徹底解説!インターネットを快適に利用するための速度とおすすめ光回線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「インターネットはどのくらいの速度が快適なの?」「そもそもインターネット回線の速度って何?」など、インターネット回線の通信速度についてお困りではないでしょうか?

結論、インターネット回線の速度が「上り」・「下り」共に10Mbps以上あれば快適なインターネットの利用が可能ですが、回線速度が遅いと感じる場合は、ご契約中のスマホに合わせて光回線を契約することをおすすめします。

このページでは、インターネットの通信速度の単位や種類を説明した上で、快適に利用できる通信速度と、速度が遅いと感じる場合におすすめの光回線を以下の流れで解説します。

これを読めば、あなたの利用状況に合った快適なインターネット回線の速度と、おすすめの光回線を知ることができます。

1.インターネットの通信速度の単位

インターネットの通信速度を表す単位は「bps」です。

この通信速度の単位を理解しておくことで、利用するスマートフォンやWiFiが選びやすくなり、快適なインターネット通信環境を作ることができます。

そのためにも、以下3つの単位をおさえておく必要があります。

  1. Kbps
  2. Mbps
  3. Gbps

上記の3つの単位について解説していきます。

1-1.Kbps

Kbpsは「キロビット・パー・セコンド」の略で、毎秒1,000ビットのデータが流れるという意味を持ちます。

通信速度の単位としてKbpsが最小で、メールやLINE、SMSを利用する際には128Kbps〜1Mbpsが必要であることを把握しておきましょう。

逆に、128Kbpsは通信制限がかけられた時の速度であり、速度制限がかけられている状態でもLINEやメールのやりとりであれば可能です。

1-2.Mbps

Mbpsは「メガビット・パー・セコンド」の略で、毎秒1,000Kビット、つまり1,000Kbpsで1Mbpsとなります。

Webサイトを閲覧する際の目安としては1Mbps〜10Mbps、動画の視聴には5Mbps〜20Mbpsが必要であることを把握しておきましょう。

画像や写真などが多く使われているwebサイトの場合は、最低でも3Mbps程度の速度が必要ですが、テキスト中心のwebサイトであれば1Mbps程度でも支障なく閲覧できます。

1-3.Gbps

Gbpsは「ギガビット・パー・セコンド」の略で、毎秒1,000Mビット、つまり1,000Mbpsで1Gbpsとなります。

一般的な光回線の通信速度(ベストエフォート)は、上り・下りともに「1Gbps」となっています。

しかし、家庭用のインターネット回線は複数の契約者で回線を分け合っているため、「ベストエフォート」を謳っているものは、基本的に公表値の3割程度の速度と認識しておきましょう。

2.インターネットにおける2種類の通信速度

インターネットの通信速度には以下の2種類があります。

  1. 上り速度
  2. 下り速度

一般的には、インターネットを快適に利用するには「下り速度」が重要となります。

下記では、2種類の速度について解説をしていきます。

2-1.上り速度

上りとは「アップロード」速度のことで、アップロードには主に以下のことが該当します。

  • メールやSNSのメッセージ送信
  • 作成した画像や動画のアップロード

インターネット上に画像や動画をアップロードする機会が多いという方であれば、上り速度が重要になります。

2-2.下り速度

下りとは「ダウンロード」速度ので、ダウンロードには主に以下のことが該当します。

  • ブラウザを使ってウェブサイトを閲覧する
  • 画像や動画を見る
  • メッセージを受信する

インターネット上で提供されるコンテンツを快適に楽しむには、下り速度が速いことが重要なポイントになります。

そのため、インターネットに画像や動画をアップロードする機会が多いという場合は「上り速度」、インターネット上で提供されるコンテンツを快適に楽しむには「下り速度」が重要になります。

3.快適にインターネットを利用できる速度

快適なインターネット回線の通信速度の目安は、利用目的によって変わります。

実際に「スピードテスト」等で測定したインターネット回線の速度を、下記目安となる快適な通信速度と比較してみてください。

利用目的別の快適なインターネット回線の速度

用途別に快適な速度の目安を次の順番で説明していきます。

  1. メールやSNSを使う場合
  2. Webサイトを閲覧する場合
  3. 動画視聴をする場合
  4. スマートフォンのオンラインゲームをする場合
  5. 動画のダウンロードをする場合

上記の用途についてそれぞれ解説していきます。

1.メールやSNSを使う場合

メールの利用には、上り・下りともに128Kbps〜1Mbps程度あれば快適に利用できます。

SNSの利用には、上り・下り1Mbps〜10Mbps程度あれば快適に利用できます

2.Webサイトを閲覧する場合

Webサイトを閲覧するためには、下り1Mbps〜10Mbps程度あれば快適に利用できますが、画像や動画がたくさん使われているwebサイトの場合は、10Mbps〜30Mbpsが必要となります。

3.動画視聴をする場合

動画の視聴に関しては、下記動画の解像度ごとに推奨される通信速度が変わります。

  • 4K:下り20Mbps
  • HD 1080p:下り5Mbps
  • HD  720p:下り2.5Mbps
  • SD  480p:下り1.1Mbps
  • SD  360p:下り0.7Mbps

ご自身の速度環境に合わせて、解像度を下げると止まらずに視聴することができます。

4.スマートフォンのオンラインゲームをする場合

スマートフォンでオンラインゲームをする場合は、下り10Mbps〜30Mbps程度の通信速度が必要とされています。

複数ユーザーが同時にアクセスするオンラインゲームは、動画視聴よりも高い通信速度が推奨されます。

5.動画のダウンロードをする場合

動画のダウンロードする場合には、下り30Mbps程度の通信速度が必要です。

動画の時間や容量にもよりますが、通信速度が30Mbps以上あれば快適に行うことができます。

6.PCのオンラインゲームをする場合

PCのオンラインゲームをする場合には、下り30Mbps〜100Mbps程度の通信速度が必要とされています。

ゲームの種類にもよりますが、100Mbps程度の通信速度が出ていれば快適にオンラインゲームをすることができます。

4.インターネットの速度が遅いと感じる場合

インターネットの回線速度が遅いと感じる場合は、一度「スピードテスト」を行いましょう。

そのうえで、インターネットの利用状況に合わせて速度が足りないと感じる場合は、他社の光回線に乗り換えることをおすすめします。

インターネット回線スピードテスト

webサイトやアプリにて、ご利用中のインターネットの速度を測定することができます。

測定するサイト・アプリによっては、用途別に快適なインターネットの利用が可能な速度か診断するものもあります。

インターネット回線会社が公式で測定を行なっている場合もあるので、それらを活用しましょう。

5.光回線の選び方とおすすめ窓口

結論として、基本的に光回線はどこのスマホを使っているかで決めましょう

なぜなら、スマホのキャリアや提携企業の光回線と「スマホのセット割」を利用することで、利用料金が大幅に安くなるためです。

まずは、以下の表で自分にもっとも適した光回線を確認しておきましょう。

  • ドコモ光
  • au光
  • ソフトバンク光
  • NURO光
  • ビッグローブ光

上記5つの光回線のおすすめ申し込み窓口とプロバイダを解説していきます。

5-1.ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

結論として、WiFiルーターのスペック、キャッシュバックなどあらゆる観点から見てドコモ光で選ぶべきプロバイダは『GMOとくとくBB』です。

ドコモ光のおすすめプロバイダとその中でも『GMOとくとくBB』をしておすすめする理由を解説していきます。

ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ドコモ光は公式ページもしくはプロバイダ経由での申し込みがメインとなりますが、独自キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。

ドコモは「dポイント最大10,000ptプレゼント」「工事費無料」というキャンペーンを行なっていますが、プロバイダによってはプラスで独自キャンペーンを行なっているものもあります。

ちなみに、2020年7月現在、ドコモ光全24社のプロバイダの中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、高額キャッシュバックが受け取れ、最高水準のWi-Fiルーターをレンタルできるのは、下記のプロバイダ一択です。

以下、ドコモ光の代表的なプロバイダ4社のキャッシュバック額を比較しました。

プロバイダ名独自キャッシュバック(オプション等なし)
GMOとくとくBB20,000円
@nifty20,000円
DTI20,000円
ぷらら15,000円

「GMOとくとくBB」「@nifty」「DTI」のキャッシュバック金額が、「ぷらら」より5,000円も高いことがわかります。

この4社だけでなく24社を全てチェックしたい場合は、「24社を徹底比較してわかったドコモ光で使える最高のプロバイダ」の記事をご覧ください。

また、この4社は、無料レンタルできるWiFiルーターのスペックにも差があり、価格や最大速度が下記のように違います。

 無料で借りられるWiFiルーター買ったらいくらするもの?(メーカー希望小売価格)最大通信速度(5GHz)

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
¥9,780※1733Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
¥7,820※1733Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM)
¥14,1101733Mbps
ぷららWN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300※867Mbps
@niftyWRC-1167GST2
(ELECOM)
¥7,040867Mbps
DTIAterm WG1200HS4
(NEC)
¥5,280※867Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

以上のように、「GMOとくとくBB」で無料レンタルできるルーターは3種類とも性能がよく、光回線の高速通信を特に生かしやすいです。

したがって、「キャッシュバック」と「ルータースペック」のレベルが圧倒的に高いので、ドコモ光は「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。

「オプションなしで2万円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえます。

混みにくい接続方式v6プラスにも対応していて、とにかくハイスペックなルーターを無料で貸してくれるので、圧倒的におすすめです。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

ちなみにGMOで借りられるルーターはどれがおすすめ?

GMOとくとくBBでは3種類の高性能なルーターから選ぶことができます。

ただし、正直ここまでくると、どちらも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。

スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2(ELECOM)」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのがおすすめです。

キャッシュバック受け取りのステップ

dポイントは自動的に付与されるので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介していきます。

①まず、GMOとくとくBBでのお手続きを終えると、「GMOとくとくBBお客さまセンター」より、指定のメールアドレス宛に「キャッシュバック受け取り手続きご案内メール」が送られてくるので大切に保管しておきましょう。

②開通後、工事完了の翌月末日までに、申し込み時のメールに記載された指定URLをクリックし、口座情報など指定された情報を登録しましょう。

③申請した翌月の月末にあなたの口座に振り込みが行われます。

おすすめのWiFi ルーター

「GMOとくとくBB」で無料レンタルできる3つのWi-Fiルーターは、どれもルーター選びで気をつけたい下記のポイントを高い水準で満たしています。

  • 無線LANの規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac対応
  • セキュリティの規格:WPA/WPA2/WEP対応

※上記の用語を1つ1つ覚える必要はありませんが、Wi-Fiルーターにおける最高水準の規格を満たしているということです。

そのため、どれを選んでもかなり満足して使えますが、さらに特記すべき最大のメリットは最大通信速度が非常に速いということです。

どれくらい速いのかを証明するために、「GMOとくとくBB」以外でWi-Fiルーターを無料レンタルができる代表的なプロバイダ3社と比較しました。

 無料で借りられるWiFiルーター買ったらいくらするもの?(メーカー希望小売価格)最大通信速度(5GHz)最大通信速度(2.4GHz)

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
¥9,780※1733Mbps800Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
¥7,820※1733Mbps800Mbps
WRC-2533GST2(ELECOM)¥14,1101733Mbps800Mbps

ぷらら

WN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300867Mbps300Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H(ELECOM)¥7,040867Mbps300Mbps

DTI

Aterm WG1200HS4
(NEC )
¥5,280867Mbps300Mbps
  • ※:オープン価格のため、Amazonの価格を表示

このように比較するとGMOとくとくBBで無料レンタルできるルーターの最高速度が他を圧倒しています。

各ルーター2つの無線電波の帯域(5GHzと2.4GHz)を使えますが、それぞれで最高速度が違い、それが実際に店頭で売られる価格にも反映されています。

せっかくv6プラスの光回線で高速通信ができるわけですから、Wi-Fiルーターは少しでも速く、価格の高いものを無料でレンタルすることをおすすめします。

したがって、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶようにしましょう。

実際にどのプロバイダがお得なのかを確かめるために、全24社のプロバイダを一覧にしてみました。

ここまでに出た下記の5つの観点で、ドコモ光タイプA・タイプBに分類しています。

  • 独自キャッシュバック
  • 月々に支払う料金(タイプAかBか)
  • Wi-Fiルーター無料レンタルの有無
  • セキュリティ無料サービスの有無
  • 速度期待度(v6プラスやIPv4 over IPv6対応か?)

※意外とみんな知らないv6プラスとは v6プラスとはプロバイダの接続方式の一つで、以下のように混雑するポイントを作らない技術です。ご利用のエリアでプロバイダが混んでいると遅くなりがちですが、その心配がないサービスです。 v6プラスを使って遅いという文句を言っている人を見たことがないくらい速さに期待ができるので、後悔しないためにもv6プラスのプロバイダを選びましょう。 「v6プラス」「IPv4 over IPv6」など名称は様々ですが、この技術を使ったものを選びたいところです。

プロバイダ名独自キャッシュバック料金(タイプAか?)無料Wi-Fiルーターレンタル無料セキュリティソフト速度期待度(v6プラス対応)
GMOとくとくBB20,000円
@nifty20,000円
DTI20,000円
ぷらら15,000円
ドコモネット--
タイガースネット--
BIGLOBE-
BBエキサイト---
アンドライン-
ic-net-
エディオンネット----
シナプス---
TiKiTiKi----
楽天ブロードバンド-
ハイホー--
01光コアラ---
@ネスク----
スピーディア--
OCN--
@TCOM---
TNC----
AsahiNet----
WAKWAK-----
ちゃんぷるネット-----

プロバイダによって下記のような注意点があります。公式ページで最新の情報を確認してから申し込みをしましょう。申し込み時にかかってくる電話などで確認をすることで、安心して使えます。

  • セキュリティの無料期間が終わると自動的に有料プランに切り替わる
  • v6プラスなどはご利用の環境次第では使えない場合や専用の機器が必要なケースがある
  • キャンペーンおよびセキュリティサービスは急遽変更になることがある

ちなみに、「訪問サポート」なども各社取り組んでいますが、実際に使っている人は少ないので、今回は比較対象に入れませんでした。

上記のように「GMOとくとくBB」は、唯一20,000円の高額キャッシュバックを実施しており、他の観点でも申し分ないスペックです。

したがって、ドコモ光で選ぶべきプロバイダは下記一択です。

また、上記24社の中でも「GMOとくとくBB」で無料レンタルできる3つのWi-Fiルーターは、最高水準のスペックを誇っています。

5-2.auひかりおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

結論として、各プロバイダを比較したところ、1ヶ月あたりの実質料金が最もお得なプロバイダは、高額なキャッシュバックキャンペーンのある『GMOとくとくBB』です。

auひかりと契約する際に注意するべき2つの点について解説していきます。

  • auひかりのスマホセット割「auスマートバリュー」
  • auひかりはプロバイダ選択が最も重要

上記の2つの点について解説していきます。

1.auひかりのスマホセット割「auスマートバリュー」

auスマートバリューとは、以下の3つをセットで申し込むことで割引が受けられるサービスです。

  • auスマホ
  • auひかりネット回線
  • auひかり電話

また、auスマートバリューの適用条件は以下の通りです。

  • auスマホを契約している
  • auひかりの光回線と電話サービスをセットで契約する

auスマートバリューの割引額は、契約プランに応じて以下の通りです。

プラン(抜粋)割引額(円)
データ定額302,000※
データ定額5/201,410※
データ定額2/3934
データ定額1934※
auフラットプラン20/301,000
auピタットプラン2GB超~20GBまで1,000

auスマートバリューは、家族全員がそれぞれ上記の割引を受けることができるため、非常にお得です。

たとえば、家族が3人がそれぞれ「データ定額30」プランを利用している場合、合計6000円(=2000円×3人)もの割引を受けることができます。

出典:auひかり

auひかりの固定電話サービスは月額500円かかりますが、auスマートバリューでは、auスマホ1台あたり月額934円以上の割引が適用されます。

そのため、「auひかり電話が必要ない」という場合にも、auひかり電話を契約した方がお得になります。

2.auひかりはプロバイダ選択が最も重要

auひかりは申し込み窓口が非常にたくさんありますが、窓口によって、キャッシュバック金額・工事費・月額料金が変わります

ちなみに、プロバイダでのスペックの差は全くない(公式に問い合わせ済)なので、料金に着目し、どこがお得かで選んでいきましょう。

キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。

比較の観点:

  • 1ヶ月あたりの実質料金=初期費用+月額料金-キャッシュバック+スマホとのセット割に必要なひかり電話基本料金を利用月数(一戸建て36、マンション24ヶ月)で分割
  • 一戸建てはずっとギガ得プランで開通月の翌月から36ヶ月、マンションは開通月の翌月から24ヶ月で計算。
  • マンションはタイプvの16契約以上の場合です。これが最安値でマンションの形態によっては一律+300円/月程度になるケースがよくあるので申し込み時にかかってくる電話などで確認しましょう

-スマホの方はスクロールできます-

区分申し込み窓口一戸建てマンション
1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金
プロバイダGMOとくとくBB
(月額割引)
3,250 30,0004,0001,525 30,0002,600
(24ヶ月目3,800)
GMOとくとくBB
(キャッシュバック )
 3,38361,000変動(4,900~5,100)1,61451,0003,800
So-net3,563-3,4802,725-2,100
BIGLOBE
(月額割引)
 4,983-4,900 2,675-2,050
BIGLOBE
(キャッシュバック)
 4,19050,000変動(4,900~5,100) 2,34250,0003,800
au one net5,30010,000変動(4,900~5,100)4,00810,0003,800
DTI4,52238,000変動(4900~5,100)2,84238,0003,800
@nifty4,74530,000変動(4,775~4,975)2,850-2,550
Asahi Net5,585-変動(4,650~4,900)4,425-2,550
TCOM5,578-変動(4,775~4,975)4,425-2,150
代理店NEXT3,99752,000変動(4,900~5,100)2,46747,0003,800
アシタエクリエイト4,05045,000変動(4,900~5,100)2,62045,0003,800
グローバルキャスト3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,550+オプション代45,000※3,800
フルコミット3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800
253,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800

※キャッシュバック11万円などと記載されていますが、auの行っている、どの窓口でも受けられるキャンペーンは除外して計算しています。
※10ギガを選ぶ場合は別途月額780円かかります。

以上のように比較すると、不要なオプションもなしで高額キャッシュバックがもらたり、割引が受けられる「GMOとくとくBB」経由の申し込みがおすすめです。

スマートバリューを適用するために必要なひかり電話も無料でつけられ、月額で見ると最も安くなります。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンをしている窓口です。

最大6.1万円の業界最高クラスのキャッシュバックをする「キャッシュバック」、月額料金を大幅に下げ、キャッシュバックも最大5万円もらえる「月額割引」の2つのキャンペーンから選べます。

auのスマホとのセット割に「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、どちらを選んでも最もお得にauひかりを使うことができます。

GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んでも最もお得な窓口ですが、マンションの場合は「キャッシュバック」、一戸建ての場合は「月額割引」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン: https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

5-3.ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

結論として、ソフトバンク光の代理店としてはキャッシュバックを受け取りやすい『株式会社アウンカンパニー』を選ぶことをおすすめします。

NURO光」はプロバイダであるSo-netが提供する光回線ですので、So-netのプロバイダ一択になります。

また、NURO光は、基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法があります。

オプションをつけるとキャッシュバックが高額になりますが、オプション料で損をすることも多いので、最低限のオプションで申し込みをしましょう。

基本的にソフトバンクとのセット割を受けて、実質月額料金をお得にするためには、ひかり電話の申し込みが必要です。

そのため、以下の表では、ひかり電話を条件に高額キャッシュバックを実施している代理店と公式ページを比較しました。

申し込み窓口 CB受け取り難易度工事費キャンペーン
アウンカンパニー40,000円 ◎ 受け取り手続きなしで35,000円が振り込まれる
LifeBank50,000円 △ 複数の指定オプションへの加入が必須
NURO公式43,000円△ 受け取り手続きが必要で忘れる可能性が高い

