その転用先は大丈夫?フレッツ光を失敗せずに乗り換えるための全注意点

    「フレッツ光の勧誘電話が来たけど、今転用して大丈夫?」「転用する際に注意するべきことは?」など、フレッツ光の転用に対して不安を抱いていませんか?

    フレッツ光から光コラボへ今よりもお得で安全に乗り換えるためには、残りの契約期間を考慮した上で、転用先はスマホとセットで選びましょう。

    本ページでは、過去にNTTの代理店で光回線の営業をしていた筆者が、転用で失敗しないためのポイントとして、フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える際の注意点を、以下の流れで解説します。

    1. 転用とは?
    2. 転用の注意点
    3. 転用のメリット
    4. 転用の手順2ステップ
    5. 失敗しないおすすめの転用先
    6. 事業者変更や再転用も開通工事が不要

    全て読むと、フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える際の注意点・メリット、手順が理解でき、あなたにぴったりな転用先を見つけることができます。

    1.転用とは?

    「転用」とは、「光回線をフレッツ光から光コラボに乗り換えること」です。

    言い換えると、「NTTの光回線を経由してインターネットに接続するための契約を、NTTと直接結ぶのではなく、光コラボと関節的に結ぶように変更すること」です。

    スクリーンショット 2017-01-16 13.28.41

    この「光コラボ」とは、「NTT以外の事業者が、NTTの光回線を借りて「別のブランド名」で提供するサービス」のことを指します。

    たとえば、最近では下記ような会社で光コラボが提供されています。

    • NTT以外の通信回線事業者(ex.ソフトバンク)
    • 通信業界以外の会社(ex.TUTAYA)

    その他、光コラボについてより詳しく知りたい方は、「図解でわかる光コラボレーションとは|仕組みと注意点が3分でまるわかり」を参考にしてください。

    2.転用の注意点

    転用において注意したいことは、以下の5点です。

    1. トラブル時の窓口がNTTではなくなる
    2. 悪質な事業者が存在する
    3. 料金プランが複雑な可能性がある
    4. 解約しにくい可能性がある
    5. フレッツ光のポイントや特典がなくなる

    2-1.トラブル時の窓口がNTTではなくなる

    転用をすると、たとえNTTの光回線を使用していても、NTTがトラブル等の対応を受け付けてくれることはほとんどありません。

    スクリーンショット 2017-01-17 17.31.20

    多くの光コラボ事業者はきちんとサービスを提供していますが、何かあった場合には、NTTほど丁寧に対応してもらえないケースもあるので覚えておいてください。

    2-2.悪質な事業者が存在する

    以下のようなトラブルが起きても、光コラボ事業者では解決できないケースもあります。

    • 気づいたら勝手に契約されていた
    • 料金が安くなると言われたのに、余計なオプションを追加されて逆に高くなった

    特に、「転用承諾番号を教えてくれれば○○円安くなる」などといった勧誘電話からの契約は避けるようにしましょう

    その際、以下の注意点を忘れないでください。

    • 事前に料金プランの詳細を聞く
    • 納得できなければ断る
    • ネットなどで事業者の評判を確認する

    かかってきた勧誘電話に言われる通り、安易に契約しないよう注意してください。

    2-3.料金プランが複雑な可能性がある

    転用先の光コラボ事業者によっては、料金プランやオプションが複雑で分かりにくい場合があります。

    特に、下記のような契約をすると、料金プランがフレッツ光よりもわかりにくくなってしまうので、注意しましょう。

    • キャッシュバックを受け取る代わりにオプションに加入する
    • 光回線とは関係ない光コラボ事業者独自のサービスへ加入する

    そのため、どのオプションに加入したのか」「今後違約金はどれくらいかかるのか」といった点をきちんと把握することが大切です。

    2-4.解約しにくい可能性がある

    光コラボ事業者の多くが、2~3年間の契約の縛りを設けています。

    この契約期間内に解約してしまうと、高額な違約金が発生することが多々あります。

    フレッツ光から光コラボへ乗り換えると、以下のように縛られる期間が増えてしまうことになります。

    スクリーンショット 2017-01-17 20.02.36

    転用しない場合は、次のフレッツ光の契約更新がいつなのか、転用する場合は、転用先でどれくらい長い期間縛られるのかをきちんと把握しておくことが大切です。

    2-5.フレッツ光のポイントや特典がなくなる

    転用すると、NTT東日本のフレッツ光メンバーズクラブやNTT西日本のCLUB‐NTT‐Westで貯めたポイントは、全て消滅してしまいます。

    また、フレッツ光の会員特典も利用できなくなります。

    フレッツ光のポイントや特典が残っている場合は、転用する日の前日までに利用するようにしましょう。

    3.転用のメリット

    転用のメリットは、主に以下の4つです。

    1. 基本料金が安くなる
    2. 光コラボ独自の特典がある
    3. フレッツ光の違約金がない
    4. 契約が簡単にできる

    3-1.基本料金が安くなる 

    光コラボは、フレッツ光に比べて料金が安くなりやすいというメリットがあります。

    以下の表はフレッツ光を契約した際の大まかな料金をまとめています。

     トータル基本料金各種割引プロバイダ料
    一戸建て・東日本5700円前後5700円-1000円1000円前後
    集合住宅・東日本4250円前後約3750円-300円800円前後
    一戸建て・西日本4800円前後5400円-1590円1000円前後
    集合住宅・西日本3730円前後約3700円-770円800円前後

    この料金が光コラボになると以下のように変わります。

    一戸建て集合住宅
    ドコモ光5200円4000円
    ソフトバンク光5200円3800円
    So-net光4000円~2900円~
    nifty光4000円~2200円~

