Wi-Fiの料金比較と最も安く始めるための全知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「Wi-Fiっていくらで始められるのかな?」「できれば安く使いたい」など、Wi-Fiを始めるのに当たって、月々の料金が気になっていませんか?

結論、Wi-Fi利用には様々な方法があり、無料や月々数百円~5,000円程度とサービスによって料金が大幅に変わるため、あなたにとって一番使いやすいWi-Fiを選ぶことが大切です。

なお当サイトでは、固定の場所で安定した高速通信なら「光回線」どこでも手軽にできて安く利用したい場合は「テザリング」をおすすめしてます。

このページでは、最もお得に、そして快適に使えるWi-Fiを以下の流れでご紹介していきます。

  1. 月いくら?使い方で異なるWi-Fiの料金比較
  2. ポケットWi-Fiがおすすめできない2つの理由
  3. 光回線でWi-Fiを利用する方法とおすすめ6選
  4. 大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン
  5. Wi-Fiスポットはスマホキャリアに合わせて選ぼう!

全て読めば、ライフスタイルに合わせた、快適で安いWi-Fiがきっと見つかります。

1.月いくら?使い方で異なるWi-Fiの料金比較

Wi-Fiはどうやって使うかによって料金がガラリと変わります。

あなたがどんな使い方をしたいのかまずは決めて、その中で、その使い方で最もお得なWi-Fiを選んでいきましょう。

光回線ポケットWi-FiテザリングWi-Fiスポット
月額料金

4,000~5,000円

3,000~4,000円

0~500円(無料の場合もアリ)

0/300円~
平均速度
(実測値)

平均200Mbpsほど

平均40Mbpsほど

スマホと同等

平均40Mbpsほど
導入コスト
×
回線工事が必要

回線工事不要

回線工事不要

回線工事不要
データ容量

無制限

実質無制限プランも

スマホプランの容量まで

実質無制限プランも
持ち運び×
自宅の中だけ

外出先でも!

外出先でも!

コンセントがあれば利用可
おすすめユーザーとにかく快適にネットを使いたいいつでもどこでも使いたいいつでもどこでも使いたい
できるだけ費用をかけたくない
自宅で手軽に使いたい

※価格は全て税込みです

それぞれ、料金も違いますが、どれにするかをきちんと決めないと、「こんなはずじゃなかった」と後悔することになります。

それぞれどんな人に向いているのか、いくらで使えるのかを解説していきます。

1-1. 光回線

光回線は、オンラインゲームや高画質での動画視聴、もしくはビデオ会議などの用途で大容量で通信を行いたい場合におすすめです。

光回線
メリット
  • 速度や安定性の面で、通信性能が優れている
  • 容量を気にせず使い放題
注意点
  • 月額費用が割高
  • 回線工事の費用と手間がかかる
  • 自宅以外では使えない

光回線は自宅に引き込んだ光ファイバーで通信を行うため、回線速度・安定性に優れており、また容量に関しても完全無制限で通信できます。

ただし、光回線を利用するには回線工事が必要で、手間と費用がかかることには注意しましょう。

以上のメリット・注意点を踏まえて、光回線は次のような人におすすめです。

光回線はこんな人におすすめ!

  • とにかく快適にインターネットを使いたい
  • リモートワークで、ビデオ会議を行う予定
  • オンラインゲームや動画などもサクサク楽しみたい
  • 今の住居からしばらくは引越しする予定がない

【スマホのキャリア別】おすすめの光回線

光回線はスマホ割で料金が大きく変わるので、現在使用しているキャリアに合わせて選びましょう。

光回線_窓口

ただ上記の光回線には、申込窓口が複数存在するのですが、申込窓口によってキャッシュバックやその他特典がガラリと変わります。

各回線の申込窓口を比較したところ、最もおすすめなのは以下の窓口でした。

最もお得な窓口一覧

光回線や窓口の選び方については、「3.光回線でWi-Fiを利用する方法とおすすめ6選」でより詳細に解説しています。

1-2. ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiは、持ち運び可能なWi-Fiルーターです。

SNSや中画質程度の動画視聴といった用途であれば、光回線よりも安い料金で利用できるので、コスパを求める人におすすめです。

ポケットWi-Fi
メリット
  • 料金は光回線よりも安い
  • 工事不要ですぐにWi-Fiが使える
  • 持ち運びができる
注意点
  • オンラインゲームや高画質の動画視聴などには不向き
  • 月間無制限プランでも速度制限がある(3日間10GBなど)

ポケットWi-Fiは持ち運びが可能なため、外出先でもスマホより速いWi-Fiを利用でき、引越しの際も新居に持っていくだけで利用できます。

ただし、オンラインゲームや高画質の動画視聴など、通信性能が求められる用途には不向きな点と、無制限プランでも速度制限の条件があることには注意しましょう。

以上のメリット・注意点を踏まえて、ポケットWi-Fiは次のような人におすすめです。

モバイル回線はこんな人におすすめ!

  • コスパ良くネットを利用したい
  • 定期的に引越しをする可能性がある
  • 回線工事ができないと言われた
  • 外でもWi-Fiを使いたい

最もおすすめのポケットWi-Fiは「WiMAX」

ポケットWi-Fiの各提供会社を比較すると、下記のようにWiMAXの価格が最も安く、通信速度・容量や対応エリアの面でも優れたサービスであることが分かります。

Y!mobile logo
実質月額料金
3,894

5,775

5,018

6,405
×
7,788
回線速度
(下り平均値)

20~40Mbps

20~40Mbps

10~30Mbps

20~40Mbps

20~40Mbps
データ容量
実質無制限(100GB以上)

実質無制限(100GB以上)

実質無制限(100GB以上)

制限あり(50GB)

制限あり(60GB)
対応エリア
WiMAX + auエリア

WiMAX + auエリア
×
SoftBank エリアの一部

SoftBankエリア

docomoエリア

WiMAXを申し込む場合は、実質月額料金が最安のGMOとくとくBBがおすすめです。

ただし、近年ではポケットWi-Fiのメリットが薄れ、あまりおすすめできない通信サービスとなりました。

その理由について「2.ポケットWi-Fiがおすすめできない2つの理由」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

1-3. テザリング

インターネットをほとんど使わない方は、スマホの「テザリング」を試してみることをおすすめします。

テザリングとは、スマホをWi-Fiルーター代わりとして、PCやゲーム機などのデバイスでインターネットに接続する機能のことです。

テザリング
メリット
  • 導入の準備がかからない
  • 工事不要ですぐに使える
  • スマホ一台あればWi-Fiが使える
注意点
  • 通信量の上限はスマホの契約プランまで
  • 容量を追加する場合の料金は高額
  • スマホよりも速度が遅く、不安定
  • スマホのバッテリー消費が激しい

工事や端末の準備などの必要がないですし、スマホのパケット残量でテザリングすれば、テザリング利用料(0~500円)のみで済むのでお得です。

ただし、スマホプランの容量を超えた際に速度制限がかかり、容量を追加する場合は1GBあたり500~1,000円程度とかなり割高となっています。

以上のメリット・注意点を踏まえて、テザリングは次のような人におすすめです。

テザリングはこんな人におすすめ!

  • できるだけ費用をかけたくない
  • 少しだけ通信できればいい
  • スマホプランの容量に余裕がある

大容量でテザリングができるスマホプランについては、「4.大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン」で詳しく解説しています。

1-4. 特定のお店でだけ使う「Wi-Fiスポット」:月々300円~

Wi-Fiスポットは各スマホ会社などが提供するサービスで、カフェなど特定の施設でのみWi-Fiを繋げるサービスのことです。

  • 月々300円~(無料提供の場合もアリ)
  • 特定のお店や交通機関でのみ利用可能

下記のようなシールが貼ってあるお店で使うことが可能です。

月額料金がとにかく安いのですが、一部のカフェなどでしかWi-Fiを使えず、使い勝手が他の2つほどはよくありません

しかも、カフェによっては無料のWi-Fiを提供しているところもあり、結局「契約しなくてもよかった」と感じている人は多いです。

行きつけのカフェなどでだけWi-Fiにつなぎたい方は契約してもいいでしょう。

詳しくは、「5. Wi-Fiスポットは基本的にスマホに合わせて選んでいこう」に主なWi-Fiスポットをまとめているので、参考にしてみてください。

【参考】最安のWi-Fiを選ぶ注意点:価格.comには気をつけること

安いWi-Fiを探す時に、特に落とし穴が多く、気をつけるべきなのが、価格.comです。

価格.comでは様々なインターネット回線に対して独自のキャンペーンを行なっていますが、小さく書かれている注意点を見ると、「割高」だったり、「面倒な手間がかかる」ケースが多いためです。

キャッシュバックランキングで常に上位の「auひかり+So-net(プロバイダ)」の組み合わせの場合、一見4万円を超える高額なキャッシュバックでお得に見えますが、よくよく調べると以下のような落とし穴があります。

  • 価格.comのキャンペーン経由だと短期解約時に違約金が22,000円増える。
  • キャッシュバックを2回に分けてあなたから申請が必要で2回目に関しては23ヶ月後なので面倒かつ忘れてしまう。
  • 指定の45日間の間に手続きを忘れたらキャッシュバックを受けられない
  • 月々の割引が少なくなり、So-net経由で申し込むよりも月額料金は上がる。

以上のように、価格.comは一見お得そうでも、落とし穴があるため要注意です。

そのため、価格.comのような比較サイトではなく、代理店やプロバイダ経由での申し込みをおすすめします。

2.ポケットWi-Fiがおすすめできない2つの理由

契約することで、モバイル式のWi-Fiルーターですぐに使える「ポケットWi-Fi」ですが、2022年1月現在では、あまりおすすめできるサービスではなくなりました。

ポケットWi-Fiがおすすめできない理由は、以下の2つです。

それぞれの理由について、以降で詳しく見ていきましょう。

理由1. ポケットWi-Fiは通信速度・容量で光回線に劣る

ポケットWi-Fiは通信速度と容量の面で光回線に劣っており、以下の特徴に当てはまる方は光回線をおすすめします。

光回線がおすすめな人

  • 自宅用の回線を考えている
  • 動画視聴やビデオ会議、オンラインゲームなどの用途で快適にネットを使いたい
  • 容量を気にせずネットを使いたい

実際にポケットWi-Fiと光回線を比較してみると、同じ価格帯にもかかわらず、光回線の通信速度・容量がポケットWi-Fiよりも優れていることが分かります。

 ポケットWi-Fi光回線
通信速度(実測値)
10~40Mbpsほど

平均200Mbpsほど
データ容量
速度制限あり

無制限
月額料金

3,000~4,000円程度

3,000~4,000円程度

以降で、ポケットWi-Fiの通信速度とデータ容量のそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

ポケットWi-Fiの通信速度

ポケットWi-Fiは、ルーターまでの通信を無線で行うため、有線で通信を行う光回線と比べて通信速度がかなり劣っています。

そのため、ポケットWi-Fiの平均的な通信速度(10~40Mbps)では、標準画質程度の動画視聴までは問題ありませんが、ビデオ会議や高画質の動画視聴、オンラインゲームを利用される方にとってはストレスがかかる回線となる可能性が高いです。

用途(目的)必要な通信速度の目安
メール1Mbps~
SNS5Mbps
動画視聴(標準画質)10Mbps
ビデオ会議30Mbps
動画視聴(高画質)40Mbps
オンラインゲーム50~100Mbps

ポケットWi-Fiの通信容量

通信容量の面を見ても、月々のデータ量が完全無制限で使い放題の光回線に比べて、ポケットWi-Fiは容量に制限があります。

ポケットWi-Fiのプランによっては、「実質無制限」としているものもありますが、その場合でも「3日間○○GB以上利用した場合には速度制限」という条件ですので、光回線のように使い放題という訳ではありません。

例えば、ポケットWi-FiのWiMAX公式HPでは、実質無制限プランの速度制限について以下のように記載されています。

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、短期間に多くのデータ通信をご利用の場合、ネットワークの混雑回避のため通信速度を制限させていただきます。

出典:UQ WiMAX公式

理由2. 料金・手軽さでテザリングに劣る

以下のような理由から、「ポケットWi-Fiがいいのでは?」と考えている方の場合でも、安くて手軽に使えるテザリングの方がおすすめです。

テザリングがおすすめな人

  • 光回線工事ができずにポケットWi-Fiを検討している
  • 外出先で作業するためにポケットWi-Fiを検討している

実際に、ポケットWi-Fiとテザリングを比較してみると、工事不要の回線や外出先での利用であればテザリングの方がお得であることが分かります。

 ポケットWi-Fiテザリング(大容量プラン)
月額料金
3,000~4,000円程度

1,500円程度
手軽さ
新たな契約・デバイスの持ち運びが必要

普段使っているスマホのみで使える
通信速度(実測値)
平均20Mbpsほど

平均20Mbpsほど
データ容量
実質無制限
(速度制限あり)

実質無制限
(速度制限あり)

以降で、ポケットWi-Fiの各サービスと、無制限でテザリングを利用できる『楽天モバイル』を比較してみましょう。

ポケットWi-Fiと楽天モバイルの比較

以下は『楽天モバイル』と主要5社のポケットWi-Fiとの比較です。

楽天モバイルの無制限プランに新規契約した場合、もっとも実質月額料金が安く、契約年数の縛りもないため、気軽に始められることがわかります。

実質月額料金=(月額料金+初期費用-キャッシュバックなどの割引)÷契約月数

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

 楽天モバイルロゴUQ wimaxauY!mobile logosoftbankdocomo
実質月額料金

3,278円
(無制限プラン)

