au系格安SIM5社の速度を実際に測定してわかったおすすめ2選

    「au系の格安SIMでおすすめの格安SIMが知りたい」「au系の格安SIMにはどんな種類があるのか知りたい」と考えていませんか。

    au系の格安SIMは数えるほどしかないので、じっくり選べば、必ずあなたにとってベストなものが見つかります。

    このページでは実際に5社のau系格安SIMを契約し、速度を全て比較した上で、下記の流れでおすすめの格安SIMを紹介していきます。

    1. 主要au系格安SIM5社を徹底比較
    2. おすすめのau系格安SIM2社の詳細解説
    3. auから番号をそのままにした乗り換え(MNP)の全手順
    4. au系の格安SIMでテザリングはできる?
    5. 今のスマホにかかわらず格安SIMを選ぶための方法
    6. 格安SIM速度計測の検証結果

    この記事を読むことであなたに合ったau系の格安SIMが必ず見つかります。

    1. 主要au系格安SIM5社を徹底比較

    au系の格安SIMはauの回線を使っているので、現在auの携帯電話を使っている方なら今のスマホをそのまま使うことができます。

    しかし、回線貸し出しの料金、通信方式などの関係で、auの格安SIMを使える格安SIMはわずかしかありません。

    そこで、このページでは、数少ないau回線の格安SIMを徹底的に比較し、あなたにベストな格安SIMを選んで行きたいと思います。

    1-1. au系の格安SIM5社の料金一覧

    今回、比較の対象となったのは下記の5社で、通話したい人向けの「音声プラン」、通話しない人向けの「データ専用プラン」でまずは料金を比較してみました。

    音声プラン

    データ専用プラン

    上記のようになりますが、何か決定的な違いがあるわけではなく、この中でどうやって選ぶべきか判断できない方も多いと思います。

    ※UQモバイルの無制限プランがお得に見えますが、通常プランより速度が遅いのでおすすめしません。

    1-2. この中からは速度で選ぶのがおすすめ!!

    上記の中からは基本的に「速度」で選ぶことがおすすめです。

    料金にはあまり差がありませんでしたが、下記のように、速度に関しては格安SIMごとに差がつきやすく、ストレスの溜まりやすいものも多いからです。

    後悔したという声も多数!

    実際にTwitterなどを見ると、下記のように格安SIMに切り替え、遅くなったと後悔している人はたくさんいます。

    ただし、中には速度が速い格安SIMもあるので速度を重視して格安SIMを選ぶことが大切です。

    1-3. 同じau系の格安SIMなのに、速度に差がつくのはなんで?

    理由を簡単にいうと、格安SIMはauなどの大手携帯会社(大手キャリア)の設備の一部を借りていますが、ユーザー数と借りている設備量に差があるからです。

    通信回線を高速道路に、ユーザーを車に例えるとわかりやすいです。

    同じau系の格安SIMでも会社によって、借りている設備の回線容量(車線数)や顧客数(走る車)が変わるので速度(渋滞の起こりやすさ)に差が出るのです。

    その代わりに、設備を持たない分、設備投資や人件費などが削れ、料金が下がるという仕組みです。

    1-4. 実際にau系の格安SIM含む24社の格安SIMを速度計測してみた

    実際に遅い格安SIMを掴まないために、au系5社を含む24社の格安SIMを契約し、速度測定をしてみました。

    6. 格安SIM速度計測の検証結果」で詳細な実験内容や測定記録を紹介しますが、特に格安SIMをみんなが使って混みやすい12:00台(お昼休み時)、18:00台(帰宅時間)の2つのタイミングで計測しました。

    「4GMARK」という、Facebookなどの有名Webサイトの読み込み時間やYouTubeの動画再生も行い、ポイントを出せるアプリを使い、2つの時間のスコアを下記のようにグラフ化しました。

    参考までに入れたソフトバンクのスコアと大差がなかった格安SIMは『UQ-mobile』くらいで、他の格安SIMは大きく離されていたり、昼の時間が致命的にスコアが悪いなど、不安が残りました。

    そのため、au系の格安SIMで、現在最もおすすめできるのが、『UQ-mobile』で、他の格安SIMは今後に期待というのが計測からわかったことです。

    1-5. 料金、速度はわかったけど、他に比べるべきポイントはないの?

