その転用先は大丈夫?フレッツ光を失敗せずに乗り換えるための全注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「そもそも転用ってなに?」「フレッツ光を乗り換えるにはどうしたらいいの?」など、フレッツ光の転用や乗り換えについて疑問を持っていませんか?

結論、「転用」とはフレッツ光回線をそのまま利用して光コラボ回線に乗り換えることで、工事なしでお得に乗り換えることができます。

このページでは、長年光回線の販売をしてきた筆者が、フレッツ光回線の転用と光コラボとは何か、また転用方法や乗り換え先の選び方についてご紹介します。

すべて読めば、転用をしっかり理解した上で、あなたにとって最もお得な光回線にスムーズに乗り換えることができるでしょう。

1.フレッツ光の転用とは?

「転用」とは、フレッツ光の回線をそのまま利用し、工事をすることなく別の光回線に乗り換えることを言います。

転用する場合は工事が不要なため、簡単な手続きだけで乗り換えが可能です。

転用イメージ《転用イメージ》

ただし、フレッツ光から転用ができるのは、同じNTTフレッツ光の回線を使用した光コラボレーション回線だけとなります。

1-1.転用ができる光コラボとは

光コラボレーション(以下:光コラボ)とは、NTT東・西日本が提供する光回線の「フレッツ光」をプロバイダなどの別事業者が借り受け、回線サービスとプロパイダーを一本化して提供する販売モデルを言います。

つまり「転用」とは、フレッツ光の回線網を使用してはいるが、契約先がNTTではなく光コラボ事業者になるということです。

光コラボレーション《フレッツ光と光コラボの違い》

また、フレッツ光では別途プロバイダの契約と利用料が必要でしたが、光コラボはプロバイダ(事業者)がセットになっているため、契約も利用料も1つで済みます。

ただし、フレッツ光から転用で乗り換えるには、以下のようなフレッツ光回線を使用した事業者である必要があります。

NTTフレッツ光を利用した光コラボ回線

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • ぷらら光
  • enひかり…など

1-2.転用できない光回線とは?

一方で、フレッツ光から転用ができない光回線もあります。

「転用」では、乗り換え先が「光コラボ」であればフレッツ光のNTT回線を使用しているため、事業者が変わってもそのまま回線を利用することができます。

しかし、以下のような光回線は、フレッツ光の回線ではなく独自回線を利用しているため、「転用」での乗り換えはできないので注意しておいてください。

NTT系ではない独自回線

  • コミュファ光
  • auひかり
  • NURO光…など

上記のような光回線の場合には、フレッツ光回線の解約手続き、撤去工事、新規の開通工事が必要になります。

どこの回線を使用しているかは、公式サイトなどで「転用」の案内があるかどうかで見極められます。

そのため、NTT系以外の光回線に乗り換えたい場合は「5.フレッツ光の転用におすすめの光回線と選び方」を参考に、「本当に最適な光回線か」「お得か」といったことを再度検討してみましょう。

2.フレッツ光から光コラボに転用する5つのメリット

フレッツ光から光コラボに転用する場合には、以下のようなメリットがあります。

  1. 月額料金が安くなる
  2. 光コラボ独自の特典が受けられる
  3. 回線速度が改善される可能性がある
  4. 工事費用や解約金がかからない
  5. 請求や窓口が一本化される

上記のメリットについて詳しく解説していきます。

2-1.月額料金が安くなる

1つ目のメリットは、フレッツ光から光コラボに転用した場合、月額料金が安くなることです。

理由は以下2つです。

  • 別途プロバイダ料金が不要
  • スマホセット割で割引される

光コラボ回線はプロバイダ料金がセットになっているため、安い月額料金で利用することができます。

また、大手スマホキャリア(docomo・au・SoftBank)とのセット割を設けており、3大キャリアを利用している人は「スマホ代+ネット代」の通信費用が安くなります。

そのため、以下の比較表でも分かる通り、光コラボ回線に転用することで費用を抑えることができます。

月額料金の比較(戸建て)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

月額合計 基本料金 プロバイダ月額料金 スマホセット割
フレッツ光
(NTT東日本)
6,490円
※5,720円
5,940円(ネクスト/定額プラン)
※「にねん割」適用で5,170円
550円 なし
フレッツ光
(NTT西日本)
6,490円
※5,280円
5,940円(ネクスト/ファミリー)
※「光はじめ割」適用で4,730円
550円 なし
ドコモ光 4,620円 5,720 基本料金に含む 最大1,100円/月 割引
ソフトバンク光 4,620円 5,720 基本料金に含む 最大1,100円/月 割引
ビッグローブ光 4,378円 5,478円 基本料金に含む 最大1,100円/月 割引

※フレッツ光のプロバイダは「BB.エキサイト」で計算
※料金はすべて税込み

月額料金の比較(マンション)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

月額合計 基本料金 プロバイダ月額料金 スマホセット割
フレッツ光
(NTT東日本)
3,685円~
※3,575円~
3,135円~(ネクスト/定額プラン)
※「にねん割」適用で3,025円~
550円 なし
フレッツ光
(NTT西日本)
4,950円~
※3,685円~
3,520円~(ネクスト/マンション)
※「光はじめ割」適用で3,135円~
550円 なし
ドコモ光 3,300円 4,400 基本料金に含む 最大1,100円/月 割引
ソフトバンク光 3,080 4,180 基本料金に含む 最大1,100円/月 割引
ビッグローブ光 3,278円 4,378円 基本料金に含む 最大1,100円/月 割引

※フレッツ光のプロバイダは「BB.エキサイト」で計算
※料金はすべて税込み

上記のように、光コラボに乗り換えるだけで毎月の費用を抑えることができるため、より安く光回線を利用したい場合は転用することを検討してみましょう。

2-2.光コラボ独自の特典が受けられる

2つ目のメリットは、光コラボ事業者では独自のキャンペーンを設けているため、よりお得に光回線を利用できることです。

例えば、ソフトバンク光では以下のような「高額キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

SoftBank光-アウンカンパニーキャッシュバック出典:アウンンカパニー「ソフトバンク光申し込みページ

特にWebページでの申し込み特典がお得なので、「5.フレッツ光の転用におすすめの光回線と選び方」や光コラボ事業者のホームページなどを確認してみましょう。

フレッツ光から転用する場合、月額料金を下げるだけでなく、キャンペーン特典でさらにお得に利用できるのは大きなメリットです。

2-3.回線速度が改善される可能性がある

3つ目のメリットは、光コラボに転用することで速度が改善される可能性があることです。

基本的には、どの光コラボもフレッツ光の回線を借りているため、通信品質や通信速度が大きく変わることはありません。

しかし、光コラボ事業者によって接続方式の違いやサービス品質の向上に努めるなどにより、速度や安定性が改善されるケースがあります。

以下は、通信速度の口コミ投稿サイト『みんなのネット回線速度』の平均速度ですが、速度に違いが出ており、光コラボ回線の方が速い傾向にあります。

光回線 下り平均速度 上り平均速度
フレッツ光 265.5Mbps 197.9Mbps
ドコモ光 298.03Mbps 223.73Mbps
ソフトバンク光 304.27Mbps 199.76Mbps
OCN光 265.49Mbps 194.91Mbps
So-net光プラス 300.92Mbps 219.2Mbps

※『みんなのネット回線速度より(2022年2月時点)

もちろん、利用状況や環境にも左右されますが、現在フレッツ光の通信速度や安定性に不満がある場合には、月額コストも抑えられる光コラボへの転用をしてみるとよいかもしれません。

また、転用先が「IPv6(IPoE)」接続に対応していれば、より安定した高速通信が可能になります。

IPv6(IPoE)とは?

「IPv6(IPoE)」とは、回線混雑を避けて通信してくれる新しい通信規格のことで、従来よりもスムーズで快適な通信が行えます。

現在多くの光コラボ事業者が「IPv6(IPoE)」対応になってきてはいますが、未対応のところもまだあるため注意して選びましょう。

2-4.工事費用や解約金がかからない

4つ目のメリットは、転用による乗り換えでは「工事費用」や「解約金」がかからないことです。

フレッツ光から「転用」により光コラボ回線に乗り換える際には、これまでの回線をそのまま利用できるため、工事とその費用などが必要ありません。

また、フレッツ光から転用しても違約金は発生しないため、費用負担なく乗り換えることができます。

ただし、フレッツ光利用時に契約していた「プロバイダ」は解約する必要があるため、違約金が発生する可能性があります。

2-5.請求や窓口が一本化される

5つ目のメリットは、NTTとプロバイダで別々だった支払いや問い合わせ先が1つにまとまり、管理しやすくなることです。

フレッツ光では、別事業者のプロバイダ契約も必要だったため、請求や窓口が別々になっていたことが面倒に感じていた人も少なくありません。

しかし、転用により乗り換える光コラボ回線はプロバイダとセットになっているため、料金の請求や窓口が1つになります。

3.フレッツ光から光コラボに転用する際の4つの注意点

フレッツ光から転用することには多くのメリットがありますが、以下4つの点に注意しておきましょう。

  1. トラブル時の窓口がNTTではなくなる
  2. フレッツ光のポイントや特典がなくなる
  3. フレッツ光のプロバイダによっては違約金が発生する
  4. 悪質な光コラボ事業者が存在する

これらの注意点について、1つずつ詳しく解説します。

3-1.トラブル時の窓口がNTTではなくなる

1つ目の注意点は、転用をした場合、契約先も変わるため、窓口がNTTではなくなることです。

そのため、たとえNTT回線やサービスでトラブル等があっても、対応を受け付けてくれることはほとんどありません。

もし何か伝えたいことやトラブルがあった際には、契約した光コラボ事業者に直接問い合わせましょう。

光コラボレーションの苦情は事業者へ

多くの光コラボ事業者はきちんとサービスを提供していますが、何かあった場合には、NTTほど丁寧に対応してもらえないケースもあるので覚えておいてください。

3-2.フレッツ光のポイントや特典がなくなる

2つ目の注意点はフレッツ光から転用すると、NTT東日本の「フレッツ光メンバーズクラブ」やNTT西日本の「CLUB‐NTT‐West」で貯めたポイントは、全て消滅することです。

また、フレッツ光の会員特典も利用できなくなるため注意しておいてください。

そのため、フレッツ光のポイントや特典が残っている場合は、転用する日の前日までに利用するようにしましょう。

3-3.フレッツ光のプロバイダによっては違約金が発生する

3つ目の注意点は、転用時にプロバイダ側から違約金を請求されることがあることです。

2-4.工事費用や解約金がかからない」でも触れましたが、転用により契約先が変わってもNTT回線を使用しているため、違約金は発生しません。

しかし、フレッツ光回線を利用するために契約していたプロバイダは解約する必要があるため、違約金が発生する可能性があります。

そのため、転用をする際には契約中のプロバイダで確認しておきましょう。

3-4.悪質な光コラボ事業者が存在する

4つ目の注意点は、光コラボ事業者の中には、電話問い合わせなどで悪質な営業をしてくる事業者もあるため、勧誘電話には気をつける必要があるということです。

実際に、以下のようなトラブルが起きた事例もあります。

  • キャンペーンに落とし穴があり、特典を受けられなかった
  • 料金が安くなると言われたのに、余計なオプションを追加されて逆に高くなった
  • 気づいたら勝手に契約されていた

特に、「転用承諾番号を教えてくれれば○○円安くなる」などといった勧誘電話からの契約は避けるようにしましょう。

というのも勧誘電話の場合、口頭でのやり取りになってしまうため、「言った・言ってない」でトラブルにつながりやすくなるためです。

そのため、なるべく電話勧誘などでは契約しないか、やり取りがあった際には以下の注意点を忘れないようにしましょう。

電話勧誘の注意点

  • 料金プランの詳細を聞く
  • キャンペーン特典の詳細をはっきりさせておく
  • 納得できなければ断る
  • ネットなどで事業者の評判を確認する

勧誘電話などに惑わされないように、契約はなるべく内容の詳細が記載されたWebページから申し込みましょう。

4.フレッツ光から転用する方法と手順

フレッツ光から転用する方法は非常に簡単で、以下の手順で行えます。

  1. NTTから転用承諾番号を取得する
  2. 転用したい光コラボに申し込む

工事などが必要ないため、手続きの所要時間は10~15分ほどですが、切り替えには早くて1週間~2週間程度かかります。

以下では、手順について1つずつ解説していきます。

4-1.NTTから転用承諾番号を取得する

まず、NTTに連絡をして、「転用承諾番号」を取得する必要があります。

転用承諾番号とは、「フレッツ光の利用者が光コラボへ転用する際に手続き上必要となる番号」のことで、NTT東/西日本が発行するアルファベット1文字に加えて数字10桁の番号で表されます。

転用承諾番号を取得するためには、NTT東/西日本に電話かWebサイトから申し込みます。

  NTT東日本 NTT西日本
Webでの取得 NTT東日本のホームページ

受付時間:8:30~22:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

NTT西日本のホームページ

受付時間:7:00~25:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

電話での取得 NTT東日本窓口「0120-140-202

受付時間:9:00~17:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

NTT西日本窓口「0120-553-104

受付時間:9:00~17:00
土日・祝日も受付(年末年始を除く)

ただし、転用承諾番号を取得する際には、以下のものが必要になるためあらかじめ準備しておきましょう。

転用承諾番号の取得に必要なもの

  • フレッツ光の「お客様ID・ひかり電話番号・連絡先電話番号」のいずれか
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用住所
  • フレッツ光の料金支払い方法(請求書/口座振替/クレジットカード)

取得した転用承諾番号は、次の「光コラボに申し込む」際に必要になるため、必ずメモしておきましょう。

4-2.転用したい光コラボに申し込む

転用承諾番号を取得したら、次は乗り換えたい光コラボに申し込みをしましょう。

Webサイトから申し込む場合には「新規」ではなく「転用」を選択、電話申し込みの際には転用承諾番号と転用手続きであるということをしっかり事業者に伝えます。

ここで1つ注意しておきたいのが、転用承諾番号には有効期限があるため、取得から15日以内に申し込み手続きを行うようにしましょう。

ちなみに転用をする際は、高額キャッシュバックなどのお得な特典があり、スマホとのセット割が適用できる、以下の光回線がおすすめです。

おすすめの光回線については、次章の「5.フレッツ光の転用におすすめの光回線と選び方」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

上記の手続きにて、フレッツ光から光コラボへの転用は完了です。

5.転用におすすめの光回線と選び方

2022年6月現在、フレッツ光の光コラボ回線事業者は何十社とあるため、選び方や事業者を間違えると、料金面やサービス面で損をしてしまう可能性があります。

ここでは、あなたに最適で最もお得になる光回線の選び方とおすすめをご紹介します。

5-1.あなたに最適でお得な光回線の選び方

結論、「実質料金が安くなるか」という視点で選びましょう。

実質月額料金とは、月額料金や工事費等の初期費用に対して、割引やキャッシュバック額を差し引いた、月額あたりの料金のことを言います。

分かりやすく言うと、「結局のところ、いくら払ってることになるのか」ということです。

実質月額料金とは

実質月額料金を大きく左右するのは、下記の3つです。

  • (1)スマホセット割
  • (2)キャッシュバック
  • (3)工事費(転用の場合は不要)

(1)スマホセット割は「どの光回線を選ぶか」、(2)キャッシュバックと(3)工事費は「どの窓口から申し込むか」で金額に差が生じます。

ただし、「転用」の場合は工事不要であるため、(1)と(2)で検討しましょう。

では、それぞれの項目と比較について説明していきます。

スマホセット割

前述の通り、スマホセット割がある光回線は、お得に利用できます。

大手スマホキャリアのセット割を、表にまとめました。

いずれもスマホ一台ごとに、1,100円の割引を受けられ、スマホのデータ容量によっては、それ以上の割引額になることもあります。(2022年2月時点)

携帯会社 光回線 セット割引額 備考
ドコモ ドコモ光 スマホ1台につき
1,100円程度
一部プランのみ550円~3,850円割引(詳しくはこちら
ソフトバンク ソフトバンク光 スマホ1台につき
1,100円
一部データ定額/パケットし放題プランのみ550円割引(詳しくはこちら
NURO光
au auひかり スマホ1台につき
1,100円程度
一部プランのみ550円~2,200円の割引(詳しくはこちら
So-net光
ビッグローブ光
@nifty
DTI光
AsahiNet光

※料金はすべて税込み

スマホセット割では、光回線自体の料金から割引されるわけではありませんが、全体の通信費を抑えることができます。

そのため、光回線は今使っているスマホの携帯会社に合わせて選びましょう。

補足:格安SIM利用者は、キャッシュバック額で選ぼう

格安SIMにもスマホ割はありますが、数百円とそれほどお得になりません。

ネットをお得に利用するなら、キャッシュバックが高額な光回線を選んで実質料金を安く抑えましょう。

大手サービスかつ高額キャッシュバックが得られるのは『NURO光』か『auひかり』がおすすめですが、どちらもフレッツ光回線ではないため「転用」はできません。

そのため、フレッツ光回線の解約と新規工事が必要になりますが、高額キャッシュバックと工事費無料キャンペーンなどもあるため、初期費用は抑えることができます。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線
戸建て
実質月額

マンション
実質月額

参考
スマホセット割 キャッシュバック 工事費/契約料
NURO光 3,963円 3,963円 45,000円 実質無料/3,300円
ビッグローブ光 4,453円 3,345円 戸建て:60,000円
マンション:57,000円
実質無料/3,300円
auひかり 3,468円 1,132円~ 77,000円 実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額
※上記の実質月額は、スマホセット割を適用していない金額で記載
※料金はすべて税込み

ただし、『NURO光』と『auひかり』は利用エリアが限られているため、まずはお住いの地域がエリア内かを確認しておきましょう。

キャッシュバック

申し込み窓口によっては、光回線の新規申し込みや乗り換え時に、キャッシュバックを受けられます。

そして、その金額は窓口によって大きく異なっていて、例えば同じソフトバンク光でも、数万円の差が出るケースがあるほどです。

そのため、必ず申し込み窓口を比較してお得な窓口から申し込みましょう。

注意:キャッシュバックの条件にオプション加入が必要な場合がある

高額キャッシュバックを受けるために、複数のオプション加入が必須の窓口があるので注意してください。

この場合オプション代が毎月請求され、逆に損をしてしまいます。

あまりに高額なキャッシュバックを実施している申し込み窓口は注意してください。

また、キャッシュバックは必ずオプション加入が不要なものを選ぶようにしましょう。

5-2.フレッツ光の転用におすすめの光回線

フレッツ光から転用する際におすすめの光回線は、以下の通りです。

これらの回線は、スマホセット割が適用されるお得な光回線です。

ただし、上記の光回線は申込窓口によってキャッシュバックやその他特典がガラリと変わるため、上記に至った理由を含めて、スマホキャリア別におすすめの光回線について見ていきましょう。

それぞれの回線と申し込み窓口について見ていきましょう。

docomoユーザーが選ぶべき光回線は?

あなたがdocomoユーザーであれば、光回線は「ドコモ光」一択です。

というのも、docomoとのスマホセット割(ドコモ光セット割)で毎月最大1,100円の割引きを受けられる光回線は、下記のとおりドコモ光だけだからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 3,841円
(4,941円)
2,521円
(3,621円)
1,100円/月 キャッシュバック:20,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円

※実質月額料金が一番安くなる条件を記載
※カッコ書きはスマホセット割をしない場合の料金
※スマホセット割引は最大額で算出
※料金はすべて税込み

なお、今お使いのdocomoのスマホプランによって、スマホセット割の割引き額が以下のように異なりますので、確認しておいてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモスマホ料金プラン(ギガプラン) スマホセット割引
ギガホ 1,100円/月
5Gギガライト
ギガライト
<ステップ4:~7GB> 1,100円/月
<ステップ3:~5GB> 1,100円/月
<ステップ2:~3GB> 550円/月
<ステップ1:~1GB> -
ドコモスマホ料金プラン(カケホーダイ&パケあえる) スマホセット割引
ウルトラシェアパック100 3,850円/月
ウルトラシェアパック50 3,190円/月
ウルトラシェアパック30 2,750円/月
ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,980円/月
<ステップ3:~15GB> 1,980円/月
<ステップ2:~10GB> 1,320円/月
<ステップ1:~5GB> 880円/月
ウルトラデータLLパック 1,760円/月
ウルトラデータLパック 1,540円/月
ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 880円/月
<ステップ3:~5GB> 880円/月
<ステップ2:~3GB> 220円/月
<ステップ1:~1GB> 110円/月

※割引額はすべて税込み
出典:docomo

ドコモ光の一番お得な申込窓口

ドコモ光には申込窓口が複数ありますが、ドコモ光の一番お得な申込窓口はプロバイダの『GMOとくとくBB』です。

ドコモ光-GMOとくとくBB-申込画面
出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモ光 × GMOとくとくBB 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,400円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円
(キャンペーンで無料)
16,500円
(キャンペーンで無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ドコモ光セット割(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・dポイント2,000ptプレゼント
・工事費無料
独自キャンペーン
(GMOとくとくBBの場合)
・20,000円キャッシュバック
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
・開通前モバイルルーター無料レンタル
下り平均速度※1
(GMOとくとくBBの場合)
301.81Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(GMOとくとくBBの場合)
3,841円 2,521円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「GMOとくとくBB」が一番お得な理由

GMOとくとくBB』がおすすめな理由は「月額料金が初月無料」であること加えて、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は、キャッシュバックが4万円以上受け取れる窓口の比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、オプション条件やその他の特典でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 キャッシュバック オプション条件 その他 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
77,000円 ひかり電話への加入
(最大35カ月無料)
高性能Wi-Fiルーター
無料プレゼント
11カ月後, 23カ月後 WEB手続き
NEXT
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
52,000円 ひかり電話への加入 - 2カ月後 電話手続き
@TCOM
(プロバイダ)
40,000円 - - 7カ月後 WEB手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※料金はキャッシュバックを除いてすべて税込み
※ひかり電話は月額税込550円

なお、GMOとくとくBBではキャッシュバックのオプション条件として「ひかり電話(月額税込550円)への加入」が必要ですが、3年契約の戸建てタイプで35カ月無料、2年契約のマンションタイプでは23カ月無料となっています。

そのため、ほぼ実質無料でひかり電話を利用できることになります。

さらにGMOとくとくBBでは、Wi-Fi 5(11ac)対応の高性能Wi-Fiルーターを無料でプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は、かなりお得な特典と言えるでしょう。

したがって、auひかりへ申し込むなら、GMOとくとくBBで間違いありません。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『GMOとくとくBB』のキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

キャッシュバックは以下3つの手順でもらえます。

  1. 「GMOとくとくBB」の入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作る
  2. 回線開通月を含む11カ月目と23カ月目の初日に、上記メールアドレス宛にキャッシュバックに関する案内メールが届く
  3. 必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日に指定口座に振り込まれる

GMOとくとくBBの難点は、キャッシュバックが11カ月後・23カ月後にもらえることです。

よって、忘れてしまわないように、スマホのリマインダー機能などに登録して確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

auひかりが一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

auひかりキャンペーンページ:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

今なら《総額100万円プレゼントキャンペーン》実施中!

GMOとくとくBBから申し込むと、今ならさらに抽選で200名に「Amazonギフト券5,000円分」がもらえるキャンペーンが実施されています。

GMOとくとくBB_202206キャンペーンバナー

いつもよりお得になるチャンスですので、検討中の場合はこのキャンペーンが終了する前に申し込むことをおすすめします。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/

auユーザーが選ぶべき光回線は?

auユーザーの場合は、対応エリアを確認したうえ『auひかり』や『コミュファ光』がおすすめですが、この2社は独自回線の光回線であるため、転用ができません。

そのため、実質料金が安く、スマホセット割が適用できる「ビッグローブ光」がおすすめです。

ビッグローブ光の一番お得な申込窓口

ビッグローブ光には申込窓口が複数ありますが、ビッグローブ光の一番お得な申込窓口は代理店の『NEXT』です。

【NEXT】ビッグローブ光出典:NEXT

NEXTは、「フレッツ光」をはじめ、「ソフトバンク光」「OCN光」など、多くの光回線の取り次ぎを行っている有名な正規代理店です。

NEXTから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ビッグローブ光 × NEXT 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
事務手数料 3,300円
工事費 19,800円 16,500円
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 ・auスマートバリュー(毎月最大1,100円割引)
・auセット割(毎月最大1,320円割引)
独自キャンペーン
(NEXTの場合)
・最大60,000円キャッシュバック
・Wi-Fiルーター6カ月無料
下り平均速度※1 255.12Mbps
契約期間 3年 3年
実質月額料金
(NEXTの場合)
3,133円 2,025円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,320円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「NEXT」が一番お得な理由

NEXT』がおすすめな理由は、以下のとおりです。

  • キャッシュバック額と工事費割引額の合計額が高い
  • オプション加入が不要

下記は、公式サイトを含む「キャッシュバック額+工事費割引き額」の合計が4万円以上の代理店の比較ですが、NEXTが一番お得であることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口 割引き要素
オプション条件 受け取りやすさ
キャッシュバック
工事費割引き 合計 受取時期 手続き方法
NEXT
(代理店)
60,000円
0円 60,000円 なし 2カ月後, 12か月後 自動, WEB手続き
ビッグローブ光 公式 40,000円 19,800円 59,800円 なし 2カ月後 電話手続き
ブロードバンドナビ
(代理店)
35,000円 19,800円 54,800円 なし 6カ月後 FAX申請後、
再度WEB手続き
NNコミュニケーションズ
(代理店)
29,000円 19,800円 48,800円 なし 2カ月後 電話手続き

※実質月額料金が一番安くなる条件で比較
※3年間のみの契約(37ヶ月目で解約した場合)の計算
※戸建て(ファミリータイプ)の金額での計算

上記のとおり、ビッグローブ光の公式サイトではキャッシュバックに加えて工事費割引きを実施していますが、トータルすると割引額は「NEXT」に劣ります。

また、「NEXT」からの申し込みで、光電話を同時契約する場合には、キャッシュバックは最大63,000円、さらに光TVも契約するなら最大68,000円のキャッシュバックを受け取ることも可能です。

したがって、ビッグローブ光を利用する際には、代理店「NEXT」から申し込むことをおすすめします。

ビッグローブ光はスマホセット割を選べる

なお、auユーザーがビッグローブ光を使う場合は、以下2つのスマホセット割のどちらかを選ぶことができます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホセット割の名称 割引き額 備考
auスマートバリュー 550~1,100円/月 ・光電話(月額550円)への加入が条件
・離れた家族(50歳以上)を含む10名まで割引き可能
auセット割 550~1,320円/月 ・条件なし
・家族の割引きは不可

※料金はすべて税込み

もし、auユーザーが家族に2人以上いる場合は、光電話への申し込みは必須ですが「auスマートバリュー」を適用させた方が、最低でも毎月550円は安くなるためお得です。

あるいは、auユーザーがあなた1人であれば、光電話の加入が不要な「auセット割」を適用させた方が、最低でも毎月550円は安くなるためお得です。

光電話を使わない場合で、かつauユーザーが1人の場合は、「auセット割」を選んだ方がお得になることを覚えておくとよいでしょう。

なお、auセット割の割引額の詳細は、ビッグローブ光の公式ページにて確認できます。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に『NEXT』でのキャッシュバックの受け取り方法について解説します。

NEXTではキャッシュバックは2回に分けてもらえる仕組みとなっており、手順は次のとおりです。

  1. 「NEXT」からビッグローブ光への申し込みが完了すると、「NEXT」から契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座に1回目のキャッシュバックが振り込まれる
  4. さらに開通月から12ヶ月目に、BIGLOBEからキャッシュバック受け取りの案内メールが届く
  5. 開通月から12ヶ月目の2日~45日間以内に、BIGLOBEの「マイページ」からの受取手続きを行う
  6. 受取手続き完了後、数日以内に指定の口座に2回目のキャッシュバックが振り込まれる

1回目のキャッシュバックは振込口座を電話で伝えるだけですので、もらい忘れることはありません。

ただし、2回目のキャッシュバックは開通の12カ月後なので、スマホのリマインダー機能などを使って、確実にキャッシュバックを全額もらえるようにしておきましょう。

ビッグローブ光が一番お得な窓口|代理店「NEXT」

ビッグローブ光キャンペーンページ:https://www.biglobe-hikari.net/

  • 最大60,000円のキャッシュバック
  • Wi-Fiルーターが6カ月間無料レンタル

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

SoftBankユーザーが選ぶべき光回線は?

ソフトバンクユーザーの場合は、最もおすすめの光回線は『NURO光』ですが、こちらも独自回線の光回線であるため、転用ができません。

そのため、次に実質料金が安く、スマホセット割もある「ソフトバンク光」がおすすめです。

ソフトバンク光の一番お得な申込窓口

ソフトバンク光には申込窓口が複数ありますが、ソフトバンク光の一番お得な申込窓口は代理店の『アウンカンパニー』です。

アウンカンパニートップ画面出典:アウンカンパニー

アウンカンパニーは、ソフトバンク株式会社から「顧客対応・品質」などで8回も表彰を受けている、実績のある正規代理店です。

アウンカンパニーから申し込んだ際の、キャンペーンや料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク光 × アウンカンパニー 戸建て マンション
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
(キャンペーンで実質無料)
提供エリア 日本全国
スマホとのセット割 おうち割 光セット(毎月最大1,100円割引)
公式キャンペーン ・乗り換え、引っ越し新規契約の場合は工事費無料
・他社の解約違約金を最大10万円まで負担
・開通までモバイルWi-Fiの無料レンタル
・無線LAN機能無料
独自キャンペーン
(アウンカンパニーの場合)
・最大37,000円キャッシュバック
下り平均速度※1 313.89Mbps
契約期間 2年 2年
実質月額料金
(アウンカンパニーの場合)
4,058円 2,518円

※1:『みんなのネット回線速度』で計測された直近3カ月の平均値
※実質月額料金は「スマホセット割1,100円」で算出
※キャッシュバックを除き料金はすべて税込み

「アウンカンパニー」が一番お得な理由

アウンカンパニー』がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高い
  • オプション加入が不要
  • キャッシュバックを受け取りやすい(受取時期と手続き)

下記は、キャッシュバックが20,000円以上の代理店4社の比較ですが、アウンカンパニーのキャッシュバック額が最も高く、受け取りやすさの点でも優れていることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

申込窓口
キャッシュバック
オプション条件 受け取りやすさ
受取時期 手続き方法
アウンカンパニー
(代理店)
37,000円※1 なし 2カ月後 申し込み時に
振込口座を指定するだけ
BIGUP
(代理店)
35,000円 なし 2カ月後 電話手続き
LifeBank
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き
株式会社STORY
(代理店)
25,200円 なし 12カ月後 WEB手続き

※1:「工事費サポート はじめて割」適用の場合は7,000円減額
※実質月額料金が一番安くなる条件で比較

とくにアウンカンパニーでは、申し込み時に指定した口座に2カ月後にキャッシュバックを振り込んでくれますので、わざわざ手続きをする必要がなく、もらい忘れがないところが嬉しいポイントです。

ただし、キャッシュバックにオプション条件はないものの、SoftBankユーザーはスマホセット割を適用させた方がトータルでお得になるため、光電話への申し込みは必須です。

なお、アウンカンパニーのキャンペーンは以下3つの中から選べますので、あなたがお得に感じるものを選ぶとよいでしょう。

  • 特典1|37,000円キャッシュバック
  • 特典2|32,000円キャッシュバック+「高速Wi-Fiルーター or 無線LAN中継器」
  • 特典3|Nintendo Switch プレゼント
「アウンカンパニー」でキャッシュバックを受け取るステップ

最後に、『アウンカンパニー』から申し込んだ際の、キャッシュバックの受け取り方法について解説します。

すごく簡単ですが、念のため確認しておいてください。

  1. 「アウンカンパニー」からソフトバンク光への申し込みが完了すると、「アウンカンパニー」から契約に関する確認の電話がかかってくる
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を口頭で伝える
  3. 回線開通の2カ月後に、指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

ソフトバンク光が一番お得な窓口|代理店「アウンカンパニー」

ソフトバンク光キャンペーンページ:https://aun-softbank-hikari.com/

  • 37,000円のキャッシュバック 他2つから選べる
  • キャッシュバックは手続き不要で自動振り込み

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

格安SIMユーザーが選ぶべき光回線は?

格安SIMユーザーが光回線をお得に選ぶためには、「今使っているスマホに合わせる」方法と少し異なります。

理由は以下の2つです。

  • 格安SIMのスマホセット割ができる光回線事業者が少ない
  • 格安SIMのスマホセット割引額が小さい

例えば、有名無名を合わせて数多くある格安SIMのうち、光回線とスマホセット割ができる組み合わせは下記に記載しただけです。

また、「UQモバイル」「Y!mobile」以外は、毎月の割引き額が少額であることがわかります。

《格安SIMのスマホセット割》

  • UQモバイル:毎月最大858円割引
  • Y!mobile:毎月最大1,188円割引
  • OCNモバイルONE:毎月220円割引
  • IIjmio:毎月660円割引
  • DTI SIM:毎月165円割引
  • LIMBO:毎月330円割引
  • NifMo:毎月220円割引

そのため、スマホセット割が適用されなくても、キャッシュバックが高額な光回線を選んだ方が実質月額料金は安くなります。

結論、あなたがスマホセット割の割引額が小さい格安SIMをお使いであれば、お住いのエリアに合わせて「コミュファ光」「NURO光」「ビッグローブ光」「auひかり」が一番お得になります。

ただし、「コミュファ光」「NURO光」「auひかり」は独自回線で転用ができないため、選択肢は「ビッグローブ光」の一択になります。

5-3.auひかりとNURO光は転用できないので注意!

何度も説明したように、光回線で人気のある「auひかり」「NURO光」はフレッツ光回線ではなく独自回線を使用しているため、転用することができないので注意しましょう。

そのため、フレッツ光や光コラボ回線から乗り換える場合には、以下の手続きと費用が掛かります。

  • フレッツ光回線の解約手続き(違約金/工事費残積)
  • フレッツ光回線の撤去工事(撤去工事費)
  • 新規の開通工事(開通工事費)

ただし、現在お使いのスマホキャリアが「au」や「ソフトバンク」である場合には、スマホセット割の適用があり、実質料金が最もお得な光回線です。

さらに独自回線を使用しているため、利用者の多いフレッツ光回線よりも混雑が少なく、回線速度が比較的速い傾向にあります。

また、以下の申し込み窓口であれば、高額キャッシュバックや工事費無料キャンペーンにより最もお得に申し込むことができるため、ぜひ検討してもよいでしょう。

auひかりのおすすめ申し込み窓口

GMOとくとくBB「auひかり申し込みページ」:https://au-hikari-gmo

NURO光のおすすめ申し込み窓口

NURO光公式「キャンペーン申し込みページ」:https://www.nuro.jp/hikari/

6.フレッツ光の転用に関する質問まとめ

下記では、フレッツ光の転用によくある質問について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Q1.フレッツ光の転用ができないときは?

フレッツ光からの転用ができない場合には、以下のことが考えられます。

  • 転用承諾番号が取得できない
  • 「転用」ではなく「新規」で申し込んでいる
  • 転用を行う前にフレッツ光を解約してしまった
  • 乗り換え先に光コラボではない光回線を選んでいる

上記の点に当てはまっていないか、もう一度よく確認してみてください。

また、1つ目の「転用承諾番号が取得できない」の場合には、以下の可能性があります。

  • 未払い金がある
  • 利用停止の申し出を行っている
  • 品目変更(料金プランの変更)などの手続き中
  • 管理会社や、建物オーナーと特別料金で個別にインターネット回線を契約をしている

これらに当てはまっていないか、Webページや契約書類などももう一度確認しておきましょう。

Q2.フレッツ光転用時の同意とは?

フレッツ光転用時の「同意」とは、転用する際に確認しておくべき事項についての同意になります。

内容は転用手続きする際に確認できますが、主に以下のようなことが書いてあります。

  • 登録情報などは光コラボ事業者に受け渡す
  • オプションサービスなどは解約申し出がないと引き継がれる
  • 転用完了日まではフレッツ光回線の料金を日割りで請求する
  • 工事費を分割で支払っている場合は一括請求となる
  • フレッツ光メンバーズクラブで提供しているサービスやポイントは失効する
  • その他サービスについてなど

詳細は「転用のお申し込みにあたりご同意いただきたい事項」で確認できます。

そのため、この同意事項をよく確認しておなければ、後のトラブルにつながるため、しっかりと目を通しておきましょう。

まとめ

フレッツ光回線の転用と光コラボとは何か、また転用方法や乗り換え先の選び方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

「転用」とはフレッツ光回線をそのまま利用して光コラボ回線に乗り換えることです。

そのため、工事なしでお得に乗り換えられるなどのメリットがあります。

また、以下の光コラボ回線は、高額キャッシュバックなどのお得な特典があり、スマホとのセット割が適用されるため、転用先におすすめです。

フレッツ光からの乗り換えを検討している場合は、ぜひ検討してみてください。

このページを参考に、あなたに最適な光回線を利用できるようになることを、心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る