auの新プランpovo(ポヴォ)の魅力と知っておくべき全注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

2021年1月13日に発表となった、auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」について、「本当に2,728円で使えるの?」「従来のauのサービスとどう違うの?」と気になっていませんか?

結論、auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」は従来サービスに比べ、約5,000円程度お得です。

また、他の大手キャリアの新プランと比較しても、「日ごろ電話をする機会がない」「大容量データを好きな時に利用したい」場合におすすめの格安SIMとなっています。

このページでは、5年以上スマホを販売してきた私が「povo(ポヴォ)」がどういったサービスなのかについて以下の順番で詳しく解説します。

  1. auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」の4つの特徴
  2. 「povo」と各キャリアの新プランを21の観点から徹底比較
  3. 「povo」に乗り換え・プラン変更する方法
  4. auのサブブランドのUQモバイルでも新プランが発表
  5. 本当にpovoで大丈夫?あなたにあった格安スマホ/SIMの選び方
  6. よくある質問

このページを読めば、povo(ポヴォ)の特徴について知ることができ、今よりももっとお得に携帯電話を利用することができます。

※本ページは全て税込で表示しています。

1.auの新料金プラン「povo」の4つの特徴

povo2.0出典:povo

2021年11月下旬から新プラン「povo 2.0」が提供されたpovoについて解説します。

「povo 2.0」開始にともない、従来のプランは「povo 1.0」に名称を変更しました。

なお、povoユーザーは「povo 1.0」も引き続き利用が可能です。

※「povo 2.0」の提供開始とともに「povo 1.0」の新規受付は終了しました。

まずは、旧プラン「povo 1.0」と新プラン「povo 2.0」の違いから確認していきましょう。
※異なる点のみ赤字で記しています

  povo 2.0(新プラン) povo(旧プラン)
プラン概要 0GBの「ベースプラン」に使いたいデータ容量やオプションを必要に応じて追加購入できるプラン 月20GBのデータ容量にデータやオプションを必要に応じて追加購入できるプラン
月額基本料 0円 2,728円
データ容量 0GB 20GB
データ量超過後の通信速度 最大128kbps 最大1Mbps
国内通話料金 22円/30秒 22円/30秒
データ追加料 1GB 390円/7日間 550円/31日間
3GB 990円/30日間
20GB 2,700円/30日間
60GB 6,490円/90日間
150GB 12,980円/180日間
データ使い放題 220円/24時間 330円/24時間
回線種類
4G LTE / 5G 4G LTE / 5G
SMS送信料 1通あたり3.3円/70文字まで 1通あたり3.3円/70文字まで
契約可能な年齢 20歳以上 13歳以上
対面サポート
× ×
故障紛失サポート ×
海外ローミング × ×
5G  ○  ○
eSIM  ○  ○
テザリング  ○  ○
LINE年齢認証 非対応 対応
フィルタリング  ○  ○
キャリアメール × ×
プラスメッセージ
留守番電話 × ×
着信転送 ×
国際通話・国際SMS
緊急速報メール
災害用音声お届けサービス
法人契約 × ×
キャリア決済
auから移行時のSIMカード変更 必要 不要
ピクト表示 一部端末では「povo」と表示
(その他の端末では「au」と表示)
「au」と表示される
キャンペーン
あり なし
その他 「#ギガ活」
かえトクプログラム かえトクプログラム
アップグレードプログラムNX アップグレードプログラムNX
アップグレードプログラムDX アップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムEX アップグレードプログラムEX
アップグレードプログラム アップグレードプログラム

比較の結果、「povo 2.0」には新たな特徴が3つありました。

  1. 月額基本料0円
  2. 自由自在に組み合わせられるトッピング
  3. 「#ギガ活」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額基本料0円

povo2.0基本料0円出典:povo

「povo 2.0」の月額基本料は0円です。

基本料のみで使えるデータ容量は0GBとなります。

基本料0円で0GBの初期段階を「ベースプラン」とし、必要に応じてデータ容量やオプションなどの「トッピング」を追加購入していく仕組みになっています。

「トッピング」の組み合わせ方、追加購入するタイミングは自由ですが、180日間「トッピング」をまったく追加しないと契約解除、回線の利用停止などペナルティを受けるおそれがあるので注意しましょう。

自由自在に組み合わせられるトッピング

povo2.0全トッピング出典:povo

「povo 2.0」で追加購入できる「トッピング」は全部で10種類あります。

10種類を用途ごとに分けると、以下のとおりです。

  1. 1GB~150GBまで選べるデータトッピング
  2. コンテンツトッピング
  3. 通話トッピング

詳しく見ていきましょう。

1GB~150GBまで選べるデータトッピング

povoデータトッピング一覧出典:KDDI

「povo 2.0」では「ベースプラン」にデータ容量が付いていないため、自分で使いたいデータ容量をトッピングする必要があります。

データトッピングは以下の6種類から選べます。

  1. データ1GB:390円/7日
  2. データ3GB:990円/30日
  3. データ20GB:2,700円/30日
  4. データ60GB:6,490円/90日
  5. データ150GB:12,980円/180日
  6. データ使い放題:330円/24h

