ポケットWi-Fiのキャンペーンを徹底比較!お得に契約するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「ポケットWi-Fiのキャンペーンってどこが1番お得?」「キャンペーンの申し込み方法は?」など、ポケットWi-Fiのキャンペーンについてお悩みではありませんか?

結論、ポケットWi-Fiは、高額キャッシュバックキャンペーンを適用できるプロバイダ『GMOとくとくBB』で、WiMAXを申し込むと最もお得な料金で快適にインターネット通信ができます

このページでは、長年通信端末を販売してきた筆者が、2021年5月最新のWiMAXプロバイダキャンペーンを比較し、最もお得なWiMAXの申し込み窓口と契約方法を以下の流れで解説します。

    1. ポケットWi-Fiキャンペーンの種類と比較ポイント!
    2. 2021年5月現在のポケット各社Wi-Fiキャンペーン
    3. WiMAXのキャッシュバックキャンペーン比較
    4. 最もお得にWiMAXを契約するための全手順

このページを読めば、最もお得なポケットWi-Fiで、快適なネット生活を楽しむことができます。

0.結論、1番お得に使えるポケットWi-Fiは『WiMAX』

詳しくは後ほど解説していきますが、読むのが面倒な方のために、選ぶべきポケットWi-Fiをご紹介します。

結論としては、『UQ WiMAX』という会社から出ている『WX06』というポケットWi-Fiがおすすめです。

選定の理由としては、下記の通りシンプルです。

  • 「無制限」でデータ容量が使える
  • 「速度制限」がかかりづらい
  • 「操作」が簡単
  • 「コストパフォーマンス」が一番高い

実際にUQ WiMAXの『WX06』を後述の販売代理店『GMOとくとくBB』経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。

 UQ WiMAX 『WX06』Y!mobile 『603HW』docomo 『N-01J』
機種WX06
プラン名ギガ放題アドバンスオプション データMパック
月額料金3,894円※4,380円 6,900円
データ容量無制限無制限5GB
速度制限条件3日で10GB利用で1Mbpsに制限 (youtube視聴は可能な速度)3日で10GB利用で1Mbpsに制限 (youtube視聴は可能な速度)5GB利用で128kbsp(超低速)に制限
契約期間3年3年2年

※キャッシュバックを含む3年間の実質月額料金です

実は大前提として、ポケットWi-Fiは『au』『UQ WiMAX』などの「サービス提供元の会社」によって、「すぐに速度制限にかかって、全然使い物にならない」「料金が全く違う」など大きくが出ます。

これらの5社を「データ容量」「速度制限」「月額料金」「高速通信できるエリア」の4つのポイントで徹底比較したのが以下の表です。

 データ容量(無制限で使えるか)速度制限月額料金高速エリア通信
docomo××
au
SoftBank×
Y!mobile
UQ WiMAX (★おすすめ)

なぜ上記の結論に至ったのか、他のポケットWi-Fiとも比較しながら、次章以降で 詳しくご紹介します。

 ※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

1.ポケットWi-Fiキャンペーンの種類と比較ポイント!

ポケットWi-Fi、つまり持ち運びができるモバイルWi-Fiには、携帯キャリアや通信事業者が提供している様々な種類のものが存在します。

各社ではキャンペーンを行っていて、主な種類としては以下の通りです。

  • キャッシュバック
  • 利用料金の割引
  • 併用サービスの割引
  • 端末や貸出機器の無料化
  • 返金サービス

ポケットWi-Fiを提供している会社によってキャンペーン内容は異なりますが、大切なのは実際に支払う金額です。

キャンペーン内容や割引額だけを見て、判断するのは危険です。

各社のキャンペーン内容を比較しながら、総合的にお得になるかどうかをしっかり見極め、本当にお得に使えるポケットWi-Fiを利用しましょう。

2.2021年5月現在のポケットWi-Fi各社キャンペーン

それでは、2002年8月現在のポケットWi-Fiキャンペーンを比較しながら、どこのキャンペーンが最もお得であるかについて解説していきます。

この章では、以下の流れで解説していきます。

  • ポケットWi-Fi各社のキャンペーン一覧
  • 各社のキャンペーン詳細

下記で詳しく見ていきましょう。

2-1.ポケットWi-Fi各社のキャンペーン一覧

2021年5月現在のポケットWi-Fiを提供している15社のキャンペーン内容を一覧表にしました。

サービス提供キャンペーン内容プラン名月額料金機種
GMOとくとくBB
  • 2万7,600円キャッシュバック
  • 端末代金無料
  • 専用クレードル代無料
  • 送料無料
ギガ放題(3年)1~2か月目:3,969円
3~24か月目:4,689円
25か月目以降:4,689円
WX06
DTI
  • 通常月額料金最大2か月間無料
ギガ放題(3年)1~2か月目:0円
3か月目:2,849円
4か月目以降:4,136円
WX06
Broad WiMAX
  • Web購入&クレカ払いで月額最安プランの初期費用18,857円割引
  • 端末無料
  • BroadWIMAXへの乗り換えで契約解除料最大19,000円(税込20,900円)会社負担&初期費用無料
ギガ放題(3年)1~2か月目:2,999円
3~24か月目:3,752円
25か月目以降:3,752円
WX06
BIGLOBE
  • データ端末同時申し込みでサービス開始月の翌月15,000円キャッシュバック
ギガ放題(1年)サービス開始月(0か月目):0円

翌月(1か月目)以降:4,378円

WX06
dis
  • ギガ放題(3年)月間ずーっと3,880円(税込4,268円)
ギガ放題(3年)月額:4,268円WX06
UQ WiMAX
  • LTEオプション料永年無料

※本料金プランは2019年9月30日に新規受付終了、現在利用中の方のみ適応

ギガ放題(2年)月額:4,268円WX06
FUJI Wi-Fi
  • あなたの欲しいもの10万円分プレゼント!
  • #FS040Wネーミング募集キャンペーン
お得デポコミコース(最安)月額2,860円※初月にデポジット金5,000円が必要FS040W・FS030W
Mugen Wi-Fi
  • 30日間おためし全額返金キャンペーン

※現在在庫切れで新規申し込み一時停止

格安プラン(最安)サービス開始月:0円

1~12か月目:3,608円
13~24か月目:3,608円
25か月目以降:3,608円

U2S
縛りなしWi-Fi
  • 縛りなしプランは契約期間なし
縛りなしプラン・通常プラン月額:3,630円601HW・WX06等
モナWi-Fi
  • 契約期間なし
  • 違約金無し
ルーター50GB月額:3,828円FS030W
よくばりWi-Fi
  • 6,000円キャッシュバック!キャンペーン
24か月レンタル(最安)月額:3,795円U2S
Wi-Fiレンタルどっとこむ
  • 1日単位でレンタル可能
  • 受け取り&返却方法が選択可能
  • プランや機種のラインナップが豊富
SoftBank 303ZT 無制限(最安)

 

1日367円(最安)

(月額上限料金4,847円)

303ZT(最安)・WX06等
ソフトバンクのポケットWi-Fi
  • 高速通信
  • 大容量バッテリ―
  • スマートフォンとセットで利用可能
基本プラン(データ)月額:2,011円802ZT

※表示金額はすべて税込です

各社それぞれで独自のキャンペーンを行っていますが、キャンペーン内容や月額料金を総合的に見ても、GMOとくとくBBで契約するWiMAXが最もお得です。

高額なキャッシュバックだけでなく、月額料金の安さや貸し出している端末も最新機種を取り揃えており、安く快適にインターネットを利用できます。

2-2.各社Wi-Fiキャンペーンの詳細

上記比較表に記載した各15社キャンペーンの詳細について、長年通信端末を販売してきた筆者としての見解を交えて、以下それぞれを解説していきます。

  • GMOとくとくBB
  • DTI
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE
  • dis
  • UQ WiMAX
  • FUJI Wi-Fi
  • Mugen Wi-Fi
  • 縛りなしWi-Fi
  • モナWi-Fi
  • よくばりWi-Fi
  • Wi-Fiレンタルどっとこむ
  • ソフトバンクのポケットWi-Fi

それでは1社ずつ詳しくご説明します。

GMOとくとくBB

『GMOとくとくBB』は、長年通信端末を販売してきた筆者が最もおすすめするWiMAXのプロバイダで、以下のキャンペーンを行っています。

  • 高額キャッシュバック
  • 端末代金無料
  • 専用クレードル代無料
  • 送料無料

4.最もお得にWiMAXを契約するための全手順」でも詳しく説明しますが、プロバイダのGMOとくとくBBは優れた機種である『UQ WiMAX』の『WX06』が利用できることに加え、キャッシュバックキャンペーンにより業界でも高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

DTI

『DTI』はGMOとくとくBBと同じくWiMAXのプロバイダで、以下のキャンペーンを実施しています。

DTIのキャンペーン

出典:DTI

最新機種の『WX06』を利用できることに加え、以下のキャンペーンを行っています。

  • 通常月額料金最大2か月間無料

しかし、筆者的には、以下3つの理由からあまりおすすめはできません。

  • キャッシュバックを含む割引が少なく、月額料金が割高
  • auスマートバリューmineに非対応
  • 通常プラン(7GB)は事務手数料が高い

キャッシュバック金額は、前述した通り「GMOとくとくBB」が最も高額です。

Broad WiMAX

『Broad WiMAX』もWiMAXのプロバイダで、GMOとくとくBBと同じく『UQ WiMAX』の『WX06』を利用できます。

Broad WiMAXのキャンペーン

出典:Broad WiMAX

『Broad WiMAX』では、以下のキャンペーンを実施しています。

  • Web購入&クレカ払いで月額最安プランの初期費用18,857円割引
  • 端末無料
  • Broad WiMAXへの乗り換えで契約解除料最大19,000円(税込20,900円)会社負担&初期費用無料

しかし、以下の3つの理由からあまりおすすめはできません。

  • 業界最安ではない
  • 高額な初期費用がかかる
  • 解約違約金が高い

契約時はキャンペーンで割引や会社負担等により、実質かかるお金は少なくなりますが、速度や使い勝手に不満を持った際に高額な解約金がかかってしまうのが特徴です。

BIGLOBE

『BIGLOBE』もWiMAXのプロバイダの1つで、『UQ WiMAX』の『WX06』を利用できます。

BIGLOBEのキャンペーン

出典:BIGLOBE

『BIGLOBE』では、以下のキャンペーンを実施しています。

  • データ端末同時申し込みで15,000円のキャッシュバック

しかし、以下の2つの理由からあまりおすすめはできません。

  • データ端末代が無料ではない
  • 実質費用が高い

高額キャッシュバックがあることがBIGLOBEキャンペーンの特徴ですが、金額で比較するとGMOとくとくBBの方がより高いキャッシュバックを受け取ることができます。

So-net

『So-net』もWiMAXのプロバイダの1つで、『UQ WiMAX』の『WX06』を利用できます。

So-netのキャンペーン

出典:So-net

『So-net』では、以下のキャンペーンを実施しています。

  • 1年間月額3,380円(税込3,718円)
  • 機種本体代&送料無料
  • So-netのオプション3サービスが12か月間無料

しかし、以下の2つの理由からあまりおすすめはできません。

  • 契約が3年プランしかない
  • 実質利用料金は他のプロバイダの方がお得

So-netは無料で解約できるタイミングが3年に1回のみであり、その3年の間にルーターのスペックは格段に上がったものが発売されていることが予想されます。

また、実質料金も安いわけではないので、他のプロバイダを検討することをおすすめします。

ASAHIネット

『ASAHIネット』もWiMAXのプロバイダの1つで、『UQ WiMAX』の『WX06』を利用できます。

ASAHIネットのキャンペーン

出典:ASAHIネット

『ASAHIネット』では、以下のキャンペーンを実施しています。

  • リモートワーク支援キャンペーン(月額利用料最大3か月無料)
  • 端末代無料
  • LTEオプション利用代無料

しかし、以下の理由からあまりおすすめはできません。

  • 利用料金が他のプロバイダと比較して高い

リモートワーク支援キャンペーンでは月額利用料最大3か月無料となっていますが、4~36か月目には4,290円、37か月目以降には4,350円となり、最終的にはかなり高額な料金がかかってしまうことになります。

GMOとくとくBBのように高額キャッシュバックを特典としているプロバイダもあるため、迷っている場合は再度検討することをおすすめします。

dis

『dis』もWiMAXのプロバイダの1つで、『UQ WiMAX』の『WX06』を利用できます。

disのキャンペーン

出典:dis

『dis』では、以下のキャンペーンを実施しています。

  • ギガ放題(3年)月間ずーっと3,880円(税込4,818円)

しかし、以下の理由からあまりおすすめはできません。

  • 利用料金が他のプロバイダ(販売代理店)と比較して高い
  • キャッシュバックや端末代無料といった特典がない

disは、特にキャッシュバックや端末代が無料といった特典はありません。

プロバイダことにモバイルWi-Fiの速度や性能は変わりませんので、より高額キャッシュバック等の特典があるプロバイダを選ぶことをおすすめします。

UQ WiMAX

『UQ WiMAX』もWiMAXのプロバイダの1つです。

UQ WiMAWのキャンペーン

出典:UQ WiMAX

『UQ WiMAX』では以下のキャンペーンを実施していましたが、昨年終了してしまいました。

  • LTEオプション料永年無料※本料金プランは2019年9月30日に新規受付終了、現在利用中の方のみ適応

ここで注意していただきたいのが、UQWIMAXの公式とGMOとくとくBB等のプロバイダでは利用できる機種が同じであるのに、料金が全く違うという点です。

「UQ WiMAX公式ホームページ」経由では、テレビや駅広告などへの多額の「広告費」、「サポート費用」など莫大なお金をかけているので、結果として私たち消費者に還元されず、定価での販売をしています。

しかし、「プロバイダ(販売代理店)」は、集客はインターネット経由で、サポートはUQに任せているので、利用料金を公式サイトよりも2年間で最大4万円程度と大きく割引してもらうことができます。

FUJI Wi-Fi

『FUJI Wi-Fi』は、格安のモバイルWi-Fiを提供している会社です。

FUJI Wi-Fiのキャンペーン

出典:FUJI Wi-Fi

『FUJI Wi-Fi』では、以下のキャンペーンを実施しています。

  • あなたの欲しいもの10万円分プレゼント!#FS040Wネーミング募集キャンペーン

上記のキャンペーンは、『FS040W』のネーミングを募集するもので、FUJI Wi-Fi公式Twitterをフォロー、対象のツイートをリツイートした上で、入賞された方には、最大10万円分プレゼントというものです。

しかし、上記のキャンペーンを踏まえたとしても、以下の理由からあまりおすすめはできません。

  • 回線速度がどれだけ出るのか不明

FUJI Wi-Fiの口コミを調査したところ、「遅い」という評判が多く、実際公式HPにも回線速度の記載はありません。

他の多くの回線では公式HPに「最大通信速度○Mbps」などの記載があります。

一時のキャンペーン内容だけでなく、今後利用していくことも踏まえたうえで慎重に判断しましょう。

Mugen Wi-Fi

『Mugen Wi-Fi』は、3大キャリア全ての回線を無制限で利用できるポケットWi-Fiです。

Mugen Wi-Fiのキャンペーン

出典:Mugen Wi-Fi

『Mugen Wi-Fi』では以下のキャンペーンを実施していましたが、現在は一時停止しています。

  • 30日間おためし全額返金キャンペーン※現在在庫切れで新規申し込み一時停止

しかし、上記のキャンペーンを踏まえたとしても、以下の4つの理由からあまりおすすめはできません。

  • クラウドWi-Fiは速度制限にかかりやすい
  • 端末が重く持ち運びに向かない
  • 補償オプション未加入の費用が高い
  • 上記キャンペーンを適用させるには、返却処理手数料1,000円と返却時の送料がかかる

特にキャンペーンで30日間お試しで利用できるのは嬉しいですが、返却する場合の手数料と送料は自己負担のため、実質費用がかかってしまいます。

WiMAXのプロバイダ等では、さらにお得な特典や回線速度の速い端末を提供している会社もあるので、そちらを検討してみるのもいいでしょう。

縛りなしWi-Fi

『縛りなしWi-Fi』 はソフトバンクとWIMAXの2種類の端末が利用でき、他にも豊富なラインナップがあるのが特徴です。

縛りなしWi-Fi

出典:縛りなしWi-Fi

プランとしては特に、「縛りなしプラン」というものがあり、契約期間に縛りがなくいつでも解約できるというメリットが挙げられます。

しかし、以下の3つの理由からあまりおすすめはできません。

  • 機種が選べない
  • 故障時には弁償代がかかる
  • クーリングオフ制度が使えない

特に機種が選べないことに関しては、快適なネット環境が整うことが保証できないため、今後長くWi-Fiを利用したいという場合や、インターネット利用が多い場合にはおすすめできません。

ある程度長期でWi-Fiを利用することがわかっている場合には、WiMAXなどの長期契約での利用がおすすめです。

モナWi-Fi

『モナWi-Fi』は、ソフトバンクのLTE回線を使ったデータSIMカードやポケットWi-Fiのレンタルが可能なサービスです。

モナWi-Fiのキャンペーン

出典:モナWi-Fi

『FUJI Wi-Fi』では、キャンペーン等は特にありませんが、以下のメリットがあります。

  • 契約期間なし
  • 違約金無し

しかし、以下の3つの理由からあまりおすすめはできません。

  • 月額料金が高い
  • 初期費用が高い
  • モナコイン支払いができない

「モナコイン」とは、モナWi-Fiのキャンペーンで獲得できますが、現在はその「モナコイン」で支払うことができない状態になっています。

月額料金と初期費用が高いことに加え、サービスが現状受けられないという点から、他のポケットWi-Fiサービスに目を向けてみることをおすすめします。

よくばりWi-Fi

『よくばりWi-Fi』は、ソフトバンク回線で通信できるWi-Fiルーターを提供しているサービスです。

よくばりWi-Fiのキャンペーン

出典:よくばりWi-Fi

『よくばりWi-Fi』では、以下のキャンペーンを実施しています。

  • 6,000円キャッシュバック!キャンペーン

上記は、NTTグループカードに新規入会し、よくばりWi-Fiの利用料金を支払うとNTTグループカードでよくばりWi-Fiの料金決済が確認できた月の翌月から、毎月500円ずつ1年間キャッシュバックするというキャンペーンです。

しかし、以下の理由からあまりおすすめはできません。

  • 回線速度がどれだけ出るのか不明

よくばりWi-Fiの口コミを調査したところ、「遅い」という評判が多く、実際公式HPにも回線速度の記載はありません。

他の多くの回線では公式HPに「最大通信速度○Mbps」などの記載があります。

一時のキャンペーン内容だけでなく、今後利用していくことも踏まえたうえで慎重に判断しましょう。

Wi-Fiレンタルどっとこむ

『Wi-Fiレンタルどっとこむ』は、短期利用を目的としてポケットWi-Fiのレンタルができるサービスです。

Wi-Fiレンタルどっとこむ

出典:Wi-Fiレンタルどっとこむ

『Wi-Fiレンタルどっとこむ』ではキャンペーン等は行っていませんが、以下の特徴とメリットがあります。

  • 1日単位でレンタル可能
  • 受け取り&返却方法が選択可能
  • プランや機種のラインナップが豊富

ただし、自分に合ったプランや機種が選べる利点がありますが、以下の2つの理由からあまりおすすめはできません。

  • 長期レンタルする場合は高額になってしまう
  • 口座振替での決済ができない

つまり、長期でWi-Fiの利用を考えている場合や、クレジットカード決済以外で支払いをしたい場合にはおすすめできません。

ソフトバンクのポケットWi-Fi

『ソフトバンクのポケットWi-Fi』は、ソフトバンクが提供するポケットWi-Fiサービスです。

ソフトバンクのポケットWi-Fi

出典:ソフトバンク

『ソフトバンクのポケットWi-Fi』ではキャンペーン等は行っていませんが、以下の特徴とメリットがあります。

  • ソフトバンク同様の通信が可能
  • 大容量バッテリ―で安心
  • スマートフォンとセットで利用可能

しかし、以下の3つの理由からあまりおすすめはできません。

  • ポケットWi-Fiサービス自体が中途半端
  • 全ポケットWi-Fiサービス中、最低品質の通信を使わされる可能性が高い
  • サービス内容や利用規約をコロコロと変更するので企業として信用ができない

ソフトバンクは、プレゼントや抽選で賞品が当たるなどのキャンペーンが豊富ですが、上記デメリットがあるため、契約前には注意書きや規約を必ずよく読んで、店員などに確認してから申し込むようにしましょう。

3.WiMAXのキャッシュバックキャンペーン比較

次に、ポケットWi-Fiの中でも人気な『WiMAX』のキャッシュバックに焦点を当てて、プロバイダごとに比較していきます。

注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて基本契約期間の3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかどうかです。

下記の表では、2021年5月現在の情報で、プロバイダと機種の組合せで、安い順に上位8通りの実質費用を計算しました。

※実質費用 = 登録料 + 初月料金 + その他費用 + 月額料金×35 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位プロバイダ名1ヶ月の実質費用(円)契約期間
(年)
キャッシュバック(円)
ギガ放題通常プラン
1GMOとくとくBB(月額割引)3,8943,21536,000
2GMOとくとくBB(キャッシュバック)3,906

3,227

330,000
3Vision4,0633,35130
3カシモ4,0633,38130
5Broad WiMAX4,0673,35530
6dti4,0774,01830
7ASAHIネット4,2573,98830
8dis4,818-30
9UQ WiMAX4,818-20
10So-net5,3754,62530
11BIGLOBE6,101-117,000

比較すると、『GMOとくとくBB』が上位2通りを独占しており、一人勝ちしている状況です。

その中でも6,000円のキャッシュバック3年間で最大25,898円が割引されるプランを申し込むことをおすすめします。

数十円の差ですが、月額割引であればキャッシュバックをもらい忘れることもなく、お得に利用できるでしょう。

4.最もお得にWiMAXを契約するための全手順

2章の説明で、ポケットWi-Fiを1番安く使えるのはWiMAXであることが料金の比較からわかりました。

また、他社のサービスでは端末が古く通信速度が十分ではないなどデメリットが多いため、通常プランの一部では料金が安くても実際には使い物になりません。

そんな1番安くて快適な通信ができるポケットWi-FiのWiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。

  • 契約プランを決める
  • 機種を決める
  • プロバイダを決める

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種はWX06、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。

 ※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

順番に解説します。

4-1. 契約プランは「ギガ放題プラン」がおすすめ

プランは「通常プラン3,969円(税込)」か「ギガ放題プラン4,688円(税込)」で選びますが、迷ったら「ギガ放題」をおすすめします。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。

データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

4-2. 端末は「WX06」がおすすめ

WiMAXのモバイルルーターは主に6機種ありますが、「WX06」が間違いなくおすすめです。

WX06

WX06をおすすめする理由は、以下の3点です。

<機種一覧>

機種比較

注意

  • 2021年5月現在、表に掲載している6機種の中で、購入できるのは「WX06」のみとなっています。
  • 2020年3月以降、KDDIにより最新機種「W07」のサービス提供が開始されましたが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません。

ポイント1. 実際の通信速度が速い

WX06は平均して下り通信速度30Mbpsほどのパフォーマンスを出すことができ、様々な用途に利用できる端末です。

速度目安(下り)利用用途
~1Mbpsメールなど
1~3MbpsWeb、SNSの閲覧
3~25Mbps動画視聴(YouTubeなど)
25~Mbpsオンラインゲーム

WX06とW06の「最大通信速度」について

端末自体の速度スペックを測る数字として、「最大通信速度」がありますが、実はこの「最大通信速度」はあまり重要ではありません。

最大通信速度はあくまで技術規格上の最大値を指すものであり、実際の利用シーンの状況によって、通信速度は大きく変化します

例えば、WX06の前の機種であるW06は、下り最大速度においてWX06よりも優れていますが、実際の利用時における通信速度はそれほど変わりません。

 WX06W06
製品画像WX06w06
下り最大速度440Mbps

558Mbps

上り最大速度75Mbps

75Mbps

その証拠に、都内で両端末の通信速度を実際に計測してみました。

 WX06W06

下り実測値

39.3Mbps41.61Mbps

上り実測値

15.38Mbps7.58Mbps

(東京都港区にて、3回計測した平均値を掲載)

結果を見ると、やはり速度に大きな違いはないことが分かります。むしろ、上りの通信速度関しては、WX06の方が上回っています。

このように、「最大通信速度」の数値はそれほど重要ではなく、実際の速度で端末を選ぶべきと言えるでしょう。

ポイント2. 圧倒的な接続安定性

WX06は、2.4GHzと5GHzという異なる帯域の中で、快適に利用できる環境を自動的に設定する”バンドステアリング機能”を持っています。

これは、WX06で初めて搭載された機能で、これによりあらゆる場面で安定的に高速通信を行うことができます。

GMOとくとくBB公式HPより

ポイント3. バッテリーの持ち時間が長い

「WX06」の最大連続通信時間は14時間となっており、他の端末と比べて2~4時間長く使用することができます。

外出先でモバイルルーターを利用する上で、バッテリーの持ちは非常に重要で、WX06はこの点で優れています。

また、通常使用よりもバッテリーの減りが早い「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)」を使用しても、10時間30分の長時間使用することができるので安心です。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

5G対応機種は購入するべき?

5Gに対応したWiMAXルーターとして、2021年5月から"Galaxy 5G Mobile Wi-Fi"が販売されています。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

しかし、WiMAXの通信規格としては4Gの方がまだまだ主流であり、現状では高い利用料金を支払ってまで5Gにする必要はありません。

以降で、具体的な理由について解説していきます。

理由1:5G対応エリアがかなり限定されている

WiMAX回線の5Gエリア(赤部分)は、下の写真のように都心のごくわずかな部分しか対応しておらず、4Gの範囲(オレンジ部分)と比べてかなり狭いことが分かります。

wimax_5Garea

理由2:5G専用プラン・端末料金が高額

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiを使うためには、4Gの場合よりも高額な月額料金・端末料金を支払う必要があります。

下の表のように、3年間で2.5万円ほどの差が出てきますので、それでも5Gが使いたい!という方でないとおすすめできません。

 Galaxy 5G Mobile Wi-FiWX06
製品画像Galaxy 5G Mobile Wi-FiWX06
プラン名ギガ放題プラスギガ放題
プラン料金(月額)4,818円4,268円
端末代金21,780円 16,500円
3年間の支払総額195,228円170,148円

※UQ WiMAXの場合

4-3.WiMAXまとめ

この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2021年5月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。

※KDDIより最新機種「W07」のサービスが提供されていますが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません

上記の内容で契約をして、お得にモバイルWi-Fiを手に入れましょう!

ポイント

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmo.jp/

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

まとめ

2021年5月最新のWiMAXプロバイダキャンペーンを比較し、最もお得なWiMAXの申し込み窓口と契約方法を解説しましたが、いかがでしたか?

ポケットWi-Fiは、高額キャッシュバックキャンペーンを適用できるプロバイダ『GMOとくとくBB』で、WiMAXを申し込む最もお得な料金で快適にインターネット通信ができます。

 ※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

このページを読んだあなたが、お得かつ快適にインターネットを楽しめることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket