【プロが徹底比較】auひかりとソフトバンク光はどっち?光回線をお得に契約するための全知識

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
驚く女性

「auひかりとソフトバンク光はどっちがいいの?」「ソフトバンク光からauひかりに乗り換えるのはお得?」など、auひかりとソフトバンク光どちらを契約するか迷ってはいませんか?

結論、auひかりとソフトバンク光を比較すると、auひかりの方がお得に利用できます。

ただし、ご家族でSoftBankのスマホを使っていて、スマホセット割を利用してトータルで「スマホ代+ネット代」の通信費を安くしたい場合は、ソフトバンク光をおすすめします。

このページでは、長年光回線を販売してきた筆者が、代表的な光回線であるauひかりとソフトバンク光を利用料金や通信速度などの観点から徹底比較したうえで、最適な光回線の選び方を以下の手順で解説します。

  1. auひかりとソフトバンク光の比較①「料金」
  2. auひかりとソフトバンク光の比較②「通信速度」
  3. auひかりとソフトバンク光の比較③「キャッシュバック」
  4. auひかりとソフトバンク光はどっちがおすすめ??
  5. auひかりへの乗り換えについて

このページを読めば、auひかりとソフトバンク光について詳しく理解することができます。

0.まずは光回線選びの鉄則から!

auひかりとソフトバンク光を比較する前に、まずは光回線をお得に契約するための鉄則について解説します。

光回線契約の大前提として、光回線は実質月額料金の安さで選ぶことをおすすめします。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、利用期間中に支払う全ての金額(事務手数料・工事費・月額料金)から割引要素(キャッシュバック・スマホセット割・月額料金割引・工事費割引)を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

例えば、月額料金が安くても、キャッシュバックがなかったり、工事費割引がなかったりすれば、トータルで支払う金額はそれほどお得にはならないからです。

本記事では、代表的な2つの光回線であるauひかりとソフトバンク光を、以下の3つのポイントから徹底比較します。

auひかりとソフトバンク光の比較ポイント

  1. 料金(月額料金+初期費用)
  2. 通信速度
  3. キャンペーン

以下で、それぞれを詳しく解説します。

1.auひかりとソフトバンク光の比較①「料金」

まずは、auひかりとソフトバンク光の以下2つの料金について解説します。

  • 月額料金
  • 初期費用

一つずつ解説します。

1-1.月額料金

auひかりとソフトバンク光の月額料金はそれぞれ以下の通りです。

auひかりソフトバンク光
戸建てタイプ5,610円5,720円
マンションタイプ4,180円4,180円

※料金はすべて税込み

上記の料金は最も一般的なプランを表示しています。

また、auひかりとソフトバンク光の月額料金に大差はありません。

以下でauひかり、ソフトバンク光それぞれの月額料金をプランごとに詳しく見ていきます。

auひかり

auひかりのプラン別の月額料金は以下のとおりです。

住居タイププラン名料金
戸建てタイプずっとギガ得プラン1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
ギガ得プラン5,720円
標準プラン6,930円
マンションタイプマンションギガ4,455円
マンンションミニギガ5,500円
VDSL方式8契約以上4,510円
16契約以上4,180円
LAN方式8契約以上4,070円
16契約以上3,740円

※料金はすべて税込み

auひかりは、戸建てタイプなら3年契約の「ずっとギガ得プラン」がおすすめです。

マンションタイプの場合は、お住まいのマンションによって対応しているタイプが限られてしまいますが、「マンションギガ」または「LAN方式」の方が高速通信に長けているためおすすめです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光のプラン別の月額料金は以下の通りです。

住居タイププラン名料金
戸建てタイプファミリータイプ(5年契約)5,170円
ファミリータイプ(2年契約)5,720円
ファミリータイプライト4,290円〜6,160円
マンションタイプマンションタイプ4,180円

※料金はすべて税込み

ソフトバンク光では、契約期間が長いプランほど月額料金がお得になります。

また、「ファミリータイプライト」とは、3Gbps以下の使用ならマンションタイプと同等の料金ですが、3Gbpsを超えると料金が上がる仕組みになっています。

最終的に、10Gbpsを超えると他の戸建てタイプよりも高くなってしまうので、ほとんどネット環境を利用しないユーザー向けになっています。

1-2.初期費用

初期費用には、契約手数料と工事費用が含まれます。

まず、auひかりの初期費用は以下の通りです。

契約手数料工事費用
auひかり戸建(ホーム)タイプ3,300円41,250円(=687.5円×60回)
マンションタイプ33,000円(=1,375×24回)

※料金はすべて税込み

auひかりでは、以下2つをセットで申し込むことで工事費用が無料になります。

  • ネット回線
  • 電話サービス(税込:550円)

工事費無料の仕組みは、分割された工事費の月額支払い分が毎月無料になるというものなので、途中で解約してしまうと工事費の残債が請求されてしまいます。

一方、ソフトバンク光の初期費用は以下の通りです。

状況料金契約手数料
フレッツ光ネクストからの転用無料(工事の必要なし)3,300円
光コラボからの事業者変更
その他からの切り替え立ち会いあり26,400円
新規契約者立ち会いなし2,200円

※料金はすべて税込み

ソフトバンク光では、工事費用のシステムがやや複雑です。

特定の他社から乗り換える場合には、工事費用が無料になります。

以上の比較から、料金に関しては両者とも大差がないため、ネット環境をあまり利用しない場合はソフトバンンク光の「ファミリータイプライト」がおすすめです。

2.auひかりとソフトバンク光の比較②「通信速度」

光回線を契約する際には、通信速度が何よりも重要になります。

auひかりとソフトバンク光の通信速度について以下で解説します。

2-1.最大通信速度はどちらも同じ1Gbps

auひかり・ソフトバンク光両者とも最大通信速度は1Gbpsです。

そのため、理論上は速度に違いはありません。

さらに、auひかりには最大通信速度が5Gbps/10Gbpsの高速プランがあるほか、ソフトバンク光にも10Gbpsの高速プランが戸建てのみで利用可能です。

2-2.実速度は「auひかり」の方が速い

最大通信速度は理論値なので両者に差はないように思えますが、実速度はauひかりの方が高速です。

理由としては、実際の通信速度にはインターネット回線の混雑度が関係しますが、auひかりでは「IPv6接続」がデフォルトで備わっており、混雑をうまく避けて通信することができるためです。

IPv6とは?

IPv6は、auひかりの通信速度を高速にするために導入された、従来のIpv4に置き換わる新しい通信規格のことです。

ソフトバンク光でもオプションとして「IPv6」に接続することができますが、有料でレンタルする必要があります。

以上の理由より、通信速度に関してはauひかりの方が優勢であると言えます。

3.auひかりとソフトバンク光の比較③「キャッシュバック」

auひかり、ソフトバンク光の両者では、契約時にプロバイダを通すことでキャッシュバックを受け取ることができます。

両者のキャッシュバックを比較した際の結論は以下の通りです。

  • auひかりの最大キャッシュバック額は94,000円
  • ソフトバンク光の最大キャッシュバック額は50,000円
  • どちらも申込み窓口の選択が最も重要

そこで、auひかり、ソフトバンク光それぞれのおすすめプロバイダ(申込み窓口)は以下の通りです。

それぞれについて以下で詳しく解説します。

3-1.auひかりが最もお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」

auひかりでは8社のプロバイダから1つを選ぶ必要があり、申込窓口は公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめの窓口は最大94,000円キャッシュバックがあるプロバイダのGMOとくとくBBです。

auひかり×GMOとくとくBB 94,000円キャッシュバック出典:GMOとくとくBB

当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
6/23までの週末限定で増額中!
\最大95,000円キャッシュバックがもらえる/

GMOとくとくBB』は、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBからauひかりを申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかり×GMOとくとくBB戸建てマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
4,180円~
開通月の月額料金0円
事務手数料3,300円
工事費41,250円
(契約期間満了で実質無料)
33,000円
(契約期間満了で実質無料)
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
キャンペーン・最大94,000円キャッシュバック
・ひかり電話最大35カ月間無料
・他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで負担
・工事費実質無料
・Wi-Fiルーター無料プレゼント
・auスマートバリュー/ 自宅セット割の初加入で10,000円相当分のau Pay還元 など
GMOとくとくBBでの
下り平均速度※2
741.88Mbps
3年間の実質月額料金3,329円2,193円
スマホセット割※3を含めた
3年間の実質月額料金
1,951円815円

※1:戸建ては3年契約プラン、マンションは2年契約プランの料金
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※3:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

なお、プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むと、他のプロバイダよりも通信速度が速いという特徴があります。

auひかり全体の下り平均速度が499.74Mbpsに対して、GMOとくとくBBでは741.88Mbpsですから、少しでも速い方が有利に働きやすいオンラインゲームをする場合は大きなメリットになるでしょう。

また、最大1Gbpsの通信速度を最大限に引き出せるWi-Fi 5(最大通信速度6.9Gbps)の高性能Wi-Fiルーターをプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は大きなメリットです。

当サイト限定!
\最大94,000円キャッシュバック/
6/23までの週末限定で増額中!
\最大95,000円キャッシュバックがもらえる/

関連記事

▶auひかりの最新キャンペーン情報

3-2.ソフトバンク光が最もお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」

ソフトバンク光はプロバイダ「Yahoo!BB」との一体型サービスであるため、別途プロバイダと契約する必要はありません。

また、ソフトバンク光の申込窓口は公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめの窓口は最大50,000円キャッシュバックがある代理店の『GMOとくとくBBです。

ソフトバンク光×GMOとくとくBB出典:GMOとくとくBB

 

GMOとくとくBB』は、東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダであり、ソフトバンク光を取り扱う代理店でもあります。

GMOとくとくBBからソフトバンク光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク光×GMOとくとくBB戸建てマンション
月額料金
(プロバイダ料含む)
5,720円4,180円
開通月の月額料金日割り
事務手数料3,300円
工事費26,400円
(キャンペーンで実質無料)
スマホセット割・おうち割 光セット(月額最大1,100円割引)
・おうち割 光セット(A)(月額最大1,188円割引)
キャンペーン・最大50,000円キャッシュバック
・工事費実質無料(工事費サポートはじめて割)
・他社サービスによる解約違約金を最大100,000円まで負担
・高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント
・開通前モバイルルーター無料レンタル など
下り平均速度※1297.57Mbps
3年間の実質月額料金4,895円3,355円
スマホセット割※2を含めた
3年間の実質月額料金
4,345円2,805円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※2:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

上記のとおり、GMOとくとくBBでのキャッシュバックは最大50,000円ですが、工事費を実質無料にする「SoftBank光 工事費サポートはじめて割」キャンペーンを適用する場合は33,000円になることには注意しておきましょう。

関連記事

▶ソフトバンク光の最新キャンペーン情報

4.auひかりとソフトバンク光はどちらがおすすめ?

auひかりとソフトバンク光を比較した結論は、通信速度やキャッシュバック等から「auひかり」がおすすめです。

しかし、家族でSoftBankを利用している場合は、スマホセット割の適用で人数分のスマホ代が月額550~1,100円(税込)安くなるため、「スマホ代+ネット代」の通信費で考えれば、ソフトバンク光の方が安くなります。

そのため、以下のように申し込むのが最もおすすめです。

5.auひかりへの乗り換えについて

他社の光回線から「auひかり」に乗り換えたい場合には、一度他社回線を解約する必要があります。

その際、「auひかり新スタートサポート」を利用することで解約金を負担してくれるため、通常よりもお得に乗り換えることができます。

auひかり新スタートサポートとは?

「auひかり新スタートサポート」とは、他社の光回線からauひかりに乗り換える際に適応されるサービスで、他社回線の解約金をKDDIが負担してくれます。

まずは、以下の乗り換え手順で他社回線契約後、auひかりを申し込みましょう。

  1. 契約中の光回線を解約する
  2. レンタル機器等を返却する
  3. auひかりを申し込む

その後、以下の申し込み先に申請することで「auひかり新スタートサポート」を利用することができます。

GMOとくとくBBの特典

  • 最大94,000円キャッシュバック
  • ひかり電話最大35カ月間無料
  • 他社違約金を最大30,000円まで還元
  • 契約期間満了で工事費実質無料
  • 高性能WiFiルーターが無料でもらえる
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQユーザーも月額最大1,100円割引
  • セット割の加入で10,000円追加還元

まとめ

代表的な2つの光回線であるauひかりとソフトバンク光を利用料金や通信速度などの観点から徹底比較したうえで、最適な光回線の選び方を解説してきましたが、いかがでしたか?

結論としては、auひかりの方がお得に利用できます。

ただし、ご家族でSoftBankのスマホを使っていて、「スマホ代+ネット代」の通信費をトータルで安くしたい場合は、ソフトバンク光がおすすめです。

なお、それぞれの最安申込窓口は次のとおりです。

GMOとくとくBBの特典

  • 最大94,000円キャッシュバック
  • ひかり電話最大35カ月間無料
  • 他社違約金を最大30,000円まで還元
  • 契約期間満了で工事費実質無料
  • 高性能WiFiルーターが無料でもらえる
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQユーザーも月額最大1,100円割引
  • セット割の加入で10,000円追加還元

「ソフトバンク光×GMOとくとくBB」の特典

  • キャッシュバック最大50,000円
  • 26,400円の工事費が実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • 他社の違約金を最大100,000円まで負担
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円割引
  • Y!mobileユーザーは月額最大1,188円割引

このページを参考に、あなたが光回線をお得に利用できることを心から願っています。

【厳選】おすすめの光回線一覧

光回線おすすめ理由と回線の特徴
GMOとくとくBB光▶とくとくBB光どのスマホキャリアでもお得な光回線
最大128,000円現金還元(当サイト限定)
相場より月額料金が1,000円程度安い最もお得なキャンペーン窓口
ドコモ光▶ドコモ光ドコモユーザーなら最安で使える光回線
最大51,000円現金還元(当サイト限定)
キャンペーンで工事費が完全無料
最もお得なキャンペーン窓口
auひかり▶auひかりau・UQユーザーなら最安レベルの回線
最大94,000円キャッシュバック
回線速度が速く通信品質も安定している最もお得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光▶ソフトバンク光ソフトバンクなら最安レベルの光回線
最大50,000円キャッシュバック
他社からの乗換費用を最大10万円還元最もお得なキャンペーン窓口
NURO光▶NURO光回線速度がトップクラスの光回線
最大速度2G/10G/20Gに対応している
60,000円キャッシュバックがもらえる最もお得なキャンペーン窓口

【2024年6月おすすめの光回線】高額還元で料金が安いGMOとくとくBB光

とくとくBB光_ロゴ

GMOとくとくBB光は月額料金が安くほとんどの人におすすめの光回線です。最大128,000円キャッシュバックがもらえます

日本全国で利用可能で、スマホセット割がなくても月額料金がリーズナブルです。また、老舗プロバイダーのGMOが運営しているので信頼性も高いです。

さらに、高性能WiFiルーターが無料でレンタルできる特典もあります。迷ったら、すべての面で優秀なGMOとくとくBB光にしましょう!

6月30日まで限定!
\最大128,000円キャッシュバック/
とくとくBB光公式はこちら

光回線の対応エリア外/工事なしで使うならドコモhome 5G

docomo home5G

光回線が契約できなかったり、工事なしでネットを利用したいならドコモhome 5Gにしましょう。スマホと同じ電波を利用しているので、日本全国で利用できます。

しかも、5G通信に対応しているため、光回線と同等の速度で利用できる可能性があります。コンセントに挿すだけで、WiFiが使える手軽さも魅力です。

お得な窓口から申し込むだけで20,000円分のAmazonギフトがもらえるので、ホームルーターにするならhome 5Gを選びましょう!

\Amazonギフト券20,000円分もらえる!/
home5G×GMOとくとくBBはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る