危険!おすすめWi-Fi自動接続アプリ3選とフリーWi-Fiの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「通信容量が気になるからフリーWi-Fiを使いたい」「無料のWi-Fiに自動で接続してくれるアプリが知りたい」と、Wi-Fiアプリについて悩んではいませんか?

結論、無料のWi-Fi接続アプリを使えば簡単にWi-Fiを利用することができますが、フリーWi-Fiには不正アクセスなどの危険が多くあるため、おすすめできません。

外出先でインターネットを使いたい場合は、大容量の格安SIMプランを契約し、テザリングを利用しましょう。

このページでは、長年通信機器の販売をしてきた筆者が、おすすめのフリーWi-Fi自動接続アプリに加え、悪質なフリーWi-Fiの特徴と危険性や、生活スタイルに合わせたインターネットサービスの選び方を紹介します。

  1. おすすめ人気フリーWi-Fi自動接続アプリ3選!
  2. 絶対に使ってはいけないフリーWi-Fiの特徴
  3. 犯罪に巻き込まれる危険性!フリーWiFに潜む落とし穴
  4. 大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン

これを読めば、外出先でも通信容量を気にせず、インターネットを使うことができるでしょう。

1.おすすめ人気フリーWi-Fi自動接続アプリ3選!

フリーWi-Fi自動接続アプリとは、だれでも無料で使えるWi-Fiアプリのことです。

以下では、無料Wi-Fi接続アプリ2つと、有料ですがセキュリティ面ではおすすめのWi-Fi接続アプリをご紹介します。

1-1. タウンWi-Fi
1-2.  Japan connected free Wi-Fi
1-3. ギガぞう【有料】

自分の必要とする機能があるかどうかを意識しながら、あなたに最適なWi-Fiアプリを見つけていきましょう。

1-1.タウンWi-Fi

タウンWi-Fiは、自動で接続する無料アプリの中で最も利用されているものの1つです。

タウンWi-Fi

※出典:タウンWi-Fi

タウンWi-Fiの特徴は以下の通りです。

  • Wi-Fi接続時にアプリが自動で会員登録とログインをしてくれる
  • 街中で使えるフリーWi-Fiを検索することができる
  • 通信速度が遅いWi-Fiには接続しない機能がある
  • 対応デバイス:iPhone/android/Mac

しかし、無料で使えるフリーWi-Fiは、個人情報が盗まれたり位置情報を知られるなどの危険があるため、「2.絶対に使ってはいけないフリーWi-Fiの特徴」で使ってはいけないWi-Fiの特徴をご紹介します。

1-2.Japan connected free Wi-Fi

Japan connected free Wi-Fiは、16言語に対応しているフリーWi-Fiアプリです。

Japan connected free Wi-Fi

※出典:Japan connected free Wi-Fi

Japan connected free Wi-Fiの特徴は以下の通りです。

  • 16言語に対応している
  • 近くのWi-Fiスポットが自動で検索される
  • アプリを起動後、「connect」ボタンのタップで簡単接続できる
  • 対応デバイス:iPhone/android

Japan connected free Wi-Fiは16言語に対応していることもあり、外国の方に利用されることの多いアプリですが、日本人も利用することができます。

1-3.ギガぞう【有料】

番外編として紹介する「ギガぞう」は、windowsでも使うことのできる有料のWi-Fi接続アプリです。

ギガぞう

※出典:ギガぞう

ギガぞうの特徴は以下の通りです。

  • 大手カフェや飲食チェーン店、駅・電車などを中心に、高セキュリティのEAP-TTLS方式に対応したWi-Fiを利用が可能
  • VPN保護機能によってスマホやPCでも安全
  • 利用中のPCやスマホの破損や水没の補償付き(スタンダードプラン、ファミリー機器安心パックのみ)
  • 対応デバイス:iPhone/android/Mac/Windows/ゲーム機

ギガぞうでは、以下3つの料金プランがあります。

  • 月額455円のスタンダードプラン
  • スマホだけのスマホ専用プラン
  • 10台まで使うことのできるファミリー機器安心パック

上記3つの中から、自分に合った最適なプランを選ぶことができます。

2.絶対に使ってはいけないフリーWi-Fiの特徴

近年悪質なフリーWi-Fiが急増しており、誤って接続してしまうと自分だけでなく連絡先を知っている人全員の個人情報が流出するなどの危険があります。

絶対に使ってはいけないフリーWi-Fiの特徴は以下の3つです。

上記に当てはまるWi-Fiは安全でないことが多く、接続した端末の情報がすべて抜き取られるだけでなく、乗っ取られるなどの被害を受ける可能性があります。

それぞれの特徴を以下で解説していきます。

2-1.提供元が不明なフリースポットWi-Fi

提供しているところが明らかになっていないWi-Fiに接続してしまうと、乗っ取りや個人情報の抜き取られる可能性があります

宿泊施設などの提供しているところが明らかになっているWi-Fiは、比較的安全面が配慮されているものが多いため、提供元が確認できるWi-Fiを利用しましょう。

犯罪を目的にしているフリーWi-Fiは実在するWi-Fiに酷似しており、本物のWi-Fiと間違えて接続されることを目的としているものもあります。

悪質なフリーWi-Fiの例

  • 本物:at_STARBUCKS_Wi2
  • 偽物:at_STARBACKS_Wi2

上記の例からわかるように、一見どちらが本物のWi-Fiなのかわかりずらいため、注意してください。

2-2.暗号化されていないフリーWi-Fi

暗号化されていないフリーWi-Fiに接続すると、同じWi-Fiを利用している人同士で通信内容が丸見えになる可能性があります。

Wi-Fiを接続するときは、下記にあるように鍵マークがあるWi-Fiのみを利用しましょう

iphone Wi-Fi

鍵マークの有無は、iPhone、androidは上記のように設定のWi-Fiから見ることができ、PCの場合はWi-Fiボタンを押すと「セキュリティ保護あり」の表示で判断できます。

2-3.ログインや個人情報が必要なWi-Fi

個人情報の流出はネットワークの問題として長く取り上げられていますが、フリーWi-Fiにおいても重要な問題です。

ログインや個人情報が必要になるWi-Fiの中には、入力した情報が流出してしまうものもあります。

先ほどご紹介したように提供しているところが明らかになっているWi-Fiであれば問題ありませんが、提供しているところが不明のWi-Fiに個人情報を渡してしまうことはとても危険です。

3.犯罪に巻き込まれる危険性!フリーWi-Fiに潜む落とし穴

先ほどご紹介したような悪質なフリーWi-Fiに接続してしまうと、後日あなたのスマホやPCも下記のような被害を受ける可能性があります。

実際にどのような被害が起こっているのか細かく見ていきましょう。

3-1.遠隔操作

自分のPCやスマホがフリーWi-Fiを利用しただけで乗っ取られることがあります。

被害の例としては、下記のようなことが実際に起こっています。

  • カメラ機能が第3者によってオンにされ、私生活が丸見えになってしまう
  • LINEやツイッターなどSNSでのやり取りやメールの内容がすべて流出する
  • フォルダの中の写真がすべて流出する
  • アプリに登録しているクレジットカードの情報が盗まれる

一度遠隔操作されてしまうと、すべての機能が自分ではない第3者によって利用される危険があります。

3-2.GPS機能で位置情報がばれる

悪質なフリーWi-Fiを利用することにより、GPS機能が乗っ取られることがあります。

GPSが乗っ取られてしまうと常にあなたの行動が監視され、ストーカー被害につながる可能性もあります。

3-3.コンピューターウイルスを送り込まれる

悪質なフリーWi-Fiに接続している一瞬で、Wi-Fiを通じてコンピューターウイルスを送り込まれる危険性があります。

3-4. まとめ

フリーWi-Fi自動接続アプリを使ってフリーWi-Fiを利用するとお金はかかりませんが、その分危険が多く潜んでいます。

また、多くの人がフリーWi-Fiを利用するため、接続できなくなることや30分でWi-Fiの接続がリセットされてしまうケースが多くあります。

ですので、もしあなたが外出中に安心してインターネットを使いたいなら、フリーWi-Fiよりも大容量の格安SIMを契約して、テザリングを利用することをおすすめします。

4.大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン

外出先でインターネットを使う場合、大容量の格安SIMを契約し、テザリングを使うことでフリーWi-Fiよりも安全にネットを楽しむことができます。

結論、2021年12月現在で20GB以上のデータ容量を使えるSIMプランの中で、最もおすすめなのは『楽天モバイル』です。

大容量のテザリングに楽天モバイルがおすすめな理由

  • 【容量】データ容量無制限でテザリングを利用できる唯一のキャリア
  • 価格】月間30GB以上の利用で、他社スマホプランと比較して最安
  • 速度】下り平均19.0Mbpsで、3大キャリアを除く大容量SIMの中で最速

実際に、大容量プランを提供している全14社の料金と速度を比較したところ、以下の表の通りとなりました。

なお、各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

-スマホの方はスクロールできます-

SIMテザリングで利用したい容量平均速度
30GB40GB50GB60GB無制限下り(Mbps)上り(Mbps)
楽天モバイル3,2783,2783,2783,2783,27819.05.9
docomo7,2057,2057,2057,20526.24.2
au7,23850.85.6
SoftBank7,23845.95.6
エキサイトモバイル_Flat4,1585,2586,3583.83.9
エキサイトモバイル_Fit4,4007,70011,1983.83.9
イオンモバイル4,3785,4786,5783.72.6
DTI SIM4,7306,0506,0508.53.0
NifMo4,7306,0506,0502.72.8
QTモバイル3,3001.65.6
スマモバ3,8281.75.0
HISモバイル6,5675.82.9
LIBMO7,2383.55.9
BIGLOBEモバイル8,1954.71.4

※上記の料金に加えて、機種代金が別途必要となる場合があります。
※速度の数値については、当社で朝・昼・晩のそれぞれの時間帯で速度を測定し、それらの平均を表記しています。

上記の表のように、楽天モバイルはデータ無制限でテザリングができる唯一のSIMで、価格面でも月間30GB以上利用する人にとって最もお得なプランとなっています。

それでは、楽天モバイルについて詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイル』は、第4の大手キャリアである楽天が提供しているSIMです。

日本全国の楽天回線エリアで、データが使い放題で、楽天専用アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話がかけ放題となります。

また、世界66ヵ国と地域を対象に、海外でも月間2GBまでデータ容量を利用でき、SMSも無料です。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみです。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅵで契約できるSIMの種類は「音声付きSIM」となります。

月額基本料金は最大3,278円です。

料金プランRakuten UN-LIMIT Ⅵ
SIMタイプ音声通話
データ容量無制限
月額基本料金3,278円
国内通話0円

ただし、月間データ容量が無制限になるのは、国内の楽天回線エリアのみとなります。

国内でもパートナー回線エリアは月間5GB、海外は月間2GBまでなので注意しましょう。

UN-LIMIT Ⅵ
国内楽天回線エリア制限なし
パートナー回線エリア5GB/月
海外2GB/月

パートナー回線エリアで、データ容量を超えた場合は、通信速度が最大 1Mbps に制限されます 。

また、海外でデータ容量を超えた場合は、通信速度が最大128kbpsまで制限されてしまうので、注意してください。

そのため、楽天モバイルは「my楽天モバイルアプリ」を使って、国内の楽天回線エリアを確認しながら利用しましょう。

なお、2021年の4月1日からは下記の通りお得な段階料金に自動で変更となります。

なんと1GBまでは月額料金0円で利用できます。

その後、3GBまで1,078円/月、20GBまで2,178円/月、20GB超過後は容量無制限で3,278円で利用できます。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

プラン料金3カ月無料キャンペーン

プラン3カ月無料キャンペーン

今申込むとプラン料金が3カ月間無料になります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの最大月額は3,278円のため、3カ月で9,834円が節約できます

しかも、最低利用期間や解約金が一切ないため、かなりお得なサービスと言えます。

ポイント還元キャンペーン

25,000キャンペーン

楽天モバイルでは、最大25,000ポイントキャンペーンも実施しています。

具体的なキャンペーン内容は、以下の通りです。

  • 誰でも5,000ポイント還元
  • 対象製品プランセット購入で最大20,000ポイント還元

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

5.まとめ

おすすめのフリーWi-Fi自動接続アプリに加え、悪質なフリーWi-Fiの特徴と危険性について解説してきましたが、いかがでしたか?

無料のWi-Fi接続アプリを使えば簡単にWi-Fiを利用することができますが、フリーWi-Fiには不正アクセスなどの危険が多くあるため、なるべく使わない方が賢明と言えます。

また、おもに外出先で使うことを想定されたポケットWi-Fiは、実は料金面や手軽さでお得ではありません。

外出先で使うことをメインに考えている場合は「テザリング」の方が、ポケットWi-Fiとできることはほとんど同じでありながら、利用料金や手軽さで優れています。

もしも自宅でインターネットを使うなら「光回線」の方が通信速度や容量など、使い勝手で優れています。

このように、あなたの用途に合わせたインターネットサービスを選ぶことが大切です。

安くておすすめの光回線6選

テザリングにおすすめのSIMプラン

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp

このページを参考に、より快適で安全なインターネット生活が送れることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る