング>

<データ専用格安SIMランキング>

<実質速度の点数計算方法>

  • 速度計測アプリで計測したスコアを全格安SIMで比較
  • 実質速度が速い格安SIMを最大10点を上限に点数化(標準偏差を活用)

<月額料金の点数計算方法>

  • 使いたいデータ容量別に月額料金を全格安SIMで比較
  • 無料通話があるプランは、平均的な無料通話オプション額880円相当として計算
  • 月額料金が安い格安SIMを最大10点を上限に点数化(標準偏差を活用)

実質速度と月額料金の点数を合計し、20点(合計最大値)に近い格安SIMでランキングをつけました。

なお、「とにかくおすすめの格安SIMを教えてほしい!」といった場合は、下記のフローチャートに沿って申し込みましょう。

格安SIMフローチャート

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM 公式ページ
ahamo https://www.ahamo.com/
楽天モバイル https://network.mobile.rakuten.co.jp/
nuroモバイル https://mobile.nuro.jp/
イオンモバイル https://aeonmobile.jp/

それでは、ランキングを詳しく見ていきましょう。

5GB以下(小容量)の音声付き格安SIMランキング

ランキング1位は「楽天モバイル」です。

1GBまで0円で使える点と、専用アプリで通話料が無料になる点でランキング1位となりました。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 格安SIM 総合ポイント 速度
(下り/上りの平均速度)
価格※1
(5GB以下の平均価格)
1位 楽天モバイル楽天モバイル 18.5点 8.6点
(19Mbps/6Mbps)
9.9点
(1,302円)
2位 LINEMO_ミニプラン 18.4点 9.8点
(46Mbps/6Mbps)
8.6点
(990円)
3位 povopovo 17.6点 9.8点
(51Mbps/6Mbps)
7.8点
(1,674円)
4位 y.u mobile 17.4点 8.7点
(19Mbps/2Mbps)
8.7点
(1,070円)
5位 日本通信SIM_みんなのプラン 16.8点 7.2点
(6Mbps/3Mbps)
9.6点
(1,390円)
6位 ahamo 16.6点 9.6点
(26Mbps/4Mbps)
7点
(2,970円)
7位 HISモバイル_格安ステップ 16.21点 7.1点
(6Mbps/3Mbps)
9点
(910円)
8位 ロケットモバイル 15.9点 7.2点
(8Mbps/4Mbps)
8.7点
(1,092円)
9位 OCNモバイルONE 15.7点 7点
(6Mbps/1Mbps)
8.7点
(1,078円)
10位 LINEMO_スマホプラン 15.7点 9.8点
(46Mbps/6Mbps)
5.9点
(2,728円)

なお、上位の格安SIMについては、下記のリンクをクリックするとサービスの詳細を確認することができます。

公式サイトで確認するのが面倒な場合は、サービス詳細をまとめているので参考にしてください。


※注1 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

6GB以上10GB未満(中容量)の音声付き格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「ahamo」となりました。

速度の速さと5分/1回の無料通話が月額に含まれていることが大きな理由です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 格安SIM 総合ポイント 速度
(下り/上りの平均速度)
価格※1
(6~10GBの平均価格)
1位 ahamoahamo 17.9点 9.6点
(26Mbps/4Mbps)
8.3点
(2,970円)
2位 楽天モバイル 17.9点 8.6点
(19Mbps/6Mbps)
9.3点
(2,178円)
3位 日本通信SIM日本通信SIM_みんなのプラン 17.4点 7.2点
(6Mbps/3Mbps)
10.2点
(1,390円)
4位 povo 17.3点 9.8点
(51Mbps/6Mbps)
7.5点
(2,700円)
5位 LINEMO_スマホプラン 17.2点 9.8点
(46Mbps/6Mbps)
7.4点
(2,728円)
6位 日本通信SIM_合理的20GBプラン 16.5点 7.2点
(6Mbps/3Mbps)
9.3点
(2,178円)
7位 HISモバイル_格安弐拾プラン 16.4点 7.1点
(6Mbps/3Mbps)
9.3点
(2,178円)
8位 HISモバイル_格安ステップ 15.9点 7.1点
(6Mbps/3Mbps)
8.8点
(1,670円)
9位 y.u mobile 15.8点 8.7点
(19Mbps/2Mbps)
7.1点
(2,970円)
10位 OCNモバイルONE 15.8点 7点
(6Mbps/1Mbps)
8.8点
(1,672円)

なお、上位の格安SIMについては、下記のリンクをクリックするとサービスの詳細を確認することができます。

公式サイトで確認するのが面倒な場合は、サービス詳細をまとめているので参考にしてください。


※注1 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

10GB以上(大容量)の音声付き格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「ahamo」です。

上位に大手3社の格安プランが並びましたが、月額料金にかけ放題料金が含まれている点でahamoが一歩リードしました。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

順位 格安SIM 総合ポイント 速度
(下り/上りの平均速度)
価格※1
(10GB以上の平均価格)
1位 ahamoahamo 18.2点 9.6点
(26Mbps/4Mbps)
8.6点
(2,970円)
2位 LINEMO_スマホプラン 17.9点 9.8点
(46Mbps/6Mbps)
8.1点
(2,728円)
3位 povopovo 17.9点 9.8点
(51Mbps/6Mbps)
8.1点
(2,700円)
4位 楽天モバイル 17.9点 8.6点
(19Mbps/6Mbps)
9.3点
(2,492円)
5位 日本通信SIM_合理的20GBプラン 16.5点 7.2点
(6Mbps/3Mbps)
9.3点
(2,178円)
6位 HISモバイル_格安弐拾プラン 16.4点 7.1点
(6Mbps/3Mbps)
9.3点
(2,178円)
7位 Y!mobile 16点 8.7点
(31Mbps/7Mbps)
7.3点
(3,758円)
8位 UQ mobile 15.6点 7.9点
(11Mbps/8Mbps)
7.7点
(3,328円)
9位 J:COMモバイル 15.5点 7.4点
(6Mbps/8Mbps)
8.1点
(2,728円)
10位 IIJmio 15.5点 6.8点
(2Mbps/3Mbps)
8.7点
(1,958円)

なお、上位の格安SIMについては、下記のリンクをクリックするとサービスの詳細を確認することができます。

公式サイトで確認するのが面倒な場合は、サービス詳細をまとめているので参考にしてください。


※注1 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

6GB以下のデータ専用格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「NUROモバイル」となりました。

通信速度も問題なく、3GBで月額627円で利用できることが大きな理由です。

※下記で示した価格は、機種代金が別途必要です。
-スマホの方はスクロールできます-

順位 格安SIM 総合ポイント 速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(6GB以下の平均価格)
1位 nuroモバイルNUROモバイル
17.3点 8.6点
(6Mbps/7Mbps)
8.7点
(809円)
2位 イオンモバイル 16.4点 8.4点
(5Mbps/4Mbps)
8点
(895円)
3位 OCN モバイル ONE 15.7点 8.8点
(12Mbps/3Mbps)
6.9点
(1,023円)
4位 エキサイトモバイル(FITプラン) 15.6点 8.4点
(3Mbps/4Mbps)
7.2点
(1,045円)
5位 IIJmio 15.4点 8.4点
(4Mbps/4Mbps)
7点
(1,041円)
6位 ロケットモバイル 15.4点 8.6点
(8Mbps/8Mbps)
6.8点
(1,168円)
7位 b-mobile 15点 8.5点
(6Mbps/3Mbps)
6.5点
(1,197円)
8位 DTI SIM 15点 8.8点
(9Mbps/8Mbps)
6.2点
(1,250円)
9位 QTモバイル 14.8点 8.2点
(2Mbps/6Mbps)
6.6点
(1,137円)
10位 エキサイトモバイル(最適料金プラン) 14.7点 8.4点
(3Mbps/4Mbps)
6.3点
(1,194円)

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

7GB以上のデータ専用格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「イオンモバイル」となりました。

2021年3月に新料金が発表され、業界内でも最安クラスとなっています。

※下記で示した価格は、機種代金が別途必要です。
-スマホの方はスクロールできます-

順位 格安SIM 総合ポイント 速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(7GB以上の平均価格)
1位 イオンモバイル
16.6点 8.4点
(5Mbps/4Mbps)
8.2点
(1,769円)
2位 IIJmio 16.6点 8.4点
(4Mbps/4Mbps)
8.2点
(1,769円)
3位 mineo 16.5点 8.6点
(3Mbps/6Mbps)
7.9点
(1,862円)
4位 OCN モバイル ONE 16.5点 8.8点
(12Mbps/3Mbps)
7.7点
(1,628円)
5位 エキサイトモバイル(Flatプラン) 16.5点 8.4点
(3Mbps/4Mbps)
8.1点
(1,779円)
6位 QTモバイル 16.3点 8.2点
(2Mbps/6Mbps)
8.1点
(1,807円)
7位 エキサイトモバイル(FITプラン) 15.5点 8.4点
(3Mbps/4Mbps)
7.1点
(2,377円)
8位 DTI SIM 14.7点 8.8点
(9Mbps/8Mbps)
5.9点
(2,310円)
9位 HISモバイル
(ビタッ!プラン)
14.3点 8.6点
(7Mbps/6Mbps)
5.7点
(2,860円)
10位 エキサイトモバイル(最適料金プラン) 14.2点 8.4点
(3Mbps/4Mbps)
5.8点
(2,365円)
 

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

ここからは、下記の各社の格安SIMサービスについて詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう。

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは、第4の大手として自社回線を提供しているキャリアです。

料金プランは、使ったデータ容量に応じて月額が0円~3,278円に変化する段階制の「Rakuten UN-LIMIT VI」一つのみとなります。

楽天モバイルの料金システム出典:楽天モバイル

上記のとおり、1GBまでは月額0円、20GB以上はどれだけデータ容量を使っても月額3,278円です。

ただし、楽天モバイルでは、自社回線の他にauから設備を借りている「パートナー回線」があり、「パートナー回線エリア」内はデータ容量を無制限に利用できないので注意しましょう。

「パートナー回線エリア」では、使えるデータ容量と、データ容量を使い切ったあとの通信速度に制限があります。

回線エリア データ容量 データ容量超過後の速度
楽天回線エリア 無制限
パートナー回線エリア 5GB/月 最大 1Mbps

また、専用アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話が無料でかけ放題となるため、通話をたくさん利用する場合にもおすすめです。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルの特徴を以下にまとめました。

プラン概要 毎月使ったデータ量に応じて支払う料金が自動的に変わる料金プラン
月額料金 0円(0GB~1GB)
1,078円(1GB~3GB)
2,178円(3GB~20GB)
3,278円(20GB超過後)
初期費用 0円
契約解除料 0円
MNP転出手数料
0円
データ容量 無制限
データ追加 550円/1GB
国内通話 かけ放題(Rakuten Linkアプリ利用)
SMS
キャリアメール 提供時期未定
通信エリア 楽天回線エリア、パートナー回線(au回線)エリア
超過後の速度 無制限(楽天回線エリア外では最大1Mbps)
回線種類 4G、5G(一部エリアのみ)
その他 ・月々の支払100円につき楽天ポイント1ポイント付与

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

最大25,000円相当分のポイント還元キャンペーン

スマホ激トク乗り換え!Android製品が最大25,000円相当分おトク!出典:楽天モバイル

「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込む際に対象のAndroidを購入すると、楽天ポイントが最大25,000ポイント還元されるキャンペーンです。

キャンペーン対象となる端末は以下のとおりです。

  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten Hand
  • Rakuten BIGs
  • AQUOS wish
  • AQUOS sense6
  • AQUOS zero6
  • OPPO A55s 5G
  • OPPO Reno5 A
  • Xperia 10 III Lite

<申し込み条件>

  1. 「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規・他社からの乗り換え(MNP)で申し込み
  2. 「Rakuten UN-LIMIT VI」申し込み時に対象のAndroidを購入
  3. 製品到着後、または店頭で購入した日の翌月末日23:59までに「Rakuten Link」にて10秒以上の通話

<キャンペーン期間>

  • 2022年3月23日(水) ~6月30日(木)

<ポイント付与日>

「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン利用開始および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

iPhone超トクのりかえキャンペーン

 iPhone超トクのりかえキャンペーン出典:楽天モバイル

「iPhone超トクのりかえキャンペーン」は、手持ちのiPhoneのまま「Rakuten UN-LIMIT VI」に乗り換えると、楽天ポイントが最大20,000ポイントもらえるキャンペーンです。

  • Rakuten UN-LIMIT VI初めての申し込み:5,000ポイント
  • 手持ちのiPhoneで乗り換え:15,000ポイント

上記を合計すると20,000ポイントになります。

<申し込み条件>

  1. 「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規申し込み、もしくは他社・旧プランからの乗り換え(MNP)で申し込み
  2. 翌月末日23:59までに「Rakuten UN-LIMIT VI」の利用を開始する
  3. 翌月末日23:59までに「Rakuten Link」を利用

<キャンペーン期間>

2021年6月18日(金) 9:00~2022年6月30日(木) 

<ポイント付与日>

「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン利用開始および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

ahamo(アハモ)

ahamo出典:ahamo

ahamo(アハモ)」は、20GBのデータ通信量を月2,970円で使えるドコモの格安プランです。

「ahamo」の概要は以下のとおりになります。

データ通信量 20GB(大盛りオプション追加時100GB)
高速データ容量
超過後の通信速度
送受信時最大1Mbps
月額料金 2,970円(大盛りオプション追加時4,950円)
各種割引 ファミリー割が申し込み可能
※申し込み本人は割引適用外
申し込み方法 オンライン
店舗サポートあり:3,300円
サポート体制 オンライン(チャットのみ)
店舗サポートあり:3,300円
追加データ量
1GBあたりの料金
1GB:550円
通話オプション ・5分かけ放題:無料
・無制限かけ放題:1,100円/月
通話料 22円/ 30秒
支払い方法 クレジットカード、口座振替
契約できる年齢 20歳以上
留守番サービス
メールアドレス
SMS
海外ローミング
eSIM
テザリング
5G
その他

ahamo大盛りオプション
80GB:1,980円

上記から「ahamo」の際立った特徴をあげると、以下の3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額2,970円で20GBのデータ容量が利用可能

「ahamo」は、月額2,970円で20GBのデータが利用できる料金プランです。

従来のdocomoでは、データ通信量に制限のない「ギガホ」プランと、7GBまでの「ギガライト」プランと、使用できるデータ容量が両極端でした。

今まで「7GBでは足りないけど、無制限までデータを使うことはないな」と思っていた場合には、乗り換えるとデータ容量や料金支払いの無駄をなくせます。

-スマホの方は横にスクロールできます―

 プラン データ容量 月額利用料 5分通話オプション
ahamo(アハモ) 20GBまで 2,970円※注1 0円 ※プラン内に組み込み
ギガホ 無制限 7,678円 770円/月
ギガライト 7GBまで 4,378円 770円/月

20GBでできることの目安は、以下のとおりです。

20GBでできること

  • ネット閲覧、Yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

なお、20GBを超えると送受信時最大1Mbpsになりますが、この速度はYouTubeが標準画質で視聴できるレベルなのであまり心配はないでしょう。

データ通信容量を利用したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

月額1,980円で80GBのデータ容量が追加可能

オプション画像出典:ahamo

ahamoには、月額1,980円で80GBのデータ通信量を追加できるahamo大盛りオプションがあります。

オプション追加後には、100GBを月額4,950円で利用できるので、かなりお得です。

5分以内の通話がかけ放題

ahamo(アハモ)では、1回あたり5分以内の通話が使い放題です。

かけ放題料金がプラン月額に組み込まれているため、オプション料金を別途支払う必要がありません。

ただし、5分を超過すると22円/30秒の通話料が発生するので、通話時間が長くなる場合は注意が必要です。

海外82か国のローミングに追加料金は不要

従来のドコモプランでは、ローミング費用として最低でも1日あたり980円(税込1,078円)かかっていましたが、ahamoでは月間データ容量(20GB)の範囲内であればパケット通信も追加料金なしで利用できます※注1

なお、利用可能地域は以下の82の国・地域です。

出典:docomo

また、ローミング利用時は、海外用格安SIMや海外ポケットWi-Fiの手配も不要です。


※注1 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は、速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。

公式サイト

ahamo公式サイト
https://ahamo.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

povo(ポヴォ)

povo2.0出典:povo

2021年11月下旬から新プラン「povo 2.0」が提供されたpovoについて解説します。

「povo 2.0」開始にともない、従来のプランは「povo 1.0」に名称を変更しました。

なお、povoユーザーは「povo 1.0」も引き続き利用が可能です。

※「povo 2.0」の提供開始とともに「povo 1.0」の新規受付は終了しました。

まずは、旧プラン「povo 1.0」と新プラン「povo 2.0」の違いから確認していきましょう。
※異なる点のみ赤字で記しています

  povo 2.0(新プラン) povo(旧プラン)
プラン概要 0GBの「ベースプラン」に使いたいデータ容量やオプションを必要に応じて追加購入できるプラン 月20GBのデータ容量にデータやオプションを必要に応じて追加購入できるプラン
月額基本料 0円 2,728円
データ容量 0GB 20GB
データ量超過後の通信速度 最大128kbps 最大1Mbps
国内通話料金 22円/30秒 22円/30秒
データ追加料 1GB 390円/7日間 550円/31日間
3GB 990円/30日間
20GB 2,700円/30日間
60GB 6,490円/90日間
150GB 12,980円/180日間
データ使い放題 220円/24時間 330円/24時間
回線種類
4G LTE / 5G 4G LTE / 5G
SMS送信料 1通あたり3.3円/70文字まで 1通あたり3.3円/70文字まで
契約可能な年齢 20歳以上 13歳以上
対面サポート
× ×
故障紛失サポート ×
海外ローミング × ×
5G  ○  ○
eSIM  ○  ○
テザリング  ○  ○
LINE年齢認証 非対応 対応
フィルタリング  ○  ○
キャリアメール × ×
プラスメッセージ
留守番電話 × ×
着信転送 ×
国際通話・国際SMS
緊急速報メール
災害用音声お届けサービス
法人契約 × ×
キャリア決済
auから移行時のSIMカード変更 必要 不要
ピクト表示 一部端末では「povo」と表示
(その他の端末では「au」と表示)
「au」と表示される
キャンペーン
あり なし
その他 「#ギガ活」
かえトクプログラム かえトクプログラム
アップグレードプログラムNX アップグレードプログラムNX
アップグレードプログラムDX アップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムEX アップグレードプログラムEX
アップグレードプログラム アップグレードプログラム

比較の結果、「povo 2.0」には新たな特徴が3つありました。

  1. 月額基本料0円
  2. 自由自在にオプション追加ができる
  3. 「#ギガ活」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額基本料0円

povo2.0基本料0円出典:povo

「povo 2.0」の月額基本料は0円です。

基本料のみで使えるデータ容量は0GBとなります。

基本料0円で0GBの初期段階を「ベースプラン」とし、必要に応じてデータ容量やかけ放題などのオプションを「トッピング」として追加購入していく仕組みになっています。

「トッピング」の組み合わせ方、追加購入するタイミングは自由ですが、180日間「トッピング」をまったく追加しないと契約解除、回線の利用停止などペナルティを受けるおそれがあるので注意しましょう。

自由自在にオプション追加ができる

povo2.0全トッピング出典:povo

povoでは、必要に応じてデータ容量やかけ放題などのオプションを「トッピング」として追加購入できます。

「povo 2.0」で追加購入できる「トッピング」は全部で10種類あります。

10種類を用途ごとに分けると、以下のとおりです。

  1. 1GB~150GBまで選べるデータトッピング
  2. コンテンツトッピング
  3. 通話トッピング

詳しく見ていきましょう。

1GB~150GBまで選べるデータトッピング

povoデータトッピング一覧出典:KDDI

「povo 2.0」では「ベースプラン」にデータ容量が付いていないため、自分で使いたいデータ容量をトッピングする必要があります。

データトッピングは以下の6種類から選べます。

  1. データ1GB:390円/7日
  2. データ3GB:990円/30日
  3. データ20GB:2,700円/30日
  4. データ60GB:6,490円/90日
  5. データ150GB:12,980円/180日
  6. データ使い放題:330円/24h

上記のとおり、データの容量ごとに有効期限が異なっています。

そのため、週ごとに1GBを、月ごとに20GBをトッピングするなど、自分のライフスタイルに合わせた使い方が可能です。

短期間に買い足すのが面倒な場合や、よりお得に利用したい場合は、150GBトッピングをおすすめします。

なぜなら、150GBトッピングを月額に換算すると、1カ月あたり2,163円で25GB使えることになり、20GBを30日ごとに買い足すより断然お得だからです。

「povo 2.0」ではauと同じ回線を使用するため、データトッピング時の通信速度はauエリアの4G LTE / 5Gに準じた速度になります。

コンテンツトッピング

povoコンテンツトッピング出典:povo

「povo 2.0」では、映像や音楽などのエンタメコンテンツを楽しめるサービスを追加できる「コンテンツトッピング」も利用可能です。

「コンテンツトッピング」は以下の2つが用意されています。

コンテンツトッピング 料金 コンテンツ内容
DAZN使い放題パック 760円/7日 スポーツのライブ中継が見放題
smash.使い放題パック 220円/24時間 音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの映像作品

上記2つは、次のように活用すると便利です。

  • どうしても見たいスポーツ中継があるときだけ「DAZN」をトッピング
  • 休日に「smash.」をトッピングしてエンタメコンテンツを楽しむ

なお、通常月額は「DAZN」が1,925円、「smash.」が550円となります。

通話トッピング

povoかけ放題トッピング出典:povo

「povo 2.0」では、かけ放題が使える「通話トッピング」の追加も可能です。

「通話トッピング」は「povo 1.0」から変更点がなく、以下の2つを引き続き利用できます。

  • 5分以内通話かけ放題:550円/1ヶ月間
  • 完全かけ放題:1,650円/1ヶ月間

ただ、「povo 2.0」は月額基本料が0円なので、「完全かけ放題」だけトッピングすれば、支払う料金は1カ月あたり1,650円だけになります。

基本料金と合わせて月2,000円以下で高品質なかけ放題が無制限で使えるサービスを提供しているキャリアは他にはありません。

このように、かけ放題が業界最安値で利用できるため、「povo 2.0」は通話のみ使いたいユーザーにもっともおすすめです。

「#ギガ活」

povoギガ活出典:povo

「povo 2.0」では、対象のお店やサービスを利用するとギガ (データ) が貯まる「#ギガ活」が開始されます。

「#ギガ活」でギガを貯める方法は以下の3通りです。

  1. ギガを「もらう」
  2. ギガを「さがす」
  3. ギガが「あたる」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ギガを「もらう」

「povo 2.0」提供開始後に案内されるキャンペーンページでエントリーをしてから対象の店舗やサービスで一定額以上の支払いをすると、エントリー時に登録したメールアドレスにギガがもらえるプロモコードが届きます。

プロモコードを「povo 2.0アプリ」に入力すればギガを「もらう」ことが可能です。

ただし、店舗の利用では支払方法が「au PAY決済」に限定される場合もあるので注意しましょう。

対象店舗・サービスは以下のとおりです。

店舗・サービス名 条件 もらえるギガ数/有効期限
ローソン au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ドトールコーヒー au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
すき家 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
丸亀製麺 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ウエルシア au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
はま寿司 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ビッグエコー au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
コナズ珈琲 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
menu au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
カインズ au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
ベイシア au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
ヒマラヤ au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
銀座deフットサル 500円以上の支払い 300MB/3日間
三島スカイウォーク 500円以上の支払い 300MB/3日間
Brooklyn Roasting Company 500円以上の支払い 300MB/3日間
BANANA STAND 500円以上の支払い 300MB/3日間
夢を語れ 札幌 900円以上の支払い 300MB/3日間
サロモン 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
Plywood 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
Reebok 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
ザファーム 7,000円以上の支払い 3GB/30日間
ギガを「さがす」

街中やバーチャル空間でギガを「さがす」とギガが貯まるサービスの提供が開始します。

なお、「さがす」イベントは随時更新されます。

ゲーム感覚で楽しめる「FIND povo」も開始!

FIND povo出典:KDDI

「#ギガ活」の一環として、街中でpovoのブランドカラーである「黄色いアイテム」を探すとギガが貯まる「FIND povo」が実施される予定です。

開始時期は未定ですが、開催が決まり次第詳細が「#ギガ活」のページで明らかにされます。

ギガが「あたる」

店舗やオンラインサービスなどと連携すると、抽選でギガが「あたる」サービスが開始します。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

LINEMO(ラインモ)

LINEMO画像出典:LINEMO

LINEMO(ラインモ)」は、ソフトバンクが提供する格安プランです。

現在、LINEMOには2つの料金プランがあります。

  1. スマホプラン
  2. ミニプラン

上記の料金プランの主な特徴は以下のとおりです。

  1. 月額料金が圧倒的に安い
  2. データ容量が3GBと20GBから選べる
  3. LINEギガフリー
  4. LINEクリエイターズスタンプが無料
  5. eSIM対応
  6. 国内通話が定額で利用できる
  7. 国際ローミングが無料

それでは詳しく見ていきましょう。

月額料金が圧倒的に安い

料金プランはそれぞれ下記のようになっています。

  • スマホプラン:2,728円
  • ミニプラン:990円

「携帯料金を安くする」といえば格安SIMや「Y!mobile」や「UQモバイル」などのサブブランド系のキャリア回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、それらと比べても安く、大手キャリアのソフトバンクからこのプランが出たことは驚きです。

サービス
実質月額料金
LINEMO(スマホプラン)
(20GB)
2,728円
LINEMO(ミニプラン)
(3GB)
990円
UQモバイル くりこしプランL
(25GB)
3,828円
Y!mobile シンプルL
(20GB)
4,158円

データ容量が3GBと20GBから選べる

LINEMOの月額料金出典:LINEMO

従来のソフトバンクでは、データ通信量が50GBの「メリハリプラン」と、データを使った分だけ支払う「ミニフィットプラン」と、使用できるデータ容量が両極端でした。

それに対し、LINEMOで使えるデータ容量は下記の2つです。

  • スマホプラン:20GB
  • ミニプラン:3GB

今まで「50GBほどなくても良いな」と思っていた場合には、無駄がないプランと言えます。

-スマホの方は横にスクロールできます-

 プラン データ容量 月額利用料 5分通話オプション
スマホプラン(LINEMO)
20GB 2,728円 550円/月
ミニプラン(LINEMO) 3GB 990円 550円/月
メリハリプラン
(2021年3月まで)
50GB 9,328円 880円/月
メリハリ無制限
(2021年3月から)
無制限 7,238円 未発表
ミニフィットプラン 使った分だけ
4,378円
(~1GBの場合)
880円/月

20GB、3GBのそれぞれででできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

3GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約12,000ページ
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約6,000分
  • テキストメール・約60万回
  • YouTubeで1分の動画閲覧(360P/2MB):1500回(24時間ほど)
  • GoogleMap(732KB)約3,900回

なお、データ通信容量を追加したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

LINEギガフリー

lineギガフリー出典:ソフトバンク

「ミニプラン」では、LINEアプリで使ったデータ容量がカウントされない「LINEギガフリー」が利用可能です。

画像や動画のやりとり、通話などがデータ容量を消費せずに使えるため、LINEの利用が多い場合は大きなメリットと言えるでしょう。

LINEクリエイターズスタンプが無料

現在、LINEMOを申し込んで「LINEスタンププレミアム」に加入すると、毎月240円分のポイントがキャッシュバックされるキャンペーンが開催中です。

LINEMOスタンプキャンペーン出典:LINEMO

「LINEスタンププレミアム」ベーシックコースの月額は240円のため、加入すればサービス利用料が実質0円になります。

なお、学割で利用している場合は、120円分のポイントが還元されるので、月額120円のLINEスタンププレミアムのベーシックコースの学割プランが実質無料で利用できます。

また、登録から1カ月は無料体験期間となるため、本キャンペーンの適用は2カ月目からです。

【キャンペーン適用条件】

  • LINEMOの「スマホプラン」に加入中であること
  • 「LINEスタンププレミアム」に加入中であること
  • LINE上のLINEMO公式アカウントから、LINEアカウントと「スマホプラン」に加入中の回線を連携していること

【キャンペーン期間】

2021年3月17日(水)〜終了日未定

eSIM対応

LINEMOはeSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿入しなくても、すでにスマホに組み込まれているチップを使って電話回線やネット回線に接続できるSIMです。

eSIMを利用するメリットは主に3つあります。

  1. 1台のスマホでSIMカードとeSIMを両方使える
  2. SIMが郵送されるのを待つ必要がない
  3. 海外へ行ってもその国の通信を即時に使える

上記の使い方をしたい場合は、eSIMがおすすめです。

国内通話が定額で利用できる

LINEMOでは、通話オプションが2つあります。

  • 1回あたり5分間以内の通話無料オプション:月額550円
  • 国内通話の完全無料オプション:月額1,650円

電話をよく利用する場合は、上記のオプションを契約することでお得に電話を利用できます。

一方で、電話をあまり使わない人は、オプションを契約する必要がないため、ドコモのahamoより約200円安くスマホを利用できます。

国際ローミングが無料

LINEMOでは、海外エリアでスマホを使う「国際ローミング」がオプション月額無料で利用可能です。

ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 月額プランのデータ容量(20GB/3GB)は使えない
  • 通話料金は別途かかる
  • 契約より4ヶ月目の末日までは利用できない

上記をおさえた上で利用するようにしましょう。

LINEMOのお得なキャンペーン

2022年6月現在、LINEMOはキャンペーンを複数開催しています。

中でもお得なキャンペーンは以下の3つです。

  1. ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン
  2. PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン
  3. 通話オプション割引キャンペーン

詳しく見ていきましょう。

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン出典:LINEMO

LINEMOの「ミニプラン」に新規、または他社からの乗り換えで申し込むと、990円相当分のPayPayポイントが6カ月間プレゼントされるキャンペーンです。

「ミニプラン」の月額料金は990円なので、半年間3GBが実質無料で使えることになります。

ポイントは開通日の翌々月から6カ月間、毎月末に付与されます。

<申し込み条件>

LINEMOの「ミニプラン」を新規契約、または他社からの乗り換えで契約

<キャンペーン期間>

2022年5月20日(金)~ 終了日未定

PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン出典:LINEMO

「PayPayポイントあげちゃうキャンペーン」は、LINEMOのスマホプランに他社から乗り換えをすると、10,000円相当分のPayPayポイントがもらえるキャンペーンです。

新しい電話番号で契約する場合は、3,000円相当分のPayPayポイントがもらえます。

LINEMOの契約手段 スマホプラン
他社からの乗り換え(MNP) 10,000円相当
新しい電話番号で契約 3,000円相当

ただし、「ソフトバンク」「ワイモバイル」「LINEモバイル」からの乗り換えや、ミニプランへ申し込む場合はキャンペーン対象外となるので注意しましょう。

<申し込み条件>

  1. LINEMOのスマホプランに他社からの乗り換え、もしくは新しい番号で契約する
  2. LINMOの利用を開始する
  3. 「スマホプラン」が開通日した月の4カ月後までに、「スマホプラン」を解約しないこと

<キャンペーン期間>

2021年6月5日(土)~終了日未定

通話オプション割引キャンペーン

通話オプション割引キャンペーン出典:LINEMO

「通話オプション割引キャンペーン」は、LINEMOに申し込んでから1年後まで、次の2つの通話オプションが毎月550円割引されるキャンペーンです。

通話オプション 通話準定額 通話定額
内容 国内での電話が5分間無料になる 国内での電話がかけ放題できる
月額料金 550円⇒0円 1,650円⇒1,100円

※料金はすべて税込み

キャンペーンを活用すれば、「通話準定額」は1年間が無料で利用でき、「通話定額」は1年間の月額料金が1,100円(税込)で利用できます。

<申し込み条件>

  1. LINEMOへ新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクワイモバイルからの番号移行
  2. 通話オプション「通話準定額」、もしくは「通話定額」へのお申し込み

<キャンペーン期間>

2021年3月17日(水)~終了日未定

いずれもキャンペーン終了日は未定となっていますが、突然終わってしまう可能性もあるので、気になったら早めに申し込むのがおすすめです。

公式サイト

LINEMO公式サイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

日本通信SIM

日本通信SIMのサービス出典:日本通信SIM

日本通信SIM』は、「日本通信株式会社」が提供するb-mobileのサブブランドとなる格安SIMです。

70分~無制限の無料通話が含まれた月額プランを提供し、数ある格安SIMの中でも注目が高まっています。

日本通信SIMの料金プラン

日本通信SIMの主要プランは以下の4つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

合理的シンプル290プラン

合理的シングル290プラン出典:日本通信SIM

「合理的シングル290プラン」の特徴は以下の3つです。

  1. データ容量を使った分だけ料金を支払う
  2. データ容量の上限を設定できる
  3. 選べる通話オプション

それぞれ詳しく解説していきます。

データ容量を使った分だけ料金を支払う

月額基本料金出典:日本通信SIM

「合理的シングル290プラン」は、1GBで290円の月額基本料金で契約し、使った分だけ追加で料金を支払う料金プランです。

データ容量は最大で100GBまで利用でき、1GB利用するごとに220円の料金が発生します。

データ容量の上限を設定できる

上限設定画像出典:日本通信SIM

合理的シングル290プランでは、データ量の使用上限を1GBから100GBまで1GB単位で設定可能です。

また、月額料金は設定したデータ量の上限ではなく、実際に使った分だけなので安心して利用できます。

例えば、上限を10GB(2,270円)に設定し、実際には3GB(730円)しか使っていない場合、月額料金は730円となります。

ただし、月の途中でデータ量の上限設定を変更する場合、事前に決めておいたデータ量を下回る値に設定し直すことはできません。

選べる通話オプション

通話オプション出典:日本通信SIM

合理的シングル290プランでは、2つの通話オプションから自分に適したものを選ぶことができます。

選べる通話オプションは、「70分無料通話:700円」と「無制限かけ放題:1,600円」です。

なお、通常の通話料金は、アプリ不要で30秒あたり11円となっています。

合理的20GBプラン

合理的20GBプラン出典:日本通信SIM

「合理的20GBプラン」の特徴は以下の3つです。

  1. 月額料金が20GBで2,178円
  2. 20GB超えても275円/1GBで追加できる
  3. 通話料は70分まで無料

それでは詳しく見ていきましょう。

月額料金が20GBで2,178円

日本通信SIMの料金出典:日本通信SIM

「合理的20GBプラン」の月額料金は、大手携帯キャリアの格安プランと比較しても、ahamoより約800円、povoとLINEMOより約500円安く設定されています。

  合理的20GBプラン(日本通信) LINEMO
(ソフトバンク)
ahamo
(ドコモ)
povo
(au)
月額料金 2,178円 2,728円 2,970円 2,700円(20GB/30日)

そのため、大手3社より安い20GBプランを契約したい場合におすすめです。

20GB超えても275円/1GBで追加できる

250円で追加イメージ出典:日本通信SIM

20GB以上データ量を使いたいときは、1GBあたり275円で追加できます。

格安SIMの場合、データ量の追加に1GBあたり550円かかることもあるので、その半額となる料金設定です。

なお、追加できる容量の上限は最大30GBまでとなっています。

通話が従来の大手キャリアより圧倒的にお得

70分通話無料のイメージ出典:日本通信SIM

「合理的20GBプラン」の通話利用は、大手キャリアや他の格安SIMより以下の3点で圧倒的にお得です。

  1. 通話料が70分まで無料
  2. 超過分の通話料が大手キャリアの半額
  3. 通話アプリ不要

それぞれ詳しく見ていきましょう。

通話料が70分まで無料

月額2,178円に70分の無料通話が含まれています。

1回あたりの電話が長くなっても70分まで無料となるため、時間を気にせずに安心して電話が使えます。

超過分の通話料が大手キャリアの半額

通話料金のイメージ出典:日本通信SIM

70分を超えてからの通話料金は、30秒あたり11円です

ahamoなど大手キャリア3社の格安プランでは、いずれも22円/30秒なので、その半額で利用できます。

通話アプリ不要

楽天モバイルなどでは、無料通話には「通話アプリ」の利用が必須ですが、日本通信SIMでは通話アプリが不要です。

スマホにインストールされている通常の電話アプリで通話できるため、通話品質も良く、専用アプリを用意する手間もかかりません。

「70分無料通話」の対象外

下記のサービスは70分無料通話の対象外になるため注意してください。

  • ナビダイヤルなどのサービス
  • 188特番(消費者ホットライン)
  • 104の電話番号案内料
  • 衛星電話
  • 衛星船舶電話

公式サイトはこちら

合理的みんなのプラン

出典:日本通信SIM

「合理的みんなのプラン」の特徴は以下の3つです。

  1. 月額料金が6GBで1,390円
  2. 容量超えても275円/1GBで追加できる
  3. 通話はひと月70分まで無料

合理的みんなのプランは6GBの容量ですが、月額1,390円とお財布に優しいプランとなっており、あまりデータ容量を使わない場合はかなりお得なプランだと言えます。

それでは、それぞれ詳しい特徴を見ていきましょう。

月額料金が6GBで1,390円

出典:日本通信SIM

6GBで1,390円の月額基本料金で契約し、6GBを超えたら使った分だけ支払う仕組みです。

20GBの大容量定額プランだと、使用していない分まで料金を払うことになるので、データ量をあまり使わないのであれば、無駄な支払いをなくせます。

容量超えても275円/1GBで追加できる

合理的20GBプラン データ追加出典:日本通信SIM

データ容量を1GBあたり275円で追加できます。

格安SIMの場合、データ量の追加に1GBあたり550円かかることもあるので、その半額となる料金設定です。

なお、追加できる容量の上限は最大30GBまでとなっています。

通話はひと月70分まで無料

出典:日本通信SIM

「合理的みんなのプラン」の通話利用は、以下の3点において大手キャリアや他の格安SIMに比べて圧倒的にお得です。

  1. 通話料がひと月70分まで無料
  2. 超過分の通話料が大手キャリアの半額
  3. 通話アプリ不要

それぞれ詳しく解説していきます。

通話料がひと月70分まで無料

月額1,390円には、ひと月70分の無料通話が含まれています。

したがって、時間を気にせず安心して電話を利用できます。

超過分の通話料が大手キャリアの半額

合理的20GBプラン出典:日本通信SIM

70分を超えてからの通話料金は、30秒あたり11円です

大手キャリア3社の格安プランではいずれも22円/30秒なので、その半額で利用できます。

通話アプリ不要

合理的20GBプラン 通話アプリ不要出典:日本通信SIM

楽天モバイルなどでは、無料通話には「通話アプリ」の利用が必須ですが、日本通信SIMでは通話アプリが不要です。

スマホにインストールされている通常の電話アプリで通話できるため、通話品質も良く、専用アプリを用意する手間もかかりません。

公式サイトはこちら

合理的かけほプラン

合理的かけほプラン出典:日本通信SIM

「合理的かけほプラン」の特徴は以下の4つです。

  1. おかわり課金方式
  2. データ容量の上限を設定できる
  3. 容量超えても275円/1GBで追加できる
  4. 通話がかけ放題

それでは詳しく見ていきましょう。

おかわり課金方式

かけほプランの課金イメージ出典:日本通信SIM

3GBで2,728円の月額基本料金で契約し、3GBを超えたら使った分だけ支払う仕組みです。

20GBの大容量定額プランだと、使用していない分まで料金を払うことになるので、データ量をあまり使わないのであれば、無駄な支払いをなくせます。

データ容量の上限をいつでも設定できる

データ増量のイメージ出典:日本通信SIM

購入時にデータ量の上限を3GBから30GBまで1GB単位で設定することができます。

ご自身で使いすぎないように上限を設定することはもちろん、子供がいる場合など子供にインターネットをさせすぎない設定も可能です。

また、いつでも好きなときに上限値を変更することも可能なので、「普段はデータ容量を使わないけれど、長距離移動のときだけ大容量を使いたい」といった場合にピッタリのプランです。

容量超えても275円/1GBで追加できる

かけほ250円支払いのイメージ出典:日本通信SIM

3GB以上データ量を使えたいときは、1GBあたり275円で追加できます。

格安SIMの場合、データ量の追加に1GBあたり550円かかることもあるので、その半額となる料金設定です。

なお、追加できる容量の上限は最大30GBまでとなっています。

通話がかけ放題

通話かけ放題のイメージ出典:日本通信SIM

「かけほ」というプラン名の通り、通話料金は無料です。

楽天モバイルなどでは、無料通話には「通話アプリ」の利用が必須ですが、通話アプリは不要。スマホの電話で通話できます。

通話品質も良いため、電話メインでスマホを使い場合におすすめです。

日本通信SIM公式

日本通信SIM公式サイト
https://www.bmobile.ne.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

NURO mobile

NUROモバイル出典:NUROモバイル

NUROモバイルは、ソニーグループの「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が運営する格安SIMです。

NUROモバイルの主力プランは、以下の2つになります。

それでは詳しく見ていきましょう。

NEOプラン

NEOプランは、月額2,699円で20GBのデータ容量が使える料金プランです。

利用できる回線はドコモのみ、データ容量超過後の通信速度は最大1Mbpsとなります。

NEOプランの特徴は以下の4つです。

それぞれの特徴を確認していきましょう。

NEOデータフリー

NEOデータフリー出典:NUROモバイル

特定のSNSだけデータ通信量を消費しない「NEOデータフリー」が申し込み不要、無料で利用できます。

対象となるSNSは以下のとおりです。

  • Instagram
  • Twitter
  • LINE

ただし、対象外となる機能もあるため、利用の際にはNUROモバイルの対象サービス対応表で確認しておきましょう。

パケットギフト

パケットギフト出典:NUROモバイル

「パケットギフト」は、NUROモバイルユーザー間でデータ容量を分け合えるサービスです。

NUROモバイルのユーザーであれば、契約回線にかかわらずデータの送受信ができます。

データ繰り越し

NEOプランでは、使わなかったデータ容量が翌月に繰り越し可能です。

そのため、翌月に長距離移動などを予定している場合は、前月にデータ容量を節約しておくと、翌月に使えるギガ数が増やせます。

通話料が半額

通話割引サービス「NUROモバイルでんわ」を利用すると、通常22円/30秒の通話料が半額の11円/30秒になります。

「NUROモバイルでんわ」は申し込み不要、オプション利用量も無料です。

バリュープラス

バリュープラス出典:NUROモバイル

バリュープラスの特徴は以下の5つです。

  1. トリプルキャリアに対応した3つの料金プラン
  2. 契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量がもらえる
  3. 3日間の通信速度制限なし
  4. 残ったデータは翌月にくりこしされる
  5. 解約金・MNP転出手数料・利用開始月の月額基本料金が無料

それぞれの特徴を確認していきましょう。

トリプルキャリアに対応した3つの料金プラン

nuroモバイルトリプルキャリア出典:NUROモバイル

バリュープラスは、下記3つのデータ容量に分かれています。

  • VSプラン(3GB)
  • VMプラン(5GB)
  • VLプラン(8GB)

月額はSIMのタイプ別に以下のとおりです。

-スマホの方は横にスクロールできます-

プラン データ容量 音声通話付きSIM SMS付きデータ専用SIM
(ドコモ・au回線のみ)
データ専用SIM
VSプラン 3GB 792円 792円 627円
VMプラン 5GB 990円 990円 825円
VLプラン 10GB 1,485円 1,458円 1,320円

また、バリュープラスでは3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線が利用でき、どの回線を選んでも月額が変わりません。

ただし、SMS付きデータ通信SIMのみドコモ回線とau回線しか利用できないので注意が必要です。

また、その他に必要な費用については以下の通りです。

登録事務手数料 3,300円
音声通話料 22円/30秒
SIMカード準備料 440円
SMS送信料 3円~/通
容量チャージ/国際SMS 50円~/通(不課税)

契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量がもらえる

nuroモバイルプレゼント出典:NUROモバイル

VMプランでは3ヶ月ごとに3GB、VLプランでは3ヶ月ごとに6GBがプレゼントされます。

また、このプレゼント分のデータ容量は翌々月まで使うことができます。

そのため、自分のライフスタイルに合わせてデータ容量を利用することが可能です。

3日間の通信速度制限なし

一般的なスマホのキャリアプランであれば、データ通信を使いすぎると3日間の通信速度制限を受けることがほとんどです。

一方で、バリュープラスはデータ通信を使いすぎたとしても、通信速度制限を受けることがありません。

もし規定のデータ通信量を超えたとしても、最大200kbpsで利用でき、低速通信速度以上の速度を体感できます。

残ったデータは翌月にくりこしされる

nuroモバイル出典:NUROモバイル

残ったデータは翌月にくりこしされます。

例えば、当月に5GBのVMプランで3GBしか使わなかった場合は余った2GBを翌月に使うことができます。

解約金・MNP転出手数料・利用開始月の月額基本料金が無料

解約金、MNP転出手数料が無料出典:NUROモバイル

NUROモバイルは、解約金やMNP転出手数料、月額基本料金が無料です。

そのため、お試し感覚でNUROモバイルを試すこともできます。

ただし、SIMカード準備料440円と登録事務手数料3,300円は別途かかるので注意しましょう。

NUROモバイル公式

NUROモバイル公式サイト
https://mobile.nuro.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

イオンモバイル

イオンモバイル出典:イオンモバイル

イオンモバイルは、イオンリテール株式会社が2016年に提供をスタートした格安SIMになります。

イオンモバイルの特徴をまとめると、以下の通りです。

それでは上記を詳しく解説していきます。

料金プランが豊富

イオンモバイルは、500MBから50GBまでの豊富なデータ容量プランを1GB刻みで選べる格安SIMです。

主力プランは以下の3つになります。

  1. さいてきプラン
  2. さいてきプランMORIMORI
  3. やさしいプラン(60歳以上から契約できるプラン)

それぞれのプランごとに料金も異なります。

【さいてきプラン】

-スマホの方は横にスクロールできます-

基本データ容量 音声付きSIM
データ専用SIM シェア音声プラン
0.5GB 1,023円 - -
1GB 1,078円 528円 -
2GB 1,188円 748円 -
3GB 1,298円 858円 -
4GB 1, 408円 968円 1,738円
5GB 1, 518円 1, 078円 1,848円
6GB 1,628円 1,188円 1,958円 
7GB 1,738円 1,298円 2,068円
8GB 1,848円 1,408円  2,178円
9GB 1,958円 1,518円 2,288円
10GB 2,068円 1,628円 2,398円

【さいてきプランMORIMORI】

-スマホの方は横にスクロールできます-

基本データ容量 音声付きSIM
データ専用SIM シェア音声プラン
12GB 2,178円 1,738円 2,508円
14GB 2,288円 1,848円 2,618円
20GB 2,398円 1,958円 2,728円
30GB 4,378円 3,938円 4,708円
40GB 5, 478円 5, 038円 5, 808円
50GB 6, 578円 6, 138円 6, 908円

【やさしいプラン】

-スマホの方は横にスクロールできます-

基本データ容量 音声付きSIM
データ専用SIM シェア音声プラン
0.2GB 968円 - -
3GB
※通信速度最大500kbps
1,078円 638円 -
6GB
※通信速度最大500kbps
1,408円 968円 1,738円
8GB
※通信速度最大500kbps
1,628円 1,188円 1,958円

シェア音声プランを利用すれば、最大5回線までの通信容量を共有できます。

「050かけ放題」オプションがお得

050かけ放題出典:イオンモバイル

050かけ放題は、月額1,078円を支払うと国内であれば24時間、何時間でも通話し放題になるサービスになります。

050からはじまる電話番号が追加で利用できるようになるため、ビジネスとプライベートで電話番号を使い分けたい場合におすすめです。

また、インターネット回線を使用するIP電話サービスを利用しているため、携帯電話の電波が入りにくい場合でもWi-Fi経由で快適に通話できます。

さらに、データ通信のみのプランでも利用可能です。

ドコモ回線とau回線に対応している

イオンモバイルは、ドコモ回線とau回線に対応しています。

現在利用しているキャリアと同じ回線で契約をすれば、スムーズな乗り換えが可能です。

イオンモバイル公式

イオンモバイル公式サイト
https://aeonmobile.jp/ 

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

格安SIMランキングに戻る

まとめ

ここまでロケットモバイルについて解説してきましたがいかがでしたか?

ロケットモバイルではiPhone 6 シリーズ以降の端末が利用できます。

ただし、ロケットモバイルにはスマホ端末の販売がないため、申し込み時にiPhoneをセット購入できません。

それでもロケットモバイルには3大キャリアに対応した業界最安値級の「神プラン」、毎月貯めることでスマホ代が割引される「ロケモバポイント」など魅力的なサービスがあります。

ロケットモバイルのメリット
  • 月額328~438円でデータ使い放題の神プランが業界最安値級
  • 変更プランを使うと平均1,074円で毎月7GB使える
  • ロケモバでポイントをためると、通信費の支払いに使える
ロケットモバイルのデメリット
  • au回線とソフトバンク回線ならSMSオプション無料だが、docomo回線は月額165円かかる。
ロケットモバイルがおすすめの人
  • 独自のポイントであるロケモバポイントを使って通信費を無料にしたい
  • サポートの対応が丁寧な格安SIMを契約したい

上記に当てはまる場合は、下記の公式サイトから申し込みましょう。

ロケットモバイル公式

ロケットモバイル公式サイト
https://rokemoba.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

逆に、上記に該当しない場合は、その他のスマホ回線を選んだ方が得策です。

なぜなら、現在20社以上もあるスマホ回線(格安SIMなど)の中には、ロケットモバイル並みの月額料金で、ロケットモバイル以上の通信速度が出るサービスがあるからです。

あなたにあった格安SIMは、下記のフローチャートに沿って申し込みましょう。

格安SIMフローチャート

音声通話SIMとデータ専用SIMの使いたいデータ容量によって、おすすめするキャリアが異なります。

上記のフローチャートをニーズ別にランキングをつけると、下記の通りとなりました。

音声付きSIM
小容量編(5GB以下)|格安SIM総合ランキング
  • 1位:楽天モバイル|月3GBまで月額1,078円
  • 2位:LINEMO(ミニプラン)|月額990円で国際ローミングも無料でできるSoftbankのプラン
  • 3位:povo|使いたいデータ容量やオプションを必要に応じて追加購入できる便利なプラン
中容量編(6GB~10GB未満)|格安SIM総合ランキング 大容量編(10GB以上)|格安SIM総合ランキング
  • 1位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン
  • 2位:LINEMO|月額2,728円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:povo|使いたいデータ容量やオプションを必要に応じて追加購入できる便利なプラン
データ専用SIM
小容量編(6GB以下)|格安SIM総合ランキング 大容量編(7GB以上)|格安SIM総合ランキング
  • 1位:イオンモバイル|7GB以上のプランでは業界トップクラスの安い格安SIM
  • 2位:IIJmio|20GBが月額1,958円とデータ専用SIMの業界最安クラス
  • 3位:mineo|新プランの登場により業界最安クラスに

このページを参考に、もっともお得なスマホプランが見つかることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る