ドコモ光の特徴と最安で契約するコツ!プロバイダ24社の特典も徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「ドコモ光って結局のところどうなの?」「一番安く契約する方法は?」など、ドコモ光について気なっていませんか?

結論、ドコモ光は光回線サービスとして、料金・速度・エリア・サポートなど、どれをとっても快適なサービスを提供しており、特にドコモユーザーならスマホ割が適用されて割安なほか、プロバイダの選び方次第で多くの特典を得ることも可能です。

このページでは、家電量販店で長年に渡り光回線サービスに携わってきた筆者が、ドコモ光を正しく選ぶための基準として、ドコモ光の9つの特徴を口コミを交えて紹介するほか、最もお得な申込窓口についても紹介していきます。

  1. そもそもドコモ光ってどんなサービス?口コミもチェック!
  2. ドコモ光を最もお得に契約するにはプロバイダ選びが最重要!
  3. プロバイダの満足度を左右する6つのポイントをチェック!
  4. 24社を一覧で比較!一番のおすすめは「GMOとくとくBB」
  5. GMOとくとくBBからドコモ光へ申し込む手順
  6. ドコモ光を解約する場合は?
  7. エリア限定ながらドコモ光には超高速10ギガプランもある
  8. ドコモ光に関する質問まとめ

このページを読めば、ドコモ光を選ぶべき理由がスッキリと理解できるだけでなく、あなたにとって最適な申込窓口を選ぶことができます。

1.そもそもドコモ光ってどんなサービス?口コミもチェック!

ドコモ光とは、NTT東・西が提供するフレッツ光の光ファイバーケーブル網を利用して、ドコモが提供しているプロバイダ一体型のインターネットサービスです。

ドコモ光トップ画面出典:docomo

ドコモ光は、ドコモユーザーなら最もお得に利用できるサービスですが、そのほかにどのような特徴やメリットがあるのか、次の順に詳しく見ていきたいと思います。

それでは、ドコモ光ついて知っておきたい9つのポイントを説明します!

1-1.契約プラン

ドコモ光のメインとなる契約プランは、最大1Gbpsの高速光回線「1ギガプラン」で、戸建てをはじめ、マンション(アパート)でも契約することができます。

プランにはプロバイダごとに利用料金が異なる「タイプA」と「タイプB」、プロバイダとの別途契約が必要な「単独タイプ」と「ドコモ光ミニ(戸建て限定)」などがあります。

  • タイプA|1ギガプランで最も安いプロバイダ18社とのセットプラン
  • タイプB|1ギガプランで220円(税込)/月ほど割高なプロバイダ6社とのセットプラン
  • 単独タイプ|自分でプロバイダと契約できるプラン
  • ドコモ光ミニ|使わない月は安く、多く使うと定額になる2段階定額プラン

ただし、ドコモ光1ギガプランを最も安く利用したい場合には、迷わず「タイプA」を選ぶようにしましょう。

参考:プロバイダって何?


プロバイダとは、次の図のようにインターネットに繋がる入り口のような役割をしており、必ず契約しなければならないサービスです。

プロバイダの役割

プロバイダは、光回線サービスとセット料金になっているものがほとんどですが、プランによっては個別に契約できるものもあります。

また最近では、プロバイダから光回線サービスを申し込むことで、従来よりもお得なサービスを受けられるケースが多くなっています。


◎さらに、ドコモ光の契約プランに関する口コミもチェックしてみましょう!

1-2.利用料金

ドコモ光を利用する際に必要な費用は次の通りです。

  • 月額利用料金
  • 初期費用(事務手数料+工事費)

それぞれ順に説明します。

①月額利用料金

ドコモ光の月額料金を戸建て、マンションに分け、プロバイダのタイプごとに紹介していきます。

←スマートフォンの方は左右にスクロールできます→

プロバイダのタイプ 戸建てプラン(月額) マンションプラン(月額)
タイプA 5,720円:2年定期契約
7,370円:契約期間なし
4,400円:2年定期契約
5,500円:契約期間なし
タイプB 5,940円:2年定期契約
7,590円:契約期間なし
4,620円:2年定期契約
5,720円:契約期間なし
単独タイプ 5,500円:2年定期契約
7,150円:契約期間なし
4,180円:2年定期契約
5,280円:契約期間なし
ドコモ光ミニ(戸建て限定) 2,970~6,270円:2年定期契約
4,620~7,920円:契約期間なし

※「単独タイプ」と「ドコモ光ミニ」には、別途プロバイダ料金が必要
※料金はすべて税込み

一見すると、「単独タイプ」や「ドコモ光ミニ」がお得に見えますが、この2つのプランは別途プロバイダ料金が必要なため、逆に高い料金を支払うことになりかねません。

つまり、ドコモ光を最もお得に利用するには、「タイプA」のプロバイダで2年定期契約を選ぶことが大切です。

また、それぞれの月額利用料金の違いによって、通信環境や速度が異なるということもありません。

②初期費用(事務手数料+工事費)

続いて、ドコモ光の契約時に必要な事務手数料と工事費について紹介します。

←スマートフォンの方は左右にスクロールできます→

料金 戸建てプラン マンションプラン
事務手数料 3,300円 3,300円
工事費 19,800 16,500

※料金はすべて税込み

嬉しいことに、ドコモ光の工事費はキャンペーンによって現在は無料となっています。

◎ドコモ光の利用料金について、口コミをチェックしてみましょう。

1-3.通信速度

前述の通り、ドコモ光の通信設備はNTT東・西が提供するフレッツ光と同じものであり、最大通信速度は「1Gbps」となっています。

ただし、最大通信速度とは理論上の数値であり、実際に「1Gbps」出るわけではなく、本来の速度である実測値が重要視されています。

ドコモ光の実測値は次の通りです。

最大通信速度 1Gbps
実測値(下り) 221.51Mbps
実測値(上り) 178.77Mbps

※実測値は「みんなのネット回線速度」より

上記のように、実測値は最大通信速度よりも遅くなってしまうものですが、下り速度で100Mbps前後出るのが一般的で、利用環境に恵まれた場合には300~400Mbps出ることもあります。

