【完全網羅】ドコモの料金プランとプラン変更・料金確認方法を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「ドコモで自分にピッタリの料金プランは?」「プランを変更する方法は?」など、ドコモの料金プランについてお悩みではありませんか?

結論、ドコモの料金プランは豊富で、1GB~無制限と利用するデータ容量に合わせてプランが選べます。

ただし、ドコモの料金プランは全体的に高めに設定されているので、少しでも携帯料金を安く抑えたい方はドコモが提供するahamoなどの格安SIMに変更するのがおすすめです。

このページでは、5年のスマホ販売実績のある私が、ドコモの料金プランの詳細やプランの変更方法に加え、料金の確認方法や支払い方法について以下の流れで詳しく解説します。

  1. 【一覧表付き】ドコモが提供する料金プランを徹底解説!
  2. どのくらい安くなる?高いドコモ料金を少しでも安くする方法
  3. あなたにおすすめのドコモ料金プランを紹介
  4. ドコモ料金シミュレーションよりわかりやすい!ピッタリな料金プランの選び方
  5. ドコモの料金プランを変更する方法と変更すべきタイミング
  6. ドコモの利用料金を確認する方法
  7. ドコモ料金の支払い方法や支払いが遅れた場合の対処法
  8. よくある質問

高く感じがちなドコモの料金プランを少しでも安くする方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本ページは全て税込で表示しています。

1. 【一覧表付き】ドコモが提供する料金プランを徹底解説!

まずは、ドコモが提供する料金プランを見ていきましょう。

以下にドコモの料金が分かる一覧表をまとめました。

※プラン名をクリックすると、各プランの特徴を確認できます。
-スマホの方は横にスクロールできます-

プラン名
データ通信量 月額料金
国内通話料金
SMS送信料
定期契約なし 定期契約あり
5Gギガホ プレミア 無制限 無制限:7,315円
(※通信量3GB以下の月は5,665円)
通話30秒あたり22円 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)
5Gギガライト ~1GB/~3GB/~5GB/~7GB ・~1GB:3,465円
・~3GB:4,565円
・~5GB:5,665円
・~7GB:6,765円
ギガホ プレミア 60GB 60GB:7,205円
(※通信量3GB以下の月は5,555円)
60GB:7,018円
(※通信量3GB以下の月は5,368円)
ギガライト ~1GB/~3GB/~5GB/~7GB ・~1GB:3,465円
・~3GB:4,565円
・~5GB:5,665円
・~7GB:6,765円
・~1GB:3,278円
・~3GB:4,378円
・~5GB:5,478円
・~7GB:6,578円
はじめてスマホプラン 1GB 1,980円 1,793円 5分以内の国内通話が無料
(※5分を超過した場合、通話30秒あたり22円)
U15はじめてスマホプラン 3GB 1,980円
5Gデータプラス ペアとなる料金プランに準ずる 1,100円
データプラス ペアとなる料金プランに準ずる 1,100円
LTE上空利用プラン 120GB 49,800円
ケータイプラン 100MB 1,507円 1,320円 通話30秒あたり22円 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)
キッズケータイプラン(Xi) 利用不可 550円
ahamo 20GB 2,980円 5分以内の国内通話が無料
(※5分を超過した場合、通話30秒あたり22円)
ドコモのエコノミーMVNO ※利用するMVNO事業者によって変化 ※利用するMVNO事業者によって変化 ※利用するMVNO事業者によって変化

ドコモ公式

ドコモ公式サイト
https://www.nttdocomo.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

ここからは、それぞれのプランの特徴や料金の違いについて解説していきます。

ちなみに、すでにドコモ料金プランの特徴を理解している場合は、以下のページへとお進みください。

それでは詳しく見ていきましょう。

1-1. 5Gギガホ プレミア

5Gギガホ プレミア出典:docomo

5Gギガホ プレミアは、データ通信料も月額料金に含まれる5G専用のドコモプランです。

データ通信も無制限で利用でき、テザリングも問題なく使用できます。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 5Gギガホ プレミア
データ通信量 無制限
月額料金
定期契約なし 無制限:7,315円
(※通信量3GB以下の月は5,665円)
 国内通話料 通話30秒あたり22円
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

3GB以下の通信量しか利用しなかった月は、1,650円割引されます。

ほとんどデータ通信を使わなかった月は、自動で支払額を下げれるのでお得です。

「パケットパック海外オプション」や「5Gデータプラス」、「データプラス」を利用してデータ量が30GBを超過した場合、通信速度が送受信最大1Mbpsとなるので注意しましょう。

1-2. 5Gギガライト

5Gギガライト出典:docomo

5Gギガライトは、データ通信料も月額料金に含まれる5G専用のドコモプランです。

毎月1~7GBの間で、利用したデータ通信量に合わせて支払う料金が決まります。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 5Gギガライト
データ通信量 ~1GB/~3GB/~5GB/~7GB
月額料金
定期契約なし ・~1GB:3,465円
・~3GB:4,565円
・~5GB:5,665円
・~7GB:6,765円
 国内通話料 通話30秒あたり22円
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

利用したデータ通信量に合わせて料金が決まるので、無駄なくスマホを楽しめます。

1-3. ギガホ プレミア

ギガホ プレミア出典:docomo

ギガホ プレミアは、データ通信料も月額料金に含まれるドコモの料金プランです。

毎月利用できるデータ容量が60GBとなっており、テザリングも一緒に利用できます。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 ギガホ プレミア
データ通信量 60GB
月額料金
定期契約なし 60GB:7,205円
(※通信量3GB以下の月は5,555円)
定期契約あり 60GB:7,018円
(※通信量3GB以下の月は5,368円)
 国内通話料 通話30秒あたり22円
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

※2022年9月1日(金)以降、「定期契約あり」プランには加入できません。

3GB以下の通信量しか利用しなかった月は、1,650円割引されます。

60GBもあれば、動画やゲームを楽しむのに十分な容量なので、ストレスなくスマホを楽しむことが可能です。

1-4. ギガライト

ギガライト出典:docomo

ギガライトは、データ通信料も月額料金に含まれるドコモの料金プランです。

毎月1~7GBの間で、利用したデータ通信量に合わせて支払う料金が決まります。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 ギガライト
データ通信量 ~1GB/~3GB/~5GB/~7GB
月額料金
定期契約なし ・~1GB:3,465円
・~3GB:4,565円
・~5GB:5,665円
・~7GB:6,765円
定期契約あり ・~1GB:3,278円
・~3GB:4,378円
・~5GB:5,478円
・~7GB:6,578円
 国内通話料 通話30秒あたり22円
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

利用したデータ通信量に合わせて料金が決まるので、無駄なくスマホを楽しめます。

1-5. はじめてスマホプラン

はじめてスマホプラン出典:docomo

はじめてスマホプランは、はじめてスマホを利用する場合におすすめのプランです。

毎月利用できるデータ通信量は1GBと少ないものの、5分以内の国内通話が無料となります。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 はじめてスマホプラン
データ通信量 1GB
月額料金
定期契約なし 1,980円
定期契約あり 1,793円
 国内通話料 5分以内の国内通話が無料
(※5分を超過した場合、通話30秒あたり22円)
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

普段からデータ通信を利用せず、5分以内の電話をすることが多い場合に最適です。

ただし、FOMAからの契約変更や他社3G回線から5G・Xi(4G/LTE)へ乗り換える場合が対象となるので注意しましょう。

1-6. U15はじめてスマホプラン

U15はじめてスマホプラン出典:docomo

U15はじめてスマホプランは、15歳以下の人が加入できるプランです。

毎月のデータ通信量は3GBとなっており、5分以内の国内通話が無料で利用できます。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 U15はじめてスマホプラン
データ通信量 3GB
月額料金
定期契約なし 1,980円
 国内通話料 5分以内の国内通話が無料
(※5分を超過した場合、通話30秒あたり22円)
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

スマホを初めて利用する15歳以下の子供がいる場合におすすめのプランとなります。

ただし、3GBのデータ通信量を超過した場合、送受信最大128kbpsとなるので注意しましょう。

1-7. 5Gデータプラス

5Gデータプラス出典:docomo

5Gデータプラスは、データ通信を利用する2台目機種を購入する場合に利用できる5G専用の料金プランです。

タブレットやルーターなど2台目の機種を持つ場合、以下に当てはまるプランのデータ通信量をシェアできます。

  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガホ
  • ギガライト

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 5Gデータプラス
データ通信量 ペアとなる料金プランに準ずる
月額料金
1,100円

利用するには、プランの申し込みに加えてペアとなる回線を指定するためのペア設定が必要です。

1-8. データプラス

データプラス出典:docomo

データプラスは、データ通信を利用する2台目機種を購入する場合に利用できる料金プランです。

タブレットやルーターなど2台目の機種を持つ場合、以下に当てはまるプランのデータ通信量をシェアできます。

  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガホ
  • ギガライト

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 データプラス
データ通信量 ペアとなる料金プランに準ずる
月額料金
1,100円

利用するには、プランの申し込みに加えてペアとなる回線を指定するためのペア設定が必要です。

1-9. LTE上空利用プラン

LTE上空利用プラン出典:docomo

LTE上空利用プランとは、ドローンを利用する人専用の料金プランです。

ドローンに対応のSIMカードを挿入、もしくは同SIMカードを挿入したLTE対応端末をドローンに搭載することでネットワークを利用できます。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 LTE上空利用プラン
データ通信量 120GB
月額料金
49,800円
通信規格 4G LTE
 通信可能エリア 全国

動画撮影用として、農業や物流、災害対策などにて活用できます。

利用したい場合には、プランに契約した後に「LTE上空利用予約」にて利用日時・場所・台数・高度などの事前予約が必要です。

1-10. ケータイプラン

ドコモのケータイプラン出典:docomo

ケータイプランは、Xi(クロッシィ)対応のスマホを持っており、データ通信量が少ないものの家族との通話をよりお得に楽しめるプランです。

Xi(クロッシィ)とは、データ通信に対応した専用のアクセスポイントで、超高速データ通信を楽しめるという特徴があります。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 ケータイプラン
データ通信量 100MB
月額料金
定期契約なし 1,507円
定期契約あり 1,320円
 国内通話料 通話30秒あたり22円
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

※2022年9月1日(金)以降、「定期契約あり」プランには加入できません。

家族間通話料金が無料になるので、普段から家族との通話が多い場合におすすめです。

1-11. キッズケータイプラン(Xi)

キッズケータイプラン(Xi)出典:docomo

キッズケータイプラン(Xi)は、12歳以下の人が加入できるプランです。

データ通信は利用できないものの、家族間での国内通話が無料で利用できます。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 キッズケータイプラン(Xi)
データ通信量 利用不可
月額料金
550円
 国内通話料 通話30秒あたり22円
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

ただし、キッズケータイプランを利用するためには「キッズケータイ SH-03M」の機種が必要となるので注意しましょう。

1-12. ahamo

ahamoのロゴ出典:ahamo

ahamo(アハモ)」は2021年3月26日に提供を開始した、ドコモの新プラン※注1です。

月20GBのデータ通信が利用でき、5分以内の通話が無料となります。

料金表をまとめると、以下の通りです。

項目 ahamo
データ通信量 20GB
月額料金
2,970円
海外ローミング 20GBまで無料
 国内通話料 5分以内の国内通話が無料
(※5分を超過した場合、通話30秒あたり22円)
 SMS送信料 1回あたり3.3円~(受信 無料)
※国際SMS:1回あたり50円~(受信 無料)

さらに、海外エリアでは月間データ容量(20GB)の範囲内であればパケット通信も追加料金なしで利用できます※注2

従来であれば、下記の写真のとおり、ローミング費用として最低でも1日あたり980円かかっていました。

ドコモのローミング費用出典:docomo

従来かかっていた上記のローミング費用が無料となるので、ドコモよりもお得に利用できます。

追加料金が不要なのは安心ですし、海外用格安SIMや海外ポケットWi-Fiの手配も必要なくなりますので、非常に便利です。


※注1 ahamoでは、キャリアメールなど⼀部ご利⽤できないサービスがあります。
※注2 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は、速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。

1-13. ドコモのエコノミーMVNO

出典:docomo

エコノミーMVNOとは、ドコモショップで手続きできるMVNO事業者で、現在以下のMVNO事業者と連携しています。

  • OCNモバイルONE
  • freebit

MVNOとは格安SIMを提供している事業者のことで、ドコモなどから通信回線を借り、自社ブランドのサービスとして格安SIMを提供しています。

ドコモ自身が提供するわけではないものの、「少しでも料金の安いプランを利用したい」というユーザーの声に答えるために、2022年8月7日にMVNOとの連携に合意しました。

