楽天モバイルのおすすめスマホ端末は?実質無料で契約するための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「楽天モバイルでおすすめのスマホ端末が知りたい!」「お得にスマホ端末を購入する方法は?」など、楽天モバイルの端末についてお困りではありませんか?

結論、楽天モバイルでお得にスマホ端末を購入するためには、店舗ではなくネット経由で「公式オンラインサイト」からお得なキャンペーンを利用して申し込みましょう。

このページでは、長年格安SIMを販売してきた筆者が、楽天モバイルでおすすめのスマホ端末を紹介した上で、お得に端末を購入するための方法について詳しく解説します。

  1. まずは結論から!
  2. 楽天モバイルでおすすめのスマホ端末9選
  3. 楽天モバイルで利用可能なiPhone端末
  4. 楽天モバイルでスマホ端末をお得に購入するポイント
  5. 楽天モバイルの申し込み方法
  6. 人気格安SIM20社徹底比較!あなたに最適な格安SIMの選び方
  7. 【2020年9月】最新おすすめ格安SIM11選

このページを読めば、楽天モバイルの端末について詳しく理解し、お得に契約することができます。

楽天モバイル以外の格安SIMも検討したい場合は?

楽天モバイル以外の格安SIMもあわせて検討したい場合は、下記を確認しましょう。

また、このページ限定で、プロが選ぶ2020年9月おすすめ格安SIM11社の「最もお得な公式申し込みページ」を紹介しています。

特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わるため、格安SIMの契約は必ずこのページ経由で行いましょう。

1.まずは結論から!

結論、楽天モバイルでは、スマホ端末を非常にお得に購入することができます。

後ほど詳しく解説しますが、楽天モバイルでは「最大26,300円相当分還元キャンペーン」を実施しており、これを利用すると20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャンペーン

出典:楽天モバイル

そのため、スマホ端末によっては、実質無料で購入することができ、非常にお得です。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

2.楽天モバイルでおすすめのスマホ端末9選

楽天モバイルでおすすめのスマホ端末を、価格帯によって以下の3つに分類して紹介します。

  • ハイエンドモデル
  • ミドルレンジモデル
  • ローエンドモデル

価格帯によって性能等が異なるため、自分にあった価格帯のスマホ端末を選択するようにしましょう。

下記でそれぞれの価格帯のおすすめスマホ端末について詳しく解説します。

2-1.ハイエンドモデル

ハイエンドモデルの端末は、高性能のスペックとなっている分、値段が他の端末よりも比較的高いのが特徴です。

ハイエンドモデルでおすすめのスマホ端末は、以下の通りです。

  • AQUOS R5G
  • Galaxy Note 10+
  • Galaxy S10

それぞれの端末について以下で詳しく解説します。

AQUOS R5G

まず、おすすめの端末は、最近AQUOSから発売されたばかりの「AQUOS R5G」です。

端末

出典:楽天モバイル

端末名にもある通り、5G対応機種となっています。

また、8K画質で撮影することができる4眼カメラや10億色を再現する鮮やかなディスプレイが搭載されているなど、非常にハイスペックな端末と言えます。

端末名AQUOS R5G
料金117,091円(=2,439円×48回)
本体サイズ162mm×75mm×8.9mm
カメラ4,800万画素/1,220万画素/1,220万画素/TOFレンズ

(超広角/広角/望遠)

主な性能8K画質で撮影可能の4眼カメラ/5G対応端末/10億色を再現するディスプレイ

よくカメラ撮影する場合や鮮やかなディスプレイを利用したい場合、「AQUOS R5G」は非常におすすめです。

Galaxy Note 10+

「Galaxy Note 10+」は、手書きに特化した端末です。

「Sペン」を利用して本物の紙とペンと同じような書き心地を実現しました。

端末

出典:楽天モバイル

Sペンを取り出すだけで、端末のホーム画面がメモ帳に早変わりします。

そのため、デザインなどを手書きで行いたい場合には、非常に便利です。

楽天モバイル 端末

出典:楽天モバイル

また、ディスプレイも6.8インチと非常に大きいので、タブレット代わりとしても利用することができます。

端末名Galaxy Note 10+
料金115,273円
本体サイズ77mm×162mm×7.9mm
バッテリー4,300mAh
カメラ1,600万画素/1,200万画素/1,200万画素/TOFレンズ

(超広角/広角/望遠)

主な性能書き心地最高のSペン/6.8インチの大画面/大容量バッテリー/プロ仕様カメラ

その他にも、PC並みの大容量ストレージやバッテリーも魅力なので、デザインをよくする場合には非常におすすめの端末です。

Galaxy S10

「Galaxy S10」は、スマートホンの一面が全てディスプレイとなっており、フルスクリーンが実現された端末です。

ディスプレイ

出典:楽天モバイル

なんといっても、どこまでも広がるディスプレイが最高レベルで、まるで実写のようなリアル画質を味わうことができます。

端末

出典:楽天モバイル

また、ギャラクシー初のトリプルレンズカメラを搭載しており、AIが画像を美しく最適化してくれます。

端末名Galaxy S10
料金90,728円(=1,890円×48回)
本体サイズ150mm×70mm×7.8mm
カメラトリプルカメラ

1,200万画素/1,600万画素/1,200万画素

(広角/超広角/望遠)

主な性能究極の没入感を生むディスプレイ/カメラにAI搭載/トリプルレンズカメラ搭載

「Galaxy S10」は、高画質な映像をフルスクリーンで楽しみたい場合におすすめの端末です。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

2-2.ミドルレンジモデル

ミドルレンジモデルは、そこまで高額すぎないけれど、スペックも比較的よいので、価格と品質のバランスが優れているのが特徴です。

ミドルレンジモデルでおすすめの端末は以下の通りです。

  • Xperia Ace
  • OPPO Reno3 A
  • AQUOS sense3 plus

それぞれの端末について以下で詳しく解説します。

Xperia Ace

「Xperia Ace」は、コンパクトなサイズながら映像が非常に美しいことが特徴の端末です。

出典:楽天モバイル

コンパクトサイズながら5.0インチの大画面で、Full HD+の高精細な映像を楽しむことができます。

楽天モバイル 端末

出典:楽天モバイル

また、ソニーならではの高音質をはじめ、長持ちバッテリー防水機能など多彩な機能が搭載されています。

端末名Xperia Ace
料金49,819円(=1,037円×48回払い)
本体サイズ140mm×67mm×9.3mm
画面サイズ5.0インチ
主な機能FULL HD+の超高画質/ソニーならではの高音質/防水性/長持ちバッテリー

「Xperia Ace」は、コンパクトで手で持ちやすく、映像を楽しみたい場合におすすめの端末です。

OPPO Reno3 A

「OPPO Reno 3A」は、超広角レンズ搭載の4眼カメラや4,025mAhの長持ちバッテリーが搭載された高性能端末です。

端末

出典:楽天モバイル

価格はそこまで高くない一方で、性能は非常に優れているため、非常にバランスがとれた端末です。

その他にも、おサイフケータイ防水機能などの便利な機能も搭載されています。

端末名OPPO Reno3 A
料金36,182円(=753円×48回)
本体サイズ160mm×74mm×8.2mm
カメラ800万画素/4,800万画素/200万画素/200万画素

(広角/メイン/モノクロ/ポートレート)

主な機能超広角レンズの4眼カメラ/長持ちバッテリー/おサイフケータイ/防水機能

「OPPO Reno3 A」は、スペックと価格のバランスが良い端末を利用したい場合におすすめです。

AQUOS sense3 plus

「AQUOS sense3 plus」は、本格的な映像とサウンドを楽しめる大画面IGZOとステレオスピーカーが搭載された端末です。

高画質

出典:楽天モバイル

6.0インチの大画面IGZOディスプレイから映し出される迫力の映像と、「Dolby Atmos」対応のステレオスピーカーの臨場感あるサウンドで、動画や音楽が本格的に楽しめます。

端末

出典:楽天モバイル

また、高性能CPU4,000mAhバッテリーが搭載されており、思う存分ゲーム等を操作することができます。

端末名AQUOS sense3 plus
料金44,364円(=924円×48回)
本体サイズ160mm×75mm×8.7mm
バッテリー4,000mAh
主な機能解像度FHD+の超高画質/Dolby Atmos対応のステレオスピーカー/AI対応カメラ

