ドコモ光のタイプAとは?最もお得に契約するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「ドコモ光のタイプAとは?」「タイプAとタイプBの違いは?」など、ドコモ光のタイプやプランでお困りではありませんか?

結論、ドコモ光は料金とプロバイダでタイプが異なりますが、サービス面での違いはなく、タイプAとは他より安い利用料金と優れたプロバイダで契約できるプランであり、戸建て・マンション共にタイプAの『GMOとくとくBB』から申し込むのがおすすめです。

このページでは、長年光回線を販売してきた筆者が、ドコモ光の料金プランとタイプの解説に加え、タイプAとその他タイプの違いやそれぞれの契約プロバイダを比較した上で、ドコモ光のおすすめ申し込み窓口を、以下の流れで説明します。

  1. ドコモ光の選べるプランとタイプ
  2. ドコモ光のタイプAとタイプBの違い
  3. ドコモ光のタイプ別おすすめプロバイダと比較
  4. ドコモ光で最もおすすめなのはタイプA

このページを読めば、ドコモ光を利用するための全知識が得られるとともに、お得な特典を受ける方法を知ることができます。

1.ドコモ光の選べるプランとタイプ

ドコモ光の料金プランは、主に以下3つがあります。

  • 1ギガ
  • 10ギガ
  • ドコモ光ミニ

ドコモ光のプランには、「1ギガ」をはじめ、戸建ての利用者向けに2020年4月からサービスを開始した「10ギガ」とインターネット利用が少ない人向けの「ドコモ光 ミニ」があります。

その中で、さらに「月額料金」と「提携プロバイダ」の違いにより、以下のようなタイプに分けられます。

  • タイプA
  • タイプB
  • 単独タイプ

ドコモ光を利用する場合、前述の速度プランと、プロバイダタイプを選んで契約する必要があります。

1-1.ドコモ光のプランとタイプによる違い

ドコモ光を利用する際のプランとタイプをまとめたのが以下の表になります。

プラン名タイプ名戸建てマンションプロバイダ数
1ギガタイプA5,7204,40018
タイプB5,9404,6206
単独タイプ5,500円+
プロバイダ料※1
4,180
10ギガタイプA6,9305
タイプB7,1502
単独タイプ6,490
+プロバイダ料※1
ドコモ光 ミニ2,970~6,270円
+プロバイダ料※1

※価格はすべて税込
※1:
インターネットを利用する場合は、別途でプロバイダ契約が必要です。

それぞれのプランの中で、契約するプロバイダによってタイプが分かれ、月額料金もそれぞれ異なります。

基本的に、タイプによるサービスや通信品質の違いはないため、安い月額料金で利用できるプロバイダから申し込むことをおすすめします。

また、ケーブルテレビの設備を使ってドコモ光を利用する「タイプC」もありますが、あまり選ばれることもないので、詳しくは「ドコモ光のおすすめタイプは?タイプCのメリット・デメリットを徹底解説」を御覧ください。

ドコモ光「10ギガ」の注意点

ドコモ光での最も一般的に契約されているのは「1ギガ」プランですが、「10ギガ」プランは、最大通信速度10Gbpsの超高速インターネットで高画質・大容量コンテンツも複数デバイスで同時に楽しめる点が特徴です。

ドコモ光「10ギガ」は、提供エリアが限られており、2021年10月時点での提供エリアは、以下の表の通りになっています。

NTT東日本エリア東京23区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
NTT西日本エリア大阪府大阪市
愛知県名古屋市

提供エリアは順次拡大予定ですが、現時点で上記の提供エリア外にお住まいの方は、ドコモ光「10ギガ」は契約できません。

1-2.タイプ別プロバイダ一覧

以下は、タイプ別にプロバイダの種類をまとめた表です。

タイププロバイダ
1ギガ タイプA(全18種)ドコモnet、Plala、GMOとくとくBB、@nifty、
DTI 、andline、BIGLOBE、SIS、hi-ho 、
IC-net、Tigers-net.com、エディオンネット、
SYNAPSE、excite、Rakutenブロードバンド、
TiKiTiKi、@ネスク、01光COARA
1ギガ タイプB(全6種)OCN、@TCOM、TNC、@ちゃんぷるネット、
AsahiNet、WAKWAK
10ギガ タイプA(全5種)ドコモnet、Plala、GMOとくとくBB、andline、hi-ho
10ギガ タイプB(全2種)AsahiNet、excite

上記の中でも、「1ギガ」「10ギガ」プランともに、タイプAからの申し込みが最もおすすめです。

基本的に、タイプAはタイプBより220円(税込)安い月額料金になっています。

さらにタイプAで申し込む場合、筆者が最もおすすめするプロバイダの『GMOとくとくBB』では、ドコモ光の公式特典に加え、業界最高水準のキャッシュバックキャンペーンや高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルを行っているため、非常にお得です。

2.ドコモ光のタイプAとタイプBの違い

前述したように、ドコモ光のタイプAとタイプBの違いは、契約できるプロバイダと月額料金です。

ドコモ光をタイプAで契約できるプロバイダは18種類、タイプBでは6種類、さらに月額料金はタイプAの方が220円(税込)安くなっています。

したがって、ドコモ光をお得に利用したい場合は、月額料金が安く選べるプロバイダが多い「タイプA」で契約することをおすすめします。

3.ドコモ光のタイプ別おすすめプロバイダと比較

実際にどのプロバイダがお得なのかを確かめるために、以下にて全24社のプロバイダを比較しました。

ここまでに出た下記の5つの観点で、ドコモ光タイプA・タイプBに分類しています。

  • 独自キャッシュバック
  • 月々に支払う料金(タイプAかBか)
  • Wi-Fiルーター無料レンタルの有無
  • セキュリティ無料サービスの有無
  • 速度期待度(v6プラスやIPv4 over IPv6対応か?)

以下で一覧表にてまとめました。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

プロバイダ名独自
キャッシュバック
料金
タイプAか?
無料Wi-Fi
ルーターレンタル
無料セキュリティ
ソフト
速度期待度
v6プラス対応
GMOとくとくBB20,000
@nifty20,000
DTI20,000
ぷらら15,000
ドコモネット
タイガースネット
BIGLOBE
BBエキサイト
アンドライン
ic-net
エディオンネット
シナプス
TiKiTiKi
楽天ブロードバンド
ハイホー
01光コアラ
@ネスク
スピーディア
OCN
@TCOM
TNC
AsahiNet
WAKWAK
ちゃんぷるネット

ここで特筆しておきたいのが、GMOとくとくBB」では、高額なキャッシュバックを行っているプロバイダの中でも、とりわけ高性能なWi-Fiルーターをレンタルしているということです。

結論からお伝えすると、最もおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」ですが、その理由は「4.ドコモ光で最もおすすめなのはタイプA」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

3-1.「GMOとくとくBB」は通信品質もよい

GMOとくとくBBのWi-Fiルーターは、他のプロバイダよりも通信速度が速いのが特徴です

以下の表では、Wi-Fiルーターを無料レンタルできる代表的なプロバイダ3社を、通信速度で比較しています。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

無料で借りられるWi-Fiルーター買ったらいくらするもの?最大通信速度(5GHz)最大通信速度(2.4GHz)

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
¥7,7801733Mbps800Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
¥6,9191733Mbps800Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM)
¥6,1821733Mbps800Mbps

ぷらら

WN-AX1167GR2(IODATA)¥6,500867Mbps300Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H(ELECOM)¥4,109867Mbps300Mbps
WSR-1166DHPL2
(BUFFALO)
¥3,480866Mbps300Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

上記のように、GMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターは、性能が他を圧倒していることがわかります。

比較からわかることをまとめると、以下の3つの特徴があることがわかります。

  • 5GHz最大通信速度が最も速い
  • 2.4GHz最大通信速度が最も速い
  • メーカー希望小売価格が最も高い

Wi-Fiルーターの性能は、販売価格にも反映されているので、価格も参考に性能の高いものをレンタルすることをおすすめします。

ただし、プロバイダから無料でレンタルするためには、そのプロバイダからドコモ光を申し込む必要があります。

したがって、これから光回線と契約する場合、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶと、最もお得に安心して利用することができます。

他のキャンペーンページですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

申し込み窓口を間違えると、損してしまう可能性があるため、上記プロバイダを選択することをおすすめします。

3-2.GMOで借りられるWi-Fiルーターはどれがおすすめ?

GMOとくとくBBでは3種類の高性能なルーターから選ぶことができます。

ただし、正直ここまでくると、どれも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。

GMOルーター比較出典:GMOとくとくBB

迷った場合は、特に最高速度が速い「WRC-2533GST2 (ELECOM)」がおすすめです。

また、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのもありです。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」:http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

4.ドコモ光のタイプAで最もおすすめなプロバイダ

結論、ドコモ光を契約するならタイプA、その中でもプロバイダは「GMOとくとくBB」が最もおすすめです。

理由は公式の特典に加えて、GMOとくとくBB独自の特典を受け取ることができ、お得にドコモ光を利用することができるからです。

GMOとくとくBB」をおすすめする理由は以下の4つです。

  • 最高水準のキャッシュバックを受けられる
  • 最先端のつなぎ方で高速通信が可能
  • 高性能なルーターを無料で借りられる
  • 料金が安い

以下でそれぞれについて詳しく解説します。

<<最新情報>>

GMOとくとくBBは2017年12月までWi-Fiルーターを契約することによる37ヶ月の縛りがありましたが、その縛りが撤廃されたので、弱点はなくなり、事実上ドコモ光で使える最強のプロバイダになっています。

4-1. 最高水準のキャッシュバックを受けられる

出典:GMOとくとくBB

2021年10月現在、GMOとくとくBBでは20,000円のキャッシュバックを受けられ、これはドコモ光のプロバイダでも最高の条件です。

キャンペーンページによって若干差がありますが、こちらのキャンペーンページからなら無条件で20,000円のキャッシュバックになります。

お得度を大きく左右するキャッシュバックという面で、GMOとくとくBBは最もおすすめのプロバイダの1つです。

※ページによってはキャッシュバックには「オプション加入が必要」などの制約があるため、確認しながら申し込みをしましょう。

4-2. 最先端のつなぎ方で高速通信が可能

GMOとくとくBBの2つ目のメリットは、快適な通信速度が期待できるということです。

光回線はプロバイダや地域によって速度が変わってしまいます。

シンプルに、そのエリアの設備に対して使う人が多ければ多いほど、混み合うので、遅くなるのです。

ただし、ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにすると、独自技術により、速度改善に大きく期待できます。

公式ページでは速度平均を公表

ドコモ光+GMOとくとくBBの組み合わせの方が、サイト上で速度計測をした際の結果が、以下のように平均値として公式ページに紹介されています。

GMOとくとくBB-速度出典:GMOとくとくBB

動画をストレスなく観るためには、「10Mbps」程度あれば十分なので、この速度がいかに早いかはお分りいただけるかと思います。

Twitterでも賞賛

Twitterでも以下のように速度に関して、いい口コミがつぶやかれています。


以上のようにTwitterでは「早くなった」という声が多数ありました。

上記のことから、実際に使っているユーザーもスピードには満足していることがお分かりいただけるかと思います。

速さの仕組みは「v6プラス」

GMOとくとくBBのドコモ光では、「v6プラス」という通信手段を採用していて、これが高速な通信の大きな理由になっています。

今までの通信手段は、アクセスが集中し、混雑するポイントを通らなければならなかったのですが、そこを通らずに通信ができるので速度が速くなります。

以上のことから、GMOとくとくBBがいかに速度に期待できるかをお分かりいただけるかと思います。

遅かったらポイントバック

v6プラスを開通している方で、100Mbpsを下回った場合は、以下のように申請することで100円相当のポイントをもらうことができます。

スクリーンショット 2017-01-30 21.32.21

出典:GMOとくとくBB

ポイントは料金の支払いにも使うことができ、こういった仕組みからもGMOとくとくBBのスピードへの自信が感じられます。

4-3. 高性能なルーターを無料でレンタル

GMOとくとくBBの通信速度を最大限活かすためには、Wi-Fiルーターの質も非常に重要です。

GMOのキャンペーンページから申し込むことで、以下のWi-Fiルーターをどれか無料でレンタルできます。

GMOルーター比較出典:GMOとくとくBB

ドコモ光にはルーターを無料でレンタルできるプロバイダが複数ありますが、GMOとくとくBBは下記のように最も高価で性能のいいルーターを借りられます。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

無料で借りられるWi-Fiルーター買ったらいくらするもの?最大通信速度(5GHz)最大通信速度(2.4GHz)

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
¥7,7801733Mbps800Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
¥6,9191733Mbps800Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM)
¥6,1821733Mbps800Mbps

ぷらら

WN-AX1167GR2(IODATA)¥6,500867Mbps300Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H(ELECOM)¥4,109867Mbps300Mbps
WSR-1166DHPL2
(BUFFALO)
¥3,480866Mbps300Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

高くて性能のいいルーターを無料で借りられるのはGMOとくとくBBの大きな強みです。

以前まで、このルーターを借りると37ヶ月の縛りが発生しましたが、縛りもなくなり、さらに37ヶ月使えば解約しても返却不要です。

4-4. 料金が安い

ドコモはプロバイダを20以上の中から選べますが、プロバイダによって料金が使うプロバイダによって料金の安いタイプAと料金の高いタイプBに振り分けられます。

プロバイダのタイプ
戸建の月額料金マンションの月額料金
タイプA5,720円4,400円
タイプBOCN5,940円4,620円
単独タイプ個別に契約5,500円4,180円

※2年契約の月額料金、すべて税込価格
※単独タイプの場合には、別途プロバイダ料金が必要

その中でGMOとくとくBBは、光回線+プロバイダをセットにした時に最も安くなるプランが採用されています。

タイプAだから品質が良くないというわけではなく、高品質なのに、企業努力によって価格が抑えられている非常にコスパのいいプロバイダです。

4-5. ドコモ光+GMOとくとくBBはどこで申し込むのがお得?

以上のように、多くのメリットがある「GMOとくとくBB」を選ぶべきということはご理解いただけたかと思います。

後ほど参考までに24社を比較してみますが、速度・料金・キャッシュバック・ルーターなどを比較すると、正直他のプロバイダはおすすめできません。

ただ、ドコモ光+GMOとくとくBBには様々な申し込み窓口があり、どこで申し込むべきか迷われる方も多いかと思います。

GMOとくとくBB経由がおすすめ

結論からお伝えすると、他の窓口だとキャンペーンスペックが落ちるので『GMOとくとくBB』経由の申し込みにしましょう

以下のように、共通で受けられるドコモが実施しているキャンペーンのほかに、窓口独自のキャンペーンがありますが、窓口独自のキャンペーンは、ドコモの公式ページやドコモショップでは受けられません。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

 ドコモの公式キャンペーン窓口独自のキャンペーン満額キャッシュバックの条件
ドコモ公式ページ・ドコモショップ
GMOとくとくBB最大20,000円CB無条件

GMOとくとくBB経由の申し込みにデメリットはありませんので、GMOとくとくBBを使うなら以下の公式ページがおすすめです。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

4-6.参考:ドコモ光の2つのメリット

GMO以前に、ドコモ光にするか決めかねている場合に、ドコモ光の2つのメリットを紹介していきます。

  • スマホとセットで月額料金が大きく下がる
  • dポイント最大2,000円分プレゼント

それぞれのポイントを紹介していきたいと思います。

スマホとセットで月額料金が大きく下がる

ドコモ光は元々の料金も安いですが、スマホと一緒に使うことで更に料金を下げることが可能です。

一例ですが、フレッツ光と3人でドコモのスマホを使っている家庭の場合、下記のように月額料金をガクッと下げられます。

ドコモ光はプロバイダ込みで一戸建て月額5,720円(税込)~、マンションで4,400円(税込)~という料金体系のため、フレッツ光よりも安く使える可能性がかなり高いです。

さらに、スマホと光回線をセットにすると、スマホの料金が大きく割り引かれるので、「スマホ+光回線」の総額は大きく下げられます。

割引額はプランによって異なりますが、抜粋すると以下の通り、スマホで高いプランを使っていればいるほど割引額が増える仕組みです。

ドコモ光のセット割

先ほどのケースは、家族3人でギガホ/ギガホライトを使っていて2,200円(税込)のセット割を適用したケースです。

dポイント最大2,000円分プレゼント

ドコモ光に新規で申し込み・フレッツ光からの切り替え(以下転用)で最大2,000ptのdポイントをもらえるというキャンペーンです。

1ポイント1円でコンビニやドコモの支払いに使えますから、新規の利用で工事費がかかってしまう場合も、ポイントで少しは元を取れるイメージです。

加えてプロバイダのキャンペーンも受けられるので、月額料金がそこまで安くならない、という方もお得に使うことができます。

まとめ

ドコモ光の料金プランとタイプの解説に加え、タイプAとその他タイプの違いやそれぞれの契約プロバイダを比較した上で、ドコモ光のおすすめ申し込み窓口をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ドコモ光は料金とプロバイダでタイプが異なりますが、サービス面での違いはなく、タイプAとは他より安い利用料金と優れたプロバイダで契約できるプランであり、戸建て・マンション共にタイプAをプロバイダの『GMOとくとくBB』から申し込むのがおすすめです。

ポイント

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」:http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

このページを読んだあなたが、最適なプランとタイプでドコモ光をお得に利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る