    格安SIMは、料金体系がシンプルなので、速度が速いもので、料金が安ければそれを選べば間違いありません。

    しかし、中には差別化のために料金表に見えないサービスをしているところもあります。そういったポイントを下記にまとめました。

    格安SIM+αのサービス
    UQmobile
    • 1回5分何度でもor月に60分の通話かけ放題のプランあり(2GBで1,980円)
    • 学割で最大3ヶ月基本料金ゼロ、データ容量が2倍に
    • 通話SIMで最大3,000円をキャッシュバック
    mineo
    • +850円で10分以内の電話がかけ放題に
    • 友達や家族とパケットを分けあえる
    イオンモバイル
    • +850円で10分以内の電話がかけ放題に
    • 低速/高速が自由に切り替え可能なので、速度必要ないときは低速にすればデータ容量の節約ができる
    QTmobile
    • +850円で10分以内の電話がかけ放題に
    •  「スタート割」で最大1年間月額が500円前後下がる
    BIGLOBEモバイル
    • +830円で10分以内何度でもor1ヶ月90分の電話がかけ放題に
    • +480円でYoutubeやApple Musicなどがデータ容量関係なく使い放題に

    上記も含めて選ぶとしたら、私のおすすめは下記の2社です。

    • UQmobile・・・・・・速度で後悔しにくい最もおすすめの選択肢
    • イオンモバイル・・・UQにいいプランがないときにおすすめ、1GBでも使いやすい

    それでは次の章で、おすすめの2社の解説をしていきたいと思います。

    2. おすすめのau系格安SIM2社の詳細解説

    では、おすすめの下記格安SIMの詳細を解説します。

    • UQmobile・・・・・・速度で後悔しにくい最もおすすめの選択肢
    • イオンモバイル・・・UQにいいプランがないときにおすすめ、1GBでも使いやすい

    2-1. UQ-mobile|速度で後悔しにくい最もおすすめの選択肢

    UQ-mobile」はau系の格安SIMで最も速度スコアが高く、料金自体も高くないので、最もおすすめできる格安SIMです。

    実際、過去に当サイトで計測した結果だと、毎回au系の格安SIMで最高のスコアを叩き出していて、大手キャリアよりもスコアが高いこともありました。

    auのスマホを、なるべく今と同じ快適さで使いたい方には間違いなくおすすめの格安SIMです。

    auのスマホならほぼ使えるはずですが、今のスマホを使いたいという方は念のため「動作確認端末」をチェックしておきましょう。

    UQモバイルの料金体系

    UQモバイルの料金は以下のようなプランがあります。3GBは最大速度が225Mbpsに対し、無制限プランの最大速度はおよそ1/450の500kbpsになります。

    音声付データ専用
    3GB(データ高速プラン)1,680円980円
    無制限(データ無制限プラン)2,680円1,980円
    無料通話のプランも充実

    3GBと無制限のプランの他に下記のような無料通話付のプランも存在します。

    1回5分以内の通話がかけ放題の「おしゃべりプラン」、無料通話がつく「ぴったりプラン」があり、それぞれS・M・Lの3パターンの料金です。

    SML
    おしゃべりプラン1回5分以内かけ放題1,980円
    (データ容量2GB)
    2,980円
    (データ容量6GB)
    4,980円
    (データ容量14GB)
    ぴったりプラン無料通話が60~180分つく1,980円
    (データ容量2GB
    +無料通話60分/月)
    2,980円
    (データ容量6GB
    +無料通話120分/月)
    4,980円
    (データ容量14GB
    +無料通話180分/月)

    このプランに関しては、家族割があり、2台目以降は1台500円引きされるので、家族で使う場合もコスパがいいです。

    とはいえ、スマホで電話をあまりしない方であれば、通常のプランで十分です。

    UQモバイル公式ページ:

    http://www.uqwimax.jp

    2-2. イオンモバイル|UQにいいプランがないときにおすすめ、1GBでも使いやすい

    イオンモバイル」はイオン社の格安SIMで、以前までドコモ回線だけでしたが、2018年3月からau回線も出しました。

    特長は1GBプランの安さと、高速/低速の切り替えが自由にできる「イオンモバイル速度切り替え」です。速度が必要ないときは低速モードにしておけばデータ容量を節約できます。

    速度スコアは気になりますが、プランは豊富なので、UQmobileで満足できそうなプランがないときにおすすめです。

    auのスマホならほぼ使えるはずですが、今のスマホを使いたいという方は念のため「動作確認端末」をチェックしておきましょう。

    イオンモバイルの料金体系

    イオンモバイルの料金は以下のようなプランがあります。

    音声付データ専用シェア音声プラン
    500MB1,130円
    1GB1,280円480円
    2GB1,380円780円
    4GB1,580円980円1,780円
    6GB1,980円1,480円2,280円
    8GB2,680円1,980円2,980円
    12GB3,280円2,680円3,580円
    20GB4,680円3,980円4,980円
    30GB6,080円5,380円6,380円
    40GB7,980円7,480円8,280円
    50GB10,800円10,300円11,100円

    シェア音声プランは、家族などで最大5枚までパケットを分けあえるプランです。4枚目、5枚目を追加する場合は別途200円/枚がかかります。

    また、10分までの通話がかけ放題の「イオンでんわ10分かけ放題」を+850円でつけることもできます。

    イオンモバイル公式ページ:

    http://aeonmobile.jp

    3. auから番号をそのままにした乗り換え(MNP)の全手順

    auから格安SIMへ番号を移して乗り換えることも可能で、その場合は「MNP予約番号」と呼ばれる13桁の番号を入力しなけれいけません。

    auの場合はショップからでも取得できますが、一番簡単なのは電話です。

    簡単に確認でき、今のスマホを解約したときの解約金なども同時に聞くことができます。

    どこに電話すればいい?

    以下の番号に電話することで入手するのが簡単でおすすめです。(受付時間:9:00〜20:00)

    • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話

    電話をする場合は基本的に音声ガイダンスに従い進み「1. 予約の申し込み・お問い合わせ」を選択します。オペーレーターに繋がったら「MNP予約番号が欲しい」と伝えましょう。

    その他フーチャーホンならEZWebからも取得可能で、auショップでも手続きが可能ですが、待ち時間などを考えると電話が一番簡単です。

    ※手数料が3,000円かかります。

    4. au系の格安SIMでテザリングはできる?

    テザリングとは自分の使っているスマホをWi-Fiのルーターのようにして、他のパソコンやタブレットなどの機器をネットにつなぐ機能です。

    au系の格安SIMの中には端末との組み合わせ次第でテザリングができるものとできないものがありますので注意しましょう。

    4-1. iPhoneは各社動作確認がバラバラ

    iPhoneに関しては、下記のように対応状況がバラバラです。

    • UQmobile・・・・・・SIMフリーor au購入の5s、6、6s、6Plus、6sPlus、SE
    • イオンモバイル・・・テザリング動作確認されているiPhoneはない

    上記のiPhoneであれば動作確認がされているので使える可能性は極めて高いですが、OSや環境次第では動かない可能性もゼロではないことだけ注意しましょう。

    必ずテザリングしたいという方は、auから変えないほうがいいかもしれません。

    4-2. Androidは基本的に大丈夫!

    Android端末の場合、基本的にテザリングは可能です。

    ただし、「テザリングができないと困る」という方は念のため事前に動作確認端末のテザリングの項目をチェックしておくことがおすすめです。

    5. 今のスマホにかかわらず格安SIMを選ぶための方法

    au系の格安SIMを探している方は知っている人も多いと思いますが、基本的に大手のキャリアから買った機種は「SIMロック」というロックがかかっています。

    そのため、auのスマホはau系の格安SIMでしか使えないのですが、このSIMロックを解除する方法もあります

    SIMロックを解除すれば、他社のスマホも使える

    どうしても、今のスマホを使いつつ、au以外の電波を使っている格安SIMを選びたい場合もあるかと思います。

    そういったケースでは、下記のようにSIMロックを解除することもできます。

    基本的にどのキャリアのスマホを使っていてもそれぞれにおすすめの格安SIMがあることや、ロック解除の制約が複雑なのでそこまでおすすめしません。

    しかし、どうしてもという方は下記に条件や手順をまとめましたのでチェックしましょう。

    5-1. SIMロック解除ができるのか確認しよう

    SIMロックを解除するためには今の持っているスマホがSIMロック解除ができる端末でなければいけません。

    auの端末の場合、2015年5月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種(こちらで確認可能)が対象です。

    また、

    • 契約者の購入履歴がある
    • ネットワーク制限中ではない

    上記2つの条件に加えて以下の条件も満たす必要があります。

    その他、「auをすでに解約している」「過去にSIMロック解除をしたことがある」「ネットワーク」という方は非常に複雑な条件なので、auに電話して確認してみましょう。

     5-2. 動作確認がされているか確認しておこう

    今の機種のSIMロックが解除できたとしても、新しい格安SIMが今の機種で使えるとは限りません。

    きちんと各格安SIMが動作確認をしている機種か確認をしておきましょう。

    動作確認されていない機種の場合、使えないケースがあるので、他の格安SIMを選ぶようにしましょう。

    5-3. 動作確認が取れたら手続きしよう

    動作確認が取れたら、SIMロックを解除しましょう。

    契約中に端末をSIMロック解除しても問題なく使えるので、乗り換えを決めて、SIMロックの条件を満たしているようなら解除して構いません。

    auの場合下記のどちらかの方法で手続きが可能です。

    手数料:3,000円です。

    上記のようにSIMロックを解除すれば、他社回線の格安SIMでも使うことができます。

    2019年11月最新の速度・料金で徹底比較!格安SIMおすすめ7選」のページにau以外の回線も含めておすすめ格安SIMを紹介しているので、SIMロックを解除した方はぜひチェックしてみましょう。

    6. 格安SIM速度計測の検証結果

    今回のおすすめを選出するに至った格安SIMの速度計測結果を紹介していきます。速い格安SIMを探すためによく使われるのが「速度測定アプリ」です。

    上記のように、アップロードやダウンロードの速度を出してくれますが、今回はあえてこれを使いませんでした。

    6-1. よくある速度計測アプリの落とし穴

    使わなかったのは、致命的な落とし穴があるからです。

    通信事業者によっては上記のような速度計測アプリで測られているときだけ、速度を速くするものが存在します。

    それにより、見せかけのダウンロードスピードは速いのに、実際に動画などをダウンロードすると全く動かないという可能性あります。

    多くのメディアがこの速度だけで評価をしていますが、実際使うと速くない..という事態に陥る可能性があります。

    6-2. そこで、騙されないために「動画再生」「Webページ読み込み」の速度を計測!

    上記のような業者の嘘の速度に騙されないように、実際に動画をダウンロードしたり、Webページの読み込みの速度を考慮して速度を出すことが重要です。

    ここで私が着目したのが、外国のアプリである「4GMARK」です。

    上記のように、一般的な計測アプリの数値だけでなく、YouTubeやAmazonなどの読み込み時間も考慮して速度を点数化しているので、ここで高得点の回線は実際でも快適なケースがほとんどです。

    そのため、このページではこの総合ポイントが高い格安SIMを紹介していきます。

    6-3. 実際に24社の格安SIMを速度計測してみた

    今回は実際に24社の格安SIMを用意し、「4GMARK」を使ってどこが一番速いのかを測ってみました。(随時数を追加していきます)

    計測は最も回線が混みやすい下記の2つの時間帯で行いました。今回の計測日:2018年4月23日(月)

    • 平日昼12~13時:お昼休みでみんなが使うので回線が混みやすい
    • 平日夕方18~19時:帰宅中の会社員・学生が使うので混みやすい

    上記2つの時間帯のスコアを合計し、下記のようにまとめました。

    6-4. 速度計測結果の詳細データ

    では、具体的なスコアの比較をしていきます。速度計測は下記の6つの軸が出てきますが、基本的に「ポイント」だけ見れば大丈夫です。

    • ポイント・・・・以下5項目をトータルして速度を評価。好スコア=快適と考えていい。
    • PING・・・・サーバーからの応答速度で数字が小さいほうがいい。
    • ダウンロード・・・ダウンロードの速度で数字が大きいほうがいい。
    • アップロード・・・アップロードするときの速度で数字が大きいほうがいい。
    • YouTube・・・・・30秒程度の動画を読み込むのにかかった時間で短いほうがいい。
    • Web・・・・・・Amazonなど有名なサイトを5つ開いたときの平均読み込み時間で短いほうがいい。

    アルファベットは、計測エラーですが、そこも含めてポイントは出されています。

    今回の計測日:2018年9月6日(木)

    速度計測の結果の見方

    速度計測は下記の6つの軸が出てきますが、基本的に「ポイント」だけ見れば大丈夫です。

    • ポイント・・・・以下5項目をトータルして速度を評価。好スコア=快適と考えていい。
    • PING・・・・サーバーからの応答速度で数字が小さいほうがいい。
    • ダウンロード・・・ダウンロードの速度で数字が大きいほうがいい。
    • アップロード・・・アップロードするときの速度で数字が大きいほうがいい。
    • YouTube・・・・・30秒程度の動画を読み込むのにかかった時間で短いほうがいい。
    • Web・・・・・・Amazonなど有名なサイトを5つ開いたときの平均読み込み時間で短いほうがいい。

    昼の計測結果(12時台)

    2018年11月6日12:00~12:07
    スコア(pt)PING(ms)ダウンロード(Mbps)アップロード(Mbps)YouTube(S)Web(S)
    Ymobile5527569.87.310.628.55
    U-mobile(D)109976512.619.33.826.02
    楽天モバイル(D)4260574.58.95.764.77
    NifMo(D)6671891.50.46.163.36
    IIJmio(D)4798855.78.73.754.74
    LINEモバイル(D)5381551.80.413.69TO
    エキサイトモバイル49361043.213.53.585.66
    BIGLOBE(D)1181481.112.3TO7.42
    nuroモバイル(D)22271630.618.1TO8.36
    イオンモバイル(D)314TO0.90.112.3912.13
    mineo(D)41133541.10.515.0210.38
    ワイヤレスゲート(D)5301800.52.8TO4.64
    スマモバ(D)232TO0.60.117.2810.11
    DTI(D)3902130.90.117.867.51
    ロケットモバイル(D)0TO0.10.1TOTO
    DMM(D)3163800.90.117.768.84
    イオンモバイル(A)611210.70.6TOTO
    mineo(A)348941.50.3TO9.38
    UQmobile(A)517411.80.3TO7.86
    BIGLOBE(A)277990.90.1TO5.89
    QTmobile(A)365911.10.2TO6.31
    b-mobile(S)5126817.554.78TO13.15
    U-mobile(S)21774562.865.84TO5.11
    QTmobile(S)2494452.486.5426.888.86

     夜の計測結果(18時台)

    2018年11月6日18:00~18:05
    スコア(pt)PING(ms)ダウンロード(Mbps)アップロード(Mbps)YouTube(S)Web(S)
    Ymobile102817212.813.85.54.69
    U-mobile(D)14211271.73.24.716.09
    楽天モバイル(D)1912541.54.534.622.93
    NifMo(D)3839711.114.14.837.12
    IIJmio(D)13661172.33.3TO7.5
    LINEモバイル(D)3649TO0.8173.7810.65
    エキサイトモバイル17562441.73.811.596.89
    BIGLOBE(D)1324650.710TO4.86
    nuroモバイル(D)2851920.44TO9.83
    イオンモバイル(D)28041371.6911.697.47
    mineo(D)17051360.512.9TO7.83
    ワイヤレスゲート(D)318960.82.9TO9.16
    スマモバ(D)7346312.4TO6.12
    DTI(D)4423601.219.13.422.52
    ロケットモバイル(D)0TOECECECTO
    DMM(D)3227101211.39.757.68
    イオンモバイル(A)1444250.51TO11.29
    mineo(A)105950.41.9TO8.63
    UQmobile(A)4086547.91.76.145.57
    BIGLOBE(A)955721.50.615.594.81
    QTmobile(A)310860.51.4TO6.59
    b-mobile(S)673518114.154.86.729.61
    U-mobile(S)14210610.756.4TO12.69
    QTmobile(S)345690.752.75TO7.77

    ※DMMのサービス提供は、2019年8月で終了しました。
    UQ-mobile」は通勤・通学中の方がよく使う18時台でもストレスなく通信できる可能性が最も高いです。

    以上が、速度計測データでした。「UQ-mobile」は毎回速度スコアがトップクラスに良いので、間違いなくおすすめできる格安SIMの一つです。

    7. まとめ

    au系の格安SIMを速度まで比較し、おすすめを紹介してきましたが、いかがでしたか?

    格安SIMは速度で後悔する人が続出しているので、このページのような速度計測を参考に選ぶことをおすすめします。

    速度計測・料金プラン比較の結果、おすすめは下記の格安SIMです。

    • UQmobile・・・・・・速度で後悔しにくい最もおすすめの選択肢
    • イオンモバイル・・・UQにいいプランがないときにおすすめ、1GBでも使いやすい

    特に、後悔しないためにも速度スコアがずば抜けて高い「UQmobile」を選ぶことがおすすめです。

    あなたが最高の格安SIMに出会えることを心から祈っています。