ドコモ光でモデム・WiFiルーターを最もお得に利用するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「ドコモ光のモデムとは?」「ドコモ光は無料で機器を借りることができる?」など、ドコモ光のモデムに関してお困りではありませんか?

結論、ドコモ光は、公式ページで契約するとモデム等の機器を無料レンタルできますが、WiFiルーターはできないなので、ドコモ光で最もお得に高性能WiFiルーターを使用したい場合は、無料レンタルができるプロバイダ『GMOとくとくBB』で申し込むことをおすすめします。

このページでは、長年光回線を販売してきた筆者が、モデムに関する基礎知識やドコモ光のモデムの交換・返却方法、故障した際の対処法と問い合わせ窓口について解説した上で、ドコモ光を最もお得に利用する方法を以下の流れで解説します。

このページを読めば、ドコモ光もモデムに関しての全知識を得ることができるとともに、ドコモ光を契約する際の最もお得な方法を理解することができます。

1.モデムとは?基礎知識を徹底解説

まずはネットワークを利用する際に必要で、混同しやすいと考えられる以下3つの機器について、役割を説明していきます。

  • モデム
  • ONU
  • ホームゲートウェイ

それでは1つずつ詳しくご説明します。

1-1.モデム

モデムとは、アナログ信号とデジタル信号を相互に交換して、インターネットに接続する機器のことです。

主に電話回線(ADSL回線)を利用し、通信を仲介する機器のため「ADSLモデム」とも呼ばれています。

光回線ではアナログではなく、光信号を使って接続するため、次に説明するONUを利用することになります。

1-2.ONU

ONUと呼ばれる光回線終端装置は、光信号とデジタル信号を相互に交換してインターネットに接続する機器のことです。

ONUは光回線を利用してインターネット接続を行います。

利用する際は、ONUとLANケーブルを利用しパソコンと接続することで、WiFiルーターなしでインターネットに接続することができます。

1-3.ホームゲートウェイ

ホームゲートウェイとは、ONUと呼ばれる光回線終端装置、ルーター、WiFiなどの機能が一体となった機器を指します。

ホームゲートウェイが1台あれば、パソコン・Wi-Fiルーター・光電話・ひかりTVなど各機器に接続することができます。

1-4.結論、ONUとモデムは変換する信号が違うだけで同じ役割

モデムとONUの違いは変換する信号の種類であり、モデムが電話回線、ONUが光回線です。

通信回線の信号を相互変換する、という役割は同じと言えます。

もし、モデムかONUかわからない場合は、あなたが利用する回線が何かを確認してみてください。

2.ドコモ光のモデムは交換可能な場合あり

ドコモ光のモデムは、故障してしまった等の「機器に問題が起こった場合」に限り無料で交換してくれます。

ちなみにドコモ光のモデムは契約時に無料で提供してくれるので、自分で用意する必要はありません。

お問い合わせ先に関しては、「4.ドコモ光のモデムが故障した時の対処法と問い合わせ窓口」で詳しく説明します。

3.ドコモ光のモデムを返却する方法

ドコモ光のモデムは、契約時に提供される機器ですので、解約する場合は返却を行う必要があります。

モデムだけでなく、レンタルしていた機器は全て返却することになります。

返却手順は以下の通りです。

  1. ドコモ光の解約手続き後に、自宅に返却用の袋・返却手順書・返却用伝票がセットになった回収キットが届く
  2. 返却手順書を参考に、袋に借りていた機器を入れ、返却用伝票を貼る
  3. 郵便局やコンビニ等に持ち込み、返却を行う

返却用伝票には返却先の住所が記載してあるので、伝票を貼って持っていくだけで返却できます。

送料も着払いとなっているので、利用者が送料を負担することはありません。

4.ドコモ光のモデムが故障した時の対処法と問い合わせ窓口

ドコモ光のモデムが故障した場合の対処法と、その問い合わせ窓口をご紹介します。

4-1.ドコモ光のモデム等が故障した時の対処法

ドコモ光のモデムが故障したと感じた際は、以下の方法を試すことで解決できる可能性があります。

  1. 電源がOFFになっていないか確認
  2. 確認モデムに挿さっているはずのケーブルが抜けていないか確認
  3. 確認ランプが通常と異なる色・小問している場合は電源を再起動

上記の確認で解決できない場合は、モデムの故障の可能性があるため、2章で説明した通り交換措置となります。

4-2.ドコモ光のモデム等が故障した時の問い合わせ窓口

故障に関して電話で受け付けている窓口は以下があります。

ドコモ113センター

ドコモ光の故障やトラブルが明確な時に、対応してくれる窓口です。

問い合わせ先は以下の通りです。

ドコモのケータイ電話やスマートフォン:113

一般電話:0120-800-000

ホームゲートウェイやONU、モデムの故障もドコモ113センターで受け付けています。

ドコモ光サービスセンター

ドコモ光サービスセンターでも、故障についての相談を受け付けています。

ドコモのケータイ電話やスマートフォン:15715

一般電話:0120-766-156

ドコモ光の問い合わせ窓口には上記だけでなく、LINEやおたすけロボット等のチャットの機能もあります。

故障した場合の対処法についてより詳しく知りたい方は、「プロが徹底解説!ドコモ光の故障の原因と失敗せずに改善するための全知識」を御覧ください。

5.ドコモ光のモデムを設定する方法

続いて、ドコモ光のモデムを設定する方法をご紹介します。

ドコモ光のモデムは、基本的に単体で設定するのではなく、他の機器に接続することで設定を行うことができます。

今回は以下の2つの場合の設定方法について解説します。

  • パソコン1台での初期設定の場合
  • 無線LANでの設定の場合

それでは1つずつ詳しくご説明します。

5-1.パソコン1台での初期設定の場合

まずはパソコン1台での初期設定で必要なものと手順を解説します。

ドコモ光の初期設定に必要なもの

初期設定をするには、以下の5つが必要になります。

  • 利用するパソコンや端末
  • ドコモ光のモデム(開通工事時に受け取る)
  • LANケーブル1本
  • プロバイダから送付されたユーザーIDとパスワード
  • NTTから送付された設定ガイド

上記のうち、パソコンなどの端末以外は契約後に送られてくるため、ご自身で購入する必要はありません。

ただ、LANケーブルに関しては、自分の好みのものを使いたい場合は、ご自身で用意する方が良いでしょう。

ドコモ光の初期設定の流れ

ドコモ光の初期設定は、「NTTから送付された設定ガイド」に沿って進めていく方法が最も確実です。

今回はWindows10のパソコン1台を利用する場合での設定方法になります。

手順は以下の通りです。

  1. 電源を入れたモデムとパソコンをLANケーブルで接続
  2. パソコンで「スタートボタン」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を選択
  3. 「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を選択
  4. 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択
  5. 新しく開いたウィンドウで「インターネットに接続します」を選択して「次へ」
  6. ユーザーIDとパスワード、接続情報を入力し接続完了

ユーザーIDとパスワードは、プロバイダから送付された書類に記載してあります。

上記にて接続完了後は、正常にドコモ光でインターネット接続ができるかどうか、ブラウザを開いて確認してみてください。

5-2.無線LANでの設定の場合

続いて、無線LANを利用して設定を行う場合に必要なものと手順を解説します。

ドコモ光の無線LAN利用で必要なもの

ドコモ光とパソコンで無線LAN利用をするためには、以下の7つが必要になります。

  • WiFiルーター(無線LANルーター)
  • ルーターの取扱説明書と付属CD
  • 利用するパソコン
  • ドコモ光のモデム(開通工事時に担当者が引き渡してくれる)
  • LANケーブル1本~
  • プロバイダのユーザーIDとパスワード
  • NTTから送付された設定ガイド

初期設定で必要だったものに加えて、「無線LANルーター」と「ルーターの取扱説明書と付属CD」が必要になります。

これらは、契約後に送られてくるものではないため、自分で用意しなければなりません。

ドコモ光とパソコンの接続設定方法

今回は無線LANルーターを自分で購入する場合の設定方法を解説します。

手順は以下の通りです。

  1. 電源を入れたモデムと無線ルーターをLANケーブルで接続する
  2. パソコンを立ち上げ、ルーターの取扱説明書を参照しパソコンからルーターの設定を行う
  3. プロバイダの情報入力画面が表示されたら、プロバイダから送付された書類に記載のユーザーIDとパスワードを設定する
  4. 接続先のネットワーク名には、ルーターに設定されているSSIDを選択
  5. SSIDと同じ場所に記載のあるパスワードを入力し、設定完了

2ではルーターの取扱説明書だけでなく、付属のCDをパソコンに読み込ませて利用すると、さらに簡単に設定ができます。

上記の設定完了後は、正常にドコモ光でインターネット接続ができるかどうか、ブラウザを開いて確認してみてください。

ドコモ光の設定についてより詳しく知りたい場合は、「ドコモ光の初期設定は簡単!スマホやパソコンですぐにWiFi接続できるポイントを徹底解説」を御覧ください。

6.ドコモ光のルーターはプロバイダから無料レンタルがお得

上記の設定で説明したように、ドコモ光でWiFiを利用するには、WiFi(無線LAN)ルーターが必要です。

結論、WiFiルーターを入手するにはプロバイダから無料レンタルする方法が最もお得でおすすめです。

この章では、以下の3つについて解説します。

  • ドコモ光でWiFiルーターを入手する方法
  • WiFiルーターを選ぶポイント
  • 筆者おすすめのWiFiルーター「WRC-2533GST2 (ELECOM)」

それでは1つずつ詳しくご説明します。

6-1.ドコモ光でWiFiルーターを入手する方法

ドコモ光でWiFiを利用するには、WiFi(無線LAN)ルーターが必要です。

WiFiルーターは、デバイスとインターネットをつなぐネットワーク機器のことで、入手方法は以下の4つです。

  • 市販のWiFi(無線LAN)ルーターを購入する
  • プロバイダで無料レンタルする
  • ドコモショップで専用ルーターを購入する
  • ドコモ光電話対応ルーターをレンタルする

