povoの新プラン「povo 2.0」を元スマホ販売員が世界一わかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

povo(ポヴォ)が2021年9月下旬から提供を開始する新プラン「povo 2.0」について、「どんなプランなの?」「今までのpovoからプラン変更する方法は?」など、気になっていませんか?

結論、「povo 2.0」は、高品質のau回線で無制限のかけ放題を業界最安値(1,650円/月)で利用したいユーザーと、使ったデータ量の分だけ料金を支払いたいユーザーに最高のサービスであることがわかりました。

ただし、「povo 2.0」には注意すべきポイントがいくつかあり、事前におさえておかないと契約してから後悔する可能性があります。

この記事では、5年以上スマホの販売をしてきた私が、「povo 2.0」の特徴や注意点について以下の流れで解説します。

    1. povoの新プラン「povo 2.0」とは?
    2. 罠がある?povoの新プラン「povo 2.0」9つの注意点
    3. povoの新プラン「povo 2.0」をahamo・LINEMOと徹底比較!
    4. 「povo 2.0」でいいか迷ってる?失敗しない格安SIMの選び方
    5. povoの新プラン「povo 2.0」の申し込み方法と注意点
    6. povo新プラン「povo 2.0」への乗り換え(MNP)の全手順
    7. SIMロック解除の全手順
    8. よくある質問

これさえ読めば「povo 2.0」のすべてがわかり、お得なプラン利用が実現可能です。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. povoの新プラン「povo 2.0」とは?

povo2.0出典:povo

2021年10月下旬から新プラン「povo 2.0」が提供されたpovoについて解説します。

「povo 2.0」開始にともない、従来のプランは「povo 1.0」に名称を変更しました。

なお、povoユーザーは「povo 1.0」も引き続き利用が可能です。

※「povo 2.0」の提供開始とともに「povo 1.0」の新規受付は終了しました。

まずは、旧プラン「povo 1.0」と新プラン「povo 2.0」の違いから確認していきましょう。
※異なる点のみ赤字で記しています

 povo 2.0(新プラン)povo(旧プラン)
プラン概要0GBの「ベースプラン」に使いたいデータ容量やオプションを必要に応じて追加購入できるプラン月20GBのデータ容量にデータやオプションを必要に応じて追加購入できるプラン
月額基本料0円2,728円
データ容量0GB20GB
データ量超過後の通信速度最大128kbps最大1Mbps
国内通話料金22円/30秒22円/30秒
データ追加料1GB390円/7日間550円/31日間
3GB990円/30日間
20GB2,700円/30日間
60GB6,490円/90日間
150GB12,980円/180日間
データ使い放題220円/24時間330円/24時間
回線種類
4G LTE / 5G4G LTE / 5G
SMS送信料1通あたり3.3円/70文字まで1通あたり3.3円/70文字まで
契約可能な年齢20歳以上13歳以上
対面サポート
××
故障紛失サポート×
海外ローミング××
5G ○ ○
eSIM ○ ○
テザリング ○ ○
LINE年齢認証非対応対応
フィルタリング ○ ○
キャリアメール××
プラスメッセージ
留守番電話××
着信転送×
国際通話・国際SMS
緊急速報メール
災害用音声お届けサービス
法人契約××
キャリア決済
auから移行時のSIMカード変更必要不要
ピクト表示一部端末では「povo」と表示
(その他の端末では「au」と表示)
「au」と表示される
キャンペーン
ありなし
その他「#ギガ活」
かえトクプログラムかえトクプログラム
アップグレードプログラムNXアップグレードプログラムNX
アップグレードプログラムDXアップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムEXアップグレードプログラムEX
アップグレードプログラムアップグレードプログラム

比較の結果、「povo 2.0」には新たな特徴が4つありました。

  1. 月額基本料0円
  2. 自由自在に組み合わせられるトッピング
  3. 「#ギガ活」
  4. povo 2.0デビューキャンペーン

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額基本料0円

povo2.0基本料0円出典:povo

「povo 2.0」の月額基本料は0円です。

基本料のみで使えるデータ容量は0GBとなります。

基本料0円で0GBの初期段階を「ベースプラン」とし、必要に応じてデータ容量やオプションなどの「トッピング」を追加購入していく仕組みになっています。

「トッピング」の組み合わせ方、追加購入するタイミングは自由ですが、180日間「トッピング」をまったく追加しないと契約解除、回線の利用停止などペナルティを受けるおそれがあるので注意しましょう。

自由自在に組み合わせられるトッピング

povo2.0全トッピング出典:povo

「povo 2.0」で追加購入できる「トッピング」は全部で10種類あります。

10種類を用途ごとに分けると、以下のとおりです。

  1. 1GB~150GBまで選べるデータトッピング
  2. コンテンツトッピング
  3. 通話トッピング

詳しく見ていきましょう。

1GB~150GBまで選べるデータトッピング

povoデータトッピング一覧出典:KDDI

「povo 2.0」では「ベースプラン」にデータ容量が付いていないため、自分で使いたいデータ容量をトッピングする必要があります。

データトッピングは以下の6種類から選べます。

  1. データ1GB:390円/7日
  2. データ3GB:990円/30日
  3. データ20GB:2,700円/30日
  4. データ60GB:6,490円/90日
  5. データ150GB:12,980円/180日
  6. データ使い放題:330円/24h

上記のとおり、データの容量ごとに有効期限が異なっています。

そのため、週ごとに1GBを、月ごとに20GBをトッピングするなど、自分のライフスタイルに合わせた使い方が可能です。

短期間に買い足すのが面倒な場合や、よりお得に利用したい場合は、150GBトッピングをおすすめします。

なぜなら、150GBトッピングを月額に換算すると、1カ月あたり2,163円で25GB使えることになり、20GBを30日ごとに買い足すより断然お得だからです。

「povo 2.0」ではauと同じ回線を使用するため、データトッピング時の通信速度はauエリアの4G LTE / 5Gに準じた速度になります。

コンテンツトッピング

povoコンテンツトッピング出典:povo

「povo 2.0」では、映像や音楽などのエンタメコンテンツを楽しめるサービスを追加できる「コンテンツトッピング」も利用可能です。

「コンテンツトッピング」は以下の2つが用意されています。

コンテンツトッピング料金コンテンツ内容
DAZN使い放題パック760円/7日スポーツのライブ中継が見放題
smash.使い放題パック220円/24時間音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの映像作品

上記2つは、次のように活用すると便利です。

  • どうしても見たいスポーツ中継があるときだけ「DAZN」をトッピング
  • 休日に「smash.」をトッピングしてエンタメコンテンツを楽しむ

なお、通常月額は「DAZN」が1,925円、「smash.」が550円となります。

通話トッピング

povoかけ放題トッピング出典:povo

「povo 2.0」では、かけ放題が使える「通話トッピング」の追加も可能です。

「通話トッピング」は「povo 1.0」から変更点がなく、以下の2つを引き続き利用できます。

  • 5分以内通話かけ放題:550円/1ヶ月間
  • 完全かけ放題:1,650円/1ヶ月間

ただ、「povo 2.0」は月額基本料が0円なので、「完全かけ放題」だけトッピングすれば、支払う料金は1カ月あたり1,650円だけになります。

基本料金と合わせて月2,000円以下で高品質なかけ放題が無制限で使えるサービスを提供しているキャリアは他にはありません。

このように、かけ放題が業界最安値で利用できるため、「povo 2.0」は通話のみ使いたいユーザーにもっともおすすめです。

「#ギガ活」

povoギガ活出典:povo

「povo 2.0」では、対象のお店やサービスを利用するとギガ (データ) が貯まる「#ギガ活」が開始されます。

「#ギガ活」でギガを貯める方法は以下の3通りです。

  1. ギガを「もらう」
  2. ギガを「さがす」
  3. ギガが「あたる」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ギガを「もらう」

「povo 2.0」提供開始後に案内されるキャンペーンページでエントリーをしてから対象の店舗やサービスで一定額以上の支払いをすると、エントリー時に登録したメールアドレスにギガがもらえるプロモコードが届きます。

プロモコードを「povo 2.0アプリ」に入力すればギガを「もらう」ことが可能です。

ただし、店舗の利用では支払方法が「au PAY決済」に限定される場合もあるので注意しましょう。

対象店舗・サービスは以下のとおりです。

店舗・サービス名条件もらえるギガ数/有効期限
ローソンau PAYで500円以上の決済300MB/3日間
ドトールコーヒーau PAYで500円以上の決済300MB/3日間
すき家au PAYで500円以上の決済300MB/3日間
丸亀製麺au PAYで500円以上の決済300MB/3日間
ウエルシアau PAYで500円以上の決済300MB/3日間
はま寿司au PAYで500円以上の決済300MB/3日間
ビッグエコーau PAYで500円以上の決済300MB/3日間
コナズ珈琲au PAYで500円以上の決済300MB/3日間
menuau PAYで500円以上の決済300MB/3日間
カインズau PAYで2,000円以上の決済1GB/7日間
ベイシアau PAYで2,000円以上の決済1GB/7日間
ヒマラヤau PAYで2,000円以上の決済1GB/7日間
銀座deフットサル500円以上の支払い300MB/3日間
三島スカイウォーク500円以上の支払い300MB/3日間
Brooklyn Roasting Company500円以上の支払い300MB/3日間
BANANA STAND500円以上の支払い300MB/3日間
夢を語れ 札幌900円以上の支払い300MB/3日間
サロモン2,000円以上の支払い1GB/7日間
Plywood2,000円以上の支払い1GB/7日間
Reebok2,000円以上の支払い1GB/7日間
ザファーム7,000円以上の支払い3GB/30日間

ギガを「さがす」

街中やバーチャル空間でギガを「さがす」とギガが貯まるサービスの提供が開始します。

なお、「さがす」イベントは「povo 2.0」提供開始後に随時更新されます。

ゲーム感覚で楽しめる「FIND povo」も開始!

FIND povo出典:KDDI

「#ギガ活」の一環として、街中でpovoのブランドカラーである「黄色いアイテム」を探すとギガが貯まる「FIND povo」が実施されます。

開始時期は2021年秋からとなる予定です。

ギガが「あたる」

店舗やオンラインサービスなどと連携すると、抽選でギガが「あたる」チャンスが提供されるサービスが開始します。

povo 2.0デビューキャンペーン

povo2.0のキャンペーン出典:povo

povo 2.0に申し込んでデータトッピングを購入すると、購入したデータ量に応じた有効期限付きのデータボーナスが付与されるキャンペーンが開催されています。

データボーナスの詳細は以下のとおりです。

初回購入データデータボーナス/有効期限
1GB300MB/3日間
3GB1GB/3日間
20GB10GB/3日間
60GB20GB/30日間
150GB20GB/30日間

「povo 2.0」に申し込む予定がある場合は、キャンペーンページからエントリーしておきましょう。

なお、データトッピング初回購入の10日目以降、エントリー時に登録したメールアドレスに届くプロモコードを「povo 2.0アプリ」に入力すれば、データボーナスの受け取りは完了します。

<申し込み条件>

  • エントリー期間中に氏名・メールアドレスを記入してエントリーする
  • povo 2.0を契約し、開通から14日以内にデータトッピングを購入する

<キャンペーン期間>

2021年10月13日(月)10:00 ~ 終了日未定

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次章では、「povo 2.0」の注意点について詳しく解説していきます。

2. 罠がある?povoの新プラン「povo 2.0」9つの注意点

この章では、povo 2.0を契約する前におさえておくべき9つの注意点について解説していきます。

  1. 180日間povoへの支払いが0円だとペナルティ
  2. トッピングごとに有効期限が異なる
  3. データ容量0GBの通信速度は最大128kbps
  4. 電話リレーサービス料がかかる
  5. ユニバーサルサービス料がかかる
  6. 着信転送サービス非対応
  7. LINEの年齢認証に非対応
  8. au割引サービス対象外
  9. アプリがpovo 2.0とpovo 1.0で分かれる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1. 180日間povoへの支払いが0円だとペナルティ

「povo 2.0」は、月額基本料が0円です。

しかし、契約してから180日間povoへの支払いが0円だと、以下のいずれかのペナルティが科される可能性があるpovoの公式サイトで告知されています

  • 利用停止
  • 契約解除
  • 手数料の発生

なお、以下の3つを180日経つ前に一回以上行えば、上記のペナルティを回避することが可能です。

  1. 有料トッピングの購入
  2. 通話料の支払い
  3. SMS送信料の支払い

月額の支払いはありませんが、一切料金を払わずに回線が維持できるわけではないので注意しましょう。

2-2. トッピングごとに有効期限が異なる

これまでもpovoでは24時間だけデータが使い放題になるトッピングがありましたが、「povo 2.0」ではトッピングの有効期限が5パターンに増えます。

  1. 24h
  2. 7日
  3. 30日
  4. 90日
  5. 180日

そのため、購入したトッピングがいつまで使えるかをきちんと把握していないと、「気づいたら期限切れになっていた」など損をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

※トッピングの種類と詳細な内容については1章の自由自在に組み合わせられるトッピングを参考にしてください。

また、データボーナスキャンペーンや「#ギガ活」で貯めたデータは3日間しか使いない場合があるので、注意が必要です。

2-3. データ容量0GBの通信速度は最大128kbps

「povo 2.0」では、データ容量が0GBだと通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

したがって、以下の状態になると128Kbps以下に速度が低下します。

  • データトッピングを追加購入せずデータ容量が0GBのまま
  • 追加購入したデータを使い切った

「povo 1.0」ではデータ容量を使い切ったあとも最大1Mbpsで通信ができましたが、「povo 2.0」ではデータ容量がなくなると速度がグンと落ちるので注意しましょう。

2-4. 電話リレーサービス料がかかる

「電話リレーサービス」とは、聴覚・発話に困難がある方が企業・自治体・医療機関などへ電話をする際に、通訳オペレータが手話や文字・音声を伝えるサービスです。

2021年7月1日からサービスが開始されたことに伴い、povoを含むスマホユーザーは維持費として2021年7月~2022年1月までに1回線あたり1.1円/月を負担することになり、合計で7円が請求されます。

2-5. ユニバーサルサービス料がかかる

「ユニバーサルサービス料」とは、以下の日常生活に必要な不可欠なサービスを維持するため、povoを含むスマホユーザーが負担する費用です。

  • 緊急通報(110番・119番など)
  • 公衆電話
  • 固定電話

1年間で合計2~3円の料金が請求されます。

2-6. 着信転送サービス非対応

「povo 2.0」では、かかってきた電話を登録した別の電話番号に転送する「着信転送サービス」が利用できません。

「povo 1.0」では利用できたため、プラン変更する際は着信転送ができなくなって不都合がないか検討してからにしましょう。

また、「留守番電話サービス」も利用できないので、普段から着信が多い場合は特に注意が必要です。

2-7. LINEの年齢認証に非対応

「povo 2.0」はLINEの年齢認証に対応していません。

年齢認証ができないと、LINE IDや電話番号を検索する機能が利用ができないので、日頃からLINEをよく使う場合は注意しましょう。

2-8. au割引サービス対象外

「povo 1.0」では「auの家族割」は対象外でしたが、「auの家族割プラス」は対象に含まれていました。

ところが、「povo 2.0」では「auの家族割プラス」も対象外になります。

また、以下の割引きサービスも「povo 2.0」ではすべて対象外です。

  • auまとめトーク
  • auモバイル優遇
  • auご利用料金割引プログラム
  • au自動車ほけんauユーザー向け割引特典
  • auのiDeCoauユーザー向けポイント特典

auやpovoからの乗り換えを予定している場合は、上記が利用できなくなるので注意が必要です。

2-9. アプリがpovo 2.0とpovo 1.0で分かれる

旧プランで使用している「povoトッピングアプリ」は、9月中旬以降にアップデートされます。

アップデートが行われると、以下のようにアイコンが「povo1.0アプリ」に変わります。

povoアプリ変更出典:povo

また、「povo 2.0」を契約すると、使用するアプリは「povo 2.0アプリ」になります。

povo2.0アプリ出典:povo

アプリが「povo 2.0」と「povo1.0」で変わるので注意しましょう。

次の章では、「povo 2.0」がどのくらいお得なのかを確認するため、ahamo・LINEMOと徹底的に比較していきます。

3. povoの新プラン「povo 2.0」をahamo・LINEMOと徹底比較!

この章では本当にpovo 2.0がおすすめすべきプランなのか、ライバルであるahamo、LINEMOのプランと徹底比較していきます。

※povo 2.0のみ赤字で記載しています

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

povo 2.0
(au)
ahamo
(ドコモ)
LINEMO
(ソフトバンク)
月額料金0円2,970円990円/2,728円
データ容量0GB20GB3GB/20GB
追加データ量390円/1GB(7日間)550円/1GB550円/1GB
990円/3GB(30日間)
2,700円/20GB(30日間)
6,490円/60GB(90日間)
12,980円/150GB(180日間)
220円/無制限(24時間)
4G/5G
データ容量を
超過した時の速度
128kbps1Mbps300kbps/1Mbps
eSIM
キャリアメール×××
通話料金22円/30秒22円/30秒22円/30秒
国内5分かけ放題550円無料550円
国内かけ放題1,650円1,100円1,650円
家族割×××
光回線セット割××
(家族回線としてはカウントされる)
×
契約方法オンラインオンラインオンライン
SIMのみの契約
無料で使える
海外ローミングエリア
×82カ国で利用可能100カ国以上で利用可能
対面サポート×有料の店頭サポートあり:3,300円/回)×
電話サポート×××
オンラインサポート
その他「#ギガ活」なしLINEが使い放題

表から分析したところ、それぞれのプランがおすすめなのは以下のいずれかの条件に該当する人です。

ahamoがおすすめの人>

  • 店頭でのサポートを受けたい
  • データ容量超過後も快適な速度で通信したい

LINEMOがおすすめの人>

  • 海外へよく行く
  • LINEを多用する

povo 2.0がおすすめの人>

  • 無制限のかけ放題を最安値で使いたい 
  • 必要なときだけ無駄なくデータやコンテンツを利用したい
  • 買い物やイベントでギガを貯めてスマホをお得に利用したい

上記に該当しない場合は、これら大手3社のプランよりその他の格安SIMを選んだ方が得策です

なぜなら、現在20社以上もある格安SIMなどの中には、通信速度は少々遅くなるものの、大手3社以下の月額料金で使えるサービスがあるからです。

例えば、優良な格安SIMには下記のようなものがあります。

  • b-mobile
  • 日本通信SIM
  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル
  • nuroモバイル
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • IIJmio 等々

次章では、20社以上もある格安SIMのサービスからあなたに最適な一社を見つける方法を徹底解説します。

4. 「povo 2.0」でいいか迷ってる?失敗しない格安SIMの選び方

もし、あなたがpovo 2.0にするかどうか悩んでいる場合は、必ず格安SIM(格安スマホ)も検討すべきです。

なぜなら、格安SIM(格安スマホ)を検討しないまま「povo 2.0」を契約すると、「格安SIMの方が700円以上安く使えた…」など後悔する可能性があるからです。

たとえば、月20GB使いたいユーザーは、下記のように29プランほど選択肢があります。

表の見方

  • ahamoが音声付きSIMのため、音声付きSIMの格安SIMのみ記載
  • 各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載
  • 使いたい容量のジャストのプランがない場合、容量に合うサービス内の最安プランの料金を記載

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM使える回線使いたい容量
3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB無制限
楽天モバイル楽天10782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1783,278
ahamoドコモ2,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,970
OCNモバイルONEドコモ9901,3201,3201,3201,7601,7601,7601,760
mineoドコモ/au/SB1,5181,5181,5181,9581,9581,9581,9581,9582,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
BIGLOBE モバイルドコモ/au1,3201,8701,8701,870
IIJmioドコモ/au1,0781,0781,5181,5181,5181,5181,8481,8481,8481,8481,8481,8481,8482,0682,0682,0682,0682,068
日本通信SIM_合理的20GBドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
日本通信SIM_合理的かけほドコモ2,728
日本通信SIM_合理的みんなのプランドコモ1,3901,3901,3901,390
b-mobileドコモ/au/SB1,5291,7491,9692,1892,4092,6292,8493,0693,2893,5093,7293,9494,1694,3894,6094,8295,0495,269
y.u モバイルドコモ1,6391,6391,6394,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,378
エキサイトモバイル_最適料金ドコモ1,7382,0352,3652,5302,8603,1023,1903,388
エキサイトモバイル_定額ドコモ1,7602,0573,2453,2453,2453,2453,2455,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,663
エキサイトモバイル_Fitドコモ8801,4301,4301,4301,4301,9801,9801,9801,9801,9802,7502,7502,7502,7502,7503,2453,2453,245
エキサイトモバイル_Flatドコモ1,2101,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6502,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0682,068
イオンモバイルドコモ/au1,2981,4081,5181,6281,7381,8481,9582,0682,1782,1782,2882,2882,3982,3982,3982,3982,3982,398
DTI SIMドコモ1,6392,1122,1123,0803,0803,0803,0803,080
NifMoドコモ1,7602,5302,5302,5302,5303,8503,8503,8503,8503,8503,8504,7304,7304,7304,7304,7304,7304,730
QTモバイル(Dタイプ)ドコモ1,5401,7601,7601,7601,9801,9801,9801,9802,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,200
QTモバイル(Aタイプ)au1,7052,4752,4752,4753,5753,5753,5753,5755,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,390
QTモバイル(Sタイプ)SB1,9802,7502,7502,7503,8503,8503,8503,8505,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,610
nuro mobileドコモ/au/SB7929909901,4851,4851,485
スマモバドコモ2,1782,8382,8382,8383,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,828
ロケットモバイル(Dタイプ)ドコモ1,5401,9801,9802,6402,6405,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,137
ロケットモバイル(Aタイプ)au1,5401,9801,9802,6402,6405,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,038
ロケットモバイル(Sタイプ)SB5,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,467
HISモバイル_格安ステップドコモ7901,1901,1901,4901,4901,7901,7901,7902,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安弐拾ドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安かけ放題ドコモ2,728
LIBMOドコモ1,5181,5181,5181,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,991
povo 2.0au9902,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,700
UQ-mobileau1,6282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7283,8283,8283,8283,8283,828
J:COMモバイルau1,6281,6281,6282,1782,1782,1782,1782,1782,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,728
LINEMOSB2,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,728
LINEMO_ミニプランSB990
Y!mobileSB2,1783,2783,2783,2783,27

このように、20GBのプランを選択する場合は「povo 2.0」より700円以上安く使える場合もあります。

しかし、料金が安いものを選べばよいのかというと、それは違います。

格安SIM(格安スマホ)を選ぶポイントは以下の2つです。

  • 実質速度が速い格安SIMを選ぶこと
  • 月額料金が安い格安SIMを選ぶこと

実質速度はとても重要です。

なぜなら、朝やお昼など、通信が混む時間は格安SIMによって大きく速度が異なるからです。

しかし、一般の方が実際にスマホや格安SIMを20社以上契約して、実際の速度を測定するのは難しいでしょう。

そのため、下記の記事で、実際に私が20社以上契約して速度測定と料金を徹底比較してまとめましたので、必ず格安SIMも知った上で「povo 2.0」を申し込みましょう。

【2021年10月版】格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

5. povoの新プラン「povo 2.0」の申し込み方法と注意点

この章では、povo 2.0に申し込むときの注意点と、申し込み方法について詳しく解説します。

事前に必ず確認するべきこと

まずは、以下の3つの契約内容の詳細を確認していきます。

  1. 契約手数料
  2. 移行手数料
  3. 支払方法

それでは詳しく見ていきましょう。

契約手数料

契約手数料は無料です。

移行手数料

「au」「UQ mobile」「povo 2.0」間の移行手数料も無料です。

「povo 1.0」から「povo 2.0」へのプラン変更も手数料がかかりません。

ただしpovo公式サイトにて、当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「契約事務手数料」を一度請求すると発表しています。

「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続きにおいて、当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「契約事務手数料(UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)」を一度請求させていただきますが、翌月以降の移行先のご利用料金から同額を減額します。

出典:povo

契約解除料とは、「移行元で発生する手数料」のことで最大9,500円かかり、番号移行手数料は一律3,000円です。

「移行先で発生する手数料」でもある移行手数料は、au・UQ mobileともに3,000円かかります。

移行した月には手数料が上乗せされるようになるので、「au」「UQ mobile」「povo 2.0」間で移行する際には注意しましょう。

支払方法

基本的には、クレジットカードでの支払いになります。

ただし、新規契約・他社/UQ mobileからの変更で申し込む際には、加入後に口座振替へ変更することが可能です。

povo 2.0申し込み時に必要なもの

「povo 2.0」申し込みの際には、以下の4つを事前に準備しておきましょう。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カードのうち1つ)
  • 利用する予定の端末
  • MNP予約番号

上記の「MNP予約番号」とは、転出元の大手携帯会社で取得できる番号です。

他社から「povo 2.0」に乗り換える際、これまで利用していた電話番号を引き継ぎたい場合に必要になります。

なお、auから「povo 2.0」に移行する際には、auの契約情報をそのまま「povo 2.0」に引き継げるので、必要なものは特にありません。

povo 2.0の申し込み手順

「povo 2.0」は、以下の手順で簡単に申し込むことができます。

  1. povo公式サイトにアクセスする
  2. 「ご利用手続きはこちら」をクリックする
  3. 「新規契約」「他社からの変更」「auからの変更」から該当する項目を選択
  4. 契約内容を入力する
  5. 契約内容・同意事項の確認をする
  6. 上記4つを準備して、eKYCによる本人確認の実施
  7. お支払い情報を入力する

eKYCとは、オンラインでの電子的な本人確認を意味します。クレジットカードや本人確認書類を読み取るための機能ですが、パソコンには対応していないので注意しましょう。

申し込みが完了したら、確認メールとSIMカードの配送を待ちます。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

SIMカードが届いたら、povoのご利用手続きの案内通りに初期設定をすれば、スマホが使えるようになります。

次の章では、上記で触れた「MNP予約番号」について詳しく解説します。

6. povo新プラン「povo 2.0」への乗り換え(MNP)の全手順

他のスマホキャリアからpovo 2.0へ乗り換えるときは、電話番号移行のため、「MNP予約番号」と呼ばれる10桁の番号を入手する必要があります。

この章では、MNP予約番号取得方法を以下の2つに分けて解説します。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

それでは、大手キャリアからのMNP予約番号取得の手続きから確認していきましょう。

6-1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。その際に、解約金なども聞くことができます。

ちなみにauからpovoへ移行する場合は、そのまま契約状況が引き継がれるので、MNPの予約番号を入手する必要はありません。

ドコモのMNP予約番号入手方法

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  1. My docomoサービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

ソフトバンクのMNP予約番号入手方法

以下の番号に電話することで簡単に手続きができます。

  • 携帯電話から: *5533へ電話
  • 一般電話から: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならMySoftBankから手続き可能です。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きがおすすめです。

手数料:

契約後翌々請求月末までのMNP転出・・・・・5,500円
上記以降のMNP転出・・・・・・・・・・・・3,300円

MNP予約申し込み窓口一覧

MNP予約申し込み窓口一覧出典:niko niko cable tv

6-2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMからpovoに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  1. 電話による予約番号取得
  2. WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア取得方法MNP予約受付窓口MNP転出手数料
ワイモバイル電話151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル電話/WEB0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル電話/WEB0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル電話/WEB0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル電話/WEB0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
(電話手続きの場合は1,100円)
楽天モバイルWEBメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き無料
LINEモバイルWEBマイページの「MNP転出・解約」から手続き無料
OCN モバイル ONEWEBマイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き無料
IIJmioWEBマイページの「MNP予約番号発行」から手続き無料
b-mobileWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
日本通信SIMWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
y.u mobileWEBマイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き無料
nuroモバイルWEBご利用者向けページから手続きなし
DTIWEBMyDTIから手続き無料
NifMoWEB「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き無料
ロケットモバイルWEB解約URLから手続き無料
HISモバイルWEBMy HISモバイルから手続き無料
mineoWEBマイページから手続き無料
LIBMO電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
 (電話手続きの場合は1,100円)
エキサイトモバイルWEBBB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き無料
J:COMモバイルWEBJ:COMマイページから手続き無料
スマモバWEBマイページから手続き無料

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

次章では、SIMロック解除の手順について解説します。

7. SIMロック解除の全手順

この章では、SIMロックがかかっているスマホをpovo 2.0で使用するため、SIMロック解除の方法を詳しく解説していきます。

7-1. SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

7-2. 動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

povo 2.0で使用できる端末

7-3. 動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

ドコモのSIMロック解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料は基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

ソフトバンクのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

8. よくある質問

この章では、povo 2.0についてのよくある質問に回答します。

  1. 「povo 2.0」提供開始のいきさつは?
  2. キャリアメールは使える?
  3. 機種変更はできる?
  4. 家族割は適用できる?
  5. povoの対応機種は?
  6. テザリングはできる?
  7. 5Gは使える?
  8. eSIMは使える?

それでは詳しく見ていきましょう。

「povo 2.0」提供開始のいきさつは?

KDDIが行った新製品発表会での同社代表取締役社長・高橋誠氏(高は「はしご高」)の発言によると、「povo 2.0」を提供するにいたった背景は以下の2つです。

  1. 政府からの要請でスマホ料金の値下げが必要だった
  2. 「povo 1.0」の「自分で自在に料金を作れる」点が好評だった

上記を踏まえ、「povo 1.0」より月額を値下げし、「自分で自在に料金を作れる」プランを発展すべく「povo 2.0」は新設されました。

また、月額基本料を0円にしたのは、データ容量が1GB以下なら月額0円で使える楽天モバイルを意識していることがうかがえます。

キャリアメールは使える?

旧プラン同様、「povo 2.0」でもキャリアメール(@au.com/@ezweb.ne.jpのメールアドレス)は利用できません。

したがって、「povo 2.0」を契約してからメールを使う場合は、他のメールサービス(GmailやiCloudなど)を利用しましょう。

機種変更はできる?

povoでは端末の販売を行っていないため、機種変更ができません。

そのため、「povo 2.0」契約後に機種変更をしたい場合は以下のいずれかの方法で手続きをする必要があります。

  1. auに戻って機種変更をする
  2. 自分で端末を購入して変更手続きをする

auに戻って機種変更するのは手間と時間がかかるため、自分で端末を購入して変更手続きを済ませる方をおすすめします。

ただし、事前に端末の動作確認をきちんと行ってから手続きをするようにしましょう。

家族割は適用できる?

「povo 2.0」では「家族割」をサービス対象外としています。

「povo 1.0」では2021年夏までに申し込めばauの「家族割プラス」が利用できましたが、「povo 2.0」ではどちらも利用できません。

家族割プラスとは?

「家族割プラス」とは、対象プランに加入している同居家族の人数に応じて、月額料金を割り引くau独自のサービスです。

povoの対応機種は?

「povo 2.0」の対応機種はpovoの対応端末の確認ページで確認できます

なお、「povo 2.0」ではeSIMの対応機種が増え、「Rakuten BIG」「Rakuten Hand」など、楽天モバイルで販売している機種も使えるようになりました。

テザリングはできる?

「povo 2.0」では追加料金なくテザリングの利用が可能です。

ただし、テザリング時は端末のデータ消費量が激しくなるため、事前に24時間データ使い放題のトッピングを購入することをおすすめします。

テザリングとは?

テザリングとは、下図のように自分の使っているスマホをWi-Fiのルーターのようにして、他のパソコンやタブレットなどの機器をネットにつなぐ機能です。

デザリングとは

5Gは使える?

povoでは、2021年9月14日から5Gでの通信が可能になりました。

ただし、下図のように赤くなっているエリア以外では使えないため、利用する場合は、auの対応エリア確認ページで住んでいるエリアが5Gに対応しているか確認しておきましょう。

povoの5Gエリア出典:au

eSIMは使える?

「povo 2.0」はeSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿入しなくても、すでにスマホに組み込まれているチップを使って電話回線やネット回線に接続できるSIMです。

eSIMを利用するメリットは主に3つあります。

  1. 1台のスマホでSIMカードとeSIMを両方使える
  2. SIMが郵送されるのを待つ必要がない
  3. 海外へ行ってもその国の通信を即時に使える

上記の使い方をしたい場合は、eSIMがおすすめです。

まとめ

ここまでpovoの新プランpovo 2.0について解説してきましたが、いかがでしたか?

「povo 2.0」の特徴と注意点をまとめると、それぞれ以下のとおりです。

<「povo 2.0」の特徴>

  • 月額基本料0円
  • 自由自在に組み合わせられるトッピング
  • 「#ギガ活」
  • povo 2.0デビューキャンペーン

<「povo 2.0」の注意点>

  • 180日間povoへの支払いが0円だとペナルティ
  • トッピングごとに有効期限が異なる
  • データ消費後の通信速度は最大128kbps
  • 電話リレーサービス料がかかる
  • ユニバーサルサービス料がかかる
  • 着信転送サービス非対応
  • LINEの年齢認証に非対応
  • au割引サービス対象外
  • アプリがpovo 2.0とpovo 1.0で分かれる

また、以下のいずれかに当てはまる人は「povo 2.0」がおすすめです。

<「povo 2.0」がおすすめの人>

  • 無制限のかけ放題を業界最安値(1,650円/月)で使いたい人
  • 必要なときだけ無駄なくデータやコンテンツを利用したい人
  • 買い物やイベントでギガを貯めてスマホをお得に利用したい人

上記に該当する場合は、以下の公式サイトから申し込みましょう。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

ただし、「povo 2.0」が合わないと感じた場合は、他の格安SIMをキャンペーンを利用して申し込んだ方がいいでしょう。

あなたにあった格安SIMは、下記のフローチャートに沿って申し込みましょう。

格安SIMランキング

音声通話SIMとデータ専用SIMの使いたいデータ容量によって、おすすめする格安SIMが異なります。

上記のフローチャートをニーズ別にランキングをつけると、下記の通りとなりました。

音声付きSIM

低容量編(3GB以下)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:楽天モバイル|月3GBまで月額1,078円、月1GBまではなんと0円
  • 2位:LINEMO(ミニプラン)|月額990円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン

大容量編(4GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン
  • 2位:LINEMO|月額2,728円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:楽天モバイル|専用アプリで通話料無料、月1GBまではなんと0円
データ専用SIM

低容量編(6GB以下)|格安SIM総合ランキング

大容量編(7GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:イオンモバイル|7GB以上のプランでは業界トップクラスの安い格安SIM
  • 2位:IIJmio|20GBが月額1,958円とデータ専用SIMの業界最安クラス
  • 3位:mineo|新プランの登場により業界最安クラスに

このページを参考に、「povo 2.0」をお得に契約できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る