契約前に必読!格安SIMでタブレットを失敗せず使う全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「格安SIMはタブレットで使えるの?」「タブレットをお得に使えるのはどの格安SIM?」など、格安SIMでタブレットをお得に使いたいと考えていませんか?

格安SIMでタブレットを使えば大手キャリアで使うよりも5,000円程度毎月の料金を削減できますが、きちんと使うための注意点もたくさんあります。

このページではもともと家電量販店で販売員をしていた筆者が格安SIMをタブレットで使う前に知っておくべき全てのことを以下の流れで紹介していきます。

  1. タブレットは格安SIMでの運用がおすすめ!
  2. 格安SIMでタブレットを使うための3つの条件
  3. タブレットを使える格安SIMの選び方
  4. タブレットを使えるおすすめの格安SIM6選!
  5. タブレットは自分で用意したい人におすすめのタブレット4選
  6. SIMロック解除の全手順
  7. 主要格安SIM|最新速度計測結果のまとめ

このページを読めば、契約後に「失敗した…」と感じる可能性をぐっと引き下げられます。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. タブレットは格安SIMでの運用がおすすめ!

タブレットをドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアで運用している方も多いかと思いますが、格安SIMに切り替えることは簡単にできますし、乗り換えた方がお得です。

また、Wi-Fiのあるところだけで使っている方も、格安SIMにすれば費用を抑えつつ、外出先でもタブレットを使えるようになります。

1-1. 格安SIM最大のメリットは料金

タブレットは格安SIMで使うことで毎月の料金を大きく削ることができます。

たとえば、5GBのプランを使うとすると、ドコモだと毎月6,000円前後かかりますが、格安SIMに切り替えることで月々1,000円を切る価格で利用することができます。

大手キャリアは端末の割引を行っていますが、ドコモの場合割引は月に2,000円程度なので、それを考えても格安SIMの方がお得です。

1-2. 最も気をつけるべき注意点は「速度」

格安SIMで最も後悔しやすいポイントが速度で、格安SIMに切り替えたことで速度が遅くなる可能性は非常に高いです。

ただし、「速度」に関しては大手キャリアと変わらないものから、遅くて使い物にならないものまであり、差が出やすいです。

格安SIMは安いが速度が遅い

格安SIMの速度が遅い理由・差がつく理由

理由を簡単にいうと、格安SIMの各社がドコモやauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているからです。

通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

格安SIMの通信速度が遅い理由

格安SIM業社は自分では設備を持たず、大手キャリアから一部だけ借りています。

そのため速度は大手キャリアには劣りますが、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

格安SIMの会社によって、借りている設備の回線容量や顧客数が変わるので速度に差が出るのです。

実際後悔したという声も多数

Twitterを見ると、下記のように「格安SIM遅い..」という声が多数ありました。

そのため、後悔しないためにも、タブレット用の格安SIMを選ぶときは、速度と料金をあわせて選ぶようにしましょう。

このページでは、あなたの使い方に合わせて以下のように選ぶことをおすすめしています。

格安SIMランキング

音声通話SIMとデータ専用SIMの使いたいデータ容量によって、おすすめする格安SIMが異なります。

上記のフローチャートをニーズ別にランキングをつけると、下記の通りとなりました。

音声付きSIM

低容量編(3GB以下)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:楽天モバイル|月3GBまで月額1,078円、月1GBまではなんと0円
  • 2位:LINEMO(ミニプラン)|月額990円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン

大容量編(4GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン
  • 2位:LINEMO|月額2,728円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:楽天モバイル|専用アプリで通話料無料、月1GBまではなんと0円
データ専用SIM

低容量編(6GB以下)|格安SIM総合ランキング

大容量編(7GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:イオンモバイル|7GB以上のプランでは業界トップクラスの安い格安SIM
  • 2位:IIJmio|20GBが月額1,958円とデータ専用SIMの業界最安クラス
  • 3位:mineo|新プランの登場により業界最安クラスに

ただし、タブレットの機種と利用予定の格安SIMによっては、そもそも格安SIMが使えないケースもあるので、次の章で解説していきます。

2. 格安SIMでタブレットを使うための3つの条件

格安SIMに変えるメリットは絶大ですが、すべてのタブレットで格安SIMを使えるわけではありません。下記の条件に合致した時だけが格安SIMを使うことができます。

“格安SIMでもタブレットをすぐに使える3つの条件”

  • 持っているタブレットが「Wi-Fiモデル」ではなく「LTEモデル」
  • タブレットがSIMフリーであるか、格安SIMの回線が今と同じ
  • 格安SIMで動作保証のされているモデル

これからタブレットを購入する人はこれらのポイントに気をつけて購入するようにしましょう。

iPadを使いたい方は特に注意!

iPadの場合、これらのハードルが非常に高いです。

落とし穴満載!格安SIMをiPadで使う前に知るべき全注意点」にiPadを使いたい方に向けた注意点を全て紹介しているのでiPadを使いたい方はチェックしましょう。

条件1. 持っているタブレットが「Wi-Fiモデル」ではなく「LTEモデル」

タブレットを大手スマホキャリア以外で購入した方は注意して欲しいのですが、お持ちのタブレットがLTEモデル、3Gモデル、セルラーモデルなどのSIMを入れるタイプでないと格安SIMでは使えません。

  • Wi-Fiモデル・・・・Wi-Fiのあるところでしか使えない
  • LTEモデル、3Gモデル、セルラーモデル・・・SIMを差し込めば電波を拾える

基本的にWi-Fiモデルの方が安いのですが、Wi-FiモデルだとそもそもタブレットにSIMカードを差し込む入り口がありません。

Wi-Fiモデルの場合は格安SIMを使うことができないので、新しいタブレットを用意することになります。

条件2. 格安SIMの回線が今と同じ、もしくはタブレットがSIMフリー

これは大手キャリアでタブレットを契約した場合、購入したタブレットには基本的にSIMロックと呼ばれる鍵がかかっています。

SIMロックとは特定のキャリアの回線しか使えなくするもので、例えば下記のようにドコモで買ったタブレットはドコモの回線でしか使えないようになっています。

SIMロックとは

しかし、格安SIMは大手の回線を借りて私たちに電波を提供しているので、この例だとドコモから回線を借りている格安SIMであれば、ドコモで買ったタブレットをそのまま使える可能性が高いです。

そのため、格安SIMがどのキャリアの回線を使っているかをしっかり見ていく必要があります。

その他「SIMフリー」のタブレットなら万能!

Apple Storeなどで買える「SIMフリー」と呼ばれるタブレットならどの回線の格安SIMでも基本的にそのまま使うことができます。

SIMフリーとは

格安SIM選びに面倒な手間がないので、これから格安SIMを入れるタブレットを買うという方はSIMフリーのタブレットがおすすめです。

※ページの後半でおすすめのタブレットを紹介します。

SIMロックを解除してSIMフリータブレットにできる!