また、通信速度の目安としては、オンライン授業なら1.2Mbps~、PCでの動画視聴ならフルHDで5Mbps~、ZOOM会議なら10Mbps〜、PCでオンラインゲームをするなら30Mbps以上あれば、問題ありません。

←スマートフォンの方は左右にスクロールできます→

上り・下り 用途(目的) 通信速度
下り オンライン授業 1.2Mbps〜10Mbps
下り 動画視聴 5Mbps~20Mbps ※YouTubeの場合0.7Mbps~
下り ZOOM会議 10Mbps〜30Mbps
下り オンラインゲーム(PC) 30Mbps〜100Mbps

◎ドコモ光の通信速度について、口コミをチェックしてみましょう。

1-4.提供エリア

ドコモ光は、NTT東・西が提供するフレッツ光の設備を利用しているため、サービス提供エリアもフレッツ光同様に、東日本で95%、西日本で93%をカバーします。

つまり、サービス提供エリアは、ほぼ日本全域と言えますが、離島などにお住いの場合はエリア外となっている場合もあるため、事前に確認することをおすすめします。

また、ドコモ光のサービス提供エリアは、公式サイトで調べることができませんが、フレッツ光の公式サイトから調べることができます。

ドコモ光を利用したいと思ったら、まずは上記のURLからサービス提供エリアを確認するか、ドコモインフォメーションセンター「0120-800-000」へ問い合わせてみましょう。

◎ドコモ光の提供エリアについての口コミも見てみましょう。

1-5.ドコモ光セット割

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホと「ドコモ光」をセットで契約している場合、「ドコモのギガプラン」、または、「パケットパック」の月額料金が割引になるサービスです。

ドコモ光セット割のイメージ出典:docomo

ドコモ光セット割では、月々550~1,100円(税込)の割引を受けることができます。

割引対象となるスマホ料金プランは次の通りです。

料金プラン 割引額
定額プラン 2段階定額プラン
5Gギガホ プレミア 永年 -1,100円/月 永年 -550円/月
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
5Gギガライト/ギガライト <ステップ4:~7GB> 永年 -1,100円/月 永年 -550円/月
<ステップ3:~5GB> 永年 -1,100円/月 永年 -550円/月
<ステップ2:~3GB> 永年 -550円/月 永年 -220円/月
<ステップ1:~1GB>

※「5Gギガライト」「ギガライト」の契約で、利用データ量が1GB以下の場合は対象外
※料金はすべて税込み

◎ドコモ光セット割に関する口コミも見てみましょう。


ahamoはドコモ光セット割対象外?


2021年3月からスタートしたドコモの新プランahamoは、これまでのプランとは異なり「ドコモ光セット」の割対象外です。

ただし、ahamo回線をドコモ光のペア回線に設定した場合、同一ファミリー割引グループ内のahamo以外の対象回線は「ドコモ光セット割」の対象となります。

1-6.工事費無料

ドコモ光の工事費について、そして、工事費無料キャンペーンについてもすでにお伝えした通りですが、ここでは工事費無料キャンペーンについて、詳しく触れておきたいと思います。

ドコモ光新規工事料無料特典出典:docomo

現在、ドコモ光では、新規契約の際の工事費無料キャンペーンを行っていますが、こちらは通常の工事費のみであり、土・日・祝日工事の追加工事費(税込3,300円)や、ドコモ光電話などのオプション工事費は含まれていないことを覚えておきましょう。

そのほかに、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える「転用」や、ソフトバンク光やビッグローブ光などから乗り換える「事業者変更」では、そもそも新規工事の必要がないので、工事費は無料となります。

◎ドコモ光の工事費に関する口コミも見てみましょう。

1-7.公式キャンペーン

ドコモ光の公式キャンペーンでは、2022年11月現在、「ドコモ光(2年定期契約)」を「ドコモショップ」から申し込むと、dポイントを10,000pt受け取ることができます。

【ドコモ光-1ギガ】dポイントプレゼント特典出典:docomo

ただし、dポイントの有効期限は進呈月を含む6カ月間となっており、2章以降でご紹介するプロバイダのキャッシュバック特典との併用ができないため、あまりメリットがありません。

さらに、ドコモ光を移転する際にも、「ドコモ光のお引越し(移転)」を申し込むとdポイント5,000pt分を受け取ることができます。

ドコモ光引越しキャンペーン出典:docomo

なお、「ドコモ光のお引越し(移転)」は、Webまたは電話、ドコモショップから申し込むことができます。

◎ドコモ光のキャンペーンについても口コミを見てみましょう。

1-8.オプションプラン

ドコモ光には充実したオプションプランも用意されており、エンターテインメントをはじめ、サポート・セキュリティなど、あなたにとって最適なプランを選ぶことができます。

ドコモ光の主なオプションプランは次の通りです。

←スマートフォンの方は左右にスクロールできます→

オプションプラン 月額料金 プランの特徴
固定電話サービス 550円 ・国内電話の通話料が一律8.8円/3分でおトク
・アナログ電話やフレッツ光のひかり電話なら、電話番号もそのまま
ドコモ光テレビオプション 825円 ・アンテナ不要で地デジ・BS放送が楽しめる
ひかりTV for docomo 2,750円 ・豊富な専門チャンネルとVOD、地デジ・BS放送が楽しめる
スカパー! 3,234円~ ・アンテナ不要・チューナー不要で「スカパー!」が楽しめる
・ドコモ光と同時申込で工事費無料などお得な特典あり
あんしんパック ホーム 968円 ・パソコンやゲームなどネット端末のセキュリティから補償まで、「デジタル機器補償サービス」
「ネットトータルサポート」「ネットワークセキュリティ」の3つの安心をパックに!
dTVチャンネル 858円 音楽・ドラマ・バラエティなど多彩な専門チャンネルを、
スマートフォンやタブレットでいつでもどこでも見放題!

※料金はすべて税込み

ドコモ光のネット契約に、オプションプランもプラスすれば、より快適なインターネットライフを送ることができます。

◎ドコモ光のオプションプランの口コミも見てみましょう。

1-9.プロバイダ

ドコモ光は、他の光回線に比べてプロバイダ数が24社と意外と多く、ユーザーはその中で自分に最適なプロバイダを選ぶ必要があります。

ドコモ光のプロバイダは次の通りです。

◎プロバイダ「タイプA」

ドコモネットロゴ purara andline
sis hi-ho ic-net tigers エディオンネット
sinaps BBexsite rakuten TIKITIKI @ネスク koara

※「01光コアラwithドコモ光」は2022年5月31日をもってサービス提供を終了

◎プロバイダ「タイプB」

OCN TNC ちゃんぷる WAKWAK

プロバイダは、ユーザーとインターネットを繋ぐ役割を果たし、必ず契約しなければならないサービスです。

ドコモ光を最もお得に契約するためには、月額料金が最安のプロバイダ「タイプA」の中で、キャッシュバックなどの特典が豊富で、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルしてくれる1社を選ぶようにしましょう。

◎ドコモ光のプロバイダの口コミも見てみましょう。

なお、次章では、ドコモ光を契約する際の最重要事項と言える「プロバイダ選び」について解説していきたいと思います。

2.ドコモ光を最もお得に契約するにはプロバイダ選びが最重要!

ドコモ光を最もお得に契約するためには、プロバイダ選びが最重要ポイントになります。

なぜなら、プロバイダによって、月額料金が異なるほか、キャッシュバックをはじめとする特典にもそれぞれ特徴があるからです。

この後の章でも、プロバイダ選びについて詳しく紹介していきますが、まずは最も重要なポイントを紹介していきます。

それぞれ順に見ていきましょう。

2-1.タイプAのプロバイダから選ぶ

前述の通り、ドコモ光の月額料金が最も安いのは、「タイプA」のプロバイダと2年定期契約を結ぶことです。

プロバイダのタイプ
戸建の月額料金 マンションの月額料金
タイプA 5,720円 4,400円
タイプB OCN 5,940円 4,620円
単独タイプ 個別に契約 5,500円 4,180円

※2年契約の月額料金、すべて税込料金
※単独タイプの場合には、別途プロバイダ料金が必要

タイプAのプロバイダは月額料金が「タイプB」よりも月額220円(税込)安くなるため、2年間で5,280円(税込)お得に利用できます。

2-2.キャッシュバックが高額なプロバイダを選ぶ

他のプロバイダとの差別化を図るために、それぞれのプロバイダが豊富な特典を用意していますが、中でもインパクトの大きな特典として、高額キャッシュバックが挙げられます。

ドコモ光のプロバイダが行っているキャッシュバックで、オプション条件もなく安心して選べるキャッシュバックの最高額は2022年11月現在45,000円です。

ドコモ光-GMOとくとくBB-キャッシュバック額出典:GMOとくとくBB

後ほど詳しく説明しますが、ドコモ光を最もお得に利用するためには、45,000円のキャッシュバックを行っているプロバイダから選ぶようにしましょう。

2-3.不要なオプションはつけない

ドコモ光に最もお得に申し込むためには、プロバイダを窓口にすることになりますが、その際に、「スカパー!」や「光電話」、「あんしんパック ホーム」といったオプションも魅力です。

しかし、オプションを増やせば月々の支払額も増えるので、オプションを申し込む際には、本当に必要かどうかを十分検討することをおすすめします。

なお次章では、キャッシュバックと併せて比較したい、プロバイダの豊富な特典について詳しく紹介します。

3.プロバイダの満足度を左右する6つのポイントをチェック!

ここからは、キャッシュバックをはじめ、プロバイダを選ぶ際に知っておきたいお得な特典について、次の順に紹介していきます。

もし、キャッシュバック額が同じだった場合には、そのほかの特典でもプロバイダを比較してみると良いでしょう。

3-1.独自のキャッシュバック

公式ページやドコモショップではなく、プロバイダのキャンペーンから申し込むことで、ドコモ光に加えて、プロバイダ独自のキャッシュバックも受け取ることができます。

なお、独自のキャッシュバックを賢く受け取る方法は、オプション条件がないものの中から最高のキャッシュバックを受け取れるプロバイダを選ぶことに尽きます。

高額キャッシュバックが受け取れるプロバイダは次の通りです。

←スマートフォンの方は左右にスクロールできます→

ドコモ光の
申込窓口

キャッシュバック
オプション加入要否 受け取りやすさ
受取時期 手続き
GMOとくとくBB 45,000 加入不要 4カ月後
WEB手続き
Wiz 20,000円 加入不要 6カ月後
WEB手続き
OCN 20,000円 加入不要 2カ月後
WEB手続き
@nifty 20,000円 スカパーまたはひかりTV加入
(月額+3,000円前後)
12カ月後
WEB手続き
ぷらら 15,000円 加入不要 4カ月後
WEB手続き
ネットナビ 15,000円 加入不要 1カ月後
郵送手続き

※OCNはタイプBのため月額料金が税込220円高い

上記のように、GMOとくとくBBであれば、オプション加入不要で45,000円の高額キャッシュバックが最短4カ月で受け取れます。

3-2.Wi-Fiルーターの無料レンタル

ドコモ光のプロバイダの中には、インターネットを楽しむために必須とも言えるWi-Fiルーターを無料レンタルしているところもいくつかあります。

ルーター無料出典:GMOとくとくBB

光回線をWi-Fiルーターに繋ぐと、家中どこでもインターネットに接続することができるので、無料レンタルしてくれるところを選びましょう。

中には、非常に高性能なルーターを貸してくれるプロバイダもあるので、キャッシュバック額が同じなら、Wi-Fiルーターの性能で選ぶのも一つの手です。

3-3.速度期待度

ドコモ光は、最大通信速度1Gbpsですが、これは理論上の数値であり、利用環境やプロバイダ次第では、その1/100も出ないケースがあります。

イメージとしては下記のように、インターネットはエリアごとに基地局があるケースが多いですが、そのエリアごとにプロバイダの設備があります。

光回線 プロバイダは地域・顧客数で速度が変わる

そして、そのエリアの設備に対する利用者が多いほど回線が混み合うため、通信速度が遅くなる可能性が高まります。

改善策としては、「v6プラス」という接続方式に対応しているプロバイダを選び、v6プラスに対応したWi-Fiルーターを使うことがベストと言えます。

次世代技術「v6プラス」とは?

「v6プラス」とは、従来のインターネット接続方式である「PPPoE」による速度の遅延を解消するために生まれた「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」による接続方式のことです。

v6プラス出典:GMOとくとくBB

上記のように、「v6プラス」なら、アクセスが集中するポイントを通らないため、混雑して遅くなる時間帯でも快適にインターネットを利用することができます。

3-4.開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル

ドコモ光の開通工事待ちの期間中にもインターネットを利用できるように、プロバイダによっては、モバイルWi-Fiルーターの無料レンタル、または、特別価格でのレンタルを行っています。

GMOとくとくBBのモバイルi-Fi無料レンタル出典:GMOとくとくBB

モバイルWi-Fiルーターは光回線ほどの通信速度は望めませんが、工事も不要で気軽にインターネットを楽しめるので、開通工事を焦ることなく待つことができます。

どうせなら、モバイルWi-Fiも無料でレンタルしてくれるプロバイダを選ぶようにしましょう。

3-5.セキュリティ無料サービス

さらに、プロバイダによっては、コンピューターウイルス対策ができるセキュリティソフトを無料レンタルしてくれる場合もあります。

GMOとくとくBBのセキュリティ出典:GMOとくとくBB

無料期間は12~24ヶ月などプロバイダによっても異なりますが、スマホやパソコンを安心してインターネットに接続できる「無料レンタル」に対応しているプロバイダを選んだ方がお得と言えます。

3-6.乗り換えキャンペーン

現在、他の光回線を利用中で、ドコモ光に乗り換えるという場合に、違約金や工事費の残債、回線撤去費用といった解約時にかかる費用を補助するために、乗換キャンペーンを行っているプロバイダもあります。

ドコモ光-GMOとくとくBB-違約金キャッシュバック出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの場合、解約違約金補助として10,000円のキャッシュバック還元があります。

ここまで、ドコモ光を最安で契約するためのプロバイダ選びついて紹介してきましたが、これらすべての観点から最も選ぶべきプロバイダは「GMOとくとくBB」と言えます。

次章では、なぜ「GMOとくとくBB」が最も優れたプロバイダなのかについて詳しく説明していきます。

4.24社を一覧で比較!一番のおすすめは「GMOとくとくBB」

ここからは、なぜ「GMOとくとくBB」がドコモ光のプロバイダの中で一番おすすめできるのか?について説明していきたいと思います。

実際にどのプロバイダがお得なのかを確かめるために、全24社のプロバイダを一覧にしてみました。

下記の5つの観点から、最も快適でお得なプロバイダは「GMOとくとくBB」であることがわかります。

  • 月額料金|月額料金が安いプロバイダ「A」タイプか
  • キャッシュバック|キャッシュバック額が高いか
  • Wi-Fiルーター|Wi-Fiルーターが無料レンタルできるか
  • 特典|その他の特典が豊富か
  • 通信速度|v6プラス対応で通信速度(平均速度)が速いか

【補足】v6プラスとは

「v6プラス」とは、混雑しやすい回線のポイントを通らずに接続できる次世代型の通信方式のことです。現在では、23社すべてのプロバイダで使えるようになっています。

←上下左右にスクロールできます→

ドコモ光の
プロバイダ
プロバイダ
タイプ

キャッシュバック
Wi-Fiルーター
無料レンタル
その他の特典
v6プラス
対応

通信速度
(下り)
現金 dポイント セキュリティ
無料サービス
訪問サポート
無料サービス
モバイルWi-Fi
無料レンタル
GMOとくとくBB A 45,000円 2,000pt  〇 294.84Mbps
OCN B 20,000円 2,000pt - 274.23Mbps
@nifty A 20,000円 2,000pt - - 214.16Mbps
plala A 15,000円 2,000pt - 279.5Mbps
TiKiTiKi A - 20,000pt - - - 299.59Mbps
BBエキサイト A - 10,000pt - 245.74Mbps
DTI A - 10,000pt - - - - 243.09Mbps
BIGLOBE A - 10,000pt - 279.27Mbps
ANDLINE A - 10,000pt - 193.99Mbps
ic-net A - 10,000pt - 136.69Mbps
hi-ho A - 10,000pt - 128.39Mbps
スピーディア A - 10,000pt - 55.93Mbps
ドコモnet A - 10,000pt - - - 318.86Mbps
Tigers-net A - 10,000pt - 240.52Mbps
楽天ブロードバンド A - 10,000pt - - - 185.47Mbps
シナプス A - 10,000pt - - 253.88Mbps
エディオンネット A - 10,000pt - - - - 302.15Mbps
@ネスク A - 10,000pt - - - - 293.95Mbps
@TCOM B - 10,000pt - - - - 254.11Mbps
ちゃんぷるネット B - 10,000pt - - 249.73Mbps
TNC B - 10,000pt - - - - 346.04Mbps
AsahiNet B - 10,000pt - - - - 288.83Mbps
WAKWAK B - 10,000pt - - - - 135.78Mbps
01光コアラ※1 A - - - - - - - -

※1:「01光コアラwithドコモ光」は2022年5月31日をもってサービス提供を終了
※プロバイダタイプBはAに比べて月額料金が税込220円高い
※通信速度は『みんなのネット回線速度』を参照

プロバイダごとの注意点

プロバイダによって以下の点は異なりますので、公式ページなどで最新の情報を確認してから申し込んでください。

  • セキュリティの無料期間が終わると自動的に有料プランに切り替わる
  • v6プラスなどはご利用の環境次第では使えない場合や専用の機器が必要なケースがある
  • キャンペーンおよびセキュリティサービスは急遽変更になることがある

上記のように「GMOとくとくBB」は最高額の45,000円キャッシュバックを実施しており、他の観点でも申し分ないスペックです。

ただし、無料レンタルできるWi-Fiルーターのスペックを比べてみると、「GMOとくとくBB」のWi-Fiルーターが優れていることがわかります。

下記は、キャッシュバック額が高くてWi-Fiルーターを無料レンタルできるプロバイダ3社のスペック比較表ですが、GMOとくとくBBから無料レンタルできるWi-Fiルーターは最大通信速度が最も速いことがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモ光の
プロバイダ
無料レンタルできる
Wi-Fiルーター
5GHz
最大通信速度
2.4GHz
最大通信速度
メーカー
希望小売価格
GMOとくとくBB
(3種類から選べる)
WSR-2533DHP3(BUFFALO) 1,733Mbps 800Mbps 8,860円
Aterm WG2600HS2(NEC) 1,733Mbps 800Mbps 7,120円
WRC-2533GST2(ELECOM) 1,733Mbps 800Mbps 10,318円
OCN Aterm WX1800HP(RS) 1,201Mbps 574Mbps 13,200円※1
@nifty WRC-1167GS2H-B(BUFFALO) 866Mbps 300Mbps 7,480円
WSR-1166DHPL2(ELECOM) 867Mbps 300Mbps 4,860円

※OCNのみタイプB(月額料金が税込220円高い)
※1:Amazonでの価格

せっかくv6プラスの光回線で高速通信ができるわけですから、Wi-Fiルーターは少しでも速く、価格の高いものを無料でレンタルすることをおすすめします。

上記より、最高水準のスペックを誇るWi-Fiルーターを無料でレンタルできることから、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」を選べば間違いありません。

ドコモ光の最もお得なプロバイダなら「GMOとくとくBB」一択!

ここまで説明してきた通り、ドコモ光を最もお得に契約し、快適に利用するなら「GMOとくとくBB」こそ、最も選ぶべきプロバイダ(申込窓口)と言えます。

ドコモ光-GMOとくとくBB-TOPページ出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBなら「オプション条件なしで45,000円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえるほか、次の特典も受け取ることができます。

  • dポイント最大2,000pt
  • Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)
  • 開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
  • 乗り換えキャンペーン10,000円還元
  • セキュリティ1年間無料(マカフィー)
  • ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

上記のようにうれしいサポートが付いてくるため、これからインターネットを安心して始めることができます。

ちなみにGMOで借りられるWi-Fiルーターはどれがおすすめ?

GMOとくとくBBでは、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを3種類の中から選ぶことができます。

ただし、正直ここまでくると、どちらも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。

出典:GMOとくとくBB

スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2(ELECOM)」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのがおすすめです。

キャッシュバック受け取りのステップ

dポイントは自動的に付与されるので、「GMOとくとくBB」のキャッシュバックについて紹介していきます。

①GMOとくとくBBの入会後に郵送されるメールアドレスが記載された登録証を保管しておきます。

②回線開通月を含む4ヶ月目に上記メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する案内メールが送られてきます。

③案内メールで必要事項を登録し、登録した翌月末日にご指定の口座に振り込まれます。

ドコモ光が一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 申し込み4カ月後にキャッシュバック受け取り
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料
  • モバイルルーターの最大3カ月間無料レンタル
  • docomoユーザーは月額最大1,100円(税込)割引
他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

なお、「少し額が減ってもいいから早くキャッシュバックが欲しい!」という場合は、キャッシュバック額と受け取り時期だけが異なる下記ページからの申し込みがおすすめです。

ドコモ光×GMO_限定特典出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB×ドコモ光【翌月受け取り】キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari_1month/

  • 40,000円キャッシュバック
  • 申し込みの翌月末日にキャッシュバック受け取り
  • その他の特典は同じ

5.GMOとくとくBBからドコモ光へ申し込む手順

ここでは、ドコモ光を「GMOとくとくBB」から申し込む方法を、次の2つの場合に分けて解説していきます。

それぞれ、あなたの状況に合わせてチェックしてみてください。

5-1.新規申し込みの場合

GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込むのは非常に簡単で、以下の3つのステップで行うことができます。

Step1. Webで申し込み

GMOとくとくBBの「キャンペーンサイト」にアクセスし、「お申込み」ボタンをクリックして、必要事項を記入していきましょう。

キャンペーンの恩恵をきちんと受けるためにも下記のキャンペーンページから申し込みを行いましょう。

ドコモ光が一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 申し込み4カ月後にキャッシュバック受け取り
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料
  • モバイルルーターの最大3カ月間無料レンタル
  • docomoユーザーは月額最大1,100円(税込)割引
他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

なお、「少し額が減ってもいいから早くキャッシュバックが欲しい!」という場合は、キャッシュバック額と受け取り時期だけが異なる下記ページからの申し込みがおすすめです。

ドコモ光×GMO_限定特典出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB×ドコモ光【翌月受け取り】キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari_1month/

  • 40,000円キャッシュバック
  • 申し込みの翌月末日にキャッシュバック受け取り
  • その他の特典は同じ

また、フレッツ光からの転用の場合には「転用承諾番号」、光コラボからの事業者変更の場合には「事業者変更承諾番号」をあらかじめ取得する必要があるので、覚えておきましょう。

Step2. 電話連絡

「ドコモ光」と「GMOとくとくBB」から電話連絡があります。基本的に申し込み内容の確認と工事の日程調整の連絡です。

電話連絡の内容は以下の通りです。

ドコモ光からの連絡
  • 申込内容の確認
  • 工事日などについて
GMOとくとくBBからの連絡
  • 申込内容の確認について

工事日が決まり、申し込みが完了したところで、必要書類や登録証が「ドコモ光」「GMOとくとくBB」からそれぞれ送られてくるため、きちんと保管しておきましょう。

Step3.開通工事

申し込み後、開通工事を経て初めて光回線が使えるようになりますが、集合住宅の場合などには工事が不要なケースもあります。

また、工事が必要な場合には立ち会いの必要がありますが、工事が不要な場合には、送られてきた機器を接続するだけで使えるようになります。

開通工事が完了したら、通常、初期設定を行いますが「GMOとくとくBB」なら、ONU(モデム)とWi-FiルーターをLANケーブルで繋いでしばらくすると自動で設定が行われるため非常に便利です。

5-2.プロバイダ変更の場合

ドコモ光のプロバイダを「GMOとくとくBB」に変更する際にも申込は非常に簡単で、次の3つのステップ(必要があれば4ステップ)で行うことができます。

Step1.電話かドコモショップで申し込む

プロバイダ変更を申し込むためには電話かドコモショップ、いずれかへの連絡が必要です。

電話の場合

電話の場合は、以下の電話番号にかけて手続きを行ってください。

ドコモインフォメーションセンター

  • ドコモの携帯からの場合:151
  • ドコモ以外の携帯からの場合:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

オペレーターに繋がったら、「ドコモの電話番号」「ネットワーク暗証番号」「プロバイダの切り替え希望日」を伝える必要があるので、事前に準備しておきましょう。

ドコモショップの場合

ドコモショップの場合は、「電話番号」「ネットワーク暗証番号」を、ドコモの携帯電話を利用していない場合は「ドコモ光の契約ID」を事前に準備しておきましょう。

そして手続きで、プロバイダの切り替え希望日を伝えてください。

ドコモショップは混雑していることも考えられるので、事前に予約しておくことをおすすめします。

Step2.必要書類が届く

申込完了後、1週間程度でプロバイダ変更に関する書類が届きます。

申込内容や新しいID、パスワードが記載されているので大切に保管するようにしましょう。

また、Wi-Fiルーターを無料レンタルしたい場合には、この書類の中にWi-Fiルーターレンタルの案内が入っているので、その案内に従って手続きを行いましょう。

Step3.プロバイダが切り替わる

申込後、約10日ほどでプロバイダが切り替わりますが、特に工事があるわけではなく、回線のみの切り替えとなるので、インターネットが利用できないという期間もほぼなくて便利です。

切り替え日には、通常、プロバイダ変更に伴う初期設定が必要ですが、「GMOとくとくBB」の場合には、ONU(モデム)とWi-FiルーターをLANケーブルで繋いでしばらくすると自動で設定が行われます。

Step4.必要があれば、レンタル品を返却する

変更前のプロバイダでレンタルしていたWi-Fiルーターなどがある場合は、返却する必要があります。

返却先はプロバイダによって異なりますが、変更手続きの際に返却先住所が伝えられるので、そちらへ返却してください。

参考:Wi-Fiルーターを無料レンタルする場合は別途申し込みが必要

ここまで、「GMOとくとくBB」の申込方法について紹介してきましたが、実は、Wi-Fiルーターの無料レンタルを受けるためには、契約とは別に申し込みを行う必要があります。

申込方法は次の3つです。

  • SMSで手続き
  • BBnaviで手続き
  • 申込フォームで手続き

いずれも24時間受付を行っています。

申込完了後、Wi‐Fiルーターの出荷が完了次第、申し込み時に登録したメールアドレスに連絡が来ます。

配送状況を確認したい場合は、そのメールに記載の問い合わせナンバーを佐川急便のホームページから確認できます。

6.ドコモ光を解約する場合は?

移転先でドコモ光が使えない、他の光回線を使ってみたくなったという場合に備えて、ドコモ光の解約方法をお伝えしておきたいと思います。

それぞれ順に見ていきましょう。

6-1.電話かドコモショップで手続き

ドコモ光を解約するには2種類の方法がありますが、どちらもとても簡単です。

  • 電話の場合
  • ドコモショップの場合

つまり、公式サイトから解約することはできないということになります。

①電話の場合

電話の場合は、ドコモインフォメーションセンターへ連絡します。

ドコモインフォメーションセンター

  • ドコモの携帯からの場合:151
  • ドコモ以外の携帯からの場合:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

オペレーターに繋がったら、解約の申し込みの前に「契約ID」「ネットワーク暗証番号」を伝える必要があるので、事前に準備しておきましょう。

②ドコモショップの場合

ドコモショップで解約手続きをする場合には、お店の営業時間内に足を運び、解約を申し込みましょう。

印鑑や本人確認書類なども特に必要ありませんが、手続きをスムーズに行うためにも、「契約ID」と「ネットワーク暗証番号」は事前に用意しておきましょう。

6-2.解約にかかる費用

ドコモ光を解約する場合、2年定期契約での利用なら、2年ごとの契約更新月以外に解約した場合、解約違約金が発生します。

ドコモ光の解約違約金は次の通りです。

戸建てタイプ 5,500
マンションタイプ 4,180

※料金はすべて税込み

契約更新月とは、ドコモ光を2年定期契約した月の翌月を1ヵ月目とし、24~26ヵ月目の3カ月間を指します。

この契約更新月に解約すれば解約違約金はかかりません。

また、解約月の「ドコモ光」の月額料金は、日割り計算されないため1ヵ月分の料金がかかることも覚えておきましょう。

6-3.機器の返却

解約手続きが終了すると、あとは、レンタルしていたONUやWi-Fiルーターを返却し、必要に応じて回線撤去作業(ドコモ光の場合は無料)を行えば、解約完了となります。

また、ドコモ光を解約する際に、プロバイダの中には個別に解約をしなければならないケースもありますが、「GMOとくとくBB」の場合には自動的に解約されます。

ただし、「GMOとくとくBB」からWi-Fiルーターをレンタルしていて、37ヵ月以内の利用の場合には、解約の翌月20日までに返却をしないと、機器補償料11,000円(税込)がかかるので注意しましょう。

7.エリア限定ながらドコモ光には超高速10ギガプランもある

ドコモ光について、最大速度10Gbpsを誇る超高速光回線についても紹介しておきたいと思います。

10Gbps対応回線とは、ドコモ光の場合「上り」「下り」速度が最大10Gbpsの回線を指しますが、これはあくまで理論上の数値であり、PCやスマホでインターネット接続をしても、10Gbpsの速度が出ることはまずありません。

とは言え、最大1Gbpsの光回線と比較すれば、より高速なインターネットが利用できることは確かです。

ドコモ光-10ギガのイメージ出典:docomo

また、1ギガプラン同様に、docomoのスマホユーザーならスマホセット割を1回線につき1,100円(税込)受け取ることができます。

ただし、サービスの提供エリアは、東京都と大阪市、名古屋市の一部のみで、戸建てプランのみのサービスとなります。

さらに、ドコモ光10ギガプランでは光電話に対応していないことも覚えておきましょう。

←スマートフォンの方は左右にスクロールできます→

対象プラン 戸建て
月額料金 タイプA:6,930円/タイプB:7,150円(プロバイダA・Bで異なる)
事務手数料 3,300円
回線速度 下り:10Gbps/上り:10Gbps
対応エリア 東京都大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・ 江戸川区・
目黒区・中野区・品川区・北区・江東区・渋谷区・新宿区・文京区・豊島区・
墨田区 ・狛江市・調布市・三鷹市の一部

大阪府大阪市・愛知県名古屋市

スマホセット割 ドコモ|550〜1,100円/台(最大20回線)
工事費 19,800円
10Gbps対応のWi-Fiルーター 月額550円(レンタル)

※料金はすべて税込み

また、申し込みの際はプロバイダの「GMOとくとくBB」からがおすすめで、キャッシュバックをはじめ、さまざまな特典を受け取ることができます。

ドコモ光-10ギガ-GMOとくとくBB-ポイント還元出典:GMOとくとくBB

ドコモ光10ギガをGMOとくとくBB』から申し込むメリットは次の通りです。

  • dポイントが「24,200pt」もらえる
  • 20,000円のキャッシュバック
  • ドコモ光専用無料訪問サポート
  • 1年間の無料セキュリティ

無料訪問サポートでは、初期設定やWi-Fi設定、ひかりTV for docomoの接続設定などもサポートしてくれるので、初心者でも安心して超高速光回線を始めることができます。

◎さらに、ドコモ光10ギガプランの口コミについてもチェックしてみましょう。

ドコモ光10ギガの次元の違う通信速度と、それを待っているユーザーが多いことが伝わってきますね。

8.ドコモ光に関するよくある質問まとめ

最後に、ドコモ光に関するよくある質問をまとめてみました。

ドコモ光に関する質問は次の通りです。

  1. フレッツ光からドコモ光に乗り換えた場合、違約金は?
  2. ドコモ光電話などのオプションは後からでも追加可能?
  3. ドコモ光の工事日はいつ?
  4. 開通工事って具体的にどんなことをするの?
  5. ドコモ光で地デジやBSを見ることはできますか?
  6. オンライン授業におすすめのプロバイダは?
  7. ドコモの新プラン「 ahamo」はドコモ光セット割できる?
  8. ドコモ光が繋がらない時の対処法はある?
  9. 通信障害が起こっても通常の料金を請求されますか?
  10. ドコモ光をGMOとくとくBBで契約した場合、訪問サポートはある?
  11. Wi-Fiルーターは購入とレンタルどっちがいい?
  12. ドコモ光は一人暮らしにもおすすめ?
  13. ドコモ光への問い合わせ電話番号は?

気になる質問があればチェックしてみてください。

Q1.フレッツ光からドコモ光に乗り換えた場合、違約金は?

フレッツ光からドコモ光などの「光コラボ」に乗り換える(転用する)場合には、工事費や解約金はかかりません。

必要な費用としては、ドコモ光の事務手数料3,300(税込)のみです。

Q2.ドコモ光電話などのオプションは後からでも追加可能?

ドコモ光電話をはじめ、ドコモ光テレビオプション、スカパー!などのオプションは、ドコモ光契約後でも追加可能です。

ただし、手数料や機器交換に伴う追加費用、同時申込による特典などもあるので、希望のサービスがある場合はなるべく解約時に申し込むことをおすすめします。

Q3.ドコモ光の工事日はいつ?

ドコモ光の開通工事は、申し込みからおおよそ2週間~1ヵ月後に行われます。

工事自体は2時間ほどで終わる場合がほとんどですが、立ち合いが必要なので、工事日が決まったら、その日の予定は空けておきましょう。

Q4.開通工事って具体的にどんなことをするの?

戸建ての場合には、電柱から光ファイバーケーブルを家の中まで引き込む工事が主な内容です。

マンションなどの集合住宅の場合には、すでに共用スペースに光ファイバーケーブルが引き込まれている場合が多く、各戸に分配するだけです。

光回線の工事について詳しく知りたい場合は次の記事も参考にしてみてください。

知らないと危険!インターネット光回線の工事で失敗しないための全知識

Q5.ドコモ光で地デジやBSを見ることはできますか?

ドコモ光のオプションプランには、地デジやBSを見ることができる2つのサービスがあります。

アンテナ要らずで、各キー局の放送はもちろん、豊富なチャンネルを視聴でき、自然災害の影響を受けにくいという特徴があります。

2つのプランの特徴は次の通りです。

ドコモ光テレビオプション ひかりTV for docomo
チャンネル 地デジ/BS 地デジ/BS/CS/専門ch
料金(月額) 825円 2,750円
初期費用 13,530円〜 9,724円~
工事 必要 不要
提供エリア 33都道府県の一部地域 全国

※価格はすべて税込

地デジとBSだけなら、「ドコモ光テレビオプション」の方が料金も安くおすすめのプランと言えます。

Q6.オンライン授業におすすめのプロバイダは?

まず、オンライン授業に利用したいインターネットは光回線一択ですが、やはり、利用するプロバイダの設備によっても通信速度は変わってきます。

実際に、オンライン授業に必要な通信速度は1.2Mbps〜10Mbpsほどなので、それほど厳しい通信環境でなくても問題ありませんが、やはり、万全を期しておきたいところです。

おすすめとしては、v6プラスに対応していて高性能なWi-Fiルーターをレンタルしている『GMOとくとくBB』で間違いありません。

Q7.ドコモの新プラン「 ahamo」はドコモ光セット割できる?

2021年3月に提供が開始されたドコモの新プラン「ahamo」については、ドコモ光とセットで利用しても、ドコモ光セット割の対象にはなりません。

ただし、ahamoをドコモ光のペア回線にした場合、同一ファミリー割引グループ内のahamo以外の対象回線は「ドコモ光セット割」の対象となります。

また、「ahamo」につい詳しく知りたい場合は次の記事もチェックしてみてください。

【知らないと損!】ahamo(アハモ)の全知識を元スマホ販売員が徹底解説

Q8.ドコモ光が繋がらない時の対処法はある?

ドコモ光に繋がらない原因には、次のケースが考えられます。

  • 初期設定を忘れている
  • Wi-FiルーターやWi-Fiの設定に問題がある
  • ONUに問題がある
  • プロバイダで通信障害が起きている
  • ドコモ光で通信障害が起きている
  • 自然災害や停電が起きている

詳しい対処法については、次の記事を参考にしてみてください。

初心者必見!ドコモ光が繋がらない9つの原因とその対処法を徹底ガイド

Q9.通信障害が起こっても通常の料金を請求されますか?

通信障害が起こっても、基本的に通常の月額料金が請求されると考えるのが正解です。

通信障害が起こった場合、それはECサイトや銀行なども含めて、多くのユーザーに多大な影響を及ぼすことになりますが、光回線事業者は24時間以上に渡る通信障害につき、1日あたり数百円程度の賠償をしてくれる場合があります。

また、地震や台風などの自然災害で通信障害が起こった場合には、公衆無線LANを解放し、無料でWi-Fiを使えるようにするなどの対応を行っています。

Q10.ドコモ光をGMOとくとくBBで契約した場合、訪問サポートはある?

ドコモ光がインターネットに繋がらない時の訪問サポートについてですが、『GMOとくとくBB』の場合、「ドコモ光専用無料訪問サポート」というサービスがあります。

開通月から12カ月後末日まで、初回のみ無料となっています。

サービスの内容は次の通りです。

ドコモ光専用無料訪問サポートメニュー 設定可能台数
インターネット接続設定 各1台
Wi-Fi設定 Wi-Fi親機1台+子機1台
メール設定 1アカウント
ひかりTV for docomo接続設定 各1台
dtvインストール・接続設定 各1台
dtvチャンネルインストール・接続設定 各1台

さらに、ドコモ光公式の「ネットトータルサポート:550円(税込)/月」に申し込むことで、訪問サポートを相談することが可能です。

ただし、訪問料金は税込6,600円(月2回までは無料)かかるほか、部品代や修理費が別途必要となります。

Q11.Wi-Fiルーターは購入とレンタルどっちがいい?

先述の通り、『GMOとくとくBB』では高性能Wi-Fiルーターを無料レンタルのできるので、わざわざ自分で購入する必要はありません。

また、レンタルできる高性能Wi-Fiルーターは面倒な設定が不要な仕様になっているので、インターネットを利用するまでもかなりスムーズです。

Q12.ドコモ光は一人暮らしにもおすすめ?

まず、1人暮らしのインターネットとして、モバイル回線を利用するという手段も考えられますが、自宅にいる時間が多く、オンライン授業やzoom会議などを考えると光回線が今は圧倒的におすすめです。

また、ドコモ光は、ドコモユーザーならドコモ光セット割で1,100円(税込)ほど割引になるほか、キャンペーン中は工事費が無料なので、安心して始めることができます。

さらに、このページで紹介したプロバイダ『GMOとくとくBB』の特典も考えると、とてもおすすめです。

Q13.ドコモ光への問い合わせ電話番号は?

ドコモ光の問い合わせ窓口は、LINEや自動応答ロボットはじめ、数種類ありますが、ここでは、申し込みの際の総合受付と、故障や修理の際にも相談できる「ドコモインフォメーションセンター」の電話番号をお知らせします。

ドコモインフォメーションセンター

  • ドコモの携帯からの場合:151
  • ドコモ以外の携帯からの場合:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

その他、お急ぎの困りごとや相談 には、「LINEチャットサポート」や「おたすけロボット」も便利です。

9.まとめ

ここまで、ドコモ光について知っておきたいポイントや、最もお得に契約し、快適に利用するためのプロバイダ選びについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

ドコモ光のサービスで特に押さえておきたい点は次の通りです。

  • 提供エリアは全国をカバー
  • ドコモユーザーなら1回線につき1,100円(税込)ほど割引
  • 基本工事費が無料
  • オプションプランが豊富

さらに、最もお得なプロバイダ「GMOとくとくBB」の特典は次の通りです。

  • 45,000円のキャッシュバック
  • dポイント最大2,000ptプレゼント
  • 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)
  • 開通までモバイルWi-Fiを3カ月無料レンタル
  • 乗り換えキャンペーン10,000円還元
  • セキュリティ1年間無料(マカフィー)
  • ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

上記のように、ドコモ光は全国で利用でき、割引プランや工事費無料で、安心してインターネットを始められます。

さらに、お得なプロバイダ「GMOとくとくBB」から申し込むことで、高額キャッシュバックや手厚いサポートを受けることが可能です。

ドコモ光が一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari/

  • 45,000円キャッシュバック
  • 申し込み4カ月後にキャッシュバック受け取り
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料
  • モバイルルーターの最大3カ月間無料レンタル
  • docomoユーザーは月額最大1,100円(税込)割引
他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

なお、「少し額が減ってもいいから早くキャッシュバックが欲しい!」という場合は、キャッシュバック額と受け取り時期だけが異なる下記ページからの申し込みがおすすめです。

ドコモ光×GMO_限定特典出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB×ドコモ光【翌月受け取り】キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari_1month/

  • 40,000円キャッシュバック
  • 申し込みの翌月末日にキャッシュバック受け取り
  • その他の特典は同じ

このページを参考に、ドコモ光を最安で契約し、あなたにとって最適なインターネットライフが送れることを心から願っています。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る