【状況別おすすめ】失敗しないインターネット回線の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「インターネット回線の選び方にコツはあるの?」「最もお得な回線は?」など、インターネット回線の選び方がわからず、困ったことはありませんか?

結論、インターネット回線はあなたのライフスタイルに合わせて、高速通信が必要なら光回線を、外出先でもネットが必要ならテザリングを選ぶと、失敗することはありません。

また光回線を選ぶなら、キャッシュバックがもらえる契約窓口で、Web上から申し込むとお得に契約できます。

このページでは、1章でインターネットの4つの種類について、2章ではライフスタイルに合わせた選び方について紹介していきます。

  1. インターネットは4つの種類がある
  2. ライフスタイルに合わせたインターネット回線の選び方
  3. 【全24社を徹底比較】2023年おすすめの光回線6選
  4. 大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン
  5. インターネット回線の選び方に関する質問まとめ

これを読めば、インターネットの選び方を理解した上で、最適なインターネットライフを送ることができるでしょう。

1. インターネットは4つの種類がある

インターネット回線選びを失敗しないためには、まずはインターネットの種類と特徴を理解しておきましょう。

インターネットの種類

インターネットは以下4つの種類があります。

  1. 光回線
  2. ホームルーター
  3. ポケットWi-Fi
  4. スマホのテザリング

以下は特徴をまとめた簡単な比較表です。

結論から言えば、高画質の動画視聴やオンラインゲームなどでネットの快適さを求めるなら「光回線」が、それ以外なら簡単に利用できて料金が抑えられる「テザリング」がおすすめになります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

光回線
(固定回線)
モバイル回線
テザリング
ホームルーター
ポケットWi-Fi 通常プラン  大容量プラン※1 
月額料金

3,000~4,000円

3,000~4,000円

3,000~4,000円

0~500円程度※2

1,500円程度※3
下り平均速度
(実測値)

100~300Mbpsほど

10~40Mbpsほど

10~40Mbpsほど

平均20Mbpsほど

平均20Mbpsほど
通信制限

無制限

実質無制限
(速度制限あり)

実質無制限
(速度制限あり)
×
スマホの容量まで

実質無制限
(速度制限あり)
手軽さ
×
・新たな契約が必要
・回線工事が必要

・新たな契約が必要
・回線工事は不要

・新たな契約が必要
・回線工事は不要

普段使っている
スマホのみで使える

普段使っている
スマホのみで使える
持ち運び ×
自宅だけ
×
自宅だけ

外出先でも
(機器の持ち運びは必要)

外出先でも

外出先でも
おすすめな人 ・快適にネットを使いたい人 ・光回線工事ができない家族 ・基本的にはおすすめしない ・低コストでネットを使いたい
・持ち運んで外でも使いたい 

※1 容量が20GBより多いプランを「大容量プラン」と定義
※2 現在のスマホが通常プランであることを想定(スマホキャリアによっては500円程度のオプション料金が必要)
※3 平均的なスマホプラン(月間容量15GB)を大容量プランへ変更する目安の料金

以降で、それぞれの特徴を見ていきましょう。

1-1. 光回線|高速通信と使い放題の使い勝手が魅力

光回線とは、光ファイバーケーブルを建物内に直接引き込んで接続するインターネット回線(固定回線)のことです。

コンセントからONU(光信号とデジタル信号間の変換を行う装置)を経由して、ONUにWi-Fi機能がなければWi-Fiルーター(有線のネットワークを無線でつなげる装置)に接続することでWi-Fiを利用できます。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

月額料金 下り平均速度
(実測値)
通信制限 手軽さ 持ち運び
光回線
(固定回線)

3,000~4,000円

100~300Mbpsほど

無制限
×
・新たな契約が必要
・回線工事が必要
×
自宅だけ

2023年1月現在、次のようなメリットがあることから、最も一般的なインターネット回線となっています。

光回線のメリット

光回線を使うメリットは、次の3つにまとめることができます。

  1. インターネットサービスの中では最速
  2. どんな大容量データもスムーズに通信できる
  3. 通信制限がなく使いたい放題

光回線は、どのインターネットサービスよりも圧倒的に通信速度が速く、接続が安定しているため、オンラインゲームや高画質の配信動画(Netflixなど)の視聴など、どんな作業でもストレスなく楽しめるメリットがあります。

また、光回線サービスには通信制限がありませんので、例えばNetflixのドラマを高画質で24時間一気見しても、通信速度が制限されるようなことはなく、楽しい時間を奪われることはありません。

光回線のデメリット

ただし、光回線には次のようなデメリットもあります。

  1. 回線工事が必要
  2. 自宅でしか使えない
  3. 高額な違約金が発生する可能性がある

光回線は光ファイバーケーブルを自宅まで引き込む必要があるため、利用する際には回線工事が必要になり、自宅でしか使えません。

工事自体は2~3時間で終わりますが、日程調整が必要なため利用開始までに2~3週間ほどかかります。

また解約する際には、タイミングによっては違約金が高額になる場合があるため、一度契約するとすぐに解約しにくいこともデメリットと言えるでしょう。

1-3. ホームルーター|工事不要モバイル回線の据え置き型

ホームルーターとは、自宅のコンセントにつなぐだけでWi-Fiを利用できる据え置き型のルーターのことです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12出典:UQ WiMAX|Speed Wi-Fi HOME 5G L12

ホームルーターは「モバイル回線」を使ってインターネットに繋がり、Wi-Fiで端末(パソコン・ゲーム機など)に接続します。

モバイル回線とは

モバイル回線とは、電信柱の上などに設置されたアンテナ(基地局)から、電波を使ってインターネットと接続する回線のことです。そのため、建物の奥やアンテナの少ない地域など、電波が届きにくい場所が存在します。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

月額料金 下り平均速度
(実測値)
通信制限 手軽さ 持ち運び
ホームルーター
(モバイル回線)

3,000~4,000円

10~40Mbpsほど

実質無制限
(速度制限あり)

・新たな契約が必要
・回線工事は不要
×
自宅だけ

ホームルーターのメリット

ホームルーターを使うメリットは次のとおりです。

  1. 回線工事が不要
  2. コンセントに挿すだけですぐに使用できる

モバイル回線は、携帯電話のように電波を使ってインターネットと接続するため、先ほどの光回線のような回線工事が不要で、すぐに利用できるメリットがあります。

したがって、賃貸マンションにお住いなどで回線工事ができなかった場合でも、インターネットを使うことができます。

またコンセントに挿すだけですので、設定や配線に戸惑うことなく簡単にWi-Fiを使えることもメリットと言えるでしょう。

ホームルーターのデメリット

ただし、ホームルーターには「モバイル回線」の特徴を含むデメリットがあります。

  1. 通信制限がある
  2. 回線が不安定になりやすい
  3. 通信速度は光回線に劣る
  4. 外に持ち運べない

まずはモバイル回線特有のデメリットとして、通信制限があることが挙げられます。

通信制限とは

通信制限とは、短期間に大容量の作業(オンラインゲームなど)を集中的にしたり、夜間に使ったりする場合に、回線がパンクしないように速度が制限されることです。

例えば、モバイル回線の「WiMAX」の場合、「3日間○○GB以上利用した場合は速度制限」という条件があり、制限を受けると翌日18時頃から翌々日2時頃の間は1Mbps以下(メールだけが安心して使えるレベル)の速度になります。

また、モバイル回線は電波でつながるため、コンクリート壁や電子機器などの電波干渉によって、通信速度が落ちやすかったり、通信が途切れたりしやすい特徴がデメリットと言えます。

次に、通信速度は光回線に比べて劣ります。

現在は5Gモデルが登場して光回線並みの最大速度(理論値)が出せるようになっていますが、実際の速度は光回線にはかないません。

4Gエリアで通信を行う場合は10~40Mbpsほどの速度になるため、オンラインゲームや高画質の配信動画の視聴には不向きです。

最後に、ホームルーターは光回線と同様に、基本的には自宅でしか使うことができません。

このあと紹介する「ポケットWi-Fi(ホームルーターと同じモバイル回線)」は外出先でも使えるため、比べると自由度が低いのはデメリットと言ってよいでしょう。

1-3. ポケットWi-Fi|工事不要モバイル回線の携帯型

ポケットWi-Fiとは、バッテリー式で持ち運び可能な携帯型のルーターのことです。

Speed Wi-Fi 5G X11

出典:UQ WiMAX|Speed Wi-Fi 5G X11

先ほどのホームルーターと同様、モバイル回線を使ってインターネットと接続します。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

月額料金 下り平均速度
(実測値)
通信制限 手軽さ 持ち運び
ポケットWi-Fi
(モバイル回線)

3,000~4,000円

10~40Mbpsほど

実質無制限
(速度制限あり)

・新たな契約が必要
・回線工事は不要

外出先でも
(機器の持ち運びは必要)

ポケットWi-Fiのメリット

ポケットWi-Fiを使うメリットは、次のとおりです。

  1. 回線工事が不要
  2. 自宅でも外でもインターネットを使える

ポケットWi-Fiはモバイル回線を使うため、回線工事が不要で誰でも使えるメリットがあります。

また、ポケットWi-Fiはバッテリー式でスマホほどのサイズであるため、自宅はもちろんのこと、移動中や公園など、どこでも使えることが大きなメリットと言えるでしょう。

ポケットWi-Fiのデメリット

ただし、ポケットWi-Fiにもいくつかのデメリットがあります。

  1. 通信制限がある
  2. 回線が不安定になりやすい
  3. 通信速度は光回線に劣る
  4. 充電しないと使えない
  5. 持ち運びの際には荷物が増える
  6. 複数人使用できない

モバイル回線特有の「通信制限がある・回線が不安定になりやすい・通信速度は光回線に劣る」というデメリットは、ホームルーターと同じです。

ポケットWi-Fiだけのデメリットとしては、バッテリー式であるため、外出先で使う際には充電が切れると使えなくなることです。

また、持ち運びの際には荷物が増えることと、置き忘れなどの心配をする必要があることもデメリットと言えるかもしれません。

さらにホームルーターと比べて同時接続台数が少ないため、家族と同時に使うといったことには不向きであることもデメリットと言えるでしょう。

1-4. スマホのテザリング|スマホをルーターにした簡単Wi-Fi

スマホのテザリングとは、スマートフォンのデータ通信を利用して、インターネットと端末(パソコン・ゲーム機など)を繋げる機能のことです。

スマホがルーターの代わりとなりますので、自宅はもちろんのこと、スマホを持ち歩けば外でもWi-Fiを利用できます。

テザリング

テザリングをする場合はスマホで契約した通信容量しか使えないため、使う容量に応じてプランを変更する必要があります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

月額料金 下り平均速度
(実測値)
通信制限 手軽さ 持ち運び
テザリング
(通常プラン)

0~500円程度※2

平均20Mbpsほど
×
スマホの容量まで

普段使っている
スマホのみで使える

外出先でも
テザリング
(大容量プラン※1)

1,500円程度※3

平均20Mbpsほど

実質無制限
(速度制限あり)

普段使っている
スマホのみで使える

外出先でも

※1 容量が20GB以上を「大容量プラン」と定義
※2 現在のスマホが通常プランであることを想定(スマホキャリアによっては500円程度のオプション料金が必要)
※3 平均的なスマホプラン(月間容量15GB)を大容量プランへ変更する目安の料金

テザリングのメリット

テザリングを使うメリットは次のとおりです。

  1. 追加契約なしで利用できる
  2. 自宅でも外でもインターネットを使える
  3. 利用料金がやすい

テザリングは今まで紹介してきたインターネットサービスと違って、新たにどこかと契約する必要がありません。今お使いのスマートフォンを操作すればすぐにテザリングができますので、もっとも簡単で手軽な点がメリットです。

また、スマホがルーターの代わりになりますので、自宅でも外でもインターネットを使える利便性があり、ポケットWi-Fiのように荷物が増える面倒や、置き忘れの心配がありません。

しかも利用料金がポケットWi-Fiよりも安いため、外でも使いたいのであればテザリングの方がお得にインターネットを使うことができます。

テザリングのデメリット

テザリングにも、ポケットWi-Fiと同じようなデメリットがあります。

  1. 通信制限がある
  2. 回線が不安定になりやすい
  3. 通信速度は光回線に劣る
  4. バッテリー消費が早い
  5. 通話中に使用できないケースがある

まず、テザリングは電波でインターネットと繋がるため、ホームルーターやポケットWi-Fiと同じで回線が不安定になりやすく、スマホで契約した通信容量までしか使えないことがデメリットと言えます。

次に、テザリングの通信速度は、光回線に比べて大きく劣ります。そのため、オンラインゲームや高画質の配信動画の視聴は難しくなり、できることが制限されます。

また、テザリングをするとスマホのバッテリー消費が早いこともデメリットになるでしょう。

さらにスマホのキャリアや機種によっては、テザリングと通話が同時に行えないケースがあることも注意するべき点と言えます。

2. ライフスタイルに合わせたインターネット回線の選び方

ここからは、あなたの目的別に合わせた、最適なインターネット回線の選び方を紹介します。

まずは、先ほど解説した4種類の特徴から、おすすめのインターネットサービスは次の2つに絞ることができます。

光回線がおすすめな人 テザリングがおすすめな人
  • 容量など気にせずインターネットをしたい
  • オンラインゲームが好き
  • 高画質の配信動画を思い切り楽しみたい
  • ビデオ会議やオンライン授業をよくする
  • 外出先でも使いたい
  • 一人で使うつもり
  • オンラインゲームはしない
  • 高画質の配信動画は見ない
  • 通信費を節約したい

では次に、以下のようなライフスタイルの場合に、「光回線」か「テザリング」のどちらが最適なインターネットサービスかを解説していきます。

  1. 高速回線を利用したい場合|光回線がおすすめ
  2. オンラインゲームを快適に行いたい場合|光回線がおすすめ
  3. オンライン会議・授業を快適に行いたい場合|光回線がおすすめ
  4. 家族みんなで利用したい場合|光回線がおすすめ
  5. 外で作業をすることが多い場合|テザリングがおすすめ
  6. 1人暮らしの場合|用途に合わせて光回線+テザリングの組み合わせがおすすめ
  7. インターネット通信費を節約したい場合|使用感を重視するなら光回線がおすすめ

あなたのケースに合わせて読み進めてください。

2-1. 高速回線を利用したい場合|光回線がおすすめ

とにかく高速回線を利用したい場合は、光回線を選べば失敗はありません。

というのも、以下は主要な光回線・ホームルーター・ポケットWi-Fiの「下り平均速度」の比較表ですが、光回線だけが断然速いことがわかるからです。

サービス名/機種名 下り平均速度
光回線
NURO光 505.9Mbps
auひかり 403.29Mbps
ソフトバンク光 311.95Mbps
ドコモ光 263.8Mbps
ホームルーター
(モバイル回線)

Speed Wi-Fi HOME 5G L12 45.81Mbps
ソフトバンクエアー4 45.04Mbps
WiMAX HOME 01 30.37Mbps
ドコモ home 5G 166.0Mbps
ポケットWi-Fi
(モバイル回線)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 64.93Mbps
Speed Wi-Fi 5G X11 67.71Mbps
Rakuten WiFi Pocket 19.65Mbps
Pocket WiFi 501HW 14.23Mbps

※下り平均速度の数値は「みんなのネット回線速度」を参照

なお、テザリングの速度はポケットWi-Fiよりもやや遅くなります。

配信動画やオンラインゲームをストレスなく楽しむために必要な速度は?

ここで、速度の違いで何が変わるのかを確認しておきましょう。

下記のとおり、配信動画の視聴なら標準画質(480p)で10Mbps以上、「4K」のような高画質であれば40Mbps程度、オンラインゲームであれば50Mbps以上がストレスなく楽しめる目安です。

用途(目的) 必要な通信速度の目安
メール 1Mbps~
SNS 5Mbps
動画視聴(標準画質) 10Mbps
ビデオ会議 30Mbps
動画視聴(高画質) 40Mbps
オンラインゲーム 50~100Mbps

光回線だけが、全ての項目をクリアできる通信速度が出ていることがおわかりになるでしょう。

よって、より高速通信をしたい場合は、光回線の一択と言えます。

なお、おすすめの光回線は3章「【全24社を徹底比較】2023年おすすめの光回線6選」で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

2-2. オンラインゲームを快適に行いたい場合|光回線がおすすめ

オンラインゲームを快適に行いたい場合も、光回線の一択です。

なぜなら光回線は、大容量ダウンロードの処理(下り速度)が最も高速であり、通信が安定していて、モバイル回線のような通信制限が存在しないからです。

オンラインゲームをストレスなく楽しむために必要な速度は?

オンラインゲームを楽しむ速度の目安は、下記のとおり50Mbps以上です。

用途(目的) 必要な通信速度の目安
オンラインゲーム 50~100Mbps

常時50Mbps以上出ているのは、光回線またはモバイル回線の5Gエリア対応機種だけです。

ただし、オンラインゲームで重要とされるPing値を見ると、光回線が最適であることがわかります。

オンラインゲームで重要なPing値の比較でも光回線に軍配が上がる

以下は、オンラインゲームで重要とされるPing値の比較表です。

Ping値とは

「ping値」とは、データの送受信にかかる時間を表す数値のことです。単位は「ms(ミリセカンド・ミリ秒)」を使います。

ping値が大きいほど操作をしてからの反応速度が遅くなるため、対戦型のオンラインゲームではとくに重視される数値です。

光回線はホームルーターと比べてPing値が低く、操作してからのレスポンスが速いことがおわかりになるでしょう。

サービス名/機種名 平均Ping値
光回線
NURO光 13.83ms
auひかり 16.45ms
ソフトバンク光 17.18ms
ドコモ光 21.08ms
ホームルーター
(モバイル回線)

Speed Wi-Fi HOME 5G L12 32.5ms
ソフトバンクエアー4 46.85ms
WiMAX HOME 01 62.69ms
ドコモ home 5G 55.82ms
ポケットWi-Fi
(モバイル回線)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 48.74ms
Speed Wi-Fi 5G X11 44.23ms
Rakuten WiFi Pocket 49.43ms
Pocket WiFi 501HW 43.54ms

※数値は「みんなのネット回線速度」を参照

ちなみにパソコンでオンラインゲームをする場合、一般的には30ms以下であれば速いとされ、格闘ゲームやFPSでは15ms以下が推奨されています。

このことからも、オンラインゲームをするなら光回線の一択であると言えるでしょう。

なお、おすすめの光回線は3章「【全24社を徹底比較】2023年おすすめの光回線6選」で紹介しています。

2-3. オンライン会議・授業を快適に行いたい場合|光回線がおすすめ

オンライン会議・授業を行う場合も、やはり光回線がおすすめです。

というのも、インターネット速度の目安を見るとわかるとおり、ビデオ会議に必要とされる30Mbpsの速度を完全に上回るのは光回線だけだからです。

用途(目的) 必要な通信速度の目安
ビデオ会議 30Mbps

ホームルーターやポケットWi-Fiの場合、30Mbps以上出ている時間帯なら問題はないのですが、時間帯によってはオンライン会議ができないほどの速度になってしまいます。

ソフトバンクエアーの時間帯別平均速度

以下の表はソフトバンクエアー(ホームルーター)の時間帯別の平均速度ですが、夕方から夜にかけて速度がかなり遅くなることがわかります。

時間帯 Ping 下り 上り
44.19ms 81.33Mbps 7.93Mbps
42.0ms 59.53Mbps 5.81Mbps
夕方 44.24ms 25.32Mbps 5.5Mbps
50.66ms 18.73Mbps 5.15Mbps
深夜 43.81ms 64.24Mbps 6.43Mbps

※Ping:データの送受信にかかる時間を数値化したもので、低いほど速いことを表す
※参照「みんなのネット回線速度

15~25Mbpsの速度の場合、ビデオ会議は難しいレベルとなります。

よって、オンライン会議・授業は絶対に午前中や昼間しかしないのであれば、ホームルーターやポケットWi-Fiでも不可能ではありません。

ただしモバイル回線の場合、電波の影響で音声が飛んだり、映像が止まったりする不安は拭い切れないことを念頭に置いておきましょう。

なお、おすすめの光回線は3章「【全24社を徹底比較】2023年おすすめの光回線6選」で紹介しています。

2-4. 家族みんなで利用したい場合|光回線がおすすめ

家族みんなでインターネットを利用したい場合は、同時接続台数に制限のない光回線がおすすめです。

同時接続台数とは、一度にインターネットに接続できる端末台数のことです。例えば、「スマホ・パソコン・ゲーム機」と同時に繋ぐのであれば、同時接続台数は「3台」ということになります。

近年では、Wi-Fiと繋がるIoT家電(エアコン・洗濯機など)も増えてきていますので、家族など複数人での利用を考える場合は、同時接続台数が多い方が良いということになります。

同時接続台数の比較

以下は主要なホームルーターとポケットWi-Fiの接続台数の比較表ですが、光回線には制限がないため接続台数を気にせず自由に楽しめることがわかります。

機種名 最大同時接続台数
光回線
上限なし
ホームルーター
(モバイル回線)

Speed Wi-Fi HOME 5G L12 40台
ソフトバンクエアー4 64台
WiMAX HOME 01 22台
ドコモ home 5G 65台
ポケットWi-Fi
(モバイル回線)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 10台
Speed Wi-Fi 5G X11 16台
Rakuten WiFi Pocket 16台
Pocket WiFi 501HW 10台

ホームルーターとポケットWi-Fiの同時接続台数を比べるとホームルーターの方が多いため、もし光回線の工事ができなくて家族とインターネットを楽しみたい場合は、ホームルーターを選ぶとよいでしょう。

3章「【全24社を徹底比較】2023年おすすめの光回線6選」では、あなたに合わせた最安の光回線を紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

2-5. 外で作業をすることが多い場合|テザリングがおすすめ

外出先やさまざまな場所でインターネットを利用したい場合は、テザリングがおすすめです。

というのも外出先で使いたい場合は、選択肢として「ポケットWi-Fi」と「テザリング」の2択になるのですが、両者はできることがほとんど同じでありながら、テザリングの方が利用料金が安いためです。

ポケットWi-Fiとテザリングはできることがほとんど同じ

以下はポケットWi-Fiとテザリングの比較ですが、速度に関してはややテザリングが劣るものの、月額料金はかなり安く利用できることがわかります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

モバイル回線
テザリング
ポケットWi-Fi 通常プラン  大容量プラン※1 
月額料金

3,000~4,000円

0~500円程度※2

1,500円程度※3
下り平均速度
(実測値)

10~40Mbpsほど

平均20Mbpsほど

平均20Mbpsほど
通信制限

実質無制限
(速度制限あり)
×
スマホの容量まで

実質無制限
(速度制限あり)
手軽さ

・新たな契約が必要
・回線工事は不要

普段使っている
スマホのみで使える

普段使っている
スマホのみで使える
持ち運び
外出先でも
(機器の持ち運びは必要)

外出先でも

外出先でも

※1 容量が20GBより多いプランを「大容量プラン」と定義
※2 現在のスマホが通常プランであることを想定(スマホキャリアによっては500円程度のオプション料金が必要)
※3 平均的なスマホプラン(月間容量15GB)を大容量プランへ変更する目安の料金

ここでもう一度、インターネット速度の目安を見てみましょう。

ポケットWi-Fiの10~40Mbpsほどと、テザリングの平均20Mbpsを比べてみると、ポケットWi-Fiは高画質の動画視聴がギリギリできるレベルであり、ビデオ会議ができるかどうかくらいの違いであることがわかります。

用途(目的) 必要な通信速度の目安
メール 1Mbps~
SNS 5Mbps
動画視聴(標準画質) 10Mbps
ビデオ会議 30Mbps
動画視聴(高画質) 40Mbps
オンラインゲーム 50~100Mbps

しかも時間帯によっては、ポケットWi-Fiでもビデオ会議は難しくなるため、ほとんど同じと考えても差し支えありません。

それにも関わらず、テザリングの方が利用料金がかなり安いため、だったらテザリングの方がコスパに優れている分おすすめというわけです。

なお、大容量のデザリングをする場合は、おすすめのプランを4章「大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン」で紹介しています。

2-6. 1人暮らしの場合|用途に合わせて光回線+テザリングの組み合わせがおすすめ

1人暮らしの場合は、インターネットの使用用途を考えてインターネット回線を選びましょう。

以下のフローチャートに沿って選ぶと、あなたにピッタリなネット環境を選ぶことができます。

ネット環境の選び方

今まで解説してきたとおり、自宅で高画質の動画視聴やオンライン会議などを行う場合は、光回線がおすすめです。

一方で、外でもインターネットを使いたい場合や、YouTube動画の視聴(標準画質)やSNSをする程度であれば、テザリングを選ぶと便利です。

あるいは、自宅では光回線、外出する際にはテザリングといった組み合わせもよいでしょう。

テザリングは使う容量によってプランを分けるとお得

なおテザリングを使う場合は、あなたがひと月にどれくらいの通信容量を使うのかを想定して、大容量プランを選ぶべきかを考えましょう。

以下は用途別のデータ量の目安ですので、よければ参考にしてください。

←スマホの場合はスクロールできます→

月の契約容量

ネット閲覧
(0.3MB)

LINE無料通話
(1分/0.3MB)
テキストメール
(1回/0.005MB)
YouTube標準画質
(1分/10MB)
GoogleMap
(732KB)
1GB 1日約100回 1日約110分 1日約7千回 1日約3分 1日約40回
3GB 1日約300回 1日約330分 1日約2万回 1日約9分 1日約120回
8GB 1日約800回 1日約880 1日約5万回 1日約24分 1日約320回
10GB 1日約1,000回 1日約1,100分 1日約7万回 1日約30分 1日約400回
20GB 1日約2,000回 1日約2,200分 1日約14万回 1日約60分 1日約800回

例えば、1日に1時間以上YouTube動画を見るのであれば、20GB以上の大容量プランを選んだ方が断然お得になります。

最安でおすすめの光回線と大容量テザリングプランは、それぞれ次の章で紹介していますので、用途に合わせて読み進めてください。

2-7. インターネット通信費を節約したい場合|使用感を重視するなら光回線がおすすめ

インターネット通信費を節約したい場合は、4種類のインターネットサービスの中でもっとも利用料金が安いテザリングがおすすめです。

ただし、いろんな用途でインターネットを快適に使いたいのであれば、光回線がおすすめです。

というのも、以下は主要な「光回線・ホームルーター・ポケットWi-Fi」の月額料金の比較ですが、テザリングを除く3つはほとんど同じような料金であることがわかるからです。

プラン名 月額料金
光回線
NURO光 5,200円
auひかり 戸建て6,160円(3年間)
マンション4,180円
ソフトバンク光 戸建て5,720円
マンション4,180円
ドコモ光 戸建て5,720円
マンション4,400円
光回線4社の平均 戸建て5,700円
マンション4,490円
ホームルーター
(モバイル回線)

docomo home 5G プラン 4,950円
WiMAX+5G ギガ放題プラン 4,268円(2年間)
ソフトバンクエアー
4G/5G共通プラン
5,368円
au ホームルータープラン 4,721円(2年間)
ホームルーター4社の平均 4,827円
ポケットWi-Fi
(モバイル回線)

ドコモ ギガライト
(月間7GB)
6,578円
ドコモ ギガホプレミア
(月間60GB)
7,018円
WiMAX+5G ギガ放題プラン 4,268円(2年間)
Y!mobile
(月間7GB)
4,066円
Y!mobile
(上限なし)
4,818円
ソフトバンク
(月間50GB)
5,280円
ポケットWi-Fi6プランの平均 5,338円

※料金はすべて税込み
※月額料金は公式サイトを参照

単純に月額料金だけを比較するなら、あなたがマンションにお住いの場合は光回線の方が安く利用できることになります。また戸建てにお住いなら、ホームルーターの方が安いです。

ただし光回線では、プロバイダや代理店など、それぞれたくさんある申し込み窓口でキャンペーンやキャッシュバックが実施されており、選ぶ窓口によって実質的な月額料金を下げることができます。

結果、月額料金は同じくらいか、あるいは光回線の方が少し安くなるくらいですので、だったら自由度や快適性の高い光回線を選んだ方が満足できると言えるでしょう。

次章では、あなたがもっともお得に利用できる光回線を紹介します。

なお、テザリングを考えている場合は4章「大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン」へ読み進めてください。

3.【全24社を徹底比較】2023年おすすめの光回線6選

光回線をお得に選ぶためには、「実質月額料金の安さ」がポイントになります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、契約期間中に支払う全ての金額から割引き要素を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

実質月額料金の安さは、次の3つで決まります。

  • スマホセット割
  • キャッシュバック
  • 工事費割引き

とくにスマホセット割の割引額は大きいため、まずは「あなたがどのキャリアのスマホを使っているか」で光回線を選ぶとよいでしょう

例えば、SoftBankスマホを使ってる場合、ソフトバンク光とセットにすると毎月1,100円の割引を受けることができます。

ソフトバンク光出典:SoftBank

ここからは、「スマホセット割」「キャッシュバック」「工事費割引き」の3つの観点で選んでいきましょう。

下記は、光回線事業者全24社を上記の3つの観点で徹底的に調査して、実質月額料金で比較した一覧表です。背景に薄い黄色を敷いた光回線が、それぞれのスマホキャリアとの組み合わせで最も安い光回線を示しています。

なお、「参考」の項目は実質月額料金が一番安くなる条件を記載しており、「実質月額料金」のカッコ書きはスマホセット割を適用しなかった場合の料金です。

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
docomo_ロゴ ドコモ光 2,799円
(3,899円)
1,479円
(2,579円)
1,100円/月 キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円/3,300円
au logo auひかり 2,285円
(3,385円)
-93円
(1,007円)
1,100円/月 80,000円 実質無料※1/3,300円
ビッグローブ光 3,792円
(4,453円)
2,686円
(3,345円)
1,100円/月 戸建て:64,000円
マンション:61,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
コミュファ光
(東海エリア)
1,888円
(2,658円)
1,032円
(1,802円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:35,000円
実質無料/0円
So-net光プラス 4,296円
(4,846円)
3,086円
(3,636円)
1,100円/月 50,000円 実質無料/3,500円
auひかり ちゅら
(沖縄エリア)
4,741円
(5,291円)
3,506円
(4,056円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
実質無料/880円
@TCOMヒカリ 3,353円
(3,944円)
2,103円
(2,694円)
1,100円/月 戸建て:39,000円
マンション:36,000円
実質無料/3,300円
メガ・エッグ
(中国エリア)
3,924円
(4,474円)
2,824円
(3,374円)
1,100円/月 20,000円 実質無料/3,300円
ピカラ光
(四国エリア)
3,530円
(4,080円)
2,357円
(2,907円)
1,100円/月 30,000円 0円/0円
eo光
(関西エリア)
3,091円
(3,877円)
2,553円
(3,339円)
1,100円/月 戸建て:15,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料/3,300円
@nifty光 4,219円
(4,769円)
3,006円
(3,556円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
BBIQ
(九州エリア)
4,208円
(4,758円)
3,384円
(3,934円)
1,100円/月 戸建て:10,000円
マンション:5,000円
2,200円/880円
AsahiNet光 3,557円
(4,877円)
2,457円
(4,107円)
1,320円/月 0円 実質無料/880円
DTI光 3,979円
(5,299円)
2,651円
(3,971円)
1,320円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
j:com光 3,827円
(4,377円)
3,756円
(4,306円)
1,100円/月 6,000円分
QUOカードPay
実質無料/3,300円
NURO光 3,413円
(3,963円)
3,413円
(3,963円)
1,100円/月 45,000円 実質無料/3,300円
ソフトバンク光 4,058円
(4,608円)
2,518円
(3,068円)
1,100円/月 30,000円 実質無料/3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
UQモバイル_ロゴ auひかり 2,527円
(3,385円)
149円
(1,007円)
858円/月 80,000円 実質無料※1/3,300円
Y!mobile_ロゴ ソフトバンク光 3,970円
(4,608円)
2,430円
(3,068円)
1,188円/月 30,000円 実質無料/3,300円
OCNモバイルONE_ロゴ OCN光 4,811円
(5,031円)
3,023円
(3,243円)
220円/月 37,000円 戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
iijmioロゴ IIJmioひかり 4,532円
(5,357円)
3,295円
(4,120円)
660円/月 0円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
DTI SIM_ロゴ DTI光 5,134円
(5,299円)
3,806円
(3,971円)
165円/月 戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
LIMBO‗ロゴ @TCOMヒカリ 3,724円
(3,944円)
2,474円
(2,694円)
220円/月 戸建て:38,000円
マンション:35,000円
戸建て:19,800円/3,300円
マンション:16,500円/3,300円
NifMo_ロゴ @nifty光 4,549円
(4,769円)
3,336円
(3,556円)
220円/月 30,000円 実質無料/3,300円
  光回線
実質月額料金
参考
戸建て マンション スマホセット割引 キャッシュバック 工事費/契約料
(参考)
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
6,582円 4,519円 戸建て:19,800円/880円
マンション:16,500円/880円
エキサイト光 4,842円 3,742円 戸建て:実質無料/1,100円
マンション:実質無料/1,100円
ぷらら光 6,105円 4,648円 戸建て:19,800円/0円
マンション:16,500円/0円
U-NEXT光 5,858円 4,736円 26,400円/3,300円

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。
※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・実質月額料金={月額料金(契約期間分)+初期費用(工事費・事務手数料)-セット割-キャッシュバック額等}÷契約期間
・新規申込み後、最安になる契約期間の実質月額で算定
・キャッシュバック額は38社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額で算定
・スマホセット割の額は1人分の適用額。家族にも適用させると、月額最大1,100円×家族人数分の割引
・フレッツ光のプロバイダは「BB.エキサイト(戸建て550円/マンション550円)」で算定
・UQモバイルは「auひかり」の実質月額料金のみを記載

上記のように、スマホ会社とのセット割は実質月額料金を下げる大きな要素となりますので、光回線は今お使いのスマホに合わせて選ぶことをおすすめします。

さらに、スマホセット割は同居していない場合も含めて、同じキャリアを使っている家族の人数分が適用できますので、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、スマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

ただし、光回線によっては提供していないエリアがあるため、下図のフローチャートに従って光回線を選んでください。

光回線_窓口

例えば、あなたがSoftBankのスマホをお使いなら、最も安い光回線は「NURO光」となり、NURO光の提供エリア外にお住いであれば、次いで「ソフトバンク光」が最も安い光回線となります。

また、各光回線にはいくつかの申込窓口があり、申込窓口によってキャンペーンが異なりますので、お得な申込窓口をしっかり選ぶようにしましょう。

キャッシュバック金額や工事費無料などの特典を踏まえると、最もお得でおすすめな窓口は以下のとおりです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

4. 大容量のテザリングができるおすすめのSIMプラン

結論、20GB以上のデータ容量を使えるSIMプランの中で、最もおすすめなのは『楽天モバイル』です。

大容量のテザリングに楽天モバイルがおすすめな理由

  • 【容量】データ容量無制限でテザリングを利用できる唯一のキャリア
  • 価格】月間30GB以上の利用で、他社スマホプランと比較して最安
  • 速度】下り平均19.0Mbpsで、3大キャリアを除く大容量SIMの中で最速

実際に、大容量プランを提供している全14社の料金と速度を比較したところ、以下の表のとおりとなりました。

なお、各容量帯で最もお得な料金を黄色の背景で記載しています。

また、グレー字の部分は、使いたい容量のジャストのプランがないため、そのサービス中でも一番安いプランの金額を記載しています。

-スマホの方はスクロールできます-

SIM テザリングで利用したい容量 平均速度
30GB 40GB 50GB 60GB 無制限 下り(Mbps) 上り(Mbps)
楽天モバイル 3,278 3,278 3,278 3,278 3,278 19.0 5.9
docomo 7,205 7,205 7,205 7,205 26.2 4.2
au 7,238 50.8 5.6
SoftBank 7,238 45.9 5.6
エキサイトモバイル_Flat 4,158 5,258 6,358 3.8 3.9
エキサイトモバイル_Fit 4,400 7,700 11,198 3.8 3.9
イオンモバイル 4,378 5,478 6,578 3.7 2.6
DTI SIM 4,730 6,050 6,050 8.5 3.0
NifMo 4,730 6,050 6,050 2.7 2.8
QTモバイル 3,300 1.6 5.6
スマモバ 3,828 1.7 5.0
HISモバイル 6,567 5.8 2.9
LIBMO 7,238 3.5 5.9
BIGLOBEモバイル 8,195 4.7 1.4

※上記の料金に加えて、機種代金が別途必要となる場合があります。
※速度の数値については、当社で朝・昼・晩のそれぞれの時間帯で速度を測定し、それらの平均を表記しています。

上記の表のように、楽天モバイルはデータ無制限でテザリングができる唯一のSIMで、価格面でも月間30GB以上利用する人にとって最もお得なプランとなっています。

それでは、楽天モバイルについて詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル出典:楽天モバイル

楽天モバイル』は、第4の大手キャリアである楽天が提供しているSIMです。

日本全国の楽天回線エリアで、データが使い放題で、楽天専用アプリ「Rakuten Link」を使えば、国内通話がかけ放題となります。

また、世界66ヵ国と地域を対象に、海外でも月間2GBまでデータ容量を利用でき、SMSも無料です。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」のみです。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅶで契約できるSIMの種類は「音声付きSIM」となります。

月額基本料金は下記のとおり、毎月使用したデータ容量で3段階に変動する料金体系となっています。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の料金体系出典:楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ
SIMタイプ 音声通話
国内通話 0円
月間データ容量 0~3GB未満 1,078円/月
3GB以上~20GB未満 2,178円/月
20GB以上~無制限 3,278円/月

※料金はすべて税込み

ただし、月間データ容量が無制限で使えるのは、国内の楽天回線エリアのみです。

国内でもパートナー回線エリアは月間5GB、海外は月間2GBまでしか使えませんので注意しましょう。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ
国内 楽天回線エリア 制限なし
パートナー回線エリア 5GB/月
海外 2GB/月

なお、パートナー回線エリアでデータ容量を超えた場合は、通信速度が最大 1Mbpsに制限されます。

また、海外でデータ容量を超えた場合は、通信速度が最大128kbpsまで制限されてしまうので注意してください。

そのため、楽天モバイルは「my楽天モバイルアプリ」を使って、国内の楽天回線エリアを確認しながら利用するとよいでしょう。

ちなみに、2022年10月31日までは、データ使用量が月間1GB未満の場合は楽天ポイントが1,078pt還元されるため、実質無料で使うことができます。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

最後に、楽天モバイルのお得なキャンペーンを2つ紹介します。

お持ちのスマホそのままOK!最大8,000ポイント還元キャンペーン

楽天モバイル初めての申込で最大8,000円相当ポイント還元出典:楽天モバイル

初めての「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」プラン申し込みで、最大8,000円相当分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンです。

最大8,000円相当分の内訳は、次の2つのキャンペーンの同時利用によるものです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

キャンペーン名 キャンペーン
コード
もらえる
楽天ポイント
回線契約のみでOK!通常のRakuten UN-LIMIT VIIお申し込み特典に加えて、さらに5,000ポイントプレゼントキャンペーン 1587 5,000pt
【Rakuten UN-LIMIT VIIお申し込み特典】だれでも3,000ポイントプレゼント 1526 3,000pt

以下の「申し込み条件」をクリアすれば8,000ポイントがもらえますので、お得に利用するとよいでしょう。

<キャンペーンコード>

1587, 1526

<申し込み条件>

  1. 2020年4月以降、楽天回線に初めて申し込む人が対象
  2. 新規、乗り換え(MNP)、プラン変更で「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に申し込み
  3. 申し込み翌月末日の23:59までに、以下の内容を達成する
    ・開通手続きをしてプランの利用を開始する
    ・「Rakuten Link」アプリを利用して10秒以上通話する

<キャンペーン期間>

2022年7月20日(水)9:00~終了日未定

<ポイント付与日>

プラン利用開始およびRakuten Linkの利用が確認された月の翌々月末日ごろに付与

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン|最大24,000ポイント還元

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン|最大24,000ポイント還元出典:楽天モバイル

「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に初めての申し込みと同時に対象のiPhoneを購入すると、最大で24,000円分の楽天ポイントが還元されるキャンペーンです。

還元されるポイントは、購入するiPhoneや条件によって次のように異なります。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

還元されるポイントの区分 iPhone 14・13・SE iPhone 12
対象機種の購入 16,000ポイント 5,000ポイント
初めての申し込み 3,000ポイント
楽天モバイルiPhone
アップグレードプログラム
5,000ポイント
還元される合計ポイント 最大24,000ポイント 最大13,000ポイント

※本体代48回払いの場合

なお、「iPhoneアップグレードプログラム」を利用して、本体代金の支払いを48回に設定しないと、受け取れるポイントが減ってしまう点には注意が必要です。

<キャンペーンコード>

1526, 1639, 1551, 1383, 1587

<申し込み条件>

  1. 初めて楽天回線に申し込む人が対象
  2. 「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に申し込み、キャンペーン対象製品(iPhone)を購入する
  3. 申し込み翌月末日の23:59までに、以下の内容を達成する
    ・開通手続きをしてプランの利用を開始する
    ・「Rakuten Link」アプリを利用して10秒以上通話する

<キャンペーン期間>

【WEB】
2022年9月10日(土)4:00~終了日未定

【店舗(楽天モバイルショップ)】
2022年9月16日(金)開店~終了日未定

<ポイント付与日>

「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月末日ごろに付与

他にもたくさんのキャンペーンが開催中ですので、一度覗いてみることをおすすめします。

楽天モバイル公式

楽天モバイル公式サイト
https://mobile.rakuten.co.jp

※特定の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる可能性があるため、上記からお得に申し込んでください。

5. インターネット回線の選び方に関する質問まとめ

インターネット回線の選び方でよくある以下の11の質問を紹介します。

  1. 光テレビ契約はおすすめですか?
  2. インターネットのセキュリティに差はありますか?
  3. 光回線って部屋までどのように繋がっているのですか?
  4. 乗り換え時の違約金負担の比較が知りたいです
  5. 家電量販店や実店舗で契約するのはどうですか?
  6. パソコンと一緒に契約がおすすめの回線はありますか?
  7. Wi-Fiルーターはどう選ぶべきですか?
  8. キャッシュバックはいつもらえますか?
  9. 有線接続はどうですか?
  10. ホームルーターはおすすめですか?
  11. インターネット回線を選ぶ時の注意点はありますか?

気になる質問があればチェックしてみてください。

Q1. 光テレビ契約はおすすめですか?

光テレビを利用するには派遣工事が必要になりますので、それを踏まえて契約することをおすすめします。

光テレビ出典:フレッツ光

光テレビを契約した際のメリットとしては、アンテナ無しでCS放送や専門チャンネルが見られることが挙げられます。

通常のテレビでは、地デジ・BSが視聴できますが、それに加えて映画やアニメ等の専門チャンネルが視聴できるという仕組みです。

また、ひかりTVの場合、フレッツ光・光コラボを利用していれば、派遣工事は必要ありません。

Q2. インターネットのセキュリティに差はありますか?

契約するインターネットのセキュリティに差はありませんが、店内や公共施設のフリーWi-Fiのセキュリティは万全とは言えません。

しかし、インターネット完備マンションの場合、全員が同じインターネット回線を利用していることになるため、セキュリティ面に関して不安を抱く方は多いです。

最低限「SSL/TLS」による暗号化を行うようにすると、「クレジットカードの番号など個人情報が盗まれる」「内容を盗み見られる」ようなトラブルは起きません。

Q3. 光回線って部屋までどのように繋がっているのですか?

光回線は、戸建てとマンションで回線の繋がり方が多少変わります。

それぞれ図解して紹介していきます。

戸建ての場合

戸建ての場合には、電柱などから光ファイバーケーブルを住居に引き込み、ホームゲートウェイ(モデム)に接続します。

光回線の接続図(戸建て)出典:フレッツ光

マンションの場合

マンションの場合は、マンションの共用部までは光ケーブルでつながっていますが、共用施設から各部屋には下記3パターンのいずれかでつながっています。

光回線の接続図(マンション)出典:フレッツ光

配線方式 共用施設から各部屋までの繋がり方 下り上り最大速度
光配線 光ファイバーでつながっている 1Gbps
VDSL アナログの電話回線でつながっている 100Mbps
LAN LANケーブルでつながっている 100Mbps~1Gbps※

※ケーブルの種類で異なる

光配線方式がもっとも速く、安定しやすい特徴があります。ただし、配線方式はオーナーや管理会社が管理しているため、入居者が自由に選ぶことはできません。

最近は光配線方式を取り入れるマンションも多く、VDSL方式であっても改良が加えられて快適なケースも増えてきていますが、心配なら管理会社に確認するとよいでしょう。

Q4. 乗り換え時の違約金負担の比較が知りたいです

インターネット回線は、契約期間外に他回線に乗り換えたり、契約解除をしたりすると違約金が発生してしまいます。

したがって、解約する際は違約金が発生しない「契約更新月」に手続きを行うことをおすすめします。

契約更新月とは?

契約更新月とは、期間が定められたプランを途中解約したり、他のプランへ変更したりする際に違約金が発生しない期間のことです。サービスによって異なりますが、たいてい1~3ヵ月の期間が設けられています。

以下は、大手光回線の違約金をまとめたものです。

回線の種類 違約金(期間)
ドコモ光 5,500円(戸建て・24カ月目まで)
4,180円(マンション・24カ月目まで)
auひかり 4,730円(戸建て・36カ月目まで)
2,290円(マンション・24カ月目まで)
ソフトバンク光 10,450円(2年契約)
5,170円(5年契約)
NURO光 10,450円(24カ月目まで)
ビッグローブ光 9,500円(2年契約)
11,900円(3年契約)

※価格はすべて税込み

高額な違約金を設定している回線もあるため、契約期間と契約更新月を必ず念頭に置いて、キャッシュバックなどのキャンペーンを活用しながら、インターネット回線を選ぶようにしましょう。

Q5. 家電量販店や実店舗で契約するのはどうですか?

結論から言うと、あまりおすすめできません。

家電量販店の場合、新製品を強く紹介されたり、知らず知らず高額プランを契約させられたりする可能性があるからです。

店舗での契約に関する口コミをいくつかまとめてみました。

 

WEBサイトからの契約であれば、キャッシュバックキャンペーンなども豊富で、じっくりと検討できるのでおすすめです。

Q6. パソコンと一緒に契約がおすすめの回線はありますか?

パソコンの種類に合わせるのではなく、インターネットの利用用途に合わせることがポイントです。

したがって、2章「ライフスタイルに合わせたインターネット回線の選び方」を参考にして、最もふさわしいインターネット回線を選ぶことをおすすめします。

Q7. Wi-Fiルーターはどう選ぶべきですか?

ルーターは高速無線LAN規格が「11ax」「11ac」で、セキュリティの最新規格WPA3であることを確認して選ぶことがおすすめです。

無線LAN規格とは

無線LAN規格とは、無線LANの国際的な標準規格のことです。

「11a」「11b」「11g」「11n」「11ac」「11ax」の6種類があり、それぞれ周波数や通信速度が異なりますが、最新版の「11ax」のルーターが最も高性能です。

契約した光回線のプランによっては、高性能ルーターを無料レンタルできる場合もあるため、そのような窓口を始めから選択することがおすすめです。

Q8. キャッシュバックはいつもらえますか?

申込窓口によって変わりますが、即日でキャッシュバックが振り込まれるということはありません。

良心的な窓口であれば、最短で1カ月から6カ月ほどと考えておいた方が良いでしょう。

また、自動的ではなく、決められた期間内に専用のフォームから申請する必要がある場合もあり、中には悪質なケースもあるので注意しましょう。

キャッシュバックの悪質なケース

事前に把握していたキャッシュバック金額よりも、実際に受け取ったものの金額が安かった、なんてトラブルが発生するケースがあるようです。

上記のケースは、申請を忘れるとキャッシュバックがもらえない一例です。

小さな字で重要な内容が記載されている可能性もあるため、キャッシュバックを利用する際は、手間はかかりますが、見落とさないよう隅々まで確認しましょう。

Q9. 有線接続はどうですか?

有線接続とは、PCとルーターを直接LANケーブルで繋いで利用する方法のことですが、あまりおすすめではありません。

なぜなら、直接接続は通信が非常に安定するものの、ルーターとPCをケーブルで繋ぐことになるため、ケーブルの範囲内でしかインターネットを利用できないことになるからです。

そのため、オンラインゲームや容量の大きなデータの送受信を頻繁に行う場合を除いて、有線接続はあまりおすすめではありません。

Q10. ホームルーターはおすすめですか?

結論から言うと、あまりおすすめできません。

ホームルーターは一言で言うと「工事をしないインターネット回線」ですが、電波でインターネットを受信するため、使う場所や時間帯によって、どうしても回線が不安定になってしまいがちだからです。

それに加えて、月額料金は光回線とほとんど変わらないため、おすすめできる要素は「光回線の工事ができなかった場合に使える」ぐらいしかありません。

Q11. インターネット回線を選ぶ時の注意点はありますか?

インターネット回線選びでの注意点は次の2点です。

①提供エリアを必ず確認する

契約手続きを進める前に注意すべきことは、「提供エリアの確認」を必ず行うことです。

以下に、当サイトがおすすめする利用料金がお得な光回線の公式検索ページを記載しておきますので、よければ確認のためにご利用ください。

大手光回線の公式検索ページ

また、光回線の場合は開通までに時間がかかるため、1-2カ月前から手続きを開始することをおすすめします。

②乗り換えの場合は、新規契約後に解約手続きをする

インターネット回線を新たに乗り換える場合は、まず新規契約の手続きを済ませてから、既存回線の解約申し込みを行うようにしてください。

光回線であれば、工事日が決まった段階で解約手続きを行うとスムーズです。

また、光回線でプロバイダを別契約している場合はプロバイダの解約も忘れないようにしてください。

6. まとめ

インターネット回線の選び方について、「光回線・ホームルーター・ポケットWi-Fi・テザリング」の特徴を解説した上で紹介しました。

結論、インターネット回線はライフスタイルに合わせて、より快適に使いたいなら「光回線」を、限られた用途で十分であったり、外でも使いたかったりする場合は「テザリング」を選ぶとよいでしょう。

あるいは用途によって、自宅にいるときは「光回線」、外出時は「テザリング」という組み合わせもおすすめです。

光回線がおすすめな場合 テザリングがおすすめな場合
  • 容量など気にせずインターネットをしたい
  • オンラインゲームが好き
  • 高画質の配信動画を思い切り楽しみたい
  • ビデオ会議やオンライン授業をよくする
  • 外出先でも使いたい
  • 一人で使うつもり
  • オンラインゲームはしない
  • 高画質の配信動画は見ない
  • 通信費を節約したい

光回線の場合は、以下のフローチャートを参考にすると、もっとも安く利用できるサービスを選べます。

光回線_窓口

ただし、上記の光回線には、申込窓口が複数存在しており、キャッシュバックやその他の特典がガラリと変わります。

それぞれ比較した結果、下記の窓口から申し込むのが最もおすすめです。

お使いのスマホキャリア 最安のおすすめ光回線 最もお得な申込窓口
docomo_ロゴ ドコモ光ロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
NURO光ロゴ NURO光 公式サイト
ソフトバンク光ロゴ GMOとくとくBB
(代理店)
au logo
格安SIM
コミュファ光-ロゴ(東海地区限定) NEXT
(代理店)
auひかりロゴ GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ビッグローブ光のロゴ NEXT
(代理店)

さらに、大容量テザリングのおすすめSIMプランは以下のとおりです。

テザリングにおすすめのSIMプラン

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp

このページを参考に、あなたにとって最適なインターネット回線が見つかり、快適なインターネットライフが送れることを心から願っています。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る