SIMロックは少し手を加えれば解除することも可能です。

SIMロックの解除

上記のようにSIMロックを解除することであなたのタブレットがSIMフリーになるので、他社の格安SIMを使うことができます。

SIMロックを解除したい場合は「6. SIMロック解除の全手順」を参考にSIMロックを解除しましょう。

条件3. 格安SIMで動作確認のされているタブレット

タブレットには、格安SIM会社ごとに動作確認がされているもの、されていないものがあります。

このページではおすすめの格安SIMを紹介していきますが、動作確認済み端末一覧のURLも紹介していくのでチェックの上、お持ちのタブレットが動作確認をしているか確かめましょう。

あくまでもキャリアが確認したかどうかの話なので動作確認がされていなくても、ここまでの2つの条件が満たされていれば理論上は使える可能性が高いです。

3. タブレットを使える格安SIMの選び方

タブレットを格安SIMで使いたい場合は、基本的に以下の流れで選んでいくことがおすすめです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

実際に速度が出るものを選ぶ

格安SMの選び方で最も重要なことは、実際に速度が出るものを選ぶことです。

例えば、ビッグローブモバイルの最高速度は「下り958Mbps、上り112Mbps」と書かれています。
※タイプA(au回線)、タイプD(docomo回線)

出典:ビッグローブモバイル

しかし、この最高速度は理論的な最高速度で、これが出ることはほぼなく、1/100、1/1000の速度しか出ないこともザラにあるため、正直あてにならないです。

実際の速度(実質速度)を知らずに格安SIMを選んで失敗しないためにも、速度は理論値で比較するのではなく、実質速度で比較しましょう。

ただ、一般の方で全格安SIMサービスの速度計測を行うのは難しいと思います。

そこで今回、筆者が25社の格安SIMを契約し、実際に計測を行いました。

そもそもなぜ格安SIMって遅いの?

格安SIMの各社がドコモやauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りているからです。

そのため、格安SIMは、朝の通勤時、お昼休みの時間、夜の帰宅時など多くの方が携帯電話を利用する時間帯は通信速度が低下する場合が多いです。

通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

格安SIMの通信速度が遅い理由

上記のように、速度は大手キャリアには劣りますが、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

ただし、格安SIMの会社によっては、借りている設備の回線容量や顧客数が変わり速度に差が出るので、中には大手キャリアに引けを取らない通信速度を誇る格安SIMもあります。

① 速度計測方法

一般的に、格安SIMの測定でよく使われるのが「速度測定アプリ」では、アップロードやダウンロードの速度を出してくれますが、正直あまりあてにならないです。

格安SIM 速度測定

よくある速度計測アプリの落とし穴

通信事業者によっては上記のような速度計測アプリで測られているときだけ、速度を速くするものが存在します。

それにより、見せかけのダウンロードスピードは速いのに、実際に動画などをダウンロードすると全く動かないという可能性あります。

多くのメディアがこの速度だけで評価をしていますが、実際使うと速くない..という事態に陥る可能性があります。

騙されないために「動画再生速度」「Webページ読み込み速度」まで測定できるアプリを使う!

上記のような業者の嘘の速度に騙されないように、実際に動画をダウンロードしたり、Webページの読み込みの速度を考慮して速度を出すことが重要です。

ここで私が着目したのが、外国のアプリである「5GMARK」です。

格安SIM速度測定 4GMARK

上記のように、一般的な計測アプリの数値だけでなく、YouTubeやFacebookなどの読み込み時間も考慮して速度を点数化しているので、ここで高得点の回線は実際に使ってみても快適なケースがほとんどでした。

そのため、ここではこの総合ポイントが高い格安SIMを紹介していきます。

実際に25社の格安SIMを速度計測してみた

実際に25社の格安SIMを用意し、「5GMARK」を使ってどこが一番速いか測ってみました。(随時数を追加していきます)

格安SIMのパッケージ一覧

なお、計測は最も回線が混みやすい下記の3つの時間帯で行いました。

<時間帯>

  • 平日朝8~10時:通勤中の会社員・学生が使うので回線が混みやすい
  • 平日昼12~13時:お昼休みでみんなが使うので回線が混みやすい
  • 平日夕方18~19時:帰宅中の会社員・学生が使うので混みやすい

<エリア>

  • 東京都港区:人口の多い都心部や規模の大きな駅周辺等は混みやすい

このように、本当の速度を把握するため、あえて回線が混みやすい環境で測定しました。

測定結果は、上記3つの時間帯のスコアを合計し、グラフ化しました。

なお、大手キャリアの新プランはまだ未提供のため、現在の大手キャリア回線で調査した結果となります。

それでは、続いて格安SIM選びの2つ目のポイントである「月額料金」を見ていきましょう。

月額料金がお得なものを選ぶ

次に各社の格安SIMの月額料金を比較していきます。

全格安SIM事業者25社の全47プランを「音声付きSIM」と「データ専用SIM」で徹底調査しました。

音声付きSIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

※下記の料金に加えて、機種代金が別途必要となる場合があります。
-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM使える回線使いたい容量
100MB200MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB25GB30GB40GB50GB60GB150GB無制限
楽天モバイル楽天0000107810782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,278
ahamoドコモ2,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,9702,970
OCNモバイルONEドコモ7707707707709909901,3201,3201,3201,7601,7601,7601,760
mineoドコモ/au/SB1,2981,2981,2981,2981,5181,5181,5181,5181,9581,9581,9581,9581,9582,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
BIGLOBE モバイルドコモ/au1,0781,0781,0781,0781,3201,3201,8701,8701,870
IIJmioドコモ/au8588588588588581,0781,0781,5181,5181,5181,5181,8481,8481,8481,8481,8481,8481,8482,0682,0682,0682,0682,068
日本通信SIM_合理的20GBドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
日本通信SIM_合理的かけほドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
日本通信SIM_合理的みんなのプランドコモ1,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,3901,390
b-mobileドコモ/au/SB1,0891,0891,0891,0891,3091,5291,7491,9692,1892,4092,6292,8493,0693,2893,5093,7293,9494,1694,3894,6094,8295,0495,269
y.u モバイルドコモ1,6391,6391,6391,6391,6391,6391,6391,6394,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,378
エキサイトモバイル_最適料金ドコモ1,4631,4631,4631,4961,6171,7382,0352,3652,5302,8603,1023,1903,388
エキサイトモバイル_定額ドコモ1,5071,5071,5071,5071,6171,7602,0573,2453,2453,2453,2453,2455,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6635,6637,3487,3489,54811,968
エキサイトモバイル_Fitドコモ8808808808808808801,4301,4301,4301,4301,9801,9801,9801,9801,9802,7502,7502,7502,7502,7503,2453,2453,2453,245   
エキサイトモバイル_Flatドコモ1,2101,2101,2101,2101,2101,2101,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6501,6502,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0682,0682,9704,4007,70011,198
イオンモバイルドコモ/au1,0231,0231,0231,0781,1881,2981,4081,5181,6281,7381,8481,9582,0682,1782,1782,2882,2882,3982,3982,3982,3982,3982,3984,3784,3785,4786,578
DTI SIMドコモ1,3201,3201,3201,3201,6391,6392,1122,1123,0803,0803,0803,0803,080
NifMoドコモ1,7601,7601,7601,7601,7601,7602,5302,5302,5302,5303,8503,8503,8503,8503,8503,8504,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7304,7306,0506,050
QTモバイル(Dタイプ)ドコモ1,1001,1001,1001,1001,1001,5401,7601,7601,7601,9801,9801,9801,9802,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2002,2003,3003,300
QTモバイル(Aタイプ)au1,5951,5951,5951,5951,7051,7052,4752,4752,4753,5753,5753,5753,5755,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3905,3907,5907,590
QTモバイル(Sタイプ)SB1,8701,8701,8701,8701,9801,9802,7502,7502,7503,8503,8503,8503,8505,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6105,6107,8107,810
nuro mobileドコモ/au/SB7927927927927927929909901,4851,4851,485
スマモバドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,8382,8382,8383,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,8283,828
ロケットモバイル(Dタイプ)ドコモ1,3751,3751,3751,3751,4301,5401,9801,9802,6402,6405,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,1375,137
ロケットモバイル(Aタイプ)au1,3751,3751,3751,3751,5401,5401,9801,9802,6402,6405,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,0385,038
ロケットモバイル(Sタイプ)SB1,7381,7381,7381,7385,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,4675,467
HISモバイル_格安ステップドコモ5905905905907907901,1901,1901,4901,4901,7901,7901,7902,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安弐拾ドコモ2,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,1782,178
HISモバイル_格安かけ放題ドコモ2,7282,7282,7282,7282,7282,728
LIBMOドコモ1,0781,0781,0781,0781,5181,5181,5181,5181,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9912,7282,728
povo
(利用可能期間)
au390390390390
(7日間)
780990
(30日間)
2,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,7002,700
(30日間)
6,4906,4906,4906,4906,490
(90日間)
12,980
(180日間)
UQ-mobileau1,6281,6281,6281,6281,6281,6282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7283,8283,8283,8283,8283,8283,828
J:COMモバイルau1,0781,0781,0781,0781,6281,6281,6281,6282,1782,1782,1782,1782,1782,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,728
LINEMOSB2,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,7282,728
LINEMO_ミニプランSB990990990990990990
Y!mobileSB2,1782,1782,1782,1782,1782,1783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2783,2784,1584,1584,1584,1584,1584,158 

データ専用SIM

各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

なお、楽天モバイルやY!mobileなどデータ専用SIMの扱いが無いサービスは、掲載していません。

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM使える回線使いたい容量
100MB200MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB11GB12GB13GB14GB15GB16GB17GB18GB19GB20GB25GB30GB40GB50GB無制限
OCNモバイルONEドコモ8588588588588588581,1181,1181,1181,6281,6281,6281,628
mineoドコモ/au/SB8808808808801,2651,2651,2651,2651,7051,7051,7051,7051,7051,9251,9251,9251,9251,9251,9251,9251,9251,9251,925
BIGLOBE モバイルドコモ/au9909909909909909901,5951,5951,5952,9702,9702,9702,9702,9702,9704,9504,9504,9504,9504,9504,9504,9504,9507,4257,425
IIJmioドコモ/au7487487487487489689681,4081,4081,4081,4081,7381,7381,7381,7381,7381,7381,7381,7381,9581,9581,9581,958
b-mobileドコモ/au/SB2095285285289359351,5951,5951,5952,4092,4092,4092,4093,6083,6083,6083,6083,608
y.u モバイルドコモ9909909909909909903,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,6083,608
エキサイトモバイル_最適料金ドコモ6936936937268479681,2651,5951,7602,0902,3322,4202,618
エキサイトモバイル_定額ドコモ7377377377378479901,2872,4752,4752,4752,4752,4754,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3784,3786,5786,5788,77811,198
エキサイトモバイル_Fitドコモ7707707707707707701,3201,3201,3201,3201,8701,8701,8701,8701,8702,6402,6402,6402,6402,6403,1353,1353,1353,135
エキサイトモバイル_Flatドコモ1,1001,1001,1001,1001,1001,1001,5401,5401,5401,5401,5401,5401,5401,5401,5401,9581,9581,9581,9581,9581,9581,9581,9582,8604,2907,59011,088
イオンモバイルドコモ5285285285287488589681,0781,1881,2981,4081,5181,6281,7381,7381,8481,8481,9581,9581,9581,9581,9581,9583,9383,9385,0386,138
DTI SIMドコモ/au6606606606609249241,3421,3422,3102,3102,3102,3102,310
NifMoドコモ9909909909909909901,7601,7601,7601,7603,0803,0803,0803,0803,0803,0803,9603,9603,9603,9603,9603,9603,9603,9603,9605,2805,280
QTモバイル(Dタイプ)ドコモ7707707707707709901,4301,430
1,4301,6501,6501,6501,6501,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8701,8702,9702,970
QTモバイル(Aタイプ)au8808808808809909901,7051,7051,7052,8052,8052,8052,8054,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6206,8206,820
QTモバイル(Sタイプ)SB8808808808809909901,7051,7051,7052,8052,8052,8052,8054,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6204,6206,8206,820
nuro mobileドコモ/au/SB6276276276276276278258251,3201,3201,320
ロケットモバイル(Dタイプ)ドコモ6496496496497599241,3201,3202,0352,0354,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,345
ロケットモバイル(Aタイプ)au6496496496499249241,3201,3201,9471,9474,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,3454,345
ロケットモバイル(Sタイプ)SB8698698698694,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,5104,510
HISモバイル_ビタッ!ドコモ/SB1987707707707701,3201,3201,3202,3102,3102,3102,3102,3103,3003,3003,3003,3003,300
LIBMOドコモ7487487487481,2651,2651,2651,2651,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9911,9912,7282,728

次の章からそれぞれを解説していきます。

4. タブレットを使えるおすすめの格安SIM6選!

ここからは、前章の「実質速度」と「月額料金」を点数化し、音声付きSIMとデータ専用SIMのランキングを発表します。

なお、音声付きSIMは3GB以下と4GB以上、データ専用SIMは6GB以下と7GB以上で点数のランキングが変わったため、それぞれでランキングを掲載します。

<音声付き格安SIMランキング>

<データ専用格安SIMランキング>

「とにかくおすすめの格安SIMを教えてほしい!」といった場合は、下記のフローチャートに沿って申し込みましょう。

格安SIMフローチャート

-スマホの方はスクロールできます-

格安SIM公式ページ
楽天モバイルhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/
日本通信SIMhttps://www.nihontsushin.com/
nuroモバイルhttps://mobile.nuro.jp/
イオンモバイルhttps://aeonmobile.jp/
LINEMOhttps://www.linemo.jp/
ahamohttps://www.ahamo.com/

それでは、ランキングを詳しく見ていきましょう。

3GB以下の音声付き格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「楽天モバイル」となりました。

1GBまで0円で使える点と、専用アプリで通話料が無料になる点で、ランキング1位となりました。

-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(3GB以下の平均価格)
1位

楽天モバイル

18.0点
(専用アプリで通話料無料)
7.6点
(25Mbps/7Mbps)
10.4点
(719円&通話料無料)
2位

b-mobile

17.7点9.1点
(45Mbps/14Mbps)
8.6点
(1,309円)
3位ocnモバイルone
OCNモバイルONE
16.9点7.7点
(30Mbps/8Mbps)
9.2
(917円)
4位

日本通信SIM
(合理的20GBプラン)

16.4点9.1点
(45Mbps/14Mbps)
7.3
(2,178円)
5位nuro mobile16.4点7.0点
(14Mbps/9Mbps)
9.4点
(792円)
6位IIJmio16.3点7.1点
(13Mbps/10Mbps)
9.2点
(931円)
7位

イオンモバイル

16.2点7.4点
(19Mbps/7Mbps)
8.8点
(1,188円)
8位y.u モバイル16.1点7.9点
(30Mbps/11Mbps)
8.2点
(1,639円)
9位

povo

16.0点9.5点
(54Mbps/19Mbps)
6.5点
(2,728円)
10位

エキサイトモバイル
(Fitプラン)

16.0点6.7点
(19Mbps/7Mbps)
9.3
(1,210円)

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

公式サイトで確認するのが面倒な場合は、サービス詳細をまとめているので参考にしてください。

4GB以上の音声付き格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「日本通信SIM」となりました。

大手キャリアの回線に引けを取らない速度で、20GBで月額2,178円で利用できることが大きな理由です。

※下記の表の上位3位のリンクをクリックすると、各格安SIMサービスの詳細を確認することができます。

-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(4GB以上の平均価格)
1位

日本通信SIM
(合理的20GBプラン)

17.9点9.1点
(45Mbps/14Mbps)
8.8点
(2,178円)
2位

povo

17.8点9.5点
(54Mbps/19Mbps)
8.3点
(2,728円)
3位


LINEMO

17.6点9.3点
(53Mbps/19Mbps)
8.3点
(2,728円)
4位

ahamo

17.5点9.4点
(54Mbps/20Mbps)
8.1点
(2,970円)
5位b-mobile17.0点9.1点
(45Mbps/14Mbps)
7.9点
(3,540円)
6位OCNモバイルONE16.5点7.7点
(30Mbps/8Mbps)
8.8
(1,973円)
7位nuro mobile16.4点7.0点
(14Mbps/9Mbps)
9.4点
(1,287円)
8位

イオンモバイル

16.3点7.4点
(19Mbps/7Mbps)
8.9点
(2,087円)
9位

楽天モバイル

16.2点7.6点
(25Mbps/7Mbps)
8.6点
(2,396円)
10位IIJmio16.2点7.1点
(13Mbps/10Mbps)
9.1点
(1,826円)

なお、海外旅行に年に1回以上行く場合は、海外でもネットができる「国際ローミング」が無料で利用できるサービスにしましょう。

例えば、上記の日本通信SIM(月額2,178円)と、国際ローミングが無料なLINEMO(月額2,728円)は差額が550円(年6,600円)です。

一般的に国際ローミングの料金が1日約1,500円程度なので、1回の海外旅行(例:3泊4日)で1,500円×4日間=6,000円ともとが取れる計算です。

国際ローミングが無料でランキング上位のサービスは下記の2つです。

クリックするとサービスの詳しい情報を確認できます。

なお、上位格安SIMについては、下記のリンクをクリックすると、サービスの詳細を確認することができます。

公式サイトで確認するのが面倒な場合は、サービス詳細をまとめているので参考にしてください。

6GB以下のデータ専用格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「nuroモバイル」となりました。

通信速度も問題なく、3GBで月額627円で利用できることが大きな理由です。

-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(6GB以下の平均価格)
1位nuroモバイル
nuro mobile
17.0点8.5点
(14Mbps/9Mbps)
8.5点
(809円)
2位

イオンモバイル

16.4点8.6点
(19Mbps/7Mbps)
7.8点
(895円)
3位

b-mobile

15.8点9.1点
(45Mbps/14Mbps)
6.7点
(1,197円)
4位

エキサイトモバイル
(Fitプラン)

15.7点8.4点
(19Mbps/7Mbps)
7.3
(1,045円)
5位OCNモバイルONE15.5点8.7点
(30Mbps/8Mbps)
6.8点
(1,023円)
6位IIJmio15.5点8.5点
(13Mbps/10Mbps)
7.0点
(1,041円)
7位ロケットモバイル15.5点8.5点
(16Mbps/11Mbps)
7.0点
(1,168円)
8位DTI SIM15.1点8.6点
(23Mbps/8Mbps)
6.5点
(1,250円)
9位エキサイトモバイル
(最適料金プラン)
14.9点8.4点
(19Mbps/7Mbps)
6.5点
(1,194円)
10位

エキサイトモバイル
(定額プラン)

14.3点8.4点
(19Mbps/7Mbps)
5.9点
(1,469円)

7GB以上のデータ専用格安SIMランキング

ランキング結果は1位が「イオンモバイル」となりました。

2021年3月に新料金が発表され、業界内でも最安クラスとなっています。

-スマホの方はスクロールできます-

順位格安SIM総合ポイント速度
(下り/上りの平均速度)
価格
(7GB以上の平均価格)
1位

イオンモバイル

16.9点8.6点
(19Mbps/7Mbps)
8.3点
(1,769円)
2位

IIJmio

16.8点8.5点
(13Mbps/10Mbps)
8.3点
(1,754円)
3位mineo16.6点8.4点
(12Mbps/7Mbps)
8.2点
(1,862円)
4位

エキサイトモバイル
(Flatプラン)

16.6点8.4点
(19Mbps/7Mbps)
8.2点
(1,851円)
5位nuro mobile16.5点8.5点
(14Mbps/9Mbps)
8.0点
(1,320円)
6位OCNモバイルONE16.3点8.7点
(30Mbps/8Mbps)
7.6点
(1,628円)
7位

エキサイトモバイル
(Fitプラン)

15.8点8.4点
(19Mbps/7Mbps)
7.4
(2,377円)
8位b-mobile15.0点9.1点
(45Mbps/14Mbps)
5.9点
(3,075円)
9位DTI SIM15.0点8.6点
(23Mbps/8Mbps)
6.4点
(2,310円)
10位エキサイトモバイル
(最適料金プラン)
14.7点8.4点
(19Mbps/7Mbps)
6.3点
(2,365円)

ここからは、各社の格安SIMサービスについて詳しく解説していきます。

また、一部キャリアでは動作確認済みのSIMフリーのタブレットをホームページから購入できます。

コスパがいいものも揃っていたり、分割で初期の負担が少なく売られているので、自分で使えるタブレットを探すのが面倒な人は、合わせて購入してしまいましょう!

3-1. 楽天モバイル

楽天モバイル出典:楽天モバイル

楽天モバイルは、第4の大手として自社回線を提供しているキャリアです。

料金プランは、使ったデータ容量に応じて月額が0円~3,278円に変化する段階制の「Rakuten UN-LIMIT VI」一つのみとなります。

楽天モバイルの料金システム出典:楽天モバイル

上記のとおり、1GBまでは月額0円、20GB以上はどれだけデータ容量を使っても月額3,278円です。

ただし、楽天モバイルでは、自社回線の他にauから設備を借りている「パートナー回線」があり、「パートナー回線エリア」内はデータ容量を無制限に利用できないので注意しましょう。

「パートナー回線エリア」では、使えるデータ容量と、データ容量を使い切ったあとの通信速度に制限があります。

回線エリアデータ容量データ容量超過後の速度
楽天回線エリア無制限
パートナー回線エリア5GB/月最大 1Mbps

また、専用アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話が無料でかけ放題となるため、通話をたくさん利用する場合にもおすすめです。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルの特徴を以下にまとめました。

プラン概要毎月使ったデータ量に応じて支払う料金が自動的に変わる料金プラン
月額料金0円(0GB~1GB)
1,078円(1GB~3GB)
2,178円(3GB~20GB)
3,278円(20GB超過後)
初期費用0円
契約解除料0円
MNP転出手数料
0円
データ容量無制限
データ追加550円/1GB
国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ利用)
SMS
キャリアメール2021年内に提供予定
通信エリア楽天回線エリア、パートナー回線(au回線)エリア
超過後の速度無制限(楽天回線エリア外では最大1Mbps)
回線種類4G、5G(一部エリアのみ)
その他・月々の支払100円につき楽天ポイント1ポイント付与

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

プラン料金3カ月無料キャンペーン

プラン料金3カ月間無料キャンペーン出典:楽天モバイル

「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込むと、プラン料金が3カ月間無料になるキャンペーンを常時実施中です。

Rakuten UN-LIMIT VIの最大月額は3,278円なので、3カ月で9,834円が節約できます

<キャンペーンコード>

1202

<申し込み条件>

  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に他社から乗り換え(MNP)で申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後に申し込み

<キャンペーン期間>

【Web】
2021年4月8日(木)0:00~終了日未定

【店舗(楽天モバイルショップ)】
2021年4月8日(木)開店~終了日未定

ポイント還元キャンペーン

楽天モバイル乗り換えキャンペーン出典:楽天モバイル

他社のキャリアから「Rakuten UN-LIMIT VI」に乗り換えをすると、楽天ポイントが20,000ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。

さらに、申し込み時にスマホを購入すると、5,000ポイントが加算されるので、最大25,000円分のポイントが還元されます。

<キャンペーンコード>

1315

※問い合わせ時には『だれでも5,000ポイントプレゼントキャンペーン』キャンペーンコード:1113も必要

<申し込み条件>

  1. 「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込む
  2. 購入対象端末を購入
  3. 「Rakuten UN-LIMIT VI」申し込み、対象製品購入の翌月末日の23:59までに開通

<キャンペーン期間>

【Web】
2020年12月8日(火)9:00~常時開催

【店舗(楽天モバイルショップ)】
2020年12月8日(火)開店~常時開催

<ポイント付与日>

「Rakuten UN-LIMIT VI」の開通および「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日までに付与

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

3-2. 日本通信SIM

日本通信SIM

 

日本通信SIM』は、「日本通信株式会社」が提供するb-mobileのサブブランドの格安SIMです。

大手キャリアにも引けを取らない速度で、格安SIM業界に激震を走らせるほどの格安ラインナップを提供しています。

日本通信SIMの料金プラン

日本通信SIMは、以下2種類の音声通話SIMを契約できます。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

合理的20GBプラン

合理的20GBプランイメージ

出典:日本通信

「合理的20GBプラン」の特徴は以下の3つです。

  1. 月額料金が20GBで2,178円
  2. 20GB超えても275円/1GBで追加できる
  3. 通話料は70分まで無料

同じ20GBのプランである「ahamo」や「povo」といった大手キャリアの新プランが2,728円~2,970円であることを考えると、料金がかなりお得なサービスになっていると言えます。

では、内容を詳しく解説していきます。

月額料金が20GBで2,178円

合理的20GB料金イメージ

出典:日本通信

大手携帯キャリアの新プランと比較しても、料金設定が下記の通りドコモより約800円、au、ソフトバンクより約500円安くなっています。

 合理的20GBプラン(日本通信)LINEMO
(ソフトバンク)
ahamo
(ドコモ)
povo
(au)
月額料金2,178円2,728円2,970円2,728円

さらに、2021年11月26日にドコモの新料金プラン「ahamo」が開始されるのに合わせ、2021年11月18日以降は自動的に20GBに増量となっており、料金の変更はありません。

20GB超えても275円/1GBで追加できる

250円で追加イメージ

出典:日本通信

16GB(20GB)以上データ量を使えたいときは、1GBあたり275円で足すことができます。

ドコモ、ソフトバンク、auの新プランでは、データ量の追加に1GBあたり550円かかるので、大手キャリア3社の半額の料金設定です。

なお、最大30GBまでの容量が自由に追加できます。

通話が従来の大手キャリアより圧倒的にお得

70分通話無料のイメージ

出典:日本通信

通話の利用が、大手キャリアや他の格安SIMより以下の3点で圧倒的にお得です。

  1. 通話料が70分まで無料
  2. 超過分の通話料が大手キャリアの半額
  3. 通話アプリ不要
通話料が70分まで無料

月額2,178円に70分の無料通話が含まれています。

大手キャリア3社の新プランでは「1回あたり5分以内」の国内通話が無料ですが、日本通信SIMは、ひと月で70分まで無料なため、1回あたりの電話が長くなっても70分まで無料通話が可能です。

そのため、時間を気にせずに安心して電話が使えます。

超過分の通話料が大手キャリアの半額

通話料金のイメージ

出典:日本通信

70分を超えてからの通話料金は、30秒あたり11円です

大手キャリア3社の新プランでは、いずれも22円/30秒なので、その半額で利用できます。

通話アプリ不要

楽天モバイルなどでは、無料通話には「通話アプリ」の利用が必須ですが、日本通信SIMでは通話アプリが不要です。

スマホにインストールされている通常の電話アプリで通話できます。

そのため、「アプリだと通話品質が心配だし、面倒だな」と思っている場合におすすめです。

「70分無料通話」の対象外

下記のサービスは70分無料通話の対象外になるため注意してください。

  • ナビダイヤルなどのサービス
  • 188特番(消費者ホットライン)
  • 104の電話番号案内料
  • 衛星電話
  • 衛星船舶電話

公式サイトはこちら

合理的かけほプラン

合理的かけほプランイメージ

出典:日本通信

「合理的かけほプラン」の特徴は以下の4つです。

  1. おかわり課金方式
  2. データ容量の上限を設定できる
  3. 容量超えても275円/1GBで追加できる
  4. 通話がかけ放題

20GB使える大手キャリアの新プランで「かけ放題オプション」をつけると、2,728円~2,970円の月額に、ドコモとソフトバンクで1,100円、auで1,650円が上乗せされます。

これに比べて日本通信SIMは、3GBの容量ですが月額2,728円でかけ放題が含まれているため、あまりデータ容量を使わない場合はかなりお得なプランだと言えます。

では、内容を詳しく解説していきます。

おかわり課金方式

かけほプランの課金イメージ

出典:日本通信

3GBで2,728円の月額基本料金で契約し、3GBを超えたら使った分だけ支払う仕組みです。

20GBの大容量定額プランだと、使用していない分まで料金を払うことになるので、データ量をあまり使わないのであれば、無駄な支払いをなくせてお得です。

データ容量の上限をいつでも設定できる

データ増量のイメージ

出典:日本通信

購入時にデータ量の上限を3GBから30GBまで1GB単位で設定することができます。

ご自身で使いすぎないように上限を設定することはもちろん、子供がいる場合など子供にインターネットをさせすぎない設定も可能です。

また、いつでも好きなときに上限値を変更することも可能なので、「普段はデータ容量を使わないけれど、旅行に行くため大容量を使いたい」という場合にはぴったりのプランです。

容量超えても275円/1GBで追加できる

かけほ250円支払いのイメージ

出典:日本通信

3GB以上データ量を使えたいときは、1GBあたり275円で足すことができます。

ドコモ、ソフトバンク、auの新プランでは、データ量の追加に1GBあたり550円かかるので、大手キャリア3社の半額の料金設定です。

なお、最大30GBまでの容量が自由に追加できます。

通話がかけ放題

通話かけ放題のイメージ

出典:日本通信

「かけほ」というプラン名の通り、通話料金は無料です。

楽天モバイルなどでは、無料通話には「通話アプリ」の利用が必須ですが、通話アプリは不要。スマホの電話で通話できます。

「アプリだと通話品質が心配だし、面倒だな」と思っている場合におすすめです。

公式サイトはこちら

日本通信SIM公式

日本通信SIM公式サイト
https://www.bmobile.ne.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

3-3. nuroモバイル

ソニーグループの「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が運営するnuroモバイルは、下記の2つの新プランがあります。

そこで今回は、「バリュープラス」「データ使い放題プラン」の内容と、従来プランからの変更点について詳しく解説します。

「バリュープラス」の特徴

nuroモバイルバリュープラス出典:nuroモバイル

以下の5つが「バリュープラス」の特徴です。

  1. どの回線を選んでも3GB792円
  2. 契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量がもらえる
  3. 利用開始月の月額基本料が無料
  4. 残ったデータは翌月にくりこしされる
  5. 解約金、MNP転出手数料が無料

では、バリュープラスの内容を詳しく解説していきます。

1. どの回線を選んでも3GB792円

nuroモバイルトリプルキャリア出典:nuroモバイル

バリュープラスでは、従来のプランより格段に安い料金プランを設定しています。

従来のプランと新プランを「音声付きSIM」と「SMS付きデータ通信SIM」、「データ専用SIM」のそれぞれで比較すると、以下の表の通りです。

<音声付きSIM>

基本データ容量新プラン

(バリュープラス)

旧プラン
ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
2GBプランなし1,540円1,628円1,848円
3GB792円プランなしプランなしプランなし
5GB990円プランなしプランなしプランなし
7GBプランなし2,420円3,080円3,080円
8GB1,485円プランなしプランなしプランなし
13GBプランなし3,740円4,048円4,048円

<SMS付きデータ通信SIM>

基本データ容量新プラン

(バリュープラス)

旧プラン
ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
2GBプランなし935円1,023円プランなし
3GB792円プランなしプランなしプランなし
5GB990円プランなしプランなしプランなし
7GBプランなし1,815円2,475円プランなし
8GB1,485円プランなしプランなしプランなし
13GBプランなし3,135円3,443円プランなし

<データ専用SIM>

基本データ容量新プラン

(バリュープラス)

旧プラン
ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
2GBプランなし770円858円1,078円
3GB627円プランなしプランなしプランなし
5GB825円プランなしプランなしプランなし
7GBプランなし1,650円2,310円2,310円
8GB1,320円プランなしプランなしプランなし
13GBプランなし2,970円3,278円3,278円

音声通話付きのVSプランでは、従来のSプランのソフトバンク回線だと 2GBで1,848円だったのが、3GBで 792円と1,056円安くなりました。

また、従来は回線ごとに料金が異なってわかりにくかったのに対して、3大キャリアの回線で同じ値段になりました。

ただし、SMS付きデータ通信SIMでは、ドコモ回線とau回線のみとなるので注意が必要です。

また、その他に必要な費用については以下の通りです。

登録事務手数料3,300円
音声通話料22円/30秒
SIMカード準備料440円
SMS送信料3円~/通
容量チャージ/国際SMS50円~/通(不課税)
2. 契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量がもらえる

nuroモバイルプレゼント出典:nuroモバイル

VMプランでは3ヶ月ごとに3GB、VLプランでは3ヶ月ごとに6GBがプレゼントされます。

また、このプレゼント分のデータ容量は翌々月まで使うことができます。

3. 利用開始月の月額基本料が無料

利用開始月は月額基本料が無料です

翌月から、お申し込み特典によって割引された月額基本料が適用されます。

4. 残ったデータは翌月にくりこしされる

nuroモバイル翌月繰越出典:nuroモバイル

残ったデータは翌月にくりこしされます。

例えば、当月に5GBのVMプランで3GBしか使わなかった場合は余った2GBを翌月に使うことができます。

5. 解約金、MNP転出手数料が無料

nuroモバイル解約金出典:nuroモバイル

nuroモバイルでは、解約時に最大12,000円の解約金と、MNP時に3,300円の手数料がかかりますが、バリュープラスの場合のみ、解約金、MNP転出手数料が無料です。

ただし、SIMカード準備料440円と、登録事務手数料3,300円は別途かかります。

「データ使い放題プラン」の特徴

nuroモバイルデータプラン出典:nuroモバイル

ここからは、もうひとつの新プランである「データ使い放題プラン」について解説します。

以下の3つが「データ使い放題プラン」の特徴です。

  1. データ使い放題
  2. モバイルWi-Fiルーターとセットで購入すると、3,740円が割り引かれる
  3. 利用開始月の月額基本料が無料

では、データ使い放題プランの内容を詳しく解説していきます。

1. データ使い放題

noroデータ使いたい放題出典:nuroモバイル

データ使い放題プランでは、その名の通り、データが使い放題です。

ゲーム、動画、SNSなどデータ容量に制限がないため、月額3,828円でいくらでも楽しむことができます。

2. モバイルWi-Fiルーターとセットで購入すると、3,740円が割り引かれる

nuroモバイルデータプラン詳細出典:nuroモバイル

申し込み特典として、モバイルWi-Fiルーターの fs030wとセット契約をすると初期費用の3,740円(登録事務手数料3,300円、SIMカード準備料44o円)が割り引かれます。

3. 利用開始月の月額基本料が無料

利用開始月は月額基本料が無料です

nuroモバイル公式

nuroモバイル公式サイト
https://mobile.nuro.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

3-4. イオンモバイル

イオンモバイル出典:イオンモバイル

イオンモバイルは、500MBから50GBまでの豊富なデータ容量プランを1GB刻みで選べる格安SIMです。

主力プランは以下の3つになります。

  1. さいてきプラン
  2. さいてきプランMORIMORI
  3. やさしいプラン

上記のプランは、次の基準で選ぶことをおすすめします。

  • 0.5~10GBまでのデータ容量を1GBきざみに選びたい:「さいてきプラン」
  • 12~50GBまでの大容量を使いたい:「さいてきプランMORIMORI」
  • 60歳以上で使いたいデータ容量が8GB以下:「やさしいプラン」

それぞれのプランについて、詳しく見ていきましょう。

さいてきプラン

「さいてきプラン」は、500MB~10GBまでのデータ専用SIM、音声付きSIMを利用できる月額料金プランです。

料金は以下のとおりです。

<音声付きSIM>

基本データ容量さいてきプラン
ドコモ/au
0.5GB1,023円
1GB1,078円
2GB1,188円
3GB1,298円
4GB1, 408円
5GB1, 518円
6GB1,628円
7GB1,738円
8GB1,848円
9GB1,958円
10GB2,068円

<データ専用SIM>

基本データ容量さいてきプラン
ドコモ/au
1GB528円
2GB748円
3GB858円
4GB968円
5GB1, 078円
6GB1,188円
7GB1,298円
8GB1,408円
9GB1,518円
10GB1,628円

また、上記以外に最大5回線までの通信容量を共有できる「シェア音声プラン」もあります。

料金は以下のとおりです。

<シェア音声プラン>

基本データ容量さいてきプラン
ドコモ/au
4GB1,738円
5GB1,848円
6GB1,958円 
7GB2,068円
8GB 2,178円
9GB2,288円
10GB2,398円

さいてきプランMORIMORI

「さいてきプランMORIMORI」は、12GB~50GBまでのデータ専用SIM、音声付きSIMを利用できる月額料金プランです。

料金は以下のとおりです。

<音声付きSIM>

基本データ容量さいてきプランMORIMORI
ドコモ/au
12GB2,178円
14GB2,288円
20GB2,398円
30GB4,378円
40GB5, 478円
50GB6, 578円

<データ専用SIM>

基本データ容量さいてきプランMORIMORI
ドコモ/au
12GB1,738円
14GB1,848円
20GB1,958円
30GB3,938円
40GB5, 038円
50GB6, 138円

また、上記以外に最大5回線までの通信容量を共有できる「シェア音声プラン」もあります。

料金は以下のとおりです。

<シェア音声プラン>

基本データ容量さいてきプランMORIMORI
ドコモ/au
12GB2,508円
14GB2,618円
20GB2,728円
30GB4,708円
40GB5, 808円
50GB6, 908円

やさしいプラン

「やさしいプラン」は、60歳以上から契約できる月額料金プランです。

選べるデータ容量は3GB~8GB。通信速度を最大500kbpsに設定することで、月額を安くしています。

料金は以下のとおりです。

<音声付きSIM>

基本データ容量やさしいプラン
ドコモ/au
0.2GB968円
3GB
※通信速度最大500kbps
1,078円
6GB
※通信速度最大500kbps
1,408円
8GB
※通信速度最大500kbps
1,628円

<データ専用SIM>

基本データ容量やさしいプラン
ドコモ/au
3GB
※通信速度最大500kbps
638円
6GB
※通信速度最大500kbps
968円
8GB
※通信速度最大500kbps
1,188円

また、上記以外に最大5回線までの通信容量を共有できる「シェア音声プラン」もあります。

料金は以下のとおりです。

<シェア音声プラン>

基本データ容量やさしいプラン
ドコモ/au
6GB
※通信速度最大500kbps
1,738円
8GB
※通信速度最大500kbps
1,958円

イオンモバイルには下記から申し込みましょう。

イオンモバイル公式

イオンモバイル公式サイト
https://aeonmobile.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

5. タブレットは自分で用意したい人におすすめのタブレット4選

ここまで紹介したような格安SIM会社であればセットでタブレットが欲しい人向けに、分割で負担少なく購入できるケースが多いです。

格安SIMと一緒に買えるタブレットであれば、動作確認もされてるので安心です。

ただし、イマイチいいタブレットがなかった、こだわって選びたいという場合は、このページを参考に選びましょう。

5-1. タブレットを選ぶ4つのポイント

タブレットを選ぶ際は下記の4つのポイントで決めましょう。

  • LTEモデルか|格安SIMを差し込めるか
  • 画面の大きさ|使い勝手に合うか
  • メーカー|大手で将来故障しても安心か
  • コスパ|価格に対して性能はいいか

安いだけで性能の悪いものを選んでしまうと、いくら回線速度が速くてもストレスを感じてしまいます。

そこで、ここでは性能と価格をあわせた上でサイズ別にタブレットを紹介していきます。

5-2. おすすめタブレット4選

iPad以外のおすすめのタブレットを以下のように価格別に紹介していきます。

<家で使いたい人におすすめの10インチ以上のタブレット>

<持ち運びもしたい人におすすめの9インチ以下のタブレット>

迷った場合は、コスパも良く、価格以上に性能が良いファーウェイ「HUAWEI MatePad」がおすすめです。

iPad(第8世代)

ipad第8世代出典:Apple

iPad(第8世代)は、高解像度のRetinaディスプレイを搭載。前モデルから処理速度が最大で40%向上したことで、快適に操作できるタブレットとなっています。

手書きの図を自動補正する機能も付きました。

高性能でありながら、価格も38,280円からと比較的安く設定されています。

商品名iPad(第8世代)
価格38,280円~
ディスプレイ(サイズ/解像度)10.2インチ /2,160 x 1,620
OSiPadOS 14
バッテリーリチウムポリマー32.4Wh
メモリ3GB
記憶容量32GB/128GB
SIMの種類nano-SIM/eSIM

ファーウェイ「HUAWEI MatePad」

HUAWEI MatePad出典:ファーウェイ

Amazon価格:26,350円

ファーウェイの「HUAWEI MatePad」は、2万円代中盤で購入できるタブレットながら性能が非常によく、動画を観るのも快適です。

独自の画像処理技術「HUAWEI ClariVu」を搭載したことで、鮮明な画像表示と高画質を実現しました。

オーディオ機器ブランド「ハーマン カードン」監修の音響調整を採用。音質にも期待できます。

商品名HUAWEI MatePad
ディスプレイ(サイズ/解像度)約10.4インチ / 2,000 × 1,200
OSAndroid 10
バッテリーリチウムポリマー7250 mAh
メモリ4GB
記憶容量64GB
SIMの種類nano-SIM

iPad mini(第5世代)

ipadmini第5世代出典:Apple

iPad mini(第5世代)は、7.9インチ(A5サイズ大)の小型タブレットです。

周囲の明るさに合わせて画面の色と明度の表示を自動で調整する「True Tone(トゥルー・トーン)」を搭載。大きさ、機能ともに、外出時に持ち歩くのに最適な端末となっています。

商品名iPad mini(第5世代)
価格50,380円~
ディスプレイ(サイズ/解像度)7.9インチ /2,048 x 1,536
OSiPadOS 14
バッテリーリチウムポリマー19.1Wh
メモリ3GB
記憶容量64GB/256GB
SIMの種類nano-SIM/eSIM

ファーウェイ「MediaPad M5 lite 8 LTE」

MediaPad M5 lite 8 LTE

Amazon価格:27,400円

ファーウェイの「MediaPad M5 lite 8 LTE」は、2万円台で購入可能な8インチの小型タブレットです。

オーディオ機器ブランド「ハーマン カードン」監修の音響調整を採用。高音質に期待できます。

また、カメラには手ブレ補正機能があるため、タブレットで写真撮影をする際にも便利です。

商品名MediaPad M5 lite 8 LTE
ディスプレイ(サイズ/解像度)約8インチ / 1,920×1,200
OSAndroid 9
バッテリーリチウムポリマー6400mAh
メモリ3GB/4GB
記憶容量32GB/64GB
SIMの種類nano-SIM

6. SIMロック解除の全手順

この章では、SIMロックがかかっている端末を他のキャリアで使用するため、SIMロック解除の方法を詳しく解説していきます。

6-1. SIMロック解除ができるのかを確認する

まずは、スマホがSIMロックを解除できる端末かどうかを確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種(一部対象外もあります。「こちら」でご確認ください)であれば、SIMロック解除は、購入日から101日経過していれば可能です。

ただし、機種代を支払っていることが前提条件になります。

また、現在使っている機種へ機種変更する前にSIMロックを解除したことがあれば、以下の条件で、100日以内でも可能です。

  • 前回のSIMロック解除受付日から100日経っている
  • 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種

6-2. 動作確認がされているか確認しておこう

今の機種のSIMロックが解除できたとしても、新しい格安SIMが今の機種で使えるとは限りません。

きちんと各格安SIMが動作確認をしている機種か確認をしておきましょう。

動作確認されていない機種の場合、使えないケースがあるので、他の格安SIMを選ぶようにしましょう。

6-3. 動作確認が取れたら手続きしよう

それでは、SIMロックを解除していきましょう。

大手キャリアを契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

ドコモのSIMロック解除方法

下記どちらかの方法で手続きが可能です。

その他待ち時間があるのでおすすめしませんが、「ドコモショップ」でもお手続きが可能です。

手数料

基本的にMy docomoからの手続きなら無料、電話やドコモショップだと3,300円かかります。

まずはMydocomoでの手続きがおすすめですが、2015年5月以前の機種や、一部ドコモショップでないとSIMロック解除できない機種もあるため注意しましょう。

auのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料:3,300円

ソフトバンクのSIMロック解除方法

以下のいずれかの方法で手続きできます。

手数料

  • My Softbankからの手続きなら無料
  • ソフトバンクショップでは3,300円

※My SoftBankで手続きするのが簡単なのでおすすめですが、すでにソフトバンクを解約されている場合、2015年5月以前に購入された場合はソフトバンクショップに行く必要があります。

7. 主要格安SIM|最新速度計測結果のまとめ

ここでは先ほどの測定アプリ「4GMARK」を使った計測結果を紹介します。

利用する人が多く格安SIMの回線が混雑しやすくなる12時台と18時台の2回の計測を行なっています。

今回の計測日:2018年9月6日(木)

速度計測の結果の見方

速度計測は下記の6つの軸が出てきますが、基本的に「ポイント」だけ見れば大丈夫です。

  • ポイント・・・・以下5項目をトータルして速度を評価。好スコア=快適と考えていい。
  • PING・・・・サーバーからの応答速度で数字が小さいほうがいい。
  • ダウンロード・・・ダウンロードの速度で数字が大きいほうがいい。
  • アップロード・・・アップロードするときの速度で数字が大きいほうがいい。
  • YouTube・・・・・30秒程度の動画を読み込むのにかかった時間で短いほうがいい。
  • Web・・・・・・Amazonなど有名なサイトを5つ開いたときの平均読み込み時間で短いほうがいい。

昼の計測結果(12時台)

2018年11月6日12:00~12:07
スコア(pt)PING(ms)ダウンロード(Mbps)アップロード(Mbps)YouTube(S)Web(S)
Ymobile5527569.87.310.628.55
y.u mobile(D)109976512.619.33.826.02
楽天モバイル4260574.58.95.764.77
NifMo(D)6671891.50.46.163.36
IIJmio(D)4798855.78.73.754.74
LINEモバイル(D)5381551.80.413.69TO
エキサイトモバイル49361043.213.53.585.66
BIGLOBE(D)1181481.112.3TO7.42
nuroモバイル(D)22271630.618.1TO8.36
イオンモバイル(D)314TO0.90.112.3912.13
mineo(D)41133541.10.515.0210.38
ワイヤレスゲート(D)5301800.52.8TO4.64
スマモバ(D)232TO0.60.117.2810.11
DTI(D)3902130.90.117.867.51
ロケットモバイル(D)0TO0.10.1TOTO
DMM(D)3163800.90.117.768.84
イオンモバイル(A)611210.70.6TOTO
mineo(A)348941.50.3TO9.38
UQmobile(A)517411.80.3TO7.86
BIGLOBE(A)277990.90.1TO5.89
QTmobile(A)365911.10.2TO6.31
b-mobile(S)5126817.554.78TO13.15
y.u mobile(S)21774562.865.84TO5.11
QTmobile(S)2494452.486.5426.888.86

※DMMのサービス提供は、2019年8月で終了しました。

 夜の計測結果(18時台)

2018年11月6日18:00~18:05
スコア(pt)PING(ms)ダウンロード(Mbps)アップロード(Mbps)YouTube(S)Web(S)
Ymobile102817212.813.85.54.69
y.u mobile(D)14211271.73.24.716.09
楽天モバイル1912541.54.534.622.93
NifMo(D)3839711.114.14.837.12
IIJmio(D)13661172.33.3TO7.5
LINEモバイル(D)3649TO0.8173.7810.65
エキサイトモバイル17562441.73.811.596.89
BIGLOBE(D)1324650.710TO4.86
nuroモバイル(D)2851920.44TO9.83
イオンモバイル(D)28041371.6911.697.47
mineo(D)17051360.512.9TO7.83
ワイヤレスゲート(D)318960.82.9TO9.16
スマモバ(D)7346312.4TO6.12
DTI(D)4423601.219.13.422.52
ロケットモバイル(D)0TOECECECTO
DMM(D)3227101211.39.757.68
イオンモバイル(A)1444250.51TO11.29
mineo(A)105950.41.9TO8.63
UQmobile(A)4086547.91.76.145.57
BIGLOBE(A)955721.50.615.594.81
QTmobile(A)310860.51.4TO6.59
b-mobile(S)673518114.154.86.729.61
y.u mobile(S)14210610.756.4TO12.69
QTmobile(S)345690.752.75TO7.77

※DMMのサービス提供は、2019年8月で終了しました。

8. まとめ

格安SIMをタブレットで使うための方法を紹介してきましたがいかがでしたか?

格安SIMをタブレットで使えば毎月5,000円前後の料金の削減も可能ですが、下記のような制約もあります。

“格安SIMでもタブレットをすぐに使える3つの条件”

  • 持っているタブレットが「Wi-Fiモデル」ではなく「LTEモデル」
  • タブレットがSIMフリーであるか、格安SIMの回線が今と同じ
  • 格安SIMで動作保証のされているモデル

また、最大の懸念が、速度が大きく落ちるかもしれないということで、このページで紹介したように下記のように選んで行きましょう。

格安SIMランキング

音声通話SIMとデータ専用SIMの使いたいデータ容量によって、おすすめする格安SIMが異なります。

上記のフローチャートをニーズ別にランキングをつけると、下記の通りとなりました。

音声付きSIM

低容量編(3GB以下)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:楽天モバイル|月3GBまで月額1,078円、月1GBまではなんと0円
  • 2位:LINEMO(ミニプラン)|月額990円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン

大容量編(4GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:ahamo|速度も速く、5分/回の無料通話付きのドコモのプラン
  • 2位:LINEMO|月額2,728円で国際ローミングも無料でできる本家Softbankの新プラン
  • 3位:楽天モバイル|専用アプリで通話料無料、月1GBまではなんと0円
データ専用SIM

低容量編(6GB以下)|格安SIM総合ランキング

大容量編(7GB以上)|格安SIM総合ランキング

  • 1位:イオンモバイル|7GB以上のプランでは業界トップクラスの安い格安SIM
  • 2位:IIJmio|20GBが月額1,958円とデータ専用SIMの業界最安クラス
  • 3位:mineo|新プランの登場により業界最安クラスに

あなたが格安SIMでタブレットを快適に使えることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る