危険!WiMAX契約後にすべき全ての設定と大損する全トラブル

    wimax-settings

    WiMAXが届いたら必ずするべきことは何なの?と最初は戸惑いますよね。

    本体の設定以外にも、プロバイダの設定を忘れてしまうとキャッシュバックキャンペーンが適用されない場合があるなど、意外な落とし穴があるものです。

    このページでは、WiMAXが届いてからするべき事と、使い始めた後に困りがちなポイントを全てわかりやすく解説します。

    最後まで読めば、今後なにかに困ることなく、最適な状態でWiMAXを楽しむ事ができます。

    <2019年12月 最新情報>

    2018年11月から主要プロバイダが2年プランから撤退し、3年プランに移行しました。

    また、2019年10月以降は、一部のプロバイダで機種代金の割引や最低契約期間および解約違約金が無くなっています。

    しかし、2019年9月以前に現在使用しているプランを契約された方は、基本的に当時の契約内容が継続しているので注意してください。

    1.WiMAXを申し込んでから行うべき3つのこと

    1-1. 届いたその日に|本体設定を行う

    非常に簡単で、「箱を開けて、SIMカードを本体に刺して、電源を入れる」だけです。

    (1)申し込みより約3日後、商品が届きます

    (2)同梱のSIMカードを本体にさしこみ、電源をいれる。(これで端末の設定は終了!)

    (3)Windows PCの場合、通信アイコンをクリック

    スクリーンショット 2015-08-07 12.47.08

    (4)同封されていたシールのセキュリティキーを入力(これでPC側の設定も完了!)

    スクリーンショット 2015-08-07 13.00.29

    (5)3分で完了!どこでもインターネットを楽しめます。

    とても簡単ですよね。タブレット端末などでも、基本的には操作は同じです。WiMAXの場合、本体設定でつまづくことはあまりないことでしょう。

    1-2. 届いて11ヶ月後に|キャッシュバック受け取り口座設定

    WiMAXは上記の設定だけで問題なく使えるようになりますが、ここで油断してはなりません。

    各プロバイダのキャッシュバックキャンペーンは所定の手続きをしなければ一切お金を受け取ることができません

    スクリーンショット 2015-08-14 23.16.39

    手続き内容は各プロバイダ毎に違うため、人気TOP2の『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』の事例で解説します。『GMOとくとくBB』を選んだ方は厳重に注意しましょう。

    『GMOとくとくBB』

    注意が必要ですが、手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目に来る「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

    それさえ見落とさなければキャッシュバックは確実にもらえるのでご安心ください。

    『GMOとくとくBB』の全ての落とし穴と対策を徹底解説した『騙されるな!GMOのWiMAXでキャッシュバックを受け取る全手順』をご参考ください。

    『BIGLOBE』

    受け取るための3つの手順

    • 契約後、Web上でアンケートに期限内に答える
    • 13ヶ月目に振替払出証書を郵送で送られてくる
    • 銀行にそれを持って行き、 記載された期間内に現金を受け取る

    注意点・手順を踏まえると、なかなか選びにくいプロバイダといえます。

    ※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件が変わるため、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

    『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

    『BIGLOBE』公式ページ:  http://www.biglobe.ne.jp/

    1-3. 届いてから37ヶ月後に|解約する

    25ヶ月後の話ですが、WiMAXでは無料で解約できる月が決まっていることに注意しましょう。

    一般的には解約月は37ヶ月目となり、そのタイミングを逃すと解約金がかかります。

    ※下記は、プロバイダによって異なります。@niftyの例で解説します。

    WiMAX2+をご利用の場合

    • 1ヶ月目~12ヶ月目までの解約金:19,000円
    • 13ヶ月目~24ヶ月目までの解約金:14,000円
    • 25ヶ月目以降:9,500円
    • 37ヶ月目に解約:0円

     

    GMO 契約期間

    詳しくは、解約する時の具体的な手続きや注意事項を詳しく解説した「誰でも安心してWiMAXを解約するための完全マニュアル」をご覧ください。

    現段階では「37ヶ月後に解約しないといけないんだ」ということだけ理解しておき、できればGmailやOutlookの予定表に書き込んでおきましょう。

    2. よくあるトラブル時の解決方法

    2-1. パスワードを忘れてしまった/シールを紛失してしまった

    同梱されているシールを無くしてしまっても、焦る必要はありません。

    スクリーンショット 2015-08-13 16.46.43

    機種別にパスワード(WPA/WEP)を解決する方法があります。(@nifty参照)

    『W01』または『HWD15』をお使いの場合

    (1) ホーム画面から 【情報】を押します

    スクリーンショット 2015-08-14 21.48.26

    (2)【SSID情報】を押します
    スクリーンショット 2015-08-14 21.48.32

    (3) SSID1とSSID2のネットワーク名、パスワードが表示されます。

    『WX01』をお使いの場合

    (1)ディスプレイ電源をONし、SELECTボタンを押して【無線LAN情報】を表示します。
    スクリーンショット 2015-08-14 21.55.47
    (2) SETボタンを押すと、SSIDが表示されます。

    スクリーンショット 2015-08-14 21.56.03

    (3) SELECTボタンを押すと、パスワードが表示されます。

    スクリーンショット 2015-08-14 21.56.19

    2-2.  故障した場合

    初期不良・故障の時はどうすれば良いの?

    保証書と端末を持ち全国のauショップに持ち込むと、処理してくれて代替機を貸してくれます。

    ただし『GMOとくとくBB』の場合のみ変わるので注意が必要で、『GMOとくとくBB宛』に郵送し、数週間待つ必要があります。その間代替機は貸してくれないので注意が必要です。

    故障の時の料金は?

    • 初期不良の場合: 全プロバイダ共通で無料
    • 自然故障の場合: 基本的にどのプロバイダも12ヶ月保証。それ以降は3000円〜18000円
    • 自責故障の場合: 内容により3000円〜18000円

    『GMOとくとくBB』の場合、12ヶ月保証も月300円の安心パックに入らないと受けれません。

    2-3. 回線が遅すぎる場合

    いきなり回線が遅くなった!故障かな?と思った場合、最も良くあるのは下記3通りです。

    • 速度制限にかかった(3日で合計10GB使ったら1Mbps〜5Mbpsに速度制限がかかる)
    • 置く場所が悪い
    • 対応エリア外に出た

    速度制限であれば翌日の昼まで待てば速度が戻ります。置く場所が悪い場合は位置を変えてみましょう。対応エリアについては公式ページの『サービスエリアマップ』で確認しましょう。

    それでもどうしても遅いままであれば、速度が遅くなるすべての原因を徹底解説した『WiMAX通信速度が遅いときの7つの原因と正しい解決方法』をご覧ください。

    2-4. その他のトラブルについて

    とにかく、契約しているプロバイダに問い合わせるのが最短です。Webの場合は、『@nifty』のサポートページが非常にわかりやすいので、他のプロバイダの方も参考にすると良いでしょう。

    3. まとめ

    WiMAXを使い始めて絶対に気をつけなければならないのは特に下記の2つです。

    • 『キャッシュバックの手続きを忘れないこと』
    • 『解約のタイミングを忘れないこと』

    これはタイミングを逃すだけで損をしてしまいますから、とにかく注意しましょう。

    それ以外は心配することはありませんから、WiMAXを安心して存分に活用してください!

    (※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)