楽天ひかりの解約方法!違約金・撤去工事の手続きを詳しく解説

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
アイキャッチ楽天ひかりを 解約する方法

「楽天ひかりを解約したい!」

楽天ひかりを解約するための手続きは複雑です。

解約のタイミングを間違えると違約金が取られたり、引越し先の取りつけ工事が必要だったりもします。

《解消できる疑問》

  • 解約の手順がわからない
  • 違約金が発生しない期間を知りたい
  • 撤去工事は必要で費用は発生するのか
  • 楽天ひかり以外のおすすめ光回線が知りたい

解約のために準備しておく物や情報、解約申し込みページの画像も提示しているので、ぜひご一読ください。
この記事の内容は以下の通りです。

  1. 楽天ひかりを解約する手順
  2. 楽天ひかりの解約違約金は?|総額はどれくらい?
  3. 楽天ひかりを解約する注意点
  4. 楽天ひかりの解約違約金を0円にする方法
  5. 楽天ひかりからの乗り換えで最適な光回線の選び方
  6. 楽天ひかりから乗り換えにおすすめな光回線
  7. 楽天ひかりの解約に関するよくある質問
  8. 楽天ひかりの解約方法まとめ

【2024年2月】おすすめの光回線
GMOとくとくBB光ロゴ
GMOとくとくBB光ロゴ
▼GMOとくとくBB光の特徴
月額基本料が相場より約1,000円安い
最大114,000円のキャッシュバックがもらえる
・開通工事費が実質無料になる
・WiFiルーターがタダでレンタルできる
・いつ解約しても違約金0円!
3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB光の公式サイト

1.楽天ひかりを解約する手順

楽天ひかりを解約するには、以下の手順で手続きを進めていきます。

ここでは、各手続きの流れについて詳しく解説します。

1-1.Web(メンバーズステーション)か電話で手続き

楽天ひかりの解約手続きは電話かWeb(メンバーズステーション)のどちらかを利用して申し込みをする方法があります。

解約手続きを電話かWebのどちらから行うべきなのかは、以下を参考にしてください。

  • 電話で手続き:「フレッツ光」や他社光コラボ事業者に乗り換える場合
  • Webで手続き:上記以外に乗り換えるorインターネットを利用しない場合

電話での手続き

楽天ひかりから「フレッツ光」や「他社光コラボレーション事業者」に乗り換えるならば、電話での手続きが必要です。

具体的には楽天ひかりカスタマーセンターに電話をして、事業者変更承諾番号を取得しましょう。

【楽天ひかりカスタマーセンター】

電話番号:0120-987-300(通話料無料)
受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

解約手続きの際は下記の情報が必要ですので、事前に確認が必要です。

  • 登録電話番号
  • 登録住所
  • 契約者氏名
  • メールアドレス

通話開始後は自動音声ガイダンスが流れます。

解約の場合には「2」の番号を押せば担当オペレーターに繋がります。ゆっくりとした音声案内が煩わしい方は、次へ進めていきましょう。

「楽天ひかりを解約したい」とオペレーターに伝えたら、契約の内容を確認したり、解約に関する説明を受けます。

説明が終わると、事業者変更承諾番号が受け取れます。

獲得した番号は乗り換え先の光回線業者に伝えましょう。

乗り換え先の切り替え工事が完了すれば、楽天ひかりは自動的に解約となります。

また、2〜4月の引越しシーズンや休日、たくさんの人が電話可能な昼休みや夕方の時間などには、オペレーターに繋がりにくいことがあります。

解約までに猶予があるのであれば、これらの時間を回避するのがおすすめです。

Web(メンバーズステーション)での手続き

楽天ひかりを解約した後、インターネット回線を利用しない、あるいは「フレッツ光」や他の光コラボ事業者へ乗り換えない場合は、メンバーズステーションで解約手続きを行ってください。

手続きの流れは以下の通りです。

  1. メンバーズステーションにログイン
  2. 会員メニューから「解約申請」をクリック
  3. 「解約手続きへ」をクリック
  4. 「全解約」にチェック
  5. 「上記注意事項をすべて確認した上で、次に進む」にチェックし、「確認画面へ」をクリック
①メンバーズステーションにログイン

ログインのIDとパスワードは契約時に送付された「楽天光アカウントのお知らせ」に記載されています。

「ra」から始まる13桁の番号がIDですので、間違えずに入力しましょう。

メンバーズステーションへログイン

出典:楽天ひかり

②会員メニューから「解約申請」をクリック

メンバーズステーションにログインできたら、ページ下部にある会員メニューから「解約申請」をタップしてください。

解約申請をクリック

出典:楽天ひかり

③「解約手続きへ」をクリック

解約の注意事項が表示されます。内容を確認したら「解約手続きへ」に進みましょう。

楽天ブロードバンドの解約手続き

出典:楽天ひかり

④「全解約」にチェック

解約申請のページで契約情報と契約月、手数料の確認をしたら、情報を入力していきます。

楽天 解約

出典:楽天ひかり

「解約を希望するサービス」の中で「全解約」を選択してください。その後は以下の項目を入力します。

  • 解約理由
  • 回線撤去希望日
  • 日中連絡先番号
  • 返却キット送付先住所・電話番号

※引越しなどにより登録住所以外に送付を希望する場合のみ入力が必要

⑤「上記注意事項を全て確認した上で、次に進む」にチェックし「確認画面へ」をクリック

必要な項目を入力して、「上記注意事項をすべて確認した上で、次に進む」にチェックしたら「確認画面へ」を押します。

入力内容を確認して問題がなければ、これで解約手続きが完了です。

1-2.回線撤去工事の日程を調整する

解約を申し込んだ後、場合によっては回線の撤去工事が必要になるので、日程を調整しましょう。

撤去工事が必要となるのは以下のケースです。

  • 賃貸住宅から他の場所に引越しをするとき
  • 「フレッツ光」や「他社の光コラボレーション業者」以外の回線に乗り換えるとき

賃貸住宅から退去する際は「原状回復」が必要です。

そのため、原則として光回線を撤去しなければいけません。

撤去工事をする場合は事前に大家や管理会社へ連絡し、工事を実施するための承諾を得るようにしましょう。

また、住む場所が変わらなくても「フレッツ光」や「他社の光コラボレーション業者」以外の回線に乗り換えると、楽天ひかりの設備が流用できません。

次の光回を取り入れるためにも、回線の撤去工事が必要になります。

1-3.撤去工事の立ち会い

撤去工事の日には、立ち合いが必要です。

楽天ひかりの撤去工事は30分〜1時間程度で完了し、工賃は無料となっています。

そこまで時間はかかりませんが、立ち会いは絶対に必要なので必ず予定を開けておくようにしましょう。

注意点

楽天ひかりの解約は撤去工事が完了するまで成立しません。

そのため、原状回復が必要な賃貸にお住まいの人は、なるべく早めに解約手続きを進めることがおすすめです。

特に、引越しのハイシーズンである2~4月は工事も込み合うため注意しましょう。

場合によっては、工事の申し込みから実施までに20日を要することもあります。

1-4.レンタル機器を返却する

楽天ひかりからモデムWi-Fiなどの機器をレンタルしていたら、解約の際にレンタルした機器を返却しなければなりません。

撤去工事をする実施する場合、工事担当者がついでにレンタル機器の回収もしてくれます。

あらかじめ以下の返却するものを揃えておいて、当日に慌てないようにしましょう。

NTTレンタル機器一覧
  • 回線終端装置(ONU)
  • VDSL宅内装置
  • 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置
  • ルータ機能付回線接続装置
  • ひかり電話対応ルータ
  • オフィスタイプ対応アダプター(VG・OG)4xx/8xx
  • オフィスタイプ対応アダプター(VG・OG)23xxシリーズ
  • 映像回線終端装置

基本的には上記だけですが、利用状況によって返却する機器は異なります。

返却するものがわからない方は、楽天ひかりカスタマーセンターで事前に確認しておくことをおすすめします。

レンタル機器の返却に不備があると、機器代金が請求される可能性が高いです。

一方、訪問工事が必要なければ郵送にてレンタル機器を返却します。

また、楽天ひかりが提供するのはNTTの回線です。

機器の返却先はNTTになるので、知っておきましょう。

自分で返却する場合、解約の申し込みで入力した住所宛にNTT東日本・西日本から「着払い伝票」と「レンタル機器回収キット」が送られます。

それらを使って返却してください。

1-5.解約証明書として支払証明書を発行してもらう

撤去工事が完了したら、忘れずに「支払い証明書」を発行してもらいましょう。

楽天ひかりでは、「支払証明書」が「解約証明書」に当たります。

この証明書は楽天ひかりを解約した後、乗り換える光回線業者が実施してくれるキャッシュバック特典や違約金負担キャンペーンなどを受ける際、提示を求められます。

支払証明書はメンバーズステーションから、下記の4ステップでダウンロードしていきましょう。

  1. メンバーズステーションにログイン
  2. 「利用明細・支払証明書」をクリック
  3. 支払証明書を発行したい請求年月をクリック
  4. 支払証明書ダウンロードをクリック

①メンバーズステーションにログイン

ログインのIDとパスワードは「楽天光アカウントのお知らせ」に記載されています。

これは契約時に送付される資料です。

「ra」から始まる13桁の番号がIDですので、間違えずに入力しましょう。

楽天ひかりログイン画面

出典:楽天ひかり

②「利用明細・支払証明書」をクリック

メンバーズステーションにログインできたら、会員メニューから「利用明細・支払証明書」へ進んでください。

利用明細へ

出典:楽天ひかり

③支払証明書を発行したい請求年月をクリック

出典:楽天ひかり

④支払証明書ダウンロードをクリック

出典:楽天ひかり

解約から半年以上経過するとマイページにログインできません。

すると、支払証明書を入手できなくなるので注意しましょう。

なお、楽天ひかりにログインができなくなった場合にも「楽天ひかりカスタマーセンター」へと電話連絡すれば、支払証明書を発行してもらえます。

ちなみに、支払証明書は未払いの料金がある状態では発行してもらえません。

以下の料金を支払ってから、発行の手続きを進めましょう。

“未払い料金のリスト”

  • 解約違約金
  • 工事費残債
  • 最終利用つきの基本料金

解約手続きをしてから支払いが完了するのは、撤去工事が完了してから最長で2〜3ヶ月後です。

それなりに時間がかかるので、解約したい日が決まったら早めの手続きをおすすめします。

おすすめ回線特徴
GMOとくとくBB光とくとくBB光月額料金が最安クラスのお得な光回線
最大114,000円還元
いつ解約しても違約金が一切かからない
一番お得なキャンペーン窓口

2.楽天ひかりの解約違約金は?|総額はどれくらい?

楽天ひかりの解約にはいくつかの料金が発生します。

解約時に発生する料金は以下の通りです。

楽天ひかりを契約したタイミングや利用期間の長さによって、発生する料金が変わります。

具体的には2022年6月30日以前の契約か、2022年7月1日以降の契約で大きな違いがあるので、それぞれの料金について詳しく確認していきましょう。

2-1.楽天ひかりの解約金は契約した日で変わる|4,180〜10,450円

楽天ひかりは最低利用年月を満たす前に解約すると、違約金がかかります。

楽天ひかりには2年(24ヶ月)もしくは、3年(36ヶ月)の最低利用年月が設けられています。

解約する前は、上記の利用年月を超えているかを確認するようにしましょう。

しかし、違約金の詳細な料金は、違約金料金が改定される前後で変わります。

具体的な金額の違いは以下を参考にしてください。

  • 2022年6月30日までに契約した場合:違約金10,450円
  • 2022年7月1日以降に契約した場合:月額基本料1ヶ月分

上記のように、契約した年月日によって違うので、解約する際は契約日にも注意してください。

2022年7月1日以降に契約した場合は、月額基本料金は戸建てとマンションによって変わります。

2022年7月以降の解約違約金
  • マンション:4,180円
  • 戸建て:5,280円

解約金を負担してくれるキャンペーンもある

楽天ひかりから乗り換える光回線先によっては、解約時の違約金を負担してくれるキャンペーンを展開している場合があります。

乗り換える際に他社の特典も確認しておけば、お得に乗り換えられる可能性もあるでしょう。

詳しい解説は「【正解はこれ】光回線の高額キャッシュバック25社徹底比較|絶対おすすめ窓口7選」でも解説しています。

2-2.回線開通工事費の残債|0円~19,800円

楽天ひかりを解約する際は、回線開通工事費の残債を支払う必要もあります。

工事費はマンションで16,500円、戸建てで19,800円です。

上記工事費の支払は、分割払いとなっているので、工事費の残債は契約期間によって大きく変わるでしょう。

具体的には下表を参考にして、どれくらいかかるのか計算してください。

契約プラン派遣あり派遣なし派遣工事なし工事費
ファミリープラン825円×24ヶ月348円×24ヶ月91円×24ヶ月
マンションプラン678円×24ヶ月348円×24ヶ月91円×24ヶ月

月々の支払い金額はそれほど高くありませんが、残債分を一括で請求されると金額が大きくなるので注意しましょう。

例えば、「ファミリープランの派遣あり」の場合、月々の支払い額は825円ですが、トータルの支払い金額は19,800円です。(825円×24ヶ月=19,800円)

仮に1年で楽天ひかりを契約した場合、残っている1年分の9,900円が請求されます。

これに違約金が重なるので、合計すると14,000〜20,000円ほどかかります。

2-3.解約月の月額料金|4,180円~5,280円

楽天ひかりは解約手続きが済んだ後、解約が成立する月末まで料金が発生します。

解約月の月額料金
  • マンションタイプ:4,180円
  • 戸建てタイプ:5,280円

手続きは解約したい月の10日までにしなければ、月額料金が翌月分まで発生するので注意が必要です。

このように楽天ひかりを解約する際にはいくつか注意点があるので、合わせて確認しておきましょう。

3.楽天ひかりを解約する注意点

楽天ひかりを解約する際の注意点は以下の通りです。

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

3-1.毎月11日以降の解約だと翌月の料金が発生する

前述のように、楽天ひかりの料金は毎月10日が締日となっています。

そのため、解約が当月の11日より後になると、翌月末まで利用料金が発生してしまいます。

具体的には以下のとおりです。

手続きのタイミング料金が発生する期間
5月10日に解約5月末まで楽天ひかりが使えて、5月分の月額料金がかかる
5月11日に解約6月末まで楽天ひかりが使えて、6月分の月額料金がかかる

楽天ひかりの1ヶ月分の基本料金は4,180円〜5,280円なので、手痛い出費になってしまいます。

解約したい月が決まっていて、支払いをその月までに抑えるためには毎月10日までに解約の手続きをするようにしてください。

また、撤去工事は2~4月の引っ越しシーズンは20日以上かかることもあります。

上記のシーズンに解約する場合は、早めの申請を心がけることが必要です。

3-2.発行していたメールアドレスは使用できない

楽天ひかりを解約すると、発行していたメールアドレスが使用できなくなります。

特に、仕事や重要なアカウントの登録などで楽天ひかりのメールアドレスを使用している人は要注意です。

楽天ひかりを解約する前に、フリーメールアドレスを取得して仕事相手に伝えたり、各種アカウントのメールアドレスの設定を変更しておきましょう。

3-3.楽天ひかり関連サービスが停止される

楽天ひかりは様々な関連サービスを展開していますが、解約後は一切使えなくなるので注意しておきましょう。

具体的には以下のような関連サービスがあります。

  • ひかり電話
  • 電話設定サポート
  • スーパーセキュリティ

3-4.楽天ポイントSPUの還元率が下がる

楽天ひかりを解約すると、楽天ポイントSPUの倍率が1つ下がります。

楽天ポイントSPUとは、楽天市場で買い物をするときのポイント還元率がアップするサービスです。

楽天ひかりの解約月を境に、還元率が5倍だった方は4倍へと下がります。

頻繁に楽天市場でお買い物をしている人にとってはデメリットが大きくなるので、解約を検討する際は考慮しておきましょう。

3-5.引越しの場合は解約不要だがマイナスも多い

引越し先でも光回線を使う場合、移転手続きをすれば転居先でも楽天ひかりを利用し続けることができます。

しかし、楽天ひかりを引越し先で使う際には、以下の2つの注意点もあります。

  1. 1年間の通信費無料特典がなくなる
  2. 引越し先の開通工事に費用がかかる

上記のとおり、無料特典がなくなるだけでなく、引越し先の開通工事費用が余分にかかってしまうのです。

つまり、引越し後は以下の月額料金が請求されます。

引越し後に発生する通常の月額料金
マンション4,180円
戸建て5,280円

また、撤去工事は無料なのに対し、引越し先の開通工事には工事費が発生します。

費用は引越し先の住所や建物の種類で異なりますが、新設工事が必要になれば8,250〜19,800円が掛かります。

結局は費用がかさむので、楽天ひかりを使い続けることによるマイナスの方が大きくなるでしょう。

しかし、もし引越しのタイミングで他社に乗り換えれば、キャンペーンを利用して解約金を0円にすることもできます。

トータルで新規光回線に乗り換えた方が安く済むケースも多いためおすすめです。

詳しくは「楽天ひかりの解約違約金を0円にする方法」を参考にしてください。

4.楽天ひかりの解約違約金を0円にする方法

楽天ひかりを解約するとき、違約金や工事費などで最大で30,000円ほど費用が必要になります。

しかし、ポイントを押さえることで解約金を0円にすることも可能です。

ここから楽天ひかりの解約金を0円にする方法を解説します。

【楽天ひかりの解約違約金を0円にする方法】

上記の方法を実践すれば、違約金が発生せず、解約金を実質0円にできます。

楽天ひかりの解約に費用をかけないためにも、ぜひ参考にしてください。

4-1.契約更新月のタイミングで解約する

楽天ひかりは契約更新月に解約すれば、違約金がかかりません。

契約更新月とは解約や契約変更(更新)の手続きする期間のことです。

楽天ひかりには「2年契約」と「3年契約」の2つが設けられ、それぞれで契約更新月が異なります。

楽天ひかりの契約更新月は以下の通りです。

2年契約の場合開通月の翌月を1ヶ月目として24ヶ月〜26ヶ月の3ヶ月間
3年契約の場合開通月の翌月を1ヶ月目として36ヶ月〜38ヶ月の3ヶ月間

※2022年7月1日以降は2年契約のみとなりました。

つまり、具体的には以下のように考えると良いでしょう。

【契約更新月の考え方】
例)2年契約で2022年2月に契約し、3月に開通した場合
  • 開通月翌月の1ヶ月目に当たる2022年4月が1ヶ月目となる
  • 24ヶ月目〜26ヶ月の3ヶ月間が契約更新月
    →契約更新月は2024年4月〜2024年6月

そもそも契約したのが何月か忘れてしまった方は、楽天ブロードバンドのメンバーズステーションから契約更新月を確認しておきましょう。

それでも解約するタイミングがよくわからなかった方は、楽天ブロードバンドのカスタマーセンターに問い合わせてみてください。

解約違約金がかからないタイミングを教えてもらえるので、安心して解約手続きを行うことができます。

【楽天ひかりカスタマーセンター】

電話番号:0120-987-300(通話料無料)
受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

 

4-2.違約金負担のキャンペーン中の光回線に乗り換える

タイミングが合わないと、違約金の発生をどうしても避けられない場合もあります。

そんなときは、違約金を負担してくるキャンペーンを実施している光回線への乗り換えを検討しましょう。

キャンペーンが適用ならば、楽天ひかりの解約違約金や工事費残債などの諸費用を負担してくれるので、20,000円前後の節約になります。

光回線の業者ごとに、キャンペーンの内容や適応のための条件が異なります。

数社を見比べて、自分に合ったサービスを選ぶように心がけましょう。

4-3.キャッシュバック・特典に優れた光回線に乗り換える

解約費用の負担以外では、キャッシュバック特典に優れた他社の光回線に乗り換えるのも1つの手段です。

もし、キャッシュバックによる金額が楽天ひかりの解約費用を上回れば、乗り換え先が違約金を負担してくれなくても、実質0円どころか得をして回線変更ができます。

他社の回線を比較する際は、違約金負担だけでなくキャッシュバックのキャンペーン内容も慎重に比較することをおすすめします。

また、さまざまな光回線のキャッシュバックについては「【正解はこれ】光回線の高額キャッシュバック25社徹底比較|絶対おすすめ窓口7選」で詳しく解説しているので参考にしてください。

5.楽天ひかりからの乗り換えで最適な光回線の選び方

楽天ひかりから他の光回線に乗り換える際は、あなたにとって最適な光回線を選ぶようにしましょう。

そこで結論ですが、あなたにとってお得な光回線は「実質月額料金が安いかどうか」という基準で選ぶことをおすすめします。

実質月額料金とは、工事費や月額料金など利用期間中に支払う総額から、キャッシュバックなどの割引要素を差し引いて、月額あたりに換算した料金のことです。

実質月額料金とは

分かりやすく言うと「ひと月にいくら払ってることになるのか」という視点で選べば、最も安い光回線を見つけることができるというわけです。

実質月額料金を安くするために重要な要素は、下記の3つが挙げられます。

《実質月額料金で重要な3つの要素》

  • スマホセット割のある光回線を選ぶ
  • キャッシュバック額の高い申込窓口を選ぶ
  • 工事費割引がある申込窓口を選ぶ(事業者変更の場合は不要)

なお、別の光コラボへ乗り換える「事業者変更」の場合は工事が不要ですので、スマホセット割とキャッシュバックで検討しましょう。

事業者変更とは

事業者変更とは、光コラボ間で乗り換えることを言います。工事不要(手数料3,300円のみ必要)で乗り換えられるメリットがあります。

では、3つの要素について解説していきます。

スマホセット割のある光回線を選ぶ|1契約につき年間最大13,000円ほどお得

スマホセット割とは、スマートフォンのキャリアと光回線を組み合わせた割引サービスのことです。

多くの光回線ではスマホセット割を設けており、セット割を適用すれば毎月550~1,100円(税込)ほど安くなるため「スマホ代+インターネット代」の通信費を大きく抑えることに役立ちます。

下記は、スマホセット割ができるキャリアと光回線の一覧です。

大手スマホキャリアであれば、1契約ごとの割引額が高いことがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホキャリアセット割できる
光回線
スマホセット割
の名称
割引額
(月額)
同時に割引できる
最大契約数
docomoドコモ光ドコモ光セット割550~1,100円20契約
SoftBankソフトバンク光 / NURO光おうち割 光セット550~1,100円10契約
auauひかり / コミュファ光 / ビッグローブ光 / eo光 / メガ・エッグ / ピカラ光 / BBIQ光 などauスマートバリュー550~1,100円10契約
DTI光 / AsahiNet光auセット割550~1,320円1契約
UQモバイルauひかり / コミュファ光 / ビッグローブ光 / eo光 / メガ・エッグ / ピカラ光 / BBIQ光 など自宅セット割638~858円10契約
Y!mobileソフトバンク光おうち割 光セット(A)550~1,188円10契約
IIJmioIIJmioひかり / ビック光mio割660円1契約
DTI SIMDTI光DTI光 × SIMセット割165円1契約
LIBMO@TCOMヒカリLIBMO × 光セット割220円1契約
NifMo@nifty光ネット+スマホ割220円1契約
mineoeo光eo × mineoセット割330円1契約

※割引額はすべて税込み

なお、大手のスマホキャリアの場合は同時に割引できる契約数が多いため、家族で同じスマホキャリアを使っているのであれば、スマホセット割がある光回線はよりお得になります。

そのため、家族で同じキャリアを使っている場合はとくに、今あなたが使っているスマホキャリアとセット割ができる光回線を優先的に選びましょう。

ただし、格安SIMをお使いの場合は、キャッシュバック額が高い光回線(×申込窓口)を優先した方がお得になりやすい傾向にあります。

というのも、格安SIMのセット割は割引額が低いため、セット割ができる光回線を選ぶよりも、キャッシュバック額の高い光回線(×申込窓口)を選んだ方がトータルで安くなるからです。

ちなみに、主要光回線でキャッシュバック額の高い光回線は『auひかり』ですが、フレッツ光回線網を利用した光回線ではないため事業者変更はできません。

したがって、どうしても工事不要がよい場合は、事業者変更ができる光回線(光コラボ)の中でキャッシュバック額が高い申込窓口から契約するようにしましょう。

次章では、事業者変更でおすすめの光回線をご紹介します。

キャッシュバック額の高い申込窓口を選ぶ|10,000~70,000円ほどお得

キャッシュバックとは、新規契約や事業者変更を申し込むことで現金がもらえるキャンペーンのことです。

多くの申込窓口(プロバイダ・代理店など)ではキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、それぞれキャッシュバック金額が異なるため、同じ光回線サービスでも申込窓口が違うだけで数万円の差が出ることもあります。

また、キャッシュバック額は「新規契約」の方が高額で、「事業者変更」は低額な傾向にあります。

《申込方法によるキャッシュバック額の違い》

  • 新規契約なら20,000円~70,000円ほど
  • 事業者変更なら10,000円~40,000円ほど

同じ光回線サービスでも申込窓口が違うだけで数万円の差が出ることもありますので、申込窓口を必ず比較して、お得な窓口から契約するようにしてください。

ちなみに下記は、主要な光回線でキャッシュバック額(新規契約の場合)が最も高い申込窓口の一覧ですが、金額が大きく異なることがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は上下左右にスクロールできます→

光回線最安申込窓口キャッシュバック額
ドコモ光ドコモ光GMOとくとくBB
(プロバイダ)
51,000円
+dポイント:2,000円分
NURO光NURO光NURO光
(公式特設サイト)
45,000円
ソフトバンク光ソフトバンク光GMOとくとくBB
(代理店)
最大40,000円
auひかりauひかりGMOとくとくBB
(プロバイダ)
最大94,000円
コミュファ光コミュファ光NEXT
(代理店)
最大20,000円
ビッグローブ光ビッグローブ光NEXT
(代理店)
最大66,300円※1
eo光eo光eo光
(公式サイト)
最大10,000円
(商品券)
メガ・エッグメガ・エッグNEXT
(代理店)
最大40,000円
ピカラ光ピカラ光NEXT
(代理店)
最大30,000円
BBIQBBIQNEXT
(代理店)
最大30,000円
So-net光プラスSo-net光プラスSo-net光プラス
(公式サイト)
50,000円
nifty光@nifty光NEXT
(代理店)
15,000円
ぷらら光ぷらら光ぷらら光
(公式サイト)
フレッツ光フレッツ光 東日本メディアサービス
(代理店)
最大79,000円※1
フレッツ光フレッツ光 西日本NEXT
(代理店)
最大45,000円※1

※1:複数の適用条件あり

なお、下記の光回線はフレッツ光の光ファイバー網を使った回線ではないため、事業者変更ができないことに注意してください。

《工事不要で乗り換えできない光回線》

NURO光 / auひかり / コミュファ光 / eo光 / メガ・エッグ / ピカラ光 / BBIQ

また、高額キャッシュバックを受けるために複数のオプション加入が必須の窓口には注意が必要です。

オプション代が毎月請求され、逆に損をしてしまう可能性があるからです。

そのため、あまりに高額なキャッシュバックを実施している申込窓口は、条件の詳細をしっかり確認するか、オプション加入が不要な窓口を選ぶようにしましょう。

次章では、オプションが不要(または最小限のオプション加入)で最もお得に利用できる光回線(×申込窓口)をご紹介します。

工事費割引がある申込窓口を選ぶ|15,000~40,000円ほどお得

工事費割引とは、光回線を開通させるための工事費(15,000~40,000円ほど)が無料になったり実質無料になったりすることです。

実質無料とは

実質無料とは、一定期間の利用で工事費が無料になることを指します。

一定期間とは工事費の分割期間を指し、例えば工事費を3年間(36回)で分割払いする場合、分割された工事費と同額が毎月割引されることで工事費が相殺され、3年間利用すれば無料と同じになります。

多くの光回線の申込窓口(事業者・プロバイダ・代理店)では、「無料」や「実質無料」といったキャンペーンを行っていますので、そういった窓口を選んで実質月額料金を安く抑えるとよいでしょう。

なお実質無料の場合は、工事費割引期間中に解約すると、工事費の残債を一括で支払う必要がありますので注意してください。

ちなみに、楽天ひかりから別の光コラボへ乗り換える「事業者変更」の場合は工事不要なため、通常は開通までに1~2カ月ほどかかるところ、8日~2週間ほどで乗り換えが完了するメリットがあります。

6.楽天ひかりから乗り換えにおすすめな光回線

ここからは、今までの解説を踏まえたうえで、楽天ひかりからの乗り換えでおすすめの光回線を紹介します。

あなたの要望に合わせて、光回線を選んでください。

光コラボと独自回線とは

光コラボレーション(通称:光コラボ)とは、NTT東西のフレッツ光回線をレンタルした事業者による光回線サービスのことです。

楽天ひかりやドコモ光などが該当し、光コラボ間であれば工事不要で乗り換えることができます。

独自回線とは、フレッツ光回線以外の光ファイバー網を利用した光回線サービスのことです。auひかりやNURO光などが該当し、フレッツ光回線に比べて利用者が少なく混雑しにくいことから、通信速度が圧倒的に速い特徴があります。

工事不要でお得な光回線を選びたいなら⇒ 光コラボ

結論、楽天ひかりから工事不要で簡単に乗り換えできるおすすめの光回線は、以下のとおりです。

《事業者変更でおすすめの光コラボ》

あなたが「docomo / SoftBank / Y!mobile / au / UQモバイル」のスマホをお使いなら、スマホセット割が適用される上記の光コラボをおすすめします。

あるいは、楽天ひかりを解約する際に違約金が発生する場合は、合計50,000円のキャッシュバックがもらえる「とくとくBB光」もおすすめです。

なお、上記の光コラボをおすすめする理由は、当メディアで主要な光コラボ16社とその申込窓口を対象に、事業者変更から3年間利用した場合の実質月額料金を徹底調査した結論です。


【参考】主要光コラボ16社の利用料金調査

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
docomoドコモ光3,406円
(4,506円)
2,086円
(3,186円)
1,100円/月キャッシュバック:51,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円3,300円
auビッグローブ光3,909円
(4,459円)
2,809円
(3,359円)
1,100円/月40,000円0円3,300円
auSo-net光プラス4,574円
(5,124円)
3,364円
(3,914円)
1,100円/月40,000円0円3,500円
au@TCOMヒカリ4,394円
(4,944円)
3,056円
(3,606円)
1,100円/月戸建て:22,000円
マンション:20,000円
実質無料3,300円
au@nifty光4,185円
(4,735円)
2,953円
(3,503円)
1,100円/月15,000円0円3,300円
auAsahiNet光4,378円
(5,278円)
3,168円
(4,068円)
1,320円/月0円0円
auDTI光3,774円
(5,094円)
2,454円
3,774円)
1,320円/月10,000円0円3,300円
SoftBankソフトバンク光4,776円
(5,326円)
3,236円
(3,786円)
1,100円/月17,500円0円3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
UQモバイルビッグローブ光4,151円
(4,459円)
3,051円
3,359円)
858円/月40,000円0円3,300円
Y!mobileソフトバンク光4,688円
(5,326円)
3,148円
(3,786円)
1,188円/月17,500円0円3,300円
iijmioIIJmioひかり4,334円
(4,994円)
3,234円
(3,894円)
660円/月0円0円
DTI SIMDTI光4,929円
(5,094円)
3,609円
(3,774円)
165円/月10,000円0円3,300円
LIMBO@TCOMヒカリ4,724円
(4,944円)
3,386円
(3,606円)
220円/月戸建て:22,000円
マンション:20,000円
実質無料3,300円
NifMo@nifty光4,515円
(4,735円)
3,283円
(3,503円)
220円/月15,000円0円3,300円
 光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
スマホセット割
なし
エキサイト光4,857円3,757円0円2,200円
ぷらら光5,280円3,960円0円0円
U-NEXT光4,712円3,590円0円3,300円
おてがる光4,616円3,516円実質無料3,300円
とくとくBB光4,093円2,993円50,000円0円3,300円
楽天ひかり4,602円3,502円0円1,980円
enひかり4,681円3,581円0円2,200円

※料金はすべて税込み

表の補足説明

・転用、事業者変更で3年間利用する際に最安値になる方法で算定
・キャッシュバック額は38社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・カッコ内はスマホセット割をしない場合の実質月額料金
・SoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額、1人分の適用で算定
・UQモバイルは「ビッグローブ光」のみの実質月額料金を記載

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。

もっと見る


下記にて、事業者変更でおすすめの光コラボをまとめましたので、あなたにとってお得な乗り換え先を選ぶためにぜひ参考にしてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

事業者変更でおすすめの光コラボ
ドコモ光ドコモ光×GMOとくとくBB

・キャッシュバックは51,000円!
・docomoユーザーはさらに月額最大1,100円割引!
提供エリア:全国
3年間の
実質月額料金
戸建て:4,506円
マンション:3,186円
通信速度下り平均:257.68Mbps
上り平均:258.6Mbps
ソフトバンク光ソフトバンク光×GMOとくとくBB

・キャッシュバックは17,500円!
・SoftBankユーザーはさらに月額最大1,100円割引!
・Y!mobileユーザーはさらに月額最大1,188円割引!

提供エリア:全国
3年間の
実質月額料金
戸建て:5,326円
マンション:3,786円
通信速度下り平均:297.57Mbps
上り平均:290.66Mbps
ビッグローブ光ビッグローブ光×公式

・キャッシュバックは40,000円!
・auユーザーはさらに月額最大1,100円割引!
・UQモバイルユーザーはさらに月額最大858円割引!
提供エリア:全国
3年間の
実質月額料金
戸建て:4,459円
マンション:3,359円
通信速度下り平均:244.19Mbps
上り平均:244.17Mbps
とくとくBB光とくとくBB光×公式

・申し込むだけで5,000円のキャッシュバック!
・他社で違約金が発生するならさらに45,000円のキャッシュバック!
提供エリア:全国
3年間の
実質月額料金
戸建て:4,093円
マンション:2,993円
通信速度下り平均:263.9Mbps
上り平均:288.75Mbps

※実質月額料金は、各プロバイダ・販売代理店のキャンペーン情報を基に当メディアで算出
※平均速度は『みんなのネット回線速度』の集計結果を参照(2023年10月調査)
※とくとくBB光の実質月額料金は50,000円のキャッシュバックで算出
※金額はすべて税込み

ただし、事業者変更よりもキャッシュバック額が高い新規契約で実質月額料金を計算すると、あなたにとって最もお得な光回線は変わる可能性があります。

そのため、事業者変更にこだわらない場合は、次に紹介する光回線(独自回線)も検討してみてください。

通信速度の速いお得な光回線を選びたいなら独自回線

結論、工事は必要ですが、楽天ひかりから新規乗り換えでおすすめの光回線は次のとおりです。

《新規契約でおすすめの光回線》

おすすめの光回線はいずれも独自回線であるため、回線が混雑しにくく、通信速度が圧倒的に速いメリットがあります。

あなたが「au / UQモバイル / SoftBank」のスマホをお使いなら、スマホセット割が適用される上記の光回線が最もお得でおすすめです。

また「au / UQモバイル / SoftBank」以外のスマホをお使いの場合でも、新規契約の高額キャッシュバックや工事費無料キャンペーンを利用できるため、あなたにとって最も安く利用できる可能性があります。

というのも、下図は当メディアの徹底調査を基に作成した「新規契約でおすすめの光回線ランキング」ですが、どのスマホユーザーにとってもランキング上位に「auひかり・NURO光・コミュファ光・ピカラ光」が並ぶからです。

スマホ別最安光回線BEST3

なお、おすすめランキングは主要な光回線25社(光コラボ16社含む)とその申込窓口を対象に、新規契約から3年間利用した場合の実質月額料金調査を基にしています。


【参考】主要光回線25社の利用料金調査

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
docomo_ロゴドコモ光3,406円
(4,506円)
2,086円
(3,186円)
1,100円/月キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円3,300円
auauひかり1,951円
(3,329円)
815円
(2,193円)
1,100円/月92,000円実質無料※13,300円
auビッグローブ光3,931円
(4,592円)
2,822円
(3,484円)
1,100円/月戸建て:59,000円
マンション:56,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auコミュファ光
(東海エリア限定)
2,428円
(3,198円)
2,204円
(2,974円)
1,100円/月戸建て:71,000円
マンション:20,000円
実質無料0円
auSo-net光プラス4,296円
(4,846円)
3,086円
3,636円)
1,100円/月50,000円実質無料3,500円
auauひかり ちゅら
(沖縄エリア限定)
4,029円
(5,129円)
3,194円
(4,294円)
1,100円/月実質無料3,300円
au@TCOMヒカリ4,041円
(4,591円)
2,611円
(3,161円)
1,100円/月40,000円実質無料3,300円
auメガ・エッグ
(中国エリア限定)
3,784円
(4,334円)
3,056円
(3,606円)
1,100円/月戸建て:40,000円
マンション:20,000円
実質無料3,300円
auピカラ光
(四国エリア限定)
3,530円
(4,219円)
2,357円
(3,046円)
1,100円/月30,000円0円0円
aueo光
(関西エリア限定)
3,695円
(4,481円)
2,732円
(3,518円)
1,100円/月戸建て:10,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料3,300円
au@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
1,100円/月15,000円実質無料3,300円
auBBIQ
(九州エリア限定)
3,805円
(4,355円)
3,093円
(3,643円)
1,100円/月戸建て:30,000円
マンション:20,000円
実質無料880円
auAsahiNet光4,402円
(4,909円)
3,192円
(3,799円)
1,320円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
auDTI光4,046円
(5,366円)
2,718円
4,038円)
1,320円/月戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auJ:COM光3,660円
(4,210円)
4,073円
(4,623円)
1,100円/月6,000円相当
(QUOカードPay)
実質無料3,300円
SoftBankNURO光3,492円
(4,042円)
3,492円
(4,042円)
1,100円/月45,000円実質無料3,300円
SoftBankソフトバンク光4,345円
(4,895円)
2,805円
(3,355円)
1,100円/月33,000円実質無料3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
UQモバイルauひかり2,193円
(3,329円)
1,057円
(2,193円)
858円/月92,000円実質無料※13,300円
Y!mobileソフトバンク光4,257円
(4,895円)
2,717円
(3,355円)
1,188円/月33,000円実質無料3,300円
iijmioIIJmioひかり4,358円
(5,018円)
3,258円
(3,918円)
660円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
DTI SIMDTI光5,201円
(5,366円)
3,873円
(4,038円)
165円/月戸建て:36,000円
マンション:34,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
LIMBO@TCOMヒカリ4,371円
(4,591円)
2,941円
(3,161円)
220円/月40,000円実質無料3,300円
NifMo@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
220円/月15,000円実質無料3,300円
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
7,064円4,388円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
エキサイト光4,827円3,727円実質無料1,100円
ぷらら光5,830円4,418円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
U-NEXT光5,445円4,323円26,400円3,300円
おてがる光4,800円3,700円実質無料3,300円
とくとくBB光5,343円4,243円5,000円実質無料3,300円
楽天ひかり5,854円4,663円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円

※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・新規申込で3年間利用する際に最安値になる方法で算定
・キャッシュバック額は81社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・カッコ内はスマホセット割をしない場合の実質月額料金
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額・1人分の適用で算定
・フレッツ光のプロバイダはBB.エキサイト(月額550円)で算定
・UQモバイルは「auひかり」のみの実質月額料金を記載

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。

もっと見る

もっと見る


ちなみに、楽天ひかりから独自回線に乗り換える場合には、以下の手続きと費用が必要ですが、工事費無料キャンペーンや高額キャッシュバックで相殺されるため、実際のコストはほぼかかりません。

《楽天ひかりから独自回線への乗り換えに必要なコスト》

  • 楽天ひかりの解約手続き(違約金 / 工事費残積)
  • 楽天ひかり回線の撤去工事(撤去工事費)
  • 新規光回線の開通工事(開通工事費)

したがって、事業者変更にこだわらない場合は、独自回線への乗り換えを検討してみるとよいでしょう。

下記にて、新規契約でおすすめの光回線をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

事業者変更はできないがおすすめの光回線
auひかりauひかり×GMOとくとくBB

・キャッシュバックは最大94,000円!
・auユーザーはさらに月額最大1,100円割引!
・UQモバイルユーザーはさらに月額最大858円割引!
提供エリア:【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)【マンション】全国(沖縄県を除く)
3年間の
実質月額料金
戸建て:3,329
マンション:2,193円
通信速度下り平均:499.74Mbps
上り平均:495.31Mbps
NURO光NURO光×公式特設サイト

・キャッシュバックは45,000円!
・SoftBankユーザーはさらに月額最大1,100円割引!
提供エリア:北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部
3年間の
実質月額料金
戸建て:4,042
マンション:4,042円
通信速度下り平均:581.07Mbps
上り平均:564.12Mbps
コミュファ光コミュファ光×NEXT

・キャッシュバックは最大20,000円!
・auユーザーはさらに月額最大1,100円割引!
・UQモバイルユーザーはさらに月額最大858円割引!
提供エリア:愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県
3年間の
実質月額料金
戸建て:3,198
マンション:2,974円
通信速度下り平均:628.98Mbps
上り平均:604.26Mbps
ピカラ光ピカラ光×NEXT

・キャッシュバックは30,000円!
・auユーザーはさらに月額最大1,100円割引!
・UQモバイルユーザーはさらに月額最大858円割引!
提供エリア:徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
3年間の
実質月額料金
戸建て:4,219
マンション:3,046円
通信速度下り平均:501.92Mbps
上り平均:464.74Mbps

※実質月額料金は、各プロバイダ・販売代理店のキャンペーン情報を基に当メディアで算出
※平均速度は『みんなのネット回線速度』の集計結果を参照(2023年10月調査)
※金額はすべて税込み

7.楽天ひかりの解約に関するよくある質問

最後に、楽天ひかりの解約に関するよくある質問と回答をまとめました。

この内容を確認しておけば、さらにスムーズに手続きを進めることができます。

同じような疑問をお持ちの方は、参考にしてください。

7-1.楽天ひかりは解約手続き後いつまで使える?

楽天ひかり回線は解約の申し込み後、解約が完了する日まで使用可能です。

楽天ひかりの契約は毎月10日が締日として設定されています。

もし、解約の申し込みが当月の11日より後になると、翌月末まで利用料金が発生する仕様です。

具体的に数字を当てはめると、以下のようになります。

  • 5月10日に解約→5月末まで利用可能
  • 5月11日に解約→6月末まで利用可能

7-2.楽天ひかりの解約は絶対に電話しないといけない?

楽天ひかりの解約手続きはメンバーズステーションからも行えます。

ただし、楽天ひかりから他社の光コラボレーション事業者へ変更をする際は、電話をする必要があります。

電話をしないと、特定の業者への乗り換えで提示を求められる「事業者変更承諾番号」が発行ができないからです。

電話かメンバーズステーションのどちらから解約手続きを行うのかは、以下を参照してください。

手続きの方法条件
電話「フレッツ光」「他社ひかりコラボレーション事業者」へ乗り換える人
メンバーズステーション「フレッツ光」「他社ひかりコラボレーション事業者」以外へ乗り換える人

なお、事業者変更承諾番号は「楽天ひかりカスタマーセンター」に連絡するとメールにて発行してくれます。

7-3.楽天ひかりの解約の締め日はいつ?

楽天ひかりの解約の締め日は毎月10日です。

もし11日以降に解約手続きを行なった場合、翌月末まで契約が継続されてしまいます。

手続きのタイミング料金が発生する期間
5月10日に解約5月末まで楽天ひかりが使えて、5月分の月額料金がかかる
5月11日に解約6月末まで楽天ひかりが使えて、6月分の月額料金がかかる

楽天ひかりの1ヶ月分の基本料金は4,180円〜5,280円で、決して安くありません。

解約したい月が決まっていたら、支払いをその月までに抑えるために、毎月10日までに解約の手続きをするように心がけましょう。

7-4.楽天ひかりの無料解約できない期間はいつまで?

楽天ひかりには「2年契約」と「3年契約」の2つ設けられ、無料解約できない期間が異なります。

それぞれの無料解約ができない期間は以下の通りです。

2年契約の場合開通月の翌月を1ヶ月目として24ヶ月目まで
3年契約の場合開通月の翌月を1ヶ月目として36ヶ月目まで

なお、2022年7月1日以降は「3年契約」は撤廃され、「2年契約」のみとなりました。

もし、自分の契約日付を忘れてしまった方は、楽天ブロードバンドの「メンバーズステーション」から確認しておきましょう。

メンバーズステーションを見たけど、解約するタイミングがわからない方は、楽天ブロードバンドのカスタマーセンターに問い合わせてみてください。

無料で解約できるタイミングを教えてもらえるので、安心して解約の手続きを進めることができます。

【楽天ひかりカスタマーセンター】

電話番号:0120-987-300(通話料無料)
受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

7-5.楽天ひかりの契約期間の確認方法は?

楽天ブロードバンドの「メンバーズステーション」から契約期間を確認できます。

メンバーズステーションにログインするときは、契約後に楽天ひかりから送付される「アカウントのお知らせ」という書類が手元にあるとスムーズです。

そこに記載されているIDとパスワードを入力して、ログインしましょう。

なお、楽天ひかりのカスタマーセンターからも契約期間は確認できます。

7-6.楽天ひかりの解約月の利用料金は日割りされない?

楽天ひかりでは、解約月の月額料金は日割りされません。

たとえ5月1日に解約しても5月31日に解約しても、請求額は同じくひと月分です。

できるだけ解約指定は月の途中ではなく、月末をおすすめします。

8.楽天ひかりの解約方法まとめ

楽天ひかりの解約方法について解説してきました。

解約の手続きは以下の通りです。

  • 楽天ひかりカスタマーセンターで事業者変更承諾番号を発行する
  • 回線撤去工事の日程を調整する
  • 撤去工事の立ち会い
  • レンタル機器を返却する
  • 解約証明書を発行してもらう

楽天ひかりの解約手続きは、基本的に「楽天ひかりカスタマーセンター」に電話をして、撤去工事を済ませれば完了します。

しかし、タイミングによっては「解約違約金」や「工事費の残債」を請求されてしまうので注意しましょう。

引越しをされる場合、手続きをすれば転居先でも楽天ひかりを利用し続けることは可能です。

ただし、料金面でデメリットが大きいので、他の光回線に乗り換えることをおすすめします。

スムーズに解約手続きを済ませ、お得に乗り換えをしていただくために、本記事が参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る