筆者としてはプロバイダ経由で契約し、無料でレンタルすることをおすすめします。

それでは、詳しく説明していきます。

市販のWiFiルーターを購入する

市販のWiFiルーターを利用する場合は、こだわりに合わせて自分で好きなWiFiルーターを選ぶことができます。

市販のWiFiルーターは3,000円~8,000円程度で購入できますが、搭載されている機能が多い高機能ルーターは、さらに価格が高くなります。

プロバイダで無料レンタルする

プロバイダ(代理店)からドコモ光に申し込むことで、WiFiルーターを無料レンタルできます。

プロバイダでレンタルした場合、WiFiルーター自体の出費が0になり、自分で購入するよりお得にインターネットを利用できます。

ただし、前述したように、無料でレンタルするにはプロバイダ経由でドコモ光を契約する必要があります。

ドコモショップで専用ルーターを購入する

ドコモショップでは、9,768円で専用WiFiルーターである「ドコモ光ルーター01」を購入することができます。

「ドコモ光ルーター01」には、以下のような機能があります。

  • 情報表示機能
  • 遠隔設定機能
  • ネットワークセキュリティ

専用ルーターであるため少し高額ですが、機能性は抜群です。

ただし、機能の中には利用する場合に別料金が必要になるものもあります。

ドコモ光電話対応ルーターをレンタルする

ドコモ光回線でひかり電話を利用する場合に、ホームゲートウェイと呼ばれるONU「ドコモ光電話対応ルーター」をレンタルすることができます。

このルーターには無線LANの機能が内蔵されているものがあります。

ただし、無線LAN機能を利用するためには、追加料金がかかるため注意しておきましょう。

6-2.WiFiルーターを選ぶポイント

それでは、WiFiルーターを選ぶ際のポイントを解説します。

結論、「GMOとくとくBB」でWiFiルーターを無料レンタルするのが最もおすすめです。

理由は以下の3つです。

  1. 次世代技術「v6プラス」を採用
  2. WiFiルーターを無料貸し出し
  3. セキュリティサービス1年間無料

特に、2の無料でレンタルできる3つのWiFiルーターが、下記のルーター選びで気をつけたいポイントを高い水準で満たしています。

ルーター選びで気をつけたいポイント

  • 無線LANの規格:11a/b/g/n/ac対応
  • セキュリティの規格:WPA/WPA2/WEP対応

※上記の用語を1つ1つ覚える必要はありませんが、「GMOとくとくBB」のWiFiルーターは最高水準の規格を満たしているということです。

そのため、機種はどれを選んでもかなり満足して使えますが、さらに特記すべき最大のメリットは最大通信速度が非常に速いということです。

どれくらい速いのかを証明するために、下記にて「GMOとくとくBB」以外でWiFiルーターを無料レンタルができる代表的なプロバイダ3社と比較しました。

無料でレンタルできる

Wi-Fiルーター

メーカー希望小売価格5GHz

最大通信速度

2.4GHz

最大通信速度

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP2(BUFFALO)13,100円1733Mbps800Mbps
Aterm WG2600HS(NEC)8,440円※11733Mbps800Mbps
WRC-2533GST2(ELECOM)17,970円1733Mbps800Mbps

ぷらら

WN-AX1167GR2(IODATA)7,200円867Mbps300Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H(ELECOM)8,970円867Mbps300Mbps

DTI

WRC-1167GST2H(ELECOM)8,970円867Mbps300Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

上記のように比較すると、GMOとくとくBBで無料レンタルできるルーターの最高速度が他を圧倒しています。

各ルーター2つの無線電波の帯域(5GHzと2.4GHz)を使えますが、それぞれで最高速度が異なり、それが実際に店頭で売られる価格にも反映されています。

従って、最高水準のスペックを誇るルーターを無料でレンタルできることから、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶようにしましょう。

6-3.筆者おすすめのWiFiルーター「WRC-2533GST2 (ELECOM)」

GMOとくとくBBでは、3種類の高性能なルーターから選ぶことができます。

ただし、正直ここまでくると、どれも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。

GMOとくとくBBルーター比較

出典:GMOとくとくBB

長年光回線を販売してきた筆者としては、特に最高速度が速い「WRC-2533GST2 (ELECOM)」がおすすめです。

また、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのもありです。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」:http://gmobb.jp/docomohikari/

7.ドコモ光でおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは無料で貸し出してくれるWiFiルーターが非常に高性能な点だけでなく、メリットは他にもあります。

GMOとくとくBBは公式の特典に加えて、GMOとくとくBB独自の特典を受け取ることができるので、お得にドコモ光を利用することができます。

GMOとくとくBBをおすすめする理由は以下の4つです。

  • 最高水準のキャッシュバックを受けられる
  • 最先端のつなぎ方で高速通信が可能
  • 高性能なルーターを無料でレンタル
  • 料金が安い

以下でそれぞれについて詳しく解説します。

<<最新情報>>

GMOとくとくBBは2017年12月までWiFiルーターを契約することによる37ヶ月の縛りがありましたが、その縛りが撤廃されたので、弱点はなくなり、事実上ドコモ光で使える最強のプロバイダになっています。

7-1. 最高水準のキャッシュバックを受けられる

ドコモ光 GMOとくとくBB キャッシュバック

2020年11月現在、GMOとくとくBBでは20,000円のキャッシュバックを受けられ、これはドコモ光のプロバイダでも最高の条件です。

キャンペーンページによって若干差がありますが、こちらのキャンペーンページからなら無条件で20,000円のキャッシュバックになります。

お得度を大きく左右するキャッシュバックという面で、GMOとくとくBBは最もおすすめのプロバイダの1つです。

※ページによってはキャッシュバックには「オプション加入が必要」などの制約があるため、確認しながら申し込みをしましょう。

7-2. 最先端のつなぎ方で高速通信が可能

GMOとくとくBBの2つ目のメリットは、快適な通信速度が期待できるということです。

光回線はプロバイダや地域によって速度が変わってしまいます。

シンプルに、そのエリアの設備に対して使う人が多ければ多いほど、混み合うので、遅くなるのです。

光回線 プロバイダは地域・顧客数で速度が変わる

ただし、ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにすると、独自技術により、速度改善に大きく期待できます。

公式ページでは速度平均を公表

ドコモ光+GMOとくとくBBの組み合わせの方が、サイト上で速度計測をした際の結果が、以下のように平均値として公式ページに紹介されています。

ドコモ光 GMOとくとくBB 光通信速度を公開

動画をストレスなく観るためには、「10Mbps」程度あれば十分なので、この速度がいかに早いかはお分りいただけるかと思います。

Twitterでも賞賛

Twitterでも以下のように速度に関して、いい口コミがつぶやかれています。

口コミ・評判

まめ
ドコモ光のプロパイダーをGMOに変えたら早くなった。これで最低画質で何度も止まりながら動画を見ることもなくなったよ。

引用:Twitter

口コミ・評判

ニシノタケシ
ドコモ光 ぷららのダウンロード速度が3Mくらいしか出ないので、一念発起してGMOに乗り換えたら140M出るようになった。

引用:Twitter

以上のようにTwitterでは「早くなった」という声が多数ありました。

上記のことから、実際に使っているユーザーもスピードには満足していることがお分かりいただけるかと思います。

速さの仕組みは「v6プラス」

GMOとくとくBBのドコモ光では、「v6プラス」という通信手段を採用していて、これが高速な通信の大きな理由になっています。

今までの通信手段は、アクセスが集中し、混雑するポイントを通らなければならなかったのですが、そこを通らずに通信ができるので速度が速くなります。

GMOとくとくBB v6プラス 通信速度

以上のことから、GMOとくとくBBがいかに速度に期待できるかをお分かりいただけるかと思います。

遅かったらポイントバック

v6プラスを開通している方で、100Mbpsを下回った場合は、以下のように申請することで100円相当のポイントをもらうことができます。

GMOとくとくBB v6プラス 料金割引の流れ

出典:GMOとくとくBB

ポイントは料金の支払いにも使うことができ、こういった仕組みからもGMOとくとくBBのスピードへの自信が感じられます。

7-3. 高性能なルーターを無料でレンタル

GMOとくとくBBの通信速度を最大限活かすためには、Wifiルーターの質も非常に重要です。

GMOのキャンペーンページから申し込むことで、以下のWifiルーターをどれか無料でレンタルできます。

GMOとくとくBBルーター比較

出典:GMOとくとくBB

ドコモ光にはルーターを無料でレンタルできるプロバイダが複数ありますが、GMOとくとくBBは下記のように最も高価で性能のいいルーターを借りられます。

無料でレンタルできる

Wi-Fiルーター

メーカー希望小売価格5GHz

最大通信速度

2.4GHz

最大通信速度

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP2(BUFFALO)13,100円1733Mbps800Mbps
Aterm WG2600HS(NEC)8,440円※11733Mbps800Mbps
WRC-2533GST2(ELECOM)17,970円1733Mbps800Mbps

ぷらら

WN-AX1167GR2(IODATA)7,200円867Mbps300Mbps

@nifty

WRC-1167GST2H(ELECOM)8,970円867Mbps300Mbps

DTI

WRC-1167GST2H(ELECOM)8,970円867Mbps300Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

高くて性能のいいルーターを無料で借りられるのはGMOとくとくBBの大きな強みです。

以前まで、このルーターを借りると37ヶ月の縛りが発生しましたが、縛りもなくなり、さらに37ヶ月使えば解約しても返却不要です。

7-4. 料金が安い

ドコモはプロバイダを20以上の中から選べますが、プロバイダによって料金が使うプロバイダによって料金の安いタイプAと料金の高いタイプBに振り分けられます。

GMOとくとくBB プロバイダの料金比較

その中でGMOとくとくBBは、光回線+プロバイダをセットにした時に最も安くなるプランが採用されています。

タイプAだから品質が良くないというわけではなく、高品質なのに、企業努力によって価格が抑えられている非常にコスパのいいプロバイダです。

7-5. ドコモ光+GMOとくとくBBはどこで申し込むのがお得?

以上のように、多くのメリットがある「GMOとくとくBB」を選ぶべきということはご理解いただけたかと思います。

ただ、ドコモ光+GMOとくとくBBには様々な申し込み窓口があり、どこで申し込むべきか迷われる方も多いかと思います。

GMOとくとくBB経由がおすすめ

結論から言うと、他の窓口だとキャンペーンスペックが落ちるので『GMOとくとくBB』経由の申し込みにしましょう

以下のように、共通で受けられるドコモが実施しているキャンペーンのほかに、窓口独自のキャンペーンがありますが、窓口独自のキャンペーンは、ドコモの公式ページやドコモショップでは受けられません。

 ドコモの公式キャンペーン窓口独自のキャンペーン満額キャッシュバックの条件
ドコモ公式ページ・ドコモショップ
GMOとくとくBB最大10,000円CB無条件

GMOとくとくBB経由の申し込みにデメリットはありませんので、GMOとくとくBBを使うなら「GMOとくとくBBの公式ページ」がおすすめです。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

7-6.参考:ドコモ光のメリット

GMO以前に、ドコモ光にするか決めかねている場合に、ドコモ光の2つのメリットを紹介していきます。

  • スマホとセットで月額料金が大きく下がる!
  • dポイント最大2,000円分プレゼント

それぞれのポイントを紹介していきたいと思います。

スマホとセットで月額料金が大きく下がる!

ドコモ光は元々の料金も安いですが、スマホと一緒に使うことで更に料金を下げることが可能です。

一例ですが、フレッツ光と3人でドコモのスマホを使っている家庭の場合、下記のように月額料金をガクッと下げられます。

ドコモ光スマホセット割 料金比較

ドコモ光はプロバイダ込みで一戸建て月額5,200円~、マンションで4,000円~という料金体系のため、フレッツ光よりも安く使える可能性がかなり高いです。

さらに、スマホと光回線をセットにすると、スマホの料金が大きく割り引かれるので、「スマホ+光回線」の総額は大きく下げられます。

割引額はプランによって異なりますが、抜粋すると以下の通り、スマホで高いプランを使っていればいるほど割引額が増える仕組みです。

ドコモ光のセット割

先ほどのケースは、家族3人でギガホ/ギガホライトを使っていて2,000円のセット割を適用したケースです。

dポイント最大2,000円分プレゼント

ドコモ光に新規で申し込み・フレッツ光からの切り替え(以下転用)で最大2,000ptのdポイントをもらえるというキャンペーンです。(※兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県以外の方は-)

1ポイント1円でコンビニやドコモの支払いに使えますから、新規の利用で工事費がかかってしまう場合も、ポイントで少しは元を取れるイメージです。

加えてプロバイダのキャンペーンも受けられるので、月額料金がそこまで安くならない、という場合にもお得に使うことができます。

まとめ

モデムに関する基礎知識やドコモ光のモデムの交換・返却方法、故障した際の対処法と問い合わせ窓口について解説した上で、ドコモ光を最もお得に利用する方法を解説しましたが、いかがでしたか?

ドコモ光は、公式ページで契約するとモデム等の機器を無料レンタルできますが、WiFiルーターはできないなので、ドコモ光で最もお得に高性能WiFiルーターを使用したい場合は、無料レンタルができるプロバイダ『GMOとくとくBB』で申し込むことをおすすめします。

このページを読んだあなたが、ドコモ光をお得に利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket