間違えると危険!dTVを失敗せずに解約・退会するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「dTVを解約したいけど、どうしたらいいんだろう?」「解約する時は何に注意するべき?」など、dTVの解約・退会について疑問を持っていませんか?

dTVの解約・退会について、注意点や正しい手続き方法をあらかじめ理解しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

このページでは、国内10サービス以上のVODを利用してきた筆者が、dTVを確実に解約・退会するために知っておくべき注意点と手続き方法を以下の流れで紹介します。

  1. dTVを解約する際の注意点
  2. dTVを解約する方法
  3. U-NEXTとVOD主要10社の比較
  4. U-NEXTの7つの魅力

このページを読むと、dTVの解約についてわかり、最もおすすめなVODサービスを失敗せずに選ぶ方法を知ることができます。

1.dTVを解約する際の注意点

dTVを失敗せずに解約するために、事前に知っておくべき注意点は以下の3つです。

  • 注意点①:無料お試し版は解約した時点で利用できなくなる
  • 注意点②:無料お試し版に登録できるのは1度だけ
  • 注意点③:iPhone版アプリからは解約できない

それぞれの注意点について、詳しく解説します。

1-1.注意点①:無料お試し版は解約した時点で利用できなくなる

dTVは初回登録時のみ31日間無料で利用でき、この期間内に解約すれば費用は発生しません。

dTVは初回登録時のみ31日間無料

出典:dTV

しかし、無料期間が残っていたとしても、解約をした時点で無料お試し版の契約は無効となり、全てのビデオが視聴ができなくなります。

そのため、解約を考えている場合は、自分がいつ登録したのかをきちんと把握しておき、最大限サービスを楽しんだ上で、無料期間内に確実に解約するのが最も賢いといえます。

1-2.注意点②:無料お試し版に登録できるのは1度だけ

31日間無料お試しが利用できるのは、初回登録時の1度だけです。

dTV31日間無料お試しは初回のみ

出典:dTV

2回目以降は、自動的に有料会員として登録されます。

また、無料期間が残った状態で解約した場合でも、再登録時にその期間が引き継がれることはありません。

1-3.注意点③:iPhone版アプリからは解約できない

dTVは、Android版アプリでは解約できますが、iPhone版アプリでは解約できないため、iPhoneユーザーはブラウザ版にアクセスしてから解約手続きを行う必要があります。

さらに気を付けるべきポイントとしては、iPhone版・Android版ともに、アプリをアンインストールしただけでは解約は完了しないということです。

解約したつもりで知らない間に料金が発生していたという事態にならないためにも、確実に解約手続きを行いましょう。

2.dTVを解約する方法

dTVを解約する方法は、デバイスごとに異なります。

  • スマホから解約する方法
  • パソコンから解約する方法
  • その他の解約方法

ドコモ回線の契約者に限り、ドコモショップ店頭や電話で解約ができます。

自分に合った方法で、確実に解約しましょう。

2-1.スマホから解約する方法

スマホから解約する際の大まかな流れは、以下の通りです。

  1. ブラウザ版dTVにアクセス
  2. 「メニュー」を選択
  3. 「退会」を選択
  4. 「利用規約に同意し解約する」を選択
  5. dアカウントIDとパスワードを入力してログイン
  6. 「dTVの注意事項に同意する」にチェック
  7. 「次へ」を選択
  8. 「手続きを完了する」を選択

前述しましたが、Android版に限り、アプリからも解約が可能です。

2-2.パソコンから解約する方法

パソコンから解約する際の大まかな流れは以下の通りです。

  1. ブラウザ版dTVにアクセス
  2. 「アカウント」を選択
  3. 「退会」を選択
  4. 「利用規約に同意し、解約する」を選択
  5. dアカウントIDとパスワードを入力してログイン
  6. 「dTVの注意事項に同意する」にチェック
  7. 「次へ」を選択
  8. 「手続きを完了する」を選択

2-3.その他の解約方法

ドコモ回線の契約者に限り、ドコモショップの店頭や電話での解約も可能です。

ドコモショップの場合

店頭へ出向き、dTVを解約したい旨を伝えます。

電話の場合

下記の連絡先に電話をし、オペレーターに解約したい旨を伝えましょう。

  • ドコモインフォメーションセンター:(ドコモ回線から)151
  • ドコモインフォメーションセンター:(一般電話から)0120-800-000

※年中無休(午前9時~午後8時)

3.U-NEXTとVOD主要10社の比較

ここで、あなたが本当にdTVを解約・退会するべきか正しく判断するために、もう一度VODサービスを比較しましょう。

U-NEXTとその他国内主要VODサービス10社を比べました。

2020年11月の最新情報です。

VODサービスを安全に選ぶには、下記のポイントで選ぶことが重要です。

  • 動画をダウンロードして、オフライン視聴できるか
  • 見たいジャンルのコンテンツが豊富か
  • 実質的な月額料金が安く、最低限のコンテンツ数があるか

結論として、選ぶべきVODサービスは、2020年11月現在、下記一択です。

以下で、一番おすすめのVODサービスがどこかを比較していきます。

動画をダウンロードして、オフライン視聴できるか

オフライン視聴ができない場合、データ通信量が多くなり、速度制限や追加通信料金が発生するリスクがあります。

そのため、VODサービスを選ぶ際は、オフライン視聴ができるサービスを選ぶべきです。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

順位サービス名オフライン作品単価初年度実質月額総作品数
1U-NEXT0.0115514,189
2Hulu0.031503,927
3Paravi0.071211,700
4NETFLIX0.084505,474
5dTV0.104584,454
6Amazon0.114083,600
7楽天0.111,28110,832
8dアニメストア0.133662,800
9TELASA0.345161,488
-TSUTAYA-0.328562,620
-FOD-0.617131,151

オフライン視聴が可能なら、外出先でも動画サービスを楽しめるメリットを最大限発揮できます。

自宅など通信環境が整った場所で動画をダウンロードしておくことがおすすめです。

見たいジャンルのコンテンツが豊富か

見たいジャンルのコンテンツが少ないVODサービスを選んでしまうと、利用する意味が無くなるため慎重に選ぶべきです。

VODサービスごとのオリジナル作品を含めて、主に6つのジャンルがあります。

  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • オリジナル

以下で、ジャンルごとにどのVODサービスを選ぶべきか比較します。

洋画を見たい場合におすすめのVODサービス

洋画のコンテンツが最も充実しているのは、『U-NEXT』です。

第二位は『楽天』ですが、作品数が減り実質月額料金が高くなるため、選ぶ意味はありません。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

順位サービス名洋画オフライン作品単価初年度実質月額総作品数
1U-NEXT5,2390.0115514,189
2楽天4,2030.111,28110,832
3dTV2,5050.104584,454
4NETFLIX2,3690.084505,474
5Amazon1,5080.114083,600
-FOD810-0.617131,151
-TSUTAYA720-0.328562,620
6TELASA4990.345161,488
7Hulu4400.031503,927
8Paravi2100.071211,700
9dアニメストア00.133662,800

邦画を見たい場合におすすめのVODサービス

邦画のコンテンツが最も充実しているのは、『U-NEXT』です。

洋画と同様に第二位は『楽天』ですが、作品数が減り実質月額料金が高くなるため、選ぶ意味はありません。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

順位サービス名邦画オフライン作品単価初年度実質月額総作品数
1U-NEXT3,1870.0115514,189
2楽天2,8120.111,28110,832
-TSUTAYA1,900-0.328562,620
3Hulu1,2000.031503,927
4dTV6750.104584,454
5NETFLIX6720.084505,474
6Amazon6000.114083,600
7Paravi4680.071211,700
-FOD341-0.617131,151
8TELASA1670.345161,488
9dアニメストア00.133662,800

海外ドラマを見たい場合におすすめのVODサービス

海外ドラマのコンテンツが最も充実しているのは、『U-NEXT』です。

第二位は『NETFLIX』ですが、作品数が減り実質月額料金が高くなるため、選ぶ意味はありません。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

順位サービス名海外ドラマオフライン作品単価初年度実質月額総作品数
1U-NEXT1,8430.0115514,189
2NETFLIX7460.084505,474
3楽天6070.111,28110,832
-FOD428-0.617131,151
4Amazon4080.114083,600
5dTV3900.104584,454
6Hulu3800.031503,927
7TELASA2510.345161,488
-TSUTAYA70-0.328562,620
8Paravi380.071211,700
9dアニメストア00.133662,800

国内ドラマを見たい場合におすすめのVODサービス

国内ドラマのコンテンツが最も充実しているのは、『U-NEXT』です。

第二位は『Hulu』は、僅かに実質月額料金が安いため、国内ドラマしか見ない場合は『Hulu』がおすすめです。

他ジャンルも見る場合は、他のジャンルの作品数が3倍以上多いので『U-NEXT』がおすすめです。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

順位サービス名国内ドラマオフライン作品単価初年度実質月額総作品数
1U-NEXT1,0470.0115514,189
2Hulu9700.031503,927
3Paravi7600.071211,700
4楽天6250.111,28110,832
-FOD493-0.617131,151
5Amazon3720.114083,600
6dTV2810.104584,454
-TSUTAYA180-0.328562,620
7TELASA1470.345161,488
8NETFLIX1130.084505,474
9dアニメストア00.133662,800

アニメを見たい場合におすすめのVODサービス

アニメのコンテンツが最も充実しているのは、『U-NEXT』です。

僅差ですが、第二位は『dアニメストア』ですが、作品数が減り実質月額料金が高くなるため、選ぶ意味はありません。

また、『dアニメストア』には他ジャンルの作品が無いため、他ジャンルも見る場合は『U-NEXT』を選ぶべきです。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

順位サービス名アニメオフライン作品単価初年度実質月額総作品数
1U-NEXT2,8730.0115514,189
2dアニメストア2,8000.133662,800
3楽天2,5850.111,28110,832
-FOD924-0.617131,151
4Hulu8600.031503,927
5TELASA4240.345161,488
6NETFLIX3880.084505,474
7Amazon3840.114083,600
8dTV3500.104584,454
-TSUTAYA290-0.328562,620
9Paravi2000.071211,700

オリジナル作品を見たい場合におすすめのVODサービス

オリジナルのコンテンツが最も充実しているのは、『NETFLIX』です。

オリジナル作品は各サービス独占で配信しているため、見たい作品をどこが制作しているかを確認して選ぶ必要があります。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

サービス名オリジナルオフライン作品単価初年度実質月額総作品数
NETFLIX1,1860.084505,474
Amazon3280.114083,600
dTV2530.104584,454
Hulu770.031503,927
Paravi240.071211,700

実質的な月額料金が安く、最低限のコンテンツ数があるか

見たいジャンルが複数ある場合は、総作品数が多く実質月額が安いVODサービスを選ぶべきです。

以下の表では、実質月額料金を総作品数で割った、作品単価が安い順に記載しています。

※実質月額=(料金-割引額)/最大ユーザ数、 作品単価=実質月額/総作品数、 作品数=ログイン後の目視確認できた数

順位サービス名オフライン作品単価初年度実質月額総作品数
1U-NEXT0.0115514,189
2Hulu0.031503,927
3Paravi0.071211,700
4NETFLIX0.084505,474
5dTV0.104584,454
6Amazon0.114083,600
7楽天0.111,28110,832
8dアニメストア0.133662,800
9TELASA0.345161,488
-TSUTAYA-0.328562,620
-FOD-0.617131,151

実質月額料金は数百円程の違いのため、見たい作品が無いというリスクを避けるために、作品数が多いサービスをおすすめします。

4.U-NEXTの7つの魅力

それでは、U-NEXTのサービスについて、その魅力的な特徴を詳しく解説しましょう。

U-NEXTの7つの魅力は以下の通りです。

  1. 見放題作品のラインアップが最も多い
  2. 最新作をいち早く楽しめる
  3. ダウンロード機能で外出先でもデータ制限が気にならない
  4. 雑誌や漫画も楽しめる
  5. 家族なら1つの契約で最大4つのアカウントを開設できる
  6. 多様なデバイスを利用できる
  7. 大手キャリアで決済できる

各サービス内容を詳しく見ていきましょう。

U-NEXTに申込

魅力1 見放題作品のラインナップが最も多い

U-NEXTは、豊富なラインナップから、自分に合った作品を選ぶことができます。


たとえば、U-NEXTで配信されている見放題作品は130,000作品で、2019年6月時点で日本最多となっています

また、見放題作品には含まれませんが、話題の最新作品も20,000作品配信されています。

豊富な配信コンテンツの中から好きな作品を自由に選びたい方には、ぴったりのサービスです。

U-NEXTに申込

魅力2 最新作品をいち早く楽しめる

U-NEXTは、話題の最新作品をいち早くチェックできます。

劇場作品が公開と同時に配信されたり、レンタルDVDより早く視聴できることもあり、このスピード感は完全見放題の動画配信サービスにはほとんどありません。

トレンドに敏感な方には、特に嬉しいサービスです。

U-NEXTに申込

魅力3 ダウンロード機能で外出先でもデータ制限が気にならない

U-NEXTには、ダウンロード機能があり、通信環境を気にせずに作品を楽しめます。


専用アプリをインストールして動画をダウンロードするだけで、最長48時間以内いつどこにいても無料で作品を再生できます。

たとえば自宅などのWi-Fi環境で作品をダウンロードして、外出先などWi-Fi接続ができない場所で再生することで、データ容量を気にせずにサービスを楽しむことが可能です。

出典:U-NEXT

出張で飛行機などの移動が多い方やデータ容量が少ないプランで通信契約をしている方には、非常に便利なサービスです。

U-NEXTに申込

魅力4 雑誌や漫画も楽しめる

U-NEXTの配信コンテンツは、動画だけではなく、雑誌や漫画も含まれます。

雑誌は、ファッション、ライフスタイル、週刊誌、ビジネス、グルメ、トラベル、スポーツなど、人気のジャンルから70誌以上のコンテンツが読み放題です。


漫画は有料コンテンツですが、160,000作品も揃っているので、毎月付与されるポイントを使って、実質無料で読むことができます。

U-NEXTは、動画だけでなく、雑誌や漫画も楽しみたい方にオススメのサービスです。

U-NEXTに申込

魅力5 1つの契約で最大4つのアカウントを登録できる

U-NEXTは、1つの契約あたり最大3つのアカウントを無料で追加することができます。

さらに複数人で異なるコンテンツを同時に利用することができるので、一人ひとりが自分のライフスタイルに合わせて動画や雑誌、漫画を楽しむことができます。


また、マイリストや視聴履歴がアカウントごとに分かれているので、利用したコンテンツ情報を他のアカウントと共有する必要がなく、プライバシーを守ることができます。

4人でそれぞれのアカウントを開設した場合、1人あたりの実質月額料金は約500円です。

複数人で動画配信サービスを利用したいと考えている方には、非常にお得なサービスとなります。

U-NEXTに申込

魅力6 多様なデバイスで利用できる

U-NEXTは、多種多様なデバイスに対応しています。

    • テレビ
    • スマートフォン・タブレット
    • ゲーム機
    • パソコン

出典:U-NEXT

それぞれの対応機種は以下の通りです。

デバイス代表的な対応端末
テレビブラビア、REGZA、アクオス、VIERA、LG Smart TV、WOOO、FUNAI、Hisense
スマートフォン・タブレットiOS、Android
ゲーム機PlayStation(R)4、PlayStation(R)4 Pro
パソコンWindows7 SP1以上8 以降または10、Mac OS 10.5.7以上

どのデバイスも主要な機種やシリーズに対応しているので、スマートフォンやタブレットはもちろん、テレビやゲーム機でもサービスを楽しみたい方にオススメのサービスです。

U-NEXTに申込

魅力7 大手キャリア3サービスで決済できる

U-NEXTは、クレジットカード決済またはキャリア決済が可能です。


キャリア決済は、au、docomo、Softbankの大手3サービスで対応しています。

クレジットカード決済はもちろん、デバイス同様にキャリア決済をしたい方には便利なサービスです。

-NEXTの無料トライアルは、PCまたはスマホ・タブレットから登録ができますが、それぞれ選択できる決済方法が異なります。

クレジットカードを持っていない方は、スマホかタブレットでキャリア決済を選びましょう。

まとめ

dTVの解約・退会に関する注意点と手続き方法について解説しましたが、いかがでしたか?

dTVを解約した場合、次に選ぶべきおすすめのVODサービスは、『U-NEXT』一択です。

U-NEXTは、事前に注意点を確認して利用すれば、安心・安全に楽しむことができるVODサービスです。

まだ利用したことがない場合は、ぜひ無料トライアルに登録してみましょう。

U-NEXTの申し込みページ:https://video.unext.jp/

※初回申し込み者に限り、無料トライアル(31日間)が可能です。

〈無料トライアル特典〉

  • 140,000本以上の作品が31日間無料で見放題
  • 最新作(有料)が楽しめる600円相当のポイントプレゼント

あなたがdTVを確実に解約し、U-NEXTのサービスを楽しめることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket