徹底解説!ビッグローブ光で無線LANルーターを利用するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ビッグローブ光でネットをする女性

「ビッグローブ光の無線LAN(Wi-Fi)ルーターはどこで入手するの?」「ビッグローブ光で利用するおすすめのルーターは?」など、ビッグローブ光のルーターについて悩んでいませんか?

結論、ビッグローブ光の無線LANルーターは、「市販のものを購入する」「ビッグローブ光からレンタルする」といった方法があります。

また、最もおすすめの無線LANルーターとして、「IPv6」という新しい接続方式に対応しているものを選ぶと良いでしょう。

このページでは、長年光回線の販売員をしてきた筆者が、無線LANルーターの基礎や選び方を解説した上で、ビッグローブ光と使用するルーターの入手方法やおすすめに加え、光回線を最もお得に契約する方法を、以下の流れでご紹介します。

  1. 無線LANルーターとは?
  2. ビッグローブ光に合わせたルーターの選び方
  3. ビッグローブ光の無線LANルーター入手方法は2つ!
  4. ビッグローブ光で最もお得な申込窓口はどこ?
  5. ビッグローブ光と無線LANルーターの設定方法
  6. ビッグローブ光から無線LANルーターが届かない場合
  7. あなたはビッグローブ光で大丈夫?最安のおすすめ光回線7選

これを読めば、ビッグローブ光のルーターについて詳しく理解することができます。

1.無線LANルーターとは?

ルーターとは、無線や有線であらゆるデバイスをインターネットに接続する通信機器です。

ルーターの中でも、Wi-Fiのような無線電波でインターネット回線を飛ばす中継器のような機器を「無線LANルーター」、もしくは「Wi-Fiルーター」と呼びます。

無線LANルーターでパソコンをする子ども

そのため、パソコンやスマートフォン等の端末でWi-Fi(無線LAN)を利用したい場合は、ルーターが必ず必要になります。

無線LANルーターにはメーカーや性能の違いで多くの機種がありますが、機種によって対応できる最大速度や接続台数が異なるため、ルーター選びは重要です。

光回線で利用するための無線LANルーターも入手方法がいくつかありますが、下記にて「ビッグローブ光」とルーターをお得に利用するための解説をしていきます。

2.ビッグローブ光に合わせた無線LANルーターの選び方

基本的に無線LANルーターは市販されていますが、メーカーや機種など種類が豊富なため、選び方を間違えると損したり失敗する可能性があります。

ビッグローブ光を快適に利用するために、押さえておきたいポイントは以下の3つです。

  • 伝送速度が1Gbpsある
  • IPv6(IPoE)に対応している
  • 用途に合わせた価格帯である

1つずつ解説します。

2-1.伝送速度が1Gbpsある

伝送速度とは、一定時間内に転送することのできるデータの量のことで、インターネット回線を最大限活用するための上限とも言えます。

ビッグローブ光の最大通信速度は1Gbps(1000Mbps)ですが、無線LANルーターの伝送速度が仮に200Mbpsであった場合、無線LANルーター経由では200Mbpsの速度しか出せません。

そのため、本来の通信速度を発揮できず、「通信速度が遅い」と感じる原因になってしまいます。

2-2.IPv6(IPoE)に対応している

IPv6とは、新しいインターネット接続方式(最新のIPアドレス規格)のことで、回線の混雑を避けてインターネット接続を行うことができます。

ビッグローブ光は「IPv6」接続に対応しているため、中継器となる無線LANルーター自体が対応していないと、IPv6機能を利用することができません。

さらに、ビッグローブ光では無料でIPv6接続方式に変更できるため、高速通信をより快適にしたい場合は「IPv6」に対応した無線LANルーターを選びましょう。

2-3.用途に合わせた価格帯である

無線LANルーターは安いもので2,200~3,300円(税込)程度ですが、性能や機能性が高いハイスペックモデルとなれば22,000~33,000円(税込)近くするものまであります。

ハイスペックモデルは主に、オンラインゲームや大人数で大容量を利用するシーンに活躍しますが、一般的なインターネット利用には必要ありません。

性能が高すぎても「宝の持ち腐れ」になってしまうため、5,500~11,000円(税込)程度を目安に、無理のない価格帯で選ぶことをおすすめします。

3.ビッグローブ光の無線LANルーター入手方法は2つ!

