auひかりの通信速度と評判は?遅い場合の原因と対処法を徹底解説

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
紹介する女性

「auひかりの通信速度は遅いの?」「auひかりが遅くて繋がらない場合はどうしたらいい?」など、auひかりの通信速度について悩んではいませんか。

前提として、auひかりは独自回線を利用しているため、光回線の中でも比較的速いサービスです。

ただし、契約プランや利用状況によって一時的に遅くなることもあるため、まずはこの記事で紹介する対処法を試してみましょう。

この記事では、長年光回線の販売をしてきた筆者が、auひかりの通信速度や遅くなった時の対処法について詳しく解説していきます。

このページを読めば、auひかりの通信速度についてしっかりと理解した上で、より快適なネット生活を送ることができるでしょう。

auひかりの一番お得な窓口
auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
▼auひかり×GMOとくとくBBの特典内容
最大94,000円キャッシュバック
他社から乗り換えで追加で最大30,000円還元
・公式キャンペーン適用で工事費が実質無料
・高性能WiFiルーターが必ずもらえる
・auひかり電話が最大35ヶ月間無料で使える
当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
7/21までの週末限定で増額中!
\95,000円キャッシュバックがもらえる/
GMOとくとくBBの窓口
【GMOとくとくBB限定】
週末限定キャンペーン実施中
GMOとくとくBB_2024年7月19日開始の増額キャンペーンバナー
GMOとくとくBBの窓口

1.auひかりの通信速度は速くて優秀!

結論から言うと、auひかりは光回線の中でも通信速度が速く、また遅くなりにくい安定した光回線サービスです。

なぜならば、auひかりは光回線に多いNTTフレッツ光とは異なる独自の回線網を利用しており、ユーザーが限定されているので混雑が少なく、速度を出しやすいためです。

auひかりは独自の回線

以下では、auひかりの通信速度について詳しく見ていきましょう。

1-1.他社比較でわかるauひかりの通信速度

2024年7月現在、通信速度の口コミサイトである「みんなのネット回線速度」の集計結果では、auひかりの平均速度は378.53Mbpsと、光回線の中でも通信速度が速いサービスです。

以下は、実際に「みんなのネット回線速度」で集計されている主要光回線の平均速度(下り/上り)ですが、他社と比較しても「auひかり」の速度は速いことがわかります。

光回線最大速度※下り平均速度上り平均速度
auひかり1Gbps378.53Mbps311.95Mbps
ドコモ光1Gbps298.03Mbps223.73Mbps
ソフトバンク光1Gbps304.27Mbps199.76Mbps
NURO光2Gbps477.81Mbps421.18Mbps
So-net光1Gbps300.92Mbps219.2Mbps
OCN光1Gbps265.49Mbps194.91Mbps
フレッツ光1Gbps265.5Mbps197.9Mbps

※最大速度=回線の理論上の最大速度

前述したように、auひかりは「NURO光」同様に独自回線網を有しています。

そのため、回線網を共有しているNTTフレッツ系の光回線とは異なり、他の光回線が介入していないので回線混雑や遅延が起こりくい傾向にあります。

1-2.auひかりの速度の評判

実際に、auひかり利用者の口コミや評判を見ても、速度に関する評価が高く、「遅い」と感じる利用者は少ない傾向にありました。

以下では、良い評判と悪い評判に分けてご紹介します。

良い評判

悪い評判

しかし、上記のように「遅い」と感じる場合には必ず原因があるため、次章で確認していきましょう。

おすすめ回線特徴
auひかりauひかりauユーザーにおすすめの光回線
最大94,000円キャッシュバック
光回線の中でも特に通信速度が速い 一番お得なキャンペーン窓口

2.auひかりの通信速度が遅い場合の原因

auひかりの速度が遅い・遅くなった場合には、以下いずれかの原因が考えられます。

上記について1つずつ詳しく解説していきます。

2-1.マンションタイプで契約している

まず考えられる原因としては、auひかりの「ホームタイプ」と「マンションタイプ」では回線設備の違いにより、通信速度に差が出てしまうことです。

「ホームタイプ」は、近くの電柱等から光回線を直接引き込み、その家だけで回線を独占できるため比較的速い通信速度を出すことができます。

一方、「マンションタイプ」はマンションの共用部まで引き込まれた光回線網を、各部屋で共有・分け合うため、独占できるホームタイプに比べて回線混雑が起きやすく、速度も遅くなる傾向にあります。

2-2.マンションの配線方式がVDSL

タイプの違いによる遅い原因にはもう1つあり、マンションタイプではさらに、契約できるマンションの配線方式によっても出せる通信速度が異なります。

中でも、電話回線を用いた「VDSL方式」では、通信できる容量が小さく劣化しやすいため、このタイプでは通信速度が遅い可能性が高いです。

以下は、それぞれのタイプ別に出せる最大通信速度ですが、マンションの構造や決められた配線方式により契約できるタイプ・速度が異なります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

タイプ最大通信速度(下り)最大通信速度(上り)配線方式
ホーム(1ギガ)1Gbps1Gbps光ファイバー
マンションタイプG664Mbps166MbpsG.fast
タイプV100Mbps100MbpsVDSL(電話線)
都市機構100Mbps100MbpsVDSL(電話線)
都市機構GDX-G:664Mbps
DX:100Mbps
DX-G:166Mbps
DX:100Mbps
G.fast
タイプE100Mbps100Mbpsイーサ(LAN)
タイプF100Mbps100Mbps光ファイバー
ギガ1Gbps1Gbps光ファイバー
ミニギガ1Gbps1Gbps光ファイバー

上記を見てもわかる通り、お住まいのマンションで契約できるタイプがVDSL方式であった場合は、光回線であるにも関わらず最大通信速度が100Mbpsしか出ないため、どうしても遅く感じてしまいます。

しかし、基本的に建物ごとに契約できるタイプが決まっているため、自分で好きなタイプを選ぶことはできません。

そのため、マンションにお住まいで遅いタイプのauひかりを契約している場合は、「可能であれば契約タイプ・配線方式を変更する」か別の光回線を検討してみましょう。

2-3.接続機器のスペックが低いか劣化している

auひかりが遅くなる原因として、回線ルートや仕組みだけでなく、接続している周辺機器に問題がある可能性もあります。

というのも、光回線は「有線(LANケーブル)」と「無線(Wi-Fi)」のいずれにおいても、接続している機器を通してインターネットにつないでいるため、その機器に問題があれば速度に影響が出るのも当然です。

例えば、以下のようなことが考えられます。

  • 各機器の接続不良
  • ホームゲートウェイ・ルーターの不具合や故障
  • ホームゲートウェイ・ルーターが回線速度に対応していない
  • 接続しているデバイス(PC/スマホ等)のスペックが低い
  • LANケーブルや接続配線が古い、劣化している

こうした接続機器が原因で遅くなっている場合は、ご自身で対処できるため、すぐに改善する可能性があります。

そのため、次章の「3.auひかりが遅い・遅くなった時の対処法」を参考に、対処法を試してみましょう。

2-4.通信障害が起きている

最後に考えられるauひかりが遅くなる原因には、回線側や事業者側で通信障害が起きている可能性が挙げられます。

通信障害が起きている場合はこちらで対処できないため、回復するのを待つしかありません。

また、ユーザーがインターネットを利用しやすい夜や休日などの時間帯では、回線混雑により速度低下や障害等が発生し、つながらなくなることもあります。

SNS等で周りでも同じことが起きていないか、またホームページなどで情報が公開されていないかなどチェックしてみましょう。

以下は、各プロバイダの問い合わせ先です。

提供元(プロバイダ)問い合わせ先
auひかり公式障害・メンテナンス情報
GMOとくとくBB障害・メンテナンス情報
@niftyトラブル / メンテナンス情報
@T COM障害・メンテナンス情報
ASAHIネット保守・障害情報
BIGLOBEBIGLOBE障害・臨時メンテナンス情報
DTI現在のサービス運用状況
So-netSo-net光(auひかり) の障害情報
au one net障害・メンテナンス情報

