ポケットWi-Fiは本当に安い?今本当におすすめのインターネットは2種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「ポケットWi-Fiで最も安いのは?」「安いポケットWi-Fiのおすすめや選び方は?」など、ポケットWi-Fiを安く利用したいけど選択肢が多すぎて困っていませんか?

結論、ポケットWi-Fiで一番安いのは『ZEUS WiFi』などのクラウドSIM型ですが、「安い」ことだけで選ぶと失敗する可能性が高くなります。

また、2022年6月現在では、通信速度では光回線、月額料金や手軽さではテザリングに劣るため、ポケットWi-Fi自体あまりおすすめできません。

この記事では、長年のポケットWi-Fi販売経験と最新情報の徹底的なリサーチをもとに、おすすめのポケットWi-Fiと選ぶポイントに加え、なぜポケットWi-Fiがおすすめできないのかについて、ご紹介します。

  1. 徹底比較!最も安いポケットWi-Fiランキングとおすすめ3選
  2. 安いだけでは危険!ポケットWi-Fiの基本と比較ポイント
  3. ポケットWi-Fiを利用する際の注意点
  4. ポケットWi-Fiをおすすめしない2つの理由
  5. 【全24社を徹底比較】2022年おすすめの光回線6選
  6. 大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン

これを読めば、最安値を知った上で、あなたに最適なインターネット回線を最もお得に利用することができるようになります。

1.徹底比較!最も安いポケットWi-Fiランキングとおすすめ3選

現在、多くのキャリアや代理店がポケットWi-Fiを販売していますが、主要11社の徹底比較から分かる最も安いおすすめのポケットWi-Fiは以下の3つです。

  • 最も安いポケットWi-Fi:『ZEUS WiFi
  • 大容量ポケットWi-Fiで最安値:『Mugen WiFi
  • 無制限で速くて安いポケットWi-Fi:『UQ WiMAX

以下は、ポケットWi-Fiを提供している主要11社を月額料金とデータ容量で比較した表です。

※実質月額料金=(月額料金 × 契約月数) + 契約事務手数料(3,300円) + 端末代 – キャッシュバック÷契約月数

ポケットWi-Fi タイプ データ容量 月額料金 実質月額料金※ キャンペーン
ZEUS WiFi クラウドSIM 20GB 2,178円
(縛りあり)
2,316円
2,618円
(縛りなし)
2,756円
どこよりもWiFi クラウドSIM 20GB 1,900円
(縛りあり)
2,038円
2,400円
(縛りなし)
2,537円
縛りなしWiFi クラウドSIM 40GB 2,926円
(縛りあり)
3,018円
3,366円
(縛りなし)
3,458円
Ex Wi-Fi クラウドSIM 50GB 2,948円 3,086円
100GB 3,718円 3,856円
Mugen WiFi クラウドSIM 100GB 3,718円 3,439円 10,000円
キャッシュバック
事務手数料無料
それがだいじWi-Fi クラウドSIM 100GB 3,718円 3,856円
どこよりもWiFi クラウドSIM 100GB 3,400円
(縛りあり)
3,538円
THE WiFi クラウドSIM 100GB 3,828円 3,659円
ZEUS WiFi クラウドSIM 100GB 3,278円~3,828円
(縛りあり)
3,897円
4,708円
(縛りなし)
4,846円
GMOとくとくBB WiMAX 無制限 4,158~4,708円 4,072円 13,000円
キャッシュバック
Broad WiMAX WiMAX 無制限 2,090~4,708円 4,490円 初期費用18,857円割引
UQ WiMAX WiMAX 無制限 4,268 5,313円
au WiMAX 無制限 4,721 5,775円
ワイモバイル キャリア 無制限 4,818 5,018円
ソフトバンク キャリア 50GB 5,280 6,405円
ドコモ キャリア 60GB 7,018 7,788円

※表示価格はすべて税込

2.安いだけでは危険!ポケットWi-Fiの基本と比較ポイント」で後述しますが、ポケットWi-Fiの料金は「キャッシュバック」や「端末代」などを含めた「実質料金」で見ることが大切です。

最も安いポケットWi-Fiは『ZEUS WiFi』ですが、データ容量は月間20GBとなっているため、ライトユーザー向けと考えましょう。

ヘビーユーザー向けには大容量で最も安い『Mugen WiFi』もおすすめですが、端末スペックや通信速度、データ容量はやはり無制限で使いたい場合には『WiMAX』が実力では最安値と言えるでしょう。

1-1.最も安いポケットWi-Fiは『ZEUS WiFi』

データ容量に上限はありますが、ポケットWi-Fiを最安値で選びたい場合は「ZEUS WiFi」がおすすめです。

【公式】ZEUS WiFi_ゼウスWiFi出典:ZEUS WiFi

「ZEUS WiFi」は、20/40/100GBのデータ容量からプランを選べるクラウドSIM型のポケットWi-Fiで、最安値の1,980円(税込2,178円)から利用できます。

クラウドSIM型ポケットWi-Fiとは?

SIMカードを通信端末ではなく、クラウド上で管理するポケットWi-Fiです。

通信端末に対して複数のSIMを割当てることができるため、複数のデータ回線に自動的に切り替わり、その時に最適な通信キャリアで利用することができます。

詳しくは「2.安いだけでは危険!ポケットWi-Fiの基本と比較ポイント」で解説しています。

契約プランにはデータ容量のほかに、最低利用期間(縛り)の有無を選択できるため、利用するユーザーに合わせた契約ができるのがメリットです。

「縛りあり」プランを選択する場合、2年縛りとなり途中解約には9,500円(税込10,450円)の違約金がかかりますが、その分月額料金が安いため、使い方に合わせて選びましょう。

1-2.大容量で最安値のポケットWi-Fiは『Mugen WiFi』

さらに大容量で使いたいヘビーユーザーには、100GBプランで実質料金が最安値の「Mugen WiFi」がおすすめです。

【Mugen WiFi】出典:Mugen WiFi

Mugen WiFi」は、「ZEUS WiFi」と同じクラウドSIM型のためdocomo、au、Softbank回線のいずれかで最適な接続を自動的に行い、100GBの大容量データプランでは最も安いポケットWi-Fiです。

さらに2022年6月現在では、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているため、100GBの大容量でも月々2,963円(税込3,260円)で利用できます。

月間100GBあればたいていのことは可能ですが、機種の最大速度が150Mbpsと遅く、快適な通信速度で利用したい場合は、次の「WiMAX」をおすすめします。

1-3.実質無制限で速くて安いポケットWi-Fiは『WiMAX』

データ使い放題で、より快適な速度で最も安くインターネットを使いたい場合は、プロバイダ経由で契約する「WiMAX」がおすすめです。

【最新】5G対応WiMAX_GMOとくとくBB公式トップ

出典:WiMAX「GMOとくとくBB

「WiMAX」は、UQコミュニケーションズ株式会社が提供するポケットWi-Fiで、独自のWiMAX2+回線とauのLTE回線を使用し、広いエリアでつながりやすさと安定した通信速度が特徴です。

さらに、最大13,000円のキャッシュバックがある『GMOとくとくBB』から申し込むことで、無制限の5Gプラン「ギガ放題プラス」も最安値の実質月額4,072円で利用することができます。

データ使用量が「3日間で15GB」を超えると、翌日の18時頃から深夜2時頃までの約8時間だけ速度制限がかかりますが、制限下でも最大1Mbpsと速く、快適に使えます。

 2.安いだけでは危険!ポケットWi-Fiの基本と比較ポイント

この章では、ポケットWi-Fiの種類と比較する際のポイントを解説していきます。

結論から言えば、「安さ」が売りのクラウドSIM型は通信速度やサービス品質に欠点が多く、キャリア回線は費用がかかるため、もしどうしてもポケットWi-Fiを利用する場合には、コストパフォーマンスの高いWiMAX回線がおすすめです。

その理由について、以下で詳しく解説していきます。

2-1.ポケットWi-Fiの3つの種類

ポケットWi-Fiの種類は下記の3つです。

それぞれの特徴をまとめてみました。

  WiMAX型
通信キャリア型
クラウドSIM型
主な提供会社 ・UQ WiMAX
・au
・Y!mobile
・docomo
・Softbank
・Mugen Wi-Fi
・限界突破Wi-Fi
・ZEUS Wi-Fi など
通信回線 WiMAX2+/4G LTE/5G 4G LTE/5G 4G LTE
通信速度 下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り988Mbps
上り37.5Mbps
下り150Mbps
上り50Mbps
通信容量 実質無制限 30GB~実質無制限 100GB程度
月額料金 4,000円前後 4,000円~8,000円前後 3,000円~4,000円前後
エリア 日本全国 日本全国 日本全国/海外
主な特徴 速度・通信容量ともに最高水準で、料金もお手頃に利用できる 安定した通信キャリア回線を利用できる クラウド上でSIMを管理するため、国内外ともに利用場所によって、その時の最適なキャリア回線を自動で接続してくれる

このように、それぞれの特徴があります。

WiMAX回線のポケットWi-Fiとは

WiMAX回線のポケットWi-Fiは、UQコミュニケーションズが提供するモバイル通信サービスです。

通信キャリア系のポケットWi-Fiとの大きな違いは電波で、WiMAX2+という規格メインに使っています。

WiMAXの電波の特徴として、直進性が高く、障害物に弱いため、地下や高層階だと通信が遅くなる可能性がありますが、高速な通信を得意としています。

通信キャリア回線のポケットWi-Fiとは

通信キャリア回線のポケットWi-Fiは、docomoやソフトバンクなどが提供するモバイル通信サービスです。

電波の種類は、主に4G LTEを使っています。

4G LTEの電波の特徴としては、障害物を避けて進めることや、通信の安定性があります。

クラウドSIM型のポケットWi-Fiとは

クラウドSIM型のポケットWi-Fiは、SIMカードを通信端末ではなく、クラウド上で管理するサービスです。

クラウド上でSIMを管理できるため、通信端末に対して1枚のSIMを割り当てるのではなく、複数のSIMを割当することができます。

そのため、複数のキャリアを自動で使い分けることができ、その時に最適な通信キャリアで利用することができます。

また、海外へ持ち出した場合でも、SIMを差し替えることなくインターネットを利用できることも特徴です。

注意!クラウドSIM型のポケットWi-Fiは選ぶべきではない!

ここまで、クラウドSIM型のポケットWi-Fiを説明してきましたが、結論、このポケットWi-Fiは使うべきではありません。

クラウドSIM型のポケットWi-Fiには、「どんなときもWi-Fi」や「Mugen Wi-Fi」など多くのサービスがありますが、その理由を3つの観点で説明します。

① 通信速度が遅い

クラウドSIMは、WiMAXよりもルーターのスペックが低く、圧倒的に遅い速度でしか通信ができません。

下の表は、クラウドSIM(ギガゴリWi-Fi)とWiMAX(UQ WiMAX)のルーターのうち、最も高いスペックを搭載した機種を対象に、「最大通信速度」で比較しました。

サービス 機種 下り最大通信速度 上り最大通信速度
WiMAX
(UQ WiMAX)
5G X11
Speed Wi-Fi 5G-X11
2.7Gbps 183Mbps
クラウドSIM
(ギガゴリWi-Fi)
FS030W

150Mbps 50Mbps

※UQ WiMAXのみ、3日間で10GB・15GBを超えて利用した場合、その翌日18時頃から翌々日2時頃まで、概ね1Mbpsの速度制限が適用されます。
※両サービスともベストエフォート型サービスのため、最大通信速度はあくまで理論上の数値であり、実際の通信速度は使用環境等の影響を受ける可能性があります。

WiMAXの最大通信速度が、クラウドSIMを圧倒的に上回っています。

また、実際の通信速度(実質速度)についても、「速度が遅い!」といった口コミも多数あります。

https://twitter.com/hashtag/AirWiFi?src=hash&ref_src=twsrc%5Etfw

https://twitter.com/a_y_u_h_e_a_r_n/status/1408043930982109192?ref_src=twsrc%5Etfw

② 実は最適なキャリア回線を自動で選べていない

クラウドSIMは、その場で最適な通信回線を「docomo」「au」「Softbank」などのキャリアから自動で選択してくれるはずですが、これがうまく機能していないといった声が多く上がっています。

利用者からは、「docomoの回線を拾った試しがない」とか、中には「mvno(格安SIM)の回線つかんで遅い!」などの声もあります。

③ 通信トラブルが多い

2020年春ごろ、複数のクラウドSIM提供事業者で通信障害が起きました。

理由は、クラウドSIMはクラウドサーバー上にSIMを挿して管理するものですが、ユーザーの利用が増え、このSIMが調達が追い付かなくなったからです。

「どんなときもWi-Fi」はもちろん、新規参入してきたサービスの回線は、安定性やトラブル時の対応などがよくないといった声が多いことも覚えておきましょう。

結論|ポケットWi-Fiは「WiMAX回線」か「通信キャリア回線」から選ぶ

クラウドSIM型のポケットWi-Fiは信頼できないので、もしポケットWi-Fiを利用する場合には、安定して通信回線を提供し、トラブルもしっかり対応してくれる「WiMAX回線」か「通信キャリア回線」から選ぶべきです。

ここからは、どちらのポケットWi-Fiが快適に最もお得に利用できるか比較していきましょう。

2-2.安くても失敗しないポケットWi-Fiを選ぶ5つのポイント

ポケットWi-Fiの選び方は、「機種」ではなく、まずdocomo・au・UQ WiMAXなどの「サービス提供会社」で選びます。

理由は、「サービス提供会社」によって「実質月額料金」「データ容量」「速度制限」が大きく異なるからです。

その最適なサービス提供会社を選ぶためのポイントは、下記の5つです。

実際に、ポケットWi-Fiを提供する全5社を先ほどの5つのポイントで徹底比較した結果が以下の表です。

前述したように、「WiMAX回線」が最も快適に、かつお得に利用できることがお分かりになると思います。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

データ容量(無制限で使えるか) 速度制限条件 実質速度 実質月額料金 高速エリア通信
docomo ×
60GB
×
契約容量を超えると128kbps
×
7,788

広い
au
無制限

3日で10GB超えると1Mbps※

5,775

全く困らないレベル
SoftBank ×
50GB
×
3日で1GB超えると128kbps

6,405

全く困らないレベル
Y!mobile
無制限

3日で10GB超えると1Mbps※

4,066円(7GB)/5,018円(無制限)

全く困らないレベル
UQ WiMAX

無制限

3日で10/15GB超えると1Mbps※

3,934円(ギガ放題)/4,072円(ギガ放題プラス)
プロバイダによるキャッシュバック有

全く困らないレベル

※無制限プラン以外の場合、月間の契約容量を超えると128kbpsに速度制限
※表示金額はすべて税込

それでは、5つのポイントで詳しく比較していきましょう。

比較1. 実質速度|理論値ではない実際の速度は?

まず、各社が公表している「最高速度」に騙されてはいけません。

「最高速度」はただの理論値であって、実際に利用者として使えなければ意味がありません。

そこで、有名なスピードテストアプリ「Speedchecker」を利用し、室内・室外・電車内の計3箇所で各ポケットWi-Fiの速度を測定しました。

ポケットWi-Fi実測計測風景

※「UQ WiMAX」と「au」は、利用している回線も機種も同じですので、今回は「UQ WiMAX」で契約したポケットWi-Fiのデータで検証しています。

結論、どのポケットWi-Fiも、昨年に計測したときよりも着実に速くなっており、ますます使い勝手がよくなってきたなと実感できます。

計測結果をまとめたものが、下記の表です。

ポケットWi-Fi速度一覧

結論としては、「UQ WiMAX」「au」が非常に安定した結果を残しているという印象です。

各社のポイントをまとめました。

  • 「UQ・au」:安定して高い数値
  • 「Y!mobile」:常にあと一歩惜しい数値
  • 「Softbank」:ムラがあるが速いときはとても速い
  • 「docomo」:安定しているが、室外だとムラがある

たしかに他の利用者の口コミを探してみても、下記のようなものが見つかったのでこのような傾向はあるのかもしれません。

Y!mobileの速度に関する口コミ

WiMAXの速度に関する口コミ

比較2. データ容量|毎月たくさん使っても大丈夫か?

ポケットWi-Fiを契約したユーザーの口コミ


第2のポイントとして、月間データ容量のプランが「実質無制限」で使えるかどうかはとても重要です。

実は、各社のポケットWi-Fiのデータ容量は下記の2パターンあります。

  • 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(通常プラン)
  • 月のデータ容量に制限がないプラン(実質無制限プラン)

最近では、Netflix等の動画配信サービスを視聴したり、情報収集をYoutubeから行うケースも増えてきているので、迷ったら実質無制限プランを選ぶべきです。

そのため、ポケットWi-Fiを選ぶ際は、「自分が無制限で使いたいかどうか」「どの会社が無制限プランを提供しているのか」の2点を確認しましょう。

なお、「実質無制限」の「実質」とは、直近3日間で10GBを超えると速度制限がかかるため、「実質」という言い方をしています。

実質無制限で使えるのは『au』『Y!mobile』『UQ WiMAX』の3社

ここで5社の月間通信量を比較すると、月間通信量が無制限で使えるのは、「UQ WiMAX」「au」「Y!mobile」の3社です。

docomoとSoftbankは、データ容量が決まったプランしかないので注意しましょう。

比較3. 速度制限の条件|制限後でもストレスなく通信できるか?

WiMAXでポケットWi-Fiを契約したユーザーの口コミ

https://twitter.com/okoushisan/status/1387415061791080449?ref_src=twsrc%5Etfw

ワイモバイルでポケットWi-Fiを契約したユーザーの口コミ

快適に通信できても、データを使い過ぎることでまったく使い物にならないレベルまで速度制限がかかる会社もあります。

会社によって大きく変わってくるので、5社の月間通信量と速度制限の条件、制限時の通信速度を下記に比較しました。

速度制限条件

(1)通常プラン|全社ともに速度制限後は128kbps

データ容量が無制限ではない通常プランの場合は、月間データ容量(7GBなど)を超えてしまうと

全社ともに128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。

特に注意なのが『SoftBank』で、通常プランでも「3日合計で1GB使うと、128kbpsの速度制限」があります。

なので、迷ったら基本的には無制限プランを選択しておけば、いかなる状況でも安心なのでおすすめです。

(2)実質無制限プラン|全社ともに速度制限後は1Mbps

データ容量が実質無制限のプランであれば、直近3日間でデータ使用量が10GBを超えたとしても、全社ともに速度制限後は1Mbpsも出ます。

「1Mbps」はYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、実質無制限プランを提供している「Y!mobile」「au」「UQ WiMAX」は制限を受けても快適に使い続けることができます。

※『au』と『UQ WiMAX』の違い

実は、上記の通り「au」「WiMAX」は提供サービス自体は同じなのです。

ただし後述しますが、「UQ WiMAX」にはプロバイダをしっかり選べば3万円以上の割引を受けられるので、そちらを確実におすすめします。

比較4. 実質月額料金|初期費用や割引を含めた実質的な金額は安いか?

この記事で説明する実質月額料金とは、月額料金や端末代等の初期費用に対して、割引キャンペーンやキャッシュバック額を差し引いた、月額あたりの料金です。

この実質月額料金で一番お得に使えるポケットWi-Fiを選ぶべきです。

実質月額料金とは

特に、実質月額料金を大きく左右するのは、下記の3つです。

  • 月額料金
  • 端末代
  • キャッシュバック

それでは、上記の3点を中心に、全社比較してみました。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ポケットWi-Fi
種類
会社
実質月額料金
参考
月額料金※ 端末代 キャンペーン
WiMAX系
(WiMAX2+)
UQ WiMAX 3,934 3,969~4,688 実質無料 13,000円
au 5,775 4,721 28,080円 なし
キャリア系
(4G LTE)
ドコモ 7,788 7,018 27,720円 なし
ソフトバンク 6,405 5,280 27,000円 なし
Y!mobile 5,018 4,818 10,800円 なし

※WIMAXは1〜3ヶ月までは3,969円

表を見ていただくと一目瞭然ですが、圧倒的にUQ WiMAXが安いことがわかります。

さらに、「UQ WiMAX」にはプロバイダによる割引があります。

WiMAXはプロバイダ経由がお得

たとえば『GMOとくとくBB』というプロバイダからの契約であれば、11ヶ月後に約3万円のキャッシュバックを受けることができます。

キャッシュバック等を含めた実質の負担額が最も安いのは、現時点では『GMOとくとくBB』となります。

比較5. 対応エリア|利用できるエリアは広いか?

SoftBankでポケットWi-Fiを契約したユーザーの口コミ

ポケットWi-Fiを利用するのに、速い速度で利用できるエリアが広いかどうか気になりますよね。

結論から言うと、「Y!mobile」「SoftBank」以外の回線であれば、比較的全国どこでも快適にインターネットが利用できます。

実際にいろいろな観点で比較してみました。

(1)サービスエリアマップでの比較

各社が公表しているサービスエリアマップを比較してみました。

濃く塗られているところが利用できる場所なので、ざっくりですが比べてみると「SoftBank」がやや広いなという印象です。

ポケットWi-Fiエリアの比較

ただ、各社同じように見えて、注意が必要なのは「Y!mobile」です。

実は、「Y!mobile」の無制限プランでは7GBを超えると濃い青で塗られているところしか使えません。

つまり、拡大した図で比較してみると、半分くらいしか利用できないことがわかります。

ポケットWi-Fiエリア比較|ワイモバイル注意

※赤色の部分は低速128kbpsまで

(2)実際に利用してみての感想

出張のついでに様々な都道府県で接続をテストしてみましたが、室内・室外においては、各社つながりやすいという印象です。

ただし、山間部・地下鉄においては、つながらない場合も多く、そういったエリアでは「docomo」だけつながりやすいというケースが多くありました。

「UQ WiMAX」「au」も無制限プランの範囲外となりますが、「au 4G LTE(ハイスピードエリアモード)」に切り替えることで山間部・地下鉄でもつながりやすかったです。

※「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは、主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au  4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

利用した月は1,106円(税込)の費用がかかるデメリットがあるのであまりおすすめしませんが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

「Y!mobile」「SoftBank」は、どちらも圏外になりがちで弱いのかなという印象を受けます。

ポイント1で説明した「実質速度」の実験結果も踏まえると、安定して通信したいのであれば「Y!mobile」「SoftBank」は避けるのが無難でしょう。

結論:ポケットWi-Fiなら「WiMAX回線」がベスト

改めて、下記の理由から、ポケットWi-Fiは「WiMAX」がベストです。

  • 「実質月額料金」が最安値
  • 「実質無制限」でデータ容量が使える
  • 「実際の速度」が速い
  • 「速度制限」がかかってもストレスなく通信できる
  • 「使えるエリア」も広い

価格も他のサービスと比較しても最安値で、2022年6月現在、ポケットWi-Fiの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。

3.ポケットWi-Fiを利用する際の注意点

下記では、ポケットWi-Fiを利用する際の2つの注意点について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1.無制限ポケットWi-Fiの短期レンタルは月額料金が割高

結論、無制限のポケットWi-Fiを1ヵ月利用する場合、通常契約のポケットWi-Fiが実質月額4,000円以下で利用できるのに対して、レンタルする場合は月額7,095~8,855円(税込)と高額になります。

下記では、国内主要ポケットWi-Fiレンタルサービス8社の「1ヵ月あたりの実質料金」をまとめました。

サービス名 1ヵ月あたりの実質費用
Wi-Fiレンタル本舗 7,095円
e-ca 7,425~7,370円
Wi-Fiレンタルどっとこむ 7,425~8,470円
Wi-Fi RENTAL JAPAN 7,920円
88MOBILE 7,920円
Wi-Fiレンタル屋さん 8,085円
どこでもネット 8,085円
カシモバ 8,855円

※表示金額はすべて税込です
※2022年6月現在、実質料金はWiMAXの無制限プランを対象に調査(各社臨時データ容量制限あり)

「1ヶ月だけ使えればいい」など、短期間での利用を考えている場合はよいですが、それ以上の期間で利用する場合はおすすめできません。

ポケットWi-Fiのレンタルはあくまで、1ヵ月以内での短期利用に留めておきましょう。

3-2.自宅で高速Wi-Fi通信をしたい場合は光回線がおすすめ

冒頭でもお伝えしたように、ポケットWi-Fiよりお得でおすすめな通信サービスの選択肢として、家まで固定回線でインターネットを届ける「光回線」があります。

利用制限もなく、家まで光ファイバーでつながるので、速度も安定していて、自宅で動画やゲームを楽しみたい場合やテレワークに使いたい場合に最適です。

4章以降で、光回線がどうしてポケットWi-Fiよりおすすめできるのか、また光回線以外にもう一つおすすめなインターネット回線などについて解説していきます。

4.ポケットWi-Fiをおすすめしない2つの理由

さて、前章でも説明した通り、ポケットWi-Fi自体が現在はおすすめできません。

その理由については、以下の2つが挙げられます。

それぞれの理由について、以降で詳しく見ていきましょう。

理由1. ポケットWi-Fiは通信速度・容量で光回線に劣る

ポケットWi-Fiは通信速度と容量の面で光回線に劣っており、以下の特徴に当てはまる方は光回線をおすすめします。

光回線がおすすめな人

  • 自宅用の回線を考えている
  • 動画視聴やビデオ会議、オンラインゲームなどの用途で快適にネットを使いたい
  • 容量を気にせずネットを使いたい

実際にポケットWi-Fiと光回線を比較してみると、同じ価格帯にもかかわらず、光回線の通信速度・容量がポケットWi-Fiよりも優れていることが分かります。

  ポケットWi-Fi 光回線
通信速度(実測値)
10~40Mbpsほど

平均200Mbpsほど
データ容量
速度制限あり

無制限
月額料金

3,000~4,000円程度

3,000~4,000円程度

以降で、ポケットWi-Fiの通信速度とデータ容量のそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

ポケットWi-Fiの通信速度

ポケットWi-Fiは、ルーターまでの通信を無線で行うため、有線で通信を行う光回線と比べて通信速度がかなり劣っています。

そのため、ポケットWi-Fiの平均的な通信速度(10~40Mbps)では、標準画質程度の動画視聴までは問題ありませんが、ビデオ会議や高画質の動画視聴、オンラインゲームを利用される方にとってはストレスがかかる回線となる可能性が高いです。

用途(目的) 必要な通信速度の目安
メール 1Mbps~
SNS 5Mbps
動画視聴(標準画質) 10Mbps
ビデオ会議 30Mbps
動画視聴(高画質) 40Mbps
オンラインゲーム 50~100Mbps

ポケットWi-Fiの通信容量

通信容量の面を見ても、月々のデータ量が完全無制限で使い放題の光回線に比べて、ポケットWi-Fiは容量に制限があります。

ポケットWi-Fiのプランによっては、「実質無制限」としているものもありますが、その場合でも「3日間○○GB以上利用した場合には速度制限」という条件ですので、光回線のように使い放題という訳ではありません。

例えば、ポケットWi-FiのWiMAX公式HPでは、実質無制限プランの速度制限について以下のように記載されています。

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、短期間に多くのデータ通信をご利用の場合、ネットワークの混雑回避のため通信速度を制限させていただきます。

出典:UQ WiMAX公式

理由2. 料金・手軽さでテザリングに劣る

以下のような理由から、「ポケットWi-Fiがいいのでは?」と考えている方の場合でも、安くて手軽に使えるテザリングの方がおすすめです。

テザリングがおすすめな人

  • 光回線工事ができずにポケットWi-Fiを検討している
  • 外出先で作業するためにポケットWi-Fiを検討している

実際に、ポケットWi-Fiとテザリングを比較してみると、工事不要の回線や外出先での利用であればテザリングの方がお得であることが分かります。

  ポケットWi-Fi テザリング(大容量プラン)
月額料金
3,000~4,000円程度

1,500円程度
手軽さ
新たな契約・デバイスの持ち運びが必要

普段使っているスマホのみで使える
通信速度(実測値)
平均20Mbpsほど

平均20Mbpsほど
データ容量
実質無制限
(速度制限あり)

実質無制限
(速度制限あり)

以降で、ポケットWi-Fiの各サービスと、無制限でテザリングを利用できる『楽天モバイル』を比較してみましょう。

ポケットWi-Fiと楽天モバイルの比較

以下は『楽天モバイル』と主要5社のポケットWi-Fiとの比較です。

楽天モバイルの無制限プランに新規契約した場合、もっとも実質月額料金が安く、契約年数の縛りもないため、気軽に始められることがわかります。

実質月額料金=(月額料金+初期費用-キャッシュバックなどの割引)÷契約月数

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

  楽天モバイルロゴ UQ wimax au Y!mobile logo softbank docomo
実質月額料金

3,278円
(無制限プラン)

3,934円
×
5,775円
×
5,018円
×
6,405円
×
7,788円
実質速度
19.0Mbps

26.8~39.3Mbps

26.8~39.3Mbps

10.9~42.3Mbps

24.7~56.9Mbps

22.0~35.3Mbps
データ容量


実質無制限
(速度制限あり)


実質無制限
(速度制限あり)

実質無制限
(速度制限あり)

実質無制限
(速度制限あり)
×
制限あり
×
制限あり
速度制限条件
1Mbps

1Mbps

1Mbps

1Mbps
×
128Kbps
×
128Kbps
契約期間
なし
×
3年
×
2年
×
3年

なし
×
2年

※スピードテストアプリ「Speedchecker」で計測

上記のとおり、楽天モバイルの次に安いWiMAXの実質月額料金は3,000円台ではありますが、3年間の縛りがあるうえに、速度が特別速いわけでもありません。

そのほかのポケットWi-Fiに至っては、月額料金が5,000円を超えてしまいます。

よって、ポケットWi-Fiよりもテザリングの方が、料金面でも手軽さでもおすすめできるわけです。

まとめ

以上で見てきたように、ポケットWi-Fiは次の2つの理由からおすすめできません。

  • 理由1. 通信速度・容量で光回線に劣る
  • 理由2. 料金・手軽さでテザリングに劣る

光回線、テザリングがおすすめな人の特徴を踏まえて、あなたに合った回線を選びましょう。

光回線がおすすめな人 テザリングがおすすめな人
  • 自宅用の回線を考えている
  • 動画視聴やビデオ会議、オンラインゲームなどを楽しみたい
  • 容量を気にせずネットを使いたい
  • 光回線工事不要の回線を検討している
  • 外出先で作業するための回線を検討している
  • 月々の通信費を抑えたい

