auひかりの解約金は高い?種類や免除する方法も紹介

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
auhikari-cancellation

「auひかりの解約金はいくらかかるの?」「auひかりの解約金をできるだけ安く抑える方法は?」など、auひかりの解約金についてお困りではありませんか?

結論、auひかりの解約金は、乗り換え先のキャッシュバックキャンペーンの適用することで、実質無料にすることができます。

このページでは、長年光回線を販売してきた筆者が、auひかりを実質無料で解約するための知識として、4種類の違約金について説明したうえで、解約後のお得な乗り換え先の選び方や申し込み窓口について、以下の流れで徹底解説します。

  1. auひかりの解約金は4種類
  2. auひかりの解約金は高い?|他社と比較
  3. auひかりの解約金や撤去費用を確認する方法
  4. auひかりの解約金を免除する方法
  5. auひかり解約時の注意点
  6. auひかりちゅらの解約金
  7. auひかりの解約金に関する口コミ
  8. auひかりの解約手順
  9. オプションの解約方法
  10. auひかりで解約金・解約時に関するよくある質問

ソフトバンク光ならauの解約金を満額還元!

乗り換え先解約金負担キャンペーン

出典:ソフトバンク光|キャンペーン

auの解約金は乗り換え先をソフトバンク光にするだけで0円にすることも可能です。

ソフトバンク光では2024年2月現在、他者への違約金や工事費が満額還元されるキャンペーンを実施中です。auひかりの解約費用や違約金や工事費は最大9万円もかかるケースもあります。

ただしソフトバンクの満額還元キャンペーンの上限は10万円となっているので、費用を一切かけずに乗り換えることができますよ。

また乗り換えする際に、プロバイダを経由するとさらにお得に乗り換えが可能です。例えばGMOとくとくBB経由であれば、ソフトバンクのキャンペーンとは別に最大4万円のキャッシュバックと高性能Wi-Fiルーターをゲットすることができます。

出典:GMOとくとくBB

ソフトバンク光を契約する場合の工事費もGMOとくとくBBが負担してくれるので、解約金も初期費用もかけずに乗り換えできるのです。

ここまでのキャッシュバックを受けられるのは本サイトの下記ボタンからのみとなっているので、ぜひこの機会を逃さないようにしましょう!

このページを読めば、auひかりの解約金について詳しく理解できます。

1.auひかりの解約金は4種類

auひかりの解約金は、以下の4種類です。

  1. auひかりの解約違約金
  2. auひかりの開通工事費残額
  3. auひかりの撤去費用
  4. プロバイダの解約金

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

auひかりの解約違約金

まず、auひかりでは解約違約金がかかります。解約違約金とは、auひかりの更新期間以外で解約した際に発生する費用です。解約違約金は、契約プランのタイプで異なります。

  1. 戸建てタイプ
  2. マンションタイプ

タイプごとの解約違約金を、詳しく解説します。

戸建てタイプ

戸建てタイプで必要な解約違約金は、以下のとおりです。

プラン名解約違約金
ずっとギガ得プラン
(2022年6月30日より以前に契約)
16,500円
ずっとギガ得プラン
(2022年7月1日から契約)
4,730円
ギガ得プラン
(2022年6月30日より以前に契約)
10,450円
ギガ得プラン
(2022年7月1日から契約)
4,460円
標準プラン無料

出典:auひかり

2022年6月30日より以前に契約した場合と、以降に契約した場合では解約違約金が異なります。特にずっとギガ得プランの場合は、10,000円以上の差があります。

また、標準プランであれば解約違約金は無料です。そのため、契約更新月を気にせず解約できます。戸建てタイプを契約している人は、事前に自分が当てはまる解約違約金を確認しましょう。

マンションタイプ

マンションタイプの解約違約金は、以下のとおりです。

プラン名解約違約金
お得プラン
(2022年6月30日より以前に契約)
10,450円
お得プラン
(2022年6月30日から契約)
2,730円
お得プランA
(2022年6月30日より以前に契約)
7,700円
お得プランA
(2022年6月30日から契約)
2,290円
標準プラン無料

出典:auひかり

戸建てタイプと同様に、2022年6月30日を境に解約違約金が異なります。お得プランでは7,000円ほど、お得プランAでは5,000円ほどの差があります。

また、標準プランを利用している場合は解約違約金が必要ありません。しかし、プロバイダによっては最低契約期間が決まっているため、あらかじめ確認しておく必要があります。マンションタイプを契約している人は、契約日とプロバイダとの契約内容を確認しておきましょう。

auひかりの開通工事費残額

auひかりでは、「開通工事費」を分割払いで支払うことができます。その場合、毎月の月額料金に分割された開通工事費が追加されます。

住居タイプごとの「支払い料金や回数」「支払い年数」について、詳細は以下の通りです。

タイプ開設工事費1ヶ月分の支払い料金(支払い回数)支払い年数
戸建タイプ41,250円687.5円(60回)5年間
マンションタイプ33,000円1,375円(24回)2年間

※料金はすべて税込み

ただし、もし支払い年数より短期間で解約する場合は、開通工事費の残額を一括で請求されてしまいます。

つまり、auひかりに契約しており、開通工事費の残額を一括で支払いたくない場合は、最短でも以下の期間は契約を継続する必要があります。

  • 戸建タイプ:5年間
  • マンションタイプ:2年間

また、工事費無料キャンペーンを利用する場合、割引期間中は契約を続けることが条件です。割引期間中に解約する場合は開通工事費残額を一括払いしなければいけません。そのため、できるだけ開通工事費がなくなってから解約しましょう。

auひかりの撤去費用

auひかりを解約する場合、光回線の利用に必要な設備の撤去費用もかかります。以下の表では、契約日ごとの撤去費用をまとめました。

契約日撤去費用
2018年2月28日より以前に契約11,000円
2018年3月1日から契約
(auひかりホーム、高速サービス10ギガ・5ギガの場合)
31,680円
2022年7月1日から契約31,680円

出典:auひかり

2018年2月28日より前に契約している場合は11,000円のみですが、3月1日以降であればauひかりホームと高速サービス10ギガ・5ギガで31,680円かかります。また、2022年7月1日からであれば、プラン問わず31,680円が必要です。

また、事情があって撤去工事が実施できない場合、auひかりを解約しても設備の維持費が発生します。お金を無駄に支払い続けなければいけないため、解約と同時に撤去工事も実施しましょう。

なお、撤去工事では契約者の立会いが必要です。確実に撤去してもらうためにも、しっかり日程調整しましょう。

プロバイダの解約金|ビッグローブで発生

auひかりの解約時には、プロバイダの解約金も必要なケースがあります。プロバイダの解約金は退会解約金、契約解除料とも言われます。以下の表では、プロバイダごとの解約金をまとめました。

プロバイダ名解約金
BIGLOBE(ビッグローブ)2,000円
ASAHI ネット9,500円
So-net利用者で異なる

出典:BIGLOBE
出典:ASAHIネット
出典:So-net

BIGLOBEがプロバイダであれば、退会解約金で2,000円が必要です。ASAHIネットがプロバイダの場合は、9,500円かかります。

So-netでauひかりを契約している場合は、利用者によって解約金・契約解除料が異なります。詳しい解約金は、自身のマイページから確認しましょう。

また、auひかりのプロバイダを選ぶ際は、『プロバイダ全8社を本気で比較!auひかりを最もお得に使う全知識』を参考にしてみてください。

おすすめ回線特徴
ソフトバンク光ソフトバンク光ソフトバンク利用者におすすめの光回線
最大40,000円キャッシュバック
他社の乗り換え費用を10万円まで還元 一番お得なキャンペーン窓口

2.auひかりの解約金は高い?|他社と比較

auひかりと他社光回線の解約金を、以下の流れで比較します。

  1. ドコモ光の解約金
  2. ソフトバンク光の解約金

解約金は光回線で異なるため、事前に確認と比較をしておくことで、より納得してauひかりを利用できます。それでは、詳しくチェックしていきましょう。

ドコモ光の解約金

まずは、auひかりとドコモ光の解約金を比較します。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線戸建てタイプ
(2022年6月30日より以前に契約)の解約金
戸建てタイプ
(2022年7月1日から契約)の解約金
マンションタイプ
(2022年6月30日より以前に契約)の解約金
マンションタイプ
(2022年7月1日から契約)の解約金
auひかり10,450円~4,460円~7,700円~2,290円
ドコモ光14,300円5,500円8,800円4,180円

出典:auひかり
出典:ドコモ光

auひかりと比べて、ドコモ光は全体的に高いです。戸建てタイプの解約金であれば、1,000円から4,000円ほどの差があります。マンションタイプであっても、1,000円から2,000円ほど高いです。

解約金まで重要視する人には、ドコモ光よりもauひかりをおすすめします。

ソフトバンク光の解約金

次は、auひかりとソフトバンク光の解約金を比較します。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線戸建てタイプ
(2022年6月30日より以前に契約)の解約金
戸建てタイプ
(2022年7月1日から契約)の解約金
マンションタイプ
(2022年6月30日より以前に契約)の解約金
マンションタイプ
(2022年7月1日から契約)の解約金
auひかり10,450円~4,460円~7,700円~2,290円
ソフトバンク光10,450円5,170円~10,450円4,180円

出典:auひかり
出典:ソフトバンク光

戸建てタイプの場合、auひかりよりもソフトバンク光が500円ほど高いです。マンションタイプであれば、2,000円から3,000円ほどソフトバンク光が高く設定されています。

ただし、2022年6月30日より以前に契約した戸建てタイプであれば、解約金は変わりません。少しでも解約金を抑えたい場合は、ソフトバンク光よりもauひかりをおすすめします。

3.auひかりの解約金や撤去費用を確認する方法

auひかりの解約金や撤去費用は、公式ホームページもしくは『My au』から確認が可能です。公式ホームページからは、契約日や戸建てタイプ、マンションタイプごとの解約金や撤去費用が記載されています。

ただし、自身の契約日や契約内容までは記載されていません。契約日や契約内容がわからない場合は、My auから確認しましょう。My auのログインに必要な情報は、以下のとおりです。

My auのログインに必要な情報

  • au ID
  • パスワード

それぞれの情報は、忘れないようメモやスマートフォンに控えておきましょう。

4.auひかりの解約金を免除する方法

auひかりの解約金を免除する方法は、以下のとおりです。

  1. 更新月に解約手続きをする
  2. auひかりホームのキャンペーンを利用する
  3. 乗り換え先の解約金負担キャンペーンを適用する

更新月の解約やキャンペーンの適用など、さまざまな方法で解約金を免除、もしくは減額できます。それでは、具体的にチェックしていきましょう。

更新月に解約手続きをする

1つ目に紹介する解約金の免除方法は、更新月にauひかりの解約手続きをすることです。auひかりは、更新当月から翌々月までの3ヵ月間に解約すると解約金がかかりません。

ただし、更新月の解約を逃すと解約金がかかるだけでなく、2年もしくは3年の契約が更新されてしまいます。解約金を免除しようと考えても、再度更新月が来るまで待たなければいけません。

また、auひかりは自動更新のため、解約を忘れてしまうケースも多いです。解約金を免除したい場合は、更新月をメモしたうえで、該当する3ヵ月以内に解約しましょう。

auひかりホームのキャンペーンを利用する

auひかりホームキャンペーン

出典:auひかり|キャンペーン

2つ目の方法は、auひかりホームのキャンペーンを利用することです。キャンペーンでは、初期費用と相当額を最大41,250円まで割引してもらえます。

キャンペーン契約期間が完了すると、本来解約時に支払わなければいけない開通工事費の残債が免除されます。

解約違約金自体は支払わなければいけないものの、実質最大41,250円分が免除されるため、auひかりホームを利用する人は本キャンペーンを利用しましょう。

また、auひかりをお得に利用できるキャンペーンを詳しく知りたい人は、『【騙されるな】2024年2月auひかりで最もお得なキャンペーン申込窓口』もチェックしてください。

乗り換え先の解約金負担キャンペーンを適用する

乗り換え先解約金負担キャンペーン

出典:ソフトバンク光|キャンペーン

3つ目の解約金免除の方法は、乗り換え先の解約金負担キャンペーンを適用することです。光回線によっては、乗り換え時に他社で発生する解約金や違約金を負担してくれるキャンペーンが実施されています。

例えば、ソフトバンク光では他社からの乗り換えで、違約金や撤去工事費用を満額還元してもらえます。キャッシュバック額の上限は、10万円です。auひかりの解約金が最大16,500円、撤去費用が31,680円のため、工事費の残債を加味しても上限を超える可能性は低いです。

また、ソフトバンク光に契約する場合はGMOとくとくBB経由で行うのが最もお得です。

GMOとくとくBB経由であれば、ソフトバンク光のキャッシュバックとは別にプロバイダからも最大4万円のキャッシュバックが得られます。

出典:GMOとくとくBB

さらに高性能Wi-Fiルーターももらえるので、自宅で簡単にWi-Fi接続ができるようになります。ソフトバンク光のキャッシュバックと合わせて最大で14万円もお得にできるのでこの機会を逃さないようにしましょう。

キャッシュバックを受け取るためには本サイト経由から申し込みが必要になるので、下記ボタンよりお得に光回線を乗り換えましょう。

5.auひかり解約時の注意点

auひかりを解約する際の注意点は、以下のとおりです。

  1. 契約年数を確認する
  2. トータルで必要な費用を確認する
  3. auひかりホームのキャンペーンは新規契約時に適用させる
  4. 電話の解約も忘れない
  5. auスマートバリューは解約月の前月で終了する

注意点に気をつけることで、誤った契約更新や無駄な出費を防げます。それでは、詳しくチェックしていきましょう。

契約年数を確認する

1つ目の注意点は、契約年数の確認です。基本的に、auひかりの契約年数は2年か3年です。

契約年数が経った更新月であれば解約金はかかりませんが、更新月以外は2,000円から10,000円ほどの解約金がかかります。契約年数を間違えていると、本来は必要なかった解約金を支払わなければなりません。

解約金もプランによっては10,000円を超えるため、お金を無駄にしないためにも事前に契約年数を確認しておきましょう。

トータルで必要な費用を確認する

2つ目は、トータルで必要な費用の確認です。auひかりを解約する際は、解約金だけでなく開通工事費残額や撤去費用などもかかります。

トータルの費用を間違えていると、想定していたよりも負担が増えてしまいます。それぞれの具体的な料金は公式ホームページやMy au、契約プロバイダのホームページから確認できるため、あらかじめチェックしておきましょう。

auひかりホームのキャンペーンは新規契約時に適用させる

3つ目は、auひかりホームのキャンペーンは、新規契約時に適用させることです。新規契約時にキャンペーンを適用させる旨を伝えると、初期費用分を割り引いてもらえます。

キャンペーン申し込みのタイミングを逃せば割引は適用されず、数万円分の負担がかかります。auひかりホームのキャンペーンは、解約時ではなく新規契約時に適用させるのを忘れないよう注意しましょう。

また、auひかりに新規契約する際は、『元販売員が教える最もお得な「auひかりの乗り換え」ガイド』も確認してください。

電話の解約も忘れない

4つ目の注意点は、光回線だけでなくセットで契約している電話サービスの解約も忘れないことです。

auひかりの電話サービスは月額550円からとお得なため、セットで契約している人も多いです。しかし、auひかりと一緒に電話サービスも解約する旨を伝えないと、正しく解約されない可能性もあります。正しく解約できていない場合は、電話サービスの料金だけが請求され続けます。

auひかりを解約する際は、電話サービスやその他オプションも解約するのを伝えましょう。

auスマートバリューは解約月の前月で終了する

5つ目の注意点は、auスマートバリューの割引は解約月の前月で終了することです。auひかりを解約した場合は前月分までしか割引されず、当月分は通常料金を支払います。

再度必要な費用を確認したうえで、auひかりを解約しましょう。

6.auひかりちゅらの解約金

auひかりちゅらの解約金は、5,401円です。通常のauひかりで必要な解約金は2,000円から10,000円ほどのため、高くもなく安くもありません。

また、通常のauひかりと同様に更新月であれば、解約金は無料です。auひかりちゅらの解約金を免除したい場合は、更新月から3ヵ月の間に解約しましょう。

auひかりちゅらとは?

auひかりちゅらとは、沖縄県で利用できる光回線サービスです。限定キャンペーンも実施されているため、沖縄でauひかりを利用したい人におすすめします。

7.auひかりの解約金に関する口コミ

auひかりの解約金に関する口コミは、以下のとおりです。

auひかりには、解約金が高かったとの声が挙がっていました。『auひかりの解約金は高い?|他社と比較』でも解説したとおり、auひかりの解約金は他社よりも高いわけではありません。

しかし、引越し先での継続利用を断られたため、不満もあって解約金が高いと投稿した可能性もあります。

また、契約時には撤去工事費の具体的な説明を受けなかったとの声もありました。

auひかりの撤去工事費は11,000円から31,680円で、契約日やプランによって異なります。31680円の撤去工事費だった場合は、高いと感じても仕方ありません。撤去工事費に関しても、事前に公式ホームページやサポートセンターで確認しておきましょう。

8.auひかりの解約手順

auひかりは、以下3つの手順で解約します。

  1. 契約中のプロバイダに解約の連絡をする
  2. レンタル機器を返却する
  3. 撤去工事を実施する

それぞれについて、以下で説明します。

契約中のプロバイダに解約の連絡する

auひかりを解約する場合、まずは契約しているプロバイダに連絡をして、解約の旨を伝えましょう。

auショップでは、解約手続きができないので注意してください。

auひかりの各プロバイダの連絡先は以下の通りです。

プロバイダ名連絡先(受付時間)
BIGLOBE0120-86-096(9:00~21:00)
So-net0120-80-776(9:00~19:00)
@nifty0120-32-221(9:00~19:00)
@TCOM0120-805-63(9:00~20:00)
Asahi Net0570-01-350(10:00~19:00)
DTI0120-830-50(10:00~17:00)
au one net0077-77(9:00~20:00)
GMOとくとくBB公式サイトから問い合わせ

プロバイダごとに受付時間が異なるので、よく確認してください。

また、auひかりでは、解約手続きをしてから解約までの間、月額料金が日割りで請求されます。

そのため、月初や月末にかかわらず、支払う料金はサービスを利用した分のみなので、いつでも安心して解約することができます。

レンタル機器を返却する

解約手続きが完了すると、1週間〜10日間ほどで返却用の着払い伝票が送られてきます。

着払い伝票には、ONUなどの返却する機器と製造番号やシリアル番号が記載されているので、忘れずに確認してください。

その後、返却物を箱に入れ、伝票と一緒に郵便局やコンビニ等で発送しましょう。

撤去工事を実施する

機器の返却を行った後は、撤去工事を行います。

しかし、撤去工事が必要な場合と不要な場合があるので、自分は工事が必要なのかしっかり確認しておきましょう。

ちなみに、撤去工事が不要な場合は、以下の通りです。

《auひかりで撤去工事が不要なケース》

  • auひかりを引越し先で継続して利用する場合
  • 2018年2月28日以前にauひかりを申し込んだ場合は任意
  • 2022年7月1日以降にauひかりを申し込んだ場合は任意
  • マンションプランを契約している場合

上記に当てはまらない場合は、撤去工事が必要となります。

工事費は最大31,680円(税込)と高額なので注意が必要です。

9.オプションの解約方法

auひかりのオプションを解約する方法は、以下のとおりです。

auひかりのオプションを解約する方法

  1. My auにログインする
  2. 人の形をした項目を選ぶ
  3. プランの確認や変更を選ぶ
  4. オプションサービスを開き、解約するオプションを決める
  5. オプションの解約に同意する

オプションの解約は、電話だけでなくMy auから簡単にできます。また、解約後にオプションを再開したい場合は、もう一度オプション追加手続きを進めましょう。

10.auひかりで解約金・解約時に関するよくある質問

auひかりで、解約金や解約時に関するよくある質問は、以下のとおりです。

  1. auひかりの解約金は、今後値下げされる可能性はある?
  2. ルーターやレンタル器具を紛失した際は解約金が増える?
  3. プロバイダがわからない場合はどうする?
  4. auひかりの解約の連絡先は?

事前に疑問を解決しておくと、よりスムーズにauひかりを解約できます。それでは、詳しくチェックしていきましょう。

auひかりの解約金は、今後値下げされる可能性はある?

auひかりの解約金は、今後値下げされる可能性があります。実際に、2022年7月1日からは電気通信事業法改正の影響で、解約金が値下げされています。値下げ額も5,000円ほどと、かなり大きいです。

これから法改正があれば、さらに解約金が値下げされる可能性も高いです。ただし、逆に値上げする可能性もあるため、解約時には公式ホームページを確認しましょう。

ルーターやレンタル器具を紛失した際は解約金が増える?

ルーターやレンタル器具を紛失した際、解約金自体は増えないものの別途で違約金を支払わなければいけないケースがあります。違約金はレンタル器具によって異なるため、サポートセンターに確認しましょう。

また、解約後に紛失したことを伝えず、ルーターやレンタル器具を返却しないと違約金が発生します。違約金は利用期間によって異なるため、こちらもサポートセンターへの確認が必要です。

なお、紛失ではなく故障した場合は、サポートセンターに連絡してルーターやレンタル器具を交換してもらいましょう。

プロバイダがわからない場合はどうする?

プロバイダがわからない場合の対処法は、以下のとおりです。

プロバイダがわからない場合の対処法

  • 書類を確認する
  • 各プロバイダに問い合わせる
  • マイページにログインする

まずは、au光に関する書類を確認しましょう。契約書や請求書には、プロバイダが記載されています。

また、各社に問い合わせるのも、プロバイダがわからない場合の対処法です。プロバイダがわからない旨を伝え、サポートセンターの案内にしたがいます。サポートセンターが、利用しているかどうかを教えてくれます。

電話がかけられない場合は、マイページにログインするのもおすすめです。IDやパスワードがわかる場合、各プロバイダのマイページでログインできるか試しましょう。

auひかりの解約の連絡先は?

auひかりの解約連絡先は、au one netかどうかで異なります。au one netに契約している際の解約連絡先情報は、以下のとおりです。

auひかりの解約連絡先

  • 電話番号
    0077-7068
  • 対応時間
    9時~18時

出典:auひかり

また、au one net以外を契約している場合は、各プロバイダに連絡しましょう。

auひかりの解約金まとめ

今回は、auひかりの解約金や種類、免除方法などを解説しました。auひかりの解約金は、契約日やプランによって異なります。

また、更新月の解約やキャンペーンの適用によって、解約金の免除が可能です。契約年数やトータル費用など、解約時には注意しましょう。

このページを参考に、納得してauひかりを解約できることを、心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る