2024年版!マンションでおすすめの光回線と確認しておきたい全手順!

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
マンションでネットを使う女性

「マンションで光回線を使うには?」「工事内容やおすすめの光回線は?」など、お困りではありませんか?

結論、マンションで光回線を使いたい場合、マンションの設備状況によって契約できるタイプや工事内容が異なるため、以下の3つを確認しておくことが大切です。

  • マンションに光回線設備が導入されているか
  • マンションで光回線の工事は可能か
  • マンションで利用できるのはどの光回線か

この記事では、長年に渡って光回線を販売してきた筆者が、マンションで光回線を利用するために確認しておくべきことや利用するまでの流れに加え、おすすめの光回線について解説します。

  1. 光回線をマンションで使うために確認したい3つのこと
  2. 2024年最新!マンションでおすすめの光回線
  3. マンションで光回線を利用するまでの流れ
  4. マンションで光回線を利用する際の注意点
  5. マンションの光回線についてよくある質問

すべて読めば、今ある疑問をすべて解消し、マンションでお得な光回線をスムーズに導入することができます。

1.光回線をマンションで使うために確認したい3つのこと

マンションのような集合住宅で光回線を契約したい場合、以下3つの点を確認しておく必要があります。

1つずつ順番に解説していきます。

1-1.マンションで光回線設備が導入されているか

まず、マンションやアパートなどの集合住宅の中には、すでに光回線の設備が整備されている場合があります。

ただし、インターネット設備がどの程度まで導入されているかによって、工事内容や契約の有無も異なってくるため、事前に確認しておくことが大切です。

マンション等の集合住宅では、以下4つの段階に分類されます。

  1. インターネット(Wi-Fi)完備
  2. インターネット対応/光ファイバー対応(共有部まで)
  3. インターネット対応/光ファイバー対応(部屋まで)
  4. インターネット設備非対応

②③の「インターネット対応/光ファイバー対応」は、賃貸マンション等で最も多い設備表記ですが、建物のどこまで設備が導入されているかによって工事も異なるので注意してください。

以下は、それぞれの設備状況で必要な工事や契約の有無です。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

マンションの設備状況工事有無工事内容光回線の契約
①インターネット(Wi-Fi)完備なし
②インターネット/光ファイバー対応(共有部まで)あり共有部から部屋まで配線を引く工事(派遣工事)必要
③インターネット/光ファイバー対応(部屋まで)なし回線業者側で開通(無派遣工事)必要
④インターネット完備非対応あり建物自体に配線を引く工事(派遣工事)必要

順番に解説していきます。

①インターネット(Wi-Fi)完備

インターネット(Wi-Fi)完備のマンションとは、インターネット設備はもちろん、プロバイダ契約までがされており、入居したらすぐにインターネットやWi-Fiが使えるマンションです。

インターネット利用料も家賃や管理費等に含まれている場合が多く、費用も手間もかからずに使うことができます。

ただし、契約している回線が光回線とは限らない上に、通信速度は比較的遅い傾向にあるため、個別でプロバイダ契約やインターネット回線を引く人も少なくありません。

こうした方々のように、マンション備え付けの回線が不満に思った方は、こちらの章「2024年最新!マンションでおすすめの光回線」を参考にご自身で光回線を契約することも検討しましょう。

②インターネット対応/光ファイバー対応(共有部まで)

インターネット対応/光ファイバー対応と書かれているマンションでは、すでに建物内への配線工事は完了しています。

ただし、配線工事がマンションの「共用部まで」か「部屋まで」かによって工事の有無が異なります。

下記のように、「マンション内共用スペース(スプリッタ)」までの導入であれば、共用部から各部屋に配線を引く工事(光コンセントの設置)が必要になります。

光回線配線工事|フレッツ光出典:フレッツ光

事前に確認しておくポイントとして、以下の2点をチェックしましょう。

  • 導入されている回線はどの会社のものか
  • (「インターネット対応」と表記されている場合)導入されている回線は光回線か

まず、1つ目のポイントについては、導入済みの回線がNTT回線もしくは独自回線のものかによって、契約できるプランが異なります。

また、2点目のポイントについては、「インターネット対応」と書かれていても、光回線以外の回線が導入されている場合があります。

よくある例として、電話回線(ADSL回線)やケーブルテレビ回線が考えられますが、これらは光回線と比べると遅い傾向にありますので注意しましょう。

③インターネット対応/光ファイバー対応(部屋まで)

一方、インターネット対応/光ファイバー対応でも、配線が各部屋まで引かれている場合は工事が必要ありません。

光回線などを契約後、利用開始となるのを待つだけでインターネットを利用できます。

簡単な見分け方としては、部屋に下記のような「光コンセント」があれば、部屋まで光回線が引かれていることになります。

光コンセント出典:ソフトバンク光「開通工事の流れ」

ただし、入居前でコンセントが確認できない場合はもちろん、基本的にはどこまで配線が引かれているかの記載はないため、管理会社や大家さんに確認してみましょう。

④インターネット設備非対応

インターネット設備がない古いアパートや設備欄に記載がないマンション等では、インターネット設備が全く導入されていないため、開通工事や契約が必要になります。

ただし、設備が一切導入されていないマンション等では、オーナーや管理会社から開通工事の許可を得る必要があり、断られた場合は光回線は契約することができません。

そのため、光回線の申込検討をする前に、まずはマンションのインターネット環境がどのようになっているかを管理会社や大家さんに確認しておきましょう。

1-2.マンションで光回線の工事は可能か

インターネット/光ファイバー対応となっているマンション等では、基本的には許可などは必要ありませんが、未対応の場合は必ず許可を取りましょう。

無断で工事を進めてしまうと、工事が途中で中断となる可能性や損害賠償などの大きなトラブルに繋がる可能性があるためです。

そのため、管理会社や大家さんに確認・許可を取る場合には、以下の点に注意しておきましょう。

  • 無許可で勝手に工事を進めない
  • UR賃貸の場合は「UR都市機構」、市営住宅は「市の担当課」に許可を取る
  • 大家さんに許可を取る際には難しい言葉を使わない
  • 穴開けやビス留めをする前提で話さない

また、工事の許可を取る際に、大家さんの中にはインターネット回線事情に詳しくない方もいます。

難しい言葉や専門用語を使って説明をすると、怖がられて許可を取りづらくなる可能性があるため、なるべく簡単にわかりやすく説明しましょう。

なお、穴開けやビス留めが発生することについては、あくまで「通常はあまりないが、可能性がある」という風に伝えると、大家さんの警戒を軽減させられる可能性があります。

1-3.マンションで利用できるのはどの光回線か

マンションで光回線を利用する際には、どの光回線が使えるのかを確認しておく必要があります。

というのも、光回線は「NTTフレッツ光回線」やau系の「独自回線」など、対応エリアやマンションにどの回線網が導入されているかが異なる場合があるためです。

どの光回線網が導入されているかは、以下2つの方法で確認できます。

  • 確認方法①|オーナーや管理会社に確認する
  • 確認方法②|光回線の公式サイトで住所検索する

順番に解説します。

確認方法①オーナーや管理会社に確認する

インターネット設備状況で前述したように、マンションのオーナーや管理会社、不動産に直接聞くことでどの光回線網が導入されているか確認できます。

ただし、管理会社や大家さんが把握していないケースもあるため、その場合は②の確認方法で自分で確認しておきましょう。

確認方法②光回線の公式サイトで住所検索する

どの光回線が利用できるかは、各光回線公式サイトの「エリア検索」で確認することができます。

エリア検索ページで住所を入力すると、対応していればマンション名が表示され、表示されない場合は、残念ながらその光回線は導入されていないことになります。

以下は、主要な光回線のエリア検索ページをまとめたものです。

←スマホの場合は上下左右にスクロールできます→

光回線
提供エリア

ドコモ光ドコモ光

ビッグローブ光ビッグローブ光

nifty光@nifty光

AsahiNet光-ロゴAsahiNet光

ソフトバンク光ソフトバンク光

So-net光プラスSo-net光プラス

ぷらら光ぷらら光

フレッツ光フレッツ光

フレッツ光:東日本の提供エリア確認ページ

【提供エリア】
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 岩手県 / 山形県 / 宮城県 / 福島県 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 長野県 / 山梨県 / 新潟県

フレッツ光:西日本の提供エリア確認ページ

【提供エリア】
石川県 / 富山県 / 福井県 / 静岡県 / 愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 和歌山県 / 広島県 / 岡山県 / 山口県 / 鳥取県 / 島根県 / 愛媛県 / 香川県 / 高知県 / 徳島県 / 福岡県 / 大分県 / 佐賀県 / 宮崎県 / 熊本県 / 長崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

※光コラボはフレッツ光と同じ提供エリア

NURO光NURO光

NURO光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪県 / 兵庫県 / 京都県 / 滋賀県 / 奈良県 / 岡山県 / 広島県 / 福岡県 / 佐賀県

auひかりauひかり

auひかり:提供エリア確認ページ

【提供エリア(戸建て)】
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 岩手県 / 山形県 / 宮城県 / 福島県 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 栃木県 / 群馬県 / 新潟県 / 長野県 / 富山県 / 山梨県 / 石川県 / 福井県 / 広島県 / 岡山県 / 鳥取県 / 島根県 / 山口県 / 愛媛県 / 香川県 / 高知県 / 徳島県 / 福岡県 / 大分県 / 佐賀県 / 宮崎県 / 熊本県 / 長崎県 / 鹿児島県
【提供エリア(マンション)】
全国(沖縄県を除く)

コミュファ光コミュファ光
(東海エリア限定)

コミュファ光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県

eo光eo光
(関西エリア限定)

eo光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 奈良県 / 滋賀県 / 和歌山県 / 福井県

メガ・エッグメガ・エッグ
(中国エリア限定)

メガ・エッグ:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
広島県 / 山口県 / 岡山県 / 島根県 / 鳥取県

ピカラ光ピカラ光
(四国エリア限定)

ピカラ光:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県

BBIQBBIQ
(九州エリア限定)

BBIQ:提供エリア確認ページ

【提供エリア】
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県

なお、ドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラス・楽天ひかりなどの「光コラボレーション」は、NTTフレッツ光の回線網を使用したサービスのため、提供エリアはフレッツ光と同じです。

【補足】光コラボとは?

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光回線をレンタルした事業者による、フレッツ光回線網とプロバイダをセットにした光回線サービスのことです。

光コラボレーションとは

通信品質はフレッツ光と同じながら、光コラボではプロバイダを個別に申し込む面倒がない上に、独自のキャンペーン(スマホ割・キャッシュバック)を実施しているので、フレッツ光とプロバイダを別々で契約するよりも安くなります

そのため、NTTフレッツ光のエリア検索ページで対応マンションであれば、光コラボの光回線を利用することができます。

2.2024年最新!マンションでおすすめの光回線

この章では、あなたにとって最安となる光回線の見つけ方を、次の順番で解説していきます。

なお、最安の光回線をいち早く知りたい場合は「【早見表】スマホキャリア別おすすめの光回線BEST3」から読み進めてください。

最安となる光回線の選び方

結論、あなたにとって最安値となる光回線を選ぶには、実質月額料金の安さが重要になります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、利用期間中に支払う全ての金額(事務手数料・工事費・月額料金)から割引要素(キャッシュバック・スマホセット割・月額料金割引・工事費割引)を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

たとえ月額料金が安くても、キャッシュバックがなかったり、工事費割引がなかったりすれば、トータルで支払う金額はそれほどお得にはならないからです。

実質月額料金の安い光回線を選ぶには、次のような検討を重ねる必要があります。

《実質月額料金を下げる要素》

  • 月額料金の安い光回線を選ぶ(月額1,000円ほど変わる)
  • スマホキャリアとセット割ができる光回線を選ぶ(月額500~1,000円ほど変わる)
  • キャッシュバックが高額な申込窓口を選ぶ(40,000~70,000円ほど変わる)
  • 工事費が無料になる申込窓口を選ぶ(16,000~40,000円ほど変わる)

あなたがスマホをお持ちなら、スマホキャリアとセット割ができる光回線の検討は重要です。

スマホセット割が適用される光回線を選ぶだけで、スマホ1契約につき毎月500~1,000円ほど安くなり、「インターネット代+スマホ代」の通信費を抑えることに役立つからです。

例えば、docomoユーザーは「ドコモ光」を選ぶとスマホ料金が月額最大1,100円割引され、さらにdocomoを使っている家族の人数分(最大20契約まで)のスマホ料金も割引されます。

