ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックは不要?おうち割適用外も詳しく解説

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
AdobeStock_269684091

「ソフトバンク光のWi-Fiって速いのかな?」「Wi-Fiマルチパックって本当に必要なの?」など、ソフトバンク光のWi-Fiについて気になっていませんか。

結論から言うと、ソフトバンク光でWi-Fiを利用するなら、SoftBankユーザーはWi-Fiマルチパックと光BBユニットに加入して、割引サービスを受けるのが手軽でお得でおすすめです。

このページでは、ソフトバンク光のWi-Fiを最もお得に使う方法について、以下の流れでご紹介します。

  1. ソフトバンク光のマルチパックは必要?おすすめの理由
  2. ソフトバンク光の公式キャンペーン(代理店でも利用可能)
  3. ソフトバンク光でおすすめの窓口は「GMOとくとくBB」
  4. あなたはソフトバンク光で大丈夫?おすすめ光回線7選

このページを読めば、ソフトバンク光のWi-Fiを後悔せず、一番お得に利用する方法がわかります。

ソフトバンク光の一番お得な窓口
ソフトバンク光×GMOとくとくBB
ソフトバンク光×GMOとくとくBB
▼ソフトバンク光×GMOとくとくBBの特典内容
最大で50,000円キャッシュバック
他社の乗り換え費用を10万円まで還元
・高性能WiFiルーターも必ずもらえる
・公式キャンペーンで工事費が実質無料になる
・ネット開通までモバイルWiFiがタダで使える
当サイト限定!
\最大50,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBBの窓口はこちら

1. ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックは必要?おすすめの理由

結論、ソフトバンク光でWi-Fiを使うなら、Wi-Fiマルチパックはおすすめのオプションサービスです。

というのも、ソフトバンク光でWi-Fiを使う方法は次の3つがあるのですが、SoftBankユーザーにとって手軽でお得なのが「光BBユニットと光BBユニットを利用する」ことだからです。

《ソフトバンク光でWi-Fiを使う方法》

  • Wi-Fiマルチパックと光BBユニットを利用する(月額550円)
  • NTTが提供するホームゲートウェイ(N)を利用する(東日本:月額330円~/西日本:月額250円~)
  • 市販のルーターを購入する(5,000円~ほど)

以降では、Wi-Fiマルチパックと光BBユニットについて、Wi-Fiマルチパックの加入をおすすめする理由について解説していきます。

1-1.Wi-Fiマルチパックとは?

「Wi-Fiマルチパック」とは、月額税込1,098円で無線LAN(Wi-Fi)を利用できるソフトバンク光のオプションサービスです。

Wi-Fiマルチパックとは?出典:ソフトバンク光

Wi-Fiマルチパックを利用するには「光BBユニット」をレンタルすることが条件となっており、合計すると月額税込1,602円が必要になります。

オプション名内容月額料金
Wi-Fiマルチパック無線LAN(Wi-Fi)が利用できるサービス1,089円
光BBユニットレンタル光電話・Wi-Fiを利用するために必要なブロードバンドルーター513円

※料金はすべて税込み

ちなみに光BBユニットとは、「Wi-Fiマルチパック」「光電話(N)/ひかり電話機能」「BBフォン」「ホワイト光電話」を利用する際に必要になるブロードバンドルーターのことです。

ブロードバンドルーターブロードバンドルーター|出典:SoftBank

光電話を使わないなら利用料金も高くつくし無駄なようにも感じますが、「Wi-Fiマルチパック」「光BBユニット」「光電話サービス」の3つのオプションをセットで契約すれば月額税込550円で利用できます。

続いて、Wi-Fiマルチパックがおすすめな理由を解説します。

1-2.Wi-Fiマルチパックの加入をおすすめする理由

Wi-Fiマルチパックの加入をおすすめする理由は、以下2つです。

  • 理由①:SoftBankユーザーは「おうち割光セット」の適用で利用料金が安くなる
  • 理由②:外出先でもBBモバイルポイントでインターネットに接続できる

確認していきましょう。

理由①:SoftBankユーザーは「おうち割光セット」の適用で利用料金が安くなる

おすすめの1つ目の理由は、SoftBankユーザーがWi-Fiマルチパックを含むオプションパックを利用すると「おうち割 光セット」の適用で、月額最大1,100円(税込)が割引されるからです。

おうち割 光セット出典:SoftBank

「おうち割 光セット」とは

「おうち割 光セット」とは、ソフトバンク光とSoftBankのスマホをセットにすると、スマホ1契約につき月額税込550~1,100円(×最大10契約)が割引されるサービスです。

「おうち割 光セット」の適用条件は、次の3つのオプションに加入することです。

  • 「Wi-Fiマルチパック」
  • 「光BBユニット」レンタル
  • 「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」のいずれか

ちなみに、それぞれのオプションを別々に利用しようとすると下記のような月額料金が必要ですが、3つを同時に利用すればオプションパックとして月額税込550円で利用できます。

オプション名内容月額料金
Wi-Fiマルチパック無線LAN(Wi-Fi)が利用できるサービス1,089円
光BBユニットレンタル光電話・Wi-Fiを利用するために必要なブロードバンドルーター513円
ホワイト光電話
光電話(N)
BBフォン
光ファイバーを利用したIP電話513円
550円
無料

※料金はすべて税込み

つまり、SoftBankユーザーが月額550円でWi-Fiマルチパックを含む3つのオプションに加入すれば、月額最大1,100円が割引されるうえに、光電話も利用できるということです。

したがって、SoftBankユーザーであれば実質的に毎月最大550円がお得になる「おうち割 光セット」を適用させるためにも、Wi-Fiマルチパックの加入はおすすめというわけです。

理由②:外出先でもBBモバイルポイントでインターネットに接続できる

おすすめの2つ目の理由は、Wi-Fiマルチパックを利用すると、SoftBankが提供する無料LANアクセスポイント「BBモバイルポイント」に無料で接続できることです。

BBモバイルポイント出典:SoftBank

BBモバイルポイントは全国で3,300ほど設けられており、JR主要駅、空港、カフェ、ファストフードなどで利用することができます。

屋外でもインターネットをよく使うのであれば、無料で利用できるスポットが多いことはメリットと言えるでしょう。

おすすめ回線特徴
ソフトバンク光ソフトバンク光ソフトバンク利用者におすすめの光回線
最大50,000円キャッシュバック
他社の乗り換え費用を10万円まで還元 一番お得なキャンペーン窓口

2.ソフトバンク光の公式キャンペーン(代理店でも利用可能)

ソフトバンク光には次の2つの申込窓口があり、それぞれキャンペーンが異なります。

  • ソフトバンク光による公式キャンペーン
  • 代理店による独自キャンペーン

ソフトバンク光の公式キャンペーンは代理店の窓口から申し込んでも併用が可能ですが、代理店が実施している独自キャンペーンは公式窓口からの申し込みでは併用できません。

したがって、ソフトバンク光をお得に利用したい場合は、代理店から申し込むことをおすすめします。

ちなみに、詳しくは「3.ソフトバンク光でおすすめの窓口は「GMOとくとくBB」」にて解説しますが、ソフトバンク光の最もお得な申込窓口は代理店の『GMOとくとくBB』です。

ここでは、どの代理店から申し込んでも利用できる公式キャンペーンについて解説します。

2-1.最大24,000円キャッシュバック

2023年9月現在、ソフトバンク光では、他社インターネットからソフトバンク光に乗り換えると、最大24,000円のキャッシュバックがを受け取れます

ソフトバンク光 他社から乗換えでキャッシュバック

出典:ソフトバンク光

キャッシュバックの受け取り方法は、現金もしくは月額利用料金の割引から選ぶことができますが、受け取り時期は、開通(課金開始)から6ヶ月後です。

申し込み日から180日以内に課金を開始した上で、5ヶ月目の末日までに証明書を提出し、適用条件を満たしていなければ、キャッシュバックを受け取ることはできないので、手続きが面倒です。

2-2.他社回線解約時の違約金・撤去工事費全額保証

ソフトバンク あんしん乗り換えキャンペーンでは、他社から光回線や据え置きWi-Fiを乗り換えで契約した場合、違約金と撤去工事費を合計で最大100,000円も保証してもらえます。

ソフトバンク光 他社からSoftbank光・softbankAirに乗換えで違約金撤去工事費を満額還元

出典:ソフトバンク光

しかし、どちらのキャンペーンも、キャッシュバックの受け取りは、開通(課金開始)から6ヶ月後です。

申し込み日から180日以内に課金を開始した上で、5カ月目の末日までに証明書を提出し、適用条件を満たしていなければ、キャッシュバックを受け取ることはできません。

3.ソフトバンク光でおすすめの窓口は「GMOとくとくBB」

ソフトバンク光はプロバイダ「Yahoo!BB」との一体型サービスであるため、別途プロバイダと契約する必要はありません。

また、ソフトバンク光の申込窓口は公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめは代理店の『GMOとくとくBBです。

というのも、キャッシュバックが30,000円以上もらえる窓口で比較してみると、GMOとくとくBBはキャッシュバック額が最も高いことに加えて、Wi-Fiルーターを無料プレゼントしてくれるからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク光の
申込窓口

キャッシュバック
オプション
条件

Wi-Fiルーター
無料プレゼント
GMOとくとくBB
(代理店)
50,000円※1有料オプション1種
アウンカンパニー
(代理店)
38,000円※1
(6,000円減額※2
エフプレイン
(代理店)
36,000円×
フェイサム
(代理店)
36,000円×

※1 :「工事費サポート はじめて割」適用の場合は7,000円減額
※2:Wi-Fiルーターをもらうとキャッシュバックが減額される

Wi-Fiルーターを用意する必要がある際には大きなメリットと言えますので、Wi-Fiルーターをお持ちでない場合はとくにGMOとくとくBBをおすすめします。

では次に、GMOとくとくBBから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

「GMOとくとくBB」での利用料金

ソフトバンク光×GMOとくとくBB出典:GMOとくとくBB

 

GMOとくとくBB』は、東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダであり、ソフトバンク光を取り扱う代理店でもあります。

GMOとくとくBBからソフトバンク光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク光×GMOとくとくBB戸建てマンション
月額料金
(プロバイダ料含む)
5,720円4,180円
開通月の月額料金日割り
事務手数料3,300円
工事費26,400円
(キャンペーンで実質無料)
スマホセット割・おうち割 光セット(月額最大1,100円割引)
・おうち割 光セット(A)(月額最大1,188円割引)
キャンペーン・最大50,000円キャッシュバック
・工事費実質無料(工事費サポートはじめて割)
・他社サービスによる解約違約金を最大100,000円まで負担
・高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント
・開通前モバイルルーター無料レンタル など
下り平均速度※1297.57Mbps
3年間の実質月額料金4,895円3,355円
スマホセット割※2を含めた
3年間の実質月額料金
4,345円2,805円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※2:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

上記のとおり、GMOとくとくBBでのキャッシュバックは最大50,000円ですが、工事費を実質無料にする「SoftBank光 工事費サポートはじめて割」キャンペーンを適用する場合は33,000円になることには注意しておきましょう。

関連記事

▶ソフトバンク光の最新キャンペーン情報

ソフトバンク光を「GMOとくとくBB」から申し込む方法

ソフトバンク光を『GMOとくとくBB』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. GMOとくとくBB』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面左下にある赤色の「Webお申込みはこちら」をクリックする
  3. 必須項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてソフトバンク光の利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、2週間を目安にしておくとよいでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取る方法

GMOとくとくBB』でキャッシュバックを受け取る手順は次のとおりとなっており、手続き最短即日で受け取ることも可能です。

  1. ソフトバンク光開通月の翌々月に、申込み時に登録したメールアドレス宛てにメールが届く
  2. メールに従って希望の受取方法を登録する
  3. セブンATMなら手続き当日、指定の金融機関への振り込みなら4営業日以内に受け取れる

すごく簡単ではありますが、万が一振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

「ソフトバンク光×GMOとくとくBB」の特典

  • キャッシュバック最大50,000円
  • 26,400円の工事費が実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • 他社の違約金を最大100,000円まで負担
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円割引
  • Y!mobileユーザーは月額最大1,188円割引

4.あなたはソフトバンク光で大丈夫?おすすめ光回線7選

ソフトバンク光は「SoftBank / Y!mobile」ユーザーにとってお得な光回線ではありますが、あなたにとって最安値となる光回線はソフトバンク光で間違いないでしょうか?

光回線の選び方を参考にして、ソフトバンク光が最適かどうかを再確認してみてください。

結論、あなたにとって最安値となる光回線を選ぶには、実質月額料金の安さが重要になります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、利用期間中に支払う全ての金額(事務手数料・工事費・月額料金)から割引要素(キャッシュバック・スマホセット割・月額料金割引・工事費割引)を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

たとえ月額料金が安くても、キャッシュバックがなかったり、工事費割引がなかったりすれば、トータルで支払う金額はそれほどお得にはならないということです。

なお、実質月額料金が安い光回線を見つけるためには、次の2つの要素はとくに重要になります。

《実質月額料金で注目したい2つの要素》

  • スマホセット割(月額500~1,000円ほど変わる)
  • キャッシュバック(40,000~70,000円ほど変わる)

というのも、スマホセット割が適用される光回線を選ぶだけで、スマホ1契約につき毎月500~1,000円ほど安くなり、「インターネット代+スマホ代」の通信費を抑えることに役立つからです。

例えば、docomoユーザーは「ドコモ光」を選ぶだけで、docomoを使っている家族の人数分(最大20契約まで)も含めて、スマホ料金が1契約につき月額最大1,100円割引されます。

ドコモ光セット割ドコモ光のスマホセット割|出典:docomo

そのため、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、家族の分もスマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

また、たとえスマホセット割がなくても、高額なキャッシュバックがもらえる窓口(光回線業者・プロバイダ・代理店)から申し込めば、実質月額料金を大きく下げることができます。

したがって、あなたが今お使いのスマホキャリアとセット割ができる光回線を考慮しつつ、キャッシュバック額が高い光回線(×申込窓口)を選ぶようにしましょう。

とは言え、光回線サービスは100社以上あり、さらに各光回線サービスにはキャンペーン内容の異なる申込窓口がいくつもあるため、どの光回線(×申込窓口)がお得なのかを比較するのは簡単ではありません。

そこで当メディアでは下記【参考】のとおり、主要な光回線25社とその申込窓口を対象に、新規契約から3年間の実質月額料金を徹底調査しました。


【参考】主要光回線25社の利用料金調査

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
docomo_ロゴドコモ光3,406円
(4,506円)
2,086円
(3,186円)
1,100円/月キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円3,300円
auauひかり1,951円
(3,329円)
815円
(2,193円)
1,100円/月92,000円実質無料※13,300円
auビッグローブ光3,931円
(4,592円)
2,822円
(3,484円)
1,100円/月戸建て:59,000円
マンション:56,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auコミュファ光
(東海エリア限定)
2,428円
(3,198円)
2,204円
(2,974円)
1,100円/月最大93,000円実質無料0円
auSo-net光プラス4,296円
(4,846円)
3,086円
3,636円)
1,100円/月50,000円実質無料3,500円
auauひかり ちゅら
(沖縄エリア限定)
4,029円
(5,129円)
3,194円
(4,294円)
1,100円/月実質無料3,300円
au@TCOMヒカリ4,041円
(4,591円)
2,611円
(3,161円)
1,100円/月40,000円実質無料3,300円
auメガ・エッグ
(中国エリア限定)
3,784円
(4,334円)
3,056円
(3,606円)
1,100円/月戸建て:40,000円
マンション:20,000円
実質無料3,300円
auピカラ光
(四国エリア限定)
3,530円
(4,219円)
2,357円
(3,046円)
1,100円/月30,000円0円0円
aueo光
(関西エリア限定)
3,695円
(4,481円)
2,732円
(3,518円)
1,100円/月戸建て:10,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料3,300円
au@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
1,100円/月15,000円実質無料3,300円
auBBIQ
(九州エリア限定)
3,805円
(4,355円)
3,093円
(3,643円)
1,100円/月戸建て:30,000円
マンション:20,000円
実質無料880円
auAsahiNet光4,402円
(4,909円)
3,192円
(3,799円)
1,320円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
auDTI光4,046円
(5,366円)
2,718円
4,038円)
1,320円/月戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auJ:COM光3,660円
(4,210円)
4,073円
(4,623円)
1,100円/月6,000円相当
(QUOカードPay)
実質無料3,300円
SoftBankNURO光3,492円
(4,042円)
3,492円
(4,042円)
1,100円/月45,000円実質無料3,300円
SoftBankソフトバンク光4,345円
(4,895円)
2,805円
(3,355円)
1,100円/月33,000円実質無料3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
UQモバイルauひかり2,193円
(3,329円)
1,057円
(2,193円)
858円/月92,000円実質無料※13,300円
Y!mobileソフトバンク光4,257円
(4,895円)
2,717円
(3,355円)
1,188円/月33,000円実質無料3,300円
iijmioIIJmioひかり4,358円
(5,018円)
3,258円
(3,918円)
660円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
DTI SIMDTI光5,201円
(5,366円)
3,873円
(4,038円)
165円/月戸建て:36,000円
マンション:34,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
LIMBO@TCOMヒカリ4,371円
(4,591円)
2,941円
(3,161円)
220円/月40,000円実質無料3,300円
NifMo@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
220円/月15,000円実質無料3,300円
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
7,064円4,388円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
エキサイト光4,827円3,727円実質無料1,100円
ぷらら光5,830円4,418円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
U-NEXT光5,445円4,323円26,400円3,300円
おてがる光4,800円3,700円実質無料3,300円
とくとくBB光5,343円4,243円5,000円実質無料3,300円
楽天ひかり5,854円4,663円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円

※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・新規申込で3年間利用する際に最安値になる方法で算定
・キャッシュバック額は81社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・カッコ内はスマホセット割をしない場合の実質月額料金
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額・1人分の適用で算定
・フレッツ光のプロバイダはBB.エキサイト(月額550円)で算定
・UQモバイルは「auひかり」のみの実質月額料金を記載

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。

もっと見る

もっと見る


この料金調査をスマホキャリア別にまとめたものが、下図の「実質月額料金が安いおすすめの光回線BEST3」です。

あなたにとって最も安く利用できる光回線がわかりますので、ぜひ確認してみてください。

スマホ別最安光回線BEST3

上記の光回線には申込窓口が複数あり、キャンペーンがそれぞれ異なりますが、最もお得に契約できる申込窓口をまとめると以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)
【マンション】全国(沖縄県を除く)
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
NURO光NURO光北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部NURO光
(公式特設サイト)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県アウンカンパニー
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

また、最もお得な光回線選びについて、もっと詳しく知りたい場合は『光回線のおすすめ7選【2023年9月】25社を比較した本当にお得な選び方を解説の記事をご覧ください。

まとめ

ソフトバンク光のWi-Fiを、最もお得かつ簡単に利用する方法についてご説明しましたがいかがでしたか。

フトバンク光のWi-Fiを使う場合Wi-Fiマルチパックに加入し、光BBユニットをレンタルすることをおすすめします。

なお、2023年9月現在、ソフトバンク光のおすすめ申込窓口は代理店のGMOとくとくBBです。

「ソフトバンク光×GMOとくとくBB」の特典

  • キャッシュバック最大50,000円
  • 26,400円の工事費が実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • 他社の違約金を最大100,000円まで負担
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円割引
  • Y!mobileユーザーは月額最大1,188円割引

また、ソフトバンク光があなたにとって最安値となる光回線かどうかは、下図で確認してみてください。

スマホ別最安光回線BEST3

上記の光回線には申込窓口が複数あり、キャンペーンがそれぞれ異なりますが、最もお得に契約できる申込窓口をまとめると以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)
【マンション】全国(沖縄県を除く)
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
NURO光NURO光北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部NURO光
(公式特設サイト)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県アウンカンパニー
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

このページを参考に、あなたがソフトバンク光のWi-Fiをベストな方法で利用できることを、心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る