プロが徹底解説!フレッツ光の通信速度が遅い3つの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「フレッツ光の速度が遅い原因は?」「フレッツ光が遅くなった場合の対策は?」など、フレッツ光の通信速度に関してお困りではないですか?

結論、フレッツ光の通信速度が遅い、もしくは遅くなった原因にはユーザー数の増加が考えられますが、IPv6接続やプロバイダの変更をすることで改善できる可能性があるものの、そもそもフレッツ光自体のコストパフォーマンスが低いため、独自回線の光回線へ乗り換えることをおすすめします。

このページでは、長年光回線の販売をしてきた筆者が、フレッツ光の通信速度が遅い3つの原因とその対策に加え、速度の測定方法や乗り換える場合におすすめの光回線と申し込み窓口について、以下の流れで詳しく解説します。

これを読めば、フレッツ光が遅い原因やそれに対する対処法を理解し、納得して光回線を利用することができます。

1.フレッツ光が遅いという評判

フレッツ光とは、NTT東日本およびNTT西日本のフレッツインターネット回線へのアクセスを提供する光回線サービスです。

フレッツ光は日本全国に対応しており、光回線では70%近いシェア率を誇っていますが、「速度が遅い」「昔より遅くなった」という評判が目立つようになりました。

上記は最近のユーザーの声に多く、光回線サービスの中でも意見が分かれるところでもあります。

2.フレッツ光が通信速度が遅い3つの原因

フレッツ光の通信速度が遅いと感じる原因には、主に以下の3つが考えられます。

  • ユーザーの増加と集中
  • 通信機器の不良
  • 速度に対する誤解

それぞれの原因について以下で詳しく解説していきます。

2-1.ユーザーの増加と集中

フレッツ光の速度が「遅い」、もしくは「遅くなった」と感じる原因の多くは、ユーザー数の増加と集中によるものです。

近年のIT社会の発達や巣ごもり需要により、フレッツ光のユーザー数は年々増加しており、利用ユーザーが増えればそれだけ通信回線が混雑するため、速度が遅くなる原因になります。

また、フレッツ光は最もユーザー数の多い光回線なため、夜間や週末、何かのイベントがある時などの際に回線に大量のユーザーが流れ込むことで、通信速度が遅くなることがあります。

2-2.通信機器の不良

フレッツ光の通信速度が遅い原因の1つに、インターネット回線自体の問題ではなく、通信機器の方に問題がある場合が多くあります。

障害や不良が起きている通信機器として、以下の2つが考えられます。

  • モデムやルーターなどの回線機器
  • パソコンなどの通信端末

特にモデム等の光回線を引く大元の機器に原因があることが多く、モデムが古い場合や接続不良になっている場合には、通信速度に影響が出ます。

また、通信接続している端末自体の機種が古い場合や、接続不良による障害でも速度が遅いと感じる原因になります。

2-3.速度に対する誤解

フレッツ光で契約しているプランの通信速度に対して、誤解が原因で通信速度が遅いと感じてしまっている可能性があります。

契約プランに対する誤解というのは、フレッツ光で契約できるプランの最大通信速度には「100Mbps〜1Gbps」の大きな幅があり、1Gbpsの最大通信速度を想定していると速度が遅いと感じてしまいます。

また、実際に以下のプランでは最大通信速度が低いため、もともと出せる速度が遅いという場合もあります。

  • フレッツ光ライト「2段階定額プラン」:最大速度100Mbps

最大速度100Mbpsというのは、通常プランや一般的な光回線が1Gbps(1000Mbps)なのに対し、1/10程度の速度しかありません。

上記はメールや軽いインターネット閲覧程度を想定したプランなので、まずは契約しているプランを確認してみることをおすすめします。

3.フレッツ光が遅いと感じた場合の測定方法

フレッツ光の速度が遅いと感じた場合は、一度「スピードテスト」を行い、回線側とユーザー側のどちらに原因があるのかを突き止めます。

インターネット回線スピードテスト

webサイトやアプリにて、利用中の光回線の速度を測定することができます。

測定するサイト・アプリによっては、用途別に快適なインターネットの利用が可能な速度か診断するものもあります。

インターネット回線会社が公式で測定を行なっている場合もあるので、それらを活用しましょう。

インターネット光回線の速さを判断する際に重視すべきは、実際に速度を計測した結果としての「実効速度」です。

また、速度測定で使用するサービスごとの平均速度を算出すると、より正確な数値となります。

以下では、簡単に測れて便利な速度計測ツールを3つ厳選して紹介します。

  • SPEEDTEST  BETA・・・上り速度・下り速度を別に計測できる
  • USEN スピードテスト・・・初心者でもわかりやすい
  • Fast.com・・・デザインがシンプル

それぞれを紹介していきますので、好きなツールを使用してみてください。

3-1. SPEEDTEST  BETA

SPEEDTEST  BETA

SPEEDTEST  BETA」は、ワンクリックで上りと下りの速度をそれぞれ計測できます。

Ping値の応答速度まで測れる本格的な速度計測ツールですが、回線などを入力しなくても使用できるため、初心者でも簡単に使いやすいです。

ただし、測定時に通信量を多く消費してしまうので、スマホではなくPC向きのツールとして利用しましょう。

3-2. USEN スピードテスト

USEN スピードテスト

USENのスピードテスト」は、非常に手軽に速度を計測できるツールです。

速度に応じて「ハムスター級」「ニンゲン級」「ドラゴン級」など、イメージしやすいキャラクターが登場するので、初心者でもわかりやすいです。

ただし、Flash Playerをインストールしなければならないので、注意してください。

3-3.Fast.com

Fast.com

Fast.com」は、人気VODサービスNETFLIXが提供するツールです。

シンプルだけどわかりやすい表示なので、初心者でも簡単に精度の高い計測結果を得ることができます。

ブラウザに依存しないので、PCのみならずスマホでも使用することができます。

速度測定の注意点

速度測定を適切に実施するための注意点は、以下の3つに関する条件を合わせることです。

  • 測定日時
  • 接続方法
  • 測定端末

通信速度は、「測定日時」「有線・無線接続」「パソコン・スマホ・ゲーム機などの端末」によって、結果が異なります。

有益な結果をえるためには、自分がよく通信をするシチュエーションに合わせて計測を実施しましょう。

4.フレッツ光の速度が遅くなった場合の4つの対策

フレッツ光の速度が遅い各原因別の対処法は以下の通りです。

  1. IPv6接続を利用する
  2. 通信機器の整備
  3. プランの変更
  4. 別の光回線へ乗り換える

それぞれを、以下で詳しく解説していきます。

4-1.IPv6接続を利用する

IPv6とは、混雑の原因となっている「網終端装置」という光回線とプロバイダをつなぐ部分を通らずにインターネット接続が可能となるサービスです。

現在のIPv4接続に代わる、次世代型のインターネット接続方式のことで、回線混雑が起きにくい快適な高速通信が可能です。

IPv6接続とIPアドレス

インターネットに接続する機器はそれぞれIPアドレスという、住所のようなものが割り当てられています。

近年の急速なインターネットの普及により、IPv4上で割り当てられるIPアドレスが枯渇してきたため、より多くのIPアドレスに対応できるように作られたのが、新しいIPアドレス規格のIPv6です。

IPv6接続を利用することで、従来のIPv4接続に比べて対応可能なIPアドレス数に余裕があるため、通信速度が速くなります。

また、IPv6接続の申し込み追加費用や月額料金はかからないというメリットもあります。

ただし、IPv6接続はフレッツ光ではなくインターネットプロバイダが提供しているため、現在契約しているプロバイダがIPv6接続に対応していないと利用できません。

IPv6接続対応のプロバイダ

IPv6接続に対応したプロバイダは、例えば以下の通りです。

現在契約しているプロバイダがIPv6に対応しているかは、プロバイダの公式サイトで確認することができますが、未対応の場合は上記プロバイダへ変更することをおすすめします。

また、フレッツ光の回線契約とプロバイダ契約がセットになった「光コラボレーション」に申し込めば、フレッツ光のインターネット回線をよりお得な料金で利用できる上に、IPv6接続にも対応しているため、光コラボへの「転用」もおすすめです。

光コラボの転用については、「その転用先は大丈夫?フレッツ光を失敗せずに乗り換えるための全注意点」詳しく解説していきます。

4-2.通信機器の整備

フレッツ光回線自体の問題ではなく、通信機器の方に問題がある場合もあります。

以下、2つのパターン別に解説します。

  • ルーターなどの回線機器に問題がある場合
  • パソコンなどの通信端末に問題がある場合

それぞれ見ていきましょう。

ルーターなどの回線機器に問題がある場合

ルーターなどの回線機器の接触が悪くなっていたり、高温になっていたりすると通信速度が遅くなってしまいます。

ルーターが熱くなっている場合は一度、電源を落として熱が冷めるのを待ちましょう。

ルーターが熱くなっていない場合でも接触不良を起こしている可能性があるので、一度電源プラグを抜いてから再起動してみましょう。

パソコンなどの通信端末に問題がある場合

パソコンなどの通信機器をシャットダウンせず、使い続けていると動作が遅くなってしまい、通信速度が遅いと感じてしまうことがあります。

長時間使い続けている場合は再起動をしましょう。

また、パソコンを使用しない時はスリープモードにするのではなく、シャットダウンすると動作が遅くなりにくいです。

4-3.プランの変更

フレッツ光のプラン内でも通信速度が異なるプランが存在するので、現在の通信速度が遅いと感じる場合はプランの変更をおすすめします。

フレッツ光には、以下2種類のプランが存在し、料金体系や通信速度などが異なります。

  • フレッツ光ネクスト
  • フレッツ光ライト

一般的な契約プランは「フレッツ光ネクスト」で、最大通信速度は1Gbps(1000Mbps)となっているため、ほとんどのことが行えます。

一方、「フレッツ光ライト」はインターネット利用がライトなユーザー向けの契約プランで、最大通信速度は100Mbpsと低く、軽いデータ通信しか行えません。

フレッツ光のプランに関しては「徹底解説!あなたに最適なフレッツ光の料金プランを知るための全知識」で解説していますが、プラン変更だけで通信速度が改善する可能性があります。

4-4.別の光回線へ乗り換える

上記の方法で回線速度が改善できない場合は、フレッツ光以外の光回線に乗り換えることをおすすめします。

ただし、「ドコモ光」や「ソフトバンク光」などはフレッツ光のコラボ回線であるため、フレッツ光回線と同じ通信品質です。

そのため、「5.独自回線を持つフレッツ光以外でおすすめの光回線」で紹介するような、自社回線を持つ光回線に乗り換えなければ意味がありません。

5.独自回線を持つフレッツ光以外でおすすめの光回線

フレッツ光の回線網ではなく、独自で回線網を持つ光回線は以下の通りです。

  • auひかり
  • NURO光
  • eo光
  • BBIQ
  • コミュファ光
  • UCOM光
  • ピカラ光

上記は自社で回線を持っている光回線であるため、フレッツ光で遅いと不満に思っている場合は乗り換え先としておすすめです。

中でも、以下の2つは回線速度も速く安定しており、サービス面でも最もおすすめできます。

  • auひかり
  • NURO光
以下では、この2つの光回線の最もお得な申し込み窓口をご紹介します。

5-1.auひかりのおすすめ申し込み窓口

現時点で、auひかりの一番お得な申込窓口は、GMOとくとくBBです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記の3つです。

  • キャッシュバック額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと
  • キャッシュバックを受け取りやすいこと(受取時期と手続き)

なお、下記の表以外にも、申込窓口は多数ありますが、「キャッシュバックが3万円以上」受け取れるのは下記の申込窓口だけでした。

また、auひかりでauのスマホセット割の適用するためには「光電話」の加入が必要なため、その条件も踏まえて比較しています。

ちなみに、格安SIMユーザーの場合は、スマホセット割の適用がないですが、光電話を契約した方がトータル的に安いので光電話も契約しましょう。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線
申込窓口
キャッシュバック
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
auひかりGMOとくとくBB戸建:61,000円
マンション:51,000円
光電話のみ
(最大36カ月無料)
11カ月,23カ月後
WEB手続き
NEXT52,000円光電話のみ2カ月後
電話手続き
NNコミュニケーションズ52,000円光電話のみ2カ月後
電話手続き
So-net30,000円光電話のみ5カ月後
WEB手続き
アシタエクリエイト45,000円光電話のみ5カ月後
WEB手続き

GMOとくとくBBなら、キャッシュバック額が高いうえに、光電話の月額料(550円)が戸建てタイプで36カ月無料、マンションタイプで24カ月無料のため、かなりお得です。

auユーザーであれば、必ずGMOとくとくBBで申し込みましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB(auひかり)

GMOとくとくBB』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンを実施している窓口です。

最大6.1万円の業界最高クラスのキャッシュバックが受け取れて、1.2万円相当のWi-Fiルーターも無料でついてきます。

auのスマホとのセット割「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、auひかりをお得に使うことができます。

キャッシュバック受け取りのステップ

GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介していきます。

①GMOとくとくBBの入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作ります。

②回線開通月を含む11ヶ月目と23カ月目に上記メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する案内メールが送られてきます。

③必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日にご指定の口座に振り込まれます。

ポイント

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/

他の窓口では、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

5-2.NURO光のおすすめ申し込み窓口

現時点で、NURO光の一番お得な申込窓口は、NURO公式サイトです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記の3つです。

  • キャッシュバック額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと
  • キャッシュバックを受け取りやすいこと(受取時期と手続き)

なお、下記の表以外にも、申込窓口は多数ありますが、「キャンペーンが2万円分以上」適用されるのは下記の申込窓口だけでした。

なお、NURO光でソフトバンクのスマホセット割の適用するためには「光電話」の加入が必要なため、その条件も踏まえて比較しています。
※格安SIMユーザーはスマホセット割の適用がないため、光電話の契約は不要です。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線
申込窓口
キャッシュバック
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
NURO光NURO公式サイト45,000円光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
6カ月後
WEB手続き
ライフサポート36,000円光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
6カ月後×
FAX手続き
アウンカンパニー35,000円光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
2カ月後
電話手続き
LifeBank30,000円光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
12カ月後
郵送手続き

この比較を踏まえ、NURO光は、キャッシュバックが最も高額な「公式ページ」から申し込むべきです。

なお、LifeBankでは、ひかりTV(月額1,500円~)をつけるとキャッシュバック額が2万円増額しますが、1年の支払額が2万円近く増え、2年の縛りがあるので注意しましょう。

NURO光公式

NURO光の中でも『NURO公式』は、光回線+ひかり電話の契約で最大45,000円のキャッシュバックを受け取ることができるお得な申し込み窓口です。

高額キャッシュバックがもらえ、不要なオプションにも申し込む必要がないNURO公式で必ず申し込みましょう。

キャッシュバック受け取りのステップ

NURO光公式サイトのキャッシュバックについて紹介していきます。

なお、NURO光はSo-netが運営している光回線のためSo-netに入会することになります。

①NURO光(So-net)の入会時にSo-net専用のメールアドレスを作成します。

②開通6ヶ月後15日に上記メールアドレス宛に、キャッシュバックのお受取手続き(ソネット de 受取サービス)の案内メールが送られてきます。

③案内メールが来て、45日以内にキャッシュバックの手続きを行うことでご指定の口座に振り込まれます。

ポイント

NURO公式「NURO光キャンペーンページ」:https://www.nuro.jp/hikari/pr/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記公式ページから申し込みをしましょう。

まとめ

フレッツ光の通信速度が遅い3つの原因とその対策に加え、速度の測定方法や乗り換える場合におすすめの光回線と申し込み窓口について解説してきましたが、いかがでしたか?

フレッツ光の通信速度が遅い、もしくは遅くなった原因にはユーザー数の増加が考えられますが、IPv6接続やプロバイダの変更をすることで改善できる可能性があるものの、そもそもフレッツ光自体のコストパフォーマンスが低いため、独自回線の光回線へ乗り換えることをおすすめします。

これを読んだあなたが、最適な光回線で快適にインターネット利用ができることを、心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket