騙されるな!ぷらら光の評判や口コミ悪い?選んではいけない全理由

PR
  • ツイート
  • LINEで送る
FireShot Capture 310 – ぷらら光 – ぷらら – www.plala.or.jp

「ぷらら光の料金・速度ってどうなの?」「他の光回線と比べておすすめ?」など、ぷらら光について疑問を持っていませんか?

結論、ぷらら光は料金・速度の面で他より劣るため、おすすめできません。

なお、光回線を選ぶ際には、契約中のスマホとセット割ができる光回線を考慮しつつ、キャッシュバック額が高い光回線(×申込窓口)を選ぶようにしましょう。

このページでは、長年光回線の販売をしてきた筆者が、ぷらら光の概要と他社回線を比較した上で、あなたの状況に合わせた最適な光回線をよりお得に申し込む方法を、以下の流れでご紹介します。

すべて読めば、あなたにとってぷらら光よりもお得で高品質な光回線と申込窓口について、詳しく知ることができます。

【2024年2月】おすすめの光回線
GMOとくとくBB光ロゴ
GMOとくとくBB光ロゴ
▼GMOとくとくBB光の特徴
月額基本料が相場より約1,000円安い
最大114,000円のキャッシュバックがもらえる
・開通工事費が実質無料になる
・WiFiルーターがタダでレンタルできる
・いつ解約しても違約金0円!
3月1日9:59までの期間限定!
\最大114,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB光の公式サイト

1. ぷらら光の評判とおすすめしない全理由

結論、『ぷらら光』は料金と速度の面で他社よりも劣っており、おすすめできるサービスではありません。

以降では、料金・速度のそれぞれについて、他社と比較しながら解説していきます。

1-1. ほとんどのケースでよりお得な回線がある

ぷらら光の月額料金は戸建・マンションのいずれにおいても相場よりも安いですが、キャンペーンなどが少ないため、それらを含めた実質月額料金では他社回線の方が安いところが多いです。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、工事費や月額料金など利用期間中に支払う総額から、キャッシュバックなどの割引要素を差し引いて、月額あたりに換算した料金のことです。

以下でぷらら光と、主な光回線の実質月額料金を見てみましょう。

◎戸建ての場合(新規契約から3年間)

実質月額料金基本料金(戸建て)工事費スマホ割プロバイダ月額料金
ぷらら光5,830円5,28019,800円基本料金に含む
ドコモ光3,406円5,720実質無料
最大1,100円/月 割引
auひかり1,951円6,930
コミュファ光2,428円5,720
NURO光3,492円5,200円
ビッグローブ光3,931円5,478円19,800円

※実質月額料金は最もお得な申込窓口から申し込んだ場合
※価格はすべて税込

◎マンションの場合(新規契約から3年間)

実質月額料金基本料金工事費スマホ割プロバイダ月額料金
ぷらら光4,418円3,96016,500円基本料金に含む
ドコモ光2,086円4,400実質無料
最大1,100円/月 割引
auひかり815円4,180
コミュファ光2,204円4,620
NURO光
5,200円
ビッグローブ光
2,822円4,378円16,500円

※実質月額料金は最もお得な申込窓口から申し込んだ場合
※価格はすべて税込

ぷらら光の料金について、SNS上での口コミ・評判を見てみると、以下のような不満の声が見られました。

ぷらら光の料金に関する口コミ① ぷらら光は高い

ぷらら光の料金に関する口コミ② もっと安いところはないかなぁ

1-2. 回線速度も他社より遅い

ぷらら光は、回線速度の面で他社回線よりも遅く、おすすめできる光回線ではありません。

下記のように、ぷらら光と他の主要回線を比較してみると、他社回線よりも圧倒的に遅いことが分かります。

光回線下り平均速度上り平均速度
ぷらら光235.45Mbps170.24Mbps
フレッツ光259.92Mbps191.81Mbps
ドコモ光252.42Mbps189.53Mbps
ソフトバンク光305.6Mbps196.85Mbps
auひかり379.56Mbps268.48Mbps
コミュファ光454.09Mbps309.69Mbps
NURO光472.03Mbps406.79Mbps

みんなのネット回線速度より(2023年2月調査)

実際に、SNS上での口コミを見てみると、ぷらら光の回線速度に不満を感じている人も多いです。

ぷらら光の速度に関する口コミ① ネットに繋がらないのでイライラする

ぷらら光の速度に関する口コミ② 1Mbpsすら出ない時がある

ぷらら光の速度に関する口コミ③ Wi-Fi・有線、関係なく遅い

ぷらら光の速度に関する口コミ④ 親にネット契約任せたけど1週間くらいで契約切りそう

1-3. まとめ

ここまで見てきたように、『ぷらら光』は料金と速度の面で他社よりも劣っており、おすすめできるサービスではありません。

以降では、光回線の選び方を解説した上で、ぷらら光よりもおすすめな回線を紹介していきます。

おすすめ回線特徴
GMOとくとくBB光とくとくBB光月額料金が最安クラスのお得な光回線
最大114,000円還元
いつ解約しても違約金が一切かからない
一番お得なキャンペーン窓口

2. ぷらら光よりもおすすめの光回線

光回線は、基本的にはスマホキャリアに合わせた回線を選ぶことで、スマホの料金も割引される回線を選びましょう。

結論から言えば、ぷらら光よりもおすすめの光回線は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)
【マンション】全国(沖縄県を除く)
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
NURO光NURO光北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部NURO光
(公式特設サイト)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県NEXT
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

上記の光回線は、回線速度も安定しており、実質月額料金が安くお得に使える光回線です。

ここからは、光回線の選び方とおすすめについて詳しく解説していきます。

2-1. 光回線の選び方:実質月額料金で比較

光回線は、「実質料金が安くなるか」という視点で選びましょう。

実質月額料金とは、工事費や月額料金など利用期間中に支払う総額から、キャッシュバックなどの割引要素を差し引いて、月額あたりに換算した料金のことです。

実質月額料金とは

実質月額料金の安さで選べば、月額料金だけが安い光回線や、キャッシュバック額だけが高い申込窓口に惑わされずに済むということです。

実質月額料金を大きく左右する要素は、下記の3つが挙げられます。

《実質月額料金で重要な3つの要素》

  • スマホセット割
  • キャッシュバック
  • 工事費割引

スマホセット割は「どの光回線を選ぶか」、キャッシュバックと工事費割引は「どの窓口から申し込むか」で金額に差が生じます。

それぞれの項目と比較について、見ていきましょう。

スマホセット割|1契約につき年間最大13,000円ほどお得

スマホセット割とは、スマートフォンのキャリアと光回線を組み合わせた割引サービスのことです。

多くの光回線ではスマホセット割を設けており、セット割を適用すれば毎月550~1,100円(税込)ほど安くなるため「スマホ代+インターネット代」の通信費を大きく抑えることに役立ちます。

下記は、スマホセット割ができるキャリアと光回線の一覧です。

大手スマホキャリアであれば、1契約ごとの割引額が高いことがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

スマホキャリアセット割できる
光回線
スマホセット割
の名称
割引額
(月額)
同時に割引できる
最大契約数
docomoドコモ光ドコモ光セット割550~1,100円20契約
SoftBankソフトバンク光 / NURO光おうち割 光セット550~1,100円10契約
auauひかり / コミュファ光 / ビッグローブ光 / eo光 / メガ・エッグ / ピカラ光 / BBIQ光 などauスマートバリュー550~1,100円10契約
DTI光 / AsahiNet光auセット割550~1,320円1契約
UQモバイルauひかり / コミュファ光 / ビッグローブ光 / eo光 / メガ・エッグ / ピカラ光 / BBIQ光 など自宅セット割638~858円10契約
Y!mobileソフトバンク光おうち割 光セット(A)550~1,188円10契約
IIJmioIIJmioひかり / ビック光mio割660円1契約
DTI SIMDTI光DTI光 × SIMセット割165円1契約
LIBMO@TCOMヒカリLIBMO × 光セット割220円1契約
NifMo@nifty光ネット+スマホ割220円1契約
mineoeo光eo × mineoセット割330円1契約

※割引額はすべて税込み

なお、大手のスマホキャリアの場合は同時に割引できる契約数が多いため、家族で同じスマホキャリアを使っているのであれば、スマホセット割がある光回線はよりお得になります。

そのため、家族で同じキャリアを使っている場合はとくに、今あなたが使っているスマホキャリアとセット割ができる光回線を優先的に選びましょう。

ただし、格安SIMをお使いの場合は、キャッシュバック額が高い光回線(×申込窓口)を優先した方がお得になりやすい傾向にあります。

というのも、格安SIMのセット割は割引額が低いため、セット割ができる光回線を選ぶよりも、キャッシュバック額の高い光回線(×申込窓口)を選んだ方がトータルで安くなるからです。

キャッシュバック|20,000~70,000円ほどお得

キャッシュバックとは、契約を申し込むことで現金がもらえるキャンペーンのことです。

キャッシュバック金額は申込窓口(プロバイダ・代理店など)によって大きく異なる場合があり、同じ光回線サービスでも申込窓口が違うだけで数万円の差が出ることもあります。

そのため、申込窓口を必ず比較して、お得な窓口から契約することをおすすめします。

下記は、主要な光回線のキャッシュバック額が最も高い申込窓口の一覧ですが、金額が大きく異なることがおわかりになるでしょう。

←スマホの場合は上下左右にスクロールできます→

光回線最安申込窓口キャッシュバック額
ドコモ光ドコモ光GMOとくとくBB
(プロバイダ)
51,000円
+dポイント:2,000円分
NURO光NURO光NURO光
(公式特設サイト)
45,000円
ソフトバンク光ソフトバンク光GMOとくとくBB
(代理店)
最大40,000円
auひかりauひかりGMOとくとくBB
(プロバイダ)
最大94,000円
コミュファ光コミュファ光NEXT
(代理店)
最大20,000円
ビッグローブ光ビッグローブ光NEXT
(代理店)
最大66,300円※1
eo光eo光eo光
(公式サイト)
最大10,000円
(商品券)
メガ・エッグメガ・エッグNEXT
(代理店)
最大40,000円
ピカラ光ピカラ光NEXT
(代理店)
最大30,000円
BBIQBBIQNEXT
(代理店)
最大30,000円
So-net光プラスSo-net光プラスSo-net光プラス
(公式サイト)
50,000円
nifty光@nifty光NEXT
(代理店)
15,000円
ぷらら光ぷらら光ぷらら光
(公式サイト)
フレッツ光フレッツ光 東日本メディアサービス
(代理店)
最大79,000円※1
フレッツ光フレッツ光 西日本NEXT
(代理店)
最大45,000円※1

※1:複数の適用条件あり

なお、高額キャッシュバックを受けるために複数のオプション加入が必須の窓口には注意が必要です。

オプション代が毎月請求され、逆に損をしてしまう可能性があるからです。

そのため、あまりに高額なキャッシュバックを実施している申込窓口は、条件の詳細をしっかり確認してください。あるいは、オプション加入が不要な窓口を選ぶようにしましょう。

工事費値引|15,000円~40,000円ほどお得

工事費割引とは、光回線を開通させるための工事費(15,000~40,000円ほど)が無料になったり割引になったりすることです。

新規で光回線を申し込む場合、電柱などから光ファイバー網を自宅へ引き込む工事が必要になりますが、この工事費を安くできれば、実質月額料金を抑えることができるというわけです。

多くの光回線の窓口(事業者・プロバイダ・代理店)では、「無料」や「実質無料」といったキャンペーンを行っていますので、そういった窓口を選んで実質月額料金を安く抑えるとよいでしょう。

実質無料とは

実質無料とは、分割された工事費が毎月割引されることを指します。

例えば、3年間(36回)で工事費が分割された場合、分割された工事費と同額が毎月割引されることで工事費が相殺され、3年間利用すれば無料と同じになります。

なお、実質無料の場合、割引期間中に解約すると、工事費の残債を一括で支払う必要があります。

例えば、「3年の利用で実質無料」のケースで1年間だけ利用して解約した場合は、残り2年分の工事費の残債を一括で支払わなければいけません。

したがって、割引期間中に引っ越しなどで解約する可能性がある場合は、「実質無料」には注意しておきましょう。

2-2. 最もお得な光回線と申し込み窓口

ここまで解説してきたとおり、最もお得な光回線を選ぶためには、実質月額料金の安さが重要になります。

ただし、光回線サービスは100社以上あり、さらに各光回線サービスにはキャンペーン内容が異なる申込窓口がいくつもあるため、どの光回線(×申込窓口)がお得なのかを比較するのは簡単ではありません。

そこで当メディアでは下記【参考】のとおり、主要な光回線25社とその申込窓口を対象に、新規契約から3年間の実質月額料金を徹底調査しました。


【参考】主要光回線25社の利用料金調査

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
docomo_ロゴドコモ光3,406円
(4,506円)
2,086円
(3,186円)
1,100円/月キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円3,300円
auauひかり1,951円
(3,329円)
815円
(2,193円)
1,100円/月92,000円実質無料※13,300円
auビッグローブ光3,931円
(4,592円)
2,822円
(3,484円)
1,100円/月戸建て:59,000円
マンション:56,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auコミュファ光
(東海エリア限定)
2,428円
(3,198円)
2,204円
(2,974円)
1,100円/月戸建て:71,000円
マンション:20,000円
実質無料0円
auSo-net光プラス4,296円
(4,846円)
3,086円
3,636円)
1,100円/月50,000円実質無料3,500円
auauひかり ちゅら
(沖縄エリア限定)
4,029円
(5,129円)
3,194円
(4,294円)
1,100円/月実質無料3,300円
au@TCOMヒカリ4,041円
(4,591円)
2,611円
(3,161円)
1,100円/月40,000円実質無料3,300円
auメガ・エッグ
(中国エリア限定)
3,784円
(4,334円)
3,056円
(3,606円)
1,100円/月戸建て:40,000円
マンション:20,000円
実質無料3,300円
auピカラ光
(四国エリア限定)
3,530円
(4,219円)
2,357円
(3,046円)
1,100円/月30,000円0円0円
aueo光
(関西エリア限定)
3,695円
(4,481円)
2,732円
(3,518円)
1,100円/月戸建て:10,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料3,300円
au@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
1,100円/月15,000円実質無料3,300円
auBBIQ
(九州エリア限定)
3,805円
(4,355円)
3,093円
(3,643円)
1,100円/月戸建て:30,000円
マンション:20,000円
実質無料880円
auAsahiNet光4,402円
(4,909円)
3,192円
(3,799円)
1,320円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
auDTI光4,046円
(5,366円)
2,718円
4,038円)
1,320円/月戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auJ:COM光3,660円
(4,210円)
4,073円
(4,623円)
1,100円/月6,000円相当
(QUOカードPay)
実質無料3,300円
SoftBankNURO光3,492円
(4,042円)
3,492円
(4,042円)
1,100円/月45,000円実質無料3,300円
SoftBankソフトバンク光4,345円
(4,895円)
2,805円
(3,355円)
1,100円/月33,000円実質無料3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
UQモバイルauひかり2,193円
(3,329円)
1,057円
(2,193円)
858円/月92,000円実質無料※13,300円
Y!mobileソフトバンク光4,257円
(4,895円)
2,717円
(3,355円)
1,188円/月33,000円実質無料3,300円
iijmioIIJmioひかり4,358円
(5,018円)
3,258円
(3,918円)
660円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
DTI SIMDTI光5,201円
(5,366円)
3,873円
(4,038円)
165円/月戸建て:36,000円
マンション:34,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
LIMBO@TCOMヒカリ4,371円
(4,591円)
2,941円
(3,161円)
220円/月40,000円実質無料3,300円
NifMo@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
220円/月15,000円実質無料3,300円
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
7,064円4,388円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
エキサイト光4,827円3,727円実質無料1,100円
ぷらら光5,830円4,418円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
U-NEXT光5,445円4,323円26,400円3,300円
おてがる光4,800円3,700円実質無料3,300円
とくとくBB光5,343円4,243円5,000円実質無料3,300円
楽天ひかり5,854円4,663円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円

※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・新規申込で3年間利用する際に最安値になる方法で算定
・キャッシュバック額は81社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・カッコ内はスマホセット割をしない場合の実質月額料金
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額・1人分の適用で算定
・フレッツ光のプロバイダはBB.エキサイト(月額550円)で算定
・UQモバイルは「auひかり」のみの実質月額料金を記載

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。

もっと見る

もっと見る


その結果、各スマホユーザーにとって最もお得な光回線は、下図にまとめることができます。

あなたにとって最安の光回線が簡単に見つかりますので、ぜひ確認してみてください。

スマホ別最安光回線BEST3

上記の光回線には申込窓口が複数あり、キャンペーンがそれぞれ異なりますが、最もお得に契約できる申込窓口をまとめると以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)
【マンション】全国(沖縄県を除く)
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
NURO光NURO光北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部NURO光
(公式特設サイト)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県NEXT
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

光回線の選び方についてより詳しく知りたい場合は、光回線のおすすめ7選【2023年9月】25社を比較した本当にお得な選び方を解説』の記事にて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

3. ぷらら光を解約する際の注意点

ぷらら光を解約したい場合の注意点は以下の3つです。

それぞれの注意点について詳しく解説します。

3-1. ぷらら光には「解約」と「退会」の2パターンがある

ぷらら光には、解約する際に「解約」か「退会」を選ぶことができます。

  • 解約:光回線サービスだけを解約し、メールアドレス等を残しておくこと
  • 退会:光回線サービスと共に会員情報などすべてを解約すること

「解約」を選んだ場合には、光回線サービスは解約されますが、会員情報(ユーザーID/メールアドレス等)が残されるため、再度ぷららのサービス利用時に手間が省けます。

一方で、「退会」を選んだ場合にはすべての情報も解約され、ぷららとは一切関係を持たなくなります。

3-2. 解約金はないが工事費残積は一括請求

ぷらら光には最低利用期間がないため、いつ解約しても違約金の発生はありません。

ただし、初期工事費用は分割で支払っているため、残積がある場合には一括請求されます。

工事費用の残積は、それぞれ契約内容で何カ月で無料になるかによって異なるため、契約内容や利用期間を確認しておきましょう。

3-3. キャッシュバックキャンペーンを適用した場合は解約金がある

ぷらら光では基本的に解約金は発生しませんが、申し込み時にキャッシュバックキャンペーンを受けた場合には、解約の際に違約金が発生する可能性があります。

キャンペーンの内容は申し込み窓口(プロバイダ)によって異なりますが、キャッシュバック受け取りには最低利用期間が条件とされています。

そのため、キャンペーン適用時の最低利用期間内で解約した場合には、解約金が発生することに注意しておきましょう。

4. ぷらら光のよくある質問まとめ

下記では、ぷらら光のよくある質問について解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Q1. ぷらら光を申し込む手順は?

ぷらら光に申し込む手順は簡単で、「ぷらら光お申し込み」で登録情報を入力します。

ただし、入力前に自宅がぷらら光の提供エリアに位置するかどうかを確認する必要があります。

申し込みが無事に完了すると、ぷらら光から工事日調整などの電話がかかってくるので、必ず出るようにしましょう。

ぷらら光申し込み窓口

ぷらら光の新規申し込みページ:https://www.plala.or.jp/p-hikari/

Q2. ぷらら光でWi-Fiルーターを無料でレンタルできるの?

ぷらら光では、契約時にWi-Fiルーターを無料レンタルすることができます。

ぷらら光でレンタルしているWi-Fiルーターは、IPv6(IPoE方式)に対応しているため、より高速通信でのネットワーク環境が整えられます。

ただし、ぷらら光を新規で契約した場合のみ適用されるキャンペーンなので注意してください。

また、Wi-Fiルーターの機種をこちらで選ぶことはできないため、何が来るかはわかりません。

Q3. ぷらら光でIPv6を利用するには?

ぷらら光では、次世代型高速通信の「IPv6」は無料提供されています。

追加費用や申し込みも不要であるため、IPv6対応のWi-Fiルーターを利用していれば、状況に合わせて自動で切り替えてくれます。

Q4. ぷらら光電話にはどんなプランがあるのか?

ぷらら光電話には、以下の2つのプランがあります。

  • ぷらら光電話ベーシック
  • ぷらら光電話プラス

ぷらら光電話ベーシックは月額550円(税込)、ぷらら光電話プラスは月額1,650円(税込)です。

ぷらら光電話の料金プラン出典:ぷらら光

ぷらら光電話プラスは、6つのオプションサービス代を含めた月額2,420円(税込)のサービスを、月額1,650円(税込)で利用できます。

最大3時間相当の通話料528円(税込)分と発信者番号表示等のオプション2,200円(税込)分がついてくるので、頻繁に通話する場合はかなりお得です。

まとめ

ぷらら光の概要と他社回線を比較した上で、あなたの状況に合わせた最適な光回線をよりお得に申し込む方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

結論、ぷらら光は料金・速度の面で他より劣るため、おすすめできません。

光回線を選ぶ際には、契約中のスマホとセット割ができる光回線を考慮しつつ、キャッシュバック額の高い光回線(×申込窓口)で契約しましょう。

当メディアで主要光回線25社とその申込窓口を徹底調査したところ、最もお得な光回線はスマホキャリア別に次のとおりとなっています。

スマホ別最安光回線BEST3

ただし、上記の光回線には、申込窓口が複数存在しており、キャッシュバックやその他の特典がガラリと変わります。

それぞれ比較した結果、下記の窓口から申し込むのが最もおすすめです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)
【マンション】全国(沖縄県を除く)
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
NURO光NURO光北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部NURO光
(公式特設サイト)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県NEXT
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

このページを参考に、あなたがぷらら光よりもお得で高品質な光回線を利用できることを、心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る