ドコモ光セット割ドコモ光のスマホセット割|出典:docomo

そのため、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、家族の分もスマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

また、たとえスマホセット割がなくても、高額なキャッシュバックがもらえる窓口(光回線業者・プロバイダ・代理店)から申し込めば、実質月額料金を大きく下げることができます。

したがって、あなたが今お使いのスマホキャリアとセット割ができる光回線を考慮しつつ、キャッシュバック額が高い光回線(×申込窓口)を選ぶようにしましょう。

ただし、光回線サービスは100社以上あり、さらに各光回線サービスにはキャンペーン内容の異なる申込窓口がいくつもあるため、どの光回線(×申込窓口)がお得なのかを比較するのは簡単ではありません。

そこで当メディアでは下記【参考】のとおり、主要な光回線25社とその申込窓口を対象に、新規契約から3年間利用した場合の実質月額料金を徹底調査しました。


【参考】主要光回線25社の利用料金調査

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
docomo_ロゴドコモ光3,406円
(4,506円)
2,086円
(3,186円)
1,100円/月キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円3,300円
auauひかり1,951円
(3,329円)
815円
(2,193円)
1,100円/月92,000円実質無料※13,300円
auビッグローブ光3,931円
(4,592円)
2,822円
(3,484円)
1,100円/月戸建て:59,000円
マンション:56,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auコミュファ光
(東海エリア限定)
2,428円
(3,198円)
2,204円
(2,974円)
1,100円/月戸建て:71,000円
マンション:20,000円
実質無料0円
auSo-net光プラス4,296円
(4,846円)
3,086円
3,636円)
1,100円/月50,000円実質無料3,500円
auauひかり ちゅら
(沖縄エリア限定)
4,029円
(5,129円)
3,194円
(4,294円)
1,100円/月実質無料3,300円
au@TCOMヒカリ4,041円
(4,591円)
2,611円
(3,161円)
1,100円/月40,000円実質無料3,300円
auメガ・エッグ
(中国エリア限定)
3,784円
(4,334円)
3,056円
(3,606円)
1,100円/月戸建て:40,000円
マンション:20,000円
実質無料3,300円
auピカラ光
(四国エリア限定)
3,530円
(4,219円)
2,357円
(3,046円)
1,100円/月30,000円0円0円
aueo光
(関西エリア限定)
3,695円
(4,481円)
2,732円
(3,518円)
1,100円/月戸建て:10,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料3,300円
au@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
1,100円/月15,000円実質無料3,300円
auBBIQ
(九州エリア限定)
3,805円
(4,355円)
3,093円
(3,643円)
1,100円/月戸建て:30,000円
マンション:20,000円
実質無料880円
auAsahiNet光4,402円
(4,909円)
3,192円
(3,799円)
1,320円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
auDTI光4,046円
(5,366円)
2,718円
4,038円)
1,320円/月戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auJ:COM光3,660円
(4,210円)
4,073円
(4,623円)
1,100円/月6,000円相当
(QUOカードPay)
実質無料3,300円
SoftBankNURO光3,492円
(4,042円)
3,492円
(4,042円)
1,100円/月45,000円実質無料3,300円
SoftBankソフトバンク光4,345円
(4,895円)
2,805円
(3,355円)
1,100円/月33,000円実質無料3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
UQモバイルauひかり2,193円
(3,329円)
1,057円
(2,193円)
858円/月92,000円実質無料※13,300円
Y!mobileソフトバンク光4,257円
(4,895円)
2,717円
(3,355円)
1,188円/月33,000円実質無料3,300円
iijmioIIJmioひかり4,358円
(5,018円)
3,258円
(3,918円)
660円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
DTI SIMDTI光5,201円
(5,366円)
3,873円
(4,038円)
165円/月戸建て:36,000円
マンション:34,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
LIMBO@TCOMヒカリ4,371円
(4,591円)
2,941円
(3,161円)
220円/月40,000円実質無料3,300円
NifMo@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
220円/月15,000円実質無料3,300円
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
7,064円4,388円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
エキサイト光4,827円3,727円実質無料1,100円
ぷらら光5,830円4,418円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
U-NEXT光5,445円4,323円26,400円3,300円
おてがる光4,800円3,700円実質無料3,300円
とくとくBB光5,343円4,243円5,000円実質無料3,300円
楽天ひかり5,854円4,663円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円

※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・新規申込で3年間利用する際に最安値になる方法で算定
・キャッシュバック額は81社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・カッコ内はスマホセット割をしない場合の実質月額料金
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額・1人分の適用で算定
・フレッツ光のプロバイダはBB.エキサイト(月額550円)で算定
・UQモバイルは「auひかり」のみの実質月額料金を記載

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。

もっと見る

《スマホキャリア別おすすめ光回線の選定基準》

  1. どれだけ安く利用できるか
    2023年10月現在において、最も安く利用できる申込窓口のキャッシュバックキャンペーンなどを考慮した、3年間の「実質月額料金」で比較
  2. 通信速度は問題ないか
    下り平均速度200Mbps以上(ZOOM会議・配信動画視聴・オンラインゲームなど、ほぼすべての通信作業がスムーズに実行できる速度)が安定的に出ている光回線を選定

※実質月額料金…利用期間中に支払う全ての金額から割引要素を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のこと

もっと見る


この徹底調査の結果を基に作成したものが、次に紹介する「スマホキャリア別おすすめの光回線ランキングBEST3」です。

【早見表】スマホキャリア別おすすめの光回線BEST3

下図は、徹底調査した結果を基に作成した、おすすめ光回線の早見表です。

あなたがお使いのスマホキャリアと、お住まいの居住タイプを選ぶだけで、あなたにとって一番安い光回線を簡単に見つけることができます。

なお、おすすめランキングには地域限定の光回線が含まれますので、最安の光回線があなたのお住まいの地域で使えない場合は、下位の光回線を選んでください。

スマホ別最安光回線BEST3

マンションで実質月額料金が安いおすすめの光回線は、次の6つに絞ることができます。

マンションでおすすめの光回線提供エリア
auひかりauひかり全国(沖縄県を除く)
ドコモ光ドコモ光全国
ソフトバンク光ソフトバンク光全国
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国

以降では、スマホキャリア別にBEST3の光回線の実質月額料金やおすすめポイントを簡単に紹介していますので、あなたがお使いのキャリアを選んで読み進めてください。

docomoユーザーにおすすめの光回線BEST3

選定基準を基に主要光回線25社を徹底調査した結果、あなたがdocomoのスマホをお使いであれば、マンションで最安のおすすめ光回線BEST3は次のとおりです。

「詳細を見る」をクリックすれば、各光回線のおすすめポイントや注意点、最もお得な申込窓口の紹介から申し込み方法まで解説した箇所へジャンプすることができます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

【マンション】docomoユーザーにおすすめの光回線 BEST3

ドコモ光1位:ドコモ光×GMOとくとくBB

詳細を見る

・日本全国で使える!
・docomoユーザーは月額最大1,100円割引!
提供エリア:全国
3年間の
実質月額料金
マンション:2,086円※1
マンションの
通信速度
下り平均:262.74Mbps
上り平均:274.49Mbps

auひかり2位:auひかり×GMOとくとくBB

詳細を見る

・キャッシュバックが最高額!
・独自回線で通信速度が速い!
提供エリア:全国(沖縄県を除く)
3年間の
実質月額料金
マンション:2,193円
マンションの
通信速度
下り平均:325.57Mbps
上り平均:280.45Mbps

コミュファ光3位:コミュファ光×NEXT

詳細を見る

・東海エリア限定だが利用料金が安い!
・独自回線で通信速度が速い!
提供エリア:愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県
3年間の
実質月額料金
マンション:2,974円
マンションの
通信速度
下り平均:665.55Mbps
上り平均:622.03Mbps

※実質月額料金は、各プロバイダ・販売代理店のキャンペーン情報を基に当メディアで算出
※平均速度は『みんなのネット回線速度』の集計結果を参照(2023年10月調査)
※1:スマホセット割(1,100円/月)を含めた実質月額料金
※金額はすべて税込み

2人以上のご家族でdocomoのスマホを使っている場合は、家族の分のスマホ代も安くなりますので、docomoユーザーはドコモ光の一択と言ってもよいでしょう。

 

各光回線のおすすめポイントや注意点、最安の申込窓口や申し込み方法を詳しく知りたい場合は、「詳細を見る」をクリックしてください。

au(UQモバイル)ユーザーにおすすめの光回線BEST3

選定基準を基に主要光回線25社を徹底調査した結果、あなたがau(UQモバイル)のスマホをお使いであれば、マンションで最安のおすすめ光回線BEST3は次のとおりです。

「詳細を見る」をクリックすれば、各光回線のおすすめポイントや注意点、最もお得な申込窓口の紹介から申し込み方法まで解説した箇所へジャンプすることができます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

【マンション】au(UQモバイル)ユーザーにおすすめの光回線 BEST3

auひかり1位:auひかり×GMOとくとくBB

詳細を見る

・通信速度が速くてキャッシュバックが最高額のイチオシ回線!
・auユーザーは月額最大1,100円割引!
・UQモバイルユーザーは月額最大858円割引!
提供エリア:全国(沖縄県を除く)
3年間の
実質月額料金
マンション:815円※1
マンションの
通信速度
下り平均:325.57Mbps
上り平均:280.45Mbps

コミュファ光2位:コミュファ光×NEXT

詳細を見る

・東海エリア限定だが利用料金が安い!
・独自回線で通信速度が速い!
・auユーザーは月額最大1,100円割引!
・UQモバイルユーザーは月額最大858円割引!
提供エリア:愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県
3年間の
実質月額料金
マンション:2,204円※1
マンションの
通信速度
下り平均:665.55Mbps
上り平均:622.03Mbps

ピカラ光3位:ピカラ光×NEXT

詳細を見る

・四国エリア限定だが利用料金が安い!
・独自回線で通信速度が速い!
・auユーザーは月額最大1,100円割引!
・UQモバイルユーザーは月額最大858円割引!
提供エリア:徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
3年間の
実質月額料金
マンション:2,357円※1
マンションの
通信速度
下り平均:502.12Mbps
上り平均:462.76Mbps

※実質月額料金は、各プロバイダ・販売代理店のキャンペーン情報を基に当メディアで算出
※平均速度は『みんなのネット回線速度』の集計結果を参照(2023年10月調査)
※1:スマホセット割(1,100円/月)を含めた実質月額料金
※金額はすべて税込み

なお、あなたが1〜3位の光回線を利用できない地域にお住まいの場合は、4位・5位にあたる『@TCOMヒカリ』や『ビッグローブ光』をおすすめします。

どちらも日本全国で利用できて、au(UQモバイル)とのセット割がありますので、お得な光回線です。

各光回線のおすすめポイントや注意点、最安の申込窓口や申し込み方法を詳しく知りたい場合は、「詳細を見る」をクリックしてください。

SoftBank(Y!mobile)ユーザーにおすすめの光回線BEST3

選定基準を基に主要光回線25社を徹底調査した結果、あなたがSoftBank(Y!mobile)のスマホをお使いであれば、マンションで最安のおすすめ光回線BEST3は次のとおりです。

「詳細を見る」をクリックすれば、各光回線のおすすめポイントや注意点、最もお得な申込窓口の紹介から申し込み方法まで解説した箇所へジャンプすることができます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

【マンション】SoftBank(Y!mobile)ユーザーにおすすめの光回線 BEST3

auひかり1位:auひかり×GMOとくとくBB

詳細を見る

・通信速度が速くてキャッシュバックが最高額のイチオシ回線!
・スマホセット割がなくても最安!
提供エリア:全国(沖縄県を除く)
3年間の
実質月額料金
マンション:2,193円
マンションの
通信速度
下り平均:325.57Mbps
上り平均:280.45Mbps

ソフトバンク光2位:ソフトバンク光×GMOとくとくBB

詳細を見る

・日本全国で使える!
・SoftBankユーザーは月額最大1,100円割引!
提供エリア:全国
3年間の
実質月額料金
マンション:2,805円※1
マンションの
通信速度
下り平均:307.11Mbps
上り平均:300.58Mbps

コミュファ光3位:コミュファ光×NEXT

詳細を見る

・東海エリア限定だが利用料金が安い!
・独自回線で通信速度が速い!
提供エリア:愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県
3年間の
実質月額料金
マンション:2,974円
マンションの
通信速度
下り平均:665.55Mbps
上り平均:622.03Mbps

※実質月額料金は、各プロバイダ・販売代理店のキャンペーン情報を基に当メディアで算出
※平均速度は『みんなのネット回線速度』の集計結果を参照(2023年10月調査)
※1:スマホセット割(1,100円/月)を含めた実質月額料金
※金額はすべて税込み

ただし、2人以上のご家族でSoftBank(Y!mobile)のスマホを使っている場合は、「インターネット代+スマホ代」が総合的に安くなる「ソフトバンク光」をおすすめします。

 

各光回線のおすすめポイントや注意点、最安の申込窓口や申し込み方法を詳しく知りたい場合は、「詳細を見る」をクリックしてください。

格安SIMユーザーにおすすめの光回線BEST3

選定基準を基に主要光回線25社を徹底調査した結果、あなたが格安SIMのスマホをお使いであれば、マンションで最安のおすすめ光回線BEST3は次のとおりです。

「詳細を見る」をクリックすれば、各光回線のおすすめポイントや注意点、最もお得な申込窓口の紹介から申し込み方法まで解説した箇所へジャンプすることができます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

【マンション】格安SIMユーザーにおすすめの光回線 BEST3

auひかり1位:auひかり×GMOとくとくBB

詳細を見る

・通信速度が速くてキャッシュバックが最高額のイチオシ回線!
・スマホセット割がなくても最安!
提供エリア:全国(沖縄県を除く)
3年間の
実質月額料金
マンション:2,193円
マンションの
通信速度
下り平均:329.77Mbps
上り平均:278.06Mbps

コミュファ光2位:コミュファ光×NEXT

詳細を見る

・東海エリア限定だが利用料金が安い!
・独自回線で通信速度が速い!
提供エリア:愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県
3年間の
実質月額料金
マンション:2,974円
通信速度下り平均:665.55Mbps
上り平均:622.03Mbps

ピカラ光3位:ピカラ光×NEXT

詳細を見る

・四国エリア限定だが利用料金が安い!
・独自回線で通信速度が速い!
提供エリア:徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
3年間の
実質月額料金
マンション:3,046円
マンションの
通信速度
下り平均:502.12Mbps
上り平均:462.76Mbps

※実質月額料金は、各プロバイダ・販売代理店のキャンペーン情報を基に当メディアで算出
※平均速度は『みんなのネット回線速度』の集計結果を参照(2023年10月調査)
※金額はすべて税込み

なお、あなたが沖縄県在住の場合は1〜3位の光回線を利用できませんので、日本全国で利用できる『@TCOMヒカリ』か『ドコモ光』がおすすめです。

また、LIBMOをお使いの場合は2位が『@TCOMヒカリ』に変わりますので、@TCOMヒカリをおすすめします。

各光回線のおすすめポイントや注意点、最安の申込窓口や申し込み方法を詳しく知りたい場合は、「詳細を見る」をクリックしてください。

ちなみに、格安SIMの場合はスマホセット割の割引額が低いため、高額なキャッシュバックがもらえる光回線(×申込窓口)を選んだ方がお得になる傾向にあります。

下記は、最安値となる「auひかり」と格安SIMとの利用料金の比較です。スマホセット割がなくても「auひかり×GMOとくとくBB」の方が安いことがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

お使いの
格安SIM
おすすめ
光回線
キャッシュバック
(最安申込窓口)
スマホセット割の
割引額
光回線の
月額料金
スマホセット割なしの
3年間の実質月額料金
どれでもauひかり94,000円
(GMOとくとくBB)
戸建て:5,610円
マンション:4,180円~
戸建て:3,329円
マンション:2,193円~
どれでもコミュファ光戸建て:合計最大71,000円
マンション:20,000円
(NEXT)
戸建て:5,720円
マンション:4,610円
戸建て:3,198円
マンション:2,974円
お使いの
格安SIM
スマホセット割
できる光回線
キャッシュバック
(最安申込窓口)
スマホセット割の
割引額
光回線の
月額料金
スマホセット割ありの
3年間の実質月額料金
IIJmioIIJmioひかり660円/月戸建て:5,456円
マンション:4,356円
戸建て:4,358円
マンション:3,258円
DTI SIMDTI光戸建て:20,000円
マンション:17,000円
(公式サイト)
165円/月戸建て:5,280円
マンション:3,960円
戸建て:5,201円
マンション:3,873円
LIBMO@TCOMヒカリ40,000円もしくは
50,000円相当分のTLCポイント
(公式サイト)
220円/月戸建て:5,610円
マンション:4,180円
戸建て:4,371円
マンション:2,941円
NifMo@nifty光15,000円
(NEXT)
220円/月戸建て:4,961円
マンション:3,839円
戸建て:4,732円
マンション:3,408円

※料金はすべて税込み

したがって、ランキングどおりに選んでいただいて間違いありません

ここからは、マンションでおすすめの各光回線のメリットや注意点、最もお得な申込窓口やキャッシュバックの受け取り方まで解説しています。

「詳細を見る」をクリックして、あなたにとって最安値となる光回線を確認してください。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり
詳細を見る
全国(沖縄県を除く)GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光
詳細を見る
全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光
詳細を見る
全国GMOとくとくBB
(代理店)
コミュファ光コミュファ光
詳細を見る
愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県NEXT
(代理店)
ピカラ光ピカラ光
詳細を見る
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ
詳細を見る
全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

auひかり|最高額キャッシュバックで安い+通信速度が速い!

auひかり

auひかりの特徴

  • 独自回線で通信速度が速い!
  • キャッシュバックが高額な申込窓口がある!
  • au / UQモバイルユーザーはスマホセット割で月額料金が安くなる!

auひかりは、携帯電話事業などを手掛ける「KDDI株式会社」が運営する光回線サービスです。

auひかりの特徴は、KDDIが独自で保有する光ファイバー網と、NTTが普段使っていない光ファイバー(ダークファイバー)を利用することで、全国で利用者の多いNTTフレッツ系光回線にありがちな混雑による速度低下が起こりにくいことです。

その証拠に、通信回線の実測度を評価する「RBB SPEED AWARD 2022」においては、4つの部門で最優秀賞を受賞するなど、回線速度の速さには定評があります。

 

auひかりのおすすめポイントと、契約前に知っておきたい注意点は、次のとおりです。

auひかり【マンション】のおすすめポイント
  • GMOとくとくBBから申し込むと最大84,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 工事費が実質無料になる
  • 他社の違約金を最大30,000円まで負担してもらえる
  • au / UQモバイルユーザーはスマホセット割で月額最大1,100円安くなる

auひかりマンションタイプのおすすめポイントは、主要光回線の中で利用料金が最も安いことです。

また、auやUQモバイルをお使いの場合は毎月のスマホ代が安くなりますので、「au / UQモバイル」ユーザーにはとくにおすすめの光回線となっています。

利用料金が安くなる割引要素は、以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかり【マンションタイプ】の割引要素auひかり【マンションタイプ】の割引額
キャッシュバック※1最大84,000円
工事費割引33,000円⇒ 実質無料※2
他社の違約金負担最大30,000円
スマホセット割auユーザー:最大1,100円/月
UQモバイルユーザー:最大858円/月
au Payプレゼント10,000円相当分

※1:プロバイダ『GMOとくとくBB』から申し込んだ場合
※2:契約期間の満了で無料と同じになる
※金額はすべて税込み

まず、プロバイダ『GMOとくとくBB』からauひかりを申し込むと、光回線サービスの中で最高額のキャッシュバック84,000円を受け取れます。

次に、契約期間を満了すれば工事費が0円になり、他社光回線から乗り換える場合は、他社で発生する違約金を最大30,000円まで負担してもらえますので、初期費用を気にする必要がありません。

さらに、auひかりにはスマホセット割があり、auユーザーなら月額最大1,100円、UQモバイルユーザーなら月額最大858円が割引されますので、それぞれのスマホユーザーはよりお得に利用できます。

ちなみに、ご家族を含めて複数人で「au / UQモバイル」を利用している場合は、最大10契約まで割引を受けられますので、有効活用するとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホセット割割引額同時に割引できる
契約数
auスマートバリュー
(au)
550~1,100円/月※110契約
自宅セット割
(UQモバイル)
638~858円/月※110契約

※1:スマホプランによって割引額は異なる
※割引額はすべて税込み

なお、初めて「auスマートバリュー / 自宅セット割」に加入する場合は、10,000円相当分(1,000円/月×最大10カ月)のau Payをチャージしてもらえるので、さらにお得です。

これらの特典によって、auひかりでは月々の利用料金を大幅に抑えることができます。

auひかり【マンション】の注意点
  • 沖縄県では使えない
  • 提供タイプが複数あり月額料金が異なる
  • 提供タイプによっては最大通信速度が遅い
  • auひかりテレビは地デジ / BSを見られない

auひかりマンションタイプの注意点としては、沖縄県では利用できないことです。

また、マンションの設備(配線方式)によって提供タイプが8つに分かれ、それぞれ月額料金が異なり、最大通信速度も「1Gbps / 664Mbps / 100Mbps」に分かれることには注意が必要です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかりマンションの
提供タイプ
配線方式月額料金
最大速度
タイプG16契約以上G.fast4,180下り:664Mbps
上り:166Mbps※1
8契約以上4,510円
タイプV16契約以上VDSL4,180下り:100Mbps
上り:100Mbps※2
8契約以上4,510円
都市機構VDSL4,180下り:100Mbps
上り:100Mbps※2
都市機構GDX-GG.fast4,180円下り:664Mbps
上り:166Mbps※1
東日本B2,585円
東日本R3,025円
西日本B3,025円
西日本R3,465円
タイプE16契約以上イーサ3,740下り:100Mbps
上り:100Mbps
8契約以上4,070円
タイプF光ファイバー4,290円下り:100Mbps
上り:100Mbps※3
マンション ミニ ギガ光ファイバー5,500下り:1Gbps
上り:1Gbps
マンション ギガ光ファイバー4,455下り:1Gbps
上り:1Gbps

※1:マンションによっては下り上り最大100Mbps
※2:マンションによっては下り最大70Mbps、上り最大30Mbps
※3:通信機器が100Mbps対応のため
※金額はすべて税込み

というのも、下り平均で100Mbpsの速度が出ていれば大抵の通信作業は問題ないものの、反応速度が重要な対戦型のオンラインゲームをする場合は、速ければ速いほど有利になりやすいからです。

配線方式は建物ごとに決まっており、最大通信速度が実際に出ることはないため、オンラインゲームを楽しみたい場合は、お住まいの建物がどのタイプになるのかを『auひかり提供エリアの確認ページ』で事前に確認しておくとよいでしょう。

ちなみに、当メディアが主要光回線25社を調査したところ、マンションの下り平均速度が329.22Mbpsに対して、auひかりのマンションタイプは325.57Mbpsでした。

下り最大速度が1Gbpsの建物にお住まいであれば問題はありませんが、下り最大速度が100Mbpsの場合は、対戦型のオンラインゲームはストレスを抱える可能性があります。

さらに、auひかりと同時にひかりテレビサービスを申し込む場合は、地上デジタル / BS放送は非対応であることも注意点と言えます。

auひかり【マンション】の概要

auひかりマンションタイプの概要は、以下のとおりです。

回線名auひかり
回線の種類独自
最大通信速度・タイプG / 都市機構G:664Mbps※1
・タイプV / 都市機構:100Mbps※2
・タイプE / タイプF:100Mbps
・マンション ミニ ギガ / マンション ギガ:1Gbps
下り平均速度※3325.57Mbps
提供エリア全国(沖縄県を除く)
月額料金
(プロバイダ料含む)
・タイプG / タイプV:4,180円~
・都市機構:4,180円
・都市機構G:2,585円~
・タイプE:3,740円~
・タイプF:4,290円
・マンション ミニ ギガ:5,500円
・マンション ギガ:4,455円
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
光電話オプション550円/月
契約期間・2年(自動更新)
・なし
契約事務手数料3,300円
工事費用33,000円(契約期間満了で実質無料)
解約違約金・2年:2,290~2,730円
・契約期間なし:0円

※1:マンションによっては下り最大100Mbps、上り最大100Mbps
※2:マンションによっては下り最大70Mbps、上り最大30Mbps
※3:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月現在)

※料金はすべて税込み

auひかり【マンション】をお得に利用するならどのプロバイダ・窓口がおすすめ?

auひかりでは8社の中からプロバイダを選ぶ必要があり、申込窓口は公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめの窓口はプロバイダの『GMOとくとくBBです。

というのも、キャッシュバックが50,000円以上もらえる窓口(プロバイダ含む)を比較してみると、GMOとくとくBBのキャッシュバック額が最も高く、オプション条件やその他の特典でも優れているからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかりの
申込窓口
キャッシュバックオプション条件その他の特典
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
94,000円ひかり電話への加入
(最大23カ月間無料)
Wi-Fiルーター
無料プレゼント
So-net
(プロバイダ)
70,000円Wi-Fiルーター
6カ月間無料
NNコミュニケーションズ
(代理店)
61,000円ひかり電話への加入
BIGLOBE
(プロバイダ)
60,000円
NEXT
(代理店)
52,000円ひかり電話への加入

※ひかり電話は月額税込550円

したがって、auひかりを申し込む際には、GMOとくとくBBをおすすめします。

なお、94,000円のキャッシュバックを受け取るためには「ひかり電話(月額税込550円)」への加入が必要です。

ただしGMOとくとくBBでは、ひかり電話の利用料金は2年契約のマンションタイプで23カ月間無料となっていますので、契約期間満了まではほぼ無料でひかり電話を利用できます。

また、ひかり電話への加入はauユーザーがスマホセット割を適用させる際にも必要になる条件ですので、auユーザーは必ず加入するようにしましょう。

ちなみに、ネット回線の申し込みだけでも74,000円のキャッシュバックをもらえますので、どうしてもひかり電話が不要であれば、10,000円減額のキャッシュバックをおすすめします。

では次に、GMOとくとくBBから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

auひかりがお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」

auひかり×GMOとくとくBB 94,000円キャッシュバック出典:GMOとくとくBB

 

GMOとくとくBB』は、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBからauひかりを申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

auひかり×GMOとくとくBBマンション
月額料金
(プロバイダ料含む)
・タイプG / タイプV:4,180円~
・都市機構:4,180円
・都市機構G:2,585円~
・タイプE:3,740円~
・タイプF:4,290円
・マンション ミニ ギガ:5,500円
・マンション ギガ:4,455円
開通月の月額料金0円
事務手数料3,300円
工事費33,000円
(契約期間満了で実質無料)
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
キャンペーン・最大84,000円キャッシュバック
・ひかり電話23カ月間無料
・工事費実質無料
・他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで負担
・Wi-Fiルーター無料プレゼント など
GMOとくとくBBでの
下り平均速度※1
494.57Mbps
3年間の実質月額料金2,193円
スマホセット割※2を含めた
3年間の実質月額料金
815円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月現在)
※2:最大割引額(1,100円/月)で算出
※実質月額料金は月額料金4,180円を基に算出

※料金はすべて税込み

なお、プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むと、他のプロバイダよりも通信速度が速いという特徴があります。

auひかり(マンション)全体の下り平均速度が325.57Mbpsに対して、GMOとくとくBBでは494.57Mbpsですから、少しでも速い方が有利に働きやすいオンラインゲームをする場合はメリットになるでしょう。

また、最大1Gbpsの通信速度を最大限に引き出せるWi-Fi 5(最大通信速度6.9Gbps)の高性能Wi-Fiルーターをプレゼントしてもらえますので、Wi-Fiルーターを持っていない場合は大きなメリットです。

 

auひかりを「GMOとくとくBB」から申し込む方法

auひかりを『GMOとくとくBB』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. GMOとくとくBB』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面右下にある緑色の「お申し込みはコチラ」をクリックする
  3. 必要項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてauひかりの利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、マンションなら2週間を目安にしておくとよいでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取る方法

GMOとくとくBB』でキャッシュバックを受け取る手順は、次のとおりです。

  1. 「GMOとくとくBB」の入会時に、GMOとくとくBB専用のメールアドレスを作る
  2. 回線開通月を含む11カ月目と23カ月目の初日に、上記メールアドレス宛にキャッシュバックの案内メールが届く
  3. 必要事項を記入の上、メールを返信した翌月末日に指定口座に振り込まれる

GMOとくとくBBの難点は、キャッシュバックの受け取りが「11カ月後・23カ月後」と時間がかかることです。

よって、忘れてしまわないようにスマホのリマインダー機能などに登録して、確実に受け取れるようにしておくとよいでしょう。

「auひかり×GMOとくとくBB」マンションの特典

  • 最大84,000円キャッシュバック
  • ひかり電話最大23カ月間無料
  • 他社サービスによる解約違約金を最大30,000円まで還元
  • 契約期間満了で工事費実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQモバイルユーザーは月額最大858円割引
  • auスマートバリュー・自宅セット割の初加入で10,000円相当分のau Payチャージ

 

ドコモ光|docomoユーザーはお得+全国で使える!

ドコモ光

ドコモ光の特徴

  • 日本全国で使える!
  • docomoユーザーはスマホセット割で月額料金が安くなる!

ドコモ光は、日本最大手の移動体通信事業者である「株式会社NTTドコモ」が運営する光コラボサービスです。

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光回線とプロバイダを一体にしたサービスのことで、提供エリアはフレッツ光と同じ日本人口の95%をカバーしており、通信速度や安定性といった通信品質もフレッツ光と同じ特徴をもっています。

また、NTTフレッツ光回線を利用していることから、フレッツ光や光コラボを利用中の場合は工事不要で乗り換えられる利点があります。

 

ドコモ光のおすすめポイントと、契約前に知っておきたい注意点は、次のとおりです。

ドコモ光【マンション】のおすすめポイント
  • ほぼ全国で使える
  • GMOとくとくBBから申し込むと51,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 工事費が無料
  • docomoユーザーはスマホセット割で月額最大1,100円安くなる

ドコモ光マンションタイプのおすすめポイントは、提供エリアが日本全国であるため、ほぼすべての人が使えることです。

また、docomoのスマホを使っているとスマホ代が安くなるため、docomoユーザーにおすすめの光回線となっています。

利用料金が安くなる割引要素は、以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモ光【マンション】の割引要素ドコモ光【マンション】の割引額
キャッシュバック※151,000円
他社の違約金負担※115,000円
工事費割引16,500円⇒ 無料
スマホセット割docomoユーザー:最大1,100円/月

※1:プロバイダ『GMOとくとくBB』から申し込んだ場合
※金額はすべて税込み

まず、プロバイダの『GMOとくとくBB』からドコモ光を申し込むと51,000円のキャッシュバックに加えて、他社から乗り換える場合は追加で15,000円を受け取ることができます。

次に、ドコモ光では工事費が無料ですので、初期費用を気にする必要がないのは嬉しいメリットです。

さらに、docomoユーザーなら月額最大1,100円の割引がありますので、docomoユーザーはよりお得に利用できます。

ちなみに、ご家族を含めて複数人で「docomo」を利用している場合は、最大20契約まで割引を受けられますので、有効活用するとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホセット割割引額同時に割引できる
契約数
ドコモ光セット割
(docomo)
550~1,100円/月※120契約

※1:スマホプランによって割引額は異なる
※割引額は税込み

これらの特典によって、日本に住んでいるほとんどのdocomoユーザーが安い料金でドコモ光を利用することができます。

ドコモ光【マンション】の注意点
  • プロバイダによって月額料金が異なる
  • 通信速度は光回線の中でやや遅い
  • マンションの設備次第で通信速度が遅い
  • ahamoはスマホセット割が適用されない

ドコモ光マンションタイプの注意点としては、プロバイダによって月額料金が異なることです。

ドコモ光では、23社のプロバイダから1つを選ぶケースと自由にプロバイダを選べるケースがあり、安く使うなら23社のプロバイダの中で17社の「タイプA」を選ぶ必要があります(6社のタイプBは月額220円高い)。

また、下り平均速度が光回線の中でやや遅いことにも注意が必要です。

当メディアが主要光回線25社を調査したところ、マンションの下り平均速度が329.22Mbpsに対して、ドコモ光のマンションタイプは262.74Mbpsでした。

下り速度は100Mbps以上出ていますので通常の通信作業であれば何の問題もありませんが、反応速度が重要な対戦型のオンラインゲームをする場合は、速ければ速いほど有利になりやすいため注意した方がよいでしょう。

さらに光コラボに共通することですが、マンションの設備(配線方式)によっては最大通信速度が200Mbpsや100Mbpsになることにも注意が必要です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

マンションの配線方式最大通信速度
光ファイバー下り:1Gbps
上り:1Gbps
VDSL下り:200Mbps / 100Mbps
上り:200Mbps / 100Mbps

LAN

最大通信速度が1Gbpsの建物であれば問題はありませんが、100Mbpsの建物にお住まいの場合は、対戦型のオンラインゲームをする場合には不満を抱く可能性があります。

配線方式は建物ごとに決まっており、最大通信速度が実際に出ることはないため、ドコモ光のマンションタイプで速い通信速度を求める場合は、下記のページで事前に確認しておくことをおすすめします。

他にも、ドコモ光ではdocomoの格安料金プラン「ahamo」とのスマホセット割がないため、ahamoユーザーは安くならない点には注意しておきましょう。

ドコモ光【マンション】の概要

ドコモ光マンションタイプ の概要は、以下のとおりです。

回線名ドコモ光
回線の種類NTT
最大通信速度1Gbps
下り平均速度※1262.74Mbps
提供エリア全国(NTTフレッツ光と同じ)
月額料金
(プロバイダ料含む)
・2年定期契約
- タイプA:4,400円
- タイプB:4,6200円
- 単独タイプ:4,180円※2
・契約期間なし
- タイプA:5,500円
- タイプB:5,720円
- 単独タイプ:5,280円※2
スマホセット割ドコモ光セット割(月額最大1,100円割引)
光電話オプション550円/月
契約期間・2年(自動更新)
・なし
契約事務手数料3,300円
工事費用16,500円(キャンペーンで0円)
解約違約金・2年定期契約:4,180円
・契約期間なし:0円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※2:プロバイダ料は別途必要

※料金はすべて税込み

ドコモ光【マンション】をお得に利用するならどのプロバイダ・窓口がおすすめ?

ドコモ光ではプロバイダを選ぶ必要があり、申込窓口も公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめの窓口はプロバイダの『GMOとくとくBBです。

というのも、キャッシュバックが10,000円以上もらえる窓口(プロバイダ含む)で比較してみると、GMOとくとくBBは月額料金が安い「プロバイダタイプA」であることに加えて、キャッシュバック額が最も高く、その他の特典でも優れているからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモ光の
申込窓口

キャッシュバック
オプション
条件

その他の特典
Wi-Fiルーター
無料レンタル
無料
セキュリティソフト
開通前モバイルルーター
無料レンタル
違約金補助
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
51,000円※1
12カ月
3カ月間10,000円
Wiz
(代理店)
20,000円12カ月開通まで
@nifty
(プロバイダ)
20,000円12カ月
ネットナビ
(代理店)
20,000円開通まで
ぷらら
(プロバイダ)
15,000円24カ月

※1:「10ギガ」の場合はさらに10,000円追加

したがって、ドコモ光を申し込む際には、GMOとくとくBBをおすすめします。

では次に、GMOとくとくBBから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

ドコモ光がお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」

ドコモ光×GMOとくとくBB 51,000円

 

GMOとくとくBB』は、オリコン顧客満足度調査において2年連続でNo.1を獲得している、東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ドコモ光×GMOとくとくBBマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
4,400円
開通月の月額料金日割り
事務手数料3,300円
工事費16,500円
(キャンペーンで0円)
スマホセット割ドコモ光セット割(月額最大1,100円割引)
キャンペーン・51,000円キャッシュバック
・dポイント2,000ptプレゼント
・他社サービスから乗り換えで15,000円キャッシュバック
・工事費無料
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
・開通前モバイルルーター無料レンタル
・ドコモ光専用無料訪問サポート
・インターネットセキュリティ1年間無料
GMOとくとくBBでの
下り平均速度※2
278.15Mbps
3年間の実質月額料金3,186円
スマホセット割※2を含めた
3年間の実質月額料金
2,086円

※1:2年定期契約の場合
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※2:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

なお、GMOとくとくBBではWi-Fiルーターが無料レンタルできますが、3種類の高性能Wi-Fiルーターの中から選べることもメリットと言えます。

選べるWi-Fiルーター出典:GMOとくとくBB

スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2」がおすすめですが、迷った場合は申し込み時にかかってくる電話で、あなたの要望を伝えて相談しながら決めるとよいでしょう。

 

ドコモ光を「GMOとくとくBB」から申し込む方法

ドコモ光を『GMOとくとくBB』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. GMOとくとくBB』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面右上か画面下中央にある黄色の「お申込み」をクリックする
  3. 必要項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてドコモ光の利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、2週間~1カ月を目安にしておくとよいでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取る方法

GMOとくとくBB』でキャッシュバックを受け取る手順は、次のとおりです。

  1. GMOとくとくBBの入会後に郵送される、メールアドレスが記載された「登録証」を保管しておく
  2. 回線開通月を含む4カ月目に、登録したメールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する「案内メール」が届く
  3. 案内メールで必要事項を登録すれば、登録した翌月末日に指定した口座に振り込まれる

キャッシュバックの案内メールが届くのは4カ月後ですので、スマホのリマインダー機能などを使って忘れないようにするとよいでしょう。

ドコモ光が一番お得な窓口|プロバイダ「GMOとくとくBB」

  • 51,000円キャッシュバック
  • 申し込み4カ月後にキャッシュバック受け取り
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 新規工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト1年間無料
  • モバイルルーターの最大3カ月間無料レンタル
  • docomoユーザーは月額最大1,100円(税込)割引

当サイト限定!
\51,000円キャッシュバック/

他の窓口の場合はキャンペーンスペックが劣る可能性がありますので、上記キャンペーンページからお得に申し込んでください。

なお、「少し額が減ってもいいから早くキャッシュバックが欲しい!」という場合は、キャッシュバック額と受け取り時期だけが異なる下記ページからの申し込みがおすすめです。

ドコモ光×GMO 最短翌月キャッシュバック出典:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB×ドコモ光【翌月受け取り】キャンペーンページ:https://gmobb.jp/docomohikari_1month/

  • 26,000円キャッシュバック
  • 申し込みの翌月末日にキャッシュバック受け取り
  • その他の特典は同じ

ソフトバンク光|SoftBank(Y!mobile)ユーザーはお得+全国で使える!

ソフトバンク光

ソフトバンク光の特徴

  • 日本全国で使える!
  • SoftBank / Y!mobileユーザーはスマホセット割で月額料金が安くなる!

ソフトバンク光は、ソフトバンクグループ傘下の「ソフトバンク株式会社」が運営する光コラボサービスです。

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光回線とプロバイダを一体にしたサービスのことで、提供エリアはフレッツ光と同じ日本人口の95%をカバーしており、通信速度や安定性といった通信品質もフレッツ光と同じ特徴をもっています。

また、NTTフレッツ光回線を利用していることから、フレッツ光や光コラボを利用中の場合は工事不要で乗り換えられる利点があります。

 

ソフトバンク光のおすすめポイントと、契約前に知っておきたい注意点は、次のとおりです。

ソフトバンク光【マンション】のおすすめポイント
  • ほぼ全国で使える
  • GMOとくとくBBから申し込むと最大40,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 26,400円の工事費が実質無料になる
  • 他社の違約金を最大100,000円まで負担してもらえる
  • SoftBankユーザーはスマホセット割で月額最大1,100円安くなる
  • Y!mobileユーザーはスマホセット割で月額最大1,188円安くなる

ソフトバンク光マンションタイプのおすすめポイントは、提供エリアが日本全国であるため、ほぼすべての人が使えることです。

また、「SoftBank / Y!mobile」をお使いの場合は毎月のスマホ代が安くなりますので、それぞれのユーザーにはおすすめの光回線となっています。

利用料金が安くなる割引要素は、以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク光【マンション】の割引要素ソフトバンク光【マンション】の割引額
キャッシュバック※1最大40,000円
工事費割引26,400円⇒ 実質無料※2
他社の違約金負担最大100,000円
スマホセット割SoftBankユーザー:最大1,100円/月
Y!mobileユーザー:最大1,188円/月

※1:代理店『GMOとくとくBB』から申し込んだ場合
※2:工事費割引期間の満了で無料と同じになる
※金額はすべて税込み

まず、代理店の『GMOとくとくBB』から申し込むと、最大40,000円のキャッシュバックがもらえます。

次にソフトバンク光では、ADSLや他社光回線を利用していない場合は2年の利用で工事費が0円になり、他社から乗り換える場合は他社の違約金を最大100,000円まで負担してくれるため、初期費用を気にする必要がありません。

さらに、ソフトバンク光ではスマホセット割があり、SoftBankユーザーなら月額最大1,100円、Y!mobileモバイルユーザーなら月額最大1,188円が割引されますので、それぞれのスマホユーザーはよりお得に利用できます。

ちなみに、ご家族を含めて複数人で「SoftBank / Y!mobile」を利用している場合は、最大10契約まで割引を受けられますので、有効活用するとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホセット割割引額同時に割引できる
契約数
おうち割 光セット
(SoftBank)
550~1,100円/月※110契約
おうち割 光セット(A)
(Y!mobile)
550~1,188円/月※110契約

※1:スマホプランによって割引額は異なる
※割引額は税込み

これらの特典によって、日本に住んでいるほとんどの「SoftBank / Y!mobile」ユーザーが安い料金でソフトバンク光を利用することができます。

ソフトバンク光【マンション】の注意点
  • 通信速度は光回線の中で平均的
  • マンションの設備次第で通信速度が遅い

ソフトバンク光マンションタイプの注意点としては、下り平均速度が光回線の中で平均的であることです。

当メディアが主要光回線25社を調査したところ、マンションの下り平均速度が329.22Mbpsに対して、ソフトバンク光のマンションタイプは307.11Mbpsでした。

下り速度は100Mbps以上出ていますので通常の通信作業であれば何の問題もありませんが、反応速度が重要な対戦型のオンラインゲームをする場合は、速ければ速いほど有利になりやすいため注意した方がよいでしょう。

また光コラボに共通することですが、マンションの設備(配線方式)によっては最大通信速度が200Mbpsや100Mbpsになることにも注意が必要です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

マンションの配線方式最大通信速度
光ファイバー下り:1Gbps
上り:1Gbps
VDSL下り:200Mbps / 100Mbps
上り:200Mbps / 100Mbps

LAN

最大速度が1Gbpsであれば問題はありませんが、最大速度が100Mbpsの建物にお住まいの場合は、対戦型のオンラインゲームをする場合には不満を抱く可能性があります。

配線方式は建物ごとに決まっており、最大通信速度が実際に出ることはないため、ソフトバンク光のマンションタイプで速い通信速度を求める場合は、下記のページで事前に確認しておくとよいでしょう。

ソフトバンク光【マンション】の概要

ソフトバンク光マンションタイプの概要は、以下のとおりです。

回線名ソフトバンク光
回線の種類NTT
最大通信速度1Gbps
下り平均速度※1307.11Mbps
提供エリア全国(NTTフレッツ光と同じ)
月額料金
(プロバイダ料含む)
・2年自動更新:4,180円
・契約期間なし:5,390円
スマホセット割・おうち割 光セット(月額最大1,100円割引)
・おうち割 光セット(A)(月額最大1,188円割引)
光電話オプション550円/月
契約期間・2年(自動更新)
・なし
契約事務手数料3,300円
工事費用26,400円(キャンペーンで実質無料)
解約違約金・2年:月額料金1カ月分
・契約期間なし:0円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※料金はすべて税込み

ソフトバンク光をお得に利用するならどのプロバイダ・窓口がおすすめ?

ソフトバンク光はプロバイダ「Yahoo!BB」との一体型サービスであるため、別途プロバイダと契約する必要はありません。

また、ソフトバンク光の申込窓口は公式サイトを含めてたくさんありますが、おすすめは代理店の『GMOとくとくBBです。

というのも、キャッシュバックが30,000円以上もらえる窓口で比較してみると、GMOとくとくBBはキャッシュバック額が最も高いことに加えて、Wi-Fiルーターを無料プレゼントしてくれるからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク光の
申込窓口

キャッシュバック
オプション
条件

Wi-Fiルーター
無料プレゼント
GMOとくとくBB
(代理店)
40,000円※1
アウンカンパニー
(代理店)
38,000円※1
(6,000円減額※2
エフプレイン
(代理店)
36,000円×
フェイサム
(代理店)
36,000円×

※1 :「工事費サポート はじめて割」適用の場合は7,000円減額
※2:Wi-Fiルーターをもらうとキャッシュバックが減額される

Wi-Fiルーターを用意する必要がある際には大きなメリットと言えますので、Wi-Fiルーターをお持ちでない場合はとくにGMOとくとくBBをおすすめします。

では次に、GMOとくとくBBから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

ソフトバンク光がお得な申込窓口は「GMOとくとくBB」

ソフトバンク光×GMOとくとくBB出典:GMOとくとくBB

 

GMOとくとくBB』は、東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ株式会社」が運営するプロバイダであり、ソフトバンク光を取り扱う代理店でもあります。

GMOとくとくBBからソフトバンク光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ソフトバンク光×GMOとくとくBBマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
4,180円
開通月の月額料金日割り
事務手数料3,300円
工事費26,400円
(キャンペーンで実質無料)
スマホセット割・おうち割 光セット(月額最大1,100円割引)
・おうち割 光セット(A)(月額最大1,188円割引)
キャンペーン・最大40,000円キャッシュバック
・工事費実質無料(工事費サポートはじめて割)
・他社サービスによる解約違約金を最大100,000円まで負担
・高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント
・開通前モバイルルーター無料レンタル など
下り平均速度※2307.11Mbps
3年間の実質月額料金3,355円
スマホセット割※3を含めた
3年間の実質月額料金
2,805円

※1:2年自動更新の場合
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※3:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

上記のとおり、GMOとくとくBBでのキャッシュバックは最大40,000円ですが、工事費を実質無料にする「SoftBank光 工事費サポートはじめて割」キャンペーンを適用する場合は33,000円になることには注意しておきましょう。

 

ソフトバンク光を「GMOとくとくBB」から申し込む方法

ソフトバンク光を『GMOとくとくBB』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. GMOとくとくBB』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面左下にある赤色の「Webお申込みはこちら」をクリックする
  3. 必須項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてソフトバンク光の利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、2週間を目安にしておくとよいでしょう。

「GMOとくとくBB」でキャッシュバックを受け取る方法

GMOとくとくBB』でキャッシュバックを受け取る手順は次のとおりとなっており、手続き最短即日で受け取ることも可能です。

  1. ソフトバンク光開通月の翌々月に、申込み時に登録したメールアドレス宛てにメールが届く
  2. メールに従って希望の受取方法を登録する
  3. セブンATMなら手続き当日、指定の金融機関への振り込みなら4営業日以内に受け取れる

すごく簡単ではありますが、万が一振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

「ソフトバンク光×GMOとくとくBB」の特典

  • キャッシュバック最大40,000円
  • 26,400円の工事費が実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料プレゼント
  • 他社の違約金を最大100,000円まで負担
  • SoftBankユーザーは月額最大1,100円割引
  • Y!mobileユーザーは月額最大1,188円割引

 

コミュファ光|東海地方限定だが月額料金が安い+通信速度が速い!

コミュファ光

コミュファ光の特徴

  • 独自回線で通信速度が速い!
  • 東海エリア限定ながら利用料金が安い!
  • au / UQモバイルユーザーはスマホセット割で月額料金が安くなる!

コミュファ光は、中部電力グループの「中部テレコミュニケーション株式会社」が運営している、東海エリア(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県)のみでサービスを提供している光回線です。

コミュファ光の特徴は、中部電力が保有する独自の光ファイバー網を利用していることと、全国展開のNTTフレッツ系光回線と比べて利用者が少なく混雑しにくいことで、回線速度の実測値がトップレベルに速いことです。

また利用料金が安く、お得なキャンペーンが多いこともあり、東海エリアの「固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」においては5年連続で総合満足度第1位を受賞するなど、高い顧客満足度を誇っています。

 

コミュファ光のおすすめポイントと、契約前に知っておきたい注意点は、次のとおりです。

コミュファ光【マンション】のおすすめポイント
  • 光回線サービスの中でも通信速度が速い
  • NEXTから申し込むと20,000円のキャッシュバックがもらえる
  • キャンペーンで初年度の月額料金が安くなる
  • 事務手数料・工事費が無料になる
  • 他社の違約金を全額負担してもらえる
  • au / UQモバイルユーザーはスマホセット割で月額最大1,100円安くなる
  • Wi-Fiルーターが不要で無線LANが使える

コミュファ光マンションタイプのおすすめポイントは、下り平均が665.55Mbpsという通信速度の速さです。

当メディアが主要光回線25社を調査したところ、マンションの下り平均速度は329.22Mbpsでしたので、オンラインゲームをするなど「少しでも速い方がいい」という場合には大きなメリットになるでしょう。

また、auやUQモバイルをお使いの場合は毎月のスマホ代が安くなりますので、「au / UQモバイル」ユーザーにはとくにおすすめの光回線となっています。

利用料金が安くなる割引要素は、以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

コミュファ光【マンション】の割引要素コミュファ光【マンション】の割引額
「NEXT」のキャッシュバック20,000円
1年間割引キャンペーン1,620円×12カ月
スタート割550円/月
事務手数料770円⇒ 無料
工事費割引27,500円⇒ 無料
他社の違約金負担全額
スマホセット割auユーザー:最大1,100円/月
UQモバイルユーザー:最大858円/月

※金額はすべて税込み

まず、代理店の『NEXT』からコミュファ光を申し込むと、20,000円のキャッシュバックがもらえます。

次にコミュファ光では、契約期間を2年か5年にすれば「スタート割」が適用されて月額料金がずっと550円(税込)安くなるうえに、「1年間割引キャンペーン」の適用で初年度の月額料金が大幅に安くなります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

契約タイプ1年間割引キャンペーン+スタート割を適用させた月額料金
通常の月額料金
1年目2年目以降
マンション4,650円⇒ 2,450円4,070円4,620円

※料金はすべて税込み

また、キャンペーンの適用で事務手数料や工事費が無料になり、他社から乗り換える際には、他社で発生する違約金を全額負担してくれるため、初期費用を気にする必要がありません。

さらに、コミュファ光ではスマホセット割があり、auユーザーなら月額最大1,100円、UQモバイルユーザーなら月額最大858円の割引がありますので、それぞれのスマホユーザーはよりお得に利用できます。

ちなみに、ご家族を含めて複数人で「au / UQモバイル」を利用している場合は、最大10契約まで割引を受けられますので、有効活用するとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホセット割割引額同時に割引できる
契約数
auスマートバリュー
(au)
550~1,100円/月※110契約
自宅セット割
(UQモバイル)
638~858円/月※110契約

※1:スマホプランによって割引額は異なる
※割引額はすべて税込み

これらの特典によって、トータルでの月々の利用料金を抑えつつ、光回線で最高クラスの高速通信を楽しむことができます。

なおコミュファ光では、自宅に設置されるホームゲートウェイにWi-Fi機能が搭載されているため、自前でWi-Fiルーターを用意しなくても無線LANが使えることもメリットと言えます。

コミュファ光【マンション】の注意点
  • 提供エリアが東海地方のみ
  • マンションの設備次第で通信速度が遅い
  • 短期間で解約すると多額の工事費を支払う必要がある
  • 開通工事の対応が遅い

コミュファ光の注意点としては、提供エリアが東海地方限定であることです。

安くて速い光回線ではありますが、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県でしか利用できないことには注意しておきましょう。

また、マンションの設備(配線方式)によっては最大通信速度が100Mbpsになることも注意しておく必要があります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

コミュファ光マンションの
提供タイプ
配線方式最大速度
タイプF1G光ファイバー下り:1Gbps
上り:1Gbps
タイプV100VDSL下り:100Mbps
上り:100Mbps

タイプL100LAN

※契約者は自由に提供タイプを選ぶことはできない

というのも、平均で100Mbpsの速度が出ていれば大抵の通信作業は問題ないものの、反応速度が重要な対戦型のオンラインゲームをする場合は、速ければ速いほど有利になりやすいからです。

配線方式は建物ごとに決まっており、最大通信速度が実際に出ることはないため、コミュファ光でマンションタイプを契約する場合は、公式サイトの『集合住宅検索ページ』で事前に確認しておくことをおすすめします。

なお、お住まいの建物によっては戸建てプラン(最大1Gbps)が適用できる場合がありますので、建物の提供タイプが「タイプV・L」で通信速度を求める場合は、電話『0120-816-527』(9:00〜18:00)にてコミュファ光に問い合わせるとよいでしょう。

さらに、月額料金が割引される「スタート割(2年か5年を選べる)」キャンペーンの適用で工事費が無料になるものの、期間満了前に解約する場合は、早期ほど高額な工事費(最大27,500円)が発生することには注意が必要です。

スマホの場合は左右にスクロールできます→

解約月スタート割「2年」の工事費スタート割「5年」の工事費
1カ月目27,500円27,500円
2カ月目26,337円26,998円
23カ月目2,290円17,388円
24カ月目1,145円16,931円
25カ月目なし16,473円
60カ月目なし457円
61カ月目以降なしなし

※料金はすべて税込み

したがって、短期間しか利用しない場合は、他の光回線を検討した方がよいかもしれません。

他にも、地域限定のコミュファ光では工事業者が少ないことから、申し込みが殺到する引っ越しシーズン(2~3月・9~10月)は、開通工事までに2カ月以上待つ可能性があることも注意しておきましょう。

コミュファ光【マンション】の概要

コミュファ光マンションタイプの概要は、以下のとおりです。

回線名コミュファ光
回線の種類独自
最大通信速度・マンションF1G:1Gbps
・マンションV100M / L100M:100Mbps
下り平均速度※1665.55Mbps
提供エリア愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県
月額料金
(プロバイダ料含む)
4,620円
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
光電話オプション330円/月
契約期間・5年(スタート割:光テレビを含む場合)
・2年(スタート割:光テレビを含まない場合)
・なし
契約事務手数料770円(初期費用無料キャンペーンで0円)
工事費用27,500円(スタート割で0円)
解約違約金・スタート割5年:月額料金の1カ月分(6年目以降は0円)
・スタート割2年:月額料金の1カ月分(3年目以降は0円)
・契約期間なし:0円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※料金はすべて税込み

コミュファ光をお得に利用するならどのプロバイダ・窓口がおすすめ?

コミュファ光ではプロバイダを選ぶ必要があり、10社から選ぶ「プロバイダ選択型」と、コミュファ光とプロバイダがセットになった「プロバイダ一体型」がありますが、おすすめは月額料金が最も安い「プロバイダ一体型」です。

また、申込窓口は公式サイトを含めて複数ありますが、おすすめは代理店の『NEXTになります。

というのも、無条件でもらえるキャッシュバック額を比較してみると、NEXTのキャッシュバックは最も高く、受け取りやすさの点でも優れているからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

コミュファ光の
申込窓口
キャッシュバックオプション条件受取りやすさ
受け取り時期手続き方法
NEXT
(代理店)
戸建て:合計最大71,000円
マンション:20,000円
なし2カ月後申し込み時に
振込口座を指定するだけ
グローバルキャスト
(代理店)
最大25,000円なし12カ月後メール手続き
BIGLOBE
(プロバイダ)
5,000円なし12カ月後メール手続き
オープンプラット
(代理店)
0円
So-net
(プロバイダ)
0円
コミュファ光
(公式サイト)
0円

※実質月額料金が最も安くなる条件で比較

NEXTでは、申し込み時の確認電話で振込口座を伝えるだけで、最も早い2カ月後にキャッシュバックが振り込まれます。

したがって、コミュファ光を申し込む際には、NEXTをおすすめします。

なお、マンションタイプの場合は受取時期が遅くなってもよいのであれば、キャッシュバックが高額な「グローバルキャスト」から申し込むのもよいでしょう。

では次に、NEXTから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

コミュファ光がお得な申込窓口は「NEXT」

コミュファ光×NEXT出典:NEXT

 

NEXT』は、フレッツ光をはじめ、ソフトバンク光、ビッグローブ光など、多くの光回線の取り次ぎを行っている正規代理店です。

NEXTからコミュファ光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

コミュファ光×NEXTマンション
月額料金
(プロバイダ料含む)
4,620円
開通月の月額料金日割り
事務手数料770円
(初期費用無料キャンペーンで0円)
工事費27,500円
(スタート割で0円)
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
キャンペーン・最大20,000円キャッシュバック
・他社サービスによる解約違約金を全額還元
・1年間割引キャンペーン
・工事費無料(スタート割)
・月額料金割引(スタート割)
・初期費用無料
・開通までモバイルルーター無料レンタル など
下り平均速度※1665.55Mbps
3年間の実質月額料金2,974円
スマホセット割※2を含めた
3年間の実質月額料金
2,204円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※2:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

 

コミュファ光を「NEXT」から申し込む方法

コミュファ光を『NEXT』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. NEXT』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面右下にあるオレンジ色の「WEB申し込み」をクリックする
  3. 必要項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてコミュファ光の利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、1~2カ月を目安にしておくとよいでしょう。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取る方法

NEXT』でキャッシュバックを受け取る手順は、次のとおりです。

  1. 申し込みの完了後、契約に関する確認の電話が入る
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を伝える
  3. 回線開通の2カ月後、指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

ただし万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

「コミュファ光×NEXT」マンションの特典

  • 20,000円キャッシュバック
  • 事務手数料・工事費が無料
  • 他社サービスによる解約違約金を全額負担
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQモバイルユーザーは月額最大858円割引

 

ピカラ光|四国地方限定だが月額料金が安い+通信速度が速い!

ピカラ光

ピカラ光の特徴

  • 独自回線で通信速度が速い!
  • 四国エリア限定ながら利用料金が安い!
  • 四国電力ユーザーは月額料金が安くなる!
  • au / UQモバイル / ピカラモバイルユーザーはスマホセット割で月額料金が安くなる!

ピカラ光は、四国電力グループの「株式会社STNet」が運営している、四国エリア(徳島県 ・香川県・愛媛県・高知県)のみでサービスを提供している光回線です。

ピカラ光の特徴は、四国電力が保有する独自の光ファイバー網を利用していることと、全国展開のNTTフレッツ系光回線と比べて利用者が少なく混雑しにくいことで、回線速度の実測値がトップレベルに速いことです。

また、ピカラ光では四国電力とセット割ができることもあり、「ブロードバンドアワード2022」において、キャリア部門(エリア別総合)四国で15年連続第1位を受賞するなど、高い顧客満足度を誇っています。

 

ピカラ光のおすすめポイントと、契約前に知っておきたい注意点は、次のとおりです。

ピカラ光【マンション】のおすすめポイント
  • 光回線サービスの中でも通信速度が速い
  • NEXTから申し込むと最大30,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 使う年数が増えると月額料金が安くなる
  • 事務手数料無料・工事費が実質無料になる
  • 四国電力とセットにすると月額料金が安くなる
  • au / UQモバイルユーザーはスマホセット割で月額最大1,100円安くなる

ピカラ光マンションタイプのおすすめポイントは、下り平均が502.12Mbpsという通信速度の速さです。

当メディアが主要光回線25社を調査したところ、マンションの下り平均速度は329.22Mbpsでしたので、オンラインゲームをするなど「少しでも速い方がいい」という場合にはメリットになるでしょう。

また、四国電力や、「au / UQモバイル / ピカラモバイル」をお使いの場合は割引サービスがありますので、それぞれのユーザーにはおすすめの光回線となっています。

利用料金が安くなる割引要素は、以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ピカラ光【マンション】の割引要素ピカラ光【マンション】の割引額
キャッシュバック※1最大30,000円
ステップ2コース※2660~792円/月
でんきといっしょ割880円/月
事務手数料無料
工事費割引24,200円⇒ 実質無料※3
スマホセット割auユーザー:最大1,100円/月
UQモバイルユーザー:最大858円/月
ピカラモバイルユーザー:330円/月

※1:代理店『NEXT』から申し込んだ場合
※2:利用年数が増えると割引額が大きくなる
※3:2年利用で無料と同じになる
※金額はすべて税込み

まず、代理店の『NEXT』からピカラ光を申し込むと、30,000円(光でんわを申し込まない場合は25,000円)のキャッシュバックがもらえます。

次にピカラ光には、1年目から月額料金が安くなる「ステップ2コース」プランがあり、使う年数が増えるとさらに安くなります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

契約タイプステップ2コースの月額料金通常の月額料金
1~4年目5年目以降
マンション3,740円3,608円4,400円

※料金はすべて税込み

また、四国電力を使っていれば、最初から月額料金が安くなる「でんきといっしょ割」を利用できることもメリットと言えるでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

契約タイプ月額料金の比較
でんきといっしょ割ステップ2コース通常
マンション3,520円3,608円※14,400円

※1:5年目以降の料金
※料金はすべて税込み

さらに、ピカラ光ではスマホセット割があり、auユーザーなら月額最大1,100円、UQモバイルユーザーなら月額最大858円、ピカラモバイル(旧:Fiimo)ユーザーなら月額330円の割引がありますので、それぞれのスマホユーザーはよりお得に利用できます。

ちなみに、ご家族を含めて複数人で「au / UQモバイル」を利用している場合は、最大10契約まで割引を受けられますので、有効活用するとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホセット割割引額同時に割引できる
契約数
auスマートバリュー
(au)
550~1,100円/月※110契約
自宅セット割
(UQモバイル)
638~858円/月※110契約
ピカラいっしょ割
(ピカラモバイル)
330円/月1契約

※1:スマホプランによって割引額は異なる
※割引額はすべて税込み

これらの特典によって、トータルでの月々の利用料金を抑えつつ、光回線でトップクラスの高速通信を楽しむことができます。

ピカラ光【マンション】の注意点
  • 提供エリアが四国地方のみ
  • 2年未満で解約すると工事費を支払う必要がある
  • マンションの設備次第で通信速度が遅い
  • 直近3日間の上り通信量が150GBを超えると通信制限がかかる

ピカラ光マンションタイプの注意点としては、提供エリアが四国地方限定であることです。

安くて速い光回線ではありますが、徳島県・香川県・愛媛県・高知県でしか利用できないことには注意が必要です。

また、長く使うとお得ではあるものの、2年未満に解約する場合は早期ほど多額の工事費(最大24,200円)を支払う必要があることには注意しておきましょう。

スマホの場合は左右にスクロールできます→

利用月数回線終端装置工事費配線工事費工事費の合計額
1カ月7,700円16,500円24,200円
2カ月7,260円15,730円22,990円
23カ月330円660円990円
24カ月以降なしなしなし

※料金はすべて税込み

さらに、マンションの設備(配線方式)によっては最大通信速度が上り下りともに100Mbpsになることには注意が必要です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

マンションの配線方式最大通信速度
光ファイバー下り:1Gbps
上り:1Gbps
VDSL下り:100Mbps
上り:100Mbps

LAN

というのも、平均で100Mbpsの速度が出ていれば大抵の通信作業は問題ないものの、反応速度が重要な対戦型のオンラインゲームをする場合は、速ければ速いほど有利になりやすいからです。

配線方式は建物ごとに決まっており、最大通信速度が実際に出ることはないため、ピカラ光のマンションタイプで速い通信速度を求める場合は、『ピカラ光公式サイト』で事前に確認しておくとよいでしょう。

他にも、アップロード(端末からインターネットへの通信)に通信制限が設けられており、直近3日間で150GBを超えると、一定の間、通信速度が抑制されることにも注意が必要です。

150GBのアップロードの目安
DVDビデオ(約4.7GB)31枚以上
音楽CD(約640MB)234枚以上
高画質写真(約6MB)25,000枚以上

ただし、大がかりなアップロードをしなければ問題ない通信制限と言えるでしょう。

ピカラ光【マンション】の概要

ピカラ光マンションタイプの概要は、以下のとおりです。

回線名ピカラ光
回線の種類独自
最大通信速度1Gbps
下り平均速度※1502.12Mbps
提供エリア徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
月額料金※2
(プロバイダ料含む)
3,740円
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
・ピカラいっしょ割(月額330円割引)
光電話オプション550円/月
契約期間最低利用期間:2年
契約事務手数料0円
工事費用2年以上の利用で実質無料
解約違約金月額料金1カ月分(最低利用期間内で解約する場合)

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年9月現在)
※2:「ステップ2コース」プラン初年度の料金

※料金はすべて税込み

ピカラ光をお得に利用するならどのプロバイダ・窓口がおすすめ?

ピカラ光はプロバイダ「STNet」との一体型サービスであるため、別途プロバイダと契約する必要はありません。

また、ピカラ光の申込窓口は公式サイトを含めて複数ありますが、おすすめは代理店の『NEXTです。

というのも、キャッシュバックが20,000円以上もらえる窓口を比較してみると、NEXTのキャッシュバックが最も高額だからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ピカラ光の
申込窓口

キャッシュバックオプション条件
NEXT
(代理店)
最大30,000円※1光電話の加入※2
ピカラ光
(公式サイト)
20,000円相当
の商品券
フルコミット
(代理店)
20,000円光電話の加入※2

※1:光電話を加入しない場合は25,000円
※2:光電話は月額税込550円

したがって、ピカラ光を申し込む際には、NEXTをおすすめします。

では次に、NEXTから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

ピカラ光がお得な申込窓口は「NEXT」

ピカラ光×NEXT出典:NEXT

 

NEXT』は、フレッツ光をはじめ、ソフトバンク光、ビッグローブ光など、多くの光回線の取り次ぎを行っている正規代理店です。

NEXTからピカラ光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ピカラ光×NEXTマンション
月額料金
(プロバイダ料含む)
3,740円
開通月の月額料金無料
事務手数料0円
工事費2年以上の利用で実質無料
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
・ピカラいっしょ割(月額330円割引)
キャンペーン・30,000円キャッシュバック
・ステップ2コース
・でんきといっしょ割
・初期費用無料 など
下り平均速度※1502.12Mbps
3年間の実質月額料金3,046円
スマホセット割※2を含めた
3年間の実質月額料金
2,357円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※2:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

 

ピカラ光を「NEXT」から申し込む方法

ピカラ光を『NEXT』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. NEXT』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面下中央にあるピンク色の「WEBからのお申込み」をクリックする
  3. 必要項目を入力して申し込みを完了する
  4. エリア・申し込み内容についての電話確認
  5. 光ファイバー敷設ルートの調査
  6. 開通工事のための宅内調査
  7. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  8. 初期設定をしてピカラ光の利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、1カ月半〜2カ月を目安にしておくとよいでしょう。

「NEXT」でキャッシュバックを受け取る方法

NEXT』でキャッシュバックを受け取る手順は、次のとおりです。

  1. 申し込みの完了後、契約に関する確認の電話が入る
  2. その電話で、オペレーターに振込口座を伝える
  3. 回線開通月の最短2カ月後の月末日に、指定の口座にキャッシュバックが振り込まれる

万が一、振り込みが遅れた際に気づくためにも、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

「ピカラ光×NEXT」の特典

  • 最大30,000円キャッシュバック
  • 事務手数料無料・工事費実質無料
  • 四国電力とのセットで月額料金割引
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQモバイルユーザーは月額最大858円割引
  • ピカラモバイルユーザーは月額330円割引

 

@TCOMヒカリ|全国で使える+月額料金が安い!

@TCOMヒカリ

@TCOMヒカリの特徴

  • 全国エリアで使える!
  • au / UQモバイル / LIBMOユーザーはスマホセット割で月額料金が安くなる!

@TCOMヒカリは、TOKAIホールディングスグループの「株式会社TOKAIコミュニケーションズ」が運営する光コラボサービスです。

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光回線とプロバイダを一体にしたサービスのことで、提供エリアはフレッツ光と同じ日本人口の95%をカバーしており、通信速度や安定性といった通信品質もフレッツ光と同じ特徴をもっています。

また、NTTフレッツ光回線を利用していることから、フレッツ光や光コラボを利用中の場合は工事不要で乗り換えられる利点があります。

 

@TCOMヒカリのおすすめポイントと、契約前に知っておきたい注意点は、次のとおりです。

@TCOMヒカリ【マンション】のおすすめポイント
  • ほぼ全国で使える
  • 公式サイトから申し込むと40,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 工事費が実質無料になる
  • auユーザーはスマホセット割で月額最大1,100円安くなる
  • UQモバイルユーザーはスマホセット割で月額最大858円安くなる
  • LIBMOユーザーはスマホセット割で月額220円安くなる

@TCOMヒカリマンションタイプのおすすめポイントは、提供エリアが日本全国であるため、ほぼすべての人が使えることです。

また、「au / UQモバイル / LIBMO」ユーザーはスマホセット割によって毎月のスマホ代が安くなるため、それぞれのユーザーにおすすめの光回線となっています。

利用料金が安くなる割引要素は、以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

@TCOMヒカリ【マンション】の割引要素@TCOMヒカリ【マンション】の割引額
キャッシュバック※140,000円
または50,000円相当分のTLCポイント
工事費割引16,500円⇒ 実質無料※2
スマホセット割auユーザー:最大1,100円/月
UQモバイルユーザー:最大858円/月
LIBMOユーザー:220円/月

※1:『@TCOMヒカリ公式サイト』から申し込んだ場合
※2:工事費割引期間の満了で無料と同じになる

※金額はすべて税込み

まず、『公式サイト』から申し込むと、40,000円のキャッシュバックか、50,000円相当分のTLCポイントがもらえます。

TLCポイントとは

TLCポイントとは、TOKAIグループのサービスを利用するユーザーだけが使えるポイントサービスです。

貯まったポイントは「1pt=1円」として、WAON・LuLuCaポイント・ドットマネーなどへ交換することや、@TCOMヒカリ・LIBMOの毎月の支払いに使うことが可能です

TLCポイントは月額料金の支払いにも使うことができますので、現金じゃなくてもよいのであれば50,000TLCポイントの方がお得です。

次に@TCOMヒカリでは、契約期間を満了させると工事費が実質無料になるため、初期費用を気にする必要がありません。

さらに、@TCOMヒカリにはスマホセット割があり、auユーザーなら月額最大1,100円、UQモバイルユーザーなら月額最大858円、LIBMOユーザーなら月額220円の割引がありますので、それぞれのスマホユーザーはよりお得に利用できます。

ちなみに、ご家族を含めて複数人で「au / UQモバイル」を利用している場合は、最大10契約まで割引を受けられますので、有効活用するとよいでしょう。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホセット割割引額同時に割引できる
契約数
auスマートバリュー
(au)
550~1,100円/月※110契約
自宅セット割
(UQモバイル)
638~858円/月※110契約
LIBMO×光セット割
(LIBMO)
220円5契約

※1:スマホプランによって割引額は異なる
※割引額はすべて税込み

これらの特典によって、日本に住んでいるほとんどの人が安い料金で@TCOMヒカリを利用できます。

@TCOMヒカリ【マンション】の注意点
  • マンションの設備次第で通信速度が遅い
  • Wi-Fiルーターは自分で用意する必要がある

@TCOMヒカリマンションタイプの注意点としては、光コラボに共通することとして、マンションの設備(配線方式)によっては最大通信速度が200Mbpsや100Mbpsになることです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

マンションの配線方式最大通信速度
光ファイバー下り:1Gbps
上り:1Gbps
VDSL下り:200Mbps / 100Mbps
上り:200Mbps / 100Mbps

LAN

というのも、平均で100Mbpsの速度が出ていれば大抵の通信作業は問題ないものの、反応速度が重要な対戦型のオンラインゲームをする場合は、速ければ速いほど有利になりやすいからです。

配線方式は建物ごとに決まっており、最大通信速度が実際に出ることはないため、@TCOMヒカリのマンションタイプで速い通信速度を求める場合は、下記のページで事前に確認しておくとよいでしょう。

ちなみに、当メディアが主要光回線25社を調査したところ、マンションの下り平均速度が329.22Mbpsに対して、@TCOMヒカリのマンションタイプは311.11Mbpsでした。

最大通信速度が1Gbpsの建物であれば問題はありませんが、100Mbpsの建物にお住まいの場合は、対戦型のオンラインゲームをする場合には不満を抱く可能性があります。

また、@TCOMヒカリではWi-Fiルーターのレンタルがありませんので、無線でインターネットを接続したい場合はご自分で用意する必要があることにも注意しておきましょう。

@TCOM【マンション】ヒカリの概要

@TCOMヒカリマンションタイプの概要は、以下のとおりです。

回線名@TCOMヒカリ
回線の種類NTT
最大通信速度1Gbps
下り平均速度※1311.11Mbps
提供エリア全国(NTTフレッツ光と同じ)
月額料金※2
(プロバイダ料含む)
・2年バリューパック:4,180円
・契約期間なし:5,500円
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
・LIBMO×光セット割(月額220円割引)
光電話オプション550円/月
契約期間・2年(自動更新)
・なし
契約事務手数料3,300円
工事費用16,500円(契約期間満了で実質無料)
解約違約金・2年バリューパック:2,200円
・契約期間なし:0円

※1:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)
※2:2年契約プランの料金
※料金はすべて税込み

@TCOMヒカリ【マンション】をお得に利用するならどのプロバイダ・窓口がおすすめ?

@TCOMヒカリには公式窓口と代理店窓口がありますが、おすすめは公式窓口である『公式サイトです。

というのも、TLCポイントで換算すれば、3年間の利用料金は公式窓口の方が安いからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

@TCOMヒカリの
の申込窓口
キャッシュバック月額料金割引合計割引額
@TCOMヒカリ
(公式サイト)
40,000円または
50,000TLCポイント
 40,000円または
50,000円相当分のTLCポイント
ブロードバンドナビ
(代理店)
戸建て:最大36,000円
マンション:最大34,000円
戸建て:440円×12カ月間
マンション:330円×12カ月間
戸建て:44,280円
マンション:38,960円

※割引額はすべて税込み

したがって、@TCOMヒカリを申し込む際には、公式サイトをおすすめします。

では次に、公式サイトから申し込んだ際のキャンペーン内容や申込方法、キャッシュバックのもらい方までを確認していきましょう。

@TCOMヒカリがお得な申込窓口は「公式サイト」

出典:@TCOMヒカリ

 

公式サイトから@TCOMヒカリを申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

@TCOMヒカリ×公式サイトマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
4,180円
開通月の月額料金日割り
事務手数料3,300円
工事費16,500円
(契約期間満了で実質無料)
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
・LIBMO×光セット割(月額220円割引)
キャンペーン・40,000円キャッシュバック
・もしくは50,000円相当分のTLCポイントプレゼント
・工事費実質無料
下り平均速度※2311.11Mbps
3年間の実質月額料金3,161円
スマホセット割※3を含めた
3年間の実質月額料金
2,611円

※1:2年バリューパックの場合
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※3:最大割引額(1,100円/月)で算出
※料金はすべて税込み

 

@TCOMヒカリを「公式サイト」から申し込む方法

@TCOMヒカリを『公式サイト』から申し込んで利用するまでは、次のステップを踏みます。

  1. 公式サイト』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面右上にあるオレンジ色の「お申込み」をクリックする
  3. 必須項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をして@TCOMヒカリの利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、2週間~1カ月を目安にしておくとよいでしょう。

「公式サイト」でキャッシュバックを受け取る方法
  1. 利用開始月から7カ月目の下旬にキャッシュバックの案内メールが届く
  2. 案内メールに記載されたURLにアクセスし、受付番号・認証キー・受取方法を入力する
  3. 「銀行振込」または「セブン銀行ATM受取り」にて特典を受け取る
  4. TLCポイントを受け取る場合は、開通月から7カ月目の下旬にTLC会員IDにポイントが進呈される

案内メールの発信日から2週間以内に特典受け取りの手続きを行う必要がありますので、スマホのリマインダー機能などを使ってチェックできるようにしておくとよいでしょう。

「@TCOMヒカリ×公式サイト」の特典

  • 40,000円キャッシュバック
  • もしくは50,000円相当分のTLCポイントプレゼント
  • 契約期間満了で工事費実質無料
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQモバイルユーザーは月額最大858円割引
  • LBMOユーザーは月額220円割引

 

3.マンションで光回線を利用するまでの流れ

マンションで光回線を利用するまでの流れ・手順は以下の通りです。

  1. マンションでどの光回線が使えるか確認する
  2. 光回線に申し込む
  3. 光回線の工事日を決める
  4. 開通工事
  5. 接続機器を設定する

上記5つの手順について、1つずつ詳しく解説します。

3-1.マンションでどの光回線が使えるか確認する

まず最初に、利用したいマンションでどの光回線が使えるかを確認しておきましょう。

そもそもマンションが利用したい光回線に対応していなければ契約することはできませんが、NTT回線か独自回線かによって選べる回線の種類も異なるからです。

どの光回線が使えるかは、以下2つの方法で確認できます。

  • 確認方法①|オーナーや管理会社に確認する
  • 確認方法②|光回線の公式サイトで住所検索する

詳細は、「1-3.マンションで利用できるのはどの光回線かをご覧ください。

3-2.光回線に申し込む

マンションでどの光回線が使えるか確認した後、利用したい光回線に申し込みをします。

現在主流になりつつある「光コラボ」などはプロバイダがセットになっていますが、「フレッツ光」を申し込む場合には、プロバイダの別契約が必要になります。

なお、2章の「2024年最新!マンションでおすすめの光回線でおすすめしている光回線の申込窓口はすべてプロバイダがセットになっているため、1つの申し込みで完了します。

ちなみに、電話申し込みはキャンペーン適用がなく、口頭トラブルにつながりやすくなるため、Webページからの申し込みが確実でおすすめです。

3-3.光回線の工事日を決める

申し込みが済んだら、後日光回線スタッフやオペレーターから申し込み確認や工事日程の連絡が来ます。

工事までの期間はおおよそ2週間~1ヵ月程度かかる場合が多く、引越しシーズンなどの繁忙期では2ヵ月先になることもあります。

また、工事だけでなく、光回線について分からないことがあれば、一緒に聞いておくとよいでしょう。

3-4.開通工事

工事日になると、工事業者が自宅に訪問し、配線工事が行われます。

工事内容については、マンションのインターネット設備状況によって、工事時間や費用が以下のように異なります。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

マンションの設備状況工事立ち合い工事時間工事費用
インターネット完備非対応あり1~2時間26,400~44,000円
光回線設備がマンションまで導入されているあり30分程度
光回線設備が部屋まで導入されているなし2,200円

※価格はすべて税込です

マンション・アパートの場合は、共有部から部屋への配線引き込みが必要な場合は1~2時間すでに引き込みがされていて宅内工事で済む場合は30分程度です。

すでに部屋まで配線が引いてある場合は、工事不要となるため、開通日になると光回線が利用できる状態になります。

3-5.接続機器を設定する

工事が完了したら、事前に自宅に届けられたモデム等の機器を接続して光回線の利用開始となります。

基本的には、モデムやルーターを接続したら、設定などは不要で使えるようになりますが、プロバイダを別で契約している場合にはモデムやルーターで以下の設定が必要になります。

  1. Webまたはアプリ等で指定の設定ツールを開く
  2. 「ユーザーID」「パスワード」を入力

上記の接続設定にて、インターネットが利用できるようになります。

なお、接続設定の方法は同封されている書類に記載があるので、大切に保管しておいてください。

4.マンションで光回線を利用する際の注意点

マンションで光回線を利用する場合には、以下のような注意点があります。

上記について、1つずつ詳しく解説します。

4-1.マンションの配線方式によって通信速度と契約できるタイプが異なる

光回線をマンションで利用する場合、マンションに整備された配線方式によって「通信速度」と「契約タイプ(プラン)がある程度決まってしまいます。

基本的にはマンション共有部までは「光ファイバー」が引かれていますが、共有部から各部屋までの配線方式には以下の3種類が存在します。

配線方式特徴通信速度
VDSL方式各部屋まで引かれた電話回線を利用する光回線方式に比べて遅い
(最大100Mbps)
LAN方式各部屋までLANケーブルが引かれているVDSL方式とほぼ同じ
光配線方式各部屋まで光ファイバーが引かれている最も速い
(最大1Gbps)

古くからあるVDSL方式やLAN方式では光回線を活かしきれず、速度が半分以下や1/10程度まで下がる場合もあるので注意が必要です。

一方、各部屋まで「光回線方式」であれば、共有部まで引かれた光回線を最大限活かせるため、通信速度も安定しやすい特徴があります。

なお、光回線では、配線方式に合わせたタイプ提供がされていることがあり、例えば「auひかり」では以下のようにマンションで契約できるプランが異なります。

auひかりのマンションで契約できるプランと速度

←スマホの方は左右にスクロールできます→

提供タイプ月額利用料
プロバイダ利用料込み)
下り上り最大速度
タイプG16契約以上4,180664Mbps※1
8契約以上4,510円
タイプV16契約以上4,180100Mbps※2
8契約以上4,510円
都市機構4,180100Mbps※2
都市機構GDX-G4,180円664Mbps※1
東日本B2,585円
東日本R3,025円
西日本B3,025円
西日本R3,465円
タイプE16契約以上3,740100Mbps
8契約以上4,070円
タイプF4,290円100Mbps
マンション ミニ ギガ5,5001Gbps
マンション ギガ4,4551Gbps

※価格はすべて税込み
(※1)マンションによっては下り最大100Mbps、上り最大100Mbps
(※2)マンションによっては下り最大70Mbps、上り最大30Mbps

例えば、通信速度の速い「マンション ギガ」や、月額料金が安い「タイプE 16契約以上」に魅力を感じても、お住いのマンションが対応していなければ利用することはできません。

上記の通り、それぞれの配線方式によって契約できる光回線の契約タイプが決まってしまうため、「思っていたのと違った」「騙された」とならないように事前に把握しておきましょう。

4-2.工事は順番なので余裕を持ったスケジュールが必要

すでに少し触れましたが、光回線の工事は申し込み順で行われるため、希望通りの日程やスケジュールで行うことが難しくなります。

予定よりかなり遅れることもあるため、開通工事までインターネットが使えない期間も考慮したうえで、余裕を持ったスケジュール調整を行いましょう。

特に1~3月の引越しシーズンなどは込み合いますので、注意してください。

なお光回線業者の中には、工事日まで「ポケット型WiFi」などを無料で貸し出してくれるところもありますが、なければレンタルWi-Fiなどを利用することをおすすめします。

レンタルWi-Fiについては、『国内・海外別!Wi-Fiルーターのおすすめレンタル先とお得に利用するための全知識』を参考にしてみてください。

5.マンションの光回線についてよくある質問

下記では、マンションの光回線によくある質問について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Q1.マンションで光回線の工事ができない場合は?

マンションで光回線の工事ができない場合には、以下のようなモバイル回線を利用しましょう。

  • ポケット型WiFi
  • ホームルーター

モバイル回線は工事不要で利用できるため、マンション等で光回線の工事ができない人におすすめです。

ポケット型WiFiは外出先にも持ち運びができるのが特徴で、ホームルーターは自宅のコンセントに挿して使うタイプで、複数人で利用することに長けています。

なお、詳細やおすすめは『工事不要でWi-Fiを使う方法を徹底比較!ランキングとお得な契約方法』で解説しています。

Q2.インターネット完備のマンションで新しく契約できる?

すでにマンションにインターネット(Wi-Fi)が完備されている場合で、そのインターネット回線が気に入らない場合は、個別で光回線等を契約することもできます。

ただし、個別で契約できるかはマンションのオーナーや管理会社に問い合わせる必要があります。

中には「備え付けのインターネット回線以外はダメ」といった風に断られる可能性もあるためです。

また、契約できるのはすでに導入されている回線網の光回線に限られるため、注意してください。

Q3.光回線のマンションタイプで最も安いのは?

光回線はスマホキャリアに合わせて選ぶのが最もお得ですが、シンプルにマンションタイプの月額料金が最も安いのは「楽天ひかり」です。

楽天ひかりは1年間2,000円/月の割引キャンペーンを実施しているため、初めの1年間は月額(1,980円税込)で利用することができます。

ただし、楽天ひかりはまだできたばかりで、下記のように通信速度や安定性の評判がよくないことを知っておきましょう。

安さを売りにしている「楽天ひかり」ですが、通信障害やトラブルもまだまだ多く、光回線の安定性を求める場合にはあまりおすすめしません。

ですので、月額料金の安さだけにこだわらず、通信性やキャンペーンなどを考慮し総合的に見て選ぶことをおすすめします。

まとめ

マンションで光回線を利用するために確認しておくべきことや利用するまでの流れに加え、おすすめの光回線についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

光回線をマンションで使いたい場合、マンションの設備状況によって契約できるタイプや工事内容が異なるため、以下の3つを確認しておくことが大切です。

  • マンションに光回線設備が導入されているか
  • マンションで光回線の工事は可能か
  • マンションで利用できるのはどの光回線か

なお、新規契約から3年間で計算した場合、マンションで最も安く利用できる光回線は以下の通りです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり全国(沖縄県を除く)GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県NEXT
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
ビッグローブ光ビッグローブ光全国NEXT
(代理店)

このページを参考に、あなたがマンションで光回線を快適かつ、お得に利用できることを、心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る