3,934円
×
5,775円
×
5,018円
×
6,405円
×
7,788円
実質速度
19.0Mbps

26.8~39.3Mbps

26.8~39.3Mbps

10.9~42.3Mbps

24.7~56.9Mbps

22.0~35.3Mbps
データ容量


実質無制限
(速度制限あり)


実質無制限
(速度制限あり)

実質無制限
(速度制限あり)

実質無制限
(速度制限あり)
×
制限あり
×
制限あり
速度制限条件
1Mbps

1Mbps

1Mbps

1Mbps
×
128Kbps
×
128Kbps
契約期間
なし
×
3年
×
2年
×
3年

なし
×
2年

※スピードテストアプリ「Speedchecker」で計測

上記のとおり、楽天モバイルの次に安いWiMAXの実質月額料金は3,000円台ではありますが、3年間の縛りがあるうえに、速度が特別速いわけでもありません。

そのほかのポケットWi-Fiに至っては、月額料金が5,000円を超えてしまいます。

よって、ポケットWi-Fiよりもテザリングの方が、料金面でも手軽さでもおすすめできるわけです。

まとめ

以上で見てきたように、ポケットWi-Fiは次の2つの理由からおすすめできません。

  • 理由1. 通信速度・容量で光回線に劣る
  • 理由2. 料金・手軽さでテザリングに劣る

光回線、テザリングがおすすめな人の特徴を踏まえて、あなたに合った回線を選びましょう。

光回線がおすすめな人テザリングがおすすめな人
  • 自宅用の回線を考えている
  • 動画視聴やビデオ会議、オンラインゲームなどを楽しみたい
  • 容量を気にせずネットを使いたい
  • 光回線工事不要の回線を検討している
  • 外出先で作業するための回線を検討している
  • 月々の通信費を抑えたい

なお、光回線・テザリングそれぞれでおすすめなサービスを次の箇所で解説していますので、適宜読み飛ばしてください。

3.光回線でWi-Fiを利用する方法とおすすめ6選

この章では、光回線でWi-Fi利用する方法と、2022年1月時点で最もおすすめできる光回線をご紹介します。

まず、光回線を使ってWi-Fiをするためには以下の手順が必要です。

Wi-Fiルーターよりもインターネットの方が満足度や毎月の料金の差がつきやすい傾向にあるので、インターネットとプロバイダがとにかく大事です。

この章で徹底的に比較、紹介していきますが、この章でおすすめしている光回線や窓口であれば、Wi-Fiルーターがほとんんど負担なくレンタル/プレゼントしてもらえます。

そのため、あなたにとってベストな光回線を選ぶことをまずは考えていきましょう。

3-1.あなたにあった最安の光回線の選び方

回線を選ぶにあたって、光回線は実質月額料金がお得なものを選びましょう。

実質月額料金のお得さは、下記の3つで決まります。

  • スマホセット割
  • キャッシュバック
  • 工事費

特にスマホセット割が重要なため、まずは「あなたがどのスマホを使っているか」で光回線を選ぶべきです

なぜなら、スマホ会社や提携企業の光回線とスマホのセット割を使うと料金がグッと安くなるからです。

例えば、ソフトバンク光をソフトバンクのスマホとセットに使うことで、以下のように毎月1,100円の割引を受けられます。

ソフトバンク光

出典:ソフトバンク

ここからは、「スマホセット割」「キャッシュバック」「工事費」の3つの観点で選んでいきましょう。

ちなみに、この表は光回線事業者全23社を上記の3つの観点で徹底的に調査し、実質月額料金で比較しました。

なお、下記の料金表のカッコ書きの部分は、スマホセット割を適用しなかった場合の料金です。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

使っている
スマホ
光回線
戸建て
実質月額

マンション
実質月額

参考
スマホセット割引キャッシュバック工事費/契約料
ドコモドコモ光3,841円
(4,941円)
2,521円
(3,621円)
1,100円ドコモポイント:2,000pt
キャッシュバック:20,000円
実質無料/3,300円
auauひかり3,249円
(4,349円)
1,093円
(2,193円)
1,100円戸建:61,000円
マンション:51,000円
実質無料/3,300円
BIGLOBE光3,139
(4,459円)
2,039
(3,359円)
1,320円戸建:63,000円
マンション:60,000円
戸建:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(中部エリア)
2,557円
(3,657円)
857円
(1,957円)
1,100円戸建:45,000円
マンション:50,000円
実質無料/770円
So-net光3,590円
(4,690円)
2,270円
(2,370円)
1,100円11カ月1,000円引/月
戸建:43,000円
マンション:40,000円
実質無料/3,300円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
3,432円
(4,532円)
2,552円
(3,652円)
1,100円戸建:40,000円
マンション:30,000円
実質無料/3,300円
@T COM3,634円
(4,734円)
2,450円
(3,550円)
1,100円戸建:21,000円
マンション:19,000円
実質無料/3,300円
メガエッグ3,982円
(5,092円)
2,882円
(3,982円)
1,100円5,000円実質無料/3,300円
pikara光
(四国エリア)
3,672円
(4,039円)
2,982円
(4,082円)
1,100円20,000円実質無料/実質無料
eo光
(関西エリア)
4,071円
(5,171円)
3,089円
(4,189円)
1,100円3,000円実質無料/3,300円
@nifty光4,158円
(5,258円)
2,882円
(3,982円)
1,100円30,000円実質無料/2,200円
BBIQ4,184円
(5,284円)
3,454円
(4,554円)
1,100円12,000円実質無料/3,300円
AsahiNet4,312円
(5,412円)
3,102円
(4,202円)
1,100円0円実質無料/3,300円
DTI光4,709円
(5,809円)
3,389円
(4,489円)
1,100円戸建:19,000円
マンション:16,000円
戸建:18,000円/880円
マンション:15,000円/880円
j:com光5,560円)
(6,660円)
4,967円
(6,067円)
1,100円戸建:36,000円
マンション:24,600円
実質無料/3,300円
ソフトバンクNURO光3,413円
(4,513円)
3,413円
(4,513円)
1,100円45,000円実質8,773円/3,300円
ソフトバンク光3,899
(4,999円)
2,359
(3,459円)
1,100円47,000円実質無料/3,300円
格安SIM
(OCNモバイル)
OCN光5,394円
(6,494円)
3,612円
(4,712円)
220円22,000円18,000円/3,300円
格安SIM
(IIJmio)
IIJmioひかり4,414円
(5,514円)
2,368円
(3,468円)
660円※1年間1,660円引/月戸建:18,000円/880円
マンション:15,000円/880円
格安SIM
(Biglobeモバイル)
BIGLOBE光3,139
(4,459円)
2,039
(3,359円)
1,320円戸建:63,000円
マンション:60,000円
戸建:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
格安SIM
(DTI SIM)
DTI光4,709円
(5,809円)
3,389円
(4,489円)
165円戸建:19,000円
マンション:16,000円
戸建:18,000円/880円
マンション:15,000円/880円
(参考)
スマホセット割なし
フレッツ光7,076円5,288円戸建:18,000円/880円
マンション:15,000円/880円
エキサイト光5,666円4,428円戸建:18,000円/1,100円
マンション:15,000円/1,100円
ぷらら光4,775円3,355円35,000円戸建:18,000円/無料
マンション:15,000円/無料
U-NEXT光6,996円5,819円24,000円/3,300円

※状況によって価格が変動したり突如内容が変わるケースもありますので、必ず公式ページで料金を確認しましょう。
※価格はすべて税込みです。

表の補足説明

・実質月額=(月額料金(契約期間分)+初期費用(工事費・事務手数料)-セット割-キャッシュバック額等)÷契約期間
・新規申込後、2年間使った場合の実質月額で算定
・キャッシュバック額は38社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・auとソフトバンクのセット割は光回線+光電話が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・カッコ書きの部分は、スマホセット割を適用しなかった場合の料金
・表のスマホセット割の額は、1人分の割引適用額。離れた家族にも適用させると、さらに1,100円×家族人数分が割引。

上記のようにスマホ会社のセット割の威力が凄まじいので、光回線は今使っているスマホに合わせて選んでいきましょう

さらに、スマホセット割は離れた家族にも割引を適用した場合は、1,100円(税込)×家族人数分が割引されます。

対応しているエリアが回線によってバラバラなので、以下のようにお住まいのエリアも考慮する必要があります。

光回線_窓口

また、光回線には様々な申込窓口があり、その申込窓口によって高額なキャッシュバックがもらえるので、申し込み窓口もしっかり選んでいきましょう。

後ほど紹介しますが、キャッシュバック金額や工事費無料の特典を踏まえ、下記窓口がそれぞれの回線を最安で申し込めます。

回線最もお得な申し込み窓口申込窓口ページ
ドコモ光GMOとくとくBBhttp://gmobb.jp/docomohikari/
auひかりGMOとくとくBBhttps://gmobb.jp/lp/auhikarik/
ソフトバンク光アウンカンパニーhttps://aun-softbank-hikari.com/
NURO光NURO光公式サイトhttps://www.nuro.jp/hikari/pr/
BIGLOBE光NEXThttps://www.biglobe-hikari.net/
コミュファ光NEXThttps://cmf-hikari.net/

ここからは、なぜ上記の理由になったか、下記のスマホユーザーに合わせて選ぶべき光回線を詳しく見ていきましょう。

ドコモユーザーが選ぶべき光回線は?

ドコモユーザーはドコモ光一択です。

ドコモのセット割が適用される光回線は、ドコモ光しかありません。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

使っている
スマホ
光回線
戸建て
実質月額

マンション
実質月額

参考
スマホセット割引キャッシュバック工事費/契約料
ドコモドコモ光3,841円

2,521

1,100円

ドコモポイント:2,000pt
キャッシュバック:20,000円

実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額

なお、今使っているドコモのスマホのプランによって、セット割引額が異なります。

スマホの料金プラン別の割引額を下記の表にまとめたので確認しておきましょう。

ドコモスマホ料金プラン(ギガプラン)スマホセット割引/月
ギガホ1,100円
5Gギガライト/ギガライト<ステップ4:~7GB>1,100円
<ステップ3:~5GB>1,100円
<ステップ2:~3GB>550円
<ステップ1:~1GB>-
ドコモスマホ料金プラン(カケホーダイ&パケあえる)スマホセット割引/月
ウルトラシェアパック1003,850円
ウルトラシェアパック503,190円
ウルトラシェアパック302,750円
ベーシックシェアパック<ステップ4:~30GB>1,980円
<ステップ3:~15GB>1,980円
<ステップ2:~10GB>1,320円
<ステップ1:~5GB>880円
ウルトラデータLLパック1,760円
ウルトラデータLパック1,540円
ベーシックパック<ステップ4:~20GB>880円
<ステップ3:~5GB>880円
<ステップ2:~3GB>220円
<ステップ1:~1GB>110円

出典:ドコモ

それでは、光回線が決まったら、光回線の一番お得な申込窓口を決めましょう。

ドコモ光の一番お得な申込窓口

現時点で、ドコモ光の一番お得な申込窓口は、GMOとくとくBBです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記の3つです。

  • キャッシュバック額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと
  • キャッシュバックを受け取りやすいこと(受取時期と手続き)

なお、下記の表以外にも、申込窓口は多数ありますが、「キャッシュバックが1万円以上」受け取れるのは下記の申込窓口だけでした。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線
申込窓口
キャッシュバック
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
ドコモ光GMOとくとくBB20,000円加入不要4カ月後
WEB手続き
Wiz20,000円加入不要6カ月後
WEB手続き
OCN
(月額+200円高い)
20,000円加入不要2カ月後
WEB手続き
@nifty20,000円スカパーまたはひかりTV加入要
(月額+2,000円前後)
12カ月後
WEB手続き
ぷらら15,000円加入不要4カ月後
WEB手続き
ネットナビ15,000円加入不要1カ月後
郵送手続き

GMOとくとくBBであれば、オプション加入不要で高額キャッシュバックが最短4カ月で受け取れます。

なお、ドコモ光ではどこのプロバイダで契約するかによって料金がタイプAとタイプBに分かれます。

上記の表だと、OCNだけがタイプBで月額料金がタイプAよりも+200円、2年間で+4,800円も高くなるためお得ではありません。

そのため、必ずGMOとくとくBBで申し込みましょう。

もっと詳しく知りたい場合

表の事業者だけでなく24社を全てチェックしたい場合は、「【2021年11月】ドコモ光の最高のプロバイダの選び方!全24社を徹底比較!」の記事をご覧ください。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。

「オプションなしで20,000円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえるほか、2021年11月現在は他社解約違約金として20,000円還元のキャンペーンを実施しています。

また、混みにくい接続方式v6プラスにも対応していて、とにかくハイスペックなルーターを無料で貸してくれるので、圧倒的におすすめです。

auユーザーが選ぶべき光回線は?

auユーザーは、対応エリアを確認したうえで、実質月額料金が最も安い回線を選びましょう。

結論、中部地方の以下の県にお住まいの場合はコミュファ光が最も安く、それ以外の場合はauひかりが2番目に安いためおすすめです。

コミュファ光 対応エリア
中部静岡県・愛知県・岐阜県・長野県
近畿三重県

ただし、auひかりも、残念ながらすべてのエリアに対応しているわけではありません。

auひかり戸建てタイプ 対応不可エリア
中部静岡県・愛知県・岐阜県
近畿三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
沖縄沖縄県

auひかりのマンションタイプであれば、上記のエリアの方でも利用できる場合があるので、必ずauひかりのエリア検索を行いましょう。

ホームタイプ・マンションタイプともに、auひかりに対応していない場合は、次に実質月額料が最も安いBIGLOBE光を選びましょう。

BIGLOBE光もauのスマホセット割が適用されるため、お得に光回線を利用できます。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

使っている
スマホ
光回線
戸建て
実質月額

マンション
実質月額

参考
スマホセット割引キャッシュバック工事費/契約料
auauひかり3,178円
(4,278円)
1,093円
(2,193円)
1,100円 戸建:61,000円
マンション:51,000円
実質無料/3,300円
BIGLOBE光

3,792円
(5,112
円)

2,574円
(3,894円)
1,320円 戸建:63,000円
マンション:60,000円

戸建:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円

コミュファ光
(中部エリア)
2,557円
(3,657円)
857円
(1,957円)
1,100円戸建:45,000円
マンション:45,000円
実質無料/770円
So-net光3,590円
(4,690円)
2,270円
(2,370円)
1,100円 11カ月1,000円引/月
戸建:43,000円
マンション:40,000円
実質無料/3,300円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
3,432円
(4,532円)
2,552円
(3,652円)
1,100円戸建:40,000円
マンション:30,000円
実質無料/3,300円
@T COM3,634円
(4,734円)
2,450円
(3,550円)
1,100円戸建:21,000円
マンション:19,000円
実質無料/3,300円
メガエッグ3,982円
(5,092円)
2,882円
(3,982円)
1,100円5,000円実質無料/3,300円
pikara光
(四国エリア)
3,672円
(4,039円)
2,982円
(4,082円)
1,100円20,000円実質無料/実質無料
eo光
(関西エリア)
4,071円
(5,171円)
3,089円
(4,189円)
1,100円3,000円実質無料/3,300円
コミュファ光
(中部エリア)
4,095円
(5,195円)
3,984円
(5,084円)
1,100円戸建:15,000円
マンション:0円
実質無料/770円
@nifty光4,158円
(5,258円)
2,882円
(3,982円)
1,100円30,000円実質無料/2,800円
BBIQ4,184円
(5,284円)
3,454円
(4,554円)
1,100円12,000円実質無料/3,300円
AsahiNet4,312円
(5,412円)
3,102円
(4,202円)
1,100円0円実質無料/3,300円
DTI光4,709円
(5,809円)
3,389円
(4,489円)
1,100円戸建:19,000円
マンション:16,000円
戸建:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光5,560円)
(6,660円)
4,967円
(6,067円)
1,100円戸建:36,000円
マンション:24,600円
実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額

なお、今使っているauのスマホのプランによって、セット割引額が異なります。

スマホの料金プラン別の割引額を下記の表にまとめたので確認しておきましょう。

auスマホ料金プラン

スマホセット割引/月

1GBまで

割引対象外

1GB超~7GBまで

550円

1,100円

2GB超~20GBまで

550円

auピタットプラン/N(s)/(s)

2GBまで
auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外

550円

2GB超~20GBまで

1,100円

上記以外

934円~2,200円
(詳しくはこちら)

ガラケー4G
データ定額1/2/3/5/8/10/13(ケータイ)
ガラケー3G

934円

4Gタブレット/PC

1,100円

LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

最大2年間1,410円
3年目以降934円

出典:au

それでは、光回線が決まったら、光回線の一番お得な申込窓口を決めましょう。

コミュファ光の一番お得な申込窓口

現時点で、コミュファ光の一番お得な申し込み窓口は「NEXT」です。

正規代理店の「NEXT」がおすすめな理由には、以下の3つがあります。

  • キャッシュバック額が高いこと
  • キャッシュバックの受け取りが簡単なこと
  • キャッシュバックにより実質月額料金が最も安い

正規代理店はあくまで販売窓口がことなるだけで、「中部テレコミュニケーション」が提供するサービス自体には違いはありません。

ただし、窓口によってキャンペーンなどの付加サービスが異なるため、最もお得な窓口を選ぶことが重要です。

上記をもとに、コミュファ光の申し込み窓口を比較してみました。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

申込窓口キャッシュバックオプション加入要否受け取りやすさ実質月額料金
受取時期手続き
NEXT戸建:45,000円
マンション:50,000円
光電話のみ開通月の2カ月後
手続きなし
※開通時に指定口座を確認するのみ
戸建:3,657円
マンション:1,957円
グローバルキャスト戸建:45,000円
マンション:45,000円
光電話のみ開通月の7カ月後
メール手続き
戸建:3,657円
マンション:2,165円
フルコミット戸建30,000円
マンション:35,000円
開通月の6カ月後
メール+Web手続き
戸建:4,282
マンション:2,582円
公式サイトなし戸建:5,532円
マンション:4,040円

電話や公式サイトからの申し込みでは、キャッシュバック等のキャンペーンを受けられません。

しかし、代理店の「代理店NEXT」では、申し込み後2ヵ月で最高額のキャッシュバックを受け取ることで、実質料金も最安値で利用することができます。

ポイント

NEXT「コミュファ光キャンペーンページ」:https://cmf-hikari.net/campaign/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

auひかりの一番お得な申込窓口

現時点で、auひかりの一番お得な申込窓口は、GMOとくとくBBです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記の3つです。

  • キャッシュバック額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと
  • キャッシュバックを受け取りやすいこと(受取時期と手続き)

なお、下記の表以外にも、申込窓口は多数ありますが、「キャッシュバックが3万円以上」受け取れるのは下記の申込窓口だけでした。

また、auひかりでauのスマホセット割の適用するためには「光電話」の加入が必要なため、その条件も踏まえて比較しています。

ちなみに、格安SIMユーザーの場合は、スマホセット割の適用がないですが、光電話を契約した方がトータル的に安いので光電話も契約しましょう。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線
申込窓口
キャッシュバック
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
auひかりGMOとくとくBB戸建:61,000円
マンション:51,000円
光電話のみ
(最大36カ月無料)
11カ月,23カ月後
WEB手続き
NEXT52,000円光電話のみ2カ月後
電話手続き
NNコミュニケーションズ52,000円光電話のみ2カ月後
電話手続き

GMOとくとくBBなら、キャッシュバック額が高いうえに、光電話の月額料(550円)が戸建てタイプで36カ月無料、マンションタイプで24カ月無料のため、かなりお得です。

auユーザーであれば、必ずGMOとくとくBBで申し込みましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB(auひかり)

GMOとくとくBB』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンを実施している窓口です。

最大6.1万円の業界最高クラスのキャッシュバックが受け取れて、1.2万円相当のWi-Fiルーターも無料でついてきます。

auのスマホとのセット割「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、auひかりをお得に使うことができます。

BIGLOBE光の一番お得な申込窓口

2021年11月現在、BIGLOBE光の一番お得な申込窓口は、代理店NEXTです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記です。

  • キャッシュバック額と工事費割引額の合計額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと

代理店NEXTでは他社に比べ圧倒的にキャッシュバック額が高く、光電話のオプション加入のみで63,000円を受け取ることができます。

もし光電話をつけない場合でも、60,000円もの高額なキャッシュバックを受け取ることができ、どちらもしても実質月額料金は代理店NEXTが最安です。

なお、下記の表以外にも、申込窓口は多数ありますが、「キャッシュバック+工事費割引額が5万円分以上」適用されるのは下記の申込窓口だけでした。

光回線
申込窓口
キャッシュバック額

工事費割引額
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
 NEXT合計:63,000
キャッシュバック額:63,000円
工事費割引額:0円
光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要

電話手続き
BIGLOBE光BIGLOBE光 公式合計:59,800円
キャッシュバック額:40,000円
工事費割引額:19,800円
光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
2カ月後
電話手続き
ブロードバンドナビ合計:57,800円
キャッシュバック額:38,000円
工事費割引額:19,800円
光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
6カ月後×
FAX申請後、再度WEB手続き

※3年間のみの契約(37ヶ月めで解約した場合)の計算
※戸建て(ファミリータイプ)の金額での計算

代理店NEXTページ

当サイト限定! 合計最大71,300円おトク!

代理店NEXTでは、不要なオプション加入なしで6万円以上のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

また、v6プラス対応の高速Wi-Fiルーターを無料で利用できるので追加で費用がかかることもありません。

ポイント

BIGLOBE代理店NEXT「BIGLOBE光キャンペーンページ」:https://www.biglobe-hikari.net/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

ソフトバンクユーザーが選ぶべき光回線は?

ソフトバンクユーザーは、実質月額料が最もお得なNURO光を選びましょう。

NURO光もソフトバンクとのスマホセット割が適用されるため月額1,100円引きで利用できます。

ただし、NURO光は下記のエリアのみ対応しています。

北海道・東北北海道
関東東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
東海愛知・静岡・岐阜・三重
関西大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
九州福岡・佐賀

上記のエリアに住んでいない場合は、ソフトバンク光を選びましょう。

ソフトバンク光もスマホセット割が適用されるため、お得に光回線を利用できます。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

使っている
スマホ
光回線
戸建て
実質月額

マンション
実質月額

参考
スマホセット割引キャッシュバック工事費負担額/契約料
ソフトバンクNURO光3,413
(4,513円)
3,413
(4,513円)
1,100円45,000円8,773/3,300円
ソフトバンク光3,899
(4,999円)
2,359
(3,459円)
1,100円47,000円26,400円/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額

なお、今使っているソフトバンクのスマホのプランによって、セット割引額が異なります。

スマホの料金プラン別の割引額を下記の表にまとめたので確認しておきましょう。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ソフトバンク スマホ料金プランスマホセット割引/月
基本プランデータプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
1,100円
通話基本プランデータ定額 50GBプラス/ミニモンスター1,100円
スマ放題/スマ放題ライトデータ定額 50GB/20GB/5GB1,100円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB※4,6/1GB
データ定額(3Gケータイ)
550円
上記以外の料金プランパケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,100円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円

出典:ソフトバンク

それでは、光回線が決まったら、光回線の一番お得な申込窓口を決めましょう。

NURO光の一番お得な申込窓口

現時点で、NURO光の一番お得な申込窓口は、NURO公式サイトです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記の3つです。

  • キャッシュバック額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと
  • キャッシュバックを受け取りやすいこと(受取時期と手続き)

なお、NURO光でソフトバンクのスマホセット割の適用するためには「光電話」の加入が必要なため、その条件も踏まえて比較しています。
※格安SIMユーザーはスマホセット割の適用がないため、光電話の契約は不要です。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

光回線
申込窓口
キャッシュバック
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
NURO光NURO公式サイト45,000円光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
6カ月後
WEB手続き

この比較を踏まえ、NURO光は、キャッシュバックが最も高額な「公式ページ」から申し込むべきです。

NURO光公式

NURO光の中でも『NURO公式』は、光回線+ひかり電話の契約で最大45,000円のキャッシュバックを受け取ることができるお得な申し込み窓口です。

高額キャッシュバックがもらえ、不要なオプションにも申し込む必要がないNURO公式で必ず申し込みましょう。

ソフトバンク光の一番お得な申込窓口

現時点で、ソフトバンク光の一番お得な申込窓口は、アウンカンパニーです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記の3つです。

  • キャッシュバック額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと
  • キャッシュバックを受け取りやすいこと(受取時期と手続き)

なお、下記の表以外にも、申込窓口は多数ありますが、「キャンペーンが2万円分以上」適用されるのは下記の申込窓口だけでした。

光回線
申込窓口
キャッシュバック
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
ソフトバンク光アウンカンパニー37,000円光電話のみ2カ月後
電話手続き
LifeBank25,200円光電話+スマートレスキュー(980円/月)5カ月後
郵送手続き
株式会社STORY25,200円光電話のみ10カ月後
郵送手続き
BIGUP35,000円光電話のみ2カ月後
電話手続き

申込窓口として公式サイトもありますが、キャッシュバック額が10,000円と低いのでおすすめできません。

対して、販売代理店は独自のキャッシュバックに公式キャッシュバックを併用することができるので、結果として高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

アウンカンパニー

アウンカンパニー』はソフトバンク光の代理店です。

オプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。

また、申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです

格安SIMユーザーが選ぶべき光回線は?

今まで現在使っているスマホに合わせて光回線を選ぶべきと言ってきましたが、格安SIMのみ光回線の選び方が異なります。

理由は以下の2つです。

  • 格安SIMのスマホセット割を適用している光回線事業者が少ない
  • 格安SIMのスマホセット割引額が小さい

例えば、格安SIMのスマホセット割を提供している事業者は下記の4社しかありません。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

使っている
スマホ
光回線
戸建て
実質月額

マンション
実質月額

参考
スマホセット割引キャッシュバック工事費/契約料
格安SIM
(OCNモバイル)
OCN光4,904円3,284円220円22,000円18,000円/3,300円
格安SIM
(IIJmio)
IIJmioひかり4,013円2,153円660円※1年間1,660円引/月戸建:18,000円/880円
マンション:15,000円/880円
格安SIM
(Biglobeモバイル)
BIGLOBE光4,261円3,261円330円戸建:63,000円
マンション:60,000円
実質無料/3,300円
格安SIM
(DTI SIM)
DTI光5,131円3,931円150円戸建:19,000円
マンション:16,000円
戸建:18,000円/880円
マンション:15,000円/880円

上記の通り、スマホセット割引額も150円~600円程度とお得ではありません。

そのため、スマホセット割が適用されなくてもキャッシュバックが高額な光回線を選ぶべきです。

一番お得に光回線を利用できるように、この章の冒頭の比較表から、住んでいるエリアに合わせて一番お得な光回線を選びました。

なぜ、上記のようにエリアによっておすすめする光回線が違うかというと、auひかりもNURO光も提供可能なエリアが限定的だからです。

もっとわかりやすく表でまとめたので、下記の表をもとに光回線を選びましょう。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

住んでいるエリア光回線
戸建て
実質月額

マンション
実質月額

参考
スマホセット割引キャッシュバック工事費/契約料
中部エリア(静岡・愛知・岐阜)NURO光3,063円3,063円45,000円実質無料/3,300円
近畿エリア(三重・大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫)NURO光3,063円3,063円45,000円実質無料/3,300円
近畿エリア(和歌山)BIGLOBE光3,557円2,501円※2年間2,500円引/月実質無料/3,300円
沖縄エリアBIGLOBE光3,557円2,501円※2年間2,500円引/月実質無料/3,300円
上記以外のエリアauひかり2,520円1,968円戸建:61,000円
マンション:51,000円
実質無料/3,300円

※キャッシュバックは最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額
※上記の実質月額は、スマホセット割を適用していない金額で記載

それでは、光回線が決まったら、光回線の一番お得な申込窓口を決めましょう。

3-2.【参考】Wi-Fiルーターの選び方とコスパ抜群なおすすめ3選

もうすでに光回線を契約している方は、Wi-Fiルーターを購入すれば、Wi-Fiが使えるようになります。

これから光回線などを契約する方も、ここで紹介した回線を申し込んだ際に同時に手に入るWi-Fiルーターであれば十分ですが、ご自身でもWi-Fiルーターを探したい場合はここをチェックしましょう。

Wi-Fiルーターは価格だけで選んでしまうと、電波が通らない、遅くてストレスなどの不満につながる可能性があります。そこで、ここでは高品質なのに比較的安いWi-Fiルーターを紹介していきます。

Wi-Fiルーターを選ぶ3つの基準

Wi-Fiルーターを探すと、「11ac」「WPA2」などの記号がたくさん出てきて、混乱する方も多いのではないでしょうか。

正直、説明を読んでもどれを選べばいいかわからない方も多いと思うので、細かい説明は省き、選ぶべきものだけを紹介します。

最大のポイント:Wi-Fiの規格は「11ac」がおすすめ

Wi-Fiにはいくつか規格があり、それによって最大通信速度が変わります。

11ac>11n>11g>11bの順に速度が速く、おすすめで、特に光回線のスピードを生かしたい方は、ギガに対応している「11ac」を選んでおけば間違いありません。

できれば欲しい①:ビームフォーミング機能

今までのWi-Fiルーターは障害物などでロスが起こっていましたが、「ビームフォーミング」という機能がついているWi-Fiルーターであれば以下のよう子機の位置を自動で判別して最適に電波を届けるので、速くなります。

できれば欲しい②:セキュリティは暗号化方式「AES」に対応してるか

Wi-Fiは線を使わない分、誰でも繋げてしまいます。そのため、第三者から通信内容を保護する「暗号化」の機能がついているものがおすすめです。

暗号化には現在次の3種類の暗号化方式があります。WPA-PSK(AES)>WPA-PSK(TKIP)>WEP(セキュリティの強い順に並べました)

できればAES対応のWi-Fiルーターが安心です。

コスパのいいWi-Fiルーター3選

以上を参考におすすめのルーターを以下のポイントで選んでいきたいと思います。

  • おすすめの「11ac」が利用可能か
  • ビームフォーミング機能がついているか
  • セキュリティ「AES」に対応しているか

この中で、割と手に入りやすい価格帯の商品をピックアップしたので、最初はこれらの機種を使ってみるのがおすすめです。

①BUFFALO:WHR-1166DHP4:コスパ抜群。一人暮らしならこれで十分

  • Amazon価格:9,800円(税込)

WHR-1166DHP4」はバッファローの出すコスパのいいWi-Fiルーターです。

そこまで価格は高くはありませんが、私がWi-Fiルーターに求める条件を全て満たしており、口コミもよく、特に一人暮らしの方は迷ったらこれがおすすめです。

②BUFFALO:WCR-1166DS:とにかく低価格で買いたい方へ

  • Amazon価格:3,717円(税込)

WCR-1166DS」はバッファローの出すWi-Fiルーターで、私がAmazonを調べたかぎり、最安で売られていたWi-Fiルーターです。

私がWi-Fiルーターに求める条件を全て満たしていますが、LANポートの規格が100BASE(理論上の転送速度が光回線の最大速度のおよそ1/10)と光回線の速度を生かしきれません。

速度にストレスを感じたくなければ「WHR-1166DHP4」がおすすめですが、少しでも安くと言うことであればこちらがおすすめです。

③BUFFALO:WSR-2533DHPL2/NB:広い家で使いたい時に!

  • Amazon価格:7,480円(税込)

WSR-2533DHPL2/NB」はバッファローの高機能ルーターです。先ほどの「WHR-1166DHP4」よりも大きな家向けで、3階建や4LCK向けの商品です。

推奨の利用端末数も18台と多いので、家族みんなでがっつりWi-Fiを使うご家庭はこのモデルがおすすめです。

3-3.このタイミングで乗り換える方がお得かも!

解約金があまりかからないタイミングであるなら、Wi-Fiを始めるこのタイミングで光回線自体を見直してもいいでしょう。

光回線の事業者によってはWi-Fi機能が初期実装されていたり、申し込み窓口によっては工事費無料やキャッシュバックだけでなく、Wi-Fiルーターをプレゼントしてくれるものもあります。

3. 光回線でWi-Fiを利用する方法とおすすめ6選」で紹介したように、スマホに合わせた光回線に切り替えれば、月々の料金もガクッと引き下げられるので、違う回線を使っている方はこのタイミングで見直しも検討しましょう。

光回線_窓口

ただ上記の光回線には、申込窓口が複数存在するのですが、申込窓口によってキャッシュバックやその他特典がガラリと変わります。

各回線の申込窓口を比較したところ、最もおすすめなのは以下の窓口でした。

最もお得な窓口一覧

特にNTT東日本・西日本のフレッツの場合は乗り換えがおすすめ

NTT東日本や西日本のフレッツ光を使っている方は乗り換えがおすすめです。理由はシンプルに、以下の3つがあります。

  • 基本料金が他社よりも高水準
  • 他社のようにセット割がない分、料金が高いケースが多い
  • NTTの回線を使っている光回線への乗り換えであれば工事の手間も工事費もほとんどかからない

NTTの回線を使って光回線を提供しているのはおすすめするものの中だと以下の3つです。

フレッツを使っている方は、ほとんどコストをかけずに、安くてキャッシュバックをもらえる回線に乗り換えができる可能性があります。

そのため、気軽に申し込み、あなたの状況に応じた工事費などを確認してみましょう。(工事前であればキャンセルも簡単です)

4.大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン

結論、2021年12月現在で20GB以上のデータ容量を使えるSIMプランの中で、最もおすすめなのは『楽天モバイル』です。

大容量のテザリングに楽天モバイルがおすすめな理由

  • 【容量】データ容量無制限でテザリングを利用できる唯一のキャリア
  • 価格】月間30GB以上の利用で、他社スマホプランと比較して最安
  • 速度】下り平均19.0Mbpsで、3大キャリアを除く大容量SIMの中で最速

実際に、大容量プランを提供している全14社の料金と速度を比較したところ、以下の表の通りとなりました。

なお、各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

-スマホの方はスクロールできます-

SIMテザリングで利用したい容量平均速度
30GB40GB50GB60GB無制限下り(Mbps)上り(Mbps)
楽天モバイル3,2783,2783,2783,2783,27819.05.9
docomo7,2057,2057,2057,20526.24.2
au7,23850.85.6
SoftBank7,23845.95.6
エキサイトモバイル_Flat4,1585,2586,3583.83.9
エキサイトモバイル_Fit4,4007,70011,1983.83.9
イオンモバイル4,3785,4786,5783.72.6
DTI SIM4,7306,0506,0508.53.0
NifMo4,7306,0506,0502.72.8
QTモバイル3,3001.65.6
スマモバ3,8281.75.0
HISモバイル6,5675.82.9
LIBMO7,2383.55.9
BIGLOBEモバイル8,1954.71.4

※上記の料金に加えて、機種代金が別途必要となる場合があります。
※速度の数値については、当社で朝・昼・晩のそれぞれの時間帯で速度を測定し、それらの平均を表記しています。

上記の表のように、楽天モバイルはデータ無制限でテザリングができる唯一のSIMで、価格面でも月間30GB以上利用する人にとって最もお得なプランとなっています。

それでは、楽天モバイルについて詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイル』は、第4の大手キャリアである楽天が提供しているSIMです。

日本全国の楽天回線エリアで、データが使い放題で、楽天専用アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話がかけ放題となります。

また、世界66ヵ国と地域を対象に、海外でも月間2GBまでデータ容量を利用でき、SMSも無料です。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみです。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅵで契約できるSIMの種類は「音声付きSIM」となります。

月額基本料金は最大3,278円です。

料金プランRakuten UN-LIMIT Ⅵ
SIMタイプ音声通話
データ容量無制限
月額基本料金3,278円
国内通話0円

ただし、月間データ容量が無制限になるのは、国内の楽天回線エリアのみとなります。

国内でもパートナー回線エリアは月間5GB、海外は月間2GBまでなので注意しましょう。

UN-LIMIT Ⅵ
国内楽天回線エリア制限なし
パートナー回線エリア5GB/月
海外2GB/月

パートナー回線エリアで、データ容量を超えた場合は、通信速度が最大 1Mbps に制限されます 。

また、海外でデータ容量を超えた場合は、通信速度が最大128kbpsまで制限されてしまうので、注意してください。

そのため、楽天モバイルは「my楽天モバイルアプリ」を使って、国内の楽天回線エリアを確認しながら利用しましょう。

なお、2021年の4月1日からは下記の通りお得な段階料金に自動で変更となります。

なんと1GBまでは月額料金0円で利用できます。

その後、3GBまで1,078円/月、20GBまで2,178円/月、20GB超過後は容量無制限で3,278円で利用できます。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

プラン料金3カ月無料キャンペーン

プラン3カ月無料キャンペーン

今申込むとプラン料金が3カ月間無料になります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの最大月額は3,278円のため、3カ月で9,834円が節約できます

しかも、最低利用期間や解約金が一切ないため、かなりお得なサービスと言えます。

ポイント還元キャンペーン

25,000キャンペーン

楽天モバイルでは、最大25,000ポイントキャンペーンも実施しています。

具体的なキャンペーン内容は、以下の通りです。

  • 誰でも5,000ポイント還元
  • 対象製品プランセット購入で最大20,000ポイント還元

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

5. Wi-Fiスポットはスマホキャリアに合わせて選ぼう!

基本的に、Wi-Fiスポットは以下のようなケースでのみおすすめです。

  • 外出時や自分がよく行くお店でWi-Fiが必要

基本的に、あなたがよく行くお店に使っているスマホのステッカーが貼ってあればスマホ会社のWi-Fiスポットが使えるので、探すか、店員さんに聞いてみましょう。

ご利用のプランによって異なりますが、基本的にその携帯会社で使っているスマホは無料でつなげます。

パソコンなどで使う場合は以下のような料金体系で、ソフトバンクはスマホ利用者以外にも提供しているサービスで、やや高めです。

 参考:パソコンの接続にかかるお金(抜粋)主な対応店舗詳細な利用方法や契約ページ
ドコモ330円/月(ドコモのスマホは無料で接続可能)ローソン、ファミリーマート、タリーズコーヒー、スターバックスコーヒーなど
店舗検索は「こちら
公式ページ
au330円/月(データ定額1/2/3/5/20/30利用時、この時auのスマホは無料で接続可能)エクセルシオール、スターバックス、ドトール、モスバーガーなど
店舗検索は「こちら
公式ページ
ソフトバンク514円/日(ソフトバンクのスマホからなら加入から2年or永久に無料)エクセルシオール、ドトール、マクドナルドなど
店舗検索は「こちら
公式ページ

※表示金額はすべて税込です

その他、「wi2 300」というサービスも存在します。auのグループ会社で、auのWi-Fiスポットを契約している方は、そのまま使うことが可能です。

月額362円で、タリーズやドトールなどのカフェ、リムジンバスや高速バスなどの交通機関で利用可能です。

少し割高になるソフトバンクでパソコンを使う方や、大手キャリア以外の方にはコスパがいいので、このシールを探しましょう。

ただし、基本的に、行きつけのお店があってそこでWi-Fiをしたい場合以外は、基本的に「光回線」か「テザリング」を利用する方が便利にネットができます。

まとめ

様々なWi-Fiサービスの料金や利用方法、安く使うための選び方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

Wi-Fi利用には様々な方法があり、無料や月々数百円~5,000円程度とサービスによって料金が大幅に変わるため、あなたにとって一番使いやすいWi-Fiを選ぶことが大切です。

なお、固定の場所で安定した高速通信なら「光回線」どこでも手軽にできて安く利用したい場合は「テザリング」がおすすめです。

以上を参考に、あなたが快適なWi-Fi生活を送れることを、心から祈っています。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る