なお、光回線・テザリングそれぞれでおすすめなサービスを次の箇所で解説していますので、適宜読み飛ばしてください。

5.【全24社を徹底比較】2022年おすすめの光回線6選

ポケットWi-Fiに代わりおすすめできる通信手段の一つ目に光回線があります。

光回線をお得に選ぶためには、「実質月額料金の安さ」がポイントになります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、契約期間中に支払う全ての金額から割引き要素を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

実質月額料金の安さは、次の3つで決まります。

  • スマホセット割
  • キャッシュバック
  • 工事費割引き

とくにスマホセット割の割引額は大きいため、まずは「あなたがどのキャリアのスマホを使っているか」で光回線を選ぶとよいでしょう

例えば、SoftBankスマホを使ってる場合、ソフトバンク光とセットにすると毎月1,100円の割引を受けることができます。

ソフトバンク光出典:SoftBank

ここからは、「スマホセット割」「キャッシュバック」「工事費割引き」の3つの観点で選んでいきましょう。

下記は、光回線事業者全24社を上記の3つの観点で徹底的に調査して、実質月額料金で比較した一覧表です。背景に薄い黄色を敷いた光回線が、それぞれのスマホキャリアとの組み合わせで最も安い光回線を示しています。

なお、「参考」の項目は実質月額料金が一番安くなる条件を記載しており、「実質月額料金」のカッコ書きはスマホセット割を適用しなかった場合の料金です。

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 3,841円
(4,941円)
2,521円
(3,621円)
1,100円/月 キャッシュバック:20,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円
au logo auひかり 2,368円
(3,468円)
32円
(1,132円)
1,100円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,903円
(4,453円)
2,795円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:60,000円
マンション:57,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
2,055円
(2,825円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:30,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 3,243円
(4,563円)
2,033円
(3,353円)
1,320円/月 60,000円 実質無料/3,300円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,958円
(5,786円)
3,581円
4,339円)
1,100円/月 戸建て:20,000円
マンション:15,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,371円
(3,921円)
2,331円
(2,781円)
1,100円/月 戸建て:28,000円
マンション:25,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,606円
(4,156円)
2,506円
(3,056円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
pikara光
(四国エリア)
3,808円
(4,358円)
2,634円
(3,184円)
1,100円/月 20,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,828円
(3,614円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
3,836円
(4,386円)
2,984円
(3,534円)
1,100円/月 30,000円 2,200円/880円
AsahiNet光 3,777円
(5,097円)
3,282円
(4602円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 4,118円
(5,438円)
2,762円
(4,082円)
1,320円/月 戸建て:15,000円
マンション:13,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,916円)
(4,466円)
3,832円
(4,382円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,610円
(3,468円)
274円
(1,132円)
858円/月 77,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 6,144円
(6,364円)
4,357円
(4,575円)
220円/月 5,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,234円
(4,894円)
2,996円
(3,656円)
660円/月 15,000円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
Biglobeモバイル ビッグローブ光 4,123円
(4,453円)
3,015円
(3,345円)
330円/月※2 戸建て:60,000円
マンション:57,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,273円
(5,438円)
3,917円
(4,082円)
165円/月 戸建て:15,000円
マンション:13,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,701円
(3,921円)
2,561円
(2,781円)
330円/月 戸建て:28,000円
マンション:25,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,827円
(4,769円)
3,613円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円
  光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
(参考)
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
6,582円 4,299円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
エキサイト光 4,842円 3,742円 戸建て:実質無料/1,100円
マンション:実質無料/1,100円
ぷらら光 6,105円 4,648円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
U-NEXT光 5,858円 4,736円 26,400円/3,300円

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。
※1:ひかり電話の加入が条件
※2:2021年9月21日から新規エントリー受付を停止中

※料金はすべて税込み

表の補足説明

・実質月額料金={月額料金(契約期間分)+初期費用(工事費・事務手数料)-セット割-キャッシュバック額等}÷契約期間
・新規申込み後、最安になる契約期間の実質月額で算定
・キャッシュバック額は38社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額で算定
・スマホセット割の額は1人分の適用額。家族にも適用させると、月額最大1,100円×家族人数分の割引
・フレッツ光のプロバイダは「BB.エキサイト(戸建て550円/マンション550円)」で算定
・UQモバイルは「auひかり」の実質月額料金のみを記載

上記のように、スマホ会社とのセット割は実質月額料金を下げる大きな要素となりますので、光回線は今お使いのスマホに合わせて選ぶことをおすすめします。

さらに、スマホセット割は同居していない場合も含めて、同じキャリアを使っている家族の人数分が適用できますので、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、スマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

ただし、光回線によっては提供していないエリアがあるため、下図のフローチャートに従って光回線を選んでください。

光回線_窓口

例えば、あなたがSoftBankのスマホをお使いなら、最も安い光回線は「NURO光」となり、NURO光の提供エリア外にお住いであれば、次いで「ソフトバンク光」が最も安い光回線となります。

また、各光回線にはいくつかの申込窓口があり、申込窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申込窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安の光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ アウンカンパニー
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

6.大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン

2つ目のおすすめな通信手段として、大容量のテザリングが可能なSIMプランを契約する事が挙げられます。

結論、2022年5月現在で20GB以上のデータ容量を使えるSIMプランの中で、最もおすすめなのは『楽天モバイル』です。

大容量のテザリングに楽天モバイルがおすすめな理由

  • 【容量】データ容量無制限でテザリングを利用できる唯一のキャリア
  • 価格】月間30GB以上の利用で、他社スマホプランと比較して最安
  • 速度】下り平均19.0Mbpsで、3大キャリアを除く大容量SIMの中で最速

実際に、大容量プランを提供している全14社の料金と速度を比較したところ、以下の表の通りとなりました。

なお、各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

-スマホの方はスクロールできます-

SIM テザリングで利用したい容量 平均速度
30GB 40GB 50GB 60GB 無制限 下り(Mbps) 上り(Mbps)
楽天モバイル 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 19.0 5.9
docomo 7,205 7,205 7,205 7,205 26.2 4.2
au 7,238 50.8 5.6
SoftBank 7,238 45.9 5.6
エキサイトモバイル_Flat 4,158 5,258 6,358 3.8 3.9
エキサイトモバイル_Fit 4,400 7,700 11,198 3.8 3.9
イオンモバイル 4,378 5,478 6,578 3.7 2.6
DTI SIM 4,730 6,050 6,050 8.5 3.0
NifMo 4,730 6,050 6,050 2.7 2.8
QTモバイル 3,300 1.6 5.6
スマモバ 3,828 1.7 5.0
HISモバイル 6,567 5.8 2.9
LIBMO 7,238 3.5 5.9
BIGLOBEモバイル 8,195 4.7 1.4

※上記の料金に加えて、機種代金が別途必要となる場合があります。
※速度の数値については、当社で朝・昼・晩のそれぞれの時間帯で速度を測定し、それらの平均を表記しています。

上記の表のように、楽天モバイルはデータ無制限でテザリングができる唯一のSIMで、価格面でも月間30GB以上利用する人にとって最もお得なプランとなっています。

それでは、楽天モバイルについて詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイル』は、第4の大手キャリアである楽天が提供しているSIMです。

日本全国の楽天回線エリアで、データが使い放題で、楽天専用アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話がかけ放題となります。

また、世界66ヵ国と地域を対象に、海外でも月間2GBまでデータ容量を利用でき、SMSも無料です。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみです。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅵで契約できるSIMの種類は「音声付きSIM」となります。

月額基本料金は最大3,278円です。

料金プラン Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
SIMタイプ 音声通話
データ容量 無制限
月額基本料金 3,278円
国内通話 0円

ただし、月間データ容量が無制限になるのは、国内の楽天回線エリアのみとなります。

国内でもパートナー回線エリアは月間5GB、海外は月間2GBまでなので注意しましょう。

UN-LIMIT Ⅵ
国内 楽天回線エリア 制限なし
パートナー回線エリア 5GB/月
海外 2GB/月

パートナー回線エリアで、データ容量を超えた場合は、通信速度が最大 1Mbps に制限されます 。

また、海外でデータ容量を超えた場合は、通信速度が最大128kbpsまで制限されてしまうので、注意してください。

そのため、楽天モバイルは「my楽天モバイルアプリ」を使って、国内の楽天回線エリアを確認しながら利用しましょう。

なお、2021年の4月1日からは下記の通りお得な段階料金に自動で変更となります。

なんと1GBまでは月額料金0円で利用できます。

その後、3GBまで1,078円/月、20GBまで2,178円/月、20GB超過後は容量無制限で3,278円で利用できます。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルのお得なキャンペーンは、以下の通りです。

プラン料金3カ月無料キャンペーン

プラン3カ月無料キャンペーン

今申込むとプラン料金が3カ月間無料になります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの最大月額は3,278円のため、3カ月で9,834円が節約できます

しかも、最低利用期間や解約金が一切ないため、かなりお得なサービスと言えます。

ポイント還元キャンペーン

25,000キャンペーン

楽天モバイルでは、最大25,000ポイントキャンペーンも実施しています。

具体的なキャンペーン内容は、以下の通りです。

  • 誰でも5,000ポイント還元
  • 対象製品プランセット購入で最大20,000ポイント還元

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

7.まとめ

安いポケットWi-Fiランキングと徹底比較した結果のおすすめに加え、ポケットWi-Fiの注意点、更に現在ではポケットWi-Fiがおすすめできない理由から本当におすすめできる2つのインターネット回線について解説しましたが、いかがでしたか。

結論、現在ではポケットWi-Fi自体があまりおすすめできず、通信速度や月額料金などの要素を比較すると「光回線」や、テザリングなどで代用する方がおすすめです。

以上を参考に、あなたに合ったインターネットを最もお得に利用できるようになることを、心より祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る