ビッグローブ光で無線LANルーターを利用する場合、入手方法は以下2つのパターンがあります。

  1. 市販の無線LANルーターを自前購入する
  2. ビッグローブ光から無線LANルーターをレンタルする

すでに保有している場合は今までのものを使用することもできますが、機種が古い場合や前述した「IPv6(IPoE)」や通信速度が「1Gbps」に対応していない場合もあるため、新しくするのがおすすめです。

以下で、それぞれの入手方法について詳しく解説します。

3-1.市販の無線LANルーターを自前購入する

最も手軽にできるのが、市販されている無線LANルーターを自身で購入する方法です。

ビッグローブ光はもちろん、光回線ではルーターをレンタルすることも可能ですが、長期的な利用で比較すると購入する方が安いです。

ただし、自身で購入する場合は、たくさんあるメーカーや機種の中から選ばなければならないため、前述した以下の選ぶポイントを参考にしましょう。

  • 伝送速度が1Gbpsある
  • IPv6(IPoE)に対応している
  • 用途に合わせた価格帯である

無線LANルーターは家電量販店や通販サイトなどですぐに購入できます。

何より、様々な機種がある中で、自分好みのルーターを選ぶことができるのは大きなメリットかもしれません。

3-2.ビッグローブ光から無線LANルーターをレンタルする

自身で購入するのが面倒な場合は、ビッグローブ光で無線LANルーターをレンタルすることができます。

ビッグローブ光で無線LANルーターをレンタル(公式は1年間無料)する場合の料金は、以下の通りです。

  • 料金:月額550円(税込)

ビッグローブ光でレンタルできる無線LANルーターは、IPv6接続にも対応しているため、高速通信が可能です。

4.ビッグローブ光で最もお得な申込窓口はどこ?

ビッグローブ光はプロバイダ「BIGLOBE」との一体型サービスであるため、別途プロバイダと契約する必要はありません。

また、ビッグローブ光の申込窓口は公式サイトを含めて複数ありますが、おすすめは代理店の『NEXTです。

というのも、キャッシュバックが30,000円以上の窓口で比較してみると、NEXTが最も高額だからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ビッグローブ光の
申込窓口
キャッシュバック
NEXT
(代理店)
戸建て:最大59,000円
マンション:最大56,000円
ビッグローブ光
(公式サイト)
40,000円
ブロードバンドナビ
(代理店)
35,000円
NNコミュニケーションズ
(代理店)
30,000円

したがって、ビッグローブ光を申し込む際には、NEXTをおすすめします。

ビッグローブ光がお得な申込窓口は「NEXT」

ビッグローブ光×NEXT出典:NEXT

NEXT』は、NTTフレッツ光をはじめとして、いくつもの光コラボの販売取次を行っている代理店です。

NEXTからビッグローブ光を申し込んだ際の、キャンペーンや利用料金は以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ビッグローブ光×NEXT戸建てマンション
月額料金※1
(プロバイダ料含む)
5,478円4,378円
開通月の月額料金日割り
事務手数料3,300円
工事費19,800円16,500円
スマホセット割・auスマートバリュー(月額最大1,100円割引)
・UQモバイル自宅セット割(月額最大858円割引)
キャンペーン・最大66,300円キャッシュバック※4
・Wi-Fiルーター6カ月間無料
下り平均速度※2244.19Mbps
3年間の実質月額料金4,592円3,484円
スマホセット割※3を含めた
3年間の実質月額料金
3,931円2,822円

※1:3年プランの場合
※2:『みんなのネット回線速度』を参照(2023年10月調査)

※3:最大割引額(1,100円/月)で算出
※4:無条件の場合は55,000円

※金額はすべて税込み

なお上記では、NEXTでのキャッシュバックを最大66,300円と記載していますが、これは光テレビと光電話の同時加入に加えて、6カ月間のルーターレンタル代(3,300円)無料を含んだ金額ですので注意しておきましょう。

新規契約(3年契約)のみでキャッシュバックをもらうなら、「戸建て55,000円」「マンション52,000円」です。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

NEXTの
キャッシュバック条件
戸建てマンション
新規+3年契約55,000円52,000円
光テレビ同時申し込み+4,000円
光電話同時申し込み+4,000円

ただし、あなたが「au / UQモバイル」ユーザーなら、光電話を同時に申し込んで+4,000円をもらう方がお得です。

というのも、auのスマホセット割は光電話(月額税込550円)への加入が条件なのですが、スマホセット割を適用させれば、auユーザーなら月額最大550円、UQモバイルユーザーなら月額最大308円がお得になるからです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

 auユーザーUQモバイルユーザー
スマホセット割550~1,100円/月※1638~858円/月※1
光電話料金550円/月550円/月
お得になる合計額0~550円/月88~308円/月

※1:スマホプランによって割引額は異なる
※割引額はすべて税込み

スマホセット割の割引額はスマホのプランによって異なりますので、『auスマートバリュー』『UQモバイル自宅セット割』の公式ページで確認してみて、お得であれば光電話を申し込むとよいでしょう。

 

ビッグローブ光を「NEXT」から申し込む方法

ビッグローブ光を『NEXT』から申し込んで利用するまでには、次のステップを踏みます。

  1. NEXT』のWEBサイトにアクセスする
  2. 画面右上にある赤色の「WEBから申し込む」をクリックする
  3. 必須項目を入力して申し込みを完了する
  4. 電話での内容確認後、工事日を決定する
  5. 書類や機器が自宅に送付される
  6. 開通工事(1~2時間ほど)をする
  7. 初期設定をしてビッグローブ光の利用開始

新規契約の場合、申し込みから利用開始までは、10日~2カ月を目安にしておくとよいでしょう。

 

5.ビッグローブ光と無線LANルーターの設定方法

結論から言えば、ビッグローブ光のONU(回線終端装置)と無線LANルーターを接続すればWi-Fiは利用可能なため、設定は必要ありません。

ただし、先にビッグローブ光のインターネット接続ができている状態にしておきましょう。

イメージとしては、以下の図のように無線LANルーターなどの機器を接続すれば完了です。

ビッグローブ光の機器接続図

出典:ビッグローブ光

ビッグローブ光と無線LANルーターを接続し、電源を入れたらすでにWi-Fiが飛んでいる状態にあるため、スマートフォンやパソコンで接続をしてみましょう。

ここでは「iPhone」での接続設定を例に、以下の手順通りに進めてください。

  1. ホームの「設定」アイコンをタップ
  2. 設定画面の「Wi-Fi」を選択
  3. Wi-Fiを「ON」にし、接続先(SSID)の選択
  4. パスワードの入力
  5. 接続確認

上記の手順にて、iPhoneでビッグローブ光のインターネット回線を利用することができます。

また、SSIDとパスワードは、無線LANルーターの側面や底面のシールに記載されています。

なお、無線LANルーターには有線接続ポートもあるので、パソコンにWi-Fi機能がない場合は、LANケーブル等で接続すれば利用可能になります。

6.ビッグローブ光から無線LANルーターが届かない場合

ビッグローブ光から必ずレンタルするONU(回線終端装置)は開通工事の際に、工事担当者が持ってきてくれますが、無線LANルーターの場合は別のところから送られます。

そのため、以下で無線LANルーターを申し込んでいる場合は、まだ届かない場合があります。

  • ビッグローブ光の有料レンタル
  • 代理店特典の無料レンタル

もちろん、申し込んでからすぐに無線LANルーターが届く場合もありますが、工事が完了しても届かない場合は、少しの間待つか、申し込んだ先に問い合わせてみましょう。

7. あなたはビッグローブ光で大丈夫?最安のおすすめ光回線7選

ここまでビッグローブ光について紹介してきましたが、あなたにとって最もお得に利用できる光回線はビッグローブ光で間違いないでしょうか?

ここからは、あなたにとって最もお得に使える光回線の選び方を解説しますので、安心してビッグローブ光を申し込むためにも一度確認してみてください。

結論、あなたにとって最安値となる光回線を選ぶには、実質月額料金の安さが重要になります。

実質月額料金とは

実質月額料金とは、利用期間中に支払う全ての金額(事務手数料・工事費・月額料金)から割引要素(キャッシュバック・スマホセット割・月額料金割引・工事費割引)を差し引いて、ひと月あたりに換算した料金のことです。

たとえ月額料金が安くても、キャッシュバックがなかったり、工事費割引がなかったりすれば、トータルで支払う金額はそれほどお得にはならないということです。

なお、実質月額料金が安い光回線を見つけるためには、次の2つの要素はとくに重要になります。

《実質月額料金で注目したい2つの要素》

  • スマホセット割(月額500~1,000円ほど変わる)
  • キャッシュバック(40,000~70,000円ほど変わる)

というのも、スマホセット割が適用される光回線を選ぶだけで、スマホ1契約につき毎月500~1,000円ほど安くなり、「インターネット代+スマホ代」の通信費を抑えることに役立つからです。

例えば、docomoユーザーは「ドコモ光」を選ぶだけで、docomoを使っている家族の人数分(最大20契約まで)も含めて、スマホ料金が1契約につき月額最大1,100円割引されます。

ドコモ光セット割ドコモ光のスマホセット割|出典:docomo

そのため、2人以上の家族が同じキャリアを使っている場合はとくに、家族の分もスマホセット割ができる光回線を選ぶとよいでしょう。

また、たとえスマホセット割がなくても、高額なキャッシュバックがもらえる窓口(光回線業者・プロバイダ・代理店)から申し込めば、実質月額料金を大きく下げることができます。

したがって、あなたが今お使いのスマホキャリアとセット割ができる光回線を考慮しつつ、キャッシュバック額が高い光回線(×申込窓口)を選ぶようにしましょう。

とは言え、光回線サービスは100社以上あり、さらに各光回線サービスにはキャンペーン内容の異なる申込窓口がいくつもあるため、どの光回線(×申込窓口)がお得なのかを比較するのは簡単ではありません。

そこで当メディアでは下記【参考】のとおり、主要な光回線25社とその申込窓口を対象に、新規契約から3年間の実質月額料金を徹底調査しました。


【参考】主要光回線25社の利用料金調査

←上下左右にスクロールできます→

お使いの
スマホ
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
docomoドコモ光3,406円
(4,506円)
2,086円
(3,186円)
1,100円/月キャッシュバック:45,000円
ドコモポイント:2,000pt
0円3,300円
auauひかり1,951円
(3,329円)
815円
(2,193円)
1,100円/月92,000円実質無料※13,300円
auビッグローブ光3,931円
(4,592円)
2,822円
(3,484円)
1,100円/月戸建て:59,000円
マンション:56,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auコミュファ光
(東海エリア限定)
2,428円
(3,198円)
2,204円
(2,974円)
1,100円/月戸建て:71,000円
マンション:20,000円
実質無料0円
auSo-net光プラス4,296円
(4,846円)
3,086円
3,636円)
1,100円/月50,000円実質無料3,500円
auauひかり ちゅら
(沖縄エリア限定)
4,029円
(5,129円)
3,194円
(4,294円)
1,100円/月実質無料3,300円
au@TCOMヒカリ4,041円
(4,591円)
2,611円
(3,161円)
1,100円/月40,000円実質無料3,300円
auメガ・エッグ
(中国エリア限定)
3,784円
(4,334円)
3,056円
(3,606円)
1,100円/月戸建て:40,000円
マンション:20,000円
実質無料3,300円
auピカラ光
(四国エリア限定)
3,530円
(4,219円)
2,357円
(3,046円)
1,100円/月30,000円0円0円
aueo光
(関西エリア限定)
3,695円
(4,481円)
2,732円
(3,518円)
1,100円/月戸建て:10,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
実質無料3,300円
au@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
1,100円/月15,000円実質無料3,300円
auBBIQ
(九州エリア限定)
3,805円
(4,355円)
3,093円
(3,643円)
1,100円/月戸建て:30,000円
マンション:20,000円
実質無料880円
auAsahiNet光4,402円
(4,909円)
3,192円
(3,799円)
1,320円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
auDTI光4,046円
(5,366円)
2,718円
4,038円)
1,320円/月戸建て:20,000円
マンション:17,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
auJ:COM光3,660円
(4,210円)
4,073円
(4,623円)
1,100円/月6,000円相当
(QUOカードPay)
実質無料3,300円
SoftBankNURO光3,492円
(4,042円)
3,492円
(4,042円)
1,100円/月45,000円実質無料3,300円
SoftBankソフトバンク光4,345円
(4,895円)
2,805円
(3,355円)
1,100円/月33,000円実質無料3,300円
お使いの
格安SIM
光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
UQモバイルauひかり2,193円
(3,329円)
1,057円
(2,193円)
858円/月92,000円実質無料※13,300円
Y!mobileソフトバンク光4,257円
(4,895円)
2,717円
(3,355円)
1,188円/月33,000円実質無料3,300円
iijmioIIJmioひかり4,358円
(5,018円)
3,258円
(3,918円)
660円/月戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
DTI SIMDTI光5,201円
(5,366円)
3,873円
(4,038円)
165円/月戸建て:36,000円
マンション:34,000円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
3,300円
LIMBO@TCOMヒカリ4,371円
(4,591円)
2,941円
(3,161円)
220円/月40,000円実質無料3,300円
NifMo@nifty光4,735円
(5,285円)
3,411円
(3,961円)
220円/月15,000円実質無料3,300円
 光回線
3年間の実質月額料金
参考
戸建てマンションスマホセット割引キャッシュバック工事費事務手数料
スマホセット割
なし
フレッツ光
東日本
7,064円4,388円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円
エキサイト光4,827円3,727円実質無料1,100円
ぷらら光5,830円4,418円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
U-NEXT光5,445円4,323円26,400円3,300円
おてがる光4,800円3,700円実質無料3,300円
とくとくBB光5,343円4,243円5,000円実質無料3,300円
楽天ひかり5,854円4,663円戸建て:19,800円
マンション:16,500円
880円

※1:ひかり電話の加入が条件
※料金はすべて税込み

表の補足説明

・新規申込で3年間利用する際に最安値になる方法で算定
・キャッシュバック額は81社調査し、最もお得な申込窓口で申し込んだ場合の額で算定
・カッコ内はスマホセット割をしない場合の実質月額料金
・auとSoftBankのセット割は「光回線+光電話」が適用条件となるため、光電話の料金も含めて算定
・スマホセット割引は最大額・1人分の適用で算定
・フレッツ光のプロバイダはBB.エキサイト(月額550円)で算定
・UQモバイルは「auひかり」のみの実質月額料金を記載

※キャンペーン内容や料金は変わる可能性がありますので、必ず公式ページで確認してください。

もっと見る


この料金調査をスマホキャリア別にまとめたものが、下図の「実質月額料金が安いおすすめの光回線BEST3」です。

あなたにとって最も安く利用できる光回線がわかりますので、ぜひ確認してみてください。

スマホ別最安光回線BEST3※2023年10月作成

上記の光回線には申込窓口が複数あり、キャンペーンがそれぞれ異なりますが、最もお得に契約できる申込窓口をまとめると以下のとおりです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)
【マンション】全国(沖縄県を除く)
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
NURO光NURO光北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部NURO光
(公式特設サイト)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県NEXT
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

なお、各光回線の詳細を知りたい場合は、『光回線のおすすめ7選【2023年9月】25社を比較した本当にお得な選び方を解説』の記事をご覧ください。

まとめ

無線LANルーターの基礎や選び方、ビッグローブ光で使用するルーターの入手方法やおすすめに加え、ビッグローブ光を最もお得に契約する方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

2023年9月現在、最もお得な申込窓口は正規代理店「NEXT」であり、無線LANルーターを無料レンタルすることも可能です。

「ビッグローブ光×NEXT」の特典

  • 無条件キャッシュバック
    - 戸建て:55,000円
    - マンション:52,000円
  • Wi-Fiルーターレンタル6カ月間無料
  • auユーザーは月額最大1,100円割引
  • UQモバイルユーザーは月額最大858円割引

 

なお、あなたが最安で利用できる光回線は、下図を参考にしてみてください。

スマホ別最安光回線BEST3※2023年10月作成

ただし、上記の光回線には、申込窓口が複数存在しており、キャッシュバックやその他の特典がガラリと変わります。

それぞれ比較した結果、下記の窓口から申し込むのが最もおすすめです。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

おすすめ光回線提供エリア最安申込窓口
auひかりauひかり【戸建て】全国(東海 / 関西 / 沖縄県を除く)
【マンション】全国(沖縄県を除く)
GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ドコモ光ドコモ光全国GMOとくとくBB
(プロバイダ)
ソフトバンク光ソフトバンク光全国GMOとくとくBB
(代理店)
NURO光NURO光北海道 / 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 愛知県 / 静岡県 / 岐阜県 / 三重県 / 大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 滋賀県 / 奈良県 / 広島県 / 岡山県 / 福岡県 / 佐賀県の一部NURO光
(公式特設サイト)
コミュファ光コミュファ光愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 長野県NEXT
(代理店)
ピカラ光ピカラ光徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 NEXT
(代理店)
tcomヒカリ@TCOMヒカリ全国@TCOMヒカリ
(公式サイト)

以上を参考に、あなたが光回線を快適に利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る