3.auひかりが遅い・遅くなった時の対処法

さて、上記で解説したような原因でauひかりが遅い・遅くなったと感じる場合には、これからご紹介する方法で改善できる可能性があります。

光回線を乗り換えてしまうのも手ですが、その前に以下の対処法で改善できないか試してみましょう。

  1. まずは今の通信速度を確認
  2. 可能であれば契約タイプ・配線方式を変更する
  3. 高速通信プラン「10ギガ・5ギガ」を利用する
  4. IPv6に接続する
  5. 接続機器を再起動する
  6. 接続機器を新しいものに交換する
  7. 接続デバイスのスペック等を確認する
  8. 回線会社やプロバイダに問い合わせる
  9. プロバイダを変更する

これら対処法について、1つずつ詳しく解説します。

3-1.まずは今の通信速度を確認

まずは、自宅のauひかり回線が遅いのかどうか、実際に確認してみましょう。

auひかりの通信速度は、以下の公式ページで測定することができます。

auひかりの速度を計測してみよう!

auひかり通信速度測定ページ:https://www.au.com/internet/speed-check/

実際に計測した速度がどの時間帯でも30Mbpsを切るようであれば、遅くなっていると言えます。

回線速度の目安としては、普通にインターネットを使うなら平均で30Mbpsあれば快適です。

また、用途別に見てみると、必要な速度は以下のようになります。

用途(目的)通信速度
メール送受信128Kbps〜1Mbps
SNS送受信1Mbps〜10Mbps
オンライン授業1.2Mbps〜10Mbps
Webサイト閲覧1Mbps〜10Mbps
※画像や動画が多い場合:10Mbps〜30Mbps
動画視聴5Mbps~20Mbps ※YouTubeの場合0.7Mbps~
ZOOM会議10Mbps〜30Mbps
オンラインゲーム(スマホ)10Mbps〜30Mbps
動画ダウンロード30Mbps~
オンラインゲーム(PC)30Mbps〜100Mbps

オンラインゲームや重たい動画編集などを行う際には平均で100Mbpsほしいところですが、YouTube等の動画視聴やテレワーク等では、30Mbpsあれば問題ありません。

よって、調べた通信速度が上記よりも遅い場合や体感的に遅いと感じる際には、対処法をいろいろと試してみましょう。

3-2.可能であれば契約タイプ・配線方式を変更する

auひかりでは、マンション等の集合住宅で契約できるプランタイプ(配線方式)は、住居環境によって決まっています。

しかし、以下の場合には集合住宅での「ホームタイプ導入」や「タイプの変更」が可能な可能性があります。

  • マンションのオーナーに工事許可を得ている
  • マンションで新しい通信規格が導入される予定がある

基本的には、ホームタイプのプランを導入する場合は、壁に穴をあけたりするためマンション等では不可能です。

しかし、オーナーに工事許可を得ることができた場合やオーナー自ら新しい配線方式などを導入することになれば、タイプを変更することができます。

ただし、上記はかなり稀な状況であり、個人で工事した場合は退去時に撤去工事も必要となるため、難しい対処法であることは理解しておきましょう。

3-3.高速通信プラン「10ギガ・5ギガ」を利用する

現在利用しているのが「ホームタイプ」である場合は、auひかりの高速通信プランを利用することで速度を改善することができます。

auひかりで提供されている高速通信プランは以下の2つです。

  • ホーム10ギガ
  • ホーム5ギガ

ホーム10ギガでは「10Gbps」ホーム5ギガでは「5Gbps」の最高速度となっています。

この2つの高速通信プランを利用するには追加料金が必要ですが、「ホーム1ギガ」からの変更が可能で、割引プログラムを利用すればお得に始めることができます。

どちらも従来のものより最高速度が大幅に上がっており、以下のように、実際に速い通信速度を実感している人は多いです。

高速通信プランについては、「auひかりが10ギガに!高速サービスに申し込む前に知るべき全注意点」の記事で詳しく解説しているので、興味がある場合は参考にしてみてください。

3-4.IPv6に接続する

まだ導入していない場合は、新しい通信規格の「IPv6(IPoE)」を利用することで通信速度が速くなる可能性があります。

IPv6(IPoE)とは?

「IPv6(IPoE)」とは、回線混雑を避けて通信してくれる新しい通信規格のことです。従来よりもスムーズで快適な通信が行える特徴があります。

「IPv6(IPoE)」サービスは多くの光回線で導入されており、auひかりでも「追加料金・手続き・設定すべて不要」で利用できます。

ただし、Wi-Fiルーターが「IPv6(IPoE)」に対応している必要があるため、未対応の古いタイプを使用している場合は、IPv6接続対応のルーターに交換しましょう。

現在「IPv6(IPoE)」に接続されているかどうかは、「IPv6接続テスト」や「IPv6オプションページ」で確認できます。

3-5.接続機器を再起動する

auひかりが遅い場合に、最も簡単に試せる方法がホームゲートウェイやルーターの再起動です。

bl900hw_au_ホームゲートウェイ出典:auひかり「ホームゲートウェイ

通信機器が上手く機能していなかったり、しっかり接続されていない場合は再起動することで通信速度が改善される可能性があります。

ホームゲートウェイやルーターの再起動は以下の手順で行います。

  1. ホームゲートウェイ・ルーターの電源を切る
  2. ホームゲートウェイ・ルーターの電源アダプタを抜く
  3. ホームゲートウェイ・ルーターの更新ボタンを押しながら電源を入れる

なお、「ホームゲートウェイ」などの通信機器については、「ルーターって何?モデムとの違いや接続方法、トラブル対処法も徹底ガイド」の記事で詳しく解説しています。

3-6.接続機器を新しいものに交換する

接続機器を再起動しても速度が改善されない場合は、ホームゲートウェイやWi-Fiルーターを新しいものに交換してみましょう。

古いタイプのものやスペックが古い場合は、auひかりの回線速度を最大限活かすことができずに、遅いと感じる原因になってしまいます。

例えば、Wi-Fiルーターを「IPv6(IPoE)」対応のものに交換したり、古いホームゲートウェイを利用している場合はauひかりで交換してもらうことができます。

ホームゲートウェイの交換方法と交換可能な機種

ホームゲートウェイの交換は、以下2つのいずれかの方法で交換手続きが行えます。

  1. 「My au」の「契約内容確認・変更」から交換手続きを行う
  2. auひかりのサポートに電話する(0077-7084

なお、利用者都合での交換になるため変更手数料3,000円がかかります。

また、新しい機器が届いたら今まで使っていた機器は返却する必要があるので、捨てたりしないようにしてください。

交換可能な機種は、2024年7月現在で各契約タイプで利用できるホームゲートウェイとは違う機種を使っている場合、交換することが可能です。

契約タイプ利用できるホームゲートウェイの機種
ホームタイプBL1000HW、BL900HW、BL190HW、BL170HV
マンション タイプGBL1000HW、BL902HW
マンション タイプVBL902HW、BL172HV、BL170HV
マンション タイプEBL170HV
マンション ギガBL900HW、BL190HW
マンションミニ ギガBL900HW、BL190HW

上記に該当しない古い機種を利用している場合や、現在の機種に不満がある場合には、買い替えを検討してみましょう。

3-7.接続デバイスのスペック等を確認する

ホームゲートウェイやルーターだけでなく、接続しているパソコンやスマホのスペックが古い場合にも回線速度を活かしきれずに遅く感じることがあるため、一度確認してみましょう。

特に、auひかりの高速な通信速度を利用する際に必須の「IPv6」は、Wi-Fiルーターはもちろん、受け取る側も対応していなければなりません。

例えば、パソコンであれば「Windows Vista」「Mac OS X 10.5」以前のものである場合は、IPv6に対応していない可能性が高いです。

そのため、利用しているデバイスのスペックを確認し、古い場合はデバイスを変えたり、デバイスの再起動などを試してみることをおすすめします。

3-8.回線会社やプロバイダに問い合わせる

これまでご紹介した対処法を試してもauひかりの通信速度が遅いという場合には、auひかりやプロバイダに問い合わせてみましょう。

auひかりの回線自体に問題がある場合などには、直接問い合わせることで改善されることがあります。

以下は、auひかりの問い合わせ先になります。

auひかりのインターネットサービス接続・設定・故障の問い合わせ

  • 電話番号:0077-7084(ひかり電話からは0120-977200
  • 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

プロバイダの問い合わせ先は契約しているプロバイダごとに違うため、契約書やホームページなどから問い合わせてみましょう。

以下は、各プロバイダの問い合わせ先です。

提供元(プロバイダ)問い合わせ先受付時間
GMOとくとくBB0570-045-10910:00~19:00(平日)
@nifty0570-03-221010:00~18:00(年末年始を除く)
@T COM0120-805633月~金 10:00~19:00
土日祝 10:00~18:00
ASAHIネット0120-577-10810:00~17:00(年中無休)
BIGLOBE 0120-86-09629:00~18:00(年中無休)
DTI0570-00474010:00~17:00(平日)
So-net0120-80-77619:00~18:00
(日曜・1月1日・2日は除く)
メガ・エッグ0120-505-89810:00~19:00(年中無休)

3-9.プロバイダを変更する

プロバイダによって通信速度に明確な違いが出るわけではありませんが、利用する地域や人数により速度に差が出るため、プロバイダを変更することにより速度が改善されることがあります。

というのも、近年一人当たりのスマホの使用量が増えているため、プロバイダのキャパシティを超えていることがよくあるためです。

実際に、「みんなのネット回線速度」によると、同じauひかりでもプロバイダ毎に通信速度に違いが出ていることがわかります。

プロバイダ下り平均速度上り平均速度
DTI555.33Mbps475.18Mbps
GMOとくとくBB513.32Mbps446.01Mbps
So-net402.83Mbps337.95Mbps
au one net389.28Mbps313.89Mbps
BIGLOBE369.43Mbps290.45Mbps
@nifty362.75Mbps296.39Mbps
ASAHIネット316.65Mbps282.12Mbps

みんなのネット回線速度より(2023年2月調査)

なお、次章の「4.auひかりのおすすめ申し込み窓口(プロバイダ)」でもご紹介していますが、おすすめのプロバイダは『GMOとくとくBB』です。

上記比較を見ても分かるように通信速度も速く、何より高額キャッシュバック等により最もお得にauひかりを利用できるためです。

ただし、auひかりは契約中のプロバイダ変更ができないため、プロバイダを変えたい場合は一度解約して、別のプロバイダとセットで再度auひかりを契約する必要があることに注意してください。

4.auひかりのおすすめ申し込み窓口(プロバイダ)

通信速度にとても定評のあるauひかりですが、プロバイダを変更する場合や新規でauひかりを申し込む際には、プロバイダをしっかりと選択することが重要になります。

auひかりでは8社のプロバイダから1つを選ぶ必要があり、申込窓口は公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめの窓口はプロバイダのGMOとくとくBBです。

というのも、キャッシュバックが50,000円以上もらえる窓口(プロバイダ含む)を比較してみると、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、オプション条件やその他の特典でも優れているからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかりの
申込窓口
キャッシュバックオプション条件その他の特典
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
94,000円ありWi-Fiルーター
無料プレゼント
So-net
(プロバイダ)
70,000円Wi-Fiルーター
6カ月間無料
NNコミュニケーションズ
(代理店)
61,000円あり
BIGLOBE
(プロバイダ)
60,000円
NEXT
(代理店)
52,000円あり

※ひかり電話は月額税込550円

したがって、auひかりを申し込む際には、GMOとくとくBBをおすすめします。

なお、94,000円のキャッシュバックを受け取るためには「ひかり電話」「インターネット安心セキュリティー」「スマホトラブルサポート」への加入が必要です。

ただしGMOとくとくBBでは、ひかり電話の利用料金は3年契約の戸建てタイプで35カ月間無料、2年契約のマンションタイプでは23カ月間無料となっていますので、契約期間満了まではほぼ無料でひかり電話を利用できます。

また、ひかり電話への加入は次の特典を受けるために必要な条件ですので、スマホセット割を受けたいauユーザーや、戸建てにお住まいの場合は必ず加入するようにしましょう。

《ひかり電話の加入による特典》

  • auスマートバリュー(auユーザーは月額最大1,100円割引)の適用
  • 工事費が実質無料(戸建てプランのみ)

※マンションタイプはひかり電話を契約しなくても工事費は実質無料

ちなみに、ネット回線の申し込みだけでも74,000円のキャッシュバックをもらえますので、どうしてもひかり電話が不要であれば、10,000円減額のキャッシュバックをおすすめします。

関連記事

▶auひかりのプロバイダを徹底比較!

では次に、GMOとくとくBBから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

auひかりがお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」

auひかり×GMOとくとくBB 94,000円キャッシュバック出典:GMOとくとくBB

当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
7/21までの週末限定で増額中!
\95,000円キャッシュバックがもらえる/

GMOとくとくBB』は、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBからauひかりを申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかり×GMOとくとくBB戸建てマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
4,180円~
開通月の月額料金0円
事務手数料3,300円
工事費41,250円
(契約期間満了で実質無料)
33,000円
(契約期間満了で実質無料)
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
キャンペーン・最大94,000円キャッシュバック
・ひかり電話最大35カ月間無料
・他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで負担
・工事費実質無料
・Wi-Fiルーター無料プレゼント
・auスマートバリュー/ 自宅セット割の初加入で10,000円相当分のau Pay還元 など
GMOとくとくBBでの
下り平均速度※2
741.88Mbps
3年間の実質月額料金3,329円2,193円
スマホセット割※3を含めた
3年間の実質月額料金
1,951円815円

※1:戸建ては3年契約プラン、マンションは2年契約プランの料金
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※3:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

なお、プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むと、他のプロバイダよりも通信速度が速いという特徴があります。

auひかり全体の下り平均速度が499.74Mbpsに対して、GMOとくとくBBでは741.88Mbpsですから、少しでも速い方が有利に働きやすいオンラインゲームをする場合は大きなメリットになるでしょう。

また、最大1Gbpsの通信速度を最大限に引き出せるWi-Fi 5(最大通信速度6.9Gbps)の高性能Wi-Fiルーターをプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は大きなメリットです。

当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
7/21までの週末限定で増額中!
\95,000円キャッシュバックがもらえる/

関連記事

▶auひかりの最新キャンペーン情報

auひかりを「GMOとくとくBB」から申し込む方法

auひかりを『GMOとくとくBB』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. GMOとくとくBB』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面右下にある緑色の「お申し込みはコチラ」をクリックする
  3. 必要項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてauひかりの利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、戸建てなら1~2カ月、マンションなら2週間を目安にしておくとよいでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取る方法

GMOとくとくBB』でキャッシュバックを受け取る手順は、次のとおりです。

  1. 「GMOとくとくBB」の入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作る
  2. 回線開通月を含む11カ月目と23カ月目の初日に、上記メールアドレス宛にキャッシュバックの案内メールが届く
  3. 必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日に指定口座に振り込まれる

GMOとくとくBBの難点は、キャッシュバックの受け取りが「11カ月後・23カ月後」と時間がかかることです。

よって、忘れてしまわないようにスマホのリマインダー機能などに登録して、確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

GMOとくとくBBの特典

  • 最大94,000円キャッシュバック
  • ひかり電話最大35カ月間無料
  • 他社違約金を最大30,000円まで還元
  • 契約期間満了で工事費実質無料
  • 高性能WiFiルーターが無料でもらえる
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQユーザーも月額最大1,100円割引
  • セット割の加入で10,000円追加還元

5.auひかりの速度が遅い場合におすすめの乗り換え先

auひかりの速度が遅いと感じる場合や料金面で不満がある際には、別の光回線へ乗り換えることも検討しましょう。

結論から言えば、auひかりの速度面で不満があって乗り換えたい場合には、同じ独自回線の『NURO光』がおすすめです。

なぜなら、NURO光の一般的なプランは最大速度が2Gbpsであり、以下のように実測値が最も速い光回線だからです。

光回線最大速度※下り平均速度上り平均速度
NURO光2Gbps477.81Mbps421.18Mbps
auひかり1Gbps378.53Mbps311.95Mbps
ソフトバンク光1Gbps304.27Mbps199.76Mbps
So-net光1Gbps300.92Mbps219.2Mbps
ドコモ光1Gbps298.03Mbps223.73Mbps
フレッツ光1Gbps265.5Mbps197.9Mbps
OCN光1Gbps265.49Mbps194.91Mbps

みんなのネット回線速度より(2023年2月調査)

以下で、最もお得にNURO光を利用できるおすすめの窓口をご紹介します。

NURO光をお得に利用するならどのプロバイダ・窓口がおすすめ?

NURO光はプロバイダ「So-net」との一体型サービスであるため、別途プロバイダと契約する必要はありません。

また、NURO光では代理店が新規受付を終了しており、申込窓口は公式サイトだけとなっていますが、中でもおすすめのキャンペーン窓口は『NURO光 公式特設サイトです。

公式特設サイトから申し込むと、60,000円の高額キャッシュバックが無条件でもらえます。NURO光を申し込むなら、公式特設サイトからがおすすめです。

では次に、公式特設サイトから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

NURO光がお得な申込窓口は「公式特設サイト」

NURO光特設サイト出典:NURO光

NURO光 公式特設サイト』からNURO光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NURO光×公式特設サイト戸建てマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
5,200円5,200円
開通月の月額料金日割り
事務手数料3,300円
工事費44,000円
(契約期間満了で実質無料)
スマホセット割おうち割 光セット(月額最大1,100円割引)
キャンペーン・60,000円キャッシュバック
・設定サポートが1回無料
・オプション申し込みで最大20,000円還元
・契約解除料が0円
・2カ月無料体験
下り平均速度※2581.07Mbps
3年間の実質月額料金4,042円4,042円
スマホセット割を含めた
3年間の実質月額料金※3
3,492円3,492円

※1:3年プランの場合
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※3:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

なお、『NURO光 公式特設サイト』からNURO光を申し込むと、いつ解約しても契約解除料が0円になる特典や、最長2カ月の無料体験がついてきます。

無料体験とは、万が一NURO光に満足できなかった際に、開通月を含む2カ月目の末日までに解約すれば「契約事務手数料・工事費※1・月額基本料金※2・契約解除料」が発生しない特典です。

※1:回線撤去を希望の場合は別途費用が発生
※2:有料オプションの月額料金は発生

2カ月無料体験出典:NURO光

完全に無料でお試しできることになりますので、安心して申し込むとよいでしょう。

NURO光を「公式特設サイト」から申し込む方法

NURO光を『NURO光 公式特設サイト』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. NURO光 公式特設サイト』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面下部にある「お申し込みはこちら」から希望のプラン(3年契約 / 2年契約)を選択する
  3. 提供エリアを検索後、必要項目を入力して申し込みを完了する
  4. 申し込み内容についての電話確認
  5. 宅内・屋外工事(どちらも1~2時間ほど)をする
  6. 初期設定をしてNURO光の利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、戸建てなら1~3カ月、マンションなら2~3カ月を目安にしておくとよいでしょう。

「NURO光 公式特設サイト」でキャッシュバックを受け取る方法

NURO光 公式特設サイト』でキャッシュバックを受け取る手順は、次のとおりです。

  1. NURO光の入会時にSo-net専用のメールアドレスを作成する
  2. 開通から6カ月後に案内メールが届く
  3. 案内メールに従って口座情報を登録する
  4. 指定口座にキャッシュバックが振り込まれる

案内メールの存在を忘れてしまわないように、スマホのリマインダー機能などに登録して、確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

「NURO光×公式特設サイト」の特典

  • 60,000円キャッシュバック
  • 44,000円の工事費が実質無料
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円割引
  • いつ解約しても契約解除料が0円
  • 最長2カ月の無料体験付き

6.auひかりの速度に関する質問まとめ

下記では、auひかりの速度によくある質問について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Q1.auひかりが以前より遅くなったのはなぜ?

結論から言えば、接続機器等のスペックが追いついていないこともあり得ますが、利用者が増えたことで回線が圧迫され、回線速度に影響が出ていることが考えられます。

そのため、auひかりをずっと利用していて、以前より遅くなったと感じる人は少なくありません。

ただし、下記口コミの場合のように、利用する地域や環境によって影響がない人もいます。

回線混雑はauひかりだけでなく、通信回線すべてで言えることなので、あくまで参考として覚えておきましょう。

Q2.auひかりの10ギガ・5ギガは遅い?

高速通信プラン「10ギガ・5ギガ」を利用する」でも紹介した通り、auひかりの「ホーム10ギガ・5ギガ」は、通信速度に満足している人が多いプランです。

もちろん、こちらも住居環境や利用状況によって速度に違いはありますが、基本的には速くなると考えて問題ありません。

ただし、「ホームタイプ」のみの提供であり、提供エリアは「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア」と限定的ではあることに注意しておきましょう。

まとめ

auひかりの通信速度や遅い場合の対処法について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

独自回線を利用している「auひかり」は光回線の中でも比較的速いサービスですが、契約プランや利用状況によって遅くなることもあります。

その場合は、以下の対処法を試してみてください。

  1. 可能であれば契約タイプ・配線方式を変更する
  2. 高速通信プラン「10ギガ・5ギガ」を利用する
  3. IPv6に接続する
  4. 接続機器を再起動する
  5. 接続機器を新しいものに交換する
  6. 接続デバイスのスペック等を確認する
  7. 回線会社やプロバイダに問い合わせる
  8. プロバイダを変更する

上記の方法を試しても速度が改善しない場合は、別の光回線に乗り換えることも検討しておきましょう。

このページを参考に、あなたが光回線をより快適に利用できるようになることを、心より願っています。

【厳選】おすすめの光回線一覧

光回線おすすめ理由と回線の特徴
GMOとくとくBB光▶とくとくBB光どのスマホキャリアでもお得な光回線
最大126,000円現金還元(当サイト限定)
相場より月額料金が1,000円程度安い最もお得なキャンペーン窓口
ドコモ光▶ドコモ光ドコモユーザーなら最安で使える光回線
最大51,000円現金還元(当サイト限定)
キャンペーンで工事費が完全無料
最もお得なキャンペーン窓口
auひかり▶auひかりau・UQユーザーなら最安レベルの回線
最大94,000円キャッシュバック
回線速度が速く通信品質も安定している最もお得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光▶ソフトバンク光ソフトバンクなら最安レベルの光回線
最大50,000円キャッシュバック
他社からの乗換費用を最大10万円還元最もお得なキャンペーン窓口
NURO光▶NURO光回線速度がトップクラスの光回線
最大速度2G/10G/20Gに対応している
60,000円キャッシュバックがもらえる最もお得なキャンペーン窓口

【2024年7月おすすめの光回線】高額還元で料金が安いGMOとくとくBB光

とくとくBB光_ロゴ

GMOとくとくBB光は月額料金が安くほとんどの人におすすめの光回線です。最大126,000円キャッシュバックがもらえます

日本全国で利用可能で、スマホセット割がなくても月額料金がリーズナブルです。また、老舗プロバイダーのGMOが運営しているので信頼性も高いです。

さらに、高性能WiFiルーターが無料でレンタルできる特典もあります。迷ったら、すべての面で優秀なGMOとくとくBB光にしましょう!

当サイト限定!
\最大126,000円キャッシュバック/
とくとくBB光公式はこちら

光回線の対応エリア外/工事なしで使うならドコモhome 5G

docomo home5G

光回線が契約できなかったり、工事なしでネットを利用したいならドコモhome 5Gにしましょう。スマホと同じ電波を利用しているので、日本全国で利用できます。

しかも、5G通信に対応しているため、光回線と同等の速度で利用できる可能性があります。コンセントに挿すだけで、WiFiが使える手軽さも魅力です。

お得な窓口から申し込むだけで20,000円分のAmazonギフトがもらえるので、ホームルーターにするならhome 5Gを選びましょう!

\Amazonギフト券20,000円分もらえる!/
home5G×GMOとくとくBBはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る