auの新プランpovo(ポヴォ)の魅力と知っておくべき全注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

2021年1月13日に発表となった、auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」について、「本当に2,480円で使えるの?」「そもそもどういったサービスなの?」「従来のauのサービスとどう違うの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

結論、今あなたがauの従来プランを契約をしている場合、auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」は従来サービスに比べ圧倒的にお得なため、2021年3月のサービス開始に合わせて契約を切り替えるべきです。

このページでは、元販売員の私が「povo(ポヴォ)」がどういったサービスなのかについて以下の順番で詳しく解説します。

このページを読めば、povo(ポヴォ)の特徴について知ることができ、今よりももっとお得に携帯電話を利用することができます。

1.新料金プランpovo(ポヴォ)の魅力とは

まずは、今回発表になったpovo(ポヴォ)のサービス内容について解説します。

2020年12月3日に発表されたauの新料金プラン「povo(ポヴォ)」は下記の特徴があります。

  • 月20GBの大容量のデータ通信が可能
  • 月額料金2,480円と圧倒的に安い
  • 500円/月で5分以内の通話がかけ放題
  • 24時間データ使い放題が200円
  • eSIM対応

以上のように、従来のauの料金プランよりも圧倒的にお得なサービスです

どちらかというと、auの「新料金プラン」よりも「新ブランド」と思っていただいた方がイメージしやすいかもしれません。

では、本当に月額2,980円で利用することができるのか、「povo(ポヴォ)」プランの特徴について詳しく見ていきましょう。

1-1.povo(ポヴォ)は本当に月額2,480円?

まず誰もが驚く内容だと思うのですが、とてもシンプルに料金プランは1つのみで、条件無しの2,980円で利用することができます。

出典:au

「携帯料金を安くする」といえば格安SIMや「Y!mobile」や「UQモバイル」などのサブブランド系のキャリア回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、それらと比べても2,000円以上安く、大手キャリアのauからこのプランが出たことは驚きです。

順位サービス実質月額料金(円/月)

1

povo(ポヴォ)

2,480円

2

Y!mobile

4,680円

3

UQモバイル

9,980円

※データ容量を20GB相当に換算

1-2.サービスの提供開始は2021年3月

実際にpovo(ポヴォ)のサービス提供が開始されるのは2021年3月とまだ少し先になりますが、SNSでは早くも好意的な声が目立ちます

※具体的な提供開始日は未決定

1-3.データ通信は20GB

出典:KDDI

従来のauでは、データ通信量に制限のない「データMAX 4G LTE」プランと、「データMAX 5G」プランがありました。

正直無制限でなくても良いな」と思っていた場合には、無駄がなく、特にぴったりのプランと言えます。

 プランデータ容量月額利用料5分通話オプション
povo(ポヴォ)20GBまで2,480円500円/月
データMAX 4G LTE無制限7,480円800円/月
データMAX 5G無制限8,480円800円/月

20GBでできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

なお、20GBを超えると送受信時最大1Mbpsになりますが、この速度はyoutubeが標準画質で視聴できるレベルなのであまり心配はないでしょう。

データ通信容量を利用したい場合には、1GBあたり500円で追加購入が可能です。

1-4.5分間の通話は500円/月払えば何度でも無料

従来の携帯料金プランを複雑にしていた要因の1つに、「通話料」のオプションが分かりづらい、という点がありました。

今回のpovo(ポヴォ)では、月500円のオプションを申し込めば「5分間の通話であれば何度でもOK」なので通話料を気にせず安心して利用することができます。

電話をあまり使わない人は、ドコモのahamoやソフトバンクの新プランより500円安いので、こちらのpovoがおすすめです。

1-5.時間データ使い放題が200円/24時間

200円の追加料金で、24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」があります。

これは、オンライン授業や会議など一時的な大容量のデータ利用ニーズにピッタリのプランです。

1-6.eSIM対応

今回のサービスはeSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿入しなくても、既にスマホに組み込まれているチップを使って電話回線やネット回線に接続できるSIMです。

eSIMを利用すれば、1台のスマホで物理SIMとeSIMを両方使うデュアルSIMの使い方ができたり、SIMが郵送されるのを待つ必要はありません。

また、eSIMは物理SIMでないため、海外へ頻繁に行かれる方はその国の通信を即時に使うことができます。

1-7.高品質な通信回線

最後の特徴としては、やはり「MNO」であることでしょう。

MNOとは、「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」と訳され、大手キャリアのドコモ・softbank・auなど、自社で回線網を有して事業を展開していることを指します。

「MVNO」と呼ばれる格安SIM回線と比べて、圧倒的に速度が速く、高品質であることが特徴です

「MNO」と「MVNO」で速度が異なるのはなんで?

理由を簡単にいうと、格安SIMの各社がドコモやauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているからです。

通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

格安SIMの通信速度が遅い理由

格安SIM業社は自分では設備を持たず、大手キャリアから一部だけ借りています。

そのため速度は大手キャリアには劣りますが、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

格安SIMの会社によって、借りている設備の回線容量や顧客数が変わるので速度に差が出るのです。

こうした高品質な回線を、格安SIMと同等の料金で提供する「povo(ポヴォ)」は、最高にコスパの良い、期待の新プランであると言えます。

2.必ず知っておきたいpovo(ポヴォ)の5つの注意点

ここまで「povo(ポヴォ)」のサービスについて詳しく解説しましたが、一方で従来のauのサービスと異なるポイントも多いのでここで押さえておきましょう。

2-1.すべての手続きが「オンライン」のみ

今回、実店舗での申込がなく、契約の申し込みから、契約後の変更手続きまですべての手続きがオンラインのみとなっています。

若年層や会社勤めしている場合には、時間を気にすることなくいつでもどこでも申し込みができるので便利と言えますが、一方で年配の方や、あまりオンラインでの手続きに慣れていない場合には注意が必要です。

2-2.「@au.com/@ezweb.ne.jp」のキャリアメールが利用できない

au公式のサービスであることには変わりませんが、キャリアメールが利用できないのはデメリットと言えます。

特段大きく不便なことはありませんが、1つ挙げるとすると、LINEのID検索を使用できなくなるので注意が必要です。

LINEでは、不特定多数の見知らぬ人と連絡を取ることが可能ですが、トラブルを防ぐために18歳未満のユーザーには年齢認証を行っています。
その年齢認証をするためには、大手携帯電話会社とLINE株式会社が協力して行っており、キャリアメールが使えない場合、年齢認証を行うことができません

LINEのID機能では、この年齢認証を行う必要があるため、今回のpovo(ポヴォ)では注意が必要です。

2-3.「家族割プラス」については未発表

「家族割プラス」とは、家族の利用人数に応じて割引がきく特典ですが、今のところ対象になるか未発表です。

2-4.「auひかりとのセット割」についても未発表

こちらも、まだ提供開始前なので光回線とのセット割があるか未発表です。

今のところは対象になるという情報は入ってきておりません。

2-5.ahamoでは追加料金なく使える国際ローミングは今後検討

ドコモの新プランahamo(アハモ)は、海外82の国々・地域で20GBの月間データ容量を追加料金無く利用できますが、「povo(ポヴォ)」は今後検討となっております。

【参考】ドコモの新プランahamo(アハモ)での海外利用エリア

出典:ドコモ

3.追加トッピングが豊富!

出典:KDDI

auのpovo(ポヴォ)は、ドコモの「ahamo」や、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」と比較して、必要に応じて必要な分だけ追加トッピング(オプション)を申し込めるようになっています。

<追加トッピング>

  • データ使い放題 24時間: 200円/24時間
  • データ追加 1GB::500円/1GB
  • 5分以内通話かけ放題: 500円/月
  • 通話かけ放題::1,500円/月

そのため、電話を普段使わない場合は、この追加トッピング(オプション)を申し込む必要がないため、ドコモの「ahamo」や、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」よりも500円安く使うことができます。

4.povo(ポヴォ)に乗り換え/プラン変更する際に知っておきたいこと

povo(ポヴォ)を契約したい場合は、以下の2つのパターンがあると思います。

それでは、状況別に解説していきます。

4-1.au以外のキャリアから乗り換える場合

現在あなたがau以外のキャリアを利用していて、povo(ポヴォ)に乗り換える場合には、以下の手続きが必要です。

  • auの従来プランからの移行は「MNP」が必要
  • SIMロックの解除(SIMフリー端末やロック解除済み端末を持っていない場合)

乗り換え時に必ず必要な手順になりますので、よく覚えておきましょう。

それでは、状況別にそれぞれ詳しく解説していきます。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の変更手続き

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略で、電話番号はそのままで移転先の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度(携帯電話番号ポータビリティ)のことを指します。

STEP①:「MNP予約番号」を取得する

現在ご契約中の携帯電話会社でMNPの予約お申込みを行い、「MNP予約番号」をお受け取りください。
MNP予約番号の有効期間は予約当日を含めて15日間です。
なお、各会社のMNP予約申込み窓口は下表のとおりです。

MNP予約申し込み窓口一覧

出典:niko niko cable tv

STEP②: 新規申込み手続きをする

au取扱店へ「MNP予約番号」を伝え、MNPによる携帯電話新規お申込み手続きを行ってください。

事業者間でシステムを連携する都合上、受付時間はおおむね午前9時~午後8時ごろとなります。詳細は各店舗にお問い合わせください。
衛星携帯電話サービス、データ通信のみのサービスなどについては、MNP手続きの対象外です。
お手続きはauオンラインショップでも可能です。auオンラインショップでお手続きされる場合、MNP予約番号の有効期限が10日以上ある必要があります。

SIMロック解除

STEP①: SIMロック解除ができるのか確認しよう

SIMロックを解除するためには今の持っているスマホがSIMロック解除ができる端末でなければいけません。

今のスマホがSIMロック解除できるかはキャリアによって以下のように変わります。

auのSIMロック解除条件

2015年5月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種(こちらで確認可能)が対象です。

また、

  • 契約者の購入履歴がある
  • ネットワーク制限中ではない

上記2つの条件に加えて以下の条件も満たす必要があります。

auのSIMロック解除条件

その他、「auをすでに解約している」「過去にSIMロック解除をしたことがある」「ネットワーク」という方は非常に複雑な条件なので、auに電話して確認してみましょう。

ソフトバンクのSIMロック解除条件

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります「こちら」でご確認ください)のSIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

すでに機種代を支払っているのが条件です。

また以前、今の機種への機種変更前に使っていたスマホでSIMロックの解除をしたことがあれば、下記の場合、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種
STEP②:動作確認がされているか確認しておこう

今の機種のSIMロックが解除できたとしても、新しい格安SIMが今の機種で使えるとは限りません。

きちんと各格安SIMが動作確認をしている機種か確認をしておきましょう。

動作確認されていない機種の場合、使えないケースがあるので、他の格安SIMを選ぶようにしましょう。

STEP③:動作確認が取れたら手続きしよう

動作確認が取れたら、SIMロックを解除しましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

auのSIMロック解除方法

下記のどつらかの方法で手続きが可能です。

手数料

基本的にMy Softbankからの手続きなら無料、ソフトバンクショップだと3,000円かかります。

ソフトバンクのSIMロックの解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

まずはMy SoftBankでの手続きがおすすめですが、次に使う格安SIMのSIMカードがお手元にない方や、すでにソフトバンクを解約された方、2015年5月以前に購入された方はソフトバンクショップに行く必要があります。

SIMフリー端末を使用している場合は?

SIMフリー端末を使用している場合は、SIMロック解除の作業は不要です。

4-2.auの従来プランからプラン変更する場合

現在あなたがauのサービスを利用していて、povo(ポヴォ)に乗り換える場合には、上記のような手続きを行う必要はなく、そのままプラン変更のみで利用することが可能です。

また、各種手続き料金もpovo(ポヴォ)であれば無料ですので、安心して乗り換えることができます。

5.まとめ

auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」について解説しましたが、いかがでしたか?

特徴をまとめると、以下の通りです。

  • 月20GBの大容量のデータ通信が可能
  • 月額料金2,480円と圧倒的に安い
  • 500円/月で5分以内の通話がかけ放題
  • 24時間データ使い放題が200円
  • eSIM対応

今あなたがauの従来プランや、au、ソフトバンク等の契約をしているならば、auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」は従来サービスに比べ圧倒的にお得なため、2021年3月のサービス開始に合わせて契約を切り替えましょう。

このページを参考に、あなたがお得に携帯電話を利用できることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket