失敗しない!格安SIMへの乗り換え(MNP)全手順を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順を知りたい」「格安SIMへ乗り換えるべきタイミングを知りたい」など、乗り換えについて気になっていませんか?

結論、大手キャリアから格安SIMへ、格安SIMから格安SIMへの乗り換えは手順さえ守れば簡単にできます。

ただし、格安SIMへの乗り換える際には理想的なタイミングがあり、乗り換えに成功しても後悔してしまうという事例も少なくありません。

このページでは、5年のスマホ販売実績のある私が、格安SIMへ上手に乗り換えするためのポイントをまとめています。

  1. 格安SIMに乗り換える手順と注意点
    乗り換え前の事前準備
    MNP予約申し込み
    契約内容入力
    SIMロック解除
    SIM開通手続き
  2. 格安SIMに乗り換える際の理想的なタイミング
  3. お得に格安SIMに乗り換えるためのキャンペーン活用方法
  4. 口コミでわかる格安SIMへの乗り換えの失敗事例
  5. 乗り換えで失敗しない!格安SIM選びの2つのポイント
  6. 全25社徹底比較!乗り換えにおすすめの格安SIMランキング
  7. 格安SIMの全メリット・デメリット

格安SIMを選ぶ際のポイントや、おすすめの格安SIMについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. 格安SIMに乗り換える手順と注意点

希望する格安SIMに乗り換える際は、電話番号も同時に移行するため、「MNP予約番号」と呼ばれる10桁の番号が必要となります。

そのため、他のキャリアから格安SIM乗り換えをする際には、以下の手続きが必要です。

  1. 乗り換え前の事前準備
  2. MNP予約申し込み
  3. 契約内容入力
  4. SIMロック解除
  5. SIM開通手続き

それでは、順番に乗り換え手順を見ていきましょう。

STEP1:乗り換え前の事前準備

格安SIMに乗り換えをする際には、以下の事前準備を済ませておきましょう。

  • クレジットカード、もしくは銀行口座がわかるもの(料金の支払い用)
  • 本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳、マイナンバーカード、在留カードのうち1つ)
  • 利用する予定の端末

格安SIMに乗り換える場合、オンラインにて申し込みをするか、店舗にて申し込みをするか選ばなくてはいけません。

オンラインで手続きを進める際には、カメラで本人確認書類を撮影したのちに、画像の添付が必要です。

そのため、Webブラウザ(Android 6.0以降のChrome、またはiOS 11以降のSafari)を利用して、手続きを進めていきましょう。

※ちなみに、利用予定の端末を持っていない場合は、格安SIMに申し込む際に端末を同時購入するか、自身で対応端末を用意すれば準備が整います。

STEP2:MNP予約申し込み

格安SIMへの乗り換えを進める前に、まずはMNP予約番号を取得していきます。

MNPとは?

MNPとは、スマホの会社を変えるときに電話番号を変えずに乗り換えることを意味します。

MNP転出を行えば、そのままの番号で大手から格安SIM、格安SIMから格安SIMへの乗り換えが可能です。

ここでは、MNP予約番号取得方法を以下の2つに分けて解説します。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

それでは、大手キャリアからのMNP予約番号取得の手続きから確認していきましょう。

大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

その際に、解約金なども聞くことができます。

ドコモのMNP予約番号入手方法

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  1. My docomoサービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

auのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話すれば簡単に手続きできるのでおすすめです。

一般電話/携帯電話共通: 0077-75470(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならEZWebから手続き可能です。

auショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きをおすすめします。

手数料:無料

ソフトバンクのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話することで簡単に手続きができます。

  • 携帯電話から: *5533へ電話
  • 一般電話から: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならMySoftBankから手続き可能です。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きがおすすめです。

手数料:無料

【MNP予約申し込み窓口一覧】

出典:niko niko cable tv

他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMから楽天モバイルに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  1. 電話による予約番号取得
  2. WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア取得方法MNP予約受付窓口MNP転出手数料
ワイモバイル電話151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル電話/WEB0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル電話/WEB0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル電話/WEB0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル電話/WEB0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
(電話手続きの場合は1,100円)
楽天モバイルWEBメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き無料
LINEモバイルWEBマイページの「MNP転出・解約」から手続き無料
OCN モバイル ONEWEBマイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き無料
IIJmioWEBマイページの「MNP予約番号発行」から手続き無料
b-mobileWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
日本通信SIMWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
y.u mobileWEBマイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き無料
nuroモバイルWEBご利用者向けページから手続きなし
DTIWEBMyDTIから手続き無料
NifMoWEB「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き無料
ロケットモバイルWEB解約URLから手続き無料
HISモバイルWEBMy HISモバイルから手続き無料
mineoWEBマイページから手続き無料
LIBMO電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
 (電話手続きの場合は1,100円)
エキサイトモバイルWEBBB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き無料
J:COMモバイルWEBJ:COMマイページから手続き無料
スマモバWEBマイページから手続き無料

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することが可能です。

STEP3:契約内容入力

MNP予約番号を取得出来たら、次に契約へと進みましょう。

乗り換え予定の格安SIMの公式サイトへと進み、申し込み手続きを進めます。

オンライン上で乗り換えをする場合は、手続きの途中でMNP予約番号の入力を求められるので、取得した番号を入力しましょう。

また、店舗にて乗り換えをする場合は、取得したMNP予約番号を提示していけば契約手続きを進めてくれます。

そして、そのまま手続きを進めていけば、格安SIMへの乗り換え手続きが完了です。

STEP4:SIMロック解除

格安SIMへの乗り換え手続きが終了した後は、現在使っているスマホをそのまま活用する場合のみ、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは、端末にかけられた利用制限をなくすことを意味しており、解除することで格安SIMを利用できるようになります。

SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に各社の公式サイトで動作確認端末一覧ページを確認しておきましょう。

動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

ドコモのSIMロック解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

auのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料:3,300円

ソフトバンクのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

STEP5:SIM開通手続き

SIMロック解除が済んだら、SIM開通手続きへと進みます。

開通方法はそれぞれの格安SIMによって異なるので、選んだ格安SIMの開通マニュアルを確認しましょう。

また、格安SIMの種類によっては『APN設定』を行わなくてはいけない場合があるので注意が必要です。

APN設定とは?

APN設定とは、通信サービスを利用するためのアクセスポイントを意味し、「どのインターネットに接続するか」を指定するための設定となります。

設定をしなくてはインターネットが開通しないので、必ず設定を進めておきましょう。

ただし、 ほとんどの格安SIMには説明書がついており、設定も非常に簡単で2分もあれば可能です。

例えば、povoではAPNの設定方法は以下の通りとなっています。(※iPhoneの場合)

出典:povo

出典:povo

出典:povo

格安SIMの初期設定時には一旦Wi-Fiに接続する必要もあるので、Wi-Fi環境が整っている場所でAPN設定をしていきましょう。

次の章では、格安SIMに乗り換えるべきタイミングについて解説していきます。

2. 格安SIMに乗り換える際の理想的なタイミング

少しでもお得に格安SIMの契約をしたい場合、以下のタイミングで乗り換えをしていくのがおすすめです。

それでは、なぜ上記のタイミングが理想的なのか、詳しく見ていきましょう。

2-1. 違約金(契約解除料)の負担がない契約更新月

格安SIMに乗り換える場合、違約金の負担がない『契約更新月』を選ぶようにしましょう。

大手キャリアは基本的に2年縛りで契約をしており、2年経過したタイミングが基本的に違約金の発生しないタイミングになります。

格安SIM乗換え 違約金

 

解約月がいつなのかわからない方は、下記のページから確認ができます。

【docomo】

  1. My docomoからお客様サポートへ進む
  2. 『契約内容・手続き』をクリック
  3. 『すべてのご契約内容の確認』をクリック
  4. 『契約プラン』の契約満了月にて確認

【au】

  1. My auからご契約内容/手続きへ進む
  2. 『契約情報』をクリックして、次回更新期間にて確認

【ソフトバンク】

  1. My SoftBankから契約確認をクリック
  2. オプション管理の更新期間にて確認

ちなみに上記の方法以外にも、MNP番号を電話にて取得する際に違約金のことも一緒に聞くことも可能です。

格安SIM→格安SIMの乗り換え時に違約金はかかる?

基本的に、ほとんどのデータ専用格安SIMはいつ解約しても違約金がかかりません。

ただし、音声通話機能付きの格安SIMの中には最低利用期間を設けているものもあり、期間内に解約すると違約金が発生する可能性があります。

例えば、以下の音声通話付き格安SIMの場合、利用期間によって違約金が発生するので注意が必要です。

格安SIM(音声通話付き)
最低利用期間違約金
BIGLOBE mobile
利用開始日から12カ月間1,980円
OCNモバイルONE
利用開始日が2019/9/30以前なし8,800円
利用開始日が2019/10/1~2019/11/19利用開始日から6カ月間1,100円
利用開始日が2019/11/20以降利用開始日から6カ月間
(新コース以外の場合)
1,100円
QTモバイル
Dタイプ利用開始日から12カ月間0カ月で13,200円
(1カ月ごとに1,100円ずつマイナス)
Aタイプ/Sタイプ利用開始日から13カ月間10,450円
LIBMO
利用開始日から12カ月間10,450円

そのため、乗り換えをする際には利用している格安SIMの規約を読んでから、解約手続きを進めていきましょう。

2-2. 月末

もし大手キャリアから格安SIMに乗り換えるなら、月末もおすすめとなります。

なぜなら、大手キャリアにて解約した月の月額料金は、日割り計算ではなく1月分の料金を請求されるからです。

ちなみに、格安SIMを解約する場合、解約した際に請求される料金は日割り計算によって算出されます。

3. お得に格安SIMに乗り換えるためのキャンペーン活用方法

お得に格安SIMへ乗り換えたいなら、キャンペーンを活用して契約するのがおすすめです。

格安SIMによってはキャンペーンを設けていることもあり、乗り換えをするだけでキャッシュバックやポイント還元を受けることができます。

例えば、主要格安SIMの中には以下のような乗り換えキャンペーンを設けており、利用することでお得に契約することが可能です。

格安SIM
キャンペーン・セール名詳細
楽天モバイル最大25,000円相当分をポイント還元乗り換えをすることで、最大25,000円分の楽天ポイントを還元
iPhone超トクのりかえiPhoneへの乗り換えで、楽天ポイント最大20,000ポイント還元
「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3カ月無料キャンペーン ルールプラン料金がプラン利用開始日から3カ月間無料
UQモバイル下取りキャンペーン乗り換え時に機種変更をした場合、下取り対象機種に応じた金額を還元
ワイモバイル
下取りプログラム乗り換え時に機種変更をした場合、下取り対象機種に応じた金額を還元
もっとPayPayあげちゃうキャンペーンPayPayモールやヤフーショッピングにて買い物すると、最大20%相当を返金
割引セール対象となる端末が最大21,600円値引き
BIGLOBEモバイル端末セット特典音声通話SIMと対象スマホをセットで最大20,000円相当ポイント還元
y.u モバイルキャッシュバックキャンペーン乗り換えで13,000円キャッシュバック

上記以外にも、契約するだけで特典を受けられる格安SIMも多いので、キャンペーンを利用しない手はありません。

ただし、キャンペーンによっては申し込み期間が設けられているものも多く、期間が過ぎてしまうと適用されなくなります。

そのため、気になるキャンペーンがあれば、早めに格安SIMへの乗り換えを検討しましょう。

iPhoneやAndroid端末を同時購入するなら、どの格安SIMがお得?

格安SIMを申し込む際にiPhoneもしくはAndroid端末を同時購入したいのであれば、楽天モバイルが最もおすすめです。

楽天モバイルの場合、iPhoneに乗り換えるとなると、最大で20,000ポイント還元されます。

さらに、Android端末であれば最大で25,000ポイントが還元されるので、お得に端末を手に入れることが可能です。

4. 口コミでわかる格安SIMへの乗り換えの失敗事例

『大手キャリア→格安SIM』や、『格安SIM→格安SIM』への乗り換えは非常に簡単です。

特に大手から格安SIMに切り替えると、毎月スマホ代を5,000円以上削減することもできるので、迷うなら早く乗り換えるべきです。

しかし、中には方法や選択肢を間違えてしまったばかりに後悔している人もたくさんいます。

ここではネット上にあった、格安SIMに乗り換えて後悔したエピソードを4つ紹介します。

『大手キャリア→格安SIM』のケースでも、『格安SIM→格安SIM』のケースでも気をつけるポイントばかりです。

きちんと事前に頭に入れて乗り換えをすれば、後悔する可能性をゼロに近づけられますので、しっかりと見ていきましょう。

4-1. ネットも使えない…電話が使えない期間が発生した

口コミ・評判

H・T さん(29歳)
毎月の料金が安くなるということで、格安SIMに乗り換えをしました。ネットから注文したのはいいものの、その後新しいSIMが到着しないのに、古いキャリアのネットも電話も使えなくなりました。
調べたら、次のSIMが到着するまで、古いSIMは使えなくなるということ。
我慢してWi-Fiで過ごしましたが、3日くらい電話もできず不便でした。

これは電話番号を変えずに乗り換えができる、MNP(Mobile Number Portability)を使う人が注意すべきポイントです。

MNPをする時には、基本的に下記の流れでMNPをすることになり、3日前後電話が使えなくなるケースがあります。

MNPの大まかなステップ

まずは、「MNP予約番号」を取得し、その番号を使って申し込みをすることで、次の通信会社でも今の番号が使えるようになります。

しかし、この流れには1つ欠点があり、即日MNPができないと下記のように転出+新規申し込みの手続きをした時点で今のSIMが使えなくなってしまいます。

つまり、次のSIMが届くまではスマホが使えない空白期間が出るということです。

格安SIMへ乗換えの際にスマホが使えない期間

ネットも電話も使えない期間が2~3日前後発生してしまいますので、それが嫌な方は即日MNPが可能な格安SIMを選びましょう。

即日MNPとは

即日MNPができる格安SIMなら、申し込み後期限内であれば、あなたの好きなタイミングで即座にMNPの切り替えができます。

新しい格安SIMが到着してから切り替えができるので、そのタイミングで手続きをすれば、使えない期間がほとんど発生しません。

即日MNPできる格安SIM

即日MNP可能な格安SIMを選ぶことがおすすめですが、後ほど紹介する「あなたの状況に合わせたおすすめ格安SIM」は、申し込み時に注意すれば即日MNPできるものばかりです。

使えない期間が発生するのが嫌だという方は、今回紹介する即日MNP可能な格安SIMを選ぶようにしましょう。

※今回紹介する格安SIMも完全に待ち時間が0というわけではなく、数十分程度は使えない時間が出る可能性があります。

4-2. 今までのスマホをそのまま使うことができなかった

口コミ・評判

C・K さん(23歳)
友人から今までのスマホにSIMカードを挿せば、そのまま使えると聞いたので格安SIMに切り替えを行いました。しかし、使えず。問い合わせるとSIMロックがなんとかとわけのわからない話をされました。
結局、新しいスマホを購入したので、無駄な出費と手間がかかりました

格安SIMによっては、今のスマホをそのまま使える場合と使えない場合とがあるので注意しましょう。

基本的に大手のキャリアから買った機種は「SIMロック」というロックがかかってて、そのキャリアの回線でしか使えないようになっています。

SIMロックとは

格安SIMは基本的に大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借りて、その回線を提供してくれています。

そのため、今のスマホをそのまま使いたい場合は、格安SIMがどこから回線を借りているか確認して、今使っているスマホの回線と同じにすれば問題ありません。

ただし、1-4. SIMロック解除をすれば、どの回線でも今のスマホを使えるようになります。

もし新しいスマホを購入する場合や、他社の回線にて格安SIMを契約する場合は、SIMロックを解除してから利用するようにしましょう。

SIMフリースマホなら安心!

最近、SIMロックのかかっていない「SIMフリースマホ」と呼ばれるスマホも出てきました。

SIMフリースマホであれば、どの会社の格安SIMでも使うことができます。

格安SIMと一緒に買った方、Apple Storeなど大手キャリア以外から購入した方のスマホはSIMフリースマホの可能性が高いです。

※それぞれのキャリアの回線ごとに、優秀な格安SIMがあるので、SIMフリーなのかわからなければ今のキャリアと同じ回線を使う格安SIMが確実でおすすめです。

4-3. 乗り換えのタイミングを間違えた

口コミ・評判

Y・A さん(36歳)
格安SIMに切り替えると料金が安くなると聞いたのですが、大手キャリアの違約金を忘れてました。
違約金+MNP手数料で1万円以上かかったし、端末の割引も受けられなくなったので乗り換えのタイミングをミスったかもです。
あと3ヶ月使えば、D社の違約金かからなかったのに..

格安SIMに乗り換えるときは、下記の料金がかかります。

  • 大手キャリアの2年縛りの解約金:10,450円前後

解約月に解約すれば、2年縛りなどの違約金を払わなくて済みます。

でも口コミを投稿してくれた男性は損をしてない!

ただ、この口コミを投稿してくれた男性は損はしていない可能性があります。

なぜなら、解約金の1万円は格安SIMを2ヶ月使えば、取り戻せる可能性が高いからです。

例として、下記に5GBのデータ容量と音声通話機能を使った場合の料金を紹介します。

このように、格安SIMによっては毎月3,700円削減し、3ヶ月程度で大手キャリアの解約金をカバーできることもあります。

そのため、無理に解約月を待たずに乗り換えをしてもよいでしょう。

4-4. 速度が遅くて使い物にならなかった

口コミ・評判

K・S さん(29歳)
遅いとは聞いていましたが、ネットサーフィンもできないレベルです。
特に昼休み・通勤の時間はスマホをいじりたいのに特に遅く、ストレスが溜まっています。
Twitterすら開けないこともあり、使い物にならないという表現が正しいと思います。

格安SIMへMNPをして後悔するケースの大半が、速度です。

通信速度は大手キャリアよりも遅くなるケースが多く、「遅くて使い物にならない」と感じることも少なくありません。

ただし、中には「大手キャリアとほとんど変わらない」という格安SIMもあります。

通信速度に関しては、格安SIMの中でも差がつきやすいところなので、選ぶ際には慎重に選ばなくてはいけません。

参考:その他注意点はある?

その他、大手から格安SIMに乗り換えると下記のようなデメリットを感じる人がいるようです。

  • 店舗などがなくサポートが薄くなる
  • 基本料金はガクッと下がるが、通話料が少し上がる
  • キャリアメール(@softbank.ne.jpなど)を使えなくなる

こういったデメリットは、そこまで気にしなくていいケースがほとんどです。

不安な方は7-2. 格安SIMの6つのデメリットをチェックしましょう!

次の章では格安SIMの選び方から、あなたが選ぶべき格安SIMまで徹底解説します。

5. 乗り換えで失敗しない!格安SIM選びの2つのポイント

この章では、あなたにあった最適な格安SIMを選ぶため、そもそもの格安SIMの選び方について解説していきます。

「速度が遅すぎて使えない…」「他の格安SIMの方が安かった...」など格安SIM選びで失敗しないためのポイントは2つあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

実際に速度が出るものを選ぶ

格安SMの選び方で最も重要なことは、実際に速度が出るものを選ぶことです。

例えば、BIGLOBEモバイルの最高速度は「下り958Mbps、上り112Mbps」と書かれています。
※タイプA(au回線)、タイプD(docomo回線)

出典:ビッグローブモバイル

しかし、この最高速度は理論的な最高速度で、これが出ることはほぼなく、1/100、1/1000の速度しか出ないこともザラにあるため、正直あてにならないです。

実際の速度(実質速度)を知らずに格安SIMを選ぶと、下記のように後悔してしまいます。

実際の速度(実質速度)を知らずに契約するとこんな目に…

Twitterを見ると、下記のように「格安SIM遅い..」という声が多数ありました。

上記のように失敗しないためにも、速度は理論値で比較するのではなく、実質速度で比較します。

ただ、一般の方で全格安SIMサービスの速度計測を行って比較するのは難しいでしょう。

そこで今回、25社の格安SIMを契約している私が、実際に計測を行いました。

そもそもなぜ格安SIMって遅いの?

格安SIMの各社がドコモやauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているからです。

そのため、格安SIMは、朝の通勤時、お昼休みの時間、夜の帰宅時など多くの方が携帯電話を利用する時間帯は通信速度が低下します。

通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

格安SIMの通信速度が遅い理由

上記のように、速度は大手キャリアには劣りますが、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

格安SIMの会社によっては、借りている設備の回線容量や顧客数が変わり速度に差が出るので、中には大手キャリアに引けを取らない通信速度を誇る格安SIMもあります。

① 速度計測方法

一般的な「速度測定アプリ」では、アップロードやダウンロードの速度を出してくれますが、実はあまりあてになりません。

なぜなら、通信事業者によっては下図のように速度計測アプリで測られているときだけ、速度を速くするものが存在するからです。

格安SIM 速度測定

上記のような結果が出てダウンロードスピードが速いことを確認しても、実際に動画などをダウンロードすると全く動かない可能性があります。

そこで今回の速度計測では、「動画再生速度」「Webページ読み込み速度」まで測定できるアプリとして、「5GMARK」アプリを使用しました。

格安SIM速度測定 4GMARK

「5GMARK」では、YouTubeやFacebookなどの読み込み時間も考慮して速度を点数化しているので、高得点が出た回線は実際に使ってみても快適なケースがほとんどでした。

② 実際に25社の速度を計測してみた

実際に25社の格安SIMを用意し、「5GMARK」を使ってどこが一番速いか測ってみました。(随時数を追加していきます)

格安SIMのパッケージ一覧

なお、計測は最も回線が混みやすい下記の3つの時間帯で行っています。

<時間帯>

  • 平日朝8~10時:通勤中の会社員・学生が使うので回線が混みやすい
  • 平日昼12~13時:お昼休みでみんなが使うので回線が混みやすい
  • 平日夕方18~19時:帰宅中の会社員・学生が使うので混みやすい

<エリア>

  • 東京都港区:人口の多い都心部や規模の大きな駅周辺等は混みやすい

本当の速度を把握するため、あえて回線が混みやすい環境で測定しました。

測定結果は、上記3つの時間帯のスコアを合計し、グラフ化しました。

格安SIM25社の速度ランキング

速度計測のスコアの高かった格安SIM

それでは、続いて格安SIM選びの2つ目のポイントである「月額料金」を見ていきましょう。

月額料金がお得なものを選ぶ

次に各社の格安SIMの月額料金を比較していきます。

全格安SIM事業者25社の全47プランを「音声付きSIM」と「データ専用SIM」で徹底調査しました。

音声付きSIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→  

格安SIM回線データ容量
100MB200MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB25GB30GB40GB50GB無制限
ahamoドコモ2,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,970
OCNモバイルONEドコモ5505505507709909901,3201,3201,3201,7601,7601,7601,760
mineoドコモ1,2981,2981,2981,2981,5181,5181,5181,5181,9581,9581,9581,9581,9582,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
mineo_お試しドコモ1,1001,100
BIGLOBE モバイルドコモ1,0781,0781,0781,0781,3201,3201,8701,8701,870
IIJmioドコモ8588588588588581,0781,0781,5181,5181,5181,5181,8481,8481,8481,8481,8481,8481,8482,0682,0682,0682,0682,068
日本通信SIM_合理的20GBプランドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
日本通信SIM_合理的かけほプランドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
日本通信SIM_みんなのプランドコモ1,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,390
b-mobileドコモ1,0891,0891,0891,0891,3091,5291,7491,9692,1892,4092,6292,8493,0693,2893,5093,7293,9494,1694,3894,6094,8295,0495,269
y.u mobileドコモ1,0701,0701,0701,0701,0701,0701,0701,0702,9702,9702,9702,9702,9704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,1704,170
エキサイトモバイル_Fitプランドコモ8808808808808808801,4301,4301,4301,4301,9801,9801,9801,9801,9802,7502,7502,7502,7502,7503,2453,2453,2453,245
エキサイトモバイル_Flatプランドコモ1,2101,2101,2101,2101,2101,2101,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6502,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0684,4004,4007,70011,198
イオンモバイルドコモ8038038038589681,0781,1881,2981,4081,5181,6281,7381,8481,9581,9582,0682,0682,1782,1782,1782,1782,1782,1784,1584,1585,2586,358
DTI SIMドコモ1,3201,3201,3201,3201,6391,6392,1122,1123,0803,0803,0803,0803,080
NifMoドコモ1,7601,7601,7601,7601,7601,7602,5302,5302,5302,5303,8503,8503,8503,8503,8503,8504,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7306,0506,050
QTモバイルドコモ1,1001,1001,1001,1001,1001,5401,7601,7601,7601,9801,9801,9801,9802,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2003,3003,300
nuro mobileドコモ7927927927927927929909901,4851,4851,4852,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,6992,699
スマモバドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,8382,8382,8383,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,828
ロケットモバイルドコモ7657657657658509851,4301,4301,9801,9804,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,4004,400
HISモバイル_格安弐拾プランドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安かけ放題プランドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
HISモバイル_格安ステップドコモ5905905905907907901,1901,1901,4901,4901,7901,7901,790
LIBMOドコモ1,0781,0781,0781,0781,5181,5181,5181,5181,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9912,7282,728
povoau9909909909909909902,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,700
mineoau1,2981,2981,2981,2981,5181,5181,5181,5181,9581,9581,9581,9581,9582,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
mineo_お試しau1,1001,100