Broad WiMAXはおすすめ?料金やキャンペーン、評判を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「BroadWiMAXってどうなの?」「BroadWiMAXのメリットや評判は?」など、WiMAXのプロバイダ選びでお困りではありませんか?

結論、Broad WiMAXは独自の違約金キャンペーンを実施しているため、他社から乗り換える場合におすすめのプロバイダとなっています。

ただし、新規でWiMAXを契約する場合には、実質料金が最安値の「GMOとくとくBB」がおすすめです。

このページでは、長年様々な通信機器を販売してきた筆者が、Broad WiMAXの基本情報やおすすめポイントに加え、WiMAXをお得に契約できるプロバイダについてご紹介します。

すべて読めば、Broad WiMAXの料金や評判についてだけでなく、どのプロバイダが最もお得にWiMAXを申し込めるかが分かります。

1. Broad WiMAXの概要

Broad WiMAXの提供するプランには、『5Gギガ放題プラスプラン』、『ギガ放題プラン』、『ライトプラン』の3種類があり、それぞれ以下の料金体系となっています。

Broad WiMAXのプラン内容
プラン
5Gギガ放題プラスギガ放題ライト
使用回線4G, 5G4G4G
データ容量
無制限
(3日間10GBの速度制限)
無制限
(3日間10GBで速度制限)
1ヶ月 7GB
実質月額料金5,038円4,0233,311
月額料金
1~24カ月目:4,763円
25~36カ月目:5,313円
1~36カ月目:2,999~4,4131~36カ月目:2,999~3,659
3年間の総額178,068円141,520円115,884円
キャンペーン
初期費用無料キャンペーン
全端末無料キャンペーン
乗り換え違約金負担キャンペーン
2台目契約5,000円キャッシュバック
事務手数料
3,300円
契約年数
3年
お申込み窓口
https://wimax-broad.jp/

※価格はすべて税込

Broad WiMAXは、他のプロバイダには無い『乗り換え違約金負担キャンペーン』を実施しており、WiMAXへの乗り換えを検討している方におすすめです。

ただし、乗り換えをせずに契約する場合や、乗り換えの違約金が発生しない場合は、WiMAX全プロバイダの中で実質料金が最安の『GMOとくとくBB』をおすすめします。

以降では、他社との比較や口コミを踏まえ、Broad WiMAXのメリットや注意点について解説していきます。

2. 他社比較で分かるBroad WiMAXの4つのメリット

Broad WiMAXには以下4つのメリットがあります。

上記メリットについて詳しく解説していきます。

2-1.乗り換えの解約違約金を負担してくれる

Broad WiMAXでは、他社から乗り換える際に発生する契約解除料(解約違約金)を、最大19,000円まで負担してくれるキャンペーンを実施しています。

【公式】Broad WiMAX - 契約解除料負担の乗換キャンペーン出典:Broad WiMAX

他社インターネット回線は、ADSL/光回線/ケーブルTV/モバイルWiFiなど全てが対象となり、違約金で迷っていた人にはかなりお得なキャンペーンです。

違約金負担をしてくれるWiMAXプロバイダはBroad WiMAXを含めた2~3社のみで、その中では利用料金もBroad WiMAXが最もお得になります。

ただし、違約金負担キャンペーンを利用するには、以下3つの条件があります。

違約金負担のお乗換えキャンペーン適用条件

  • 月額最安プラン(ギガorライト)お申込み
  • クレジットカード払い
  • 安心サポートプラス、MyBroadサポート加入

安心サポートプラス、MyBroadサポートは有料プランですが、初月ですぐに解約できます。

また、口座振替での申し込みではキャンペーン適用外となることに注意してください。

2-2.「いつでも解約サポート」で他社回線に乗り換え無料

Broad WiMAXに乗り換える費用を負担してくれる一方で、Broad WiMAXから他社へ乗り換える場合にも解約違約金を無料にしてくれます。

契約内容や通信速度で不満があった場合にも、違約金を気にせず解約できるのはBroad WiMAX独自のメリットです。

ただし、「いつでも解約サポート」を利用する場合は、以下の手順で進める必要があります。

  1. 問い合わせ窓口にて申請
  2. 窓口紹介で希望回線に乗り換え手続き
  3. Broad WiMAXの解約

また、「いつでも解約サポート」が利用できるのはモバイルルーターのみで、ホームルーターでは利用できないことに注意しておきましょう。

2-3.最短当日発送で即日使える

Broad WiMAXでは、平日13時までに申し込みが完了すれば、最短で当日に発送してもらうことができます。

お住いの地域にもよりますが、早ければ当日、もしくは翌日にWiMAX端末を受け取ることができるため、即日使いたい人にはおすすめです。

また、渋谷・秋葉原・大宮・梅田・名古屋と場所は限られますが、店舗での受け取りも可能なため、予約をしておいて当日直接受け取ることもできます。

2-4.口座振替にも対応

WiMAXの支払いは、ほとんどのプロバイダではクレジットカード払いとなります。

口座振替に対応しているプロバイダは以下の3社のみで、Broad WiMAXは口座振替支払いにも対応している数少ないプロバイダです。

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX 2+

その中でも、Broad WiMAXはキャッシュバックこそありませんが、上記3社の中では実質月額料金も最安値です。

ただし、口座振替の場合は毎月支払い手数料220円(税込)が発生してしまうことに注意が必要です。

また、口座振替支払いにした場合は、「初期費用無料キャンペーン」対象外となり、20,743円の初期費用がかかります。

3. 他社比較と口コミで分かるBroad WiMAXの注意点

Broad WiMAXには、以下3つの注意点とデメリットがあります。

これらについて、口コミや評判と合わせて詳しく解説します。

Broad WiMAXの契約を検討する前に、しっかり確認しておきましょう。

3-1. BroadWiMAXの実質料金は最安ではない

WiMAXを選ぶ際に重要なのはキャッシュバック等を含めた総合的な「実質料金」であり、Broad WiMAXは乗り換え違約金や毎月の料金負担は少ないですが、実質料金では最安値ではありません。

実質月額料金とは、月額料金や端末代等の初期費用に対して、割引キャンペーンやキャッシュバック額を差し引いた、月額あたりの料金です。

実質月額料金とは

特に、実質月額料金を大きく左右するのは、下記の3つです。

  • 月額料金
  • 端末代
  • キャッシュバックや割引

WiMAXやポケットWi-Fiを比較する際には、実際にかかる負担額で選ぶことが重要であり、WiMAXにおいては「GMOとくとくBB」が最安値となります。

下記の表は、2021年9月現在の情報で、主要プロバイダ全10社のキャンペーン内容と契約期間ごとに算出した「実質月額料金」で比較し、料金が安い順にランキングしたものです。

– スマホの場合は横にスクロールできます –

プロバイダ名実質月額料金
(ギガ放題)
キャンペーン端末無料月額料金総額契約期間
GMOとくとくBB
(月額割引)
3,894キャッシュバック:6,000
月額割引:25,898円
1〜2ヵ月目:2,849円
3〜24ヵ月目:3,678円
25ヵ月目以降:4,688円
140,170円3年
GMOとくとくBB
(CB)
3,934キャッシュバック:30,0003,969~4,688141,630円3年
dti3,962月額割引2,849~4,136142,637円3年
Broad WiMAX4,023月額割引
違約金負担
2,999~4,413144,820円3年
カシモ4,063月額割引
3,971円
146,256円3年
ASAHIネット4,344月額割引3,620~4,785156,376円3年
So-net4,356月額割引5,367163,308円3年
BIGLOBE4,996キャッシュバック:17,00021,120円
4,378
59,956円1年
dis4,81816,5004,268円173,448円3年
UQWiMAX5,31321,780円
4,268
127,512円2年

※実質月額料金 =(月額料金 × 契約期間 )+ 契約事務手数料 + 端末代 – キャッシュバック÷ 契約期間
※表示金額はすべて税込

上記で比較すると、実質月額料金の安さでは「GMOとくとくBB」がキャンペーン別で上位2通りを独占しています。

そして、最も実質料金が安いのは「GMOとくとくBB(月額割引)」です。

そのため、お得にWiMAXに乗り換えたい場合は「Broad WiMAX」を、全体の費用負担を最も安く抑えたい場合には「GMOとくとくBB」を選びましょう。

3-2. 初期費用無料キャンペーンには条件がある

Broad WiMAXには、20,743円(税込)の初期費用が無料になるWeb限定キャンペーンがあります。

Broad-WiMAX-初期費用無料出典:Broad WiMAX

ただし、この初期費用無料キャンペーンを受けるためには、下記の4つ全てを満たす必要があります。

  • 契約時に「安心サポートプラス」「My Broadサポート」の有料オプションに加入
  • 料金プランを「月額最安プラン」での申し込み
  • クレジットカード支払いでの申し込み
  • Webから申し込む

上記2つの有料オプションはそれぞれ以下の月額料金がかかりますが、契約後すぐに解除できるため、それほど負担にはなりません。

  • 安心サポートプラス:月額550円(税込605円)
  • My Broadサポート:月額907円(税込998円)

ただオプションの解除を忘れると、両方合わせて月々1,457円(税込1,603円)も高くなるため、必要なければ必ず解除するようにしましょう。

また、このキャンペーンを使う場合は口座振替は対象外であることに注意してください。

3-3. 2年以内の解約はキャンペーン違約金が発生する

前述した「初期費用0円のWEB割キャンペーン」には最低利用期間があり、契約から24カ月以内に解約すると10,450円(税込)キャンペーン違約金が発生します。

この違約金は、通常の解約違約金とは別にかかるため、下記の解約費用にプラスされます。

解約月契約解除料
12ヶ月以内20,900円
13-24ヶ月以内15,400円
25ヶ月目以降10,450円
更新月0円

仮に、Web割キャンペーンを受けていて、1年以内で解約した場合は違約金31,350円(20,900+10,450)がかかり、2年以内でも25,850円(15,400+10,450)がかかります。

仮に短期間での利用を考えているなら、1年契約のできる「BIGLOBE」をおすすめします。

まとめ|WiMAXプロバイダの選び方

以上のように、Broad WiMAXは、他のプロバイダには無い『乗り換え違約金負担キャンペーン』を実施している一方で、以下のような注意点があります。

  • BroadWiMAXの実質料金は最安ではない
  • 初期費用無料キャンペーンには条件がある
  • 2年以内の解約はキャンペーン違約金が発生する

そのため、Broad WiMAXはWiMAXへの乗り換えを検討している方におすすめですが、それ以外の場合は全プロバイダの中で実質料金が最安の『GMOとくとくBBから申し込むとお得に利用できます。

4. 失敗しないWiMAXの最もお得な契約方法

WiMAXを契約する流れは、「プラン」と「機種」を選んだ上で「プロバイダ」から申し込むという3ステップです。

  1. プランは「ギガ放題」を選ぶ
  2. 機種は「W06/WX06」を選ぶ
  3. プロバイダから申し込む

それぞれのステップについて、詳しく見ていきましょう。

4-1.プランは「ギガ放題」を選ぶ

プランは「通常プラン3,969円(税込)」か「ギガ放題プラン4,688円(税込)」で選びますが、迷ったら「ギガ放題」をおすすめします。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。

データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

4-2.機種は「W06/WX06」を選ぶ

Wi-Fiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。

  • 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)
  • 格段につながりやすい
  • 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能
  • 上り通信速度が速く、画像アップロードなども高速

※2020年3月以降、KDDIにより最新機種「W07」のサービス提供が開始されましたが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません。

上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。

※スペック比較表

ポイント1. 通信速度が最速

「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWi-Fiと比較しても最速です。

WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。

「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。

ポイント2.格段につながりやすい

「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。

前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。

  • 高性能ハイモードアンテナ
  • TXビームフォーミング

WiMAXで最も重要な通信速度が20%程度向上することが期待できるため、大きな進歩といえます。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載することで、基地局からの電波を受信する性能を高め、通信速度を20%程度改善しています。

w06_ハイモードアンテナ

建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。

TXビームフォーミング

TXビームフォーミングは、接続端末へ電波を送信する性能を高め、通信速度を20%程度改善できる機能です。

通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。

W06のビームフォーミング機能

「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。

「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。

ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能

何ができるかというと、「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au  4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ

あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2.5倍と大幅に速いです。

  • W06・WX06・W05:上り最大75Mbps
  • それ以外:上り最大30MBps

※「上り速度」とは簡単に言うと、写真や動画のデータをWEB上にアップロードする際の速度です。WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。

上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。

今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2.5倍と大幅に向上しています。

クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか?

クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、高いので公式ページで購入する必要はありません。

クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。

4-3.プロバイダから申し込む

プラント機種を選んだら、プロバイダから申し込みましょう。

前述した通り、WiMAXのお得なプロバイダは申し込み状況に応じて異なります。

それぞれの申込窓口について見ていきましょう。

Broad WiMAX | WiMAXへ乗り換えしようとしている方におすすめ!

Broad WiMAX』では、違約金負担キャンペーンを実施しているため、他社からの乗り換え違約金が発生する場合にお得な窓口となっています。

【公式】Broad WiMAX - 税込表示

出典:Broad WiMAX

Broad WiMAXのプラン内容
プラン
5Gギガ放題プラスギガ放題ライト
使用回線4G, 5G4G4G
データ容量
無制限
(3日間10GBの速度制限)
無制限
(3日間10GBで速度制限)
1ヶ月 7GB
実質月額料金5,038円4,0233,311
月額料金
1~24カ月目:4,763円
25~36カ月目:5,313円
1~36カ月目:2,999~4,4131~36カ月目:2,999~3,659
3年間の総額178,068円141,520円115,884円
キャンペーン
初期費用無料キャンペーン
全端末無料キャンペーン
乗り換え違約金負担キャンペーン
2台目契約5,000円キャッシュバック
事務手数料
3,300円
契約年数
3年
お申込み窓口
https://wimax-broad.jp/

※価格はすべて税込

Broad WiMAXを申し込む際の注意点

Broad WiMAXから申し込む際の注意点として、20,743円(税込)もの初期費用が無料になる『Web限定キャンペーン』を受けるために、以下の4つをチェックして申し込みましょう。

  • 契約時に「安心サポートプラス」「My Broadサポート」の有料オプションに加入
  • 料金プランを「月額最安プラン」での申し込み
  • クレジットカード支払いでの申し込み
  • Webから申し込む

また、キャンペーンの条件となっている「安心サポートプラス」や「My Broad サポート」については、利用開始後すぐに解約することも可能です。

ですので、不要だと感じた場合はなるべく早く解約してしまいましょう。

オプション月額料金オプション内容
安心サポートプラス605円WiMAXが故障した際の無料修理サービス
MyBroad サポート998円パソコンやスマートフォンの設定をサポート(電話・遠隔操作)

オプションの解約に関しては、商品到着後にBroad WiMAXサポートから手続きできます。


以上を踏まえて、Broad WiMAXを申し込む場合は、以下の公式窓口にて手続きしましょう。

Broad WiMAX窓口

Web公式窓口:https://wimax-broad.jp/

GMOとくとくBB|新規でWiMAXを契約する方におすすめ!

GMOとくとくBB』は、2年間で25,000円以上の月額割引と、6,000円のキャッシュバックを実施しており、WiMAX全プロバイダの中で最安価格となっています。

ですので、新規でWiMAXを契約したい方はこちらの窓口を利用しましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB
プランギガ放題(月間容量無制限)
キャンペーン月額割引25,898円+6,000円キャッシュバック
実質月額料金3,894
月額料金3,969~4,688
事務手数料3,300円
端末代無料
端末機種WX06 / W06 / HOME02
申込https://gmo.jp/
GMOとくとくBBで申し込む際の注意点

GMOで申し込む際の注意点として、キャッシュバックの受け取り手続きを忘れないようにしましょう。

GMOのキャッシュバック受け取り手順

  1. 契約11カ月目にGMOから「口座情報登録メール」が届きます。
  2. メールを受け取って1ヶ月以内に振込口座を登録します。

手続きを忘れてしまうとキャッシュバックを一切もらえませんので、カレンダーなどでリマインドしておくことをおすすめします。


以上を踏まえて、GMOとくとくBBを申し込む場合は、以下の公式窓口にて手続きしましょう。

GMOとくとくBB窓口

Web公式窓口:https://gmobb.jp/

まとめ|WiMAX申込の流れ

WiMAXを最もお得に申し込む流れは、以下の3ステップです。

  1. プランは「ギガ放題」を選ぶ
  2. 機種は「W06/WX06」を選ぶ
  3. プロバイダから申し込む

また、申込先のプロバイダについては、以下のように契約状況に応じて選びましょう。

おすすめの契約窓口

WiMAXへの乗り換えを検討している場合:Broad WiMAX

新規でWiMAXを契約する場合:GMOとくとくBB

5. Broad WiMAXに関するよくある質問

下記では、『Broad WiMAX』のよくある質問について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

5-1.UQ WiMAXとの違いは?

前述したように、『UQ WiMAX』は提携している代理店(プロバイダ)を通して販売しているため、サービス名が異なるだけでWiMAXのサービス内容に違いはありません。

Broad WiMAXとUQ WiMAXの違いは、利用料金や契約期間といった契約内容のみです。

以下は、Broad WiMAXとUQ WiMAXの違いをまとめたものです。

Broad WiMAXUQ WiMAX
月額料金2,999~4,4134,268
端末代無料21,780円
契約期間3年2年
解約違約金12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25か月目以降:10,450円
1,100円

ただし、Broad WiMAXなどのプロバイダでは独自のキャンペーン等を実施しているところが多く、通常のUQ WiMAXよりもお得に契約することができるのがメリットです。

5-2.Broad WiMAXの違約金負担の条件は?

Broad WiMAXの解約違約金を負担してもらえるキャンペーンの適用条件は、以下の通りです。

  • 月額最安プラン(ギガorライト)お申込み
  • クレジットカード払い
  • 安心サポートプラス、MyBroadサポートへの加入

上記をクリアすることで、現在の他社インターネットから「初期費用0円」「契約解除料当社負担」でBroad WiMAXに乗り換えることができます。

なお、「安心サポートプラス」「MyBroadサポート」はすぐに解約できるため、安心してください。

5-3.Broad WiMAXのレンタルサービスはある?

現在、Broad WiMAXで端末のレンタルサービスは行っておりません。

Broad WiMAXを含むほとんどのプロバイダでは、年間単位での契約が必要で、契約した際に端末は「購入」となります。

5-4.Broad WiMAXを申し込み中にキャンセルできる?

Broad WiMAXでは、申し込み中や端末の発送前にキャンセルすることは可能です。

また、端末を受領してから8日以内であれば「クーリングオフ」が適用され、初期契約解除が可能になります。

ただし、公式サイトから「初期契約解除申請書」を用意する必要があり、事務手数料として3,300円(税込)がかかることに注意しておきましょう。

5-5.Broad WiMAXは店舗受け取りできる?

Broad WiMAXでは、WiMAX業界初の店舗受け取りが可能です。

Webでの事前申し込みが必要ですが、最短当日~希望の日に近くの店舗で受け取ることができるため、すぐに使いたい場合や荷物を受け取れない状況でも対応できます。

5-6.Broad WiMAXが遅い/つながらない場合の対策は?

Broad WiMAXが遅い、もしくはつながりにくくなった場合は、以下の対処法を試してみましょう。

  • 速度制限にかかっていないか確認する
  • WiMAXの再起動する
  • 置き場所などを変えてみる
  • ハイパフォーマンスモードに切り替える

WiMAXを含むモバイルWi-Fiルーターは、電波を受信するため、電波状況や回線の混雑具合で速度が変化します。

また、端末の不調や速度制限にかかっている可能性もあるため、状況の確認や再起動をすると改善されることがあります。

詳しくは、「WiMAXの通信速度が遅いと感じる、11の原因と正しい対処法」を参考にしてみてください。

5-7.メールが届かない、紛失したなどのトラブル時のサポートは?

メールが届かない、紛失・故障したなどのトラブルがあった際には、以下のいずれかに進みましょう。

  • 公式Webサイトのサポート画面から探す
  • お客様サポート窓口に電話する

お客様サポート窓口の問い合わせ先は以下になります。

お客様サポート窓口

電話番号:050-3144-9935
受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)

ただし、お昼の時間帯などは混雑していて繋がりにくいため、14:00~16:00での問い合わせがおすすめです。

まとめ

Broad WiMAXの基本情報やおすすめポイントに加え、WiMAXをお得に契約できるプロバイダについて紹介しましたが、いかがでしたか?

Broad WiMAXは他社から乗り換える場合にはおすすめですが、はじめてのWiMAX契約であれば実質料金が最安値の「GMOとくとくBBがおすすめです。

WiMAXおすすめの契約窓口

WiMAXへの乗り換えを検討している場合:Broad WiMAX

新規でWiMAXを契約する場合:GMOとくとくBB

この記事を通して、あなたのネット生活が少しでも快適になることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る