ゼウスwifiの評判や口コミは?新料金プランの特徴やメリット・デメリットを紹介!

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
ゼウスWiFi評判のアイキャッチ

新たなWi-Fiサービスを探している時、ゼウスWi-Fiは有力な候補になるでしょう。

しかし、ゼウスWi-Fiを調査するためネットで検索して口コミなどを見ていると「料金が高い」や「速度が遅い」等、気になる点が目につきます。悪い口コミを見るとゼウスWi-Fiを契約して大丈夫なのかと、不安になる方もいますよね。

そこでこの記事では、ゼウスWi-Fiに関する口コミを紹介した上でゼウスWi-Fiの特徴・プランについて解説します。またメリット・デメリットや他社との比較についても説明し、どのような人にゼウスWi-Fiがおすすめかを紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

  1. ゼウスWi-Fiの評判・口コミを一挙に紹介
  2. ゼウスWi-Fiの特徴・プランについて
  3. ゼウスWi-Fiを利用するメリット6つ
  4. ゼウスWi-Fiを利用するデメリット5つ
  5. ゼウスWi-Fiの料金や通信速度の他社との比較
  6. 【結論】ゼウスWi-Fiはどんな人におすすめ?
  7. ゼウスWi-Fiの契約方法と手順
  8. ゼウスWi-Fiの解約方法と注意するポイント
  9. ゼウスWi-Fi以外ならWiMAX×とくとくBBがおすすめ
  10. ゼウスWi-Fiを法人で使用する場合
  11. ゼウスWi-Fiに関するQ&A

読んでいただければ、自分がゼウスWi-Fiを選ぶべきかどうかがわかるでしょう。

※紹介している料金はすべて税込です。

WiMAXならキャッシュバック総額最大84,693円

WiMAX×GMOとくとくBB キャッシュバック

引用:WiMAX

ポケット型WiFiには様々なものがありますが、その中でも最もおすすめなのがとくとくBB経由でWiMAXに登録することです。具体的には以下のメリットがあります。

“WiMAXのおすすめポイント”
  • 新規契約で最大41,000円・乗り換えなら最大8万5,693円のキャッシュバック
  • 月額料金が総額44,693円値引き
  • 解約違約金0円で実質縛りなし!
  • 下り最大4.2Gbpsの高速通信でストレスなくネットが使える
  • データ容量が無制限で使い放題

上記のとおりWiMAXは乗り換えや新規で契約するだけで、最大8万5,693円のキャッシュバックを受けられます。キャッシュバック金額が非常に大きいので、現在利用中のポケット型WiFiがあっても解約金をかけずに乗り換えが可能です。

またキャッシュバックだけでなく、性能面も他のポケット型WiFiより高い魅力があります。特にクラウドSIMなどでは不可能な下り4.2Gbpsという高速回線が可能なので、スマホゲームなどを行う人でも満足できるでしょう。

またデータ容量が無制限で使えるので、月のデータ使用量を気にする必要もありません。月額料金は割引などを利用すると最安値990円から利用できるので通信費を下げつつ、データ容量を増やすこともできますよ。

auスマホ割も適用できるので、月額料金をお得にしてどこでもインターネットを楽しみましょう。解約金もかからないのでまずは利用してみて、使用感を試してみるのもおすすめです。

他のサイト経由だともらえない特典もあるので、ぜひ以下のボタンより利用を開始してみてくださいね。


1.ゼウスWi-Fiの評判・口コミを一挙に紹介

引用:ゼウスWi-Fi

それではゼウスWi-Fiの評判を具体的に紹介していきましょう。それぞれ下記の項目についてSNSでの口コミを集めましたので参考にしてください。

  1. 速度について
  2. 料金について
  3. キャンペーンについて
  4. サポートについて
  5. 契約期間・違約金について

1-1.速度について

まずは、速度に関する口コミはライトユーザーならおすすめという声と遅いという声の両方が見られました。

上記を見るとYouTubeを見る分には普通という声も見られることから、何と比較するのかによって評価が分かれるようです。例えばWiMAXのように高速回線が得意なポケット型WiFiと比較すると遅いと感じることも多いでしょう。

日常使いとしてYouTubeの閲覧やネット検索で利用する分にはストレスなく利用できるので、速度はそこまで求めない人におすすめです。ただしネットゲームなどを行う場合は十分な速度が出ない恐れがあるので、WiMAXなど高速回線に対応したポケット型WiFiを選ぶと良いでしょう。

WiMAXの特徴やメリットは「元販売員が教えるGMOのWiMAXで契約前に読むべき全知識」でも解説しているので、参考にしてください。

1-2.料金について

料金に関しては多くの人が他社よりも安いと感じているようです。

なかには高いという口コミも散見されますが、キャリア系の格安プランと比較すると割高に感じるようです。そのため、自宅では光回線のWi-Fiを利用して、外ではポケット型WiFiを利用しようと考えている人に向いていると言えます。

他社と比較したゼウスWi-Fiの料金は「2.ゼウスWi-Fiの特徴・プランについて」で詳しく解説しているので参考にしてください。

1-3.キャンペーンについて

ゼウスWi-Fiのキャンペーンは良い口コミが多いです。

2024年2月時点では「神コスパキャンペーン」として、初月から最大24ヶ月の月額料金が大幅値引きになるキャンペーンを実施中です。

引用:ゼウスWi-FI

20GBを月々980円で利用できるので、キャンペーンを上手に利用すれば月々の通信費をグッと抑えることもできます。

1-4.サポートについて

サポートに関する口コミは良い声と悪い声の両方が見られました。

ゼウスWi-Fiは電話での問い合わせに対応しているので、緊急の問い合わせがある場合でもすぐに対応してもらえます。ただし電話での対応は平日のみなので、日知曜日や祝日の場合はメールで問い合わせることが必要です。

口コミを見るとメール問い合わせの場合は返答に時間がかかるという声も見られるので、なるべく電話で問い合わせた方が良いでしょう。とはいっても、そもそも問い合わせを電話対応しているポケット型WiFiは少ないので、他社と比較するとサポート面は充実していると言えます。

1-5.契約期間・違約金について

契約期間や違約金については、いくつか注意点があるという声が見られます。

ゼウスWi-Fiは契約縛りがあるプランでは、2年以内に解約した場合に月額費用1ヶ月分の違約金がかかります。ただしそもそもゼウスWi-Fiの月額費用が安いため、違約金を支払った方が残りの契約期間を考えるとお得になるケースもあります。

ただし、解約時に本体を含めた以下の同梱物を一式返却出来ないと19,800円の端末損害金が発生するので注意が必要です。

【ゼウスWi-Fi解約時に返却が必要なモノ】

  • 端末
  • USBケーブル
  • 取扱説明書一式

ゼウスwifiを利用する際は、梱包物や箱などもなくさないよう管理しておきましょう。

2.ゼウスWi-Fiの特徴・プランについて

ゼウスWi-Fiの特徴やプランを見ていきましょう。

ゼウスWi-Fiについての理解を深めることで、本当に契約すべきかの判断もできます。

2-1.ゼウスの料金プラン2つと容量3タイプ【神コスパキャンペーン中】

ゼウスWi-Fiのプランは、大きく分けて契約期間2年の縛りがある「スタンダードプラン」と期間の縛りがない「フリープラン」があります。また、それぞれのプランで「ギガ並盛」30GB「ギガ大盛」50GB「ギガ特盛」100GBが選択できます。

それぞれのプランの料金や概要は下の表のとおりです。

【スタンダードプラン(2年縛りあり)】

データ容量30GB/50GB/100GB
月額料金30GB:2,508円
50GB:3,278円
100GB:3,828円
速度制限時の速度128Kbps
事務手数料3,300円
取り扱い端末H01
端末代無料(レンタル扱い)
キャンペーン30GB:980円(1~3月)2,361円(4~24月)
50GB: 1,480円(1~3月)3,106円(4~24月)
100GB: 1,980円(1~3月)3,212円(4~24月)
契約期間2年間

【フリープラン(2年縛りなし)】

データ容量30GB/50GB/100GB
月額料金30GB:3,168円
50GB:3,828円
100GB:4,708円
速度制限時の速度128Kbps
事務手数料3,300円
取り扱い端末H01
端末代無料(レンタル扱い)
キャンペーンなし
契約期間縛りなし

大容量の100GBでもスタンダードプランであれば、月々4,000円もかかりません。通信費を下げたい場合は、ゼウスWi-Fiのスタンダードプランの利用がおすすめです。

2-2.ゼウスのモバイルルーターと通信速度

ゼウスWi-Fiで使う端末(モバイルルーター)は、どちらのプランでも「H01」という機種で、キャリア(SoftBank、au、docomo)の回線を利用できます。

ルーター端末名H01
端末価格無料
サイズ126 x 64 x 13mm
重量約130g
最大通信速度下り150Mbps / 上り 50Mbps
通信回線クラウドSIM通信(docomo, au, SoftBank)
同時接続台数10台(docomo, au, SoftBank)
連続使用時間10時間

通信速度は、下り150Mbps/上り50Mbpsであり他社と同等なため、速度が遅いという心配はありません。連続使用時間は10時間であり、10台同時に接続も可能なので外出先で大人数で利用する際にも安心です。

ゼウスWi-Fiで使う端末は端末代無料で利用が可能です。ただしレンタル扱いになるので、壊したり傷をつけたりしないよう注意しましょう。

2-3.データ追加「おかわりGIGA」とは

ゼウスwifiでは契約プランのデータ容量を月の途中で使い切ってしまっても、「おかわりGIGA」を利用すれば追加でデータ容量の購入が可能です。具体的なデータ容量と金額は下記を参考にしてください。

【追加データ容量の料金】

  • +2GB:550円
  • +5GB:1,100円
  • +10GB:1,980円

万が一データ容量を使い切ってしまっても、2GB550円で購入できるので安心して利用できます。大手通信キャリアなどは、0.5GBで605円ほどかかるので大変お得といえるでしょう。

2-4.手続き不要で海外106ヵ国で使用可能

ゼウスWi-Fiの大きな特徴として、手続き不要で海外106ヵ国で使用できる点があげられます。海外に持っていくだけで利用できるようになるので、海外旅行や海外出張が多い人には特におすすめです。

プランには、1日プラン 300MB、7日プラン 1GB、30日プラン 3GBがあり、以下の国や地域で利用可能です。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

地域1日プラン 300MB7日プラン 1GB30日プラン 3GB
ヨーロッパイギリス540円1,210円2,840円
フランス
ドイツ
北アメリカアメリカ540円1,210円2,840円
カナダ
メキシコ
アジア韓国330円680円1,490円
台湾380円730円1,650円
シンガポール840円1,920円
アフリカエジプト330円680円1,490円
ケニア380円730円1,650円
南アフリカ840円1,920円
南アメリカチリ760円1,800円4,340円
ブラジル600円1,380円3,210円
アルゼンチン
オセアニアオーストラリア540円1,210円2,840円
グアム600円1,270円2,940円
ニュージーランド1,380円3,210円

国内で使用する場合とそれほど変わらない価格で、そのまま海外で使えるのは助かります。

2-5.3つのオプションプラン

ゼウスWi-Fiには、下記のオプションプランが用意されています。

オプション名解説月額料金
端末あんしんオプション万が一端末が故障してしまった際にモバイルルーターの交換が可能月額580円
丸ごと安心パック for ZEUS WiFiパソコン本体の最安値提供や無料の電話サポート、出張サービスが受けられる月額999円
デジタルライフサポートゼウスWi-Fiに接続する端末にトラブルが起こった際に年2回・最大20万円までの範囲で修理や交換費用を保障してもらえる月額660円

上記の中で「端末あんしんオプション」への加入は特におすすめです。ゼウスWi-Fiは端末をレンタルする形なので、万が一故障した際は全額弁償する必要があります。

オプションを付けていれば、万が一のケースでも無償で交換してもらえるので安心です。

3.ゼウスWi-Fiを利用するメリット6つ

これまで述べてきたことを踏まえた上で、ゼウスWi-Fiを利用するメリットは下記6つがあげられます。

メリットを整理することで、自分に合うポケット型WiFiなのか理解できるでしょう。

3-1.クラウドSIMで大手3キャリアの回線が使用できる

まずゼウスWi-FiはクラウドSIMなので、大手3キャリアの回線が使用できる点が大きなメリットです。

クラウドSIMとは、端末の電源を入れた時に位置情報をサーバーへ送り、その場所で利用するのに最適なキャリアを探してネットに接続できる仕組みのことです。したがって、au・ドコモ・SoftBankの三大キャリアの中から常に最適な回線につなげることができます。

結果として対応するエリアが広くなり、圏外にもなりにくくなります。

3-2.フリープランはいつ解約しても違約金無料

フリープランはいつ解約しても違約金無料なので解約時に金銭的に負担がないメリットもあります。そのためお金の心配をすることなく、自由にポケット型WiFiの乗り換えが可能です。

また、スタンダードプランの場合は2年間の縛りがありますが、2年後はいつでも解約できます。自動更新もないので、2年間継続して利用する人はスタンダードプランのほうが月額料金も下がるためお得といえるでしょう。

3-3.スタンダードプランは月間30GBまでのプランで月額利用料金が安い

ゼウスwifiのスタンダードプランは月額980円と月間30GBまでのプランのなかでは他社よりも月額利用料金が安いです。4ヶ月以降も24ヶ月までの期間は、月額2,361円なのでそれでも他社と比較して安く利用できます。

ポケット型Wi-Fiのなかでは最安クラスにコストパフォーマンスが良いので、毎月のランニングコストを抑えたい人の利用におすすめです。月額料金の他社との詳しい比較は「5.ゼウスWi-Fiの料金や通信速度の他社との比較」でしているので参考にしてください。

3-4.atone翌月払いを使えばコンビニ/口座振替での支払いができる

atone翌月払いを使えばコンビニ/口座振替での支払いができるというメリットもあります。

atone(アトネ)とは、クレジットカードを持っていない人でもコンビニでの支払いや口座振替を可能としてくれる支払いサービスです。atoneを利用すれば、1ヶ月で発生した費用をまとめて翌月に支払えます。

またその他の支払い方法は、以下の種類から選択可能です。

【その他の支払い方法】

  • コンビニ払い(コンビニ端末、電子バーコード、請求書)
  • 銀行ATM(Pay-easy)
  • 口座振替

学生でクレジットカードを持っていない人や、毎月の固定費でクレジットカードを利用するのを避けたい人には魅力的です。

3-5.月の途中にギガを購入できる

月の途中にギガを購入できることもメリットとしてあげられます。

月途中で使い切ってしまった場合でも、「おかわりギガ」を使えばデータ容量の追加(チャージ)ができます。2GBが550円~追加可能となっており、スマホのデータ容量よりも割安なのでいざというときにありがたい機能といえるでしょう。

3-6.端末が液晶画面付きで見やすい

端末が液晶画面付きで見やすいこともメリットといえるでしょう。

液晶画面がない端末(モバイルルーター)を使うと、スマホやパソコンから管理画面にアクセスしないとデータ通信量がわからずかなり不便です。ゼウスWi-Fiの端末には液晶画面が付いているので、これまで使ったデータ通信量やバッテリーの残量をひと目で把握できます。

4.ゼウスWi-Fiを利用するデメリット5つ

逆に、ゼウスWi-Fiを利用するデメリットとしては下記があります。

4-1.データ容量は制限あり

デメリットとしてまずあげられるのが、データ容量に制限がある点です。

ゼウスWi-Fiは元々「完全無制限」でしたが、クラウドSIMのポケット型Wi-Fiで回線がパンクし、通信障害が相次いで発生してしまった過去があります。したがって、現在ではデータ容量に制限のあるプランを発売しています。

ただし、おかわりGIGAというデータ容量を追加できるサービスがあるのでデータを使い切ったあとも安心です。

4-2.スタンダードプランでは契約期間の縛りあり

スタンダードプランでは契約期間の縛りがあることもデメリットです。

スタンダードプランには、2年間という契約期間の縛りがあります。2年後の更新月のタイミングまでに解約した場合、解約違約金が30GBプランなら2,508円、50GBプランなら3,278円、100GBプランなら3,828円の違約金がそれぞれ発生します。

ただし現在では解約金が安くなったので、2年以上契約するかどうかわからない人でもスタンダードプランを検討してもいいでしょう。

4-3.100GBプランは他社より割高になっている

100GBプランは他社より割高になっている点もデメリットといえます。

ゼウスWi-Fiの100GBプランは、実際どのように比較しても他社より割高です。もし100GBで検討しているのであれば、ゼウスWi-Fiではなく自分の用途にあった最安値のサービスを探したほうがいいでしょう。

100GBプランのプランであれば、例えばTHE WiFi 100GBであれば初めの3ヶ月は無料で、その後は月3,828円で使えます。

4-4.通信端末を返却しなければならない

通信端末を返却しなければならない点もデメリットです。ゼウスWi-Fiは、必ず端末をレンタルする必要があるので解約の際には端末を返却しなければいけません。

端末を返却するだけでも手間がかかる上に、解約時に返却の遅延や端末に故障があった場合には19,800円の賠償金がかかります。ゼウスWi-Fiをレンタル中は端末の扱い方や、端末返却のタイミングには十分な注意が必要といえるでしょう。

4-5.通信速度が安定しないという口コミ・評判あり

通信速度が安定しないという口コミ・評判があります。

さきほど紹介した口コミの中にも、「通信速度が遅い」という口コミがみられました。評判の悪いサービスは、あまり利用したくないもの。

一方で通常使用する分には問題ないという口コミがあるのも事実です。通信速度にこだわらないのであれば、悪い評判はそこまで気にすることはないでしょう。

5.ゼウスWi-Fiの料金や通信速度の他社との比較

ゼウスWi-Fiの料金や通信速度は、他社と比べて具体的にはどうなっているのでしょうか?以下で比較していきます。

30GBプランは他社と比較して短期間であればお得

まずは、30GBプランでの比較をみてみましょう。

【契約縛りあり】
←スマホの方は左右にスクロールできます→

比較項目ゼウスWi-FiぴたっとWiFi縛られないWiFi
月額料金(最安値)980円2,750円2,970円
契約期間24月18月12月
契約期間中の総料金52,521円49,500円35,640円
実質月額2,188円2,750円2,970円
通信速度51.74ms40.0ms57.3ms

【縛りなし】
←スマホの方は左右にスクロールできます→

比較項目ゼウスWi-FiぴたっとWiFi縛られないWiFi
月額料金3,168円2,750円3,190円
通信速度51.74ms40.0ms57.3ms

契約縛りありの月額料金(最安値)は、ゼウスWi-Fiでは3か月間の価格です。上記を見ると、短期で使用するのであればゼウスWi-Fiはお得といえます。

50GBプランは他社と比較してほぼ同等

次に、50GBプランでの比較は下表のとおりです。

【契約縛りあり】
←スマホの方は左右にスクロールできます→

比較項目ゼウスWi-FiモンスターモバイルクラウドWiFi東京
月額料金(最安値)1,480円2,530円2,980円
契約期間24月24月なし
契約期間中の総料金69,666円60,720円71,520円(24月換算)
実質月額2,903円2,530円2,980円
通信速度51.74ms40.51ms50.67ms

←スマホの方は左右にスクロールできます→

【縛りなし】

比較項目ゼウスWi-FiモンスターモバイルクラウドWiFi東京
月額料金3,828円3,190円2,980円
通信速度51.74ms40.51ms50.67ms

契約縛りありの月額料金(最安値)は、ゼウスWi-Fiでは3か月間の価格です。上記を見ると、短期で使用するのであればゼウスWi-Fiは依然としてお得といえますが期間が長くなるほど割高感が目立ちます。全体的に見ると、同等といったところでしょうか。

100GBプランは他社と比較して損

最後に、100GBでの比較をみておきましょう。
【契約縛りあり】
←スマホの方は左右にスクロールできます→

比較項目ゼウスWi-FiモンスターモバイルクラウドWiFi東京
月額料金(最安値)1,980円2,948円3,718円
契約期間24月24月なし
契約期間中の総料金73,392円70,752円89,232円(24月換算)
実質月額3,058円2,948円3,718円
通信速度51.74ms40.51ms50.67ms

【契約縛りなし】
←スマホの方は左右にスクロールできます→

比較項目ゼウスWi-FiモンスターモバイルクラウドWiFi東京
月額料金4,708円3,938円3,718円
通信速度51.74ms40.51ms50.67ms

契約縛りありの月額料金(最安値)は、ゼウスWi-Fiでは3か月間の価格です。上記を見ると、契約縛りなしの価格が他社に比べてかなり割高になっています。最初から短期でキャンペーン期間に契約すると決めているのでなければ、損をする可能性が高くなるでしょう。

6.【結論】ゼウスWi-Fiはどんな人におすすめ?

ゼウスWi-Fiはどんな人におすすめなのか具体的に紹介します。

ゼウスWi-Fiは契約期間が短く低容量でOKな人におすすめ

ゼウスWi-Fiは契約期間が短く、30GB以下で問題ない人におすすめです。2年間縛りの場合最初の3か月は非常に安いため、解約料金を払ってでも数か月だけ利用するという賢い使い方もできます。

他のGB数よりも30GBのプランの時が一番お得なので、通信費を節約したい場合は30GBの2年縛りで契約すると良いでしょう。ただし、低容量だと生活に支障が出ないか心配という人もいます。

結論30GBもあれば、以下のようなことができるので心配する必要はありません。

引用:ゼウスWi-Fi

SNSや動画の閲覧などであれば、30GBでも十分対応できるでしょう。

長期間で大容量使いたい人にはおすすめできない

長期間で大容量を使いたい人にはおすすめできません。ゼウスwifiは使用期間が長く、また容量が多くなるほど割高になる傾向にあるからです。

大容量を求めるのであれば、例えばhi-ho Let’s WiFiの場合1日7GB、月間210GB使うことができます。

7.ゼウスWi-Fiの契約方法と手順

ゼウスWi-Fiの契約方法と手順は下記のとおりです。

  1. 公式サイトの申し込みからプランと容量を選択
  2. お客様情報を入力
  3. 契約内容を確認し支払方法を選択して完了

手順①公式サイトの申し込みからプランと容量を選択

ゼウスWi-Fiの公式サイトにアクセスし、「お申し込み」をタップして専用の申込フォームにアクセスします。それからプラン・容量を選び、必要であればオプションサービスも選びます。

手順②お客様情報を入力

次に、個人情報を入力します。必要事項を記入し、次へ進みます。ちなみに、ゼウスWi-Fiの申し込みに本人確認書類は必要ありません。

手順③契約内容を確認し支払方法を選択して完了

さらに記入した内容が正しいかを確認し、次へ進みます。最後に支払方法を選択して完了です。支払方法は、クレジットカードまたはatone 翌月払い(コンビニ/口座振替)です。

8.ゼウスWi-Fiの解約方法と注意するポイント

ゼウスWi-Fiの解約方法と注意するポイントについて説明していきます。

公式サイトのマイページから可能

解約は公式サイトのマイページから行います。入力する項目はほとんどないので、案内に沿って進めれば問題ありません。

解約月は締め日と日割りにならない点に注意

解約月は日割りにならないため、月初に解約するのは避けましょう。月初に解約してしまうと、1ヶ月分の利用料金をそのまま請求されてしまうからです。

また、解約の締結は毎月25、26日になります。それ以降の解約は翌月扱いになるので注意しましょう。解約申請した月は、月末まで利用が可能です。そのため、料金はかかるものの、利用そのものは可能なので安心できるでしょう。

スタンダードプランの場合は違約金が発生する

スタンダードプランの場合は、2年以内の解約に月額料金1ヶ月分の違約金がかかります。具体的な契約プランによる違約金は下記を参考にしてください。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

契約プラン解約料金
30GB2,508円
50GB3,278円
100GB3,828円

ただしキャンペーン価格で契約したのであれば、違約金を払っても早めに解約すればお得になるので解約時期は良く検討しましょう。

9.ゼウスWi-Fi以外ならWiMAX×とくとくBBがおすすめ

引用:WiMAX

ゼウスWi-Fi以外なら、WiMAX×とくとくBBがおすすめです。ゼウスWi-Fiを短期でお得に使用したあとで、WiMAX×とくとくBBに乗り換えるのもいいでしょう。

WiMAX×とくとくBBの契約を行うと、最大40,000円キャッシュバックを受け取ることができます。

また、月額料金の値引きがあり、61,578円相当の値引きが受けられます。さらに解約違約金は0円で、契約期間については実質縛りなしです。WiMAX+5Gで、3つのネットワークがつながるWi-Fiとなっています。下り最大2.7Gbpsの高速通信で、データ容量は無制限です。

WiMAXはクラウドSIMとは違い速さが出るポケット型WiFiなので、スマホゲームなどを頻繁に行う人にもおすすめですよ。

10.ゼウスWi-Fiを法人で使用する場合

起業を計画している人やすでに会社を持っている人の場合、ゼウスWi-Fiを法人で使用することを考えているかもしれません。ここでは、ゼウスWi-Fiの法人プランについて解説します。

10-1.法人プランについて

ゼウスWi-Fiでは、個人以外にも法人プランを販売しています。料金プランは、個人向けのプランと全く同じですが、個人プランとは違い複数台を同時契約することが可能です。

法人契約ページにある「概算見積書ダウンロード」のボタンから、企業情報とプラン・台数を入力するとすぐにPDFファイルで概算見積書を作成できます。社内の稟議で見積書が必要でもすぐに発行できるので、利用しましょう。

急いでWi-Fiを導入する必要がある場合、まずはオフィスにスタンダードプランで必要台数を導入すればコストを抑えてWi-Fiサービスが利用可能です。海外出張の場合にも、いちいち現地でSIMを調達する必要がなくそのままゼウスWi-Fiが使えて便利です。

とりあえず数か月ゼウスWi-Fiで急場をしのいだら、今度はじっくり検討してWiMAX×とくとくBBなど他のサービスへの乗り換えを検討してもいいでしょう。

10-2.法人プランのパートナー契約を活用する

法人プランとしてパートナー契約も可能です。ゼウスWi-Fiとパートナー契約することで、客にモバイルルーターを貸し出しできるようになります。例えば、以下のように活用されています。

  • ホテル事業者:出張にてWi-Fi環境が必要になった人や外国人観光客に端末貸出
  • 不動産仲介:引越しを契約した人にインターネットが開通するまでの期間、ネット環境を提供

Wi-Fiを必要する顧客がいるBtoC事業を行っていて、他社との差別化を図りたい企業におすすめのサービスといえるでしょう。

11.ゼウスWi-Fiに関するQ&A

ここでは、ゼウスWi-Fiに関するQ&Aを紹介します。

11-1.繋がらない時にはどうすればいいのか?

まずは、モバイルWi-Fiのルーターを再起動してみましょう。PCやスマホの再起動、通信モードの切替、セキュリティソフトの解除もした方がいいです。

さらに周囲の電波状況も確認し、それでも改善しない場合には故障の可能性もあるので、サポートセンターに問い合わせてみることをおすすめします。

11-2.コード12が出た時の対処の仕方は?

通信情報の取得に失敗した可能性があるので、再起動もしくは初期化を試しましょう。

再起動方法は、ZEUS WiFi端末の電源ボタンを長押し後、液晶画面の「再起動」を選択して行います。

その後、ZEUS WiFi端末の液晶ホーム画面から以下のように操作します。

【ゼウスWi-Fiの初期化方法】

  1. 端末情報をタップ
  2. 初期化するを押下
  3. 「はい」を押して初期化完了

11-3.usbケーブルをなくした場合どうすればいいのか?

まず、付属のUSBケーブルはなくさないように使用せずしっかりと保管しておくことが大前提です。

なぜなら、解約時に返却が必要となり、紛失時には端末損害金として18,000円(19,800円税込)を請求されるからです。

USBケーブルは、市販品を使うことをおすすめします。

11-4.プラン変更するには?

ゼウスWi-Fiはプラン変更ができないので一度解約する必要があります。ゼウスWi-Fiは契約したらプランの変更は受け付けていませんので、最初に十分検討してプランを選びましょう。

11-5.提供するエリア確認の方法は?

docomo ・ au・/SoftBankのサービスエリアに対応しているので、日本全国で利用できます。具体的な各社サービスエリアページから確認可能です。

docomo

https://www.docomo.ne.jp/area/

au

https://www.au.com/mobile/area/

Softbank

https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/

11-6.マイページのログイン方法を教えてほしい

マイページから、申し込み時に登録したメールアドレス・パスワードを入力してログインします。

11-7.審査落ちすることはあるのか?

ZEUS Wi-Fiから審査落ちとなる明確な条件は公表されていません。ただし下記の3つに該当する場合は審査落ちとなる可能性が高くなるでしょう。

  • 契約者情報と本人確認書の住所・氏名が異なる
  • クレジットカードの名義人が契約者と異なる
  • 過去に金融事故(返済トラブル)を起こしている

11-8.問い合わせ先は?

ZEUS WiFiカスタマーセンターは、下記から問い合わせが可能です。

ZEUS WiFiカスタマーセンター

電話番号:0120-989-827(受付時間:平日・土曜日 10:00~18:00 ※日曜日・祝日は除く)

お問い合わせフォーム:https://zeus-wifi.jp/support_contact

平日であれば電話で問い合わせるのが最も確実な方法なので、おすすめです。

ゼウスWi-Fiは人によってはおすすめできるサービス

ゼウスWi-Fiには、大きく分けると契約期間2年の縛りがある「スタンダードプラン」と期間の縛りがない「フリープラン」があります。また、それぞれのプランで「ギガ並盛」30GB、「ギガ大盛」50GB、「ギガ特盛」100GBが選択できます。

ゼウスWi-Fiは、契約期間が短く低容量でOKな人におすすめです。また個人以外にも法人プランを販売しています。

ゼウスWi-Fiにはデメリットもあるため万人におすすめできるサービスではありませんが、メリットを生かしつつ上手に利用すればかなりお得に使えます。工夫してWi-Fiサービスを使える人には、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る