上記のとおり、データの容量ごとに有効期限が異なっています。

そのため、週ごとに1GBを、月ごとに20GBをトッピングするなど、自分のライフスタイルに合わせた使い方が可能です。

短期間に買い足すのが面倒な場合や、よりお得に利用したい場合は、150GBトッピングをおすすめします。

なぜなら、150GBトッピングを月額に換算すると、1カ月あたり2,163円で25GB使えることになり、20GBを30日ごとに買い足すより断然お得だからです。

「povo 2.0」ではauと同じ回線を使用するため、データトッピング時の通信速度はauエリアの4G LTE / 5Gに準じた速度になります。

コンテンツトッピング

povoコンテンツトッピング出典:povo

「povo 2.0」では、映像や音楽などのエンタメコンテンツを楽しめるサービスを追加できる「コンテンツトッピング」も利用可能です。

「コンテンツトッピング」は以下の2つが用意されています。

コンテンツトッピング 料金 コンテンツ内容
DAZN使い放題パック 760円/7日 スポーツのライブ中継が見放題
smash.使い放題パック 220円/24時間 音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの映像作品

上記2つは、次のように活用すると便利です。

  • どうしても見たいスポーツ中継があるときだけ「DAZN」をトッピング
  • 休日に「smash.」をトッピングしてエンタメコンテンツを楽しむ

なお、通常月額は「DAZN」が1,925円、「smash.」が550円となります。

通話トッピング

povoかけ放題トッピング出典:povo

「povo 2.0」では、かけ放題が使える「通話トッピング」の追加も可能です。

「通話トッピング」は「povo 1.0」から変更点がなく、以下の2つを引き続き利用できます。

  • 5分以内通話かけ放題:550円/1ヶ月間
  • 完全かけ放題:1,650円/1ヶ月間

ただ、「povo 2.0」は月額基本料が0円なので、「完全かけ放題」だけトッピングすれば、支払う料金は1カ月あたり1,650円だけになります。

基本料金と合わせて月2,000円以下で高品質なかけ放題が無制限で使えるサービスを提供しているキャリアは他にはありません。

このように、かけ放題が業界最安値で利用できるため、「povo 2.0」は通話のみ使いたいユーザーにもっともおすすめです。

「#ギガ活」

povoギガ活出典:povo

「povo 2.0」では、対象のお店やサービスを利用するとギガ (データ) が貯まる「#ギガ活」が開始されます。

「#ギガ活」でギガを貯める方法は以下の3通りです。

  1. ギガを「もらう」
  2. ギガを「さがす」
  3. ギガが「あたる」

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ギガを「もらう」

「povo 2.0」提供開始後に案内されるキャンペーンページでエントリーをしてから対象の店舗やサービスで一定額以上の支払いをすると、エントリー時に登録したメールアドレスにギガがもらえるプロモコードが届きます。

プロモコードを「povo 2.0アプリ」に入力すればギガを「もらう」ことが可能です。

ただし、店舗の利用では支払方法が「au PAY決済」に限定される場合もあるので注意しましょう。

対象店舗・サービスは以下のとおりです。

店舗・サービス名 条件 もらえるギガ数/有効期限
ローソン au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ドトールコーヒー au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
すき家 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
丸亀製麺 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ウエルシア au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
はま寿司 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
ビッグエコー au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
コナズ珈琲 au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
menu au PAYで500円以上の決済 300MB/3日間
カインズ au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
ベイシア au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
ヒマラヤ au PAYで2,000円以上の決済 1GB/7日間
銀座deフットサル 500円以上の支払い 300MB/3日間
三島スカイウォーク 500円以上の支払い 300MB/3日間
Brooklyn Roasting Company 500円以上の支払い 300MB/3日間
BANANA STAND 500円以上の支払い 300MB/3日間
夢を語れ 札幌 900円以上の支払い 300MB/3日間
サロモン 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
Plywood 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
Reebok 2,000円以上の支払い 1GB/7日間
ザファーム 7,000円以上の支払い 3GB/30日間

ギガを「さがす」

街中やバーチャル空間でギガを「さがす」とギガが貯まるサービスの提供が開始します。

なお、「さがす」イベントは随時更新されます。

ゲーム感覚で楽しめる「FIND povo」も開始!

FIND povo出典:KDDI

「#ギガ活」の一環として、街中でpovoのブランドカラーである「黄色いアイテム」を探すとギガが貯まる「FIND povo」が実施される予定です。

開始時期は未定ですが、開催が決まり次第詳細が「#ギガ活」のページで明らかにされます。

ギガが「あたる」

店舗やオンラインサービスなどと連携すると、抽選でギガが「あたる」サービスが開始します。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

2.「povo」と各キャリアの新プランを21の観点から徹底比較

ここまで、「povo(ポヴォ)」の特徴について解説してきました。

この章では本当に「povo」がおすすめすべきプランなのか、各キャリアの新プランを21の観点から徹底比較していきます。

※下記の表では大手3社で比較して、異なる点のみ赤字で記載しています。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

povo
(au)
ahamo
(ドコモ)
LINEMO
(ソフトバンク)
月額料金 2,728円※1 2,970円※1 2,728円※1
データ容量 20GB 20GB 20GB
追加データ量 550円/1GB 550円/1GB 550円/1GB
4G/5G
(2021年の夏から)
データ容量を
超過した時の速度
1Mbps 1Mbps 1Mbps
eSIM
(対応予定)
キャリアメール × × ×
通話料金 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
国内5分かけ放題 550円 無料※2 550円
国内かけ放題 1,650円 1,100円 1,650円
家族割 × × ×
光回線セット割 × ×
(家族回線としてはカウントされる)
×
契約方法 オンライン オンライン オンライン
SIMのみの契約
無料で使える
海外ローミングエリア
× 82カ国で利用可能※3 100カ国以上で利用可能
提供開始時期 2021年3月 2021年3月 2021年3月
店頭でのサポート × 有料の店頭サポートあり:3,300円/回)※4 ×
電話でのサポート × × ×
オンラインでのサポート
その他の特徴

追加トッピング

・データ使い放題: 220円/24時間

・データ追加 :550円/1GB

・5分以内通話かけ放題: 550円/月

・通話かけ放題::1,650円/月

なし LINEが使い放題

※1 機種代⾦は別途必要です。
※2 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
※3 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は、速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。
※4 お客さまのご要望に基づき、ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を⾏うものです。

表から分析したところ、povoは以下の理由でおすすめです。

  • 通話を利用したくなった場合は、+550円で5分以内の通話かけ放題が可能
  • 1日だけ大容量データを利用する場合は、+220円/24時間でデータが使い放題

料金面やトッピングによりお得なpovoですが、海外ローミングに対応していないのがデメリットと言えます。

そのため、海外によく行く人は海外ローミングが使えるahamoやLINEMO、それ以外の人はpovoがおすすめです。

それらを分かりやすくするため、以下のフローチャートにしました。

povoのフローチャート

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

フローチャートを確認した結果、ドコモやソフトバンクの新プランにたどり着いた場合は、ここから詳しく解説していきます。

それでは詳しく見ていきましょう。

2-1. ドコモ「ahamo」の特徴

ahamo出典:ahamo

ahamo(アハモ)」は、20GBのデータ通信量を月2,970円で使えるドコモの格安プランです。

「ahamo」の概要は以下のとおりになります。

データ通信量 20GB(大盛りオプション追加時100GB)
高速データ容量
超過後の通信速度
送受信時最大1Mbps
月額料金 2,970円(大盛りオプション追加時4,950円)
各種割引 ファミリー割が申し込み可能
※申し込み本人は割引適用外
申し込み方法 オンライン
店舗サポートあり:3,300円
サポート体制 オンライン(チャットのみ)
店舗サポートあり:3,300円
追加データ量
1GBあたりの料金
1GB:550円
通話オプション ・5分かけ放題:無料
・無制限かけ放題:1,100円/月
通話料 22円/ 30秒
支払い方法 クレジットカード、口座振替
契約できる年齢 20歳以上
留守番サービス
メールアドレス
SMS
海外ローミング
eSIM
テザリング
5G
その他

ahamo大盛りオプション
80GB:1,980円

上記から「ahamo」の際立った特徴をあげると、以下の3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月額2,970円で20GBのデータ容量が利用可能

「ahamo」は、月額2,970円で20GBのデータが利用できる料金プランです。

従来のdocomoでは、データ通信量に制限のない「ギガホ」プランと、7GBまでの「ギガライト」プランと、使用できるデータ容量が両極端でした。

今まで「7GBでは足りないけど、無制限までデータを使うことはないな」と思っていた場合には、乗り換えるとデータ容量や料金支払いの無駄をなくせます。

-スマホの方は横にスクロールできます―

 プラン データ容量 月額利用料 5分通話オプション
ahamo(アハモ) 20GBまで 2,970円※注1 0円 ※プラン内に組み込み
ギガホ 無制限 7,678円 770円/月
ギガライト 7GBまで 4,378円 770円/月

20GBでできることの目安は、以下のとおりです。

20GBでできること

  • ネット閲覧、Yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

なお、20GBを超えると送受信時最大1Mbpsになりますが、この速度はYouTubeが標準画質で視聴できるレベルなのであまり心配はないでしょう。

データ通信容量を利用したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

月額1,980円で80GBのデータ容量が追加可能

オプション画像出典:ahamo

ahamoには、月額1,980円で80GBのデータ通信量を追加できるahamo大盛りオプションがあります。

オプション追加後には、100GBを月額4,950円で利用できるので、かなりお得です。

5分以内の通話がかけ放題

ahamo(アハモ)では、1回あたり5分以内の通話が使い放題です。

かけ放題料金がプラン月額に組み込まれているため、オプション料金を別途支払う必要がありません。

ただし、5分を超過すると22円/30秒の通話料が発生するので、通話時間が長くなる場合は注意が必要です。

海外82か国のローミングに追加料金は不要

従来のドコモプランでは、ローミング費用として最低でも1日あたり980円(税込1,078円)かかっていましたが、ahamoでは月間データ容量(20GB)の範囲内であればパケット通信も追加料金なしで利用できます※注1

なお、利用可能地域は以下の82の国・地域です。

出典:docomo

また、ローミング利用時は、海外用格安SIMや海外ポケットWi-Fiの手配も不要です。


※注1 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は、速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。

公式サイト

ahamo公式サイト
https://ahamo.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

2-2. ソフトバンク「LINEMO」の特徴

LINEMO画像出典:LINEMO

LINEMO(ラインモ)」は、ソフトバンクが提供する格安プランです。

現在、LINEMOには2つの料金プランがあります。

  1. スマホプラン
  2. ミニプラン

上記の料金プランの主な特徴は以下のとおりです。

  1. 月額料金が圧倒的に安い
  2. データ容量が3GBと20GBから選べる
  3. LINEギガフリー
  4. LINEクリエイターズスタンプが無料
  5. eSIM対応
  6. 国内通話が定額で利用できる
  7. 国際ローミングが無料

それでは詳しく見ていきましょう。

月額料金が圧倒的に安い

料金プランはそれぞれ下記のようになっています。

  • スマホプラン:2,728円
  • ミニプラン:990円

「携帯料金を安くする」といえば格安SIMや「Y!mobile」や「UQモバイル」などのサブブランド系のキャリア回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、それらと比べても安く、大手キャリアのソフトバンクからこのプランが出たことは驚きです。

サービス
実質月額料金
LINEMO(スマホプラン)
(20GB)
2,728円
LINEMO(ミニプラン)
(3GB)
990円
UQモバイル くりこしプランL
(25GB)
3,828円
Y!mobile シンプルL
(20GB)
4,158円

データ容量が3GBと20GBから選べる

LINEMOの月額料金出典:LINEMO

従来のソフトバンクでは、データ通信量が50GBの「メリハリプラン」と、データを使った分だけ支払う「ミニフィットプラン」と、使用できるデータ容量が両極端でした。

それに対し、LINEMOで使えるデータ容量は下記の2つです。

  • スマホプラン:20GB
  • ミニプラン:3GB

今まで「50GBほどなくても良いな」と思っていた場合には、無駄がないプランと言えます。

-スマホの方は横にスクロールできます-

 プラン データ容量 月額利用料 5分通話オプション
スマホプラン(LINEMO)
20GB 2,728円 550円/月
ミニプラン(LINEMO) 3GB 990円 550円/月
メリハリプラン
(2021年3月まで)
50GB 9,328円 880円/月
メリハリ無制限
(2021年3月から)
無制限 7,238円 未発表
ミニフィットプラン 使った分だけ
4,378円
(~1GBの場合)
880円/月

20GB、3GBのそれぞれででできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

3GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約12,000ページ
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約6,000分
  • テキストメール・約60万回
  • YouTubeで1分の動画閲覧(360P/2MB):1500回(24時間ほど)
  • GoogleMap(732KB)約3,900回

なお、データ通信容量を追加したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

LINEギガフリー

lineギガフリー出典:ソフトバンク

「ミニプラン」では、LINEアプリで使ったデータ容量がカウントされない「LINEギガフリー」が利用可能です。

画像や動画のやりとり、通話などがデータ容量を消費せずに使えるため、LINEの利用が多い場合は大きなメリットと言えるでしょう。

LINEクリエイターズスタンプが無料

現在、LINEMOを申し込んで「LINEスタンププレミアム」に加入すると、毎月240円分のポイントがキャッシュバックされるキャンペーンが開催中です。

LINEMOスタンプキャンペーン出典:LINEMO

「LINEスタンププレミアム」ベーシックコースの月額は240円のため、加入すればサービス利用料が実質0円になります。

なお、学割で利用している場合は、120円分のポイントが還元されるので、月額120円のLINEスタンププレミアムのベーシックコースの学割プランが実質無料で利用できます。

また、登録から1カ月は無料体験期間となるため、本キャンペーンの適用は2カ月目からです。

【キャンペーン適用条件】

  • LINEMOの「スマホプラン」に加入中であること
  • 「LINEスタンププレミアム」に加入中であること
  • LINE上のLINEMO公式アカウントから、LINEアカウントと「スマホプラン」に加入中の回線を連携していること

【キャンペーン期間】

2021年3月17日(水)〜終了日未定

eSIM対応

LINEMOはeSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿入しなくても、すでにスマホに組み込まれているチップを使って電話回線やネット回線に接続できるSIMです。

eSIMを利用するメリットは主に3つあります。

  1. 1台のスマホでSIMカードとeSIMを両方使える
  2. SIMが郵送されるのを待つ必要がない
  3. 海外へ行ってもその国の通信を即時に使える

上記の使い方をしたい場合は、eSIMがおすすめです。

国内通話が定額で利用できる

LINEMOでは、通話オプションが2つあります。

  • 1回あたり5分間以内の通話無料オプション:月額550円
  • 国内通話の完全無料オプション:月額1,650円

電話をよく利用する場合は、上記のオプションを契約することでお得に電話を利用できます。

一方で、電話をあまり使わない人は、オプションを契約する必要がないため、ドコモのahamoより約200円安くスマホを利用できます。

国際ローミングが無料

LINEMOでは、海外エリアでスマホを使う「国際ローミング」がオプション月額無料で利用可能です。

ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 月額プランのデータ容量(20GB/3GB)は使えない
  • 通話料金は別途かかる
  • 契約より4ヶ月目の末日までは利用できない

上記をおさえた上で利用するようにしましょう。

LINEMOのお得なキャンペーン

2022年6月現在、LINEMOはキャンペーンを複数開催しています。

中でもお得なキャンペーンは以下の3つです。

  1. ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン
  2. PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン
  3. 通話オプション割引キャンペーン

詳しく見ていきましょう。

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン出典:LINEMO

LINEMOの「ミニプラン」に新規、または他社からの乗り換えで申し込むと、PayPayポイント990円相当が6カ月間プレゼントされるキャンペーンです。

「ミニプラン」の月額は990円なので、半年間3GBが実質無料で使えます。

ポイントは開通日の翌々月から6カ月間、毎月末に付与されます。

<申し込み条件>

LINEMOの「ミニプラン」を新規契約、または他社からの乗り換えで契約

<キャンペーン期間>

2022年5月20日(金)~ 終了日未定

PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン

PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン出典:LINEMO

「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」は、LINEMOのスマホプランに新規契約、もしくは他社から乗り換えをした場合にPayPayボーナスがもらえるキャンペーンです。

キャンペーン対象期間中にLINEMOのスマホプランに他社から乗り換えると、10,000円相当のPayPayボーナスを受け取ることができます。

また、新規契約なら3,000円相当のPayPayボーナスがもらえます。

ただし、「ソフトバンク」「ワイモバイル」「LINEモバイル」からの乗り換え、LINEMOのミニプランへ申し込む場合はキャンペーン対象外となるので注意しましょう。

<申し込み条件>

LINEMOのスマホプランに新規申し込み、もしくは他社からの乗り換え

<キャンペーン期間>

2021年6月5日(土)~終了日未定

通話オプション割引キャンペーン

通話オプション割引キャンペーン出典:LINEMO

「通話オプション割引キャンペーン」は、LINEMOに申し込んでから1年後まで、次の2つの通話オプションが毎月550円割引されるキャンペーンです。

通話オプション 通話準定額 通話定額
内容 国内での電話が5分間無料になる 国内での電話がかけ放題できる
月額料金 550円⇒0円 1,650円⇒1,100円

※料金はすべて税込み

キャンペーンを活用すれば、「通話準定額」は1年間が無料で利用でき、「通話定額」は1年間の月額料金が1,100円(税込)で利用できます。

<申し込み条件>

  • LINEMOへ新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクワイモバイルからの番号移行
  • 通話オプション「通話準定額」、もしくは「通話定額」へのお申し込み

<キャンペーン期間>

2021年3月17日(水)~終了日未定

いずれもキャンペーン終了日は未定となっていますが、突然終わってしまう可能性もあるので、気になったら早めに申し込むのがおすすめです。

公式サイト

LINEMO公式サイト
https://www.linemo.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

