【失敗しない】povoの乗り換え方法と乗り換えすべきタイミングを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「povoに乗り換える際の手順は?」「povoに乗り換えるべきタイミングはいつ?」などと悩んでいる方はいませんか?

結論、携帯キャリアによって手続き方法は異なるものの、本記事にてまとめた画像付きの解説通りに手続きを進めていけば、povoへの乗り換えは簡単にできます。

ただし、povoに乗り換えるべきタイミングは使っているキャリアによって異なり、タイミングを間違えると損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

そこで今回、5年以上のスマホを販売してきた私が、povoに乗り換える方法や乗り換えをすべきタイミングなどをわかりやすく解説していきます。

  1. povoに乗り換える方法と注意点
    auから乗り換える場合
    UQモバイル・他社から乗り換える場合
  2. 各キャリア別|povoに乗り換えるべきタイミング
  3. povoに乗り換えができない時の対処法
  4. povoのサービス内容とメリット・デメリット
  5. 本当にpovoで大丈夫?申し込む前に確認したい5つのポイント
  6. povoから他社へ乗り換える方法
  7. よくある質問

本記事を読めば、povoに乗り換えるまでの流れ・手順、かかる費用などもわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. povoに乗り換える方法と注意点

povoに乗り換える場合、以下の2つのパターンによって乗り換えまでの流れが異なります。

  1. auから乗り換える場合
  2. UQモバイル・他社から乗り換える場合

auからpovoに乗り換える場合、契約情報をそのまま引き継げますが、UQモバイルから乗り換える場合は契約情報をそのまま引継ぐことができません。

そのため、UQモバイルは他社からpovoに乗り換える方法と同様の手続きを進める必要があります。

状況に合わせて、自分に最適な方法で申し込みを進めていくことが大切です。

それでは、それぞれパターン別でpovoの乗り換え方法を見ていきましょう。

povoのキャンペーンは現在開催していない

povoは2021年9月現在、残念ながらキャンペーンを開催しておりません。

過去には、他社からの乗り換えで「au PAY 10,000円相当キャッシュバックキャンペーン」がありましたが、現在は終了しているので注意しましょう。

1-1. auから乗り換える場合

auからpovoに乗り換える場合、プラン変更するだけで手続きが完了します。

さらにpovo移行時には、auの契約情報をそのまま引き継げるので、必要な書類は特にありません。

ただし、乗り換え前にすべき手続きが豊富なため、まずは注意点の確認をしっかりしていきましょう。

今回は、以下の通りに乗り換え方法を解説していきます。

  1. 乗り換え前の注意点
  2. 契約情報をpovoに引き継ぎ
  3. povo契約手続き

それでは、順番に乗り換えまでの手順を見ていきましょう。

STEP1:乗り換え前の注意点

まずは、乗り換え前の注意点を見ていきましょう。

注意点をまとめると、以下の通りです。

それぞれ詳しく解説していきます。

サポートはオンラインのみ

povoでのサポート受付はすべてオンラインのみとなっており、店頭や電話でのサポートは行われていません。

困ったことがあった際には、チャットでサポートを受ける形になるので注意しましょう。

povoで機種変更はできない

povoでは端末の販売を行っていないため、機種変更ができません。

一度契約をしてしまうと、auに戻って機種変更をするか、自分で端末を購入して変更手続きをする必要があります。

また、自分で端末を用意してから乗り換える場合、端末の動作確認をしてから乗り換えをしましょう。

povoで使用できる端末一覧

https://povo.au.com/product/?auIC

キャリアメールが使えなくなる

povoはau公式のサービスですが、キャリアメールなど⼀部ご利⽤できないサービスがあります。

キャリアメールは「auメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)」とも呼ばれており、auから提供するメールサービスです。

もしpovoに乗り換えをした際には、他のメールサービス(Gmailなど)を利用する必要があります。

料金割引が適用外

auからpovoに乗り換える場合、各種料金割引が適用外になるので注意しましょう。

例えば、「家族割プラス」や「家族割」などの割引はpovoで適用されません。

割引がなくなることで、povoに変更する前より割高になる可能性もあるので、どれぐらい安くなるかご自身で把握しておきましょう。

留守番電話サービスがない

auなどの大手キャリアでは留守番電話サービスがオプションとしてありますが、povoではそもそもサービス自体がありません。

もし、auで留守番電話サービス契約していても、自動解約となります。

変更・解約時にWi-Fi接続が必要

プランの変更・解約をする時には、Wi-Fi接続をしてから手続きをしなくてはいけません。

Wi-Fi未接続時には、オンラインでの契約ができなくなるので注意しましょう。

事前に変更・廃止が必要なサービスがある

auからpovoに乗り換える場合、以下のサービスを変更・廃止手続きする必要があります。

  • ナンバーシェア
  • タブレットデータシェアプラン
  • タブレットプランds(3年契約)
  • タブレットプランds(2年契約)
  • スマホセット割
  • Qua Stationプラン ds
  • 無線LAN STICKプラン ds
  • auスマートバリューmine

また、以下のプランを選んでいる場合は、通常の申し込みページからの申し込みができません。

  • LTEプラン(V)
  • 2年契約(自動更新なし)

上記のプランからpovoに乗り換える場合は、チャットから問い合わせる必要があるので注意しましょう。

STEP2:契約情報をpovoに引き継ぎ

まずは、auの契約情報をpovoに引き継いでいく作業をしていきます。

流れとしては、以下の通りです。

  1. povo公式サイトへと進む
  2. 利用端末の確認
  3. au ICカードの変更が必要かの確認
  4. povoで利用できないサービスの確認

それでは、申し込みまでの流れを見ていきましょう。

povo公式サイトへと進む

最初にpovo公式サイトにアクセスし、「ご利用手続きはこちら」をクリックしましょう。

そのあとに「auからの変更」をクリックして、『ご利用手続き』の画面へと移動します。

すると以下の申し込み画面が出てきますので、「お申し込み」というボタンをクリックしましょう。

povo申し込みフロー出典:povo

利用端末の確認

「お申し込み」をクリックすると、以下の画像のようにpovo対応端末を持っているかどうかの確認をされます。

povo申し込み手順出典:povo

対応端末を持っていない場合は、自身で対応端末を用意してから、再度お申し込みが必要です。

povoでは機種端末の販売を行っていない

povoでは、機種端末の販売を行っていません。

そのため、契約時にはpovo以外で機種端末を準備する必要があります。

これから端末を用意する場合は、事前に以下のページで対応端末を確認をしてから準備を進めましょう。

povoで使用できる端末一覧

https://povo.au.com/product/?auIC

au ICカードの変更が必要かの確認

対応端末が準備できましたら、次に「povo対応端末をご利用中の方」をクリックします。

手続きを進めていくと、以下の画像のようにご利用中の端末でiPhoneの機種確認をされます。

povoのau ICカードの変更出典:povo

ここでは、「はい」「いいえ」の選択を間違えないようにしましょう。

なぜなら、以下の端末を利用している人は今使っているau ICカード(SIMカード)の変更が必要になるためです。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)

そのため、上記の古い端末をそのまま継続して利用したいなら、「はい」を選んで新しいau ICカードに変更する手続きが必要です。

ちなみに、上記以外のiPhoneを使用する場合は、「いいえ」を選択しましょう。

povoで利用できないサービスの確認

ご利用中の端末について、「はい」「いいえ」どちらかをクリックすると以下の画面が表示されます。

povoで利用できないサービス一覧出典:povo

auからpovoへ移行する際に、以下のサービスは提供されなくなるので注意が必要です。

  • キャリアメール(@au.com/@ezweb.ne.jpのメールアドレス)
  • 端末の販売
  • au契約者向けの特典

auからpovoへ移行時の注意点出典:povo

利用できなくなるサービスを確認して問題なければ、それぞれの項目にチェックをして、「確認した」をクリックしましょう。

povoで利用できないサービス一覧出典:povo

最後に「お申し込み」をクリックすれば、契約手続きを進めることができます。

STEP3:povo契約手続き

先述したようにpovoの契約手続きは、以下の2つの状況によって手続き方法が異なります。

それでは、それぞれの契約手続きの流れを見ていきましょう

au ICカードの変更が必要な場合(iPhone7以前を使っている場合)

povoでau ICカードの変更出典:povo

利用端末状況を確認する際に「はい」を選択して申し込みをした場合は、auのIDログイン画面に移行します。

auのIDにてログインが完了すると、以下の画面が出てきます。

povo申し込み手順出典:povo

auからpovoに移行する際の確認画面に移るので、注意事項を確認してからチェックをしましょう。

確認が済んだら、以下の項目が間違っていないかチェックします。

  • 契約者名
  • au電話番号
  • ご契約住所

その後は「povoを申し込む」の項目にチェックしつつ、「通話のトッピング」を任意でチェックしていきます。

povo申し込み手順出典:povo

そして『重要事項説明』と『契約内容の確認方法』の確認が済んだら、「次へ」をクリックします。

povoの『重要事項説明』と『契約内容の確認方法』出典:povo

そして最後に、ご入力内容の間違いがないかの確認を済ましてから申し込みをすれば、povoの申し込みが完了します。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

この記事の目次に戻る↑

au ICカードの変更が必要ない場合(iPhone8以降を使っている場合)

povoのau ICカードの変更出典:povo

利用端末状況を確認する際に「いいえ」を選択した場合は、auのIDログイン画面に移行します。

auのIDにてログインが完了すると、以下の画面が出てきます。

My au出典:My au

ここでは、ご自身が利用したいau電話番号/IDかを確認していきましょう。

加えて機種名が間違っていなければ、「選択」をクリックします。

すると以下の画像のように申し込み画面へと移るので、必要だと感じる「トッピング」の項目にチェックをしていきましょう。

povoのトッピング出典:povo

チェックが済み、注意事項の確認をしたら「同意して次に進む」をクリックします。

そうすると以下の画像のように、いくつかの確認事項の内容確認をお願いされるので、順番に見ていき「同意する」をチェックしていきましょう。

povoの確認事項の内容確認出典:povo

すべての「同意する」にチェックし終えたら、「次へ」をクリックします。

すると最後に申し込み内容の確認画面に移るので、間違いがないかのチェックをしましょう。

povoの契約内容確認出典:povo

『契約内容の確認方法』は、今後どのようにpovoの契約情報を見たいかで選んでいきます。

そして最後に「プラン変更を申し込む」をクリックすると、申し込みが完了です。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

この記事の目次に戻る↑

1-2. UQモバイル・他社から乗り換える場合

次に、UQモバイル・他社から乗り換える方法についてです。

他社からpovoに移行する際は、電話番号も同時に移行するため、「MNP予約番号」と呼ばれる10桁の番号が必要となります。

また、UQモバイルはau系列の格安SIMですが、乗り換えをする際にはMNP予約番号が必要です。

そのため、UQモバイルもしくは他社からpovoに乗り換えをする際には、以下の順番で確認・手続きを進めていきましょう。

  1. 乗り換え前の注意点
  2. 乗り換え前の事前準備
  3. MNP予約申し込み
  4. 契約内容入力
  5. SIMロック解除
  6. SIM開通手続き

それでは、順番に乗り換え手順を見ていきましょう。

ここでいう他社のキャリアとは、以下の大手キャリアや格安SIMを意味します。

【例】

  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • ahamo
  • LINEMO
  • mineo
  • LINEモバイル

ちなみに、どのキャリアでも乗り換え方法は同じです。

STEP1:乗り換え前の注意点

まずは、乗り換え前の注意点を見ていきましょう。

注意点をまとめると、以下の通りです。

それぞれ詳しく解説していきます。

違約金・解約金に注意

大手キャリアから乗り換えをする際には、違約金や解約金に注意して乗り換えを進めていきましょう。

乗り換えのタイミングを間違えてしまうと、10,000円以上の解約金が発生することも少なくありません。

少しでも手数料を抑えたい場合は、「2章. povoに乗り換えるべきタイミング」にて最もお得に乗り換えすべきタイミングについて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

povoは機種変更できない

povoでは端末の販売を行っていないため、機種変更ができません。

一度契約をしてしまうと、auに戻って機種変更をするか、自分で端末を購入して変更手続きをする必要があります。

また、自分で端末を用意してから乗り換える場合、端末の動作確認をしてから乗り換えをしましょう。

povoで使用できる端末一覧

https://povo.au.com/product/?auIC

キャリアメールが使えなくなる

povoはau公式のサービスですが、キャリアメールなど⼀部ご利⽤できないサービスがあります。

キャリアメールは「auメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)」とも呼ばれており、auから提供するメールサービスです。

もしpovoに乗り換えをした際には、他のメールサービス(Gmailなど)を利用する必要があります。

サポートはオンラインのみ

povoでのサポート受付はすべてオンラインのみとなっており、店頭や電話でのサポートは行われていません。

困ったことがあった際には、チャットでサポートを受ける形になるので注意しましょう。

留守番電話サービスがない

auなどの大手キャリアでは留守番電話サービスがオプションとしてありますが、povoではそもそもサービス自体がありません。

もし、ドコモで留守番電話サービス契約していても、自動解約となります。

変更・解約時にWi-Fi接続が必要

プランの変更・解約をする時には、Wi-Fi接続をしてから手続きをしなくてはいけません。

Wi-Fi未接続時には、オンラインでの契約ができなくなるので注意しましょう。

料金割引が適用外

povoに乗り換える場合、auの各種料金割引は適用外になるので注意しましょう。

例えば、「家族割プラス」や「家族割」などの割引はpovoで適用されません。

割引がなくなることで、povoに変更する前より割高になる可能性もあるので、どれぐらい安くなるかご自身で把握しておきましょう。

STEP2:乗り換え前の事前準備

povoの乗り換えの際には、以下の3つが必要です。

  • クレジットカード、もしくは銀行口座がわかるもの(料金の支払い用)
  • 本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳、マイナンバーカード、在留カードのうち1つ)
  • 利用する予定の端末

本人確認の手続きの際には、カメラで本人確認書類を撮影したのちに、画像の添付が必要です。

そのためWebブラウザ(Android 6.0以降のChrome、またはiOS 11以降のSafari)を利用して、手続きを進めていきましょう。

また利用予定の端末を持っていない場合は、自身で対応端末を用意してから、再度お申し込みが必要です。

STEP3:MNP予約申し込み

povoの契約を進める前に、まずはMNP予約番号を取得していきます。

MNP予約番号は、主に以下の3つの方法で取得可能です。

  1. 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  2. 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

ここでは自身があてはまる方法を選んで、MNP予約番号を取得していきましょう。

MNPとは?

MNPとは、スマホの会社を変えるときに電話番号を変えずに乗り換えることを意味します。

そのままの電話番号で大手から格安SIM、格安SIMから格安SIMへの乗り換えが可能です。

大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

ショップやWebからの手続きより簡単なのが、電話からの手続きです。

電話をかけたら、音声ガイダンスに従い「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号を発行してください」と伝えましょう。

以下の画像では、それぞれ大手キャリアの窓口・申し込み方法がまとまっているので、参考にしてみてください。

MNP予約番号発行出典:niko niko cable tv

【ドコモのMNP予約番号入手方法】

基本的に電話かMy docomoで手続きします。

電話で取得する場合、以下の番号に電話すると簡単なのでおすすめです。

  • 携帯から:151へ電話
  • 一般電話から:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

My docomoにて取得する場合、スマホならMy Docomoから24時間いつでも取得可能です。

My docomoにアクセスしたら、以下の4ステップで進みます。

  1. My docomoサービス一覧
  2. 各種お申込・お手続き一覧
  3. ご契約内容確認・変更
  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約

その他、ドコモショップでも手続きできますが、待ち時間が発生するのでおすすめできません。

手数料:無料

【ソフトバンクのMNP予約番号入手方法】

以下の番号に電話することで簡単に手続きができます。

  • 携帯電話から: *5533へ電話
  • 一般電話から: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

その他、フィーチャーホンならMySoftBankから手続き可能です。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、待ち時間があるので電話での手続きがおすすめです。

手数料:無料

他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMからpovoに乗り換えるときは、以下の2つのうち、いずれかの方法で取得します。

  1. 電話による予約番号取得
  2. WEBからの予約番号取得

各社の手続き方法と手数料をまとめると、以下の一覧表の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャリア取得方法MNP予約受付窓口MNP転出手数料
ワイモバイル電話151(ワイモバイルの電話から)
0570-039-151(他社の携帯電話、固定電話から)
【受付時間】9:00~20:00
無料
UQモバイル電話/WEB0120-929-818
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
BIGLOBEモバイル電話/WEB0120-983-028(通話料無料)
03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
【受付時間】9:00~18:00(年中無休)
WEBの場合の受付時間は24時間
無料
イオンモバイル電話/WEB0120-025-260
【受付時間】10:30-19:30(年中無休)WEBの場合はマイページから手続き
無料
QTモバイル電話/WEB0120-986-008
【受付時間】9:00~20:00(年中無休)
WEBの場合はQTnetから手続き
無料
(電話手続きの場合は1,100円)
楽天モバイルWEBメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から手続き無料
LINEモバイルWEBマイページの「MNP転出・解約」から手続き無料
OCN モバイル ONEWEBマイページの「MNP転出(MNP:携帯番号ポータビリティ)」から手続き無料
IIJmioWEBマイページの「MNP予約番号発行」から手続き無料
b-mobileWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
日本通信SIMWEBマイページの「MNP予約番号取得」から手続き無料
y.u mobileWEBマイページの「MNP予約番号の発行申し込み」から手続き無料
nuroモバイルWEBご利用者向けページから手続きなし
DTIWEBMyDTIから手続き無料
NifMoWEB「解除・MNP転出・解約の手続き」ページから手続き無料
ロケットモバイルWEB解約URLから手続き無料
HISモバイルWEBMy HISモバイルから手続き無料
mineoWEBマイページから手続き無料
LIBMO電話/WEB

0120-27-1146
【受付時間】10:00~18:00
MNP予約番号発行依頼フォーム
から手続き

無料
 (電話手続きの場合は1,100円)
エキサイトモバイルWEBBB.exciteマイページの「MNP転出」から手続き無料
J:COMモバイルWEBJ:COMマイページから手続き無料
スマモバWEBマイページから手続き無料

上記を参考に手続きをすれば、簡単にMNP予約番号を取得することができます。

STEP4:契約内容入力

MNP予約番号を取得出来たら、次に契約へと進んでいきます。

スマホからpovo公式サイトにアクセス

povo公式サイトにアクセスし、「ご利用手続きはこちら」をクリックしましょう。

そのあとに「他社/UQ mobileから変更」をクリックして、『ご利用手続き』の画面へと移動します。

すると以下の申し込み画面が出てきますので、「お申し込み」というボタンをクリックしましょう。

povo申し込み手順出典:povo

対応端末が準備できましたら、次に「お申し込み」をクリックします。

『au ICカード(SIMカード)』もしくは『eSIM』をチェック

ご希望のSIMを求められるので、『au ICカード(SIMカード)』もしくは『eSIM』をチェックしましょう。

povo申し込み手順出典:povo

au ICカード(SIMカード)とeSIMの違いは?

『au ICカード(SIMカード)』とは、自身の個人情報などのデータが記録されるカードを意味し、『物理SIMカード』とも呼ばれています。

『eSIM』とは埋め込み型のSIMで、SIMカードがなくてもオンラインでデータを移行することが可能です。

基本的には、「au ICカード(SIMカード)」を選んでおけば間違いないですが、下記に該当し、eSIM対応端末を持っている場合はeSIMを選びましょう。

【eSIM】

  • povoをとにかく早く使いたい
  • スマホ1台で物理SIMとeSIMを使いたい
  • 海外でeSIMを使って通信したい

eSIMは手続きがスムーズですが、対応端末が少ないというデメリットがあります。

オンラインでのSIM手続きに抵抗を持っている場合は難しく感じることもあるので、不安な場合は通常のSIMカードを選びましょう。

また、『eSIM』のみau IDの登録が必須でして、au IDの新規登録が必要です。

以下にアクセスすれば簡単にau IDの新規登録が無料でできるので、登録を済ませておきましょう。

ちなみに『au ICカード(SIMカード)』は、au IDの登録が済んでいなくても契約を進めることが可能です。

MNP予約番号を入力し確認画面へ

申し込みを進めていくと、以下の画像のようにMNP予約番号の入力を求められます。

povoのMNP予約番号入力出典:povo

ここで取得したMNP予約番号と自身の携帯電話番号を入力していきます。

そしてMNP予約番号有効期限を入力して、「ご契約内容に進む」をクリックしましょう。

ただし、MNP予約番号有効期限までの期間が10日未満の場合、お申し込みができないので注意が必要です。

契約情報の入力

次に以下の画像のように、ご契約内容の画面へと移ります。

povoのトッピング出典:povo

必要だと思う通話トッピングがあれば、選択をしましょう。

そして注意事項を確認の上、「ご契約者さま情報に進む」をクリックします。

すると個人情報の入力を求められるので、事前に用意していたクレジットカード情報と本人確認書類をアップロードしましょう。

最後に『povoの受け取り方法』を選択し、ご注文内容のパスワードを決めることで契約が完了します。

STEP5:SIMロック解除

申し込みが完了した後は、現在使っているスマホをそのまま活用する場合のみ、SIMロック解除が必要になります。

SIMロック解除とは、端末にかけられた利用制限をなくすことを意味し、解除することでpovoのSIMを利用可能となるのです。

SIMロック解除ができるか確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種
動作確認がされているか確認する

SIMロックが解除できたとしても、動作確認が取れていない端末の場合、使用できないことがあります。

動作確認済みの端末か、事前に以下のページで確認しておきましょう。

povoで使用できる端末一覧

https://povo.au.com/product/?auIC

動作確認が取れたら手続きへ

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

【UQ mobileのSIMロック解除方法】

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

  • インターネット:my UQ mobileから手続きが可能(契約中の方のみ)
  • 電話:「0120-929-818」から手続きが可能です。

手数料は、my UQ mobileと電話どちらも無料です。

まずは早く終わるmy UQ mobileでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や一部SIMロック解除できない機種もあるため、わからない場合は電話を選びましょう。

【ドコモのSIMロック解除方法】

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料は基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

【ソフトバンクのSIMロック解除方法】

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

STEP6:SIM開通手続き

SIMロック解除が済んだら、いよいよSIM開通手続きへと進んでいきます。

開通の手続き方法は、以下の2つの契約パターンによって異なるので注意が必要です。

それでは契約パターンに合わせて、開通手続きの方法を見ていきましょう。

au ICカード(SIMカード)の場合

au ICカードが届いたら、SIMの開通手続きを進めていくことが可能です。

au ICカードの場合は、主に以下の順番で手続きを進めていきます。

  1. 契約後、郵送にてau ICカードを受け取り
  2. 回線の切り替えを実施
  3. au ICカードを端末に差し込む
  4. 【Androidの場合】アクセスポイントの設定
  5. 【iPhoneの場合】APN構成プロファイルの削除
  6. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける

au ICカードが届いたら、まずは回線の切り替えを行っていきましょう。

povoの回線切り替え出典:povo

切り替えが済んだ後に、au ICカードを利用したい端末に差し込みます。

povo申し込み手順出典:povo

次にAndroid端末を利用する人は、アクセスポイントの設定をしていきましょう。(※iPhoneの方は設定する必要がありません。)

povoのアクセスポイント設定出典:povo

auで販売しているAndroidスマホの場合は設定済のものばかりですが、自動的に設定されない場合は、以下の情報を入力していく必要があります。

povoのAPN設定出典:povo

また、iPhoneを利用する予定の人の中で他社のプロファイルが設定されている場合は、以下のようにプロファイルの削除が必要です。

povoのAPN設定出典:povo

povoのAPN設定出典:povo

povoのAPN設定出典:povo

最後に発信テスト用番号(111/通話無料)へ電話をかけ、ガイダンスを最後まで聞くことができれば、無事申し込みが完了します。

povoのAPN設定出典:povo

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

この記事の目次に戻る↑

eSIMの場合

eSIMの場合は、主に以下の順番で手続きを進めていきます。

  1. 契約後、Webサイトまたは電話で、電話回線の切り替えを実施
  2. Eメールに届いたプロファイル用のURLにアクセス
  3. QRコードを読み取り
  4. 【Androidの場合】アクセスポイントの設定
  5. eSIMの切り替え
  6. 【iPhoneの場合】APN構成プロファイルの削除
  7. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける

契約が済んだ後は、電話回線の切り替えをしていきましょう。(※iPhoneの場合は、iOSを最新のものにバージョンアップしておきましょう。)

povoの回線切り替え出典:povo

電話回線の切り替えが済んだら、Eメールにて届いたプロファイル用のURLもしくは『povoの指定サイト』にアクセスします。

povo申し込み手順出典:povo

アクセスするとQRコードが表示されるので、端末内にてeSIMの切り替えをしていきましょう。

povo申し込み手順出典:povo

次にAndroid端末を利用する人は、アクセスポイントの設定をしていきましょう。(※iPhoneの場合は設定する必要がありません。)

povoのアクセスポイントの設定出典:povo

auで販売しているAndroidスマホの場合は設定済のものがほとんどですが、自動的に設定されない場合は、以下の情報を入力していく必要があります。

povo申し込み手順出典:povo

そしてpovo以外の回線契約を行っているなら、eSIMの切り替えをしていきます。

povoのアクセスポイントの設定出典:povo

また、iPhoneを利用する予定の人の中で他社のプロファイルが設定されている場合は、以下のようにプロファイルの削除が必要です。

出典:povo

出典:povo

出典:povo

最後に発信テスト用番号(111/通話無料)へ電話をかけ、ガイダンスを最後まで聞くことができれば、無事申し込みが完了です。

povo申し込み手順出典:povo

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

この記事の目次に戻る↑

次の章では、povoに乗り換えるべきタイミングについて解説していきます。

2. 各キャリア別|povoに乗り換えるべきタイミング

この章では、povoに乗り換えるべきタイミングについて解説していきます。

一般的には、端末が古くなったときや新しい端末が販売されたとき、利用端末の修理窓口の受付期間が終了したときに乗り換えることがほとんどです。

ただし、以下のように現在契約しているキャリアによって、理想的なタイミングが異なるので注意しましょう。

それでは、それぞれ理想的な乗り換え時期を見ていきましょう。

2-1. auから乗り換える場合

auからpovoに移行する場合、違約金や手数料がかからないので、povo契約前に乗り換えるのがベストタイミングです。

契約情報がそのままpovoに移行されるので、MNP転出手数料がなどはかかりません。

また、かえトクプログラムを利用しているのであれば、24カ月目以降に機種変更をするとよいでしょう。

かえトクプログラムとは?

出典:au

24回払いが必須条件としてありますが、24カ月目の支払い金が実質ゼロになるサービスなので、最終的には機種代金を安く抑えられます。

出典:au

もし25カ月目を過ぎて同じスマホ端末を利用したいとなっても、『24カ月目の支払い金』をさらに分割して支払うことで、継続して同じスマホや携帯を利用することが可能です。

出典:au

機種代金を安く抑えつつ、買い替えをするタイミングを自分で決めれるサービスなので、機種を新しく購入するときにはぜひ活用しましょう。

2-2. ソフトバンクから乗り換える場合

ソフトバンクから乗り換える場合、解約違約金がかからないタイミングで乗り換えるのがおすすめです。

ただし、ソフトバンクから乗り換える場合、プラン内容によって乗り換えるべきタイミングが異なるので注意しましょう

ソフトバンクのプランは、「基本プラン」「標準プラン」「通話基本プラン・スマ放題/スマ放題ライト」「ホワイトプラン」があり、それぞれで解約手数料が異なります。

プラン内容契約期間解約金
基本プラン契約期間なし
  • 不要
標準プラン契約期間なし
  • 1カ月目:10,450円
  • 2カ月目:7,975円
  • 3カ月目:5,500円
  • 4カ月目以降:不要
通話基本プラン・スマ放題/スマ放題ライト2年
  • 1〜23カ月目:10,450円
  • 24〜26カ月目:不要
  • 27カ月目以降:10,450円
2年(フリープラン)
  • 1〜23カ月目:10,450円
  • 24カ月目以降:不要
契約期間なし
  • 1カ月目:10,450円
  • 2カ月目:7,975円
  • 3カ月目:5,500円
  • 4カ月目以降:不要
ホワイトプラン2年
  • 1〜23カ月目:10,450円
  • 24〜26カ月目:不要
  • 27カ月目以降:10,450円

契約プランによっては契約解除料が不要な場合もあるので、どのプランに契約をしているかをソフトバンクにて確認してみましょう。

2-3. ドコモから乗り換える場合

ドコモから乗り換える場合、解約違約金がかからないタイミングで乗り換えるのがおすすめです。

ドコモは2年契約で自動更新となるため、2年ごとに訪れる更新月に乗り換えをすれば、解約時にかかる契約解除料を抑えられます。

出典:ドコモ

ただし、ドコモは月の途中で解約をした場合、日割り計算されずに1カ月分の月額料金が請求されます。

そのため、更新月の月末までドコモを利用し、月初めにpovoの乗り換えを済ませた方が最もお得に乗り換えできるでしょう。

2-4. 他の格安SIMから乗り換える場合

最近の格安SIMは契約解除をしても、解除料が発生しないものばかりなので、以下のタイミングで乗り換えるのがおすすめです。

  • 端末が古くなったタイミング
  • 新しい端末が発売されたタイミング
  • 利用端末の修理窓口の受付期間が終了したタイミング

さらに、格安SIMの中には最低利用期間を設けていない場合もあるので、契約して間もなくても乗り換えができます。

3. povoに乗り換えができない時の対処法

ここまで解説したpovoの乗り換え方法で手続きができない場合は、以下の3つの方法で対処を進めてみてください。

それでは、それぞれの対処法を詳しく見ていきましょう。

3-1. ブラウザアプリにて手続きを進める

povoに申し込む際には、スマホ端末やタブレット端末のブラウザアプリにて手続きを進めるようにしましょう。

ブラウザアプリとは、スマホ端末などでウェブサイトを閲覧するために使用するソフトウェアです。

例を挙げると、以下の通りとなります。

  • Chrome
  • safari
  • Google

ブラウザアプリは多彩な用途で使用できるので、povoの手続きもスムーズに進めることが可能です。

そのためAndroidでは『Chrome』、iPhoneなら『safari』『Chrome』などのブラウザアプリを利用して申し込むようにしましょう。

ただそれでも申し込みができないのであれば、以下の2つができない原因として考えられます。

  • アプリ内ブラウザを利用している
  • ウォッチナンバー回線を利用している

それぞれ詳しく見ていきましょう。

アプリ内で開くブラウザではpovoの契約はできない

アプリ内ブラウザとは、『Facebook』や『Twitter』といったアプリにて開くブラウザのことです。

アプリ内ブラウザでもネットを開くことでpovoの手続きを進めれますが、稀にボタンタップ等ができないという事態が起きます。

そうなると、途中でpovoの申し込みができないという事態になりかねません。

そのため、アプリ内ブラウザにてpovoの申し込みを進めるのは止めておきましょう。

ウォッチナンバーではエラーが発生する

ウォッチナンバーとは、Apple Watch単体で通話や通信ができるサービスです。

自身のiPhoneとApple Watchをペアリングすると、電話やメッセージのやり取り、音楽などを楽しめます。

ただしpovoはウォッチナンバーを『非対応』と発表しており、契約を進めようとしても途中でエラーが発生してしまうのです。

そのため、ウォッチナンバーではなく、ブラウザアプリにて申し込み手続きを進めましょう。

3-2. povoに移行できないプランを利用していないか確認する

povoに移行できないプランを利用している場合、申し込みを進めることはできません。

以下の料金プラン・割引サービスを選んでいる人は、povoに申し込みができないプランなので注意が必要です。

  • LTEプラン(V)
  • 2年契約(自動更新なし)

もし上記の料金プラン・割引サービスを利用している場合、povoの公式サイトにある『自動応答チャット』にて問い合わせをする必要があります。

問い合わせをすることで、今後のpovoへの手続き方法を伝えてくれるので、まずはチャットにて質問をしてみましょう。

契約プランの確認方法

現在の契約プランが分からない場合は、以下の手順にて確認できます。

  1. My au(ウェブ)」へログイン
  2. ご契約情報を確認
  3. 『料金プラン』の項目にて自身のプランを確認

povoに移行できないプランを契約していないか、事前に確認しておきましょう。

3-3. 解約・変更が必要なサービスを利用していないか確認する

auからpovoへ移行をする場合、事前に変更・廃止等が必要なサービスがあります。

以下のサービスを利用していると、povoに移行する際にエラーが発生するので注意しましょう。

  • ナンバーシェア
  • タブレットデータシェアプラン、タブレットプランds(3年契約)、タブレットプランds(2年契約)
  • スマホセット割(LTEフラット for Tab/LTEフラット for Tab ds等でご加入いただける割引サービス)
  • Qua Stationプラン ds、無線LAN STICKプラン ds
  • auスマートバリューmine

それぞれpovoでは利用できないサービスで、事前にプラン変更・廃止が必要です。

それぞれの変更・廃止手続き方法は、『auからpovoへの移行時のご注意』にてまとめているので、あてはまるサービスを利用している人はチェックしておきましょう。

4. povoのサービス内容とメリット・デメリット

ここではpovoのサービス内容と、メリット・デメリットをまとめていきます。

既にpovoについてのサービス内容やメリット・デメリットを理解している場合は、下記のリンクから次章をご確認ください。

5章 本当にpovoで大丈夫?申し込む前に確認したい5つのポイント

4-1. povoのサービス内容

出典:au

「povo(ポヴォ)」は、2021年3月に提供開始されたauの新プランです。

povoの魅力は以下の通りです。

  • 月額料金2,728円と大手キャリアの中でも安い
  • 月20GBの大容量のデータ通信が可能
  • トッピングにより自分の好きなようにプランをカスタムできる
  • eSIM対応
  • 高品質な通信速度

以上のように、従来のauの料金プランよりもお得なサービスです

特に、利用スタイルに合わせて自由にプランをカスタマイズできる「トッピング」は、従来のキャリアサービスには無い非常にお得なサービスとなっています。

それでは、以下でpovoのそれぞれの魅力について詳しく解説します。

povoは月額2,728円

まず誰もが驚く内容だと思うのですが、とてもシンプルに料金プランは1つのみで、条件無しの2,728円で利用することができます。

出典:au

「携帯料金を安くする」といえば格安SIMや「Y!mobile」や「UQモバイル」などのサブブランド系のキャリア回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、それらと比べても2,000円以上安く、大手キャリアのauからこのプランが出たことは驚きです。

順位サービス実質月額料金(円/月)
1povo(ポヴォ)
(20GB)
2,728円
2UQモバイル くりこしプランL
(25GB)
3,828円
3Y!mobile シンプルL
(20GB)
4,158円

データ通信は20GB

出典:KDDI

従来のauでは、データ通信量に制限のない「データMAX 4G LTE」プランと、「データMAX 5G」プランがありました。

正直無制限でなくても良いな」と思っていた場合には、無駄がなく、特にぴったりのプランと言えます。

プラン名データ容量月額料金5分通話オプション
povo(ポヴォ)20GBまで2,728円550円/月
データMAX 4G LTE無制限8,228円880円/月
データ MAX 5G無制限9,328円880円/月
 

20GBでできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

なお、20GBを超えると送受信時最大1Mbpsになりますが、この速度はyoutubeが標準画質で視聴できるレベルなのであまり心配はないでしょう。

追加でデータ通信容量を増やしたい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

トッピングにより自分の好きなようにプランをカスタムできる

トッピングとは、利用スタイルに合わせて自由にプランをカスタマイズできる、従来には無い非常にお得なサービスです。

au 新プラン トッピング出典:KDDI

2021年1月13日のpovoの発表と共に、以下の4つのトッピングが現在発表されています。

  • 24時間データ使い放題:220円/24時間
  • データ1GB追加:550円/1GB
  • 5分以内かけ放題:550円/月
  • 通話かけ放題:1,650円/月

それぞれのトッピングの基本情報と有効活用方法について以下で詳しく解説します。

24時間データ使い放題

「24時間データ使い放題」を利用することで24時間の間いくらデータを利用しても、プランのデータ容量には加算されません。

そのため、以下のような場合に利用することで非常にお得です。

  • 休日なのでNETFLIXなどのVODサービスを1日中観たい
  • 外出先でテザリングを1日中使い放題にしたい

このように、データ容量をたくさん利用したい日がある場合には非常にお得なトッピングです。

トッピング名24時間データ使い放題
料金220円/24時間
データ1GB追加

「データ1GB追加」は、550円でデータ容量を1GB追加できるトッピングです。

そのため、月末に通信制限となってしまった場合などに利用するのがおすすめです。

トッピング名データ1GB追加
料金550円/1GB
5分以内かけ放題

「5分間かけ放題」は、月額550円で5分以内の通話がかけ放題となるトッピングです。

主要キャリアであるドコモ・ソフトバンクの新プランとは違い、povoでは通常プランに5分以内のかけ放題がついていません。

そのため、もし通話を頻繁に利用する場合には「5分以内かけ放題」か次に解説する「通話かけ放題」をトッピングするようにしましょう。

トッピング名5分以内かけ放題
料金550円/月

上記の通り、「5分以内かけ放題」は月額550円なので、当トッピングをつける場合には合計で月額3,278円かかることになります。

この場合、5分以内通話が通常からついているドコモ・ソフトンバンクの新プランと同じ価格です。

そのため、povoでは通話をするか否かを月ごとに選択できるという魅力があります。

通話かけ放題

「通話かけ放題」は、月額1,650円でかけ放題を利用できるトッピングです。

そのため、通話をメインで利用する場合に利用すべきトッピングと言えます。

トッピング名通話かけ放題
料金1,650円/月

eSIM対応

今回のサービスはeSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホにSIMカードを挿入しなくても、既にスマホに組み込まれているチップを使って電話回線やネット回線に接続できるSIMです。

eSIMを利用すれば、1台のスマホで物理SIMとeSIMを両方使うデュアルSIMの使い方ができたり、SIMが郵送されるのを待つ必要はありません。

また、eSIMは物理SIMでないため、海外へ頻繁に行かれる方はその国の通信を即時に使うことができます。

高品質な通信回線

au povo出典:KDDI

最後の特徴としては、やはり「MNO」であることでしょう。

MNOとは、「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」と訳され、大手キャリアのドコモ・softbank・auなど、自社で回線網を有して事業を展開していることを指します。

「MVNO」と呼ばれる格安SIM回線と比べて速度が速く、高品質であることが特徴です

公式サイト

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーンの条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

4-2. povoのメリット・デメリット

povoのメリット・デメリットですが、実際に「172人の口コミ・評判」を徹底的に調査した結果、以下のメリット・デメリットがあることが分かっています。

<メリット>

  • 19Mbps~137Mbps程度が出て安定して速い
  • 通信制限時も1Mbpsの速度で利用できる
  • 既存のauプランより料金が安い
  • 電話利用を選択制にしたことで、電話が必要ない人でも利用できる
  • 『データ使い放題24時間』を使えば、データ通信速度に不満は出ない
  • プランが1つだけなので分かりやすい
  • 契約手続きが5分とかからずスムーズ
  • 『かえトクプログラム』と『アップグレードプログラム』は、povoに移行後も継続して利用可能

<デメリット>

  • 大手キャリアの通信速度に慣れていると、遅く感じてしまう
  • オンラインサポートは自動チャットのみ
  • ネットワークが混雑すると、通信速度制限が入ることがある
  • 『アップグレードプログラム』からpovoを利用する際には手続きがややこしい
  • キャリアメールが使えない

もしこれから申し込みを進めるなら、メリット・デメリットを理解してから手続きを進めるのがおすすめです。

次の項目では、本当にpovoで大丈夫なのかどうか、確認しておきたい5つのポイントを紹介していきます。

5. 本当にpovoで大丈夫?申し込む前に確認したい5つのポイント

この章では、povoが本当に最適な格安SIMなのかを判断するために、事前に確認すべき5つのポイントを解説していきます。

結論、前章でまとめたpovoのメリット・デメリットを踏まえた結果、以下の5つのポイントのいずれかにあてはまる人はpovoがおすすめです。

  1. 大手キャリアの安定した通信速度でスマホを使いたい
  2. 20GBの大容量に加えて、大手キャリアの中でも特に一番安いプランを選びたい人
  3. auにこだわりがあり、従来のauプランより安く済ませたい人
  4. 『24時間データ使い放題』のオプション機能を使って、好きな時にネットを思いっきり楽しみたい人
  5. 『かえトクプログラム』や『アップグレードプログラム』を活用予定の人・すでに活用している人

上記に該当した場合は、 「povo公式サイト」にて申し込みを進めましょう。

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

もし上記に当てはまらない場合は、その他のスマホ回線を選ぶのが得策です。

なぜなら、現在20社以上もあるスマホ回線(格安SIMなど)の中には、povo並みの月額料金で、povo以上の通信速度が出るサービスがあるからです。

例えば、優良なスマホ回線(格安SIMなど)には下記のようなものがあります。

  • ahamo(ドコモ)
  • LINEMO(ソフトバンク)
  • b-mobile
  • 日本通信SIM
  • IIJmio 等々

下記の記事では20社以上もあるサービスを、格安SIMの選び方からあなたが選ぶべき格安SIMまで紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

【2021年9月版】格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

6. povoから他社へ乗り換える方法

povoを利用しており、他社への乗り換えを希望している場合は、以下の流れで手続きを進めることが可能です。

  1. povo公式サイト」にアクセス
  2. 「解約・他社へのMNP」を開き、注意事項を確認
  3. 「povoから他社へMNPする場合」をクリックし、MNP予約番号の発行
  4. 移転先の会社にMNP予約番号を申告

MNP発行手数料は無料で、解約の手続きを行う必要もありません。

ただし、MNP・解約月の利用料金は日割り計算にならないので、乗り換えるタイミングには注意する必要があります。

ちなみに、povoからau、もしくはUQモバイルに乗り換える場合、乗り換え手続きを行うだけでMNP予約番号の発行は必要ありません。

7. よくある質問

この章では、povoの乗り換えにおいてよくある質問にお答えします。

  1. povoに乗り換えした月の月額料金は日割り計算される?
  2. auでもpovoに乗り換えは可能?
  3. auから乗り換える場合に「2年契約N/2年契約」の解約違約金は必要?

それでは、それぞれ詳細を見ていきましょう。

Q1. povoに乗り換えした月の月額料金は日割り計算される?

povoに乗り換えた時の月額料金は、開通日から月末の料金が日割りされます。

ただし、月の途中で他社へ乗り換えをした場合や回線自体を解約した場合、月額料金は日割り計算されないので注意しましょう。

Q2. auショップでもpovoに乗り換えは可能?

povoはオンラインでの契約のみ受け付けており、auショップでの乗り換えはできません。

もし乗り換えと同時に機種変更も検討しているなら、auショップにて機種変更を済ませておき、オンラインで乗り換え手続きを済ませる方法がおすすめです。

Q3. auから乗り換える場合に「2年契約N/2年契約」の解約違約金は必要?

auにて「2年契約N/2年契約」を契約している状態でpovoへ乗り換えをした際に、解約違約金などの手数料は発生しません。

当面は、契約手数料を一度請求されますが、翌月以降の利用料金から割引されます。

また、基本的に「povo」「au」「UQモバイル」間での違約金は発生しません。

まとめ

povoの乗り換えについて解説してきましたが、いかがでしたか?

この記事のまとめとして、povoの乗り換えをされる場合、以下の順番で手続きを進めれば簡単にできます。

また、以下にpovoがおすすめな人をまとめました。

povoがおすすめな人
  • 大手キャリアの安定した通信速度でスマホを使いたい
  • 20GBの大容量に加えて、大手キャリアの中でも特に一番安いプランを選びたい人
  • auにこだわりがあり、従来のauプランより安く済ませたい人
  • 『24時間データ使い放題』のオプション機能を使って、好きな時にネットを思いっきり楽しみたい人
  • 『かえトクプログラム』や『アップグレードプログラム』を活用予定の人・すでに活用している人

povo公式

povo公式サイト
https://povo.au.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

もし上記に当てはまらない場合は、その他のスマホ回線を選ぶのが得策です。

なぜなら、現在20社以上もあるスマホ回線(格安SIMなど)の中には、povo並みの月額料金で、povo以上の通信速度が出るサービスがあるからです。

例えば、優良なスマホ回線(格安SIMなど)には下記のようなものがあります。

  • ahamo(ドコモ)
  • LINEMO(ソフトバンク)
  • b-mobile
  • 日本通信SIM
  • IIJmio 等々

下記の記事では20社以上もあるサービスを、格安SIMの選び方からあなたが選ぶべき格安SIMまで紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

参考記事:格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

このページを参考に、povoに乗り換えができることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る