エコノミーMVNOの定義について、ドコモは以下のように発表しています。

ドコモとの連携について合意し、以下の特徴や機能をもった料金サービスを提供するMVNOです。

  • 低廉で小容量の料金プランを提供
  • マイページへのアクセスやサービス認証等にdアカウントをメインで使用
  • dポイントクラブ加盟店となり、通信料、サービス利用に対してdポイントを付与
  • 通信料金へのdポイントの充当が可能

※連携にあたっては、ドコモが別に定める条件等に合意いただくことが必要です。

出典先:ドコモ

利用料金はMVNO事業者によって異なるものの、dアカウントやdポイントなどを月額料金に充当することも可能なので、よりお得にスマホが利用できます。

ドコモ公式

ドコモ公式サイト
https://www.nttdocomo.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

次の章では、全体的に高いドコモ料金を少しでも安くする方法について解説していきます。

2. どのくらい安くなる?高いドコモ料金を少しでも安くする方法

この章では、高いドコモ料金を少しでも安くする方法について解説していきます。

方法をまとめると、以下の通りです。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

※ちなみに、すでにドコモ料金を安くする方法を知っている場合は「3章:あなたにおすすめのドコモ料金プランを紹介」へとお進みください。

2-1. 割引サービスを活用する

ドコモの割引サービスを活用すれば、料金を抑えることが可能です。

例えば、ドコモには以下の割引サービスがあります。

ドコモの割引情報 特徴
ファミリー割引 家族でドコモに申し込むことで、家族内の国内通話が無料。
※FOMAサービスを利用している場合は、以下のように割引額が変化します。
・基本使用料が25%割引
・家族の通話料が30%割引
・一般の通話料が10%割引
みんなドコモ割 ファミリー割引グループ内で、回線数に応じて月額料金が割引される。
(2回線目で550円割引、3回線以上で1,100円割引)
ドコモ光セット割 ドコモのスマホと一緒に、「ドコモ光」をセットで契約した場合に、「ドコモのギガプラン」またはパケットパックの月額料金が最大で1,100円の割引される。
home 5G セット割 ドコモのスマホと一緒に、「home 5G」をセットで契約した場合に、「ドコモのギガプラン」の月額料金が最大で1,100円の割引される。
dカードお支払い割 ドコモの対象料金をdカード/dカードGOLDにて支払した場合、187円割引される。
ハーティ割引 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳などの交付がある場合、月額料金や基本使用料などが割引される。
子育てサポート割引 ひとり親世帯で「ドコモギガプラン」契約している場合、月額料金を毎月1,100円割引される。
U30ロング割 お申し込み時点で30歳以下であれば、最大6カ月間は3,839円割引される。
(7カ月目~30歳までは550円割引)
はじめてスマホ割
(はじめてスマホプラン)
「はじめてスマホプラン」に加入すると、最大で12カ月間は550円割引される。
U15はじめてスマホ割
(U15はじめてスマホプラン)
「U15はじめてスマホプラン」に加入すると、最大で12カ月間は550円割引される。
月々サポート 購入した機種に応じて、月々サポート適用金額を利用料金から割引される。

例えば、30歳以下で5Gギガホ プレミアを契約しつつ、「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」「U30ロング割」「dカードお支払割」を適用させれば、最大で6カ月間は5,676円割引されます。

※3回線で契約した場合の料金

項目 料金
5Gギガホ プレミア 7,315円/月
みんなドコモ割
(3回線以上)
―1,100円/月
ドコモ光セット割 ―1,100円/月
U30ロング割 ―3,839円/月
dカードお支払割 ―187円/月
月額料金
(最大6カ月間)
1,089円/月
月額料金
(7カ月目~30歳まで)
4,378円/月

他にも、5Gギガライトを「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」「dカードお支払割」を適用させれば、最大で2,387円割引されます。

※3回線で契約した場合の料金

項目 料金
5Gギガライト
(7GB)
6,765円/月
みんなドコモ割
(3回線以上)
―1,100円/月
ドコモ光セット割 ―1,100円/月
dカードお支払割 ―187円/月
月額料金
4,378円/月

さらに、毎月の月額料金が割引されるだけでなく、家族との通話が無料になるサービスもあります。

利用するプランに応じて適用されるかは変化しますが、少しでも料金を安くしたいなら割引サービスを活用していきましょう。

ドコモ公式

ドコモ公式サイト
https://www.nttdocomo.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

2-2. ahamoに乗り換える

ドコモのプランがどうしても高いと感じるなら、ドコモが提供する格安SIM『ahamo』に乗り換えるのもおすすめです。

従来のドコモは、データ通信量に制限のない「ギガホ」プランと、7GBまでの「ギガライト」プランと、使用できるデータ容量が両極端でした。

その点、ahamoのデータ通信量は20GBとなっており、「回線セット割引が適用されない場合はahamoがおすすめ」と言えます。

-スマホの方は左右にスクロールできます-

 プラン データ容量 月額利用料 5分通話オプション
ahamo(アハモ) 20GBまで 2,970円※注1 0円
※プラン内に組み込み
5Gギガホ プレミア 無制限 7,315円 770円/月
ギガライト 1GB~7GB 3,465円~6,765円 770円/月

ちなみに、20GBでできることの目安としては、以下になります。

20GBでできること

  • ネット閲覧、Yahoo!トップページ閲覧(236KB):約2,580ページ/1日あたり
  • LINE無料通話:(1分/0.5MB)約1,290分/1日あたり
  • テキストメール・約13万回/1日あたり
  • YouTubeでの動画閲覧(360P/2MB):約5時間/1日あたり
  • GoogleMap(732KB):約840回/1日あたり

なお、20GBを超えると送受信時最大1Mbpsになりますが、この速度はYouTubeが標準画質で視聴できるレベルなのであまり心配はないでしょう。

また、データ通信容量を利用したい場合には、1GBあたり550円で追加購入が可能です。

ahamo公式

ahamo公式サイト
https://ahamo.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。


※注1 機種代⾦は別途必要になります。

2-3. 他社の格安SIMに乗り換える

ドコモに特にこだわりがないのであれば、他社の格安SIMへの乗り換えも検討していきましょう。

現在20社以上もある格安SIMの中には、ドコモよりも安い月額料金を提供しているサービスもあります。

例えば、大手キャリアのスマホ料金よりも安くなる格安SIMには下記のようなものがあります。

  • povo(au)
  • LINEMO(ソフトバンク)
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • 楽天モバイル 等々