    このように、フレッツ光から光コラボへ乗り換えると、月々の料金を大幅に削減できます。

    スマホとセットでさらにお得に

    スマホとセットで割引をしてくれる光回線に乗り換えることで、光回線だけでなく、スマホの料金も安くなります。

    たとえば、ソフトバンク光では、ソフトバンクのスマホをセットで契約すると、集合住宅なら無期限で月3,800円の割引が適用されます。

    転用しても基本料金が安くならない場合

    転用しても、料金が安くならない場合もあります。

    その原因は、大きく分けて以下の3つです。

    1. マンション全体で格安のプロバイダの会社に契約している
    2. フレッツ光の長期割引が長い
    3. 格安SIMとセットで契約したい

    特に3の格安SIMに関してはセット割がお得ではありません。

    3-2.光コラボ独自の特典がある

    光コラボは、各サービスごとに独自の特典があります。

    スマホ、動画コンテンツ、電気などといった通信分野のサービスとセットで割引になりやすいです。

    特に、スマホとのセット割引は非常にお得なので、転用先はスマホとセットで選ぶことをオススメします。

    具体的な方法は、後ほど徹底的に紹介しますが、気になる方は「6.失敗しないおすすめの転用先」をご覧ください。

    3-3.フレッツ光の違約金が無い

    フレッツ光から光コラボに乗り換える際、NTTから違約金を請求されることはありません。

    事務手数料として約3000円が請求されるのみです。

    そのため、違約金が気になる方も安心して転用を検討することができます。

    しかし、注意しておきたいポイントが2つあります。

    • 元々契約していたプロバイダが更新月でなかった場合、プロバイダの違約金が発生する
    • 引っ越しの場合、別途で工事費がかかる

    特に、プロバイダの違約金に関しては、キャッシュバック等を利用すると実質無料になることがあります

    高額なキャッシュバックを受け取るには、代理店やプロバイダを経由して転用先の光回線と契約する必要があります。

    プロバイダの選び方について、詳細は「6.失敗しないおすすめの転用先」をご覧ください。

    3-4.契約が簡単にできる

    転用は、下の2ステップでできるので、非常に簡単です。

    1. NTTから転用承諾番号を取得する
    2. 光コラボへ申し込む

    追加の工事が不要なので、約2週間あれば完了します。

    従来と異なり、光コラボはプロバイダと回線が一つにまとまったサービスで、契約が非常に簡単です。

    詳しい手順については、後ほど説明しますが、気になる方は「5.転用の手順」をご確認ください。

    3-5.こんな人は転用するべき

    転用、つまりフレッツ光から光コラボへの乗り換えをオススメする方は、以下の通りです。

    • 速度・料金に不満がある
    • 契約更新月である

    特に、速度・料金に関しては大幅に改善する可能性があるので、ぜひ転用を考えてみてください。

    4.転用の手順

    では、転用の手順は、以下の2ステップで行います。

    1. NTTから転用承諾番号を取得する
    2. 光コラボへ申し込む

    それぞれのステップについて、詳しく説明しましょう。

    4-1.NTTから転用承諾番号を取得する

    まず、NTTに連絡をして、転用承諾番号を取得する必要があります。

    この転用承諾番号」とは、「フレッツ光の利用者が、光コラボへ転用する際に、手続き上必要となる番号」のことです

    転用承諾番号の取得に必要なもの

    • お客様ID
    • ひかり電話の電話番号
    • 契約者の氏名
    • 利用場所の住所
    • 支払い方法(現在の請求元)

    転用承諾番号は、「Web」もしくは「電話」で取得可能です。

     NTT東日本NTT西日本
    Webでの取得NTT東日本のホームページ」から手続き可能

    受付時間:8:30~22:00
    土日・祝日も受付(年末年始を除く)

    NTT西日本のホームページ」から手続き可能

    受付時間:7:00~25:00
    土日・祝日も受付(年末年始を除く)

    電話での取得NTT東日本窓口「0120-140-202

    受付時間:9:00~17:00
    土日・祝日も受付(年末年始を除く)

    NTT西日本窓口「0120-553-104

    受付時間:9:00~17:00
    土日・祝日も受付(年末年始を除く)

    4-2.光コラボへ申し込む

    転用承諾番号を取得したら、次は乗り換えたい光コラボに申し込みをしましょう。

    申し込み時には、転用承諾番号と転用手続きであるということをしっかり事業者に伝えます。

    そうすればフレッツ光への解約手続きなどは必要ないので、これで転用手続きは終了です。

    自分でインターネットの接続設定をする場合

    以下の場合、自分でインターネットの接続や設定をする必要があります。

    • 転用日前に事業者からルーターなどの機器が送られてきた場合
    • プロバイダが変更された場合

    5.失敗しないおすすめの転用先

    転用で失敗しないために、オススメの光コラボの選び方をご紹介します。

    最近のトレンドとして、スマホと組み合わせることで料金を大幅に割引をするという事業者が増えてきました。

    そこで、下記のステップでオススメの転用先を絞り込んでいきたいと思います。

    • Step1: 光回線の会社を決める
    • Step2: プロバイダと申し込み窓口を決める

    では実際にコスパがいいインターネットを選んでいきましょう。

    Step1: 光回線の会社を決める

    先ほども紹介しましたが、回線の会社は基本的にどのスマホを使っているかで決めましょう

    理由は、スマホ会社や提携企業の光回線とスマホのセット割を使うとガクッと料金が安くなるからです。

    大手携帯会社は基本的にスマホと光回線のセット割を行なっていますが、「どちらも使って欲しい」と考えていることから割引額も圧倒的に大きいです。

    例えば、auひかりをauのスマホとセットに使うことで、以下のようにスマホで最大毎月2,000円の割引を受けられます。

    出展:auひかり

    実際、大手プロバイダーが使える回線で回線利用料+プロバイダ料金で比較をしてみました。たくさんの人で設備を共有するので、マンションの方が若干安くなります。

    インターネット回線プロバイダ一戸建て(円/月)マンション(円/月)お得なキャンペーン初期費用工事費(円)契約料など(円)
    フレッツ光100社以上から選べる5,000円前後4,000円前後代理店ごとにCBあり18,000800
    エキサイト光BBエキサイト4,3603,360-18,0001,000
    OCN光OCN5,1003,600-18,0003,000
    So-net光So-net5,5804,480(最大)20,000円24,0003,000
    @nifty光@nifty4,6003,48030,100円15,0002,000
    ドコモ光20社以上から選べる5,2004,000

    ・ドコモポイント10,000pt+15,000円CB

    ・新規工事料無料

     

    3,000
    auひかり5社以上から選べる5,1003,800(最大)52,000円実質無料3,000
    BIGLOBE光BIGLOBE4,9803,980(最大)26,000円実質無料3,000
    ぷらら光ぷらら4,8003,600(最大)35,000円18,000無料
    ソフトバンク光Yahoo!BB5,2003,800(最大)33,000円24,000円※乗り換えの場合実質無料3,000
    eo光eo光4,9533,524-実質無料3,000
    NURO光So-net4,7434,743(最大)35,000円実質無料3,000
    U-NEXT光U-Pa!4,9803,480-24,0003,000
    ドコモ光(ドコモユーザー)20社以上から選べる4,0002,800

    ドコモポイント最大10,000pt+15,000CB※ギガライト~7GBの時

    ・新規工事料無料

     3,000
    auひかり(auユーザー)5社以上から選べる4,1902,390(最大)52,000円※データ定額8の時,ひかり電話実質無料3,000
    BIGLOBE光(auユーザー)BIGLOBE3,5702,570(最大)26,000円※データ定額8の時,ひかり電話実質無料3,000
    ソフトバンク光(ソフトバンクユーザー)Yahoo!BB4,2002,800(最大)33,000円 ※データ定額5Gの時,おうち割光セット24,000円※乗り換えの場合実質無料3,000
    NURO光(ソフトバンクユーザー)So-net4,7434,743(最大)35,000円※データ定額5Gの時,ひかり電話実質無料3,000

    ※CB=キャッシュバック、ネットのみ(2019年12月現在)、1年目の料金で比較、別途要工事費。状況によって価格が変動したり突如内容が変わるケースもありますので、必ず公式ページで料金を確認しましょう。携帯会社のユーザーの料金は「光回線の料金-セット割金額」の実質的な負担で計算しています。

    工事費についての補足
    一戸建てで、新規に回線を引く時の基本的な料金を表示しています。基本的に分割払いも可能なので、月々700~800円程度を払っていくイメージです。

    乗り換えについての補足(事業者間変更)
    がついている回線は、すべてNTTの光回線を使っています。2019年12月以降、それらの事業者間で乗り換える際は多くの場合で工事不要で乗り換えが可能です。工事費がかからないケースが多いので、よりお得に乗り換えられます。

    上記のようにスマホ会社のセット割の威力が凄まじいので、基本的に使っているスマホに合わせて選んでいきましょう

    対応しているエリアが回線によってバラバラなので、以下のようにお住まいのエリアも考慮する必要があります。

    また、大手各社には代理店や申し込み窓口となるプロバイダが存在し、そういった代理店経由で申し込むと高額なキャッシュバックももらえるので、申し込み窓口もしっかり選んでいきましょう。

    後ほど紹介しますが、下記ページが各回線で最もお得な申し込み窓口です。

    回線最もお得な申し込み窓口申込窓口ページ
    ドコモ光GMOとくとくBBhttp://gmobb.jp/docomohikari/
    auひかり株式会社NEXThttps://www.auhikari-norikae.net/
    ソフトバンク光アウンカンパニーhttps://aun-softbank-hikari.com/
    NURO光アウンカンパニーhttps://aun-nuro-hikari.net/
    ビッグローブ光LBフォースhttps://biglobehikari-kaisen.net/

    一部のauユーザーは要注意!

    auひかりはまだ全国36地域しか対応しておらず、基本的に下記エリアの方は残念ながら対応していません。

    中部静岡県・愛知県・岐阜県
    近畿三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
    沖縄沖縄県

    ただし、実は上記の表の中でも下記2社はセット割である「スマートバリュー」に対応しています。どちらもキャッシュバックや工事費の面でauひかりには劣りますが十分お得に使えます。

    この中で「BIGLOBE光」が若干auひかりよりもキャッシュバックが劣るものの、工事費も実質無料で、お得ですので、上記エリアのauユーザーの方は「BIGLOBE光」にしておけば間違いありません。

    一戸建ての方は契約の縛りに要注意!!

    auひかりは2018年の春から一戸建ての工事費無料の条件が厳しくなりました。

    60ヶ月(5年)使わないと実質無料ではなくなります。そのため、一戸建てで、5年使う予定のない方は「BIGLOBE光」(3年縛りにすれば工事費無料)がおすすめです。

    マンションやアパートの方は他社と同じように24ヶ月縛りです。

    ソフトバンクユーザーが使うべきなのは…?

    ソフトバンクは提携している「NURO光」でもスマホとのセット割が受けられます。

    ソフトバンク光よりNURO光の方が工事費も無料でお得ですが、一部エリアの方しか使えず、またマンションプランを無条件で選べるのは一部の8階建て以上の設備の入ったマンションだけで、多くのマンションでは対応していません

    7階建以下マンションの方がマンションタイプを使うためには4人以上の申し込みが必要で、満たさない場合はマンションタイプを使えず割高になります。

    つまり、対応エリアの一戸建ての方以外は使いにくいサービスと言えますので、それ以外の方は「ソフトバンク光」がおすすめです。

    “NURO光対応エリア”

    • 【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
    • 【東海】愛知、静岡、岐阜、三重
    • 【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
    • 【九州】福岡、佐賀

    ※上記エリアでも対象外の場合があります。申し込んでみて、対象外だった場合は「ソフトバンク光」に申し込み直しましょう。

    その他の携帯を使っている場合はどうすればいい?

    格安SIMなど、その他の携帯会社を使っている場合は、一戸建てであれば、工事費が実質無料で高額キャッシュバックももらえる「NURO光」がおすすめです。

    ただ、対応エリア以外の方やマンションの方は、工事費がそもそも無料で、縛りも緩く、高額キャッシュバックもある「BIGLOBE光」がおすすめです。

    以前までおすすめだったauひかりが工事費無料の条件を改悪したことで、auユーザー以外にはそこまでおすすめできなくなりました。

    Step2: プロバイダと申し込み窓口を決める

    先ほどの比較の結果、下記回線がお得ということがお分かりいただけたかと思います。

    特にこれらは申し込み窓口がたくさんあり、また「ドコモ光」「auひかり」に関してはプロバイダもたくさん選べます。

    そして、申し込み窓口によって、キャッシュバックなどの特典が変わりますので、慎重に選んでいきましょう。

    そこで、どの申し込み窓口で、どのプロバイダを使うべきか解説していきます。

    ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

    ドコモ光は公式ページもしくはプロバイダ経由での申し込みがメインになりますが、独自キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。

    ドコモは「dポイント最大10,000ptプレゼント」「工事費無料」というキャンペーンを行なっていますが、プロバイダによってはプラスで独自キャンペーンを行なっているものもあります。

    ちなみに、2019年12月現在、ドコモ光全24社のプロバイダの中で、料金・接続方式などのスペックが優れていてキャッシュバックをしているのは下記の4社です。

    プロバイダ名独自キャッシュバック(オプション等なし)
    ぷらら15,000円
    GMOとくとくBB15,000円
    DTI15,000円
    @nifty15,000円

    4社だけでなく24社を全てチェックしたいという方に向けて、「24社を徹底比較してわかったドコモ光で使える最高のプロバイダ」の記事に一覧でまとめていますので、興味がある方はご覧ください。

    この4社はキャッシュバック条件以外にも下記のポイントでも同等で、正直選ぶのに苦労します。

    • 月額料金:プロバイダによっていくつか料金プランがあるが、4社とも最も安いものが適用
    • 接続方式:速度の速い「IPv4 over IPv6」や「v6プラス」の接続方式に4社とも対応
    • その他:Wi-Fiルーターレンタルが4社とも無料

    上記のように、キャンペーン以外のポイントも差が無いように見えますが、無料で借りられるWiFiルーターのスペックに差があります

    この4社で無料で借りられるWi-Fiルーターは、価格や最大速度が下記のように違うのです。

    無料で借りられるWiFiルーター買ったらいくらするもの?(メーカー希望小売価格)最大通信速度(5GHz)
    ぷららWN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300867Mbps
    GMOとくとくBB

    ※3種類から選べる

    WXR-1750DHP2
    (BUFFALO)
    ¥14,3001300Mbps
    Aterm WG1900HP2
    (NEC)
    ¥9,800※1300Mbps
    WRC-2533GST2
    (ELECOM)
    ¥17,9701733Mbps
    DTIWRC-1167GST2
    (ELECOM)
    ¥8,970867Mbps
    @niftyWRC-1167GST2
    (ELECOM)
    ¥8,970867Mbps
    • ※:オープン価格のため、Amazonの価格を表示

    以上のように、「GMOとくとくBB」で無料で借りられるルーターが3種類とも性能もよく、光回線の高速通信を生かしやすいので、ドコモ光は「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします。

    GMOとくとくBB

    GMOとくとくBB』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。

    「オプションなしで1.5万円、オプションをつければ最大2万円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえます。

    混みにくい接続方式v6プラスにも対応していて、とにかくハイスペックなルーターを無料で貸してくれるので、圧倒的におすすめです。

    また、速度が100Mbsを下回った場合は、100円相当のポイントをくれるなど、GMO自体も速度には圧倒的な自信を持っています。

    GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/

    他の窓口ですと、無条件では15,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

    ちなみにGMOで借りられるルーターはどれがおすすめ?

    GMOとくとくBBでは3つの高性能なルーターから選ぶことができます。

    ただし、正直ここまでくると、どちらも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。

    GMOルーター比較

    スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2(ELECOM)」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのがおすすめです。

    ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

    ソフトバンク光は、基本的にプロバイダが「Yahoo!BB」で固定されます。

    「Yahoo!BB」はOCNの次に利用者が多いという調査結果もあるくらいたくさんの人が使っているプロバイダなので信頼できます。

    ソフトバンク光は基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法がありますが、独自のキャンペーンを行なっている代理店を窓口にするのがおすすめです。

    ソフトバンクが行なっている「工事費相当額を商品券で還元」などのキャンペーンに上乗せして代理店のキャッシュバックをもらえます。

    代理店も複数ありますが、比較するともらえるキャッシュバックのお金や受け取るためのハードルが全然違います。

    申し込み窓口CB額(円)左記CB条件CB受取難易度
    LifeBank70,000×
    Softbank Airへの加入(月額料金がおよそ+4,000円)1年近くもらえない
    株式会社STORY80,000×
    Softbank Airへの加入(月額料金がおよそ+4,000円)1年近くもらえない
    アウンカンパニー33,000
    条件無し最短2ヶ月後

    ※株式会社LifeBankは、一人紹介する度に20,000円のキャッシュバックが贈呈されます。

    例えば「LifeBank」「株式会社STORY」はキャッシュバック額が多いですが、4人ソフトバンク光に知り合いを紹介しないといけなかったり、家でしか使えないWi-Fiを申し込まないといけないなどかなりハードです。

    またお金を受け取るまでに時間がかかります。

    その中で最も簡単でそれなりのお金をすぐにもらえるのは「アウンカンパニー」と言えます。

    アウンカンパニー

    アウンカンパニー』はソフトバンク光の代理店です。

    ソフトバンク光の場合、基本的に高額なキャッシュバックはオプションや紹介など高いハードルをクリアしないとキャッシュバックをもらえません。

    その中で、アウンカンパニーはオプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。

    また、申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです

    アウンカンパニー「ソフトバンク光キャンペーンページ」:https://aun-softbank-hikari.com/

    他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

    NURO光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

    NURO光」はプロバイダであるSo-netが提供する光回線ですので、So-netのプロバイダ一択になります。

    また、NURO光は基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法があります。

    オプションをつけるとキャッシュバックが高額になっていきますが、オプション料で損をすることも多いので、最低限のオプションで申し込みをしましょう。

    基本的にソフトバンクとのセット割を受けるためには、ひかり電話の申し込みが必要ですので、ひかり電話を条件に高額CBを実施している代理店を比較してみました。

    申し込み窓口 CB受け取り難易度工事費キャンペーン
    NURO公式33,000円△ およそ4ヶ月後に手続きが必要で忘れる可能性が高い
    アウンカンパニー35,000円 ◎ 開通の翌月末に口座に振り込まれる
    LifeBank40,000円 △ 指定オプションへの加入が必須

    ※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

    上記のように比較すると、ひかり電話とセットで35,000円のキャッシュバックをしてくれる「アウンカンパニー」がおすすめです。

    株式会社アウンカンパニー

    NURO光の中でも『株式会社アウンカンパニー』は、光回線+ひかり電話の契約で35,000円のキャッシュバックをほぼ確実に受けられる代理店です。

    申し込み時の確認の電話で聞かれた口座番号に最短1ヶ月で振り込まれるのでもらい忘れもないので、損しないためにもこういったシンプルなキャッシュバックをしている代理店がおすすめです。

    アウンカンパニー「NUROひかりキャンペーンページ」:https://aun-nuro-hikari.net/

    他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記公式ページから申し込みをしましょう。

    BIGLOBE光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

    BIGLOBE光」はプロバイダであるBIGLOBEが提供する光回線ですので、BIGLOBEのプロバイダ一択になります。

    代理店か公式ページ経由での申し込みになりますが、注目すべきなのはキャッシュバックを受け取るための難易度で、窓口によっては難易度が高くなったり手間がかかります。

    ブロードバンドナビは最大40,000円のキャッシュバックを受けることができますが、その場合追加で電力サービスを契約する必要があり、割高になるケースが多いです。

    また、キャンペーン適用条件の契約期間は、ブロードバンドナビが12ヵ月間に対して、LBフォースは8カ月間となっており、さらに申し込みが簡単で受け取り時期が最短2カ月と早いので「LBフォース」がおすすめです。

    申し込み窓口CBCB難易度工事費キャンペーン
    BIGLOBE光公式25,000円△ およそ1年後に手続きが必要
    ブロードバンドナビ40,000円△ WEBエントリーなどの手間がかかる/電力の見直しが必要×割引のみになる
    LBフォース26,000円◎ 最短2ヶ月後の振り込み△実質3,000円

    ※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

    株式会社LBフォース

    ビッグローブ LBフォース

    LBフォース」はキャッシュバック金額が新規申し込みで、26,000円とトップクラスでおすすめです。

    ただし、12ヵ月以内の解約の場合、キャッシュバックの返金を依頼される場合があるので注意です。

    LBフォース「BIGLOBE光キャンペーンページ」: https://biglobehikari-kaisen.net/

    他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記公式ページから申し込みをしましょう。

    6.事業者変更や再転用も開通工事が不要

    3.転用のメリット」で説明したように、転用つまりフレッツ光から光コラボへの乗り換える際は、解約金や追加工事が不要です。

    2019年7月からは、また転用以外にも、光コラボ間の乗り換えで開通工事が不要になる「事業者変更」や「再転用」が導入されました。

    その結果、転用以外にも、光回線サービスの乗り換えがより気軽にできるようになりました。

    6-1.事業者変更

    下記の図のように、フレッツ光から光コラボへ乗り換えた後、また別の光コラボへ乗り換えることを「事業者変更」と言います。

    2019年6月まで、光コラボ間の乗り換えやフレッツ光への再転用では、開通工事が必要でした。

    そのため、時間やコストがかかり、乗り換えを検討していても、実際はそのまま契約変更をしないユーザーがたくさんいました。

    しかし、2019年7月より、事業者変更で開通再工事の必要がなくなり、フレッツ光から転用後、光コラボから別の光コラボへ乗り換えやすくなりました。

    6-2.再転用

    また、下記の図のように、フレッツ光から転用後、光コラボからフレッツ光へ乗り換えることを「再転用」と言います。

    2019年6月までは、事業者変更と同様に、乗り換えにかかる時間や費用面のコストから、再転用は避けられやすい傾向にありました。

    しかし、2019年7月より、再転用でも開通再工事の必要がなくなり、フレッツ光から転用後、光コラボからもう一度フレッツ光へ乗り換えやすくなりました。

    まとめ

    転用で失敗しないためのポイントとして、フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える際の注意点を解説しましたがいかがでしたか?

    フレッツ光から光コラボへ乗り換える際に、今よりもお得で安全な転用先を選ぶには、残りの契約期間を考慮した上で、スマホとセットで選びましょう。

    それぞれ申し込み窓口によって、お得さが異なりますので、下記の窓口を使うようにしましょう。

    光コラボへの転用手続きの自由度が高まった分、それを利用した悪質な営業の被害に遭う方が急増しているので、注意してください。

    皆さんが転用で失敗せずに、自分にあったお得な光コラボに乗り換えられることを祈っています。