※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

NURO公式で申し込むと最もお得に見えますが、公式ページのキャッシュバックは、開通翌月15日後に受け取り手続きが必要なので手間がかかります。

また、NURO光は、公式ページからの申し込むと、以下2つの落とし穴があるので注意しましょう。

  • ひかり電話の追加手続きが必要
  • キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうと1円も受け取れない

上記のように比較すると、NURO光の申し込みは、ひかり電話とセットで40,000円のキャッシュバックを受け取れ、手続きなしで最短1ヵ月で35,000円が振り込まれる「アウンカンパニー」が最もおすすめです。

アウンカンパニー

アウンカンパニー』はソフトバンク光の代理店です。

ソフトバンク光の場合、基本的に高額なキャッシュバックはオプションや紹介など高いハードルをクリアしないとキャッシュバックをもらえません。

その中で、アウンカンパニーはオプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。

また、申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです

アウンカンパニー「ソフトバンク光キャンペーンページ」:https://aun-softbank-hikari.com/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

5-4.NURO光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

結論から言うと、ひかり電話とセットで高額のキャッシュバックを開通の翌月末に振り込んでくれる「アウンカンパニー」がおすすめです。

ここでは以下の順でNURO光を契約する際の注意点を解説しています。

  1. NURO光の申し込み窓口を比較
  2. NURO光 for マンションのお得な窓口

1.NURO光のおすすめ申し込み窓口:アウンカンパニー

NURO光のお得な申し込み方法について、詳しく解説します。

NURO光の申し込み窓口を比較

NURO光」はプロバイダであるSo-netが提供する光回線ですので、So-netのプロバイダ一択になります。

また、NURO光は、基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法があります。

オプションをつけるとキャッシュバックが高額になりますが、オプション料で損をすることも多いので、最低限のオプションで申し込みをしましょう。

基本的にソフトバンクとのセット割を受けて、実質月額料金をお得にするためには、ひかり電話の申し込みが必要です。

そのため、以下の表では、ひかり電話を条件に高額キャッシュバックを実施している代理店と公式ページを比較しました。

申し込み窓口 CB受け取り難易度工事費キャンペーン
アウンカンパニー40,000円 ◎ 受け取り手続きなしで35,000円が振り込まれる
LifeBank50,000円 △ 複数の指定オプションへの加入が必須
NURO公式43,000円△ 受け取り手続きが必要で忘れる可能性が高い

※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

NURO公式で申し込むと最もお得に見えますが、公式ページのキャッシュバックは、開通翌月15日後に受け取り手続きが必要なので手間がかかります。

また、NURO光は、公式ページからの申し込むと、以下2つの落とし穴があるので注意しましょう。

  • ひかり電話の追加手続きが必要
  • キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうと1円も受け取れない

上記のように比較すると、NURO光の申し込みは、ひかり電話とセットで40,000円のキャッシュバックを受け取れ、手続きなしで最短1ヵ月で35,000円が振り込まれる「アウンカンパニー」が最もおすすめです。

おすすめの窓口:アウンカンパニー

基本的にソフトバンクとのセット割を受けるためには、ひかり電話の申し込みが必要です。

アウンカンパニー』は、NURO光の代理店で、ひかり電話とセットで申し込むと、最大40,000円の高額キャッシュバックがもらえます。

『LifeBank』の方がキャッシュバック額は高いですが、 指定オプションへの加入が必須なので、迷わずアウンカンパニーを選んでください。

株式会社アウンカンパニー「NURO光キャンペーンページ」:https://aun-nuro-hikari.com/

アウンカンパニーのキャッシュバック受け取りまでのフロー

アウンカンパニーのキャッシュバックの適用条件、受け取り手順について詳しく説明します。
アウンカンパニーのキャッシュバック適用条件
以下、アウンカンパニーのキャッシュバック適用条件です。

  • 利用開始から8ヵ月継続利用する
  • 開通から14日以内に支払い情報を登録する
  • 申し込み月を含む6ヵ月目の月末までにNURO光の開通工事を終わらせる

