楽天モバイルでiPhone 13を最もお得に購入する方法を元販売員が徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「楽天モバイルでiPhone 13は買える?」「最もお得に購入・予約する方法は?」など、疑問に思っている人はいませんか?

結論、楽天モバイルにてキャンペーンとオプションサービスを併用すれば、実質半額以下でiPhone 13を購入できます。

ただし、申し込むべきタイミングを間違えてしまうと損をしてしまう場合もあるので、iPhone 13を購入する際には注意が必要です。

本記事では、楽天モバイルでiPhone 13を購入した場合の値段やスペックを紹介しつつ、最もお得に購入する方法・タイミングについて解説していきます。

  1. 楽天モバイルでiPhone 13を最もお得に購入する方法と申し込み手順
  2. 楽天モバイル「iPhone 13シリーズ」の値段・スペックを徹底解説!
  3. 楽天モバイルでiPhone 13を購入すべきタイミング
  4. iPhone 13購入後に楽天モバイルを利用するための初期設定方法
  5. 楽天モバイルでiPhone 13の申込・予約・発送状況を確認する方法
  6. 楽天モバイルへの乗り換え(MNP)の全手順
  7. SIMロック解除の手順
  8. 楽天モバイルで良いか迷ってる?失敗しない格安SIMの選び方

iPhone 13を購入すると同時に楽天モバイルに申し込む方法や初期設定方法もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. 楽天モバイルでiPhone 13を最もお得に購入する方法と申し込み手順

まずは、楽天モバイルでiPhone13を購入する方法と申し込み手順を以下の流れに沿って見ていきましょう。

  1. 楽天モバイルで最もお得にiPhone 13を購入する方法
  2. iPhone 13を購入できる大手キャリアとの価格を徹底比較
  3. 楽天モバイルに申し込むまでの手順

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

1-1. 楽天モバイルで最もお得にiPhone 13を購入する方法

楽天モバイルでiPhone 13を購入したい場合、楽天モバイルの公式オンラインショップ、もしくは店舗にて購入するかを決めなくてはいけません。

それぞれの購入方法におけるメリット・デメリットをまとめると、以下の通りです。

【オンラインショップでiPhone13を購入するメリット】

  • 24時間いつでも申し込みができる
  • 来店不要
  • オンライン限定のキャンペーンが適用される

【オンラインショップでiPhone13を購入するデメリット】

  • 自分で購入手続きをする必要がある
  • 店頭スタッフによるサポートがない

【店舗でiPhone13を購入するメリット】

  • 店頭スタッフから説明を受けれる
  • 即日開通

【店舗でiPhone13を購入するデメリット】

  • 長時間待たされる
  • 一部キャンペーンが適用されない

そして、楽天モバイルで最もお得にiPhone 13を購入・予約をしたい場合、以下の方法を駆使して手続きを進めていきましょう。

  1. iPhone アップグレードプログラムを適用する
  2. キャンペーンを併用する
  3. スマホ下取りサービスを活用する

上記の方法をそれぞれ活用すれば、高額なiPhone 13も実質半額以下で購入できます。

iPhoneアップグレードプログラムを適用する

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム出典:楽天モバイル

楽天モバイルでお得にiPhone13を購入したいなら、iPhoneアップグレードプログラムを活用していきましょう。

iPhoneアップグレードプログラムとは、購入したiPhoneを25カ月目に返却することで、全48回払いのうち最大24回分の支払いが不要になるサービスです。

48回払いのうち24回分の支払いが終わればいつでも最新のiPhoneに機種変更できるので、実質半額でiPhone 13を手に入れられます。

ただし、機種変更時にiPhoneの返却と事務手数料3,300円が必要となるので注意しましょう。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム出典:楽天モバイル

さらに、iPhoneアップグレードプログラムは後述するキャンペーンとの併用が可能です。

そのため、実質半額でiPhone 13が手に入るだけでなく、キャンペーンを併用すれば最大で21,000円分のポイントが還元されます。

キャンペーンを併用する

楽天モバイルでiPhone 13を購入する場合、以下のキャンペーンが活用できます。

  1. iPhone超トクのりかえキャンペーン
  2. 楽天モバイルはじめての申込み限定1,000ポイントプレゼントキャンペーン

それぞれのキャンペーンを併用すれば、最大で21,000円分のポイントが還元されるので、安くiPhone 13を購入することにつながります。

お得にiPhone13を購入するならオンライン申込がおすすめ

「楽天モバイルはじめての申込み限定1,000ポイントプレゼントキャンペーン」は、オンラインでの申し込みしか適用されません。

少しでもお得にiPhone 13を購入したいなら、楽天モバイルの公式オンラインショップでの購入手続きを進めていきましょう。

さらに、今回ご紹介するキャンペーンは、先述したiPhoneアップグレードプログラムとの併用も可能です。

たとえば、iPhoneアップグレードプログラムを利用しつつ(25カ月目に機種変更をした)、キャンペーンを適用させた場合のiPhone 13シリーズの価格は以下の通りとなります。

※iPhoneアップグレードプログラムとキャンペーンを適用した場合の価格のみ赤字で記載しています
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

機種
容量
楽天モバイルで購入するiPhone 13の価格キャンペーン適用時のiPhone13の価格
(楽天ポイントを支払いに割り当てた場合)
通常iPhoneアップグレードプログラム利用時
(25カ月目に機種変更した場合)
iPhone 13128GB98,800円49,392円
(2,058円×24カ月)
28,392円
(49,392円-21,000ポイント)
256GB110,800円55,392円
(2,308円×24カ月)
34,392円
(55,392円-21,000ポイント)
512GB134,800円67,392円
(2,808円×24カ月)
46,392円
(67,392円-21,000ポイント)
iPhone 13 mini128GB86,780円43,368円
(1,807円×24カ月)
22,368円
(43,368円-21,000ポイント)
256GB98,800円49,392円
(2,058円×24カ月)
28,392円
(49,392円-21,000ポイント)
512GB122,800円61,392円
(2,558円×24カ月)
40,392円
(61,392円-21,000ポイント)
iPhone 13 Pro128GB122,800円61,392円
(2,558円×24カ月)
40,392円
(61,392円-21,000ポイント)
256GB134,800円67,392円
(2,808円×24カ月)
46,392円
(67,392円-21,000ポイント)
512GB158,800円79,392円
(3,308円×24カ月)
58,392円
(79,392円-21,000ポイント)
1TB182,800円91,392円
(3,808円×24カ月)
80,392円
(91,392円-21,000ポイント)
iPhone 13 Pro Max128GB134,800円67,392円
(2,808円×24カ月)
46,392円
(67,392円-21,000ポイント)
256GB146,800円73,392円
(3,058円×24カ月)
52,392円
(73,392円-21,000ポイント)
512GB170,800円85,392円
(3,558円×24カ月)
64,392円
(85,392円-21,000ポイント)
1TB194,800円97,392円
(4,058円×24カ月)
76,392円
(97,392円-21,000ポイント)

上記のように、iPhoneアップグレードプログラムを利用しつつキャンペーンを併用させれば、iPhone 13は半額以下で購入することができるのでぜひ活用していきましょう。

ここからは、楽天モバイルでiPhone13を購入する際に利用できるキャンペーンについて詳しく解説していきます。

iPhone超トクのりかえキャンペーン

iPhone乗り換えキャンペーン出典:楽天モバイル

「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込む際にiPhoneに乗り換えることで、楽天ポイントが最大20,000ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。

また、他社から乗り換えをするのであれば、iPhoneを購入しなくてもポイントを獲得できます。

<キャンペーンコード>

1262
※問い合わせ時には『だれでも5,000ポイントプレゼントキャンペーン』キャンペーンコード:1113も必要

<申し込み条件>

  1. 「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規申し込み、もしくは他社・旧プランからの乗り換え(MNP)で申し込み
  2. 「Rakuten UN-LIMIT VI」申し込み後、「iPhone 13 Pro Max」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13」「iPhone 13 mini」を購入
  3. 製品到着後、または店頭で購入した日の翌月末日23:59までに「Rakuten Link」にて10秒以上の通話

<キャンペーン期間>

2021年6月18日(火) ~ 終了日未定

<ポイント付与日>

「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン利用開始および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

楽天モバイルはじめての申込み限定1,000ポイントプレゼントキャンペーン

楽天モバイルはじめてキャンペーン出典:楽天モバイル

楽天モバイルのエントリーページからエントリーした後に「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込むと、全員に1,000ポイントが付与されるキャンペーンです。

ただし、エントリー後、翌月末日の23:59までに楽天モバイルを開始していないと本キャンペーンは適用外となるので、注意しておきましょう。

<キャンペーンコード>

1173

<申し込み条件>

  1. キャンペーン期間中に楽天モバイルのエントリーページからエントリー
  2. キャンペーン期間内にオンラインで「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込む
  3. 楽天会員

<キャンペーン期間>

2021年10月1日(金)00:00 ~ 2021年10月31日(日)23:59

※プラン利用開始期限
エントリーの翌月末日の23:59まで

<ポイント付与日>

「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン利用開始および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

スマホ下取りサービスを活用する

もし古いスマホからiPhone 13に機種変更したいなら、スマホ下取りサービスも活用しておきましょう。

スマホ下取りサービスとは、今使っているスマホを楽天モバイルが査定をしてくれ、買取金額を楽天キャッシュ(電子マネー)にチャージしてくれるサービスです。

例えば、iPhone11 64GBを下取りに出した場合、良品の状態で24,500円にて買取をしてくれます。(※2021年10月時点)

古いスマホを特に利用しないのであれば、下取りに出して新しいiPhone 13を購入する際の足しにするのがおすすめです。

ただし、査定基準としてスマホの状態を3段階で評価して下取り価格を決めるため、予想より価格が下回る可能性もあるので注意しましょう。

1-2. iPhoneを購入できる大手キャリアを徹底比較

楽天モバイルでiPhone 13を購入するのは本当にお得なのか知るために、Appleストアと大手キャリアで販売しているiPhone 13との価格の違いを比較しました

楽天モバイルやAppleストア、大手キャリアでのiPhone 13の販売価格を比較した表は以下の通りです。

※楽天モバイルの価格のみ赤字で記載しています
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

機種容量楽天モバイルAppleストアドコモauソフトバンク
iPhone 13128GB98,800円98,800円111,672円115,020円115,920円
256GB110,800円110,800円125,136円128,970円129,600円
512GB134,800円134,800円164,736円156,995円157,680円
iPhone 13 mini128GB86,780円86,800円98,208円101,070円101,520円
256GB98,800円98,800円120,384円115,020円115,920円
512GB122,800円122,800円151,272円143,040円144,000円
iPhone 13 Pro128GB122,800円122,800円142,560円143,040円144,000円
256GB134,800円134,800円165,528円156,995円157,680円
512GB158,800円158,800円197,208円185,015円186,480円
1TB182,800円182,800円226,512円212,920円214,560円
iPhone 13 Pro Max128GB134,800円134,800円165,528円156,995円157,680円
256GB146,800円146,800円182,160円170,945円172,080円
512GB170,800円170,800円213,048円198,965円200,160円
1TB194,800円194,800円243,144円226,870円228,240円

上記を見たらわかるように、楽天モバイルとAppleストアでの販売価格はほぼ同じで、他の大手キャリアに比べると最もお得に購入できることが分かりました。

ただし、「楽天モバイルで最もお得にiPhone 13を購入する方法」で紹介したように、キャンペーンやサービスを利用すれば上記の価格よりiPhone13を大幅に値引きすることが可能です。

1-3. 楽天モバイルに申し込むまでの手順

次に、楽天モバイルでiPhone 13を購入しつつ、申し込みする方法について詳しく解説します。

事前に確認しておくべき契約内容

まずは、楽天モバイルの契約内容の詳細から解説していきます。

端末料金

端末料金は「一括払い」「分割払い」のいずれかの選択ができ、毎月の月額料金とあわせての支払いが可能です。

なお、分割払いの場合は、「24回払い」もしくは「48回払い(楽天カード限定)」を選べます。

もしiPhoneアップグレードプログラムを利用してお得にiPhone 13を購入したいなら、「48回払い(楽天カード限定)」を選びましょう。

契約事務手数料・契約手数料

契約事務手数料や契約手数料は、無料となっています。

代金引換手数料

楽天モバイルを申し込んだ後の商品合計額によって、以下のように代金引換手数料の金額が異なります。

  • 商品合計額が10,000円未満の場合:330円
  • 商品合計額が10,000円~29,999円の場合:440円
  • 商品合計額が30,000円~99,999円の場合:660円
  • 商品合計額が100,000~299,999円の場合:1,100円

商品の合計額によって手数料が異なるので、注意しましょう。

支払方法

基本的には、クレジットカードや口座振替、デビッドカードでの支払いになります。

さらに、楽天ポイントが溜まっているのであれば、ポイントでの支払いも可能です。

加入後の支払い変更の方法に関しては、契約後のお支払方法の確認・変更・未払い関連についてでチェックできるので、変えたい人はチェックしておきましょう。

違約金

違約金はありません。

最低利用期間や2年縛りもないので、いつ解約しても安心です。

MNP転出料金

MNP転出料金は無料です。

楽天モバイルの申し込み時に必要なもの

楽天モバイルの申し込みの際には、以下の5つを事前に準備しておきましょう。

  1. クレジットカードか通帳やキャッシュカードなど銀行口座がわかるもの、もしくはデビッドカード
  2. 本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カードのうち1つ)
  3. 楽天ユーザID/パスワード
  4. 利用する予定の端末
  5. MNP予約番号

上記の「MNP予約番号」とは、転出元の大手携帯会社で取得できる番号です。

他社から楽天モバイルに乗り換える際、これまで利用していた電話番号を引き継ぐために必要になります。

MNP予約番号の取得方法については、「5章. 楽天モバイルへの乗り換え(MNP)の全手順」にてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、楽天会員に登録していない場合は、以下のページから登録し楽天ユーザIDを発行しておきましょう。

【楽天会員登録ページ】
https://member.id.rakuten.co.jp/rms/nid/registfwdi

楽天モバイル申し込み手順

事前準備が整いましたら、申し込みをしていきましょう。

店舗にてiPhone13を購入する場合は、先述した「楽天モバイルの申し込み時に必要なもの」を持参して手続きを進めれば申し込みが可能です。

また、楽天モバイルの公式オンラインショップで申し込む場合、以下の手順で簡単に申し込むことができます。

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセスする
  2. キャンペーンページからSPU(楽天モバイル)にてエントリーを済ませる
  3. Rakuten UN-LIMIT VIの「プランを選択する」をクリックする
  4. 端末を購入する場合は「製品一覧」から端末を選ぶ
  5. サービス内容(オプション)を入力する
  6. 「この内容で申し込む」をクリックし、楽天会員ページからログイン
  7. 本人確認書類をアップロードする
  8. 「電話番号の選択」ページでMNP予約番号を入力する
  9. (新規の場合、表示された電話番号を選択する)
  10. ご契約者さま情報を入力する
  11. お支払い情報を入力する

申し込みが完了したら、SIMカードの配送を待ちましょう。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/ 

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

SIMカードが届いたら、「4章. iPhone 13購入後に楽天モバイルを利用するための初期設定方法」の案内通りに設定をすれば、iPhone13が使用できます。

次章では、iPhone 13シリーズの値段やスペックについて詳しくまとめていきます。

2. 楽天モバイル「iPhone 13シリーズ」の値段・スペックを徹底解説!

この章では、楽天モバイルで販売されているiPhone 13シリーズの値段やスペックについて解説していきます。

まとめると、以下の通りです。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1. iPhone 13

楽天モバイルのiPhone 13出典:楽天モバイル

iPhone 13の基本情報は、以下の通りです。

端末名iPhone 13
端末料金98,800円~
サイズ約71.5×146.7×7.65mm
重量173g
ディスプレイ6.1インチ
画面解像度2,532×1,170
カメラデュアルレンズカメラ
広角(1200万画素)/超広角(1200万画素)
電源・バッテリービデオ再生時間:最大19時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大15時間
オーディオ再生:最大75時間
SIMカードデュアルSIM
nanoSIM・eSIM
本体カラーミッドナイト
スターライト
ブルー
ピンク
(PRODUCT)RED

iPhone 13は、耐久性の高いフラットエッジデザインを採用しています。

頑丈なCeramic Shieldのガラスを使用しており、多少の衝撃では傷がつくことはありません。

さらに、超高速の5Gが搭載されており最大19時間ビデオ再生ができるので、ネットや動画を長時間ストレスなく楽しむことが可能です。

オンラインショップで購入

2-2. iPhone 13 mini

楽天モバイルiPhone13 mini出典:楽天モバイル

iPhone 13 miniの基本情報は、以下の通りです。

端末名iPhone 13 mini
端末料金86,780円~
サイズ約64.2×131.5×7.65mm
重量140g
ディスプレイ5.4インチ
画面解像度2,340×1,080
カメラデュアルレンズカメラ
広角(1200万画素)/超広角(1200万画素)
電源・バッテリービデオ再生時間:最大17時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大13時間
オーディオ再生:最大55時間
SIMカードデュアルSIM
nanoSIM・eSIM
本体カラーミッドナイト
スターライト
ブルー
ピンク
(PRODUCT)RED

iPhone 13シリーズの中ではもっとも安い端末となっており、最小かつ最軽量を実現しています。

最大で17時間のビデオ再生を実現しており、YouTubeなどの動画を楽しむことが可能です。

またiPhone 13と同様にデュアルレンズカメラを搭載しており、美しい写真やビデオ撮影ができるのはもちろんのこと、暗いエリアでもはっきりと被写体をとらえる機能が搭載されています。

オンラインショップで購入

2-3. iPhone 13 Pro

楽天モバイルiPhone13 Pro出典:楽天モバイル

iPhone 13 Proの基本情報は、以下の通りです。

端末名iPhone 13 Pro
端末料金122,800円~
サイズ約71.5×146.7×7.65mm
重量203g
ディスプレイ6.1インチ
画面解像度2,532×1,170
カメラトリプルレンズカメラ
広角(1200万画素)/超広角(1200万画素)/望遠(1,200万画素)
電源・バッテリービデオ再生時間:最大22時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
SIMカードデュアルSIM
nanoSIM・eSIM
本体カラーグラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー

iPhone 13 Proには広角/超広角/望遠カメラが搭載されており、さまざまな撮影シーンに対応可能です。

また、医療に使われるレベルのステンレススチールで設計されていることから、より耐久力が上がっています。

さらに、iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MaxはProシリーズで初の1TBモデルとして登場しました。

そのため、動画を大量に撮影したとしても、容量を気にせず端末内に保存することが可能です。

オンラインショップで購入

2-4. iPhone 13 Pro Max

楽天モバイルiPhone13 Pro Max出典:楽天モバイル

iPhone 13 Pro Maxの基本情報は、以下の通りです。

端末名iPhone 13 Pro Max
端末料金134,800円~
サイズ約78.1×160.8×7.65mm
重量238g
ディスプレイ6.7インチ
画面解像度2,778×1,284
カメラデュアルレンズカメラ
広角(1200万画素)/超広角(1200万画素)/望遠(1,200万画素)
電源・バッテリービデオ再生時間:最大28時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
SIMカードデュアルSIM
nanoSIM・eSIM
本体カラーグラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー

iPhone 13 Pro Maxはディスプレイが6.7インチと大画面で、ゲームや動画などを楽しむことができます。

また、iPhoneシリーズの中ではもっともバッテリー容量が多く、長時間の動画撮影や視聴なども問題ありません。

他にも、iPhone 13 Proと同様に医療に使われるレベルのステンレススチールで設計されていることから、より耐久力が上がっています。

長く利用したとしても、購入した時の価値が長続きするように設計されているのです。

オンラインショップで購入

【参考】楽天モバイルで購入できるiPhoneシリーズ

最後に、楽天モバイルで販売されているiPhoneシリーズを紹介していきます。

以下が、2021年10月現在、楽天モバイルで購入できるiPhone一覧です。

  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE

ちなみに、iPhone 12シリーズ・iPhoneSEであれば、「iPhone22,000円割引キャンペーン」が利用できます。

iPhone22,000円割引キャンペーンとは、他社から楽天モバイルに乗り換えをして対象端末を購入すれば、端末料金が22,000円割引されるキャンペーンです。

「一括払い」または「24回払い」を選択しないとキャンペーンが適用されませんが、お得にiPhone 12シリーズやiPhone SEを購入できます。

ただし、iPhoneアップグレードプログラムも一緒に利用する場合、22,000円割引ではなく20,000円相当のポイント還元となるので注意しましょう。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次の章では、楽天モバイルでiPhone13を購入すべきタイミングについて解説していきます。

3. 楽天モバイルでiPhone 13を購入すべきタイミング

よりお得に楽天モバイルでiPhone13を購入したいのであれば、タイミングを見極めましょう。

おすすめのタイミングとしては、以下の通りです。

  1. 解約金や手数料がかからないタイミング
  2. 端末が古くなったタイミング
  3. 利用端末の修理窓口の受付期間が終了したタイミング

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1. 解約金や手数料がかからないタイミング

他社から乗り換えすると同時に端末を買い替える場合、解約金や手数料がかからないタイミングで手続きをするのがおすすめです。

他社の料金プランによっては契約期間が定められており、契約更新月以外に乗り換えをしてしまうと違約金が発生してしまいます。

また、古い端末の代金を分割で支払っている途中で端末を買い替えた場合、古い端末と新しい端末の両方の料金を払い続けることになるので注意しましょう。

3-2. 端末が古くなってきたタイミング

端末が古くなってきた時も、端末を買い替えるべきタイミングです。

スマホも使い続ければ劣化していき、以下のようなトラブルが起きることもあります。

  • 充電がすぐに切れる
  • 通信速度が遅く感じる
  • 操作をしても反応しない

上記に該当する場合は、端末を修理に出すか交換をすべきタイミングと言えます。

修理に出せば直るようなトラブルなら問題ないですが、端末を買い替えた方が安く済む場合もあるので料金の比較・検討をしていきましょう。

3-3. 利用端末の修理窓口の受付期間が終了したタイミング

契約しているキャリアによっては、端末の修理をしてくれる窓口があるものの、一定期間がたつと終了してしまうものがあります。

修理の受付期間が終了してしまうと、故障をした場合に正規での修理ができなくなってしまうのです。

そのため、修理をしようと思っても窓口の受付期間が終了していた場合、端末を買い替えるべきタイミングと言えるでしょう。

次の章では、iPhone 13を購入した後に楽天モバイルを利用するための初期設定方法を紹介していきます。

4. iPhone 13購入後に楽天モバイルを利用するための初期設定方法

この章では、楽天モバイルでiPhone 13を購入した後に必要な初期設定の手順を解説します。

初期設定を済ませておかなくては、iPhone13を利用できないので注意しましょう。

また、設定方法は以下の2つの契約パターンによって異なるので注意が必要です。

それでは契約パターンに合わせて、設定方法を解説していきます。

4-1. SIMカードの場合

SIMカードの場合は、主に以下の順番で手続きを進めていきます。

  1. 契約後、郵送にてSIMカードを受け取り
  2. MNP転入手続き
  3. SIMカードを端末に差し込む

SIMカードが届いたら、まずはMNP転入手続きを進めていきます。

my 楽天モバイルにログインした後に、以下の画像の手順で転入手続きを終わらせましょう。

楽天モバイルSIM開通手続き出典:楽天モバイル

MNP転入手続きが完了したら、電源をオフにした状態の端末にSIMカードの挿入をするための準備をしていきます。

楽天モバイルからはSIMカードが届くので、以下の画像のように、利用予定の端末に合わせてSIMカードを取り外していきましょう。

ちなみに、端末のSIMカードのサイズは、公式サイトにて確認をするか、その場でSIMカードを取り出すことで確認可能です。

SIMタイプ出典:楽天モバイル

切り離しが終わったら、電源をオフにした状態で端末にSIMカードを挿入します。

取り付け方としては、以下の画像を参考にしてみてください。

SIMカード挿入出典:楽天モバイル

SIMカードの挿入が完了したら、自動的に開通手続きが完了するので、これ以上の手続きは必要ありません。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

4-2. eSIMの場合

eSIMの場合は、主に以下の順番で手続きを進めていきます。

  1. MNP転入手続き
  2. 開通手続き

eSIMの開通手続きには、Wi-Fi環境が必要なので注意が必要です。

まずは、MNP転入手続きを進めていきましょう。

申込後に届く『START GUIDE』の裏面に貼られているQRコードを読み取り、MNP転入手続きをします。

楽天モバイルSIM開通手続き出典:楽天モバイル

楽天モバイルSIM開通手続き出典:楽天モバイル

次に、開通手続きを行っていきます。

楽天モバイルにて端末を購入した場合は、以下の手順で開通手続きを進めていきましょう。

楽天モバイルSIM開通手続き出典:楽天モバイル

楽天モバイルSIM開通手続き出典:楽天モバイル

端末を購入せずにeSIMのみで契約をした場合は、my 楽天モバイルにログインした後に、転入手続きを終わらせましょう。

楽天モバイルSIM開通手続き

出典:楽天モバイル

楽天モバイルSIM開通手続き出典:楽天モバイル

楽天モバイルSIM開通手続き出典:楽天モバイル

以上の手順を終わらせれば、手続きが完了します。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次章では、楽天モバイルでiPhone13の申込・予約・発送状況を確認する方法を解説していきます。

5. 楽天モバイルでiPhone 13の申込・予約・発送状況を確認する方法

この章では、楽天モバイルでiPhone13の申込・予約・発送状況を確認する方法について解説していきます。

もし楽天モバイルでiPhone13を購入、もしくは予約をした場合、以下の手順を踏めば発送状況を確認することが可能です。

  1. 楽天モバイルにアクセスして「メニュー」から「my 楽天モバイル」をタップする
  2. 楽天IDでログインをしてマイページにアクセスする
  3. 「メニュー」を開き「申し込み履歴」をタップする
  4. 申し込み履歴からステータスを確認する

上記の流れで確認すると、発送状況を確認できます。

また、以下のようにステータスの表示内容によって状況が異なるので、間違いがないかの確認をしておきましょう。

  • ステータスが「準備中」の場合:加入審査やSIMの発行手続き中
  • ステータスが「完了」の場合:契約が成立
  • ステータスが「取消済み」の場合:申込キャンセルを受付
  • ステータスが「お届け準備中」の場合:iPhone13の発送準備中
  • ステータスが「お届け完了」の場合:iPhone13やSIMカードの受取完了
  • ステータスが「回線開通完了」の場合:楽天モバイルの開通手続きが完了

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次の章では、楽天モバイルへの乗り換え(MNP)の手順について解説していきます。

6. 楽天モバイルへの乗り換え(MNP)の全手順

この章では、他社から楽天モバイルに乗り換える際に必要なMNP予約番号の取得方法について解説していきます。

MNP予約番号は、主に以下の2つの方法で取得可能です。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

ここでは自身があてはまる方法を選んで、MNP予約番号を取得していきましょう。

MNPとは?

MNPとは、スマホの会社を変えるときに電話番号を変えずに乗り換えることを意味します。

MNP予約番号を取得すれば、そのままの電話番号で大手から格安SIM、格安SIMから格安SIMへの乗り換えが可能です。

6-1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

以下の画像では、それぞれ大手キャリアの窓口・申し込み方法がまとまっているので、参考にしてみてください。

MNP予約番号出典:niko niko cable tv

【auのMNP予約番号入手方法】

以下の番号に電話すれば簡単に手続きできるのでおすすめです。

  • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならEZWebから手続き可能です。

auショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きをおすすめします。

手数料:無料

【ドコモのMNP予約番号入手方法】

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  1. My docomoサービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

【ソフトバンクのMNP予約番号入手方法】

以下の番号に電話することで簡単に手続きができます。

  • 携帯電話から: *5533へ電話
  • 一般電話から: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならMySoftBankから手続き可能です。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きがおすすめです。

手数料:無料

6-2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMからahamoに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  1. 電話による予約番号取得
  2. WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア取得方法MNP予約受付窓口MNP転出手数料
ワイモバイル電話151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル電話/WEB0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル電話/WEB0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル電話/WEB0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル電話/WEB0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
(電話手続きの場合は1,100円)
楽天モバイルWEBメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き無料
LINEモバイルWEBマイページの「MNP転出・解約」から手続き無料
OCN モバイル ONEWEBマイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き無料
IIJmioWEBマイページの「MNP予約番号発行」から手続き無料
b-mobileWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
日本通信SIMWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
y.u mobileWEBマイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き無料
nuroモバイルWEBご利用者向けページから手続きなし
DTIWEBMyDTIから手続き無料
NifMoWEB「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き無料
ロケットモバイルWEB解約URLから手続き無料
HISモバイルWEBMy HISモバイルから手続き無料
mineoWEBマイページから手続き無料
LIBMO電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
 (電話手続きの場合は1,100円)
エキサイトモバイルWEBBB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き無料
J:COMモバイルWEBJ:COMマイページから手続き無料
スマモバWEBマイページから手続き無料

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

7. SIMロック解除の手順

契約申し込みが終了した後は、現在使っているスマホをそのまま活用する場合のみ、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは、端末にかけられた利用制限をなくすことを意味しており、解除することで楽天モバイルのSIMを利用できるようになります。

2021年10月1日からSIMロックが原則禁止になりました

2021年10月1日以降に販売されたスマホは、SIMロックをかけることが原則禁止となりました。

SIMロック解除という余計な手続きが必要なくなるので、よりスムーズに他キャリアのSIMを利用できます。

ただし、あくまで「原則禁止」であり、キャリアによっては総務省が確認したうえでSIMロックをかけることが認められています。

また、2021年10月1日より前に発売されたスマホは変わらずSIMロックがかかっている場合もあり、解除の手続きが必要となる可能性もあるので注意しましょう。

7-1. SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

7-2. 動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

楽天モバイルで利用できる利用端末

https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/certified-products

7-3. 動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

【auのSIMロック解除方法】

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料:3,300円

【ドコモのSIMロック解除方法】

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料は基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

【ソフトバンクのSIMロック解除方法】

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

8. 楽天モバイルで良いか迷ってる?失敗しない格安SIMの選び方

もし、あなたが楽天モバイルにするかどうか悩んでいる場合は、必ず他の格安SIM(格安スマホ)も検討すべきです。

なぜなら、この格安SIM(格安スマホ)を検討しないまま契約すると、「他の格安SIMの方が安く使えた…」など後悔する可能性があるからです。

例えば、月5GBしか使わないユーザーは、下記のように29プランほど選択肢があります。

表の見方

  • ahamoが音声付きSIMのため、音声付きSIMの格安SIMのみ記載
  • 各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載
  • 使いたい容量のジャストのプランがない場合、容量に合うサービス内の最安プランの料金を記載

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM
(大手キャリアも含む)
使える回線使いたい容量
1GB2GB3GB4GB5GB
mineoドコモ/au/SB1,2981,5181,5181,5181,518
IIJmioドコモ/au8588581,0781,0781,518
J:COMモバイルau1,0781,6281,6281,6281,628
y.u モバイルドコモ1,6391,6391,6391,6391,639
BIGLOBE モバイルドコモ/au1,0781,3201,3201,8701,870
b-mobileドコモ/au/SB1,0891,3091,5291,7491,969
ロケットモバイルドコモ/au/SB1,3751,4301,5401,9801,980
DTI SIMドコモ1,3201,6391,6392,1122,112
HISモバイル_ビタッ!ドコモ1,5621,5622,1122,1122,112
OCNモバイルONEドコモ1,2981,6281,6282,1782,178
日本通信SIM_合理的20GBドコモ2,1782,1782,1782,1782,178
イオンモバイルドコモ/au1,4081,5181,7381,7382,178
HISモバイル_格安弐拾ドコモ2,1782,1782,1782,1782,178
楽天モバイル楽天01,0781,0782,1782,178
エキサイトモバイル_最適料金ドコモ1,4961,6171,7382,0352,365
LIBMOドコモ1,7381,7381,7382,3982,398
LINEモバイルドコモ/au/SB1,6281,6281,6282,4202,420
nuro mobileドコモ/au/SB1,5401,5402,4202,4202,420
QTモバイルドコモ/au/SB1,5951,7051,7052,4752,475
NifMoドコモ1,7601,7601,7602,5302,530
povoau2,7282,7282,7282,7282,728
UQ-mobileau1,6281,6281,6282,7282,728
LINEMOSB2,7282,7282,7282,7282,728
スマモバドコモ2,1782,1782,1782,8382,838
ahamoドコモ2,9702,9702,9702,9702,970
エキサイトモバイル_定額ドコモ1,5071,6171,7602,0573,245
Y!mobileSB2,9482,9482,9484,0484,048
日本通信SIM_合理的かけほドコモ2,7282,7282,728
HISモバイル_格安かけ放題ドコモ2,7282,7282,728

このように、5GBのプランを選択する場合は楽天モバイルより500円以上安く使える場合もあります。

しかし、料金が安いものを選べばよいのかというと、それは違います。

格安SIM(格安スマホ)を選ぶポイントは以下の2つです。

  • 実質速度が速い格安SIMを選ぶこと
  • 月額料金が安い格安SIMを選ぶこと

実質速度はとても重要です。

なぜなら、朝やお昼など、通信が混む時間は格安SIMによって大きく速度が異なるからです。

しかし、素人の方が実際にスマホや格安SIMを20社以上契約して、実際の速度を測定するのは難しいと思います。

そのため、下記の記事で、実際に私が20社以上契約して速度測定と料金を徹底比較してまとめましたので、必ず格安SIMも知った上で楽天モバイルを申し込みましょう。

【2021年10月版】格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

まとめ

楽天モバイルでiPhone 13を最もお得に購入・予約する方法やiPhone13のスペック、購入すべきタイミングや申込方法について解説していきましたが、いかがでしたでしょうか?

楽天モバイルが出すキャンペーンを併用しつつオプションサービスを活用すれば、実質半額以下でiPhone 13を購入できます。

ただし、申し込むべきタイミングを間違えてしまうと損をしてしまう場合もあるので、iPhone 13を購入する際には注意が必要です。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

なお、特に楽天モバイルにこだわりがない場合は、下記のフローチャートに沿って格安SIMを選択することをおすすめします。

格安SIMランキング

音声通話SIMとデータ専用SIMの使いたいデータ容量によって、おすすめする格安SIMが異なります。

上記のフローチャートをニーズ別にランキングをつけると、下記の通りとなりました。

音声付きSIM

低容量編(3GB以下)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:楽天モバイル|月3GBまで月額1,078円、月1GBまではなんと0円
  • 2位:LINEMO(ミニプラン)|月額990円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン

大容量編(4GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン
  • 2位:LINEMO|月額2,728円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:楽天モバイル|専用アプリで通話料無料、月1GBまではなんと0円
データ専用SIM

低容量編(6GB以下)|格安SIM総合ランキング

大容量編(7GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:イオンモバイル|7GB以上のプランでは業界トップクラスの安い格安SIM
  • 2位:IIJmio|20GBが月額1,958円とデータ専用SIMの業界最安クラス
  • 3位:mineo|新プランの登場により業界最安クラスに

このページを参考に、楽天モバイルでお得にiPhone13を購入・予約できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る