「AQUOS sense3 plus」は、高画質と高音質を楽しみたい場合におすすめの端末です。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

2-3.ローエンドモデル

ローエンドモデルは、料金が安く、必要最低限の機能を利用したい場合や、スマホ初心者におすすめです。

ローエンドモデルでおすすめの端末は以下の通りです。

  • OPPO Reno A
  • Galaxy A7
  • Rakuten Mini

それぞれの端末について以下で詳しく解説します。

OPPO Reno A

「OPPO Reno A」は、格安SIMスマホの中でも非常に人気の高い端末です。

先ほど解説した「OPPO Reno3 A」と同じシリーズとなっています。

端末

出典:楽天モバイル

おサイフケータイ防水機能などの便利な機能が搭載されていながら、端末料金が35,273円と非常にコストパフォーマンスが良い端末です。

また、128GBの大容量ストレージなため、ゲームや写真などもたくさん利用することができます。

端末名OPPO Reno A
料金35,273円
本体サイズ158mm×75mm×7.8mm
データ容量128GB
主な機能大容量メモリー/おサイフケータイ/防水機能/AIカメラ

「OPPO Reno A」は、コストパフォーマンスの良い端末を購入したい場合におすすめです。

Galaxy A7

「Galaxy A7」は、大画面・高画質ディスプレイを低価格で利用できる端末です。

端末

出典:楽天モバイル

楽天モバイルのスマホ端末では最安ながら、有機ELディスプレイが搭載されており極上の映像を楽しむことができます。

また、トリプルレンズカメラも搭載されているため、様々なカメラ撮影に対応可能です。

端末名Galaxy A7
料金17,000円
本体サイズ159mm×76mm×7.5mm
バッテリー3,400mAh
主な機能トリプルカメラ/有機ELディスプレイ

「Galaxy A7」は、できるだけ安くスマホ端末を購入したい場合におすすめです。

Rakuten Mini

「Rakuten Mini」は、楽天モバイルオリジナルスマホです。

Rakuten Miniの端末

出典:楽天モバイル

世界最小・最軽量のスマホ端末で、あらゆる操作が片手で利用できるオリジナルUIを搭載しているなど、非常に使いやすい端末です。

端末名Rakuten Mini
料金17,000円
本体サイズ106mm×53mm×8.6mm
重量79g
主な機能おサイフケータイ/オリジナルUI

また、おサイフケータイも利用することができ、非常に使い勝手が良いスマホ端末となっています。

「Rakuten Mini」は、小さく操作しやすいスマホ端末を利用したい場合におすすめです。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

3.楽天モバイルで利用可能なiPhone端末

結論、楽天モバイルはiPhoneを利用することができます。

しかし、毎月のデータ容量が使い放題となる人気プラン「Rakuten UN-LIMIT」では、iPhoneが動作保証対象外となっています。

実際、楽天モバイルの公式ページでも、「Rakuten UN-LIMIT」でのiPhoneの利用は自己責任と記載されています。

Rakuten UN-LIMIT iPhone

出典:楽天モバイル

このように楽天モバイルでは、iPhoneが動作保証対象外となっていますが、自己責任の上で、使用可能なiPhone機種は以下の通りです。

iPhone機種Rakuten UN-LIMIT(新プラン)
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X×
iPhone 8 plus×
iPhone 8×
iPhone SE×
iPhone 7 plus×
iPhone 7×
iPhone 6s Plus×
iPhone 6s×

このように、データ容量使い放題の新プラン「Rakuten UN-LIMIT」では、iPhone XR以前の機種では対応していません。

楽天モバイルでは、iPhoneの販売を行なっていないため、利用したい場合には、Apple Storeや大手キャリアから購入するようにしましょう。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

4.楽天モバイルでスマホ端末をお得に購入するポイント

楽天モバイルでスマホ端末をお得に購入するためのポイントは以下の通りです。

  • オンラインサイトから申し込む
  • お得なキャンペーンを利用する

それぞれの方法について以下で詳しく解説します。

4-1.オンラインサイトから申し込む

楽天モバイルは、「公式オンラインサイト」から申し込むことをおすすめします。

なぜなら、オンラインストア限定のキャンペーンや期間限定タイムセールを頻繁に実施しているためです。

店舗で契約してしまうと限定キャンペーンやタイムセールを利用できないため、オンラインでの契約よりも費用がかかってしまいます。

4-2.お得なキャンペーンを利用する

楽天モバイルでは、非常にお得なキャンペーンを実地しています。

その中でも以下の2つのキャンペーンを利用することで、スマホ端末によっては実質無料で購入することができます。

  • Rakuten UN-LIMITプラン1年間無料キャンペーン
  • 最大26,300円ポイント還元キャンペーン

それぞれのキャンペーンについて以下で詳しく解説します。

Rakuten UN-LIMITプラン1年間無料キャンペーン

Rakuten UN-LIMITプラン1年感無料キャンペーンでは、新規契約・他社MNP転出・楽天モバイルからのプラン変更で月額料金2,980円が1年間無料になります。

年間で35,760円が無料となるため、非常にお得なキャンペーンです。

キャンペーン

出典:楽天モバイル

申込者が300万人に達すると終了してしまうため、早めに申し込むことをおすすめします。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

最大21,300円ポイント還元キャンペーン

楽天モバイルでは「公式オンラインサイト」から申し込むことで、26,300円分のポイントを受け取ることができます。

キャンペーン特典は以下の条件を満たすことで受け取ることができます。

  • オンラインでRakuten UN-LIMITプランを申し込む:3,000円
  • Rakuten Linkの利用登録とSNS認証を完了する:3,300円
  • 対象のスマホ端末をセット購入する:20,000円

まず、オンラインからRakuten UN-LIMITプランを申し込むことで3,000円を受け取ることができます。

次に、楽天モバイル専用アプリ「Rakuten Link」の利用登録とSNS認証が完了すると事務手数料の3,300円を受け取ることができ、実質、事務手数料が無料となります。

さらに、楽天モバイルのスマホ端末をセットで購入することで20,000円を受け取ることができます。

キャンペーン

出典:楽天モバイル

そのため、スマホ端末とSIMをセット購入することで、「Rakuten Mini」や「Galaxy A7」などは実質無料で購入することができ、非常にお得です。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

5.楽天モバイルの申し込み方法

楽天モバイルは以下の手順で申し込むことができます。

  1. 楽天モバイル公式オンラインサイトにアクセスする
  2. 画面上部にある「お申し込み」をクリックする
  3. 契約内容を選択する
  4. スマホ端末が必要な場合には選択する(不要な場合はそのまま次へ進む)
  5. 楽天会員ログインをする
  6. 申し込み完了

申し込みが完了すると申し込み完了メールが届くので、その指示に従いましょう。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

6.人気格安SIM20社徹底比較!あなたに最適な格安SIMの選び方

格安SIMは下記のステップで選びましょう。

  • Step1. 快適な通信速度を期待できるサービスを確認する
  • Step2. スマホの使用目的に合わせて最もお得なサービスを選ぶ

なぜなら、格安SIMは、価格の安さだけで選んでしまうと通信速度が遅くて使い物にならないことがよくあるからです。

そのため、格安SIMを失敗せずに選ぶために、まずは通信速度で足切りをし、その上でスマホの使用目的に合わせて最もお得なサービスを選ぶことをおすすめします。

では実際に、あなたにベストな格安SIMを選んでいきましょう。

step1. 快適な通信速度を期待できるサービスを確認する

格安SIMは価格だけで選んでしまいがちですが、価格よりも速度で後悔するユーザーが続出しています。

そのため、格安SIMは、通信速度が遅いと考えられるサービスを絶対に選ばないことが大切です。

まずは結果から知りたい場合は、「人気格安SIM20社の速度測定結果」を確認してください。

速い格安SIMの選び方は?

速い格安SIMを選ぶためには、「実際にどのくらいの通信速度が出るのか」を測定する必要があります。

なぜなら、ほとんどの場合、格安SIMを実際に使用した際に出る通信速度は、公式ページに記載されている理論上の最高速度とは異なるからです。

むしろ通信環境によっては、1/100~1/1000の通信速度しか出ないこともあるので注意しましょう。

速度測定アプリを活用する

そこで、格安SIMの実際の通信速度を測定するために「速度測定アプリ」を使用します

測定したい格安SIMをスマホに挿入し、スマホにダウンロードしたアプリを使うと、その通信環境に基づいたアップロードやダウンロードの速度が測定できます。

しかし、この測定結果に関しても、信用しすぎないように注意しましょう。

速度計測アプリの落とし穴

通信事業者によっては、上記のような速度計測アプリで測定される場合のみ、通信速度を速くするものがあります。

それにより、見せかけのダウンロードスピードは速いのに、実際に動画などをダウンロードすると全く動かないというトラブルが発生してしまうこともあります。

多くのメディアが、速度測定アプリのアップロードやダウンロードの速度だけで評価をしていますが、その情報だけ信じれば実際に使用すると速くないという事態に陥る可能性があるので、絶対に注意してください。

速度計測アプリは「動画再生」「Webページ読み込み」の速度を確認する

上記の例のように、格安SIMの速度測定で騙されないためには、実際にスマホを使用する場面を意識して、以下2つの操作の通信速度を測りましょう。

  • 動画をダウンロードする速度
  • Webページを読み込む速度

そこで着目したのが、海外の速度測定アプリ「5GMARK」です。

上記のように、一般的な計測アプリの数値だけでなく、YouTubeやAmazonなどの読み込み時間も考慮して、実際の通信速度がスコア化されます。

そして、筆者がこのアプリで高得点を出した格安SIMサービスを実際に使用してみたところ、日常生活のあらゆる場面において、快適に通信できる場合がほとんどでした

そのため、このページでは、「5GMARK」で通信速度を測定した際に、総合ポイントが高いサービスを「快適な通信速度を期待できるサービス」として評価します

人気格安SIM20社の速度測定結果

今回は、国内で人気の高い格安SIM20社を対象に、「5GMARK」で実際の速度を測定し、どのサービスが最も速いのか試してみました。

計測は、日常の隙間時間として、スマホ利用者が多く、回線が最も混みやすいとされる下記の2つの時間帯で行いました。

  • 平日12~13時:お昼休憩で回線が混みやすい
  • 平日18~19時:夕方の出先からの帰宅で回線が混みやすい

この2つの時間帯の計測結果として、「5GMARK」の総合ポイントをサービスごとに合計し、下記グラフにまとめました。

格安SIM速度測定結果

※「Y!mobile(ソフトバンク回線)」「UQ mobile(au回線)」以外は、ドコモ回線で計測

グラフで示した数値が高いほど、実際の日常生活でも快適に使える可能性が高くなります。

この実測結果を踏まえ、あくまでも筆者が体感的にストレスを感じにくかった11社は以下の通りです。

したがって、格安SIMは、この速度測定の結果に加え、あなたがスマホを使用する目的に合わせて最もお得なサービスを選びましょう。

step2. スマホの使用目的に合わせて最もお得なサービスを選ぶ

では次に、上記の快適な通信速度を期待できる格安SIM11社の中から、あなたに最適なサービスを選びましょう。

そこで絶対に間違えてはいけないポイントは、以下の3つです。

  • 機能:音声通話・SMSを利用するか
  • データ容量:月間どのくらいのデータ容量が必要か
  • 使用スマホ:格安SIMを入れるスマホは買い替えるか

それぞれについて簡単に説明します。

結果から知りたい場合は、「格安SIM11社の比較結果とおすすめポイント」を確認してください。

機能:音声通話・SMSを利用するか

格安SIMの種類は、あなたに必要な機能をよく考えてから選びましょう。

格安SIMは3種類あり、基本料金が高い順番に以下の通りとなります。

  • 音声通話SIM:ネット・通話ができる
  • データ専用SIM(SMS機能付き):ネット・SMSのみ使える
  • データ専用SIM:ネットのみ使える

「音声通話SIM」は、通話機能があるため、データ専用SIMと比べて、月額基本料金が約500~700円高くなります。

そのため、もしあなたが以下のいずれかにあてはまる場合は、より料金が安い「データ専用SIM」を選びましょう。

  • スマホで電話しない
  • タブレットやモバイルWiFiルーターで使用する

また、「データ専用SIM」は、SMS機能を付けると月額基本料金が100円以上高くなります。

データ容量:月間どのくらいのデータ容量が必要か

格安SIMのプランは、あなたの使用するデータ容量に合わせて選びましょう。

なぜなら、格安SIMも大手キャリアと同様、契約したデータ容量を使いきると速度制限にかかってしまうからです。

ゆえに、サービスプランを選択する際は、データ容量について、以下2点に注意しましょう。

  • 月間どのくらいのデータ容量が必要か
  • 毎月の使用データ容量は一定か

両方わかれば、下記3つの料金プランから、あなたのデータ容量に合ったタイプを選ぶことができます。

  • 定量プラン:毎月に使用できるデータ容量の上限を決めて定額料金を支払う
  • 従量プラン:その月に使用したデータ容量に応じて料金を支払う
  • 無制限プラン:毎月に使用できるデータ容量に上限はなく定額料金を支払う

もし毎月の使用データ容量が一定の場合は、定額プランにすると月々一定の支払い料金となり、予算に上限がある場合でも安心して使用できるでしょう。

その反対に、毎月の使用データ容量に変動がある場合は、従量プランにすると容量別に細かく料金が設定されているので、余分な支出を極力抑えることができます

さらに、データ容量を気にせず使用したい場合は、基本料金は高いですが、無制限プランを選ぶとよいでしょう

現在の使用データ容量の確認方法

あなたが現在どのくらいデータ容量を使用しているかについて、大手キャリアごとに、すぐに確認できる方法は以下の通りです。

ドコモ

My docomo、dメニューで確認

  • パソコンの場合:My docomoにログイン → 「料金や支払い状況を確認したい」選択 → 「利用明細・履歴の確認」から、「ご利用データ量確認(当月ご利用分)」選択
  • スマホの場合:dメニュー →「 お客様サポートへ」選択 → 「ご利用データ通信料確認(当月分)」選択 →暗証番号を入力し「ログイン」選択
au

My auで確認

  • My auにログイン → LTE通信量合計に今月のデータ量が表示。前月のデータ量は内訳から確認
ソフトバンク

My SoftBankで確認

  • パソコンの場合:My SoftBankへログイン → 「料金案内」>「ご請求書(内訳)の確認」の通信使用量を確認
  • スマホの場合:My SoftBankへログイン → 「料金確認」→該当月の「内訳を見る」の通信使用量を確認

ドコモとソフトバンクは、パソコンとスマホで確認方法が異なるので、注意しましょう。

使用スマホ:格安SIMを入れるスマホは買い替えるか

結論から言うと、格安SIMは使用するスマホによって、下記の通り選びましょう。

  • スマホを買い替えない場合:今使っているスマホと同じ回線に対応するサービスを選ぶ
  • スマホを買い替える場合:スマホとセットでお得に契約できる格安SIMを選ぶ

したがって格安SIMは、契約するタイミングで、スマホも同時に買い替えるかどうか決めておくことが大切です。

もしスマホを買い替えない場合は、あなたのスマホのキャリアが設けている「SIMロック」に注意が必要です。

ではまず、この「SIMロック」について、簡単に説明します。

SIMロックとは

「SIMロック」とは、大手キャリアが設定している「SIMカードの交換制限」です。

具体的は、「スマホを購入したキャリアと同じ回線のSIMカードしか使用できない仕組み」と言えます。

そもそも格安SIMは、基本的に大手キャリアから回線を借りて、通信サービスを提供しています。

そのため、スマホを買い替えたくないが、どうしても違う回線の格安SIMを選びたい場合は、有料で「SIMロック」を解除する必要があります。

つまり、スマホを購入したキャリアと異なる回線のSIMカードを使用できるように有料サービスを受けなければなりません。

筆者の意見として、「SIMロック」の解除は、基本的におすすめしません。

それには、以下3つの理由があります。

  • 回線ごとにおすすめできる格安SIMがある
  • 大手3キャリアに対応する「キャリアフリー」の格安SIMがある
  • SIMロックがかかっていない「SIMフリー」のスマホがある

このように、最近は「SIMロック」の解除なしで、お得で便利に格安SIMを契約できます。

わざわざ追加料金を払って、制約が複雑な対応をする必要は、正直ありません。

したがって、スマホを買い替えない場合、格安SIMは、今使っているスマホと同じ回線に対応するサービスを選びましょう。

買い替えはスマホセットがおすすめ

その反対に、もしスマホを買い替える場合は、スマホとセットでお得に契約できる格安SIMを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、中古のiPhoneが最安1円からセット購入できたり、新品の人気端末を10,000円以上安い特別価格でセット販売している格安SIMがあるからです。

気になるスマホがお得なセット価格になっている場合は、すぐに販売終了になってしまう人気機種もあるので、早めに契約をしましょう。

格安SIMのカードサイズ

格安SIMのカードには3つのサイズがあります。

  • 標準SIM
  • micro SIM
  • nano SIM

大きさの違いのイメージは、以下の画像をご覧ください。

格安SIMによっては、契約できるカードサイズが複数あります。

格安SIMのサイズは、必ずあなたのスマホに合わせて選びましょう

おすすめ格安SIM20社の基本月額料金プラン

ここからは、人気格安SIM20社の「データ容量あたりの月額基本料金」を回線別に紹介します。

あなたが現在の使用しているキャリアとデータ容量を基準に、格安SIMを契約した場合の月額基本料金を確認してみましょう。

音声通話プラン

音声プランのデータ容量あたりの月額基本料金は、以下の通りです。

おすすめ格安SIM11社の料金は、白い背景に太字で記載し、利用回線とデータ容量ごとに複数の比較サービスがある場合は、最もお得な料金を赤文字にしました。

-スマホの方はスクロールできます-

回線格安SIM100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB30GB40GB50GB無制限
ドコモLINEモバイル 1,100  1,480  2,200     3,200            
OCNモバイルONE  1,180 1,480  1,980   2,880          4,4005,980   
mineo 1,400  1,600  2,280   3,220         4,6806,600   
BIGLOBE モバイル    1,600  2,150     3,400       5,2007,450   
IIJmio    1,600  2,200     3,260            
b-mobile  9901,190  1,3901,5901,7901,990  2,1902,3902,5902,7902,9903,1903,3903,5903,7903,9904,1904,3904,5904,790    
y.u モバイル    1,690                5,990    
エキサイトモバイル  1,3301,3601,4701,5801,8502,1502,3002,6002,8202,9003,080        4,6806,6808,68010,880 
イオンモバイル 1,1301,2801,380 1,580 1,980 2,680   3,280       4,6805,6806,9808,980 
DTI SIM  1,200 1,490 1,920    2,800              
NifMo    1,600   2,300     3,500           
QTモバイル  1,450 1,550  2,250   3,250         4,900    
nuro mobile   1,400    2,200     3,400           
スマモバ    1,980  2,580              3,480   
ロケットモバイル  1,2501,3001,400 1,800 2,400            4,670    
HISモバイル900  1,420  1,920    2,820    3,720     5,970   
LIBMO    1,580  2,180   2,980         4,6806,580   
回線格安SIM100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB30GB40GB50GB無制限
auLINEモバイル     1,480 2,200     3,200            
mineo 1,310  1,510  2,190   3,130         4,5906,510   
BIGLOBE モバイル  1,400 1,600  2,150     3,400       5,2007,450   
IIJmio    1,600  2,220     3,260            
UQmobile    1,980       2,980               
イオンモバイル 1,1301,2801,380 1,580 1,980 2,680   3,280       4,6805,6806,9808,980 
QTモバイル  1,450 1,550  2,250   3,250         4,900    
nuro mobile   1,480    2,800    3,680            
ロケットモバイル  1,380 1,470 1,950 2,560            4,580    
回線格安SIM100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB30GB40GB50GB無制限
ソフトバンクLINEモバイル     1,480 2,200     3,200            
Y!mobile    2,680      3,680   4,680          
mineo 1,750  1,950  2,630   3,570         5,0306,950   
b-mobile  9901,190  1,3901,5901,7901,990  2,1902,3902,5902,7902,9903,1903,3903,5903,7903,9904,1904,3904,5904,790    
QTモバイル  1,700 1,800  2,500   3,500         5,1007,100   
nuro mobile   1,680    2,800     3,680           
ロケットモバイル  1,580                  4,970    
HISモバイル980  1,420  1,920    2,820    3,720     5,970   
回線格安SIM100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB30GB40GB50GB無制限
楽天楽天モバイル                         2,980

※mineoはデュアルタイプ

※エキサイトモバイルのデータ容量20GB以上は定額プラン、20GB未満は最適料金プラン

データ専用プラン

データ専用プランのデータ容量あたりの月額基本料金は、以下の通りです。

おすすめ格安SIM11社の料金は、白い背景に太字で記載し、利用回線とデータ容量ごとに複数の比較サービスがある場合は、最もお得な料金を赤文字にしました。

-スマホの方はスクロールできます-

回線格安SIM100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB30GB40GB50GB
ドコモLINEモバイル 600  980  1,700     2,700           
OCNモバイルONE    880  1,380   2,280         3,8005,380  
mineo 700  900  1,580   2,520         3,9805,900  
BIGLOBE モバイル    900  1,450     2,700       4,5006,750  
IIJmio    1,040  1,660     2,700           
b-mobile190 480 850  1,450   2,190    3,280        
y.u モバイル    900                5,500   
エキサイトモバイル 6306607708801,1501,4501,6001,9002,1202,2002,380         3,9805,9807,98010,180
イオンモバイル  480780 980 1,480 1,980   2,680       3,9804,9806,4808,480
DTI SIM  600 840 1,220    2,100             
NifMo    900   1,600     2,800          
QTモバイル  800 900  1,550   2,550         4,2006,200  
nuro mobile   700    1,500     2,700          
ロケットモバイル  590690840 1,200 1,850            3,950   
HISモバイル180  700  1,200    2,100    3,000        
LIBMO    880  1,480   2,280         3,9805,580  
回線格安SIM100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB30GB40GB50GB
auLINEモバイル    980  1,700     2,700           
mineo 700  900  1,580   2,520         3,9805,900  
BIGLOBE モバイル    1,020  1,570     2,820       4,6206,870  
IIJmio    900  1,520      2,560           
イオンモバイル  620920 1,120 1,620 2,120 2,820   2,820     4,1205,120  
QTモバイル  800 900  1,550   2,550         4,2006,200  
nuro mobile   780    2,100     2,980          
ロケットモバイル  700 840 1,330 1,770            3,950   
回線格安SIM100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB30GB40GB50GB
ソフトバンクLINEモバイル    980  1,700     2,700           
mineo 790  990  1,670     2,160       4,0705,990  
b-mobile190 480 850  1,450   2,190    3,280        
QTモバイル  800 900  1,550   2,550         4,2006,200  
nuro mobile   980    2,100    2,980           
ロケットモバイル  790                  4,100   
HISモバイル180  700  1,200    2,100    3,000        

※LINEモバイル・QTmobile(au回線のみ)・BIGLOBEモバイル(au回線のみ)はSMS機能付きの月額料金

正直、各サービスの月額基本料金は、そこまで差がないというのが現実です。

また、そもそも今のスマホを使い続ける場合は、回線を意識しなければならないなど、やはり万人におすすめできる唯一の格安SIMはありません

そこであなたのスマホの使用目的に合った最もお得なサービスの選び方として、快適な通信速度を期待できる格安SIM11社を比較して、おすすめポイントをまとめました。

格安SIM11社の比較結果とおすすめポイント

格安SIM11社のおすすめポイントをまとめました。

気になるサービスをクリックすると、最もお得に申し込める公式ページに飛びます。

格安SIM
回線
使用目的
料金プラン
スマホセット
おすすめポイント
ドコモauソフトバンク楽天通話ゲームLINESNS動画音楽定量従量無制限iPhoneAndroid
LINEモバイル      LINEデータ消費なしで、SNS使い放題オプションがお得
OCNモバイルONE          人気端末を最安1円から特別価格で購入できる
Y!mobile    〇        非常に安定した通信速度で、1回10分まで無料通話できる
mineo         余ったデータを家族以外のユーザーとシェアできる
BIGLOBEモバイル         光回線とセットで契約でき、エンタメ使い放題オプションがお得
UQ mobile           クレジットカードなしで契約でき、低速節約モードでデータ使い放題
IIJmio          期間限定キャンペーン適用で格安料金で契約できる
b-mobile            従量プランで月額料金を最適化でき、月間3GB以下は最安値
y.u mobile            高額キャッシュバックが受け取れ、データ追加料金が圧倒的に安い
エキサイトモバイル         40GB以上の大容量プランがあり、1契約5枚までシェアできる
楽天モバイル      国内楽天回線エリアは通話かけ放題・データ使い放題

さらにこれら11社の中からあなたに最適な格安SIMがすぐにわかるように、簡単な選び方をフローチャートで紹介します。

フローチャートでわかるあなたにベストな格安SIM

おすすめ格安SIM11社の中からあなたに最適なサービスを選ぶためには、以下3つのポイントを検討しましょう。

  1. 端末
  2. 料金プラン
  3. スペック

これらのポイントを順番に検討していくとあなたに最適な格安SIMを簡単に選ぶことができます。

では、それぞれについて、具体的な検討内容を見ていきましょう。

端末
  • 今のスマホを使用するか?
  • 新しい端末をセット購入するか?
料金プラン
  • 月間どのくらいのデータ容量が必要か?
  • 毎月の使用データ容量は一定か?
  • とにかく通話もデータ通信も無制限にしたいか?
スペック
  • 通信速度の快適さを重視するか?
  • 乗り換えやすさを重視するか?
  • 特定のアプリをよく使用するか?
  • 無料で端末保障をつけたいか?

それでは、実際にフローチャートに沿って、確認してみましょう。

格安SIMフローチャート

次は、それぞれの格安SIMについて、詳しいサービス内容と最もお得に申し込める公式ページを紹介します。

あなたの気になるサービスを契約するかどうか最終検討してみてください。

7.【2020年9月】最新おすすめ格安SIM11選

2020年9月現在、筆者がおすすめする格安SIM11社は以下の通りです。

  • LINEモバイル:LINEデータ消費なしで、SNS使い放題オプションがお得
  • OCNモバイルONE:人気スマホ端末を最安1円から特別価格で購入できる
  • Y!mobile:非常に安定した通信速度で、1回10分まで無料通話できる
  • mineo:余ったデータを家族以外のユーザーとシェアできる
  • BIGLOBEモバイル:光回線とセットで契約でき、エンタメ使い放題オプションがお得
  • UQ mobile:非常に速い通信速度で、低速節約モードはデータ使い放題
  • IIJmio:スマホ・PC・タブレット・IoT機器をお得な価格で購入できる
  • b-mobile:従量プランで月額料金を最適化でき、月間3GB以下は最安値
  • y.u mobile:音声通話SIMは高額キャッシュバックと端末修理保障が適用される
  • エキサイトモバイル:40GB以上の大容量プランがあり、1契約5枚までシェアできる
  • 楽天モバイル:国内楽天回線エリアは通話かけ放題・データ使い放題

それぞれのサービス内容の詳細とともに、最もお得に申し込める公式ページを紹介するので、忘れずに確認しましょう。

LINEモバイル|LINEデータ消費なしで、SNS使い放題オプションがお得

LINEモバイル』は、人気コミュニケーションアプリLINEが提供する格安SIMです。

LINE利用時のデータ通信量は消費されないので、主なスマホの使用目的がLINEとなる場合は、非常におすすめです

また、「キャリアフリー」なので、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホは、SIMカードを基本的にすぐ交換できます。

さらに、SNSやLINEの音楽アプリをよく使用する場合は、オプション追加で使い放題になります。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルは、以下の料金プランがあります。

ベーシックプラン

ベーシックプランは、以下2種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額プランとなります。

料金プランベーシックプラン
SIMタイプ音声通話データ(SMS機能付き)
データ容量500MB~12GB
月額基本料金1,100円~2,300円600円~2,700円
データチャージ1,000円/GB

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量月額基本料金
音声通話データ(SMS機能付き)
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円

また、SNSやLINEの音楽アプリをよく使用する場合は、以下のオプションを追加するとデータ通信量が消費されなくなります。

データフリーオプション

データフリーオプションは、以下2種類あります。

  • SNSデータフリー:Twitter・Facebook
  • SNS音楽データフリー:Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC

月額料金は、以下の通りです。

データフリーオプション月額料金対象アプリ
SNSデータフリー280円Twitter・Facebook
SNS音楽データフリー480円Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC

ただし、LINE MUSICのミュージックビデオは、対象外なので注意してください。

LINEモバイルのお得なキャンペーン

LINEモバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

対象のSNS使い放題キャンペーン

「対象のSNS使い放題キャンペーン」では、音声通話SIMでデータフリーオプションに初めて申し込んだ場合、利用料金が最大2ヵ月間無料になります

【LINEモバイル公式】

お申し込みページ:https://line-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わるため、LINEモバイルは必ず公式ページで契約しましょう

OCNモバイルONE|人気スマホ端末を最安1円から特別価格で購入できる

OCNモバイルONE』は、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがドコモの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

セットで申し込むと中古端末を1円から購入することができ、スマホをお得に買い替えたい場合は特におすすめです

また、期間限定のバーゲンとして、新品の人気端末が10,000円以上お得な特価で販売されることもあります。

MUSICカウントフリー」なので、特定の音楽アプリを使用する場合、データ通信量が消費されません

OCNモバイルONEの料金プラン

OCNモバイルONEは、3種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額料金となります。

料金月額基本料金
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量1GB~30GB
月額基本料金1,180円~5,980円880円~5,380円1,000円~5,500円
データチャージ500円/GB
国内通話10円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量月額基本料金
音声通話データデータ(SMS機能付き)
1GB1,180円
3GB1,480円880円1,000円
6GB1,980円1,380円1,500円
10GB2,880円2,280円2,400円
20GB4,400円3,800円3,920円
30GB5,980円5,380円5,500円

また、頻繁に通話する場合は、スタイルに合わせてかけ放題オプションを選ぶとお得です。

かけ放題オプション

OCNモバイルONEのかけ放題オプションは、以下の3つから選べます。

かけ放題オプション月額料金詳細
10分かけ放題850円1回10分以内の国内通話が無料
トップ3かけ放題その月の国内通話料上位3番号の通話料が無料
かけ放題ダブル1,300円1回10分以内の国内通話が無料で、1回10分以上の国内通話料上位3番号の通話料が無料

10分以内の通話も特定の相手との長電話もよくする場合は、かけ放題ダブルがおすすめです。

MUSICカウントフリー

OCNモバイルONEは、下記の音楽アプリを使用する場合、データ通信量が消費されません。

  • amazon music
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • Google Play Music
  • AWA
  • dヒッツ
  • ひかりTVミュージック
  • ANIUTA
  • Rec Music

追加料金なしで申し込むことができ音楽データのダウンロード通信量を節約することができます

スマホセット

OCNモバイルONEは、スマホとセットで申し込むと人気の端末が10,000円以上安くなることもあります。

たとえば、中国の人気メーカーXiaomiの最新機種「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」など、人気のスマホも特別価格で販売されています

また、iPhoneの中古端末は、1円から購入可能で、格安SIMの契約と同時にスマホもお得な料金で買い替えることができます。

【OCNモバイルONE公式】

お申し込みページ:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、OCNモバイルONEは必ず公式ページで契約しましょう

Y!mobile|非常に安定した通信速度で、1回10分まで無料通話できる

Y!mobile 格安SIM

ワイモバイル』は、ソフトバンクのサブブランドとして、ソフトバンクの自社回線を利用しています

そのため、昼や夕方などの回線混雑時でも大手キャリアと同等の安定した通信速度を期待できる上に、大手キャリアよりも低価格となっています。

また、1回10分以内の国内通話が、何度でも無料なので、10分以内の通話を頻繁にする場合は特におすすめです。

ただし、他社キャリアから乗り換える場合は、SIMフリー端末以外は、SIMロック解除が必要なので注意しましょう。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルは以下の料金プランがあります。

スマホベーシックプラン

スマホベーシックプランは、以下の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額プランとなります。

料金プランスマホSプランスマホMプランスマホRプラン
SIMタイプ音声通話
データ容量3GB10GB14GB
「データ増量オプション」適用時のデータ容量(初年度無料)4GB13GB17GB
月額基本料金2,680円3,680円4,680円
データチャージ料金1,000円/GB
国内通話無料(10分/回)