下記の記事では20社以上もあるサービスを、格安SIMの選び方からあなたが選ぶべき格安SIMまで紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

【2021年12月版】格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

3. あなたにおすすめのドコモ料金プランを紹介

ドコモにて最適な料金プランを選ぶためには、プランの特徴を理解しつつ、料金を少しでも安くするための施策を行うことが大切です。

ただし、契約する人の状況や普段使用する容量によって最適なプランは異なるので注意しなくてはいけません。

そこで、この章では以下の状況別に合わせて、おすすめのドコモプランを紹介していきます。

割引や使う容量も加味しながらおすすめのプランを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

3-1. 単身世帯の場合

単身世帯でドコモプランへの加入を検討している場合、状況別でおすすめのプランは異なります。

以下の表では、状況別でおすすめのプランや適用される割引サービス、割引適用後の最安料金についてまとめました。

-スマホの方は横にスクロールできます-

使う容量 おすすめのプラン 最安料金
(割引適用後の金額)
適用される割引サービス
20GB~無制限 30歳以上の場合 5Gギガホ プレミア 5Gギガホ プレミア:7,128円/月 dカードお支払い割(割引額:187円/月)
30歳未満の場合 5Gギガホ プレミア 3,289円/月
(最大6カ月間)
・U30ロング割(割引額:3,839円/月)
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
1GB~20GB ahamo 2,980円/月 特になし
1GB ドコモに初めて
申し込む場合
はじめてスマホプラン 1,078円/月
(最大12カ月間)
・はじめてスマホ割(割引額:550円/月)
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
プラン変更の場合 ahamo 2,980円/月 特になし

ここからは、状況別に合わせたおすすめのプランを紹介しつつ、おすすめ理由について解説していきます。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「dカード支払い割」のみ適用され、毎月187円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』プランの月額料金が7,128円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「U30ロング割」「dカード支払い割」のみ適用され、最大6カ月間は4,026円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』の月額料金が最大6カ月間は3,289円となるので、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が1GB~20GB」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が1GB~20GB」の場合、おすすめのプランはahamoとなります。

なぜなら、ドコモが提供するプランの中で最安となるプランだからです。

ahamoの利用料金は2,980円でして、データ通信量は20GBまでは追加料金なく利用できます。

さらに、5分間の国内通話が無料でついてくるので、電話代も抑えることが可能です。

「月に使う通信量が1GB」「ドコモに初めての申し込み」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が1GB」「ドコモに初めての申込」の場合、おすすめのプランは『はじめてスマホプラン』となります。

なぜなら、『はじめてスマホプラン』ドコモに新規契約をする人向けのプランなだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「はじめてスマホ割」「dカード支払い割」のみ適用され、最大12カ月は737円安くなります。

割引が適用されると、『はじめてスマホプラン』の月額料金が最大12カ月間は1,078円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が1GB」「プラン変更」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が1GB」「プラン変更」の場合、おすすめのプランはahamoとなります。

なぜなら、ドコモが提供するプランの中で最安となるプランだからです。

ahamoの利用できるデータ通信量は20GBまでとギガ数は余ってしまうものの、利用料金は最安の2,980円となります。

さらに、5分間の国内通話が無料でついてくるので、電話代も抑えることが可能です。

3-2. 家族で契約する場合

家族でドコモプランへの加入を検討している場合、状況別でおすすめのプランは異なります。

以下の表では、状況別でおすすめのプランや適用される割引サービス、割引適用後の最安料金についてまとめました。

-スマホの方は横にスクロールできます-

使う容量 おすすめのプラン 最安料金
(割引適用後の金額)
適用される割引サービス
20GB~無制限 30歳以上の場合 5Gギガホ プレミア 家族2人の場合:6,578円/月
家族3人以上の場合:6,028円/月
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・みんなドコモ割(割引額:家族2人で550円/月、家族3人以上で1,100円/月)
30歳未満の場合 5Gギガホ プレミア 家族2人の場合:2,459円/月(最大6カ月間)
家族3人以上の場合:1,909円/月(最大6カ月間)
・U30ロング割(割引額:3,839円/月)
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・みんなドコモ割(割引額:家族2人で550円/月、家族3人以上で1,100円/月)
1GB~20GB ahamo 2,980円/月 特になし
1GB ドコモに初めて
申し込む場合
はじめてスマホプラン 1,078円/月
(最大12カ月間)
・はじめてスマホ割(割引額:550円/月)
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
プラン変更の場合 5Gギガライト
or
ギガライト
家族2人の場合:2,728円/月
家族3人以上の場合:2,178円/月
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・みんなドコモ割(割引額:家族2人で550円/月、家族3人以上で1,100円/月)

ここからは、状況別に合わせたおすすめのプランを紹介しつつ、おすすめ理由について解説していきます。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「dカード支払い割」「みんなドコモ割」が適用され、家族2人で契約する場合は737円、家族3人以上で契約する場合は1,287円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』プランの月額料金が家族2人の場合で6,578円、家族3人以上の場合で6,028円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「U30ロング割」「dカード支払い割」「みんなドコモ割」が適用され、最大6カ月間は家族2人で契約する場合は4,576円、家族3人以上で契約する場合は5,126円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』プランの月額料金が最大6カ月間は家族2人の場合で2,459円、家族3人以上の場合で1,909円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が1GB~20GB」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が1GB~20GB」の場合、おすすめのプランはahamoとなります。

なぜなら、ドコモが提供するプランの中で最安となるプランだからです。

ahamoの利用料金は2,980円でして、データ通信量は20GBまでは追加料金なく利用できます。

さらに、5分間の国内通話が無料でついてくるので、電話代も抑えることが可能です。

「月に使う通信量が1GB」「ドコモに初めての申し込み」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が1GB」「ドコモに初めての申込」の場合、おすすめのプランは『はじめてスマホプラン』となります。

なぜなら、『はじめてスマホプラン』ドコモに新規契約をする人向けのプランなだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「はじめてスマホ割」「dカード支払い割」のみ適用され、最大12カ月は737円安くなります。

割引が適用されると、『はじめてスマホプラン』の月額料金が最大12カ月間は1,078円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が1GB」「プラン変更」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が1GB」「プラン変更」の場合、おすすめのプランは『5Gギガライト』もしくは『ギガライト』となります。

なぜなら、それぞれ割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「dカード支払い割」「みんなドコモ割」が適用され、家族2人で契約する場合は737円、家族3人以上で契約する場合は1,287円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガライト』もしくは『ギガライト』プランの月額料金が家族2人の場合で2,739円、家族3人以上の場合で2,189円となり、最もお得に利用可能です。

3-3. ドコモ光セットを利用する場合(単身世帯)

ドコモ光セットを利用しつつ、単身世帯でドコモプランへの加入を検討している場合、状況別でおすすめのプランは異なります。

以下の表では、状況別でおすすめのプランや適用される割引サービス、割引適用後の最安料金についてまとめました。

-スマホの方は横にスクロールできます-

使う容量 おすすめのプラン 最安料金
(割引適用後の金額)
適用される割引サービス
20GB~無制限 30歳以上の場合 5Gギガホ プレミア 6,028円/月 ・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・ドコモ光セット割(割引額:1,100円/月)
30歳未満の場合 5Gギガホ プレミア 1,909円/月
(最大6カ月間)
・U30ロング割(割引額:3,839円/月)
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・ドコモ光セット割(割引額:1,100円/月)
1GB~20GB ahamo 2,980円/月 特になし
1GB ドコモに初めて
申し込む場合
はじめてスマホプラン 1,078円/月
(最大12カ月間)
・はじめてスマホ割(割引額:550円/月)
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
プラン変更の場合 ahamo 2,980円/月 特になし

ここからは、状況別に合わせたおすすめのプランを紹介しつつ、おすすめ理由について解説していきます。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「dカード支払い割」「ドコモ光セット割」のみ適用され、毎月1,287円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』または『ギガホ プレミア』プランの月額料金が6,028円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「U30ロング割」「dカード支払い割」「ドコモ光セット割」のみ適用され、最大6カ月間は5,126円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』プランの月額料金が最大6カ月間は2,189円となるので、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が1GB~20GB」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が1GB~20GB」の場合、おすすめのプランはahamoとなります。

なぜなら、ドコモが提供するプランの中で最安となるプランだからです。

ahamoの利用料金は2,980円でして、データ通信量は20GBまでは追加料金なく利用できます。

さらに、5分間の国内通話が無料でついてくるので、電話代も抑えることが可能です。

「月に使う通信量が1GB」「ドコモに初めての申し込み」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が1GB」「ドコモに初めての申込」の場合、おすすめのプランは『はじめてスマホプラン』となります。

なぜなら、『はじめてスマホプラン』はドコモに新規契約をする人向けのプランなだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「はじめてスマホ割」「dカード支払い割」のみ適用され、最大12カ月は737円安くなります。(※光セット割は適用されません。)

割引が適用されると、『はじめてスマホプラン』の月額料金が最大12カ月間は1,078円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が1GB」「プラン変更」の場合におすすめのプラン

単身世帯で「月に使う通信量が1GB」「プラン変更」の場合、おすすめのプランはahamoとなります。

なぜなら、ドコモが提供するプランの中で最安となるプランだからです。

ahamoの利用できるデータ通信量は20GBまでとギガ数は余ってしまうものの、利用料金は最安の2,980円となります。

さらに、5分間の国内通話が無料でついてくるので、電話代も抑えることが可能です。

3-4. ドコモ光セットを利用する場合(家族での契約)

ドコモ光セットを利用しつつ、家族でドコモプランへの加入を検討している場合、状況別でおすすめのプランは異なります。

以下の表では、状況別でおすすめのプランや適用される割引サービス、割引適用後の最安料金についてまとめました。

-スマホの方は横にスクロールできます-

使う容量 おすすめのプラン 最安料金
(割引適用後の金額)
適用される割引サービス
20GB~無制限 30歳以上の場合 5Gギガホ プレミア 家族2人の場合:5,478円/月
家族3人以上の場合:4,928円/月
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・みんなドコモ割(割引額:家族2人で550円/月、家族3人以上で1,100円/月)
・ドコモ光セット割(割引額:1,100円/月)
30歳未満の場合 5Gギガホ プレミア 家族2人の場合:2,459円/月(最大6カ月間)
家族3人以上の場合:1,909円/月(最大6カ月間)
・U30ロング割(割引額:3,839円/月)
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・みんなドコモ割(割引額:家族2人で550円/月、家族3人以上で1,100円/月)
・ドコモ光セット割(割引額:1,100円/月)
3GB~20GB ahamo 2,980円/月 特になし
1GB~3GB 5Gギガライト
or
ギガライト
家族2人の場合:1,628円/月
家族3人以上の場合:1,078円/月
・dカードお支払い割(割引額:187円/月)
・みんなドコモ割(割引額:家族2人で550円/月、家族3人以上で1,100円/月)
・ドコモ光セット割(割引額:1,100円/月)

ここからは、状況別に合わせたおすすめのプランを紹介しつつ、おすすめ理由について解説していきます。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以上」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「dカード支払い割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」が適用され、家族2人で契約する場合は1,837円、家族3人以上で契約する場合は2,387円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』プランの月額料金が家族2人の場合で5,478円、家族3人以上の場合で4,928円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が20GB~無制限」「30歳以下」の場合、おすすめのプランは『5Gギガホ プレミア』となります。

なぜなら、『5Gギガホ プレミア』はネット通信が無制限で楽しめるだけでなく、割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「U30ロング割」「dカード支払い割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」のみ適用され、家族2人で契約する場合は5,676円、家族3人以上で契約する場合は6,226円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガホ プレミア』プランの月額料金が最大6カ月間は家族2人の場合で1,639円、家族3人以上の場合で1,089円となり、最もお得に利用可能です。

「月に使う通信量が3GB~20GB」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が1GB~20GB」の場合、おすすめのプランはahamoとなります。

なぜなら、ドコモが提供するプランの中で最安となるプランだからです。

ahamoの利用料金は2,980円でして、データ通信量は20GBまでは追加料金なく利用できます。

さらに、5分間の国内通話が無料でついてくるので、電話代も抑えることが可能です。

「月に使う通信量が1GB~3GB」の場合におすすめのプラン

家族で契約しつつ「月に使う通信量が1GB~3GB」の場合、おすすめのプランは『5Gギガライト』もしくは『ギガライト』となります。

なぜなら、それぞれ割引適用後の料金が最安となるプランだからです。

割引サービスは「dカード支払い割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」が適用され、家族2人で契約する場合は1,837円、家族3人以上で契約する場合は2,387円安くなります。

割引が適用されると、『5Gギガライト』もしくは『ギガライト』プランの月額料金が家族2人の場合で1,628円、家族3人以上の場合で1,078円となり、最もお得に利用可能です。

4. ドコモ料金シミュレーションよりわかりやすい!ピッタリな料金プランの選び方

ドコモには、自分にピッタリなプランを探すのに役立つ「ドコモ料金シミュレーション」というサービスがあります。

ドコモ料金シミュレーションとは、契約した際の月額料金をシミュレーションできるドコモオリジナルサービスです。

最適なプランを見つけるために利用されますが、「最適なプランを紹介してくれない可能性がある」というデメリットがあります。

そこでこの章では、あなたに最適な料金プランを見つけるために、正しい料金プランの選び方を以下の順番で解説していきます。

  1. 端末を選ぶ
  2. データ容量を選ぶ

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

STEP1. 端末を選ぶ

まずは料金プランを選ぶ前に、利用予定の端末を選んでいきましょう。

端末の購入方法としては、以下の通りです。

それでは、それぞれの購入方法の詳細を解説していきます。

※ちなみに、現在使っているスマホをそのまま使う場合、端末の購入は必要ありません。

ドコモオンラインショップを利用する

ドコモ(店舗・オンラインショップ)出典:ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップでは、スマホ端末の販売も行っているため、端末の購入ができます。

またiPhoneやAndroid以外にも、タブレットやデータ通信製品なども販売しているのが特徴です。

ドコモオンラインショップ出典:docomoオンラインショップ

また、ドコモオンラインショップでは、定期的に「端末購入割引キャンペーン」を実施しています。

キャンペーン対象機種なら10,000円以上割引されるので、できる限り安く端末を購入したい場合はぜひ活用してみてください。

オンラインショップに進む

自身で端末を購入する

自前で端末を用意する場合は、家電量販店やメーカー、中古スマホショップなどで端末を購入するか、端末を譲り受けるなどの準備が必要になります。

しかし、購入した端末が問題なく動作するかは、ドコモ公式ページの「動作対応機種」で確認しなければなりません。

ただし、動作保証されている機種であれば、好きな端末を利用できるというメリットがあります。

STEP2. データ容量を決める

次に、必要なデータ容量を決めていきましょう。

ドコモの料金プランを選んでいくにあたって、なるべくあなたの身の丈に合ったプランを選んだほうがお得です。

なぜなら、通信量(容量)によって料金が異なり、容量の大きいプランを選択すると当然料金も高くなるからです

キャリア別料金チェック法

下記の方法で、大手キャリアごとであなたが実際に使っているデータ容量がわかるので、どれくらい必要かわからない方はチェックしましょう。

ドコモ My docomo、dメニューで確認

  • パソコンからの場合、My docomoにログイン → 「料金や支払い状況を確認したい」選択 → 「利用明細・履歴の確認」から、「ご利用データ量確認(当月ご利用分)」選択。
  • スマホからの場合、dメニュー →「 お客様サポートへ」選択 → 「ご利用データ通信料確認(当月分)」選択 →暗証番号を入力し「ログイン」選択。
au My auで確認

My auにログイン → LTE通信量合計に今月のデータ量が表示。前月のデータ量は内訳から確認。

ソフトバンク My SoftBankで確認

  • パソコンからの場合、My SoftBankへログイン → 「料金案内」>「ご請求書(内訳)の確認」の通信使用量を確認。
  • スマホからの場合、My SoftBankへログイン → 「料金確認」→該当月の「内訳を見る」の通信使用量を確認。

1日あたり各データ量でできること

また、上記ログインできない方のために、どのくらいのつき容量で何をどの位できるかの大体の目安を下記にまとめました。

-スマホの方はスクロールできます-

月の契約容量

ネット閲覧
(0.3MB)

LINE無料通話
(1分/0.3MB)
テキストメール
(1回/0.005MB)
YouTube標準画質
(1分/10MB)
GoogleMap
(732KB)
1GB 1日約100回 1日約110分 1日約7千回 1日約3分 1日約40回
3GB 1日約300回 1日約330分 1日約2万回 1日約9分 1日約120回
7GB 1日約700回 1日約770 1日約5万回 1日約21分 1日約280回
10GB 1日約1,000回 1日約1,100分 1日約7万回 1日約30分 1日約400回
20GB 1日約2,000回 1日約2,200分 1日約14万回 1日約60分 1日約800回
60GB 1日約6,000回 1日約6,600分 1日約42万回 1日約180分 1日約2,400回

普段からどれだけスマホを見ているかを考慮しながら、自分に最適なデータ量を選ぶようにしていきましょう。

そして、データ量に合わせてドコモの料金プランを選んでいくのが最適な選び方となります。

次の章では、ドコモの料金プランを変更する方法と変更すべきタイミングについて解説していきます。

5. ドコモの料金プランを変更する方法と変更すべきタイミング

この章では、以下の流れでドコモの料金プランを変更する方法と変更すべきタイミングについて解説していきます。

それでは、詳しく見ていきましょう。

5-1. 料金プランを変更する方法

料金プランを変更する方法は、以下の状況別で異なります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

パソコンから料金プランを変更する場合

パソコンから料金プランを変更する場合は、まずMy docomoにログインして、「ご契約内容」をクリックしましょう。

ドコモのプラン変更方法出典:docomo

次に「変更」をクリックします。

ドコモのプラン変更方法出典:docomo

そして、最後に希望する料金プランを選択すれば、プランの変更は完了します。

ドコモのプラン変更方法出典:docomo

スマホから料金プランを変更する場合

スマホから回線接続する場合、まずMy docomoにログインして、「ご契約内容」をクリックしましょう。

ドコモのプラン変更方法出典:docomo

次に「変更」をタップします。

ドコモのプラン変更方法出典:docomo

そして、最後に希望する料金プランを選択すれば、プランの変更は完了します。

ドコモのプラン変更方法出典:docomo

ドコモの店舗で料金プランを変更する場合

ドコモの店舗に行けば、料金プランの変更が可能です。

ドコモスタッフに直接相談ができるので、安心してプラン変更ができます。

ただし、店舗でのプラン変更は以下のデメリットがあるので注意しましょう。

  • 免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要
  • 待ち時間が発生する
  • 手続きに時間がかかる場合もある

土日や祝日などは来店者が多くなるため、事前に予約をしてから来店するのがおすすめです。

【ドコモショップ一覧】

https://shop.smt.docomo.ne.jp/

電話で料金プランを変更する場合

ドコモは、電話でも料金プランを変更することが可能です。

自身の電話番号と、契約時に設定したネットワーク暗証番号を伝えることでプラン変更手続きが完了します。

もしネットワーク番号が分からない場合は、ドコモショップで再登録が必要となるので注意しましょう。

ドコモインフォメーションセンター

【電話番号】

  • ドコモ携帯電話からの場合:151(無料)
  • 一般の携帯電話からの場合:0120-800-000(無料)

【受付時間】

9:00~20:00(年中無休)

5-2. 料金プランを変更すべきタイミング

次に、ドコモの料金プランを変更すべきタイミングについて解説していきます。

理想的なタイミングをまとめると、以下の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

月々サポート割引が終了したタイミング

ドコモの月々サポート割引が適用されている場合、サポートが終了したタイミングで料金プランを変更するのがおすすめです。

月々サポートは、最大24カ月間または36カ月間、購入した端末ごとに設定した一定額を毎月割引をしてくれるサービスとなります。

ただし、サポートが終了したり期間内に料金プランを変更してしまうと、割引が終了してしまい月額料金が高くなってしまうのです。

そのため、端末の未払い金が残っている場合、月々サポート割引が終了したタイミングでプラン変更するようにしましょう。

機種変更をするタイミング

機種変更をするタイミングで、料金プランを変更するのもおすすめです。

料金プランとともに機種代金を見直すことで、毎月支払うスマホ料金を抑えれます。

ちなみに、「機種変更はいつするのがお得か?」と悩んでいる場合、以下のタイミングで機種の変更を検討すると良いでしょう。

  1. 端末が古くなったタイミング
  2. 新しい端末が発売されたタイミング
  3. 利用端末の修理窓口の受付期間が終了したタイミング

機種変更と同時にプラン変更をすれば、手続きも1度で終わるので、よりスムーズです。

次の章では、ドコモの利用料金を確認する方法について解説していきます。

6. ドコモの利用料金を確認する方法

現在ドコモを利用している場合、以下の方法にて利用料金を確認することが可能です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

6-1. 料金明細サービスを利用する

ドコモの料金明細サービス出典:docomo

ドコモには、毎月の料金明細内訳を閲覧できる「料金明細サービス」があります。

利用時間や通話時間、通話料など細かい内訳を知れるので、より細かい数値をみたい人におすすめの確認方法です。

ちなみに、My docomoからログインすることで、誰でも簡単に閲覧可能です。

ただし、サービスを利用するには事前に申込をしておかなくてはいけません。

また、通話・通信の利用ができない場合や名義変更をしてしまった場合は明細が閲覧できないので注意しましょう。

6-2. パソコンから確認する

ドコモの料金は、パソコンからも確認できます。

My docomoを開き、メニューの「料金」から「ご利用料金の確認」をクリックすれば、誰でも簡単に確認可能です。

ただし、以下のように閲覧できる項目が限られているので注意しましょう。

  • 当月分のご利用状況
  • 前月以前分(過去4カ月分)のご利用状況
  • 利用額推移(グラフ)

料金明細サービスに比べると、細かい数値が確認はできないものの、過去4カ月分の月額料金を閲覧することが可能です。

6-3. iモードから確認する

ドコモの料金は、iモード(携帯電話IP接続サービス)からも確認できます。

iモードの「お客様サポート」を開くことで、誰でも簡単に確認可能です。

ただし、以下のように閲覧できる項目が限られているので注意しましょう。

  • 当月分のご利用状況
  • 前月以前分(過去4カ月分)のご利用状況
  • 利用額推移(グラフ)

料金明細サービスに比べると、細かい数値が確認はできないものの、過去4カ月分の月額料金を閲覧することが可能です。

ちなみに、料金を確認する際のパケット通信料は無料となります。

6-4. spモードから確認する

ドコモの料金は、spモード(スマホ向けプロバイダ)からも確認できます。

dメニューからMy docomo(お客様サポート)を開き、spモードサイト内の「ご利用料金の確認」をクリックすることで誰でも簡単に確認可能です。

ただし、以下のように閲覧できる項目が限られているので注意しましょう。

  • 当月分の利用額
  • 過去分の利用額

料金明細サービスに比べると、細かい数値が確認はできないものの、当月分と過去分の利用額を閲覧することが可能です。

6-5. iアプリから確認する

ドコモの料金は、iアプリからも確認できます。

確認手順としては以下の通りです。

  1. iMenuを開く
  2. お客様サポートを開く
  3. 「料金確認・診断」をクリック
  4. 「料金の確認・お支払い」をクリック
  5. 「ご利用料金の確認」をクリック
  6. ネットワーク暗証番号を入力
  7. ダウンロード

ダウンロード後はソフトを起動することで、通話料や通信料などが確認できます。

6-6. 自動音声ガイダンスから確認する

ドコモの料金は、自動音声ガイダンスからも確認できます。

確認方法としては、以下の通りです。

  1. 契約している回線から発信者番号を通知の上、番号『151』を押す
  2. 音声ガイダンスに従い、「5. 自動音声によるご利用料金、ポイントの案内」を選択
  3. 確認したい項目に合わせて番号を押す

ちなみに、確認できる項目は以下の通りです。

  • 当月分の利用額
  • 過去分の利用額
  • dポイント

料金明細サービスに比べると、細かい数値が確認はできないものの、当月分と過去分の利用額を閲覧することが可能です。

次にドコモ料金の支払い方法や支払いが遅れた場合の対処法を紹介していきます。

7. ドコモ料金の支払い方法や支払いが遅れた場合の対処法

この章では、ドコモ料金の支払い方法や支払い済みかを確認する方法、支払いが遅れた場合の対処法を以下の順番で解説していきます。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

7-1. ドコモ料金の支払い方法

ドコモ料金の支払い方法は、以下の3つです。

  • 口座振替
  • クレジットカード払い
  • 請求書払い

基本使用料と通話・通信料を、利用した月の翌月に請求されます。

ちなみに、請求書の発送時期は毎月10日~16日頃です。

ドコモの料金のご請求スケジュール出典:docomo

また、ドコモ料金の支払いに関する通知は「口座振替のご案内」「ご利用料金のご案内」の郵送に加えて、スマホ・ドコモケータイ・パソコンのWebサイト上で確認できます。

ただし、書面を郵送してもらうと発行手数料がかかるので、口座振替かクレジットカード払いにするのがおすすめです。

7-2. 料金が支払い済みかを確認する方法

次に、料金が支配済みかどうかの確認方法を見ていきましょう。

確認方法は以下の通りです。

それぞれ詳しく解説していきます。

My docomoにて確認

My docomoにログインして、「お支払い状況・おまとめ請求の確認」をクリックすれば、支払い状況を確認できます。

他にも、どれぐらい利用したかがわかる「ご料金料金確認サイト」という項目もあるので、一緒に確認しておくと良いでしょう。

ドコモショップで確認

ドコモショップに行けば、支払いが完了しているかの確認ができます。

ただし、確認するには免許証や保険証などの本人確認書類や利用端末が必要となるので、忘れずに持参するようにしましょう。

電話にて確認

電話にてドコモのインフォメーションセンターに電話をすれば、支払い状況を確認できます。

ただし、電話は契約者本人もしくは、一括請求にしている代表番号の契約者からかけなくては確認できないので注意しましょう。

ドコモインフォメーションセンター

【電話番号】

  • ドコモ携帯電話からの場合:151(無料)
  • 一般の携帯電話からの場合:0120-800-000(無料)

【受付時間】

9:00~20:00(年中無休)

書面で確認

毎月の利用料金が書かれた書類を郵送で発行しているなら、書面で支払い状況を確認できます。

ただし、書面を発行する場合、発行手数料がかかるので注意しましょう。

7-3. 料金の支払いが遅れた場合の対処法

料金の支払いが遅れた場合、以下の方法で対処をしていきましょう。

それぞれ解説していきます。

催促のハガキを受け取ってから支払う

もしドコモ料金の支払いが完了していない場合、登録している住所に催促のハガキが届きます。

ハガキには請求用のバーコードが書かれており、コンビニに持参することで支払いが可能です。

ちなみに、催促のハガキに記載されている期日を過ぎてしまうと、端末自体が使用停止になる可能性もあるので注意しましょう。

ドコモショップにて支払う

早めに支払いたいと考えるなら、ドコモショップにて料金を支払うという方法があります。

催促のハガキを待つより、早めに支払いができるので安心です。

ただし、待ち時間が発生する可能性があるので、事前に予約をしてから向かうようにしましょう。

8. よくある質問

この章では、ドコモの料金についてよくある質問にお答えします。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

Q1. 0570から始まる電話番号への通話料金はどうなる?

ナビダイヤル「0570」はNTTコミュニケーションズ株式会社が提供するサービスで、提供元によって通信料金は決まってきます。

利用料金はナビダイヤル基本サービス料金によって変化するので、詳しく知りたい場合はNTTコミュニケーションズにてご確認ください。

NTTコミュニケーションズ・ナビダイヤル

https://www.ntt.com/business/services/voice-video/freedial-navidial/navidial.html

Q2. ドコモ料金の支払い時に利用している口座は変更可能?

口座の変更はオンライン、もしくはドコモの店舗にて可能です。

オンラインの場合、以下の手順通りに手続きを済ませれば、別の口座に変更できます。

  1. My docomoにログインする
  2. 現在の支払い方法を確認して、「口座振替支払いへ変更」をタップ
  3. 「オンラインで今すぐ口座振替を申込」もしくは「口座振替申込書を送付」をタップ
  4. 受付確認メールの送信先を選択し、「次へ」をタップ
  5. 利用したい金融機関を選択
  6. 選択した金融機関・口座情報を確認
  7. 「金融機関へ」をタップし各金融機関サイトで手続きを進める
  8. 手続き内容の確認をしたのちに、「手続きを完了する」をタップ

また、ドコモの店舗であれば口座振替申込書を用意しており、すぐに口座変更が可能です。

ただし、ドコモの店舗で変更する場合は『預金通帳の口座番号』と『金融機関への届出印』が必要なので注意しましょう。

Q3. ドコモ乗り換え(MNP)時に料金はかかる?

他社からドコモに乗り換える場合、料金はかかりません。

しかし、キャリアによっては解約時に違約金が発生する場合があるので注意が必要です。

例えば、auは2年契約で自動更新となるため、更新期間以外で乗り換えをしてしまうと契約解除料がかかります。

出典:au

また、ソフトバンクのプランは、「基本プラン」「標準プラン」「通話基本プラン・スマ放題/スマ放題ライト」「ホワイトプラン」があり、それぞれで解約手数料が異なります。

プラン内容 契約期間 解約金
基本プラン 契約期間なし
  • 不要
標準プラン 契約期間なし
  • 1カ月目:10,450円
  • 2カ月目:7,975円
  • 3カ月目:5,500円
  • 4カ月目以降:不要
通話基本プラン・スマ放題/スマ放題ライト 2年
  • 1〜23カ月目:10,450円
  • 24〜26カ月目:不要
  • 27カ月目以降:10,450円
2年(フリープラン)
  • 1〜23カ月目:10,450円
  • 24カ月目以降:不要
契約期間なし
  • 1カ月目:10,450円
  • 2カ月目:7,975円
  • 3カ月目:5,500円
  • 4カ月目以降:不要
ホワイトプラン 2年
  • 1〜23カ月目:10,450円
  • 24〜26カ月目:不要
  • 27カ月目以降:10,450円

少しでも手数料を抑えたいと思うなら、各キャリアの更新期間を意識して乗り換えを検討していきましょう。

まとめ

ドコモの料金全般について解説しつつ、高いドコモ料金を少しでも安くする方法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ドコモの料金プランは豊富で、1GB~無制限と利用するデータ容量に合わせてプランが選べます。

ドコモ公式

ドコモ公式サイト
https://www.nttdocomo.co.jp/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

ただし、ドコモの料金プランは全体的に高めに設定されているので、少しでも携帯料金を安く抑えたい方はドコモが提供するahamoなどの格安SIMに変更するのがおすすめです。

ahamo公式

ahamo公式サイト
https://ahamo.com/

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

また、ドコモに特にこだわりがないのであれば、他社の格安SIMへの乗り換えも検討していきましょう。

現在20社以上もある格安SIMの中には、ドコモよりも安い月額料金で、ドコモと同じぐらいの通信速度が出るサービスもあります。

例えば、通信速度が安定していて、大手キャリアのスマホ料金よりも安くなる格安SIMには下記のようなものがあります。

  • povo(au)
  • LINEMO(ソフトバンク)
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • 楽天モバイル 等々

下記の記事では20社以上もあるサービスを、格安SIMの選び方からあなたが選ぶべき格安SIMまで紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

参考記事:格安SIMおすすめランキング|速度・料金で徹底比較

このページを参考に、あなたがドコモの料金について詳しく理解して、お得にスマホを利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る