3.「povo」への乗り換え・プラン変更する方法

povo(ポヴォ)を契約したい場合は、以下の2つのパターンがあると思います。

それでは、状況別に解説していきます。

3-1.au以外のキャリアから乗り換える場合

現在あなたがau以外のキャリアを利用していて、povo(ポヴォ)に乗り換える場合には、以下の手続きが必要です。

乗り換え時に必ず必要な手順になりますので、よく覚えておきましょう。

それでは、状況別にそれぞれ詳しく解説していきます。

MNPの変更手続き

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略で、電話番号はそのままで移転先の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度(携帯電話番号ポータビリティ)のことを指します。

au以外のキャリアで使っていた携帯電話番号を、povoに乗り換えた後でも利用したい場合は、MNPの変更手続きが必要です

STEP①:「MNP予約番号」を取得する

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

現在ご契約中の携帯電話会社でMNPの予約お申込みを行い、10桁から成り立つ「MNP予約番号」をお受け取りください。

各会社のMNP予約申込み窓口は、下表のとおりです。

【MNP予約申し込み窓口一覧】

出典:niko niko cable tv

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア 取得方法 MNP予約受付窓口 MNP転出手数料
ワイモバイル 電話 151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル 電話/WEB 0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル 電話/WEB 0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル 電話/WEB 0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル 電話/WEB 0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
楽天モバイル WEB メンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き 無料
LINEモバイル WEB マイページの「MNP転出・解約」から手続き 無料
OCN モバイル ONE WEB マイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き 無料
IIJmio WEB マイページの「MNP予約番号発行」から手続き 無料
b-mobile WEB マイページの「MNP予約番号取得」から手続き 無料
日本通信SIM WEB マイページの「MNP予約番号取得」から手続き 無料
y.u mobile WEB マイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き 無料
nuroモバイル WEB ご利用者向けページから手続き なし
DTI WEB MyDTIから手続き 無料
NifMo WEB 「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き 無料
ロケットモバイル WEB 解約URLから手続き 無料
HISモバイル WEB My HISモバイルから手続き 無料
mineo WEB マイページから手続き 無料
LIBMO 電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
エキサイトモバイル WEB BB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き 無料
J:COMモバイル WEB J:COMマイページから手続き 無料
スマモバ WEB マイページから手続き 無料

※電話手続きの場合は1,100円

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

ただし、MNP予約番号の有効期間は予約当日を含めて「15日間」となっているので注意しましょう。

STEP②:申し込み手続きをする

「MNP予約番号」を取得したら、MNPによる乗り換え手続きを行っていきましょう。

申し込みに必要なものと手順に関しては、以下の通りです。

【povoへの申し込み時に必要なもの】

  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カードのうち1つ)
  • 利用する予定の端末
  • MNP予約番号

【povo申し込み手順】

  1. povo公式サイトにアクセスする
  2. 「ご利用手続きはこちら」をクリックする
  3. 「新規契約」「他社/UQ mobileからの変更」のうち、あてはまる項目をクリックする
  4. 契約内容を入力する
  5. 契約内容・同意事項の確認をする
  6. 上記4つを準備して、eKYCによる本人確認の実施
  7. お支払い情報を入力する

eKYCとは、オンラインでの電子的な本人確認を意味します。

クレジットカードや本人確認書類を読み取るための機能ですが、パソコンには対応していないので注意しましょう。

そして申し込みが完了したら、確認メールとSIMカードの配送を待ちます。

SIMロック解除

SIMカードが届いたら、povoのご利用手続きページの案内通りに設定をすれば、スマホが使えるようになります。

しかしSIMロックがかかっている端末の場合は、SIMロック解除が必要です。

それでは、SIMロックがかかっている端末をpovoで使用するために、SIMロック解除の方法を詳しく見ていきましょう。

STEP①: SIMロック解除ができるのか確認しよう

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種
STEP②:動作確認がされているか確認しておこう

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

povoで使用できる端末

STEP③:動作確認が取れたら手続きしよう

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

【UQ mobileのSIMロック解除方法】

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

  • インターネット:my UQ mobileから手続きが可能(契約中の方のみ)
  • 電話:「0120-929-818」から手続きが可能です。

手数料は、my UQ mobileと電話どちらも無料です。

まずは早く終わるmy UQ mobileでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や一部SIMロック解除できない機種もあるため、わからない場合は電話を選びましょう。

【ドコモのSIMロック解除方法】

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料は基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

【ソフトバンクのSIMロック解除方法】

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

SIMフリー端末を使用している場合は?

SIMフリー端末を使用している場合は、SIMロック解除の作業は不要です。

3-2.auの従来プランからプラン変更する場合

現在あなたがauのサービスを利用していて、povo(ポヴォ)に乗り換える場合には、上記のような手続きを行う必要はなく、そのままプラン変更のみで利用することが可能です。

また、各種手続き料金もpovo(ポヴォ)であれば無料ですので、安心して乗り換えることができます。

4.auのサブブランドのUQモバイルでも新プランが発表

auの新プランpovoの発表に加えて、KDDIからauのサブブランドであるUQモバイルの新プラン「くりこしプラン」も同時に発表されました。

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」の特徴は以下の通りです。

  1. データ容量に応じてくりこしプランは3種類
  2. 余ったデータは翌月にくりこし可能
  3. 節約モードでデータ通信の切り替えが可能

それでは、以下で上記の3つの特徴について詳しく解説します。

4-1.データ容量に応じてくりこしプランは3種類

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」は利用したいデータ容量に応じて以下の3種類があります。

<新プラン>
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
月額データ容量 3GB 15GB 25GB
月額プラン料金 1,628円 2,728円 3,828円
データ容量超過後通信速度 300kbps 1Mbps
節約モード使用時通信速度

一方で、UQモバイルの旧プランである「スマホプラン」は以下の通りです。

<旧プラン>
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホプランS スマホプランR スマホプランV
月額データ容量 3GB 10GB 20GB
月額プラン料金 2,178円 3,278円 4,378円
データ容量超過後通信速度 300kbps 1Mbps
節約モード使用時通信速度

上記の表を比較するとわかるように、UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」では旧プランに比べ、月額利用可能データ容量が増えたのに加えて月額料金も安くなっています。

具体的に比較してみると各プランの月額料金は550円安くなっており、データ容量3GB以外の2つのプランに関しては利用可能データ容量が5GB増えています。

また、音声付きSIMで15GB、25GBの料金プランを提供している格安SIMは少ないため、これらのギガ数をもっとも安く契約したい場合には特におすすめです。

4-2.余ったデータは翌月にくりこし可能

「くりこしプラン」では、余ったデータ容量を使いきれなかった場合、翌月にくりこすことができます。

データくりこしをした月は、繰り越し分>基本データ容量の順に消費されるため、無駄なくデータ通信が可能となっています。

UQモバイル くりこし出典:UQモバイル

4-3.節約モードでデータ通信の切り替えが可能

「くりこしプラン」では、通信速度を下げる代わりにデータ容量消費を抑えられる「節約モード」に切り替えることができます。

「節約モード」使用時には、SNSや音楽アプリなどの低消費コンテンツを利用してもデータ容量を消費されません。

UQモバイル 節約モード出典:UQモバイル

そのため、利用するコンテンツに応じて節約モードを使用し、お得にデータ通信を行うことができます。
←スマホの場合は左右にスクロールできます→

コンテンツ 節約モード使用時 通常モード使用時
テキストコンテンツ(SNS)
Webページ閲覧
画像コンテンツ(Instagramなど)
音楽ストリーミング
動画視聴 ×

この節約モードと通常モードの切り替えはUQポータブルアプリで簡単に切り替えることができるので初めてでも安心して利用することができます。

4-4.結局povoとUQモバイルどっちを契約すべき?

両プランを比較した結果、下記の月に使うデータ容量に応じて申し込みましょう。

povoは1つのプラン(20GB)しかありませんが、UQモバイルは3つのプラン(3GB/15GB/25GB)から成り立ちます。

なので、普段からどれだけの通信量を使っているかで、どちらを契約するか決めていきましょう。

5.本当にpovoで大丈夫?あなたにあった格安スマホ/SIMの選び方

この章では、povoが本当に最適な格安SIMなのかを判断するため、そもそもの格安SIMの選び方について解説していきます。

もし、あなたがpovoにするかどうか悩んでいる場合は、必ず格安SIM(格安スマホ)も検討すべきです。

なぜなら、この格安SIM(格安スマホ)を検討しないままpovoを契約すると、「格安SIMの方が1,500円以上安く使えた…」など後悔する可能性があるからです。

例えば、月5GBしか使わないユーザーは、下記のように29プランほど選択肢があるんです。

表の見方

  • ahamoが音声付きSIMのため、音声付きSIMの格安SIMのみ記載
  • 各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載
  • 使いたい容量のジャストのプランがない場合、容量に合うサービス内の最安プランの料金を記載

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM
(大手キャリアも含む)
使える回線 使いたい容量
1GB 2GB 3GB 4GB 5GB
mineo ドコモ/au/SB 1,298 1,518 1,518 1,518 1,518
IIJmio ドコモ/au 858 858 1,078 1,078 1,518
J:COMモバイル au 1,078 1,628 1,628 1,628 1,628
y.u モバイル ドコモ 1,639 1,639 1,639 1,639 1,639
BIGLOBE モバイル ドコモ/au 1,078 1,320 1,320 1,870 1,870
b-mobile ドコモ/au/SB 1,089 1,309 1,529 1,749 1,969
ロケットモバイル ドコモ/au/SB 1,375 1,430 1,540 1,980 1,980
DTI SIM ドコモ 1,320 1,639 1,639 2,112 2,112
HISモバイル_ビタッ! ドコモ 1,562 1,562 2,112 2,112 2,112
OCNモバイルONE ドコモ 1,298 1,628 1,628 2,178 2,178
日本通信SIM_合理的20GB ドコモ 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178
イオンモバイル ドコモ/au 1,408 1,518 1,738 1,738 2,178
HISモバイル_格安弐拾 ドコモ 2,178 2,178 2,178 2,178 2,178
楽天モバイル 楽天 0 1,078 1,078 2,178 2,178
エキサイトモバイル_最適料金 ドコモ 1,496 1,617 1,738 2,035 2,365
LIBMO ドコモ 1,738 1,738 1,738 2,398 2,398
nuro mobile ドコモ/au/SB 1,540 1,540 2,420 2,420 2,420
QTモバイル ドコモ/au/SB 1,595 1,705 1,705 2,475 2,475
NifMo ドコモ 1,760 1,760 1,760 2,530 2,530
povo au 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728
UQ-mobile au 1,628 1,628 1,628 2,728 2,728
LINEMO SB 2,728 2,728 2,728 2,728 2,728
スマモバ ドコモ 2,178 2,178 2,178 2,838 2,838
ahamo ドコモ 2,970 2,970 2,970 2,970 2,970
エキサイトモバイル_定額 ドコモ 1,507 1,617 1,760 2,057 3,245
Y!mobile SB 2,948 2,948 2,948 4,048 4,048
日本通信SIM_合理的かけほ ドコモ 2,728 2,728 2,728
HISモバイル_格安かけ放題 ドコモ 2,728 2,728 2,728

このように、中にはpovoより1,500円以上安く使える場合もあります。

しかし、料金が安いものを選べばよいのかというと、それは違います。

格安SIM(格安スマホ)を選ぶポイントは以下の2つです。

  • 実質速度が速い格安SIMを選ぶこと
  • 月額料金が安い格安SIMを選ぶこと

実質速度はとても重要です。

なぜなら、朝やお昼など、通信が混む時間は格安SIMによって大きく速度が異なるからです。

しかし、素人の方が実際にスマホや格安SIMを20個契約して、実際の速度を測定するのは難しいと思います。

そのため、下記の記事で、実際に私が20社以上契約して速度測定と料金を徹底比較してまとめましたので、必ず格安SIMも知った上でpovoを申し込みましょう。

【2021年9月版】格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

6.よくある質問

auの新プランpovoについて、以下のような質問がよく見受けられます。

それぞれの質問について、以下で詳しく解説します。

Q1.iPhoneを利用することはできるの?

povoはiPhoneに対応しており、iPhone6以降であれば利用可能となっています。

iPhone6以前の古い端末となると利用できないので、povo公式サイトの「対応端末」を確認してから端末を用意するのがおすすめです。

ただし、povoは公式サイトにて端末の販売を行っていないので、契約時にはpovo以外で機種端末を準備する必要があります。

Q2.アップルウォッチで利用することはできるの?

povoは、アップルウォッチでも利用できます。

利用するには、以下の手順が必要です。

  1. auでiPhoneを契約
  2. auでウォッチナンバーを契約
  3. auからpovoに移行
  4. auのウォッチナンバーをそのまま利用

ウォッチナンバーはauオリジナルサービスで、Apple WatchでSIM契約をする、というものです。

ウォッチナンバーをau内で契約する必要はありますが、契約後にpovoへ移行するだけでアップルウィッチが利用できます。

Q3.法人契約はできるの?

結論、povoは法人契約ができません。

公式サイトでも以下のように発表しており、契約ができない状態となっています。

法人でのご契約についてですね。

申し訳ありませんが、povoにつきましては法人のお客さまは、ご契約いただけません。

出典:povo

Q4.契約期間に縛りはあるの?

povoは、契約期間に縛りがありません。

さらに事務手数料は無料であり、契約解除料なども発生しないので安心して利用できます。

ただし、auからpovoに移行した場合、au契約期間は引き継がれないので注意しましょう。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

まとめ

auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」について解説しましたが、いかがでしたか?

特徴をまとめると、以下の通りです。

特徴
  1. 月額料金2,728円と安い
  2. 月20GBの大容量の高速データ通信が可能
  3. トッピングにより自分の好きなようにプランをカスタムできる
  4. eSIM対応
  5. 高品質な通信速度
注意点
  1. すべての手続きが「オンライン」のみ
  2. 「@au.com/@ezweb.ne.jp」のキャリアメールが利用できない
  3. 各種割引が適用されるかは未発表
  4. 国際ローミングについても今後検討

povoは通話を利用しない人におすすめのプランであり、それに加えてトッピングが非常に魅力的です。

他社の主要キャリアでも新プランが発表されているので、以下のフローチャートに沿って申し込みましょう。

以下、各キャリアの新プランです。

このページを参考に、あなたがお得に携帯電話を利用できることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る