1回10分までの国内通話が無料なので、短時間の電話を頻繁にする場合は、通話料金を大幅に節約することができます

ワイモバイルのお得なキャンペーン

ワイモバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

データ増量無料キャンペーン2

ワイモバイルでは、月額500円の「データ増量オプション」に加入した場合、初年度の料金が無料になるキャンペーンを実施しています。

家族割引キャンペーン

ワイモバイルでは、家族で複数回線を指定プランで契約する場合、2回線目以降の料金が毎月500円割引になるキャンペーンを実施しています。

指定プランは、以下の3つです。

  • スマホベーシックプラン
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプランL

血縁関係にある人や同居中の人が、ワイモバイルを契約している場合は、9回線まで適用されます

おうち割キャンペーン

ワイモバイルでは、ソフトバンクが提供する自宅専用の通信サービスをセットで契約するとワイモバイルの利用料金が毎月500円割引になるキャンペーンを実施しています。

ソフトバンクの指定通信サービスは、以下の通りです。

また、ワイモバイルの指定プランは、以下の4つとなります。

  • スマホベーシックプラン
  • スマホプランS・L
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック含む)
  • データベーシックプランL

契約したい通信サービスや料金プランが、キャンペーンに適用されるか、しっかりと確認しておきましょう。

【ワイモバイル公式オンラインストア】

URL:https://www.ymobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、ワイモバイルは必ず公式オンラインストアで契約しましょう

mineo|余ったデータを家族以外のユーザーとシェアできる

mineo』は、関西電力グループの「オプテージ」が提供する格安SIMです。

キャリアフリー」なので、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホは、SIMカードを基本的にすぐ交換できます。

料金プランは定額制ですが、データの使用状況に応じて、翌月のデータ通信量の上限と月額料金を変更することができます

また、エココースを選ぶと回線混雑時の通信速度が制限されるものの、月額基本料金がよりお得になります。

mineoユーザー共有のパケット貯蔵庫「フリータンク」からパケットを引き出せるなど、余ったデータ容量を家族以外のユーザーとシェアできます。

mineoの料金プラン

mineoは、以下3種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額プランとなります。

ただし、同じSIMタイプ・データ容量でも、回線によって月額基本料金が異なるので注意しましょう。

ドコモ回線の場合
料金プラン定額プラン
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量500MB~30GB
月額基本料金1,400円~6,600円700円~5,900円820円~6,020円
データチャージ150円/100MB
国内通話20円/30秒
au回線の場合
料金プラン定額プラン
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量500MB~30GB
月額基本料金1,310円~6,510円700円~5,900円820円~6,020円
データチャージ150円/100MB
国内通話20円/30秒
ソフトバンク回線の場合
料金プラン定額プラン
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量500MB~30GB
月額基本料金1,750円~6,950円790円~5,990円970円~6,170円
データチャージ150円/100MB
国内通話20円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量
音声通話データ
データ(SMS機能付き)
ドコモauソフトバンクドコモauソフトバンクドコモauソフトバンク
500MB1,400円1,310円1,750円700円700円790円820円700円970円
3GB1,600円1,510円1,950円900円900円990円1,020円900円1,170円
6GB2,280円2,190円2,630円1,580円1,580円1,670円1,700円1,580円1,850円
10GB3,220円3,130円3,570円2,520円2,520円2,610円2,640円2,520円2,790円
20GB4,680円4,590円5,030円3,980円3,980円4,070円4,100円3,980円4,250円
30GB6,600円6,510円6,950円5,900円5,900円5,990円6,020円5,900円6,170円

また、エココースにすると回線混雑時の通信速度が制限されるものの、月額基本料金がよりお得になります。

エココース

エココースは、平日の回線が混雑する時間帯に、最大通信速度が200kbpsに制限されます

対象となる時間帯は、以下の通りです。

  • 7:30〜8:30
  • 12:00〜13:00
  • 18:00〜19:00

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量
音声通話データ
データ(SMS機能付き)
ドコモauソフトバンクドコモauソフトバンクドコモauソフトバンク
500MB
3GB1,550円1,460円1,900円850円940円970円1,120円
6GB2,180円2,090円2,530円1,480円1,570円1,600円1,750円
10GB3,070円2,980円3,420円2,370円2,460円2,490円2,640円
20GB4,380円4,290円4,730円3,680円3,770円3,800円3,950円
30GB6,150円6,060円6,500円5,450円5,540円5,570円5,720円

土曜日と日曜日は、速度制限にかかりません。

フリータンク

mineoには、mineoユーザーで共有できる「フリータンク」というパケット貯蔵庫システムがあります。

自然災害時など、パケットが不足した際に引き出せるなど、余ったデータ容量を家族以外のユーザーとシェアしながら、助け合うことができます。

【mineo公式】

お申し込みページ:https://mineo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、mineoは必ず公式ページで契約しましょう

BIGLOBEモバイル|光回線とセットで契約でき、エンタメ使い放題オプションがお得

BIGLOBEモバイル』は、インターネットプロバイダとして有名なビッグローブ株式会社が提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがドコモ・auの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

光回線とセットで申し込むと最大64,000円お得になるので、自宅のインターネット環境も整えたい場合は、特におすすめです。

また、オプション追加で、動画・音楽・ラジオ・電子書籍など、エンタメアプリが使い放題になります。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

BIGLOBEモバイルは、3種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額料金となります。

料金プラン月額基本料金プラン
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量3GB~30GB
月額基本料金1,600円~7,450円900円~6,750円1,020円~6,780円
データチャージ300円/100MB
国内通話20円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量
音声通話データ
データ(SMS機能付き)
ドコモ・auドコモドコモ・au
500MB1,400円
3GB1,600円900円1,020円
6GB2,150円1,450円1,570円
12GB3,400円2,700円2,820円
20GB5,200円4,500円4,620円
30GB7,450円6,750円6,870円

データ専用SIMは、ドコモ回線のみ契約できます

かけ放題オプション

BIGLOBEモバイルのかけ放題オプションは、以下の4つから選ぶことができます。

かけ放題オプション月額料金詳細
10分かけ放題830円1回10分以内の国内通話が無料
通話パック90最大90分(1,620円分)の国内通話が定額で利用可能
3分かけ放題600円1回3分以内の国内通話が無料
通話パック60最大60分(1,080円分)の国内通話が定額で利用可能

全オプションで「BIGLOBEでんわ」アプリの利用が必須です。

エンタメフリーオプション

BIGLOBEモバイルは、エンタメフリーオプションを追加すると動画・音楽・ラジオ・電子書籍など、エンタメアプリが使い放題になります。

以下では、対象アプリを一部紹介します。

  • YouTube
  • AbemaTV
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • 楽天ミュージック
  • dマガジン
  • 楽天マガジン
  • Facebook Messenger

オプション料金は、格安SIMのタイプごとに異なります。

SIMタイプ月額料金
音声通話480円
データ専用980円

ただし、コンテンツのアップロードやダウンロード、ビデオ通話、音楽アプリでの動画の視聴は、オプションの対象外となってしまうので注意してください。

BIGLOBEモバイルのお得なキャンペーン

BIGLOBEモバイルのキャンペーンは、以下の通りです。

ビッグローブ光特典総額最大64,000円キャンペーン

BIGLOBEモバイルは、同じく株式会社ビッグローブが提供する光回線サービスビッグローブ光」を同時に契約すると最大64,000円お得になります。

その内訳は以下の通りです。

  • キャッシュバック25,000円または月額割引1,480円×12か月
  • 標準工事費無料
  • 無線LANルーター1年間無料
  • 申込手数料無料

申込手数料は、ビッグローブ光の申し込みの際にクーポンコードを入力しないと無料にならないので、注意しましょう。

【BIGLOBEモバイル公式】

お申し込みページ:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、BIGLOBEモバイルは必ず公式ページで契約しましょう

UQ mobile|非常に速い通信速度で、低速節約モードはデータ使い放題

UQモバイルは、UQコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがauの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

au回線の格安SIMの中でも、通信速度の安定性に定評があり、低速節約モードを使用するとデータ容量が使い放題になります。

また、月額料金を口座振替で支払えるので、クレジットカードがなくても契約できます。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルは、スマホの使用目的や使用量に合わせて、「通信プラン」と「通話オプション」を自由に組み合わせることができます。

通信プランは、以下の通りです。

スマホプラン

スマホプランは、以下の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額プランとなります。

料金プランスマホプランSスマホプランR
SIMタイプ音声通話
データ容量3GB10GB
月額料金1,980円2,980円
使い放題速度0.3Mbps1Mbps

自分で通信速度を切り替えることができるので、速度制限にかからないように、使用するデータ容量を調節することができます。

スマホ音声通話オプション

電話の頻度が多い場合や長時間の通話をする場合は、あなたに合った音声通話オプションを選択して、無駄な支払いを抑えることができます。

音声通話オプションは、以下の3つです。

音声通話オプション月額料金詳細
かけ放題1,700円24時間いつでも無料
かけ放題700円1回10分無料
通話パック500円月60分無料

また、UQモバイルでは、契約者の人数や年齢に応じて、以下のお得な割引キャンペーンが適用されます。

UQモバイルのお得なキャンペーン

UQモバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

UQ家族割キャンペーン

家族割キャンペーンは、2人以上で契約すると「家族割」が適用され、2台目以降の月額料金が500円引きになります

たとえば、スマホプランSを契約すると月額料金が1,480円となり、月間3GBまでデータを使用することができます。

シニア割キャンペーン

シニア割キャンペーンは、契約者が60歳以上の場合、24時間いつでもかけ放題の音声通話オプションが、最大6ヵ月間無料になります。

誰とどれだけ話しても、国内通話料金が無料になるので、非常にお得です。

ただし、7ヵ月目以降は月額700円になるので、注意しましょう。

【UQモバイル公式】

お申し込みページ:https://www.uqwimax.jp/mobile/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、UQモバイルは必ず公式ページで契約しましょう

IIJmio|スマホ・PC・タブレット・IoT機器をお得な価格で購入できる

IIJmio』は、株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがドコモ・auの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

スマホ・PC・タブレット・IoT機器など、様々な端末とセットでお得に契約することができます。

また、光回線とセットで利用すると月々600円割引になります。

さらに、複数枚のSIMカードを利用する場合は、同一プラン内であれば、異なる回線間でもデータ容量を分け合うことが可能です。

IIJmioの料金プラン

IIJmioは、以下の3種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額料金となります。

ただし、回線によって同じSIMタイプ・データ容量でも、料金が異なるので注意しましょう。

ドコモ回線の場合
料金プラン定額プラン
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量3GB~12GB
月額基本料金1,600円~3,260円900円~2,560円1,040円~2,700円
データチャージ200円/100MB
国内通話20円/30秒
au回線の場合
料金プラン定額プラン
SIMタイプ音声通話データ(SMS機能付き)
データ容量3GB~12GB
月額基本料金1,600円~3,260円900円~2,560円
データチャージ200円/100MB
国内通話20円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量
音声通話データ
データ(SMS機能付き)
ドコモ・auドコモドコモau
3GB1,600円900円1,040円900円
6GB2,220円1,520円1,660円1,520円
12GB3,260円2,560円2,700円2,560円

データ専用SIMは、ドコモ回線のみ契約できます。

また、複数枚のSIMカードを利用する場合は、同一プラン内であれば、ドコモ回線とau回線間でデータ容量を分け合えます。

かけ放題オプション

IIJmioのかけ放題オプションは、以下の2つから選べます。

かけ放題オプション月額料金詳細
誰とでも3分&家族と10分600円1回3分以内(家族は10分以内)の国内通話が無料
誰とでも10分&家族と30分830円1回10分以内(家族は30分以内)の国内通話が無料

全オプションで「みおふぉんダイアル」アプリの利用が必須です。

IIJmioのお得なキャンペーン

IIJmioのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

mio割キャンペーン

mio割キャンペーンは、同じく株式会社インターネットイニシアティブが提供する光回線サービス「IIJmioひかり」と同時に利用すると月額料金が毎月600円割引になります

申し込み不要で、両サービスを同時に利用している期間は、ずっと適用されます。

端末セット

IIJmioは、スマホ・PC・タブレット・IoT機器など、様々な端末とセットでお得に契約することができます。

スマホやルーターをセット購入できる格安SIMサービスはたくさんありますが、タブレットやIoT機器を購入したい場合は、IIJmioが特におすすめです。

【IIJmio公式】

お申し込みページ:https://www.iijmio.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、IIJmioは必ず公式ページで契約しましょう

b-mobile|従量プランで月額料金を最適化でき、月間3GB以下は最安値

b-mobile』は、格安SIMサービスの先駆的な企業「日本通信株式会社」が提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがドコモ・ソフトバンクの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

データ使用量によって月額料金が決まるので、未使用分の無駄な料金を支払う必要はなく、毎月の支払いを最適化することができます。

格安SIMの種類にかかわらず、月間3GB以下のデータ容量を使用する場合は、月額基本料金が最安値になることが多いです。

また、ドコモ回線のみ最低利用期間と解約金がないお試し用の料金プランもあるので、気軽にサービスを試すことができます。

b-mobileの料金プラン

b-mobileは、以下3種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、月々の使用データ容量に応じて変動する従量プランとなっています。

990 JUST FIT SIM

b-mobileで、「音声通話SIM」を契約する場合は、このプランを選びましょう。

ドコモ回線・ソフトバンク回線どちらも利用可能です。

データ容量を2GB以上使用した場合は、1GBあたり200円ずつ加算されます。

料金プラン990 JUST FIT SIM
SIMタイプ音声通話
データ容量1GB~20GB
月額基本料金990円~4,790円
国内通話10円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量月額基本料金
1GB990円
2GB1,190円
3GB1,390円
4GB1,590円
5GB1,790円
6GB1,990円
7GB2,190円
8GB2,390円
9GB2,590円
10GB2,790円
11GB2,990円
12GB3,190円
13GB3,390円
14GB3,590円
15GB3,790円
16GB3,990円
17GB4,190円
18GB4,390円
19GB4,590円
20GB4,790円

「5分かけ放題」オプションに加入すると1回5分まで何度でも無料通話できます。

そのため、複数回10分以上の電話をする場合は、追加で通話オプションに加入することをおすすめします。

190 PAD SIM

b-mobileで、「データ専用SIM」を契約する場合は、このプランを選びましょう。

ドコモ回線・ソフトバンク回線どちらも利用可能です。

料金プラン190 PAD SIM
SIMタイプデータ
データ容量100MB~15GB
月額基本料金190円~3,280円

ドコモ回線のみ、月々130円追加するとSMS機能を付けることができます

データ容量は、100MB~15GBで、月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量月額基本料金SMS機能追加
100MB190円320円
1GB480円610円
3GB850円980円
6GB1,450円1,580円
10GB2,190円2,320円
15GB3,280円3,410円

このように、月間データ容量が100MBを超えない場合は、月額料金を190円に抑えることができます。

たとえば、LINEメッセージを前提に契約する場合は、月々190円の支払いで、1日600回以上のやりとりが可能です。

START SIM

b-mobileの「音声通話SIM」を契約するか迷っている場合、ドコモ回線に限り、解約金と使用期間が設定されていないSIMを契約することができます。

月額1,380円で月間1.5GBまで使用でき、いつでも無料で解約できるので、安心して試すことができます。

また、実際に990 JUST FIT SIMを契約する場合は、ドコモ回線に限り、解約金と使用期間がないままプランを移行できます

【b-mobile公式】

お申し込みページ:http://www.bmobile.ne.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、b-mobileは必ず公式ページで契約しましょう

y.u mobile|音声通話SIMは高額キャッシュバックと端末修理保障が適用される

y.u mobile』は、動画配信サービスで有名なU-NEXTが提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがドコモの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

音声通話SIMの場合、22,500円の高額キャッシュバックが適用されるので、実質的な月額基本料金が非常に安くなります。

また、音声通話SIMを契約すると「スマホ修理費用保険」が適用されます。

料金プランは定額制ですが、データ追加料金が1GBあたり300円と圧倒的に安く、データが余った場合は期間無制限で繰り越せるので、無駄な支払いを抑えることができます。

y.u mobileの料金プラン

y.u mobileは、以下3種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なり、定額プランとなります。

料金プランシングルプランシェアプラン
SIMタイプ音声通話データ音声通話データ
データ容量3GB20GB
月額基本料金1,690円900円5,990円5,500円
追加SIM790円/枚300円/枚
データチャージ300円/GB
国内通話10円/30秒10円/30秒
付加サービスU-NEXT月額プラン

どちらのプランも月額120円追加するとSMS機能を付けることができます。

ちなみに、y.u mobileは、利用開始後に1回のみプラン変更が可能で、手続きをした翌月から新しいプランが適用されます。

ただし、SIMタイプは変更できないので注意しましょう。

y.u mobileのお得なキャンペーン

y.u mobileのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

22,500円キャッシュバックキャンペーン

y.u mobileは、料金プランにかかわらず、音声通話SIMを契約した場合、高額キャッシュバック22,500円を受け取ることができます

特にシングルプランの場合は、年間通常料金が22,308円なので、初年度の料金が実質無料になります。

データSIMを契約した場合は、サービス対象外となってしまうので注意してください。

端末修理保証

y.u mobileは、料金プランにかかわらず、音声通話SIMを契約した場合、「スマホ修理費用保険」が適用されます。

端末の新品や中古にかかわらず30,000円を上限に修理費用を補償してもらうことができ、修理ができない故障の場合は、最大7,500円まで補償金を受け取ることができます。

ただし、以下2つの適用条件があるので、事前に確認しておきましょう。

  • 適用回数:年2回まで
  • 対象端末:発売から5年以内または購入から1年以内

データSIMを契約した場合は、サービス対象外となってしまうので注意してください。

【y.u mobile公式】

お申し込みページ:https://www.yumobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、y.u mobileは必ず公式ページで契約しましょう

エキサイトモバイル|40GB以上の大容量プランがあり、1契約5枚までシェアできる

エキサイトモバイル』は、エキサイト株式会社が提供する格安SIMです。

スマホのキャリアがドコモの場合、SIMカードを基本的にすぐ交換できます

料金プランの選択肢が豊富で、毎月の上限をあらかじめ決める「定額プラン」と使った分だけ支払う「最適料金プラン」から、あなたに最適なプランを選ぶことができます。

40GBを超える大容量プランがあり、1契約あたり5枚のSIMでデータ容量をシェアすることができるので、複数人で同時に契約したい場合は特におすすめです

エキサイトモバイルの料金プラン

エキサイトモバイルは、以下3種類の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM
  • データ専用SIM
  • データ専用SIM(SMS機能付き)

月額基本料金は、データ容量の上限で異なる定額プランと月々の使用データ容量に応じて変動する従量プランから選ぶことができます。

定額プラン

定額プランは、下記の通りで、データ容量の上限を最大50GBまで契約でき、使いきれなかった分は翌月に繰り越すことができます

料金プラン定額プラン
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量1GB~50GB
月額基本料金1,350円~10,880円650円~10,180円990円~10,320円
データチャージ580円/GB
国内通話10円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量月額基本料金
音声通話データデータ(SMS機能付き)
低速通信1,350円650円790円
1GB1,370円670円810円
2GB1,470円770円910円
3GB1,600円900円1,040円
4GB1,870円1,170円1,310円
9GB2,950円2,250円2,390円
20GB4,680円3,980円4,120円
30GB6,680円5,980円6,120円
40GB7,680円7,980円8,120円
50GB10,880円10,180円10,320円

月額140円追加でSMS機能を付けることができます。

また、エキサイトモバイルには、3枚コースもあります。

たとえば、データ専用SIMを選んだ場合の料金は、以下の通りです。

データ容量1枚コース3枚コース
低速通信650円1,100円
1GB670円1,260円
2GB7701,450
3GB900円1,680
4GB1,170円1,980円
9GB2,250円2,460円
20GB3,980円4,480円
30GB5,980円6,580円
40GB7,980円8,580円
50GB10,180円10,680

4、5枚目が欲しい場合は、1枚390円を支払うことでSIMカードを追加できます。

最適料金プラン

最適料金プランは、下記の通りで、月々のデータ容量を使った分だけ支払うことができます。

料金プラン最適料金プラン
SIMタイプ音声通話データデータ(SMS機能付き)
データ容量100MB~10GB
月額基本料金1,330円~3,180円630円~2,380円770円~2,420円
データチャージ580円/GB
国内通話10円/30秒

データ容量と月額基本料金の詳細は以下の通りです。

データ容量月額基本料金
音声通話データデータ(SMS機能付き)
低速通信1,200円500円640円
500MB1,330円630円770円
1GB1,360円660円810円
2GB1,470円770円910円
3GB1,580円880円1,020円
4GB1,850円1,150円1,290円
5GB2,150円1,450円1,590円
6GB2,300円1,600円1,740円
7GB2,600円1,900円2,040円
8GB2,820円2,120円2,260円
9GB2,900円2,200円2,340円
10GB3,180円2,380円2,520円

月額140円追加するとSMS機能を付けることができます。

また、最適料金プランにも、3枚コースがあります。

たとえば、データ専用SIMを選んだ場合の料金は、以下の通りです。

データ容量1枚コース3枚コース
低速通信500円
100MB630円1,050円
500MB1,100円
1GB660円1,180円
2GB770円1,340円
3GB880円1,550
4GB1,150円1,780 円
5GB1,450円1,890円
6GB1,600円1,950円
7GB1,900円2,100円
8GB2,120円2,190円
9GB2,200円2,380円
10GB2,380円2,540円
11GB2,830円
12GB3,100円
13GB3,450
14GB3,790円
15GB3,980円

3枚コースのみ15GBまで高速データ通信ができます。

4、5枚目が欲しい場合は、1枚390円を支払うことでSIMカードを追加できます。

でんわパックプラン

エキサイトモバイルには、音声通話とデータ通信の使用頻度に合わせて選べる、お得なパックプランが設定されています。

料金プラン従量SML
SIMタイプ音声通話
データ容量0GB~10GB5GB15GB35GB
月額基本料金1,900円~3,450円2,650円3,880円6,980円
国内無料通話10分/回3分/回5分/回

でんわパックプランの詳細は以下の通りです。

データ容量1枚コース
低速通信1,900円
3GB2,300円
6GB2,850
10GB3,450円

でんわパックプランは、その他のプランと異なり、初期費用がかかりません。

【エキサイトモバイル公式】

お申し込みページ:https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、エキサイトモバイルは必ず公式ページで契約しましょう

楽天モバイル|国内楽天回線エリアは通話かけ放題・データ使い放題

楽天モバイル 格安SIM

楽天モバイル』は、楽天回線を使っている格安SIMです。

今使っているスマホのキャリアにかかわらず、楽天回線で接続できる製品は、すぐSIMカードを交換できます

日本全国の楽天回線エリアで、データが使い放題で、楽天専用アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話がかけ放題となります。

また、世界66ヵ国と地域を対象に、海外でも月間2GBまでデータ容量を利用でき、SMSも無料です。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは、以下の通りです。

Rakuten UN-LIMIT2.0

Rakuten UN-LIMIT2.0は、以下の格安SIMを契約できます。

  • 音声通話SIM

月額基本料金は、一律2,980円です。

料金プランRakuten UN-LIMIT2.0
SIMタイプ音声通話
データ容量無制限
月額基本料金2,980円
国内通話0円

ただし、月間データ容量が無制限になるのは、国内の楽天回線エリアのみとなります。

国内でもパートナー回線エリアは月間5GB、海外は月間2GBまでなので注意しましょう。

UN-LIMIT2.0
国内楽天回線エリア制限なし
パートナー回線エリア5GB/月
海外2GB/月

パートナー回線エリアで、データ容量を超えた場合は、通信速度が最大 1Mbps に制限されます 。

また、海外でデータ容量を超えた場合は、通信速度が最大128kbpsまで制限されてしまうので、注意してください。

そのため、楽天モバイルは「my楽天モバイルアプリ」を使って、国内の楽天回線エリアを確認しながら利用しましょう。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン

楽天モバイル 格安SIM キャンペーン

楽天モバイルでは、Rakuten UN-LIMIT2.0のプラン料金が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。

具体的なキャンペーン内容は、以下の通りです。

  • オンライン契約で3,000ポイントプレゼント
  • 事務手数料3,300円相当分を全額ポイント還元
  • 対象製品プランセット購入で最大15,000ポイントプレゼント

先着300万人で、1人あたり1回線1度のみの適用となります。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページで契約しましょう

まとめ

楽天モバイルでおすすめのスマホ端末を紹介した上で、お得に端末を購入するための方法について詳しく解説しましたが、いかがでしたか?

結論、楽天モバイルでお得にスマホ端末を購入するためには、店舗ではなくネット経由で「公式オンラインサイト」からお得なキャンペーンを利用して申し込みましょう。

【楽天モバイル公式】

お申し込みページ:https://rakuten-mobile

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わるため、楽天モバイルは必ず公式ページから申し込みましょう。

このページを参考に、あなたが格安SIMを快適に利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket