知らないと危険!フレッツ光からドコモ光への失敗せずに転用する方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「ドコモ光へ転用する方法は?」「フレッツ光からドコモ光に転用するべき?」など、ドコモ光の転用について疑問を持っていませんか?

結論、フレッツ光からドコモ光へ転用した方が様々な割引やサービスを受けることができ、さらにプロバイダ「GMOとくとくBB」経由で申し込みをすることで、よりお得な特典を受けることができます。

本ページでは、NTTの代理店で光回線の営業をしていた筆者が、フレッツ光からドコモ光へ転用するメリット、デメリットに加え、フレッツ光との違いを比較した上で、お得な転用方法を以下の流れで解説します。

これを全て読むと、フレッツ光からドコモ光に転用する方法とメリット・デメリットが理解でき、さらに最もお得な方法で転用することができます。

1.フレッツ光からドコモ光へ転用するメリット

まずは、フレッツ光からドコモ光に転用する際のメリットを6つ紹介します。

メリットは以下の通りです。

  • 月額料金が安くなる
  • キャッシュバックキャンペーンが受けられる
  • ドコモスマホとセットで割引が受けられる
  • dポイントが5,000ptもらえる
  • dカードゴールドのポイントがたまる
  • 工事費や、解約金がかからない

それでは、1つずつ詳しくご説明します。

1-1.月額料金が安くなる

ドコモ光では、月額料金の中にプロバイダ料も含まれているので、料金が安くなります。

一方、フレッツ光はプロバイダ料が別で請求されます。

西日本と東日本で差はありますが、約600~1,200円ほど、ドコモ光の方が安いのでお得です。

1-2.キャッシュバックキャンペーンが受けられる

フレッツ光からドコモ光に転用する場合、公式サイト・プロバイダサイトからの申し込みにより、お得なキャンペーンを受けることができます。

特におすすめのプロバイダが、「GMOとくとくBB」です。

5.ドコモ光に転用するならプロバイダの変更がお得で詳しく説明しますが、「GMOとくとくBB」は、公式特典に加えて独自のキャッシュバックキャンペーンを実施しており、さらに高性能なWiFiルーターの無料レンタルまで可能なため、非常にお得です。

1-3.ドコモスマホとセットで割引が受けられる

ドコモのスマートフォンを使っている場合、ネットの回線をドコモ光回線にすれば「ドコモ光セット割」を受けることができます。

加入プランやコースによりますが、3GBで500円~、100GBで3,500円の割引を毎月受けることができます。

ちなみに、フレッツ光の場合はどれだけ長く使っていても、上記のような割引はありません。

1-4.dポイントが5,000ptもらえる

ドコモ光を転用で申し込む場合、dポイントを5,000pt受け取ることができます。

dポイントとは、買い物やドコモの携帯料金など様々なところで利用できるポイントのことです。

dポイントはとても使い勝手が良く、便利なところが魅力です。

1-5.dカードゴールドのポイントがたまる

dカードゴールドを使っている場合は、毎月のドコモ光の料金の10%をdポイントで受け取ることができます。

ポイントは、1ポイント1円、様々な場所で使えるのでとてもお得です。

dカードゴールドを使っていない場合も、ドコモ光を「GMOとくとくBB」経由で申し込むと、Amazonギフト券5000円分がもらえます。

1-6.工事費や、解約金がかからない

フレッツ光からドコモ光に転用する場合、新たな工事費やフレッツ光の解約金はかかりません。

ただし、プロバイダとの契約内容によってはプロバイダへの解約金が発生する場合もあるので、注意してください。

2.フレッツ光からドコモ光へ転用するデメリット

続いて、フレッツ光からドコモ光に転用する際のデメリットを3つを紹介します。

デメリットは以下の通りです。

  • フレッツ光のコースによっては工事費がかかる
  • 利用中のプロバイダによっては違約金が発生する
  • フレッツ光で貯まっているポイントが消滅する

それでは、1つずつ詳しくご説明します。

2-1.フレッツ光のコースによっては工事費がかかる

「フレッツ光ライト」と「Bフレッツ」からドコモ光に転用する場合は、工事費がかかるため、注意が必要です。

上記2つの回線は100Mbsの回線であるため、転用の場合はドコモ光の1G対応にする工事が必要になります。

派遣工事ありの場合は7,600円、派遣工事なしの場合は2,000円の工事費がかかります。

2-2.利用中のプロバイダによっては違約金が発生する

プロバイダによって契約期間が異なるため、更新月以外に変更してしまうと違約金が発生してしまいます。

そのため、現在フレッツ光で利用しているプロバイダが、ドコモ光でも対応している場合、そのプロバイダをそのまま使うことをおすすめします。

不安な場合は、ご自身の利用しているプロバイダの契約期間を再度確認してください。

2-3.フレッツ光で貯まっているポイントが消滅する

フレッツ光には、以下のような会員プログラムがあり、利用するごとにポイントが貯まります。

  • NTT東日本:「フレッツ光メンバーズクラブ」
  • NTT西日本:「CLUB NET-west」

上記ポイントはギフトコードやグルメなどに交換することができますが、転用してしまうとすべて消滅してしまいます。

そのため、転用日の前日までにはギフトコードやグルメなどに交換しておくことをおすすめします。

3.フレッツ光からドコモ光への転用方法

フレッツ光からドコモ光への転用方法をご紹介します。

手順としては以下の3つです。

  1. 転用承諾番号を取得する
  2. 契約中のプロバイダがドコモ光で利用できるか確認する
  3. ドコモ光に申し込む

それでは、1つずつ詳しく解説します。

3-1.転用承諾番号を取得する

最初にフレッツ光の契約先であるNTT東日本またはNTT西日本から、「転用承諾番号」を取得します。

転用承諾番号は、WEBまたは電話で取得できます。

その際、以下の4つを準備しておきましょう。

  • フレッツ光のお客様ID・ひかり電話番号・連絡先電話番号のいずれか
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用住所
  • フレッツ光の料金支払い方法(請求書/口座振替/クレジットカード)

注意しておきたいのが、転用承諾番号を取得後15日以内に手続きを済ませることです。

15日を過ぎると、再度転用承諾番号を取得しなければなりません。

3-2.契約中のプロバイダがドコモ光で利用できるか確認する

続いて、フレッツ光で契約中のプロバイダが、ドコモ光でも利用できるかを確認してください。

ドコモ光と連携しているプロバイダであれば、そのまま利用できますが、連携していない場合は解約し、ドコモ光のプロバイダを選んでください。

ドコモ光と連携していないプロバイダを選ぶこともできますが、その場合ドコモ光の料金とは別にプロバイダ料がかかってしまうため、料金が高くなってしまいます。

3-3.ドコモ光に申し込む

最後に、ドコモ光に申し込みをします。

転用には事務手数料が3000円が必要で、手数料はドコモ光利用開始月の翌月の初回請求分に加算されます。

申し込み方法は以下の2種類あります。

  • 公式サイト
  • 代理店・プロバイダ

結論として、代理店・プロバイダの「GMOとくとくBB」から申し込む方が、お得な特典を受けることができるのでおすすめです。

5.ドコモ光に転用するならプロバイダの変更がお得」でも詳しく解説していますが、代理店の「GMOとくとくBB」キャンペーンサイトから申し込むことで、最大2万円のキャッシュバックがもらえます。

他のキャンペーンページですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず下記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

必ず、お得なプロバイダ窓口から申し込みましょう。

4.フレッツ光とドコモ光の比較

この章では、フレッツ光とドコモ光の違いについて比較し、下記のよくある疑問についての回答を7つご紹介します。

項目は以下の通りです。

  • 通信速度は同じ?
  • ドコモスマホユーザーならドコモ光の方がお得?
  • 工事費はかかる?
  • 転用月は日割りで料金がかかる?
  • 解約金は不要?
  • 工事不要な場合がほとんど?
  • プロバイダの変更はした方がお得?

それでは、1つずつ詳しくご説明します。

4-1.通信速度は同じ?

通信速度は、フレッツ光とドコモ光で違いはありません。

先述の通り、ドコモ光はNTTの光回線を借りて提供しているサービスのため、回線速度や安定性は同じです。

4-2.ドコモスマホユーザーならドコモ光の方がお得?

ドコモのスマートフォンを利用している場合は、「ドコモ光セット割」が適応されるため、ドコモ光の方が安くなります。

ただし、契約しているパックやコースによって割引額が異なるので、公式サイトで確認してください。

一方で、ドコモ以外のスマートフォンを利用されている場合は、料金に関してメリットはありません。

4-3.工事費はかかる?

フレッツ光からドコモ光に転用する場合は、工事不要なため工事費はかかりません。

ただし、3,000円の契約事務手数料が必要になります。

4-4.転用月は日割りで料金がかかる?

ドコモ光の転用月には、日割りで料金がかかります。

転用日まではフレッツ光、転用日以降はドコモ光の料金がかかるという仕組みです。

日割り計算で、日にちの制約がないため、いつ転用の手続きを行っても損することはありません。

4-5.解約金は不要?

フレッツ光からドコモ光へと転用した場合、フレッツ光の解約金はかかりません。

ただし、フレッツ光契約時の工事費の分割代金が残っている場合は、ドコモ光に転用後も工事費の支払いが続きます。

4-6.工事不要な場合がほとんど?

転用した際、ほとんどの場合工事の必要がありません。

契約完了後、約1~2週間でフレッツ光からドコモ光に移行が完了するため、フレッツ光は自動的に解約される仕組みになっています。

ただし、転用と同時に通信速度やプラン変更、使用中の無線ルーターの変更等がある場合は工事が必要になる可能性があります。

4-7.プロバイダの変更はした方がお得?

フレッツ光からドコモ光に転用すると同時に、プロバイダを変更することでキャッシュバック等のお得な特典を受けられます。

詳しくは次の章で解説します。

5.ドコモ光に転用するならプロバイダの変更がお得

キャンペーンなどを行っているプロバイダはいくつかありますが、転用でドコモ光を契約する場合、以下の理由によりプロバイダは「GMOとくとくBB」が最もおすすめです

  • 業界最大手かつ、信頼できる
  • お得な特典満載

プロバイダによって値段が異なるのは、ドコモ光とプロバイダ会社の提携料金の違いによるものなので、プロバイダによって通信の品質が変わることはありません。

そのため、安くてお得なプロバイダを選びましょう。

それでは、1つずつ詳しくご説明します。

5-1.業界最大手かつ、信頼できる

GMOとくとくBBの特徴は次の通りです。

  • 「GMOインターネット株式会社」が運営するプロバイダ
  • ネット販売代理店の中でも最大手
  • 実績のあり会社で評判が良い
  • 通信速度を公開していて信頼感がある

2020年7月現在、通信速度を公開しているプロバイダはほとんどありません。

5-2.お得な特典満載

GMOとくとくBBは、どのプロバイダよりもお得な特典を受けられるので、おすすめです。

契約時にGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込むことで、以下の特典を受けられます。

  • 最大2万円のキャッシュバック
  • dポイント5000pt
  • 最高水準のスペックを誇るWiFiルーターの無料レンタル

実際にどのプロバイダがお得なのかを確かめるために、以下にて全24社のプロバイダを比較しました。

プロバイダ名独自キャッシュバック料金

タイプAか?

無料Wi-Fiルーターレンタル無料セキュリティソフト速度期待度

v6プラス対応

GMOとくとくBB20,000
@nifty20,000
DTI20,000
ぷらら15,000
ドコモネット
タイガースネット
BIGLOBE
BBエキサイト
アンドライン
ic-net
エディオンネット
シナプス
TiKiTiKi
楽天ブロードバンド
ハイホー
01光コアラ
@ネスク
スピーディア
OCN
@TCOM
TNC
AsahiNet
WAKWAK
ちゃんぷるネット

ここで特筆しておきたいのが、GMOとくとくBB」では、高額なキャッシュバックを行っているプロバイダの中でも、とりわけ高性能なWiFiルーターをレンタルしているということです。

GMOとくとくBBのWiFiルーターは、他のプロバイダよりも通信速度が速いのが特徴です

以下の表では、WiFiルーターを無料レンタルできる代表的なプロバイダ3社を、通信速度で比較しています。

無料でレンタルできる

Wi-Fiルーター

メーカー希望小売価格5GHz

最大通信速度

2.4GHz

最大通信速度

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP2(BUFFALO)13,100円1733Mbps800Mbps
Aterm WG2600HS(NEC)8,440円※11733Mbps800Mbps
WRC-2533GST2(ELECOM)17,970円1733Mbps800Mbps

ぷらら

WN-AX1167GR2(IODATA)7,200円867Mbps300Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H(ELECOM)8,970円867Mbps300Mbps

DTI

WRC-1167GST2H(ELECOM)8,970円867Mbps300Mbps

※1オープン価格のため、Amazonの価格を表示

上記のように、GMOとくとくBBで無料レンタルできるWiFiルーターは、性能が他を圧倒していることがわかります。

比較からわかることをまとめると、以下の3つの特徴があることがわかります。

      • 5GHz最大通信速度が最も速い
      • 2.4GHz最大通信速度が最も速い
      • メーカー希望小売価格が最も高い

WiFiルーターの性能は、販売価格にも反映されているので、価格も参考に性能の高いものをレンタルすることをおすすめします。

ただし、プロバイダから無料でレンタルするためには、そのプロバイダからドコモ光を申し込む必要があります。

したがって、これから光回線と契約する場合、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶと、最もお得に安心して利用することができます。

他のキャンペーンページですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

申し込み窓口を間違えると、損してしまう可能性があるため、上記プロバイダを選択することをおすすめします。

まとめ

フレッツ光からドコモ光へ転用するメリット、デメリットに加え、フレッツ光との違いを比較した上で、お得な転用方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

フレッツ光からドコモ光へ転用した方が様々な割引やサービスを受けることができ、さらにプロバイダ「GMOとくとくBB」経由で申し込みをすることで、よりお得な特典を受けることができます。

他のキャンペーンページですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず下記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

このページを読んだあなたが、ドコモ光へスムーズに転用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket