auひかりの評判や口コミは悪い?プロバイダのおすすめやエリアについても解説

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
NK アイキャッチのコピー (6)

「auひかりの評判や口コミを知りたい」「安全に利用できるのだろうか」

auひかりに対して、さまざまな疑問を抱いていませんか。

インターネット上にはauひかりに対して数多くの口コミや評判があり、どれを参考にするべきかわかりにくいです。

auひかりについて詳しく知りたい人のために、当メディアでは実際に利用した人の評判を調査しまとめました。

auひかりに挙げられるメリット・注意点は、以下のとおりです。

auひかりのメリットauひかりの注意点
  • 独自の回線を使っているから速度が信頼できる
  • auのスマホ代が安くなる
  • キャッシュバック金額が大きい
  • 工事費が実質無料
  • 他社の違約金を負担してくれる
  • 全国で使えない
  • au以外のスマホをご家族で使っているなら他の光回線のほうがお得
  • 解約費用が高い
  • 悪質な代理店が多い

メリットとして、通信速度が信頼できることや他社の違約金を負担してくれることなどが挙げられます。

ただし、注意点も多いため、契約する際は事前に確認しましょう。

今回は、以下の流れでauひかりについて紹介します。

  1. auひかりの基本情報|おすすめプロバイダも紹介
  2. auひかりの評判や口コミ|障害は多い?速度は速い?
  3. auひかりとは|他の光回線との比較でわかる5つのメリット
  4. 申し込み前に知っておきたいauひかりの4つの注意点
  5. auひかりがおすすめな人
  6. auひかりがおすすめでない人
  7. auひかりのもっともお得な申し込み窓口
  8. auひかりのおすすめルーターは公式のHGW
  9. auひかりの契約手順
  10. auひかりの解約手順
  11. auひかりで通信がつながらないときの対処方法
  12. auひかりのよくある質問

これからauひかりの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

auひかりの一番お得な窓口
auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
▼auひかり×GMOとくとくBBの特典内容
最大94,000円キャッシュバック
他社から乗り換えで追加で最大30,000円還元
・公式キャンペーン適用で工事費が実質無料
・高性能WiFiルーターが必ずもらえる
・auひかり電話が最大35ヶ月間無料で使える
当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
6/23までの週末限定で増額中!
\最大95,000円キャッシュバックがもらえる/
GMOとくとくBBの窓口
【GMOとくとくBB限定】
週末限定キャンペーン実施中
GMOとくとくBBのAmazonギフトキャンペーン
GMOとくとくBBの窓口

1.auひかりの基本情報|おすすめプロバイダも紹介

auひかり

出典:auひかり

ここでは、auひかりの基本情報を紹介します。

←スマホの場合は左右へスクロールできます→

回線名auひかり
ホームページhttps://www.au.com/internet/
最大通信速度最大1Gbps
下り平均速度
472.95Mbps
提供エリア全国(マンションは一部利用不可能エリアあり)
契約事務手数料3,000円
月額料金4,180円~
工事費用33,000円~
契約期間2年
解約金16,500円

出典:auひかり

※下り平均速度は『みんなのネット回線速度』を参照

※料金はすべて税込み

auひかりは、KDDIが運営する光回線サービスです。

独自の回線を使っていることから、回線速度に優れており快適な環境でインターネットを利用できます。

マンションタイプであれば、全国で利用可能です。

工事費は33,000円からかかるため、契約前に確認しておきましょう。

また、auひかりの詳細は以下の流れで紹介します。

  1. auひかりのおすすめプロバイダはGMOとくとくBB
  2. auひかりの提供エリア|エリア確認方法は?
  3. auひかりの料金プラン|契約年数は?
  4. auひかりのスマホ割「auスマートバリュー」
  5. auひかりの工事費用や工事内容
  6. auひかりの解約金・違約金は最大1万6,500円
  7. auひかりの代理店ごとのキャンペーン・キャッシュバック

それぞれ、具体的にチェックしていきましょう。

auひかりのおすすめプロバイダはGMOとくとくBB

auひかりのおすすめプロバイダとして、GMOとくとくBBが挙げられます。

GMOとくとくBBは、auひかりとの組み合わせで高額なキャッシュバックを受けられることが特徴です。

以下の表では、GMOとくとくBBとその他プロバイダや代理店のキャッシュバック額を比較しました。

プロバイダ・代理店キャッシュバック額条件特典
GMOとくとくBB94,000円ひかり電話を契約Wi-Fiルータープレゼント
BIGLOBE60,000円なしなし
NNコミュニケーションズ61,000円ひかり電話を契約なし

出典:GMOとくとくBB

出典:BIGLOBE

出典:NNコミュニケーションズ

GMOとくとくBBでは、キャッシュバック額が高いだけでなく、Wi-Fiルーターの無料プレゼントまで用意されています。

また、auひかりとプロバイダを組み合わせた際の通信速度は、以下のとおりです。

プロバイダ下り平均速度上り平均速度
GMOとくとくBB669.95Mbps577.59Mbps
So-net497.93Mbps471.48Mbps
BIGLOBE 457.18Mbps428.95Mbps

※平均速度は『みんなのネット回線速度』を参照

GMOとくとくBBは、下り平均速度で669.95Mbps、上り平均速度で577.59Mbpsと非常に速いです。

他社と比較しても、150Mbpsほど優れています。

auひかりを利用する場合は、GMOとくとくBBがおすすめです。

auひかりの契約をGMOとくとくBBからお得に利用したい人は、下記から契約してみましょう。

auひかりの提供エリア|エリア確認方法は?

auひかりの提供エリアは、戸建てかマンションかによって異なります。

公式ホームページの『提供エリアの検索』で確認できますが、以下でも詳しくまとめました。

戸建ての場合

戸建ての場合、auひかりホームタイプ1Gにおいて、一部エリアで利用できません。

利用できないエリアは、以下のとおりです。

auひかり戸建てタイプの利用できないエリア

  • 愛知県
  • 静岡県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 滋賀県
  • 沖縄県

中部地方と近畿地方を中心に、11府県で利用できません。

auひかりの戸建てタイプを検討している場合、現住所で利用できるか確認しましょう。

マンションの場合

マンションタイプの場合は、沖縄県以外であれば利用可能です。

ただし、関西エリアのauひかり設備がないマンションであれば、利用できないケースもあります。

マンションタイプでauひかりを契約したい場合は、あらかじめ管理人に確認しましょう。

関連記事

▶auひかりの対応エリア確認方法

auひかりの料金プラン|契約年数は?

auひかりの料金プランは、ギガ数や戸建てかマンションか、契約年数で異なります。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

戸建て用ホーム1ギガの場合

戸建て用ホーム1ギガの場合、契約年数によって料金が異なります。

詳しい料金の違いは、以下のとおりです。

契約年数料金
3年5,600円
2年6,270円
なし7,480円

出典:auひかり

契約年数が増えるにつれて、料金が安くなります。

契約年数を決めない場合、7,480円と高いため、できるだけ年数を決めて利用しましょう。

戸建て用ホーム5ギガの場合

戸建て用ホーム5ギガの料金は、以下のとおりです。

利用年数料金
3年目~5,940円
2年目~6,050円
1年目5,600円

出典:auひかり

1年目であれば5,600円と、かなり安く利用できます。

2年目で少し高くなりますが、3年目以降でまた6,000円を下回ります。

戸建て用ホーム5ギガを利用する場合、長期間の契約がおすすめです。

戸建て用ホーム10ギガの場合

戸建て用ホーム10ギガの場合は、以下のとおりです。

利用年数料金
3年目~6,798円
2年目6,908円
1年目6,380円

出典:auひかり

5ギガのプランと同様に、2年目で料金が高くなるものの、3年目以降はまたお得に利用できます。

戸建て用ホーム10ギガを利用する場合も、長期間の契約を検討しましょう。

マンション用の場合

マンション用では、数多くのプランが展開されています。

以下の表では、マンション用のプランを比較しました。

プラン料金
マンションタイプG4,730円~
マンションタイプV4,180円
マンション都市機構4,180円
マンション都市機構G4,730円~
マンションタイプE3,740円
マンションタイプF4,290円
マンションギガ4,455円
マンションミニギガ5,500円

出典:auひかり

最も安いプランでマンションタイプEの3,740円、最も高いプランでマンションミニギガの5,500円です。

自分がどのプランを利用できるかは、『ご利用できる提供タイプの確認』からチェックできます。

契約前には、確認しておきましょう。

auひかりのスマホ割「auスマートバリュー」

auスマートバリュー

出典:auスマートバリュー

auスマートバリューは、auのスマートフォン利用料金が安くなるサービスです。

auスマートバリューの適用により、契約者だけでなくご家族全員が割引を受けられます。

割引料金は毎月550円から、最大で1,100円です。

また、適用するための条件は以下のとおりです。

auスマートバリュー適用の条件

  • auのスマートフォン・タブレット・ケータイのどれかで対象プランに加入中
  • 対象のインターネットサービス契約もしくは、auホームルーター・auスマートポート・WIMAX5Gのどれかを契約

全員が適用できるわけではないため、条件を事前に確認しましょう。

auのスマートフォンを利用している場合は、auスマートバリューの適用をおすすめします。

関連記事

▶auスマートバリューでお得に契約する方法

auひかりの工事費用や工事内容

auひかりの工事費用は、戸建てかマンションかによって異なります。

必要な工事費用は、以下のとおりです。

タイプ工事費用
戸建て37,500円
マンション30,000円

マンションより戸建てのほうが、7,500円も高くなります。

また、工事内容は光ファイバーの引き込みです。

壁に穴を開ける必要があるため、マンションの場合は事前に管理者へ確認をとっておきましょう。

auひかりの解約金・違約金は最大1万6,500円

auひかりでは、解約金・違約金で最大16,500円かかります。

16,500円は、他社の解約金・違約金と比べても遜色ありません。

そのため、auひかりを契約する際は解約金・違約金がかかることも把握しておきましょう。

auひかりの代理店ごとのキャンペーン・キャッシュバック

auひかりでは、代理店ごとにキャンペーンやキャッシュバックが用意されています。

代理店ごとのキャンペーン・キャッシュバックは以下のとおりです。

代理店キャッシュバック額キャッシュバック条件その他特典
GMOとくとくBB94,000円ひかり電話に加入するWi-Fiのルーターを無料プレゼント
18,000円のAmazonギフト券券プレゼント
フルコミット93,000円なしWi-Fiルーターの無料レンタル
NEXT81,000円ひかり電話に加入するなし
NNコミュニケーションズ61,000円ひかり電話に加入する
12ヵ月以上継続して利用
なし

出典:GMOとくとくBB

出典:フルコミット

出典:NEXT

出典:NNコミュニケーションズ

GMOとくとくBBでは、最大94,000円のキャッシュバックが受け取れます。

auひかりの代理店であるフルコミットでは、最大で93,000円のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバック額だけ見ると、フルコミットのほうがお得に感じる人も多いでしょう。

しかし、Wi-Fiルーター無料プレゼントに加え、18,000円分のAmazonギフト券がもらえることを踏まえると、GMOとくとくBBのほうがお得です。

auひかりでは、合計で60,000円を超えるキャッシュバックを用意している代理店が多いです。

キャッシュバックやキャンペーンがあると、初期費用での負担軽減にもつながります。

auひかりを契約する場合は、キャッシュバック・キャンペーンにも注視しましょう。

関連記事

▶auひかりの最新キャンペーン情報

2.auひかりの評判や口コミ|障害は多い?速度は速い?

auひかりの評判は、以下のとおりです。

  1. auひかりの速度の評判・口コミ|速いと評判
  2. auひかりの料金の評判・口コミ|賛否両論ある
  3. auひかりマンションの評判・口コミ|速度が高評価
  4. auひかりの工事の評判・口コミ|時期によって時間がかかる
  5. auひかりの障害の評判・口コミ|大規模障害は少ない

auひかりには、良い評判から悪い評判まで挙げられています。

それぞれ、具体的にチェックしていきましょう。

auひかりの速度の評判・口コミ|速いと評判

1つ目の評判は、通信速度が優れていることです。

大手光回線のソフトバンク光に比べ、通信速度が改善されたと言われています。

auひかりの通信速度は、他社と比較しても速いため、快適にインターネットを利用できます。

通信速度にこだわる人は、auひかりを利用しましょう。

auひかりの料金の評判・口コミ|賛否両論ある

auひかりの料金に対しては、賛否両論があります。

特に料金が高いと感じる人は多く、さまざまな不満の口コミが挙げられていました。

ただし、auひかりのサービスであるauスマートバリューを適用すると料金は安いです。

auひかりのスマホ割「auスマートバリュー」』でも、詳しく解説しています。

auのスマートフォンやタブレットを利用している場合は、auスマートバリューを適用しましょう。

auひかりマンションの評判・口コミ|速度が高評価

3つ目に紹介する評判は、auひかりマンションについてです。

auひかりマンションには、通信速度を評価する口コミが多く挙げられていました。

もともと通信速度に定評があるauひかりですが、マンションタイプでも変わりません。

マンションで通信速度にこだわる人は、auひかりを利用しましょう。

auひかりの工事の評判・口コミ|時期によって時間がかかる

4つ目の評判・口コミは、開通工事に時間がかかることです。

auひかりの開通工事には、3ヵ月ほどかかるという人もいました。

特に3月から4月の繁忙期であれば、開通工事に時間がかかることも多いです。

早く開通工事をしてほしい人は、繫忙期を避けて契約しましょう。

auひかりの障害の評判・口コミ|大規模障害は少ない

5つ目は、通信障害に対する口コミです。

auひかりでは、稀に通信障害が発生しています。

しかしどれも小規模で、大規模な通信障害は少ないです。

auひかりを運営するKDDIでは、2022年7月5日に大規模な通信障害が発生しました。

独自回線であることも、大規模通信障害を発生させてしまった原因の1つです。

しかし、現在では通信障害を発生させないよう、企業としても努力をしています。

具体的な改善策・再発防止策として、メンテナンス作業や復旧手順の見直し、顧客目線での情報開示などが挙げられます。

そのため、通信障害が気になる人でも安心して利用できるでしょう。

auひかりのルーターの評判・口コミ|HGWが好評

6つ目に紹介する評判・口コミは、ルーターであればHGWが好評であることです。

HGWによって、通信速度が速くなるだけでなく、Wi-Fiルーターをなくせるという声がありました。

ただし、コンセントが2つ必要なことが難点です。

コンセント数に余裕があり通信速度を速くしたい人は、HGWを利用しましょう。

3. auひかりとは|他の光回線との比較でわかる5つのメリット

auひかりは、KDDIが提供する光回線サービスです。

auひかり出典:au

←左右にスクロールできます→

通信速度最大1Gbps
※5Gbps・10Gbpsは東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアのみ
提供エリア全国
※静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良・滋賀・沖縄は対象外
月額料金・戸建てタイプ5,610円
・マンションタイプ4,180円
電話オプション550円/月
スマホセット割スマートバリュー(1回線550~1,100円割引×家族の人数)
事務手数料3,300円
工事費用実質0円(戸建て41,250円 /マンション33,000円)
契約期間3年/2年(自動更新)
解約金・戸建て:4,460~4,730円
・マンション:2,290~2,730円
キャンペーン最大94,000円キャッシュバック
解約違約金を最大30,000円まで還元
高性能Wi-Fiルーターを無料プレゼント など

※価格はすべて税込み

結論として、あなたが下記のすべてに当てはまる場合、auひかりは非常におすすめできる光回線サービスと言えます。

《auひかりをおすすめできるケース》

  • NTT系列の回線を使っていて速度に不満がある
  • auユーザーである
  • なるべくお得に光回線を使いたい

なぜなら、auひかりは以下5つのポイントで、他社の光回線よりもお得で快適に利用できるからです。

  1. 独自の回線を使っているから速度が信頼できる
  2. auのスマホ代が安くなる
  3. キャッシュバック金額が大きい
  4. 工事費が実質無料になる
  5. 他社の違約金を負担してくれる

ひとつずつ見ていきましょう。

メリット1.独自の回線を使っているから速度が信頼できる

auひかりがお得な1つ目は、auひかりは独自の回線を使ってインターネットと繋がるために、速度に信頼感があることです。

そもそも、日本では東西のNTTが光ファイバー網を全国に敷いており、ドコモ光やソフトバンク光など多くの光回線はNTTから回線を借りてインターネットを提供しています。

NTT回線は利用者が多いため、時間帯によっては回線の渋滞が起こりやすく、通信速度に不満を抱く要因になりがちです。

一方で、auひかりはNTT回線以外の独自の光ファイバー網を自社で保有しています。

独自回線の利用者はNTT回線に比べて少ないため、回線の混雑が起こりにくく、通信速度が落ちにくい特徴があるというわけです。

auひかりは独自の回線

auひかりの独自回線は1都3県のみ

auひかりの独自回線は、実は1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のみで、その他のエリアはNTTから借りています。

といっても、他の光回線が使っていない予備回線(ダークファイバー)を借りており、設備や運用はKDDIが行っているため、最大速度や混雑しにくい特徴は同じです。

auひかりとその他の光回線の速度を比較

下記は戸建てタイプの最大速度の比較ですが、他の光回線と比べてみると、auひかりの最大速度は業界の標準的なスピードとなっています。

光回線名回線下り最大速度
一般的なプラン地域限定の超高速プラン
auひかり独自1Gbps5Gbps・10Gbps
NURO光独自2Gbps6Gbps・10Gbps
ドコモ光NTT1Gbps10Gbps
ソフトバンク光NTT1Gbps10Gbps
フレッツ光NTT1Gbps10Gbps

※最大速度=回線の理論上の最大速度であり、実測は環境で異なる

ただし、重要なのは実測の速度です。

ネット回線速度のレポートで有名なWEBサイト「みんなのネット回線速度」によると、NURO光には及ばないものの、以下のとおりNTT系の光回線と比べてauひかりの実測値は速いことがわかります。

光回線名回線平均下り速度平均ping値※
auひかり独自380.24Mbps18.58ms
NURO光独自482.38Mbps12.29ms
ドコモ光NTT254.68Mbps20.64ms
ソフトバンク光NTT303.85Mbps17.68ms
フレッツ光
(ネクスト)
NTT266.53Mbps20.85ms

※ping値:データの送受信にかかる時間を数値化したもの。数値が低いほど通信環境が良い

auひかりの速度の口コミ

実際にauひかりを利用している人も、次のように速度について満足している様子が伺えます。


フレッツ光・ソフトバンク光・OCN光など、NTTの回線を使っていて速度が不満な場合は、思い切って乗り換えをしてみると速度の悩みが解決できるかもしれません。

高画質の配信動画を観たり、オンラインゲームを楽しんだりする場合も、ストレスなく通信ができるでしょう。

メリット2.auのスマホ代が安くなる

auひかりがお得な2つ目は、あなたがauのスマホを使っている場合、auひかりとセットにすることでスマホ代が1回線につき月550~1,100円ほど安くなることです。

そのため、auユーザーにとって、auひかりは最もお得な回線のひとつになります。

また、auスマートバリューの利用によって、より安くなります。

auひかりによるスマートフォン代は、以下のとおりです。

auスマホプラン割引額
スマホ5G・4G(ピタットプラン 5G・4G LTE)550円/月
スマホ5G・4G(使い放題MAX 5G系・4G系)1,100円/月
スマホ5G・4G(ピタットプラン 5G・ 4G LTE)550円/月
ガラケー3G1,027円/月

auスマートバリューによって、最大で1,100円もの割引が適用されます。

また、auスマホとUQモバイルのセットであれば、一人あたり900円の割引が可能です。

auスマホで利用したいプランを検討したうえで、auスマートバリューかUQモバイルかを選びましょう。

auスマートバリューの注意点

auスマートバリューを利用するには、ひかり電話サービスへの加入が必要です。
ひかり電話サービスは毎月550円かかるため、割引額を加味して利用するか検討しましょう。

より安い光回線を利用したい人は、『あなたにとって一番安いインターネット回線の選び方とおすすめ光回線7選』の記事で、自分に合った光回線を見つけてください。

auスマートバリューを加味した場合の他社との比較

auスマートバリューを加味した場合の料金は、以下のとおりです。

光回線月額料金(ご家族2人でauスマホを利用する場合)
auひかり5,280円
ドコモ光5,940円
ソフトバンク光8,360円

auスマートバリューの適用によって、2人で毎月5,280円かかります。

大手光回線のソフトバンク光と比べて、3,000円以上も安いです。

auスマホを利用中であれば、auスマートバリューを適用したauひかりがおすすめです。

メリット3.キャッシュバック金額が大きい|GMOとくとくBBがおすすめ

auひかりは、キャッシュバックの金額が大きいこともメリットです。

特に、最も大きなキャッシュバックが受け取れるプロバイダは、GMOとくとくBBとなっています。

auひかりとプロバイダ・代理店の組み合わせで受けられるキャッシュバックは、以下のとおりです。

プロバイダ・代理店キャッシュバック額条件特典
GMOとくとくBB94,000円ひかり電話に加入するWi-Fiのルーターを無料プレゼント
18,000円のAmazonギフト券券プレゼント
BIGLOBE60,000円なしなし
NNコミュニケーションズ61,000円ひかり電話に加入するなし
フルコミット93,000円なしWi-Fiルーター無料レンタル
NEXT81,000円ひかり電話に加入する
12ヵ月以上継続して利用
なし

出典:GMOとくとくBB

出典:BIGLOBE

出典:NNコミュニケーションズ

出典:フルコミット

出典:NEXT

GMOとくとくBBであれば、他社より20,000円ほど高いキャッシュバックが受けられます。

また、Wi-Fiルーターを無料プレゼントしてもらえる点も魅力です。

auひかりのプロバイダが高額なキャッシュバックを実施できる理由

auひかりは、プロバイダや代理店に対し、契約数に応じたボーナスを用意しています。

セキュリティサービスやひかり電話など、光回線だけでなくオプションに対してもボーナスがあるため、高額なキャッシュバックが可能です。

メリット4.工事費が実質無料

auひかりがお得な4つ目は、工事費が実質無料になるキャンペーンが実施されており、初期費用を抑えられることです。

auひかりホーム 初期費用相当額を月額利用料金から割引出典:auひかり

auひかりでは「ネット+ひかり電話(税込550円/月)」をセットで契約すると、戸建ての場合41,250円(税込)、マンションの場合33,000円(税込)の工事費を実質無料にすることができます。

実質無料とは、工事費を下記のように、戸建てなら23・35・60回のいずれか、マンションなら23回の分割で支払い、その相当額を毎月割り引いてくれるというものです。

例え

  • 一戸建て:41,250円=687.5円(税込)×60回で割引
  • マンション:33,000円=1,434.7円(税込)×23回で割引

※分割回数はプランによって異なる

途中で解約した場合には残りの工事費を自己負担する必要がありますが、契約期間満了までauひかりを使えば実質無料となりますので、かなりお得に光回線を利用できます。

このキャンペーンはプロバイダや代理店からの申し込みでも適用されるため、キャッシュバック額の高いプロバイダや代理店から申し込めば相当お得になります。

メリット5.他社の違約金を負担してくれる

auひかりがお得な5つ目は、「乗り換えスタートサポート」として、auひかりに乗り換える際の違約金を最大30,000円まで負担してくれることです。

このサポートによって、他社から気兼ねなく乗り換えることができます。

auひかり 乗りかえスタートサポート出典:auひかり

キャッシュバック額は、auひかり内で契約するプロバイダによって以下のように異なります。

対象プロバイダキャッシュバック
(au PAY 残高へチャージ)
au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net、(GMOとくとくBB※)最大30,000円
Asahi Net、DTI最大15,000円

※GMOとくとくBBのキャンペーンページから申し込んだ場合のみ適用

ただし上記のとおり、キャッシュバックは現金ではなく「au PAY」へチャージされることには注意が必要です。

「au PAY」とは

「au PAY」とは、au PAY加盟店のお店やECサイトで買い物ができる、スマホ決済サービスです。

au PAYのトップページ出典:au PAY

スマホを持っていない場合は「au PAY プリペイドカード」を申し込めば、カードにチャージすることもできます。

auユーザーでなくても「au PAY」は使えますが、auユーザーであればより使いやすい特典と言えるでしょう。

なお、こちらの違約金負担サポートも、どの窓口からでも適用されるため、KDDIから申し込むよりもプロバイダや代理店から申し込んだ方がよりお得にauひかりを利用できます。

4. 申し込み前に知っておきたいauひかりの4つの注意点

さて、ここまではauひかりをおすすめできるメリットを述べてきましたが、注意すべき点もあります。

申し込み前に知っておかないと「こんなはずじゃなかった…」と後悔することにもなりかねませんので、事前に確認しておいてください。

auひかりの4つの注意点は、以下のとおりです。

  1. 全国で使えない
  2. au以外のスマホを家族で使っているなら他の光回線の方がお得
  3. 解約費用が高い
  4. 悪質な代理店が多い

それぞれの注意点を詳しく紹介します。

注意点1. 全国で使えない

1つ目の注意点は、auひかりは使えない地域があることです。

設備が導入されている集合住宅(マンションタイプ)であれば全国で契約できますが、下図のように戸建て(ホームタイプ)の場合は、提供できないエリアが存在しています。

auひかりの提供エリア

auひかり ホームタイプの提供外エリア
中部静岡県・愛知県・岐阜県
近畿三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
沖縄沖縄県

これは、KDDI(auひかりの運営会社)と同じ電力系列の光回線が、それぞれの地域に存在していることが関係しています。

  • 東海エリア:コミュファ光(中部電力系列)
  • 関西エリア:eo光(関西電力系列)
  • 沖縄:auひかりちゅら(KDDIの連結子会社)

KDDIはPNJグループ(電力系通信事業者)の幹事会社なのですが、東海エリアや関西エリアに進出するとグループ同士が競合としてぶつかってしまうため、踏み込めないというわけです。

auひかりは独自回線で速度が安定しやすいメリットがあるものの、KDDIが独自に持っている光ファイバー網は少なく、特定の地域をカバーできない側面があるということです。

東海エリア・長野県なら「コミュファ光」が安い

なお、東海エリアの「コミュファ光」であれば、「auスマートバリュー」が適用できて、auひかりよりと同じくらい利用料金が安くなります。

コミュファ光のイメージ出典:コミュファ光

コミュファ光も独自回線のため、auユーザーで東海エリア(愛知・岐阜・三重・静岡)や長野県にお住いの場合は、コミュファ光もおすすめです。

ちなみに、「コミュファ光」の利用料金がもっとも安くなる申し込み窓口は、代理店の「アウンカンパニー」です。

関西エリア・沖縄県なら「ビッグローブ光」が安い

また、関西エリアであれば「eo光」が「auスマートバリュー」を適用できます。

ただし料金の安さなら、同じく「auスマートバリュー」を適用できる「ビッグローブ光」がお得です。

ビッグローブ光のトップ画面

出典:ビッグローブ光

「ビッグローブ光」は沖縄県も提供しており、auユーザーであればauひかりの次に利用料金が安くなりますので、関西エリアや沖縄県にお住まいでauユーザーであれば「ビッグローブ光」を選ぶとよいでしょう。

ちなみに、「ビッグローブ光」の利用料金がもっとも安くなる申し込み窓口は、代理店の「NEXT」です。

注意点2. au以外のスマホを家族で使っているなら他の光回線の方がお得

2つ目の注意点は、au以外の同じスマホを家族で使っている場合は、他の光回線の方がトータルでお得になる可能性があることです。

というのも、スマホセット割は家族も同じ割引を受けられるケースがあるため、家族で同じキャリアを使っている場合はauひかり以外の光回線を選んだ方がトータルで安くなる場合があるからです。

以下は、セット割ができるスマホキャリアと光回線の一覧ですが、docomoやSoftBankは割引額が高く、同時に割引できる最大契約数も多いことがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホキャリアセット割できる
光回線
スマホセット割
の名称
割引額
(月額)
同時に割引できる
最大契約数
docomoドコモ光ドコモ光セット割550~1,100円20契約
SoftBankソフトバンク光 / NURO光おうち割 光セット550~1,100円10契約
auauひかり / コミュファ光 / ビッグローブ光 / eo光 / メガ・エッグ / ピカラ光 / BBIQ光 などauスマートバリュー550~1,100円10契約
DTI光 / AsahiNet光auセット割550~1,320円1契約
UQモバイルauひかり / コミュファ光 / ビッグローブ光 / eo光 / メガ・エッグ / ピカラ光 / BBIQ光 など自宅セット割638~858円10契約
Y!mobileソフトバンク光おうち割 光セット(A)550~1,188円10契約
IIJmioIIJmioひかり / ビック光mio割660円1契約
DTI SIMDTI光DTI光 × SIMセット割165円1契約
LIBMO@TCOMヒカリLIBMO × 光セット割220円1契約
NifMo@nifty光ネット+スマホ割220円1契約
mineoeo光eo × mineoセット割330円1契約

※割引額はすべて税込み

したがって、あなたとご家族がau以外の同じキャリアのスマホを使っていて、トータルで割引額をお得にしたい場合は、auひかりよりも他の光回線の方がお得になるケースがあることを覚えておいてください。

光回線を通信速度で選びたい人は、『光回線の速度を比較するポイントと20社の最速ランキングや測定方法を紹介』の記事で、自分にぴったりの光回線を見つけてください。

注意点3. 解約費用が高い

3つ目の注意点は、auひかりは解約する際にかかる撤去費用が高くつくことです。

解約した際にかかる費用には次の4つがあります。

撤去工事費
  • 解約した際に光ファイバー設備を撤去する費用
  • 戸建てプランのみ必要
契約解除料
  • 期間契約したプランに対して、更新期間(更新月含む前後3ヵ月)外に解約した場合に発生する料金
高速サービス解除料
  • 戸建てプランの「10ギガ・5ギガ」を契約した際に、1年未満で解約した場合に発生する料金
開通工事費の残債
  • 毎月分割で支払っていた開通工事費が残っている場合に支払う費用
  • 支払い年数よりも短い期間で解約する場合は、開通工事費の残債を一括で支払う

以下は4つの解約費用をまとめたものですが、特に戸建ての場合は撤去工事費がかかり、開通工事費が残っていると高くつくことがわかります。

タイププラン・条件料金
撤去工事費戸建て2018年3月1日以降の契約31,680円
2018年2月28日以前の契約11,000円
契約解除料戸建てずっとギガ得プラン(3年更新)4,730円
ギガ得プラン(2年更新)4,460円
マンションタイプG、都市機構G
×お得プラン(2年更新)
2,730円 
タイプV、都市機構、タイプE、タイプF、ギガ、ミニギガ
×お得プランA(2年更新)
2,290円
高速サービス解除料戸建てauひかりホーム(10ギガ・5ギガ)を契約して1年未満で解約した場合2,750円※1
開通工事費の残債戸建て2・3・5年払いの残債41,250円の残債
マンション2年払いの残債33,000円の残債

※1:2022年12月1日以降の新規申し込み分は無料
※価格はすべて税込み

よって、なるべくお金をかけずに解約するためには、開通工事費を払い終えるまでauひかりを利用することや、更新期間中に解約することが大切になります。

実際のauひかりユーザーも、解約する際にかかる費用に不満を抱いているようです。

ただし引っ越しする際に、引っ越し先でもauひかりをそのまま使う場合は、撤去工事費や契約解除料、開通工事費の残債は不要になります。

ですので、引っ越し先でもauひかりを使うか、解約する場合には契約解除料がかからないようにタイミングを図ることが重要です。

注意点4. 悪質な代理店が多い

4つ目の注意点は、auひかりはキャッシュバック額が高い反面、お得を装った悪徳な代理店も存在していることです。

悪徳な代理店とは、「キャッシュバック金額を水増しするような表現」「わざと受け取りにくくするようなキャッシュバック方法」を使っている代理店のことです。

よくある4つのケースを紹介しますので、当サイト以外で申し込み窓口を探す際は、しっかりと事前に確認しておきましょう。

  1. 高額なオプションをつけさせられる
  2. 現実以上にキャッシュバックが高く見えるように細工されている
  3. 申請先がバラバラになっている
  4. 非現実的なキャンペーン条件である

①高額なオプションをつけさせられる

キャッシュバックの条件に「弊社指定オプション」の加入などと書いてあったら注意してください。

というのも、無駄なオプションにお金を払い続けることになり、キャッシュバックの恩恵が減ってしまうからです。

auひかり キャッシュバック条件

《弊社指定オプションに注意!》

中には月額数千円のオプションをつけさせる代理店もあり、キャッシュバックを受けないほうが得だったということもよくあります。

訪問営業や営業電話での高額キャッシュバックにこの傾向が強いので、訪問営業や営業電話での契約はおすすめしません。

「ひかり電話」のオプションだけは必須

ただし、あなたがauユーザーの場合は「ひかり電話」のオプションだけは必須です。スマホ代が安くなる「auスマートバリュー」を適用させるためには、「ひかり電話」への加入が条件だからです。

ですので、「ひかり電話」のオプションだけで高額なキャッシュバックを受けられるところを選びましょう。

②現実以上にキャッシュバックが高く見えるように細工されている

現実以上にキャッシュバック額が高く見える代理店に注意してください。

例えば次のように、どこから申し込んでも受けられる「auひかりの公式キャンペーン」を、独自のキャンペーンであるかのように装った宣伝広告です。

auひかり キャッシュバック条件2

《高額すぎるキャッシュバックに注意!》

また、「最大13万円キャッシュバック」などと高額をアピールしている場合は、auひかりの公式キャンペーンと代理店の独自キャンペーンを含めた最大額であり、「最大」を受け取るために条件がいくつもあることを念頭に置いておきましょう。

③ 申請先がバラバラになっている

キャッシュバックの受取先がバラバラになっている代理店には注意が必要です。

例えば下記のようなケースでは、代理店とプロバイダで別々に受け取り申請をしなければならず、期日などの管理が大変になります。

auひかり キャッシュバック条件3

《バラバラの申請先に注意!》

上記の場合は、auのキャンペーンを受ける際には3社とやり取りすることになりますので、管理しやすいようになるべく「窓口+auひかり(公式キャンペーン)だけ」のものを選びましょう。

④非現実的なキャンペーン条件である

現実的ではないキャンペーン条件をつけているところには注意しましょう。

例えば次のように、「知人の紹介」といった条件を設けている代理店です。

auひかり キャッシュバック条件4

《不確定要素の条件に注意!》

通常、光回線は一家に一回線であり、その一回線を紹介できるかどうかは不確定要素です。

キャッシュバック金額につられて「結局1円ももらえなかった…」ということがないように、できるだけ現実的なキャンペーンを選びましょう。

キャッシュバックを重視したい人は、『【正解はこれ】光回線の高額キャッシュバック25社徹底比較|絶対おすすめ窓口7選』の記事で、最適な光回線を見つけましょう。

悪質な代理店の口コミ

実際に、消費者を騙すような代理店に対して怒りの声が上がっています。

auひかりのサービスが悪いわけではありませんが、キャッシュバックが分かりにくい記述の代理店や、訪問営業や営業電話には注意が必要です。

関連記事

▶auひかりの代理店おすすめ!15社の比較

5.auひかりがおすすめな人

auひかりがおすすめな人は、以下のとおりです。

  1. 安定した速度を求める人
  2. 初期費用を少なくしたい人

あらかじめおすすめな人の特徴を知っておくことで、自分に合っているかどうか判断できます。

それでは、詳しく見ていきましょう。

安定した速度を求める人

auひかりは、安定した通信速度を求める人におすすめです。

auひかりは他社と比べて、通信速度が優れています。

また、運営元のKDDIが大規模障害を起こした経験から、現在は企業としても徹底した改善と予防をしています。

そのため、通信障害の心配もなく利用が可能です。

安定した速度を求める場合は、auひかりを契約しましょう。

初期費用を少なくしたい人

auひかりは、初期費用を少なくしたい人にもおすすめです。

auひかりは、プロバイダや代理店に対してボーナスを出していることで、高額なキャッシュバックを実現しています。

キャッシュバックによって得られた分は、工事費や契約事務手数料などの初期費用に当てられます。

初期費用を少しでも減らしたい人は、auひかりを利用しましょう。

6.auひかりがおすすめでない人

auひかりがおすすめでない人は、以下のとおりです。

  1. すぐに解約する人
  2. 戸建てで利用する人

おすすめな人だけでなくおすすめでない人の特徴も知っておくことで、より納得してauひかりを利用できます。

それでは、詳しくチェックしていきましょう。

すぐに解約する人

auひかりは、すぐに解約する予定の人にはおすすめしません。

auひかりの工事費は、戸建てで37,500円、マンションで30,000円と高めです。

すぐに解約すると、せっかくの工事費が無駄になってしまいます。

早期での引越しや解約の予定がある人は、auひかり以外の光回線を利用しましょう。

戸建てで利用する人

戸建てで利用する人にも、auひかりはおすすめしません。

auひかりは、戸建ての工事費として37,500円かかります。

マンションに比べて、7,500円も高いです。

また、月額料金もマンションに比べて戸建てのほうが、1,000円から3,000円ほどかかります。

auひかりを戸建てで利用する人は、工事費や月額料金を確認してから契約しましょう。

7. auひかりのもっともお得な申し込み窓口

ここまで解説してきたように、auひかりの特徴や注意点を踏まえると、下記のすべてに当てはまる場合におすすめできる光回線サービスであることがおわかりいただけたかと思います。

《auひかりをおすすめできるケース》

  • NTT系列の回線を使っていて速度に不満がある
  • auユーザーである
  • なるべくお得に光回線を使いたい

しかし前述の通り、窓口によっては落とし穴が満載で、申し込むと損をするケースもあります。

そこでこの章では、「高額キャッシュバックの落とし穴」がないプロバイダと代理店の中から、最もお得に申し込める窓口を徹底比較しました。

auひかりでは8社のプロバイダから1つを選ぶ必要があり、申込窓口は公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめの窓口はプロバイダのGMOとくとくBBです。

というのも、キャッシュバックが50,000円以上もらえる窓口(プロバイダ含む)を比較してみると、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、オプション条件やその他の特典でも優れているからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかりの
申込窓口
キャッシュバックオプション条件その他の特典
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
94,000円ありWi-Fiルーター
無料プレゼント
So-net
(プロバイダ)
70,000円Wi-Fiルーター
6カ月間無料
NNコミュニケーションズ
(代理店)
61,000円あり
BIGLOBE
(プロバイダ)
60,000円
NEXT
(代理店)
52,000円あり

※ひかり電話は月額税込550円

したがって、auひかりを申し込む際には、GMOとくとくBBをおすすめします。

なお、94,000円のキャッシュバックを受け取るためには「ひかり電話」「インターネット安心セキュリティー」「スマホトラブルサポート」への加入が必要です。

ただしGMOとくとくBBでは、ひかり電話の利用料金は3年契約の戸建てタイプで35カ月間無料、2年契約のマンションタイプでは23カ月間無料となっていますので、契約期間満了まではほぼ無料でひかり電話を利用できます。

また、ひかり電話への加入は次の特典を受けるために必要な条件ですので、スマホセット割を受けたいauユーザーや、戸建てにお住まいの場合は必ず加入するようにしましょう。

《ひかり電話の加入による特典》

  • auスマートバリュー(auユーザーは月額最大1,100円割引)の適用
  • 工事費が実質無料(戸建てプランのみ)

※マンションタイプはひかり電話を契約しなくても工事費は実質無料

ちなみに、ネット回線の申し込みだけでも74,000円のキャッシュバックをもらえますので、どうしてもひかり電話が不要であれば、10,000円減額のキャッシュバックをおすすめします。

関連記事

▶auひかりのプロバイダを徹底比較!

では次に、GMOとくとくBBから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

auひかりがお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」

auひかり×GMOとくとくBB 94,000円キャッシュバック出典:GMOとくとくBB

当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
6/23までの週末限定で増額中!
\最大95,000円キャッシュバックがもらえる/

GMOとくとくBB』は、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBからauひかりを申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかり×GMOとくとくBB戸建てマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
4,180円~
開通月の月額料金0円
事務手数料3,300円
工事費41,250円
(契約期間満了で実質無料)
33,000円
(契約期間満了で実質無料)
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
キャンペーン・最大94,000円キャッシュバック
・ひかり電話最大35カ月間無料
・他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで負担
・工事費実質無料
・Wi-Fiルーター無料プレゼント
・auスマートバリュー/ 自宅セット割の初加入で10,000円相当分のau Pay還元 など
GMOとくとくBBでの
下り平均速度※2
741.88Mbps
3年間の実質月額料金3,329円2,193円
スマホセット割※3を含めた
3年間の実質月額料金
1,951円815円

※1:戸建ては3年契約プラン、マンションは2年契約プランの料金
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※3:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

なお、プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むと、他のプロバイダよりも通信速度が速いという特徴があります。

auひかり全体の下り平均速度が499.74Mbpsに対して、GMOとくとくBBでは741.88Mbpsですから、少しでも速い方が有利に働きやすいオンラインゲームをする場合は大きなメリットになるでしょう。

また、最大1Gbpsの通信速度を最大限に引き出せるWi-Fi 5(最大通信速度6.9Gbps)の高性能Wi-Fiルーターをプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は大きなメリットです。

当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
6/23までの週末限定で増額中!
\最大95,000円キャッシュバックがもらえる/

関連記事

▶auひかりの最新キャンペーン情報

auひかりを「GMOとくとくBB」から申し込む方法

auひかりを『GMOとくとくBB』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. GMOとくとくBB』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面右下にある緑色の「お申し込みはコチラ」をクリックする
  3. 必要項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてauひかりの利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、戸建てなら1~2カ月、マンションなら2週間を目安にしておくとよいでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取る方法

GMOとくとくBB』でキャッシュバックを受け取る手順は、次のとおりです。

  1. 「GMOとくとくBB」の入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作る
  2. 回線開通月を含む11カ月目と23カ月目の初日に、上記メールアドレス宛にキャッシュバックの案内メールが届く
  3. 必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日に指定口座に振り込まれる

GMOとくとくBBの難点は、キャッシュバックの受け取りが「11カ月後・23カ月後」と時間がかかることです。

よって、忘れてしまわないようにスマホのリマインダー機能などに登録して、確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

GMOとくとくBBの特典

  • 最大94,000円キャッシュバック
  • ひかり電話最大35カ月間無料
  • 他社違約金を最大30,000円まで還元
  • 契約期間満了で工事費実質無料
  • 高性能WiFiルーターが無料でもらえる
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQユーザーも月額最大1,100円割引
  • セット割の加入で10,000円追加還元

8.auひかりのおすすめルーターは公式のHGW

auひかりのおすすめルーターは、公式のHGWです。

公式HGWは、auスマートバリューの対象になります。

通常よりも料金が安く、お得に利用できるため、できるだけ月額料金を下げたい人におすすめです。

自分で買うなら「エイスース(ASUS)WiFi RT-AX86U」

自分でルーターを買う場合、エイスース(ASUS)が展開する『WiFi RT-AX86U』がおすすめです。

『WiFi RT-AX86U』は、2.4GHzと5GHzの周波数帯にも対応しています。

ゲームを楽しむ際、快適に利用できます。

また、通信が混み合っている際にゲームを優先してくれる『アダプティブQoS』が搭載されていることも特徴です。

ゲームを頻繁にする人は、自らゲーミングルーターを購入しましょう。

戸建ての場合は中継器もあると便利

戸建ての場合は、中継器も用意すると便利です。

戸建てであれば、ルーターを設置した部屋以外では、通信速度が遅くなります。

中継器によって、ルーターがある部屋以外でも快適にインターネットを利用できます。

auひかりでは、毎月550円で中継器のレンタルが可能です。

中継器を購入していない人は、auひかりでレンタルしましょう。

auひかりホームは何階まで使える?

auホームの利用は、建物の高さが2階建てから3階建てまでと規程があります。

ただし、規程の範囲内であっても電波が届きにくいところがあります。

天井が高い場合や最上階で使いたい場合は、中継器を利用しましょう。

9.auひかりの契約手順

auひかりの契約手順は、以下のとおりです。

  1. 公式ホームページから申し込む
  2. 工事の日程を調整する
  3. インターネット機器と接続する

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

公式ホームページから申し込む

まず、公式ホームページから申し込みましょう。

申し込みと兼ねて、自分が住んでいるエリアで利用できるかもチェックします。

24時間受け付けているため、好きなタイミングで申し込みましょう。

工事の日程を調整する

申し込みが完了したら、次は開通工事の日程を調整します。

開通工事当日は、立会いが必要です。

そのため、自宅に待機できる日を選びましょう。

また、3月から4月の繁忙期であれば、希望の開通工事日を決めにくいです。

auひかりの契約を決めている場合は、早めに日程を調整しましょう。

インターネット機器と接続する

開通工事が終われば、次はインターネット機器と接続します。

インターネット機器との接続は自分でもできますが、なかには苦手な人もいるでしょう。

インターネット機器に詳しくない人は、有料オプションの『かけつけ設定サポート』を利用しましょう。

10.auひかりの解約手順

auひかりの解約手順は、以下のとおりです。

  1. 電話で解約する旨を伝える
  2. 撤去工事をしてもらう
  3. レンタル機器を返却する

あらかじめ手順を把握しておくことで、よりスムーズに解約できます。

それでは、詳しく見ていきましょう。

電話で解約する旨を伝える

まず、電話で解約する旨を伝えましょう。

電話先は、auひかりのサポートセンターです。

auひかりのサポートセンター

  • 電話番号
    0077-777
  • 営業時間
    9:00~18:00
  • 定休日
    年中無休

営業日は9時から18時までですが、平日だけでなく土日祝も営業しています。

平日は仕事で忙しい人でも、連絡しやすいです。

撤去工事をしてもらう

解約の旨を伝えたら、今度は撤去工事をしてもらいます。

撤去工事は、開通工事と同様に立ち会いが必要です。

そのため、自宅で待機できる日を選びましょう。

立ち会いの際は、業者が作業してくれるため、特になにかしなければいけないわけではありません。

レンタル機器を返却する

撤去工事が終われば、レンタル機材を返却します。

レンタル機材の返却先は、auひかりとなります。

機材を返し終えれば、正式に解約が完了です。

11.auひかりで通信がつながらないときの対処方法

auひかりで、通信がつながらないときの対処法は以下のとおりです。

  1. ルーターを再起動する
  2. ルーターのコンセントが抜けていないか確認する
  3. 通信障害の有無を確認する

あらかじめ対処法を知っておくことで、スムーズに改善させられます。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

ルーターを再起動する

通信がつながらない場合、まずはルーターを再起動させましょう。

ルーター自体に問題がある場合、再起動させることでリセットされ、改善されるケースがあります。

ルーターの再起動方法は、メーカーによって異なります。

無理にコンセントを抜くと故障につながるため、正式な手順で再起動させましょう。

ルーターのコンセントが抜けていないか確認する

通信がつながらない場合、ルーターのコンセントが抜けていないか確認しましょう。

知らないうちに、コンセントが抜けてしまっているケースがあります。

コンセントが抜けている場合は、再度挿し込むだけで改善されます。

通信障害の有無を確認する

通信障害の有無を確認するのも、対処法の1つです。

通信障害が発生していると、ルーターの再起動やコンセントの挿し込みをしても改善されません。

通信障害の有無は、公式ホームページやSNSから確認できます。

公式から、通信障害解消の案内があるまで待ちましょう。

12.auひかりのよくある質問

auひかりのよくある質問は、以下のとおりです。

  1. auひかりの解約すると固定電話はどうなる?
  2. KDDI回線とは何?
  3. auひかりホームの最大速度は?
  4. auひかりの問い合わせ先は?サポートセンターの24時間電話は?
  5. auひかりで通信障害は起きる?

あらかじめ疑問点を解決しておくことで、より納得してauひかりを契約できます。

それぞれ、詳しくチェックしていきましょう。

auひかりの解約すると固定電話はどうなる?

auひかりを解約すると、固定電話も解約が必要です。

auひかりでは、固定電話のみの契約ができません。

そのため、auひかりを解約する際は、次の固定電話も決めておきましょう。

KDDI回線とは何?

KDDI回線とは、その名のとおりKDDIが運営する回線事業です。

BIGLOBEやGMOとくとくBBなど多くのプロバイダがありますが、取り扱いはKDDI回線もしくはNTT回線のどちらかです。

KDDI回線を使っている場合、通信障害の情報はKDDIから仕入れましょう。

auひかりホームの最大速度は?

auひかりホームの最大速度は、1Gbpsです。

1Gbpsは他社の光回線と比べても、遜色ありません。

快適にインターネットを利用するうえでは、問題ありません。

auひかりの問い合わせ先は?サポートセンターの24時間電話は?

auひかりの問い合わせ先は、以下のとおりです。

auひかりのサポートセンター

  • 電話番号
    0077-777
  • 営業時間
    9:00~18:00
  • 定休日
    年中無休

auひかりのサポートセンターは、9時から18時までの営業です。

24時間対応ではありませんが、年中無休のため好きなタイミングで問い合わせできます。

auひかりで通信障害は起きる?

auひかりでは、稀に通信障害が起きることがあります。

ただし、現在は発生しても小規模な通信障害がほとんどです。

auひかりを運営するKDDIは、2022年7月5日に大規模な通信障害を発生させたことから、再発防止に力を入れています。

そのため、仕事で光回線を使っており通信障害が気になる人でも、安心して利用できるでしょう。

13.まとめ

auひかりのサービス内容・契約上の注意点・お得な申し込み窓口について解説しました。

auひかりには、他社の光回線と比較すると下記のようなメリットがあります。

  • 独自の回線を使っているから速度が信頼できる
  • auのスマホ代が安くなる
  • キャッシュバック金額が大きい
  • 工事費が実質無料になる
  • 他社の違約金を負担してくれる

いくつか注意点がありますが、auユーザーであれば間違いなくお得な光回線のひとつですので、現在NTT系列の光回線で速度に不満を抱えている場合や、なるべくお得に光回線を乗り換えたい場合は、auひかりへ申し込みましょう。

なお、もっともお得な申し込み窓口は、プロバイダの『GMOとくとくBB』です。

申し込み窓口を間違えると、「思ったよりキャッシュバックがもらえなかった…」「余計なオプションのせいで月額が高くなった…」などと後悔する恐れもありますので注意してください。

GMOとくとくBBの特典

  • 最大94,000円キャッシュバック
  • ひかり電話最大35カ月間無料
  • 他社違約金を最大30,000円まで還元
  • 契約期間満了で工事費実質無料
  • 高性能WiFiルーターが無料でもらえる
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQユーザーも月額最大1,100円割引
  • セット割の加入で10,000円追加還元

このページを参考に、あなたのインターネット生活が快適になることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る