支払い情報を登録する際、「コンビニ払い」を選択してしまうとキャッシュバックの適用外になってしまいます。

また、8ヵ月以内に解約をしてしまうと、違約金としてキャッシュバック同等の金額を全額請求されてしまうので、注意してください。

アウンカンパニーのキャッシュバック受け取り方法

アウンカンパニーは、申し込み時に登録した振り込み口座に、開通の翌月末に自動的にキャッシュバックが入金されます。

そのため、特に手続きの必要はありません。

2.NURO光 for マンションのお得な窓口

NURO forマンションプランは、「NURO公式ページ」から申し込むことができます。

NURO公式ページ」:https://www.nuro.jp/hikari/

NURO光のホームページから、あなたのお住まいのマンションはどれに該当するのかNURO for マンション提供状況検索ページにアクセスして調べることができます。

5-5.BIGLOBE光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

結論として、ビッグローブ光の数ある申し込み窓口の中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、3年間の契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高い株式会社NEXT』を代理店としておすすめします。

結論、ビッグローブ光の申し込み窓口は『株式会社NEXT』がおすすめです。

なぜなら、キャンペーン金額だけで申し込み窓口を決めるとお得に契約できないからです。

キャンペーン金額以外におさえておきたい重要ポイントは、以下の2点です。

  • 工事費割引とキャッシュバックの合計金額が高い
  • 契約期間内に工事費が実質無料になる

NEXTは、契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最高額なので、最もおすすめなビッグローブ光の申し込み窓口となります。

その根拠として、ビッグローブ光の代表的な5つの申し込み窓口を対象に、3年間契約した場合の「キャッシュバック額」「工事費割引額」「工事費割引適用期間」を以下の表で詳しく比較しました。

申し込み窓口工事費キャンペーンCB額+工事費割引額CB額工事費割引額契約期間適用期間
(契約期間差分)
株式会社NEXT〇実質無料56,000円26,000円30,000円36ヵ月36ヵ月
NNコミュニケーションズ△割引53,000円26,000円27,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)
アウンカンパニー△割引53,000円26,000円27,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)
エンジン△割引52,000円25,000円27,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)
ブロードバンドナビ×割引少ない45,000円33,000円12,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)

※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

一見するとキャッシュバック額が高い「ブロードバンドナビ」は、工事費の割引が少ないため、結果的に割高になっています。

そこで、工事費が実質無料となる以下4社がお得だとわかります。

  • NEXT
  • NNコミュニケーションズ
  • アウンカンパニー
  • エンジン

さらに、この中で最もお得なのは、冒頭でも紹介した代理店「株式会社NEXT」です。

その最大の理由は、工事費割引の適用期間が36ヵ月なので、契約更新月に解約をしても工事費が実質無料になる点にあります。

「株式会社NEXT」以外の4社は、工事費割引の適用期間が40ヵ月なので、違約金のかからない契約更新月に解約をした場合、4ヵ月分の工事費残額が一括請求されることで、割高になってしまいます。

株式会社NEXT

ビッグローブ光 NEXT

株式会社NEXT』は、ビッグローブ光をはじめ19社の光回線サービスを取り扱う販売代理店で、ビッグローブ光の最もお得なキャンペーンを実施しています。

「工事費無料+最大2.6万円キャッシュバック」キャンペーンは、3年の契約期間内に工事費が実質無料になり、キャッシュバック額と合計すると最大5.6万円もお得に契約ができます。

株式会社NEXT「ビッグローブ光キャンペーンページ」:https://www.biglobe-hikari.net/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

まとめ

インターネットの通信速度の単位や種類を説明した上で、快適に利用できる通信速度と、速度が遅いと感じる場合におすすめの光回線について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

インターネット回線の速度が「上り」・「下り」共に10Mbps以上あれば快適なインターネットの利用が可能ですが、回線速度が遅いと感じる場合は、ご契約中のスマホに合わせて光回線を契約することをおすすめします。

あなたの利用方法に合わせた最適な回線速度を理解して、快適なインターネット環境を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket