工事不要の光回線を徹底比較!失敗せずに開通するための2つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「光回線は工事不要で利用できる?」「工事なしでインターネットを使う方法?」など、光回線の工事についてお悩みではありませんか?

結論、光回線の導入は、基本的に開通工事が必要ですが、光コラボの乗り換えや光コンセントが設置済みの場合は、工事が不要なので、比較的早い時期にインターネットの利用を開始することができます。

このページでは、光回線の販売経験を持つ筆者が、光回線を工事不要で利用する方法に加え、工事不要で手軽に利用できるインターネット回線を以下の流れで解説します。

これを読めば、光回線を工事不要で利用できる方法とその他おすすめのインターネット回線を知ることができます。

1.光回線を工事不要で利用できる2つのポイント

基本的には、光回線の利用には回線の開通工事が必要ですが、以下2つの場合では工事不要で導入することができます。

  • 光コラボに乗り換える場合
  • 光コンセントがすでに導入されている場合

上記の2 つに当てはまる場合は、光回線の環境がすでに整っているため、工事の必要がありません。

それぞれ詳しく説明します。

1-1.光コラボに乗り換える場合

現在フレッツ光を利用しており、他の光コラボのサービスに転用するという場合は光回線を工事不要で利用することができます。

光コラボとは、NTT東日本と西日本が持つ光回線をプロバイダーや携帯キャリアなど各社が独自のサービスを付けて提供するサービスのことです。

光コラボでは、フレッツ光と同じ回線を利用しているため、新たに回線工事をする必要がありません。

また、現在利用中の回線がフレッツ光と同じプロバイダに対応している場合は、プロバイダーの変更もする必要がないということもあります。

1-2.光コンセントがすでにある場合

光コンセントがすでに自宅に導入されている場合は、新たな工事なしで光回線をつなげることが可能です。

光回線の工事は室内に光コンセントを設置し、そこに光ケーブルを差し込めば繋がるようにするものなので、その作業が済んでいる場合は工事が不要です。

マンションなどは以前に設置された光コンセントが残っているケースもあるので、回線工事を考慮する前に確認しましょう。

注意点!

以前の住民が設置したコンセントが残っていても、新たに回線をつなげることができない場合もあるので業者側に確認する必要があります。

2.工事不要の光コラボが使えるおすすめ光回線3選

前述したように、光コラボへの転用では新たな工事は不要です。

光コラボはどれも同じNTT回線が使われており、通信の速度と品質に大きな差はないため、スマホのキャリアに合わせて選ぶことでお得な割引が受けられます。

以下は、光コラボにもおすすめの光回線です。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光

上記の3つの光回線について詳しく解説します。

2-1.ドコモ光

スマートフォンがドコモユーザーの場合は『ドコモ光』を選び、プロバイダは「GMOとくとくBB」にすることをおすすめします。

スマートフォンとのセット割に加えて、プロバイダを「GMOとくとくBB」から申し込むことで、以下のような特典が受けられます。

  • 高額キャッシュバックキャンペーン
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル

また、ドコモ光では家族でドコモのスマホを使っている人が多いほどメリットがあり、一人につき最大1,100円(税込)の割引が受けられます。

例えば、4人家族の全員がドコモユーザーなら、合計で毎月最大4,400円(税込)もお得になるということです。

2-2.ソフトバンク光

スマートフォンがソフトバンクユーザーの場合は『ソフトバンク光』を選び、申込窓口は代理店の「GMOとくとくBB」にすることをおすすめします。

ソフトバンク光では、スマートフォンのセット割を利用することで、他の回線会社で契約する場合に比べて月額料金を安く抑えることができます。

ソフトバンクのセット割が受けられる光回線には『NURO光』もありますが、NURO光は光コラボではなく独自回線なので必ず工事を実施しないといけません。

2-3.ビッグローブ光

スマートフォンがauユーザーの場合は『ビッグローブ光』を選び、正規代理店の「NEXT」から申し込むことをおすすめします。

ビッグローブ光は、auスマホとのセット割が受けられるだけでなく、最安水準の月額料金で利用できる光コラボを実施しています。

スマートフォンがauユーザーの場合は、月額料金をかなり抑えることができるのでおすすめです。

3.光回線以外の工事不要のインターネット回線

光回線の開通工事ができない場合やしたくない場合、大きく分けて以下2つの選択肢があります。

  • モバイル回線
  • ホームルーター

それぞれについて解説していきます。

3-1.モバイル回線

結論としては、モバイル回線は「WiMAX」がおすすめで、プロバイダは「GMOとくとくBB」が特におすすめになります。

WiMAXをお得に申し込むために、下記3点を正しく選ぶ必要があります。

  • 契約プラン
  • 機種
  • プロバイダ

契約プランは「ギガ放題」、機種は「WX06」、プロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶと最もお得です。

GMOとくとくBB』

※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず上記の公式ページから申し込みましょう。

ただし、『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点があり、何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。

キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目にGMOから送られる「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。

『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。

3-2.ホームルーター

結論から言うとホームルーターは光回線やモバイル回線と比較すると、通信速度が不安定になりやすく、通信の際に不便さを感じやすいためおすすめできません。

なぜなら、ホームルーターには以下の3つのデメリットがあり、インターネットを利用するにあたって不便さを感じる大きな要因となっているからです。

  • 通信制限がある
  • 回線が不安定
  • 外に持ち運べない

一つずつ解説していきます。

1.通信制限がある

ホームルーターの大きな欠点のひとつとして、3日間で10GBなど、利用量を超えてしまうと速度制限にかかってしまい、あまり使い物になりません。

大手キャリアの「ソフトバンクエアー」では無制限と発表していますが、利用者が多い時間帯や場所によっては、回線が込み合い、あまり利用していなくても速度制限と同等の遅さになってしまう可能性があります。

2.回線が不安定

ホームルーターは、光回線のような固定回線と比較すると、どうしても速度が遅く不安定になりやすいです。

なぜなら、光回線のように回線が直接自宅に引き込まれていないので、回線速度が下がってしまい、不安定な通信になってしまうためです。

オンラインゲームや動画編集など、大容量を高速で通信することが求められる場合はおすすめできません。

3.外に持ち運べない

ホームルーターは、インターネットを自宅で利用する時間が少なく、主に外で利用する場合にはおすすめできません。

仮に外で使用する場合は、利用場所の申請が必要で、申請した場所のみ使用可能です。

インターネットをどこへでも持ち運んで利用したい場合は、モバイル回線(Wi-Fi)がおすすめです。

4.光回線以外でおすすめのインターネット回線

結論から言うと、以下5つの理由から、工事不要のインターネット回線は「WiMAX」を選びましょう

  • 速度が速い
  • データ通信量が無制限
  • 速度制限にかかりづらい
  • コストパフォーマンスが高い
  • 操作が簡単

WiMAXは、他のサービスと比較しても最安値で、モバイルWi-Fiの中で最もお得です。

しかし、WiMAXの契約にはコツがあり、知らないで契約した場合に「3万円損してしまった」「この機種は使いづらい」など後悔するので必ず押さえておきましょう。

最もお得にWiMAXを契約する手順をわかりやすくまとめました。

4-1.WiMAXは3ステップで選ぶ

WiMAXを申し込むために、下記3点を選ばなければなりません。

  1. 契約プランを決める
  2. 機種を決める
  3. プロバイダを決める

それぞれ結論から言うと、契約プランは『ギガ放題プラン』、機種は『WX06』、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。

『GMOとくとくBB』: https://gmo.jp/

※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

4-2.契約プランを決める

プランは「通常プラン3,969円(税込)」か「ギガ放題プラン4,688円(税込)」で選びますが、迷ったら「ギガ放題」をおすすめします。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。

データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

4-3.機種を決める

WiMAXで現在購入できるポケットWi-Fiは、4G端末の「WX06」と5G端末の「SCR01」の2種類がありますが、「WX06」が間違いなくおすすめです。 WX06

出典:UQ WiMAX公式

  WX06 SCR01
製品画像 WX06 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
3年間の支払総額 170,148円 195,228円
プラン名 ギガ放題 ギガ放題プラス
プラン料金(月額) 4,268円 4,818円
端末代金 16,500円 21,780円
下り通信速度(実測値, 4G)※ 43 Mbps 44.7 Mbps
最大通信速度 下り440Mbps/上り75Mbps 下り2.2Gbps / 上り183Mbps
利用可能回線 ・WiMAX 2+ ・au 4G LTE ・WiMAX 5G ・WiMAX 2+ ・au 4G LTE
※ 都内カフェにて計測、それぞれの機種で計9回測定した結果を表記
 
WX06をおすすめする理由は、以下の3点です。
 
WX06をおすすめする3つの理由
  1. 5G機種よりも3年間で2万円以上お得
  2. WiMAXの5Gエリアはかなり限られており、ほとんど利用できない
  3. 下り平均速度40Mbps程度で快適な通信が可能

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

理由1. 5G機種よりも3年間で2万円以上お得

  WX06 SCR01
製品画像 WX06 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
3年間の支払総額 170,148円 195,228円
プラン名 ギガ放題 ギガ放題プラス
プラン料金(月額) 4,268円 4,818円
端末代金 16,500円 21,780円

4G端末のWX06は、5G端末であるSCR01よりも3年間で2.5万円ほど安く利用することができます。

というのも、5G端末を契約するためにはWX06の場合よりも高額な月額料金・端末料金を支払う必要があるためです。

後述する通りWiMAXの5Gエリア狭く、ほとんど利用できない現状を踏まえると、これだけの高額な料金を負担するメリットがありません。

理由2. WiMAXの5Gエリアはかなり限られており、ほとんど利用できない

2つ目の理由は、WiMAXの5Gエリアがかなり限定的であるということです。 下の写真は2022年5月現在、都内でWiMAXの5G回線を利用できるエリア(赤・紫部分)を示しています。

WiMAX 5G エリア

WiMAX回線の5Gエリア(赤部分)は、下の写真のように都心のごくわずかな部分しか対応しておらず、4Gの範囲(オレンジ部分)と比べてかなり狭いことが分かります。

1つ目の理由で述べた通り、これだけ限定的なエリアでしか利用できない5G回線のために、4G端末よりも高額な料金を負担するメリットは薄いと言えるでしょう。

理由3. 下り平均速度40Mbps程度で快適な通信が可能

みんなのネット回線速度」という、通信速度を測定・投稿できるサイトによると、WX06の通信速度は下り平均で約40Mbpsとなっています。(2021年11月時点、計686件の投稿の平均値)

通信速度が約40Mbpsあれば、通信速度が勝敗を左右するようなオンラインゲームを除いて、多くの用途で快適にネットを使うことができます。

速度目安(下り) 利用用途
~1Mbps メールなど
1~3Mbps Web、SNSの閲覧
3~25Mbps 動画視聴(YouTubeなど)
50~Mbps オンラインゲーム

実際に当メディアでも、以下のように都内カフェでWX06と、参考としてSCR01の通信速度を測定してみました。

速度測定の条件
  • 都内カフェ(屋外)にて計測
  • 朝(9:00)、昼(12:00)、夜(19:00)それぞれの時間帯で3回ずつ計測
  • 計9回測定した速度の平均値で評価
  • SCR01は4G回線を利用

測定の結果、WX06は43.0Mbps、SCR01は44.7Mbpsとなり、それぞれ40Mbps以上の速度が出ていることが分かりました。

  WX06 SCR01
製品画像 WX06 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
下り通信速度(実測値, 4G) 43.0 Mbps 44.7 Mbps

この結果から、同じ4G回線を利用した時の通信速度は、4G端末も5G端末も変わらないことが分かります。

ですので、5Gエリアがかなり限定的な現状では、WX06のコスパが最も優れていると言えるでしょう。

4-4.プロバイダを決める

申し込み先のプロバイダによって、キャッシュバック額が約3万円ほど変わるため、しっかりプロバイダを比較して申し込みましょう。

次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。

実質月額料金はどこが安いか

選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかを確認しましょう。

なぜなら、「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるからです。

下記の表では、「データ通信容量の実質無制限プラン」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。

←左右にスクロールできます→

順位 プロバイダ 1ヶ月あたりの実質費用(円) 契約期間
(年)
キャッシュ
バック(円)
ギガ放題 通常プラン
1 GMOとくとくBB
(月額割引キャンペーン)
3,894 3,215 3 6,000
2 GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン)
3,906 3,241 3 30,000
3 Broad WiMAX 4,023 3,311 3 0
4 Vision 4,063 3,351 3 0
5 カシモ 4,063 3,381 3 0
6 dti 4,077 3,911 3 0
7 ASAHIネット 4,477 3,958 3 0
8 So-net 4,536 3,818 3 0
9 dis 4,818 - 3 0
10 biglobe 6,101 - 1 17,000

比較すると、『GMOとくとくBB』が上位2通りを独占しており、一人勝ちしている状況です。

最もお得になるのは、「月額割引キャンペーン」です。1~2ヶ月目は通常月額より1,839円割引、3ヶ月目~24ヶ月目は1,010円の割引となり、3年間で最大25,898円もお得に利用可能です。その上、6,000円のキャッシュバックも受け取れます。

次点でお得なのは、「キャッシュバックキャンペーン」です。30,000円の高額キャッシュバックを受け取れます。3年利用時の実質料金の安さは、月額割引キャンペーンよりわずかに劣るものの、キャッシュバックはお金の使い方を自分で決められるというメリットがあります。

GMOとくとくBBで申し込む際の唯一の注意点

一点だけ、申し込み前に知っておくべき注意点があります。

それは『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。

キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目にGMOから送られる「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。

『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

プロバイダ選びについて|まとめ

プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。

  • キャッシュバック金額を含めた「実質月額料金」で比べる
  • 2022年5月現在、『GMOとくとくBB』(https://gmo.jp)が最もお得
  • 購入後11ヶ月目にキャッシュバック振込指定口座の確認メールが届くので、キャッシュバック受け取りの手続きを忘れずに行う

ポイント

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン:https://gmo.jp/

電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

4-5.WiMAXまとめ

この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2022年5月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。

  • 料金プラン:ギガ放題
  • 機種:WX06
  • プロバイダ:『GMOとくとくBB

※KDDIより最新機種「W07」のサービスが提供されていますが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません

上記の内容で契約をして、お得にモバイルWi-Fiを手に入れましょう!

ポイント

GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン:https://gmo.jp/

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず上記ページから申し込みましょう。

電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

まとめ

光回線を工事不要で利用する方法に加え、工事不要で手軽に利用できるインターネット回線について解説しましたが、いかがでしたか?

光回線の導入は、基本的に開通工事が必要ですが、光コラボの乗り換えや光コンセントが設置済みの場合は、工事が不要なので、比較的早い時期にインターネットの利用を開始することができます。

また、工事不要で、外出先でも手軽にインターネットを利用したい場合は『WiMAX』がおすすめです。

『GMOとくとくBB』: https://gmo.jp/

※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

このページを通して、あなたが工事不要で快適かつお得にインターネットを利用できることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る