ドコモ光が繋がらない!通信障害の原因別4つの対処法と問い合わせ先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「ドコモ光で障害が起こる原因は?」「ドコモ光の障害はどうやったら改善できる?」など、ドコモ光で障害が起こってしまい、お困りではありませんか?

結論、ドコモ光の通信障害や不具合は、原因と対処法を知れば改善する場合が多いですが、改善されない場合は、ドコモ光の契約プロバイダを高額キャッシュバックを受け取りながら変更することをおすすめします。

本ページでは、長年光回線を販売してきた筆者が、ドコモ光で障害が起こる原因とその対処法、問い合わせ窓口について解説した上で、プロバイダを変更することで機器を新しくする方法について、以下の流れでご説明します。

本ページを読めば、ドコモ光で障害が起こってしまった時でもスムーズに対応でき、お得にドコモ光を利用する方法も知ることができます。

1.ドコモ光の障害で繋がらない時に自分でできる対処法

ドコモ光の障害で繋がらない場合の対処法は、以下の4通りです。

  • 有線利用時の対策
  • WiFi利用時の対策
  • 機器全般の対策
  • ドコモやプロバイダ側の通信障害

それでは1つずつ詳しくご説明します。

1-1.有線利用時の対策

有線を利用している場合、以下の3通りの対策方法が挙げられます。

  • ONUの再起動
  • LANケーブルの確認
  • IPv6接続に変更

以下で詳しくご説明します。

ONUの再起動

ONU(光回線終端装置)とは、光信号とデジタル信号を相互に交換してインターネットに接続する機器のことです。

見た目は、NTTと書いてある黒い箱のようなものです。

このONUを再起動することで、インターネットへ再接続できる場合があります。

LANケーブルの確認

ONUやWiFiに接続しているLANケーブルがしっかりと差し込まれていないと、インターネットを快適に利用することはできません。

また、「CAT5」と書かれているケーブルは100Mの速度にしか対応できないので、「CAT6」と書かれているLANケーブルに交換する必要があります。

IPv6接続に変更

IPv6とは、回線の混雑が少なくなるネットの接続方式のことを指します。

IPv6になっていない場合、速度が出にくい状態でインターネット利用をしている場合もありますので、契約中のプロバイダ先に連絡し、申し込みを行ってください。

IPv6について詳しく知りたい場合は、「徹底解説!ドコモ光のIPv6と筆者おすすめの対応プロバイダ!」を御覧ください。

1-2.WiFi利用時の対策

WiFi(無線)を利用している場合、以下の3通りの対策方法が挙げられます。

  • WiFiの再接続
  • 電波の切り替え
  • WiFiルーターの交換

以下で詳しくご説明します。

WiFiの再接続

パソコンやスマホに接続しているWiFiを再接続することで、改善される場合があります。

WiFiの設定方法や、お得にWiFiを利用する方法について詳しく知りたい場合は「元販売員おすすめ!ドコモ光でWiFiを最もお得に利用するための全知識」を御覧ください。

電波の切り替え

電波を切り替えることで改善される場合もあります。

光回線は「2.4GHz」と「5GHz」という2つの電波に接続することができるので、こちらを切り替えてみましょう。

表記は「〇〇〇〇〇-2.4G」と「〇〇〇〇〇-5G」があり、○○には接続しているネットワーク名が入ります。

WiFiルーターの交換

WiFiルーターの性能が悪い可能性も考えられるので、交換を視野に入れてみることも対策の1つです。

WiFiルーターの入手方法は、家電量販店で購入する方法だけでなく、プロバイダ経由でドコモ光を契約することで、無料で高性能WiFiルーターを貸し出ししてくれる場合もあります。

WiFiルーターの無料レンタルについて詳しく知りたい場合は、「元販売員おすすめ!ドコモ光でWiFiを最もお得に利用するための全知識」を御覧ください。

1-3.機器全般の障害の対策

続いては、機器全般の対処法について解説します。

通信機器全般で障害が起こった可能性がある時は、以下の手順で対処してみてください。

  1. パソコン・モデム・ルーター・ホームゲートウェイ等の機器の電源を落とす
  2. 接続部分にゆるみがないかを確認する
  3. 再起動する

上記は機器全般の対処法です。

さらに詳しく知りたい方は「プロが徹底解説!ドコモ光の故障の原因と失敗せずに改善するための全知識」を御覧ください。

1-4.ドコモやプロバイダ側の通信障害の場合

ドコモ側やプロバイダ側で通信傷害が起こった場合、その通信障害が解決するまで有効な対処法はないため、ドコモ側で通信障害が解決したという連絡を待ってください。

解決した後も、速度が遅く感じる場合があります。

その場合は、「3.害等で故障したらプロバイダ変更するべきか」でも詳しく説明しますが、プロバイダを変更することでよりお得にドコモ光を利用することもできます。

2.ドコモ光の障害が発生したときの問い合わせ窓口

この章では、ドコモ光を利用していて障害が起こった際の問い合わせ窓口を9通りご紹介します。

  • ドコモ光の公式HP
  • ドコモショップ
  • ドコモ113センター(故障窓口)
  • ドコモ光サービスセンター
  • ネットトータルサポート
  • インフォメーションセンター
  • LINE
  • おたすけロボット
  • プロバイダ

それでは1つずつ詳しくご説明します。

2-1.ドコモ光の公式HP

ドコモ光で障害が起こった可能性が考えられる場合、ドコモ光の公式HPでアナウンスされるため、必ずチェックしてください。

障害の原因や、公衆無線LAN情報も掲載されているので、ぜひご活用ください。

また、公式HPにある「よくある困りごと」等で自分の置かれている状況と合うものの改善方法を探してみる方法もあります。

2-2.ドコモショップ

対面や電話で相談できるのがドコモショップです。

障害かどうか自分で判断できない場合や、契約内容に関して詳しく知りたい場合は、予約をして家の近くにあるドコモショップへ行きましょう。

ただし、混雑が予想されるため、いち早く知りたい場合にはおすすめできません。

2-3.故障窓口:ドコモ113センター

ドコモ光の故障やトラブルが明確な時に、対応してくれる窓口です。

問い合わせ先は以下の通りです。

ドコモのケータイ電話やスマートフォン:113

一般電話:0120-800-000

ホームゲートウェイやONU、モデムの故障もドコモ113センターで受け付けています。

2-4.ドコモ光サービスセンター

ドコモ光サービスセンターでも、故障についての相談を受け付けています。

ドコモのケータイ電話やスマートフォン:15715

一般電話:0120-766-156

ドコモ光サービスセンターでは、故障だけでなく、工事や機械のことを相談したい時にも、対応してくれます。

2-5.ネットトータルサポート

遠隔操作や訪問でサポートを受けたい時に、対応してくれる窓口がネットトータルサポートです。

お問い合わせ先は以下の通りです。

ドコモのケータイ電話やスマートフォン:ネットトータルサポート

一般電話:0120-825-360

ただし、このサービスはドコモ光のオプションサービスの1つで、500円の月額利用料が必要です。

2-6.インフォメーションセンター

インターネット使用に関わる全般に関して相談したい時に、対応してくれる窓口がインフォメーションセンターです。

ドコモのケータイ電話やスマートフォン:151

一般電話:0120-800-000

故障かどうか確かめる際の機器の接続に関してだけでなく、申し込み方法や設定方法も聞くことができます。

2-7.LINE

チャット形式で相談をしたい時に対応してくれる窓口がドコモ故障サポートのLINEアプリです。

ドコモ光・光オプションサービスの故障やトラブルなどのお問い合わせを、LINEにて受付し、オペレーターがチャットで回答してくれます。

友達登録しておくと、通信障害が起こった時に簡単に調べることができます。

2-8.おたすけロボット ドコモ光

障害・故障時だけでなく、光電話がつながらないことや速度が遅いなどインターネットの不具合全般について相談したい時、対応してくれる窓口がおたすけロボット ドコモ光です。

AIによるチャットでの対応なので、24時間対応しています。

2-9.プロバイダ

先述の通り、通信障害が起こった場合、プロバイダ側での障害の可能性が考えられます。

その場合は契約しているドコモ光のプロバイダを確認し、障害情報をチェックしてみてください。

プロバイダ側で障害が発生している場合、その情報は公式HP等でも公開していないので、電話で問い合わせる方法が最も手っ取り早いです。

3.障害等で故障したらプロバイダを変更するべきか

ドコモ光で障害が起こってしまった場合や機器が故障した場合はもちろん、古くなって機器を変えたいという場合は、プロバイダを変更するという方法もあります。

今払っている月額料金より高くなることはないので、むしろと今よりもっとお得にドコモ光をご利用いただける可能性があります。

変更方法は2種類です。

  • 変更手続きのみ
  • 解約してから再度申し込む

長年培った知識を持つ筆者としては、解約してから再度申し込む方法をおすすめします

なぜなら、申し込みによるお得なキャンペーンなどの恩恵を受けることができるからです。

それぞれの方法について、プロバイダを変更した場合のメリットとデメリットを紹介します。

3-1.プロバイダを変更するメリット

プロバイダを変更する方法は、単純に「変更手続き」をする方法と、「解約してから再度申し込み」をする方法の2種類あります。

それぞれのメリットは以下の通りです。

  • 変更手続き:ドコモ光を継続して使用でき、簡単に手続きができる
  • 解約してから再度申し込み:プロバイダ独自の新規キャンペーンや割引が受けられる

変更手続きの場合、初期工事が不要なので、スムーズにドコモ光を利用することができます。

解約してから再度申し込む場合は、お得なプロバイダを選ぶことで、より高額なキャッシュバックを受け取るなどの恩恵を受けることができます。

ちなみに、キャンペーンの特典が最も充実しているプロバイダは、高額なキャッシュバックや高性能のWiFi無料レンタルなどの特典がある「GMOとくとくBB」です。

3-2.プロバイダを変更するデメリット

「変更手続き」をする方法と、「解約してから再度申し込み」をする方法それぞれのデメリットは以下の通りです。

  • 変更続き:事務手数料がかかり、得することがない
  • 解約してから再度申し込み:手間と時間がかかり、解約のタイミング次第で解約金が発生する

変更手続きの場合、事務手数料がかかってしまう上に、特に特典がありません。

解約してから申し込む場合、契約満了月に申し込むことで、デメリットは少なくなり、プロバイダ独自の新規キャンペーンによっては得をする可能性があります。

3-3.まとめ

それぞれのメリット・デメリットを比べると、以下のことがわかります。

  • 変更手続き:手続きは簡単だが、事務手数料の分、支払が増える
  • 解約してから再度申し込み:手間がかかるが、プロバイダ独自のキャンペーンや割引が受けられる

解約してから再度申し込みをする場合、解約金がかかる可能性はありますが、キャッシュバックキャンペーンを使えば、実質0円にすることもできます。

4.プロバイダを変更するならGMOとくとくBBがお得」でも詳しく説明しますが、プロバイダ選びはとても重要で、高額なキャッシュバックや高性能のWiFi無料レンタルなどの特典があり、中でもキャンペーン特典が最も充実している「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

4.プロバイダを変更するならGMOとくとくBBがお得

先述の通り、プロバイダを再度申し込みをする場合、解約金がかかる可能性はありますが、キャッシュバックキャンペーンを使えば、実質0円にすることができます。

プロバイダの変更を考えている場合、筆者として最もおすすめのプロバイダは以下の4つの理由から「GMOとくとくBB」です。

  • 最高水準のキャッシュバックを受けられる
  • 最先端のつなぎ方で速さに期待大!
  • 高性能なルーターを無料でレンタル
  • 料金が安い

以下でそれぞれについて詳しく解説します。

<<最新情報>>

GMOとくとくBBは2017年12月までWiFiルーターを契約することによる37ヶ月の縛りがありましたが、その縛りが撤廃されたので、弱点はなくなり、事実上ドコモ光で使える最強のプロバイダになっています。

4-1. 最高水準のキャッシュバックを受けられる

ドコモ光 GMOとくとくBB キャッシュバック

2020年8月現在、GMOとくとくBBでは20,000円のキャッシュバックを受けられ、これはドコモ光のプロバイダでも最高の条件です。

キャンペーンページによって若干差がありますが、こちらのキャンペーンページからなら無条件で20,000円のキャッシュバックになります。

お得度を大きく左右するキャッシュバックという面で、GMOとくとくBBは最もおすすめのプロバイダの1つです。

※ページによってはキャッシュバックには「オプション加入が必要」などの制約があるため、確認しながら申し込みをしましょう。

4-2. 最先端のつなぎ方で高速通信が可能

GMOとくとくBBの2つ目のメリットは、快適な通信速度が期待できるということです。

光回線はプロバイダや地域によって速度が変わってしまいます。

シンプルに、そのエリアの設備に対して使う人が多ければ多いほど、混み合うので、遅くなるのです。

光回線 プロバイダは地域・顧客数で速度が変わる

ただし、ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにすると、独自技術により、速度改善に大きく期待できます。

公式ページでは速度平均を公表

ドコモ光+GMOとくとくBBの組み合わせの方が、サイト上で速度計測をした際の結果が、以下のように平均値として公式ページに紹介されています。

GMOとくとくBB 光回線の通信速度を公開

動画をストレスなく観るためには、「10Mbps」程度あれば十分なので、この速度がいかに早いかはお分りいただけるかと思います。

Twitterでも賞賛

Twitterでも以下のように速度に関して、いい口コミがつぶやかれています。

口コミ・評判

まめ
ドコモ光のプロパイダーをGMOに変えたら早くなった。これで最低画質で何度も止まりながら動画を見ることもなくなったよ。

引用:Twitter

口コミ・評判

ニシノタケシ
ドコモ光 ぷららのダウンロード速度が3Mくらいしか出ないので、一念発起してGMOに乗り換えたら140M出るようになった。

引用:Twitter

以上のようにTwitterでは「早くなった」という声が多数ありました。

上記のことから、実際に使っているユーザーもスピードには満足していることがお分かりいただけるかと思います。

速さの仕組みは「v6プラス」

GMOとくとくBBのドコモ光では、「v6プラス」という通信手段を採用していて、これが高速な通信の大きな理由になっています。

今までの通信手段は、アクセスが集中し、混雑するポイントを通らなければならなかったのですが、そこを通らずに通信ができるので速度が速くなります。

GMOとくとくBB v6プラス 通信速度

以上のことから、GMOとくとくBBがいかに速度に期待できるかをお分かりいただけるかと思います。

遅かったらポイントバック

v6プラスを開通している方で、100Mbpsを下回った場合は、以下のように申請することで100円相当のポイントをもらうことができます。

GMOとくとくBB v6プラス 料金割引の流れ

出典:GMOとくとくBB

ポイントは料金の支払いにも使うことができ、こういった仕組みからもGMOとくとくBBのスピードへの自信が感じられます。

4-3. 高性能なルーターを無料でレンタル

GMOとくとくBBの通信速度を最大限活かすためには、Wifiルーターの質も非常に重要です。

GMOのキャンペーンページから申し込むことで、以下のWifiルーターをどれか無料でレンタルできます。

GMOとくとくBBルーター比較

出典:GMOとくとくBB

ドコモ光にはルーターを無料でレンタルできるプロバイダが複数ありますが、GMOとくとくBBは下記のように最も高価で性能のいいルーターを借りられます。

無料で借りられるWiFiルーター買ったらいくらするもの?(メーカー希望小売価格)最大通信速度(5GHz)最大通信速度(2.4GHz)

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WXR-1750DHP2(BUFFALO)¥14,3001300Mbps450Mbps
Aterm WG1900HP2(NEC)¥9,800※1300Mbps600Mbps
WRC-2533GST2(ELECOM)¥17,9701733Mbps800Mbps

ぷらら

WN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300867Mbps300Mbps

DTI

WRC-1167GST2(ELECOM)¥8,970867Mbps300Mbps

@nifty

WRC-1167GST2(ELECOM)¥8,970867Mbps300Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

高くて性能のいいルーターを無料で借りられるのはGMOとくとくBBの大きな強みです。

以前まで、このルーターを借りると37ヶ月の縛りが発生しましたが、縛りもなくなり、さらに37ヶ月使えば解約しても返却不要です。

4-4. 料金が安い

ドコモはプロバイダを20以上の中から選べますが、プロバイダによって料金が使うプロバイダによって料金の安いタイプAと料金の高いタイプBに振り分けられます。

GMOとくとくBB プロバイダ料金比較

その中でGMOとくとくBBは、光回線+プロバイダをセットにした時に最も安くなるプランが採用されています。

タイプAだから品質が良くないというわけではなく、高品質なのに、企業努力によって価格が抑えられている非常にコスパのいいプロバイダです。

4-5. ドコモ光+GMOとくとくBBはどこで申し込むのがお得?

以上のように、多くのメリットがある「GMOとくとくBB」を選ぶべきということはご理解いただけたかと思います。

後ほど参考までに24社を比較してみますが、速度・料金・キャッシュバック・ルーターなどを比較すると、正直他のプロバイダはおすすめできません。

ただ、ドコモ光+GMOとくとくBBには様々な申し込み窓口があり、どこで申し込むべきか迷われる方も多いかと思います。

GMOとくとくBB経由がおすすめ

結論から言うと、他の窓口だとキャンペーンスペックが落ちるので『GMOとくとくBB』経由の申し込みにしましょう

以下のように、共通で受けられるドコモが実施しているキャンペーンのほかに、窓口独自のキャンペーンがありますが、窓口独自のキャンペーンは、ドコモの公式ページやドコモショップでは受けられません。

 ドコモの公式キャンペーン窓口独自のキャンペーン満額キャッシュバックの条件
ドコモ公式ページ・ドコモショップ
GMOとくとくBB最大10,000円CB無条件

GMOとくとくBB経由の申し込みにデメリットはありませんので、GMOとくとくBBを使うなら「GMOとくとくBBの公式ページ」がおすすめです。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

4-6.参考:ドコモ光の2つのメリット

GMO以前に、ドコモ光にするか決めかねている場合に、ドコモ光の2つのメリットを紹介していきます。

  • スマホとセットで月額料金が大きく下がる!
  • dポイント最大20,000円分プレゼント

それぞれのポイントを紹介していきたいと思います。

スマホとセットで月額料金が大きく下がる!

ドコモ光は元々の料金も安いですが、スマホと一緒に使うことで更に料金を下げることが可能です。

一例ですが、フレッツ光と3人でドコモのスマホを使っている家庭の場合、下記のように月額料金をガクッと下げられます。

ドコモ光スマホセット割 料金比較

ドコモ光はプロバイダ込みで一戸建て月額5,200円~、マンションで4,000円~という料金体系のため、フレッツ光よりも安く使える可能性がかなり高いです。

さらに、スマホと光回線をセットにすると、スマホの料金が大きく割り引かれるので、「スマホ+光回線」の総額は大きく下げられます。

割引額はプランによって異なりますが、抜粋すると以下の通り、スマホで高いプランを使っていればいるほど割引額が増える仕組みです。

ドコモ光のセット割

先ほどのケースは、家族3人でギガホ/ギガホライトを使っていて2,000円のセット割を適用したケースです。

dポイント最大20,000円分プレゼント

ドコモ光に新規で申し込みで最大20,000pt ※、フレッツ光からの切り替え(以下転用)で5,000ptのdポイントをもらえるというキャンペーンです。(※兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県以外の方は-)

1ポイント1円でコンビニやドコモの支払いに使えますから、新規の利用で工事費がかかってしまう場合も、ポイントで少しは元を取れるイメージです。

加えてプロバイダのキャンペーンも受けられるので、月額料金がそこまで安くならない、という方もお得に使うことができます。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

まとめ

ドコモ光で障害が起こる原因とその対処法、問い合わせ窓口について解説した上で、プロバイダを変更することで機器を新しくする方法について解説しましたが、いかがでしたか?

ドコモ光の障害や不具合は、原因と対処法を知れば改善する場合が多いですが、改善されない場合は、ドコモ光の契約プロバイダを高額キャッシュバックを受け取りながら変更することをおすすめします。

本ページを読んだあなたが、ドコモ光の障害にもスムーズに対応し、快適に光回線を利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket